エアコン

2022年05月13日







前回記事






我が家は5年目にして
色々な理由で
除湿機を購入しました



脱衣場だけとか
ランドリールーム用とかじゃなくて



家の中全部を除湿する感じの
39畳タイプです



再熱除湿搭載の
エアコンが無ければ
初年度から絶対に必要な除湿機ですが



なぜ再熱除湿が付いている
エアコンが2台もある
我が家にも必要なのか
理由を書いていきます





・再熱除湿なのに除湿機?



再熱除湿付きのエアコンを
簡単に説明すると



まず
普通の除湿は

再熱除湿a


冷房で室内を冷やすと
温度差が出て結露します




・暖かい空気を吸って

・冷たい空気を出すので



温度差が出るので
結露しますね




この結露した水を取って
除湿を取りますから
このタイプの除湿は
「弱冷房方式」と言います



部屋の温度を下げて
除湿しますから



昔の家ではいいのですが
今の家では
エアコンの効きがいいので


あっという間に
部屋が寒くなってしまいます



エアコンは設定温度になると
止まってしまいますから
そうなると除湿が出来ません




一方の再熱除湿式は
再熱除湿b


・冷房で設定温度より
 下がった場合


暖房を使って暖めて
また冷房で湿気を取るので
いつまでも動くので
湿度がどんどん下がります










過去記事で冷房と
再熱除湿使用時の
湿度を比較しましたが





夏の寝室で
設定温度はともに26℃と
温度は快適ですが


再熱除湿c


こちらが弱冷房方式


平均が湿度67.6%
MAXは74%もありますが


寝室に入ると
人間の呼吸や発汗で
一気に湿度が上がります



ちなみに
グラフが山になってますが
湿度が上がっている時は
エアコンは止まっています




また動くと
湿度も下がりますが



快適になる60%より前に
温度が26℃になるので
止まってしまいます



今の家は
性能がいいので


温度はすぐに
設定温度になりますから




こちらは翌日にした
再熱除湿

再熱除湿d


簡単に言うと
設定温度まで達しても
湿度を下げたい場合



・暖房を使って
 温度を上げて


・また冷房にして
 除湿をします




特に日立のエアコンは

再熱除湿d2


このように24℃で50%に
設定すると


・室温が24℃以下になったら
 暖房になって


・最終的に
 24℃の50%になります

 
「じゃあ除湿機要らないじゃん」って
思うかも知れませんが



3点ほどの理由で
「除湿機があったらいいなぁ」って
思う事があったので
今回購入しました






・除湿機があった方がいい理由



最初の理由は



外の気温は丁度いいけど
湿度が多くて
蒸し暑い
梅雨の時期




「やや涼しいな」って
思うと



https://twitter.com/chelsea_ncis/status/1518926599567347712



湿度が
どんなに高くても


この状態で
妻がエアコンを止めます・・・




これは妻が
湿度に鈍感って訳じゃなくて






過去記事の結露の時にも
書きましたが



再熱除湿e



再熱除湿f


・人間は
 温度が快適だと


・湿度80%でも
 カラカラと思う位に


湿度は分かりづらいんですね



なので
肌寒くなったら
エアコンを止めるという行動は
分かりますし



「再熱除湿だから
そのうち暖かい風来る」
言っても


エアコンや湿度の仕組みが
分かってないと


「???」ですね


電気代が勿体ないと
言われても仕方ないです




そこで
もう一度



妻がエアコンを止めた状態の
データを見ると


再熱除湿g


・まず、外気温は
 20.7℃で87%


窓を開ければ
温度は下がりますが
湿度は高いですね



・寝室は
 まだ寝る時間じゃないので
 人もいないから
 丁度いい感じ



・脱衣場は
 お風呂あがって
 すぐなので
 まだ高いですが



一番高いリビングは



人が4人いて
料理を作って
ご飯を食べた後なので


非常に湿度が高いんですよね



外気温が影響の
高温多湿だけなら
再熱除湿のエアコンで充分ですが


お風呂、料理、人間が
一気に4人帰宅



こういう急に
湿度が上がる状況に


再熱除湿は湿度が下がるのに
時間が掛かるので


除湿機&再熱除湿で
快適にしようと思いました



・・・・・
・・・・
・・・
・・


しかし
これ、結局は
冬の暖房と同じで


体が贅沢になってるんですよね(笑)



1~2年目なら
絶対にこの状況でも
快適って言っていたと思います



なので
購入した理由1点目は
再熱除湿だけでは
足りない部分の


補助的役割です






・寝室の再熱除湿は暑い?


1点目の問題は
5~6月の梅雨の季節でしたが



夏になれば、妻だって
「止めれば暑い」って事は
分かりますから



少なくとも
寝る前までは止めません
(たまに夏でも止めますが・・・)




しかし
夏の再熱除湿で
妻からの評判が悪いのが

再熱除湿h


寝室です



8畳の部屋に
親子4人で寝ますから


あっという間に
湿度が上がります





我が家は第一種換気ですから
湿度も交換しますけど


再熱除湿i



換気は最低2時間で全部が
入れ替わるようになっていますから



この90%の交換率の画像でも


「外が気温30℃
湿度は80%ですが
室内は26℃で57%と快適ですよ」って
説明ですが



2時間後には
室内は57%になるので


今度は給気も
60%超えてしまいます




それでもずっと80%が入ってくる
3種換気よりは
ずっと快適だと思いますけど・・・




なので寝室で寝る時も
再熱除湿がベストなのですが


再熱除湿j



再熱除湿だって
例えば24℃の設定で
ずっと吹き出し温度が24℃って
わけではありません



冷房と暖房を繰り返すので



例えば24℃設定の時


・室温が落ち着いてきたら
 冷房の時は吹き出し温度は22℃前後


・これで設定温度まで下がったら
 今度は26℃前後の吹き出しを
 繰り返す感じですが



これが狭い寝室で寝てると
「あー、今暖かい風が来る」って
分かる時があるんですよ・・・



8畳で4人で寝てますから
直接風が当たりますので


再熱除湿k



室温のグラフだと
ほぼ一定なんですけどね



ただ、風に当たると
再熱除湿は
不快って思う時があるみたいです



それでも冷房よりは
ずっと便利ですが・・・




これも結局
体が贅沢になったという事ですね



・1年目なんて
 温度が快適なだけでも満足ですし


・2年目以降でも
 再熱除湿で快適と思いましたが


とにかく温度も湿度も
なるべく変化しないで
快適にって思ったら



冬は加湿器
夏は除湿機を使うのが
いいかなって思います



リビングなんかは
エアコンの風が直接は当たらないし



再熱除湿だけで
どうにかなると思いますけどね






・24時間除湿する為に必要



最初に妻が
エアコンを切ると言いましたが



・温度が快適になって
 ちょっと肌寒くなると
 切りますし


・仕事に出かける時も切ります


私の方が
仕事に行く時間が
早いので
切られちゃいます・・・




冬は
switch botの遠隔操作で
暖房オンすればいいですが







遠隔操作だと

再熱除湿L


再熱除湿の
細かい設定が出来ないんですよね・・・




どちらにもしても
快適な湿度を目指すなら


換気は24時間してるんですから
除湿も24時間する為には


・再熱除湿のエアコンを24時間点ける

・除湿機を24時間点ける


これしかありません




除湿機なんて
室外機の無い冷房みたいなものですから



ずっと点けていると
排熱の影響で
温度が上がりますが



これは今の家なら
冷房で温度はすぐ下がりますし


そもそも冷房なら
遠隔が可能です




そこで
ちょっと前に書いた記事






今は昼間の電気代が
太陽光の売電よりも
高くなってしまったので



昼間、誰もいない時に
除湿機を稼働させて
ある程度湿度を下げて



・いつも通り
 夕方4時か


・12時とかもっと前でも
 遠隔で冷房を入れます




電気代の事だけ考えたら


例えば
25℃の50%で
ずっとキープしたい場合


・再熱除湿エアコンだけと


・冷房プラス
 コンプレッサー式除湿機では



除湿機の方が安いです




色々と説明しましたが
簡単に言うと


エアコンは「もったいない」
消す妻ですが


除湿機なら
消さないって事ですね(笑)





・インナーバルコニーだけど衣類乾燥も欲しい




商品が


再熱除湿m


「衣類乾燥除湿機」って
位ですから


洗濯にも
使う予定です



我が家は

再熱除湿n


インナーバルコニーがあるので



これは共働きだと
特に夏は
結構夕立があるので
大変助かりますが


梅雨の肌寒い時期や
冬の雨だと
インナーバルコニーに
置いても乾きくいです



そうなると室内干しで

再熱除湿o


スキップフロアで
干したりしたのですけど




お兄ちゃんが
小学生になって

再熱除湿p


宿題を毎日
ここでするので


雨だからって
干したくないんですね




そもそも
ここで干さなくたって
雨の日位は


再熱除湿q


浴室乾燥使ってもいいんですけど




どうしても
湿度ってのを妻は
理解出来ないのか

再熱除湿r


洗濯物置いても
乾燥ボタンじゃなくて


24時間換気のまま
干すので全然乾きません(笑)


リビングや
スキップフロアの方が
湿度低いんで乾くんですけどね



前に説明したんですけど
「換気」ってかいてあるんだから
乾燥してると思ってますので





さすがに「除湿機」って
名前ですから



これがあれば除湿出来るのっては
説明すれば分かって貰えると思います(笑)


前は雨の日なんて
洗濯しなくても
翌日まとめて洗濯で
大丈夫だったのですが


6歳と4歳
特に小学生になると
洗濯物も増えるんですよね・・・


あと
実際、浴室乾燥って
電気代が高いですから



それなら除湿機の方が
安いですし
長い目で見ればお得だと思います




なのでいくつか
考えて


「39畳用の除湿機が
35,000円なら買い」と判断しました








・レビューはまだ少し先



という事で
お得な除湿機を買いましたけど


この記事を書いている5月上旬では
ほとんど動かしていません




今、記事を書いている気温が


再熱除湿s


5月上旬の昼ですけど


・外気温は29℃と
 暑いですが


・梅雨前なので湿度は
 30%代とカラカラなので


室内は
エアコンも何も点けなくても
25℃で44%と


丁度何もしなくても
快適な時期ですね



ただ、除湿機の売上ピークは
6月なので


各メーカー
3月~4月に発売しますから




私みたいに
今のうちに買わないと



必要と思った6月には
割高の新機種だけになってしまいますので



レビュー記事は
また6月に書きたいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2022年03月28日






これはさすがに


・誇大広告というか

・嘘というか


倫理的にアウトじゃないかと
思うのですが



一条工務店の
こんな広告があって

床暖房a


「暖房費どっちが高いの?
エアコン vs 床暖房」って事で



この画像のグラフを見ると



床暖房の方が
エアコンの5分の1位の
光熱費に見えますね




SNSだと
「エアコンの方は200坪とか
あるんじゃない?」とか
言われていましたが(笑)



実際に、どうして
エアコンの方が5倍も高くなるか
原因を探していくと・・・





・まず比較する家が違った・・・



「秘密を知るにはクリック」というので
クリックすると



一条工務店の
ぽかぽか床暖房フェアという
ページに飛んで




光熱費の詳細がありました


床暖房b


・エアコンの方は165,000円

・床暖房は19,000円なので



なんと暖房費が
8倍以上も違いますね



しかし、これ
エアコン暖房の家と
床暖房の家で断熱性能が異なっていて



・次世代省エネ住宅の家Q値2.7

・一条工務店の家はQ値0.51なので


比較する家が違いますね



・Ua値に換算すると
 Q値2.7の家はUa値0.87


・Q値0.51の家だと
 Ua値は0.26以下なので



床暖房c


断熱等級4の家と
G3住宅の比較なんですね



最初の広告だと
そんな事は書いてないので



まるで床暖房の方が
優れているって思いますが
実際はそういう訳ではありません




「じゃあ断熱等級4の家と
G3住宅ならこれ位の差が出るんだね?」って言うと



それも決して
そこまでの差は出ません



じゃあ、なんで
これだけの差が出ると
書いてあるのかを



細かい文字が色々
書いてあるので



どうして8倍も変わるか
見ていきます





・ここまで暖房費に差が出る秘密



光熱費の高い方の家
Ua値0.87の
断熱等級4ってのは


床暖房d


今ならローコストの建売住宅
パワービルダーの
飯田産業でも全棟で
クリアしている数字です



5年前だと
こういう安い建売や


レオハウスやタマホームの
一番安いプランだと
これ以下の性能だったりしましたが


今は違います



なので我が家はもちろん
今の家なら
全部クリアしていると思いますが



「じゃあ飯田の建売は
ここまで暖房費が高いのか」って言うと
そんな事はないので



細かい文字を見ていくと


床暖房e


まず、この金額は
10月28日~4月24日
約半年間の暖房費です




過去記事でも
我が家の光熱費を書きましたが





実際に計算すると


我が家のこの期間の
電気代合計が
92,261円です



しかも
これは電気代の合計ですから


照明、家電
冬はお金が掛かるエコキュートなど
全ての合計金額なので



暖房費は
多く見たって
半年で30,000円程度です




断熱性能とか
考慮してない古い家だって

床暖房f


平均して電気代の3割程度が
暖房費ですから



仮に3割が暖房費用だとして
このシミュレーションだと


半年の電気代が50万円!!



平均したら
11月から4月まで
毎月の電気代が
一か月83,000円になりますが



こんなに電気代を払っている家なんて
ありませんね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



では
ここまでの差が出る理由は



まず家の大きさが45坪と
かなり大きいです


この条件は
どちらも同じですが


エアコン暖房の方は


・LDK
・主寝室
・和室
・洋室
・洋室2と


なんとエアコン5台を
24時間動かしています




我が家も冬季は
ずっとエアコン動かしていますが
1台で全部を暖めていますし



通常45坪の家で
全部にエアコンを入れてる家が


5台全部を24時間動かすなんて
あり得ないですよね



仮に全部を24時間暖めたいなら
我が家みたいにエアコン1台
せいぜい2台で暖まるように工夫しますし





・20年前のエアコンを5台集める・・・



もう一つおかしいのは
過去記事にも書きましたが



https://reogress.net/archives/30090698.html


エアコンも床暖房も
COPが2で計算されています



このCOPは
電気代1の力で
どれくらい暖かくなるかって
数値ですが



今のエアコンは

床暖房g


能力÷消費電力で
簡単にCOPは求められますが



安い機種でもCOPは4以上ありますから


このシミュレーションの
倍以上は性能がいいわけです



一方床暖房も
COPは2で計算していますが



一条工務店のヒートポンプ式なら
COP3はありますが


どうしたってエアコンよりは
COP能力は落ちますね


どちらにしても
COP能力ってのは
外気温が低いと落ちますから


最初から床暖房と
エアコンを両方使う方が
効率いいんですけどね(笑)



ただ、どちらか一つってなら
エアコンの方が効率がいいです



この広告だけ見ると
床暖房の方が
省エネで優れているって
見えますが・・・










・床暖房に効率を求めてはダメ



そもそも仕組み的に
エアコンより床暖房は
効率は落ちますし


さらに床の下にあるわけですから
暖かい温度全部が部屋の中に
来るわけではありません



床暖房がダメって言うより


昔に比べて
エアコンが進化しすぎたってのは
ありますが


省エネとか光熱費だけで
計算したら


どうやってもエアコンが勝ちます




しかし、他にも
このような床暖房の方が
優れているってサイトがあります


例えば





このサイトが
エアコンVS床暖房って感じですけど


住宅もエアコンも
昔の感覚ですね(苦笑)




床暖房h


・エアコンは暖まりにくい


・エアコンは頭上だけ
 暖かくて足元は寒い


・エアコンは
 暖まるのに時間がかかる


・エアコンは空気が汚れる


などなど全否定ですが(笑)


「床暖房で快適ドットコム」なんて
書いてあるので


「昔の個人サイトなのかな?」って
思ったら


リンナイが作ってるサイトでした


床暖房j


そりゃ床暖房は作っていて
エアコンは作ってないメーカーからしたら
こう書きますね(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



私も40代ですから
経験がありますが


昔はエアコンだけで家を暖めるなんて
発想、住宅性能が無かったので


・石油を使わない安全性

・石油が無いから空気も綺麗

・エアコンだけでは家の暖房は難しい



こうなると
床暖房ってメリット多いですね



なにより気持ちがいいでしょうし


光熱費なんかで争わず
床暖房とエアコンを
併用した方がいいと思います



そもそも冷房は必要なんですから
一条の家だって
ほとんどエアコン付いてますし










・最近、こういう広告多いですね・・・



一条工務店に限らず
最近はこういう光熱費比較をして


長い目で見れば得をするって
広告が非常に多いですね



しかし、どれを見たって
建築費を光熱費で
元が取れる物はありません


・あり得ないシミュレーションして

・将来は電気代が10倍になるとか




そういう風にしないと
どうやっても元が取れないのですが




今回の広告も


どこの誰がわざわざ
20年前のエアコンを購入して


Ua値0.87程度の家で
エアコン5台も
24時間入れっぱなしにするのかという


ありえない前提のシミュレーションですが(笑)



こうしないと差が出ないので
仕方ありません



飯田産業の家と
一条の家なんて


1,000万円以上の差があるので
どうやっても元は取れませんけど


そもそも光熱費で
比べるもんじゃないと思いますし



別に誰もいない場所にも
常にエアコンは効かせないと
いけないって事はないので(笑)


自分の目的と予算に合った
家を買った方がいいですね




売る方は
そんな事言ってられない会社もあるので


無理にでも
「将来元が取れる」と言いますし



購入した人だって
自分の買い物は間違いないって
思いたいから言うと思いますけど



例えば
我が家は全館に暖房を
効かせていますが



実家や兄弟の家は
自分がいる所にだけ
暖房が効いています



前に兄弟が泊まりに来た時に
脱衣場とかも暖かくて


寝室まで同じ温度な事に
驚いていましたから


ちょっとは「ドヤっ」って
感じですが(笑)



使う時だけ
暖める方が


ぶっちゃけて言えば
ずっと省エネだしエコだと
思いますからね



まあ、局所暖房と全館暖房は
ライフスタイルの違いもありますが



今回の広告ですね
これはさすがにひどすぎです




しかし
「そんな事はありえないだろう」


床暖房i


「秘密を知る!」をクリックしちゃいましたから



すっかり一条工務店の策略には
ハマってるわけですね(笑)



一条工務店からしたら
クリックさせて
自社サイトに誘導させればいいわけですし



そう考えると
良くできた広告ってのは
間違いないです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2022年01月12日







家を建てる際に
最近は


温度a


こういう光熱費の
シミュレーション値を出したりしますね





後は、自社の宣伝として

温度b


こういった
昔の家との比較がありますが




大抵はですね
自社を有利に見せたいわけですから



・単に光熱費のシミュレーションだと
 暖房は20℃とか
 低い設定が多くて



・逆に昔の家との比較だと
 設定温度が高い方が有利なので
 26℃だったりするわけです



私も今の家に住む前は
めちゃ寒い家でしたので



初年度のブログ記事なんて


温度c


まだSwitchBotも無い時ですが


起きている時は22℃で
さらに脱衣場とかは
そこまで暖めてなくて




さらに起床時は


温度d


19℃と
今なら考えられない寒さですが



これでも最初は
「めちゃ暖かい」って言ってたんです(笑)



前のアパートは
温度とか測っていませんが
多分コタツやストーブがある場所以外は
15℃以下だったと思います



なので、これだけだと
シミュレーションを
20℃で設定しても
間違ってなさそうですが



人間って慣れると
どんどん贅沢になるので





現在の温度はこちら


温度e


朝6時すぎの
一番寒い時でも
22℃以下って場所はないですし





帰宅時から寝る前でも


温度i


24℃位にしてありますね



「そりゃ初年度は
光熱費低いよね」って感じですが



たしか当時はエアコン設定が26℃で
暖かくなったら止めていて


今は24℃設定で
長時間動いているので
そこまで変わってないです



かといって
ある程度以上の温度だと
今度は暑くなるわけで




これからシミュレーションとか
する人が



冬は何℃が快適なのか
色々と温度を変えて実験しました






・参考までに5年目我が家の最適な温度



最近はリビングが24~25℃
寝室は22℃位が
一番最適かなって温度です



布団は掛けて寝たいので
寝室の方が低いですね


我が家は全員
冬のパジャマは長袖ですが


家庭によっては
冬も半袖って人もいるので
そういう方はもっと高いと思いますが






22℃あれば
全部服を脱いでHしても寒くないですし
普通に暑いですね(笑)



マジで25℃なんて汗出ると思います・・・


まあ動きが淡白な人もいますから
これも比較は出来ませんけど(笑)



リビングが24℃だと

温度f


モフモフの長袖を着ても
半袖でもどちらでも
大丈夫というか攻守最強だと思いますから



シミュレーションするなら
24℃あたりがいいんじゃないでしょうか






・色々と温度を変えて実験しました




G3住宅の人だと
全部26℃というツワモノもいるので



ちょっとエアコン設定を変えて


温度g


起きたら26℃にしたら
もう暑いんですよ・・・



半袖で何もしなければ耐えれますが
家事や育児するとすぐに汗が出ますから
早朝から窓開けちゃいました



普段屋外仕事の私でも
暖かいデパート内の妻でも
暑いと言うので


やはり高すぎですね・・・
エコじゃないですし
必要以上に電気代使っても仕方ないです



そして
どうせなら



何℃になったら
暖房を入れたがるのかと






我が家の性能だと
日射が無ければ
夕方には18℃位まで下がるので




温度h


せっかく晴れてるのに
日射取得もしないで





この日は休みなので
ゴロゴロしていると


温度j


21.2℃ですね



これで肌寒いと思いましたので
エアコンを入れましたから



我が家では21℃以下は
寒いって事になりました



あくまでも私調べですが(笑)



皆さん家を建てたら
何十年と住むと思うので



やはり初年度とか2年目はですね
体が今の住宅仕様になってないので



普通に暖かい家に住むと
21℃になったら寒く感じると思うのは
シミュレーションする上では大事じゃないでしょうか










・暖かいと割と温度変化に耐えられます



出来れば、家の中の温度差ってのは
無い方がいいんだと思いますが



全部を温度差無くすってのは
結構な予算と全館空調と
結構敷居が高くて
特にローコストだと難しいのですが



長時間いるLDKと寝室ですね
ここが快適な温度だったら


例えばトイレとか
気温差が4~5℃あっても
平気だと思います




実際、この時期は
車のフロントガラスが凍るので

温度k


出勤で家を出る10分前に
一度駐車場に言って
エンジン掛けますが


外はめちゃ寒くても3分程度なら
平気なんですよ(笑)



かといって10℃も温度差があれば
子供なんか「トイレ行きたくない」とか
言いそうですが



ある程度の断熱性があれば
5℃以内には収まると思います




玄関近くにトイレが合って
暖房が無い家だと
かなり高性能じゃないとつらそうですが・・・





これが温度差5℃以内でも
18℃とか寒いLDKだと


トイレが15℃と温度差が3℃しかなくても
めちゃ寒いと感じると思います



人間は恒温動物ですけど
急激な温度変化に順応するのには
1時間程度掛かりますから



・帰宅時なんて
 暖かいデパート勤めの妻は
 半袖ですが


・私は外が多いので
 長袖ですから・・・



家に帰って1時間くらいは
妻との快適な温度差に結構差が出ます



もちろん個人差も大きいので
今回の記事は
データ的に何の役にも立ちませんが(笑)


人間はどんどん贅沢になるって事だけは
覚えておいた方がいいです






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村













2021年12月03日







最近は
高性能住宅と呼ばれる家の性能は
G2性能が多いかなぁと思います


暖房a


5年前なら
G1性能でも
そこそこ高性能だったのですけどね



G3住宅は
かなりの性能値が求められるので
費用対効果で考えると



今でも
高性能住宅=G2が多いですね





今度からの新しい断熱等級だと


暖房b


G2性能=等級6ですね


こちらが多いと思います



実際、工務店さんや
高性能メーカーでも


「快適に、全館暖房したかったら
G2性能があった方がいいよ」と言いますし



人によっては
「G3は趣味の世界」って言う人もいますが



共通してるのが
「G1だと性能が足りない」って
言う工務店さんが多いですね




そして
「G1住宅だと
全館暖房は出来ない」って言われます・・・




もちろんG1性能以下の
もっと低性能な住宅でも

暖房c


昔から色々と配管を通して
本当の全館空調を入れている家もありますが



Ua値が低いって事は
外に逃げる熱が多いので
たしかに省エネではありませんね




しかし
我が家はG1性能
断熱等級5ですけど



・エアコン1台だけで
 全てを暖めていますし

・光熱費もかなり省エネだし






結露もありません



とはいえ


・断熱等級5のG1

・もしくは等級6のG2性能でも


寒かったり
結露が出来る家はあって



結構、間取りが完成してから
暖房計画をするって人もいるので



我が家のエアコン配置や
暖房計画など



こうすれば
G1性能でも全館エアコン1台で暖めて
結露しないってのを紹介します


予算的にローコストで
どうしても断熱等級5程度しか無理って人は
是非参考にして下さい





・まずは2階をどうやって1階のエアコンで暖めるか



我が家は特殊な配管とか
床下とかにエアコンがあるわけではなく


暖房d


普通の壁掛けエアコンです






間取り図とエアコンの配置は
こんな感じで


暖房e


エアコンの
真正面にリビング階段と
吹き抜けがあるので



煙突効果で
暖かい空気が上にいきますね




「リビング階段や吹き抜けは
冷気が降りてくる」とか言う人いますけど



・それは2階の方が寒ければ
 冷気が下りますが


・1階も2階も同じ温度であれば
 冷気が降りる事はありませんし



間取りとエアコンの位置さえ
ちゃんと考えれば


G1程度の性能と
ある程度の気密性能があれば
問題ありません



その為には
簡単に気密と断熱性能が取れる
吹き付け断熱がローコスト住宅だと
ベストだと思っています




そして2階ですね


暖房f


リビング階段と
吹き抜けから
暖かい空気が来て



それが放射状に
各部屋に行く感じです



寝室の扉は寝る前までは
開けていて



寝る時は扉を閉めますが


暖房g


8畳の部屋に
親子4人で寝てますから



人間の発熱もあり
温度が冬でも下がりませんね



夏は気温が上がるので
冷房だけは寝室にも必要ですが


暖房は1階のエアコン1台で大丈夫です




特に寝室は


https://reogress.net/archives/29448223.html


2つある窓の1つを潰しましたし


もう1つはベランダの関係で
断熱性能は弱い掃き出し窓ですけど


今年はインプラスもありますし
温度が下がりませんね



扉の外側(廊下部分)が
暖かいからかもしれませんが


・・・・・
・・・・
・・・
・・


図面だと
分かりにくいので
写真で見ると



まずエアコンの真正面が


暖房h


リビング階段と
吹き抜けになってる
スキップフロアですね




ここに暖かい空気が来て


暖房i


スキップフロアと
吹き抜けを通り






これは
寝室から撮った写真ですが



暖房r


そのまま
2階まで全部暖まります




1階のエアコンから


2階まで全部暖かいって事は
それだけ気流がありますから



吹き抜け部分は
インプラスもなく
アルミ樹脂のサーモス2hだけですが
結露はしません



そもそも結露が起きる気温ではないですし


ギリギリな低い気温でも気流
つまり「風」があれば
結露はしませんね



なので
ここの窓には
カーテンなどは一切ありません



元々結露とか暖房とか関係なく
誰も通らないから
カーテンしてないのですが(笑)


スキップフロアなので
窓の位置も高いですしね


北側だし
こっちはインプラスないですし
カーテンしたら
結露しちゃうかもしれませんね





・ダイニングにはサーキュレーターを



次に1階です


暖房j


まずリビングとキッチンに関しては
全く問題がないですが




ちょっと問題なのが
左下のダイニングですね


暖房s

・我が家のエアコンは
 15mロング気流と


・180℃ワイド気流って性能ですが



ダイニングは
エアコンより後ろなんですよね・・・




まあ全部暖かいので
冬場は問題ないですが



夏場は窓のすぐ隣なので
日が出ている時は暑かったりします・・・



そういう事もあり
とにかく温度差を無くしたいので


暖房k


エアコンの下に
サーキュレーターを置いて
ダイニング側に風を送っています



キッチンも夏場は
熱源になる物が多いですけど



換気扇動かすと
風が循環するので
こっちは問題ないですね




そもそも
冷暖房的にも
建築費的にも


暖房L


家のの凸凹が
要らなかった気もしますが(笑)




どうも正面側が
平面な家ってのが余り好きじゃなかったし

暖房m


「ここに凸凹あるから
エアコン室外機置けるな」
思ってしまったのでこうなりました






・トイレはギリセーフですが・・・



寝室とLDKは
ほぼ同じ気温で生活が出来ますが


次は
間取りに工夫が必要な

暖房n


トイレと脱衣場ですね




我が家の間取りだと


・トイレに行くには
 引き戸が1つ

・脱衣場まで行くには
 引き戸が2つありますが


ここは扉を閉めると
エアコンの風が来ませんので
リビングより
3℃ほど下がってしまいます




しかし閉めた方が
当然光熱費は下がるので


「たまにしか行かないトイレや
脱衣場を同じ気温にしてるのは
どうなの?」とは思いますが



今では
普通に開けていますね


閉めた方が光熱費下がりますけど
どうせなら全部同じ気温の方が
いいですからねぇ


人間って
どんどん贅沢になりますね(笑)



こちらは冬の
起床時、朝6時の気温ですが


暖房o


扉は開けっ放しなので



・リビングはエアコンで24.3℃

・脱衣場はほぼ変わらず23.9℃



寝室は起きたばかりで
扉を締め切ったいたので
気温が低く22.7℃ですが


まあ快適に生活出来ています



一番エアコンが届きにくい
脱衣場でも24℃近くあるので


他の場所は
もっと温度差がないと思いますけど



仮に脱衣場の扉を閉じていたら
早朝だと温度差が
4~5℃は出ちゃうかなぁと思います




そして
何度か言ってますが


https://reogress.net/archives/27519231.html


我が家は玄関に暖房はありません



一番断熱性能が弱い
玄関部分は
風除室のように作って
犠牲になってもらってます(笑)




高断熱の玄関ドアって
高いですしね・・・


ちょっとそんなお金も無かったですし


こっちには何もないので


一度家に帰ったら
玄関に行く用事も無いですし


間取り的に
全く行く事なく作ったので
閉めっぱなしですが


こっちに
トイレとかお風呂を作ったら
色々大変だったと思います



予算的に
同じUa値で断熱するとしたら


・玄関ドアに土間断熱と
 玄関部分が一番予算が掛かるので


低予算の方は
玄関対策はよく考えた方がいいと思います



予算あれば
土間コンにもちゃんと基礎断熱入れて


玄関ドアも高性能な物に
変えればいいですね











・エアコン1台だけで全館同じ温度にするには・・・



どんなに高性能でも
壁や間仕切りがあったら
暖房は届きませんから



床下やダクトを通さない
エアコンだけで
全てを暖めるなら


まずは間仕切り、壁を減らす事です


そうは言っても
どうしても扉が必要な場合もありますが


冷暖房が必要な場所は
間仕切りがあっても扉が開けっぱなしに
出来ように作ったほうがいいですね




我が家はトイレやお風呂は
開けっ放し前提で
作っているので


暖房p


脱衣場とトイレのまでの扉は
開けっ放しでも
邪魔にならない引き戸になっていて




逆に
冷暖房を効かせない
玄関に行くドアは

暖房q


開き戸になっています


引き戸は指を挟みにくいとか
色々ありますけど



開き戸の方が
隙間が少ない=熱が逃げないですから



・開けっぱなしに
 しない扉は開き戸


・冷暖房のため
 開けっ放しにする扉は引き戸になってます



室内のドアですから
Ua値とか一切関係ないですけど


エアコンの効きとか
快適性は変わってきますからね






そして
次は換気システムですね



やはり熱交換出来る
第一種換気の方が
温度、湿度管理が圧倒的に楽です




我が家はトイレと浴室は
局所換気ですが



冬は

暖房t


浴室の24時間換気は
切る時間も多いですね



冬の湿度的に
切りっぱなしでも
問題はないのですが




浴室の掃除、カビも考えると


・お湯を張って入浴中はオフ

・その後はドアを開けっ放しにして
 リビングに湿度を回す

・ある程度湿度が下がったら
 ドアをしめるけど換気扇はオフのまま

・湿度に応じて
 たまにオン




まあ、朝起きてオンにして
家に付いたらオフするだけの話なのですが


こういう風に文字にすると
結構色々な考えで
面倒くさい事考えてしています(笑)


トイレの換気扇も
基本はオフですね


局所換気を
ずっと動かして
冬場はメリットが余りありません・・・






後はやはりエアコンの位置が
大事だと思います


「エアコンは目立たせたくない」って
人も多いですが


見た目より快適な温度の方が
私は大事だと思いますし


高級そうなエアコンが
ドーンと目立つのも私は好きですけどね(笑)



エアコンを部屋の隅じゃなくて
LDKの真ん中ですね


こちらに置いて
さらに吹き抜けとリビング階段の
真正面に置く事で
一番効率よく1階、2階を暖めています



もちろん
ライフスタイルにもよりますから


暖房の為だけに
間仕切りを無くすのも
どうかと思いますけど・・・



例えば、寝室や脱衣場は
別に暖房器具があってもいいですし


・我が家もまだ子供が小さいから
 寝室は一緒だし


・脱衣場もオープンにしていても
 平気ですが(笑)



最近は
「エアコン1台だけで暖まる家こそ
高性能住宅」って感じで


床下エアコンや
ダクト式のエアコンも多いですけど


一番低予算で安定した使い方は
壁掛けです(笑)




実際、我が家程度の性能でも
エアコン1台で問題ないですから



まず第一は希望の間取りですね


そしてエアコンがいくつか必要なら
それでもいいと思います


ただ、1台運用の方が
温度差が出ないから楽かもしれませんね



家の中で温度差があると
結構不快だと思いますから・・・



まあ、適当なようで
我が家も色々と工夫してるので




予算あるなら
もっと性能上げた方がいいですね


工夫しなくても
割と快適になりますから




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村








2021年11月22日







ちょっと前の話ですが


エアコンクリーニングa


この夏に
エアコンから水が漏れまして





エアコンの水漏れなんて
8割以上がドレンホースの詰まりですから


エアコンクリーニングb


ドレンホースの水抜きをしたら
水漏れは無くなったのですが




1週間後位に
何故か
また水が漏れたので・・・



ケーズデンキの10年保証があるので
業者さんを呼んだところ




別に壊れている
箇所は無かったですが


エアコンクリーニングc


中はめちゃ汚くて

修理に来た人が

「一度分解して
ドレンパンのホコリを取りました」
って事で




当然普段から
フィルター掃除とかはしていますけど



エアコンの内部なんて
素人が掃除するものじゃないし



「こういうスプレーは
故障の原因になるから
絶対に使うな」



「そもそもエアコンに
フィルター以外の掃除は不要」


日立勤務の兄にも言われましたので



私はエアコン清掃なんて不要で
10年経ったら買い替える物って考えですが



・水が漏れたって事は
 カビの原因になりますし


・ホコリは凄いので
 空気は間違いなく汚れるし


・大人だけならともかく
 小さい子供もいますし



なによりも昔のエアコンなんて
夏しか使いませんでしたが



今は除湿も含めれば1年中使いますから


単純に昔の3倍は動いているので
思い切って清掃を依頼しました



ケーズデンキの保証も
壊れてたら直しますが


内部の清掃なんて
しれくれないですからね




まあ・・・



エアコンは妻の貯金から
買って貰いましたので



妻から

「水漏れは清掃してないせいだ」

「凄い汚かったから空気も悪いはず」
言われたらするしかありませんね・・・






・今回来て頂いたのはエアコン清掃専門の会社さん



我が家のエアコンは
自動お掃除機能があるから
料金が高めで



ハウスクリーニングの
サイトで検索すると


エアコンクリーニングd


1台10,000円~18,000円位ですね



これは私の考えですが



お風呂やキッチンと違って
エアコンは精密機械ですから


「何でも掃除します、エアコンもします」って
会社さんより


エアコンクリーニング専門の方が
いいなと思い



後は、金額とクチコミと
掃除方法などを調べて


エアコンクリーニングe


「ありがとうエアコン
お掃除専門店」さんという


長い名前のお店にしました(笑)



東京の人気店が上陸って
スイーツ屋さんみたいですが



クチコミ90件あって4.9で
なかなか良さそうです



料金は

・普通の壁掛けエアコンだと6,500円

・お掃除機能付だと12,000円って事ですが




2台同時にすると
1,000円割引ってことなので


エアコンクリーニングf


ついでに2階のエアコンもお願いしました



2階は夏の冷房は使いますが
冬の暖房では使いませんから



単純に考えたらリビングのエアコンに比べて
半分程度しか汚れてないと思いますが



どちらも
5年間フィルター掃除しかしていませんし・・・


2,000円割引ですし



一度エアコンカバーを取り外すので

エアコンクリーニングg


配管の穴をチェックして
隙間があったらウレタンスプレーや
パテで埋めて
気密も上げれます




配管の外側は





配管カバー替えた時に
パテ埋めて断熱、気密もバッチリですが



内側はしていませんので





・日立のXシリーズは大変らしい・・・



水漏れで修理に来た
日立のサービスマンですら



「この機種分解して
清掃とか大変すぎて無理です(笑)」
言っていたくらい



最近の高性能機種は
やっかいみたいで



清掃業者さんも
同じことを言っていました


特に日立は大変らしいです・・・



まずは
フィルターなどの取り外し

エアコンクリーニングh


この辺は
私でも掃除出来ていますので綺麗ですね



ただ、暖房→冷房

冷房→暖房の


ちょうどこの時期に
私も掃除するので
今回は掃除の手間が浮きましたね笑





元々1階エアコンの
水漏れから今回の清掃になった
経緯を業者さんに伝えてあるので


エアコンクリーニングi


かなりバラして
調べてもらいましたが






ドレンパンなどは


エアコンクリーニングj


既に修理に来た
日立の人が綺麗にしてくれていたので
問題なかったみたいです




日立の人が修理に来た時は
私は仕事だったので
妻しかいなかったので分かりませんが



「多分、日立の人が
一度バラして綺麗にした感じですね」って事なので



なら掃除の必要ないんじゃとも
思いましたけど




そうは言っても
熱交換器やフィンは
清掃出来ていませんから


エアコンクリーニングk


まずは噴霧器で
洗剤を掛けていきます



「安いだけの適当な業者だと
これだけで終わりですから」って事なので
注意が必要ですね・・・



特に都内の業者だと
価格勝負になってしまい
そういう会社も多いそうです



洗剤を掛けたら


エアコンクリーニングL


次に高圧洗浄機を用意しました



高圧と言っても
かなり弱い専用の機械みたいです


ケルヒャーとかの高圧洗浄機だと
威力ありすぎて壊れちゃいますからね(笑)



高圧洗浄機でも取れない汚れは


エアコンクリーニングm


地味にブラシで取っていきます



この辺も
適当な業者だと
「これは取れない汚れです」
終わるかもしれませんね



業者さんが言うには
「日立のこのフィンは
特に汚れが取りづらい」って事でした



取りづらいって事は
フィンに汚れが吸着するので


その分室内にはホコリが行かないので
使う分にはいいですが



クリーニング業者さんには
大変です・・・




「こっちのエアコンは
綺麗ですよー」って言われましたが


エアコンクリーニングn


それでも
真っ黒な水が出てきますね・・・





フィルターとか
私でも洗えそうなパーツも


エアコンクリーニングo


もちろん全部
お風呂場で洗ってもらいました



ちなみに
お風呂の排水溝も
洗ってくれるのですが



ここは私が当日に
めちゃ綺麗に掃除しちゃってました






・どうせなら清掃中に気密を上げよう





昔の家だと

エアコンクリーニングp


こういう配管や穴が見える
エアコンもありましたが



今の新築だと
ほとんどが配管はエアコンの後ろなので
見えませんね


我が家のエアコンも
カバーを外さないと見えません





前に屋外の配管カバーを
交換した際に

エアコンクリーニングq


古いパテは取って


新しいパテを
これでもかって位に
隙間がないように埋めましたが





室内側は
どうなっているかと言うと


エアコンクリーニングr


まあ、悪くはないけど
良くも無いって感じですね(笑)



ケーズデンキでエアコンを購入した際に
貫通スリーブは入れて
コーキング止めはしていたので
そこまで問題はありません




「貫通スリーブって何?」って言うと


エアコンクリーニングt


これがエアコン用に
穴を開けた状態で



安い、適当な工事だと
このままエアコン配管通しちゃいますが



気密低下や結露の原因になるので


https://tohsen.com/new/11080/



貫通スリーブってのを入れて
コーキングして隙間を無くします




我が家のは入っているので
そこまで悪い工事ではないですが


エアコンクリーニングu


どうせならと
配管の穴を
吹き付け断熱で全部埋めて






エアコンクリーニングv


さらに周りは
エアコンパテを使って
完全に穴を塞ぎました










・1階よりずっと汚れていた2階寝室エアコン



1年中使うリビングエアコンよりも


冷房しか使わない寝室の方が
汚れが少ないかなと思いましたが




「あー、こっちは汚れてますねー」って事で

エアコンクリーニングw


ホコリが溜まっていて
その上にカビもたくさんある感じですね・・・


想像以上に大変な事になってました(笑)



2台同時割引が無ければ
しなかったかもしれなかったので
助かりました





ここで毎日
冷房入れて寝てたんですからねぇ・・・



内部クリーンとか
送風にして乾燥されると言っても



やはり暖房を使わないってのは
かなりカビの原因になるらしいので


今年の冬はこっちも
少しは暖房入れようと思います・・・



まあ、兄に言わすと
何やってもカビは生えるが
使用に問題はないって言われますが





こちらも全部綺麗にして頂いて


エアコンクリーニングx


作業時間は2台で
4時間近く掛かりましたので
かなり丁寧に清掃してくれましたね



それだけ汚れていたって事もありますが




とにかく日立のXシリーズは


・部品も多く

・外すのが大変なパーツが多く

・ネジの大きさも全部違い


一番大変だそうです(笑)



フィンの汚れも
メーカーによっては
高圧洗浄だけでかなり落ちるみたいですが



日立のはホコリを
吸着するのか取りにくいと言ってました





ちなみに業者さんに
「一番掃除しやすい
メーカーどこですか?」って聞いたら


ダイキンだそうで
本人もダイキンを
使っていると言ってました



その辺は
空調専門メーカーなので
アフターも考えられているんでしょうね



https://reogress.net/archives/30133098.html



どうしても
再熱除湿が重要なので
日立を使ってますが
掃除は大変みたいですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



今回は2台で22,000円なので
かなり安い業者さんでしたが


めちゃしっかり清掃して頂いたので
非常に良かったですね



最後に室外機の
ドレンホース清掃まで
して貰えました



色々と話を聞いて


確かに他社のクチコミを見ると
特に都内なんかは


・洗剤をスプレーして
 水道で流しただけとか


・フィンにカビが残ってるとか



本当に素人が
エアコン洗剤スプレーを使っただけと
同レベルの業者さんもあるみたいなので
注意が必要ですね




エアコンを作る側の
私の兄なんかは


クリーニングなんて要らないって
言いますけど


実際、カビがあって
その風が来るんですから



気になったら
または3~4年に1回位は
クリーニングするのもいいかもしれませんが



普段は熱交換器もフィンも
見えないので
なかなかチェックがしにくいですね






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2021年08月23日







快適性などは
ちょっと置いといて



未だにローコスト住宅では
標準仕様で使ってる場合が多い




樹脂サッシa



YKKのエピソードNEOや



我が家でも使っている
LIXILのサーモスⅡ-Hなどの
アルミ樹脂複合サッシですね



どっちもLow-E仕様だと
Ua値2.33で


Low-Eが無い一般複層だと
Ua値が3.49という窓ですね



ローコストメーカーだと
アルミ樹脂のLow-Eタイプ(Ua値2.33)が
一番標準で多いんじゃないでしょうか



我が家の時代(4年前)ですと
ローコストメーカーは
標準はアルミサッシってのも
まだまだありましたが・・・





最近は樹脂サッシもかなり増えたので
標準のアルミ樹脂サッシを
差額のオプション費用を払って


樹脂サッシb


APW330などの樹脂サッシにするか



そのまま標準でいくか
悩みどころですが




「お得になるので樹脂サッシに変更して
光熱費を節約しましょう」という意見があったり



twitterなどでも
「樹脂への変更差額が20万円・・・悩む」なんて
ツイートもあったので




サーモスなどのアルミ樹脂から
APW330などの樹脂サッシに変更すると
光熱費が何年で元が取れるか説明します






・APW330に変更すると光熱費で得をする?




間取りや窓以外の断熱
エアコンの温度や家族構成
家にいる時間などで
光熱費はバラバラですから


シミュレーションしたって
条件によって差がでますけど


平均値として
一番樹脂サッシ推しな
メーカー


YKKの数値で比較すると



樹脂サッシc



こちらですね


シミュレーションしている住宅が


延床36坪で窓面積が32.2㎡(4~8地域)
平成25年の省エネ基準住宅なので
まさに平均的な家です



真ん中のアルミ樹脂サッシは
おそらく自社商品との比較なので
エピソードNEOだと思いますが



一般複層なのでUa値3.49
Low-Eが入ってないタイプですね



対するAPW330は
一番高いアルゴンガス入りの
樹脂スペーサータイプです



・アルミ樹脂が
 年間の冷暖房費が59,396円



・これを
 APW330に変更すると
 52,363円ですね



一番左はアルミの複層なので
デュオPGとかフレミングですね


・こちらは今時使わないと思いますが
 それだと 66,563円です



なので一般複層の
Ua値3.49なアルミ樹脂と



APW330の冷暖房費の差は
家全体で 年間7,033円ですから



30年で210,990円の差になりますね



実際、ほとんどの
ローコストメーカーでも
今はLow-Eタイプが標準ですから



APW330との差は
年間で6,000円程度ですので



30年間で光熱費が
18万円の差です




もちろん快適性は
上がりますから


お金だけで決めるのも
良くないですが



オプション費用の差額は
ハウスメーカーや工務店で色々ですけど


サーモスやエピソードが標準で
APW330への変更が


「10万円で出来ますよ」って言われたら
絶対にお得なので変えるべきです


年間で光熱費が
6,000円安いんですから


10万円で変更出来るなら
17年目から得になります



「差額20万円です」って
言われても34年目には
プラスになりますし


ここまでは悩む事なく
お金が無くても変えるべきだと思いますが






この比較のAPW330は
樹脂スペーサーにアルゴンガス入りの
一番性能の高い奴なので


「20万円で出来ますよー」で喜んだら
アルミスペーサーのガス無しって
可能性もあるので


その点は注意が必要ですが


快適性を数値に出すのは
難しいのですが


私なら30万円ですね


このラインまでなら
オプション費用払っても
変更しますし



もし相談を受けたら
「30万円なら他を減らしてでも
変更した方がいい」
と言います


樹脂サッシd


これは過去に書いたものですが


当時から

 
・サーモスXなら20万円


・APW330なら30万円と言ってたのは
 

この辺の元が取れるかって話と
快適性のバランスですね




もちろん
金が無いからシビアってのが
一番の理由なんですが





樹脂サッシe


http://www.heat20.jp/HEAT20_G1G2_spec_example_151207.pdf


こちらはHEAT20の仕様表ですね



G1住宅なら
窓の熱還流率は2.33でも
割と普通にいけますが




これがG2となると


樹脂サッシf


Ua値2.33の窓となると
かなり断熱材の性能上げないといけないので
現実的にG2性能を目指すなら
樹脂サッシのがいいですが



今なら結構安い金額で
変更出来ると思いますから


30万円なら割と可能なラインだと思います




私の時代ですと
サーモスXやAPW330に変更すると
100万円という値段を言われたので



差額100万円だと
単純に光熱費で元を取るには
166年も掛っちゃいますから(笑)



その辺計算して
ちょっと変更する気には
なれませんでしたねぇ・・・


貧乏な性格なので



そうは言っても
仕事のおかげで
大工さんや工務さんの
知り合いも多いので



実際に生活する分には
アルミ樹脂で充分ってのは
教わりましたし





それよりも
断熱材も含めた
工事の施工精度のが大事ですから




https://reogress.net/archives/26997982.html


実際冬も快適ですし



窓を変更するより
玄関とリビングの間に
ドアを付けた方が
ずっと安く断熱性能が上がります





結露に関しては
APWの方が有利ですけどね






まあ、これに関しては
「15年程前はガラス2枚だと結露しない」から始まって




時代と共に


「複層ガラスだと結露しない」

「アルミ樹脂なら結露しない」

「樹脂なら結露しない」

「樹脂トリプルなら結露しない」





どんどん言ってる方も
インフレ化してますので
結局使い方ですね(笑)






・コスパを上げたいならエアコンも考える




本当に光熱費で得したいなら
サッシに100万円使うより
エアコンですね



樹脂サッシg



こちらは日立の14畳用で
一番グレードの低いRAS-D40L2


最安価格は112,500円ですが






期間電気代の公表値は


樹脂サッシh


年間41,688円です





一方、我が家でも使っている
最上位機種Xシリーズの


RAS-X40L2は


樹脂サッシi


実勢価格は250,000円と
130,000円も高いですが




樹脂サッシj


期間電気代が27,243円なので



1年間の差が14,445円



エアコンは最低10年は
使うと思うので
144,500円の差になりますから



この場合は最上位機種を買った方が
お得になりますね



エネルギー効率という数値APFが

・最上位機種は7.5

・一番安い機種は4.9と


全然違いますね


この数値は1のエネルギーを
何倍に出来るかという数値なので
高い方が省エネになります



ただ、エアコンの年間電気代は
昔の断熱気密性能が悪い家で
シミューレーションしますから


今の家だと
ここまで差は出ませんけど


その分
今は30畳以上を10畳などの
エアコンで動かしますから


省エネ効率は間違いなく
高価格帯のが高いですね



頑張って
高い機種を省エネしてるのか



売れなくなるから
わざと安い機種を燃費悪くしてるのか
知りませんが・・・


結構上位機種と下位機種では
差がありますね




その他
ローコスト住宅で
効率だけを考えたら






過去記事にも書いてますが
仮に50万円だけ性能に使えるなら


窓よりも断熱材の仕様を上げた方が
よっぽど効率的ですし



光熱費でも元を取りたいなら
エアコンの機種も考えた方がいいですね







・別に好きなの選んでもいいんですけどね・・・



自分で書いてて
余りの貧乏性な
性格に悲しくなりましたが(笑)





「自分の家族が住んで
自分でお金を払う物なので
好きにしていいんですよ」






その為の注文住宅ですから




本来注文住宅って
元を取るとか

そういう考えじゃないので(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



わざわざ
なんで、こんな記事を書いたかと言うと



割高な大手ハウスメーカーを
批判してる記事が色々多すぎて



そのなかでも
大手メーカーって


我が家の倍くらいの価格するのに
アルミ樹脂だったりするので
批判されやすいんですが




例えば
「昔のシングル窓と樹脂サッシを比べると
年間5万円は光熱費が変わる」とか
よく言いますね



実際いまどき
そんな窓を入れるメーカーは無いと思うので


最低でもアルミ樹脂だとしたら
年間で6,000円しか違いませんが



特にお金持ちだと
毎月1万円程度の光熱費の差なんて
全然気にしないでしょうから







価格は大手ハウスメーカーより安く
断熱性能も高い工務店さんは


「省エネ」

「エコ」

「長い目で見れば光熱費で得をする」

「選ぶ人は賢いみたいな」


大手を煽る工務店さんも
いますけどね(笑)




その点
私みたいなガチな貧乏人だと
ちゃんと計算しちゃいますから



「いや、長い目って166年掛かるじゃん」
冷静に突っ込んじゃうんですが・・・






というか本来の価格って
樹脂のがお得になるんですけどね



サーモスとAPWって
定価ベースで比べると


家全部の窓でも
200,000円位の差なんですよねー


なので30年程で
元が取れるんですが


ハウスメーカーとか
中堅ビルダーとか



商品を大量仕入れで
安くしますので


「APW330の変更は100万円です(ドヤっ)」って

エコでも何でもない事言われるんですが・・・


なので超金持ちでも貧乏でも無い
普通の人は樹脂サッシが人気なのは
分かりますね



快適になるし、毎月の光熱費は下がるし
エコですし



・金持ちは光熱費を気にしませんし


・貧乏だとガチで計算しますから



車でも
「ハイブリッドにしても
元取れないじゃん」って
計算しちゃうタイプですね・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・


私も光熱費を
気にしないような
収入が欲しかったですけど(笑)










・結局バランスなんですよね



前にも、このような
お金と性能の話を書いたら



twitterで
「まず収入を上げろ」
煽られましたが・・・




今回書いた
窓、断熱材、エアコン


一番いいのは
どれも高性能に変更なのですけど



現実問題
特にローコストを検討してると
全部変更するのは難しいのですが



例えば
窓と断熱材とエアコンに
うまくバランス配分して
予算を考えるといいですよねー



例えば
どうしても掃き出し窓、引き違い窓は
性能が劣りますから


そこだけ樹脂サッシとか




断熱材も
屋根断熱の部分だけさらに追加するとか



なんでも完璧にする予算がなければ
バランスですね



その点は
オプション費用の載せ方が
ハウスメーカーによって異なるので


必ず得するわけではないですが




案外生活に余裕が出来てくれば


・窓はインプラスなどの内窓付けたり

・断熱材も内張りで増やせますし

・エアコンなんてそれこそ
 10年に一度は買い替えですし



屋根と基礎は
なかなか後でってのが大変なので


そこは最初から
性能、耐久性を
上げとくのが効率がいいですが



それ以外の
だいたいの物は


住んだ後でも
性能、快適性を上げる方法は
いくらでもあります




ただ
私の収入が上がる方法は
全然浮かびませんけど・・・




今回、何故わざわざ
このような記事を書いたかといいますと




次回記事より
ちょっとした事があって



住んだ後に
窓の性能数値を上げる方法・・・



我が家に内窓を入れる計画が
スタートします






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年08月16日









先日の
再熱除湿で寝室の温度、湿度を計測した記事






こちらの記事に
Twitterやブログの質問コメントなど
結構頂きましたが







私が


>>ダイキンは再熱除湿がないので
>>我が家みたいな使い方には
>>余り向きませんね



と書いたところ




「ダイキンにも
再熱除湿あるよ」
色々と頂きましたので
説明しますけど



再熱除湿っぽいものは
あっても


再熱除湿はありません






似た機能はあるので


ダイキンa


日立とダイキンの違いについて
書いていきます





・まずはダイキンの仕組みを分かりやすく



これを書いてる時は
お盆期間中で


日立製作所勤務な兄も日立市から
山梨に戻ってますから


かなり詳しく色々
聞けるのですが
(エアコン専門です)



あまりに専門的すぎて
半分位は意味が分かりませんが(笑)



なるべく分かりやすく教えてもらって



ダイキンの
詳しい仕組みに関しては
ダイキンさんに
問い合わせもしましたので





分かりやすく説明させて頂くと


ダイキンb


こちらがダイキンの上位機種に搭載されている
新ハイブリッド方式の
「さらら除湿」ですね





まず大きく
説明書きがあり



>>一般社団法人 日本冷凍空調工業会による
>>再熱除湿方式ではありませんので
>>室温の低下があります。
>>(使用環境により異なります。)



という記載があって



まずは
ダイキンさんに



「これって再熱除湿っぽいですが
再熱除湿では無いのですか?」と質問すると


ダイキンc




>>再熱除湿は
>>内部にヒーター機能を持っている除湿です


>>新ハイブリッド除湿は
>>ヒーターを持たずできるだけ
>>室温を下げにくいように除湿を行います
>>状況によっては室内温度が低下することがございます。



これが一番の違いで



なので
「再熱除湿は無いです」
私は言いましたが





一番の違いは


・ダイキンは室温を下げない運転をする


・日立のは
 温度を上げる運転も出来る



この違いですね





・ハイブリッド除湿と新ハイブリッド除湿?




再熱除湿っぽいものはありますので
説明すると


ダイキンd


新ハイブリッド除湿は
4つの組み合わせで運転をします




ハイブリッドと
言うのは



プリウスで有名ですが、あれは
ガソリンと電気のハイブリッドですね



異なる物を組み合せたという意味です





・マイコンドライという
 昔ながらの弱冷房式除湿と


・乾燥した外気を
 取り込むという吸気除湿


・そして
 ハイブリッド除湿


・さらには2019年に出た
 新ハイブリッド除湿という



寒くなった空気を暖めて戻すという
新システムですね



新ハイブリッド除湿は
2019年に出ました



我が家がエアコンを購入した当時は



新ではなくて
普通のハイブリッド除湿しか無かったのですが





まずは2019までの
ハイブリッド除湿を説明すると



・こちらは従来の
 弱冷房方式と



ハイブリッドと言うくらいですから
もう一つあって



エアコンの室外機というのは


エアコンは熱交換しますから


・冷房にしてれば
 室外機からは暖かい風が


・暖房にしていれば
 室外機からは冷たい風が出ます





これは日立の
再熱除湿ですが


ダイキンe


室内を冷やした時に出る
本来なら室外機に出す
暖かい風を
また室内に戻します



「なので
温度が下がりにくい」



これがハイブリッド除湿ですね







ただ、これだと


・弱冷房で冷やして除湿
   
・その排気を使うんですから



温度が下がりにくいって
事は出来ても


暖めながら除湿するって事は
出来ませんね




日立の場合は
ヒーターで文字通り
再熱させますから
暖かくする事が出来ます





ダイキンさんの
公式サイトにも


ダイキンp


「少し」「やや」「余り」ってのが
曖昧ですが(笑)




ハイブリッド除湿は
温度はやや下がるんですね


その代わり
消費電力が少ないという
メリットがあります




なので
再熱除湿が必要だった私は
当時の購入機種で
ダイキンは選択外でしたが



2019年より
ハイブリット除湿が
新ハイブリッド除湿になりました







・やはり暖める事は出来ない新ハイブリッド除湿



兄も日立製にはメチャ詳しいですが
他社さんの新機能には分からない事も多いので




ダイキンさんにも
色々と問い合わせさせて頂きましたが




こちらが
新ハイブリッド除湿システム


ダイキンf


こちらも簡単に言うと



今までのハイブリッド除湿に加えて
別に除湿弁を追加して


まずはほんの少量だけ
エアコンで冷房して
除湿をします



冷房したら
絶対に結露で水は出ますからね
当然湿度は下がります



そして
それとは別に



室外機から空気を取り込んで
こちらを暖めて
室内に戻します






「室外機から
空気を取り込んで
それを暖めるんだから
再熱除湿じゃないの?」


と思う人が多いのですが





温度を下げない能力はありますが
暖めるほどの能力はないので


ダイキンg


公式でも
室内と外気温が同じ温度なら
力を発揮すると記載されていますし



実験も外気、室内が共に28℃の時と
24℃の時のデータが載っています




こちらは
甲府の天気予報


ダイキンh


昼はまだ暑いですし
前に無冷房の実験をしましたが






今の高断熱高気密住宅は
熱を逃しませんので



夜も
「良く言えば暖かい」です


まあぶっちゃければ
夜も冷房使うほど暑いんですが(笑)



しかし外気温は
早朝は22℃と
肌寒い温度になります



仕組み上
温度を下げない事は出来ても
上げる事は出来ないので



>>カタログの当社条件値が
>>室内温度24度で外気温も24℃ですが

>>例えば
>>室内が24℃
>>外気温は下がって20℃の場合は
>>室内温度は上がらないのでしょうか?



このように
室内の希望温度より
外気温のが低い場合はどうなるの?と
質問を送ったところ




ダイキンi



室温が24℃で
外気温が20℃の場合は
室温が上がる事は無く
下がっていきます



これでも
昔ながらの弱冷房方式の
ドライ運転に比べれば
穏やかに下がりますが
上がる事はありません




なので
結局色々と説明しましたが


・新ハイブリッド除湿は
 温度を下げにくく除湿をしますが


・部屋の温度を上げる事は出来ません



なので早朝や
外気温が20℃以下の
梅雨や秋雨だと厳しいんですね





・何故日立や三菱の再熱除湿は温度が上がるのか



ダイキンの再熱除湿っぽい機能を
説明しましたが




もう一度日立の
カタログを見ると


ダイキンj


冷房すると室外機に出る
暖かい風を使うまではダイキンと
同じですが




室内、室外がそれ以上に
寒くなると




単純に「再熱」で
暖めるから
除湿しながら温度が上がります




ちなみにダイキンも
昔は普通の再熱除湿がありましたが


全然売れなかったみたいで
無くなりましたねぇ・・・


なにしろ
夏なのに暖房を使うってのが
世間のイメージが悪いですよね


電気代が余計に掛かるわけですし



雨でも降らなければ
体感で25℃で50%と
25℃で65%なんて
余り違いは分かませんから



ダイキン以外も
昔はほとんどのメーカーが作っていましたが



一時期は気が付けば
日立と三菱だけになり


昔から兄が言ってたセリフですね


「日立のメインは重電だから
家電は宣伝目的のオマケ」


なので昔は余り売れなくても
良かったのでしょうか(笑)



今は知りませんけど
昔はエリートは重電に行って


そうじゃない人は
(兄もですが・・・)
家電だったのでしょうか(笑)




という事で


ダイキンk


約30年ほど前に
室外機の暖かい風を
もう一度戻すという方式を発明して




そこから
意地になって作り続け(笑)



ダイキンL


外気温が1℃でも
除湿が出来るという仕組みを作ります




まあ、想像して頂ければ
分かりますが



昔の気密が悪い住宅なら
どんなに再熱除湿しても


外の湿気がたくさん
入ってきますから


余り意味は無かったんでしょうねぇ・・・



それが今の高気密高断熱住宅になって
割と必須な機能になってたりします



ちなみに
実験で弱冷房の除湿と
再熱除湿を比べましたが

ダイキンs


左が弱冷房
右が再熱除湿ですが




早朝はエコキュートや
生ごみ処理機も動きますので
エアコンだけの消費ではないですけど
消費量は変わりませんでした




廃熱だけで大丈夫な温度なら
今の再熱除湿は省エネなので
変わりませんね



これが外気温15℃とかになると
話は変わってきますが・・・










・再熱除湿が夏に必要な理由



まず弱冷房方式の
ドライ機能でも
昼間は問題ないと思います



夏は温度が暑いから
昼はそれほど止まりません




後は夜でも
希望の室温って
25~26℃でしょうか


外気温がそれ以上
つまり熱帯夜ですね


そうなると弱冷房方式では
無理ですが


ダイキンの
ハイブリッド除湿でも大丈夫です






ちなみにこちらが
ブログを書いている日
8月13日の気温です


ダイキンm


今年のお盆は
雨でしたので


早朝は22℃台にまで
下がってしまいましたが



こうなると
再熱除湿の出番になります




こちらが我が家の寝室

再熱除湿f


希望設定は
温度が26℃で
湿度は50%です





ダイキンn


相変わらず
入室後はガツンと上がりますが



すぐに希望の
温度と湿度になります



外は雨で温度は22℃
湿度は90%以上



これで湿度と温度をキープ
させるにはエアコン1台だと
再熱除湿付きしかないです






もちろん
再熱除湿じゃなくても


エアコンとは別に
除湿機でも大丈夫です




下手したら
エアコンオフで除湿機のみでも
いい感じの外気温なので
そちらの方が電気代も掛かりません



ただ、我が家は夏の間は
ずっと26℃で50%にしたいので




これがボタン1つで
簡単に出来る
日立のエアコンは
楽だし便利だと思います





もちろん
ダイキンさんのエアコンも
素晴らしい機能は多いですよ




そうじゃなければ
シェア1位になんてなりません






ちなみに昨年は
ダイキン1位で
2位はパナソニックでしたが



パナソニックは一人暮らしなどで使う
6畳用などの安いのが売れてるので2位ですね




・今の省エネで冷える
 冷媒技術(R32)を作ったのは
 ダイキンですし





・加湿機能があるのも
 ダイキンだけですし





ダイキンq


なんと換気もしますからね





しかも換気システムが


ダイキンr


第2種なので
余り計算されてない3種換気の家なら
疑似的に1種換気になります(笑



吸排気の量が違うので
多分一種と同じような運用は難しいですが


まあ、新築で
断熱、気密、換気システムを
ちゃんと考えている家なら要らないですね・・・



要は再熱除湿を
重要と考えてるならイマイチって事で
他に優秀な機能はたくさんあります





後、再熱除湿の際の
除湿量は



1位が日立で
2位は富士通ゼネラルらしいです


ただ富士通は
湿度を何%と指定出来ないのが
つらいですね・・・


三菱なんかは
再熱除湿もありますが
カメラが360℃動いたり


まあ、機種によって得意なものは
色々なので
使い方によってですね




霜取りが頻繁に出る地域とか
場所によっても選び方が変わりますし



テレビや冷蔵庫なんてのは
家電芸人でも店員さんでも
誰に聞いてもいいのですが



空調機は
家の仕様と使い方で
向いてる機種が全然違うので



元、高断熱高気密住宅の
設計士さんみたいな家電店員さんでも
いない限りは
意味が無いと思います(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・




そして除湿という話なら


・そもそもドライ機能を
 最初に作ったのも日立ですし


・再熱除湿も今の熱をリサイクルするのも
 日立が発明したので




湿度管理には
一番メリットが多いメーカーです





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村










2021年08月09日







梅雨時などに
再熱除湿付きのエアコンを勧めましたが







もう一つ
再熱除湿が必要なのが
真夏の睡眠時です



今の高断熱住宅なら
だいたい寝る時は
エアコン点けっぱなしだと思いますが



「ぶっちゃけ冷房だけだと
湿度が凄い事になりますので」



是非
再熱除湿をオススメしたいですが





どれくらい湿度が違うのか


switchbotで
データを取りましたが



やはり
一日中冷房では
湿度が高すぎでしたので



今から
エアコン買う方には
是非再熱除湿付きをオススメします






・夏の寝室は冷房だけでは湿気が凄い事に



屋根裏エアコンとか
1台で家の中全部を冷房している家は
また別なのですが



・我が家は
 冬は1階のエアコン1台で
 2階も含めて全部を暖めますが




夏はリビングのエアコンと


再熱除湿a


寝室のエアコンを使っています





間取りがこうなっていて


再熱除湿b


寝室は8畳ですね






冬は1階リビングの暖房だけで


再熱除湿c


ドアを開けっ放しにすると
2階全部が暖かくなりますが



夏の冷気は上には行かないので
2台使わないと無理ですね・・・





そして
8畳の部屋に
家族4人で寝る訳ですが



当然、人間がいるだけで
呼吸しますから
湿度って結構上がるんですね



という事で


・1日目は冷房で

・2日目は再熱除湿のドライで


温度と湿度を検証します






・1日目 冷房のデータです




1日目、2日目とも



再熱除湿p


・最低気温は24℃

・最高気温は35℃位ですが





こちらが1日目
ずっと冷房をしていたデータです




まずは気温ですが
設定温度は26℃で
風量などは全て自動です



再熱除湿1



エアコンはずっと入れていますが
寝室に行ったのは
22時30分位で



ここから
温度が一気に上がりますね



人間は37度前後の熱源ですから



そして26℃近くになると
またエアコンが強くなって



温度が下がると
また動かなくなりますが


これが
サーモオフという状態になります



サーモオフになると
エアコンが動いてない状態なので
(送風のみ)


湿度を下げることはありません


なので
温度だけ見ると
快適って感じですが




次に
この日の湿度を見てみると


再熱除湿2


入室後
一気に湿度が上がりますね



誰もいない状態では
湿度54%と快適ですが


家族が寝室に入ると
一気に70%位まで上がります



大人だと
呼吸と見えない汗だけで
1日に1,000mlも水分を放出しますし



我が家は親子4人ですが


8畳しか無い寝室に
4人で寝るのですから
一気に湿度が上がります




良くも悪くも
気密がいいって事は
外に湿気が逃げませんから
こうなります






温度が26℃を超えそうな
23時過ぎに


またエアコンが動くので
湿度が下がり始めましたが


どうしても
冷房の設定温度になると
エアコンは止まってしまいますから


そうなると
また湿度が上がってしまいます



結局65%~70%あたりを
行ったり来たりしていますね




もちろん
もっとエアコンの設定温度を下げて
22℃とかにすれば
湿度も下がりますが



そうすると
寒くて寝れません・・・



温度はそこまで下げずに
湿度だけ下げれるのが


再熱除湿です






・次に再熱除湿のデータです



次が普段の設定
再熱除湿ですね



ちなみに
寝室に入るまでは
冷房にしています




そして寝室に入る
ちょっと前に


再熱除湿f


このように
温度は26℃
湿度は50%に設定します



ちなみに
温度と湿度を
自由に設定出来るのは



日立の特許なので
他社製では出来ません・・・




そして再熱除湿時の
まずは温度のデータです


再熱除湿3


冷房時と同じように
入室後温度が上がります



ちなみに
布団を掛けないと
寝れないタイプなので



寝室に入る前は
25℃設定にしています



寝ちゃえば
布団無くても平気なのですが(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



そこからなだらかに上がって
MAXだと26.6℃になりますが
決して暑い事は無く




湿度が快適なので
これくらいが
丁度いい温度になります



そして
湿度データを見ると


再熱除湿4



入室後は
一度上がりますが



そこからはずっと
50%で安定します






2つを並べて比較すると
まずは温度


再熱除湿5


温度だけ見ると
それほど違いはありませんね






次に湿度を並べると


再熱除湿6


平均で15%以上も湿度が違います




冷房時は


再熱除湿をすると
いかに湿度が安定するか
分かりますね




同じ26℃でも


・湿度が70%あれば
 ムシムシって感じる時もありますが


・湿度50%は本当に快適です







・再熱除湿が無いドライは弱冷房と同じ



日立のエアコン
Xシリーズは


再熱除湿L


ドライ運転=再熱除湿のみなので



残念ながら


再熱除湿がないエアコンの
ドライ運転=弱冷房方式が無いので
データが取れませんが





結局、再熱除湿ではないドライは


再熱除湿m


結局26℃設定にしたら

室温が26℃になったら
エアコンは止まってしまうので


どんどん湿度は上がってしまいます




夏なら
昼間は冷房だけで問題はありません



昼は外気温が暑いですから
そんなに長時間サーモオフで
止まる事がないですからね




しかし
深夜~早朝は
外気温が22~25度位でしょうか


2日間の測定日とも
最低気温は24度でしたが



それだと
冷房や


弱冷房方式のドライ運転では
何度も止まってしまいます





最近流行のF式冷房って奴ですね


https://iiie296.com/?p=18618



要はエアコンにフィルター掛けたり
全館を1台で運用するなどして
負荷を上げれば


止まりにくいって
良く考えられたシステムなのですが





全館冷房なら
ともかく


寝室だけのエアコンだと
どんなにフィルター掛けようが
冷房の設定温度が先に来ちゃいます



・寝室が20畳とか

・一人で寝るなら
 別ですけど




我が家みたいに
寝室8畳で家族4人


それを今のような
気密、断熱性が高い部屋なら


どう考えても
人間の呼吸や汗で
湿度が上回ります・・・




平成初期の
気密がスカスカで
断熱も無い家なら
止まらない可能性もありますが・・・



なので
やはり今の家は
再熱除湿付きの
エアコンがベストだと思います




とにかく
昔の家に比べて
冷えすぎちゃうという



ありがたい事ですが
エアコンの使い方を
変えないといけない家になりましたね



ちなみに
寝室程度の大きさなら
普通の冷房プラス除湿機でも
大丈夫です




どちらにしても
再熱除湿か除湿機を使わないと
冷房だけだと止まってしまい
湿度が下がりません・・・




ちなみに
エアコンは日立か三菱が
オススメと過去記事に書いたら



「富士通ゼネラルも再熱除湿あります」
言われたのですが


再熱除湿o


富士通のは
湿度設定が出来ないので


正直再熱除湿の面では
かなりランクが落ちます・・・




というか
再熱除湿関係は
日立の特許だらけなので


実質は日立の一強ですね


やや離れて三菱


エアコンでは有名な
ダイキンは再熱除湿がないので
我が家みたいな使い方には
余り向きませんね











・弱冷房の方が湿度は下がりますが・・・




弱冷房方式のドライは
試せませんが



よく考えたら
冷房を弱には出来るので
そちらでも翌日試しました





まずは温度


再熱除湿1


弱でも充分快適ですね





次に問題の湿度です


再熱除湿2


平均が60%ほどで
だいたい60~65%を前後しますね




弱の方が
サーモオフにならない分
稼働時間が長いので



通常の冷房よりは
快適になりましたが
それでも60%が限界ですね・・・




寝室のドアを開けておけば
止まらないのでもっと下がると思いますが(笑)



これでF式と呼ばれる
フィルターに負荷を掛ける事を
すればもう少し下がりそうですが



やはり今の家でサーモオフせずに
8畳の締め切った寝室を冷やすってのは
逆に無理がありますね(笑)




50%にするには
再熱除湿しかないかなぁと思います





~追記~



この記事を出した後に
コメントTwitterで
ダイキンにも再熱除湿があるよと
頂いたので



日立とダイキンの違いを記事にしました



https://reogress.net/archives/30133098.html




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村








2021年08月02日







去年の冬
住宅系ブログでブームだった(笑)






一日暖房無しで室温が
何℃になるかという
無暖房チャレンジです




冬はですね


今の住宅性能があれば
「寒いな」って思っても
死ぬような温度にはならないのですが


夏は熱中症で倒れますから
良い子は絶対にマネしてはいけません






我が家も






キャンプ泊で
一日留守にしていたので








switch botのデータ取りが出来ましたが


とにかく昔の家と違って
全然温度が下がりませんので



家にいる時は
絶対にやってはいけない実験です


という事で
30時間ほど無冷房でしたので
数値を載せていきます





・最高気温は34.7度でした




無冷房で30時間測定した日は


無冷房a



・最高気温34.3℃の7月22日
 朝11時から


・翌日の7月23日は最高気温34.7℃
 こちらの夕方16時までの
 計30時間です




甲府にしては
そこまで暑くないですが


逆に皆さんにも
参考になる温度ですね


これが40℃の日だと
「甲府が特殊なだけじゃん」
言われちゃいます(笑)



という事で
まずは出発する時間の



初日朝11時から夜23時まで
12時間のデータです


無冷房b


いやぁ・・・驚きですね・・・


夕方どころか深夜になっても
温度は下がりません



昔の断熱性も気密も低い家なら


夕方6時以降は
室温は下がり始めますから


エアコンの使い方なども
考え方をアップデートさせないと



「高断熱高気密だから」なんて
冷房無しにしたら熱中症になってしまいます




昔の家と比べて一番違うのは
「暖かい、涼しいを逃さない」って事ですから




夏の暑い気温も
エアコン使わないと
逃してくれません




気象庁の1時間毎の温度データ


無冷房d





これと無冷房の日のグラフを合わせると


無冷房e


青色の気温が15時、16時が
随分下がっていますが
激しい夕立があったみたいです




昼12時とかは
さすがに室温と
外気温が10℃近く差があるので



室温も上がっていきますが
それ以降は安定してますね



そして外気温が夜に向けて
下がっていくのも無視して
そのままの温度になっています・・・







・深夜は涼しくなるのか・・・



次に23時以降の深夜のデータです



昔の家なら深夜から早朝は
温度が下がりますが


無冷房f


グラフは激しく動いてるように見えますが
最少が28.2℃で最高が28.5℃なので
0.3℃しか動いていません(笑)



最少が朝7時で最高が朝11時なので


深夜の23時~朝6時は
0.1℃しか変化がありませんね・・・




こちらも外気温と重ねると


無冷房g


住んでいる甲府市は
昼と夜の温度差が結構あるので



夏は35℃超えても
深夜は25℃以下になるので
熱帯夜は少ないのですが


外気温はこれだけ動いても
室温は一切変化がありません



特に午前中は
まだ日射取得も少ないし
断熱材で充分防げるレベルですね




室温が外気温の
影響を受けにくいって事は


エアコンなどの
冷暖房費が少なくて済むって事なので



昔と違って

「エアコン=電気代が勿体ない」って
考えは無くして


家にいる時は寝る時もずっとエアコンを
入れて寝るのがベストですし
電気代も掛かりません





我が家はUa値0.6程度なので
そこまで高性能ではありませんけど




https://reogress.net/archives/26683929.html



Ua値はあくまで家全部の平均ですから
間取りでや日射取得値で変わってきますから



このUa値だからこの温度とか
この冷房費ってのは出せません




よく
「このUa値だと電気代はいくら」
みたいな数値ありますけど



あれはシミュレーション値のデータですから
間取りや日射取得で全然変わってきますので
参考程度にした方がいいですね



とにかく寝る時、家にいる時は
エアコンを使った方がいいです



高断熱高気密ってのは
悪く言えば


外気の影響を受けにくいですから
早朝でも涼しくなったりしません・・・



・勝手に夏涼しくて
 冬暖かくなる訳ではなく


・外気温の影響を受けにくいって
 だけの話ですから




まあ、それが快適な暮らしには
大事なんですけど(笑)







・参考までに残り6時間のデータ



これで24時間ですが


今回の無冷房は30時間ですので
残りのデータです



・特にスタート初日の11時は
 エアコンを出掛けるまで入れていたので
 24.8℃でしたが


・2日目の朝11時は
 この時点で24時間エアコンを使っていないので
 28.4℃と


前日と3.6℃も差がありますから
普通に考えたら



前日より昼間は高温になりそうですが


無冷房h



このように前日より
最高気温が0.8℃上がりましたが
MAXで29.4℃ですね



16時過ぎに
ガグンと下がるのは
帰宅してエアコン入れたからです


・・・・・
・・・・
・・・
・・



今から家を建てる方は
断熱材とか気密性で


暖めた熱を逃がさないってのが
なんとなく分かって貰えると思います





こちらも外気温と重ねると


無冷房i



この日はもう
甲府にいたので分かりますが


15時からは夕立で
激しい雨でしたので
外気が下がっていますが



やはり室温は
高温ながらも安定してますね



無冷房で室温が何度まで上がるかは
Ua値以外にも
日射取得値の方が重要ですし




我が家の場合は






すだれの実験で測定した時は
温度が2℃下がりましたから


これが無ければ30℃超えてると思います










・とにかく考え方のアップデートを



SNSなんかで
「お年寄りの熱中症を防ぐためにも
高断熱高気密住宅を」なんて言う人も多いです



今の家は
「夏涼しくて冬暖かい」なんて言いますけど



はっきり言って
昔のエアコンの使い方では
逆に危険な場合もあります



特に老人は温度変化に
鈍感ですから



今の家は
エアコンを長時間使うのが当たり前で


室温の変化が少なく
エアコンで涼しくした空気を外に逃さないので
長時間使っても電気代が少ないという作りです



どんなに高性能な住宅でも
関東以南で温暖な地域なら
夏にエアコンを使わない前提なんて家はありません


・・・・・
・・・・
・・・
・・


家を建てられる方の平均は
30歳くらいが多いでしょうか


若ければ考え方も柔軟ですし



今の家と昔の家では


スマートフォンと
ガラケーどころか
昔の黒電話位使い方が違うってのは
理解した方がいいですね



まあ、これだけ説明しても
うちの妻は


「ふーん・・・ポチ・・・」って
出掛ける前にエアコン切りますけど(笑)





ちなみに今80歳の人が
30歳の頃は50年前ですけど


無冷房j


これは
ひばりが丘団地の案内動画ですが



こういった団地が
最新の設備、性能って言われていたのが
50年前です


当然戸建てなんて当時はもっと
低性能な家ですし


家電品の性能も悪いんですから
エアコン=贅沢品だったのですが



今の時代は
エアコン=冷蔵庫位に思わないとダメですね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村



2021年06月18日







先日、6月(5月使用分)の
電気代が来まして

電気代a


5月2日~6月1日の使用料が
8,100円






ちなみに我が家の小さい
3.25kwしかない太陽光が


電気代b



10,044円なので
今月は黒字ですね







今年上半期が揃いましたので
まとめると

電気代c



5月、6月は
太陽光の収入の方が上回ってます




今年の5月は上旬が
早い梅雨入りの為に
電気代がかかる再熱除湿を使ったり



後半は
30℃超えた日もあるので
冷房を使いましたが




今回は
「去年よりは安いはず」という確信があって






先月冷蔵庫を買い替えましたから




容量は1.5倍ほど大きくなりましたが
今の冷蔵庫の方が省エネなので
安くなりますね





後は


https://reogress.net/archives/27623659.html



冬に書きましたが
暖房の使い方を変えて



・寒くなったらオンではなくて


・ずっと点けっ放しにしたら
 電気代が下がったので



去年、一昨年より下がっています






・同じ家なのに光熱費がここまで下がるとは




過去3年間の
上半期電気代を並べると




今年 2021年が


電気代d



1月~6月の半年間合計が
88,672円






去年 2020年は


電気代e



半年間の合計で107,771円







そして2年前が



電気代f


半年間の合計で119,469円







比較すると


電気代g



・2021年は88,672円

・2020年は107,771円

・2019年は119,469円




もちろん全部
同じ期間での集計です





今年は去年より
19,000円安く



2年前と今年の差は
半年間で30,797円も安いですから



年間だと何と60,000円も
光熱費が変わる計算です




いやー、同じ家なのに
これだけ違うんですから



いかに
ハウスメーカーなどがいってる
光熱費の比較ってのが
意味が無いか分かりますね






・何故年間6万円も違うペースで変わったのか




普通なら子供が大きくなって


電気代h


電気を使うオモチャをしたり



テレビやゲームに夢中になったり
電気代が増えていきますが




それでも今年が
一番安いのを考えると



去年との比較は
最初に言ったエアコンの使い方ですね
これが大きいと思います




昔の家ならともかく
今の家ならZEH程度の断熱性能でも
点けっ放しの方が電気代が得ですね



さらに朝起きた時や
家に帰ってきた時にすでに暖かいんですから
絶対にするべきです



後は冷蔵庫の買い替えもありますが




一番電気代が高かった2年前は



子供が3歳と1歳で
妻と子供は育休中
ずっと家にいたので


当然高いと思います



これはライフスタイルの違いで
電気代が違ってきますね



趣味で電気を使う物もあるでしょうし



各家庭の
ライフスタイルで全然変わってきます




例えば我が家でも
減らそうと思えば


電気代i


電気代がかかる
生ごみ処理機を使わなかったり







電気代j


もうオッサンなんだからと
ヘアアイロンとかドライヤーを使わなくすれば
さらに下がります(笑)




というか
冬にこれだけ長時間暖房を入れるのに
かなり妻を説得しましたが



環境や脱炭素とかエコとかで
売ってるメーカーは



まずは契約や引き渡しの時に



「暖房は入れっぱなしの方がお得です」
と強く言って欲しいですね



妻は、私の言う事は信じなくても
工務さんの言う事は信用してますので(笑)






・家の性能で電気代ってどれくらい変わる?



当たり前ですが
家の性能が良くなっても


炊飯器や洗濯機などの
家電品の電気代は変わりません(笑)





私は家の性能なんて電気代だけでは
分からないと思いますから






毎月の電気代を
載せるのを過去にやめましたが




そもそも光熱費と電気代って別物ですし




性能で変わるのは
冷暖房費代だけでしょうけど




この比率も家によって違いますが


電気代k


これは2009年なので
多分、冬は灯油使うんでしょうか・・・
ちょっと比率が低いですね






電気代L


こちらは出典先も無いので
信憑性は低いんですが
約3割がエアコンですね



昔の家は
暖房は灯油も使いましたが



今は我が家もですが
エアコンだけなので2~3割は
占めていますね





まあ、多くてもその程度で
電気代のうち冷暖房費は多くても30%程度



残り70%は
エアコン以外の電気代ですから





HEMSという
各電化製品ごとに
電気量が分かるもの

電気代m


これでエアコン代だけの比較をすれば
家の性能が少しは分かりますが






それにしたって






Ua値やC値だけじゃなくて
間取りでもエアコン代に差は出ますし




ハウスメーカーの
「光熱費が〇〇円下がる」みたいな
フレーズはやめて欲しいんですけどね・・・




実際、同じ性能で同じ間取りの我が家が
電気の使い方で
これだけの差が出るわけですし



どんなに家の性能上げても
冬場はエコキュート暖めるのに
ガッツリ電気代取られますしね



北海道だと室内に
エコキュートの
給湯器置くみたいですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・



ちなみにドライヤーとヘアアイロンの
電気代は1ヶ月200円程度なので


それほど薄毛になる
メリットはありませんね(笑)










・という事で電気代は余り参考にしないで欲しいです




住宅ブログで電気代を載せてるサイトって
多いんですよね



書き手からしたら
毎月1回必ず書くネタがあるので
便利なのかもしれませんが(笑)




我が家と同じくらいの大きさで


ずっと高性能な住宅でも
我が家より高い光熱費な場合もありますし


その逆もあります



もちろん
全く同じ家で
同じ生活をしたら


断熱性が高い方が
冷暖房費は低いですけど



余り気にしすぎたり


性能のいい家を建てたのに
他と比べて高かったりして


ストレスが出るほどの
省エネしても意味ないですからね




「断熱ってのは冬も夏も
快適に暮らしましょう」
って事で



せっかく全館暖まる性能や
長時間暖房してても大丈夫な家を


リビングだけとか
こまめに消して寒くなったら
また点けるとか



快適性を犠牲にしても
逆に勿体ないと思います






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村