土地選び

2022年05月30日







50年、100年と
同じに家に住み続けたいなら


どんなに性能や耐震性能が良くて
耐久性があっても


周りのインフラがダメになったら
ただの住みにくい家ですね



恐らく何の価値もない
家になると思います



土地a



限界集落とか
ポツンと一軒家みたいな家でも
生活が出来るなら可能ですけど



だいたい50年~100年先を考えたら


自分の子供が
引き継いでくれる事を考えないと
本人は死んじゃいますからね・・・



私なんて40歳で建てたので
築50年で90歳・・・


これ以上は
ちょっと厳しいと思いますから


50年以上家を持たすには
子供が住んでくれないと
ダメです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


・子供が全員
 県外に出て行ったり


・街として衰退しすぎて



子供が
「こんな場所に住めない」となったら


家はまだまだ住める状態でも
引っ越ししちゃいますし



法律が今と変わらなければ
更地にしないで空き家に
なってしまうかもしれません


なので100年持つ家作りの前に


100年インフラや周りの環境が
持つ土地に建てないと意味がないです






・人口減少は余り信じていないですけど



2040年と
わずか20年後には



人口が減って消滅する自治体も
結構あるそうで

土地b


あくまでも予測ですが
2040年には896の
自治体が消滅して



30年後には
青森県、秋田県、岩手県、山形県、島根県だと
なんと8割以上が消滅するって予想です



仮に自治体が
無くなるような場所に建てたら


どんなに高断熱でも耐震が良くても
まともに住めませんから


「こういう場所を選ばないってのも
大事かなぁ」とは思います



そうは言っても
なかなか離れられない
理由もありそうですが



20年後の
消滅可能性都市は
なんと896市町村ですから



山梨県もいくつかの市町村が消滅する
可能性がって書いてありますけど



土地c


住んでいる甲府市は
大丈夫っぽいですが


今現在で田舎の地域は
結構名前があります・・・



今は甲府市という
県庁所在地の


さらに中心部に住んでいるので
大丈夫ですが


消滅していく自治体は
周りの田舎からですね




たしかに人口は
どんどん減っていますけど

土地d


人間の本能の部分で


「あー何かこれ以上
減るのはマズイなぁ」ってなれば



ベビーブームじゃないですけど
子供が増えると思うんですけどね


種の存続ってのは
生命の本能ですし


それでも不便な場所は捨てて
人口が多い場所に引っ越す流れは
どんどん増えるかもしれません






・既に地方の衰退は始まっている?



予測だと
住んでいる甲府市は
まだ大丈夫でしたが



一時期は
アベノミクスで
景気が上がりそうでしたけど



結局地方は恩恵もないまま
また景気が悪い感じです・・・



土地e


こちらの地価マップで見ると





土地を購入した2016年から
現在を比べると

土地f


購入した地域の地価は


・2017年は坪当たり
 約170,000円で


・2021年は163,000円と


購入時より4%ほど下落しています





まあバブル崩壊以降
一度も上がっていませんから

土地g


最高値は30年前で
何と坪520,000円と
今の3倍以上ですね



バブル崩壊した後の
20年前でも31万円と
約2倍はしています


なので買主が値段を決める場合
「ローンが残らないように」
って思いますから


中古住宅は
凄い高くなってしまいますね




そうは言っても
我が家は県庁所在地の中心部から
10分掛からない場所なので



限界集落ってのは
ならないと思いますし



ここが限界になるなら



山梨が
無くなる時じゃないでしょうか



我が家も
周りの田舎の方が土地代は
安いのに選びませんでしたから











・超田舎を選ばなかった理由



我が家は
前も言いましたが





線路沿いにあるため
非常に土地が安かったです



相場では坪17万円ですが
線路のおかげで
坪9万円でした



山梨以外の人には
分かりづらいですが

土地h


同じ9万円で
線路も無く
普通の新興住宅街に住んだ場合


甲府市には住めませんし
かなり田舎になってしまいます



私の職場はめちゃ田舎だし
会社近くなら坪9万円以下ですが



それでもコンビニや
スーパー程度はありますけど


なんか住みたく無かったですねぇ・・・



一言で理由を言えば
「住みにくい」って理由ですが



例えば義妹は
3年程前に出産しましたが


甲府市から1時間程離れた場所ですけど
なんと市内には1軒も
出産出来る病院が無いんですね



検診はまだしも
陣痛が始まってから
市外の病院に行かないといけないので
大変です


そんな田舎の街でも
車で10分ちょっと走れば
コンビニとスーパーはありますけど



ホームセンターに
イオンやニトリ
家電量販店


回転寿司とか
ファミレスなども
市内にないから


こういう場所は
実生活だと不便だなぁって
思ってしまいます


ずっと、こういう生活を
していたら平気なのかも
しれませんけどね


今住んでいる場所は
その辺の生活には困りませんし



子供が小さいので

土地i


・24時間対応の地域医療施設も
 徒歩圏内で行けますし


・学校や図書館も近いし


・お店も色々とあるし

・ある程度の娯楽施設も
 あります


10年ほど杉並区に
住んでいましたけど


そこから甲府に戻ってきましたが
不便って思った事はないですね











・地方都市でも土地の価値は上がるか


甲府市の地価は
バブル崩壊後
30年間連続で下落していると
書きましたが



甲府市の駅前が
一番賑やかだったのは20年以上
前だったと思います


土地j


駅前にはヨドバシカメラが
ありますが


これもデパートが
潰れてしまったので
出来た位です





近くの市立動物園も
リニューアルする予算はあり


まだまだ街として
消滅しそうな雰囲気はないですけど




甲府市のお隣
昭和町って場所は


土地k


人口も増えて
地価も上がっています




こっちには

土地L


イオンモールもあるし



この町は30年前から
畑を潰して工業団地や
住宅地を作ろうって政策で
人が増えています



ここ以外は地価も下がり
人口も減っていますけど



山梨県民の期待を背負ってるのが

土地m


リニアモーターカーですね



家から15分程の場所に
駅が出来る予定で


これが出来たら
品川まで25分ですから
発展してくれたら嬉しいですけど



まあ、30年後なんて
誰にも分かりません



交通インフラや
商業施設など


何か手を打てる自治体じゃないと
やはり衰退していって


気が付いたら
住むのに不便で


子供達は
「こんな家売っちゃえよ」って
言うような状態になるかもしれません









・価値だけじゃなくて住みたい場所に住むのもオススメ



色々と
数十年先の事を書きましたけど



私は好きな場所に
住んだらいいと思っています


住みやすいってのもありますけど
甲府の街が好きですし



もちろん
災害に弱い場所は
ダメですけど




好きな場所でも
災害が予想される場所は絶対に
オススメしませんが



将来衰退しそうだから住まないとかは
正直どうなるか分かりませんし



私だって今の場所が
50年後に発展するか
消滅しているかなんて分かりません



リニアのおかげで

土地n


静岡市並みに
発展する可能性もありますし




逆に

土地o


限界集落になる可能性も
ゼロではないと思います




そもそも私の考えは
いつも同じで


100年住める家に
4,000万円払うなら


最初に2,000万円で家建てて
50年後に同じ家を建て直す方が
ずっといいと思っています



だって
どんなに高耐久な素材でも
50年後の家って
絶対に見た目が古いですから



同じ予算で50年後に
綺麗になるなら
絶対にそちらの方がいいし


その時
移動したいなら
すればいいと思っています



まあ、未だに
「ローコストはすぐにダメになる」って
言う営業さんもいますけど


この辺は
色々な記事で書いていますが



建材も設備も
ちゃんと選べば


今は問題ないですから
その点の心配はしなくて大丈夫です







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2022年04月06日







我が家はお兄ちゃんが生まれてすぐ
まだ0歳の時に家を建てて


土地探しa


完成した時が
ちょうど1歳になったばかりですが



~5年が経過して~



今年の3月に保育園を卒園して
4月からは小学校に行きます



そして子育て家庭で
家を建てる時に悩むのが



子供の学区ですね






・子供が学校に行きやすい土地選び



お兄ちゃんの保育園は
20人程のクラスでしたが



何と同じ小学校に行く同級生は
1人もいませんでした・・・



凄い遠くの保育園って
訳ではないですが
家から3km程の距離で



若干離れているのに
選んだ理由としては
妻の職場近くだったからですが



市内の中心部なので
市役所や県庁などの職員や


働く人が多い場所なので
家から遠い人も多いってのもありますけど



・保育園近くの小学校に行く子が
 一番多くて7人いて


・後は2人、3人が一緒で


・残りはバラバラでした



「かなり遠くの小学校行くんだなぁ」って
お友達もいて


丁度、小学校に上がるタイミングで
家を建てて引っ越しという人もいました


・・・・・
・・・・
・・・
・・



幼稚園、保育園のお友達って
正直余り記憶に残りませんから


「やはり小学校や中学校の方が
大事かなぁ」って思いますが



私はどれに合わせるかとしたら
「中学校」>「小学校」>「幼稚園」
だと思い


私は小学校よりも
中学校を重視して


後は、距離以外にも
人数や地域性も考えました





・小学校は1km以内が適正らしいですが・・・



妻はめちゃ田舎の出身なので
小学校、中学校も
かなり離れているのが当たり前ですが



一応、県庁所在地の甲府市中心部だと
まあ普通の郊外って感じです

土地探しb


だいたい2km間隔で
小学校はありますが



googleマップで距離を見ると


家から小学校まで
900メートルあるんですね



2km間隔で小学校があるんですから
900メートルって言うと
結構離れていると思います



お受験とかしなければ
中学校までは地域で
学区が決まっていますが



逆に中学校は500メートルしか
離れていません







こちらのサイトだと



小学校の適正距離は


土地探しc


1kmまでとありますから
ギリギリセーフですね


それでも結構遠いと思いますが


いくつかの候補の土地の中では
ここがベストでした






・距離だけで考えたら小学校より中学校



環境とか
希望の学校があれば別ですが


距離だけで考えた場合


あくまで私個人の考えですけど


小学校より中学校が
近い方がいいと思いました



私の小さい頃
通っていた小中学校は


小学校までは600メートルで
近くも遠くもなく普通ですね




そして中学校は

土地探しd


なんと1.5kmもありました



甲府市は今も昔も
2km以上あると自転車通学で
それ以内は徒歩ですね


ハッキリ言って
小学校の通学は
苦痛な思いではないですが


中学校は大変でした・・・





・中学生は忙しい(笑)



小学校は
この地域は集団登校で


帰りは共働きなので
学童保育になるので
お迎えです


私が小学校の記憶を
思い出すと



小学生の朝は


土地探しe


子供向け番組を
見ながらご飯を食べて


集団登校をしていましたが



これが中学校になると


・朝ごはんを食べる時間もなく

・学校も遅刻ギリギリというか
 かなりの回数遅刻をして


とにかく時間に追われていました(笑)



まあ、遅くまで起きているから
朝もキツイんですけど


決して勉強で寝不足じゃなくて
遊んでただけですが




その点
小学校はそんな事ないですし




小学校が遠いメリットなんて
サイトもありましたが






ここを見ると


土地探しf


この体力が付くってのは
割と重要だと思います



私は、こんな仕事してる位なので
頭は全然良くないのですが



一応子育ての方針として


「足が速くて計算が早ければ
子供の頃は困らない」と思ってますので(笑)


お兄ちゃんは保育園の
運動会も一番足が速いので
アンカーになりました


だいたい小学校なんて
運動出来ればモテますからね


モテるような明るい人間になれば
友人関係も悩まないだろうという
教育方針ですが



まあ、本当に2kmとか3kmの距離があるなら
考え物ですけど



900メートルなら
大丈夫だろうって思いました






・この小学校は嫌でパスした土地



最初にオススメされた土地は
新興住宅街の分譲地でしたが



甲府市は中心部は
衰退して周りが栄えている


よくある地方都市なので



最初に紹介された
土地の学区だと


土地探しi



なんと1,000人の
マンモス小学校なんですね



年中拡張してますけど
それでも全然足りないし


私が小さい頃は
畑と田んぼしかない地域だったので


まだまだ生徒数に周りの環境が
追いついてない感じです



人数が多いメリットも
たくさんあると思いますし


友達も増えそうですが


先生の人数を考えると
イジメや悩みのトラブルも
全部見ていられないでしょうし



「この小学校は
キツそうだなぁ」と土地を
買いませんでした



まあ、生徒数が多いって事は
家も多くて分譲地も多いのですが


次に多い小学校が700人で
ここは20年前だと300人程でした




10年ほど前に


土地探しj


農地がほとんど
市街化区域になったので



一面葡萄畑だった地域が
全部家になって


地方なので車がメインですから
駅からの距離は関係なく


郊外は小学校が
どこもいっぱいです




急に数百人も増えると
学校としてのインフラが
整ってない感じですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



逆に人数が少なすぎると
1クラスになるので


こうなると
気が合わない友達とか
イジメの問題が出ると
逆につらいので



こちらも選びませんでしたね



なので
今度行く小学校は


・全生徒数300人で
 クラスも2クラスあるので


900メートルでも
これくらいなら問題ないかなと
選びました



集団登校もあるから
コミュニケーションも取れるし



先日、来年度に
登校班のリーダーになる
小5の子が


一人で我が家まで
案内持って挨拶に来ましたが
凄くしっかりしていて


少人数だと
一人一人がリーダーになる
機会も多いから



マンモス学級の土地は
パスしました


もちろん少人数だと
井の中の蛙になる可能性も
大きいのですが


中学受験とか考えないし
普通でいてくれればいいです







・いきなり遠くなる可能性も



私が通っていた小学校は
いきなり途中で遠くなりました(笑)



小学校が建て替えで
校舎が移動したのですが


そのため
当時は学童保育なんてなく
帰りは友人や一人で
結構な距離を歩いていましたが



余り苦痛と思った記憶もなく
ここで体力が付いたのが
良かったのかもしれません




そして
これも地方都市あるあるですが


土地探しh


私の通っていた小学校は
今は統廃合されて
ありません・・・




甲府の中心部なんて


5つあった小学校が
今は2つになりました



通常、統廃合は決定するのに
3~4年は時間があると思いますが



1歳で家を買ったら
小学校に行く頃に学校が
無くなったなんて可能性も
考慮しないといけませんね







・時代と地域で考えが違い過ぎる



学区や人数は
個人個人で考えが違いすぎますから


何が正解とかありません



なんとなく、私が
「マンモス学校なんて
イヤだから」って理由だけですし



その土地、地域によっても
全然違います




妻なんかは時代は同じでも




田舎すぎて話が合いませんし(笑)



例えば私が生まれた地域なんて
地名を言えば当時の人は


「あの治安が悪かった場所」とか
言われますが(笑)


今はそんな事もありません



・また、遠くてもバスがあれば
 問題ない事も多いし


・お受験する可能性もありますからね



ただ「小学校に上がるのに
誰も保育園のお友達がいないのは
寂しいだろうなぁ」って思いますけど



子供は公園とかで遊んでいると
知らない間に


初めて会った子供と仲良くなるし


うちの場合は
2年経ったら妹も
同じ小学校に入るので


保育園の場所は重視しませんでした





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2015年4月~16年3月生ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2021年11月17日







既に新居の生活も
4年半以上が過ぎました



まあ、引っ越し前のアパートも
歩いて10分位の距離で



さらには実家もそれくらいなので
土地勘はありますが




今回は我が家から
2km圏内の施設で

「近くにあってよかった」というのを



オススメ順で
5段階評価で紹介します





・ランキングを見ても納得出来るものが少ない・・・



・東京23区みたいな大都会や
 

・逆に田んぼしかなく
 コンビニすら無いって田舎は


ちょっと分かりませんが


私が住んでいるのは
普通の田舎ですね(笑)




どこにでもある
地方都市の
住宅街に住んでいます(笑)





そして
こちらはスーモの
子育て世帯が選んだ



家の近くに
あってよかったランキングを見ると


土地選びa


・1位 大型ショッピングセンター


イオンモールとか
ちょっと離れた所にはありますけど
こんなの近くにあると
住宅が凄いしうるさい



・2位 スーパー、食料品店
・3位 コンビニ
・4位 ドラッグストア


この辺は
どこにでもあるので
あって当たり前かと・・・


「セブンじゃないとダメ」とか
「ツルハがいい」とか


お店指定なら
土地選びの考慮になりますが


どの店でもいいなら
地方都市ならどこにでもありますね

 

という事で
まずは
「この店あって良かった」
ランキングです






・①ホームセンター 便利度★★★★★




我が家の2km圏内で
一番あって良かったお店は


土地選びb


ダントツで
ホームセンターです



とにかく
家を建てると


今までの数倍は
ホームセンターに行きます




外だけでも


土地選びc


DIY、庭の手入れ
バーベキュー
花の購入などあり



室内も
掃除道具やその他色々とありますが




家でDIYや掃除している時に


「あ、アレが無い・・・」
すぐに買出しに行けるのは
非常に助かります



私が次に土地選びするなら
「ホームセンターの近いとこ」って
言いますね(笑)





・②ニトリ 便利度★★★★★



ホームセンターと
ほぼ同率一位で
便利なのがニトリです


土地選びd


新築の時から
今のそろそろ5年目まで


ちょっとした模様替え
組み立て家具などなど


子供の成長に合わせて
かなりの回数行っています



ホームセンターも同じですが
家を建てると
めちゃくちゃ行く回数が増えますね





土地選びe


この時期だけでも
ハロウィン時期とクリスマス時期で
模様替えをしますし




後は、休日に
棚作ったり模様替えしたりで


土地選びf


急に収納ボックスが足りないとか



ホームセンターとニトリが
1kmほどの場所にあるのは
本当に助かります







・③コインランドリー 便利度★★★★☆



続いての4つ星は


土地選びg


コインランドリーですね



新築当時でも
2km圏内にはありましたが
車じゃないと行けない場所でしたが


去年、徒歩圏内に
新しく出来て非常に便利です




我が家は
インナーバルコニーあるし
使わないと思っていましたが



子供が小さいと
どうしてもすぐに乾かさないと
いけない洗濯物ってのが出ます



まあ、室内干しでも
浴室乾燥でも
どうにかなりますが


近い場所に
コインランドリーがあると楽ですね





保育園に持っていく布団を
毎週金曜日に家に持って帰りますが


土地選びh


晴れていれば
干せますけど


土日が雨だと
コインランドリーに
頼るしかないですからね




後は、子供がまだ小さいので
オネショした時など


土地選びi


乾太くんがあっても
敷布団は大きさ的に厳しいですし


近くにあると便利ですね



幸い、ちょっと前から
コインランドリー投資がブームらしく



「こりゃ潰れるでしょ・・・」って位に
たくさん新規出店があるので



使う側は助かっています






・④閉店が20~21:00位のスーパー 便利度★★★★☆



余程田舎じゃなければ
2km圏内にスーパーはあると思いますし


我が家も3店舗ありますが





閉店時間が

①21:00
②23:00
③23:45


この3店舗です




我が家は共働きなので


土地選びj


保育園のお迎えの帰りに
スーパー寄る事も多いのですが


閉店時間が早いスーパーは
半額になるのも早いんですよね(笑)



子供が生まれてからは
夜遅くにそもそも
出掛ける事も無くなったので



スーパーの閉店時間が
遅いというメリットは無くなりました



もちろん仕事が終わるのが
22時なんて人は


遅いスーパーの方が
便利なので
家族によって違いますね



どちらにしても
子育て世帯は
コンビニよりも
スーパーの方がずっと大事です








・⑤公園 便利度★★★★☆



子供が小さいと


土地選びk


やはり公園は
あった方がいいですね



もちろん車があれば
もっと大きな公園とか色々ありますが




・凄く暑い日、寒い日だけど
 ちょっとだけは外で遊ばせたいとか


歩いていける公園があると
子育て世帯にはかなり楽ですね




特に今年はコロナの影響で
県と市の公園が
全部閉鎖になった時期もあり



近所の小さい公園は
助かっています



いかんせん古い公園なので
遊具が昭和時代って感じですが(笑)






・「番外編」日帰り温泉施設 便利度??




これは余り利用していないので
星?ですが




徒歩圏内に日帰り温泉があって
まあ、ちょっと
オススメって温泉ではないので



普段は他の
離れた温泉施設に行きますので



近所の温泉には
4年間で2度しか行っていませんが




ちょっと前に
「エコキュートが壊れた」って
ツイートを見て



修理で4日程
お湯が使えないらしく



別に温泉じゃなくて
銭湯でもいいのですが



これが徒歩圏内にあると
いざという時は便利なんじゃないでしょうか



次からは
アンケートのランキングだと
上位だけど



「別になくても
そこまで困らないんじゃね?」って施設です






・コンビニ 便利度★★★☆☆


次からは星3以下


あってもなくても
それほど変わらないお店です



まずは一人暮らしなら必須な
コンビニですけど
★3つの評価ですね



もちろん
生活スタイルによってですが



我が家は
全然コンビニは
利用しません・・・



スーパーがあるからなのか
やはりアパートと違い
色々とストックがあるからなのか



今思うと
何故夜中に食べ物を
買っていたのか謎です(笑)






・病院 便利度 ★★



これもアンケートの
ランキング上位ですが・・・



たしかに近くに病院もありますけど
全然行っていませんね



子供は評判が良く
先生との相性がいい
ちょっと離れた病院に行きますし



私がここ1年で行った病院も
全部評判など調べて
離れた病院に行ったか
職場の近くですね



近所の病院に行ったのは
インフルエンザの予防接種位しか
記憶に有りません・・・



緊急性がある場合は
近い方がいいのかもしれませんが



我が家にはさらに
便利な施設があります










・番外編 救急医療センター 便利度★★★★★



これは近くにあって
本当に便利なのですが


土地選びL


市町村に1つだけでしょうし
なかなか選びようがないと思うので
番外編ですね



・子供の急な発熱、誤飲

・私の差し歯が抜けたなど(笑)



深夜でも見て貰える
緊急医療センターは
大変助かります






共働き世帯って


・昼間は職場

・子供は保育園なので



何か問題が起きるのって
夜のが多いんですね



その場合
近くに普通の病院があっても
閉まっていますし



ここは夜7時~23時までの
緊急の受け入れ施設なので
助かります




そう考えると
「衣食住」ならぬ


「医食住」ですかね


・医療

・食料品

・住居





なので


・大病院か緊急病院

・ライフスタイルに合ったスーパー

・住居関連はホームセンター


この辺が
あると便利だと思います








PVアクセスランキング にほんブログ村








2019年12月30日





土地探しをする際に
危険な地域は当然避けたいので


その中の一つに
「災いを想像する地名は避ける」というのがありますが


住所、地名は年代と共に変わっているので
昔の地名じゃないと余り意味がありません



割と調べるのが簡単な「旧町名」

探すのが結構大変な「小字」を調べる方法です





・旧町名を調べる方法


旧町名を調べるのは割と簡単です


50年ほど前の事でしたら
お爺ちゃん、お婆ちゃんなら分かっていますし


ネットで候補の
土地を調べれば出てくる場合も多いです


学校や通りの名前でも
推測する事も出来ます


小字a

こちらは甲府市丸の内という
今では名前こそ都会っぽい住所ですが


昔は甲府市紅梅町って名前だったので
ここは紅梅通りという名前が残っています。



また戦後以降でしたら
ネットで議事録も載っていますので


例えば私が住んでいる甲府市でしたら

小字b


こちらは昭和37年ですが


・甲府市古府中町字清水

という地名が

・甲府市武田4丁目


に変わりますよという
議事録がネットに出ています


今は甲府市武田だけど
昔は「清水」なんて
水が付くから危ないなんて
思う方もいますが


小字c

ハザードマップは0m地域なので
水害はありません


調べたら岩の間から
水が出ていて清水だったようで
この辺は安全でした。


昔と今では
使う漢字の意味も違ったりするので


地名だけでは
危険か安全かは100%分からず


例えば東京に「荻窪」ってありますが
窪地じゃなく武蔵野台地にありますから

昔から窪地はありません


とはいえ、本当に危険だから
危険と分かる地名を付けた場合も多く


そのほとんどが「小字」を調べれば分かります





・小字(こあざ)を調べて危険を防ぐ


昔の地名「字」「小字」には
危険を表す地名がたくさんありました





昔の地名で危険な場所を
調べた書籍などもありますが



古くからある住所には
番地なんてありませんでしたから


私が住んでいた地域なら


今では
山梨県甲府市住吉○丁目99-99
というどこにでもある


市の後に地名と○丁目
そして番地ですが


明治から戦前までは


山梨県西山梨郡住吉村大字畦○○
(○○も番地じゃなくて漢字です)

という感じでした


さすがに小字までは
ネットで調べてもなかなか出てきませんので


地域の図書館に行って
古地図を見るなどしか方法がありませんが




私の地域の古地図を見ると


小字d

こちらは図書館にあった昭和12年の古地図ですが
小字名が出ています


ちなみに小字
だいたい100メートル位の範囲なので
かなり狭い地名になります


昔は目印となる建物も無く


番地だけだと
「ちょっと○○番地行ってくる」では
分かりませんから


だいたい100メートル単位で
地名が付けられていました



小字e

個人名の小字もあれば


多分障子屋さんだから障子
後は大豆屋敷なんてのもあります(笑)


幸い危険な場所では
無い事は分かります




この小字が

古池(池を埋めたてた場合に多い)
崩れ(崖崩れのある地域)
鯨(崩れがくじらに変わった)
百目木(水が凄く流れる地名に多い)


などなど危険を表す地名が
付いていた場合


もちろん今は安全な場合も
多々ありますが
由来などは調べたほうがいいと思います



崖崩れに関しては
昔は山だったのに


今は全部平らな土地ならば
崖崩れは起きようがないので
問題ないですが


小字f



このように山を切り開いて
盛り土をした地域は
地盤が弱いですから
その点は注意が必要です








・ハザードマップでは分からない事




今はほとんどの市町村で


小字g


洪水ハザードマップがあり


最近の水害も
このハザードマップで危険な場所が
水害にあっているので


こちらはかなり正確だと思いますし


小字h

地震ハザードマップというのも
ありますが


こちらはそこまで
ピンポイントで揺れやすさは
出ていないので


旧名、小字で由来を調べるのは
かなり効果と意味があると思います


もちろん耐震性能のいい住宅も
大事ですが


どんなに地盤改良をしても
元がダメな土地なら倒壊の危険は高まりますし


液状化現象なども
昔はどんな土地だったかを調べれば
防ぐ事は可能です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月09日





今の家に住み始めて2年半が経ちましたが


相変わらず不満もなく
満足に生活しています



クレームや不満系の記事の方が
人気が出るので・・・


何かあったら書きたいのですが
本当に何も無く快適に生活しています



なので、逆に
「何故そこまで満足なのか」と考えると

土地a

こちらが我が家の前から撮った写真ですが


実際に住み始めて


私の中の満足度の比率
家作りで何処を重視したらいいと思うと


・土地7~8割
・家2~3割


これくらいかなぁと思います



何故そんな事を思ったのかと言うと
土地b

我が家が建てた時は山梨県には無かったのですが
アクアフォームの親会社


桧家住宅さんが我が家近くの
住宅展示場に来まして


住宅展示場のイベント時に
パンフレットを貰ったのですが


注文住宅以外にも
リーズナブルな規格住宅プランがありまして



「この家でも充分満足出来るんじゃない?」って
思ったわけです


もちろん我が家は注文住宅なので
細かい間取りも指定しましたが


別にこの規格住宅でも
住んだら問題ないような
気がする間取りもありました





もちろんせっかく建てたのに
夏が暑い、冬が寒いなら
満足は出来ませんが


桧家住宅さんなら
当然断熱材はアクアフォームですし


標準の窓も
我が家と同じアルミ樹脂複合サッシですし


ちょっと狭いですが
スキップフロアも付いていますから


家の性能は我が家と同じ位ですから
(家の価格も同じ位ですしね)



夏も冬も当然快適に過ごせます


桧家住宅さんなら
全館空調もありますしね



まあ建ててしまったので
本格的に検討した訳ではないですが
「この家でも満足出来そう」と思った理由は


やはり土地かなぁと思います





・目の前の道路に車が通らない快適さ


何を重視するかは人それぞれですが


我が家のコンセプトである
「開放的な家」を考えると



周りに家が無く
家の前の道路に車が通らないからというのは
非常に満足です


もちろん凄い田舎に行けば可能なのですが


一応甲府市の中心部なので
そこまで田舎ではないのですが

土地c
(一応ぼかしてます


家の前の道路は
線路のおかげで行き止まりになるので


この道路を使う人は


我が家と隣の家の方と
たまに斜め前にあるガレージが
開くくらいなので


我が家と隣家の2軒しか
この道路を使いません


他の人がここの道路を通るのは
宅急便や郵便局の人しかいませんから


非常に静かです



まあ隣に電車が通るので
騒音はしますけど


その分相場の4割引きで買えましたし


田舎の電車なので
2~3両編成が上下線合わせて
1時間に2本位ですし


子供は電車通ると喜びますし
そもそも私も電車好きなので問題ないです


線路のおかげで行き止まりですし
線路の方が高さがあるので
線路の向こう側は見えません



土地d

リビングとダイニングにある
大きな掃き出し窓



こちらはカーテンしなくても
誰かに見られる事も無いですし
(この写真はカーテンしてますけど


土地e
庭で遊んでいても
誰も来ません



「開放的な家に住みたい」


という最初の希望にあった通りの土地だったので
満足度が高いです



という事を考えると

・希望の広さがあって
・子供が遊ぶのに問題がなくて
・ある程度断熱、気密がしっかりしていて
・設備も希望のものなら


別に今の家じゃなくても
満足していたかもしれません








・内閣府の住生活に関する世論調査


4年前のデータですが


2015年11月に住生活に関する世論調査というのが
内閣府でありまして


このデータによると

1)立地の利便性 46.5%
2)住宅の広さ・間取り 16.5%
3)立地の安全性 14.6%
4)住宅の性能 8.2%
5)立地の快適性 8.0%


大地震や調査した年の9月に
関東、東北で集中豪雨があった影響なのか

立地の安全性も3位ですが



1位は圧倒的に立地の利便性です



家作りブログを見てる方は
勉強熱心に家作りを考えていると思いますが


色々と知識を
得れば得るほど高性能な家を求めて


家の予算を上げる代わりに
土地の予算を下げて


満足できない土地に住んだら
絶対に後悔すると思います


1位の利便性というのは
駅、職場、スーパーや学校などが便利な場所で


5位の快適性というのが
静かだったり道路が広かったりという事ですが


この2つを同時に求めると
どうしても予算が上がりがちです


後は、土地の地盤も大事ですし・・・


その辺は解体業ですので
他の方よりは詳しいとは思います





 





・土地の希望は3つ位までにした方がいい


全ての希望を叶える土地もあるかも知れませんけど


・利便性が良い
・静か
・道路が広い
・60坪は欲しい
・旗竿地は嫌だ
・両隣が隣家も嫌だ
・角地がいい
・周りに高い建物もダメ


などなど全ての希望を叶えるだけの
「予算」があればいいですが


そうじゃなければ多少は
我慢できる所は妥協しないと
いつまで経っても決まりません


何しろ家と違って


土地は今売っている土地しか買えず
しかも、どの土地も先着1名のみです



・家を建てる流れが


土地を購入する前に
ハウスメーカーや工務店に行く方が多いので
(我が家もそうですが)


色々と間取りや設備を見て
「早く建てたい」と思って


ついつい妥協して土地を決めてしまうと
必ず後悔すると思います


特に共働き家庭ですと
中々土地を見に行けませんが


最悪1年は決まらない位の
余裕を持ってスケジュールを
組んだ方が間違いが無いです


我が家の場合は
妻が育休中だったので


たくさんの土地を調べて見て貰いました




この土地も妻が最初に見つけたので


その為に2年経っても
ドヤ顔で「私が見つけてきた」と言いますけど


スーモやホームズに載ってない掘り出し物の土地だったので
ドヤ顔されても仕方ありません






・本格的な家作りは土地が決まってから


土地は決まってないけど
色々と決めてしまうと


総予算が3,000万円で


最初の予定は
土地が1,000万円で
建物が2,000万円だったとして



素晴らしい土地で
「ここしかない」という場所が
1,200万円だった場合


建物代の予算を減らすしかないのですが


設備や間取りなどを全部決めてしまうと
なかなか予算を減らすのが大変ですし


一度決めた物を
ランクダウンすると


「本当はこっちのキッチンが良かった・・・」
という事にもなりますから
余り決めない方がいいです


土地代が予定よりも上がった分
総予算を増やすのは絶対やめた方がいいですしね


どんなに満足出来る土地と建物を
手に入れても
生活が苦しくなるほどのローンにしたら


後悔しまくりだと思いますので




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村







ローコスト住宅ランキング