家づくりの話

2022年07月04日








相変わらず
入院中です・・・



ちょっと

特殊な治療をしているので


外に出ると
風邪とか肺炎とか
病気が移りやすく



当然外出許可は
出ませんので



暇つぶしで

住宅系の
Youtubeも見ましたが



個人的主観ですが
半分以上は意味ないですね(笑)



意味が無いというより
「見ない方がマシ」というか



私は


アドバイザーa



子育てとか
ブログ用動画メインなので
何も気にしてないですが


そもそも
これに登録している27人は
何者なんだと思いますけど(笑)






今の時代はYoutubeで
活動している人が多いですが




再生数やチャンネル登録が
欲しいのか住宅関連で言うと



・わざと不安にさせる


・わざと迷わせる


こんなコンテンツが
非常に多いです




解体屋として
「こんな家はすぐにダメになる」みたいな
動画は笑っちゃう場合もありますが


多分、そちらの方が人を
引き付けるだろうと思います




私も10年以上前に


アドバイザーa2


ニコニコ動画で
Adobe After Effectsなんて
30万円ほどするソフトで
趣味動画作ってたので


再生数やチャンネル登録を
伸ばしたい気持ちは
嫌というほど分かります(笑)


・・・・
・・・
・・





特に


・今から家を建てる

・工務店を決めるなんて人は



SNSなどで
「オススメの住宅系
YouTuber教えて」なんて書くと



親切な人が


・色々な設計士とか

・アドバイザーとか紹介してますが



まあ
「私なら見ないな」って人も
多いですけど(笑)



それでも10人もいたら
2人位は
参考になると思いますが



「本当に役に立たない
時間の無駄」ってのも多いんですよ



しかも
「パッと見」いい事言ってる感じで
実は意味ないっていう




一番時間がもったいないパターンを
今回は紹介します



ちなみに
その人が役に立たないって訳じゃなくて


動画やwebだと
役に立たないって意味ですよ(笑)








・2番目に大事な「時間」を使わせるタイプの人




満足出来る家作りにおいて



常に言っていますが
一番大事なのは予算だと思います




どんなにいい家が出来ても
それで生活が苦しくなったら
意味がありません




そして次に大事なのが時間です


・土地

・間取り


・性能


・日当たり


・設備



などなど決める事は
たくさんありますから



悩み事が出たら
なるべく短時間で
解決したいですね




だいたい、私が
「素晴らしい家で満足」って
思っているのは



予算もありますが



全てのクエスチョンに
納得できる回答を
見つけられたからです


・担当の営業さん
 建築士さん、工務さんからもですが


・当時のブログやYoutubeでも
 参考になった物もありました





という訳で
無駄に時間だけを
取られるパターンを
いくつか紹介します






・それ必要ですか?


「家を建てよう」と思って



住宅展示場で見ても
Youtubeで見ても



最初は
形になってないけど
理想の間取りっぽいものとか
希望する物を伝えると思います


当然、素人だし
初めて家を建てる人が
100%希望を言えるわけがありません





例えば我が家の
パターンだと

アドバイザーb



まずはモデルハウスや
建売住宅を何軒も見て




色々と夫婦で理想ってのが
固まってきて


・リビング階段

・スキップフロア

・ダウンライト

・LDKは壁が一切なく開放的に



などなどを決めました



アドバイザーc



・担当の建築士さんとは
 間取りの相談を


・営業さんとは
 お金の相談を



本当に気の合う人で

「ここは〇〇が欲しい」とか


「こういう生活が
したいから〇〇にする」
など

必要な理由を伝えると


・納得したり


・難しい箇所は
 ちゃんと代替案を用意しれくれて



本当に
満足出来る家になりましたが






これが
一番言っちゃダメな奴

アドバイザーd



知らねえよ・・・



「こっちは20年掛けて
家建てるんじゃなくて
1年位で住むんだよ」




これならまだですね



https://reogress.net/archives/25239818.html



「子供部屋は大きくなって
出ていくから要らないでしょ」位に
ハッキリ言ってくれた方が



「あー、この人は
相性悪いな」って分かるから
時間の無駄にはなりません



例えるなら
こういうタイプは
住宅アドバイザーじゃなくて
占い師です





だいたいですね


こっちは素人でプロに
「〇〇とか欲しいですがどうでしょう?」

って質問するのに



「疑問形を疑問形で返すな」
言いたい


・10年後、20年後に必要とか

・子供が大きなっても必要とか




そんな事言い出したら

アドバイザーe


ミニマリストの
部屋になっちゃいますからね





まあ
一応、フォローすると



ちゃんとした建築士さんや
営業さん、工務店さんなら





リアルにお客様と一緒になら
いいアドバイスが
出来るかもしれないですね





しかし不特定多数のYoutubeでは
向かない、意味が無い場合も多いです


もちろん
こういう動画を出している人の
気持ちも分かりますよ


「人によって最適な間取りなんて
違うんだから仕方ないじゃない」



って事だと思います


それなら
最初から動画作らなければ
いいだけなので(笑)




・・・・
・・・
・・



それなら

今は業界の人ではない
施主さんもYoutubeしていますから


・特に間取りとか

・窓の位置とかですね



普通の施主さんの
ルームツアーの方が
ずっと役立ちます



施主さんの場合は
自分達が


なぜそう作ったのか
理由も説明するから
分かりやすいです



なので間取りや設備などの
動画を見たければ
施主さんの動画がオススメです


後は営業さんでも
工務店さんでも


自社で作った実例を
ルームツアーしながら出す
動画は役に立つのもあるので




やはり10人中
2人くらいしか
参考にならないですね










・なんでも否定、不安煽りの人



これも多いんですけど




色々と家で気になる事があり
検索すると


アドバイザーf



みんなサムネイルで
バツ印してますね笑





余りに多いから

アドバイザーg



「Xかよ」って
突っ込みたくなりますが(笑)






これは私も過去記事で書きましたけど




https://reogress.net/archives/30743450.html


ダメとか後悔の方が
見る人が多いんですよね


是非とも、今から建てる人は
まずは良い点をたくさん
見つけて欲しいですが




ダメ、否定、不安の方が
再生数が上がるのを知ってますから





「ダメなポイントじゃなくて
良いポイントを言え」って思いますが




結局私が言ったところで

アドバイザーh



こうなっちゃいます(笑)



だって
注文住宅なんて


建てる土地が違うだけで
最適な間取りは異なるのに


土地、予算、家族構成などが
分かってない状態で正解なんて出せません




その点


https://www.youtube.com/watch?v=g0c077Enwb8


こういうった
施工系の動画は
正解がありますから

こちらで施工方法覚えた方が
役に立つかなって思います




それとも
私が好きな動画ですけど


「家なんて家族が幸せに暮らす
ただの箱」
ですから



https://www.youtube.com/watch?v=Bb61olR9mfw


こういった
幸せな仲良し
夫婦生活動画などの方が



色々と気遣い、思いやりが
出てきてオススメです










・設計士?アドバイザー?




ところで
今回の記事タイトルが


YouTubeで「役に立たない」
設計士住宅アドバイザー動画の見分け方って

お気づきでしょうか




https://conma.jp/conmaga/article/104096/



「建築士」は1級、2級に分かれていますが
国家資格で簡単には取れません




我が家を含めて
家を設計するのは「建築士」さんです



そして設計士なんてのは
資格もありませんし
誰でも自由に名乗れます



私が
「普通の人よりは
家に詳しいから設計士って言うか」


でも


「Youtuberするのに
設計士って言った方が信頼度が上がるなぁ」

などなど自由ですね


設計士なんて資格がありませんから





もちろん
住宅アドバイザーなんてのも


アドバイザーi




民間資格なら
このような
「住まいアドバイザー」みたいなのが
ありますが



公的な資格にはありません



しかもこれって



ネットで問題解いて
70%以上の正解率で合格という
ほぼ誰でも取れそうな資格で



さらに

アドバイザーj



ちょっとお金出して
プラチナコースってのを
申し込むと課題を提出するだけで
貰えるという



とんでもない資格です(笑)




つまりですね・・・



例えば

アドバイザーk



YouTubeで
「注文住宅 選び方」と検索しましたが


私は
どれも全部
見ていませんが



どれを信用するかと言えば
一番上ですね



これって
一番上の人だけは



・豊橋市の工務店って
 社名を出していますから


・それだけで
 工務店として下手な事言えませんし



こういう人は
工務店の宣伝ツールとして
動画を使っているのですから

社名を背負って言ってるわけで

意味の無い事は言わないと思います




まあハウスメーカー社員は
サラリーマンだし
勝手にYoutubeは作れませんが



真ん中の動画なんて
顔出してないし
アニメアイコンですからね

元大手営業さんらしいですが



いくつか見たけど

「まあ本当にひどい」

「時間の無駄」


「とうかむしろ悪影響」




しかも動画に広告付いてるので
これで利益を得るしかないなら



迷わせたり不安にさせたり
させるしかないですよね・・・



というか工務店でもハウスメーカーの人でも
無いから責任感が無いわけで


要はこのブログと同じです(笑)



私はサラリーマンしてますから
別にYoutuberして
儲ける必要は無いですし(金は欲しいけど笑)




このブログでも


「お金があるなら
超高性能でも大手メーカーでも
好きにしたら」って言ってますし




最初から注文住宅に
答えが無い事は分かっています



まあ「ローコスト」
検索して頂ける人が多いので


・予算は大事

・安かろう悪かろうもある

・安くて良いものもある


この辺を色々とは書いてますけど





そもそも
人によって正解が決まってないのに



正解を求めるから


恋愛マニュアル読んでいるような
動画も多いんですよ・・・







「情報が多すぎて
住宅迷子になった」なんて
言う人までいるので



まずは担当の営業さんと
「建築士」さんと話をする事ですね


いいチームワークが取れないと
いい家は作れないです







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2022年04月25日







今回は
ネット上では
「当然の常識」と思われているような



住宅に関する
嘘に付いて書いていきます


もちろん
本当に詳しい人なら
嘘って分かるのですが


全く違う業界で働いていて
初めて家を建てる人には
分からないですから


嘘を信じてしまって
さらに嘘をSNSで拡散して


それが常識になっていくという
パターンも多いですね



まずは
分かりやすい「嘘」の説明として



最初は住宅に関係ないですが
ネット上での「嘘」の一例として



知っている人は知っている
ネットでは有名な画像

情報a


100年以上前の
イランのお姫様
ガージャール姫です




オッサンみたいな
インパクトなので


ネット上では
有名な画像ですが




検索してみても

情報b



・100年以上前のお姫様

・145人にプロポーズされた

・プロポーズを断られて13人が自殺した


と書かれている
サイトがたくさん出ます


そして
「当時は今と美の基準が
異なるんですね」って

書いてある記事が多いんですけど



これは全部嘘です



そもそも左右の写真は
別人ですし




ちゃんと調べると


情報c


姫である事は本当で
女性教育なんてなかった時代に



「女性にも教育を」
色々と頑張った人なのですが



ちょっと見た目のインパクトからか


外国のネット民が


「これを当時の絶世の美女にして
釣ろうぜ」って言う流れで


見事に日本人の
ネット民は引っ掛かった
訳です(笑)



このように嘘を信じて
それを拡散すると


あたかも常識になるという
SNS時代のよくあるパターンですね






住宅の「外国は〇〇だから」の例



日本語以外の場合は
ネットで騙すのは簡単ですね



日本語で検索しても
騙された情報しか出て来ませんから



外国の情報で
有名なのが

情報d


日本の窓性能は
中国より遅れているってのも
非常に多いです






もちろん「窓後進国」ってのは
間違ってはいませんが


本当と嘘を上手に
混ぜてミスリーディングさせる
パターンは多いですね




「中国、韓国でも
日本の低性能アルミサッシなんて
使用できない」とか


これも発信している人は多いのですが


日本語で検索しても
真実は分からず
一方的な工務店や
施主のサイトばかり出ますね





という事で


ソース元の





文献サイトや



こちらの発言元である

情報e


中国の第12次5ヵ年計画を見ても



環境の為に
とかは書いてありますが
具体的な数値なんてありません



国が5ヵ年計画を出したあとに
各都市で新たに出すので
一部にはあるかもしれませんが



というか、この時代
まだまだ都市部以外は
そんな事言ってる場合じゃなくて


情報f


「使えるエネルギーを
増やしましょう」って状態でした



しかも目標には
拘束値期待値ってのがあって


環境項目はどれも「期待値」


なので
「実現に向けて頑張りましょう」って
奴ですね



だいたい日本は4.65とか
言っても


何の法規制も無くたって
今時アルミサッシの単板ガラスなんて
どこも使いません








各都市の12次5ヵ年計画があるので
良かったら見て頂きたいですが



直接中国人に
聞いた方が早いですから(笑)



仕事の現場には
出稼ぎ中国人も多いので


「本当に中国の窓ってのは
全部高性能なの?」って聞くと




そもそも




中国では
お金がどんなにあっても
勝手に引っ越しも出来なければ






そもそも中国では
土地は国の借り物なので
買えないんですね



その借りる状態すらも
わずか20年ちょっと前に
出来るようになったわけで


元は社会主義の
国ですからね



お金があっても
家が自由に建てれないので
そもそも高性能か
どうかも知りませんでしたし



そもそも
都市部はマンションばかりだし




「じゃあ都市部は
本当にネットの言うように
アルミサッシが禁止なのか?」と言うと


情報g


アリババで
普通に売ってるし



まあ、幸いにも
ちゃんと調べれば



ネットの嘘も
ネットで調べる事が出来ますから

情報h


こちらは日本人が
2021年に中国で家を買う動画




後は住宅関係の動画じゃじゃなくて

情報i


これは中国の滞在記ですね
余裕がある中間層の自宅訪問ですが



この辺を見たり



中国に住んでいる人の
ブログなんかでも

情報j




リアルな
生活が分かりますから


誰が言い出したのか
分かりませんが


一方的な情報だけ信じるのは
良くないですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



多分ですが10年前なんて
今よりも高性能住宅なんて
売るのが大変だったでしょうから



「日本だけは
これだけ遅れている」って
情報を流したかったんだと思いますけど




それでも都市部では
中国の方が進んでいるのはたしかで


情報o


日本で言うセキスイハイムみたいな
工場で全部作って
現地で組み立てるだけなので


29時間でマンションが完成するのですが
こんな家でも高性能樹脂サッシを
使ってたりしますね






ただ・・・

情報p



天井も壁もステンレスを
使っているそうなので
熱伝導率悪そうですけど






・情報が止まっていて間違う例



「外国では〇〇」ってのは
非常に簡単で


いちいち調べる人も少ないですから


自分が言いたい主張に
持っていけますが



日本国内でも
情報が古くて
間違っている事が
常識ってのもあります




代表的な例で言うと

情報k


瓦屋根は地震の時に
落ちて危ないって奴ですね



これは昔と今で
素材も工法も違うのですが



・確かに昔は
 瓦は重くて


・瓦の下には
 土を敷くのでさらに重くなり


・さらに昔は
 下地に留めて無かったので



地震が来ると落ちていました




昔は
建物の耐震性が無かったので


地震が来ると
家が壊れる前に
わざと落とすような作りですね






こちらは熊本地震が発生した後の様子ですが





昔の工法と
今の工法の家が並んでいる写真があって


情報L


この通り
今の作りでは
震度7でも瓦が落ちるなんてありません



そもそも
耐震等級3だって
普通に瓦屋根で取れますからね




この辺の情報の知識が古いと


・高気密住宅は
 すぐダメになるとか


・ローコスト住宅は
 すぐダメになるとか


言われます



そもそも仕事で
建築に関わってなければ
知識をアップデートする必要もないですからね










・一番厄介なお金儲けの嘘



後は、過去記事でも
書いた「優良誤認」を狙った
数値をうまく調整するパターン




https://reogress.net/archives/30090698.html



・ローコストだと
 光熱費で損をするとか

・G1性能だと
 寒くて暮らせないとか

・メンテナンス費で
 元が取れるとか



100%無理なんですけど
こういうのも多いですが





今までの嘘ってのは


結局、自分が売りたい物の
宣伝材料なんですよね



営業さんが他社批判するのと
根本的には同じですね



他者を他国や
他の製品に置き換えているだけです



ただ、ここまでの話は


自分が売りたい物を
勧めるためなので
まだいいんですよ



・日本の窓が遅れているのも
 間違ってはいないし


・耐震性だけで考えたら
 ガルバリウム屋根の方が
 軽くて有利なのは間違いありません


・高性能住宅だって元は取れませんが
 快適性が上がるのは間違いないです




次は
もっとやっかいな


情報m


例えば
「住宅展示場に行ってはダメ」って奴です



これを最初に言い出したのは
誰か知りませんが


少なくとも
展示場に家がある
メーカーは言うはずはありません(笑)



・営業マンに押し切られるとか

・高い家を買わされるとか




たしかに展示場に出していない
工務店からしたら


「行ってはいけない」って
言うかもしれませんが(笑)




もっと厄介な嘘を付いている




プロアフィリエイターですね


このサイト
余りにひどいんで
そのまま載せました(笑)



このサイト
展示場には行かない方がいいと
色々とデメリットを書いておいて



最後に


情報n


「資料一括見積りが一番」




アフィリエイトの記事ですから・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・



そもそも
家作りなんて正解は無いんですよ



例えば最初に住宅展示場に行って
積水でも住友でも契約して


・それが気に入って


・生活するのに問題ない予算で
 満足して生活出来ていれば


全く問題ありませんし




逆に信念を持つ工務店が


・大手メーカーより安く
 性能のいい家が作れて


・絶対にもっと満足させる


どちらも
施主が満足すればいいんですが



この手の
アフィリエイトブログの嘘は


誰も幸せにしませんから・・・



まあ嘘ってだけなら


そもそも
私だって
本当はIT企業に勤めていて
高給取りなのを


嘘付いている可能性も
ゼロではありません(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



結局、どれもそうですが


事実かどうか確かめようとしないで
人の意見を聞くと


知らない間に嘘を信じている事にも
なるんですね



特に住宅関連だと

「〇〇ってのは使っちゃダメ」とか

「〇〇のメーカーはダメ」とか

一方的に
否定する事も多いですから




必ず否定している
メーカーの情報も
調べる事が大事ですね



ブログにYoutubeに
SNSと


簡単に情報が流れる社会になりましたが
間違っている事も
たくさんあります


私の記事は
解体や廃棄物の知識が多いですから





こういう
「長持ちするって言ってるのに
全然持たないじゃん」
ってのが
多いのですが


これだって今の技術革新で
変わっている事もありますが



少なくとも嘘とか
想像とかでは書いていません



全部仕事として
実体験している事だけ書いています



そもそも私がブログを始めたのも


・ローコストは
 すぐダメになるし

・冬は寒いしなんて


色々言われていたので



「今はちゃんと建材を選んで
建築もチェックして作れば
そんな事ないよ」



毎年色々な写真を載せて


温度計もたくさん買って
データを出しています


まあ、子供が小さいし
自由な時間も無いので


家で出来る趣味として
ブログ書いてたら
案外ハマったってのもありますが(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村













2022年04月15日







最近
脱炭素住宅という



「高性能住宅で脱炭素とか
省エネとか」



そういった
エコ活動が会社の宣伝に使われるのが
非常に多いんですが




うちの職場は
廃棄物の処理場も持ってるので

脱炭素a


よく記事に載せる
建材の廃棄物以外に



焼却炉もあるので
プラスチックゴミや
一般家庭から出るゴミも非常に多いです




家庭や職場から出る
「燃えるゴミ」を


脱炭素f


破砕機に掛けて
その後に焼却炉で燃やします




一応燃やした時に出る熱を
電力に変えて



ゴミが燃えた出た焼却灰も

脱炭素g


道路を作る
路盤材にしていますから
結構なエコですね






こういった職場なので

脱炭素e


こういう環境に関する
分厚い本で学ぶ立場ですから



嫌でも環境問題ってのは
詳しくなるので





一部の工務店や
ハウスメーカーの


見た目だけエコ
みたいな
活動や宣伝を見ると


「なんだかなぁ・・・」と思うわけです



私、個人の感想としては


脱炭素h


国は良くやっているなぁと思いますし






省エネやゼロカーボンって話だけなら


脱炭素i


ZEH程度の住宅で充分だと思いますが





一部の工務店は


「G2以上の住宅じゃないと
エコじゃないから
G2住宅を義務化しろ」
って言っています



まあ、環境ってのは
難しい問題なんですけど・・・



当然、エコっていうのも
重視というか考えないといけないんですが



そもそも
エコって言うなら



建て替えるよりも
古い家をちょっとだけ
リフォームして使った方が
どんなに暖房代が掛かってもエコなんです





太陽光やハイブリッドエンジンを
反対する人が良く言う


脱炭素j

「太陽光パネルは製造に
太陽光10年分のエネルギーを使うから
全然エコじゃない」
って奴ですね



製造時のエネルギー、CO2排出量も
含めた「ペイバックタイム」と言うのですが




工業製品は出始めはともかく
ある程度経つと高効率化しますから


脱炭素k

今ではエネルギーもCO2も
2年で回収しますから
充分エコなんですけど





注文住宅の
ペイバックタイムを考えると


製品の製造以外にも


・古い家の解体

・土地の整備

・新築時の廃材


この辺の処分だけで
住宅の性能差なんて
意味がない位のゴミや排気ガスの
量が出ますし



仮に建て替えるとしたって
戸建てよりも
マンションの方がずっとエコですからね







・住める人数考えたら
 戸建てよりも
 土地を効率よく使ってるし


・隣家の熱エネルギーを貰えるし


・日射取得も太陽光取得も
 効率がいいし




使う建材量もマンションの方が
住む人数を考えたら圧倒的に
エコですね



家を買うと色々な業種や人の
経済が回りますが


脱炭素の面だけで考えたら


そもそも戸建て住宅に住むって時点で
エコじゃありません




壊して土地造成して作って
たった一家族、4人前後しか住まないってのが
不効率ですね






・ちょっと納得いかないカーボンニュートラルの事例・・・



「そうは言っても
戸建てが欲しい」
って
人も多いでしょうし


私もですから
何もエコ活動しろとか
言いませんが



売る方は矛盾を抱えても
言わざる負えません



まあ、そもそもエコじゃない
戸建て住宅の中から
高性能住宅の方が
エコだと思いますけど



細かい数字を出すと
色々と難しい問題になりますが




工務店やハウスメーカーが言う
脱炭素、カーボンニュートラルの家は


基本的に
高性能な住宅でエアコンなどの
光熱費を抑えるという考えですね



昔の家に比べれば
今の高性能住宅は


冷暖房費が少ないですから
たしかにエコで脱炭素なのですが



今は一部の工務店で
「G2以上の性能を義務化させよう」って
運動があって




普通に
「性能がいい方が快適じゃん」なら
私も賛同しますけど



それだけでは世間も納得しないので
脱炭素とかエコを理由にしていますが



その根拠が

脱炭素b


我が家はG1住宅になりますけど
なぜか低性能は方はエアコン5台使ったり
熱交換もシェードも使ってないので



全然同条件じゃなくて
比較にもならないんですね



まあ、今回は
こういう数字的なのは
置いといて



実生活のエコというか



例えば
太陽という素晴らしい自然エネルギーですね


7231d846


我が家はベランダで干してますけど



普段
脱炭素とかエコとか言ってる人が



「ベランダなんて要らないでしょ
乾太くんのが便利です」と勧めたりしていると




「おいおい脱炭素とか
カーボンニュートラルどこいった」
思うわけです・・・



太陽の力で乾燥させれば
100%エコというか自然の力ですから



「なんで脱炭素住宅って言ってる人が
ガス使って洗濯物乾かすんだろう」って
思っちゃいます



素直に「楽だから」とか
「花粉が付かないから」とかで
いいと思うのですが



都合のいい時だけ
エコとか言うから
おかしくなるんですよね



他にも脱炭素とエコをさんざん勧めながら
普通のガソリン車乗ったりとか
矛盾点は多いですね(笑)






・脱炭素の宣伝だけで住宅以上の炭素を使うという矛盾・・・




「脱炭素」

「カーボンニュートラル」

などなどを言って


「大手メーカーでは作れない」みたいな批判もして


そういうのをYoutubeで
流すなんていう



さらに意味不明な
行動をしてる場合もあるのですが


脱炭素c



家の冷暖房費よりも
照明や家電製品の方が
ずっと二酸化炭素排出量が多いわけです



しかも、このデータは
昔の低性能住宅も
含みますから



とにかく
住宅の高性能化ってのは
脱炭素の面で言うと
効果が薄すぎます





しかも
大手メーカーの家は脱炭素に悪いというのを

脱炭素d


・カメラで撮影して

・PCで編集、レンダリングして

・Youtubeにアップする


こっちのがよっぽど
環境に負担がかかってるわけですよ



仕事なので宣伝するのは
当たり前なので
普段は何ともいいませんが



カーボンニュートラル言う割には
他の行動が矛盾しすぎています



ちなみにこの二酸化炭素排出量の表って
家庭ごみが3.8%
凄い少ないと思うんですが



これは数字のトリックというか
環境の面では間違っていませんが




家庭ごみのうち
プラスチックごみや
合成繊維などしか集計していなくて



紙くず、生ごみ、木くずなどは
この数値には入りません



例えば木くずで話をすると
当然、木を燃やすと二酸化炭素は出ますが


木は生えている時は
二酸化炭素を吸って成長するので


プラスマイナスゼロ
これがカーボンニュートラルですから



エアコン1台で快適じゃなくて
薪ストーブの方が
ずっと脱炭素になりますね



なので某前大臣がやった
プラのストローを
紙に変えるのは


数値上は非常に
エコになります



実際はどちらも
うちの職場のような処分場に
持ってきて


紙でもプラスチックでも
同じように焼却されますけどね







・人間が生きるための原罪



「じゃあエコとか
全く考えなくていいの?」って言うと


そういう訳じゃなくて



生ゴミなんかは
水をよく切るだけでも
全然、焼却炉の燃焼効率が違うので


こういう身近な活動も脱炭素ですし



我が家みたいに生ごみ処理機を
使うのもエコですけど


私は環境問題で使ってるわけではなくて


単に虫が出ないようにってのと
臭いが出ないようにで使ってます



缶とかペットボトルも
職場に持っていけば



金属は再利用
ペットボトルはRPFという
燃料になりますから


かなりエコな活動はしてますけど



私は他人にエコだの脱炭素なんて言いません



PCもスマホも便利ですし
人間が快適に暮らすには
今の世の中必須だと思います


乾太くんだって
便利ですし


この手のエコの話で言えば
洗濯機すら使わないで


洗濯板の方が
さらに脱炭素ですけど




結局電化製品を
なるべく使わなければ
エコですが
そんな事は言いません



・便利な生活をするのも


・排気ガスを撒き散らしながら
 家族で旅行に行くのも


生きてく上で
大事なイベントだと思いますし



そもそも人間が生きてるだけで
二酸化炭素を発生させるんですから


それが原罪ですね



人は生き物を食べて
電気を使わないと
生きていけないんですから



どうしても仕事上
SDGsとかエコには敏感ですけど



これを普通に生活している人に
押し付けようとはしませんし


「無理なく出来る範囲で
すればいいじゃない」って思います











・目的は素晴らしいんですが・・・



私は高断熱高気密住宅って
素晴らしいと思います


脱炭素とか
光熱費削減は置いといても


人間が生きてく上で
「家の温度が快適」って
素晴らしいと思いますから



なので「1年中Tシャツ生活」とか
「夏も冬もちょっとの冷暖房費で快適」とか


そういう面で
売ればいいのにと思いますけど


これも本当にエコ考えたら
20℃程度で長袖の方が
ずっとエコですけどね・・・




結局、売る方は
売れないと商売になりませんから



自分たちが得意な物を
一番良く言うのは
仕方ないですね



そのため
ZEH程度の性能で
同じように「快適」って言う
大手メーカーとの差別化が


Ua値とか知らない人には
分かりませんから



何でも大手ハウスメーカーを批判して
さらには国まで批判してるってのが
現状です



・・・・・
・・・・
・・・
・・


結局
脱炭素とか
カーボンニュートラルってのが



大手メーカー批判に
都合がいいんでしょうかねぇ・・・



実際に
エコとか脱炭素とか宣伝に使う
工務店は非常に多くて



「高断熱高気密じゃない家を
売る大手メーカーは悪だ」みたいな風潮ですね


大手の鉄骨メーカーでも
今はZEH性能位はありますが




だいたいきちんと
脱炭素を目指すなら


・食べ物を残さない

・必要以上に太らない

・お酒やタバコなど
 必要無い物は摂らない

・家庭の生ごみを肥料にして
 家庭菜園して育てる

・車じゃなくて自転車

・電気もなるべく使わない


この辺の
日常生活の見直しからですが


私はもっと欲にまみれて生きていますから
自分が出来る事しかしませんので


その代わり他人にも
都合のいい時だけ脱炭素とかは
言いません



まあ、解体も出なくなって
ゴミも無くなったら
うちの会社も利益なくなちゃいますから(笑)




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2022年03月28日






これはさすがに


・誇大広告というか

・嘘というか


倫理的にアウトじゃないかと
思うのですが



一条工務店の
こんな広告があって

床暖房a


「暖房費どっちが高いの?
エアコン vs 床暖房」って事で



この画像のグラフを見ると



床暖房の方が
エアコンの5分の1位の
光熱費に見えますね




SNSだと
「エアコンの方は200坪とか
あるんじゃない?」とか
言われていましたが(笑)



実際に、どうして
エアコンの方が5倍も高くなるか
原因を探していくと・・・





・まず比較する家が違った・・・



「秘密を知るにはクリック」というので
クリックすると



一条工務店の
ぽかぽか床暖房フェアという
ページに飛んで




光熱費の詳細がありました


床暖房b


・エアコンの方は165,000円

・床暖房は19,000円なので



なんと暖房費が
8倍以上も違いますね



しかし、これ
エアコン暖房の家と
床暖房の家で断熱性能が異なっていて



・次世代省エネ住宅の家Q値2.7

・一条工務店の家はQ値0.51なので


比較する家が違いますね



・Ua値に換算すると
 Q値2.7の家はUa値0.87


・Q値0.51の家だと
 Ua値は0.26以下なので



床暖房c


断熱等級4の家と
G3住宅の比較なんですね



最初の広告だと
そんな事は書いてないので



まるで床暖房の方が
優れているって思いますが
実際はそういう訳ではありません




「じゃあ断熱等級4の家と
G3住宅ならこれ位の差が出るんだね?」って言うと



それも決して
そこまでの差は出ません



じゃあ、なんで
これだけの差が出ると
書いてあるのかを



細かい文字が色々
書いてあるので



どうして8倍も変わるか
見ていきます





・ここまで暖房費に差が出る秘密



光熱費の高い方の家
Ua値0.87の
断熱等級4ってのは


床暖房d


今ならローコストの建売住宅
パワービルダーの
飯田産業でも全棟で
クリアしている数字です



5年前だと
こういう安い建売や


レオハウスやタマホームの
一番安いプランだと
これ以下の性能だったりしましたが


今は違います



なので我が家はもちろん
今の家なら
全部クリアしていると思いますが



「じゃあ飯田の建売は
ここまで暖房費が高いのか」って言うと
そんな事はないので



細かい文字を見ていくと


床暖房e


まず、この金額は
10月28日~4月24日
約半年間の暖房費です




過去記事でも
我が家の光熱費を書きましたが





実際に計算すると


我が家のこの期間の
電気代合計が
92,261円です



しかも
これは電気代の合計ですから


照明、家電
冬はお金が掛かるエコキュートなど
全ての合計金額なので



暖房費は
多く見たって
半年で30,000円程度です




断熱性能とか
考慮してない古い家だって

床暖房f


平均して電気代の3割程度が
暖房費ですから



仮に3割が暖房費用だとして
このシミュレーションだと


半年の電気代が50万円!!



平均したら
11月から4月まで
毎月の電気代が
一か月83,000円になりますが



こんなに電気代を払っている家なんて
ありませんね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



では
ここまでの差が出る理由は



まず家の大きさが45坪と
かなり大きいです


この条件は
どちらも同じですが


エアコン暖房の方は


・LDK
・主寝室
・和室
・洋室
・洋室2と


なんとエアコン5台を
24時間動かしています




我が家も冬季は
ずっとエアコン動かしていますが
1台で全部を暖めていますし



通常45坪の家で
全部にエアコンを入れてる家が


5台全部を24時間動かすなんて
あり得ないですよね



仮に全部を24時間暖めたいなら
我が家みたいにエアコン1台
せいぜい2台で暖まるように工夫しますし





・20年前のエアコンを5台集める・・・



もう一つおかしいのは
過去記事にも書きましたが



https://reogress.net/archives/30090698.html


エアコンも床暖房も
COPが2で計算されています



このCOPは
電気代1の力で
どれくらい暖かくなるかって
数値ですが



今のエアコンは

床暖房g


能力÷消費電力で
簡単にCOPは求められますが



安い機種でもCOPは4以上ありますから


このシミュレーションの
倍以上は性能がいいわけです



一方床暖房も
COPは2で計算していますが



一条工務店のヒートポンプ式なら
COP3はありますが


どうしたってエアコンよりは
COP能力は落ちますね


どちらにしても
COP能力ってのは
外気温が低いと落ちますから


最初から床暖房と
エアコンを両方使う方が
効率いいんですけどね(笑)



ただ、どちらか一つってなら
エアコンの方が効率がいいです



この広告だけ見ると
床暖房の方が
省エネで優れているって
見えますが・・・










・床暖房に効率を求めてはダメ



そもそも仕組み的に
エアコンより床暖房は
効率は落ちますし


さらに床の下にあるわけですから
暖かい温度全部が部屋の中に
来るわけではありません



床暖房がダメって言うより


昔に比べて
エアコンが進化しすぎたってのは
ありますが


省エネとか光熱費だけで
計算したら


どうやってもエアコンが勝ちます




しかし、他にも
このような床暖房の方が
優れているってサイトがあります


例えば





このサイトが
エアコンVS床暖房って感じですけど


住宅もエアコンも
昔の感覚ですね(苦笑)




床暖房h


・エアコンは暖まりにくい


・エアコンは頭上だけ
 暖かくて足元は寒い


・エアコンは
 暖まるのに時間がかかる


・エアコンは空気が汚れる


などなど全否定ですが(笑)


「床暖房で快適ドットコム」なんて
書いてあるので


「昔の個人サイトなのかな?」って
思ったら


リンナイが作ってるサイトでした


床暖房j


そりゃ床暖房は作っていて
エアコンは作ってないメーカーからしたら
こう書きますね(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



私も40代ですから
経験がありますが


昔はエアコンだけで家を暖めるなんて
発想、住宅性能が無かったので


・石油を使わない安全性

・石油が無いから空気も綺麗

・エアコンだけでは家の暖房は難しい



こうなると
床暖房ってメリット多いですね



なにより気持ちがいいでしょうし


光熱費なんかで争わず
床暖房とエアコンを
併用した方がいいと思います



そもそも冷房は必要なんですから
一条の家だって
ほとんどエアコン付いてますし










・最近、こういう広告多いですね・・・



一条工務店に限らず
最近はこういう光熱費比較をして


長い目で見れば得をするって
広告が非常に多いですね



しかし、どれを見たって
建築費を光熱費で
元が取れる物はありません


・あり得ないシミュレーションして

・将来は電気代が10倍になるとか




そういう風にしないと
どうやっても元が取れないのですが




今回の広告も


どこの誰がわざわざ
20年前のエアコンを購入して


Ua値0.87程度の家で
エアコン5台も
24時間入れっぱなしにするのかという


ありえない前提のシミュレーションですが(笑)



こうしないと差が出ないので
仕方ありません



飯田産業の家と
一条の家なんて


1,000万円以上の差があるので
どうやっても元は取れませんけど


そもそも光熱費で
比べるもんじゃないと思いますし



別に誰もいない場所にも
常にエアコンは効かせないと
いけないって事はないので(笑)


自分の目的と予算に合った
家を買った方がいいですね




売る方は
そんな事言ってられない会社もあるので


無理にでも
「将来元が取れる」と言いますし



購入した人だって
自分の買い物は間違いないって
思いたいから言うと思いますけど



例えば
我が家は全館に暖房を
効かせていますが



実家や兄弟の家は
自分がいる所にだけ
暖房が効いています



前に兄弟が泊まりに来た時に
脱衣場とかも暖かくて


寝室まで同じ温度な事に
驚いていましたから


ちょっとは「ドヤっ」って
感じですが(笑)



使う時だけ
暖める方が


ぶっちゃけて言えば
ずっと省エネだしエコだと
思いますからね



まあ、局所暖房と全館暖房は
ライフスタイルの違いもありますが



今回の広告ですね
これはさすがにひどすぎです




しかし
「そんな事はありえないだろう」


床暖房i


「秘密を知る!」をクリックしちゃいましたから



すっかり一条工務店の策略には
ハマってるわけですね(笑)



一条工務店からしたら
クリックさせて
自社サイトに誘導させればいいわけですし



そう考えると
良くできた広告ってのは
間違いないです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2022年01月10日






2022年も始まったばかりですが


今年の流行語大賞でも
取ろうかという勢いで


「しょみだん」という言葉が
SNSで流行ってます(笑)



言葉の意味は
「庶民断熱」だそうで


もうね・・・



何の世界でも
階級化したり区別、差別する人は多いですが

「ここまで来たか」って感じです



という訳で
我が家は庶民ですらないと
言われましたが



考えたら
私と妻の親類全部
職場の全従業員も
庶民以下って事になります(笑)



我が家より新しく
家を建てた人が
周りにいませんし



確かに
平均的な住宅価格を見ると



我が家は「ローコスト住宅」って言う位ですから
家の中では平均価格以下なので
間違っていないですが(笑)



「庶民」っていうワードを使うのは
余りにおかしいと思います





・「普通」や「平凡」ならいいですけどね



「さすがに庶民って
ワード使うのは間違ってるでしょ」と反論したら




「G2性能ないから
僻んでますね」とか言われますが・・・




一応説明しますと

しょみだんa


住宅性能値の一つ
Ua値が0.46までの家が
庶民の断熱って事です


地域によって変わりますけどね・・・


この数値は低い方が
高性能の目安ですが





ローコストメーカーでも

しょみだんb


タマホームでもレオハウスでも
上級グレードはG2性能ありますから
ローコストメーカーでも取得出来ます



・大地の家ではG2ありますが


・大安心の家だとその下である
 G1性能になるので


大安心の家までしか買えない人は
庶民以下って事ですね



恐らくハウスメーカーでは
一番性能がいい一条工務店でも
築12年位前だと届きませんね



庶民でいたかったら
買い換えて下さいって数値です




まあ、具体例で言うと
我が家の断熱材が


しょみだんc


アクアフォームが
屋根170ミリ
壁90ミリで吹いてますが


・これを屋根220ミリと5cm増やして

・窓をサーモスXやapw330に変えて


これでも足りないので
今のローコスト高性能住宅っぽく
窓をかなり減らせば届くような数値です



これが5年前のレオハウスや
タマホームの最上位グレードなのですが


ローコストでも1つ下のG1性能はありますし


私も「最低限これくらいは欲しい」とか
ブログで言いますので



断熱にこだわった人の家が
G2性能と言っても
何も間違いは無いと思いますし


だいたい家の価格で
2,000万円出せるなら
充分狙えますね


我が家は2,000万円も
出せませんが(笑)




なので
別に僻んでいません



これが「普通の断熱」「平凡断熱」
「最低限これくらい欲しい断熱」って言葉なら
何とも思いませんし



むしろ
断熱とかこだわった方がいいと思うので
「いいね」って押したくなる主張です



私も常日頃
「予算が出せるなら
性能上げろ」って言ってますし



我が家以上の性能なんて
無駄とか言った事ないですから



なので「普通」ってワードなら


・今から住宅を買う人にとって

・注文住宅を考える人にとって


ちょっと頑張れば届くから


普通にこれ位は欲しいって
割といい目安なのかもしれません







・階級を区別、差別する用語を売る方まで出してきた



「庶民」って使われると
イライラはする単語ですが
個人が言ってる事なので
仕方ないですが



こっちもSNSで
「庶民ってのは失礼だよ」って
言うだけですけど



しょみだんd


なんと売る方が使ってきたので







「さすがに言葉の意味を考えろ」
いかにその単語がおかしいか
書いていきますけど




そもそも「庶民」というワードは


しょみだんe



・一般市民、平民、大衆って事ですね

・貴族じゃない一般市民の人って事です



今の言葉なら
富裕層やセレブと呼ばれる方がいて


間に庶民、大衆


そして貧困層という階級が
一般的でしょうか



まさに「普通」って事ですけど
これに庶民って付けるのは問題で



庶民というワードは
富裕層でも貧困層でもない
全ての人が当てはまりますが



まず、大衆的なほど
注文住宅って買える物ではありません



この記事を書いた人は
車に例えていて



・Ua値0.4台はマークX
・Ua値0.5台はプリウス
・Ua値0.6台は軽自動車



>>ですから庶民でも買える住宅という事で
>>マークXクラスのUA値0.4台を庶民断熱と呼んでいる訳ですね



私はマークXなんて買えませんし
欲しくもないですが



その辺の買える
買えないは置いといて



しょみだんL


昔はカローラって大衆車と
呼ばれていましたけど




売ってる方は
お客様に大衆車とすら言わないし
まして庶民車なんて絶対に言いません




この発表会でも
お客様向けには
「多くの人に愛される車」
表現していますし



販売店向けには
「大衆車とは街にたくさんあること
なのでたくさん売ってください」



決して庶民が買う
庶民車とか言いません





そしてこれを
家で考えると


・一般的な建売住宅や
・一般的なローコスト住宅
・普通の中古住宅を購入している人は

庶民にも入れません


さらに
家を買えない層


団地やアパートに
住んでいる人も
もちろん庶民にすら入れません



富裕層がいて
対義語が貧困層


その中間が庶民ですから


「G2性能ない人は貧困層」って
言ってる訳です




そもそも住宅を
欲しくても買えない人も多数いて



私だって色々と幸運が巡り合って
結婚して家が買えましたが


一歩間違えば
借金生活して休日は
毎日パチンコ屋に並んでいても
何もおかしくなかったですし



まあ、うちの場合は
親は自己破産して
生活保護ですから


ガチの貧困層ですが




そもそも持ち家率を見たって

しょみだんf


40代でやっと半分超えますが


・30代で4割

・20代なら1割以下です



これだけしかいない
持ち家層の中でも


注文住宅を建てて
さらにはUa値0.46以上が
やっと庶民なんて


これは絶対に使ってはいけない
ワードな訳です






・庶民的?



相手が庶民ってワードで
人を区別するので



こちらもそのように
書く例を出すと



先程の持ち家率は
そもそも
世帯主=世帯がある人での割合です



しょみだんg



・今は独身者率が45%で

・夫婦と子供の世帯率は
 なんと3割以下なんですね




そして、その3割以下の
夫婦と子供世帯を見ると


しょみだんh


今は出生率が1.4しかないですが
子供の人数は割り切れないので


子供は1人か2人の家庭が多いって事です



「庶民なので子供2人しか持てないけど
結婚して子供いるのは当然だよね」って言ったら


そうじゃない人は
どう思うか分からないんですかね?



SNSで個人が言う分には
「日本語の意味が分からない人」
通りますが


それを売る方が
使ってはいけません



よくネットでも炎上される

しょみだんi


結婚相手に望む
「一般的な普通の男性」って奴ですが




これを
「庶民の男性」って言ったら
おかしいですから



例えばアパレル販売の人が
「あのブランド以下は庶民」とか
発言したら大炎上すると思います







・主張内容は理解出来ますが



G2が庶民断熱とか言って

「じゃあ何のため?」と聞くと


「夏涼しくて
冬暖かい家」って事ですが



https://reogress.net/archives/26683929.html



ここを色々見て頂いている人なら
家の暖かさはUa値だけでは決まらないってのは
分かって頂いてると思うし



電気代m


この冬の一番寒い朝の我が家です
これをエアコン1台で暖めてます



エアコン1台で
部屋が繋がっているので
温度差は無いですし


これ以下のG2住宅なんて
たくさんありますけど



エアコン1台で暖房するのが
庶民の家とか
言いませんよ(笑)



・間取りの都合もあるし

・予算の都合もあるし






メッセージで相談頂いた人には
間取りと予算、住む地域を見て



「これなら我が家くらいですね」

「予算出せるならもう少し」

「その予算だと、これで充分」

「この間取りだと玄関の性能上げても寒いかと」


などなど
Ua値以外にも


・間取りや冷暖房器具の配置

・C値や換気システムなど



まあ一言に「快適に暮らす」と簡単に言っても
色々と考える事は多いのですが



Ua値は一番誰でも分かりやすい数値ですから


しょみだんj


どれだけ家から熱が逃げないかって
数値ですから


この数値がどれくらいがいいかってのは
色々な人で主張があるでしょうし



たしかに、今は金額が上がっている分
性能も上がっていますから


今から注文住宅を考えている人に向けて
「普通の断熱」と言うのはいいですし


これ位が普通になった方が
いいとも思いますからね


でも庶民はダメです


庶民って事は
今家を建てようと思っている人以外も
含まれてしまいまし


住む場所や年齢
収入で出せる予算も違うので







・もう少し相手がどう思うか考えた方がいいですよ



何言っても自由な
SNSで個人が言うならいいですけど
(余り良くはないですが)




さすがに売る方が

しょみだんk


こういう他者には
使用しない方がいいワードを
使わない方がいいと思います


・・・・・
・・・・
・・・
・・


なんで急に
こんな「庶民断熱」って
言葉が出たかと言うと



元々は
住友林業の施主さんが


住友林業の中では
安い住宅を



自虐的に
庶民的な住友林業の家をもじって
「しょみりん」って
言ったのがスタートなのですが



価格聞いたら家だけの価格で
2,500万円とか
結構しますので



「おいおい、庶民じゃないだろ」って
思いますけど



これは本人が自分の家に対して
使っていて



他人の住宅に
「あの家しょみりんだね」とか
使っている訳ではありませんし


これは自虐なので
まだいいのですが



でも余り良くないので


イヤミの一言は言いますが(笑)




テレビの街頭インタビューなどで


「最近何でも値上げが多くて
庶民は大変」とか言う人いますけど



差別、区別的な用語は
自分が自虐的に使うものです




そうしたら
何でも大手ハウスメーカーに
対抗しないといられない層が


庶民断熱「しょみだん」とか
言い出したのですが



こちらは
「これくらいの家にしろ」


これくらい庶民でも買えるって
他人に言っているのが現状です


前も言ってますが
個人的には2,500万円あれば


無理に高いメーカーの
安いグレード買うよりは


安いメーカーの
G2グレード買う方がいいかなぁとは
言ってますけど





それだけの家を建ててる人は
庶民じゃないってのを
考えた方がいいですが



しょみだんm


ZEHはまだ届かない
Ua値0.87という
断熱等級4な飯田グループが
圧倒的な販売数で46,000戸




しょみだんn

1位の一条工務店から
パナソニック、ミサワホーム
トヨタホーム、積水ハウス
セキスイハイムを合計して

やっと46,600戸


まあ
実際に買う人
買った人が自分で言う
「しょみりん」



それを相手にも求めている
「しょみだん」は全然違うのですが



当たり前ですが
住友林業の営業さんが
「しょみりん」とか使いませんし(笑)


もちろん「しょみだん」も使いません


彼らは家を売るプロの前に
サラリーマンですから


社会的な常識は
会社から教わります


もちろん工務店さんも
社会的な常識を持っている会社の方が多いので


まさか庶民なんて
ワードを使うとは思いませんが



「あなたの結婚相手って庶民」とか
「庶民的な結婚式だったねー」とか
「私庶民と結婚したからしょみ婚」とか


相手にも悪いし、その周辺の人にも
さらには結婚してない人にも
何のメリットも無いワードです




なので普通は
「普通だけど優しい人」とか


まあ強気な人で
相手が冗談が通じる間柄でも
「平凡な人」がせいぜいなので


・自慢したい人でも

・相手を揶揄したい人でも

・これくらいはあっと方がいいという
 アドバイスとしても


せめて「目標断熱」とか
「普通断熱」位に
した方がいいですよ






G2性能位を標準にしたいという
思想は素晴らしいですから



本当に思っているなら
「標準断熱」とか
「スタンダード断熱」でもいいですし


色々考えましたが
「トレンド断熱」

略して「とれだん」とか
しっくりきます(笑)










・実際にUa値の違いと快適性の違いは?



そして今から
家を建てようと
検討している人ですね


ここを見て頂いている人は
ローコスト住宅を検討している人が多いと思いますが


この「しょみだん」に
反対している人の中には




「G1で充分」という理由で
反対している人もいますが



我が家はG1位ですかねぇ・・・


ZEH性能(ua値0.6)はあって
インプラス入れたので
それくらいはあると思いますが



窓潰したり、エアコンや湿度とか
風向きとかめちゃ考えているので




そういうの面倒な人は
G2、それこそ最高峰のG3でも
いいのですが





結局はいくら出せるかなので
正解ってのは無いです





収入の中央値を見ても

しょみだんo
夫婦共働きでも
男性425万円
女性315万円なので


合計740万円


我が家も共働きで
もうちょっと中央値より
年齢がいってますので

これよりは収入がありますが


そこまで家にお金を使えません




大安心の家だって
素晴らしい家ですし


しかも今は高いですからね・・・


飯田の建売だって
実際、ほとんどの人が
満足しているでしょうし






前に書いた記事




記事内にもネタ記事と書いてますが
この時は外観ですね


何でも区別、差別する人が多い世の中ですが


家をいうのは自分と家族が住むもので
他人に色々言われる物じゃありません


・・・・・
・・・・
・・・
・・



まあ、実際外観にこだわるより
G2性能まで上げる方が費用は安いし
合理的ですし


本当にいいのは
全てが素晴らしい家なのでしょうが


金額が素晴らしくありません(笑)






実際、無暖房にしたら
下がる温度変化は明確に違いがありますし



暖房入れれても
性能がいいと温度管理に余裕が出来ますし


今はG2住宅って値段と性能が合ってるし
無駄に高いって事もありませんが


ブログとして
外に発信している以上


「これ以下は庶民」とか言いませんし


収入、家族構成、趣味など
全家庭違いますから


「この家だと庶民以下なのかぁ・・・」
なんて不安になる必要も無いですよ


家族が喜べば
それが素晴らしい家ですが


無理して他の生活が
厳しくなったら
全然素晴らしくありません





「そういう意図は無かった」とか
後で言うかもしれませんが


特に工務店さんや売る側は
相手がいて商売が成り立ちますから


いい家を作ると同じくらい
相手が不快に思わない
言葉を使うのは大事ですので
考えて欲しいです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村








2021年12月31日






大晦日なので
最近思った
「モヤモヤした話」を書いていきます




ちなみに去年の大晦日は





一条工務店の施主さんに
モヤモヤしてました(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・



最近ですね
住宅オタクというか住宅マニアというか


そういう人の発言が
Twitterではかなり多くて


インスタとか
リア充が多いSNSは
また別なんですが・・・




例えば大手メーカーとか
結構値段は高いですけど


値段の割にはC値やUa値の部分では
超高性能って数値ではないので


「何千万円もお金出して
すぐダメになる家を買う」とかですね



さらにひどい人だと
「情弱」とか「可哀想」とか



別に大手で買える財力があるなら
光熱費の差も気にならないでしょうし




好きな物を買えばいいと
私は思っていますが


そもそも私の財力では
買えませんので(笑)




私のブログは
「お金は無いけど
ローコストでも快適に」のスタンスなので
別にお金がある人は好きにすればいいと思いますけど




世の中には
自分が選んだ物は
絶対に正しいんだと
思わないといけない人もいて



そういう施主さんに
文句ばかり言う人がいるのですが




しかし、実務者でもないので
途中から否定してる理由が
意味不明になる
事も多いんですよね・・・





ちょっと前も
「アルミ樹脂の家は外壁がカビだらけになる」とか
言ってる人がいたので



雨仕舞とか通気工法とか
色々説明してたらブロックされてしまいましたし


「グラスウールは埋め立てするので
余りエコじゃないですねー」と言ったら



「この人、間違ってます
グラスウールはリサイクルされます」
嘘付き呼ばわりされまして・・・


こっちは仕事で
20~40年前の家の中身を
たくさん見るわけですから



躯体のダメージやカビの原因も
内部から分かりますし




うちの会社は廃棄物の処分場もありますから
解体した建材がどのように処理されているかなんて
当然知ってるのですが



何故か都合が悪いのか
嘘つき呼ばわりされて
ブロックされてしまいます・・・




まあ、不安を煽って
商売するような人には
実際に数十年前の家の中身が分かる
私は非常に都合が悪いので(笑)





仕事中に撮った写真で
ちゃんと説明しますと


住宅a


グラスウールはうちの会社に運ばれて
破砕機に通した後に埋め立て処分場に
運びますし




これはアルミの単板ガラスですが


住宅b


「見えない部分は結露でボロボロになる」
言われてますが実際にそんな窓は無く




サッシ枠に付いている木材だって

住宅c


そんな事はありません



要は昔のアルミサッシは
たしかに結露が酷いでしょうけど


外側は温度差ないので
結露しませんし


内部側が結露しても
これくらいの量なら
乾くので問題が無いですね


この程度でダメになるなら
日本の梅雨とか耐えれません





さらに前の時代
通気工法の前ですね
直貼りしてる家でも

住宅d


結露でボロボロなんてのは
無いですが




日頃言ってる通気工法ですね
今の家は全部通気工法ですが

住宅e


これは本来隙間がある場所に
隙間がないので通気しません




住宅f


これも胴縁の間に
隙間がないので
この状態で結露した水が外に出たら
木材はダメになるかもしれませんが



これは施工不良なので
建材のせいじゃないですね





後は、雨だれ写真

住宅g


こういうのもアルミ樹脂のせいで
起こるらしいんですが



これは雨と大気の汚れが
壁に付いちゃってるので
アルミ樹脂とか関係ありません




これは我が家の写真ですが


住宅n


これだとシャッターと
下水切りのおかげで
ほとんど外壁に雨が付きませんが




軒を出したり
水切り付けたり
もちろん日頃の掃除でも
防げます








決して
サッシの性能が悪いからではないのですが




そもそもこの窓って

住宅h


樹脂サッシですしね(笑)



そのような間違っている人を
信じてばかりいると
逆におかしくなりそうですが



「健康食品を食べないと
早死にする」
みたいな商品を
医者が否定しても



「あの医者は間違ってる」
SNSで言われる時代ですしね・・・







・今回のモヤモヤ話



まあ
そこまではいいんですよ



個人が何言おうと自由ですから



・質問しているツイートでもなく


・フォロー、フォロワーでもなく



わざわざ探してきて

文句言う人も多いんですが

個人が言うのは

別に問題ないですからね





今回モヤモヤって思うのは


そういう明らかに
「本当の知識」が足りない人を


色々と発信している
工務店とかが
上手く使って
おだてるんですよねぇ・・・



そりゃ工務店は商売ですから
無料で宣伝してくれる
「便利な人」を否定する必要は無いですけど




ちょっと似たような話があって


住宅i


ラーメン発見伝という漫画ですが


・ラーメンブログを書いている人が
 ラーメン店に行って


・気に入らない接客を受けたので
 ある事無い事嘘を書いて困っているという話で





その人が
いつも誉めている
ラーメン店の店主に相談に行くと



住宅j


それを人気ラーメン店の店主は
うまくおだてて利用してるって話ですね



住宅k


twitterなんかも
こういう建設的な批判というか
色々とネットと本だけの
知識で色々言う人が多いですけど



だいたい自分でブログや
Youtubeのチャンネルを
持っている人は
そういう事は言わないというか


ちゃんとした批判というか
根拠のある事が多いです



批判や間違っている事でも
自分で考えて言えるから
ブログなり動画を作ってますから



ブログもYoutubeも無く
ただツイートしてる人なんて
本当にこういう人多いです



工務店からの
知識の受け売りだけですが
実務経験が無いので
肝心な事が分かっていない人ですね



困ればブロックすりゃ
終わりますし(笑)



某大手な高性能メーカーの施主さんで
かなり詳しい人が


実際に住んでいて
かなりいい数値まで載せているのに


「嘘だ、そんな事ない」って言いますからね(笑)



そういう人を
工務店ってのは
色々なメディアを使ったって
結局商売ですから



「うまい事おだてて利用するってのは
良く無いなぁ」と思いますけどね


住宅L

私は住宅オタクではないので
分かりませんが



仮に買った服とかツイートしてたら
デザイナーさん本人から
「良く分かってる、センスがいい」とか言われたら
そりゃ舞い上がるし勘違いするかもしれませんね(笑)



まあ、もしかしたら
利用してるんじゃなくて
工務店さんが一般人を装って
Twitterしてるかもしれませんけど


・・・・・
・・・・
・・・
・・



最近は色々と詳しい施主を
「プロ施主」なんて言う風潮もありますけど




プロって言うのは


・調子が悪くても

・めちゃ眠くても

・他に遊びたい事があっても


しなくては
ならないのが仕事で


皆さん仕事に就かれているなら
その道のプロであり


気分が乗った時だけ
ブログ書いたり動画撮ったり
SNSしたりってのは
全然違いますから



もちろん言ってる工務店側だって
本心はプロとは
全く違うのは分かっているでしょうけど



それ以上に施主以下の知識しかない
工務店もいるので
それを揶揄してる部分もあるんでしょうが



変に勘違いする施主さんも
増えちゃうんでしょうね











・余り人の意見に惑わされないで欲しいですが・・・



基本、私は大手メーカーで建てようと
高性能工務店で建てようと


割とみなさんとは
フレンドリーだと思いますよ(笑)


そもそも

・高性能住宅派とも

・大手メーカー派とも


ローコスト派の私とは
推奨してる家の予算が
1,000万円近く違うので
揉めません




商売でしてる人には
「あいつうぜえ・・・」
思われてるでしょうけど



お金があれば
性能をどんどん上げるのは間違ってないし


私にお金があったら
こっちにしたと思いますけど




最近欲しい靴


住宅m


これ
限定ですぐに売り切れて
プレミア価格ですが


ニューバランスの574なので
普通に買えば1万円位ですが


これは定価で20,000円ちょっとが


ジュンヤワタナベのロゴが
入るだけでオークションで
30,000円近くになります・・・


カッコイイので欲しいですけど
性能で言ったら1万円ですね



なので問題ない財力があれば
ステータスや安心感で
大手メーカーを買うのも
全く間違ってないと思いますし



そもそも家ってのは
いつも言ってますが
生活ツールなので



人それぞれ違う物が欲しいのは
当たり前です



ほとんどの人が
「うちの妻が一番いい」と言っても
否定しないのに



何故家だと
こうまで揉めるのか謎ですが



ただ、一番大事なのは
ブランドでも性能でもなく



お金というのは
最初からずっと言ってますし
それは絶対に変わらないですから



・予算の少ない人が
 無理して大手メーカーや
 超高性能住宅を買って


・普段の生活が厳しくなっても
 全く意味はありません







この辺は既に
色々と言う人が増えましたが


高性能住宅が快適なのは
間違いがありませんが




光熱費だけでは絶対に元は取れませんし


もう一度g


これも高性能住宅推進してる
一部の人は
嘘と言われますが(笑)



我が家程度の性能でも
エアコン1台で全部が22℃以上ってのは
普通に出来ますが


住めば分かるんですけど
住む前の相談してるから
分からないんですよね






実際、私のブログは
色々と温度、湿度を測り



https://reogress.net/archives/31052466.html



高性能住宅に比べて
足りない所も素直に書いていますけど


G1程度の性能があれば
家の中全てを
暖かくするのは
ちょっとした工夫で充分可能ですが


Twitterだと
寒すぎて生活出来ない性能って
言われちゃいます



昨日も

住宅o


一般的には寒いと言われる
リビング階段です



お気に入りの
鬼滅の刃パジャマは脱ぎませんが(笑)


ズボンをまくって
半袖で階段で遊ぶくらいは
充分暖かいです



本来、寒い暑いがイヤなら
間取りで対応して
それでも弱いとこがあれば
断熱性能でカバーって作りでしたが


ここ1,2年は数値のみで
争ってる現状ですね



元々、高性能な家作りが得意な会社ならともかく
ここ最近は数値はいいけど寒い家ってのも
割と多いんじゃないでしょうか




・別にローコストの性能で充分とか

・大手なんて高いだけとか言いませんが


とにかく予算が大事なので


ここを見ている方は
ローコスト住宅を検討している人が
多いと思いますが


間取りなどでもある程度は
充分対応出来ますし


根拠のない嘘などで
不安にさせる人は
世の中にたくさんいますから
注意して欲しいですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・



後は予算に次いで大事なのは
施工ですね



これに関しては
ずっと建設中を見る時間と
知識がないと難しいのですが・・・


第三者機関に頼んでもいいし


我が家の場合は
建設業の義父がたまたま
首の手術をしたリハビリ期間で


長期に仕事を休んでいたので
頼めましたし


私自身も壊す側とはいっても
普通の人よりは家の内部は
分かりますし


・・・・・
・・・・
・・・
・・


さんざん性能の事言ってる人が
選んだ工務店でも
サッシの隙間に断熱材入れてなかったりとか
普通にツイートで見ますから


①お金

②施工


この2つが絶対ですね


しかし・・・私自身が
解体とか産廃処理とか
底辺業なので(笑)


電工さんでも大工さんでも
屋根屋さんでも親戚も友人も多いですが


普通の一流企業な人は
こういう友人は少ないかもしれませんので


そういう施工が合ってるかどうかなどでは
SNSを使うメリットも大きいと思いますけどね


実際に既に建てて
生活してると
モヤモヤするツイートも
多いのですが


上手く情報を使って
自分の予算で満足出来る家が
出来て欲しいです





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年12月27日







たまに
工務店さんのブログや
Youtubeで家作り系の動画を見ますけど


余りに子供の事を
考えない家作りが多くてですね・・・



施主さんが言う分には
予算や間取り、夫婦の考えもあるので
自由ですから何も言いませんけど



「おいおい、売る方が
それはどうなの?」ってのが
あったので



いくつか
個人としての意見を言ってきます






・もう出尽くされた子供部屋論ですが・・・



何故か年に1回くらい
子供部屋問題が出るんですよね(笑)




去年書いた記事


https://reogress.net/archives/25239818.html




子供部屋要らない派の
工務店さんの意見を要約すると


・子供はすぐに出てくから要らない

・もしくは狭くていいんじゃね?
って奴です




もちろん我が家は
子供部屋は用意してあります


子育てa


まさか妻が43歳で
2人目を出産するとは
思ってもいなかったので



妹の部屋は
客間兼物置の5.25畳と
狭くなりますが


本当に年齢的に
万が一の可能性でしたが
用意しておいて良かったですけど




これも工務店さんの意見なら

「お兄ちゃんの部屋は4.5畳あれば充分だし
客間も要らない」って

かなり小さい家になっていたと思います


実際、それだけ小さく作れば
同じ予算でG2性能の家は可能だったと思いますが





こっちに関しては
過去記事でたくさん書きましたが


・子供が出来たから家建てて


・将来だって出て行くか
 分からないのに


「何でそんな事言うんだろう」って感じですね


出てかない子供もたくさんいますし


実際に
うちの妻は35歳まで
実家に住んでいましたし(笑)




それを言うなら


「3組に1組は離婚するんだから
奥さんが出てった時用に
小さく作った方がいいですよ」とか
言うのかって話です(笑)


そもそも人間なんて
80歳~100歳までの間に
ほとんどの人は死んでしまいますからね



30歳~40歳で家を建てて


40~50年間を過ごすのに
「断熱も気密も日射も全て大事です
そうじゃない家が多すぎます」って売りながら



なぜ仮に大卒で家を出るとしても
22年は家にいる
子供の事はどうでもいいのか
どうやっても理解出来ません・・・



そりゃ予算削減で
一番効果があるのは
家を小さくする事ですけど


売る方も
どうにかして売りたいのは
分かりますが


その為の言葉が
子供は出てくから
部屋が無くてもいいってのは
ちょっと悲しいですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・



私が子供の頃は
自分の部屋なんて無かったですけど



もちろん予算がありますから
間取り上作れないとか
小さくなるのは仕方ないですし



教育方針ってのもありますけど


子供部屋の大きさなんて
夫婦で話し合って決めればいいです




それを不確定要素である
「出てくから要らない」ってもおかしいですし



仮に出てくとしても
小学生~大学生までの
めちゃ濃い時間を過ごすんですから


ちょっと子供の事を
軽視しすぎてる感じがします




売る方も
「子供はすぐ家を出るから狭くていい」って言うなら


まず言ってる自分が
10年間3畳一間とかの
アパートに住んで欲しいものです




そもそも
工務店さんもハウスメーカーさんも


家のプロであり
子育てのプロじゃないですからね



私がちょっと考えただけでも
4.5~8畳の
勉強、睡眠、娯楽が
普通に出来る部屋があるメリットは


・自立心が芽生え


・片付けも自分でしますから
 自己管理能力が芽生え


・見られてはいけない物を隠す
 危機管理能力も覚え


・彼氏、彼女が呼べるので
 社交性も覚えなどなど

色々あるのですが



前に

https://twitter.com/argxenta/status/1459187762519707655


「予算的に、全部が小さいなら仕方ないけど
リビングが20畳もあって
子供部屋が3畳なら
子供が大きくなって納得しない」

とツイートした所


「子供部屋は子供にとってリビングにもなるし
平等に作った」
というツイートを見て



やはり子供部屋の大事さを感じました





・外構工事は家と一緒にするって子供はどうするの?



もう一つ最近気になったのは
外構ですね



「外構工事は新築時に一緒に作った方がいい」という意見です



一部の大手ハウスメーカーは
外構も自社のグループ会社でしますが


ほとんどは別会社で行うので
特に工務店さんなんか
利益にはなりませんけど




家という完成品を完璧にして
売りたい人の気持ちがあるのは分かります


子育てb


料理人がメイン料理は完璧だけど
前菜などが雑なら嫌でしょうし



家と外構の統一感ってのは
大事でしょうけど


・・・・・
・・・・
・・・
・・



先日ですね
来年お兄ちゃんは小学校に上がるし

子育てc


今は妹も自転車に乗るので
玄関に2台も自転車があり




そもそも我が家が
外構をまだしていない理由は




子供が大きくなって
友達とか連れてきたり
する年齢になって



子供が「こうしたい」って意見があれば
その時に取り入れたいので




このブログを始めた初期から
「外構は子供が大きくなってから」と言ってますけど


子育てd


「砂場なくして
自転車置き場にしてもいい?」って聞いたら



「イヤ」って即答されました



たしかに私も
8歳位までは砂場で遊んだ記憶がありますが




昔の記事で書いた
将来はこうしたいの案

子育てe


「南欧風がいい」って言ってる位なので
こういうシンプルでオシャレなのが
好きですが



これって
子供の遊び場が無いんですよね・・・





実際、我が家の庭は
普段どうなってるかと言うと

子育てf


砂場に遊具に
スラックラインという綱渡りとか
ボール遊びとか



子供にとって
一番の理想は
何もない事ですね


何もなければ
自由に色々出来ますから




・そうは言っても
 線路沿いなのでフェンスと


・雨の日にぬかるむのは嫌なので
 駐車場スペースの最低限の事だけはやって



メインの外構はまだ
していませんが



「なんなら、ぬかるんでも
土のままの方が良かったなぁ」とすら思います



何も無いから
砂場が欲しい
鉄棒が欲しいとかあれば


掘れば作れるんですから











・何故、工務店やハウスメーカーの意見は子供思いじゃないのか




その他にも

子育てg


子供専用の
スタディスペースの有無とか



子供、子育ての間取りや
作り方に関しては
意見が合わない場合が多いのですが




ちょっと辛口な意見ですし
例外もあると思いますけど



「どうして子供、子育てに
向いてない発想が
ここまで出るんだろう」と思っていたのですが



最近ですね
「あーそれは仕方ない・・・」って
分かった事がありまして







クリスマス会や運動会、遠足に
一回も旦那様が来てない夫婦がいて


てっきりシングルなのかと
思ったら旦那様は
ハウスメーカー勤務だそうで・・・



工務店もハウスメーカーも
土日仕事だし勤務時間も長いし



そもそも
子育てには絶対に向かない仕事なんですよ




何度か書いてますが
私の前職はホテルマンで



支配人という
それなりには安泰なポジションで
働いていました



・そして妻が妊娠して


・ホテル業の今のままでは
 土日休みにくいし


・勤務時間も長いし
 子育てに向いてない職場だなと
 今の仕事に転職しました



そのおかげで
家の中身とか
耐久性とかめちゃ詳しくなりましたけど(笑)



もちろん転職しないで
子育ては妻にまかせるって事も出来ましたが


妻も平日休みですし
私がが転職しました



高齢出産ですし
体力的にも
男性が子育てに参加した方がいいですからね



そのお陰で
休日はシングルファザーとして
子育て出来ますし


運動会やクリスマス会なども
全く問題なく参加出来ます


子供と一緒に遊ぶ時間は
妻より私の方が
ずっと長いですからね



そう考えると
ハウスメーカーや工務店さんって


単純に子育てに
参加出来る時間が少ないんですよ



そりゃ休みの日は子供と一緒に
出かけるパパも多いと思いますが


それだけじゃ
全然接する時間が少ないのは
子育て奥様なら分かると思います



休みの日だって
出掛けられないけど
子供は庭で遊ばせないとならない



雨の日は家の中で遊ばせないとなんて考えると
間取りも変わってきます



もし、どうしても
アドバイスを聞きたいなら
工務店じゃなくて
その奥様に聞いた方が参考になると思います(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



子供は将来出てくからなんて意見以外に



もう一つ
子供部屋を使う期間なんて
10歳~20歳までなんて言う人もいますが


・2歳でも3歳でも
 プラレール部屋になったり


・おままごとや工作したり
 色々と子供部屋は使えます



大人がゲームデータをセーブするように
子供は作ったプラレールを
保存して翌日も遊びたいので


リビングなんかで作ると
邪魔になっちゃいます




もちろんハウスメーカーの
営業さんとか高収入ですから


「お金は俺が、育児のメインは妻が」ってのも
何も間違っていないのですよ



ただ、子育てに詳しくもないのに
子供へのアドバイスが必要っていう
職種なので仕方ないのですが



「子供部屋なんて
どうでもいい」
なんて言う
プロを見ると



「いや、お前
子育てほとんど出来てねえだろ」
って
言いたくなるわけです(笑)



それなのに
「家事動線が・・・」とか言ったりしますし





もう一つ多いのが

子育てh


ワンオペでずっと子供と一緒にいて
家からも出られないって時に


ベランダで洗濯物を干したり
取り込むのは


一人で外の空気を吸えて
ストレス解消になりますが



「ベランダなんて奥様大変でしょう」
「ランドリールームのが楽ですよ」


とか言うんですよ・・・


それなら乾燥機付ドラム
洗濯機勧めろよって思いますが



他にも子供部屋があるって事は
将来は親も一人になれる時間が
増えるって事ですけど



「子育てに参加する時間が少ない人だと
この大事さが分からないだろうなぁ」
って思いますね




なので、そもそも
そこまで子育てに参加出来ない仕事な人に


子供の事を聞くのが
間違っていたんだなと思います



「今日は工務店仲間との飲み会なう」
みたいなの上げる時間があれば
子育てしろって思っちゃいます(笑)



今思えば
我が家を担当してくれた営業さんは


地鎮祭の日程決めも
「来週の日曜は運動会なので
いないんですよー」とか言ったり


営業成績がいいと
割と自由が効くのかもしれませんが(笑)



同い年で子供も小さい営業さんだったので
子育ての方針が合ったのかもしれませんし



twitterなんかでも
「この人営業成績大丈夫なの?」って位に
子育てに参加してる人もいますが



実際、私も前職のままだったら
子育て時間は圧倒的に
少ないと思いますからね



そりゃ、建てるのは大人だし
予算もあるので
大人優先って意見もあるでしょうけど



我が家は
子供が生まれなかったら


間違いなく家は買わずに
中古マンション買っていたので


家=子供、子育てのアイテムって
考えだからかもしれませんが


ちょっと子供の事を
余りにも軽く考えている
工務店が多いなぁと思います



特に希望予算に合わすために
子供は出てくから部屋なくても
なんていう人とか


絶対に意見が合わないですね


まあ営業さんなら
家を売るのが仕事ですから


私も仕事なら
そう言っちゃうかもしれませんけどね



どちらにしても
営業さんや設計さんの意見を
何も聞かないのもアレですが


何でも聞きすぎても
家というアイテムを使って
子育てをするのは自分達なので




夫婦の意見も大事ですね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2021年10月08日







ちょっとですね
今回はLIXILに文句を言いたいのです



先日施工して頂いた
LIXILの内窓「インプラス」ですが



商品を見ると

tostema

(左が外窓、右が内窓です)


4年前の
サーモスⅡHは
LIXILロゴなのに


今回付けたインプラスは
TOSTEMロゴなんですよ・・・




数年前に
TOSTEMとかINAXとか
サンウェーブとかが集まって
LIXILになったわけで



なんかTOSTEMロゴだと
古そうなイメージじゃないですか





それで
インプラスはTOSTEMロゴなのかと






ツイートしたら

「我が家のインプラスは
LIXILロゴですよ」
って人がいて





そうしたら
何と



https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00154/00144/


2018年から
またTOSTEMロゴに戻ったのですね




「TOSTEM復活」なんて
言ってますが



出戻り感が凄いです(笑)




正しい理由は後述しますが



施工業者さんに
「インプラスって
トステムロゴなんですね」って言ったら





「前はLIXILでしたが
ちょっと前にTOSTEMに戻りました」



「LIXILって良く分かりませんし不人気だし
TOSTEMのが有名ですからね」と・・・



そりゃ何十年もTOSTEM見慣れた業者なんなら
そうかも知れませんが


私から見たら


TOSTEM=古い
LIXIL=新しいなんですよ・・・







・YKKの「APW」がLIXILの「TOSTEM」?




一番新しいインプラスのカタログを見ると


tostemb


LIXILロゴより
TOSTEMロゴの方が大きいですね



取扱説明書には
TOSTEMとしか出ていません




そしてカタログをめくって
最初のページが


tostemc


リクシルの窓・ドアブランド
TOSTEMと書いてあります






TOSTEM復活の経緯は
簡単に言うと


LIXILブランドの窓が
売上イマイチなので復活って事ですが




まあ、明らかに
樹脂サッシではYKKの方が勢いもあるし
イメージもいいと思います



「不振のためテコ入れ」ってのは
分かるのですが




記事を読むと


>>  商品がエンドユーザーから
>>〝指名買い〟されるための新たなプロダクトブランド戦略を導入。


という風に書いてありますので





例えばYKKのAPW


tostemd


世間的には
APW=高性能樹脂窓ですよね




tosteme


一部大開口なので
仕方なくアルミ樹脂のAPW511を除くと


全部樹脂サッシなので
APW=高性能サッシという
イメージがありますね





私が家を建てた4年前は

tostemf


サーモスと同じ
アルミ樹脂のAPW310とか
ありましたけど



この辺で
YKKは
APW=高性能ブランド化して




2018年にAPW310を廃盤にして


tostemg


今はエピソードⅡNEOって名前で売ってますから



・APWブランド=高性能ライン

・YKK APブランド=普及、安いラインです





多分、LIXILも
こういう風にしたいのでしょうけど


>>同社は、トステムブランドの復活を足掛かりに
>>高付加価値で競争力が高い製品を拡充する方針だ。



ってわりには



我が家のサーモスⅡHも
TOSTEMブランドですし


tostemh



アルミサッシの
旧Duo-PG


今はサーモスAという名前ですが


オールアルミサッシも
TOSTEMブランドですから



全然
TOSTEM=高性能なんて
イメージが無いんですよね・・・






・ちょっと、色々と悪手だと思いますが・・・



ちなみに
窓以外にトイレでおなじみの
INAXも同じように変わって


tostemi


カタログも
INAX表記の方が大きくなり



こちらも新しい商品は
INAXロゴだけですね・・・




なので今の商品は
トイレと窓に
LIXILのロゴはありません




我が家のトイレは


tostemj


LIXILとINAXのロゴですね




これは私個人の考えですけど



LIXILに変わって
まだそこまで経ってないので



我が家はトイレ、お風呂、窓が
リクシルですけど


「なんか新しい家っぽくてよい」と思いました




それが
わずか数年で、また変わって
しかも元に戻るんですから


私がTOSTEMロゴを見た時に


「まさか古い在庫を持ってきたの?」って
一瞬思ったわけです


そもそもインプラスは
ミリ単位で商品を発注する
特注品なので


実際には
そんな事はありませんが



今、TOSTEMとか
INAXロゴを見た正直な感想は

「なんか古い」ですね


いいイメージは
全くありません(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



自動車メーカーも
数十年に1回はロゴを変えますし


家電メーカーも変えますけど


不人気だから元に戻すとか



しかも、今回は
商品の売り上げがイマイチで
テコ入れのために元に戻すとかですね


かなり良くない印象です



そもそも
ロゴが変われば
性能が変わるわけではないですから



「そんな物変えるより
商品で勝負しろ」って感じですね





仮にですよ


tostemk


商品は素晴らしいですけど
名前とロゴは正直ダサイAPWが





「APWは来週から名前を変えます」

tostemL


「新商品名はエターナルです」って
中2的な発想でも(笑)



すでにAPWは
高性能で確立出来ているから


すぐにエターナル=高性能って分かるわけですよ



YKKは
エピソード、シンフォニーとか
なんかRPG的な名前が多いので


本当にエターナルになる可能性も
ゼロじゃないですが(笑)



とにかく
やっと根付いてきたばかりの
LIXIL表記を元に戻すのは
悪手ですね・・・










・キッチンはそのまま・・・



まあ、LIXILに変わってから
色々とイマイチなので



「また元に戻して頑張ります」って
話しならまだ分かるのですが




INAXとTOSTEMは変わるのに


tostemm


キッチンはそのままLIXILです



「それならキッチンも
サンウェーブに戻せよ」
って思いますが





まあ・・・

tostemn


サンウェーブは
INAXとTOSTEMに比べたら
マイナーかもしれませんけど



なんか節操が無いんですよね・・・




若い方はそもそも
LIXILの経緯を知らないかもしれませんが




・まず20年前に
 INAXとTOSTEMが合併して


・10年ほど前に
 サンウェーブとか新日軽を
 買収してLIXILになりました






私はLIXILロゴ好きですけど



TOSTEMも併用して
高性能窓を売っていきたいなら



高性能のみTOSTEMと付けるとかしないと
ちょっと戦略が下手な気がします・・・






・同じ物売ってるんですけどねぇ・・・



どうも世間的には
YKKの方が高性能ってイメージなのですが



格安の建売とかアパートとか
色々とアルミ需要もありますので


実際は同じような商品を売っていますね





我が家も使っている
サーモスⅡHやサーモスLと同タイプの


tostemo


アルミ樹脂窓
エピソードⅡ




さらにはオールアルミ窓で
アングルのみ樹脂という


LIXILで言うと
サーモスAと同タイプが


tostemp


YKKのアルミサッシ
フレミングJ





逆にLIXILで
APWに対抗してるのが


tostemq



エルスターXとSですね


・アルミ

・アルミ樹脂

・樹脂と



この2社はだいたい似たような
製品構成なのです




なのでイメージ戦略としては
高性能窓のみTOSTEMにすればと思いますが


そうするとLIXILロゴ=安いになってしまいますし
難しいですね・・・




ちなみにYKKのロゴは


tostemk


この新築時に貼ってある紙ですが
APWの場合はAPWって紙なので



YKKって書いてあると
エピソードかフレミングと分かるという位
分けてますが



これはAPW=樹脂商品を
全面に売り出すってのが
うまくいった結果だと思います



その点がLIXILは
ちょっとダメですね・・・




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村









2021年07月16日







我が家の外構で
絶対に付けたい



日射a


パーゴラかテラスですね



夏の日射を防ぐ
便利な設備です




色々と
長さとか角度を選べるので


日射b


ここに2つ設置したいのですが



我が家は1階左側は軒が無く
右側も45cmほど出てるだけなので



ここにテラスなどを設置して


・夏は遮蔽

・冬は日射を取り込みたいのですが




日射c



これ
よく日射遮蔽と日射取得の説明で
見る画像ですけど



「夏は太陽の角度が高いので
軒などで遮蔽して」



「冬は太陽の角度が低いので
こちらは日射取得をする」





日射d





「なので軒があった方がいいです」ってのも
良く聞きますけど



太陽の角度が一番高い夏至って
6月21日なので



まだ、そこまで暑くないんですよね・・・





こちらの写真


日射e



我が家の南面の軒は


1階部分が

・0cm

・45cm



2階部分は

・60cm

・160cmと


軒の長さ実験には
ピッタリな位に
全部の長さが違いますが(笑)




この写真の撮影日が


日射f



6月5日の
昼12時なので
ほぼ夏至と同じ76度です



これなら軒が45cmでも
ほぼ日射をカバーして


60cm軒があれば
窓からは一切日射は入りません





次にこちらの画像


日射g



これだと2階左側の
60cmの軒でも半分以上は
窓に日射が入りますが




この画像は


日射h



5月30日の昼3時なので
太陽の角度は約45度です



45度という低い角度でも
2階右側の160cmある深い軒なら
太陽光は入りませんが





じゃあ、一番暑い
8月の太陽の角度はどうなのかと言うと


日射i



めちゃくちゃ暑いお盆の時期


8月15日の昼2時が
おなじく45度です




つまり
軒だけで日射対策をしようとしたら


一番暑い8月は
案外太陽の角度が低いですから


全部に200cm以上の軒が無いと
窓から太陽光が入ってきます


全部200cmの軒なんて
物凄い金額になりますし



しかも切妻屋根のように
斜めにして200cm必要ですから
平な軒だともっと長さが必要なので


日射j


この軒がカッコイイ家でも
夏の太陽光は全部は防げません




ちなみに
軒だけで角度45度の太陽を
全部遮蔽するには



日射s


220cmちょいなので
こんな感じですね・・・



ちょっと2階建てで
この軒は現実的じゃないです






・遮蔽と日射取得のプロ「パッシブハウス」はどうしてるのか?



日射と遮蔽と言ったら
パッシブハウスですが




計算上
「軒だけで全部遮蔽なんて無理じゃん」
思ったのですが





じゃあ
パッシブハウスは
どうやってるの?と思ったら


日射k


すだれなども
利用してるんですね


もちろんパッシブハウスの場合は
そもそも土地にあった
窓の位置など計算しますが


そもそも
絶対に軒だけで対応出来ないのは


太陽の角度と暑さに
ズレがあるからですね






・同じ太陽の角度でも寒い日と暑い日がある




・一番太陽の角度が高いのが6月で

・でも暑いのは8月なので


このような事になりますが



中学生あたりで習ったと思いますが



日射p


出典 : https://www.naganomathblog.com/entry/archives/2528



夏至は6月ですが
太陽が地面や海水を暖めきってから
暑くなるので


夏至よりも遅れて
8月が暑さのピークになります



なので夏至の日は
軒で遮蔽出来ますなんて
アテにしちゃダメなんですね



もっと太陽の角度が
低い時まで想定した方がいいんですけど





さらに
これ以外にも問題があって


日射q




・春分の日(3月20日前後)と


・秋分の日(9月22日前後)は


太陽の角度って同じなんですよね




地域にもよりますけど


私が住んでる山梨県とか
まあ関東地方も含めて


春分の日の3月20日頃は
まだ暖房を使ってますが


秋分の日の9月22日って
冷房を使うんですよ





こちらが春分の日
3月20日の
過去7年の気温


日射L


最高気温は

・一番暑い年は23.5℃

・寒い年は12.4℃

まだ寒いですから暖房ですね






こちらが秋分の日
9月22日の
過去7年の気温



日射m



だいたい30℃近いですから
冷房使いたいですよね





つまり同じ太陽の角度でも


・春分の日は日射が欲しくて

・秋分の日は遮蔽したいんですが


太陽の位置が同じなので
どちらかしか選べませんね



まあ、3月と9月は
どちらも
そこまで厳しい気温じゃないので
いいのですが



真夏と真冬だと
しっかりと遮蔽と日射取得をしたいですね










・ベストな長さは地域で違う?




こちらは
エリア別の軒の長さですね


日射n



北海道では全体の8割が
40cm未満なのは


日射取得したいわけじゃなくて
雪の影響ですね



日射o


無落雪屋根という
Vの字の屋根なので軒がありません



後は、首都圏も
軒無し住宅が多いですが


これは土地の事情ですよね


日射r


土地が狭く
隣家とも近いので
軒とか言ってられない事情があります



関東では一番多いのが
60cm~80cmですね


軒だけでは
太陽光は全部防げないとは言っても
やはりあると違いますし


雨漏りや外壁保護という
メリットもありますから
やはり軒はあった方がいいですね



1メートル以上だと
建築面積に入っちゃうという
ルールがあるので
ベストは90cmでしょうか


90cmだと実際に高いんですが
高級感出ますしね・・・



予算が取れなければ
60cmが現実的だとは思いますが


少なくとも
夏の遮蔽を軒だけでするなら
200cmは必要で


こうすると逆に3月は
日射が欲しいのに取れないという事になるので


最初から「すだれ」などを
設置する前提で作るのがいいですね







我が家は
考えて作らなかったので


設置するのにかなり大変でしたから・・・


最初からすだれやシェードの
取り付け金具を付けておくのを
オススメします




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年06月28日







SNSやブログを見てますと



雑な施工で
隙間が空いてる断熱材が


ホームインスペクションo


ものすごいあります



Twitterのフォロー、フォロワーとも
建築関係や施主さんが多いってのもありますけど



そうはいっても
誰しも家を作るのは1回だけなのに



施工不良の写真を1週間に
1回は見るんじゃないでしょうか・・・



ハウスメーカーも工務店も
どちらも見ますし




中には
「うちは断熱にこだわってます」なんて言う
工務店さんなのに




「近年まれにみる雑さ」なんてのも
ありましたから



ぶっちゃけ何を
信じていいか分かりません・・・





今は施主も色々と詳しいですから
「なんかおかしいぞ?」と思って


SNSに大丈夫?って載せますから


そうすると
分かる人から
「直させて下さい」って
突っ込みが入るんですけど




それが何度も重なると
言いにくくなったり



相手の工務店さんが
「この施工で大丈夫です」と言ったりですね



とてもじゃないけど
満足出来る施工じゃないまま完成します





特にUa値は設計の理論値ですからね


一昔前の断熱等級4はUa値0.87しかないですが


・正しい施工のUa値0.87と

・ずさんな施工のUa値0.5なら


正しい施工の0.87の方が夏涼しくて
冬暖かくなるわけです



ちなみに今から施工する施主さんで
自分で見ても良くわからないって人は
Twitterとかした方がいいですよ



割と親切に教えてくれます






・言いにくいって気持ちも分かりますが・・・



施工に不具合があった場合に
まずは現場監督さんに連絡します



私は大工では無いですけど
現場仕事もありますから
ある程度は分かりますし



何しろ義父が建設業ですから


我が家の建築中は
手のしびれを治す手術をして
退院したばかり
だったので



労災でずっと休んでたので
毎日のように見に来て頂いていたので



妻が
「あの釘はあれでいいの?」なんて言うと


ホームインスペクションa


「雑だけどあれくらいならOK」

義父「雑だけど許容範囲」


などなど
割と雑な部分もあったのですが(笑)



問題にならなければ
別に大丈夫なので



とはいっても
「これは直して貰わないと」なんて時は




現場監督さんに連絡ですが


ホームインスペクション5


「義父が見たけど」を
前面に押し出してます(笑)



担当してくれた
現場監督さんは威圧感もなく
本当にいい人でしたが
何か言いにくいってのも分かりますからね



ローコストでもそうじゃなくても
実際現場監督さんは毎日来るわけじゃないので


もしかしたら
何も言わなくても直ってたかもしれませんが



監督さんも私の職業と
義父の仕事も分かっていましたし



何しろ、しっかりした方なので
割とすぐに対応して頂きましたが



それでも何となく言いにくいですからね



義父がダメって言ったと
メールしています(笑)


そうは言っても


・身内に建設業な人がいない場合や

・施主さんも毎日見れない

・見ても何が正しくて
 間違っているか分からない



そういう時に
ホームインスペクションを
利用するって方法もありますね






・という事でホームインスペクションもアリと思うように




すごい昔に
ホームインスペクターは頼まない方がいいって
記事を書いたんですね



https://reogress.net/archives/12550212.html



この時の主張


>>一番のデメリットは
>>メーカーや大工さんと
>>信頼関係を結べない事です


>>例えば、会社員の方が
>>「ちゃんと仕事してるか見るから」と
>>検査員が外部から来たら


>>「すごい嫌」だと思いますし
>>「あー信用されてないなぁ」って思います



このように書いたのですけど
これは今もそう思いますし



中には
「そういう第三者機関頼むなら
お断りします」って工務店もありますけど



私の予想以上に
未だに雑な施工や
施工ミスが多すぎて


「そもそも信頼を壊してるのは
そっちの方じゃん」って思うようになりました・・・



現場側の立場だと



今はどんどん断熱性能を
上げていって
工法も変わっていってるのに
進化に対応出来ていない現場も多いですね




解体も同じですが
営業とか設計さんとか
内勤のお偉いさんが色々言っても


最下層の現場まで
うまく回ってない状態です・・・



他のブログを見ると


今は施主さんも知識はありますから
断熱材を変えたり追加したりしたのに


現場の納品された建材が違ったみたいな
施工以前の問題もあったりしますね




正しい建材で
ちゃんとした施工が出来ているか
確認出来るのが第三者機関



ホームインスペクションですが



現在、中古住宅では
ホームインスペクションは義務化されていますが



注文住宅だと
まだ頼む人も少ないかと思いますが



じゃあ頼めば何も
問題ないのかというと


それは、それで
違う問題も出てきますね






・注文住宅のホームインスペクションは費用が高い



まずは費用面ですね


中古住宅や新築でも
建売住宅なら


既に建っているわけですから
誰だって中身は見えませんが



注文住宅は
一から見れるわけですから


基礎から断熱材の施工から
全部見ようと思えば見れますが




例えば
こちらの会社さん


ホームインスペクション3


これは新築用の
ホームインスペクションですが
3パターンありますね



一番高いのは
253,000円~となっているので


実際はさらに高額かもしれませんが


断熱材などの施工に不安なら
一番高いのを申し込みするしかありません




3パターンで
確認する内容が違って


ホームインスペクション4


断熱材施工を確認するのは
一番高いプランのみですね



費用が高額になるのは当然で
中古住宅や建売住宅と違って


早くても3ヶ月ほどかけて
家を作るんですから


色々と見るためには
何度も足を運ばないとなりません



そして、これだけの費用を掛けても
うちの義父が指摘したような内容は
項目に入ってないんですよね・・・




後は断熱気密で言うと

・サッシ隙間の断熱材充填とか

・気流止めの施工とか

・気密テープの処理とか



間違ってはないけど不親切な施工とか
その点も指摘するのは難しい場合もありますね











・そもそも信用して契約したとは思いますが・・・



色々なメーカーや工務店
下手したら10社、20社以上から選んで
契約をするわけですが



当然、契約する時は
「ここなら大丈夫」と思って契約したと思います



それでも不安で
第三者機関を頼むとして


当然、第三者機関も
信用出来る、出来ないがあるわけですね



中には高い費用を払っても
ちょっとしたミスなら見逃しされる
可能性も充分あります



後は、どうしても
作り手側のやる気の問題ですよね


何を言っても
「あ、信用されてないんですね・・・」って
状態になりやすいですし



本当に難しい問題です




例えるなら高校生の時に
初めてデートに誘ったら


「グループデートならOK」って
言われてるようなものですから(笑)




それでも今は
このようなサービスをしてる会社が
かなり増えているのを見て


SNSで施工ミスの画像なんか見てると


信用されるような
行為をしてない会社も多いって事ですから



まずは、建設中に何度も見に行ける環境ですね


・本人じゃなくても詳しい人

・そうじゃなくても写真を撮れる人


そうすればSNSなんかしてれば
Twitterとか本当の第三者が暇つぶしで
色々答えてくれますから



私はいつも
「施主がこんなに学ばないといけないのはおかしい」
言ってますけど



間違っている施工を
間違っているって言えるようになるには



色々と学ばないといけないので
難しい問題ですね



特に最近は
窓とか断熱材とか


結構な費用を払って
いい建材を入れているのに


施工がイマイチでは意味がないですから



Youtubeなどで
色々と学んでいる人も多いですから


是非数値なんかはそこそこにして
施工現場の動画を色々見て欲しいですね


数値なんかは
どうでもいいって言ってるわけじゃなくて



完成してからでは遅い事もあるので
是非勉強するリソースを
机上の理論だけではなくて



実際の施工もある程度は覚えた方が
役に立つかもしれません





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村