間取り

2022年08月22日







今回は



前回からの対談記事
後編になります



後編は
ローコスト住宅のリアルな
住み心地などを



2人とも安い家に住んでますので
話そうと思います(笑)




秀光ビルドで建てた
ゼルビスさんは


対談記事2b


オプション費用や付帯工事費
諸経費等に地盤改良費55万円と
外構まで全て含んだ金額で
税込み1,572万円



太陽光は別会社で依頼したので
そちらも含めた土地代以外の総額が
1,655万円です



・延べ床面積が30.5坪なので


全て含めた坪単価で計算して
54万円位ですね





我が家の場合は

対談記事2c


土地代を抜いた総額だと
約2,000万円ですが



若干広いので同じように
坪単価を出すと
約59万円なので



お互い
総額での坪単価が50万円台と
かなりのローコスト住宅です(笑)




大手メーカーだと
本体価格のみで当時から70万円台
総額なら100万円近くでしたから
およそ半額の金額で建てています






普通は
わざわざ家を建てるブログを
書いてる人なんてのは


見栄とか自慢とかありますから


「こんなに安いんです、凄いでしょ」って言う
ブログの方が少ないのですが(笑)


・・・・
・・・
・・




それで性能で言うと


対談記事2a


お互いG1住宅ですね


ただ、今は住宅価格が
かなり値上がりしているので


どこのメーカーでも
この金額でこの性能は
ちょっと難しいかもしれません







・ローコスト住宅は夏暑くて、冬寒いの?



t1
後半は
家の話をしようと思いますが


まずはG1住宅の住み心地
特に温度などの性能部分はどうでしょうか?





t2
我が家はG1でもUa値0.56という
ギリギリG1ですが快適ですね。


「家は空調」だと思ってるので
脱衣所エアコン含め
最適な空調配置が快適に寄与していると思います



後は、ローコストでも
第一種換気にしています


第一種換気のメリットは
非常に高いですね


我が家は三菱のロスナイという
唯一、光熱費差額で元が取れる
第一種換気を採用しました




建てた当初は窓際が寒かったのですが
内窓入れて我が家が完成した感があります(笑)


我が家は準防火地域なので
標準のサーモスLから
防火サーモスXに変更すると
150万ほどかかるので


防火サーモスLの80万にして
そっから内窓追加した感じです


準防火地域じゃなければ
家の価格がさらに
80万円安かったのですが笑


chelseaさんも内窓を設置されましたが
体感はいかがですか?




t1
去年の秋に内窓を入れましたが
実は体感だと冬は
余り感じ無かったんですよね



https://reogress.net/archives/32349061.html


過去記事にも書きましたが
温度差2度をどう取るかというか
温暖な地域ですしサーモスⅡhですし


むしろ今の夏の方が
涼しい効果を感じています(笑)



空調に余裕は出ましたが
正直私の時は補助金入れても
30万円掛かったので
値段程の価値があったのか微妙ですが


これはインプラスに
効果が無い訳じゃなくて


元々、暖かく不満も
無かったからだと思います


同じ6地域ですが
気候の違いかもしれませんね



それでも当時apw330にした場合
差額が100万円でしたから性能上げるなら
内窓がコスパ的には最適なのは間違いないですね





・数値よりも間取りと空調配置




t1
G1とG2の差程度の物は
間取りと空調の配置で変わります


もちろん
同じ間取りなら
単純に性能が高い方が上ですが


注文住宅に
同じ間取りはありませんし


なんでみんな
窓の性能や断熱材の性能を気にするのに
「その間取りじゃ寒いじゃん」っての
作っちゃう人いますから





https://reogress.net/archives/26683929.html



最近は最初から
数値ありきな場合が多いですが


昔は高性能化するのに
かなりお金が掛かりましたから


本来はウイークポイントがあったら
そこだけトリプルサッシなどにしてお金を掛ける


それが無理なら
寒い、暑いが出ない間取りで
対応するってのが大事でしたが・・・




t2
やはり付加断熱までやると
熱橋が無くなるので
効果は顕著かなと思います


けれども、お金の話になりますが
G3住宅って大体30坪で
建物価格3000万超えちゃいますからね



t1
土地代、その他合わせて
我が家だと2棟建てれちゃうほどの
値段差ですからね・・・






・最近の住宅価格値上げでローコスト住宅はどうなるか




t1
先月書いた記事ですが




今は住宅価格の
値上げ幅が凄くて


少し前でしたら
ローコストでもG2性能と言っている
メーカーが多かったですが


今はG1性能に
戻している所が多いですね


その為
「この性能大丈夫なのでしょうか?」
という問い合わせが多いです



https://reogress.net/archives/27268072.html


このように
寒くなる間取りってのが
ありますから


地域差もありますが
G1程度の性能でも
このように付くならければ
充分快適だとアドバイスしています



そもそも、このブログは
ローコストでも要点を押さえて作れば
快適な家になりますよって事で
始めましたから


是非とも数値だけに
囚われない家作りをして貰いたいと思います




t2
この前、秀光ビルドの営業の方に
聞いたら2019年10月と比較して
30坪の家が300万値上がりしていましたね




t1
今は平均して
それくらい値上がりしていますね・・・


地元の飯田産業系建売なんて
5年前は1,980万円~2,180万円だったのが
今は最安値で2,780万円とかです


対談記事2d


この金額だと
我が家の土地代含めた
全ての総額より高いです



この場所と広さ、この家なら
5年前なら高くても
2,180万円ですね・・・





地元の工務店だと
未だに1,980万円とか
値段キープしている会社もありますが


飯田産業みたいに最低減の性能でも
性能保証している会社は値上げするしか無いですねー
さすがに今2,000万円の新築建売ってのもこわいですが笑


未だに地方工務店の
格安建売だと



https://reogress.net/archives/20259515.html


耐力壁使わないで
吹き付け断熱する家も
未だにありますし


相変わらず
安いコロニアル屋根で
雑な棟板金とか多いです・・・





t2
飯田さんがローコストの
ベンチマークなのでそれは大変ですね。


単価上昇例は挙げればキリないですけど
土間コンとかも6,000円/㎡が
10,000円越え余裕ですし…


世の流れ的にはローコスト系でないと
家を持てない人が増えてるはずなので
正しく知識を得てほしいです



性能だ間取りだ設備だ
言う以前に予算ですからね(笑)


住宅YouTuberの連中も具体的な
金額なんか一つも出さないで話してますから

せやま氏くらいなもんですよ
トータルコストの話してるのは




t1
ローコスト住宅の作り方は
最適解ってもう決まってる感じはしますから


・屋根瓦にして耐久性を上げて

・在来工法にして耐力壁を使い
 断熱は吹き付け断熱

・サイディング は15ミリ以上
 あればサイディングにして
 高耐久シーリングは欲しいですね

・クセの少ない集成材を使って

・ベタ基礎で基礎パッキンにして
 床断熱

・玄関と浴室周りだけ基礎断熱


この辺がここ10年程前からの
スタンダードで


今は全国区の
ローコストメーカーは
全部この作りじゃないでしょうか


これが確立されてからは
本当に問題の無い家が出来るように
なったと思います





・そもそもローコスト住宅とは?



t1
ところで
ローコスト住宅ってのも
定義って無いですが


本体価格でいくらまでが
ローコストだと思います?


嫌味なのか自慢なのか
馬鹿なのか
本体価格3,000万円ほどの家で
「我が家はローコスト」とか
言う人いますから(笑)





t2
具体的な金額は地域や
時節によって変わるのですけど
目安はタマホームの
「木麗な家」だと思ってます


ただし、木麗な家は
使用建材がスレート屋根や
安いサイディングなので
差額払って高耐久の物にしたりしないとですね


これから建てる人は、プロ施主だの
工務店側のマネタイズのツールに過ぎないので
気にしなくて良いので


・しっかり予算内で取捨選択すべき

・できれば、住宅完成保証制度の
 ある所で建てた方が安心ですね


t1
数年前で1,500~1,600万円
今だと2,000万円以内
(付帯工事、諸費用など土地以外含む)
みたいな感じが
ローコストでしょうか?




t2
そうですね
30坪で建物2000万(付帯含む)が
目安だと思ってます


そこに土地1000万と
太陽光や外構や何やらで500万として
家づくり総額3500万が
中央所得層の限界値じゃないでしょうか?



t1
その辺が平均的
地方サラリーマンの限界値だと思います

うちは土地代が安かったので
総額で3,000万円切れましたが






t2
購買時の年齢や
家族構成なんかも関わるので
ケースバイケースですね


しかし、安いに越したことはありません
僕も、1円でも安く削りましたから笑


1,000万以上するものに
ローコストもクソもないし

健常な身体で一軒家を
新築で建てられるのが
どれだけ恵まれているかを理解してほしいです


昔のエアコンの仕事で
精神病院や刑務所やバラックみたいな所に
沢山行ったので、普通がどれだけ尊いか学びました



t1
たしかに1,000万~2,000万円も出して
ローコストってのも変ですね(笑)


とはいえ、私もこんな仕事してなければ
ローコスト住宅ってのは
安かろう悪かろうってイメージが
あったかもしれませんね


その点で今の仕事して
問題ないんだなってわかったのは良かったです




t2
ローコストというより
適正価格と表現した方がしっくりきますね笑


正しい情報を得るのが大切ですよね


普段から個人の主観による感想ではなく
数値を根拠にした客観を重視してます




t1
ゼルビスさんが思う
ローコスト住宅を買おうって人に対して
ローコストならではの注意点ってありますか?




t2
そうですね・・・

土地を放棄して
スウェーデンハウスで
建てられないとなった時点で
「贅沢な性能」や
「無垢材の床や大きい三角屋根の家」という
希望は霧散したので(笑)


目標を「コスパ日本一の家にする」に
スイッチングしました


ローコストだからと
何かを諦めるのではなく
「目標や夢」を定めた方がいいと思います


家建てる前に
自分の目標を立てろって感じです


それがその家と
家主のアイデンティティになります




・スキップフロア
・庭の植栽
・ホームシアター
・音響設備
・カーポート
・マリメッコの壁紙などなど


これだけは譲れねえ!ってやつを
1つは具現化すべきです


気持ちまでローコストになる
必要はありませんからね(笑)


そして、なるべく
後から金のかからない建材を選択
(太陽光、屋根瓦、無機塗装サイディング、
高耐久シーリング、改質ルーフィングなど)


家なんかただの箱ですから
あまり本気にならず
快適に家族と過ごせたら100点です



例えば、車は何に乗るか
車種も大切かもしれませんが
「誰」と「何処に行くか」の方がよっぽど重要です



家も同じで
「家族」と「何をするか」が
全てですから


本懐は恐らく愛情を
育む為であると思います


Twitterで配偶者への悪口とか
たまに見ますけど終わってます(笑)


家の建築は
幸せに過ごす手段であり
目的ではないです


抑える部分はきっちり抑えて
「たかが家」ですし
建てたら終わりじゃなくて始まりですから
「ローコストだから安く建てれてラッキー♪」
くらいに気楽に構えたほうが良いと思います(笑)


まして家なんか
マウントの道具でもないですし
上を見ればキリがないので
足を知り富む為の普請です


ローコスト住宅で気をつけるとしたら
営業さんからの気の利いた
提案は少ないと思うので
とにかく自分で調べて要望を
営業さんへアタックしたほうが良いと思います




あと、ミスには寛容になる事ですかね
ウチは壁紙を2箇所間違えましたけど
業者の方も貼り直し作業費なんか出ないでしょうから
「そのままで良いっすよ」で終わりました笑
寛容なのか無頓着なのかは分かりません





t1
私も「家は家族が暮らすためのツール」と
言ってますがその辺の考えは同じですね


私はミスに寛容では無いですが笑






・おすすめローコストメーカーは?



t1
おすすめのローコストメーカーの前に
仕事で現場を見る物としてのアドバイスで


ローコスト住宅は絶対に
安い地方工務店よりも
ハウスメーカーの方がオススメです


ハウスメーカーは
言ったら失礼だけど
どんなにダメな職人でも
作れるような工程が凄いんですよね




t1
ローコストメーカーで
今のオススメってあったら
どこだと思いますか?
タマホーム抜きで(笑)


当時他に検討したローコストメーカーと
秀光ビルドにした決めてなども
教えて頂けると助かりま




t2
ローコストおすすめは
正直タマホームとレオハウスも
アイフルホームも横並びですから大差ないと思います


秀光に決めたのは
安さですね
業界最安値です
頭2つ飛び抜けてます


それでいて
仕様はかなり良い物を標準で揃えていましたし


試しに秀光の見積持ってタマ行ったら
同仕様で200万高でした


あとは、秀光の会社のスタンスが
良心的だなあと思いましたね
設備オプションのマージンの仕切りも他社より低いですし。


社是が「子育て世代に
住宅をなるべく安く提供する」ですから



営業さんも

「家を建ててると一万円を
なんとも思わなくなるけど
一万円で何ができるかよく考えて
オプション追加して下さい
一万円って大金ですよ」


「多額の借金を背負うのはお客様自身なので
安すぎてダメな事は無い。標準の設備仕様でも贅沢」


「毎日使う設備(玄関のリモートキーなど)は
オプションを検討しても良い
たまに使う想定とかだと結局使わないから無駄金になる」


など、住宅営業に
あるまじき発言が多かったです(笑)


自分が施主なら
という会社方針だそうです


個人的に家は

・理想を叶える贅沢側に振り切るか

・安普請でローンを減らして
 実生活の安定を優先させるか
の二択に寄ると思うので


スウェーデンハウスを諦めて
コスパに振り切ると決めた自分の思想に
沿ったのが決め手ですね


結局、曽祖母の土地は売りに出して
速攻で売れたので多額の現金収入が母親に入ったし
私も自分で土地を構えて
親戚間で何の遺恨も発生しなかったので
結果的に良かったです


タダより高いものはないって言いますし(笑)





t1
秀光ビルドは山梨に無いのですけど


常にタマホームがローコストだと1番ですが
業界内でたまーに
「2位取ってその後タマ越してやれ」みたいな
勢いがある時期の会社ってあるじゃないですか笑


一時期のレオハウスもそうでしたし


アエラホームやアイダ設計もそういう時期があって
桧家住宅もそういう時期があったんですが
最近はどこも値段が上がっていて
そういう元気な会社がないなぁと・・・


もちろん地域初出店とかでしたら
そこだけは勢いあるんでしょうけど


こういうメーカーで頼むのが
オススメだと思っています


だいたい勢い出た後は
業務拡大しすぎて
トラブルも増えていくのですが


その前で注文すると
いいかなって思っています




t2
最近はアイ工務店が凄い勢いですね
昔のタマホームみたいに過渡期で
ミス多いってよく見ますけど(笑)


t1
だいたい勢いつけて
めちゃ支店増やす会社は
一回はそうなるんですよね笑


その後ペースダウンするか
継続出来るかですが
アイ工務店はローコストとは
言えないかなって値段ですね



ちなみに私が検討したなかで
タマホームより300近く安い地元ビルダーもありましたが
1つは耐力面材無しで
もうひとつはツーバイでしたけど
間取りや設備などなどでダメでした



性能と耐震だけじゃ
妻は何も分からないですから
設備や間取りも大事ですし
後は営業さんとか設計さんの相性もありますね








・身の丈に合った家は発信されない・・・




t2
Twitterやブログで
自宅紹介してる方々は
「上澄み」というか
収入に余裕があったり
土地贈与されたりが多い印象です


なので家の性能や意匠へ多くの
拘りを詰め込めるリソースがあるので
他人に向けて発信したくなるのも頷けます



意匠も性能も尖っていない
我々みたいな
ギリギリローコスト勢が
少ないのは当然です(笑)


それらを真に受けないで
自分の収入に見合ったローン
組み立てが第一ですね


負担にならない程度で建築した家は
そこに住む家族と両輪となり
幸福度が上がると思います


やっぱ、家があるのと
無いのでは全然違いますからね


マンションでも建売でも中古住宅でも
とにかくきっちり予算管理して
身の丈に合った住まいを選択した方が
この先の世の中を生きる上で
安心かなぁと思います


子供が複数いて
自分が病に倒れたりして
後々にローンが負担になり
家を手放すとか最悪なので


なるべく金のかからないのが
子供思いかなぁと感じます



なので私は


無理のない予算>資産価値のある土地>
なるべくお金のかからない建物
の考えです


すいません、なんかchelseaさんは
最近患ってしまったので
当てつけのような文面になってしまいましたが




t1
いえいえ、指定難病とかで1ヶ月入院して
今も治療中ですが




https://reogress.net/archives/33210631.html


それでも家とか
手放すなんて全く考えなくていいので
無理しない予算って一番大事だと思います


「本当に無理しない家にして
良かった」
と病気になって改めて思いました




住宅ローンは
当然ボーナス払い無しの
毎月5万円台の支払いですし


この辺の地域でも
県営団地行くより安い支払いなので
住み続けるのが一番得です




前も書きましたが


https://reogress.net/archives/33075351.html


仕事は傷病手当で賃金が減り
医療費の支払いもありましたが


貰う医療保険の方が多かったので
プラスになりますけど


これもローンに余裕がある
生活をしていたので
保険を見直さなかったので
本当に助かりましたね笑




なにしろ35年間なんて
何があるか分かりませんし


あと、そもそも見栄もあるから
ローコストとかブログ書く人自体が
少ないのはありますねー
時間的余裕も無いと書けないし











・今回のまとめ


今回の対談相手
ゼルビスさんとは
家に対する基本的な考えは似ていて



実際にローコスト住宅で
数年暮らしていますが
不満も無く快適にお互い暮らしています



快適というか
家ってのは箱ですから


家族と仲良く暮らして
夏涼しくて冬暖かく
自分達が納得した間取りなら
特にそれ以上言う事もないんですよね



住んでもないのに
「G1住宅なんて寒くて住めない」
なんて言う工務店や
高性能住宅に住んでいる施主さんよりは


リアルな生活をしているので
検討している人には参考になると思います


・・・・
・・・
・・



ちなみに我が家が家を建てようと
思った時、もう6年前ですが


この時はC値1.5以下でG1性能あれば
そこそこ高性能住宅と呼ばれていました



超高性能住宅で
C値1.0以下のG2住宅でしたから


今はそんな事ないですよね・・・



じゃあ5,6年で家を変えるかと言ったら
そんな事はないのですが



結局性能数値って
「数値は〇〇がベスト」なんてのは


売りたい工務店が
今売っている数値を
言うだけですから



予算、快適性、間取り
この辺のバランスを
まずは家族で考えて


ローコスト住宅でも
充分快適で幸せに暮らせますから
無理はしないで欲しいですね・・・




・・・・
・・・
・・


さて、
そんなゼルビスさんですが


対談が終わった後に
コロナ陽性になり





めちゃ大変そうでしたが
今は回復したそうでなによりですね



そして
「まだ分かってないなぁ・・・」って
記事があったので






ゼルビスさんも
レッグリフレを買ったらしいです

対談a


私の記事を参考にして
購入したのは素晴らしいですけど(笑)







記事を読んでいたら


対談b



「ピンクの良さが分からないとは
まだ甘いなぁ」と思ったので笑



対談c



ピンクの良さを訴えておきました






ピンクは難しいですし
ゼルビスさんは30代なので
まだ「良さ」が分からないのかもしれませんが



この記事を書き終えて
今から子供と
ご飯の買い物に行きますが


対談d



ピンク着ていきます(笑)










◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2022年08月15日






退院してから
暫く過ぎましたが



まだ薬の量が多く
自己の免疫が無い状態なので



「旅行とか
必要ない外出はダメだよ」
言われていますから


お盆休みもスーパーに買出し位で
出掛けていませんので



家にいる時間が
かなり増えました



まあ、体調関係無く
コロナが多すぎなので
どこも出掛けられないですけど


・・・・
・・・
・・



そして1ヶ月以上も入院してから
また家に戻って
落ち着いた生活をすると



せっかくの新築も
毎日暮らしていると
当たり前になってしまいますが



1ヶ月以上も留守にすると
我が家の素晴らしさを
再発見出来る事があって



今回は
「この設備にして良かったなぁ」
みたいなのを紹介します





・調光機能付きの電球色照明が落ち着く



長期間
病院にいると



照明1個で
人間は元気になったり
癒されたりするのが分かります(笑)



それで電球色の大事さに
気づいたのですが





我が家のダウンライトは


設備a


調色式で
昼白色と電球色に変わり


明るさは1%~100%まで
無段階で変わります



・朝起きたとき

・仕事から帰ってきて
 家族でいるとき



この辺の
メイン使用は昼白色ですが



・子供が寝た後に
 ゆっくりするとか

・基本的に大人だけで
 まったりする時は



電球色です



・元々は
 昼白色だけでいい妻と


・電球色だけでいい私と



お互い納得するように
調光式にしましたが



「なんで病室で
ここまで電球色が
恋しくなったか」
と言うと





昔ながらの病院ってのは

設備b


部屋、廊下、トイレなど
すべてが昼白色の真っ白な光で



家庭の照明だと
トイレ位は電球色って
家庭も多いと思うのですが


どこでも真っ白な光でした




最近のオシャレな
個人病院などでは

設備c

ちゃんと照明の
色にこだわって



待合室なんか
落ち着いた電球色とか多いですけど



昔からある大病院だと
そういうのは無いですね・・・



そして
入院していた部屋の窓から



すぐ近くに
結婚式場が見えるんですけど
ここが夜になると

設備d


やや暗めの
落ち着いた電球色で
ライティングするんですね




これが本当に綺麗で




分かりやすく言うと

設備e


ディズニーシーの夜って感じです



こういう雰囲気だすには
電球色じゃないと
絶対に無理なのですが



病院ってのは
室内、廊下、洗面台、トイレ
全部昼光色なんですよ



もちろん
家と病院では
照明の目的が全く違いますから


比較しても
しょうがないですが




こうやってみると

設備f



・朝起きて、照明が必要な時は
 左側の昼白色ですし


・子供が宿題する時もですね



逆に夫婦や一人で落ち着いて
ゆっくりするなら一番左の
電球色がいいと思います




スマホだと
なかなか照明が
上手に撮れないのですが




こちらが夜中3時のリビングで
電球色にして一番弱い光だと

設備g


こうなります



実際は拡散型の
LED照明なので
照明の近くだけじゃなく


もう少し全体が
暗くオレンジっぽい感じですが



落ち着きたい時は
絶対に電球色です




逆に昼白色で
一番明るくすると

設備h


こうなります



これも夜中の3時ですから
外は真っ暗ですが
これだけ明るければ充分です





・階段の蹴上(段差)は出来るだけ低い方が楽




私が入院していた
病院は6階建てで



私は6階にいたので
基本はエレベーターですが



副作用で血栓が
溜まりやすい事もあり



体調が良ければ
運動の為に


1日1,2回は階段で
1階まで往復して運動していました



そして気づいたのですが
我が家の階段って
病院より蹴上が低かったです




調べたら


設備i


病院って蹴上が20cm以下って
決まりがあるんですね



個人的には
病院なんて15cm以下とか
もっと低いと思っていましたが



ちなみに一般住宅では
23cm以下って決まりですが



実際、そこまで高い階段は
ほとんど無く






過去に見に行った
格安の建売住宅でも
22cmでした




これでも
我が家の階段は
昇り降り出来てるのに


「パパこの階段降りれない」
子供が怖がっていた位に違います




我が家の
階段の蹴上は

設備j


17.7cmとかなり低く




踏み面は

設備k


ここの分を本来は
マイナスして
出しますから




踏み面は

設備L


24.8cm取ってあるので
22.8cmですね




建築基準法だと

・蹴上は23cm以下で

・踏み面は15cm以上
 ですので



子供はもちろん


退院して自宅療養なんて
体力ない時でも
我が家の階段は非常に歩きやすいです


・・・・
・・・
・・



「階段は低い方がいい」
言っても



無理に蹴上を低くすると
踏み面も小さく
なってしまうのですが




・格安の建売住宅だと
 階段の面積が0.75坪なんて
 家もあり


・だいたいローコスト住宅だと
 1坪か1.25坪ですが



我が家の場合は

設備m


我が家は1.5坪使ったので
かなり余裕が出来たので
ここは良かったですね




夫婦とも40代で建てたので
20代、30代よりは


老後の気持ちが
分かったのかもしれません(笑)







平屋はどうやっても
予算と土地スペース的に無理で
2階建てにしたので





「なぜ平屋の方が楽なの?」って
考えたら


階段を昇りやすくした方が
いいですね




退院した日に



病院に色々と持って行った
荷物を片付けるのに
何度か2階まで往復する必要があり




まだ本調子でも無かったですが
普通に何度も往復出来たので


「段差低く作って良かった」と思いました




かなり体力が落ちていても
「100メートル歩く」ってのは
普通に出来ますが


同じ距離を階段であるくと
かなり疲れますから



ここはよく考えるべき
ポイントだと思いました


https://reogress.net/archives/10072027.html


とはいえ
建てた時は


子供の安全と
夫婦の老後の事だけしか
考えて無かったですけどね



まさか、40代で
こんな長期入院するなんて
思いもしませんでしたから・・・








・天井が高い




1ヶ月入院しましたけど
最後まで

設備n


この220cmの低い天井には
慣れませんでした・・・






デザイン住宅や
凝った価格が高い家みたいに


・リビング、ダイニング、寝室で
 天井高違うなら
 メリハリもあるんでしょうが



このように全部220cmだと
余計に低く感じます




しかも

設備o


寝る時なんて
ベッドの高さもありますから
余計に低く感じます





我が家の場合は

設備p


1階、2階とも250cmで
吹き抜けもあるので






設備q


もっと高い部分もありますが



・ここは建てた当時に
 タマホームだと標準が240cmで
 レオハウスだと250cmだったのも


レオハウスにした
要因の1つだったりしました



※今はタマホームも
 250cm標準で作れます





よく工務店さんだと
「天井が高いと
冷暖房効率が落ちる」とか
言われるんですけど



そりゃ低い方が
省エネでしょうが



そこまで効率求めるなら
マンションの方が狭いし


マンションなら
隣室の冷暖房の効果もあるしとか
考えちゃいます




しかも
「220cmあれば充分です」って
言う工務店さんの
家の価格が



我が家より何百万円も高いので
全然効率は良くありません(笑)












・価格が安いので入院してても安心感



最後は設備じゃないですが
お金の話をしたので



「我が家って素晴らしい」
思ったのは

設備r


何か月か長期入院しても
最悪仕事辞めて
パート勤めになっても
どうにか返済出来る安心感ですね(笑)




フラット35で


・最初の10年間は
 高性能住宅の割引で毎月57,452円

・その後25年間は59,564円なので



毎月6万円以下の
住宅ローンです




土地代も600万円でしたし


https://reogress.net/archives/8743139.html


これで土地が64坪、建物が34.5坪



温度とか湿度は
いつも書いてますが
夏も冬も快適なので




お金に余裕が無い人や
住居費以外で余裕のある生活したい人が




「無理に高い金出して
高性能な住宅を建てる必要って
無いよな」って思っています





https://reogress.net/archives/32927593.html


実際に住んでいて
快適なわけですし




相変わらず
お値段の高い会社さんからは



「ローコスト住宅は
30年、40年後にすぐダメになる」
なんて
言われますが



その辺は解体屋の私の方が
詳しいので何も心配はしていません(笑)



毎日、何十年も経過した家の
中身を見てますからね








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村









2022年08月05日







性能以外に


大手ハウスメーカーと
工務店で意見が割れるのが
天井高の高さです




一般的には


・大手ハウスメーカーは
 なるべく高くして開放感を出して


・工務店は
 なるべく低くして
 冷暖房を効率化させるって


イメージですが





ブログやSNS
Youtubeなどで
「天井高は〇〇cmがオススメ」とか
書いてありますけど


これは全く意味がありません




そもそも天井高の
決め方を理解せずに


「低い方がいい」

「高い方がいい」


などと争っても
仕方がありません





・理想の天井高は面積で決まる?



何故
「天井高〇〇〇cmがオススメ」
意味がないかというと




例えば天井高が
一般家庭では充分な
240cmあっても


天井高a


会議室のような
広くて四角いスペースだったら
240cmってめちゃ低く感じます




極端な例だと

天井高b


天井高が270cmや280cmと
めちゃ高くたって





天井高c


体育館みたいな
建物ならめちゃ低く感じてしまいます



学校の体育館でも天井までは
10メートル以上ありますからね



まず、横の面積を考えないで
天井高を決めたって
意味がありません




それ以外ににも
見た目の問題ですね


例えば同じ面積でも
四角と凸では


凸の奥行きがある分
見た目は広いと
錯覚する場合があります




天井高d


例えば
こういう和室だと
床の間があるだけで
奥行を感じます




なので
面積や作りを考慮せずに


「天井高はやや低い220cmがベスト」とか


「270cmは開放的」とか
言っても全く意味がありません



そうは言っても
270cmあれば
ほとんどの家なら開放的なのは
間違いないと思いますが



実際、今の家で
普通の間取りなら
220cmなんて低すぎてしまう
理由があります






・昔の家は天井が低くても問題無かった



・昔の天井高は
 220cm近辺が多かったと思いますが


・最近は240~250cmが
 標準ってのが多いですね




我が家の天井高は

天井高e


1階、2階とも250cmと
レオハウスの標準ですが




昔の家の間取りって

天井高f



キッチンや居間も
全て4畳半や6畳で
区切っていたので



面積が狭いから
天井高が低くても


「うわ、低っ!」
なんて思いませんでした





ただ、昔の家も
仕切りで狭いだけじゃなく
「よく考えてあるなぁ」って思うのは


天井高g


ふすまで仕切るので
開けたら広くはなっても




例えばこういう造り

天井高h






・欄間と長押で
 隣の部屋の天井が見えないし


・高い部分と低い部分があるので


こういう造りだと
天井高が220cmでも
低いと感じにくいですね






・今の家が天井が高い理由



昔と今では
間取りが全然違うので


それに合わせるように
天井も高くなりました




例えば我が家の間取りですが

天井高i


今の家は
LDKが一体になっていて
壁もありません



20畳~24畳などの
仕切りも無い空間があるので



・昔の造り
 220cmだと
 低く感じてしまって


・標準が240cmとか250cmに
 なっています



外観もですが
中身も洋風化したからですね


それでも欧米の家よりは
天井高ってまだ低いと思いますけど



たしかに
体積が減れば
エアコンの効きは良くなりますが


実際に我が家みたいな
どこにでもある間取りで
全部220cmなんてしたら



「うわ、低っ!!」って
息苦しいし貧乏くさくなってしまいます



250cmだって
低くはないですが
特別高いとも思いません



これが今の家の間取りだと
標準的な天井高って事ですね




しかも
本来天井高を
下げるってのは
計算された間取りがあってこそなので



上げるよりも
難しいんですよね・・・






・低い天井高は完璧な計算でしましょう




「横幅の話は分かったから
最適な天井高って何センチ?」って話は



家の作りや
本人の身長もあるので
正解なんてありませんが




一部の
設計が完璧な
工務店や設計士さんの


上辺だけをマネして(笑)


220cmなんて天井高を作ると
ただの低い家になっちゃいます・・・




だいたい
低い天井がある家ってのは

天井高j



割と多いのが
キッチンを折り下げ天井にしたり




それとは逆に

天井高k




リビングなどを折り上げ天井に
するのが多いかと思います



つまり
高い部分と低い部分が
あってメリハリが出ます




凸凹が付いて
高い部分が余計に
高く強調されるかもしれません




有名な設計家さんだと
210cmとか使う人もいますけど


こういうのは
完璧な計算があってこそなので


単に天井の低さだけ
マネしたって


圧迫感がある家になっちゃいます・・・



なによりも
天井が低い方が
省エネとか言われても


こっちの建築費の方が
ずっと高くなるんですよ・・・





後、「寝室は低い方が落ち着く」
ってのも



1ヶ月間天井高220cmで
寝ましたけど



最後まで低くて
落ち着きませんでした(笑)



というか
天井高220cmなんてのは
布団で寝ないとダメですよ・・・


ベッドが30cmあったら
天井高190cmになっちゃいます










・ローコストは標準でいきましょう(笑)



割と多い
一部分だけ低い、高い天井


見た目の好みは
施主さん次第ですが
好きな人は好きだし


注文住宅ですから
好きにしていいのですが



「空間が減るので冷暖房効率が
良くなり省エネ」

とか

「天井が低い分建材やクロス類も
使う量が減るので建築費の削減」


なんて言うのは
嘘です



家の中全部が低いなら
別ですが


そうじゃなければ


余計なコストがかかって
高いだけです(笑)



そりゃそうですよね



高い部分と低い部分があって
結局は高い方に家の骨格は
合わせないといけませんから



高い費用払って
天井の数十cmの差で
得られる光熱費の違いなんて
わずかですし




今の家の断熱性能なら
天井が高いからって
暖房、冷房が効かないほど
性能の悪い家なんてほとんどありません


・・・・・
・・・・
・・・
・・



そうは言っても
天井高が全部同じだと


奥様などから


「安っぽい」

「低く感じる」

とか言われるかもしれません


安っぽいのは
本当に安いので
諦めて頂くとしても(笑)




標準内で
天井にメリハリ付けたいなら

天井高L


リビング階段でも
メリハリは出ると思います



まあ、我が家の場合
スキップフロアと吹き抜けがあって


これのオプション費用が
30万円掛かりましたから


「お前、それの方が
折り上げ天井より
値段高いじゃねーか」
言われたら


それまでですが(笑)



「うるせえ
注文住宅なんだから
好きにしていいだろ」って
言いますけど



結局、本当に好きにしていいんですけど



間取りや面積も考慮しないで
天井高を決めても
意味がないって事は
考えて作った方がいいと思います



間取りや造りを見てもないのに
「〇〇cmがベスト」なんてのは
全部間違っていますから





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2022年07月15日








世の中にある
「2階にトイレなんて要らない」



あれは嘘です・・・



いや、本当というか
その時は「要らない」って
思ったのでしょうが




正直、私も
思慮が浅すぎたと言うか




少なくとも30年以上
住み続けるなら
2階トイレは必須だと思いました






・リアルな老後生活が分かりました



先週やっと
長期入院から帰宅しましたが



1ヶ月以上も入院すると
色々なお年寄りの
入院患者さんがいて



めちゃリアルな
老後生活が色々想像出来るので
その点ではオススメですが(笑)



普通は家を建てる時なんて
健康なので実感が無いですね・・・






だいたい30代で家を建てて
子供は小さいと


「2階にトイレがあって良かった」なんて
意見は


・トイレ渋滞にならない


・(夫婦で)恥ずかしくない


・来客時にトイレを分けれる


・寝室が2階なら
 寝ている時のトイレが楽


・子供がゆっくり
 トイレトレニーングが出来る



だいたいこれくらいですね



我が家も
これくらいの気持ちでした



妻の実家は2階にも
トイレがあるので
「当然必要でしょ」という考えでしたし




そもそも
2階建てなら
2階トイレは当たり前というか


2階トイレa

(赤字は一応キャンペーンらしい・・・)


なんの
キャンペーンなのか
知りませんが



「2階トイレは無料です」とか
書いてあるし



無くしても
たいした減額に
ならないので
そのまま付けました



2階トイレb



実際に住み始めると


子供の寝かしつけとかで
早く寝室に行って



実際寝れるのは
数時間後とかですから
2階のトイレは便利ですし



それ以外でも
普通に寝室に行ってから
寝る前に1回位はトイレに行くし




大人と違って
子供は余り我慢が出来ませんから



6歳と4歳の兄弟が
取り合いしている時に
どちらかは2階に行けるので



「トイレ2つあって
良かったなぁ」と思った位ですね



あと、春ごろに


ノロウイルスになった時も
便利だったので




今はコロナウイルスもあるし
2階トイレ作る人は
多いんじゃないでしょうか



そして
今回の入院で



嫌ってほど2階トイレの
重要性が分かりました






・私には必須になりました



ネフローゼで
入院していましたが



退院しても
かなり長期間
薬の服用があります




その中で厄介なのが
免疫抑制剤

2階トイレc


抗がん剤ですから
色々と副作用もあるのですが



「出血性膀胱炎」って
副作用があって



対処方法としては
まず、なるべく水分を取って



そして尿を貯めない
ちょっとでも
トイレに行きたくなったら
行ってくれという状態です



ただでさえ腎臓が完治してないので
トイレの回数が普通より多いのに
これは大変です



そしてステロイド薬の副作用で
寝れてませんから

2階トイレ


睡眠薬も処方されています


これでも毎日3時間とかで
起きちゃうほど
ステロイドって寝れないのですが



つまり睡眠薬飲んで
フラフラなのに寝てから
トイレに行くしかないので



これ2階にトイレ無ければ
完全にアウトでした・・・




夜中に睡眠薬飲んだ状態で起きて
階段降りるのは危険ですからね




2階にトイレが無かったら
無理やりにでも
1階で寝るしかない状況です








・老後は2階を使わない?



「そもそも年取ったら
階段登れないから
2階は使わない」



「それならトイレも要らない」って
考える人もいるのですが



要介護認定1の
70歳の私の母親でも
手すりがあれば
階段の昇り降りをします




手すりが無ければ
法令で階段作れませんから
普通の戸建て住宅の階段なら登れます









老後と言うか

2階トイレd



50代で既に
夜間頻尿は半数超えてます




何故か30代の健康な時って
家の間取りを考える際に



「将来歩けなくて
車椅子になったらどうしよう」

ってのは浮かぶんですけど




「将来、膀胱が弱くなって
夜間頻尿になったらどうしよう」

とは浮かびません(笑)



そもそもどんなに健康な人でも
腎機能、膀胱、筋力が低下するので
頻尿にはなるそうですが




前に


https://reogress.net/archives/33101533.html



「何十年も先を見越して
バリアフリーなんて作る必要無い」って
言いましたけど



2階トイレは
バリアフリーじゃないですからね


既に今現在で
便利ですし



無ければ将来
リフォームって方法もありますけど



2階に洗面台など
水道管が既にあれば
リフォームもしやすいですが



「2階にはトイレもなければ
水道がありません」ってなると



リフォームが
めちゃくちゃ高額に
なってしまいます










・50~60歳を考えるのは本当に難しい



30歳で家を建てたら30年住んで
60歳ですから



みなさん家を買うのに
最低限これくらいは
考えて建てると思います



なかなか20年以内に
引っ越すと考えて
注文住宅建てる人はいないですから



というか
実際は40年、50年以上
死ぬまでの家として
建てると思いますが




私も、こんな事
書いておいてなんですが
家を建てる時に



「自分の50代なんて
全く想像しませんでした」



・子供の20年後とか


・自分が80歳位の老人などは


なんとなく想像してましたが



自分が50~60歳の時期なんて
何も考えていませんでしたね




それが1ヶ月以上の入院で


色々と
リアルな老後を考えさせられたので



2階に寝室作る人は
トイレはあった方がいいと思います



もちろん予算があるので


・トイレ付けたら
 希望の広さが取れないとか


・奥様希望のキッチンか
 2階トイレのどっちかしか選べないとか


これなら仕方ないかも
しれませんけど


広さとか奥様の満足度ってのは
それもめちゃ大事ですから



しかし

・サイディングをオプションで
 いい見た目にしたいとか


・断熱性能を
 もうちょっとだけ上げたいとか



これならトイレの方が絶対に
QOLは上がりますし




ちょっと厳しい言い方ですが
トイレ程度を
削減しなきゃいけないほどの予算なら



契約している
ハウスメーカーや工務店が
予算的に向いてないんだと思います



トイレの数なんて
かなり最初に決めますからね



この段階で予算厳しいのであれば
満足する家が建たない可能性高いです









◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村








2022年06月24日







まだ
入院生活が
続いていますが



ちょっと前に
一番つらい治療が終わりました




術後は24時間絶対安静
起き上がる事すらダメと

バリアフリー住宅j


横になったまま
ご飯を食べるという



人間の尊厳について
考えされられました



その後2日間も
ご飯の時は座っていいけど
ベッドから移動はダメという




厳しい状態が続き・・・




やっと
同じフロア位なら
歩いてもいいって事で


バリアフリー住宅a


カテーテルが付いたままですが



さらに
腎臓の組織を摘出したばかりなので




めちゃ歩くのが
ゆっくりですから


看護師さんに
「今なら要介護認定取れますね」って言ったら




「いやいや、これじゃ
要介護なんて全然無理」と言われましたが




私の母親は


バリアフリー住宅b


要介護1の認定を受けていて




要支援より
症状が重い要介護ですが


バリアフリー住宅k


それでも
要介護の中では一番軽いのですけど




「たしかに今の私ですら
母親の方が
歩くの遅いよなぁ」
思いますけど




とりあえずこの状態で

バリアフリー住宅c


洗濯したり
ジュース買ったりしてきましたが





病院なんて
完璧なバリアフリー設計ですけど



「この状態じゃ
世間で言うバリアフリー住宅なんて
住めないな」って事が分かりました






・そもそも「バリアフリー住宅」とはなんだろう





日本の住宅で言う
バリアフリーは

バリアフリー住宅d


高齢者や身体が不自由な人でも
暮らしやすい家って定義ですね









こちらのサイトにある
バリアフリーの


・3つのポイントってのが




よくある
バリアフリーだと思いますが

バリアフリー住宅e


一番多いのは
段差の無い平屋ですね



ただ、今の私だと
支えがないと歩けないので
ちょっと住めないです



さらに
椅子があれば大丈夫ですが
座布団に座るのは無理ですね




そして廊下には

バリアフリー住宅f


バリアフリーと言ったら
手すりがありますね



今の状態だと
この手すりを
リビングやダイニングにも
欲しいですが



手すりがある場所って
廊下、階段、トイレ、お風呂
だけなんですよね




次に


バリアフリー住宅g


トイレやお風呂は
車椅子でいける作りが
非常に多いんですけど




これって結局ですね



・元気で足腰も
 しっかりしている老人か


・足が悪くて
 車椅子に乗っている老人しか



バリアフリーじゃないんですね








・一部の人にかバリアフリーにならない問題



今の歩くのが大変な私や
母親みたいな



「車椅子は要らないけど
歩くのがつらい」という



多分、老後はこっちの方が
人数が多いと思いますが



こういうタイプは
そもそも最初のリビングが
歩けないんです



そんな20畳のリビングなんて
支えがなくてほとんど歩けません




そして私なんて
今はカテーテルだから
トイレも大きい方しか
行く必要はないですが(笑)



・私も母も
 普通に歩いて行けますし



入院病棟を見てると


・歩けるけど
 そもそも
 トイレが無理な人もいるし



お風呂だって
腰が悪くて
どんなに広い作りでも
入れない人や



これは母親の実家ですが

バリアフリー住宅h


車椅子じゃないですけど
「遠くてつらい」って事で



土間にユニットバスを
入れるリフォームをしました


このユニットバスには
段差がありますが



要介護認定を受けている
母でも

「この段差は問題ない」って事でした





うちの母は



https://reogress.net/archives/24183931.html


「我が家の階段は
割と昇り降りしやすい」って言いますし




つまり
何が言いたいかって言うと



・余りにも老後や要介護
 身体障害などの種類が多すぎて



若い時に
老後を想像して作る
バリアフリーなんて
意味が無いんです




はっきり言って
「考えが浅い、老後を舐めてる」
としか思えません




だって今の症状



「歩くのがしんどい」


「でも車椅子じゃなくて
杖があればあるける」


「その他色々と疲れやすい」って状態で


一番住みやすいのは
バリアフリー住宅i


6畳ワンルームで
バストイレ別
洗濯機も置ける家の方が
ずっと楽です



最初に紹介したような
バリアフリー対応住宅なんて住めません



こんな

バリアフリー住宅L


1日ばかり
高齢者体験したって
絶対に分かりませんし



1ヶ月入院する
私の方が
まだ気持ちは分かりますが


それでも正解なんてありません



30年後
自分や家族の体が
どうなっているかなんて
分かりませんから









・バリアフリーはリフォームでいい



老後を想像して作る
バリアフリーに
「意味無いからやめろ」とまでは
言いません


段差が無いとか
スロープなどは


健康でも楽ですし
子供に優しいですから



例えば




「新婚生活にピッタリの間取り」
ってどんなでしょう?



別に賃貸ならいいですけど


新築戸建てだとしたら


「いや、新婚夫婦っても
人それぞれじゃん」って思うんですよ



・ライフスタイル

・希望の子供人数



などなど全然違いますし


今から結婚をする
カップルに



「30年後の理想の結婚生活」
言ってもらっても


言ったとおりになるカップルは
少ないと思うんです




30年後の老後を想像して作る
バリアフリー住宅も全く同じですね


私が入院した病院だって


・そもそも外科と内科の患者で
 症状が全然違うし


・同じ病室でも
 4人全員症状が違います




逆に80歳すぎても
めちゃ元気とか



・健康な高齢者
 
・さまざまな病気の高齢者

・要介護の高齢者も


余りに色々ありすぎて



そんなもん
30代、40代のうちから
想像して作ったって
意味の無い物になってしまいます



しかも平均的な年数なら
30代で建てれば


だいたい30年ちょっとは
階段があろうと
車椅子に対応してなくても
全く問題なく生活出来るんですから



もちろん若くして
怪我や病気になる
可能性もありますが



症状は全員違うので


まずは
好きに作って


いざ障害が出たり
日常生活が
きつくなったりした時に


リフォームがおすすめです



その時に
リフォームした方が補助金も
色々貰えます




補助金が出たり
固定資産税が安くなったりしますし




当然30年後の方が
色々と発達してますから



今では手すりだけでも
将来は階段昇降機が
手ごろな価格になっているかもしれません



と言うのを





・もちろん段差は一切なし

・車椅子も全部が対応していて

・バリアフリーは完璧な


病院内で洗濯しに行く時に
思ったので



今の家は
将来のリフォーム代が
出せるくらいの余裕を持った
予算作りで


若いうちは好きに作った方が
ずっといいですよ



当たるか当たらないかも
分からない30年、40年後の
想像で高い金出して



最初からバリアフリーに
する必要はありません



もちろん親と同居とか
すでに体が弱っている人は
別ですけどね









◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村