お風呂

2020年09月25日







高断熱高気密の住宅は
脱衣場も寒くなりませんから




「ヒートショックを防ぐ」という
広告は多いのですが




今の高断熱、高気密の家なら
ヒートショックが全て防げるのかと言うと





決してそういう訳ではありません


ヒートショックa



それでも脱衣場が寒いという原因も
半分はあるので




半分は本当なのですが




ちょっと大げさに
「高断熱だと
ヒートショックも防ぐ」なんて
広告もあったので





前職が温泉旅館の支配人ですから




旅館では
お客様に万が一なんて事は
絶対にあってはいけませんので



ヒートショック対策には
かなり気を使っていました





もちろん今の高断熱高気密の方が
対処しやすいのですが



もちろん現実に
今の高性能住宅だって
ヒートショックは起きています







・何故「高断熱住宅はヒートショックが防げる」が半分嘘なのか




高断熱高気密なら
ヒートショックが防げるという意見の基本は



こちらは昔住んでいた
アパートですが

ヒートショックb



・こたつと石油ファンヒーターで
 一部分だけ暖かいリビングに


・寒い脱衣場に


・もの凄く寒い廊下という感じでした





だいたい、昔の家だと



・局所的に暖かい居間

・寒い脱衣場

・寒い浴室

・熱いお風呂




「この温度差があるから
ヒートショックになる」という事ですが



これはだいたい合っていて






高断熱高気密の家は
脱衣場も暖かいし


ヒートショックc



お風呂の中も今のユニットバスなら
暖かいですから





「温度差が無いので
ヒートショックが防げます」という
話なのですが




その理屈だと





4月とか5月には
ヒートショックは起きないわけですが



ヒートショックd



実際は12月や1月に比べたら
4月でも半分



さらに
高断熱、高気密じゃない家の場合



夏場は逆になって


・エアコンで局所的に涼しい居間

・暑い脱衣場


という逆の温度差があっても
ヒートショックが
一番少ないわけです





つまりヒートショックの
原因のほとんどが



お湯の温度なんですね



高断熱高気密だろうと
お湯の温度が高ければ
ヒートショックを起こしやすいです







・旅館のヒートショック対策



旅館なんて古い施設が多いですから



高断熱高気密なんて
全然無理なのですが


ヒートショックe


お客様が不快になっては困るので
脱衣場は冷暖房があります




これは今の高断熱高気密の家なら



リビングも脱衣場も
ほぼ気温が変わらないので
大きなメリットですね




浴室内の洗い場も
昔のお風呂は寒いですけど



温泉の場合は
湯船が大きいですから
洗い場が寒いって事はありませんが





結局、このまま
熱いお湯に



ザブーンっと入ったら
これはヒートショックの原因になります






旅館でヒートショックが
ほとんど無いのは


ヒートショックf


入口に
かけ湯があったり




みんで使う浴槽ですから
入る前に
丁寧にシャワーで体を流したりと



・いきなりお風呂に入る前に
 ワンクッションあるのと




脱衣場もお風呂も大きいですから


・いい感じにウォーキングというか
 体を動かせるので
 ヒートショックが起こりにくいです






逆に昔の家の脱衣場や
廊下が寒い家だって


・脱衣場を
 ストーブなどで暖めて


・リビングを2、3周
 スキップしてから


服脱いで


・浴槽に入る前に
 シャワー浴びれば


かなりの確率で防げます



どんなに今の家が
「脱衣場も暖かい
お風呂も暖かい」からといって



お湯の温度は
もっと熱いですから



その点の注意は必要です



ハウスメーカーも

「ヒートショックになりにくい」


位の表記にして欲しいのですが





「高断熱高気密だと
ヒートショックが起きない」


なんていう広告は問題があります






・温泉で体がポカポカの間違い



私が勤めていた旅館の温泉は
アルカリ性単純温泉で



いわゆる「美肌の湯」と呼ばれる
スベスベするお湯ですね




他にもたくさん
温泉の種類はありますが


はっきり言って
ずっと体がポカポカするなんてのは



温泉の成分は95%以上は
関係ありません




厳密に言えば
硫酸マグネシウムや
二酸化炭素などで
若干の血管拡張はしますけど



95%以上は
普通のお湯も同じですから




適切な温度で
長い時間お風呂に入っていれば


温泉じゃなくなって
効果は同じです







温泉だと15分はお湯に入るのに
自分の家だと3~5分って人は


・単に家のお風呂の温度が高い

・狭くて景色も良くないので飽きる



などなどですが





・今の設定温度より低くして
・長い時間入るだけで


ヒートショックはかなり
防げます





特に昔の家は



お風呂の後は
また寒い脱衣場ですから
注意が必要ですが




今の高性能の家でも


・お風呂の温度は低く
・入る時間は長く


この2つは大事ですね




そもそも
健康にもいいので
是非心がけて欲しいです















・全館暖房じゃない場合の脱衣場の温度について




全館床暖房の一条工務店さんや


他の全館暖房している家ですら


「脱衣場は寒い」って言う人が
ブログにありますけど



・家の中全部が快適だとして
 気温が27度


・脱衣場も27度なら
 普通は快適ですけど




お風呂はもっと暑いですから
相対的に


お風呂上りは寒いですよね・・・




全館床暖房なら
設定で脱衣場だけ温度を上げれば
解決しますけど





そうじゃなければ


特に子供が小さかったりする場合は
こういった局所暖房もオススメですよね



私が昔住んでいた
アパートなんか



こんな電気ストーブなんて
全く役に立たないレベルで寒かったので




子供が0歳の時は
脱衣場に石油ファンヒーター置きました




我が家は
間取り的にリビングの
エアコンで大丈夫なのですが




間取りによっては
脱衣場まで暖められない家もありますから







我が家は
ワンルームみたいな
1階を希望していましたから


ヒートショックg


来客が無ければ



ここはずっと
開けっ放しでいいように
引き戸にしていますから
リビングと同じ気温になりますが


子供が思春期になったら
開けっ放しは無理だと思いますが




とにかく家の性能も大事ですが
やや低い温度で長く入るのが一番です




今は子供が小さいので
お風呂で遊んだり、なぞなぞ大会したりと



とにかくお風呂の時間が長く
温度も低めなので



時間的には毎日
温泉に入っている感じです(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

















2020年04月07日






エコキュートを選ぶ際に
一番気にするのは
容量だと思いますし




それ以外は気にしない人も
多いと思います
(私もそうでした・・・)

エコキュートa

我が家のエコキュートは
レオハウスの標準で三菱製
容量は370リットルです



その上の
460リットルに変更すると

「差額が5万円程度上がります」と言われて



当時は1歳の子供が
1人だけでしたし
「370リットルで充分」という事で


何も考えずに
標準のままにしました


・・・・
・・・
・・




そして先日
当時のレオハウスの
カタログを見ていたところ


エコキュートb


「寒冷地仕様?」



オプション料金出して
寒冷地仕様にした訳ではなく
標準で寒冷地仕様です




「甲府で寒冷地仕様が必要のかなぁ」
ちょっと調べると


エコキュートb2



・一般地使用 -10℃まで
・寒冷地仕様 -25℃まで


甲府市なら-10℃まで
気温が下がりませんから


一般地仕様で平気だと
思います


今年は暖冬だったので
参考外としても


私の記憶にも
氷点下10℃なんて日は
ありませんが・・・



山梨県の場合
レオハウスは県内で
1件しかないので


富士山の近くとか
長野県の近くの方だと
-10℃以下になるので



「面倒だから
全部寒冷地仕様なのかなぁ」
思いながら



まあ差額が
出ているわけでもないですし


定価なら寒冷地仕様の方が
高いので


「まあ得したかも
思っていました






・一般地仕様と寒冷地仕様の違い



金額は定価だと
我が家の寒冷地仕様が
875,000円



同じシリーズの
一般地仕様が850,000円と


25,000円の差がありました




一応説明書を見て



一般地仕様と
寒冷地仕様の違いを調べると


エコキュートc


寒冷地仕様の方が
2kgほど重いくらいで


通常の能力や
消費電力は全く同じですが


唯一違うのが
凍結防止ヒーターの
消費電力で


外気温が
0℃以下になると
凍結防止ヒーターが
作動するそうですが


・一般地仕様 0.036kw
・寒冷地仕様 0.048kw


と、ごくわずかに
寒冷地仕様の方が
電気代がかかるみたいですが



1日に4時間動いても

1か月で21円の差なので
問題はないですけど



気にするレベルでは
ないみたいなので


「まあいいか」
思ったところ



「ああー!こっちの
機種にすれば良かった」


というのを発見してしまいました






・欲しい機能が付いてなかった・・・



エコキュートd

ほっとアワーという機能ですが



「この機能めっちゃ欲しい」
と思いました




エコキュートe

気持ち良さそうですし
子供も喜びそうです



しかし我が家の
エコキュートにはありません・・・




三菱のエコキュートは
3シリーズになっていて
エコキュートf

我が家は
真ん中のSシリーズですが



泡風呂機能は
一番高い
Pシリーズのみの機能です



まあエントリーモデルじゃなくて
真ん中ですし


Sシリーズも
充実機能のハイグレードなんて
書いてありますから



「ローコストなのによく頑張った」
思ってもいいですが(笑)




特にPとSシリーズのみ
バブルお掃除という機能があって

エコキュートg


栓を抜くだけで
毎日勝手に配管掃除をしてくれる
かなり便利な機能です



このおかげで
エコキュートですが


安心して
毎日入浴剤を使えています











・我が家がエコキュートを選べなかった理由



定価の金額は



我が家と同じグレードで比較すると



PシリーズとSシリーズの差が
定価で70,000円あって


SシリーズとAシリーズも
70,000円程の差があります



定価売りは無いでしょうから
もしかしたら
3~5万円程度の差額で
Pシリーズに
変更出来たかもしれませんし



「寒冷地仕様じゃなくて
一般地仕様でいいから
差額無しでPシリーズがいい」




という事も可能だったかもしれません・・・
(寒冷地仕様の方が高いですから)



もし3万円程度で
泡モードが増えるなら
変更していたと思いますが



なぜ検討をしなかったのかと言うと




「存在を知らなかった」からです
(今初めて知りました)



お風呂やキッチンみたいに
いくつかの中から選択なら



もう少し調べたかも
しれませんが・・・











家の仕様や
キッチン、建材などの仕様
クロスなどの色決め


それ以外でも
家具や家電選びなどなど


家づくりには
余りにもたくさん
選ぶものがあるので



エコキュートまで
頭が回りませんでした



今までエコキュート
使った事ないですし


私の実家なんて
シャワーすら無いですし



仕事上
普通の人よりは
住宅関係には詳しいと思いますし


実際建てた家には
満足していますが



それでも
選びきれてない物があったので


時間もなければ
知識も足りなかったので


本当に家作りって
大変なんですよね・・・


エコキュートh



ちなみに
一番グレードの低い
Aシリーズの中でも


かなりランクが低い物だと


追い炊き機能が無かったり
リコモンで呼び出しは出来ても
通話が無かったり


省エネ達成率も低いので
電気代が余計にかかったりするみたいなので
注意が必要です


我が家は
「たまたま」
ある程度はハイグレードの
Sシリーズだったので
良かったですが


実際に
トイレは
機能調べないで
失敗してますし・・・