固定資産税

2020年04月06日






マスクは全然届きませんが


税金の支払いは
「すぐ届く」ので


今年度の固定資産税通知がきました


固定資産税a
(一緒にマスクの1、2枚位くれてもいいのに・・・)



我が家は住み始めて
3年ちょっとですが


すまい給付金や
住宅ローン減税を考えて


2016年の年末に
引渡しをしたので


今回が4年目になります




固定資産税の割引は
最初の3年間だけなので



今回の支払いから
通常の価格になります






・去年との固定資産税の比較


3年目までは半額ですが


建物だけが半額で
土地の方は割引が無いので



単純に去年の倍というわけではありません






こちらが去年の
割引があった固定資産税


固定資産税b


100,700円です








そして今年がこちらです


固定資産税c


156,800円なので
2倍ほどではなくて


だいたい1.5倍くらいです




ローコストな我が家で
土地価格も600万円と格安でも


これだけ払うので
普通の家なら
4年目以降は
20万円以上しますね・・・





土地代=600万円
レオハウスの請負金額=1,738万円

本体工事費は1,534万円という
ローコスト住宅で




この値段ですから


高いですねぇ・・・


・・・・
・・・
・・



固定資産税d


家屋だけ去年まで
半額の優遇があったので



我が家の評価額
8,012,230の1.4%=


112,172円が
去年まで半額だったので


56,086円割引になっていました





土地の税金


毎年言ってますが

「甲府市は都市なのか・・・」

という疑問を持ちながら払う
都市計画税には割引がありません



今年は約16万円なので


毎月10,000円の貯金では
足りないですね・・・



幸い10年間は
住宅ローン減税があるので



毎年「これを貰った事にしない」
固定資産税を払っています






・PayPayとクレジットカードが使えました




今年から

固定資産税e

PayPayとクレジットカードが使えるらしいので



どうせならポイント還元で
少しでも金額を浮かせたいです




Paypayは普段使ってないので
0.5%還元


クレジットカードは
手持ちで一番還元が高いのが
楽天カードで1%還元なので




クレジットカードの方が
得っぽいですが


固定資産税f


クレジットカード支払いは
システム利用料がかかるらしく



16万円の支払いで1,600円も
かかるので
ポイント還元分が無くなります・・・



固定資産税g



「クレカはポイント還元があるから
システム利用料取るよ」

という


税の不公平感を
無くすシステムでしょうか・・・




他の市町村は分かりませんが


私の住んでいる甲府市では
クレジットカードよりも
PayPayの方がお得ですね


0.5%とはいえ
16万円も払うので


800円分のポイントが戻りますし












・という事でPayPay払い


コンビニ持っていって
「PayPayで」と言えばいいのかと
思ったら違ってました
(これだと無理みたいです)


固定資産税h



請求書をスキャンして支払いなので


銀行口座からチャージして
そのまま支払いすれば


家から一歩も出ずに
支払いが可能です



固定資産税i


PayPayって50万円まで
チャージ出来るんですね







固定資産税j



4期分
156,800円払って


784円のポイントゲットです



前月に10万円
ペイペイを使っていれば
1%還元になるらしいんで


普段使っている人なら
もっと得になりますね




固定資産税k


固定資産税は4期に
分かれるのですが


決してお金に
余裕があるわけでは無いですが


私の性格上
全部支払ってます


明日倒れたり
亡くなる可能性も0ではないですしね

(こういう性格なので変動金利は無理・・・)



ちなみにいっぺんに支払いしても
割引とかは一切ありません・・・






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











2019年08月30日





住宅金融支援機構の調べだと


過去に住宅ローンを
3ヶ月以上滞納した世帯は
1.8%もあるそうです


滞納後ちゃんと支払いが出来た世帯もあるので


自己破産や任意売却の数字は
もっと低いと思いますが・・・


やはり余裕を持って支払いをしないと
万が一家を手放す事になったら大変ですから


実際に我が家で


住宅ローンの支払い以外に
かかる家の費用のまとめです





・固定資産税



住宅ローン以外にかかるお金で
最初に浮かぶのが

住宅ローンa-2

固定資産税だと思います




住宅ローンa

我が家は今回で3回目の固定資産税を
支払いしましたが


来年からは半額の割引が
無くなりますので


固定資産税は
156,000円ほどの予定ですから


毎月13,000円を貯金で積立てすれば
大丈夫です





・団信保険料


今のフラット35は
団信保険料込みのローンですから要りませんが
(団信分で金利0.18%上乗せ 3大疾病タイプは0.24%上乗せ)

住宅ローンb-2



私が申し込みした時は
団信は別途払いになっていて

こちらも年1回の支払いになります


住宅ローンf

ガンや脳卒中などの3大疾病保障タイプなので
通常よりも若干高いですが


保証内容は住宅ローンの免除ですから
毎年ローン残高は減るので


少しづつ下がっていって
今回は110,000万円でした


次回は107,000円の
支払いになるので


毎月9,000円を
貯金していけば大丈夫です





・修繕積立費として毎月1万円、年間で12万円


まだまだ家の
修繕費用はかかりませんが


将来何かあった時の為に
積立貯金をしています



10年~15年過ぎにかかると思う事・・・



1・サイディングのコーキング打ち替え費用

こちらは高耐久コーキングという事で
メーカーが言うには15年は持つそうですし

サイディングの塗装も
15年保証がありますが


まあ10年過ぎで打ち替えしてもおかしくは無いので
お金は貯めておく方がいいです


住宅ローンc

2年半経ちましたが
まだ新築時と変わってないです



2・屋根の点検費用


こちらも瓦屋根ですし
改良ルーフィングなので15年ではダメにはなりませんが


サイディングのコーキング打ち替えをするなら
足場を組みますので


どうせなら
一緒にした方がお得です


バラバラに行うと
足場の費用が2回かかってしまいます



3・LEDダウンライトの交換


こちらも想定している耐久時間だと
15年以上は持ちそうですが

一応積み立てはしておきます



4・エコキュートの交換

エコキュートは10年ちょっとで
ダメになるのが多いみたいです


10年経ったらさらに
省エネなシステムになっているかも知れませんし


建てた時は
子供1人だったので

住宅ローンd

標準の370リットルのエコキュートにしましたが


子供が2人、しかも1人は女の子ですから
中学生位になってきたら


370リットルでは足りないかもしれないですし
恐らくこの時期で交換になると思います



5・トップコートの塗装


ベランダのFRP防止の上の部分


トップコートは5年ごとに
再塗装するようにメーカー保証でも書かれています


塗装が裂けたりする前なら
自分で簡単に再塗装出来ますので


5年目はDIYで自分でする予定ですが
10年目は業者に頼む予定です



今の家ですから
いきなり10年目でいきなり修繕費が
色々と掛かる事も無いと思いますが


15年目で色々補修するとしたら


毎月1万円でも
15年貯金すれば180万円溜まりますから


これ位あればどうにかなりそうです


仮にお金が余ったとしても
クロスの張替えとかしたいですしね








・返ってくるお金もありますが・・・



私の場合
上記3つで毎月3万円を
住宅関連費として貯金しています


次回から固定資産税上がるので
修繕費を1万円とすると


団信保険料 9,000円
固定資産税 13,000円

と毎月2,000円ほど不足する分は
ボーナスで賄います


住宅ローンe

私のメイン銀行の
新生銀行では


普通口座とパワー預金という
口座を分けれる事が出来て


毎月の貯金には便利です


住宅ローン4

後、もう一つ使っている
住信SBIだと5つまで
目的別口座としてお金を分けれます



色々と支払いで
お金を貯めないといけない事ばかりですが


住宅ローンg


10年間は住宅ローン減税で所得税が返ってきます


所得税で引ききれない金額の一部は
住民税もちょっと安くなったりしますが


当然支払った所得税が上限ですので
私の年収だと1年間の所得税が
14万円弱しかないのですが



こちらで固定資産税を賄うなどすれば
10年間は毎月の貯金はもう少し減らせます





・結局いくら貯金が出来る収入なら大丈夫?



もちろん我が家の場合は
子供が3歳と1歳ですから


住宅関連以外にも
子供用の積立てなどもしないと行けませんし



貯金はどんなにしても
「し過ぎ」という事はないですけど



住宅ローン以外に最低毎月2万円
(団信が別払いの人は3万円)


これだけ毎月貯金が出来れば
最低限は大丈夫だと思います


ですから住宅ローンの
シュミレーションをする時に


毎月80,000円までなら大丈夫という方なら
毎月の住宅ローンは60,000円にすれば


税金と最低限の修繕費は
どうにかなります



たまに
「もっとお金かけて性能上げれば良かったかぁ」
思う時もありますが


固定資産税や住宅ローンの引落しの時は

「ローコストで建てて良かった」と思っています





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村







2019年04月10日






4月になると
余り見たくない手紙・・・


固定資産税の
納税通知書がやってきます

税金a

当然ですが今年もやってきました・・・



我が家の場合は
すまい給付金や
住宅ローン控除の関係上


登記をしたのが
2016年の12月末なので



1月1日に登記をしてある
土地、建物が対象なので


今回で3年目の支払いになります





・安いのか、高いのか・・・毎年大変ですけど


この家が出来てすぐに
調査員が家に来て
税額を調査していきました



詳細は過去記事をご覧ください
↓↓↓



そして登記から3年間は
建物の部分は半額になるので


支払い総額は

税金b

「100,700円」になります




土地が4筆に分かれているので

税金b-2

細かく書かれていますが



我が家のかかったお金は
手数料を抜くと
土地代は600万円ですし


税金c

総額は2,700万円ほどかかったとはいえ


レオハウスの請負金額は1.738万円
本体工事費だけでいえば1,534万円という


ローコストな我が家ですので


まあ値段相応といったところです


・・・・
・・・
・・

毎度思いますが


甲府市は都市なのか・・・という
都市計画税もありますが


実際ほとんどの地域で都市計画税が
あるので仕方ないですね








・来年は4年目ですが倍にはならない?


我が家は今回で3年目ですので


来年からは半額になる
減税特典が無くなりますが


実際来年から倍の税額になる訳では無く

税金d


元々半額になるのは
固定資産税の中でも家屋だけなので


我が家の建物評価額
8,012,230円の1.4%=112,172円


こちらだけ半額なので
56,086円割引になっていますから


土地、建物の評価額が同じでしたら


来年は100,700円から
156,786円になりますが


来年は税額の見直しがあります





・ちょっと安くなりますが4年目が一番高いです


毎年建物は古くなっていきますが
さすがに毎年変更してられないので


3年経過ごとに見直しされるので
来年が4年目の我が家は
見直しの年になります



築4年目だとまだ新しいですから
当然4年目が一番高くなります



私の場合は
毎月1万円を固定資産税分として
貯金してますが


来年からは1万円では
ちょっと不足しますね


築25年になると
建物評価は最低評価になって
およそ新築時の20%になるそうですから


建物にかかる税額が
今の112,172円から
22,000円程になります


山梨県民の期待を背負う
リニアモーターカーが後8年で
完成するので


もしかしたら土地の価値が
あがるかもしれませんが


それはそれで
持っている資産価値も上がってるという事ですから



2018年12月29日





本日(2018年12月29日)は

この新居に住み始めて
丸2年になります


引き渡しは引越しの3日前だったので
12月26日だったのですが


税金や控除などを計算すると

年内の引き渡しの方が
かなり得になりました






・年内と年明けで結構違う


家を買った後の支払いで

最初に思い浮かべる支払いが
固定資産税で


こちらは1月1日が計算日になるので

1月2日に引き渡しをすれば
そこから12月31日までは
家の固定資産税はかかりませんので


仮に我が家が1週間遅らせて
年明けに引き渡しをしたら

丸1年支払いしなくてよくなります

引き渡しa


3年間は固定資産税は半額なので
毎年の支払いが10万円ちょっとですが


かといって年明けに引き渡しすれば
全額が無くなるわけではありません



家は年明けの引き渡しでも
当然土地は既に自分の名義なので


仮に年明けの引き渡しでも
土地の固定資産税はきます


そして土地の固定資産税の計算として

その土地に家があれば税額は6分の1になって
都市計画税も3分の1になります



空き家を解体すると
税金が高くなるというのは
このルールのせいですね


土地が200平米以上の部分は
家も3分の1になりますが


その為我が家の場合の計算だと
年明け入居としても

3万円ほどしか得になりませんので

その他の年内引き渡しのが
得になる部分が多いので年内にしました





・住宅ローン控除は年内引き渡しがお得


先程の固定資産税だけ考えれば
年明け引き渡しの方が得ですが


住宅ローン控除は
年内引き渡しの方が得になります


引き渡しb

年内引き渡しでしたので
その年から住宅ローン控除が受けれます



10年間は控除されるので
年明け引き渡しでもそこから10年間は
控除されるので


期間は1年遅れるだけで同じですが


控除額が最大1%なので




金額の詳細などは過去記事



こちらに書いてありますが



支払った所得税が20万円の場合
ローン残高が2,000万円あれば
1%で20万円返ってきますが


1,500万円の残高の場合は
15万円しか返ってきませんので



例として2,000万円の住宅ローンで
毎月の支払いが6万円の場合は
引き渡しc

12月と1月では
年末の残高がほぼ1年ズレるので

残りのローン残高が減るので
最大で貰える住宅ローン控除は
7万円ちょっと違ってきます








・家賃がかかりません


今住んでいる住居が
賃貸住宅だったら


当然ですが1ヶ月引越しが遅れれば
1ヶ月分の家賃が多く発生します


私が住んでいた賃貸は毎月6万円でしたので

この金額が当然翌月になった場合は
かかってきます






・6月末か7月の場合はすまい給付金が変わります


今までの年内か年明けどちらが得かは


新居の土地の価値や
支払っている所得税によって
変わってきますが


ほとんどの方が
年内引き渡しの方が得になります


それとは別に

引き渡しd


すまい給付金があって

今の消費税8%の時は最大30万円
10%になったら最大50万円が控除されます



過去記事に詳しく書きましたが




webだと年収510万円以下と
書いてありますが

実際は年収650万円位までなら貰えます




こちらの収入判定が

引き渡しe


このようになっているので


残業をたくさんした、転職した等で
前年と年収が全然違ったら

低い方にした方がお得にはなります



私の場合平成28年12月引き渡しなので

対象の収入が平成27年の1月~12月なのですが


今の会社に転職したのが
平成27年の11月なので

前職の方が給与は低かったので

・27年の収入だと20万円
・28年の収入だと10万円


10万円も控除額が違ったので


こちらもシュミレーションしてみると



2018年05月25日





先日、今年度の
固定資産税通知書が
やってきました


住宅ローン減税の
プチボーナスが消えました




・調査員が来ます


引越して1ヶ月~2ヶ月位


固定資産税の
調査員がやってきます


もちろん抜き打ちって訳では無く

ちゃんと電話があって来ます


その時に
設計図や契約書を
用意しといてとの事でした




・一応固定資産税のおさらいです


簡単に言うと
家とか土地持ってるなら
税金払ってという事ですが


土地や家の広さだけではなく
家の作りによっても金額が変わります


・スレート屋根より瓦屋根のが高くなるし

・グラスウールより吹き付け断熱のが高くなるし

・サイディングよりタイルのが高くなって

・軒の長くなれば長いほど金額も上がったり


要は

家の金額が高い=税金も高い
というのが固定資産税です



・計算式です


固定資産税が決まる式が
割と複雑ですが


どこのブログよりも分かりやすく
なるべく簡単に言うと


建物の建設費×0.7=公示額


公示額×0.5~0.7=課税額


課税額×1.4%=税金の金額です




固定資産a

我が家の場合は
17,383,610円なので

17,383,610円×0.7=12,168,527円

この12,166,000円公示額なので


ここから0.5~0.7を掛けます

12,168,527円×0.5だと=6,084,264円

12,168,527円×0.7だと=8,517,969円


最終的な固定資産税は1.4%掛けるので


6,084,264円×1.4%=85,180円から

8,517,969円×1.4%=119,252円まで


この間が建物の目安となります



・この0.5~0.7がポイントです


この0.5から0.7の
数値を決めるのが


家を見に来る調査員なので


この調査員が

「この建設費の割りには」

ショボイ!って思う家は0.5を掛けますし

豪華!って思えば0.7になります



こちらに土地の評価額を
加えた物が

固定資産税になります



尚、調査に協力しないで
家に入れなかったりすると
一番高い税額になるので


優しく迎え入れましょう




・3年間は半額になります


家建てて最初の固定資産税から
3年間は半額になりますので

上記の例だと

42,590円から59,626円の間になります
(土地の評価を抜いた金額です)


税金の見直しも3年に1度あるので
3年後は若干金額は安くなりますが

半額が無くなるので

4年目が一番税金が上がります








・調査員さん物凄く見てます



ほとんどの方が
自分で気に入って設計した
新築ですから

私もそうですけど


瓦だし、吹き付け断熱だし
スキップフロアあるし
太陽光もあるし
などなどで


ローコスト住宅とは思えないほど
税金高くなるかもって思ったのですが


建築金額なりの
普通の税金でした


まあ0.5~0.7までしか
調査員決めれませんが





・我が家の固定資産税


固定資産b

我が家は

建物が延床で34,56坪

土地は64坪です




固定資産c

土地評価が
1,040,969円


建物評価が
8,012,230円


0.5~0.7の数値を決める
調査員の評価は


0.658なので
割と良い家と思ってくれたみたいです


悪く見られた方が
税金は下がりますが
それも悲しいし難しいですね




・最終的な固定資産税は


先程書いた
3年間半額は


建物のみ有効なので
土地の方は半額になりません

なので

固定資産d

土地評価
1,040,969円の1.4%=14,570円


建物評価
8,012,230円の1.4%=112,172円

合計
126,742円から

建物の112,172円のみ半額なので


3年間の固定資産税は

70,600円になります




・謎の都市計画税


3年間は半額ですから
70,600円が固定資産税ですが


その隣に
都市計画税というのがあって
こちらももちろん支払います


固定資産e


「甲府市は都市か?」


という疑問が


1年過ぎても
解決しませんが


ちなみに甲府市

全国の都道府県で
一番人口が少ない
県庁所在地らしいです



家を建てる場所によっては
こちらも支払います


こちらは半額制度はないので
30,200円が追加で

固定資産f


総合計で
100,800円が一年にかかる税金です


3年間はこの金額で
4年目はもっと上がりますので


計画的に貯金しておきましょう



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年04月23日




引き渡しが終わったら
外構を色々したいのですが


外構は無くても住めるので
まあ引き渡し後にゆっくりという計画ですが

物置だけは最初に設置をしたいです。

物置b

とりあえず右奥に物置を設置する予定です





・引越し前に設置したい


エアコン工事やネット回線の工事など
家の中の工事は
引き渡し後でお願いしますとの事なので


エアコン工事は引き渡し日に
ネットとテレビ回線の工事は
引越し日当日の予定ですが


物置は家の中には入りませんし
土地は私の土地ですから
自由にできます(笑)


一応業者の出入りがある時は
設置作業は
控えて欲しいという事でしたが


施主検査後なら引き渡し前でも
大丈夫という事でしたので

引越し前に物置が設置出来そうです



・固定資産税が上がります


しかし工務さんが言うには

物置=固定資産らしく

引越しして1ヶ月位で
固定資産税の調査が来るけど

物置があると
固定資産税の金額が上がるよと




・金額は教えてくれませんが上がるらしい


ローコストな家なので
たいした固定資産税では無いと思いますが


物置のあるかないかで若干変わるらしいです
(数百円の差らしいですが)


ちなみに
家が瓦屋根とスレート屋根なら
瓦の方が税金が高くなったり


吹き付け断熱とグラスウールだと
吹き付け断熱のが税金が高くなったり


高い部材=高い税金
なるらしいので


同じ大きさでも
レオハウスやタマホームの家と
ヘーベルやスウェーデンハウスなら
結構な差が出そうですね




・何故か賃貸アパートに物置が


何故引越し前に物置が欲しいのかと言うと

前住んでた2LDKのアパートですが

物置a

1世帯ごとに物置が1つ使えて
ここにスタッドレスタイヤや自転車を
入れていましたので


引っ越し時には物置の物は
物置に置きたいという希望です



固定資産税が数百円上がってしまいますが
庭に出しっぱなしも嫌なので
早速物置を購入します







・とりあえず物置=ホームセンター


ホームセンターの駐車場に行くと
いつも「大特価」とか「半額」とかで
物置が置いてるので


3軒ほど
ホームセンターに行ってきました


物置なんて
100人乗っても大丈夫なメーカーしか
知りませんが

物置1


カインズホームのオリジナル物置が
性能の割りに安かったのでこちらを購入
(サンキン物置というメーカーのOEM品)

定価84,800円が
期間限定5,000オフと言う事で
すんなり決定しました


物置2

設置工事費は込みなのですが
アンカー工事という
コンクリート流してボルトで固定する工事を
オプションで追加しました

総額で90,600円です




物置c

とりあえずタイヤ4本と
自転車を入れる場所が
出来たので良かったです



現在は

・スタッドレスタイヤ4本
・自転車
・洗車用品
・瓦施工の際に余った瓦10枚位
・庭用の屋外掃除機

などが入っていますので


物置が無かったら
何処に置こうか悩んでしまいますから