2021年03月

2021年03月31日







妻は平日休みが多いのですが


・私は仕事

・子供は保育園なので


休日は一人でフローリングを
ちょっとは掃除している時がありますが




私が家に帰ると


ダスキンa


冷蔵庫に
クイックルワイパーが
立てかけてあって



ゴミの処理せずに



だいたい、この状態で
置いてあります・・・





「この状態で放って置くなら
最初から掃除機にすればいいんじゃ・・・」
思いますが・・・



そうは言っても
掃除をしてくれるだけ感謝ですからね



掃除機でゴミを吸って
後片付けをこっそり済ませます(笑)






なんて時に
ネット広告で見つけたのがこちら


ダスキンb


ダスキンのお試しセット
なんと4週間で500円です






モップは
クイックルワイパーで代用出来るとしても


ダスキンc


この
MuKuモップクリーナーってのが
あれば



ゴミがそのままって事は
無くなると思うので


早速お試しセットを注文しました





・ネットの内容と少し違いますが・・・




ダスキンは
代理店のシステムで


申し込んでも
宅急便で届くような事はなく


後日近くの代理店から
電話が来て
直接届けに来てくれます


その点は
ちょっと面倒かなぁと思いますが・・・




今回の4週間で
500円お試しセットは


ダスキンd


こちらの3点セットで






まずは
スタイルフロア ララという
モップですね


ダスキンe


リビングに置いておいても
大丈夫なくらいオシャレ感はあります






ダスキンf


吸着剤が付いていて
ホコリをめちゃ吸うと書いてありますが


コンパクトで細いとこも
掃除出来そうだし
割と便利っぽいです





そして今回
一番使いたかった
MuKuモップクリーナー


ダスキンg


下に触れると
ゴミを吸い込むという
置き型の掃除機みたいな感じです








最後に
すっきり除菌モップという


ダスキンh


ウエットの掃除アイテムですね


掃除機やクイックルワイパーだけだと
皮脂汚れとか全部取れないですからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



ちなみにネットだと
4週間で500円と書いてありましたが





代理店によって色々と違うみたいで



今回は4週間で500円ではなくて



期間は2週間だけど
料金はなんと無料という事でした






実は
お試しセットはもう1種類あって


ダスキンi



こちらだと
モップが2種類と
MuKuモップクリーナーなのですが




掃除機した後に




普段使っているウエットの
フローリングクリーナーで
濡らして拭き取ると


ダスキンk


結構黒いですからね・・・



クイックルワイパーと
掃除機だけでは
皮脂汚れは取れませんし・・・




なので
ウエット掃除の方にしました




届いたので
早速掃除していきます






・モップって凄いのかも




なかなかオシャレなモップですが
公式サイトを見ると


ダスキンL



結構な吸着力という事で
早速掃除をしますが




「なんで今までモップ使わなかったの?」って位に
モップだと楽ですね




吸着剤が付いてるモップって
もっと油っぽいと思いましたが
そんな事もありませんでした








床や階段は
クイックルワイパーでも同じですが


ダスキンm


エアコン掃除とか





ダスキンn


こういう掃除しにくい部分とか






ダスキンo


巾木の部分とか




クイックルワイパーや
掃除機だと



ガシガシ当たるので
掃除しにくかったり
傷を付けちゃったりしますけど
モップだとそういう事はありません



「そういえば
何でクイックルワイパー使ってるんだろう?」



考えたら


多分、ほとんどの人が
汚れたシートの
処理が簡単だからだと言う理由だと思います





モップだと
付いた汚れを取るのが大変ですし・・・





しかし、今回は


ダスキンp


このモップクリーナーで
モップ部分の汚れは取れますから
これは非常に便利な商品ですね









・除菌モップは微妙だった・・・



モップとクリーナーは


「値段によっては
本契約してもいいかなぁ」と思う位に
気に入りましたが



ちょっと残念なのは
除菌モップ・・・




濡れてるシートが
1枚だけ付属しているのですが


ダスキンq


「開封したら
すぐに使用して下さい」という事で



これだと
4週間レンタルとは言っても
1回しか使えませんね・・・



しかも18畳くらいというので



我が家はカーペットとか
フロアタイルが多めなので
足りますけど



普通の家庭だと
ちょっと足りないんじゃないかと思います




なので普段の掃除は
いつも使っている


ダスキンr


こちらのウエットクリーナーの方が
いいかなぁと思います




4週間レンタルなのに
1回使い切りだと使いにくいですからね






・本契約するかどうか悩む



今回は初回お試しという事で



通常は3点を4週間レンタルで500円と
非常にお得な金額ですし



私が申込みした代理店だと2週間無料と
1円もかかっていませんが




本契約となると
4週間で2,000円かかりますから



1年で24,000円ですね




ちょっと計算すると




モップは
これが1,500円






モップクリーナーは
これが10,000円



ウエットシートは500円もあれば買えますから
全部で12,000円くらいなので



レンタル代金半年で
ダスキンの方が高くなりますが



商品は
なかなか良かったので



・モップとクリーナーを
 他で買うか


・ダスキンでレンタルするかは
 もう少し使ってから考えます



どちらにしても
これで500円のお試しは
かなりお得かなって思いました




ただ、納品も回収も
ダスキンの人が来るので




断りにくい性格の人だと
大変かもしれません




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年03月29日







ブログのコメントや
ツイッターなどで



吹き付け断熱の
解体時の費用などの質問を
何件か問い合わせを頂きまして



家を建てる段階で
解体の事を考えるなんて素晴らしいですね




私の場合
会社に自宅の解体なんて相談したら
「一人でやれ」って言われそうですが(笑)



という事で
相談内容の



・吹き付け断熱した際の
 解体費用や


・解体業者からお断りされる件に
 回答します






・まずはネット上にある色々と間違った認識について




最初に回答から言うと



吹き付け断熱した場合の
建物を解体した場合に


①高くなる

②変わらない

③そもそもお断り


この3パターンがあると思います




そして、私の会社は②の
変わらないです





私の会社は

・解体業と

・廃棄物処分業の両方をしています



解体してその廃棄物を処理するまでを
しますが



~簡単に流れを書くと~




建物の解体ってのは
最終的に更地にしますから



まずは建物を壊して


解体a






解体して出た廃棄物を
処分場に運搬して


解体b


廃棄物処理場で処分



これが解体工事でかかる費用です




古い解体するような戸建て住宅で
吹き付け断熱を使っている家は
まだありませんけど



ビルなどでは
昔からある工法なので
そういう建物も解体します





古い家の解体以外にも



新しい家の廃材


解体c


石膏ボードや
サイディング、木材などの余りですね




これらを新築現場に
コンテナを置いて



それを回収して処分しています




という事で
使ったアクアフォームも回収しますが



前にアクアフォームの余りを貰って
実験しましたけど







私が喜んでいるのを見て
もっといっぱいくれました(笑)

解体d

(大量のアクアフォームの余りです)



すぐ縮むとか液状化するとか
書いてるブログもありますが


実際に見ると
そんな事はありません




もちろん公式でも
案内してます


解体k




しかし吹き付け断熱は
解体する場合は
木材に付着していて



これが強力な接着力なので
綺麗に取れません




解体e


その分
住んでいる時は
気密性に優れているのですが



解体する時は
接着してて剥がれないので



吹き付け断熱と
木材を綺麗に分ける事は出来ません・・・




なので
業者によっては


「解体費用が高くなったりする」
書いているブログも多いんですけど




色々と見てみると
吹き付け断熱否定派の営業さんの話だったり



工務店さんの話だったりしますが



実際の解体屋さんの
記事って全然無いんですね(笑)







・何故解体費用が上がる場合が出てくるか




ぶっちゃけ
解体するだけなら手間は変わりません




解体f


重機で

・グラスウールだろうと

・吹き付け断熱だろうと



どちらも簡単に壊れますから



解体出来ないなんて事は
絶対にありませんが



この後の
廃棄物の処理によって
金額が上がります





まず
木材だけでしたら


解体g


こちらは私の会社の
木くず置き場です




この後の処理は
機械にかけて
木材をチップにして


木製品の業者へ買い取られます





一方で
吹き付け断熱が付いた木材は
木材チップに出来ませんから


解体h


焼却炉で燃やします



・燃やす可燃ゴミと

・木屑の処分料の差は



木屑の方が
処分料が安いのですが



うちの会社だと
キロあたり10円違うので


1トンあたり10,000円の差になります



だいたい戸建ての木材が
10トンとすると
処分費用で10万円変わりますね





これだけだと吹き付け断熱の方が
高くなりそうですが


解体i


その分グラスウールの
処分料がかかりません



こちらは燃やさないので
破砕した後に


埋め立てしないといけませんから
これが非常に高額です



私の会社では
こちらは1m3あたり20,000円の
処分料を頂きます



なので
トータルとして
解体費用は
どちらも変わりません










・解体費用が高くなるパターン



うちの会社は
解体から処分までを
全部行いますが



通常、解体屋さんは
解体して



他の廃棄物中間処理場に
ゴミを運びます





その中間処理場が
焼却施設があって
吹き付け断熱が付いた木材は
燃やせるなら


費用は変わらないと思いますが





解体業者が
廃棄物を持っていく処分場に


焼却施設が無い場合ですね


実際に
焼却施設なんて
そこそこ大きな
処理場じゃないとありませんし



中には
木材以外は受け付けない



木材専門の処分場ってのもあります


解体j


色々と処分場によって
持っている許可が違います



そういう木材専門の
処理場を使っている
解体屋さんは



・木材は木材の処理場へ

・瓦やガラスなどは別の処理場へと
 運ぶのですが



今まで木材の処分場に
持って行った物が


吹き付け断熱が付着してると
受入出来ない場合



他の処分場へ行く必要がるので
その場合は費用が若干は
上がる可能性がありますね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



なかなか
解体業者すら
一般の方には縁のない業界で


まして
廃棄物の処理場なんて
気にしないと思いますが





こちらから
焼却施設の有無や


どのような廃棄物が
処理出来るか
全て分かりますので




少なくても全ての
解体業者で

・お断りされるとか

・凄い高額になるとか


そんな事はありませんので
安心して下さい




昔の家など
もっとめんどくさい



木材に石膏ボードやモルタルが
付着して取れない廃棄物も出ますので



それに比べたら
どちらも燃える
木材と吹き付け断熱なんて
ずっと簡単に処理出来ます




ちなみに
「木材は再利用するからエコ」って
言う人も多いですけど


焼却物も燃え殻を
路盤材として再利用しますので


どちらもリサイクルしています



グラスウールは埋め立てですから
再利用=エコって観点なら



吹き付け断熱の方が
グラスウールよりエコです









2021年03月26日








現場の大工さんが
「樹脂サッシは納まりが悪い」とか
「前垂れする」って言いますけど



正しい施工をすれば
そんなすぐには
前垂れしないとは思いますが



最近のサッシは
前垂れ防止の為に


非常に幅が広くなっています




昔のアルミ窓デュオPGと
サーモスLの比較


前垂れa



・デュオPGは躯体掛かり27mm

・サーモスLは36mmです



同じペアガラスでも


アルミ樹脂は
前垂れ防止の為に
幅が広くなってますね



いくら半分はアルミと言っても
やはり半分は樹脂ですから
強度という面ではオールアルミに勝てません




実際に引き違い窓って
どう設置するのか
納まり図を見ると


前垂れb


こんな感じですね



半分は家の中で
半分は外に出るので


「半外付」と言うんですが


外に出てる方にも
ガラスがありますね


今のガラスは
ペアやトリプルと非常に重いです



サッシ屋さんとか
解体屋さんなら分かりますが



多分、見た目で想像するよりも
ガラスってずっと重いです・・・



さらにアルミに比べると
強度が無い樹脂だと
同じ厚さでは耐えれませんから



凄い肉厚に作りますので
余計に重くなります





ちなみに
うちの会社には
廃棄物マニュアルがありますが


前垂れL


樹脂サッシも補強の為に
中には鉄芯という
金属の補強材使ってます




なので肉厚に作り
金属で補強しますので
余計に重くなります


「金属じゃ結露するじゃん」って
人もいますけど



トリプルの引き違い窓とか
150kgにもなりますからね・・・




それだけの重量を
支えないとなりません


・・・・・
・・・・
・・・
・・



そして耐えれなくなると
「前垂れ」と言って


文字通り前に垂れますから


そうなると経年劣化で
少しづつ気密性能が落ちるんですね



まあ前垂れ以外にも
そもそもちゃんと施工しないと
気密が落ちますし


そこから
隙間風が入りますから



・樹脂だと結露しないとか

・樹脂でも結露したとか


色々ありますが


そもそも正しい施工しているのか
確認が必要です




そうは言っても
パッと見では
ちゃんとしてるかどうかも
分かりにくいのですが・・・



まあ私が見ても良く分からないのですが
義父が大工ですから
その点は非常に助かりました




前垂れや隙間以外にも
気になる方は


前垂れc


上下左右
水平を取ってみて下さい


こちらはエルスターXみたいなので
これも非常に重いですね









ドイツとか向こうは
そもそも引き違い窓も少ないのですが


前垂れd


半外付は
ほとんどないので


外壁とか仕上げが乾式に変わったとか
色々ありますが


一番の理由は雨の多さですかね


半分外ですから雨仕舞が非常によくて
日本には向いてると思います



逆に言えば軒で雨を対処出来るなら
半外付じゃなくてもいいですね


長らくAPW430に
日本で一番売れる引き違い窓が
なかなか出なかったのも



重すぎて
単純に出せないから出なかったと思います








・ちょっと今のトリプル仕様は重すぎる




こちらは我が家で使ってる
サーモスⅡ-h


前垂れe



枠出幅52mmで
躯体掛かりが36mmですね



ちなみにトリプルガラス仕様はありませんので
全てペアガラスです



ちゃんとwebサイトにも
「前垂れを抑制します」と書いてますね






こちらはアルミ樹脂の
サーモスXのトリプルガラス仕様

前垂れf


トリプルなので
当然サーモスⅡ-Hよりも
重いですが


枠出幅はトリプルなので
62mmになりますが
躯体掛かりは36mmと変わりません



性能差は置いといても
アルミの頑丈さという
メリットはここで出ます






こちらは樹脂窓でトリプルガラスの
エルスターX

前垂れg


引き違いの断面図が
見つかりませんでしたが


こちらは枠出幅はサーモスXと同じですが
引き違い窓は躯体掛かりが57.5mmまで広がります


おそらく枠出幅も広がります





こちらはYKKの樹脂トリプル
APW430


前垂れh


先ほどのエルスターと同じですが


こちらは枠出幅は
エルスターXより広い65mmですが
躯体掛かりは50mmと狭いですね





引き違いの2枚窓は
もっと凄くて



これはAPW430の引き違いですが


前垂れi



枠出幅は80mmです



これだけ重い物が
半外付ってのも凄いですね



なので内側で固定しますが
樹脂サッシはもちろん
アルミ樹脂も内側は樹脂ですからね



アルミに比べて
固定もシビアです



インパクトでガリガリしたら
樹脂なので
パキーンと割れちゃいますしね・・・



ここで問題なのが
正しい施工です



なんか世間だと
アルミでも樹脂でも


耐久性の違いってのは
色が褪色するとか


素材そのものの
耐久性ばかりなのですが


サッシってのは
本来ガラスを支えるもので



そして家にハメ込んで
隙間なく使う商品なので


前垂れも含めた
家との耐久性ですね


そう考えると当然ですが
アルミの方が強いです



あんなに軽くて強い
しかも加工しやすいなんて
商品はそうそうありません


ただ絶望的に
熱伝導率がいいので(笑)


暑い、寒いの原因に
なってしまうのですが



もちろんアルミだから
前垂れしないのか
ずっと長持ちするかって言うと
そんな事もないですが


まずは正しい丁寧な施工ですね


どんなに優秀な窓でも
結局は職人さんがネジ止めするだけですから



いつも言う
「ローコストの職人さんの腕ってどうなの?」
問題が出ます



まあ、ローコストじゃなくても
今の進化に付いていけない大工さんや


腕のイマイチな方は
どこにでもいます




こちらは掲示板で見つけた
納まりがイマイチな例・・・


前垂れn


なんと営業さんから
「樹脂だとしょうがない」
とんでもない事を言われております・・・



10年以上前から
樹脂のトリプル使ってますなんて
工務店さんなら
当然意識もあるので大丈夫だと思いますが



そうじゃない大工さんも
多数いますからね・・・



やる気と知識があって
比較的小規模で現場まで目が届く
工務店さんの経営者には
意味が、分からないでしょうが


ひどい現場って結構あります



それでも
素晴らしい工務店>>ハウスメーカー>>ひどい工務店って位に



工務店の
ひどいとこはガチでやばい感じが
現場から伝わってきますが・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・



新築の時は平気で
気密測定までしたけど問題は出なくても


5年~10年で
隙間が出来たなんて言ったら


せっかくの高い窓も
意味が無いですからね・・・




しかも、目視で分かるレベルならともかく
普通に見ても分からない位なら



保証も出ないし

「これは仕方ない」

「どの家でも出ます」

「木材の収縮です」
とかで
終わっちゃう可能性もあります・・・




よく、古い家は
「アルミのシングルなので寒い」って意見多いですけど



もちろん性能も悪いんですが
経年劣化でかなり隙間があるからって
原因も結構あると思います





・正しい施工をすれば問題なし



いたずらに不安を煽るは大嫌いですし



未だに樹脂は納まりがなんて言う大工さんは
正直時代遅れだと思いますし



たしかに強度的には


①アルミ
②アルミ樹脂
③樹脂で


これは施工のしやすさも
この順番です




しかしメーカーは
今はサッシと窓を一体化して
納品しますけど


この状態では30年はどんな
商品でも平気ですが



実際に家に取り付けする
作業でイマイチな施工をすると
10年で劣化とかですね


ちゃんとした施工が出来てないと
家に負担が掛かりますし


強度と重さを考えても
一番劣化しやすいのは樹脂で
しかもトリプルですから



施工の大事さってのは
素材を「あーだこーだ」言うより
よっぽど重要です



ぶっちゃけ
結露するとかしないとか


そういうの書いているブログで
「そりゃ商品の問題じゃなくて施工の問題じゃない?」って
家もありますし


とにかくちゃんとした施工が
一番大事な事で


いまさらアルミ使えってわけではありません(笑)



私がアルミ樹脂なのは
前垂れとか施工の問題じゃなくて
単に金が無かっただけですから(笑)



そして今もお金は余裕ないですが


それでも夏も冬も快適なので
「この判断は間違って無かった」と思いますけど


多分建物本体価格で2,000万円出せる
余裕があったら樹脂にしたと思います



ただ、施工とか前垂れとか
将来の隙間が心配とかで


それほど寒い地域でもなく
断熱に余裕があるなら


トリプルじゃなくて
ダブルを選ぶ選択も
特にローコスト住宅には
あってもいいのかなぁと思いますが



少なくとも
メンテナンス代は
我が家の方がサッシに関しては掛かりません







こちらは超高性能住宅を作る工務店さん


4年前の記事ですから
樹脂が一般的に普及しだした頃ですね


やはり前垂れの心配をしてますが
もちろん樹脂サッシを勧めていますし



私だって
断熱性重視って言われたら
100%樹脂を勧めます



フレームが細いのがいいって言われたら
サーモスXしかありませんし




もうちょっと予算出せるなら


前垂れj


アルミ樹脂の最高峰LWもあります



ただ、高性能だけど
施工も難しく


ちゃんとした知識と腕が無いと
せっかくの商品も
意味が無くなるってのは
知ってほしいですね



なんか世間では
「樹脂じゃないとダメ」だの
「アルミ樹脂でも大丈夫」だの
色々と言い合ってますが





皆さん商品だけを見て
実際にどう施工するかとか
一切無視してるので


前垂れk


サッシってこう使うものじゃないので(笑)


特に今では
ローコストでも樹脂トリプル使いますからね
一応注意点として書きましたが



正直なところ
こういう記事は
施主さんには知って欲しいんですけど


営業さんには
知ってほしくないんですよね(笑)










・これを言い訳にする営業さんはダメだと思う



世の中
会社の事情や方針で
色々な製品を勧められます



利益率の問題とか
様々な事情もあるのですが


結構ツイッター見てると
「樹脂サッシは劣化するので
やめた方がいい」って言われる事例があって



サッシ自体は




過去記事にも書きましたが
恐らく問題はないと思います




今回の記事も
対策というか前垂れや隙間だけなら


一番はアルミのシングル窓なんです(笑)



まあ昔の窓は
商品自体に気密性ないので
最初から隙間ありますけどね・・・




そうは言っても寒いし暑いので
みなさん高性能サッシを使うのですが


メーカーだって
ちゃんと施工すれば問題ない商品を
発売してるので


「樹脂サッシは将来隙間が出ます」なんて
営業さんに言われたら




「それは施工の問題ですよね」
言い返せる知識はあってもいいと思いますし(笑)




「樹脂サッシは劣化します」
なんて言ってきたら



「北海道とかとっくに昔から
樹脂ですけど、そんな話聞きませんよね」

くらいは言っておきましょう


・・・・・
・・・・
・・・
・・



例えば私が
住宅営業になって



明日から樹脂のみ売れって言われれば
アルミ樹脂のダメなとこなんて
いくらでも言えますし


逆にアルミ樹脂だけ売れって
言われたら
逆に樹脂の欠点も色々言います(笑)





何度も言いますけど
私がサーモスⅡ-Hなのは


前垂れとか隙間とか関係なく
「金が無い」だけですから・・・



そもそもお金あったら
樹脂じゃなくて
サーモスXにしてますけどね


細いフレームのが好きなので


・・・・・
・・・・
・・・
・・



後、地震の場合は
本当にデータないので
余りに重い半外付サッシがどうなるのか
分かりません・・・



樹脂サッシ先進国には

・地震も無ければ

・半外付の引き違い窓も無いですからね



まあ、窓に限らず
何でも正しい施工ってのは
大事ですけど


皆さん断熱材の施工だけは
熱心に見るのですが


他は割と気にしてないので



・何でもトリプル

・何でも樹脂ってのは


将来のメンテナンス費や
補修費用が上がる可能性がありますから


このようなデメリットもあるってのは
知っておいて損はないと思います




これを見て
社内的にアルミ樹脂しか
勧められない営業さんが


「樹脂はすぐ隙間が出ます」とか

「樹脂サッシも中に金属使ってます」とか

言わなきゃいいですし(笑)



「樹脂じゃなきゃダメ」って人は
我が家みたいな廉価版のサーモスⅡ-Hはともかく



サーモスXやLWなんかの
高性能窓まで
否定するのもやめて欲しいですけどね



後は私みたいな貧乏人には
これしか選べないという事情もあります(笑)



そうは言っても
実際に住んでて本当に快適なんですけどね



ただ、それは窓だけで
どうにかなる物じゃありませんし



せっかく色々と知識を詰め込みたいなら
やはり家ってのは最終的に組み立てて家ですから


施工の大事さを重視して欲しいです





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村





2021年03月24日







前回記事で
家電量販店に行ったら



凄いお得な冷蔵庫を見つけて
買おうと思った
東芝のGR-S550FZ


冷蔵庫a


採寸とか考える時間も必要なので
取り置きをしてもらって



サイズも値段も
問題無かったので


次の休みに買いにいったのですが
結局キャンセルして
違う機種を買うという事態になりました




https://reogress.net/archives/28441178.html






・一応他店も見に行く



東芝のGR-S550FZが
税込み151,800円と
かなりお得な金額だったので


「まあこれ以上安い店は無いかなぁ」
思いましたが



取り置きしてあるお店に
行く前に


「一応他も見てみよう」
何軒か見に行きます



家族で電気店巡りは
楽しいですからね



近所の大型家電量販店は


冷蔵庫2p


5km圏内だけでも


・ヤマダデンキ2軒
・コジマ電気2軒
・ノジマ2軒
・ケーズデンキ1軒




さらに来月は
ヨドバシカメラ
山梨に初上陸するので
各店舗頑張りどころですね





まずはエアコンなどを買った
ケーズ電気へ

冷蔵庫2a


特にお得な商品は無し・・・






次にヤマダデンキへ


冷蔵庫2b


レオハウスは
今はヤマダホームズ傘下ですから
ここは頑張って欲しいですが


こちらも何も無くて



取り置きをしてもらってるのは
コジマ電気ですが



取り置きしている
コジマ電気以外に




もう一軒コジマ電気があるので
行ってみたら


冷蔵庫2c


三菱の600リットルが
驚きの
税込み168,000円です



なんか
甲府市内では
コジマ電気が今はアツイですね(笑)



取り置きしてる東芝のは
151,800円とさらに安いですが
550リットルですからね



しかも評判がいい三菱ですから



同じ値段だったら
日立か三菱を選びたいです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


コジマにいた
応援販売員が日立の方で


私も兄がずっと日立製作所勤務ですから
色々と盛り上がったんですが



「まあ日立か三菱選んどけば
間違いないよ」って言われますね



この2メーカーは
高い機種は国産ですし・・・




まあ、同じコジマですからね
とりあえず取り置きしてる
東芝のはキャンセルしようと




もう一軒のコジマ電気に行ってみると
驚愕の機種が・・・


冷蔵庫2d


日立の600リットルが
税込み158,000円・・・



同じ600リットルで

・日立は158,000円
・三菱は168,000円



比べると
東芝の151,800円が
最安値ですが



550リットルで
余り評判が良くない
東芝はキャンセルです


冷蔵庫L


「さようなら東芝・・・
USBポート使いたかったよ(笑)」



さて、もう一軒の
コジマ電気で三菱の600リットルを
取り置きしてますので



どちらかを買わないといけません





・結局日立 VS 三菱です



検討している2機種ですね
まずは168,000円の三菱


冷蔵庫2e


MR-WX60Fですね


WXなので
三菱の最上位グレードです




一方の日立は


冷蔵庫2f


R-HW60N


こちらも一番人気な
HWシリーズですね



この上にKXもありますが
野菜室と冷凍室の場所を
切り替え出来るだけで



後の機能は変わりません



省エネ率は
やや三菱ですが
ほぼ変わりませんね・・・



同じコジマ電気ですけど
店員さんいわく



「向こうのコジマと
余り仲は良くない」
という事で(笑)



三菱を取り置きしている
コジマに戻って



「さっき東芝のはキャンセルしたんですけど
日立の600リットルで158,00円がありまして」と話をしたら




「164,000円で
リサイクル料全て込みにします」という事で



今使っている冷蔵庫の
リサイクル料4,730円と
収集運搬料1,650円がサービスなので



・日立ならリサイクル含めて
 総額で164,380円



・三菱なら全てコミコミなので
 総額で164,000円と


380円安くなりました(笑)



前回の東芝と違って
この2機種なら
オススメポイントはたくさんあります



・まずはこの2機種は
 安心の国内生産


三菱、日立、パナソニックの3社は
400リットルより上は
国内生産ですね



東芝はちょっと
やらかしちゃったので(笑)



名前こそ東芝ですが
実質は中国企業ですね




・そして
 野菜室が下なので



水を入れる位置から
自動製氷までの距離が近いので
壊れにくいですね



そうは言っても
我が家の日立のは
10年目で自動製氷壊れましたが



・2段目が氷ですから
 野菜室より氷のが使いますし


・何しろ氷を入れるのに
 かがまなくてすみます





そして三菱の売りは

冷蔵庫2g


製氷機関係が
全部洗える事ですね



担当してくれたので
日立の応援販売員さんでしたが


「これは三菱の特許なので
悔しいですが素晴らしいです」って事でした





日立も素晴らしいのは
今も日立なので分かりますが


冷蔵庫2h



棚が真ん中で取れるので
簡単に深い鍋が入ります





後は


冷蔵庫2i


冷蔵庫全体が
チルドルームなので
食材が長持ちします





一方の三菱は

冷蔵庫2j


氷点下ストッカーですね



マイナス2℃で
凍らないけど冷凍が出来るので
解凍の手間なく長期保管が出来たりと



まあこの2メーカーは
どちらもちょっと他社より
性能は抜けてる印象ですね





・今回は三菱電機にしました



兄の影響で
我が家の家電は
ほぼ日立


今回も同じ性能に
同じ値段なので
普通なら日立ですが




今回は三菱にしました


冷蔵庫2L


何も言ってないのに
さらに1,000円引いてくれて


リサイクル料込みの総額が
税込み163,000円でした



性能も同じ
値段も同じですが



一番の
決め手は色ですね(笑)



展示品ですから色が選べませんけど



日立はシャンパンゴールドとかいう色で




三菱は


冷蔵庫2o


クリスタルホワイトという
木目っぽい白なんですね



これが
我が家のキッチンと
カップボードとほぼ同じですから




今回は三菱にしました


冷蔵庫2m


今はシャンパンゴールドですけど
この並びなので
絶対に木目調な
白色の三菱のがいいんですよね




というか日立の見つけても
私は正直余り悩まずに


キッチンの色も私が決めた位なので
最初から三菱だったんですけどね(笑)



妻も
「自動製氷が全部洗えるのがいい」って事で




なにしろ
今の冷蔵庫も
自動製氷が壊れてますからね



真ん中が野菜室で
ポンプが長い東芝はまず却下になって


冷蔵庫2n


構造が単純だし
全部洗える三菱になりました










・冷蔵庫は壊れる前に買おう




今回は展示品限りの
型落ち品なので爆安ですが



元々、1年半前に
自動製氷機が壊れてから
「お得な商品があったら買おう」
思っていて



何回かは
型落ち品やお得な商品を見ても


「そこまでお得じゃない」
スルーしていました


田舎民にとって
大型の家電量販店は
デートスポットなので(笑)


結構冷蔵庫も見てましたが


今回は即決レベルの
お買い得でしたけど


これは冷蔵庫が壊れてないから
出来る事で


まあ、自動製氷は壊れていましたが(笑)



妻も
「壊れてから買ったら
お買い得な商品とか探せないから」



いつも見てるので
これ以上お買い得商品は無いと思ったのか
即決まりました



・これが洗濯機なら
 近所にコインランドリーがあれば
 対応出来ますし


・掃除機ならクイックルワイパーで


・炊飯器なら麺を食べるとか
 土鍋とか出来ますけど


冷蔵庫は1日でも無いと大変ですね





冷蔵庫以外だと無いと大変なのは


冷蔵庫q


エアコン位でしょうか



冷蔵庫と違い
使わない時期も多いですけど


壊れているのが
判明するのは使ってる時期でしょうし



冷蔵庫は商品が届く時に
前に使っている中身を
使わないといけませんから



壊れる前に買い替えなら
納品日も余裕持てますし



10年過ぎたら
買い替えの準備として
色々と家電屋さんを見てた方がいいと思います



また冷蔵庫が納品されたら
記事を書きたいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング
















PVアクセスランキング にほんブログ村










2021年03月22日








家族で近所の
家電量販店に行くと


冷蔵庫a


「なんか凄い安い・・・」



東芝の最上位機種で
容量も551リットルと大きい
GR-S550FZです



展示品とは言え
随分安いですね




とりあえず
価格コムを開くと


冷蔵庫b


最安値より30,000円以上安い・・・



しかも
ネットと違い


・配送料無料で

・10年保証込みなので激安です






一応他店を覗くと


冷蔵庫c


こちらも展示品ですが


容量が50リットル少ない
501リットルで
こちらのが17,000円高いですね・・・



実際、余りに安いので
ツイートしたら
家電量販店の店員さんですら
凄い安いと言ってました





元々去年に



https://reogress.net/archives/19879421.html



自動製氷機が壊れてしまったので
そのうち買い換えようとは思っていたのですが



他の部分は元気に動いていたので
余り考えていませんでしたが



これはお得ですから
即購入を考えます



地方の家電量販店だと
価格コムより安い商品って
余り無いですからね



そうは言っても
新商品のジュースみたいに
気軽に買えませんから



採寸とか他社メーカーも
検討したいので数日だけ
取り置きをお願いしました


・・・・・
・・・・
・・・
・・


今の冷蔵庫は415リットルで
正直子供2人もいると小さいですし


・こちらを購入したのが2009年

・ちなみに妻と結婚したのが2011年


これは
前の彼女と同棲する時に
一緒に買った冷蔵庫なので



妻から
「買い換えたい」と言われると



断れない事情があります(笑)







・高い機種と安い機種で電気代が違うけど元は取れない・・・




この機種は
東芝では一番高い機種なので
省エネ性能もかなりよくて


冷蔵庫d


・省エネ達成率 120%
・年間消費電力が243kwで
・金額だと年間6,561円






同じ大きさで
安い機種だと


冷蔵庫e


同じ551リットルの安い機種
GR-S550FKですが

・省エネ達成率 100%
・年間消費電力が294kwで
・金額だと年間7,938円



電気代の差が年間1,377円で


今回の我が家みたいに
11年間使うと差が15,147円
光熱費が変わりますが



仮に本体価格が2万円も差があれば
他の機能は同じなら
高い機種の方が損しますね・・・




価格コムを見ると


冷蔵庫f



・安い方の機種は169,200円

・高い方は184,800円なので



本体代金は
15,600円差ですから



12年間使わないと
省エネだけでは
元が取れませんね・・・



なので
お金の事だけなら



他の機能も色々違いますが
電気代だけで元が取れるとしたら
15,000円差までですね




まあ今回は
一番高い機種のみに
「これは欲しい」機能があって


冷蔵庫g


静電気で反応するので
触れるだけで開く
タッチオープン機能です



これは店頭で試しましたが
非常に便利でカッコいいです



まあ冷蔵庫なんて
要は「冷やす」機械ですから
何でもいいんですけどね





これがエアコンの場合は






色々と今の家に合った
エアコン選びが必要ですが




そもそも
この値段だと


安い機種の最安値よりも
さらに安いので



「色々機能を見極めて」とか
「日立がいいなぁ」とか


そんな事言ってる場合じゃない
お買い得商品です







・今使っている冷蔵庫との電気代の差は凄い



最新機種の高いのと安いのでは
年間1,500円程度の差ですが



我が家が今使っている11年前の
冷蔵庫と比較するとやはり凄い差ですね



今回購入する機種の
年間消費電力は243kwで



今使っている冷蔵庫を見ると


冷蔵庫h


年間消費電力は280kwと
ほとんど差がないように見えますが





冷蔵庫i


2015年より消費電力と
容量の表記に変更があって





冷蔵庫j


このように厳しくなりました





ちなみに容量の計算も変更されて


冷蔵庫k


今は本当に中身の容量ですが
昔は使えない部分も入っていたみたいなので




我が家の420リットルは
実際には400リットル位でしょうか・・・



2006年と2015年に
消費電力の計算が変わって
どんどん厳しくなっていて



当時の280kwは
今の計算に直すと
420kw位になるそうなので





電気代は27円で計算しますから


・今回買う予定の機種は243kwなので
 年間6,561円


・今使っている機種は
 420kwなので11,340円



1年間で5,000円もの差が出ます




さらに今回の機種は
容量が大きいですから



・大きさは4割も広くなって

・電気代は5,000円下がるんですから



同じ容量の買い替えだったら
10年前の機種とでは
1万円近く差が出ますね







・GR-S550FZのここが素晴らしい?


我が家の家電は
35年間日立製作所勤務な兄がいますので


ほとんど日立製で(笑)



実際エアコンと同じで
冷蔵庫も日立と
三菱の評判がいいみたいですが


タッチオープンは
魅力的です




後は
どうやっても使い道が無さそうな

冷蔵庫L



USBポート・・・



東芝の冷蔵庫使っている方で
このUSBポートを有効利用してる人がいたら
是非教えて欲しいですが(笑)




後は


冷蔵庫m



こちらも余り使えなそうな
ネット対応で


食材管理とかレシピが出る機能・・・



「そもそもこのイラスト
USBポート使ってないじゃん」
冷静に突っ込みしちゃいますが




まあ、見た目はいいです(笑)


冷蔵庫n


木目調だし
ガラスコーティングで高級感ありますし





というかぶっちゃけ値段ですね(笑)




正直なところ
日立か三菱が性能的にいいのですが
この値段はそうそうありません






こちらは
家電量販店で働いている
一条工務店の施主さんですが





https://twitter.com/choco_ichi_home/status/1371697817077510146




やはり日立か三菱が
オススメみたいですけど
この値段はかなりお得みたいです




この機種は


冷蔵庫o


東芝は4月に新機種が出るので
ちょうど投げ売りでお買い得でした



一応真ん中野菜室が評判なのと



その野菜室が


冷蔵庫p


ずっと湿度を保つみたいで


我が家は妻の田舎から
凄い量の野菜が届きますので


その辺は期待してます











・次回、驚愕の展開が・・・




採寸とか一応考える期間が
欲しかったので




取り置きをして
次の休みに買いに行きましたが




なんと
この冷蔵庫をキャンセルする
とんでもない展開になりました(笑)



という事で
次回に続きます・・・






https://reogress.net/archives/28476216.html




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















PVアクセスランキング にほんブログ村