結露

2019年05月13日






前回の記事




詳細はこちらも見て頂きたいのですが



耐久力がある
樹脂サッシが作れなった昔は


欧米では窓を小さくして
樹脂サッシを使い


日本では窓を大きく
掃き出し窓を使ったので


腐食もせず、加工もしやすくて
耐久力があるアルミサッシを使ったと書きました



今回は
どうして日本の窓は大きくなったかという話です





・欧米の窓は小さいです


アルミ2a


前回と同じ画像ですが
こちらがどこにでもある
ドイツの昔の家です



アルミ2b

こちらはドイツの新しい家というか
住宅展示場にある家です



最近は樹脂サッシの耐久力もあがり


またアルミ樹脂複合窓でも
性能が上がったので


ヨーロッパでも
大きい窓が使えるようになりましたが


昔ながらの家は
小さい窓ばかりですし


日本では多い
掃き出し窓はありません



一方の日本の窓は

アルミ2c

むしろ昔の家の方が多い気もしますが
掃き出し窓を使っているので
窓が大きいです




fb839b8e

我が家も南側の正面は掃き出し窓を4箇所使っています





6f54acf0

一方北側の裏面は縦すべり窓とFIX窓だけなので
こちらはドイツっぽいですね(笑)









家の温度が逃げる原因は
半分以上は窓からです

アルミ2d

そのため断熱材の性能を
上げてもアルミサッシなら
意味が無くなってしまいます



高断熱化したければ


昔のヨーロッパのように
窓を小さくすればいいのですが・・・





・日本の窓が小さく出来ない事情



こちらは東京と
ドイツの首都ベルリンの気温の違いです

アルミ2e


1年を通して10度前後東京の方が高いです


ドイツは夏が丁度いい温度で
冬はかなり寒いです


北海道に近い温度ですね


アルミ2f

降水量も日本の方が圧倒的に多いです



なので昔から
日本では湿気と夏の高温の為に
外気を取り入れて



風通しを良くしないと
熱中症で死んでしまう位の温度です



逆にドイツでは
夏の高温は一切考えずに



冬の寒さ対策だけすれば大丈夫です



何でも
日本は遅れているから
ドイツの真似をしようなんて
昔から言っていたら



夏に倒れてしまいますね





・今は夏も冬も大事ですが・・・



前回と今回で


何故日本はアルミサッシが
ここまで普及していて


欧米では樹脂サッシが
普及したかが分かったと思います



昔の人やサッシメーカーが
耐久性の問題から
アルミサッシを推す理由も分かりますが


今は我が家みたいな
ローコスト住宅でも
高断熱、高気密の家が作れます


アルミサッシで単一の窓という
U値が6.5なんていう商品が
まだ5,700戸も日本にはあり


2年前のデータだと


新築でも一番売れている商品は
アルミサッシでペアガラスのU値4.65が
7割占めているそうです


今は、ローコストでは無いメーカーなら
さすがにアルミサッシを
提案する事はないと思いますが


私が見たローコストメーカーや
建売住宅はまだアルミサッシがありました



LIXILのサーモス2や
YKKのエピソードに



もっと予算があるなら
サーモスXやAPW330に


変更した場合の差額を教えて貰って
予算があるなら是非変えた方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年05月10日






日本では昔から
アルミサッシの割合が多く


欧米では樹脂サッシの割合が多い


その為に日本のサッシ性能は遅れているという
話を聞いた事があると思います

アルミa


欧米、アメリカでは
木製サッシも普及してますが



日本に比べて
アルミサッシは少ないですね



私も過去の記事で







このような記事を過去に書きました




何故性能の悪いと言われる
アルミサッシがここまで日本で普及して



欧米では樹脂サッシが
使われるようになったかの理由です






・欧米と日本では窓が違います



こちらはドイツの普通の家です

アルミb

画像は岡山県の工務店さんからお借りしてます



綺麗な街並みとか
オシャレな家とかは置いといて
窓に注目して下さい


アルミc

こちらもドイツの昔からある
普通の家です





一方こちらは
ドイツの住宅展示場の家です

アルミd



次の画像も住宅展示場の家なので
当然新築です


アルミe



古い家と新しい家では
窓の大きさが全然違いますね



日本では当たり前にある
掃き出し窓ですが


ヨーロッパでは
最近まで掃き出し窓なんてものは無く


また腰高窓も非常に小さいです

そして引き違い窓はほとんどありません


一方こちらは
築41年の日本の家ですが

アルミf

私の実家もそうですが
日本では昔から掃き出し窓があります



掃き出し窓を使って
1枚が大きい窓を使っているのが



日本で樹脂サッシが普及せず
アルミサッシが多く使われた理由です








・昔の樹脂サッシでは耐えれません・・・



何故掃き出し窓を使うと
アルミサッシなの?って思いますが



まずアルミサッシのメリットは


・安い
・耐久性がある
・加工しやすい


この点があります


樹脂サッシの方が
耐久性が劣って


木製サッシでは
腐食もしてしまいます



そして

アルミg



普通に生活してると
想像しにくいですが
ガラスって凄い重いんです


私の職場
産業廃棄物の処分場には

当然ガラスも毎日運ばれてきますが


ガラスの比重(体積と重さの比)はかなり重く


同じ体積なら
ガラスもタイルも瓦も同じ重さです


ちなみに標準的な
200cmの掃き出し窓で
重さは1枚30kgもあります



ダブル、トリプル窓でしたら
当然2倍、3倍の重さになります





・ドイツにもアルミサッシがあります


最初に出したこちらの各国のシェア表ですが

アルミg-2


ドイツでもアルミサッシは使われています




ヨーロッパは日本より厳しい規制があって

アルミh


ドイツではUw値1.3値以下という規制があります




それに対して日本では
アルミh-2

2.33以下で最高基準になって
日本では〇〇以下は使用禁止などはありません



その為に我が家が使っている
サーモスⅡHなどは


日本では省エネ建材等級で
最高ランクですが
ドイツでは使えない性能になります



しかし


アルミ樹脂複合サッシの
超高性能品

サーモスXでしたら

アルミi



ドイツでも使える品質です


最近のヨーロッパの住宅の
写真を見れば分かりますが


まるで日本のように
大きい窓も使うようになったのは


サッシの性能が上がって
重いガラスでも壊れないサッシが
出来たからで


逆にそのような耐久力がある
樹脂サッシが無かった時代には


ヨーロッパでは
窓を小さくして


日本では
アルミサッシになったという事です


あと欧米では
樹脂サッシの劣化を防ぐ為に
屋外側は樹脂サッシの上から
アルミで覆ってあるサッシというのもあります

(これ欲しいですね


もちろんそれ以外にも
日本でアルミサッシが普及した理由として


世界的な大企業YKKがあるからとか


高度経済成長時に
どんどん安い家を建てたから
などなどありますが


日本に合う大きさの窓だと
昔はアルミサッシでしか
作れなかったんですね


物凄いお金掛ければ
昔でも当然作れたと思いますが


普及品クラスで樹脂サッシが
出てきたのはつい最近の話です
(寒冷地の北海道では昔からありますが)


今もどんどん普及してますから
さらに低価格になって



あと数年したら
アルミサッシは
日本でも無くなるかもしれませんね



では何故


ヨーロッパでは窓を小さくして
樹脂サッシを使い


日本では窓は大きくして
アルミサッシを使ったのかは





2019年02月09日






家を建てて最初の冬を迎えると



「さすがに暖かい」と喜ぶのと同時に


「ものずごい乾燥」に驚きます


湿度a

我が家もリビングに1台
スキップフロアに1台


加湿器を置いていて


さらに24時間ずっと
加湿器を動かしていますが



湿度b

晴れてると
30%代になる時があります


お出かけなどして
水が切れていたりすると


30%前半や
20%になる事もあります




湿度c

加湿器のすぐ近くに
湿度計があるので






湿度d

夜になると
45%位まで行くときも多いのですが



とにかく乾燥します






・最近の家が乾燥する理由



元々日本の冬は乾燥していますが

最近の家が特に乾燥する理由は



①家の温度が暖かいからです


最初は木が水分を吸うからとか
換気システムでちゃんと換気をするからとか


色々書かれていますが・・・


木の問題と換気の問題だけなら
古い家も同じように乾燥します


実際古い家でも冬は乾燥しますが


古い家だと湿度40%位の時に
今の家が湿度20~30%になる原因は


家が暖かいからです



湿度d


縦が空気中の水分量
横が温度です


同じ湿度100%でも


気温が10度と20度では
水分量は倍近く違うので


仮に気温10度で湿度50%の空気を
そのまま20度まで暖めると


湿度は25%ほどにまで
下がってしまいます







昔の家は
ストーブ、こたつなど
局所的には暖めてますが


家の中全部暖かいなんて事はないので
今の家の方が乾燥します


1種換気で湿度も交換したとしても
最終的には外気の湿度にまで近づきますし


その際に家の気温が暖かいので
乾燥します






②石油ストーブが使えません


今の普通の高気密、高断熱の家だと
「石油ストーブは使わないでください」って言われます


我が家も工務さんに言われました・・・



灯油は燃やす時に
水分を出しますが


この量が案外多く

灯油1リットルを燃焼させると
水分は1.1リットル出ます


なので

冬の乾燥している時期に


エアコン、床暖房などで
家中暖かいので

乾燥します






・やはり気化式は今の家にはメリット多いです



前に加湿器は気化式がオススメと書きました


↓↓過去記事↓↓





安全性などももちろんですが


気化式は仕組み的に
適応畳数で使っていれば


湿度が60%を超えるなんて事は無くて
MAXでも50%位にしか上がりません


気化式の加湿器は
電気代が安いので
24時間稼働出来ますし


乾燥、インフルエンザ対策には
湿度は50%あれば充分ですし


湿度が上がりすぎる事はないので
カビの心配もなくて

結露も当然少ないです







スチーム式などにくらべると
一瞬の瞬発力には絶対勝てませんので

24時間稼働するのがオススメです


パナソニックの加湿器は
内蔵の湿度計も割と正確なので



2018年10月19日





過去に何度か


私はグラスウールは嫌で

吹き付け断熱を
選んだ記事を書きましたが


グラスウールでも吹き付け断熱でも


基本的な
断熱性能は同じです


両方とも厚みで
断熱性能が変わりますが


ちゃんと
施工すればどちらでも
問題はないのですが




施工が難しいから
カタログ通りの性能が
発揮できるか疑問というだけなので・・・






・グラスウールは湿気を吸う?


多分ですが
グラスウールは
見た目で損してる気がするのですが

グラスウールa

これがグラスウールの中身です


たしかに布団っぽいので
水分を吸収しそうなイメージです・・・




グラスウールb

こちらがいつも見る
袋に入っている
グラスウールです






・グラスウールは水は吸いませんし燃えません


私の職場の廃棄物処分場にも
毎日グラスウールがきますので


古いグラスウールを毎日見ますが



グラスウールは「ガラスの仲間です」


ガラスなので水を吸いませんし
燃えません


私の会社に
グラスウール持って来たら


グラスウールc

グラスウール、ロックウールなどは
このガラス・陶磁器くずになります



ちなみに
アクアフォームも運ばれてきますが


吹き付け断熱は
発泡材なので

グラスウールd

廃プラスチックです



処分方法も


吹き付け断熱の
アクアフォームやアイシネンは燃えますが


グラスウールは燃えないので破砕します


グラスウールe


燃えないというのは
家に使う断熱材としては
メリットですね



吹き付け断熱も
難燃性の原材料を混ぜていますが


私の会社みたいな1000度以上の
焼却炉だと普通に燃えます


まあガラスでも金属でも
入れれば燃える位の高温ですけど・・・



個人的には
外側なら外壁
内側ならボードなど


燃えにくい素材の奥にあるので

火が断熱材まで行ったら


家の木材まで届きますから
既に手遅れだと思いますが









・グラスウールだから内部結露するは間違いです



グラスウール=ガラスですから
素材は湿気を吸いません



正しく施工すれば


吹き付け断熱もグラスウールも
厚みにもよりますが


同じ断熱性能にはなります



毎回言いますが


施工が難しいのと
昔からの間違った施工のせいで


将来隙間が出来て

断熱性能が下がって
隙間から内部結露の原因になるので


正しく施工できる業者なら


吹き付け断熱よりも安価ですし
かなり燃えにくい素材なので


メリットもあるのですが



グラスウールf

メーカーは
既に過去の事と言ってますけど



まだまだ酷い大工さんを
実際見てるので



施主が大工を選べるわけではないし
ローコストメーカーの大工さんだし・・・


などの理由もあり
吹き付け断熱にしました



下請けに出さなかったり
信頼出来る大工さん


施主が施工ミスを見て判断出来るなら
問題ないと思いますけど




グラスウールg


メーカーサイトに
正しい施工マニュアルもあります


手抜き間違った
施工するのは置いといて



正しいと思っている施工が
間違ってる大工さんもいるので


信頼出来る大工さんを見つけるか


自分で正しい施工方法を
覚えるしかないですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







2018年09月03日





今はどこの家でも


高断熱、高気密が
標準のようになっています



私が小学校の頃に住んでいた家は

ものすごい貧乏な家庭だったので
(貧乏芸人の話がまだ甘いって位に



内部結露a

こういう長屋に住んでいたので


木製の引き戸の窓や玄関で

閉めても5mm位は
目で見えて隙間があったりましたし


外壁も


「木だけ」でしたので
隙間がありました


ここまでは無いとしても
昔の家は


気密が良くないので
冬はものすごい寒いのですが


それでも数少ないメリットがあって


隙間があるので
家の湿気が外に逃げれます



今の家は


余った湿気が何も対策しないと

外に逃げれないので

対策しないと
内部の木材が湿気で腐ってしまいます





・昔は問題なかったですが・・・


昔の家は

断熱材も無く


内部結露b


このように

天井の木材があって
屋根にも木材があって

その上に瓦かトタン屋根ですから


木と木の間に隙間がありますし

瓦の間、トタンの隙間もあるので


暖められた
湿度の高い空気は


いくらでも天井から屋根にいって
屋外に逃げれました







・有名なナミダダケ事件


昔は石油代もタダみたいに
安かったので

どんどんストーブを使っても


水蒸気は外に逃げれましたが



40年ほど前に
オイルショックが起きて


石油の使い過ぎは
良くないなと




特に寒い北海道では


寒さ対策として断熱材

「これどんどん入れればいいのかな?」


という風に

断熱材を厚くして


気密は考えないで施工してました


しかし残念ながら


家の中の水蒸気まで
考えて作って無かったので


グラスウールの中に
結露した水がたまって



床下や木材内部に入っていき


新築後わずか3年
ナミダダケというキノコが木材から
発生して家がダメになりました・・・


北海道では10万戸の家が
これでダメになりました



私の会社でも
(廃棄物の処分屋さん)

「あー内部まで行ってるなぁ」という
木材も運ばれてきます


内部結露b-2

木材が腐った状態で
強い地震来たら大変です





・その後、通気層が出来ました



高断熱にしたら

水蒸気をどうするの?


という考えで

色々と試行錯誤の結果


家に通気層が出来ました

内部結露c




内部結露d

このように
計画的に水蒸気を逃がします


また換気システムも24時間義務なので



第一種換気の
全熱交換なら


夏の湿度が高い時でも
そこまで湿度は上がりません





換気システム
通気層


家がある程度は高気密だと

計算して、そこから逃げるので



計算外の隙間があると
そこから逃げて、内部に入り
木材がダメになるので


高断熱なら高気密じゃないと
ダメな理由です


息苦しいから
我が社は高断熱、中気密なんて
言う会社では建てない方がいいですね



一条工務店みたいに
C値1.0以下が絶対で

平均0.5ですまではいらなくても



第一種換気なら
一般的な高気密と言われるレベル
C値2.0は必要です


これは吹き付け断熱なら
普通に達成出来る数値です



吹き付け断熱詳細記事

過去記事を見て下さい

吹き付け断熱の施工 ~施工ミスを防ぐ機材を持参する~




ちなみに第三種換気なら
もっと計算がシビアになって
C値1.0以下は必要なので


ちゃんと高気密で
施工出来るメーカーで
作ったほうがいいですね








・透湿性能を考える



外壁通気工法
サイディングを使う家なら


必ず施工する位
一般的です


というか、この工法を
しないとサイディングのメーカー保証が
効きません




内部結露e




内部結露は
普段見えないので


「気が付いたら手遅れ」になりそうで
怖いですが



ちょっと怖いのが

この工法は

「家の中の水蒸気も
外に出せばいいんじゃない?」


という考えですから
壁の中で水蒸気が止まったら
困ります




例えば

内部結露f

この石膏ボード


見た目は
湿気なんて通さなそうですが

ものすごく湿気を通します


どれだけ
水蒸気を通すかは

透湿抵抗という値があるのですが


石膏ボード
9mm厚で0.78という数値です


この値は
低ければ低いほど


水蒸気を通すのですが




ツーバイフォー住宅や
内部結露g




レオハウスの我が家みたいな

内部結露h


在来工法でも
耐力壁を使う場合



内部結露i


この部分が透湿しにくいと

長い年月で腐る可能性があります


耐力面材があった方が
耐震に強いのは


見た目で分かりますが


このために内部結露が
起きたら困ります


そのため、耐力面材に使う木材

透湿抵抗も大事なのですが


我が家は

内部結露j

ダイライトを使っています


普通の構造用合板に比べると
7~10倍の透湿性があるので

内部結露が出来にくい素材です



ダイライト以外にも

こういった耐力面材はありますので


自分の建てる家の耐力面材が
メーカー、商品名が分かれば

検索して、何も書いて無ければ


透湿抵抗値はいくつですか?って
聞いた方がいいです



後は外壁通気工法には
必ず必要な


透湿防水シートです



内部結露k

レオハウスだと

タイベックシルバーを使います


日本だけで400万棟は
タイベックシルバーを使っているそうで


ほとんどこれですが


これも透湿性能が悪い商品を
使うと内部結露の原因になるので


建てる際は注意が必要です



タイベック

テフロンで有名なデュポンが開発した
素材で

家の防水シート以外にも

内部結露l




このような服もあって


私の会社でも

解体や、焼却炉で仕事する現場の人は
着ています


家のシートだと

タイベックシルバー以外に

タイベックハウスラップもあります


ハウスラップ+遮熱=シルバーになるので


防水性、透湿性はどちらも
同じです





・屋根にも通気層はあります



内部結露m


内部結露n


屋根にも吹き付け断熱を
使ってますが



内部結露o

このように
アクエアーシルバーという



内部結露p



通気のスペーサーを入れてから
吹き付け断熱の施工をします



なので家の外壁、軒に
通気の穴があるので


定期点検の時に
教えてくれると思いますが


ここが詰まってないか
定期的に見る事が大事です




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング