2018年07月25日



ここの所、余りに暑いので

憧れだった
「庭でプール」を楽しみました




プールa

まだまだ外構工事をしていない所も
多いのですが



人工芝とラティスがあるので
ここにビニールプールを設置します







・2歳と0歳向けプール


ビニールプールですが
種類が色々あって最近は

プールb

こういうスベリ台付きなども
多いですが


2歳と0歳なので


こういったプールはまだ危険なので
来年以降に買うとして


今回は普通のプールでいいかなと
思っていましたが


ドンキホーテの広告に

プールc

空気入れ不用のプールで
大きさも150cmサイズが


なんと780円で売っていました


来年いい奴を買う(予定)ので
今回は一番安いこちらを購入



空気入れ不用なので
ポンプも必要なく


説明書には
下にレジャーシートなどを
敷かないと穴があきますと書いてありますが


人工芝の上なので
「要らないかな」と思い


出費は780円だけですみました





・ちょっとしょぼい・・・


プールd


空気を入れなくて
150cmもあるのに

「箱が小さい気が・・・」



裏の説明書を読むと

プールe

水を入れないと
壁が立たないから


最初は人が支えてという事ですが・・・



プールf

とりあえず3~4cmほど
水を入れたら壁が全部立ったので


このまま放置して水を入れていきます






・完成しましたが・・・やはりジョボイ



多分水を全部入れれば
ちゃんと壁が立つと思いますが


2歳児でも全部入れたら
割と深いので
(深さ25cmもあります)


半分ほどの量ですが

プールi

壁がヨレヨレです


子供はそんな事は関係なく
喜んでるのでいいですが


特にお兄ちゃんは
保育園でプールの時間があるので


家でもプールが入れると
大喜びです



プールh

壁の部分を触ったり
よりかかると


水が溢れるので


780円だなぁって感じです


小さくたためるし
空気入れない楽さはありますが



アマゾンの評価も低くて


1回で穴があいて
空気入れないから
どこから漏れてるか分からない・・・


買った時の折り目が残って
うまく壁にならない


などなど低評価が多いですが


広告の品780円なので
この値段なら割と満足です


amazonだと1,700円ですが






・庭にプールを置いて分かったこと


住宅ブログなので

私と同じように


「家を建てて庭で子供をプールで遊ばせたい」と思って


計画中や建設中の人も多いと思いますが


当たり前ですが

大人は入れないので
凄い暑いです


プール終わってすぐに

来週サンシェードを買いに行こうって
思ったので


暑さ対策してから
プール出した方がいいです



それでも子供は喜びますから

プールで楽しんだり
花火した時は


家建てて良かったなぁって思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年07月23日


先週

庭にある
エアコンの室外機

子供が指を入れないように
DIYでベンチを置きましたが


詳細は過去記事




これで遊んでいても
室外機に指が入らないので
安全なのですが

タイルa

何か寂しいというか
ベンチが浮いてます・・・





タイルb

こちらが施工前ですが
こちらのがしっくりきます



色々考えると

芝にベンチという
割とオシャレな感じが

タイルc

ここの
コンクリートに
「全然合わない」ので


バランスが悪い感じです


元々コンクリートなので

・水撒いてもすぐに暑くなるし

・子供が転ぶと危険だし

どうにかしたかったので

パネルを貼って
隠そうと思います






・またホームセンターへ


いつもの
ホームセンターは

ケーヨーD2なのですが


今回は
カインズホームに行きました
(こっちの方が大きい店舗です)


使えそうなものが
こんな感じで

タイルd


・人工芝
・樹脂木
・タイル


この3種類売ってますが


人工芝の隣に
人工芝もおかしいし

タイルは子供が転んだ時に
危ないので


樹脂木の
ジョイントパネルにします



タイルe

奥行きが45cmなので


タイルf

ここに置いてある商品は
全部30cm×30cmですが

この樹脂木パネルなら

半分で切れる形なので
45cmの施工も楽です



タイルg

6枚セットを2つ購入しました

1つ3,580円なので
合計で7,160円のお買い物です





・作業開始です


開封したら
いきなりのトラブルですが


タイルh

同じ商品、同じカラーを
購入したのに


微妙に色が違います

製造時期が違うのでしょうか?


まあ同じ数を購入したので
交互に敷いていけば
いいかなぁと思い


このまま作業をすすめます



タイルi

作業といっても
パネルをはめていくだけなので

簡単ですが


半分に切らないと
いけない部分は


このパネルは
本来半分に切れるように
出来てないので

タイルj

このように普通に切ると
「バリ」が残るので

ニッパーと
サンドペーパーで

見える部分は削ります


これも割と手間ですが


さらに縦も最後は
20cm位余るので


タイルk

縦にノコギリで
切断します


最後は
エアコン室外機の下に
入るので

多少ズレでも大丈夫なので
割と適当です





・完成しました


コンクリート部分全部に

ジョイントウッドパネルを
敷いたのが

こちらです

タイルl

ベンチとも合っているし


茶色のサイディングとも
うまくマッチした気がします


今まで茶色い方の
サイディングは

「ちょっと濃すぎた」かなぁと
思っていたのですが

今回のベンチと
ジョイントウッドのおかげで

かなり良くなりました



元々が

タイルb


この状態で



そこからベンチを置いて

タイルa

この状態で


さらに

タイルl

こうなったので
かなりオシャレな庭になりました


樹脂木なので
腐らないし


子供が転んでも
コンクリートよりは安全だし


コンクリートほど
熱くならないし


まだ2歳なので
子供は難しいですが


大人は窓から庭に
出れるようになりました


2018年07月09日


我が家の庭に
置いてある

エアコンの室外機です

室外機a


暑くなって
エアコンもずっと動いているので



子供が2歳になって
かなり早く動けるように
なりましたが


まだ
危険な物の区別が分かってないので


このままでは
庭で遊ぶ時に危険なので
対策しないといけません



目は結構細かくて
大人の指は入らないと思いますが


子供の指だと入りそうです



どのメーカーも
もっと細かくしてくれればいいのですが






・とりあえずメッシュパネルを購入



室外機を隠す
エアコン室外機カバーなども
売っていますが


子供の指さえ
入らなければいいので


とりあえず
ダイソーで
メッシュパネルを購入しましたが

室外機b

メッシュパネルの目が荒いので

正直効果はなさそうです


指は入っても
拳は入らなそうなので


5~10cmほど
離せば大丈夫そうですので



物置にあった
アパート時代に使っていた


犬が玄関から
逃げないようにするフェンス

室外機c



こちらと
メッシュパネルを
結束させると・・・


室外機d

安全性は上がりますが
さすがに見た目が悪い・・・


2歳だと軽いフェンスなので
動かせますし



なので
室外機カバーなど
別の方法を考えます





・室外機が大きいので大変です


エアコンが

日立の
RAS-X71F2という

200Vの7.1kwという

大きなエアコンの為
室外機も大きく




室外機e

幅は90cmあるので
室外機カバーは
100cmないと無理みたいで



室外機f

さらに
奥行きがかなりあって

設置している

45cmのコンクリートから
はみ出しています


その為に
室外機カバーも


室外機g

こういう足のタイプだと

室外機が
はみ出しているので
設置出来ません



その為

設置出来る室外機カバーは

・幅が100cm

・下が足じゃなくて平行になっているもの


という条件になります





・ホームセンターに行きます


ネットで見ても
足があるタイプばかりなので



ホームセンターで探します



まずはこちら

室外機h

価格は3,980円と安いですが



足があるタイプだし
幅も89cmしかないので
使えません・・・


仮にサイズがあっても
防腐剤も塗ってない木材なので


白アリや虫などが
寄ってくる可能性もあるので


外壁に付けるのは
抵抗ありますね



もう1種類売っていて

こちらはアルミです

室外機i

アルミなので
価格も高いですが・・・


こちらも足があるタイプだし
幅も90cmしかないので
設置出来ません・・・


ネットでも店舗でも
このタイプばかりです





・別の方法で解決しました


ホームセンターで
使えそうな物を探していると


室外機j

ベンチを発見!
価格も3,980円と安いです



このベンチの背もたれなら
カバー出来そうだし


足は金属だし
木製部分はニス塗ってあるので

虫やシロアリの心配も
無いです


別に室外機カバーが
欲しい訳では無く

子供が指を入れれなく
すればいいので


こちらを購入しました





・設置しました


組み立てはネジ回すだけなので
すぐ終わって


室外機の前に設置すると

室外機k

サイズピッタリ!


背もたれがガードに
なって

指は入れれませんが

室外機m

ちょっとだけ空いてる部分が
あるので


どうせならと


室外機d

こちらのフェンスと
メッシュパネルを付けて

そこにベンチを置くと


室外機n

これで
どうやっても

子供が指を
入れれなくなりました


元々イスも無かったので
子供や犬を遊ばせいる時に

「イス欲しいなぁ」と思っていたので

一石二鳥です

エアコン付けてると


2018年06月04日


外構工事の打ち合せをしていた時に


ドッグランa


駐車場はコンクリートと砂利で
家の前は人工芝なのですが

その間に

「地先ブロック入れますね」

という話の中で



「ピコーン」と閃きました




・地先ブロックとは?


名前だけだと分かりにくいですが

ドッグランb

どこにでもある
よくあるブロックです



そして、こちらは
ホームセンターなどで
売っているのですが

ドッグランc

ラティスを地先ブロックに
固定する物が売っています


ドッグランd

これを使って
ラティスで人工芝を囲って



ドッグランと子供の遊び場を作ろう
というDIYをする事になりました




・用意するもの



ドッグランe
・インパクト

いつも使ってる
ケーヨーD2オリジナル品です
安い割りに丈夫で優秀です




ドッグランf

・ラティス

8m×3m分のラティスが必要なので
結構買いました


高さは全部同じですが
ドアを付けたりしましたので


幅が90cm、120cm、180cmを
場所によって使い分けます




ドッグランd

・ラティス固定するもの

ラティス1枚につき2個使います



後は

・レンチ(固定金具のネジ止め)
・蝶番(入り口を可動式にするので)
・水平器

これくらいで大丈夫です


全部
ホームセンターだけで
入手可能ですが


ラティスを固定するものがそんなに
在庫が無かったので


市内のホームセンター3件
回って揃えました




・5時間程で完成しました


ラティスは
ホームセンターで売っている
安い製品が多いので


若干サイズのズレや
角度が違うものがあるので

水平器を使いながら


後は

①レンチで固定器具をブロックに固定

②インパクトでラティスを打ち付け

この繰り返しで作業は完了です



・完成したドッグランがこちら


ドッグランg

家の窓から直接行ける
ドッグランが完成しました









ドッグランh

奥のラティスは可動式なので
ドッグランとして
使う時だけ閉じます





ドッグランi

子供用のカメさん砂場も買いました



ラティスは
ホームセンターでそれほど
高くないものでしたが


枚数が多く
固定するものも結構な
数だったので


総額で4万円弱かかりましたが


業者で頼むなら
10万円以上は掛かるので


大変満足です


作ってから1年経過してますが

強風も台風も
普通に壊れる事なく
使えています




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年06月02日



~前回の続きです~



外構業者さんも決まったので

細かい打ち合せを行います

外構3-a

こちらが前回頂いた設計図ですが

色々と打ち合せした結果


結構変わった部分もありました





①駐車場の幅を広くしたい

前回貰った設計図だと

外構3-b


コンクリート1つの幅が80cmなのですが


もちろん問題はない幅ですが
もう少し余裕が欲しいので
1mにしました


その周りは
見た目や尖ってる危険もあるので


砕石では無くて
白の砂利を敷くことにします



外構3-c

万が一のために
車止めも付けて貰います






②フェンスも変更しました

最初の見積りだと
YKKになっていますが


LIXILに変更しました

外構3-d

LIXILのハイグリッドフェンスN8型です


特徴も無い安い奴ですが


フェンスを施工する目的が
子供が登らないようにという用途だけなので


フェンスは開放感が下がるので
大人だけなら要らないと思っているので


「とにかく目立たない」事を
第一に選びました



それでもフェンス付けるなら
木製のオシャレな
フェンスも少しだけ考えましたが


木製のフェンスだと足かけて登れてしまうので


細かい網目の特徴のないフェンスにしました
色も茶色で存在感がさらに薄くなります



外構3-e

家の右側はJRとの境なので
基礎のブロックが高くて
20cmちょっとあるので
こちらは1mのフェンス


上と左には無いので20cm高くして
1m20cmのフェンスで設置すると


完成した高さが全部同じ位になります





③家の周りの砂利


外構3-f


こちらは
防草シートを敷いて
その上に白い6号砂利を敷きます






④人工芝を敷くことにしました


そして家の南側は
人工芝を施工します

外構3-g

本物の芝は管理出来そうにないし


虫も来るだろうし


今のリアル人工芝が
かなり綺麗なので
こちらにしました


外構3-h

リアル人工芝です
パッと見は天然芝位の見た目です




・ここまでの総額です



外構3-i


・駐車場の土間コンクリート 21㎡
・車止め
・駐車場の白砂利
・家の周りに防草シートと白砂利 

防草シートと砂利は全部で63平米です

・人工芝19㎡

こちらの部分で485,800円




次にフェンス部分はこちら
外構3-j


・フェンス1m20cm 9枚
・フェンス1m  17枚
・コア抜きと施工費


フェンス部分が471,280円


その他費用です

外構3-k

・運搬費等諸経費が50,000円


値引きも含めて

総額で
税込1,080,000円になりました



玄関周りなどは何もせずに

・フェンス
・防草シートと白砂利
・駐車場のコンクリート

こちらだけの価格なので
全部するには

300万円位は
かかるかなぁと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング