お金、ローンの話

2020年07月29日







このブログを何度か見ている方なら
ご存知なのですが


タカラa


私はタカラスタンダードが
好きなんですね





しかしうちの義父は
建設業なので



タカラのキッチンを見て
「何故3流メーカーを・・・」と言い



私の職場のグループ会社に
荷物の運搬業があって


タカラのキッチンも運ぶのですが


なにしろ重いので
まず、まあ現場の評判が悪いんです



実際に使っていると
3年以上経過している白いキッチンなのに


新品時と全く変わらないなんて
ホーローじゃないと不可能ですから


「本当に良かった」と思っていますが





義父が
3流と呼ぶのには
定価の安さがあるんですが



たしかに実際に
売る人じゃなければ



定価で高いか安いかを
判断するしかないですが




LIXILや他メーカーのキッチンは
定価の60%~70%の値引きが可能でも



タカラスタンダードのキッチンは
10~20%の割引が限界ですが




最近は
いよいよ公式サイトで
説明するようになりました





・唯一「適正価格」で売るメーカー



大阪商人の意地なのでしょうか

定価を他社に合わせた方が
手っ取り早い気もしますが




公式サイトに

タカラb
(腕組みドヤァ・・)


「当社の製品は
大幅な値引きを前提とした
定価じゃないよ」



という記載があって



タカラc



タカラスタンダードの金額は
希望小売価格がそのまま売価



他社のメーカーは
割引を前提とした定価だよって
記載するようになりました





分かりやすく比較すると

タカラd


同じ仕入れ価格が40万円の商品で




タカラの希望小売価格は50万円に
他社は100万円に設定します



とりあえず5万円を
小売業者が儲けたい場合は
45万円で売ればいいので



この場合
タカラは10%までしか出来ませんが
他社の製品なら55%引きまで可能です





実際の売価も

タカラの場合は
通常で10%~15%引きで

ネットやホームセンターのセールでも
25%引き位ですね




じゃあ他社さんはというと


・通常で半額が基本




ネットやホームセンターだと


タカラe


70%オフで販売しています


新品がどれでも
7割引きっていうのは



すでに定価として
間違っているんじゃないかと思いますが・・・



当然販売業者だって
利益があるのですから


仕入れ値はもっと安い訳です



その為に


タカラスタンダードの
公式サイトで


「うちの価格は適正価格だよ」って
記載があるのですが





知らなければ


・タカラは50万円の商品
・他社は100万円の商品

どちらを選んでもいいって話なら




他社製を選ぶ人も多いと思います







・値引きが前提の業界が悪い・・・



かなり前に
家電製品は希望小売価格が無い


オープンプライスというのに
なりました



コジマやヤマダなどが出来て
どの製品も定価の50%引きとか



「もはや二重価格じゃん」
ブチギレした公正取引委員会が


市場の半分以上の製品が
20パーセント引き以上の場合は
定価を無くすというシステムです




残念ながら
この業界にはオープン価格という物がないですから



設備品以外の建材も

「出精値引き」がたくさんあります




ただ仕入れ価格を
安くするのではなくて



例えば定価100万円の商品を

タカラf




・仕入れ価格は70万円ですよ

・でも出精値引きで40万円引くので
 30万円で売りますよ


という仕組みです




この積み重ねによって




ハウスメーカーの見積もりに
よくある


「今だけ特別に300万円引き」とかが
出来る訳です



この仕入れで
お客様に販売する場合に


本来100万円の定価の商品で
仕入れ価格は30万円で



10万円の利益が欲しい時は



40万円で売ればいいんですから



タカラg


このように
「キャンペーンで今だけ値引き」が出来るわけです














・意味の無い定価が必要な業界が悪い・・・




「とにかく値引き希望」という
お客様がいる限り


必要悪かもしれませんが



そもそも
ハウスメーカーの設計料や
調査料とか


メーカーが好きに
決めれる金額もありますし








過去に意味のない
値引きという記事を書きましたが



私の会社で請け負ってる仕事
(新築現場だと廃材の回収)



新築の見積もりだと
廃棄物処理費という項目ですね




これがうちの請負価格の
倍以上だったりした訳です・・・







「A社は300万円値引きしたんだから
こっちもしてよ」
なんてお客様ばかりだと



いつまで経ってもこうなりますし



それで満足するお客様がいるなら
しょうがないですが



「この建材、部材で
この仕様だから
〇〇〇万円くらいかなぁって」


自分である程度は
分かるようになれば


値引きがあっても無くても
納得出来る価格が分かりますし


これは値引き前提の
価格だなと分かりますから


気になっているメーカーを
比較して


家の中身を
よく調べる事が大事ですね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング
























2020年06月08日






まさか広告に
「色々と安いからローコストですよ」
なんて書けませんし




・ローコスト住宅 安い 理由とかで
検索すると




「大量発注するから安く出来る」とか
書いてあるブログが多いですが



その理論で言えば
積水ハウスとか大和ハウスの方が
年間棟数が多いですから
もっと大量発注しています




ローコストは
「選べる設備が少ないから安い」って
書いてあるブログもありますが




例えばキッチンだと


ローコストa


我が家が選択した
タカラスタンダード以外にも


・リクシル
・トクラス
・クリナップ

合わせて4メーカーから
選択出来ましたし



タマホームだと


トクラスがエイダイに
変わりますが


こちらも
4メーカーから選べました






積水ハウスのブログを見ると


・パナソニック
・クリナップ
・リクシル


3メーカーから選択と
書いてありました




施工数は圧倒的に
積水や大和ハウスなどの方が
多いんですから


発注数だって
もっと多いはずですが


積水や大和ハウスが
大量発注で安いなんて
話を聞きませんし・・・



グレードだって
「キッチンやトイレだけ」なら差はありません
(家の作りは差が当然ありますよ)






設備以外にも


ローコストc


屋根材もたくさん選べますし



床材とか
壁紙も色々と選べました





外壁は標準だと
サイディングだけですが





4メーカーで
322種類の中から選べました








さすがにもっと安い
768万の家とかだと


ローコストb


設備が選べないみたいですが











さすがに工務店と比べたら


レオハウス規模の
ハウスメーカーでも



地域工務店などに
比べたら
圧倒的な大量発注ですので



実際にハウスメーカーの方が
安く手に入りますけど


それだけが理由ではありません



だいたい大量発注だけで
本当に500万、600万円安く出来るなら



設備、建材メーカーは
原価割れしちゃいますね・・・




「じゃあどうして安いの?」って
話に戻るのですが




答えとしては
大量発注だけではなくて


「色々と安いから安いんだよ」って
話です・・・



それだけでは
検討している人は不安ですので



実際にローコストメーカーで
ローコスト住宅を建てた私が



なぜ安いのかを
説明します






・枯れた技術で安い


上場している企業は
研究費などにいくら使っているか
分かりますが


大手ハウスメーカーは
最新技術の研究をたくさんします



一方ローコストメーカーは
そこまで研究費を出せません



「枯れた技術の水平思考」という
任天堂開発者の有名な言葉がありますが


ソニーのプレイステーションみたいに
最新のグラフィックなどではなく


今この世にある物を組み合わせて
発想を変えて新商品を出すって事ですね




ローコストメーカーや
地域工務店の方が安い理由も
これに当たる部分が大きいです



鉄骨で作るメーカーは
そもそも鉄骨だから高いというのはありますが


ローコストc-2
(ヘーベルハウスの研究棟です)




大手メーカーは
多額の研究開発費を使って
新しい商品を開発します


ローコストd
(こちらは住友林業の研究棟)



もちろん木材系のメーカーも
大手は、どこも結構な金額の
研究費をかけます



一方ローコストメーカーは
そこまで費用を掛けれないので



今ある技術を使います







今のローコストのほぼ標準仕様は


・在来工法でダイライトなどのパネル工法
・プレカットで工場から木材をカットして持ってくる
・グラスウールか吹き付け断熱
・サイディング外壁


一部は違っても
だいたいこの辺が多いと思います


個人でプレカット工場は
持てませんが


それ以外なら
ホームセンターでほとんど
手に入る建材で


いわゆる
どこにでもある仕様の家ですね




吹き付け断熱や
トリプルガラスなど


オプションで
若干高い費用を払ったとしても


それはサッシメーカー、断熱メーカーの
商品を買うだけの話で


何か独自で
研究したわけではないですね



それでもちゃんとした商品を
ちゃんと設計して
ちゃんと施工すれば



素晴らしい断熱、気密の家が
建つのは地域の工務店を見れば分かります



独自研究、開発した商品などは
使いませんが


市販品を上手に組み合わせて
素晴らしい数値の
高断熱高気密住宅も作ります








・人件費は実際ちょっと安い





現場の人に聞くと
実際に給与は安いですね



我が社に来る
注文書に



大工さん募集なんて
チラシも入っているので
給与が結構分かってしまいます(笑)


大手メーカーでも
社員大工は少ないですから


1棟いくらの
請負大工さんですが



請負金額が
実際にローコスト住宅の方が
若干安いですね



1棟あたり○○円という契約ですから
工事期間が短ければ
数こなせば変わらないんですが



そのために
余り変わった事、不慣れな事を
させない方がいいと思っています











まあ人件費の違いは


同じ業種でも
大手広告代理店と中小の代理店


大手製造業と中小の製造業
などなど


どこにでもある図式です




能力のある人が
必ず高い給料の
仕事に就いているかというと
そうでもないですが


多分職人さん全員の
平均値を取ったら


高いハウスメーカーの方が
優秀な数値になるかなぁと思います


とはいえ実際に
自分の家に関わるのは


その中の数人だけの問題なので



高いメーカーなら
間違いない施工かというと
そうでも無いのですが・・・


だいたいクレームなどの
問題になるパターンは


大工さんの腕もありますが
工務さんとの関係がうまくなかったり


大工さんに
無茶な普段しない施工を
希望したりが多いので


人件費が安い=質が悪いという
わけでもないです





・窓やコンセント、間取りは決められている



ツイッターなどで
高いメーカーで建てたブログを見ると



窓は好きな数付けても差額なし
コンセントもいくら付けても差額無し
などなどがあります



レオハウスやタマホームは
1部屋に付けれる窓の数や
コンセントの数は決まっていて
(しかも割と少な目・・・)



それ以上付けたい場合は
オプションとして
差額がかかります







コンセントやアンテナの追加代金で
5万円ちょっとかかりました




照明も標準は
LDKと各部屋に1つづつ


シーリングライトを取り付ける奴が
付くだけなので







なのでオール標準内だけで
ローコスト住宅を建てた場合



割と住みにくく
オシャレ度も全くない
家になってしまうと思います



もちろん差額費用さえ払えば
何個でも好きに付けれますが



こういうった細かい事の
積み重ねで




例えば
建物本体価格が

ローコストと普通のメーカーで
500万円も差があったとしても




設備、付帯費用まで含めると

300万円の差に縮まったりします




後は間取りですね



タマホームもレオハウスも
間取り自由な注文住宅と
価格は安い規格住宅があります


ローコストe


こちらが規格住宅






ローコストf


こちらが注文住宅



当然全てが決まっている
規格住宅の方が価格は安いですし



何も知らない
家を建てたい人が


普通のメーカーに行くと
営業さんに


「ローコストメーカーは
自分で間取りも決めれないんですよ」
って言われますが


そういうプランもあるので
あながち間違ってもないです












・何もしないと見た目が安い



だいたい見た目と実際の費用って
割とリンクしますので


実際に安い以上
見た目も安いのですが



この辺は
営業さん、設計士さんも
ローコスト住宅に慣れていますので


こちらから提案しないと
そのままになっちゃいますね・・・



本当は提案したいとしても
値段上がっちゃいますし



ローコスト住宅を検討する人って
ほとんど安いから見にいくので・・・





ハウスメーカーの写真って
リビングから窓を撮る写真が多いですが


ローコストg


こちらは無印良品の家ですが
大きい窓がたくさんあって開放的です



お金を掛けるところは
とにかく窓が広いので
開放的になりますね




じゃあ我が家はどうなのかというと


ローコストj


圧倒的に安っぽいですね


実際安いんですが・・・



高いメーカーだと
南側は全面窓とかになりますね



窓の性能は家の性能に
かなり関係しますから




窓が凄い広くなると


どんなにいい窓を使っても
数値だけの性能で言ったら
それほど高くないのですが



もちろん普通に生活分には
快適でしょうし
なによりこの開放感は凄いです




逆に大手だと一条工務店みたいな
性能が全てみたいなメーカーは



我が家と同じ位の大きさの窓に
高いスペックの窓を使いますので
性能値は圧倒的に高くなります




住友林業の実例集には

ローコストh


こういうとんでも無い家もあります


年収5,000万円より
上の世界でしょうか・・・


ソファに座ってワインでも飲めば
人生の勝利者って感じですね(笑)





ローコストi


私がリビングで
淡麗グリーンラベル飲んでるのとは


格が違います・・・


それでも家族4人が
普通に生活して
普通に幸せですけどね



積水や住友などの開放感は
凄いけど性能値は今で言う普通

(普通でも充分快適ですが)



一条工務店などの
見た目はそこまでじゃないけど
性能値は凄く高い




ローコスト住宅は
この2つの悪いとこを取るので
安いんですね・・・


つまり見た目も
性能値も普通です・・・




ただ、今はローコストでも
C値、UA値はかなり気にして作りますから



充分快適な
性能にはなっています







・という事でローコストのまとめ


過去にレオハウス、タマホーム、一条工務店で建てた



ブロガーさんの
坪単価をまとめた記事を書きましたが







平均的な我が家位の大きさなど


タマホームなどのローコストで
だいたい土地代抜きの総額が2,100万円前後


平均的なハウスメーカーの
住宅だと2,800万円位でしょうか?



決して設備だけで
どうにかなる金額じゃないですから


色々な努力をして
安くしています


ユニクロだって
ただ素材が良くなくて
安いわけでは無いですし


むしろ今は


ユニクロの素材は
丸井などにある
ブランド品となら
遜色ないですしね


ただ、見た目は安っぽいですよ(笑)


そしてここを色々変えると
結局ローコストじゃなくなっちゃいます



なので
研究費、建材、設備、人件費
などなどを1割ずつ削減して


余計な装飾をしないと


トータルで3割ほど
安い家が出来るのですが


「色々と安いから安いんだよ」と言うと
不安ですので



・大量発注とか
・人件費がとか
・宣伝費がとか


分かりやすい理由を言います



物を売るのに
一番簡単な方法は
人を不安にさせる事ですから



「ローコストはすぐダメになる」とか
言われますけど



ローコストが安いんじゃなくて
こっちが普通の値段で


普通のメーカーは
付加価値があるから高いと言った方が
分かりやすいと思うのですが


カローラのセダンと
レクサスのセダンなら


乗車定員も同じですし
日本の道路なら性能的にも問題ないです



今なら
我が家程度の建物金額でも


HEAT20G1レベルなら
ローコストメーカーでも
充分建ちますから



これでは不満という人なら
もっと高断熱高気密で
建ててもいいですし



・木材にこだわりたい人
・見た目にこだわりたい人など


色々な希望に応じて
好みのメーカーを選べばいいんですが



もちろん高ければ
何も問題が無い訳ではないのですが



安かろう、悪かろうって家も
ありますので


自分が満足出来る間取りというのは
見た目で分かりやすいですが


自分が満足出来る
断熱、気密性能というのは


家を見るだけでは分かりませんので
多少の知識は必要になってきます




前に紹介した768万円の家も
さすがにいまどきアルミサッシで
スレート屋根は厳しかろうと


私個人は思いますが


f3a450cd


高いメーカーと変わりませんとか
嘘言って売るメーカーもありますし


ローコスト住宅を検討する場合は
「安い理由」
色々チェックする必要が出てきます








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2020年06月04日





お金の事は大事なので
色々と相談を受けますが


色々と説明するのも大変ですし
人それぞれで考え方も違いますけど



タイトル通り



変動金利の住宅ローンに


「あんしん保険料」
をプラスすると




固定金利の
住宅ローンになります





ファイナンシャル
プランナーさんなどは


fp



色んなグラフとか使って




色々と説明とか
収入に応じた
「どちらがオススメ」とか言いますけど



結局は
本人の性格の問題だと思います






最初に借りる時は
変動金利の方が安いと思いますが



固定なら厳しいけど
変動なら大丈夫なんて予算なら


そもそも建ててはダメです



とはいえ
「どっちがいいか分からない」



という人は


金持ちは変動金利
お金が無ければ固定金利


これでもいいです





私はお金が無いから


変動金利b



固定金利ですけどね・・・



「どっちの方がいいの?」
という質問に答えはありません



心配性の人は
固定金利が多いと思いますが・・・






・あんしん保険料?




家電品とかで
有料の長期保証ありますよね



変動金利c


有料で購入金額の5%を支払うと



「保証期間が3年から10年に延長するよー」

みたいな奴です





「5年目に壊れたらどうしよう」って人は
有料で延長保証に入ればいいですし



「まあ壊れないだろう」って人や

「壊れたらまた買いなおそう」
って人は


延長保証に入る必要はないです






「もし金利が上がったらどうしよう」って
不安な人は保険料を払って固定にすればいいですし
(私はこのタイプ)



「まあ上がらないだろう」って人や




金利が上がったら一気に
繰り上げ返済しちゃおうって人は
変動金利でいいです
(お金持ちタイプ)



いざとなったら
一気に繰り上げ出来る


お金持ちタイプ以外は


本当に性格の問題なので



「将来不安だなぁ」とか
色々考える人は


固定の安心は大きいですし


金利の変化に悩む心配は
無くなりますから



仕事、子育てなど
色々と悩みがある世の中で



「金利にまで悩んでいられるか」
私は固定にしています







・損と取るか保険と取るかは人それぞれ



私は「安心感」とか
「長期リスク」などを考えて


固定金利にしていますが



変動金利d



我が家が現在フラット35Sで
10年間は0.8%
その後25年間は1.1%です



変動金利だと当時の最低金利は
0.55%で借りれて



結局その後1度も
金利は上がっていません



私の性格だと
今からでもローンを組むなら
固定にしますけど



当時(3年前)は
アベノミクスとやらで


「ついに景気の底を打ったぞー」
って雰囲気だったんです(笑)




「これは1~2年後には
変動金利は上がるなぁ」って
雰囲気でしたが



アベノミクスはどこ行ったのか
結局上がっていません
(マスクは貰えました)



この辺は
「生命保険掛けてるけど健康だったから損」
というのと同じなので



リスクという見えない物に
お金を払っているから仕方ないですが




さすがに
固定と変動で2%も金利差あったら
考えますが




金利差0.25%位でしたから


「あんしん保険料」としては
納得出来る範囲だったので



今は変動金利より割高ですが
固定金利で支払いをしていますが




変動に比べて
いくら多く払っているか
この3年間を計算していたら



結構差がありました・・・






・実際どれくらい損をしているか検証




私が家を購入した際に
変動金利にしていたら



どれくらい今まで得したのかを
比べて見ます


3年間分の住宅ローンで
シュミレーションしていますが



我が家の借入金額2,104万円で



我が家はフラット35Sで
最初の10年間は0.8%なので


変動金利e


毎月の支払い額は
57,452円


3年間の支払総額が
2,068,272円です







当時の変動金利0.55%で計算すると


変動金利e2


毎月の支払い額は
55,083円で


2,369円安く



3年間の支払総額が
1,982,998円なので




固定と変動で



3年間の支払金額の差が
85,284円です




1年間にすると
28,428円多く払っています




3年間変動金利は上がっていませんから
毎年28,428円




金利が上がらない保険料として
払っている感じです





生命保険などのオプションと同じで





変動金利の毎月
55,083円に



もし世の中の金利が
上がっても支払いはそのまま



という「あんしん保険料」
毎月2,369円かかるという感じですね





借り換えとかもありますし
後から固定にする事も可能ですが




その場合
借り換え手数料がかかりますので


変動金利f


私がフラット35を借りた
アルヒだと



借入金額の1%かかりますので
2,000万円なら
20万円で借り換えが出来ます

(2,000万円以下でも20万円かかります)




20万円かかるので
ちょっと「金利が下がった」からと言って
簡単に借り換えしちゃうと



手数料で逆に
損しちゃうのですが





借入時と結構差が出てきたら
借り換えした方が
得って人も多いですね












・ひとつだけ注意したい優遇金利解除



3年前の
変動金利0.55%と書きましたが


実際銀行などに行くと金利2%とか
普通に書いてあります



例えばみずほ銀行だと


変動金利は
本来は2.475%だけど


色々と優遇されて
最低0.625%になるのですが


変動金利g


キャンペーンなどで
「本来より安くするよー」って感じな金利を



どこの金融機関も
やっていますが



延滞などをすると
優遇金利では
無くなってしまう可能性もあります



仮に1~2回延滞して
優遇金利を無くすかどうかは


民間企業ですから


各ローン会社、銀行が決めますが





固定金利のフラット35の場合
要は国がやってますから


変動金利h


例えば今のコロナウイルスや
過去の大規模災害など



ある程度の人数が
支払いが難しいようになると


支払猶予とか
色々な対応をしてくれます



幸いにも私の職場は
普段通りに営業していましたが



妻はサービス業なので
2週間以上休業になりました



私も前職は旅館業でしたが
1ヶ月近く休館になっていて



ギリギリの状態で
住宅ローンを組んだら
大変な事になったと思うので




固定か変動かの前に




どっちにしても余裕を持って
払える金額にするのが
一番大事な事ですね





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年04月13日






住宅ローンの支払い期間を
よく考えないと
大変な事になります・・・





たまに
ニュースの特集で

35年ローンa


住宅ローンの支払いが
無理で家を手放すとかいう
特集がありますが




どの人も
「家を買った時は問題なかった」
と言いますけど


・・・・
・・・
・・



毎月12万円
ボーナス時52万円なんて見ると


「いや、最初から無理じゃん・・・」
って冷静に突っ込みしながら見てますが



最近だと
コロナウイルスの影響で
職を失ったり
減給という人も出てきています・・・




たしかに
35年ローンというのは
「長すぎて」
現実的に想像が難しいのですが



割と簡単に
35年ローンがどれくらいか
分かる方法を最近見つけました



ハウスメーカーの
営業さんにこれ言われたら


結構考えてしまう人が
増えてしまうかもしれません





・ローン期間の長さを思い知れるコツ2つ


営業さんも
色々な事を言って
「どうにか契約を」と迫ります



例えば
「100万円アップでも
毎月に換算したら
3,000円以下ですよ」
とか言いますし



家を買う本人も
35年という長さに
間隔が麻痺するのですが




小さい子供がいる家庭なら

35年ローンb


子供が0歳なら
「この子が35歳まで
毎月払うのか・・・」
と想像すると


ちょっとは長さが
実感出来ると思います




天使のように可愛い0歳が

35歳という
そこそこオッサンになるまでって
考えると


「結構長さが分かりますよね




今5歳の子供がいるなら
40歳までと


自分の子供に置き換えると
本人の35年後よりも
想像しやすいと思います



我が家も子供が0歳で
家を買いましたから


繰上げしないと
子供が35歳までです






また、もう一つのパターンは
wikipediaなどで
35年前の出来事を検索します



例えば今は
2020年ですから




35年前の
1985年の出来事を検索すると


35年ローンc


小学校の時
行きたかった
つくばの科学万博の開催した年です



家を買う本人が35歳以下なら
そんな記憶もないですから



親に聞くと
「すげー昔」って
言うと思います(笑)



他にも


35年ローンd

35年前は
ファミコンのスーパーマリオが
発売した年です





35年経つと

35年ローンe
(ファミコンのF1レース)


こんなんが



35年ローンf
(PS4のグランツーリスモ)


ここまで進化しますが




それだけの期間払う事になるのが
35年の住宅ローンです






・増額にピンと来ない場合は子供手当てに置き換える



「すごい長い期間払う」って言うのは
分かったけど


35年ローンg



今の低金利なら
1%で計算しても



100万円アップで
毎月2,822円の増額ですから


思い切って300万円アップでも
1万円弱の増額ですので



営業さんも
「どうにかなりますよー」
なんて言ってくると



買うほうも


「どうせ家買うなら
こっちの方が設備や性能がいいし(ニヤリ)」


などなど色々と
ハイテンションなのもあって


「まあ毎月1万円位なら大丈夫か」
なんて思ってしまいますが




その場合、現実的に考えて
子供手当てを
想像してみましょう


35年ローンh



現行の制度だと
一人目、二人目の子供は
3歳までは15,000円


その後は15歳まで
毎月10,000円貰えます


住宅ローンだと


当初予算より
毎月1万円くらいのアップじゃ
大丈夫なんて思いますが




いきなり
総理大臣が
子供手当ての年齢を


35年ローンi
(現実は布マスク2枚・・・)

「今の15歳までから
子供が50歳になるまで延長します」
なんて言われたら



「おお自民党すげー」って
思いますけど



35年間の1万円って
そういう事です(笑)












・ここまで保守的にしなくても平気そうですが・・・


公務員とか大企業の方は
余り想像しないと思いますが


私みたいな
割と底辺を歩んでると
色々と守りに入るので



今のとこの予定だと
20年程度で
返済が終わると思いますが



今もコロナウイルスで
職が無くなるとか
給料が減る人も多いですし



「そもそも
そこまで長期間
ちゃんと働けるの?」って思うので




色々考えて

35年ローンj



妻が仕事を出来なくなっても

私が仕事を出来なくなって


フリーターになっても
どうにかなるローンにしました



58,000円なので
マックとコンビニの
バイトでもどうにかなります




今の世帯収入からすると
返済率は10%なので
かなり楽ですけど



一寸先は闇ですので・・・


まあ、この程度でも
満足出来る家だしいいやって感じです



もちろん今の内に
繰上げしないといけないので
そこまで楽じゃないですけど



35年ローンk

(住んでた当時は家賃62,000円でした)



20代で
最初に住んだ
杉並区のワンルームの
アパートの賃貸より安いので


田舎が安いのか
都会が高すぎるのか・・・


私の甲斐性がないのか
など、色々ありますけど


実際に家を契約する時って
テンションも高めですし


「どうせ買うなら
もう少しいい家を」なんて


予算超える人も多いですから


冷静な支払いプランを
考えてから
無理な支払いはしない方がいいと思います



甲斐性がある人は
「高いローンだからこそ
仕事が頑張れる」

と言う人もいますけど






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2020年04月09日






私の勤務先である
産業廃棄物の処分場では


土と石は受け入れが出来ません



これは私の勤務先だけではなくて



「土と石は産業廃棄物では無いよ」
という法律の問題なのですが
(自然にあるものですしね)



なので残土の処分は
建築廃材とは別に


残土a


残土の処分場に運ばれます




ちなみに
水と混ぜて「汚泥」って事にすれば
廃棄出来るザル法案ですけど
(金額と手間増えるんで普通しませんが)




我が家の見積もりにも

残土b


残土の処分代がありました



ガードマンの費用が
いくらかは分かりませんが・・・


土地の状況によっては
常駐で1人は必要な
場合にもありますが



少なくとも私が
何度も現場に行った際には
一度もガードマンは
見たことは無いですが・・・
(人も車も通らない場所ですし・・・)



・・・・
・・・
・・



仕事上
ダンプも重機も
残土処理場も手配出来るので



金額によっては

「自分で大型ダンプ手配して
残土処分場に持って行った方がいいなぁ」って


工務さんと話をしてたら



1m3あたり
4,500円という事になったので


若干値下がりしてもらったので
お願いしました



ちなみに
家から一番近い
残土処分場が
1m3あたり1,800円



うちの会社で
大型ダンプを常用すると
本来は1日で40,000円です
(社員ですからもっと安くは出来ますが)




どれくらい残土が出るかと言うと
購入した土地の状態や
建物のGLにもよりますが

残土c


我が家の場合は
24m3の残土が出たので



実際にかかった費用が
24m3×4,500円で108,000円です



自分で手配して
仮に1日で終われば


定価で考えても
83,200円ですが



1日で終わるか分かりませんし
後から出た場合
またダンプ借りるなどの費用も出ますし



まあ適正価格かなと思いますので
108,000円は納得して支払いましたが


もし、残土処理費用が0円になったら
108,000円の金額が浮きますね



そして人によっては
実際に0円にする事も可能です





・逆に残土が欲しい人もいます



建築現場では



逆に土が欲しくて
購入する業者さんも
たくさんいます

残土d

このように
結構な土が必要になりますから



私も
「今残土ある?」なんて
知り合いに聞かれる場合があります


うちの会社にでは
再生砂は売っていますが


産廃のコンクリートを
砕いた再生砂なので


純粋な土は売っていません



何しろ産廃ではないので
土は引き受け出来ないので
(破砕出来ませんし、燃やせないし・・・)


そのため
残土処分場も
産廃業者ではなくて



建設業者がやっている
場合がほとんどです



なので
自分が残土を処理したい
タイミングで


残土を欲しがっている人を
見つければ



処分代は0円になりますし
土が欲しい人も
購入費が0円になるから
双方お得になります





・土地さえあれば保管も可能です


近くの実家が畑とか
広大な土地があれば



土はそこに移動しても
問題ありません

残土e

母の実家の隣です
ぶどう園作ってる最中ですが



田舎だと
畑持ってる人っていうのは
現実に結構いますし


休耕地なんかも
あったりします



廃材の場合は
廃棄物処理法とか色々あって



場合によっては
不法投棄と見なされますし


ハウスメーカーも
「ちゃんと処分したよ」って証明が
必要になってきますが



土は産業廃棄物では無いという
法律があるので


自分で処分先の確保が
出来ればお金はかかりません



我が家は平均的な
大きさの家だと思いますが
(土地は64坪で建物は2階建の35坪)



それでも
24m3なので
約38tの量ですから
(〇m3から1.6を掛けるとtになります)


残土f


妻の実家は
結構大きい
家庭菜園があるので




「ちょっとなら土があってもいい」って
話でしたが



軽トラで換算すると
108台分の量になりますので



結局、いいタイミングで
残土が欲しい人もいなかったですし
価格も納得出来たので
そのままレオハウスで頼みました


自分に土が保管できる
土地があったら



仕事上
1~2か月あれば
絶対に残土が欲しい人が
見つかりますが



保管場所が無い場合は
ピンポイントで
〇日に欲しいって人を
見つけないと難しいですね・・・



また保管する場合でも
ダンプや重機の手配などが
必要になりますが・・・











・残土を欲しがっている人の見つけ方



建設業にいる方じゃないと
そもそも
「残土余ってる?」なんて
聞かれないと思いますが


残土g


都会なら
ジモティーなどの
フリマサイトなどで


「〇〇日に残土が出ますが
取りに来れる人」なんて
募集も出来ますが


田舎だと
募集しても誰も見ないので・・・



建設の会社も
基本はBtoBなので


電話して「残土欲しいですか?」
なんて聞いても


個人客をメインに
している会社じゃないと
相手にされないと思います


ですから
基本BtoCの
個人宅の解体もしている業者さんに


「残土だけの処分って出来ますか?」
とか聞けば


ちょうど欲しがっている
業者なら


無料もしくは格安で
引き取ってくれる可能性はあります






・逆に自分の家に他人の残土が使われたら・・・


他のブログや
Yahoo知恵袋でも


「埋め立てに使うので
建設業者に言えば
無料で引き取ってくれる」

なんて
書いてある所も多いのですが


実際、今の現場では
余り使えません



公共工事などでは
残土h


使った土や砕石の
品質証明書が必要なので



業者から土を購入する場合は
当然品質が保証されていますが


家庭の残土で使えるのは
民間の工事だけですし
品質の保証もないですから


民間工事のちょっとした
埋め戻し工事などには使えますが


昔ほどなんでも
使えるわけではありません



昔の建物解体したら
土からゴミがたくさん出た
なんて事はたくさんありますが



今はその辺も
大変厳しいですので
昔ほど自由には使えませんし



逆に自分の家の工事に使う土が
どこからか持ってきた土だと
嫌がる人もいると思います




ひどい状態だと

残土i

解体して
地中を掘り起こしたら
これだけのゴミがある場合もあります



まあ分譲地なら
既に整備後なので
この辺の問題はほとんど無いので
問題は無いと思います



家の本体価格もですが



色々な付帯価格も
適正価格が分からないと


必要以上にボッたくられる
可能性もありますので



面倒ですが
色々な項目の値段を
調べた方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年12月21日






「買取金額が安くなっても
太陽光パネルを設置した方が得」という人と



今の売電価格なら
「どうシミュレーションしても損する」という議論が
先日ツイッターでありまして





我が家の場合は
今の買取価格でシミュレーションしても
結構な金額の得になったのですが

太陽光パネルa



我が家と似た条件で
今の買取価格(令和1年、2020年度)
24円でシミュレーションしています


太陽光パネルb


我が家よりやや小さい
3kwのシミュレーション


年間101,600円なので
買取保証の10年間で
約100万円です


これなら新築ではなく
増設で設置しても


今なら太陽光パネル3kwなら
80万円程度から設置出来ますし




例えば我が家でも
設置しているXSOL製品なら
太陽光パネルc



製品保証は10年
出力保証は25年あって


太陽光パネルd

15年間は
交換や修理、保守費用も無料ですから


「どうやっても得するじゃん」と思っていましたが




色々と調べたら
かなり損する家庭もあったので



とりあえずエコとか
非常時の電源確保は置いといて



設置した際に
実際には得をするのか損をするのかを調べました





・我が家は恵まれていたようです




先程のシミュレーションは

太陽光パネルe


いくつかの入力項目があって


我が家と似た条件

・屋根はなだらかな傾斜(約20度)
・3kwのパネル
・向きは南向き
・住んでいる地域は山梨県
・電気代は毎月7,000円


こちらで検索して
年間101,600円と出たのですが




全く同じ条件で
住んでいる地域を秋田県にすると

太陽光パネルf


年間83,400円になります


山梨県とは
年間18,200円も違ってきます・・・




さらに流行のガルバ屋根などの
ほとんど傾斜がない屋根で
シミュレーションすると

太陽光パネルg


年間79,500円と
おそらく10年間だけでは
元が取れない結果が出てきます・・・



ここまで差が出るのは

太陽光パネルh



私が住んでいる
山梨県が日照時間が
全国1位だからなのですが


太陽光パネルi
(過去30年の日照時間の平均データです)


ちなみに山梨県と
最下位の秋田県では


年間の日照時間が
約700時間も違います


太陽光パネルjjpg

私が住んでいる
山梨県甲府市は


360度高い山に囲まれているので
雲が少ないし
台風もほとんど来ないので
日照時間が長いのですが


その代わり夏は暑いんですけどね・・・








・設置価格も全然違った・・・



ハウスメーカーや
ある程度の施工数がある
チェーンの工務店などで

太陽光パネルk

このような
太陽光無料キャンペーンがあったり


半額程度の価格の
キャンペーンがあったりします


まあ全額無料って訳ではなく
ある程度価格が上乗せされると思いますが


例えばタマホームクラスなら
年間棟数が10,000棟


レオハウスの規模でも
年間2,000棟ですから


キャンペーンで
まとめて同メーカーから
仕入れれば
かなり安く仕入れ出来ますし


もうちょっと少ない棟数でも
太陽光メーカーから


まとめて数百単位の
営業が来ますから


そうなると
かなり安く設置が出来ます




10年間でお得になる金額が

3kwなら地域や屋根形状、日射などで
75万円~120万程度の差があって


設置する代金も

中には無料
有料でも50万円~120万円程度の差が
人によって出る訳ですから



「絶対に得」って人もいれば

「設置するだけ損」って人も出てきます




我が家の場合は

太陽光パネルL

大人気の家coco発売開始
プチセレブキャンペーンという


謎な名前の
何がセレブなのか
分からないキャンペーンがあって
(ローコストでセレブって・・・)



①屋上施工

名前の通り屋上が付きます




②キッチングレードアップ&テレビボード

計算したら40万円程度で
テレビボードは自分で欲しかったので
却下になりました




③ペット仕様の家

キャットタワーとか
ペットが出入り出来る窓とかが
無料で施工出来ます




④子供仕様の家

壁がR仕様になったり
ロフトが付いたりしました




⑤太陽光

3.25kwが設置費用含めて無料



やはりどうみても
太陽光だけお得な気がします



金額は一切変わらず
この中で1つだけプレゼント



しかも
請負金額は

バトンd
(請負金額は1,530万円の安さ・・・)


プレゼントなんて無くても
納得していたので


本当に無料で
付いた気分になっています



もちろんお金以外に

「そもそも見た目が嫌」って人もいますし


「非常時に電源確保出来る」とか
「環境問題でエコだし」って人もいると思いますが



お金の面だけでも
人、地域、メーカーで
全然違いますので


答えは出ない問題ですね・・・




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年12月07日





お金の考え方は
収入、家族などによって
さまざまですが


私はかなり慎重な考えなので
住宅ローンに関しても


「これならまず大丈夫」という
金額のローンにしました。


ローコストメーカー以外も
何軒か見て
営業さんからは
「問題無く大丈夫ですよ」と言われても
(世帯年収だと800万弱位・・・地方なら平均です)



「万が一何かあったら困ると思って」
かなり安全なローンを組みました。






・家を残したいなら一人になっても払える金額にする



ほとんどの方が
住宅を購入する場合に


結婚して夫婦になってから
買う人が多いと思いますが



住宅ローンを払っている人
もしくは今からローンを組む人で


共働きの場合
奥様がもしいなくなったら




旦那様の給料だけで

・住宅の支払い
・光熱費の支払い
・子育ての支払い
・その他生活費
・将来の貯金


などなどを一人で
支払いしないといけません




奥様は専業主婦の場合でも
いなくなったら


子供が小さければ
ヘルパーさんなどを頼まないと
今のペースで仕事は出来ないと思うので



色々出費が増えると思いますし


場合によっては
転職しないと子育て出来ない
職場もあると思います



万が一早いうちに
死別などしたら


私が死んだら
団信でローンはチャラになりますが


逆の場合は


ローンは残り
子供二人と私の生活になります

ローン金額a

こちらは統計上の
死亡確率ですが


女性が50歳までに亡くなる確率が
1,000人中 6.03人


確率でいえば0.6%ですから
かなり低いですが


我が家の場合
2人目は43歳で出産してますので


60歳でもまだ子供は17歳ですから



60歳までに亡くなる確率が
1,000人中 11.05人
この辺で1%を超えます



死別以外でも
今のところは大丈夫ですが(笑)


もし離婚などして
親権がこちらなら


子供のためにも
家はそのままにしたいですから


ローン金額の
シュミレーションをする際に



私一人と子供だけで
問題ない金額にしました




私も子供の頃に
両親が離婚して


貧乏長屋で生活していたので


子供にはそんな
苦労はさせたくないですから






・手取り収入の3割でもキツイ、2割でギリギリ


サイトなどを見ると
収入の3割までは安全とか
書かれていますが


これは一人暮らしの
シュミレーションがほとんどですし




収入の3割といっても


手取り20万円の人の3割だと


住宅ローンで6万円
残りは14万円ですから
とても生活は出来ません



手取り50万円の場合は
住宅ローン15万円で
残りは35万円もある訳ですから



これくらい貰っている方なら
3割でも余裕があると思いますが・・・




私の場合
ボーナスは除いたら


毎月手取りは30万円ちょいですから


30万円で考えると
3割だと9万円 残りは21万円・・・


21万円で残りの支払い全部と
小さい子供2人を
育てるのはキツイですね・・・



大学はまず無理だと思います


今は子供手当や
医療費無料
今度から保育園も無料になったので

小さい時なら大丈夫ですが


中学生以降は
かなりキツイと思います・・・




2割だと手取り30万円なら
住宅ローンに6万円
残りは24万円ですから


この辺が
私一人と子供2人で生活出来る
ギリギリじゃないかなって思います



この辺だと2LDKの
アパートで最低6万円ほどなので


これなら家を買わなくても
家賃とそれほど変わらない感じですね



まあ実際は
固定資産税や団信で
もう少しかかりますけど




夫婦だけなら
もう少し冒険しても
大丈夫かなぁって思いますが


子供の事を考えると


石橋を叩いても渡らない位の
考えでも
間違ってないかなぁって思います








・我が家の実例


住宅ローンだけじゃなく


購入時の頭金の額も
各家庭で違いますが



我が家の場合は
土地、建物、エアコン等やカーテンなど
全て含めて


総額が2,700万円ちょっとで


最初に用意した現金は
420万円ほどでした




借り入れが

ローン金額b

フラット35で2,104万円

こちらで毎月57,452円です



ローン金額c

もう一つ
アルヒのフラットαで
残り1割のローンも借りていますが



ローン金額d

こちらは割と繰り上げしてるので


22年分繰上返済したので
残り11年間になりました



今の所
夫婦とも健康で問題なく
働いていますので



残り1~2年もあれば
フラットαのローンは終わるので


そうすると
毎月の支払いは約58,000円になりますから


収入に対する支出は
2割を切って19%なので


これならリストラにでも
合わない限り


私が健康で働けていれば


貧乏生活にはなりますが
一人でも最悪どうにか
生活出来るレベルです



支払いで多いパターンは


奥様は専業でも共働きでも


旦那様だけの名義で借りて
旦那が払うってパターンが多いですから


女性目線だと
旦那様が死んだら団信でチャラですし


もし離婚などしても
自分が不倫でもしてない限りは


慰謝料、養育費などありますから
大丈夫なパターンも多いですが


旦那様だけ残ると
割と大変になると思うので


まあ、この辺が
一人になっても
生活出来る限界かなぁと思って
ローンを組みました


仮に家を買わなくても
家賃は払うわけですから
同じですしね


まあ手取りで40万、50万ある人には
余り関係ない話ですが




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年10月04日





いくつかメーカーや工務店と話をして
「ここで建てたい」というメーカーが決まって



色々と打ち合せをして




予算がオーバーした場合の対処法です


メーカーa




メーカーb

この2メーカーを比較する人は
少ないと思いますが


同じ住宅展示場で
同じ大きさの家を建てても


1,000万円以上も違う
メーカーがたくさんあります






・まずは絶対にしてはいけない事


予算オーバーの対処法は
いくつかありますが



1つだけ絶対にしてはいけないのは

予算の増額です



例えば支払える建物金額が
3,000万円だったとして


希望のメーカーが4,000万円なら
最初から諦めもつくでしょうけど
(これで諦めないのが一番やばいんですが




これが300万円~500万円オーバー位の場合
結構「どうにかなる」って契約する方も多いと思いますが


メーカーc

今の低金利時代だと
100万円の増額は
「35年固定の金利1%」で毎月2,800円ほどの増額です



なので300万円だと毎月8,500円の増額なので
「どうにかなる」って思う方も多いのですが



35年間の支払いですから
もう少し冷静になったほうがいいです



回数にして420回


利息を含めれば
約360万円の増額です


特にメーカー、工務店などは
売れてほしい訳ですから


営業さんも
「どうにかなりますよ」としかいいませんから



予算の増額だけは慎重に計算して
「余裕を持った支払い」を心がけたほうがいいです






・減額の王道その1「家を小さくする」



やはり一番手っ取り早い
予算オーバーの対処法は
間取りの変更です



1坪=約2畳ですから




仮に坪単価が50万円としたら
6坪=約12畳減らせば300万円の減額です

メーカーd

こちらが我が家の1階の間取りです




メーカーe

こちらが2階です


単純に


玄関1畳
リビング2畳

1階はこれで3畳減るので


2階はベランダを小さくして
WICと夫婦寝室を減らせば


6畳くらいは簡単に
どうにかなるかもしれません


我が家の場合は
これにスキップフロアと
吹き抜けの部分も減らせば12畳減ります



ほとんどの方は
新築で建てる家の間取りに比べたら
小さい賃貸などに住んでいると思いますから



特に子供もある程度大きい
もしくは子供がいない家庭で


将来家族の人数が変わる予定がなければ
こちらが一番だと思います



設備とかオプションを細々と減らしていっても
そうそう300万円とかは減らせませんし



家が小さい方が当然
光熱費も下がります






・家を小さくするのに向かない家庭


減らしてもいい家庭の逆で


家族の人数が変わる予定がある場合は
簡単に間取りを小さくしない方がいいです



我が家は
「子供は出来たら2人目が欲しい」なんて
思ってはいましたが


まさか43歳で
出産できるとは思いませんでしたが


夫婦と子供1人なら
かなり余裕のある家でしたが




現在3歳と1歳で遊んでいると

メーカーf




20.75畳のLDKと3畳のスキップフロアでも
余裕はありません



メーカーg

まだ自分の部屋にオモチャを置く年齢では無いですから
リビングが狭くなります


せっかく高いお金を出して
家を建てたのに


賃貸時代と同じ悩み
「この家狭い」でイライラしたら
勿体ないですね






・減額の王道2「メーカーを変える」


我が家のパターンはこちらですね


子供も小さいのである程度の大きさは欲しいし
ある程度の性能は欲しいけど


予算が無いというなら


ローコストメーカーにすれば
金額の問題はある程度解消出来ます



ローコストでも注文住宅なら

メーカーh


部材、設備などは全部決めれるわけですから



希望していた予算オーバーのメーカーと
同じ性能、同じ間取りで見積りを貰えば


いわゆる積水ハウスなどのメーカーに比べたら
1,000万円は下がります



もちろん
「鉄骨がいい」って言うなら
ヘーベルハウスやセキスイなどの
高いメーカーしか無いですし



いくつかは
そのメーカーでしか出来ない事もありますが



全部無垢材がいいとか
高気密、高断熱がいいっていうなら
どのメーカーでもある程度は可能です
(もちろん予算が上がりますけど)




「ローコストは施工が不安」という方も多いですが


我が家の場合は
私は解体業ですし義父も建設業ですから
チェックは自分ですればいいですし



身内に建設関係がいないというなら

メーカーi
(我が家も2回ほど修正箇所がありました)



ブログなりツイッターで建設途中の家を
発信、質問していけば
割と解決していきます


ローコストに限らす


よく引き渡し後に
〇〇の施工が違うという
クレーム系のブログがありますが


毎日は難しいですが
週1回でも施工の現場を見にいって
確認すれば解決出来る問題です



数千万円もする買い物ですから



不安点はなんでも
工務さんに問合せをした方がいいですし



何かあった時にスムーズに解決出来るように
営業さん、工務さんの相性は大事です



ツイッターなどで

「うちなら大手メーカーよりもっと安く
同じ家を建てれるのに・・・」

とか


「なんで大手メーカー選ぶかなぁ・・・」という
ツイートをする工務店さんなどがいますが


「それは貴方の広告、宣伝努力が足りないんです」
言いたいところですが


実際探せばメーカーより同じ性能で
安い工務店はたくさんありますから


「俺は〇〇ハウスで建てるために
一生懸命働いてきたんだ」


って位の思い込みがあるなら別ですが


それ以外ならメーカーの
変更も視野に入れてはどうでしょうか?








・性能、設備の減額はオススメできません


ちょっとの減額なら可能ですが


100万円単位を設備で減らしたら
住んでから満足しないと思いますし



性能に関しても
ある程度の知識を得ても


そこまでの減額は厳しいと思います


例えば私の住んでいる甲府市なんかでは
トリプル窓とか要りませんが


まさかアルミのシングルってわけにもいきませんから



サーモスXとサーモスⅡHの差は
当時で50万円でしたし

メーカーh


第一種換気から第三種へ -50万円
瓦からコロニアルへ -30万円
サイディングを15mm 10年保証タイプへ -20万円


多分これくらいで100万円ほど
下がると思いますが



サイディングは15年保証が良かったですし
コーキングも高耐久の方が


結局は将来のメンテコストが下がりますし



屋根も瓦が一番長持ちしますから



スレートは将来のメンテ費用がかかりますし
ガルバは断熱性能が無いのと
雨がうるさいなど
まあ瓦しか無いなぁと思ってましたので


この辺で減額はオススメ出来ません




ですので可能な
部分なら家を小さくして



家族人数や環境で
これ以上小さくするのは不安なら
メーカーを変えるのがいいと思います





◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年06月22日





同じ建物なら当然
安い方がいいのですが


予算を正確に伝えないと
割と大変な事になります



高すぎても大変なのですが
安すぎても色々と大変です





・最初に正しい予算を言わないと・・・



初めてハウスメーカーを見て回った頃ですが


当然ですが営業さんが
「予算は?」って聞いてきます


それ以外にも
だいたいの年収も伝えますが


私は家電量販店で
家電を買うように


営業さんには
「安ければ安い方がいいって伝えました」



例えば年収が600万円だったとしても
使える金額は各家庭で違いますので


Aのハウスメーカーは
「なら3,000万円は大丈夫だな・・・」って思えば


Bのメーカーは
「どうにか4,000万まではいけるか・・・」ってなるし


Cのメーカーは
「これは安い方が契約出来るな」って思って
2,500万とかの
間取りを出すかもしれません





・安すぎて伝わった例



まだ土地も決まって無かった時ですが
こちらの希望としては


・だいたい土地は60坪前後
・LDKに最低20畳は欲しい
・2階は3部屋
・吹き付け断熱
・そこそこの断熱性能
・瓦の屋根


これくらいの希望は伝えてありましたが


安ければ安い方が良いって言うのを
本当に受け取られた結果


予算a

リビングダイニングで10.7畳
キッチンが4.8畳



窓サッシはサーモスⅡHにはなってますが
明らかに希望より狭いです



予算b


建物本体は1,350万円
付帯費、諸費用全て入れた合計で
1,850万円という提案でした


土地はまだ決まって無かったので
土地代金は仮の案でしたが


こちらも49坪という
2台駐車がギリギリの広さでした



結果的に64坪で600万円という
格安土地を発見しましたが


過去記事
↓↓↓




60坪で950万円位が相場の地域なので
かなり安い金額での提案です



予算c




予算d

このメーカーだと
設備は4つのコースから選べて


基本はスタンダードプランで
キッチンのみハイクラスにした見積りなので


全部バリュータイプにしたら
恐らく総額1,600万円位で
いけたと思います・・・


打ち合せをして
間取り作成してくれて


2週間使った結果が
見た瞬間却下ですから


お互い何のメリットもありません・・・








・総額から本体工事費を出す目安


上記の例は
お金には困らないですが


多いのが土地代抜いた
予算が2,000万円と伝えて


建物工事費に2,000万円かかってしまって
諸費用、付帯費などで
大幅にオーバーするパターンです




実際に契約したレオハウスだと

予算e


土地代金と土地の契約などの
土地購入費用を抜いた総額が
2,047万円ですが




予算f

建物本体の費用は
1,534万です


諸費用には
実際には使われなかった
地盤改良費も予算として入っていますが


建物本体費は
総額の約75%で


残りの25%が
付帯工事費と諸費用です



なので正しい使え方としては
予算総額が2,400万円なら


「希望の総額が2,400万円位なので
建物本体は1,800万円位ですかね」


って営業さんい言えば


「こいつ色々分かってる」って
思ってくれるかもしれません(笑)





・付帯工事費込の場合でも結構かかります


見に行った中で1メーカーだけ


「我が社は付帯工事費込で値段を出すので安心です」
というメーカーがありました



予算g

土地代抜いて計算すると


総額は1,661万円で

付帯工事費込の本体価格が
1,296万円です



しかしこれでも
365万円は別途かかります


一般的には

本体工事費70%
付帯工事費20%
諸費用10%と言われますが


上記メーカーだと


付帯工事費込本体工事費 78%
諸費用22%になってます


結局ハウスメーカーによって
どのような予算を計上するかが
ルールとして決まっていませんので


総額で払える金額を
間違いなく伝えておかないと


後で大変な事になる場合が出て来ます・・・


このハウスメーカーだと
カーテン、エアコン費用など一切入っていませんし


実際はもっとかかる可能性も高いですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング








2019年06月05日






検討したのが2年以上前なので
今は変わっているかもしれませんが


凄い似ている
タマホームの大安心の家と
レオハウスの大人気の家ですが

プランa


タマホームの大安心の家の場合


キッチン、トイレ、バスルームなどの
設備はレオハウスと
かなり似ていましたが


主な違いとして


①バスルームが
1.25坪サイズの1620まで標準仕様で
差額無く変更出来ました



レオハウスの場合は
1坪サイズの1616です



②間取りもタマホームは
和室1室分は含まれていたので
こちらも追加料金無く作れます



レオハウスの
大人気の家Cocoの場合
標準仕様といった間取りは無いそうですが



和室を作った場合は追加料金が
かかるという話でした





・必要以上の設備のプラン=割損?



もちろん営業さんとの交渉で
値段は変わると思いますが



私の担当営業さんの話では


タマホームでは1620を1616に
サイズダウンしても


和室を作らなくても
値引きは無いという事で


私はバスルームは1616で良かったし
和室も要らなかったので


かえって割高になってしまいます・・・



プランa-2

両社の比較では
タマホームの方が高かったですが


1620サイズのお風呂と
和室を希望していたら


レオハウスの方が
高くなったかもしれません





例えばマクドナルドは
地域によって金額が違いますが


プランb

ビックマックセットが690円です




単品で頼むと

・ビックマック 390円
・ポテト 270円
・ジュース 220円


単品で揃えると880円かかるので
全部欲しければ
セットの方がお得ですが


「ポテトは要らないなぁ」って場合は
単品で頼んだ方が金額的にはお得です


マックのように
数百円の違いならまだいいのですが
家だと100万円以上変わってくるので



自分に合うプランを選ばないと
かなり損をしてしまう可能性が出て来ます





・レオハウスも標準仕様がいくつかあります



大人気の家CoCoでも
Bセレクト、Vセレクト、Dセレクトなど
色々あります

プランc


例えば屋根材で


・スレート
・ガルバリウム
・瓦


この3種類で一番金額が高いのは瓦ですけど


レオハウスでいえば
Dセレクトのみ瓦が標準で


Bセレクト、Vセレクトだと瓦は選べなくて
スレート(コロニアル)のみでした




金額はDセレクトが一番高いのですが
これで「屋根はスレートがいい」って選んでしまったら


一応少しは差額分は
値引くらしいですけど



金額的には損をしてしまいます


例に出すと


サイディングが14ミリが標準で
16ミリに変更する場合にオプション費用が
30万円って場合でも


じゃあ16ミリが標準のプランで
14ミリにコストダスンしたら10万円減額みたいな・・・



最終的には営業さんの言い値ですけど
なるべく標準で満足した方が
トータルコストはお得だと思います








・好みと金額が難しいところですが


レオハウスとタマホームに限らず


設備は複数の中から
選ぶと言った場合が多いです



家作りの中で一番楽しい
作業ですが



レオハウスだと
私のプランで選べたキッチンは


・LIXIL
・クリナップ
・タカラスタンダード
・トクラス


この4種類でした


ある程度金額を合わせるように
グレードは各メーカー違いますが


それでもトクラスが
売値は一番高いはずです



じゃあトクラスが一番お得かと言うと
好みの問題があるので


プランd

私はタカラスタンダードにしましたが・・・





こちらも分かりやすく
マクドナルドで例えると

プランe

金額的には
サイドメニューは
サラダを頼んだ方が一番お得で
ナゲットが一番損するのですが



ポテト食べたい時はポテトにしますし
ナゲットがいい場合はナゲットにします



家の設備選びと
マックのメニュー選びは似ています(笑)





・じゃあ一番お得な方法は?


レオハウスで言えば

Bセレクト、Vセレクト、Dセレクトの
複数の見積りを出して貰って


欲しい設備、仕様を追加した場合の金額も
出して貰えば


一番お得なプランが出ると思いますが・・・



物凄い手間ですし



多分営業さんも
Dセレクトが一番お得ですよって
言われるだけだと思います



プランf


基本仕様はどのプランでも
共通ですが



プランg


私の場合は

「Dセレクトのみ
吹き付け断熱が標準だよー」


「瓦もDセレクトのみ選べるよー」


「Dセレクトだけ
サイディングが18mmになるよー」


と言われたので



吹き付け断熱+瓦が希望の段階で


Vセレクトでオプションで上乗せするより
トータルで安くなりましたので
Dセレクト一択でしたが



他のレオハウスで建てた
ブログを見ますと


Vセレクトでも
吹き付け断熱が標準だったり



吹き付け断熱は
オプション費用20万円ですって
言われてるブログもあったり




メーカーどころか、支店単位で違うので
本当に難しいのですが



自分が希望している設備、仕様が
一番高い物とは限りませんから


高ければいいってものではありませんね





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング