団信

2018年09月19日


新規の住宅ローンはもちろん

低金利なので
借り換えも最近は多いですが


団信での死亡以外の保証

多いのは
3大疾病付プランだと思いますが



同じガンでも
支払いが免除になる銀行と
ならない銀行があります



団信a

同じガンで同じ日数入院しても

A銀行は全額免除で
B銀行は1円も免除にならない場合があります





・3大疾病や8大疾病プラン


先日メインで使っている

新生銀行から
住宅ローン借り換えの
営業電話が来ました


まだフラットで借りたばかりなので
検討もせずお断りしましたが



気になったのが

団信b


団信が無料

しかも
介護が必要になると免除
という事で詳しく見てみると


ガンとか心筋梗塞とか
病名は一切関係なく
支払い免除の条件が


団信c

要介護180日以上が条件で

さらに詳しく見ると


180日以上の間
歩行が自力で出来ずに

排泄や入浴が、衣服も一人で
脱着出来ない場合とあるので



これはかなり
条件が厳しそうです






・ガン保証も大変条件が厳しい銀行が


こちらも8大疾病が無料で付く

住信SBIの住宅ローンですが


団信d


ガンにかかっても
1年以上就業出来ない場合じゃないと
支払いが続きます



1年以上就業出来ないというのが
どういう状態かと言うと


全てのガンのデータですが

ガンアライブという
ガンの後の仕事復帰のサイトがあって


団信e


https://www.gan-ally-bu.com/



ガンになってから仕事に復帰する平均

アルバイト、パートで80日
フルタイムで201日です


さらに内視鏡手術なら
1週間で退院可能です


今の技術では
これだけ早く復帰出来るので


1年で復帰出来ないというのは
かなり重い状態という事ですね





・母親がガンになりましたが



4年前に私の母親が


大腸がんにかかって
ステージ2でした


ステージ2ですので

リンパへの移転はないですが
既に内視鏡手術は出来ない状態なので


通常の開腹手術でしたが


これでも3週間で退院して


3ヶ月間の化学療法で
週に1度通院して


普通に社会復帰して
今でも元気に過ごしています


このガンの場合の例でも

先程書いた

新生銀行と住信SBIの団信では
免除にはなりません





・フラットも含めて多いのがこのタイプ


私が入っている
フラット35の3大疾病は
スタンダードなタイプ


団信f


他の銀行でも一番多いタイプですが


まず3大疾病のうち


ガンは

皮膚がんと上皮内がん以外は


ガンと診断された時点で
支払いが免除になります


急性心筋梗塞と脳卒中は


まず手術をしたら
その時点で免除になって


手術以外なら
60日以上働けない状態だと

免除になります


ガンと判明した時点で免除になるので
万が一の際には安心できます





・無料で付くプランに注意


フラット35の場合は
団信自体が別途加入の有料です


2016年までは
別払いで保険料を支払い
(年1回でローン残高の0.36%)


今は団信に入る場合は
住宅ローン金利が上乗せされます
(金利が0.28%上乗せ)


その他の銀行でも

やはり保証が安心な団信は
別途有料なところが多いので


加入する際は
パンフレットやwebの
細かい文字までよく読んで


どのような条件で免除になるか
確認した方がいいと思います





・フラット35の団信は入ったら損な人がいます


銀行の場合は
団信は強制加入なので

過去の病気などで入れない人は
住宅ローンも通らないのですが


フラット35は
団信は任意ですから

入れない人でも
住宅ローンは通りますし



健康な人でも
入らないという選択も可能です


入らなければ0.28%の金利が下がります



私は絶対に
必要と思ったので入りましたが



20代~30前半までに
家を買うなら


死んだら家と同じ額が支払われる
生命保険に入った方が安いです


3大疾病も若ければ
家の金額と同額が降りる保険のが安いです



団信のメリットが
「全年齢同じ保険料」なので

若い方は損します





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年09月01日


ここを見て頂いている方は


・家を建てているか

・建てるのを検討している方が
 多いと思いますが



実際に住み始めて生活しだすと

賃貸時代のが楽だった事もあって


当然デメリットもありますし


お金だけで言えば
凄い額の借金を抱えます






・お金だけで言えば最初は絶対損します


家と土地は資産になりますが


当然家を建てたメーカー
お金を貸す銀行利益を出しますから



総額3,000万円かけて作った家は

完成して住み始めた瞬間に

多く見積もっても2,500万円位の
資産価値になりますから


単にお金だけで言えば
500万円の負債です



家を買う理由a


家を買う理由b

頭金で420万円を払ってさらに

2,338万円の借金までしましたが


明日家を売ったとしたら
2,300万円位にはなってしまうと思います



この負債を差し引いても
家を建てるメリットが多ければ


「建てて良かった」となると思います



まあ賃貸を借りていても


その物件の大家さん
大家さんにお金を貸した銀行の利益


家賃で払っているので
要は同じですが


負債は背負わないですね






・家を買う理由のアンケート


HOME'Sの家を買う理由アンケートの
ランキングですが



第1位 賃貸では家賃がもったいないと思った(57.8%)

第2位 家が狭くなった(27.1%)

第3位 子供ができる、できた(18.1%)

第4位 もっと便利な場所に住みたくなった(16.3%)

第5位 金利や相場が買い時だと思った(15.3%)

第6位 結婚する、した(12.9%)

第7位 社宅・寮を出る/転勤・転職する(11.0%)

第8位 もっと教育環境が良い場所に住みたくなった(9.1%)

第9位 魅力的な物件の広告を見かけた(7.3%)



他のランキング見ても
同じようなランキングですね


合計すると100%超えるので
複数回答のアンケートですが


私が家を買った理由を簡単に言うと


「子供が出来て」「家が狭くなって」
「物件の広告を見て」「金利も安いので」
「家賃が勿体ないと思った」


という感じで
5つも回答されてしまいます





・負債以上のメリット


家を建てた時点で


資産価値以上の
借金を抱えた私ですが


支払いは家賃とほとんど
変わっていないので


実生活で
負債を感じる事はありません


家が広くなって、庭で子供が遊べて
家族が幸せに暮らせてはいますが




「子供が生まれて」「狭くなった」だけなら

賃貸でも引っ越せば解決は可能です

庭付きの賃貸もありますし




家を買う理由c

子供や妻が喜んでるものに
金額は付けれませんが・・・





・アンケートには出ない家を買う理由



この理由は
人の不幸なので
多分アンケートには出ませんが



団信があるので私が死んだら
支払いはチャラになります



家を買う理由d


死亡以外でもガン、心筋梗塞、脳卒中などでも
以後の支払いは無くなります



今までの家賃と
金額はほとんど
変わらない住宅ローン
なので



私が生きていれば


家を買っても賃貸でも
同じ支払いですから
得も損もありませんが



仮に私が明日にでも死んだら



家と土地は家族に無料で残ります
(相続税は払いますけど・・・)


・生きていても同じ支払い
・死んだら家が無料


掛金が無料で
死んだら家が入る
生命保険だと思うと


ものすごい得だと思います



我が家は子供2人で共働きですが


仮に私が死んだら
妻の給料だけでは


子供2人を養って
毎月の賃貸を払うのは大変ですので


子供の将来だけを
考えると家を買う事に
デメリットは存在しないと思います


なかなかアンケートで

「万が一死んでも家が残るから」とか
出ませんけど






・住んで感じたデメリット



賃貸から家を購入した後に
後悔したランキングというのもあります




第4位・・・頭金の用意がきつかった(7票)

第4位・・・家族構成に間取りが合わなくなっても簡単に変えられない(7票)

第4位・・・近所関係が悪化しても引っ越せない(7票)

第3位・・・修繕費の負担がきつい(きつかった)(8票)

第2位・・・立地、環境が気に入らなくても変えられない(9票)

第1位・・・住宅ローンがきつい(きつかった)(10票)



頭金、ローン、修繕費は
全部お金の問題なので
やはり予算選びが重要だと思います



近所関係の悪化

私の場合、幸い周りの方は
いい人ばかりなので

トラブルは無いので良かったですが


隣家と揉めると大変ですね




私の場合
ローコスト住宅なので

お金の面は余り
デメリットは感じませんが


生活面では面倒な事も
当然あります



①掃除が大変になった

広さが倍以上になったので
当然掃除も倍以上かかります



②町内会の行事が色々ある

これは都会だと少ないかもしれませんが


・ドブ掃除で年2回
・ソフトボール大会

などのイベントは
参加しないといけません



③雪かき

雪の無い地域は要らないですし

幸いこの冬は
2~3cmの雪しか降らなかったので
雪かきしませんでしたが

数十センチは降る事もある
地域なので、その時は大変です





・賃貸でもいい場合


結局全ての理由が


家族が安心して
暮らせるようにという理由になるので


独身なら家は要らないです


私も結婚する前は

当然家に興味も無かったですし


ずっと独身かもと
思っていたので


さすがに定年後は
借りれる家も無くなりそうなので


定年前に中古マンションでも
買おうと思ってました






・絶対に貯金出来る金額の家を買う


団信で死んだらチャラというメリットを
書いてきましたが


無事に健康で最後まで生きた場合に


定年近くで払い終えると

大幅なリフォームや建て替えなどを
考える時期になります


家の資産価値はゼロになるので
その際に修繕費を問題無く出せるように


ギリギリでは無くて
余裕がある位の金額で買った方がいいです


結局は、賃貸でも購入でも

お金に困らなければ


2018年07月21日


ほとんどの人が

家を買う時に
住宅ローンで買いますが


その時に選ぶのが

固定金利と変動金利です


かなり悩む人も多いらしいですが


金利a


私は全期間固定金利で
(フラット35です)

「全然悩まなかったので」


どういう性格、収入の人が


固定金利、変動金利に
向いているか書いていきます






・3種類あります


1-全期間固定金利

フラット35や銀行でも
35年固定金利があります

借りた段階で
支払い総額が決定します



2-変動金利

文字通り金利が変わります

金利が上がったり下がったりしますので
支払総額も変わります



一応もうひとつ


3-当初固定金利

最初の5年や10年は固定
その後変動するというのもありますが


ちょっと計算すれば分かりますが

これだけは
絶対にオススメ出来ません


何もいいとこが無く
固定金利と変動金利の悪いとこだけ
組み合わせてます





・当初固定金利のダメなところ


まず全期間固定は35年間同じですから


仮に世間がインフレなどで
国債の金利が上がると


金利b

10年国債の推移です

これが上がると
固定金利(フラット35)の
住宅ローン金利も上がりますが


当然支払い金額は
変わりませんので

金利が上がる事になると
結果的に得します


逆に金利が下がったら
結果的には損します



※一般的にですが
 景気が良くなって物価が上がると
 金利は上がるので

 家と土地の価値は上がりますが
 固定は支払い金額が変わりませんので

 金利の上昇は得に
 金利の下落は損になります




変動金利はもちろん変動しますので

世間が景気が良くなれば金利が上がるので

支払金額も上がります


金利c


変動金利
短期プライムレートが上がると
金利も上がります


貸し手の銀行にとって


変動金利は
金利が上がったら
その分お客様の支払金額も上げれるので


その分のリスクを
借りる方が背負うので
固定と比べて金利が低いです




当初固定金利


変動金利よりは金利が高いのに
(最初だけ低かったりしますが)


5年や10年後の変動期間になったら
金利上昇のリスクを
支払う方が背負うという


何も良くない商品です


さらに変動金利
一気に金利が
上がらないルールがあるのですが

(5年毎に見直しや上限125%など)


当初固定金利には
そのようなルールはありません


最初の固定期間だけは
一番金利が低いので
「安そうですが」

変動期間になったら
通常の変動金利より高くなります





・どうして固定金利にしたのか


理由は4点あって


①金利は将来上がると思っているから


そして

②その金利が上がるリスクを背負いたくない


③変動との金利差が無い


あとは

④繰上返済しなくても大丈夫な金額だからです






①の金利が上がると思っているですが

金利f


10年前は約3%の金利だったので

10年後にまた3~4%になる可能性は
充分あります



そして
②の金利が上がるリスクですが


金利g




固定金利が1%
変動は0.5%で計算すると


固定だと毎月 56,457円

変動だと毎月 51,917円


固定金利の場合
毎月4,500円を変動より多く支払い


35年の総額だと
190万円多く払う事になりますが


毎月4,500円で

将来の金利が上がっても大丈夫な
保険を買っているのと同じです


いつ死ぬか分からないけど
生命保険をかけるのと同じで


いつ金利が上がるか分からないけど
4,500円払って保険を掛けてます


仮に10年前と同じように
金利が3~4%になった場合に


例として

10年後に金利が上がって

10年間は0.5%
残り25年は2%と計算すると


金利h


変動金利の方が支払が増えて
総利息は455万円と


固定金利よりも
114万円も増えてしまいます



このような金利が上がった時の

「保険」を若干高い金利で買っています




次に理由③の
変動金利との差ですが


変動金利はここ8年位
かなり低いままで変わってなくて

金利d


銀行もこれ以上低くすると
利益が出ないかと思いますが


その間に
固定金利はどんどん下がって


金利e


昔は固定と変動は
1.5%~2%の差がありましたが


今は0.5%位しか差がありません



固定金利=10年国債

変動金利=短期プライムレート


この金利によって動くのですが
すでに変動はかなり前から最安値なので
動いていません






・なら変動金利は、どういう人が向いているか


同じ時期に借りたら
当然固定よりも変動金利の方が安いので


変動金利が向いている人は

「10年以内には繰上返済で終わる人」

または

「繰上返済しようと思えばすぐ終わる資金がある人」です



幸い先進国なので

いきなり来月から数%上がるなんて事は
無いと思いますし



変動金利も

「5年ごとに見直し」

「制限125%」

などのルールがあるので


金利が上がるとしても
一気には上がりませんし



10年間は住宅ローン減税もあるので

「別に払おうと思えば払える」

「金利が上がったら全額繰上しちゃう」


みたいな余裕のある方
当然変動金利のがお得です





・絶対にダメなパターン


建築予算が当初より上がって

「これでは支払いがキツイ」という時に



「変動なら毎月これ位ですよ」

「どうせ金利なんて上がりませんよ」


など、営業さんに言われて

固定金利だと厳しいけど
変動の低い金利ならどうにか・・と


無理に契約すると

金利が上がったら

「終わります・・・」


なので、払いきれる自信がある方でも


固定金利で計算しても
全く問題ない金額で契約した方がいいです


全く問題ない金額なら


利息は減るので余裕があれば
繰上返済してもいいですが


別に無理に繰上返済する必要もないですし



固定なら金利が上がりませんので


お金持ちは変動金利
普通の人は固定金利がオススメです
(なので我が家は固定です





・銀行の全期間固定金利はダメです


フラット35住宅金融支援機構が運営しており


元は住宅金融公庫


要は国が


庶民でも家が買えるように

全期間固定の割りに安い金利で運営してます




固定金利の場合、
10年国債の金利が上がったら

貸し手が損しますので


民間企業である銀行は

そこまでリスクは取れませんので
フラットに比べると金利が高いです


またフラット35だと

金利i

フラット35Sという10年間は
さらに金利が下がる制度もあって


金利j


今どきの普通の住宅なら取れますが
(我が家も35Sです)


これが取れないような家は
性能がかなり良くないので

最低限の家の性能もあるという保証にもなります



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング