対談

2021年05月31日








ローコスト住宅を買ったにも関わらず
思った以上にお金が貯まらないので・・・


給料が低いのは置いといて(笑)




毎回100記事ごとに
している対談記事ですが


今回は600記事記念として


お金のアドバイザー
ファイナンシャルプランナーさんに
我が家の住宅ローンと
収入のバランスなどをお伺いします



ただのFPさんだと
どうしてもお金よりになりますが


今回の対談相手
とよくまさんは



https://sainokuni.net/



2年前に注文住宅を建てたので


家は安い方がいいけど


性能とか間取りとか設備で
金額が上がる気持ちも
分かってくれるかと思いますが



我が家の世帯年収
年収800万円ちょっとの収入で
総額2,750万円の家は



余裕なのか将来厳しいのか
色々と教えて貰います





・まずはプロフィール



今回の対談相手の
とよくまさん



ファイナンシャルプランナー2級で
住宅ローンアドバイザー資格もお持ちです



先程の住宅ブログ以外にも






お金に関するブログもあって



FPa


お金のシミュレーション出来るソフトや





ライフプランシミュレーションなどを
作成、アドバイスしている
住宅の予算についてはプロの方です


FPb


無料のライフプランソフトもあります






・まずはローン金額が適正だったか聞いてみる





FPY
よろしくお願いします


いきなり最初の質問ですが


我が家の住宅価格
土地代や引っ越し代、保険代など
全て合わせた総額が
2,750万円なのですが


この金額の家を買うなら
夫婦の年収がいくらなら
安全圏内だと思いますか?




FPz
よろしくお願いします

総額だけでは
適正かどうか分かりにくいので


ご家族構成と年収と生活費
(ざっくりでも)を
教えていただけると助かります




FPY
家族構成は
40代半ばの夫婦と
5歳と3歳の子供4人家族です


420万円を現金で出して
2,338万円を住宅ローンで組みました


生活費は
まだ子供が小さいので
それほど掛かっていませんが


世帯収入で年収約800万円


ボーナス抜いた
手取りで毎月48万円ほどですが
余裕がある生活とは思えません





FPさんですので
今回は収入や
毎月の支出なども全部伝えて
色々とシミュレーションして頂きました


FPc




FPz
参考までにchelseaさんの条件で
ライフプランを作成してみましたが
特に大きな問題は感じませんでした


ただ、仮の条件なので断定はできませんが
老後資金が少し不安かもしれません



ご家庭それぞれで可処分所得や
生活費は異なるので
いちがいに年収で決めることは
とても難しいです



ライフプランを作成し
「人生100年間生き抜ければOK」が
答えになります




FPY
たしかに
死ぬまで余裕のある生活して
土地なり財産残せれば
OKですね







・地元の賃貸アパートの相場を調べる




FPz
住宅のお金だけではなく
生活費、趣味のお金
定年後のセカンドライフ、子どもの教育費
など、多くの要素から分析します




またライフプランだけではなく
純粋な月々の返済額は手堅い内容ですので
予測できない出来事があったとしても
十分に対応できるかと思います



この点は素晴らしいと思います
多くの人に参考に
してもらいたい事例です




FPz
近隣の賃貸と比較しても
大きく変わらない金額
というのも重要なポイントです


近隣の賃貸との比較も
とても大事な要素です



現在の返済額であれば
困った時でも住み続けるのが得ですね
手放すほうが損になりますから
ここも素晴らしい部分です!





こちらが現在の住宅ローン


FPd



最初の10年間は
 フラット35Sの優遇で毎月58,000円

その後25年間は毎月60,000円です



こちらが
住んでいる町の
2LDKアパートの相場


FPe


だいたい2LDKで
7万円前後なので




テレビの特集などで見る

FPi


家を売って
安いアパートに
引っ越すみたいな事はありません


アパートより
住宅ローンのが安いですから(笑)


なので生活は楽になってます






FPY
私は今までの賃貸生活なら
お金は苦労しなかったので
住宅ローンもそれ位にしようと思いました




FPz
ぼくも全く同じ考えです
ライフプランは作りますが不確定要素なので
これなら絶対に払える!
という金額にしておこうと





FPY
ハウスメーカーによっては
4000万円くらいは我が家の収入でも
普通に借りれてたしか返済が月11万円でしたが
「それくらい大丈夫ですよ」「普通ですよ」って
言う営業さんもいましたが…



何が大丈夫なんだろうってのはあります(笑)




FPz
返済負担率的には
800万円の35%で計算しても
月20万ぐらいなら払えちゃいますね


仰るように家にステ全振りするなら有りなのです……
が、そう考える人はなかなか少ないのかもしれません




FPY
そもそも上限の35%というのは
どういう基準なのでしょうか?
「そんなの払えねえよ」としか思えませんが・・・




FPz
お金を借りすぎると人生破たんしちゃうから
限界はここまでだよって基準ですが……
個人的にはかなり高い基準だなと思います




FPY
家庭よってバラバラだとは思いますが
一般的に「年収の何%なら安全?」
質問されたら何%までと答えますか?





FPz
実はお答えしたことがないのですが
20%を上回らないほうが良いと思います
あくまで目安ですが…




FPf



FPY
20パーセントは手取りですか?
額面年収で20%だと800万円あると
毎月13万円になるので
絶対無理だって思ってしまいますが(笑)





FPz
手取りの20%以下が良いかと思います
年収だとそれぞれ可処分所得が違うので
ぼくは必ず手取りの割合で考えています


ライフプランと家に対する
価値観次第でもありますが



FPY
手取りだとボーナス入れないので
毎月額が48万円ですから
20%で96,000円


たしかにこれくらいが上限ですね
私はこれでも高いと思いますが(笑)



我が家は
固定資産税や将来の修繕費
火災、地震保険合わせて
20%の96,000円位ですね



こちらがライフプランで作ってくれた
住宅ローン以外にかかる

家の費用です


FPg





FPz
この図にもありますが
家はなんだかんだで
住宅ローン(借りたお金)の
倍ぐらいのお金がかかるんですよね



修繕費、リノベ、固定資産税、利息などなど
このあたりの諸々かかるお金も
しっかりライフプランで分析することが大事です



FPY
修繕費は
たしかに仕事で古い家ばかり
見ますから分かりますね(笑)


ノーメンテとか30年保証っても
美観は考慮されない保証ばかりですし




長期保証と言っても
お金は取られる保証なので






FPz
相談者さんとお話しして思うのは
家に関してはものすごく詳しく
調べられてる方が多いです


ですが、住宅ローンについては
流れで決めてしまう事がとても多いです


家づくりと同じぐらい
住宅ローンについても深く考えてもらいたいなと思っています



というのも、理想の家づくりを追求した結果
建築費が高騰しギリギリの住宅ローンを組んだ結果……
「毎日不安な思いを抱えている
夢の新居の生活が全然楽しくない」
という相談もあったりします






・FPさんの家づくりとは?




FPY
FPさんとはいえ、新築を建てた
施主ブロガーさんでもありますが
一番はやはり予算でしたか?




FPz
家作りは
いつも勉強させてもらっております
この場を借りてありがとうございます


そうですね
やはり返せる金額を考えてから予算を組み
予算に合った家づくりをしました





FPY
家の総額はいくらでしたか?




FPz
約32坪の平屋で1800万円で
土地代はコミコミで500万円です




FPY
総額で2,300万程ですね




FPz
ただ水道を引くのに150万かかりました…
調整区域なのでインフラが壊滅的で


総額では2500万円ぐらいで
住宅ローンは2200万弱です




FPY
ちなみに住宅ローンは
年収の何パーセント位です?




FPz
%は非公開になりますが
(すいません!)
毎月の返済金額は6万弱です
かなりライトと考えていただければ




FPY
ご家族構成は?

後、平屋にした理由ってありますか?





FPz
夫婦と9歳8歳3歳の
5人家族です




たまたま土地が広めで
平屋を建てられる面積があり


県民共済住宅が坪+2万で
平屋にできたので
迷わず平屋にしました


やはり総合的に使いやすいです
老後も安心です!




FPY
坪+2万円で
平屋に出来るって凄いですね







こちらが
とよくまさんの建てた


埼玉県のローコストでは超有名な


FPh


県民共済住宅ですね


共済なので営利企業ではないですから
驚くべき金額ですが



ZEH仕様程度の性能はあり


コスパも良くて
設備、仕様も金額を考えると
凄くしっかりしています


なぜか埼玉県だけにある
謎の組織で(笑)


利益を取らなくていいので
金額勝負では他社は勝てません・・・



その分
営業マンがいなかったり


土地は自分で別途用意したりと
ハウスメーカーの
「至れり尽くせり」はありませんが(笑)






・戸建て vs 賃貸 FPさんの意見




FPY
FPさんだと
持家か賃貸どちらが得か理論も
皆さん意見が違いますが


家を建てた
ファイナンシャルプランナーさんとして
その点はどうですか?




FPz
持ち家は資産(リセールバリュー)の
側面から考えると
効率が良いとは言えません



しかし、ライフプランの観点では
また結果が変わります


万が一の時には「団信」で
住宅ローンが0円になりますが
賃貸の場合は
そのまま賃料を払い続けることになります




そのため賃貸の場合は
家賃分を考慮した保障額が必要となります。


以上の情報を考慮した上で
自分にはどちらが合っているかで
決めると良いと思います





FPz
また、「一軒家での生活」という
お金の効率から離れた側面から
(心の満足度)考えることも大事です



ついついお金の効率を重視してしまいますが
本来ライフプランは
「自分の理想的な生活を叶える道しるべ」です





FPY






こちらに年収800万円で
毎月12万円の賃貸だと
毎月19,000円しか残らず
教育費が全然足りないとあります




戸建てだとさらに修繕費の積み立てや
固定資産税、火災保険もありますから
余裕を持った生活だとやはりローンは
もっと低くないとつらいですね




FPz
マンションでも管理費や
修繕費の積み立てがあるので
買った後にお金がかかるのは
どちらも同じかもしれません



コチラの記事の相談者さんは
まずしっかりとライフプランを
組んでほしいと思います


子供が成長すると
今現在より今後生活費や
教育費が増えることは明白です


特に
「教育費が一番かかる時期は
家の修繕時期とぶつかるケース」が多いです



この時にお金が足りなくなるケースが
とても多いです









・予算と性能の兼ね合い・・・




FPY
今はローコストメーカーでも
高性能を売りにしてまして


その分金額もかなり上がるんですが
今の家の性能や暮らしは満足してますか?





FPz
ぼくはあえて、上をみませんでした(笑) 
なので満足していますよ


建てて感じたのは
家族が喜んでくれれば
自分の満足度も上がりますね




FPY
たしかアルミ樹脂サッシだったと思いますが
50万円増額で樹脂サッシなら変更します?




FPz
たぶんしないと思います
アルミ樹脂でOKです




FPY
お互い今の家に満足してるのは
予算で明確な線引きをしてるので


この予算内では
完璧って事でしょうね(笑)





私の両親は
生活保護で超貧乏だったので


小学校が終わって家に帰ると
「金返せ」とか張り紙があったり


今で言う闇金屋さんが
待ってたりと大変でした(笑)





FPz
chelseaさんほど重たい話ではないですが…
両親が一番景気のいい時に建てた家でして
その後業績が落ち込み月々の支払いが厳しくなりました


少なからずぼくも返済に協力したので
自分自身のお金を貯めることができませんでした


こうした想いを次の世代の子どもたちにはしてほしくないので
FPとして住宅ローンの発信をすることにしました






FPY
基本としては万が一妻が死んだり
離婚して私が子供2人を育てても
ギリ大丈夫な金額が毎月6万円でした
かなり厳しいとは思いますけど・・・


お金に苦労した分
色々と心配性になっております




FPz
ぼくも同じです(心配性)でも
そのぐらいでいいと思います


楽観的に考えた結果
コロナで多くの人が払い困難になっています
実に4割ぐらい





甘く考えるとこうなります











・満足出来る家を作る条件


今回対談をして思ったのは


家作りでの成功、失敗というのは
個人の主観ですから




例えば、我が家は
4年経っても本当に満足していて
成功だなって思いますが



違う人がこの家に住んだら
住みにくいってのはあります




それは間取りであったり
性能面であったりするのですが



家作りに成功したって思う人は
考えがブレてないなと思います





私はとよくまさんは
明確に「この予算以内」と決めて
作っていて


その予算内で出来る事は
全力でしたので


もっと高性能住宅を見ても
後悔がありません



逆にもっと予算が出せる方で
高性能住宅希望なら
そっちに全力を使ってもいいし


性能以外にも
色々な目的、コンセプトがありますが


それがブレなければ
成功しやすいと思います





我が家はお金無いですが
それでも



FPj



・勉強用のスキップフロア無くして
 家を小さくして

・子供部屋も小さくすれば



当時でもUa値0.46の
G2住宅位は作れたと思います



実際、最初は一条工務店にも
行きましたし・・・



しかし、それは
私の家作りの目的ではないので
今の家に非常に満足しています





https://reogress.net/archives/27247089.html



・子供が生まれたので
 子育て環境にいい家


・お金で苦労したくないので
 今まで住んでいた家賃と同じ



これは守りましたけど


別にそこまで低性能でも無いですし
夏も冬も快適なので
性能面でも満足しています




そうは言っても
やはり一番のポイントはお金です

(特に高収入な家計じゃなければ



家族が喜ぶってのは
非常に大事ですが


妻だって住んで3年もすれば
当たり前になって


子供は小さければ
その家が当たり前ですからね



日常生活、余暇、レジャーに
使える自由なお金があってこそ
家族が喜ぶので予算は大事ですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



この辺は本当に
線引きが難しいのですが


過去記事にも書きましたけど
我が家の1日の温度差が3℃の日に
超高性能住宅は1℃しかないですから


絶対に性能を上げた方が快適なのですが




やはり予算>>性能なので


簡単に考えて
「これくらいなら安全に支払える」と思ったら


将来厳しくなって
色々節約して苦しいとかですね



本当に余裕のある
住宅ローンってのは非常に大事です



これは工務店やハウスメーカーは
売るのが仕事なので
割と厳しめの予算でも
大丈夫と言いますし


実際営業さんとか
超忙しくて余暇に使うお金なんて
要らないのかもしれませんが(笑)




「一生に一度の家だから
豪華で超高性能な家を買う」
って気持ちも分かりますが



人生こそ一生に一度ですからね


余裕のある暮らしも大事ですし
子育てに適した住宅造りなども大事なので



その辺を上手く見極めて予算に合わせて作れば
失敗はしないと思います





かといって
ローコストメーカーは失敗すると
安かろう悪かろうになってしまうので・・・


そちらも見極めないといけません



とよくまさんは
施工中に断熱材をかなり学んで
ツイッターなどにも投稿して
検査ではOKだったのを




修正してもらっていましたし


まあ、これは大手じゃなくても
施工ミス非常に多いんですけどね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



例えば我が家が
年収1,000万円あれば



毎月10万円のローンも
いけると思うので


「ローコスト・・・なにそれ」って
状態だったかもしれませんが(笑)


家は性能も分かりますが
予算あっての性能ですから




本当はHEAT2000 G3などの
超高性能住宅でも総額2,000万円程度で
買える世の中になるのが一番いいんですけどね(笑)




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年11月16日






最近はレオハウスでも
タマホームでも


標準で樹脂の
トリプルサッシが付く
プランがあったり


性能がどんどん上がっています





他の大手ハウスメーカーと比較しても
性能値だけなら
ローコスト住宅でも変わらないので




2年程前に
このような








性能が同じなのに
値段が全然違うという記事を書きました





妻の友人が
住友林業で建てた時の
お話ですが




お金持ちな家庭なので
「モデルハウスみたいだった」
妻が言うのですが



性能値は我が家と
それほど変わらないんですね





じゃあ実際に
「なぜ、そこまで
金額の差が出るか」





実際にいくら金額が違って
どのような家になるのか




今回は
住友林業の施主さんから
お話を聞く事が出来ました






・住友林業施主さんのプロフィール


住友林業a



びびさんは20代で
住友林業を建てたツワモノです(笑)











ツイッターで
施主さんや営業さん設計士さんなどの集まり



「家系ブログを盛り上げる会」
作った方で



住友林業のブログでは
非常に有名な方です




今までの対談相手は




予算なり性能なり色々と
口うるさい施主さんでしたが(笑)
(褒め言葉ですよ笑)



今回は女性らしく
見た目や設計の提案力など
数値以外にこだわりがありますね




そして、価格が高い家は
高い理由があるなぁというのが分かります




だいたい意味も無く
高いだけのメーカーなら
潰れていますしね






・まずは簡単に家のスペック紹介




c
まずは
家の坪数と
土地代を除いた総額と
建物本体価格をお願いします





b
延床面積26坪の平屋
総額約2,700万円(税込み)
建物本体価格約2,050万円(税抜き)です
(土地代は除いてます)




どうしても割高になる平屋ですけど



それでもタマホームや
レオハウスなら同じ面積で



最上級のグレードでも
建物本体価格で1,500万円あれば
充分建てれます





ちなみに平屋が割高になる理由は


住友林業b


出典 : https://www.mutenka-ai.co.jp/blog/2051





平屋でも2階建てでも
基礎と屋根は1つですし


若干工期が短くなるとしても
人件費なども含めて


平屋でも2階建てでも
金額が変わらない事が多いので
割高になります







・何も知らなくても高性能にはなる




住友林業の施主さん
びびさんは


色々なメーカーも候補でしたが
最終的には


一条工務店か住友林業か悩んで
住友林業にした方です




c
他に候補だったメーカーはありますか?
またあった場合は
ダメだった理由も教えて欲しいです





b
他の候補は
・一条工務店(木造)
・トヨタホーム(鉄骨)
・セキスイハイム(鉄骨)
です。





一条工務店を候補から外した理由は


契約前に間取りが不透明だったことと
営業さん(支店長)との
相性が合わなかったからです




一条工務店は太陽光や
全館床暖房がウリのハイテク住宅ですが


将来のメンテナンスを考えるのが
嫌な性格ですので元々一条との相性は
良くなかったのかもしれません






c
最初的に住友になった一番の決め手って
どんなとこでしょうか?





b
住友林業の決め手は
「提案力」があったことですね


要望が間取りに
反映されていたのはもちろん
+αの提案があったのが大きかったです






私の家を担当してくれた
営業さんと設計士さんには
非常に満足していますが



やはり
ローコストメーカーよりは



高いメーカーの方が
担当さんの
アタリ、ハズレが少ない
イメージはありますね



実際に大手の方が
給料がいいですし・・・



c
いわゆるタマホームみたいな
ローコストメーカーってのは
最初から候補に無かったですか?





b
ローコストメーカーに
あまり良い印象が無かったので
候補にしていませんでした



今思えばネットの悪評を
鵜呑みにしていたのかもしれませんねー




c
当時のローコストメーカーの
イメージってどんな感じでしたか?





b
失礼な話、安かろう悪かろうなイメージですね
親戚の友だちが
「ローコストで建てたら欠陥だった」と
いう話を聞いていましたので
そういうのにも影響されていたかもしれません





c
まあ予算さえあれば
見なくても問題ないですからね
ローコストメーカーじゃないと
建てれないなんて物はありませんし





とはいえ
ここの段階では



ここまで金額差が出る理由は
分からないので
次は性能の部分です





c
標準の窓サッシは複数選べました?
後採用した窓も教えて欲しいです





b
わが家の場合
窓へのこだわりが皆無で
「LDKと和室に大窓が欲しい」って希望以外は



全てお任せだったので
標準で何が選べたのか把握してません(笑)



3地域以下では
樹脂サッシが標準らしいですけど



わが家は6地域なので全て
ペアガラスのアルミ樹脂複合サッシです







住友林業c



という事で、私の方で調べましたが
住友林業標準の
アルミ樹脂複合サッシは



三協アルミさんの
アルジオという商品で


熱還流率は引違いで
1.92(W/㎡・K)の商品が
標準みたいです


サーモスLと
サーモスXの間くらいの性能ですね






c
住友林業さんだと断熱材はグラスウールだと
思いますけど
標準の天井と壁の厚み分かりますか?




b
天井 グラスウール16K(110mm厚×2)
外壁 グラスウール16K(100mm厚)
床下 押出法ポリスチレンフォーム3種(100mm厚)


4地域より暖かい場所は
全部同じみたいです





住友林業d


性能的には充分ですね


窓や断熱材は
ローコストメーカーの方が
もっと高性能な場合もありますけど




住友林業の場合
こちらが最低ラインなので



何も知らなくても
問題なく快適なレベルですね




どうしても
ローコストメーカーは


価格勝負ですから



レオハウスにしろ
タマホームにしろ


高いプランは
これ以上の性能でも


安いプランは
もっと低性能なプランもあるので




「ローコストメーカーで
建てる時こそ
知識が必要と言ってるのは」




こういった部分も大きいですね

住友林業e



天井220ミリが大きいですね
窓はアルミ樹脂でも



Ua値は0.44ですから
6地域なら充分過ぎますし



私なら
「6地域でここまでスペック要らない」って
言うレベルですね






そして
一番の大きなポイントとしては



妻の友人もそうでしたが



窓の名前や断熱材なんて
全く知らなくても


ここまで充分な
性能になる事です



そもそも
私がブログを始めたきっかけも



「当時はローコストメーカーだと断熱材も薄く
窓もアルミサッシというプランもあり」



もっと高いプランでは
そうじゃなかったのですけど




「ローコストでも
最低限の性能は
確保しようよ」というのが
ブログの始まりでしたが



住友林業なら
そういう知識などは
全く要らないですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


とはいえ
この性能くらいだったら
正直差額で100万円もあれば
充分対応出来ます



元々ローコストとの差が
500万円以上はあるわけですから



性能だけでは
ローコストメーカーの方が
得だと思います



「じゃあ、何が違うの?」というと
うちの妻も言ってた



見た目の部分が大きく違いますね







・住友林業には3種の神器なるものがあるらしい




今の住宅は
サイディングが標準ってとこが多いですが



住友林業は
「サイディング」「吹き付け」か選べるそうです





吹き付けって何?って場合


住友林業f






こういうモルタル吹き付けの家ですね



シーサンドコートという
商品が標準で選べます



サイディングよりも
早い期間で汚れが目立つのと



どうしてもモルタルですから
長期間のクラック(ひび)も気になりますけど


サイディングの見た目がちょっと・・・
って人にはいいですね





b
シーサンドコートは
私が建てた当時は初期プランに入っていなければ
オプション扱いだったような気がします




ひびさんが建てた時は
まだシーサンドコートはオプション扱いで




標準はサイディングという事でしたが


住友林業f2




b
わが家は30年保証の
サイディングを採用しています
(雨で汚れを洗い流してくれるやつらしい)



ケイミューの光セラ、18ミリですが
注目点はそこじゃなくて


軒ですね




だいたい、見た目が
高そうな家ってのは



軒があって
さらに軒天が木目ですね



これが標準ってのは
ローコストメーカーには
無いですね・・・





ちなみに我が家の軒天は
こういう意匠とかは無視した感じ


03329e65


サイディングだけは
我が家も18ミリなので
同じですけど




こういう所で
見た目が全然違ってきますね




ただ、こちらは
リブ軒天という
オプション品みたいです・・・



b
これは、リブ軒天というオプションです
本物の木ではありません




c
このリブ軒天はいくらくらいなんですか?





b
リブ軒天は約6万円で、破風が5万円ぐらいです






後は無垢床も標準で選べます


住友林業g




「メンテナンスが大変だし」って人には
合板の挽板も選べるみたいですが




標準プランは

・1階が無垢床or挽板で
・2階は突板みたいです



2階は突板になるのが
商売上手ですね(笑)



だいたいオプション費用払って
2階も同じにしちゃうんじゃないでしょうか




b
普通100万ぐらいする無垢材を
30万とかで選ぶことができたりするみたいです




c
我が家だと
1階も2階も
全部突板が標準ですから
ここの差は大きいですね





後はウッドタイル


住友林業h




b
ウッドタイルは15万円ぐらいです






他には
天井の一部を木目調にする
ハーモシーリング


住友林業2b






c
3種の神器ってのを全部導入すると
100万円位かかる感じですかね?





b
俗に住友林業の
三種の神器と言われているものは


ウッドタイル(15万円)
ハーモシーリング(10万円位?)
格子スクリーン(10万円しないぐらい)
シーサンドコート(今は標準?)
の4つで


ウォルナットとか、高い無垢材をLDK
(20畳ぐらい)に入れて
トータルで100万ぐらいですかね




三種の神器はまだ可愛いもんですね
キッチンや食洗機に
こだわったら平気で数百万いく世界ですし





我が家も
キッチンは
標準でもそこそこ高性能な
タカラスタンダードのグランディアですけど



それでも最終的には
オプション料金で
30万円ほど掛かってますが





話の途中で出た




b
そうですねー
すみりん感を出したい人は選ぶ感じで
付けた付けないってのが
インスタでちょいちょい話題になっています





「すみりん感」って言う
ワードですね




これは
住友林業の実例集なのですが


住友林業j


これだけすると
いくら掛かるか不明ですが




天井だけでも
段差を付けたり勾配天井だったり
板張りだったり


後は木の格子はウッドタイルなど


非常にお金がかかりますね





そしてこういうのの積み重ねで
妻の言う「モデルハウスみたいだった」
になるわけですね




とはいえ、すみりん感という
ワードがあるくらいなので
色々とマウントが大変そうですが・・・




まあ、ローコストメーカーでも
出来ない事はないですけど





過去記事 ~施工ミスを防ぐため、大工さんが慣れていない事を注文しない~






施工ミスとか「出来がイマイチ」とかですね
基本慣れてない事を注文するのは
余り良くないです・・・




だいたいローコストメーカーの見積もりで
こちらがリクエストでもしない限り
無垢床とか木目の軒天とか
普通は出ませんし(笑)



なので予算が合えば
素晴らしい提案力ですけど



予算が厳しいと
「はぁ、ここは無理だ」ってなりますね



一番良くないのは見た目だけ
豪華で性能は低い家ですし・・・














・本当に好みの差なので



これ以外にも
色々と差があるかも
しれませんが


私には気づきませんでした・・・



今回標準の設備なども
調べましたが



ローコストメーカーも
上手い事ショボくならないように
値段を安くしてますので




標準の
キッチンやお風呂
洗面化粧台なんかは
我が家と同じなんですね




ただ、外観や内装は
全く違う感じでした(笑)




・広さが同じで
・性能も同じで
・設備も同じなのに


「何でここまで値段が違うの?」って理由が



見た目の部分が大きいってのが
結構分かったと思いますが







これは本当に好みなんですね



https://reogress.net/archives/25503361.html



私は木目がそもそも嫌いなので
値段が同じでも
普通のクロスにしちゃいますし





後、住友林業さんは
BF工法と言って
木造なのに


住友林業k


鉄骨造並みの大開口が
作れますから



天井まで窓とか
コーナーに窓なども
耐震性能を持たせたまま可能です



この辺の
独自工法も
金額が高くなる理由ですね





我が家も
希望の間取りがツーバイフォーでは
出来なくて



在来工法なら可能だったように




希望の間取りによっては
そもそもメーカーの縛りが
出てくる場合もありますし




ローコストの
見た目が気に入らないって人も
たくさんいると思いますしね





とはいえ
ローコストメーカーの価格から
500万円増やすなら



性能に全振りすれば
HEAT20 G3レベル近くまで
上げる事も可能ですから




性能に割り振ってもいいですし



もちろん見た目に割り振っても
いいですし




何が正解なんてのはありません





私が500万円増やして
家を買うなら


住友林業L


家は今のままで
キャンピングカー買いますね


旅行はもちろん
庭になるだけでも
めちゃ楽しいと思います



今の家には本当に満足してるので
特に変える箇所もないですしね




後は、ローコスト住宅の注意点として
性能や数値などに
ある程度詳しくならないと



ローコストだと
安かろう悪かろうに
なる可能性もあるので
注意が必要です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2020年10月17日







前回記事の
500記事記念





まっしんはやぶささんとの
対談の後編になります






前編はこちら


https://reogress.net/archives/26195178.html







・最近の流行語「メンテナンスフリー」について





r
前に5,000万円の家で60年住むなら
2,500万円の家で30年後に建て替えなり
大幅なリノベーションすればいいじゃんという記事を書きまして





https://reogress.net/archives/25651257.html





一部の方は賛同してくれたのですが
ツイッターで随分と批判のコメントも多くて




しかもお金の問題なので
60年か30年の比較にしたのに



「ローコストだから30年しか持たない」みたいな・・・



普通にメンテしてれば
50年程度は持ちますけどね




解体屋の方が
ハウスメーカーや工務店さんに比べたら
古い家には詳しいです(笑)






m
そんなに批判のコメントが出ているんですね
60年版をすでに選ばれた方ですかね・・・





r
というか批判は全員
工務店さん側でしたけど




ノーメンテでも見た目が古くなるんですから
新築そっくりさんみたいな
大幅なリフォームした方がいいじゃんとか
思うんですけどね(笑)



これって
まっしんはやぶささんが書いた記事


 


この記事内にある


高性能で長持ちする家を
作っているという工務店さんが
金額を言ったら


「我が家だったら2回建てられる」と書いてあって


「それなら
2回建てる方がいいじゃん」と思いました


建て替えなくても
大幅なリノベーションでもいいのですが





m
建材の耐久性が高いことと
家として使い続けられるかどうかは
別の気がするんですよね


私の場合建ててから知識を付けたクチですが
タイルの耐久性が高いといっても


他の部材が原因で結局メンテが必要になることを
説明してなかったりするんですよね。


ちょうど、住んでいた借り家がタイル外壁だったんですが
築15年でタイルがところどころ剥がれてましたし(笑)


メンテナンスフリーって
ものすごく誤解を生む言葉だなぁと思います



詐欺師は、9割の真実に
1割嘘を混ぜるといいますが・・・



経年・太陽光・雨風による風化は強烈なので
おっしゃるとおり10年20年での
メンテを前提にするほうが現実的で
それ以上大丈夫というのは幻想かなと



そもそもライフスタイルや
価値観による風化も絶対避けられないですからね


コロナ禍前に
「俺の言う通りに(ちゃんとお金かけて高性能に)
建てたら将来資産になる」みたいに言ってた人が


「コロナ後の家はこう変わる」なんて言ってるのを見て
オイオイなんて思ってます



ただchelseaさんのブログ記事見て
ルーフィングと屋根材は
もうワンランク上にしておけば良かったと思いました(笑)
コロニアルクアッドと940なので(汗)


ローコストを選ぶ方は
メリハリを抑えるべきところは
知識を付けておくといいですね






こちらがルーフィングの記事ですね





こちらがコロニアルクアッドはダメって言う記事






https://reogress.net/archives/25082418.html




屋根は目視しにくいし
自分で近くで見れないし


足場必要なので
修繕費用も高いので

ちょっとこだわりました(笑)



瓦なので50年ノーメンテなんて言う人がいますけど
そんな事はありません・・・


素材自体は平気でも
ズレとか出ますし


欠けたり破損したりする可能性はありますから
点検やメンテナンスは必ず必要です




だいたい、家を建てるってのは
その家の責任を持つって事なので



何でもノーメンテがいいなら
家なんて建てるもんじゃありません・・・






m
30年後に建て替えのご意見は
私も1000%共感で
実際もう一度建てたいと思っています(笑)




5000万円の家を60年もたせる追加コストも
かなりかかると思うんですよね



高い家は、修理コストも高いはずですし
格安の高級車買っても
タイヤや修理代が高くて困るみたいな





金額での比較からは少しずれるのですが
高級ハウスメーカーの場合は


クローズドな工法で囲い込んで
割高なメンテナンス費用で稼ぐ
ベンダーロックインモデルに取り込まれることを
消費者に巧妙に気づかれにくいようにしているなぁと思っています



独自工法で特徴・付加価値づけしている地域工務店も
他の参入を許さない似たような戦略のような気がしますね







・ローコスト住宅は30年しか持たないの間違い




m
ローコスト住宅が30年しか持たないみたいな
印象づけも本当かなぁと思っていて



ろくなメンテナンスをしていない
大阪の実家の戸建ても築37年ですが
まだ十分住めているんですよね


当然、性能はものすごく低く
もちろん色々ガタは来ていて
人に売れる建物価値はありませんが






r
古い家は本当に仕事で
たくさん見ますけど


30年で家がダメになるなんて事は無いですね



今のローコスト住宅なんて
特に通気工法が出来た以降の家は



普通にメンテナンスすれば
絶対に50年程度は持つ事は分かっていますけど


シロアリ対策などの
メンテナンスは必要ですが


これは木造なら
高い、安い関係ないですね





m
以前、下記の記事の中で、色々つっこみどころのある
ダイワハウスの記事を取り上げたのですが
わりと肌感覚で納得感があったのが
ローコスト住宅の耐用年数が「おおむね50年未満」となっていたことです。



https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/blog-entry-1037.html





そもそも、ローコストな家が
20年や30年でダメになるというのは
高額な家を売りたい立場からの
都合のよい刷り込みではと思ってたりします



今の外壁通気工法の家って
雨漏りとシロアリだけしっかり気をつけておけば
40~50年ぐらいは持ちそうな気がするんですよね




30年って、30歳で家を建てたら60歳
40歳で家を建てたら70歳という
大きなライフスタイルや人生の区切りといえる単位で
その時点で選択肢が広いのはいいですよね




・リフォーム/リノベで住み続ける(建物・土地・地域にこだわる場合)
・建て替え(ダウンサイジング/平屋化など)
・住み替え(地域・土地を変える)
・二世帯住宅
・争続材料にしない(自宅しか資産がないと結局売って分けるしかなくなる現実)


などなど





r
子供部屋などの間取り問題や
見た目の更新もまさにここで出来ますね



30年後だったら、手頃な価格でその時点で
性能の向上した
建売やローコストに住むって方法もあると思います



子供が出ていって
管理が大変ならマンションにしたって
いいのですが






m
本家の新築そっくりさんは
ハウスメーカーの新築に比べると安いけど


わりと良いお値段みたいなのですが
もしアコルデで1500万円ぐらいで
フルリフォームしたらどんだけ豪華にできるだろうと
とってもワクワクできます


5,000万円の家で、この楽しみはできないでしょうね
でも下手したら建て直しても200~300万円しか
変わらないかもしれないので
それなら建て直すほうを選ぶかも




どんなに今の価値観で素晴らしい家を建てても
30年後に住みたい家で
ありつづけられるかどうか



なぜ、今空き家が問題になっているのに
新築住宅がどんどん建つのか考えれば想像つくと思うのですが
これは性能だけの問題ではないと思うんです




こちらが対談中に出てきた
「新築そっくりさん」

2階建てを平屋にリフォームも簡単に出来ますが


canvas



工事費用がこれで2,000万円以上なので
ローコストなら建て替えが出来てしまうという・・・






r
建て替えや
大規模リフォームを前提にすれば


子供部屋の間取り問題とか

ノーメンテはいいけど
見た目は古くなって嫌とか


色々解決すると思うんですよね



何故か100年持たせようとする
前提が多いです・・・


言ってる側が
コロコロとデザインを変えて


古い家を古くさく
見せてるのですが・・・





https://reogress.net/archives/24846069.html




m
万一、将来売れる価値が残ると
信じている人にも


新築を決意する前に中古住宅を築年数に関わらず
選択肢として考えたことがあるのか聞いてみたいです


自分は、新築しか眼中になかったのに
価値の高い家なら中古でも買って人が出てくると思えるのは
楽観的すぎると思います



仮に、5000万円で60年ノーメンテで
本当にもつ家があったとしても


その価値を消化できるのは60年住み続けて
完走した場合に初めて価値を享受できるわけで
とっても難しい条件です



このあたりは「不確実なお得の先送り」という観点で
ブログで書いた話に通じます。



https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/blog-entry-1040.html



30年でも長いのですが
家を建てた時点では30年は生きられる(生きたい)なぁと
思ったので、まだ現実感があります





・保証の誤解

 ✕メーカーがお客様60年住宅の品質保証をする
 〇お客様がメーカーに60年お金を払う保証をする



60年住める家という大義名分で高い家を選択して、
さらにお金を払う保証を負うことになりうるリスクがあるという






r
うちのハウスメーカーも
たしか10年までは無料で
その後の点検は有償のメンテすればって話ですね



対談c



在来に耐力壁の
どこにでもある
工法ですし



仕事上
工務店さんと付き合いも多いので
10年目より先は



金額次第ですけど
ハウスメーカーの保証は
使わないかもしれないですね



もちろん金銭的に
折り合えば
ずっと保証は頼みますけど




他でメンテナンス出来ない
鉄骨メーカーとかは
仕方ない部分もありますけど



何にしても
いつでも修繕出来る費用だけは
用意しないと色々大変ですし



ある程度貯金出来る性格の人なら
絶対にコスパだけなら
今のローコスト住宅の方が安いと思います



お金さえあれば
なんでも後から足せますしね



なので基礎、躯体に納得して
断熱や透湿防水シートなどの
後から足せない部分の工事さえちゃんと
してれば



「安くても問題ないんじゃない?」
と思っていますけどね



まあ問題は
ちゃんとしている業者の見極めってのは
ありますが・・・






m
ハウスメーカーでもローコスト系だと
在来の標準的な工法なので、どこでもメンテできますね。
確かに業者の見極めは難しいですが・・・



初期費用を抑えられるローコスト住宅だと
余裕が出て修繕費用を温存できますし


実際の修繕時の状況でどこまで費用をかけるべきか
選択の余地を残せるメリットが大きいと思います



家へかけるお金の優先順位が
必ずしも高いとは限りませんので



無理して高い家を選ぶと
お金の大半の使いみちを
長期に固定してしまうリスクが
あまり語られない気がします







・住んで実感するローコスト住宅のデメリットは?



r
2人とも今の家に満足してるので
家を色々と掃除したりDIYしたりという
記事も多いのですが


満足してると
家に愛着が沸きますので


逆に住んで実感した
ローコスト住宅のデメリットはありますか?





m
誰が見てもわかる豪華感、高級感など
高級な住宅にはかなわないですね



性能重視の場合もあるので
全ての高級住宅がそれらを
兼ね備えているとは限りませんが


ローコスト住宅は合理性重視なので
見た目や高い性能に価値を求めている人には
物足らない選択肢になると思います



その十分な予算を持っている方には
高級住宅はとても価値あり社会に
必要な選択肢ではあると思います




ただ、なかなか一般人には手を出せない
高級車などとは違って


一生に一度、家族のため、終の棲家など
色々な大義名分によって
予算の身の丈に合わない選択を
してしまいかねないのが
高級住宅の場合の怖いところだと感じています


また、下手すると融資がおりて
買えてしまうのが恐ろしい・・・




r
我が家の世帯収入でも
普通に4,000万円以上は借りれますからね・・・


ローコストはとにかく合理的ですね





m
わが家も融資の上限に
収めようと頑張っていたら

とある銀行から1000万円単位で
「融資増やせますよ」と悪魔の囁きがあったので
怖い世界だなぁと思いました(笑





r
性能に関しては


私は余り数値ばかりに
こだわってほしくもないのですが


今でしたら普通にUa値0.5
C値も吹き付けに耐力壁で
1程度は簡単に出せますけど


見た目は全然違いますよね(笑)



「見た目って住宅が快適かどうかには
影響しないじゃん」って人には
向いているのですが


当然、せっかくの家なので
豪華な見た目って人もいますので


そういう人には向いていないですね・・・




m
高級ハウスメーカーの住宅ばかりが並ぶ

高級な新興分譲地などに
ローコスト住宅を建てる場合


つい豪華な見た目の周りの家と比較して
気持ちが重くなるかもしれません



他人との比較を
気にしない方であればよいのですが


競い合うように新築住宅が建つ場所よりも
まわりの比較にさらされない
独立した土地に建てるほうが
ローコスト住宅は気持ちの面で
安心できるのではないでしょうか





r
前にローコストでも
マウントを取る方法という


ネタ記事を書きましたが(笑)





https://reogress.net/archives/24955566.html



他人と比べてもしょうがないし
どうしても比べるなら


分譲地で建てるなと書きました(笑)






m
私も妻も地元じゃないので
対抗意識を燃やす知り合いもいないので
気楽だったのかも


地元でまわりが皆有名ハウスメーカーで
建ててたら多少は意識してたかもしれませんね


しょーもない見栄ですが・・・


めったに無い経験ですし
普通は人生1回きりですから
張り切っちゃう人も多いですかね





r
私は地元ですけど
分譲地でもないし張り合う事も無かったですね


隣が線路なので電車と張り合うのは無理ですし




外観に関しては
仕事で古い家は嫌と
言うほど見ますから(笑)



そこに金かけても20年もしたら
どれも同じに見えるみたいなのはあるので
夢のマイホームって発想は無かったですね


あくまで現実的なマイホームでした





m
実際に家がどうなるかを知っているのは
説得力ありますね



後、ローコスト住宅は
家づくりのプロセスに興味がなく


なるべく手間をかけたくない方には
向かないと思います



施主側も自発的に考えて動ける人であれば
一緒に家づくりをしている感覚を楽しめますが


業者側も最低限の体制であることから
完全な業者側への丸投げ姿勢だと
細かな意思疎通や確認不足から
トラブルや不満足の原因が増える可能性があります





r
そうですね
私は家を建てる側が
ここまで知識が必要なんて
おかしいって思っていますけど


これってローコストじゃないと
ここまで知識要らないんですよね


高いメーカーは
そのままある程度の性能に
豪華な見た目で出来ますし


一条みたいなとこだって
見た目はともかく
性能は何もしないでも
いい数値の家を作れますが


ローコストの場合


施主も頑張れば
いい家を安くが出来ますが


何もしないと
安かろう悪かろうになってしまう可能性もあります





・対談を終えた感想

 

お互い
ローコスト住宅でも満足していますけど



やはりローコスト住宅が
向いてない人もいるよなぁってのは
良く分かりました




そもそも収入が高い人には
必要のない選択肢ですしね




個人的に似てるなぁと思ったのは
お互いに家に関して
見栄とか無いんですね(笑)




だから堂々と
安い家の金額や全貌を
これでもかと見せているのですが・・・


ただ、高い安いに関係なく


せっかくの注文住宅なので
施主が満足してない家はダメです




よく「綺麗好きですねー」とか
言われますけど


自分が気に入って建てた家なら
掃除嫌いなオジサンでも


好んで掃除するようになります(笑)




ただ、賃貸と一番違うのは
やはり、全ての責任が
建てた本人が負いますから


30年後でも50年後でも
何かあった時に動けるお金は必要です




ローコストを考えている人にも


決して全部が
安かろう悪かろうでは無いって事は
分かって欲しいですね





対談企画も
これで3人目になりましたが




もし参加したいという
ブロガーさんがいたら
メッセージ下さい(笑)




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村





2020年10月16日







ついに

このブログも500記事を迎えました




100記事の区切りの度に

色々なブロガーさんと対談という

記事を書いているのですが





500記事の対談相手は





https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/




ローコスト住宅ブログでは

超有名な「まっしんはやぶさ」さんです






私も家を建てる時に

かなり参考にさせて頂いて







ブログを一言で表すと



実際の生活が

凄い想像出来るブログです





そして恐ろしい事に

すでに1,100記事以上あるという

物凄いブログです(笑)






家を建てたのが8年前なので




今はちょこちょことリフォーム関係の

記事などもあって



大変参考になります




・・・・・
・・・・
・・・
・・




私が家を建てる時に
一番見たブログは2つあって





一つが



https://www.2x6satoru.com/




高断熱高気密では有名な

さとるパパさんのブログ






ちょっと言葉悪いですが

何でも数値重視なブログが多い中




「いや、そこが0.1違っても

体感で変わらんだろ」とか

思ったりする場合もあるのですが



こちらのブログは

大学で構造力学とか熱環境工学など


私が人生で一度も聞いた事ない
学問を学んでいたそうで

専門的な裏付けもあり




若干専門的な事も書いてありますが




ローコストでどこまで

数値を求められるかみたいな




庶民派にも

ためになる事をたくさん書いてあります




解体とはいえ現場仕事ですし
新築の廃材処理などもしますから


大工さんや現場監督さんと
付き合いが多いので



建材選びは自分で色々と知識がありましたが




換気システムや気密性なんて

余り知らなかったので

かなり参考になりました




・・・・・
・・・・
・・・
・・




そして、もう一つが




https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/



今回対談する

まっしんはやぶささんのブログで





こちらは設備面や間取りなど




性能面以外は

かなり参考にしました





我が家のバスルームや窓関係選びは

こちらのブログの影響も大きいです





記事の書き方がうまいのか

写真が上手なのか




本当にリアルな生活が想像出来るので




逆に

「あ、これは私にはダメだ(笑)」




みたいな反面教師的な

参考になる場合もあったりします








・一応プロフィール





ローコスト住宅を考えている人なら

一度は見たことあると思いますが



対談a


https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/




神奈川県平塚にある

アコルデという工務店で8年前に

注文住宅を建てたブログ主さんです




ブログも既に8年目という
老舗ブログですね





タマホームやアイダ設計などの

ローコスト大手ハウスメーカーや

工務店を何件も回って


アコルデに決定したそうです




タマホームでは

予算オーバーで



それより安い金額なのですが






それなのに当時(8年前)で



・16ミリサイディング

・吹き付け断熱など使っている家という




結構こだわっている
会社さんっぽいですね




今なら大手ローコストメーカーでも

標準ですが





8年前の当時だと

一番安いローコストメーカーの仕様だと

普通のグラスウールに14mmサイディングが
普通だったと思います




窓だけは
8年前だと仕方ないのですが
アルミサッシなのですが



こちらも内窓を付けるという
リフォームを最近しています







・それでは対談スタート





r

こちらのアイコンが私で
(自分のツイッターアイコンです)





m

こちらが「まっしんはやぶさ」さんになります





尚、対談中に
私の名前をchelseaさんと呼んでいますが



これはツイッターの
アカウント名です(笑)






r

よろしくお願いします




まずは家のプロフィール


・広さ

・金額


を教えて貰えますか





m

こちらこそ
よろしくお願いします


延床面積は30.8坪

施工面積は33.93坪です




土地建物と入居までの

様々な諸費用含めて3500万円でした。




土地関係が1,800万円なので



差し引いて

建物含めてかかった
残りの費用が約1700万円です




ここには、建物本体・付帯工事費・融資関係諸費用

外構工事費・樹脂デッキやDIYで取り付けたフェンス
引っ越し費用なども含まれます。








我が家の土地代抜いた総額が






https://reogress.net/archives/8589883.html




2,100万円なのですが



我が家の方が4坪ほど大きいので

坪単価はそれほど変わらないですね



土地代抜き総額の坪単価を出すと

(延床面積ベース)




・まっしんはやぶささんで

 552,000円



・我が家で同じ計算だと

 608,000円と



建物だけなら

うちのが高いのですが




大都会のため

土地代含めた総額だと

我が家の1.5倍ほどになります




都会に住むって大変ですね・・・






m

金額的には



この予算になったのは次の2つの理由です。


1)当時家賃11万円/月の戸建て賃貸に住んでおり


全額借り入れと仮定して
同等の支払いになる3500万円が
無理のない上限金額と考えたこと






2)返済中の住宅ローン残債があり(人に賃貸中)


二本目の住宅ローンとして
融資を受けられるのが約3000万円の見込みだった
自己資金は500万円が上限だったため





r

結局予算超えてしまう人が多い中

予算通りに満足出来る家が
作れたのは素晴らしいですね






まっしんはやぶささんは

ブログを見ると分かりますが




別の住宅ローンの残債が

ある状態で今の家を建てられました





r

やはり場所柄

土地代が高いですね・・・

(土地関係で1,800万円・・・)






m

そうですねー。土地は高いです。

ただ、これでもかなり運が良かったほうです。

約40坪の土地なのですが、その後近辺で出てくる土地物件を見ていても

30坪の土地でもこの予算で買えそうなものが出てきません。





当時は、全く断熱性能には関心がなく

特にタマホームとアイダ設計を訪問した頃は
仕様の確認すらしていませんでした
典型的な住宅設備ばかりに目が向いている施主でしたね






r

タマホームに行った記事を見ましたが

値段が高くて無理だったと?






m

タマホームは
はじめてのハウスメーカー訪問だったのですが



予算を1500万円と伝えたら
実質門前払いされてしまった
苦い経験があります・・・



1500万円以内でタマホームで建てた事例を

ネットで確認した上で訪問したので
大丈夫と思っていたのですが



営業担当者にとって
魅力のない客と思われたのだと思います・・・




会社としてもローコスト路線を押し出していたのを

少し高付加価値化を模索していたタイミングのようで

安売りをしたくなかったのかもしれません



ローコストで建てられる会社であっても
売り出し方や営業担当者のスタンスによって
結果がことなるんだなぁと勉強になりました






r

担当営業さんで

ハウスメーカーの印象なんて

ガラっと変わりますね



アイダ設計は

実際に建てたアコルデさんより

安かったけどダメでしたか?





m

アイダ設計は、モデルハウスに足を踏み入れるや否や

こちらが何も言ってないのに

「うちは1000万円で建てられちゃいますから」
言われました



見透かされているようで怖かったのですが
アイダ設計を訪れる人のニーズを
よくわかっているんでしょうね



また、アイダ設計は
当時からいくつかグレードがあったのが



「色々付けると他社と値段が変わらなくなるので
うちで建てるなら一番安いのがお勧め」
と言われて、清々しいなと思いました



安い代わりに大量仕入れで仕様が決まっているので

クロスを選べないと言われて
注文住宅なのに「え~」と思ったのですが



後々考えると
ちゃんと安い理由(工夫)の一つになっているので

自由度とのトレードオフで
割り切れるなら賢い選択肢なのかなと思いました





実際に30坪の建物の
見積もりを見せてもらったのですが



本体価格が820万円で
もろもろ付帯費用を含めたら1050万円ぐらいと

当時まわった業者のどこよりも飛び抜けて安い金額でした





r
値段だけなら
かなり安いですけど


アイダ設計をお断りした理由は
どうしてですか?





m

当時のわが家の予算の厳しさを考えると

ここで決まってもおかしくなかったのですが



とある不動産屋から
「アイダ設計だけはやめたほうが良い
施工でのトラブルの話が多すぎる」
事前に聞いていて、踏みとどまりました



不動産屋だから説得力がありますし



当時、アイダ設計での施工トラブルは
ネットでもよく見かけたので
危ない橋を渡る怖さは感じました。



大量仕入れによる建材調達や設計の合理化
(海外で設計を集約)などによる
コストダウンは進んでいる一方で
施工品質管理は発展途上なのかなという印象でした



逆に、この施工管理が確立されると
住宅価格の常識も変わりそうな気もします



同様に建売のパワービルダーも
施工品質など批判的な意見がありますが

個人的には今後品質が大幅に
改善されるときにどうなるかは注目しています







こちらは

まっしんはやぶささんの

アーネストワンの記事ですが






いかに、性能を変えずに

工程数を減らしてミス無く
工事が出来るかの工夫がありますが



たしかに当時の

アイダ設計は評判がイマイチでした




どの業界、会社もそうですが

イケイケで支店なり業績が右肩上がりの時は



現場が追い付かずに

こういった悪評判の声が増えますが



今はそこまでじゃないと思います








r

そう考えると本当にいい工務店さんと会えましたねー

セルロースファイバーが予算的に合わずに

それでもアクアフォーム というのは8年前では

なかなか考えられないと思います



窓がアルミなのは
8年前ですと仕方ない部分ですが



当時のローコストハウスメーカーでは

ここまで考えてる会社も
少なかったんでは?と思います。






m

本当に幸運だったと思います



最後のコストダウン交渉の中で

セルロースファイバーから
アクアフォームに変えてもらえたのですが


後日談で聞くと

当初社長は変えるつもりはなかったそうです



私が相談に行った時点で
すでにギリギリの金額を出していて

これでダメなら断るつもりと話していたそうでした。




私が「アコルデでどうしても建てたい」と
泣きついたので考えてくれたのですが




当時わが家のように

予算がない施主さんには
グラスウールで施工していたそうなのですが



袋入ではないタイプを専門の業者にお願いして
施工していると聞いて、こだわってるなぁと感じました







r
住んでいて
「もっと性能を上げたかったなぁ」などはありますか?







m

住んでからの性能に関しては
やっぱり窓ですね



当時知識があったら、むしろ断熱材はグラスウールにして
窓にお金をかけることを考えたかもしれません


ただ、当時はアルミ樹脂サッシは高かったので
断熱材の差額だけでは厳しかったと思いますが









r

2,3年であっという間に性能があがりますからね…

我が家は当時標準のサーモスⅡhですが

今は同じプランでも標準がサーモスxかapw330ですから



レオハウスでも
建てた2年前ではアルミサッシのデュオPGが
標準だったそうです



東北地方より南で

樹脂サッシとか3年前でも結構な金額でしたから



8年前だと凄い金額だと思います・・・







m

最近の窓性能の進歩は素晴らしいですねー。

ただ、当然ながら同じ金額で性能がアップしているのではなく
建築費全体がアップしているみたいなので
購入者層の予算感との乖離も広がってないのかなと感じたりもします






r

当時はタマホームもレオハウスも

坪25.8万円で建てられるとありましたが

今だと無理ですね・・・



プランにもよりますが
我が家の時代で50万円ちょっとからですし








m

お手頃だった5ナンバーの自動車が軒並み3ナンバーになって
手が出なくなってしまったみたいな


わが家の当時の予算で今家づくりしようと思ったら
予算的に選択肢がとても狭くなって困っただろうと思います(汗







r

最近の記事でインプラスを入れるという記事がありますが
地域的に寒さは問題なさそうですけど

暑さ対策ですか?






m

インプラスですが、冬場の冷気対策がメインです
後は、付けたらどうなるのだろうという好奇心と
室内側のインテリア性が高まるのにも興味がありました。



好奇心の部分は、車で謎のケミカル剤を入れると
性能が上がると言われると入れてみたくなるみたいな心境かも(笑)。




この夏の猛暑での効果もかなり実感出来ています





14畳タイプのエアコンで
18畳LDKと6畳和室を冷やしているのですが
今年はとてもエアコンの効きがよくなり
びっくりしています







対談b



こちらが最近取り付けたという

LIXILの内窓「インプラス」です




建てたのが8年前ですから

アルミサッシも多い時代です



別に窓を交換しなくても

このような方法で

断熱効果も簡単に上がります




1つの窓で施工が1時間で終わるというので
気軽に出来ますね














・ローコスト住宅のメリットを語る




r

私は家ってのはツールだからと何度か言っていて

例えばインプラスみたいに

後から色々出来ますからね


間取りの変更も
日射対策も
それこそお金さえあれば
何でも出来るので




ただ色々するにはお金が必要なので

ローコストでいいじゃんと思いました




実際我が家だと

夏涼しくて冬暖かくて

これ以上なんの性能が必要なんだ?と思っています



これ以上、仮に何か必要なら
後から足せばいいですし







m

はい、まったく同感です

わが家も以前の暮らしから向上しかしていないので

1000万円以上高い性能の家の必然性はよくわかりません



余裕がある方が選ぶのは良いと思いますが、

ローコストで余力があるほうが
ライフスタイルや価値観の変化にも対応できますし

何より色々試行錯誤して楽しめると思いました







r

私の場合は仕事上大工さんや
ハウスメーカーの現場監督さんと
付き合いあるんですけど



「まあ、普通に夏涼しくて冬暖かくて
快適に暮らせるスペックあればいいかなぁ」

と言うのがあって



そのスペックで済むなら
安いのでって感じでしたね




子供に家建てたからオモチャとか
遊びとか旅行を我慢しなさいとか言いたくなかったですし



将来何が起きても支払える
ローン金額というのは気にしていました



この辺の2LDKの家賃より安いですし






m

chelsea さんのブログでは

処分される住宅の実態を語られていて




スペックで語られるどんな専門家の話よりも

新鮮で説得力のある内容だと感じています



そのchelseaさんが

ローコスト住宅への理解のある意見を言われているのは

ローコスト住宅を選んだ私にとって

とても自信をもらえる内容だと感じています




我慢の話も同感です

大手ハウスメーカーで

わが家の倍ぐらいの予算で建ててる方でも



細かな減額調整の様子や家財選びの様子を見ていると

経済感覚は大きく変わらない気がすることが多いので

家に全部持ってかれるのはどうなんだろうと思っていました




あと、私の場合一軒目の建売購入で
売るに売れずに苦労した経験があったので
金額に慎重になった理由です









・最近多い、住宅系のブログについて



r
実際に30年、40年前の家を
たくさん見ますし

ローコストの現場も見ますので


「全く問題ない」というのは
分かっていました





ただ、換気システムとか
解体、処分業から見ると
最新のシステムは分かりませんので



性能に関してはサトルパパさんなどのブログを見て




そこからまっしんはやぶささんのブログ見て

どこまで性能落とせるかなぁと

かなり参考にしました(笑)




お風呂のワンタッチ水栓とかは

なるほど、これは絶対ワンタッチだと

反面教師の参考にもさせて頂きました(笑)




一条さんとか高性能のブログが増えて

「とりあえず分からないけど性能の数値だけ上げればいい」って
ブログが
多い中で


まっしんはやぶささんのブログは

リアルな生活が凄い想像出来ました





当時ブログやサイトは参考にしましたか?







m

私のブログも参考にして頂いていたとのこと大変恐縮です



私が家ブログを始めた頃は
皆さん建ててしまうとブログをやめる人が多く
当時は家づくりのプロセス自体を
参考にして見ることが中心でした




わが家の場合
そもそも注文住宅で建てられた事自体が奇跡と思っていて
なんにも知識がなく家づくりが始まったので
「こんなアホな考え方でよく家建てられたねー」
という様子をブログで書くよう意識してきました





アコルデで建てた先輩の
ブログが筆頭で思い浮かびます


とにかく家づくりのプロセスを
楽しんでいる様子が伝わってきて


自分もそんな楽しい家づくりを
体験してみたいと思わせてくれました




ハウスメーカーで建てた方のブログでは
わが家には手が届かない羨ましい世界で
あまり感情移入しないようななめ読みしていた気がします


印象的だったのが、ハウスメーカーのブログでは
「減額調整」という儀式が
必ずと言っていいほどよく出てきたことです



わが家は、なるべくその悲しい儀式が
必要ないようにしようと強く思いました(苦笑)




建てることばかりに注目して
あまり建てたあとの生活に
目が向けられてなかったような気がしますね


最近では、上手に建築会社とお付き合いしていて
建った後の情報発信している方も多く
これから建てられる方は情報が多くていいいなぁと感じています






r
確かに減額調整は萎えますね
一応希望通り作って最終的に予算が300万余りましたけど
別にこれ以上はいいやって感じでした笑




ブログ記事数1,100越してますもんね
よくこれだけ書けるなぁと思います



私が色々参考にしてた時に
ブログの半分はアフィリエイト目的でした…



「なるほど」と読んでたら
タウンライフのアフィリエイトがあったり(笑)


何しろ家建てる経験が無いから
どれが本物か分かりにくいのですが・・・




m
確かにタウンライフ一時期多かったですねー
私も貼ってみたことありますが
なんとなく信用できずにやめました



元々、予想外に充実した家づくりが出来たことの
嬉しさと感謝で始めたブログですが


工務店のアコルデも喜んでくれてますし
連載の機会をいただいたり
このように参考になったという言葉をいただくのが嬉しくて
なんとか続けてこれた感じです






r
快適に生活したいから家を建てるわけで
住んだ後の生活が色々と書いてある
ブログってすごい参考になります



考えも似ていて



お互い
「なんでバルコニーが要らないのか分からない」
みたいな記事を書いたりして



バルコニー無い家って想像してどうですか?
一応メリットもあるみたいですけど
毎日使ってる私には
これ無いなんて無理と思ってますが







・バルコニー要らない?論について語る





m
バルコニーが大きい家が憧れだったので
バルコニー無い家って
本当に意味がわからないんです(笑)




バルコニーって無駄なのかもしれませんが
無駄=余白があるから、余裕に見えて
私にはかっこよく見えるのかも?



要らない派の方の意見って
理詰めで論破、どうだって感じなんですが



カロリーメイトとサプリで全部栄養素取れるから
他の食品の存在価値ある?って言われてるみたいな感じがします
ある意味正しいことは言ってるんでしょうけど



妻の職場では、雨が降るか降らないか微妙な日に
今日は外に干したか室内干しかの会話があるそうです


やはり、ちょっとでも天日で干したい心理って
根強いんだなぁという気がします
そんな気持ちの面に寄り添っていない気がします




r
本当に要らない人なら
別に問題ないのですが


家作りの知識や経験の無い人が
そこで初めて
「ベランダがあると性能が落ちる」とか言われて


じゃあ付けないという


最近は色々と余裕のない家が流行ですからね・・・





m
家は、性能とかってフレーズがありますが
家って感情で欲しい物を込めている側面が多いと感じているので
すべてロジックで割り切れないのではないでしょうか



洗濯物は「天日で干したいものは干したい」
なんでだめなんでしょう


雨漏りのリスクがとかいいますけど
メンテさえしっかりすれば
そんな問題にならないと思うんですけどね


だからこそ、新築時に使い果たさずに
メンテに費用を残すことも重要です




r
新築時に使ってくれないと
作る方は儲かりませんからね・・・


最近はベランダ希望でも
工務店さんの方で
「雨漏りするからやめろ」って
言う場合があるらしいですからね



注文住宅なんだから
欲しいなら作らせろと・・・


ちゃんと施工して
ちゃんとメンテナンスすれば
いいんですから


どう作っても雨漏りするのなら
とっくに家からバルコニーなんて
無くなってます(笑)












https://reogress.net/archives/17913481.html




m
広いリビングのソファでくつろぎたい
ホームシアターが欲しい
おしゃれなオープンキッチンで料理がしたい
などの感情的な希望と何が違うんですかね


そのうち、Ubereatsがあるからキッチンなんて
いらないとかいい出すんでしょうか?
(実際キッチン不要の流れはあるようですが)







続きは後編に・・・





後編はこちら

 





次回記事には


・最近の流行語「メンテナンスフリー」について
・ローコスト住宅は30年しか持たない?
・住んでみた実感のローコスト住宅のデメリット

などの対談があります





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村



2020年06月20日






土地を購入する前に
地盤改良が必要かどうか
分かれば便利ですが



今回はその可能性をかなり上げる事が
出来るかもという記事です





通常の流れだと


・土地購入
  ↓
・地盤調査、地盤改良
  ↓
・着工開始


この流れなので




もし地盤改良が必要でしたら
100万~300万円の
費用がかかる可能性もあるので



一気にオプション費用削ろうとか
予算が大変になります





地盤改良以外にも




そもそもその土地が
揺れやすい土地かどうかや
災害の問題などあるので




私は過去記事にも書いていますが


・耐震の家作りが半分
・地震に強い土地選びが半分だと思っています









・強い地盤の耐震等級1の方が
・弱い地盤の耐震等級3よりも
地震に強い事は当然あります



もちろんベストは
強い地盤で
ちゃんと構造計算を行った耐震等級3ですが





最近気になったブログ記事がありまして








私も土地の過去をかなり調べたり


先祖代々甲府に住んでいるので
親の話などを聞いたのと



解体業から見た「なんとなく」ここは大丈夫という感覚で





「ここは地盤改良は必要ないな」って
思っていたのですが







こちらの神村さんは
宅地防災と
地盤研究の専門家で



工学博士で
色々研究をしている方なので




私みたいな現場の人間だと
「なんとなく」としか言えないのですが




ちゃんと専門的に
地盤の説明をしてくれますので




今回、我が家の土地を調べてもらいました





・昔は近くまで水があったらしい・・・



地盤ネットで行っている
住所を入れると災害リスクや
地盤改良する可能性が分かる




地盤カルテです



地盤a
(我が家の地域は70点・・・)



こちらもかなり便利なのですが
範囲が広範囲なので



自分の土地をピンポイントで
検索は出来ませんし
そこまで詳細な情報は分かりません





今回は地盤研究専門家の神村さんに
自分の住所の番地だけを教えて
調べて頂きました




今回色々と調べて頂きましたが


実際に家を建てる際に
気になるのは


・水害などの災害リスク

・地盤改良や地震のリスク


この2点だと思いますが


まずは災害リスクから
調べて頂きます




市で発表している
ハザードマップだと


地盤b

ピンポイントで〇出来ませんが


この〇の中に住んでいますが
洪水リスクは0.5~3mの地域です



2kmほど左に行くと
川があってそちらだと
3m~5mになりますね



とりあえずMAXの被害想定でも
3mなら2階建てなら命は助かりますね








そして神村さんの資料を見ると


地盤c

こうして見ると甲府盆地って
本当に周りが山です





そして昔の地形分類図を見ると

地盤d

右側に凄い大きな川
みたいな青色がありますね



これは氾濫平野というらしく




wikipediaで調べると

河川の流水が洪水時に河道から
氾濫する範囲にある低地部分の総称である
(沖積平野とほぼ同義)


要は大雨の時は
氾濫するよーって事ですね・・・



ちょっと怖いですね





今の地図を見ると


地盤e


氾濫平野はこのような川になっていますが






ハザードマップを見ると


地盤f



氾濫平野内は
5m~10m地域になっていますね




なにしろ盆地ですから
周りは高い山々なので


何百年も前は結構
洪水の被害が多かったと思います




親とかお爺ちゃんが

地盤g


この辺なら危ないから
赤のラインの甲州街道より
下に家を建てるなと言うのですが


ちゃんと分析すると
理由も分かりますね





地盤h

資料にも盆地のリスクが書かれています




山梨と言ったら武田信玄で
いまだに地元でここまで愛されているのは




とにかく洪水が多かったこの地域の
治水にかなり力を入れて


地盤i



未だに信玄堤という
当時の治水工事の物を使っていますし



地盤j


いろんな場所に武田信玄の時代の
治水工事の後が残っています




単に今のハザードマップを見ると
「ここは5m~10mも本当に起こるの?」
なんて思いますが



古地図の氾濫平野なんて見ると
納得ですね






災害リスクをまとめると


地盤k


・河川氾濫はあるかもしれない
・明治時代の地図だと水田だった



当時は川などが近くになければ
水田は作れなかったわけですから
リスクはありますね



幸いにも
昔は城下町として
そこそこ発展していた場所なので


地盤L


天保14年の地図なんてものも
自治会で持ってたりするので



・1843年は民家で

・1900年に水田になり






・80年前も水田で

・50年前から畑になっているのが分かります



とはいえ、全部の土地が
このような昔の資料が図書館などで
手に入るわけでもないので


専門家に調べてもらうのも大事ですね



ちなみに海は無いので
津波のリスクや


山から近くもないので
がけ崩れのリスクはありません













・地盤改良と地震被害のリスク



過去記事にも書きましたが


熊本地震の倒壊の原因のひとつに


地盤m


地盤調査は良好と出るけど
実は揺れやすい地域でした


という割と衝撃的な事があり




地震リスクは
耐震等級だけに頼っちゃ
ダメと思いました





住んでいる地域は

地盤n

扇状地という場所で
比較的地盤は良好な場所です





地盤リスクを調べてもらうと


地盤o



実際に掘る前から
砂礫層というのが分かるらしいです



専門家が見ると
場所によっては



地盤調査の必要もなく
地盤改良が必要かどうか
分かるらしいですが




そうは言っても
地盤調査しないと
家建ててくれませんので


地盤p


当然我が家も地盤調査を行っています



普通は建物の四隅プラス真ん中で
5箇所の調査をすればいいのですが


我が家は9箇所になっています






なぜかというと


地盤q


岩盤などに当たって
掘れなくなったので
その隣を掘るので
9箇所ですね




地盤r

30~40cmで岩盤に当たると
当然岩なのでN値は凄い高く出ますが


地盤の調査としては意味がないですね






普通に掘れると
このようにいっぱいデータが出ます


地盤s


・粘性土で換算N値3以下
・砂で換算N値が5以下だと


地盤改良の必要性が出て来ますが



換算N値5以下が一つもないので
地盤改良の必要はないですね



特に1.75メートルより深いところは
N値も高くて安心です





換算N値が低い場合は


地盤t



このような数値だと地盤改良が
必要になります



地盤調査結果の見方は
こちらが参考になります









実際の地盤調査の結果は


地盤u


元々地主さんの畑を
造成地にしたので
1の新規造成の有無だけは引っかかりますが


後は問題ない土地という判定です



いっそ盛り土なんてしない方が
残土費用もかからないし楽なんですが



見た目が悪いので
売れにくいんですかね






神村さんは
地盤調査の結果など見ていませんが


地盤v



ちゃんと調べると
この地域は
どこが何mは何層とか
データがあるんですね




地盤w




調査の結果をまとめてもらうと
不同沈下のリスクは
少ない場所だよいう判定でした




私だと「なんとなく安全じゃね?」位の
感覚でしか無かったのですが



熊本地震でも分かるように



地盤調査だとOKでも
実際は地盤が
弱いなんて事もあるわけですから




スウェーデン式サウンディング試験だけでは
分からない事もあるので



このような専門家の
地盤調査は非常に参考になります




最後にチャットで



「この土地は地盤改良の可能性は
どれくらいありますか?」と質問したところ


地盤x



「地盤改良の可能性はかなり低い」との
回答を頂きましたが



もちろん周辺の地盤が強くても
ピンポイントで堆積がある場合もあるので


「地盤改良費用は準備しておくように」

という回答でした







地盤z



このように奥深くまで
軟弱地盤だと
300万~400万円かかるわけですから


こうした調査は大事だなって思います




土地の購入候補地が
2,3か所あった場合に



通勤、通学の利便性以外にも
一番地盤が良さそうな所で選ぶというのも


最終的に命に関わる問題ですから
大事ですね








神村さんのサイトには
安全な土地の探し方などもあって
地震、災害に強い土地探しには
役立ちます








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2020年06月06日






注文住宅だと

「あーでもない、こーでもない」


設計士さんと相談しながら
間取りを決めていると思います



ハウスメーカーによっては
営業さんが間取りを書く所もあるそうですが



「ちょっと不安なんだけど
どこがおかしいか分からない」とか



「本当にこれで大丈夫か
第三者のプロに見て欲しい」とかですね



家の性能とかは
ネットなどで調べれば
分かる事も多いのですが


間取りっていうのは
家庭によって正解は違いますから



ネットを見ても
なかなか解決はしないのですが・・・





そういう時に便利なサービスを
している方がいまして

間取りa


現役の設計士さんが
出来た間取りを添削して
色々とアドバイスして貰えるサイトです








という事で
我が家は既に
完成していますが




今回は


間取りb


こちらの間取りの
平面図画像だけを渡して



いい所、気になる所を
チェックしてもらいました






間取りの添削だけなら
Twitterで無料でして貰えますので



今回は無料で添削をお願いしました






・不安箇所の方が多かった(笑)



こちらのサービスは
本来ちゃんとヒアリングして


資料も色々と用意して


「ここをどうしたらいいか?」とか

「これで大丈夫?」って相談するのですが



間取りa2






今回は図面のみ渡しましたので
(しかも平面図のみ)




間取りc

(青色が不安ポイント、赤色がお褒めポイントです)


色々とチェック項目がありますが



だいたいレオハウスの設計士さんと
話し合った気になる所と重複していたので


「おー、さすが設計士」って感じでした





・まずは1階からチェック




最初に1階のLDK部分からです


間取りd


不安ポイントは3つ
お褒めのポイントは1つですね



「本当に大丈夫?」って
確認の為に使うんですから


不安ポイントが
多い方がいいんですけどね


しかも立面図渡していませんし




既に生活してますので
「これは問題ないって部分」もありますし






最初の指摘は


間取りe


この窓からですね



場所的に玄関に行く人は
かならず通るので


来客、郵便局の人から
リビングが見えてしまうので
その点のチェックです






こちらは平面図だけ
渡したので仕方ないですが


間取りf


レオハウスの設計士さんも
同じ事を言っていて



地面から170cmの位置に窓があるので
背が高い人でも頭が見えるくらい


顔が見えるようになるのは
ジャイアント馬場位の身長がないと
ダメなので問題ありませんが



たしかにここの位置が低いと
来客者と目が合っちゃいますから嫌ですね





次にこちらです

間取りg



ソファはともかく
テレビの位置と窓の位置は


妻と設計士さんでかなり
話し込んでいました




私はテレビ見ないので
出来れば家に置きたくない位ですが

(最後にテレビ見せてと言ったのが
中日の優勝決定時なので9年前ですね)





妻はテレビが無いと
生きていけないタイプなので
真剣でした(笑)




今は諦めましたが
昔は「それならテレビと結婚しろ」
喧嘩した位です






配置は


間取りh


このようになっていますが
テレビの後ろが窓ですと
見にくいですからね




なので最初から


間取りi


コーナー用のテレビボードを買って






間取りj


ソファはせっかく
窓が2つあるので


どちらも見えるように
L字ソファになっています



昭和の人間なので
液晶でも角にないと
落ち着かないみたいです(笑)



今の所
こちらの間取り添削サービスも
的確ですが



作ってくれた
レオハウスの設計士さんも
「色々と考えてるんだなぁと」



感心しましたが





次は
出来たら変更したい箇所ですね


間取りk


雨音は前が人工芝ですし
気にならないですが
やはり日射ですね




間取りL


右側のリビングは2階の庇も長いし
凹ってなっているので
夏の日射も問題ないのですが



ダイニングは直に入ってきます







どれくらい日射が
入るか実験もしましたが



間取りm


夏の14時でこんな感じです




普段は昼間は
共働きで家にいませんから



暑い日はシャッターが
標準でありますから



シャッター閉めてあれば
日射が入らないので
暑さ対策は出来ますが



開閉の手間もありますし
家を凹ませるのは
スペース的に嫌だったので




出来たら軒の出を出すなどの
対策をした方が良かったですね








LDKで唯一の
お褒めポイントは


間取りn


ここですね
これは本当にナイスアイデアです





http://reogress.net/archives/21884935.html




冷蔵庫は隠せて
開放感はそのままという



ギリギリのラインで
上手くいきました


間取りo


一番手前に冷蔵庫があるのですが


リビングからは
見えないようにしてあります







・1階のLDK以外は残り2箇所




まずは気になるポイントがこちら


間取りp


階段に1.5坪取ってるので
階段下収納も広いのですが



当然奥は天井が低いんですね


間取りq


まあ、不自由なく使えてますが
間取りというより


うちの妻がなんでも
適当に置くので
いつも整頓している気がします



リビングから近いので
つい色々置いちゃうので
結構便利には使っています





残り1つはお褒めポイントで


間取りr


スキップフロアですね



こういうスキップフロアが欲しいと
最初から思っていたので
ここは私も満足しています




間取りs


スキップフロアがある家の知人も

「こんな隠れ家みたいな使い方するんだ」
なかなか好評でした




間取りt


LDKからの開放感は
結構減らす代わりに



見えるけど別部屋って感じを
かなり達成出来ました













・続いて2階です


2階は気になるポイントが5つですね




まずはこの2つ


間取りu


これは完全に
今思えば失敗ですね



http://reogress.net/archives/8328054.html



なにしろ
40代の夫婦で
不妊治療までしてやっと生まれて
子供が0歳の時に家を買って


まさがすぐに2人目が自然妊娠で
生まれるなんて思ってもいませんから



右側の部屋は
客間兼物置と考えていたので



大きさが違う事は
完成時には全く気になりませんでした


引き戸は
レオハウスの場合開き戸でも
引き戸でも値段が同じなので


小さい時は指を挟まないように



もうちょっと大きくなっても
引き戸なら出入りの音が
隣の寝室から聞こえますから
その点の対策ですね


色々察して下さいって奴です(笑)




続いて
そうえばそうだなぁと思うのがこちら


間取りv


なんでこうなっているのか
私も分かりません(笑)


「夫婦の寝室を8畳欲しい」と言ったので
その関係でしょうか?


スキップフロアのラインと
合わせているからだと思いますが



もうちょっと寝室を狭くすれば
まっすぐに出来ましたね


間取りw


3Dシミュレーションして
セミダブルを2つ並べるには
これだけ必要だったのですが



くっついて寝たい夫婦なら
ダブルでもいいですね


私は一緒には寝たいけど


寝に入ったら完全に
一人になりたいので
セミダブル2つになってます





次はこちら


間取りx


壁面が少ないのは気になりませんが


左側の窓は
無くても良かったですね
朝は気持ちいいんだと思いますが・・・



私は起きるの早いですし
そもそも左側は
ほぼカーテンしっぱなしなので


性能面考えても窓は
1つで良かったですね・・・



次はこちら


間取りy


服なので寝室ではなくて
ウォークインクローゼットの
窓だと思います



こちらはスリガラスになってますし
左側だけ隣家があるので


直射日光は入りませんので
日焼けは大丈夫ですが


たしかに家の方角、隣家の配置によっては
ウォークインクローゼットって


全然移動しない服もありますから
日焼けの可能性も考えた方がいいですね


私なんかはWICは
休日にしか出入りしませんし(笑)



妻はアパレル勤務ですから
頻繁に出入りすると思いますので


多分問題無いんだと思います




2階で褒められてるのは
1箇所しかないですが


間取りz


まあ日は当たりますし
インナーバルコニーになってますので
雨でも大丈夫と満足はしてますが


洗濯物が良く乾くしか
褒めるとこないのも寂しいですね(笑)



とはいえ
気になる所のピックアップですから


本来褒めるポイントも要らないので




施主と設計士(もしくは営業さん)との
打ち合わせで



自分は完璧
設計さんも問題ないという時に


「ここは大丈夫ですか?」って
言って貰えるのは大きいと思います


私も2階のクランクとか


設計時に言われたら
ちょっと考えたかもしれません



今回はヒアリングとか無しで
平面図だけ見てもらったのですが





まさか契約した状態で
他のメーカーに
打ち合わせに行くってのは無いですから



こういった間取りの
セカンドオピニオンってのも
利用するのもアリだと思います



添削だけなら無料





有料だと
「こうした方がいいんじゃない」って言う



オリジナルの間取りも
作って貰えるそうです







私の場合
間取りを作っても困るので
無料のみでしたが



現在検討中の人で
「本当にこれで大丈夫かなぁ」って
思う人にはいいサービスですね





注意点として


メーカーの設計士さんに
「こういうサービス使って
ここが気になると言われた」と言うと



気分を壊すかもしれませんので



あくまでも自分が気づいた体で
言いましょう(笑)







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2020年03月23日






今回は
400記事記念という事で



うまくいけば
同じ性能、施工内容で比較しても



ハウスメーカーよりも
ずっと安く家が建つ




地元の工務店で家を建てた方と




「地元工務店」VS「ハウスメーカー」という事で
チャット対談をさせて頂きました





今回の対談相手も
同じライブドアブログ仲間で


対談a


「26歳家好き素人が
2年間掛けて造った注文住宅あれこれ」

という住宅ブログをしている
Y.Uni(ゆに)さんです



山梨県民にとっては
「宿敵」ともいえる
静岡県に住んでいる方です(笑)




ちなみに300記事の時は
タマホームで建てた方と
対談しています












・まずはブログ管理人さんのプロフィール



一番の驚きポイントは
26歳という若さで
家を建てれたという
素晴らしい人生設計を持った方です




http://www.yuni-myhome.com/



結婚も24歳と
今の時代の平均からすると
かなり若いですね



私が24歳の時なんて
給料日前になると
中古ショップに行って


ゲームやCDを売って
生活していましたから・・・




昨年お子さんが生まれたので
現在は夫婦と
0歳の子供の3人暮らしになって



家が完成した時は
子供はいなかったという家族構成ですね



我が家の場合は
お兄ちゃんが41歳の時
妹は43歳で出産ですから



ハウスメーカーと工務店以外にも
若い世代と年寄り世代の
家作りの考えた方の違いも
色々出てきます




そして
ブログで家の写真を見ると
分かりますが


とにかくオシャレです

対談b

同じテーブル画像でも


これなんかは
「どこのモデルハウスだ」って感じですし



ちなみに我が家だと

対談c


一気に
生活感溢れる感じになりますし






我が家と同じように
スキップフロアがあるのですが

対談d


2畳のスキップフロアに
絵画や花など
オシャレ感満載ですね





一方、我が家の
スキップフロアを見ると


対談e

生活感満載の我が家です




同じような間取りで
こうまで違うのかって感じですが・・・



細かい造作などが
やはり地域工務店の
良さですね




そして
延床面積が37坪


土地代を抜いた総額が
2,600万円です







この作りで
大手メーカーなら
絶対に3,000万円は
超えていると思います



どうしても
ハウスメーカーの場合は
ちょっとした造作などでも
「オプション費用」がかかりますし



私も20代で
家を建てれる財力さえあれば



「こういう家にも住みたかったなぁ」
と思います


決して今の家に
不満があるわけでもないですが



やはり40代で家を建てましたので


どうしても理想より現実
早く繰り上げで返済を終わらせたいという



余り夢がある建物ではないと思います・・・



一方、対談相手の
Y.Uniさんは
26歳で建てられていますから



仮に35年ローンで
繰上げ無しでも
61歳で完済です





私の場合は
41歳で建ててますから



同じように61歳で
完済するには20年しかありません・・・

(20代、30代で遊びすぎたので仕方ないですが笑)







・それでは対談スタート





対談z

こちらのアイコンが私で
(自分のツイッターアイコンです)





対談x

こちらがY.Uniさんになります



主題は
地域工務店とハウスメーカーの
違いというのがメインです






対談aic1
まずは地域工務店に
決めるまでに

大手のハウスメーカーなどは
見学や検討はしましたか?





対談aic2
大手ハウスメーカーは10件程見ました
最初は工務店=怪しい
大手=安心
注文住宅=高い
というイメージでしたので
大手の規格住宅の展示場をとことん見学していました



実際に住まれているお家の見学会に行き
妻と「トヨタホームで良いね」というところまで
いっていたのですが

1回も工務店の話を聞いたことが無いという心残りから
気になっていた工務店に出向きました





対談e-2

坪単価60~70万円の
トヨタホームです



同じ大きさで
建てたら間違いなく
土地代抜きの総額は
3,000万円は軽く超えたと思います・・・






対談aic1
心残りという
気になっていた工務店というのは
どこで見つけたんですか?





対談aic2
和風な建物の
美容院を見つけたのが始まりです

その建物に憧れがあって
内装も見たくて美容院に通いました



建物について美容院で聞く勇気無かったので
「美容院名+建築」で調べまくって
その工務店だとわかりました


ちなみに全く宣伝していませんし
「地域名+工務店」で調べてもヒットすらしません





対談aic1
地元工務店を選ぶ際に
一番大変なのが
「情報が無い」という事なので


実際に建物を見て憧れて
さらに自分で調べて見つけたというのが
凄いですね





対談aic1
家の写真を見ると
「これで2600万円は安い」と思いますが
実際2600万円の提示は安いと思いました?





対談aic2
一般的に見ても家が
2600万といえば安いとは思いませんが

私のこだわりと理想を
ここまで再現させてもらった家としては
とても安く建ててもらったと思っています




大手ハウスメーカーでは
「どこを我慢するか?
しか考えていませんでしたが


工務店との打ち合わせでは
「予算内で頑張りますよ」
ほぼ全て受け入れてもらえましたから





対談aic1
最近の住宅ブログなどでは
家作りよりも
「住宅性能の数値がメイン」という方も多いですが
その辺の心配は無かったですか?





対談aic2
断熱方法なども本読んで調べましたよ
でも最終的に私はプロの意見を尊重しているので
工務店が自信もって
お勧めしてくれることに従っています


私の考えだと
素人がどれだけ考えても
複合的要因が多すぎて
どうしようもないってイメージです


というのも
大学で断熱の基礎となるような勉強してましたし
仕事では製品開発をしていたのですが
やっぱそんな簡単じゃないんですよね、モノ造りって



性能・コスト・人・場所・地域性など
全て絡んできてしまうので
そこを施主が考えるよりも
施主の判断がもっと委ねられるところに
時間を割こうと思いました





対談aic1
地元工務店の良さというか
必要以上な住宅性能
する必要が無いんですよね


もちろん予算に応じてですが
その地域のみで
営業していると


どれだけの断熱性能が
あれば充分なのかは
分かっていますので


もちろん
工務店の中には
分かっていないので
冬寒くて夏暑くなったり


逆に必要以上な
オーバースペックの
家を勧める工務店もたくさんありますが





対談aic1
家の断熱材と
窓サッシは何を使っていますか?





対談aic2
家の断熱はアクアフォームの吹き付け断熱に
床下はミラフォーム、
サッシはLIXIL SAMOS-L Low-Eガラスです





対談aic1
富士山の近くとか
特殊な場所じゃない限り
関東、東海地方なら
充分な性能だなと思います




対談aic2
もっと優れた断熱方法もありますが
費用のことなども考えると
必要十分な断熱方法かな?と思います





ちなみに

対談f


我が家は断熱等級だと5地域
Y.Uniさんの地域は6地域です



富士山近くだと
この辺よりもかなり寒くなるので
3地域もあったりしますが


この住宅性能でも
ZEH基準のUA値0.6程度までは
取れますから



4地域くらいまでなら
問題は出ないと思います







我が家の全ての総額が
土地代を除くと2,100万円ですから


しかもY.Uniさん宅は
我が家より3坪広いですので
坪単価50万と計算すれば
150万円差ですので



うまく工務店を探せば
350万円アップで
これだけオシャレな家も
可能という訳ですね






・間取りについて




対談aic1
1階に別室が無く大きくLDKと
スキップフロアもありますが
間取りの提案は最初から
工務店さんの間取り案でした?


自分でこうしたいと
何か書いたりしていきましたか?





対談aic2
まず自分の要望を伝えました

・スキップフロアがほしい
・1階はLDK以外の部屋はいらない
・キッチンは来客者から見られない位置 等々

そんな要望をまず伝えたうえで
図面を作成してもらいました





対談aic1
我が家と最初の希望が
全く同じです(笑)


私も最初に言ったのが

・1階は全部LDKで別室はいらない
・スキップフロアが欲しい
・屋根は絶対に瓦にして欲しい
・吹き付け断熱にして欲しい

これだけなので
間取りの希望は全く同じです









対談aic1
我が家と違うのは
完成するまでに子供はいなかったですが

子供が出来て
「ああすればよかった」とかありますか?





対談aic2
今のところないですよ!
私は24歳でマイホーム計画開始したので
子供を含め将来に対して
不確定なことがたくさんありました


そのため、LDK30畳と収納を増やすことで
自由度の高い間取りにしました





対談aic1
我が家は高齢出産ですので
子供についていける自信もないので・・・

スキップフロアとか階段も
子供が落ちないようにとか
色々考えてしまいました


私自身が平屋とアパートでしか
生活した事がないので
スケルトン階段のモデルハウスを実際に利用してみて
「これは無理」って理由もあります(笑)





対談aic2
スケルトン階段は賛否両論ありますよね
私は今年中には子供のために
ネットを張るなり対策必須です 笑





対談aic1
夫婦ともに若いですから
ある程度対策をすれば

子供に付いていける体力があるので
大丈夫そうですね(笑)


我が家は夫婦とも
体力もありませんし
インテリアを見せる能力もありませんから



対談f-2


子供が無茶をしない
片付け下手でも問題ない
作りになってしまったので


オシャレとは
無縁になってしまいました・・・












・土地選びについて



希望の間取り以外にも
土地選びも似ていて

対談g

川沿いの土地を選んでいます






我が家の場合は

対談h

線路沿いになりますので




人によっては
「絶対に選ばない」土地を購入した事になります











対談aic1
川沿いという土地ですが
私も線路沿いという
選ばない人もいる場所でしたが

どのような経緯と土地を決定した
決め手などあったら教えて下さい





対談aic2
お金持ちの都会の人がどうやっても
都会じゃ実現できない
田舎ならではの土地を探してやろう!って
想いがありました

そこで庭の真横に超綺麗な
一級河川の流れる土地を選びました





対談aic1
我が家の場合
妻が最初に見つけてきて
「いい土地見つけた」
言ってきましたが


私は
「線路沿いなんて子供が危ない」って
最初は見に行くのもいいやって思った位ですが


見た瞬間に即決で
行き止まりなので車が通らないので
分譲地の車の方が信号無いし
危険だよなぁって思いました





対談aic1
子供が生まれて
実際今のところは大丈夫ですが
心配な面はありますか?





対談aic2
川も線路もそうですが
その方向は今後建物が建つことが無いので
開放的な空間を作ることができる
というメリットがありますよね


もちろん、子供の心配や洪水の心配はありますよ
でも、どんな土地でも
100%安心なんてありませんよね?


仮に過去の災害の例から海や川まで
1km以内の土地OUTだとしたら
日本はおおよそ住めない土地ばかりで
全て危険な土地になってしまいます





川沿いという土地を生かして
生活を楽しんでいるY.Uniさんです


対談i

家から釣りが出来るっていうのは
釣りをする方にとっては
素晴らしいロケーションですし



隣に家は建たないので
開放感はありますし


土地代も「ワケアリ」の為
安くなるという


本人が理由に納得すれば
素晴らしい土地ですね





我が家の場合も
家から電車が見れますので

対談j

鉄道好きにしか
分かりませんが


この車両の写真を撮るのは割と大変で
それが家から見れるのは鉄道好きなら
「いいなぁ」って言われます
(ちなみにドクター東海と言います)







・工務店で良かった事、悪かった事




対談aic1
大手メーカーじゃなくて
地元工務店さんで良かったと思う事


また地元工務店を検討してる方に
メリット、デメリットを
教えて頂ければと思います





対談aic2
私は地元工務店さんには
ほぼメリットしかなかったのでは?
と思う程満足しています


あえて挙げるなら設計・価格の自由度
その地域に詳しいことですかね


逆にデメリットは
工務店選びを間違えると
デメリットしかないところだと思います


工務店は良い工務店は本当に良いですが
悪い工務店は本当に悪いと思います


だから、工務店選びが一番大切で
良い工務店に当たれば
順調な家造りのレールに
乗ったようなものです


良い工務店を選ぶためには
基本的な家の知識を
身に着ける必要がありますね




対談aic1
ハウスメーカーが
金額のコスパも含めると
60点~90点の家を作れるとしたら


工務店は
40点~100点と
本当に玉石混合だと思います


何件か見た工務店では
満足行ける工務店は
見つかりませんでした・・・





・私が思う地元工務店の「選び方」



前にも書きましたが
ハウスメーカーがファミレスとすると
地域工務店は個人の飲食店です




他に例えるなら


ハウスメーカーはチェーンの美容院なら
地域工務店は個人の美容院や床屋さんです
(床屋もあるのがポイント)



何しろ数が凄く多いですし
全国には約30,000社の工務店があり



私の会社に来る工務店だけでも
100社以上あります



美容院でも
「なぜやっていけてるんだ・・・」と思う
流行とか一切追わない


何やっても角刈りみたいになる
床屋さんとかありますけど


そういう工務店もあります・・・




そんなハズレのような
工務店に「安いから」って理由だけで
注文したら


当然いい家は建ちませんね・・・



そしてモデルハウスも持ってない
工務店がほとんどなので


今回対談したY.Uniさんのように
実際に完成した建物を見るというのは大事です



ハウスメーカーなら
モデルルームもあるし
色んなパターンの家が用意されていますが


地域工務店は基本少人数で設計しますから
その工務店の味が出ます


それが合う人なら
満足行く家が作れると思います



後は実際にはその仕様で建てなくても
ZEH対応かどうかなどを聞けば


ある程度の性能の家が作れるか
どうかは分かると思います





何しろ
断熱とか省エネとか
気にもしていない
工務店もたくさんあります



そして、ぶっちゃけ
凄いお金がある人と


余りお金が無い人は
ハウスメーカーの方がいいと思います






最新の技術、建材は
ハウスメーカーの方が研究が凄いですから


4,000万円とか
建物価格に出せる人はハウスメーカーに



また我が家みたいな
総額2,000万円程度の場合も


ハウスメーカーの
ある程度の性能を持ちながら
ここまでローコストに出来る技術ってのも
なかなか凄いです


ローコストメーカーの場合
余分なコストを無くすため
注文住宅と言いながらも


「この間取りは出来ません」
とか言いますし
(出来ても大幅に金額アップ



大量発注の為

キッチンやお風呂などは
全て「この中から選んでね」って感じの
選択になりますけど・・・
(それ以外は注文出来ても大幅に金額アップ



それでも
この性能で2,000万円位って言うのは
なかなか工務店でも難しいです



実際私も数件は工務店を見ましたが
2,000万円程度で
断熱材やUA値なんて気にすると
「価格ではタマホームさんに勝てません」
と言われたり


「この性能で充分ですよ」
こちらの意見を聞いてくれなかったりしました。


もう3年も前ですし
それほど寒い地域でも無いので
低予算だとまだアルミサッシのみって
問題ないって言う工務店もありましたし・・・



工務店の良さがいきるのが
2,500万円前後のゾーンだと思います



実際に今回のY.Uniさんや
とんでもない数値を叩き出す
超高性能の家のブログとかの家も
だいたいこの辺の金額です



大手なら3,000万円以上は
絶対にかかる家が


2,500万円ちょっとなら
凄いお得だと実際思いますし


家の適正価格って
実際この辺なのかなぁって思います



後一番大事なのが


工務店を選ぶ場合は
時間がかかるという事です


そして
それを当然と思えないと
いい家は建てれません


向こうから宣伝してくれませんから
見つけるまでの時間がかかりますし



ハウスメーカーみたいに
戸建て数で勝負していませんし


従業員数も少ないですし


打ち合わせの時間


部材を注文して
届くまでの時間


着工してからの時間
などなど・・・


なので
工務店が安くて高性能って
聞いたけど



早く家が欲しいってのは
そもそも無理だと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2019年07月15日





ついにこのブログも
300記事を突破しました


それだけ家を建てるという事と
子育ては毎日ネタが尽きる事もなく


まだまだ書きたい事は
たくさんあるのですが


今回は300記事記念という事で


タマホームレオハウス
悩んでいる方が多いので


レオハウスで建てた私と
タマホームで建てた方と


どっちの方がいいか
話し合いましょうという事で

対談a

同じライブドアブログ仲間の



チャット対談をさせて頂きました





・まずはタマホーム管理人さんのプロフィール


5年程前にタマホームで建てた管理人さんです

対談b


私とは逆で
タマホームとレオハウス(後はアエラホーム)と悩んで
タマホームを選んだ方です



3人のお子様と奥様の5人家族で
一番のポイントは
「元設計士」さんです


二級建築士、一級建築施工管理技士
宅建などの資格を持っている方です


他にもブログをしているそうなので
今っぽいプロが作るような
ブログデザインです


私のブログは技術も知識も無いので
古い感じですね



今回は対談ですが
LINE風吹き出しも作れないので




対談1
 
こちらが私で




対談2

こちらが
タマホームブログ管理人さんです





・それでは対談スタート



対談1
よろしくお願いします
まずはブログを始めたきっかけを教えて下さい
 



対談2
文章を書くことが好きで
タマホームのブログを書く前から
いくつかブログを運営していました

住宅に特化したブログを書こうとしたきっかけは
マイホームを取得した経験や

保有資格を活かしたちょっとだけ役に立つような
情報を発信したいと思ったからです




対談1
たしかに設計士さんの目から見る
ブログって言うのは興味がありますね

私はブログなんて書いた事無かったですが
仕事上、解体や新築の現場に行きますので

他のブログを見ていて気になった
「それは間違ってる」って言いたくて書きました(笑)

それを欠陥って言ったら大工さん可哀想とか




対談1 
いくつかクレームや
欠陥住宅のブログがありますが

「これはメーカーでは無くて施主が悪いんじゃ?」って
部分はありますか?




対談2
家づくりは施主も一緒の気持ちで関わって
家づくりしていくべきだと思っています。

どうしても図面と仕様書だけでは
表現出来ない部分がありますし
「現場合わせ」が大事な部分もあります。

なので可能な限り施主も現場に顔だして
コミュニケーションとった方がいいとおもいます。

発注してから完成まで無関心な
施主さんも中にはいますから
「それはどうかな」と思います。




対談1
施工前に設計士さんだから
分かる事ってありますか?




対談2
ローコスト住宅のノウハウわからないまま
施主として関わりましたので
「え、図面これしかないの?」って感じでした(笑)

でも、しっかりと作業がユニット化されていて
職人さんもテキパキ仕事されてて
「なるほど」と思いました。


       

対談1
実際に住んでから後悔したポイントなどはありますか?




対談2
後悔したところは正直今のところはありませんね。


途中危ない所がありましたけど
タマホームを通さずに「現場合わせ」
対応していただいたので職人さんには感謝しています。

気合い入れてチェックと打ち合わせして
現場も近かったので毎日通いましたので(笑)





・設計士ならではの悩み



対談1
次に設計士さんとして
普通の方よりも設計に詳しいわけですが

いわゆる「タマルール」や 
レオハウスもそうですが

「出来ない設計」って出て来ると思いますが
     
設計士さんとして
「ここは、こういう設計のがいいのに」などはありましたか?




対談2
設計に関していうと正直無いです(笑)
自分自身が凝りすぎた設計が好きではないのと
凝ったらとんでもないコストになるだろうなと
分かっているからだと思いますが・・・

どのような工事でも
追加料金払えばできないわけではないので・・・(笑)




対談1
設計士さんとしてのアドバイスはありますか?




対談2
どちからというと施主さん側に
デザイン重視で凝りすぎた間取りで
「構造大丈夫なのか?」って
思ってしまうことはあります。

直下率やつりあいなどのバランスは
頭の中でイメージする程度ですけど

自分ならオシャレでもやらないなみたいな
間取りはあります

地震とかで持ちこたえる家とかって
メーカーとか施工もあるのでしょうけど
間取りが及ぼす影響って大きいと思います。




対談1
さすが設計士さんなので
間取りと耐震を同時に見てますね

私は耐震性は特に考えずに
間取りを決めてしまいました


私の場合30年前の家とか壊して処分しますけど
ちゃんと作れば柱と筋交いだけの家でも
「思った以上に丈夫なので」


37ee7c73
昔の家に比べるとベタ基礎や
耐力面材など使うので地震には強いです


今の家って
ベタ基礎だしダイライトとか使えばまず平気とか
思ってしまいます(笑)

制振ダンパーもありますし





・ローコストメーカーの悩み


対談1
正直ローコストメーカーは
ブログやクチコミなど良くないですが
その点の心配は契約時は無かったですか?





対談2
ありました。
むしろ不安しかありませんでした(笑)

なので建てる前は色々なブログを調べたり
知人から情報をもらったりしていました


話が最初の話題に戻ってしまいますが
その時にブログなどを見た際に
デザインや単価やメーカーの比較などの
ブログは多かったですが

施工の部分や
目に見えない部分の記事が
少ないなと思いました。


そんなこともあり経験者&資格者として
ちょっとほかのブログと色の違う
役立つ記事が書けるのではと思い
ブログを書き始めたきっかけですね。

そういった意味で
レオハウスブログ管理人さんの記事は
勉強になりますし、視点が鋭いなと思います。




対談1
ありがとうございます

私の場合、趣味で調べるだけではなく
仕事で覚えないといけない部分もあるので





・断熱と気密の話



対談1
次に家の性能の話をしたいのですが

家を建てた5年前というと
すでに一条工務店がかなり伸びていて

世間も「高断熱、高気密」という
流れになっていたと思いますが
その辺の高断熱、高気密は気にしましたか?


私が建てた時期だと
既にローコストメーカーも
高気密、高断熱を売りにしていましたが





対談2
気にしていましたね。
ウェートは結構大きかったと思います。

私の家の近所に丁度
一条工務店で建てた仲のいい知人がいましたので
色々と話をお伺いしました。


そのうえで巡りめぐって
タマホームを選択しています。

タマホームの断熱、気密の性能でいえば
この価格で表示上このくらいなら十分でしょって感じです。

当時の細かい数値は覚えていないのですが…




対談1
私の場合そもそも予算的に
一条工務店は難しかったんですが

私もタマホームやレオハウスの
コスパは素晴らしいと思います
       
それでも数値は劣ることは間違いないのですが
一条工務店などではなくて
タマホームを選んだポイントとしては予算ですか? 




対談2
そうですね。
一番はコスパ(費用対効果)ですね。




対談1
ブログを見ると断熱材は
グラスウールのようですが

5年前ですとまだ吹き付け断熱
かなり高額だったと思いますが
変更しようとか考えましたか?




対談2
発泡ウレタンで検討したのですが、
まわりにサンプルとなるものがなくて不安だったので
無難にグラスウールにしました。




対談1
出始めの建材や工法は不安ですからね
私もガルバリウム屋根とか片流れ屋根は不安ですし




nichiha

画像はニチハのスレート屋根材「パミール」です


10年経たずに葺き替えが必要になってしまった
いわゆる欠陥商品です・・・
(2008年に製造停止)


他にもケイミューのコロニアルNEOなど
欠陥商品というのも過去にはそこそこあったので


既に問題無いと
分かっている部材を使うのも大事です






・家の住み心地について



対談1
結構寒い地域にお住まいなんですよね?




対談2
現在の断熱等級だと3の地域です。
建てた時は旧区分だったので2の地域でした



chiiki


3地域(旧Ⅱ地域)は結構寒いです
(私は5地域です)




対談1
東北地方と同じですから結構寒いですね

私の住んでいる地域は等級5の地域なので
結構家作りに差がありますね
  
その分夏は40度超える日あったりしますけど




対談2
うらやましいです。こっちは寒すぎて
使えるものにはすがりたい気持ちです。

今年はマイナス14度が最低記録でした。




対談1
マイナス14度・・・
    
そうなるとサッシは何をお使いですか?




対談2
リクシルのマイスターⅡです。オール樹脂サッシですね



対談e


既に廃盤ですが
当時は恐らくかなり高級なオール樹脂のマイスターⅡ


2.33以下という数値しか
書いてない所に時代を感じますが

UA値はエルスターSと同じという高級品です




対談1
5年前でオール樹脂だと
オプション費用は結構高かったですか?




対談2
自分が契約した時は
マイスターⅡが寒冷地仕様の標準でした。
これもポイント高かったです。   

引き渡しの頃には、仕様が変更になって半樹脂になりました。





対談1
丁度マイスターⅡが廃盤になって
サーモスⅡ-Hが発売された頃ですね
3地域ではちょっと厳しそうですね

今はサーモスXがあるので
半樹脂でも問題なさそうですが・・・



 
対談1
3地域だとローコストメーカーでも
オール樹脂が標準だったのですね

当時だと結構高価だと思いますが・・・




対談2
そうですね。
記憶では当時3地域(今の4、5地域)仕様だと半樹脂でした。




対談f
2010年に現在のサーモスⅡ-Hの原型
サーモスH発売


おそらくサーモスHかデュオPGが
4、5地域の標準窓で
(他にアルミ樹脂複合窓が当時は無かったので)

寒冷地仕様がマイスターⅡだったのかなぁ思います




対談1
先日リクシルのショールームに行って
「標準がサーモスLなんですが
サーモスXにした方がいいです?」って聞いたら
甲府なら要らないって言われました(笑)





canvas
  ~過去記事~
サーモスXとサーモスⅡ-Hのどちらがいいかショールームで聞いてきました
http://reogress.net/archives/18683393.html





対談2
甲府は等級5の地域なのですか?先月、甲府と笛吹に行きました。





対談1
偶然ですね(笑)甲府に住んでいて職場が笛吹です

こっちは夏は40度行くんですが
未だに安い建売住宅だとアルミサッシだったりします




対談2
甲府盆地の特徴ってやつですか。
5年前の甲府で積雪1m級の積雪だっと記憶しています。
雪は奇跡に近い積もり方だったのですね。





yuki

観測史上最大の降雪が5年前にありました・・・

私の車が完全に雪に埋もれています





対談1
よくご存知ですね(笑)
今まで積もっても5センチ位の地域なので大変でした

普段は今年の冬も1回も雪は積もりませんでしたし
「寒さ」よりも「暑さ」の方がキツイ地域ですね・・・




対談1
今住んでいて「暑い」「寒い」っていうのはありますか?




対談2
新居に入居する前は普通のアパートだったので
今は快適すぎるくらいです



対談1
私も普通のアパートでしたので
今は充分すぎる位快適ですね





・タマホームかレオハウスか


対談1
次にハウスメーカーですけど

ブログでは
タマホーム、レオハウス、アエラホームで悩んで
最終的にタマホームかレオハウスの2択とあります

  
もし担当営業さんが
タマホームとレオハウスで逆だったら
レオハウスを選んでいました?





対談2
選んだと思います
そのくらいレオハウスでもいいと思っていました。




対談1
やはり営業さんとの相性は大事ですか?




対談2
はい。かなり大事だと思います




対談1
タマホームもレオハウスも
値段や仕様はほとんど変わりませんしね(笑)




対談2
そうなんです。
むしろレオハウスは構造では
ダンパー使ってたりしたので
タマホームより総合力高いと思っています。



0acbc2e0

我が家も標準で付いていた「L-SAV」という制振ダンパー
地震の際の揺れを最大で半減させます



対談2
アエラホームは毎回営業さんが別の方で
1から話すのが面倒でした




対談1
うちの場合はレオハウスだけは
毎回営業さんと設計士さんが一緒だったので
妻の評価が最初から高かったです

アエラホームさんはお仕事の付き合いもあるので
店長と副店長さんが毎回同席という


タマホームは結構年上の営業さんだけでした・・・




対談1
奥様もタマホーム が一番という印象でしたか?




対談2
嫁はどちらかというと
高価格帯に行きたかったみたいです

印象と見栄が先に来るタイプです(笑)
タマホームもレオハウスもどっちも
「ん~・・・」って感じでした。
      



対談1
積水ハウスや住友林業あたりですか?




対談2
そうです。CMやっている主要なところです。
積水ハウスは入っていましたね。
あとパナホームとか

「テクノストラクチャーいいじゃん!」
みたいな軽い感じです(笑)



対談g


木材と金属のハイブリッドが特徴の
パナホームのテクノストラクチャー




対談1
奥様の希望がそのようなメーカーということは
それなりの収入と支払えるお金が
あるからだと思いますが

どうやってタマホームで納得されたんですか?




対談2
一番はお金の話ですね
住宅ローンに追われる生活が嫌で
上の子供が18才でローンが終わるように
ローン期間を15年で組みました。

子供が3人いるので進学したらと考えると
ちょっと不安もありまして・・・

最終的にはそういった相談をしながら
妻に選択権を与えました。




対談1
15年すごいですねー
    
私なんか仕事で分かると思いますが(笑)
それほど高い給料貰える職種じゃないので無理ですね

妻は一条工務店すら高いって言ってましたし




対談2
とは言ってもも土地は買っていないので
借り入れが1400万くらいなので
返済が年100万円以下です。
    


対談1
土地があるのはいいですねー
それなら「多少無理しても」って
奥様が言うかもしれませんねぇ




対談1
うちの場合は妻が
レオハウスを最初から気に入りまして

かといってレオハウスの
営業さんの評価も凄い高い訳ではないのですが(笑)

「ああいう人は周りが動くタイプだから
案外どうにかなる」と言う
よく分からない評価でした(笑)

使えないとかじゃなくて訳じゃなくて
上手く周りの人を使えるタイプですね




対談2
すごく人を引き付ける
力のある営業さんなのですね(笑)




対談1
工務さんも設計士さんも
「参ったなあ」って言いながらも
営業さんに合わす感じの性格ですね(笑)


あと営業さん本人が
レオハウスで建てていたので妻が言うには
説得力があったみたいです

営業さんと店長さんと
私達夫婦が同い年で話が合うというのもありました




対談2
そういう経緯があったのですね
実際建てている方というのは
一番説得力ありますしね。




対談1
先日私の会社の廃棄物処分場に
〇〇〇〇(某ハウスメーカー)さんが
工場見学に来ましたが

「高くて自分の会社の家建てれない」って
言ってましたし



対談2
シークレットですね(笑)




対談1
次に工務さんですが
工務さんは契約後から関わると思いますが
どのような方でしたか?




対談2
正直可もなく不可もなくといった方でした
なのでネタにならない人でした。




対談1
うちの工務さんは本当にいい方で
甲府店の工務長さんだったんですが

建てて1年ちょっとで他県に転勤になったのですが
夫婦ともに
「優秀だから他店の建て直しで移動なのかねぇ」って
言うくらいです



対談2
工務さん、羨ましいですね





対談1
建設中のトラブルなどはありましたか?




対談2
ありました。
やり直しできるタイミングではあったのですが
麻雀兼焼肉ルーム(仮名)に
換気扇付ける予定だったのですが
付け忘れていました。





対談1
 焼肉ルームですか(笑)




対談2
はい(笑)

工務さんが現場にいないタイミングだったので
「値引きとやり直しどちらがいいですか?」と聞いたら
「値引き(他のオプションと相殺)で」
ということなので結果として
ただの納戸スペースとなりました(笑)

引き渡し後からは今までトラブルはありません




対談1
今からローコストメーカーで
建てようと思っている方に
コツなどあったらお願いします




対談2
自分なりに研究して頂くといいかと。
決して専門的でなくていいと思いますので
自分なりにでOKだと思います

そして施主とメーカーさんと
一緒に家造りするという感覚が大事かと・・




対談1
メーカーも大事ですがやはり人との相性ですね
本日はありがとうございました






・やはり人の方が大事ですね


私は一番大事なのは「無理の無い予算」って
いつも言っているのですが


ローコストでも
色んなメーカーがあって


工法とかクチコミとか色々ありますが
やはり「人が作る物」なので


人との相性で決めるのも大事だと思います


前にも書いたのですが
もし、もう一度家を建てるとなった場合


工務さんが他のメーカーに転職していたら
そのメーカーで建てますし

独立して工務店でもしていたら
その工務店から建てたいと思う位なので



いい関係にならないと
いい家は建たないと思いますし


家が完成してからも
長い付き合いになりますので


メーカー名で決めるよりも
人で決める方がいいと思います



実際、レオハウスにしか出来ない事とか
タマホームにしか出来ない事なんてありませんし


まあローコストメーカーでしたら
他のメーカーでも大丈夫なんですが


一条工務店とか、他とは違うようなメーカーだと
担当を変えて貰うしかないのですが






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村