2019年08月03日





間取りを考えている時は
「新しい家での生活」
色々想像すると思います


営業さんや
設計士さんとも相談して


家事のしやすさや子供の事など考えて
「この間取りは問題ない」って思っても



実際に新しい家で生活を始めると
「うーん・・・面倒だなぁ・・・」っていう部分が
出て来る場合があります





・設計士さんと話をしても分からない事


営業さん、設計士さんは
何百、何千という
間取りを見て来ていますから


的確なアドバイスも多いですが


生活スタイルは
人それぞれ全員違うのですから


他の人では
「そこに必要なの?」という物でも


実際に住む人に取っては
どうしても必要だったりします


間取りa

こちらは
私のYシャツや作業着など
仕事で着る服のクローゼットですが



これが置いてあるのは
間取りb

玄関です




そして

間取りc

私の靴下やズボンが置いてあるのは





間取りd

スキップフロアです






・この場所に置いてある理由



もちろん寝室には

間取りe


間取りf

ウォークイクローゼットがあって
休日用の私服などは入っていますが



・小さい時の家は平屋

・東京に進学と就職した時はワンルーム

・その後は2LDKのアパート


このような生活スタイルだったので


仕事に行く為の身支度

毎日離れている場所まで行くのは
「めんどくさい」と思ってしまいます



まあ「めんどくさい」以外にも
私は仕事に行く時間が早いので


クローゼットまで行くと
子供や妻が寝ている時もあります



我が家の階段は
平均よりかなり低く作ったので
1歳の子供でも平気で昇り降り出来ますが


ワンルームで完結出来る生活スタイルが
長かったので



出来れば着替えは
リビングに置いておきたい位です



逆に妻の場合は


小さい時から2階建ての家で
自分の部屋が2階だったので


そのまま30数年間
実家で暮らしていましたから


「着替えるのは離れた場所」というのが
当たり前の事になっています





・リビングに置きたいけれど・・・



20代でしたら
新しい家のスタイルに
合わす事も出来ると思いますが



私みたいに40過ぎてから家を建てると
今までの生活スタイルは
なかなか変えれないので


しかしせっかくのマイホームですし


リビングに生活臭丸出しの
衣類は置きたくないですから



間取りg

作業着はここに





間取りh

靴下やズボンなどは
ここにあって
着替えもここでします



こんな感じで楽に着替えは出来る場所だけど
見えないような配置になっています


もちろん
新しい家ですし


「自分の行動パターンを直そう」という方なら
問題ないですが



私は無理って分かっていましたので




間取りを作る際に
会社に行く時のルーチンワークを考えて


・起床して1階へ

・歯磨きは脱衣場

・電動ヒゲソリでヒゲを剃るのはスキップフロア

・着替えもスキップフロア


これが全部コンパクトに
済むようにと考えて間取りを考えました



朝食も食べませんし
起床後25分位で家を出る生活を
何十年もしてきたので


今さら優雅にWICで着替えっていうのは
出来ません


休日で私服の着替えは
時間あるので2階でも平気なんですけど








・日頃のパターンを観察して下さい(笑)



という事で間取りを決める際に
仮に充分なスペースを取っていても


配置によっては
全く使わないという事も
考えられるので


特にこのパターンは
男性の方が多いと思いますから



奥様は、今の旦那様の
行動パターンも考えて


旦那様の「大丈夫」は信用せずに(笑)
間取りを作った方がいいと思います






・間取り以外の行動パターンも注意


次は妻の直らないパターンですが



高断熱、高気密にしたければ
「窓をいいものに変えて」というのは
分かると思いますが


極論を言えば
どんなに高い窓でも
無い方がさらに高断熱になります


間取りw

南側の掃出し窓2つは
必要ですが東と西の腰高窓は
要らないと思うのですが・・・



そして
今の家は「窓は開けない方が」
効率も良く快適ですし


私からだけではなく
工務さんからも


「窓は開けない方がいいです」
と言って頂きましたが


うちの妻は窓を開けます・・・


とにかく良く開けます・・・


光熱費の事を考えても
窓は全部閉めて
夏、冬はエアコンを
24時間起動しっぱなしの方が
いいのですが


私は夏などは
大の虫嫌いですから

夏、冬と言わず
365日いつでも窓は閉めたいのですが
(妻は虫が平気な人です・・・)


これもずっと窓を開ける生活をしていたので
仕方が無いですね



妻が住んでいた所が
大自然溢れる田舎ですので


結婚前に
「ホタルを見に行こう」と誘ったら


「家の前に普通にいるから」って言われた位なので
やはり自然の風がいいんだと思います


換気システムもありますし
高断熱、高気密は息苦しいって言うのも
実際はそんな事はないのですが



「気分の問題」も大きいですからね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年06月28日





何人かの方に
窓サッシの質問を受けました


「標準の窓がサーモスLなのですが
これで大丈夫ですか?」などの質問が多いです
(特に同じ山梨県の方)


ちなみにコメントですと
そのまま返信出来ますが


非公開メッセージですと
本文にメールアドレスがないと
返信先が分からない仕様になっていますので
メルアド等ご記入下さい



現状サーモスⅡ-Hで満足していますが
既に2年経ちましたし


私個人の感想で「大丈夫」と言っても
不安でしょうから


色々と新製品も出てますし
久しぶりにLIXILショールームに行ってきました


canvaslixil

ちなみに甲府の方には「大丈夫」って回答しますし

富士吉田市(富士山の方)とか寒い方には
「キツイかも」って回答しますけど



明確に数値でサーモスXの方が
高性能ですから
予算あるならサーモスXにした方がいいです






・2年前と展示品が同じでした・・・


土日に行くと人がいっぱいですから
ただ話を聞きに行く客なんて迷惑ですから


平日の昼間に行ってきましたが

ショールームb

入り口にスタッフさんは4人
そしてショールーム内の客は私1人


平日はそこまで暇なのかと思いながら
まずは展示品を見てみます


ショールームc

2年前と全く同じ展示品が・・・



右は一般複層ガラス
左はLow-Eの遮熱型複層ガラス
(我が家と同じものです)


奥から熱源を当てて
右は暑くなるけど
左は変わらないという実験です


当時は
「おお、すげー、これが家に入るのか」
と感動していましたが


正直2年経過したので
左側は3枚ガラスになっているかと
思いましたが


Low-E複層でも全然温度が
変わらないので、このままでした(笑)



ショールームd

左がサーモスⅡ-H
右がサーモスL



ショールームe

そしてサーモスX



ショールームf

後はデュオPGシンフォニーです



一番高いレガリスはともかく
オール樹脂のエルスターも展示がないので
聞いてみたところ


この地域ではほとんど出ないので
展示してないそうです



ショールームg

実際の窓の展示品も


サーモスⅡ-HとサーモスLだけで
売れるのも今はほとんどこの2つみたいです


2年前の高性能品が
今は普及品って感じですね


まあ当時からお金ある人は
もっと高い奴選んでいたと思いますが・・・




ショールームh

外付けのシェードとかも
売っていますので


家を建ててからでも
色々楽しめます





・色々を話を聞いてきました


まずは地域にもよりますが
YKKはオール樹脂を
推してる気がするのですが



LIXILはアルミ樹脂複合を
推してる件についてです



これに関しては私も
仕事で古いサッシやPVC管も見ますので
耐久性は心配だなぁと思っているのですが



ショールームi


耐久性以外にも採光性にもアルミの方が優れていて



ショールームj

アルミの方が素材として強いので
細いフレームでも大丈夫なので


採光性が上がって


サッシとガラスでは
ガラスの方が熱貫流値が低いので


結果的に性能が
良くなるという考えだそうです


ショールームk

我が家のLow-E複層ガラスも
ガラス部分だけの熱貫流値は1.4
アルゴンガス入りなら1.1ですから


なるべくガラス面積を広げて
サッシ部分を狭くした方が性能は上がります


ただ、LIXILだってオール樹脂サッシも
もちろん販売していますから


採光性はともかく


耐久性△はちょっと
YKKの対抗心かなぁと思ったり



樹脂〇
アルミ◎
なら問題ないと思いますけどね


樹脂だって通常使用で10年ちょっとで
ダメになるわけではないですから








・山梨で一番売れているのはサーモスLでした



こちらが現在のラインナップです

ショールームL

2年前と違って
アルミサッシの
サーモスS無くなっていて


アルミ樹脂複合の
サーモスLになっていました



一応アルミ窓のデュオPGはありますが
現在はほとんど売れないそうで



ついにオールアルミは
無くなりそうらしいのですが
(賃貸アパートとか建売住宅は除いてですけど)



ショールームm

販売中止になったアルミ窓のサーモスSと
値段は変わらず


アルミ樹脂複合の
サーモスLになりましたので



それなら一番売れるのが
サーモスLで納得ですね




ちなみに
サーモスⅡ-HとサーモスLは
性能は変わりませんが
(Low-Eガラスの場合)



ショールームm-2

サーモスLの場合は
色が若干違うのと
室内側、室外側ともに同じ色という条件があります



サーモスⅡ-HサーモスX
室内側と室外側で別の色を選択も出来ます



我が家は室内側、室外側ともに白なので
これならサーモスLでも問題ないですね



ショールームn

こちらが現在のラインナップの熱貫流率です


シンフォニーは一般複層ガラスのみで
Low-Eは無く


サーモスⅡ-Hは逆に
Low-Eのみで一般複層ガラスはありませんが



サーモスLの場合は
Low-Eと一般複層ガラス両方あるので



今から建てる方は
図面や仕様書などを
よくチェックした方がいいですね



サーモスXはLow-Eのみですが
こちらも2枚ガラスと
3枚ガラスがありますので


「確認せずに高いオプション代を払って
サーモスXにしたら複層ガラスだった・・・」


なんて事がないように
こちらも良く確認した方がいいですね





・スタッフさんのオススメは?


ハウスメーカーによって
売り値は違いますので


LIXILの定価とは違いますが


スタッフさん(女性の方)に
「家建てるならどれがいいです?」って聞いたら
サーモスLでした


まあ一番売れているそうですし
これが会社的にイチオシなのかもしれませんが


「デュオPGはさすがにちょっと・・・」という事で
しかも今はサーモスLが安いらしいですし




そして我が家と同じ質問

「50万円でサーモスXに
グレードアップ出来るならします?」って聞いたところ


北杜(八ヶ岳の方)や
吉田(富士山の方)なら考えるけど



甲府なら、そのお金で
キッチンやトイレの
グレードを上げたい(笑)との事でした


ショールームn-2


山梨の場合富士山周辺や八ヶ岳周辺は
かなり寒いので3地域になって
我が家は5地域になります
(ここに書かれてる6地域より暑いんですけどね


「サーモスLからサーモスXの差額が
いくらまでなら考えます?」って質問には


「10万円」との事でした


LIXILの方とはいえ
女性の方は窓性能よりキッチンやトイレの方が
大事ですもんね



家は夫婦と子供の物ですから
奥様が「性能よりもキッチン」と言うなら
そちらにもお金使わないと
後々色々と後悔しますから



まあ私がお金なさそうな身なりだったので
サーモスXはキツイんじゃない?
って思われたのかもしれませんが・・・

(午後休だったので仕事の作業着で行っちゃいました






・実験結果がありました


ショールームには無いのですが
工場には実際の温度差が分かるものがあって




愛知県のきごころホームさんという


冷凍庫の一部に窓サッシを取り付けて
温度差が分かるという物です


ショールームo

室内の温度が27.2度で
冷凍庫(室外側)は氷点下12.8度です



ショールームp
(画像は全てきごころホームさんからお借りしました)


外が氷点下12.8度
家の中が27.2度の時



サーモスⅡ-H
ガラス部分が21.4度
サッシは16.2度で


サーモスXのトリプルガラス仕様は
ガラス部分が22.7度で
サッシ部分は20度です



氷点下10度以上行くなら
やはりサーモスXの方が良さそうですね・・・





私の住んでいる地域ならサーモスLでも
問題なさそうな気もしますが
(実際問題無いですが


やはり工務店や
ハウスメーカーの出してくる値段次第ですね


LIXILの方は10万円なら
サーモスXに変えると言ってましたが


私なら20万円以内なら
変更すると思います


もちろん快適性は
間違いなく上がり


光熱費は下がりますから


予算があれば
是非変更したい箇所だとは思います






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年06月20日





前回記事の続きで
午後の部になります




午前の部と
遮熱型と断熱型の違いなどの説明は
前回の記事


link2
窓は遮熱型か断熱型か?実際に我が家の日射を1日計測してみました①
http://reogress.net/archives/18602733.html





こちらをご覧下さい





・午後12時30分 


午前の部は直射日光が当たるのは
北東~南東まででしたが


12時を過ぎると南側も
日が当たるようになります

太陽2a

太陽が
リビング側に来たので


北東、南東の窓は直射日光は
もう当たりません


太陽2b



まずはリビングです

太陽2c

向きは南側の窓に日が当たる時間ですが


太陽の位置が高いので
そこまで直射日光が
入ったりはしないですし



太陽2d

こちらはダイニング側
だいたい30センチ位日が入っている感じです



間取り的にリビング側は
庇もありますので
そこまで日は入りませんが


ダイニング側の方が日が入ります





・14時 暑さのピークが近い時間です


太陽2e

14時なると
太陽の位置が右半分から左半分に行きます



太陽2f

南東の窓は完全に日陰になっています



太陽2g

ダイニングの日射は12時30分と比べて
太陽の角度が下がってきたので


もっと日が入るようになりました


太陽2h

ダイレクトに日が入る左側の
ダイニングと違って


右側のリビングは
間取り的にそこまで日は入りません


太陽2i

そろそろ北西側の窓にも
日が当たる時間がきます





・15時です


太陽2j

太陽の位置がかなり西に行って
角度も下がってきました



太陽2k

リビングです


日は入っていますけど
窓もサッシも触って熱い事もなく
日が当たっていても変わりません


遮熱型だからという訳ではなくて


断熱型でもLow-Eのペアガラスなら
熱くないような気もしますが・・・

サッシもアルミ樹脂混合ですが
室内側は樹脂なので熱くありません


当然トリプル窓や
オール樹脂サッシの方が


さらに性能が高いでしょうけど
実験して触った感じは


サーモスⅡ-Hでも充分という感じです


太陽2L

ダイニング側はかなり日が入るようになりました








・16時です


太陽2m

太陽はどんどん西へ行きます



太陽2n

ダイニング側の出っ張りがある間取りですので
この時間になるとリビングは
直射日光は入らなくなりました


他の地域はもっと前ですが

甲府の場合一番暑い時間が
15時過ぎなので


この時間にリビングに日が入らないのは
ありがたいですね



私が住んでいる甲府
多治見熊谷などと共に
毎日最高気温1位を争う地域なので


2chの気象板には
「今日の最高気温凄いぞ」という
掲示板があって


太陽2o

暑いのは嫌なんだけど
どうせ暑いなら1位なりたいという(笑)


ちなみにこの日は16:00でさらに
上げて40.7度でした


甲府は他の地域より
1時間ほど一番熱い時間が
ズレるのでマクリの甲府と呼ばれています(笑)





・17時30分です


太陽はかなり傾いて
そろそろ夕日になる時間です


この時間になると
直射日光が当たるのは


太陽2p

ここだけになります


我が家は南、東、北は隣家がありませんが


西側のみ隣家があるので
他の西側窓は日が当たりません


太陽2q

夏ですとまだまだ暑い時間ですね





・1日のまとめ

我が家の配置が正確な東西南北では無くて

北東、南東、南西、北西という窓配置ですが


まあとにかく暑い地域なので
全部遮熱型でも良かったかなとも思いますが


逆に冬は全部断熱型に
したいとも思いますし


今回の計測した限りでは
もう一度建て直すとしたら


北東は断熱型
南東は遮熱型

南西はリビングは断熱型
ダイニングは遮熱型

北西は断熱型って分けると思います

(金額が変わらないなら)


同じ方角でも
間取りで全然違いましたから


リビングとダイニングで
使いたい窓も別れました



どちらにしても
夏は暑くて冬は寒い地域なので


どちらの季節もエアコンを使いますから
どっちでもいい気もしますが
(どちらでも高性能ですし)


例えば夏はギリギリまで
エアコン使わない地域なら
全部遮熱型でいいと思いますし


冬も日が当たればエアコンは要らない
地域なら断熱型のがいいと思いますが


この辺は全国区のハウスメーカーでは
無理でしょうねぇ・・・
(特にローコストメーカー


全国区のメーカーは転勤も多いですし
そこまで地域特性も詳しくないでしょうから
自分で調べるしか無いと思います


金額が高いメーカーなら
色々してくれる気もしますが・・・




本当に夏、冬を快適にしたい
ある程度予算もある方なら


高いハウスメーカー
もしくは地元の評判のいい工務店


是非そういった
ところで建てる事をオススメします


それでも我が家は充分快適ですけど
もっとこだわるとしたら



どんなに遮熱、断熱使い分けても
窓サッシをワンランク上のグレードに
上げるほうがよっぽど断熱も遮熱もしますけどね





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年06月19日





窓を方角によって
断熱型と遮熱型を
使い分けるというのがあります


型番


Low-Eペアガラスの場合


ペアガラスのどちらかに
Low-Eの塗装があるのですが


Low-Eの塗装面が
室外側だと遮熱型
室内側だと断熱型になります


もちろんどちらの窓でも
昔の窓に比べたら

圧倒的に高性能なので
遮熱も断熱もしてくれますが


ハウスメーカーの値段はともかく
定価は同じなので


どちらを使い分けても
同じ金額でしたら

是非参考にしてみて下さい
(ハウスメーカーだと一括注文の為割高になる可能性が


ちなみに我が家は
全部遮熱型です


建てる時に2種類あるなんて
知りませんでした


仕事柄、古い窓は詳しいんですが
Low-Eペアガラスってだけで満足してしまいました・・・



営業さんも設計士さんも
工務さんも一言も
言ってくれませんでしたので・・・



まあローコストメーカーですから
そこまでこだわりも時間も無さそうなので



多分暑い地域は全部遮熱型
寒い地域は全部断熱型にするんだと思います



我が家の場合は
日本でも有数の暑い町の甲府ですから
全部遮熱型で問題はないのですが


それでも今回の実験で
「ここは断熱型でも良かったんじゃ?」って
思う箇所もあったので


まだ建てる前の方は是非
営業さんや設計士さんに聞いてみて下さい



尚、計測は6月ですから
6月は夏至もありますし


かなり太陽の位置は高い時期です





・まずは我が家の窓配置です


我が家の間取りです


日射a


南側(赤の丸)にリビングとダイニングがあって
それぞれ掃き出しの引き違い窓


西東(緑の丸)には腰高の引違窓


北側(青の丸)は吹き抜けで
縦すべり窓とFIX窓などがあります

後は玄関部分(青の丸)
こちらは西と北にそれぞれあります



方角は

太陽c

このように真南や真北を向いているわけではなく




太陽d

方角を合わせると


リビングとダイニングの
掃き出し窓は南西


東西の腰高窓は
北西南東になります





・朝7時です


太陽の位置は朝ですので東です

太陽e
家の向きからだとこっちの方角


太陽f
家の裏側から日が当たる感じです



太陽g

北東にあるスキップフロアと
吹き抜けの窓は


太陽h

かなりの日射があります


普通の地域じゃそこまで
暑くないと思う時間ですが


甲府なので気温はそこそこ暑いです


太陽i

南東の腰高窓は
まだ日が入っていません



太陽j

当然南側、西側も日は入っていません




太陽k

玄関は既に明るいです








・朝8時です


1時間が経過して

太陽L

北東の窓は
若干日の入りが弱くなりました



太陽m

それでも結構日が入っています


この時間以降は
北東のこの面は

直射日光は当たらなくなります





・朝9時です


だんだん気温が上がる時間になっていきます

太陽n

南東の腰高窓は
結構な直射日光が入ってきました



太陽o

室内側から見ると
全部では無いですが
結構日が入っています



続き(午後の部)は

link3
窓は遮熱型か断熱型か?実際に我が家の日射を1日計測してみました②
http://reogress.net/archives/18603201.html


こちらに続きます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング







2019年05月31日





何度か窓サッシの事を書きましたが


既に家を建てた後で

「自分の家の窓はなんだろう?」って
人も結構いますし



これから建てる方でも

「契約内容と窓が違う・・・」という事にならないように

刻印の見方が分かると便利です





・同じ窓でも種類がたくさんあります


例えば我が家で使っている
サーモスⅡ-Hですけど

型番a


みなさんが必ず決める色や
引き違い窓、縦スベリ窓などの種類以外にも




型番b


・Low-Eガラスを使っているかどうか

・遮熱タイプか断熱タイプか

・アルゴンガスが入っているかどうか

・ペアガラスの窓の間隔(中間層)は何ミリか


などなど
同じ窓でも色々種類がありますが


こちらは全て
刻印を見れば分かるようになっています





・自分の窓をチェックしましょう



LIXIL製の窓でしたら

商品の右上に製造番号が入っている
シールが貼ってあります

型番c

こちらは商品名、色、大きさなどが
分かるのですが
余り重要ではありません


メーカーに問い合わせる場合には
右下の製造番号を言えば分かるので


重要じゃなくても
剥がさない方がいいですが


ちなみに私の会社の
廃棄物処分業では


このシールがあると
大変助かります(笑)


塩ビ樹脂とアルミで
処分料金が全然違いますので
(塩ビの方ががアルミより処分料金は10倍は高いです・・・)


樹脂かアルミかは
見れば分かりますが
スペーサーのみ樹脂とかはシールがないと
破砕しないと分かりにくいので


このシール右上のPVCが塩ビ
ALがアルミという意味になっています





・右下の刻印が重要です


そして窓の右下には
どのような窓か分かる刻印があります


型番d

反射して写真だと見にくいですが


写真だと分りにくいので
イラストにすると


まず我が家のリビングの窓

型番e



ここの窓の刻印は

型番f

このようになっています




見方としては
2016年以降の製品の場合は

型番g
型番h
型番i

このようになっていて
順に説明していきます





・刻印の説明です


良く分からない部分もあると思うので
説明していきますと


まずはLow-E表示
型番j

最近の窓はほとんどが
Low-E窓だとは思います



型番k


サーモスⅡ-Hの場合は
色がクリアとグリーンの2種類あります



Low-eがあると無いとは
かなり性能が違いますから


どんなにローコストな家でも
是非欲しいところです



後述する遮熱タイプ、断熱タイプも
Low-E窓にしかありません



その次がアルゴンガス入りかどうか

型番L

通常の空気層に比べて


使用すると熱貫流値がが0.2ほど
性能が上がりますので


予算に余裕があれば
欲しいところです


我が家のはアルゴンガス
使っていませんが・・・


いくら位金額が
上がるかも聞いていませんが


もし無料や安く替えれるなら
当然アルゴンガス入りの方がオススメです


サーモスⅡ-H
アルゴンガスか空気層の2種類ですが


サーモスXはさらに
クリプトンガスというのもあります





・最後の数字とアルファベットで全て分かります


Low-E表記と
アルガンガス表記は別途ありますが


遮熱タイプ、断熱タイプの違いや
中間層や窓の厚みは最後の表記で分かります

型番m


我が家のリビング窓の場合は


P(SBQ3+A16+3)EG

このようになっています




これは室外側から読むので
型番n

このようになり



①Low-Eグリーンの3ミリ窓を室外に使って

②中間層がAなので空気の16ミリ
 アルゴンガス入りならここはAGになります

③室内側はLow-Eでは無い3ミリの窓


という意味になります



簡単に言えば

・サーモスⅡ-HのLow-Eタイプ

・3ミリ厚の窓を2枚使って

・Low-Eの色はグリーンで

・中間層は空気の16ミリ

・室外側にLow-Eガラスを
 使っているので遮熱タイプ


という窓になります








・希望を言わないと勝手に窓が決まってしまいます


一部の高断熱、高気密が得意の
地元工務店でもなければ


こちらから何も言わないと


Low-E窓の色や
遮熱タイプか断熱タイプかなどは
勝手に決まってしまいます



我が家の場合も
「ここは引き違いで何cmの窓」という事と
サッシの色くらいしか話してないと思います



サーモスⅡ-Hの場合は

Low-Eでもグリーンかクリアがあって
我が家は全部グリーンですけど

実際住んでいても
色が付いているなんて全然思わず
クリアとそれほど違わないとは思いますが


一応色が付いているほうが


ちょっとだけですが
遮熱性能や紫外線カット率は上がります

型番o

まあ微々たる差ですけど・・・



サーモスⅡ-Hの場合
後述する遮熱型と断熱型は


クリア色の場合は断熱型しかなくて
グリーンだと遮熱型と断熱型が
選択出来ますから


遮熱型にしたければ
グリーン色を選ぶしかありません


微々たる差なので


値段が同じなら
気にした方がいいかもしれませんが



大量発注しない工務店さんなら
どちらを選んでも同じ値段の場合でも


1種類だけ大量に発注して
価格を安くしてるハウスメーカーでしたら


定価が同じでもオプション費用かかる
場合もありますので


コストと効果を考えて
変更した方がいいと思います





・遮熱型か断熱型か


我が家の窓みたいに
室外側にLow-Eガラスを
配置している窓は遮熱型


室内側にLow-Eガラスがあれば
断熱型になります



遮熱型でも断熱型でも


遮熱型だってちゃんと断熱しますし
断熱型だって遮熱もすると思いますし

型番

こちらはYKKのサイトですが
当然ですけど両方とも
「冷気や暖気を逃しにくい」って書いてあります



数値を見ても
微々たる差なので
どちらでもいいような気もしますが


型番p




LIXILの場合は
遮熱型は高遮熱仕様って
言うみたいですが



型番q



日射熱の取り込み量が違うので



一応気にしている方は

太陽の位置が低い

東側西側
夏が暑くなるので遮熱型


南側は庇(ひさし)でうまく
昼の日射を防げるなら断熱型
そうでなければ遮熱型


北側断熱型

などなどするらしいのですので


値段が変わらないなら
検討して見た方がいいかもしれません


型番r

我が家の北側窓ですが


型番s

普通に北側窓も
日射は入りますし


型番t

北側でも
時間によっては太陽光がきますから
(北というより北東なんですが)


暑い地域は遮熱型

寒い地域は断熱型位でも
いいような気もするんですが



今度一日の太陽の動きを観察して
実際にどの窓がいいのか調べてみます


・・・・
・・・
・・

まあ私が住んでいるのが


熊谷・多治見などと並んで
毎年暑さ日本一を争う甲府市ですから


型番u

昨年も40度超えました


こういった暑い地方なら
遮熱型選んでおけば間違いと思います


レオハウスの設計士さんが
考えぬいた末に全部遮熱型なのか


甲府だし何も考えず
全部遮熱型なのかは分かりませんが

(おそらく後者


どちらを選んでも
数値上そこまでの差はないですし



もし遮熱にこだわるなら


ガルバリウム屋根や
スレート屋根を使わないで


瓦屋根にした方が
家の温度は下がりますし


サイディングやサッシを
白くしたりと他にも色々あります




なにしろ東京のニュースで
「今日は35度もあってもの凄く暑い」なんてニュース見ると


「35度なら過ごしやすいじゃん」って思う地域なので


余り他の方の参考には
ならないかも知れませんが


我が家は全部遮熱型ですが
冬でも充分暖かいですけど


それでも差額とか一切無くて
選べるなら


普通の気温の地域なら
色々考えた方がいいかもしれません



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング