保険

2018年12月26日





住宅ローンに付帯出来る
団信ですが


最近はガンなどの
3大疾病でも免除になる団信なども多く
色々種類があります



同じガン特約でも

無料で付くのに多い
ガンになっても1年以上
就業出来ないと免除になるタイプもありますが




詳しくは過去記事に






私の入っている
フラット35の3大疾病タイプは


ガンa


皮膚がん上皮内がん以外は

ガンと診断された時点で
支払いが免除になります


そうなると思うのが


超早期発見の
完治出来るガンになったら
得だなぁと


そういう気持ちも
ちょっとは思いながら・・・


会社の健康診断受けたら
全く異常はありませんでした






・ガン特約は得なのか?


フラット35の場合は
団信は任意なので

入らない事も可能ですが


万が一の事もあるので
かなりの人が入っていると思いますが



団信無しの金利が1.1%の場合
ガンb

3大疾病特約が無い団信で0.28%上乗せで1.38%


3大疾病付の場合はさらに0.24%上乗せなので
0.28%+0.24%で1.62%になります


2,000万円借りた場合の
ローンは毎月約5,000円


35年間の利息は
211万円違ってきます


それでもガンになった時点で
免除なので


万が一の事を思えば
得な気もしたので


私は3大疾病付に
入りましたので

健康診断の時に
「すぐ直るガンなら見つかってもいい」って
思ったのですが


その時に医師が

「40歳でガンなんて
宝くじ当たる並みに少ない」からって
言っていたので


さすがに言い過ぎだろうと
思って

年代別のガン発症率を調べました





・30代、40代って思ってたよりガンが少ないですね


ガンc


実際40歳だと
ガンの発症率は0.1%以下です



45歳位から
若干グラフが上がっていきますが

1%(100人に1人)になる確率は
70歳過ぎてからになります



仮に60歳位までに
住宅ローンを支払い終わるとしたら


この年齢までは
ガンになるのはかなりの低確率です



ガンd

こちらは将来の確率ですが


40歳の男性が
10年後にガンを発症する確率は0.3%

20年後でも2%です



現在30歳だと
10年後は0.1%


そして20歳だと
数値的には0.0%です





・40代なので入っていますが



10年後だと
まだまだ住宅ローンが残っていると思いますが



20年後だと
平均的な繰上返済をすれば
ほとんど残っていないか
完済している頃だと思います



団信は残っている住宅ローンの金額が
免除されるだけなので


単純に今なら
2,000万円以上おりるガン保険ですが


20年後なら繰上返済しなくても
1,000万円以下のガン保険という事になります


それでも途中から入ったり
一度抜けたら抜けたら再加入出来ないので


10年後の0.3%
20年後の2%のために入っていますが


確率論的には
50歳までに支払いおえる予定の
20歳~30歳位の人なら
3大疾病はいらないかもしれませんね


それでも宝くじが
当たる確率よりは何百倍も高いですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年12月24日





我が家の住宅ローンは
フラット35ですが


団信は
3大疾病タイプに入っています

生保a

今は(2017年10月以降~)団信に入る場合は


通常の団信で0.18%
3大疾病付は0.24%の
金利上乗せで入れますが


私が申込みをした時は
別途支払う形で


ちなみに次の団信で


3年目の支払いになりますが
年に1回払いで
11万円ほど支払います



団信で降りる金額は
住宅ローンが
チャラになるだけなので


住宅ローンの残高が毎年減るので


支払う団信も
毎年3,000円ほど下がっていきます



生保b

我が家の場合(2,104万円借入れ)ですが


20年目になれば
毎月5,000円で済みます





・生命保険は解約して大丈夫?


団信保険料は毎月に直すと
月10,000円近い金額なのですが


仮に私が死んだら


2,000万円以上の
支払いがチャラになるので


「これなら生命保険解約しても大丈夫かな?」って
話し合いをしましたが


住宅ローンがチャラになるだけで

家を売れば
ある程度のお金にはなりますが


家を売ってしまったら
次に住む所の家賃も出ますし


一度生命保険を解約したら

年齢的に再加入するのは
さらにお金もかかるので

解約は止めましたが


団信は毎月1万円の保険に新規加入するのと
同じようなものなので


ある程度の見直しをしました







・毎月保険に使える金額



まず平均的な生命保険の支払額は

生保c

男性の場合平均は
年間228,000円だそうです


なので毎月で計算すると
月19,000円です


年齢も40代だし
年収も丁度平均位なので


毎月2万円位が

無理の無い
保険に掛けれる金額だと思います



私も今までは生命保険に
毎月2万円ちょっと掛けてましたが


団信が月1万円なので


生命保険に掛けるお金も月1万円で
見直しをしました


生保d



ちなみに入っている会社は全労済です


見直した結果
生命保険と入院保険で毎月11,890円


年間にすると142,680円
団信が年間110,000円なので


合わせて252,680円


毎月あたりは21,056円と
平均より若干高いですが


まあどうにか支払える金額です






・仮に死んだ場合のシュミレーション



全労済の保険は


半分が死亡保障重視
もう半分が入院費、手術費用重視ですが


生保e



交通事故で亡くなった場合は2,000万円
病気で亡くなった場合は1,000万円入ります



これに会社の
福利厚生の保険で

働いている間は亡くなると
500万円入りますので



仮に私が死んだら


2,000万円分の家と
2,500万円(病死の場合は1,500万円)が入ります



これに子供が0歳と2歳なので
社保の遺族年金も毎月15万円は入るので


これだけあれば
子供が成人するまでは


問題無く生活出来ると思いますので


団信以外の保険は
毎月1万円位で充分だと思います






・長期入院で働けなくなった場合


計算すると困るのはこっちの方なので

いっそ私が亡くなるなら
ポックリいきたいのですが



フラット35が3大疾病タイプなので

ガン、脳卒中、心筋梗塞で倒れて
長期間働けなくなった場合は


住宅ローンは免除になります



そして入院費の保障が

生保f


3大疾病の場合は
入院費が日額10,000円


これに会社の福利厚生の保険で
5,000円あるので


日額15,000円になります


その後働けれるようになるまで回復すれば


住宅ローンの免除と
入院日額15,000円あるので


こちらも大丈夫かなと思います


他の病気で働けなくなった場合など
心配するとキリがないですが


確率論的に言えば
3大疾病を手厚くしておいた方が
いいかなと思います





・やはり生命保険は必要?



団信で住宅ローンが免除になるとはいえ


仮に売ってしまった場合は
住む場所を失うので


やはり生命保険は
別途必要かなと思います



家を買うと団信以外にも
固定資産税維持費などで
お金がかかるので


団信保険料も生命保険の一部と考えて
支払金額などの見直しをした方がいいと思います




勿論万が一の保障は多い方がいいのですが


保険の払い過ぎで生活が苦しくなったら
何のための保険か分からないので


もちろん収入次第ですが


団信分を保険の一部に組み込んで

今の生命保険の
見直しをするのはオススメです





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2018年09月04日





大人気の家CoCoのDセレクトだと

標準で付いてくる

制震システムが
L-SAVです


L-SAVa

我が家の工事中の写真です
黒い逆Vの器具がL-SAVです


当然家が完成したら見えませんが





・耐震? 制震?


こちらのL-SAVですが

「制震」する為のものなので

「耐震」ではありません


その為、どんなに付けても
耐震等級が上がったりはしません



そもそも
「耐震」

地震で揺れても「耐える家」の基準で


地震でどんなに揺れても
壊れないように作ります

イメージ図としては

L-SAVb
某ハウスメーカーのCMです(笑)

横綱の突っ張りで
家が壊れたら「大変ですが」


揺れにも耐えて壊れない作り=耐震です



一方の

「制震」

地震の揺れを抑えようという発想なので


イメージ図としては


L-SAVc

ソバ屋の出前で使うのと
原理は同じで


バイクは揺れても
ソバは揺れにくいのと同じで


地面は揺れても
家の揺れを抑えるに変わります



なので
「耐震」と「制震」では
仕組みが全然違ってきます





・L-SAVはレオハウスオリジナルです


元々は高層ビルなどは

制震、免振が当たり前でしたが



GVAという

一般家庭でも
比較的安い金額で
制震出来るシステムが出来て


L-SAVd


こちらは最大70%
揺れを軽減出来るそうですが

オプション費用は
50万円ちょっとかかります


パクったのかどうかは不明ですが(苦笑)

見た目も効果もL-SAVは似ています


L-SAVd-2

GVAは逆Xになってますが
L-SAVは逆Vでちょっと性能も落ちて

最大50%の揺れを軽減になります


どっちも「最大」ってなっているのが
気になりますが


L-SAVの場合は
阪神淡路大震災のデータだと
40%の揺れを軽減となっているので



最大まで減らせない地震も
あるみたいです



L-SAVはレオハウスで作っているので


L-SAVが搭載されてる家=レオハウスの家です



他メーカーも独自の制震装置を作っていて


L-SAVd-3


こちらはミサワホームのMGEO
レオハウスと同じく最大50%揺れを軽減します


その他
積水ハウスのSHEQASなど

メーカーオリジナルもあるし

GVAみたいな専業のメーカーもあります





・1階は効果なし?


紹介した制震装置は
どれも同じ作用をするのですが


施工の画面を見てもらうと
分かると思いますが


2階建ての場合


1階に設置して2階には設置しません


上の揺れを吸収して抑えるので


1階の揺れには
ほとんど効果はありません



L-SAVd-4


それでも地震は上に行くほど揺れるので


2階に効果がある=建物の倒壊をある程度防げます







・制震は複数回耐えれます


耐震等級と違う考えなのですが


耐震等級の1,2,3の基準の


極めて稀に(数百年に一度程度)発生する
震度6強~震度7の地震による力に対して
倒壊、崩壊しない程度(建築基準法レベル)


上記が耐震等級1の基準で


耐震等級1の1.25倍耐えれれる想定が耐震等級2
耐震等級1の1.5倍耐えれれる想定が耐震等級3



これは1回の地震しか想定してないので


耐震で震度7は倒壊せず倒れても

すでに家の内部にガタが来ていて


その後の震度6強などの余震で
倒壊する可能性ももちろんあります


制震システムは
複数回耐えれますから


大きな地震が何度来ても
L-SAVで最大50%揺れを軽減出来ます



免震装置に比べると
価格も安いですし


大きな地震には
効果があるので


是非オススメします






・免震が一番揺れません


耐震=揺れに耐える

制震=揺れを抑えるですが


免震=揺れを無くすです


大きい地震でも
家が揺れなければ倒壊しません


ビルなどでは多いですが

一般家庭だと

一条工務店の免震が有名です

L-SAVe



I-HEADという免震で

写真の通りですが
地面から揺れを抑えます


価格が40坪で
300万円という事なので

高いですけど・・・



昔は500万円を軽く超えてたそうなので

現実的に検討出来る金額にはなりました


人気のi-cubeやi-smartには
付けれないそうですが・・・





・免震でも倒壊する?


一番揺れない免震でも

家は倒壊します


耐震でも制震でも免震でも

地面にヒビが入って崩壊したり
液状化現象というのは

耐えられません・・・


耐えられない事もあるからと
「じゃあお金かけなくていいや」って事は無く


壊れない可能性は上がっていくので
予算との兼ね合いですが

制震ダンパーなどは
安いものだと1軒分で20万円の物なども
あるので


耐震だけでは不安な方は
検討してみるものアリだと思います





・保証が余り役に立ちません・・・


L-SAVが付いている我が家ですが

無料ですが
万が一の際に保証が付いています


lsav-o

20年間地震が原因で
壊れたら保証なのですが


lsav-p


阪神淡路大震災を超えた地震はダメ
さらに降りる金額は600万円


こういった保険なので


万が一の際には
とても建て替え出来る
金額ではないので


地震保険は別に入っています



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年09月01日





ここを見て頂いている方は


・家を建てているか

・建てるのを検討している方が
 多いと思いますが



実際に住み始めて生活しだすと

賃貸時代のが楽だった事もあって


当然デメリットもありますし


お金だけで言えば
凄い額の借金を抱えます






・お金だけで言えば最初は絶対損します


家と土地は資産になりますが


当然家を建てたメーカー
お金を貸す銀行利益を出しますから



総額3,000万円かけて作った家は

完成して住み始めた瞬間に

多く見積もっても2,500万円位の
資産価値になりますから


単にお金だけで言えば
500万円の負債です



家を買う理由a


家を買う理由b

頭金で420万円を払ってさらに

2,338万円の借金までしましたが


明日家を売ったとしたら
2,300万円位にはなってしまうと思います



この負債を差し引いても
家を建てるメリットが多ければ


「建てて良かった」となると思います



まあ賃貸を借りていても


その物件の大家さん
大家さんにお金を貸した銀行の利益


家賃で払っているので
要は同じですが


負債は背負わないですね






・家を買う理由のアンケート


HOME'Sの家を買う理由アンケートの
ランキングですが



第1位 賃貸では家賃がもったいないと思った(57.8%)

第2位 家が狭くなった(27.1%)

第3位 子供ができる、できた(18.1%)

第4位 もっと便利な場所に住みたくなった(16.3%)

第5位 金利や相場が買い時だと思った(15.3%)

第6位 結婚する、した(12.9%)

第7位 社宅・寮を出る/転勤・転職する(11.0%)

第8位 もっと教育環境が良い場所に住みたくなった(9.1%)

第9位 魅力的な物件の広告を見かけた(7.3%)



他のランキング見ても
同じようなランキングですね


合計すると100%超えるので
複数回答のアンケートですが


私が家を買った理由を簡単に言うと


「子供が出来て」「家が狭くなって」
「物件の広告を見て」「金利も安いので」
「家賃が勿体ないと思った」


という感じで
5つも回答されてしまいます





・負債以上のメリット


家を建てた時点で


資産価値以上の
借金を抱えた私ですが


支払いは家賃とほとんど
変わっていないので


実生活で
負債を感じる事はありません


家が広くなって、庭で子供が遊べて
家族が幸せに暮らせてはいますが




「子供が生まれて」「狭くなった」だけなら

賃貸でも引っ越せば解決は可能です

庭付きの賃貸もありますし




家を買う理由c

子供や妻が喜んでるものに
金額は付けれませんが・・・





・アンケートには出ない家を買う理由



この理由は
人の不幸なので
多分アンケートには出ませんが



団信があるので私が死んだら
支払いはチャラになります



家を買う理由d


死亡以外でもガン、心筋梗塞、脳卒中などでも
以後の支払いは無くなります



今までの家賃と
金額はほとんど
変わらない住宅ローン
なので



私が生きていれば


家を買っても賃貸でも
同じ支払いですから
得も損もありませんが



仮に私が明日にでも死んだら



家と土地は家族に無料で残ります
(相続税は払いますけど・・・)


・生きていても同じ支払い
・死んだら家が無料


掛金が無料で
死んだら家が入る
生命保険だと思うと


ものすごい得だと思います



我が家は子供2人で共働きですが


仮に私が死んだら
妻の給料だけでは


子供2人を養って
毎月の賃貸を払うのは大変ですので


子供の将来だけを
考えると家を買う事に
デメリットは存在しないと思います


なかなかアンケートで

「万が一死んでも家が残るから」とか
出ませんけど






・住んで感じたデメリット



賃貸から家を購入した後に
後悔したランキングというのもあります




第4位・・・頭金の用意がきつかった(7票)

第4位・・・家族構成に間取りが合わなくなっても簡単に変えられない(7票)

第4位・・・近所関係が悪化しても引っ越せない(7票)

第3位・・・修繕費の負担がきつい(きつかった)(8票)

第2位・・・立地、環境が気に入らなくても変えられない(9票)

第1位・・・住宅ローンがきつい(きつかった)(10票)



頭金、ローン、修繕費は
全部お金の問題なので
やはり予算選びが重要だと思います



近所関係の悪化

私の場合、幸い周りの方は
いい人ばかりなので

トラブルは無いので良かったですが


隣家と揉めると大変ですね




私の場合
ローコスト住宅なので

お金の面は余り
デメリットは感じませんが


生活面では面倒な事も
当然あります



①掃除が大変になった

広さが倍以上になったので
当然掃除も倍以上かかります



②町内会の行事が色々ある

これは都会だと少ないかもしれませんが


・ドブ掃除で年2回
・ソフトボール大会

などのイベントは
参加しないといけません



③雪かき

雪の無い地域は要らないですし

幸いこの冬は
2~3cmの雪しか降らなかったので
雪かきしませんでしたが

数十センチは降る事もある
地域なので、その時は大変です





・賃貸でもいい場合


結局全ての理由が


家族が安心して
暮らせるようにという理由になるので


独身なら家は要らないです


私も結婚する前は

当然家に興味も無かったですし


ずっと独身かもと
思っていたので


さすがに定年後は
借りれる家も無くなりそうなので


定年前に中古マンションでも
買おうと思ってました






・絶対に貯金出来る金額の家を買う


団信で死んだらチャラというメリットを
書いてきましたが


無事に健康で最後まで生きた場合に


定年近くで払い終えると

大幅なリフォームや建て替えなどを
考える時期になります


家の資産価値はゼロになるので
その際に修繕費を問題無く出せるように


ギリギリでは無くて
余裕がある位の金額で買った方がいいです


結局は、賃貸でも購入でも

お金に困らなければ



2018年07月04日





今2歳5ヶ月の長男は

1歳になる前に

ゆうちょの
学資保険に入りました

学資保険a


妻が保険に入って
支払いも妻の給料から
支払っているので


基本ノータッチでしたが


一応アドバイスとして


金利低い時代だから
積立投信でも
買えばと言いましたが


ゆうちょに
絶対の安心を置いている妻は
学資保険に入りました



それでも2年前は

返戻率が105%はあったので


トータル100万円払ったら
受け取りが105万円です


まあ損は出ない商品だから
いいんじゃないって言いましたが


妹も生後7ヶ月になったので

学資保険に申し込もうと
郵便局に行ったら


今は(2018年7月現在)

返戻率がマイナスなので
(94.7%)

トータル100万円払ったら

受け取りが
94万7千円になります



さすがに妻も
今回は申し込みしなかったです



この低金利で

家を買う際の

住宅ローンは
金利が低くて嬉しいですが


金融商品は
どれも利率が低くて困ります





・元本割れなら意味が無い?


学資保険のメインは
貯蓄です

将来お金がかかる
時期に備えようって事なので


返戻率がマイナスの時点で
意味が無さそうですが


一応いくつか
特約があって


途中で亡くなった時に
払い込みしなくても
満期金が貰えたり

学資保険b

特約で
入院時の補償が出たり
するのですが
(さらに払戻率下がりますが


これは本人の
生命保険で掛けた方が
圧倒的に得ですので


正直何も
いいところがありません



郵便局の方も
セールスするのに

苦しそうでした






・今は絶対に学資保険に申し込んだら損


学資保険ですが


申し込み時の金利で
最後まで確定しますので


将来金利が上がっても

申し込み時の低い
金利のままなので


今は絶対に入るべきではありません



先の事は分かりませんが


10年先も
この低金利が続くとは

さすがに思えないですし

そのために
変動金利じゃなくて


固定金利のフラット35で
住宅ローンを借りましたし



学資保険以外でも


長期のもので
金利が確定する商品は


低金利の今は
絶対に買わない方がいいです






・一応マイナスじゃない学資保険もありますが


ゆうちょは諦めたみたいですが


家に帰ると


JA学資保険の
パンフレットがありました



どんなのかと
ネットを見たら


学資保険c

なんとサイトから
申し込みと


アンパンマンエプロンくれるので
私も資料請求しました(笑)


ゆうちょがマイナスですから

大々的に
利率を全面に宣伝してますが

学資保険d

払戻率が104.7%


100万円払ったら
将来104万7千円ですから


10数年後の
インフレ率を考えると


まさか、この低金利が
10年以上続くとは思えないので
多分損します・・・



まあマイナスじゃないし

妻はどうしても
学資保険に入りたいそうなので


入ると思いますが・・・



妻の固い金銭感覚なら

それこそ
普通預金に入れっぱなしで


金利が上がってから
他の商品買った方が
いいと思うのですが・・・


学資保険って商品が
向いている人は


お金が余ったら使ってしまう
性格の人

貯金とか積立が
出来ないなら


まだ申し込む意味もあると
思いますが・・・


それか昔みたいに

金利が高くて
利率もよければ

当然高い利率で
固定されるので

お得だとは思いますが

今はどの商品見ても

「お得」なんて物は
1つもありません






・金利の低い時は借りる


いつまで続くか分からない
超低金利ですが


当然金融機関も
利益を出さないと困るので


保険も預金も
全て低い金利です


金利が低いからと言って

意味もなく
借金しても損しますが


基本金利が低い時は
お金を借りるべきです


1年半前に

「これ以上は下がらない」と思った

住宅ローンですが


結局金利が上がる事もなく
超低金利のままです


学資保険e


契約時は
史上最低金利だったのですが
引渡し時に金利は確定するので

1.1%でしたが


2018年7月の
フラット35は
1.06%です


まだローンが34年ありますので
先の金利は不明ですが


ここ1~2年前に住宅ローン
申し込みした人は

変動金利のが得でしたね


政府が長期金利も
誘導目標出してるので

これ以上下がりはしませんが
上がる事は無く低空飛行です





・どこにお金を預けるか


妻の金融商品は

学資保険以外は

生命保険と
ゆうちょの積立と普通預金という


物凄い固い性格ですが




私はお金を損したくないので


3割は個別株を買って
株主優待を貰って


2割は株価に
連動する投資信託を買って


残りは

新生銀行の2週間定期に
入れています

学資保険f
今は決して
高い利率ではないですが

満期2週間ですし

中途解約しても
元本マイナスにはならないので

普通預金はマシですし

新生銀行なら

24時間365日いつでも
セブンイレブンやゆうちょのATMでも
手数料かかりませんし


振込も他行宛てで
毎月5件まで無料という
お得な銀行です




そもそも家買って
繰上返済とかして

「ほとんどお金無いですが


・株価も上がり切った感じもしますし

・国債も金利低いですし

・FXなんてギャンブルですし


金利が上がるまでは
普通預金か期間が短い
定期預金に入れて

待ってるしか無いですね


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング