家の性能の話

2021年01月15日







24時間
家の温度と湿度が測定出来る
switch botを2台購入しましたので



温度a2



実際に我が家程度の
ローコスト住宅だと




1日の温度ってどうなるのか
測定してみます




どうせなら
物凄い寒い日の方が



性能が分かりやすいと
思っていたら




12月下旬に
凄い寒気がきて


温度a
(12月でこの寒さは記憶にない・・・)



住んでいる
山梨県甲府市の気温ですが



・最高気温9.3℃


・最低気温は
 なんと氷点下5.3℃



・さらに前日の
 最高気温も9.1℃と




物凄く寒い
いい測定日になりました(笑)




測定した結果
高断熱も大事ですけど



それ以上に高気密って
大事だなぁって結果になりました








・測定する場所はLDKと寝室です




まずは測定条件ですが



我が家はリビングのエアコン1台だけで
1階、2階の全てを
暖房しています





1階の間取り図がこちら


温度b


赤いところが
暖房が効いて
同じ温度になってる場所ですね




廊下と脱衣場は
引き戸なので開けっ放しにしています



・1階はLDKとスキップフロアで24畳

・階段や脱衣場、廊下などで6畳



そのまま吹き抜けと
リビング階段を通して
1階のエアコンで



2階も全部暖めます


温度c


・寝室2つで14畳

・廊下、階段と吹き抜け部分で6畳




だいたいエアコン1台で
50畳くらいを暖めていますね






測定器の1台目はいつもの
スキップフロアに置きます


温度d


ここですね






スキップフロアには
吹き抜けで


温度e


北側に面した窓が
たくさんあるので



ここの気温が
暖かければ
LDKは当然全部快適です




まあ、実際生活してて
温度差があるような事はなく
どこにいても同じ気温です





そしてもう一台は


温度f


2階の寝室です






エアコンの暖かい風が
届くように


温度g



ここのドアはずっと開いてます



最近は兄妹一緒だと
ケンカか遊んでばっかりで寝ないのと


万が一コロナ感染の際に
全滅リスクは避けようと



・私とお兄ちゃん

・妻と妹


と離れて寝ています




子供が思春期になると
ドアを開けっ放しという訳には
いかないのですが





今の所はドア開けっ放しに出来るので
リビングのエアコン1台だけで
1階、2階全てを暖房しています




その為、我が家は
寝室も廊下も脱衣場も
全部引き戸で作っています




引き戸だと開けっ放しでも
邪魔になりませんしね






・我が家は24時間暖房にしていません



測定日の12月22日は


寒波の中でも
一番寒い日です





この日の気温は


温度h



・最高気温 9.3℃

・最低気温 -5.3℃


今年の12月下旬は
ずっと寒かったですね・・・





ちなみに我が家のスペックは



断熱材はアクアフォームで

・壁に90mm

・天井に170mm

・窓はサーモスⅡ-Hで


太陽光が3.24kwしか載ってないので
ZEH認定はされていませんが


Ua値だけなら0.6以下って性能ですね



3年前だと
ローコストメーカーでは
一番性能のいいスペックでしたが


今だとローコストメーカーでも
並というか標準くらいですね



そして24時間暖房は
妻の「もったいない」という意見のため
行っていませんので



昼間や寝てる間は
暖房は付けていません





寝る時間の


・夜10時位にエアコンOFF

~4時間後の~

・深夜2時にタイマーでエアコンをONして



・朝出掛ける9時位にまたOFFにして

・夕方再度
ONにします






・まずは就寝中~起床時





こちらがリビング(スキップフロア)の
測定データです


温度i




前日の夜10時は
22.5℃あって
まあ普通に快適って温度ですね




そこからエアコンをオフにすると
どんどん気温が下がって



4時間後の深夜2時には
18.7℃まで下がっています



1時間に1℃下がるペースですから



夜10時~朝6時の8時間エアコンを
止めてしまったら
15℃位になっちゃいますね




それでも昔の家に比べたら
かなり高性能だとは思いますけど
(昔の家なら10℃切るはず・・・)




まあ、結露防止や



我が家の深夜電力は
夜中1時~朝6時までは安いので



朝6時までには
家中暖かくなるようにした方が
電気代も安くなるので



深夜2:00に24℃設定で
エアコンをオンにして



いつも6時に起きるので
起きたら23℃に設定を変えています







・同じ時間帯の寝室です





こちらが2階寝室のデータです



温度j




やはり1階のエアコンから
熱を運ぶので



リビングに比べると
時間帯によりますが
0.5℃~1℃は低いですね


とはいえ
これが気密が悪い家だと
2階との差がもっと出ますし



C値2.0より悪いと
恐らく2階は余り
暖まらないと思いますから




やはりローコストには
吹き付け断熱だなぁと実感しています





実際に生活するのに



「とりあえず
この性能でも充分」って
言ってる意味は
分かってもらえるかと思います



もちろん
予算があれば
もっと性能上げた方が快適ですし


ここ3年で
ローコストも性能が上がりましたね




今の新築と比べると
ちょっと性能不足感はありますが
とりあえず快適には過ごせています


・・・・・
・・・・
・・・
・・



実際に超高性能住宅に
住んでる方だと



我が家が朝までエアコン切ったら
15℃とか言ってる時に



18℃とか
キープ出来ると思いますから



こっちのが快適なのは
間違いがありません




いつも
「ローコストでも
最低限の性能は確保しよう」と言ってるのは



我が家より性能が落ちると
そもそもエアコン1台だけで
家の中全部が暖まらないと
思うので



最低限
これくらいあれば
温度の面に関しては
快適かなぁと思います


・C値で1.5程度

・Ua値で0.6程度ですね



特に空気が逃げなくする為には
高気密ですね



高気密が得意な
工務店やメーカーなら
何でもいいんですが



やはりローコストには
吹き付け断熱は
マストだと思います



こんなに簡単に
気密が取れる商品って
他に無いですからね




ちなみにこのグラフで
6時から7時の間に
ガクンと下がるのが



玄関開けたり
洗濯物を干すのに窓を開けるからですね



特に寝室からベランダにいくので
ここはガクンと下がります・・・





・次にみんな出掛ける朝9時~帰宅時の夜です




・就寝中の一番寒い時間で18℃

・起きたら23.5℃あるので



まあ快適ですが
こちらはエアコンのおかげですね




次はエアコンを使わない
時間帯です




私は6時30分には
家を出ますが




妻と子供が保育園に行く
朝10時位に我が家はエアコンを切ります


温度k





午前中はなにしろ
この日は凄い寒くて


温度h



・朝9:00 にはまだ氷点下0.7℃

・昼12:00でも6.3℃なので


昼までは一気に下がりますが




この日は晴れで
12:00には6.3℃なのが


15:00には9.1℃まで上がりますから


上がるといっても寒い日ですけど
日射取得の影響で
昼間は下がっていませんね



だいたい外の気温が12℃位ある日は
我が家も気温が上がっていくのですが


最高気温10℃って日は
平行線のままです・・・



とはいえ
これだけ寒い日に
7時間で3℃しか温度が下がってないので
充分快適な性能だなぁとは思います




家の性能は予算によって
変わりますから収入などで差が出ますが・・・



太陽の熱は全員平等ですから
うまく日射を考えて家を作った方がいいですね







・17時~就寝まで




元々Switch botを購入して
モニターしたのも




夕方にエアコンを外出先から
点けたかったからで







人間ってどんどん贅沢になるので



最初の1~2年は
「この家めちゃ暖かい
エアコンもすぐに暖まって1台でOK」なんて
喜んでいましたが



今では
「いつも20℃は欲しい」
すっかり贅沢な体になったので(笑)




19時頃に帰宅しますが
17:00にはタイマーでONにします


温度L


まあずっと快適ですね




・そしてまた寝る前にオフにして

・翌深夜2:00にオンにしての繰り返しです





寝室の温度はこちら


温度m


いつの時間も
リビングより1℃位低い感じですが



こちらも快適です



私が住んでいる地域で
これだけ寒い日は
滅多にないですから



この日が暖かければ
1年中大丈夫です






・やっぱり光熱費で元は取れないはず・・・



という事で
1日中、家の中全部が暖かいので


前のアパートでしたら
コタツや石油ファンヒーターがあって




それも一部分だけしか
暖かく無かったですから
物凄く快適になりました






去年、こんな記事を書きましたが





光熱費ってのは
性能だけじゃなくて
間取りなどでも全然変わりますが




1年中、家の中を全部
快適な温度にして



年間の光熱費が


温度n


我が家はオール電化なので
これが全てで
1年間の合計金額が
168,000円です



エアコンなんて使わない
5月の電気代が8,200円ですから



実際は寒くなって
エコキュートの代金なども
増えますし



冷暖房費でかかるお金なんて
年間5万円程度ですから




お金の面だけでは、今の所は
ZEH程度の性能プラスエアコンが
一番コスパが高いです




去年の記事のグラフですが


これは
一条工務店の比較画像ですけど



冷暖房費が10万円以上かかるなんて事は
実際はありません


温度o


我が家の性能と
一条工務店のi-smartを比べて



30年間の冷暖房費の違いが
かなり多く見積もっても
160万円です



我が家も一日中快適な温度で
この程度の差しか出ません



じゃあ、高性能な住宅は
要らないのかと言うと



予算さえあれば
高性能な方がいいですし




光熱費とは別問題で考えて欲しいですね








・高性能住宅は光熱費を比べないで欲しい



これ、私がいつも
ツイッターで言ってるのですが



高性能住宅の広告って
光熱費で得ってのが多いのですが



ちょっと計算すると
そんな事は絶対に無いってのが分かります




でも、私は
「予算さえあれば
高性能住宅の方がずっといい」
と言っています





光熱費じゃなくても



・冬だけど半袖1枚でも大丈夫

・夏も冬も布団が同じ

・乾燥ってエアコン使わない方がいい

・晴れてればエアコン無しでもいける

・って言うか暑い

・結露しにくい



などなど


光熱費アピールじゃなくて


寒くないのって超快適ってのを
アピールした方がいいと思うんですよねぇ・・・





室内が同じ22℃でも


・エアコンの22℃と

・無暖房の22℃では


無暖房の方が快適って思いますし





我が家だって
お金に余裕が無いだけで


金があったら
もっと性能上げたと思いますし





ただ、エアコン1台で最低限
「快適な家」って事を考えると


・やはりC値は1.5程度

・Ua値0.6程度

これくらいは最低限必要ですねー



そして、これくらいなら
ローコストでも充分可能です




後、高性能住宅は
自由な間取りでも快適な温度です





過去記事でも書きましたが


https://reogress.net/archives/27268072.html


一番影響が大きいのが
玄関ですね







例えば
我が家は玄関ホールは
風除室のように独立してますから
(ローコストの並性能にはオススメの間取り)


温度b


一番断熱が弱い玄関の影響が無いですが



この性能で
玄関に階段、トイレとか作ったら
めちゃ寒くなるので
(玄関はK4ドアなのでUa値4.07・・・)


間取りの自由度が下がります




玄関が
どれくらい家の温度に影響するか



次回は寝室のモニターを
玄関に移動して
温度を測定してみます





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年12月31日







昨日、今年最後の記事なんて
書きましたけど




大晦日ですし
ちょっと「モヤモヤ」した
小ネタ話を書いていきます






・一条工務店は「スペシャル」だから仕方ない・・・




メーカーに何か問題があったり
モヤモヤしてる訳じゃないんですよ


一条工務店a



ローコストに比べたら高いとはいえ



積水ハウスや
ヘーベルハウスに比べたら低価格で



気密や断熱は高性能ですから



それは素晴らしい
メーカーだと思いますが



・今まで断熱、気密とか知らなかった人が
 家を建てようと思って色々調べて

  ↓↓↓

・断熱、気密が大事ってのを理解して

  ↓↓↓


・その結果
 一条工務店で建てる



ここまではいいのですが




「なので一条工務店以外は
性能が良くない」


という思考になり



「一条だけ特別」って
思ってる人がいるんでしょうね




とは言え
私も大人ですから(笑)



別に
これだけでは
「モヤモヤ」はしませんけど





ツイッターとか
ブログなどで




例えば


・間取り案や設備選びは
 もちろん


・カーテン選びとか

・窓サッシの色とか



性能とは全く関係ない
部分ですよね




ツイッターとかブログに
質問したい場合




普通なら



「皆様〇〇はどうしましたか?」


とか


「〇〇の部分でアドバイス下さい」


とかツイートするの人が多いのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・





何故か
一条工務店の施主さんは


「一条工務店で建てた方に質問です
〇〇はどうしましたか?」



頭に
一条工務店で建てた方って
指定を入れるんですよ・・・



設備とか
オリジナル品が多いですから
その点の質問なら分かりますけど



色とか間取りとか
コーディネートの問題とか
家の乾燥の話とか




「ハウスメーカー関係ないじゃん」って
思うのですが




残念ながら
一条工務店で建ててないので
質問に答える事が出来ません



・・・・・
・・・・
・・・
・・





なんというか


一条工務店b


「一条かそれ以外か」

みたいな感じですね




「お金出せばローコストだって
同じ気密に同じUa値で
作れますよ」って思いますし



高気密、高断熱が得意な
工務店さんなら
もっと高性能な家も作れますし


加湿器とか乾燥の問題とか
「いや、それは間違ってる」
アドバイスをしたいのですが




「一条工務店の施主さんに質問です」って
最初に書かれちゃうので
答えようがありません(笑)










・一条工務店以外は寒い・・・




後、多いのが



「一条工務店だと暖かくて快適」

「一条工務店だと結露しない」とか


ここまではいいのですが






なかには

「一条工務店以外は寒い」


という結論になり



いやいや
高気密と高断熱の結果じゃないですかと
思うのですが




一条以外の家は
低性能で寒いって思っちゃってるので
仕方ないですね・・・




そうは言っても
我が家の性能では
勝ち目がありませんので(笑)





是非



某四国のペンギンさんあたりが
「うちのが暖かい」
言ってくれればと思いますが(笑)




ツイッターで色々見てると
一部の方は



一条工務店位の性能は
他では作れないと本気で思ってますからねー




家ってのは
パーツの組み合わせですから



決して一条以外では
作れないって事はありません



全国展開してる
ハウスメーカーだと
かなり限られますけどね・・・




まあ、ちょっとなら
微笑ましいで終わる話ですが


何度も続くと
「モヤモヤ」っとして
こんな記事を書いた次第です(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



















2020年12月18日







たまに問い合わせや
コメントなどで



「そこまで高断熱高気密なんて要らないですよねー」とか


「アルミ樹脂で充分ですよねー」とか



そういうのに
同意を求められるんですけど・・・






一応誤解の無い様に言いますと



私は本来は
性能重視派でして・・・




とはいえ
このブログも500記事以上ありますから



全員が全部の記事を
見て頂けるわけでもないですし




とりあえず言っときますけど



・基本は今から家を建てるなら
 樹脂サッシのがいいですし


・フレームが細いのが希望なら
 サーモスXもありますし




https://reogress.net/archives/25252080.html



これは今年(2020年)の6月に書いた記事ですが



ローコストでも最低Ua値0.6は欲しいと
書きましたけど




性能がどんどん
ドラゴンボールのように上がってるので(笑)



予算さえあれば
もっと高性能でもいいんです




そもそも
このブログは
「金が無いけど快適に住みたい」という



切実な思いのブログです(笑)







・もう役目は終わった感・・・





何故、このような誤解があるかと言うと



一応ですね
私が建てた時代の仕様を見ますと



レオハウス、タマホーム
アエラホームとか


ローコストと呼ばれるメーカーは
だいたい同じだったんですけど




標準仕様ってのは


・アルミサッシのペアガラス


LIXILならデュオPG
YKKならフレミング


・断熱材は袋入りグラスウールで
 厚さも標準以下位で





何も知らないで作ると
断熱等級4のUa値0.87すら
満たなかったんですね



ブログa



我が家のサーモスⅡhだって
標準じゃなくて



キャンペーンの
グレードアップで

やっとこの性能なわけです・・・





吹き付け断熱も
当時のレオハウスは
金額によって3プランあって




我が家のプランは
標準仕様でしたが



そうじゃないプランもありましたし




今はこのように
表記されていて


ブログc



吹き付けもグラスウールも
選べますと書いてありますが



吹き付けはオプションみたいですね



換気システムも
安いプランは三種換気で


高い方が
熱交換の一種換気でした





気密性能だって
余り考えずに
グラスウールで施工する場合には


ブログb
(これは裸のグラスウールに気密シートでばっちりな例)






これは袋無しグラスウールに
シート貼った、完璧な施工例ですが





ローコストメーカーなんて



こうじゃなくて
袋入りグラスールで

気密テープなんて貼らなかったわけです




「袋入りなんでテープ要らない」って言いますけど




当然気密テープ貼った方が
高気密になりますね



個人的には
経年変化の影響が大きそうなので



余り気密テープだけに頼るのも
どうかとは思いますが
(C値しか見てないと、テープだけで
ある程度施工がごまかせちゃう・・・)




まあ、とにかく
こっちでアレコレ注文しないと



いわゆる夏暑くて
冬寒い家になってしまうわけですね



「気流止めとかもしたのかなぁ・・・」ってレベルなので



工程毎に
色々と施主がチェックに
行くしかなかったですし


こうなると
吹き付け断熱が必須だったのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・



今でこそ
高断熱高気密のブログなんて
たくさんありますけど




当時、色々と数値まで載せてた
個人ブログなんてのは



私が見ていた中では




https://www.2x6satoru.com/



さとるパパさんのブログと




https://yotubanoclover.muragon.com/



泉北ホームのくろーばーさんの
ブログくらいで




この通りに同じ物作れば
間違いは無いんですが




とはいえ、2人とも
高いんですよね・・・価格が
(性能や見た目考えれば適正価格なんですけどね)




「お前が将来考えず
若い頃遊び過ぎたのが原因」

言われればそれまですが(笑)



実際金が無いので
仕方ありません・・・





という事で
ローコスト住宅


・総予算3,000万円で
 土地代に1,000万円掛けると
 家に掛けれるお金は2,000万円

 そこから



・別途工事費用や諸費用など考えると
 建物本体価格が
 出せても1,500万円程度




これ位しか使えませんから




このゾーンでも
少しでも住みやすい家を作りましょうと
思ってブログを始めて





また、解体業と処分業してますから



実際に30年、40年前の家を
たくさん見れますので




「長持ちする建材を使いましょう」って
事も書いていましたが





ツイッターで交流のあるじゅりいさん



https://www.jury99.work/




タマホームの施主さんなのですが



長野県なので
寒冷地仕様ではありますが
木麗な家で






建物本体価格1,398万円で
なんとサーモスXを選んでます

これはちょっと
衝撃でしたね・・・





まあ標準では無かったらしいですが


オプション費用27万円で
サーモスXに変更出来たそうで




私の時は「50万円以上かかる」
言われたので半額ですね・・・



まあ寒い地域の方が
高性能サッシは安いので



長野県と山梨県では差があるかもしれませんが
それでも隣県ですからね



スマートフォンもビックリな位
高性能化して
値段も下がってます




他にもローコストメーカーでも
樹脂サッシや高性能サッシが
当たり前になってきていますし



一番安いプランでも
アルミ樹脂らしいので
アルミサッシは無くなったみたいですね







・大工さんも飽きてきたスタンダードな作り


断熱材もアクアフォームなどの
吹き付け断熱が増えました



「どこ行っても吹き付け断熱に
ダイライトだよ」って大工さんも言ってますが


ブログd



ローコストのスタンダードに
なってきましたね



施工が楽でミスが少ないので
ローコストにはピッタリの工法ですね




とにかく安かろう悪かろうでは
家が売れなくなってきて



売る方、買う方、作る方の
意識もここ数年で変わってきました







・ローコストもそろそろC値やUa値のその先へ




こちらは栃木県の工務店さんですが



https://twitter.com/raphael_project/status/1318914916825247745



いやー素晴らしいですね





こちらは鳥取の工務店さん



https://twitter.com/yamanosumika/status/1338095003197816835



工務店さんの考えも
素晴らしいですが


気密とか気にしてない
施主さんも高性能住宅で
作るといういい流れですね



ハウスメーカーでも


前に住友林業の施主さんとも
話をさせて頂きましたが






こちらも何も考えなくても
充分快適な家が作れてます




やはり注文住宅の楽しみって
間取りとか外観とか
設備とかですからね



性能が・・・って悩みは
出来れば無くなる位が理想ですね



ローコストメーカーの

一番安いプランでも
かなり性能は上がりましたが




まあ、その為には
自分が快適と思える性能を
学ばないといけないという・・・



数字なんか気にしなくていいと
言いながら


結局覚えないとならないという
ジレンマはありますが



今は
「新築だから高性能で
快適なのは当たり前」
って時代に
だんだん近づいています







・でも予算が一番大事



ちなみにレオハウスの標準仕様ってのは
未だにこの地域(断熱区分6地域)だと
サーモスⅡ-Hらしいです



未だに一番売れてる窓ですからね(笑)



とはいえ3~4年前までは
デュオPGの方が
売れていたので



今はこれ使うのは
アパートや建売だけって感じですが



北海道、東北は抜いといても



関東以南の暖かい地域なら
「実際に住んでいて
これでも問題ないなぁ」とは思いますが



今のアパートがアルミ樹脂なのに
寒いとかありますけど



・Ua値4.65のデュオPGも
 樹脂アングルなのでアルミ樹脂扱いですし


・内側の枠全部が樹脂に変わった
 シンフォニーなどは
 一般複層でUa値3.46ですし


・うちのサーモスⅡ-Hが2.33で


・サーモスXだと1.67

さらに同じ機種でも
ガス入りとか色々設定もありますし



これ全部アルミ樹脂って
一括りにされるのも
ちょっとアレなのですが・・・




家の性能は高い方がいいのは
当たり前なので
私は高断熱高気密推奨派なのですが



その為に生活がキツくなったら
意味ないので


身の丈にあった家を買いましょう


家でマウント取り合っても
仕方ないです(笑)




一部の意見だと
「そもそも2,000万円も
出せない人が家を建てない方がいい」



なんて言われますけどね・・・



「いやいや、1,500万円でも
快適ですよ」と胸張って言えますが




それもこれも、ある程度
自分の中ではこれ以上ない位に
調べて納得出来る
性能、価格で作ったからです




・・・・・
・・・・
・・・
・・



そもそもUa値とC値だけ
独り歩きしていますが





https://reogress.net/archives/26683929.html



他にも快適になる要素なんて
たくさんあります




「〇〇だと快適」なんて
決めつける物ではないので





自分の中の予算と性能を
天秤にかけて


「なるべく高性能だけど
生活はキツくならない程度」ですね


これは守った方がいいと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




こういったまとめブログのサイトも
施主の年収別で分ければ
もっと参考になると思いますが(笑)











・という事で施工も気にしましょう



ここを見てる人や
他の住宅ブログを見ている人は


C値やUa値はもちろん
他にも色々と知っていると思いますが



机上の性能を発揮出来るかどうかは
施工にかかっています




幸いにも
私は色々な現場を仕事で見れますが



ローコストメーカーも
なるべく現場仕事が減るように
上手い事効率化されています



それでも施工精度によって
性能数値は変わりますから



数値よりも
実際の施工ですね


ツイッターやブログなどで
施工中のグラスウールの写真を載せて



「これで大丈夫でしょうか?」っての
たまにありますが


結構、大丈夫じゃない場合も多いですけど



これも自分で若干でも
判断出来るように

なれば間違いが減りますね



今は施工動画も
Youtubeにたくさんありますから


設計や性能も大事なんですけど
現場仕事も覚えてもらって



そうすれば
「この部分丁寧ですねー」とか


現場の職人さんと話も出来ますし


そうすりゃ職人さんも
喜んで好循環が生まれます



コロナで不景気な業種も多いですが


建築も解体も
現場仕事は
万年人不足の人気の無い業界ですから



なんなら色々覚えると
会社がダメになった時
役立つかもしれません(笑)



まあ、会社がダメになったら
家どころじゃ無くなるのですが



建ててしまったら
住宅ローンは残りますから


やはり余裕のある
支払計画が性能よりも大事だなぁと思います



という事で



どんなローコストな建物も
気密も断熱も日射取得も完璧なんて
時代になったら


このブログも


子育てと掃除とメンテナンスと
妻への愚痴ブログになりますね(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年12月11日









今回はレーザーで温度が分かる
すぐれもの



温度計a


MYCARBONというメーカーの
赤外線温度計です







こちらの温度計を購入したので



早速我が家の
サーモスⅡ-Hを測定してみます








amazonの温度計で
「ベストセラー1位」の商品ですね





価格は2,999円でした




安いのだと1,000円ちょっとからありますが




レビューが「全然温度が違う・・・」とか
結構あったので




こちらの商品は3,000円の割に
精度がちょっとは良さそうなので
こちらを購入しましたが



結構コツがいるというか



みんな間違って使っている
ブログも多いなって印象です






・まずは測定上の注意



間違っている方のほとんどは
測定している場所が違うのですが




こちらの商品
レバーを引くと
ポインターが赤く光るのですが




氷にポインターを当てると


温度計b


氷なのに

なんと20℃と表示されます(笑)





対象物から20センチほど離れると
実際の測定は



ポインターより3~4センチ下を
測定しています





なので4センチくらい上を測定すると


温度計c



ポインターは結構上の
まな板を当てていますが




マイナス3.7℃なので
氷に当たりましたね




いかんせん安物の中国製なので
個体差があると思いますが


マイナス3.7℃でも

当然氷は0℃なので
これでもズレていますが



対象物から10センチほどの
距離が私の場合ベストでした



余り離れると
精度がズレていくのと


氷は反射しますので
反射する測定物は
上手に測れません




サッシは反射しませんが
窓ガラスは反射しますので


温度計d



メンディングテープを貼って測定します




それでも説明書に誤差プラスマイナス1.5℃と
書いてありますから

ちょっとは

ズレますけどね(笑)




氷水とか熱湯とか



温度が決まっている物で
色々とベストな位置を決めてから
測定した方がいいと思います







・やっぱり・・・性能こんなものかぁと思うサーモスⅡ-H(笑)



今なら建物価格
1,500万円程度のローコストだと
標準のサッシ


2,000万円程度なら
標準は樹脂になるので



余り需要も無さそうですが(笑)





我が家の窓
サーモスⅡ-Hです


温度計e




YKKなら
エピソードNEOと同等品ですね


いわゆる熱貫流率2.33って
呼ばれる奴です




それでもサーモスLなどや
同じサーモスでも色々あるので




ちゃんとしたデータを見ると
窓は3ミリ、中空層が16ミリで
遮熱のグリーンなので



サーモスa


引違いだと2.03ですね



LIXILの
樹脂サッシ「エルスターS」なら
熱貫流率1.27ですから



今となっては
低性能な部類ですが




私が建てた時は
標準はアルミサッシで
グレードあげてサーモスⅡ-Hになった位なので
仕方がありません




与えられた武器で
最大限戦う為の測定器です(笑)





まあ購入目的は


・家の暖房を24時間にするか

・深夜で半額になる1時からオンにするか

・起きる前に快適な温度にはなる
 朝4時にオンするかとか



結露とか電気代とか
色々と実験したいので

購入しました






・気温3℃で実験開始



本来メーカーも
こういう売れ筋商品を


なるべく現実に近い温度で
実験して欲しいんですが





こちらは
サーモスⅡHとサーモスXと
エルスターXの実験ですが



温度計f




「外は氷点下12℃もある凄い寒い地域」という
実験で




サッシ部分が

・サーモスⅡHで16.2℃
・サーモスXだと20℃
・エルスターXだと22℃という



「氷点下12℃なのに
どれも高性能ですよー」
みたいな
宣伝なのですが




これって実験してる
部屋の室温27℃なんですよね・・・






「どんなに寒い時期でも
室温27℃にはしないだろー」
思いますし





同じ性能な
YKKのエピソードも


温度計g




「一般のアルミ窓、単板ガラスに比べると
結露しないよー」と書いてますが
何℃なのか分かりません




そもそも実験室だと
風速とか分かりませんし


結露の要因なんて
温度以外にも
たくさんありますし





自社製品を悪く書くような
実験もしないでしょうしね





という事で
この日の気温が


温度計h



実験時の朝6時は3.1℃

曇りで湿度は90%という





昔の窓なら結露しても
おかしくない感じですね



風速は0.4と
ほぼありませんが
3時に1.6あるので
そこそこ冷やされてる感じです






一方我が家の室温は
22.6℃で

温度計i



この日は
夜中3時から暖房を
23度の設定で入れています


深夜1時~6時までは
電気代半額なので


6時にはエアコンを
落ちつかせようと
早めに入れてます






外が氷点下12℃
室温27℃で
サッシ部分が16℃あるという

リクシルの実験結果から見ると


今回の測定は

外気温が3℃で室温22℃ですから



「まあ18℃くらいはあるのかなぁ」と思ったら


温度計j



なんと15.6℃



やはり・・・そこそこ
低性能ですね(笑)



この状態で
オール樹脂なら
18~19℃行けると思いますが




これでも熱貫流率の等級が
一番いいんですから

国の指標もどうなのかと思いますが・・・




ただ、最低気温が
氷点下0℃位の地域だったら

結露はしにくいですね




https://reogress.net/archives/15143389.html



これは過去のデータですが


2年前の大晦日で氷点下5度で

エアコン無しでも結露無かったので


断熱等級の地域が5~7なら

どうにかなるんでしょうねぇ・・・




こちらは某通販サイトですが


温度計k




「北海道・東北の方にオススメ」
書いてますけど



オススメしちゃダメですね(笑)




だいたい寒い地域は
もっと高性能窓が安いですし


ただ、氷点下5℃くらいまでなら
エアコン1台で家の中
全部暖かくなる位の
性能は充分あります









・窓ガラスはカーテン有り、無しで実験



サッシに比べたら
ガラスの部分は


サーモスの乾燥空気モデルでも
ガラスだけなら熱還流率1.4ですし




ペアガラスでしたら
この地域ならまず結露はしません

温度計L



実際、この気温なら
19℃なので
それほど冷たくもないのですが




寝る前はカーテンしている方も多いので
こちらはカーテン有りの測定


温度計m



やはり下がりますね



これでも測定時に
カーテンをちょっとは
開けちゃいますから



本来はカーテン有りと無しで
2℃~3℃程度差があると思います



特に遮熱カーテンとか使ったら
光熱費は下がりますが
窓の温度はさらに下がると思います













・窓の性能も大事ですが施工も大事



今回思ったのは


・ガラス部分は予想以上に暖かくて

・サッシはやはりサーモス程度じゃ
 イマイチですね(笑)



それでも、別に
ひんやりした冷気が
来るわけでもないですし




もっと高性能窓で
凄く低いデータとかのブログありますけど



ぶっちゃけ施工精度にも
よりますからね




我が家の一年点検時の
窓枠に付いた謎の汚れ



https://reogress.net/archives/9685583.html




こちら、工務さんも
原因が分からないと言ったまま
とりあえず清掃して終わったのですが






https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/blog-entry-1092.html





まっしんはやぶさんのブログで
原因を解明していまして


温度計n



窓枠と柱の間に
発泡ウレタン吹いた後の汚れだそうで




ただの汚れだと
納得いきませんが


こういう施工のおかげだと
思えば納得出来ますね(笑)



・風(換気)だったり

・気密だったり


・加湿器の性能だったり





結露は窓の性能だけじゃないので


我が家よりずっと
高断熱な家にお住まいのブロガーさんから




twitterで「湿度調整の鬼」と呼ばれたので
(皮膚に病気持ってるので湿度ガチ勢です笑)





次回は
古いアルミサッシでも
結露させない方法を書いていきます







https://reogress.net/archives/26952453.html





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年09月25日







高断熱高気密の住宅は
脱衣場も寒くなりませんから




「ヒートショックを防ぐ」という
広告は多いのですが




今の高断熱、高気密の家なら
ヒートショックが全て防げるのかと言うと





決してそういう訳ではありません


ヒートショックa



それでも脱衣場が寒いという原因も
半分はあるので




半分は本当なのですが




ちょっと大げさに
「高断熱だと
ヒートショックも防ぐ」なんて
広告もあったので





前職が温泉旅館の支配人ですから




旅館では
お客様に万が一なんて事は
絶対にあってはいけませんので



ヒートショック対策には
かなり気を使っていました





もちろん今の高断熱高気密の方が
対処しやすいのですが



もちろん現実に
今の高性能住宅だって
ヒートショックは起きています







・何故「高断熱住宅はヒートショックが防げる」が半分嘘なのか




高断熱高気密なら
ヒートショックが防げるという意見の基本は



こちらは昔住んでいた
アパートですが

ヒートショックb



・こたつと石油ファンヒーターで
 一部分だけ暖かいリビングに


・寒い脱衣場に


・もの凄く寒い廊下という感じでした





だいたい、昔の家だと



・局所的に暖かい居間

・寒い脱衣場

・寒い浴室

・熱いお風呂




「この温度差があるから
ヒートショックになる」という事ですが



これはだいたい合っていて






高断熱高気密の家は
脱衣場も暖かいし


ヒートショックc



お風呂の中も今のユニットバスなら
暖かいですから





「温度差が無いので
ヒートショックが防げます」という
話なのですが




その理屈だと





4月とか5月には
ヒートショックは起きないわけですが



ヒートショックd



実際は12月や1月に比べたら
4月でも半分



さらに
高断熱、高気密じゃない家の場合



夏場は逆になって


・エアコンで局所的に涼しい居間

・暑い脱衣場


という逆の温度差があっても
ヒートショックが
一番少ないわけです





つまりヒートショックの
原因のほとんどが



お湯の温度なんですね



高断熱高気密だろうと
お湯の温度が高ければ
ヒートショックを起こしやすいです







・旅館のヒートショック対策



旅館なんて古い施設が多いですから



高断熱高気密なんて
全然無理なのですが


ヒートショックe


お客様が不快になっては困るので
脱衣場は冷暖房があります




これは今の高断熱高気密の家なら



リビングも脱衣場も
ほぼ気温が変わらないので
大きなメリットですね




浴室内の洗い場も
昔のお風呂は寒いですけど



温泉の場合は
湯船が大きいですから
洗い場が寒いって事はありませんが





結局、このまま
熱いお湯に



ザブーンっと入ったら
これはヒートショックの原因になります






旅館でヒートショックが
ほとんど無いのは


ヒートショックf


入口に
かけ湯があったり




みんで使う浴槽ですから
入る前に
丁寧にシャワーで体を流したりと



・いきなりお風呂に入る前に
 ワンクッションあるのと




脱衣場もお風呂も大きいですから


・いい感じにウォーキングというか
 体を動かせるので
 ヒートショックが起こりにくいです






逆に昔の家の脱衣場や
廊下が寒い家だって


・脱衣場を
 ストーブなどで暖めて


・リビングを2、3周
 スキップしてから


服脱いで


・浴槽に入る前に
 シャワー浴びれば


かなりの確率で防げます



どんなに今の家が
「脱衣場も暖かい
お風呂も暖かい」からといって



お湯の温度は
もっと熱いですから



その点の注意は必要です



ハウスメーカーも

「ヒートショックになりにくい」


位の表記にして欲しいのですが





「高断熱高気密だと
ヒートショックが起きない」


なんていう広告は問題があります






・温泉で体がポカポカの間違い



私が勤めていた旅館の温泉は
アルカリ性単純温泉で



いわゆる「美肌の湯」と呼ばれる
スベスベするお湯ですね




他にもたくさん
温泉の種類はありますが


はっきり言って
ずっと体がポカポカするなんてのは



温泉の成分は95%以上は
関係ありません




厳密に言えば
硫酸マグネシウムや
二酸化炭素などで
若干の血管拡張はしますけど



95%以上は
普通のお湯も同じですから




適切な温度で
長い時間お風呂に入っていれば


温泉じゃなくなって
効果は同じです







温泉だと15分はお湯に入るのに
自分の家だと3~5分って人は


・単に家のお風呂の温度が高い

・狭くて景色も良くないので飽きる



などなどですが





・今の設定温度より低くして
・長い時間入るだけで


ヒートショックはかなり
防げます





特に昔の家は



お風呂の後は
また寒い脱衣場ですから
注意が必要ですが




今の高性能の家でも


・お風呂の温度は低く
・入る時間は長く


この2つは大事ですね




そもそも
健康にもいいので
是非心がけて欲しいです















・全館暖房じゃない場合の脱衣場の温度について




全館床暖房の一条工務店さんや


他の全館暖房している家ですら


「脱衣場は寒い」って言う人が
ブログにありますけど



・家の中全部が快適だとして
 気温が27度


・脱衣場も27度なら
 普通は快適ですけど




お風呂はもっと暑いですから
相対的に


お風呂上りは寒いですよね・・・




全館床暖房なら
設定で脱衣場だけ温度を上げれば
解決しますけど





そうじゃなければ


特に子供が小さかったりする場合は
こういった局所暖房もオススメですよね



私が昔住んでいた
アパートなんか



こんな電気ストーブなんて
全く役に立たないレベルで寒かったので




子供が0歳の時は
脱衣場に石油ファンヒーター置きました




我が家は
間取り的にリビングの
エアコンで大丈夫なのですが




間取りによっては
脱衣場まで暖められない家もありますから







我が家は
ワンルームみたいな
1階を希望していましたから


ヒートショックg


来客が無ければ



ここはずっと
開けっ放しでいいように
引き戸にしていますから
リビングと同じ気温になりますが


子供が思春期になったら
開けっ放しは無理だと思いますが




とにかく家の性能も大事ですが
やや低い温度で長く入るのが一番です




今は子供が小さいので
お風呂で遊んだり、なぞなぞ大会したりと



とにかくお風呂の時間が長く
温度も低めなので



時間的には毎日
温泉に入っている感じです(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

















2020年08月10日







住宅展示場に行くと



そこそこ高い
ハウスメーカーの営業さんが



「ローコスト住宅なんて
すぐダメになるよー」


とか


「うちの家の方が
メンテナンス費かからないから
最終的には得だよー」



とか
こういう事言いますけど





過去に






ローコスト住宅が安い理由ってのを書きまして




まあ見た目が実際安いですけど



C値、UA値などの性能面だけなら



普通の大手メーカーと
同じ数値で建てれます
(グレード次第にはなりますが)





それで
今回見たのが


ローコストa


大和ハウスの広告です



生涯コストで考えると
得っていう広告ですね



メンテナンス費や
冷暖房費が安いから


「長く住めばお得だよ」って言う
よくある広告ですが








メンテ費はともかく


冷暖房費だけでは
絶対に元が取れないという過去記事ですが



これは何故かと言えば


「元が取れる」と言ってるメーカーは



何故か比較対象を30~40年以上前の
昭和時代の家の性能で比べるので



ローコスト住宅だって
そんな時代とは比べものにならない位
高性能なので


絶対に元が取れないです





・この広告はひどい・・・




今回のダイワハウスの広告は

そんなものじゃなくて



ローコストb

例えば省エネ等級


高性能住宅と書かれている方は
ダイワハウスの広告なので


ダイワハウスの家でしょうけど



省エネ等級4・ZEH仕様って
書いてあるので


UA値が0.87(省エネ等級4)か
0.6(ZEH仕様)ですが





こんなの今のローコスト住宅でも
普通に作っても0.87



ちょっといいグレードなら
0.6はクリア出来ます・・・




まあそれはいいんですが
(良くないのですが・・・)



ローコスト住宅の方に書いてある
省エネ等級1ってなんでしょう・・・




「そんなの知らない」と思って
国土交通省のサイトで調べたら


ローコストc



昭和55年の基準が
省エネ等級2・・・



40年以上前の基準ですね
しかし1は基準が無いです・・・



つまり比較が
40年前の基準の
さらに前の家って事です・・・





そもそも昭和55年基準のUA値って
いくつだろうと



「断熱等性能等級2」なんてワードで調べたら


ローコストd


UA値1.67・・・



これ、今は使わない
高性能じゃない普通のグラスウールを
薄っぺらく使って


アルミサッシの単板ガラスでも


どうやっても
1.67以下になってしまうので


断熱材使えないんじゃないでしょうか・・・



ちなみにこれは
「無印良品の家」の広告ですね



「我が社は0.87ですよー」って奴ですが




タマホームだってレオハウスだって
もうちょっと安いアイダ設計だって


今の家が0.87以下って事は
ないですし








ローコストでも最低限
ZEH性能の0.6は目指そうって世の中で



ちょっと広告として
ありえないんです







・こっちもひどい劣化対策等級




次に劣化対策等級という
聞きなれないワードですが


ローコストe


ローコストは等級1
ダイワハウスは等級3になっています






どのようなものかと言うと



ローコストf


通気や防蟻処理ですね



ちなみにその下に
耐用年数という項目がありますが


・ローコストは50年未満

・ダイワハウスは
 75年~90年と記載がありますが



ローコストg


どうやら

・劣化対策等級が1だと50年未満
・2だと50年~60年
・3だと75年~90年という事で




劣化対策等級を見ると


ローコストh

色々書いてありますけど
ローコストだって



・基礎パッキンに土台は無垢材か
 加圧処理、もしくは薬剤注入

・ベタ基礎に通気工法って



今は当たり前だと思いますし



そもそも調べたら
長期優良住宅認定には


劣化対策等級3が必要との事で


ローコストだって
長期優良住宅は普通に作れば取れますから



この比較図は
いくらなんでも
違い過ぎるわけです




まあ、性能比較の広告は
嘘書いているとはいえ
どうでもいいんですが
(良くないですが)



耐震等級とかね
命に関わるものを嘘つくのは
本当に嫌いです





ローコストだって
耐震3は普通に取れますし


ローコストi


そもそもこの最後の


・太陽光未搭載とか
・ガス給湯器に至っては



意味不明すぎて
こっちがビックリしてしまいます



ダイワハウスがエネファームが標準だから
そう書いているんでしょうが


エコキュート希望の人とか




「ガスがいい」って人でも
都市ガスがない地域でも




ダイワハウスは
エネファーム搭載出来るんでしょうか・・・












・なぜこのような広告が出るか



ダイワハウスとローコスト住宅だと
1.5倍~2倍くらいの値段差でしょうか




おそらく何も知らない人に
「高い理由」が上手に説明出来ないから


このような事を書くんでしょうが



ヘーベルハウスだって
積水ハウスだって

そのような事は書いてないですし


「そんな次元で戦ってない」です



・大開口に高い天井高で広いリビングとか
・高級感あふれる外壁とか
・長期無料メンテナンスとか
・幅広いサポートとか



いい所なんてたくさんあるんですから



是非嘘や誤解を招くような
広告書くのは
やめて欲しいですね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2019年11月11日





11月に入って
かなり気温が下がってきて


職場の同僚との会話では
「ストーブ出した」とか
「こたつ出した」とか言う同僚が増えてきました


その言葉を聞くと
まだ暖房なんて使ってない我が家は
「家建てて良かったなぁ」って思います



IMG_5855

太陽の角度がかなり
下がってきて


南側はガラス全部日射が入るようになりましたので
昼間はかなり暖かいです



まあ昼間は
この地域なら
どの家でもまだ暖かいと思いますが



実際、我が家では
そもそもコタツもストーブもありませんが

エアコンa

夜も朝も
まだエアコンも1回も動かしていません



別に我慢している訳でもなく
寒くないので動かす必要がないのですが


では実際に夜と朝が
どれくらいの温度になるのか
測定してみました。





・まずは測定日の気温です


測定したのは
11月7日です



この日の気温は

気温1


最低気温が朝の5時で5.3度



気温2

最高気温が15時で19.2度です




同じ日の東京は

最低気温が10度
最高気温が21.8度なので


甲府の盆地特有の温度ですが

朝はかなり温度が下がりますが
昼は東京と余り変わりません



なので、昼の日射を上手く取り込んで
逃がさなければ
まだまだ充分夜も暖かいです。




夫婦とも仕事で
子供は保育園なので


帰宅は夜になりますが



夜9時の我が家の気温は

気温3

20.8度です




ちなみに
温度計が置いてあるのは

気温11

スキップフロアにあって


我が家は1階が
ほぼワンルーム


リビング階段に
吹き抜けもあるので


だいたい、家の中
全てが同じ気温です




この日の夜9時の
外気温は12.1度ですが


20度を越していれば
何の問題も無く


エアコンも点けずに
快適です





・一番寒い朝の気温



そのまま就寝して
普段は朝の6時に起床します




この日の朝6時の気温は
5.3度ですから結構寒いですが



家の中の気温は

気温5

18.7度です




凄い暖かいわけではないですが
まだエアコンは無くても平気な温度です

気温6

まだ太陽も出てないので
外に出るとかなり寒いですから



職場の人が
ストーブ出したり
コタツを出すのも納得出来ます









・コスパは間違いなくいいと思います



我が家の断熱性能は

気温7


総合省エネ基準や
断熱性能基準などはもちろんですが
クリアしていて


断熱等性能等級は最高ランクの4ですが


これも今の家では
ほぼ当たり前ですから
決して超高性能ってわけではありません


レオハウスなど
ローコストでも


今は標準、もしくは
若干のオプション料金で
オール樹脂になりますが


我が家は
アルミ樹脂サッシですし


気密に関していえば
パネル工法に吹き付け断熱なので


ローコストでも一番
高気密にしやすい設計ですが


こちらも今の基準なら

決して高性能ってわけではなくて
ほぼ標準機能ですね・・・


これでも充分暖かいですし



延べ床面積35坪で
本体価格1,700万円台の家ですから



かなりコスパは高いと思います

気温8


一年間の電気代ですが


全くエアコンを使っていない月でも
6,500円はかかっていますので


仮に、それ以外が
全部エアコン代だとしても

年間に5万円もかかっていません


高気密、高断熱が得意な
ハウスメーカーさんが


「ローコスト住宅と比べると年間10万円以上
エアコン代が浮きますよ」なんて話をしますが


実際は我が家でも
年間5万円以下しかかかりません
(地域にもよると思いますが・・・)


まあ我が家だと年間5万円ですが


もっと性能を上げれば
年間で2万円位にまでは
下がるかもしれませんが


それで500万円値段が上がったら
元を取るのに166年もかかってしまいます
(100万円でも33年・・・)


なので
予算が厳しいけど


「ローコストだと性能が・・・」って思っている方は


ちゃんとした施工と
なるべく低予算で
高気密になるように建てれば


充分満足は出来ると思います

気温10

1年の半分以上は

3.25kwしかない我が家の太陽光でも
収入の方が多いですし


私は充分満足だなって思ってます



ちなみに
12月に入ればエアコンは点けますが


去年の大晦日に
測定したエアコン込みの
温度実験も過去記事にあります






http://reogress.net/archives/15143389.html





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年11月08日





今の家は
ほとんどの場合


「石油ストーブは使わないで下さいね」って
言われます



我が家も工務さんと話をしましたが



結論として
「使わないで下さい・・・」という事で


石油a


賃貸アパート時代に使っていた
石油ファンヒーターは


2台あったのですが
知人に差し上げました




もちろん今の家は優秀ですから
エアコンだけで暖まりますし



うちの子供も冬でも
お風呂上りに下着のまま
リビングを走ったりしてます



家の中全部が暖かいので
気温に関しては問題ありませんが


しかし、3年目の冬に向けて
「ストーブ使いたいなぁ・・・」と思っています





・エアコンがダメって訳では無いですが


石油b

2年間冬を過ごして
エアコン1台だけで全く問題はないです






光熱費だって
エアコンと石油ストーブで変わらないか
エアコンの方が効率がいいですし



灯油を買いに行く手間もありません



しかし、ストーブを使わない生活を2年経験して



「ストーブの暖かさって気持ち良かったなぁ・・・」
最近思うようになり



それ以外にも
今の家は特に冬は乾燥が凄く



しかもエアコンを使うともっと下がりますから

石油c

我が家もリビングに1台
スキップフロアに1台
加湿器があります



灯油を使う石油ストーブなら
水が出来るわけですから
湿度は上がります


ちなみに

灯油を1リットル使うと
水も約1リットル排出されるので



そこそこの加湿になります




石油ストーブだけ使うならともかく


あくまでもエアコンがメインで
サブ的利用程度なら


この程度の加湿なら
内部結露の問題は起こりませんし


むしろ加湿器の利用が
若干減るレベルです





・実際どれくらい空気が汚れるのか


そもそも昔の気密性が全然無い家でも
石油ストーブは換気して下さいって
書いてある位なので


結構空気が汚れます



今の家は

石油d

24時間換気システムがありますので
「これで案外どうにかなる?」って
思いましたが



これでどうにかなるなら
石油ストーブを
「使わないで下さい」とは言いませんので




どれくらい空気が汚れるのか調べてみると


石油e



国民生活センターに
実験結果がありました





まずは二酸化窒素のテストです

石油f


私の職場は
廃棄物の焼却施設がありますから


半年に1回かならず測定試験がありますが
この数値が0.1を超えたら
営業出来ない数値です



ちなみにこの数値ですが
医療関係のサイトから引用すると



0.1ppm 程度で喘息患者等に呼吸機能の低下をまねき


0.2ppm を超えると慢性気管支炎患者や
児童に呼吸機能の低下がみられるようになります



という事なので子供が小さいと
0.2以上はダメっぽいですが



それが機種によって0.5~1.0以上ですから
やはり空気は結構汚れますね


石油g


こちらが1時間に1回
2箇所の窓を1分間全開に換気したデータですが



1時間に1回の換気では
間に合わないくらいの数値になっています



大人だけなら平気だと思うのですが
小さい子供がいますので


これだけ見ると
ちょっと使うの怖いなぁ・・・って思います








・部屋が大きければ大丈夫?



とはいえ、こちらのテストは



6畳の部屋でテストしています
(6畳のプレハブで窓は2つの部屋で
9畳用のストーブを使っています)




我が家で使えば

石油h

1階がLDKとスキップフロアで約24畳と
吹き抜けもありますから



1台で30畳以上に空気が流れるので
単純計算したら汚れも5分の1になると思います
(単純計算なので詳しい方いたら教えて下さい



石油i


この銘柄3だけが数値が低いので
(それでも0.5ありますが)


石油j


トヨトミのダブル消臭機能付という
ファンヒーターなのですが



これを使えば
仮に濃度が5分の1になるなら



この機種なら
二酸化窒素濃度が0.1で
運用出来る気がします





・やっぱダメっぽい?



という事で
今年は石油ファンヒーターでも買おうかなぁ



買ったらブログに
書こうかなぁなんて思っていたのですが

石油k



日本ガス石油機器工業会
という所が実験結果は
「若干高気密の家だから仕方ないんじゃない?」って発言をしていて




さらに、その返答があって

石油L



「いやいや高気密じゃなくて普通の住宅と変わらないよ」
って答えています





そしてこちらの実験が



石油m


2007年と12年前ですから



今の家なんて
この実験をした年代と比べたら



圧倒的に
高気密、高断熱ですから



やはり今の家に
石油ファンヒーターを使うのは
厳しいっぽいですね・・・




そうは言っても
昔の家だって


石油ストーブを使えば
多分ですけど


二酸化窒素は0.1以上だったと思いますし



大人だけで
マメな換気とかすれば


大丈夫な気もしますけど
(あくまでも自己責任ですね)



うちは子供小さいし
マメに換気しないっぽいので



素直にエアコンだけで
暖房します



でもディーゼル自動車も昔は
空気汚れてましたけど


今は排ガス規制で綺麗になったので
ファンヒーターも進化しているかもしれません



その辺詳しい方がいましたら
是非教えて下さい



◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年09月11日





私が家作りの最中に気にした間取りとして
「開放感」というのがあります



しかし家の性能
特に光熱費を考えた場合


開放感を出せば出すほど
性能は下がり、光熱費がかかる家になります


もちろん一流建築家やデザイナーズハウス
超性能な家など


開放感を上手く出しながら
性能も落とさない家も出来ると思いますが



その場合予算が絶対オーバーするので
(建物価格1,500万円でと言ったら怒られそう・・・)


夫婦とも田舎出身ですし


間取りに関しては
夫婦で揉める事も無く
開放感を最優先にしていましたが


性能が下がるという
デメリットを実例として挙げていきます





・開放感を出すポイント1
「間仕切りは極力使わない」



間仕切り=壁や扉や障子などですね



一番の基本ですが
仕切りは省いて大きな空間にした方が
圧倒的に解放感を得られます

開放感a

こちらが我が家のリビング間取りです



とにかく壁はないですね



開放感b

注文住宅ですから
同じ大きさでこのように作る事も
もちろん可能です


こうすれば


リビングのエアコンは
20.75畳だけの範囲になるので


みんながリビングにいて
スキップフロアや2階を使っていない場合
こちらの方が光熱費がかかりません



我が家の場合は
リビング、スキップフロア
リビング階段、2階の寝室を

3

1台のエアコンで動かしていますから
家全部が快適ですけど
使ってない部屋も冷暖房している事になります


メリットとして開放感を得られますが


仮にエアコンが
リビングだけ効いていればいいなら


当然ですが光熱費は
我が家の方がかかりますね



後、この間取りにした方が
壁が増えますので
耐震性も上がります





・開放感を出すポイント2
「引き戸も開放感を出すには重要です」


開放感c

壁がかなり少ない我が家ですが
最初の提案ではさらに壁が少なかったです



しかしここを引き戸にしたため
若干壁が増えました


元々「リビングのソファから
冷蔵庫見えるの嫌かも・・・」で始まった案ですが


引き戸にして正解でした


引き戸と開き戸では
開き戸の方が気密性は高いですが


開けっ放しにした時の見た目は
引き戸の方が邪魔になりませんので
開放感は上がります


犬がお風呂場でオシッコしますし


冬はお風呂の湿気を
リビングに持って行きたいので


リビングからお風呂まで全部の扉を
開けっ放しにする事が多いです


それでも今の家ですから
開けたからリビングが寒くなった
暑くなったというほど
体感で温度は変わりません



引き戸は開放感以外にも
子供が指を挟んだりしないので
安全性というメリットもあります





こんな感じにソフトクローズで
ゆっくりしまるので安全です





・開放感を出すポイント3
  「スキップフロア」



開放感を増やす為には
横だけではなく上の開放感も大事なので
スキップフロアがオススメです


開放感d

1.5階になりますから
必然的にリビング階段にもなりますし


見た目の開放感はかなり上がります



ここをガラスなどの透明な素材にすれば
さらに開放感が上がるのですが


見えてしまうと
いつも綺麗に片づけてないと
いけないのでやめました


開放感e

足元にも棚やパソコンがありますから
透明にしなくて正解でしたね



開放感は上げたいけど


子供が大きくなったら
ここで勉強したり
私もここにパソコン置いてるので


開放感と隠れ家の両立を考えて
壁の高さを考えました



こちらも壁で仕切ってる訳ではないですから
当然エアコンの効率は下がります


通常の部屋でしたら

「リビングだけエアコンを入れたい」というのも可能ですが


スキップフロアは今使ってないから
エアコン要らないというのは出来ません






・開放感を出すポイント4
 「掃出し窓」


開放感f

南側はリビング、ダイニング
2階の寝室と子供部屋と
4面全部掃き出し窓にしました


ここに関しては
家だけじゃなくて土地も影響しますが


そもそも開放感がある家を
希望している夫婦ですから


この土地は2人とも
見た瞬間即決でした


誰も通らないので
カーテンもしない時間の方が多いですが



こちらもエアコンの効率と
気密性能を考えたら



窓を小さくした方が性能は上がりますし
極論言えば窓が無い方が一番高性能になります








・開放感を出すポイント5
 「吹き抜け」


開放感g

吹き抜けも広い空間に
見せるためには必須ですね



我が家もそうですが
最近の家は


エアコン1台で家中全部暖めたい場合には
吹き抜けがオススメです


詳細は
過去リンク




こちらに書きましたが
冬の間はエアコン1台で
家中暖かいので吹き抜けは
あった方がいいかもしれません



ただ、こちらもリビングと寝室だけ
エアコンが効いていればいいという事に比べたら

当然光熱費は上がりますし

開放感h

吹き抜けの上部に窓4枚ありますので
当然こちらも窓じゃなくて
壁の方が家の性能はあがります


ここはハニカムシェードでも付けたいなぁと
思っていますが


電動じゃないと長い紐必要ですし
見た目悪いですし・・・

そうなると結構な費用ですし・・・


今のところ
夏も冬も割と快適なので
そのままにしてあります





・性能以外の開放感を高める部分



単純に家が大きければ大きいほど
開放感が上がりますが

その分予算もあがります



我が家はせっかく全てをワンルームにして
開放感を出したので


後はクロスの基本ですが

開放感i



こちらのサイトの画像です
色決めに非常に参考になりました





「同じ空間でも、白に近い色の壁紙クロスを貼った方が広く見える」


という基本と

そしてもう一つ
これはインテリアコーディネーターさんの
アドバイスがあったのですが


開放感j






開放感k

という事で
一番端だけ
この色のクロスで後は全部白にしています



開放感L

巾木、廻縁も白ですし
ソファ、カーペットも同系色
キッチンとカップボードも白系の色にしました



本当は
フローリングも白にしたかったのですが


妻からNGが出たので
なるべく明るい色にはしてあります



半分以上はインテリアコーディネーターさんの
アドバイスのおかげですが
大変満足しています





・自分が納得してれば何してもいいですが


かなり開放感を重視して作りましたので
その分光熱費が上がります



かといって我慢したくも無いので
冬季などはずっとエアコンを動かしています

開放感m


朝4時から夜10時位まで
エアコン付けっぱなしなので
冬場はかなりの金額ですね


間取り上
どうやってもエアコン1台で
家の全てが暖まってしまいますから


正直無駄な部分も多いです



もちろん同じ間取りでも


窓の性能を上げたり
断熱材をさらに厚くしたり
すれば光熱費は下がりますが


当然ですけど
家の予算は上がります



それでも家中が1日中どこでも暖かいのに

前住んでいた賃貸より光熱費は安いので
満足はしています


これ以上性能を上げると
下がる光熱費よりも建設費の方が高いので
計算上ペイ出来ませんでしたし



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年08月09日





こちらは我が家の玄関です

玄関a

標準で選べた
LIXILのジエスタ2です



玄関b

この中からなので
結構な種類から選べましたが



全てK4仕様の為
断熱性能は余り良くありません
(性能が悪い訳では無くて普通だと思いますが)



玄関ドアも
断熱性能にかなり差があるとは
建てるまで知りませんでした


玄関c

省エネ区分だと5地域なので
K4で間違っていはいないんですが・・・




ちなみにLIXILの場合は
K2、K3、K4


YKKの場合は
D2、D3、D4という種類になります




玄関d

我が家は玄関からリビングまでの間は
ドアが1つだけです




玄関e

もちろん外に比べたら
夏は涼しいですし
冬は暖かいですから


この時期だと

外から帰って来る場合は
涼しく感じるので問題ないのですが


リビングで涼しんだ体で
玄関に行くのが結構暑いです




玄関f

我が家の場合
玄関の所にも
収納などがあるので

ここに行くと
「暑い~・・・」って思います





・どれだけ温度が違うのか・・・


玄関g

こちらはダイニングです


時間は昼1時で
外の気温は34度でした


当然エアコンを入れてまして


ダイニングは27,8度
湿度は45%です


エアコンの設定温度は
26度なんですけどね・・・



LDKとスキップフロアで25畳
これに吹き抜けとリビング階段と
エアコンの効率が大変悪い家なので
仕方ないですね





大人だけならもう少し低くしたいですが
3歳と1歳の子供がいるので


28度位で設定していますが
湿度が低いと平気です


玄関h

あと、日立の「くらしカメラ」付エアコンなので


人と体温を認識して
私が動くと風も私に合わせて動くので
28度で充分快適って感じの気温です




そして玄関の温度を測ると


玄関i

温度は2度以上
湿度も高いですから


これは暑いです・・・



ただ、もっと
体感的に差があると思うのですが


玄関j

窓は北東と南東
ドアも南東なので



ここに日が当たる
午前中の方が差が出るかもしれません





・K4ドアとK2ドアの性能差


YKKの場合はD4とD2に置き換えて
頂ければと思いますが



我が家のK4ドアの熱貫流率は

玄関k

4.07です


デュオPGなどのアルミサッシ
複層ガラスと同じですね


これがK2になると

玄関L

2.33と我が家の窓サッシ
サーモスⅡ-Hと同じになりますので



結構な性能差ですね・・・








・高性能なK2ドアでも差は出るみたいです


じゃあK2ドアにしていれば
玄関も差が無く涼しいのかと言うと


YKKのサイトにシュミレーションがありました




ただ、夏じゃなくて冬なのですが

玄関m


冬の方が家の中と外で
温度差出ますし


我が家はこのシュミレーションほど
家も大きくなく


廊下も無いので
ここまで差は出ませんが



アルミサッシに
D4(LIXILだとK4)仕様で差は10度の時に


玄関n


YKKの最高峰

APW430のトリプルに
D2(LIXILだとK2)仕様で


温度差は7.5度になります



このシュミレーションと同じ条件だと
我が家は何℃になるか知りたいですが


アルミサッシ+K4ドアで10度
APW430トリプルにK2ドアで7.5度


なぜか余り変わらないのですが



我が家の場合
玄関にも収納などがあるので


たまには「暑い~」言いながら
行かないといけない場合があるのですが


それ以外は
リビング階段ですし


外出する時以外は
玄関に出ませんので



そうじゃなければ
あくまで予算しだいですけど


結構後回しになるポジションですね


玄関ドアのグレード上げる前に
窓のグレード上げたいですし


我が家も玄関でオプション費用払いましたが

玄関o

タッチキーを追加しましたが
玄関の仕様を上げようとは思いませんでした・・・



そもそもK2とかK4とか
知りませんでしたし


もちろん寒冷地は別でしょうし
標準がK3なりK2だったりすると思いますが


どの部屋に行くにも玄関付近を通ったり
トイレが玄関付近にある間取りなら


高断熱仕様のドアも検討した方がいいですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング