性能

2021年04月28日






SNS界隈で
大手メーカー VS 高性能工務店の話で
揉めており



まあ、誰しも
「暑い寒い」は好きじゃないと思いますが



例えば我が家でも
4月下旬になると
温かくなるので
もう暖房は使いませんが



こちらは4月22日のデータ


ハウスメーカーa


暖房無しで最高24.3℃
最低21.7℃



一日の気温差が2.6℃しかないので
快適に過ごしています



この日の気温は


ハウスメーカーb


甲府市ってのは
盆地なので昼は暑いけど
朝は寒いという地域なので


この日も温度差が
最高と最低で19℃もありますが



室内の温度差は
2.6℃なので快適ですね



前のアパートは
まだこの時期だと朝は寒かったですが



これがZEH程度
Ua値0.6の性能と覚えて頂いて





じゃあ高性能住宅の
HEAT20 G3住宅はどうなのかと言うと


ハウスメーカーc



なんと温度差0.9℃



それ以外にも



例えば
我が家が11月~3月の5ヶ月間
暖房をつけるとしたら


G3高性能住宅は12月~2月までの3か月間だけで
同じ温度になるので


春とか秋の暖房も冷房も使わない時って
「凄い快適だなぁ」と思いますけど



その期間が長いわけですね




もちろん冬の暖房費も
高性能住宅の方が安いですが




ローコストメーカーで建てると
お金って面だけでは
絶対に元は取れません








過去記事にも書きましたが
ローコストメーカーの我が家と
高性能住宅の金額差ですね




我が家が


ハウスメーカーd


・本体工事費1,534万円

・付帯工事費込みで1,738万円




G2、G3住宅だと
ここから500万円程度上乗せですが



・500万円の上乗せでも
 35年で割っても
 年間で14万円



我が家の一年間の冷暖房費が
せいぜい7万円位ですから
どうやっても元は取れません



ハウスメーカーe


シュミレーション数値で計算すると
500万円の差を
光熱費で元を取るには94年掛かります




我が家程度の性能でも





冬も快適ですので




光熱費で元は取れないんだから
もっと高性能住宅は
快適性をアピールした方がいいと
思っていますし



我が家は実際、今も
それほど余裕のある生活が出来るほど
給料を貰っていませんので



この家で良かったと
満足しております



というか
今だと1,500万円台で
建てるのは不可能かなぁって位に
色々と値上がりしてますが



そうは言っても



Ua値0.3の家に住むと
0.4すら不快に感じるそうなので



まあ性能を上げるデメリットなんて
予算が増えるしかありませんから(笑)





予算の無い人でも
最低限ZEH程度は
ローコストメーカーで充分建てれますし



https://reogress.net/archives/25252080.html



私の考えとしては


・お金無くて
 ローコストでも
 最低限ZEH程度の性能は確保して


・予算が取れる人は
 どんどん高性能にしていけばいいじゃんと思ってるのですが



これって
ローコストメーカーと
高性能住宅を比べるからこうなるわけで



積水ハウスなどの大手メーカーだと



高性能工務店と
家の価格は
ほぼ同じか大手のが高いですが


でも性能は差があるので
揉めに揉めるわけですね



じゃあ大手メーカーは
ボッタクリなのかと言うと
そういうわけでも無くて



過去に大手メーカー施主さんと
対談もしましたが


単純にお金を掛けるところが違うんですね



・それは意匠デザインや

・高級な無垢材や

・耐震、耐久性を考えて鉄骨など



大手メーカーは
性能以外に予算を掛けるところも多いです





私は大手メーカーだと


ハウスメーカーe2


三井ホームが一番好きなんですが



まあ三井ホームは
ツーバイなので性能値も
大手メーカーではかなりいい方ですが



どうやっても
性能値と予算が比例しないので



大手メーカーと高性能工務店施主さんでは
揉めるわけです(笑)






・性能は数値なので比較が簡単なのに・・・





ちょっと例えを出しますが
私、この靴が欲しいんですね


ハウスメーカーf


家より服のが好きですから(笑)


こちらはニューバランスと
コムデギャルソンのコラボで
定価28,000円です


プレミア価格で
40,000円程になってますが



これってコムデギャルソンに
興味が無い人には割高です




ただ、ブランドに興味がない人って
「ブランド料だけで高いんでしょ?」
って言いますけど
決してそれだけじゃないんですよ・・・・




一方過去記事に書いた





初心者用ですが
マラソンシューズ
GT2000買いましたが
こちらは10,000円程度で買えます


運動靴=早く走るという事を考えたら
絶対にこちらの方がコスパは高いです




そしてプロでも使う
ナイキの高反発シューズ


ハウスメーカーg


26,950円ですね



タイムを競う競技用シューズは
値段と比例しますが



オシャレ度やブランドで差がある
普段着用シューズは



興味がある、ない
好きなデザインかどうかなどで
値段と価値観が変わります



つまり家を建てると言っても
方向性が全然違うわけですね




今の状態は
靴を買うって話の時に

ハウスメーカーh
(コムデギャルソン青山店)

ここで買いたい人と





ハウスメーカーi
(ナイキ原宿店)


ここで買いたい人で


「なんの靴がいい?」って
話をしてるから揉めるんですね


ツイッターとか見ると
かなりやりあってますので
余り見ない方がいいですよ(笑)





ちなみに
ローコストメーカー施主の立ち位置は

ハウスメーカーj


靴流通センターとかなので


「あー、お金無いんじゃ
仕方ないよね・・・」という風に見られますから


余り揉める事はありません(笑)






・鉄骨ハウスメーカーはそこまで寒いのか・・・



こちらの
ヘーベルハウス施主さんの
お悩みツイート






こちらの施主さんは
建築学科を出ていますので



住宅に関しては
私なんかより
ずっと詳しい方なのですが
現在は違う業種で働いていますので



特定商品とか特定の工法を勧めるとか
そういったのはありません




建築を学んできた方が出した結論として


・建てる場所が地域的に水害、地震の被害が想定されるので
 重量鉄骨


・気候的にZEH程度あれば充分と判断


・趣味がバイクなのでガレージを作りたい



この条件だと
大手メーカーだとヘーベルハウスしか残りません



後は鉄筋コンクリート造な
工務店とかですかね



どちらにしても
木造住宅って選択肢は無さそうですね





そんでまあ
色々と誹謗なツイートが来ると
なげいております

ハウスメーカーk


「豚小屋」とか
「ダンボールハウス」とか・・・


ヘーベルハウスなので
Ua値は断熱等級4の0.87から
ZEHあたりの0.6ですね



これって不思議な事に
建設関係で生活している人をプロと言うなら



プロの人は否定をせず
そうじゃない素人と
言われる人だけが否定してるんですね




実務者さんは
暑い寒いを決めるのは
Ua値だけじゃないって事は知っていますし





https://reogress.net/archives/26683929.html



Ua値だけで見れば
6地域でZEH程度あれば
普通に問題ない事は知ってますから



我が家だって
エアコン1台だけで
家全部を暖めていますしね



ただ、もっと上の性能で暮らしたら
絶対に不快と思うのは間違いないんですよね・・・


その点が
揉める一番の要因なのですが


G3住宅ってのは
その先の次元ですから


真冬でも晴れていれば
エアコン無しでも大丈夫という
性能ですから


・そこまで性能を求めるのもよし

・エアコンに頼れば充分快適な生活もよし


これは人それぞれ考え方の違いですね





前に冬の無暖房チャレンジをした際に








貴重な40年前の住宅温度を
計測してくれた方がいましたが


ハウスメーカーL



こうなると
何やっても快適は無理なんですが



C値2.0以下でUa値0.6あって
間仕切りが無ければ
絶対にエアコン1台で充分なのは



10年前の高性能住宅を見れば分かりますし
今の実務者さんも知っていますからね



今は樹脂トリプルのみって工務店だって
一昔前はYKKの
エピソードとか使ってるわけですから







・そもそもの揉める原因



・家を建てようと思って
 色々と調べる


・高断熱とか高気密とか知る


・断熱や窓が大事なのを理解する



ここまでは素晴らしいと思います




私も豪華なデザインよりは
性能にお金を使いたい派なので



仮に予算が3,000万円あったら
ハウスメーカーじゃなくて
高性能工務店にしたと思います



まあ、3,000万円も予算があったら
絶対に妻は住友林業って言いますから
どうなるか分かりませんが(笑)




そして今は
工務店さんがYouTubeをしてる動画が多くて
そちらを見て学んだという人が凄い多いんですね






ちょっと興味の無い人も多いと思いますが
例え話として

ハウスメーカーm


パチンコとか競馬とか
ギャンブルに勝てる動画ですね


・目押しが出来れば勝てるとか

・釘が見れれば勝てるとか

・データを見れば勝てるとか


なんていうか
知識の無い人に対して


ちょっと勉強した気になる位の努力をすれば
勝てるみたいな煽りをするんですね



私も若い頃は嫌ってほど経験していて(笑)


かなりの借金を作るほど
パチンコにハマった事があります・・・



前日の夜からパチンコ店に行って
データを取って
一生懸命台を選んで


「結局負けるみたいな(笑)」




プロというかその道で生活してる人は
絶対にそんな簡単とは言いませんが


この動画達の目的は


・動画の再生回数が増えて広告収入を得る

・販売しているツールなどの販促目的


などなどですが




工務店の動画も

・ちょっと数値を覚えたり

・建材の種類を覚えたり


これで全て分かった気にさせる動画が
あるんですよ・・・





ちょっと色々と見ましたが



当然ですが
自分の得意範囲
作れる範囲の家を勧めるわけです



だって工務店の動画が
「あれは素晴らしいけど
我が社では作れませーん」
とか言わないですから



別に動画なんて自由なので
何作っても文句も言いませんけど



ここで問題なのは


・こういった動画などをきっかけに
 まさに実務者レベルまで
 色々と学べる人もいれば


・ほんのちょっと
 上っ面だけを知っただけで
 全部分かった気になる人もいるわけです





ハウスメーカーn


この方
YouTubeで動画作ってるプロの人ですけど


最近はプロより詳しんだって思い込む
素人施主が多いみたいで嘆いていますが


ちょっと厳しく言えば



「いやいや、薄っぺらいとか
豚小屋とかダンボールハウスとか
言う人を作ってる原因を作ってる側じゃん」と思うわけです



もちろん、それ以上の
功績はあるんですけどね


何も知らない人が
断熱だの気密だの覚えて
快適な家に住めるんですから



・・・・・
・・・・
・・・
・・



私も過去にニコニコ動画で
そこそこな再生数の動画を作ってまして


「まさか、そんな意図無い」とか

「そんな風に受け止めるとか思わなかった」


そういう事もありましたけど


パブリックに公開するってのは
そういう事ですからね




もちろん、そういう意図で
動画を作ってない工務店がほとんでしょうけど



・残念ながら
 彼らは家を作るのはプロだとしても


・動画を作るのはプロじゃないから
 勘違いされるかもしれませんが



特に最近は
似たような動画も増えて
過激な意見というか
扇動しやすい動画も多いですね



もちろん視聴してる側も
本気にそう思ってるのか
冗談で言ってるのか分かりませんけど




例えば私は最近

ハウスメーカーo


BAR動画にハマっておりまして





こういうのをたくさん見てたら

ハウスメーカーp


シェイカーとか買っちゃいまして(笑)


「これはプロの味だ」とか言っても


本心では
絶対に違う事は分かってたりしますから



それに一昔前は
大手メーカーで建てた施主さんが



工務店で建てた人に対して
「ハウスメーカーで建てれなかったんだ・・・」
言っていた時代もありましたし



・・・・・
・・・・
・・・
・・


私の考える欲しい家ってのは
基本的に変わっていません


過去記事でも色々と書いてますが


・断熱でも間取りでも
 基本任せられるプロに任せた方がいい

・プロは圧倒的に場数が違う


この辺は言ってますが


ローコストだと
任せられるプロが少ない場合もありますし
(高くてもそういう所ありますが・・・)


実際の施工は高い、安いに関わらず
ミスがあったら意味ないですし


仕事上作る側より
古い家には詳しいですから
そのあたりを記事に書いてますが



例えば
高性能住宅に住んでる方でも
仲良くしてる人もいれば



「そんな低性能な家建てて無駄ですね」とか




プロの方からも
「そういうローコストな家建てるから
日本の住宅は良くならないんだ」
言われた事もありますが



まあ言うのも自由ですからね


そういう方は
「ブロックさよなら~」
なので問題ないですが



とりあえずのオススメな行動としては
揉めるのが嫌なら
SNSは余り見ない方がいいですね(笑)



特に住宅ってのは
安い買い物じゃないので


誰でも自分の家が一番
自分の考えで間違ってないと
思いたいって気持ちも分かりますが



色々な方向性の違いがあるってのは
理解した方がいいですね




そうは言っても
有益な情報もあるので
なかなかSNSを辞めれませんが・・・



ただ、ひとつ言えるのは
営業さんや工務店さんが
全員本当にプロかって言うと
そうじゃないですから




高性能住宅を
「そんなのオーバースペックですよ」と否定したり



G1住宅位の性能を
「そんな家寒くて住めませんよ」と否定する
プロの方もいっぱいいますが



ハウスメーカーq


自分の作る物に有利に話を進める
営業さんも非常に多いですからね




実際に私のブログでも
温度とか全て記事にしていますし



高性能住宅なら

https://dodomakase.com/cold-wave/2021/01/10/



よく紹介するペンギン邸のブログとかも
温度とか公開してますから



主観の話に惑わされないようには
した方がいいですね





多分パチスロしてなければ
私もG3住宅とか住んでたと思いますよ(笑)





今は辞めてますが30歳の時点で
貯金なんて0円でしたから



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村














2021年04月05日






冬になると
色々なブログで
温度を測定したりする記事があって



私も色々と実験しましたが







同じ20℃でも
快適と思う人もいれば
寒いと思う人もいます




実際に我が家も
ずっと暖かい家に慣れてしまったので



20℃以下だと
ちょっと無理って位に贅沢にはなりましたが



「まあ普通は22℃位あれば
快適かなぁ」とは思います



もちろん個人差もありますし



余りに低性能な家だと
温度計がある場所は22℃だけど
ちょっと離れたら18℃とかになって



そういう場合は
全然快適ではありませんが




それ以外にも大きな要因があって





例えばこの環境


体感温度a


こんな状態だと16℃だと
寒いと感じたり


22℃もあれば
暑いと感じたりしますけど





一方こちらは


体感温度b


この環境だったら
16℃でも22℃でも
快適って思います



さすがに10℃以下とか
28℃以上なら
難しいですが・・・



「そりゃ人混みだからでしょ」って
思う人もいますけど



ディズニーランドとか
同じ混雑でもそこまで不快に感じません






寝室が10℃だったら
寒すぎて不快でしかありませんが


体感温度c


テントだったら
平気だったりします



つまり
元々の個人差はありますし


温度計の温度は
住宅の性能や
エアコンの性能に左右されますが



快適って感じる温度は
周りや家の環境も大きいと思います



人間が快適かどうかを思うのは
見た目や周りの環境は非常に大事で




例えば

体感温度d


我が家のお風呂と





体感温度e


こちらのお風呂



仮に大きさは同じだとしても
全然満足度は違いますね



「温泉だからだろ」
って
言われそうですが



これは前に泊まった箱根の旅館ですが
客室の露天風呂は温泉じゃなくて
普通のお湯でしたが



それでも環境によって
満足度は全然違います



・・・・・
・・・・
・・・
・・



わが家は
ウッドデッキとかありませんけど




要らない派の意見で
「ウッドデッキなんて
全然使わなくなるから勿体ない」

言う人がいますけど


体感温度f



たしかに使わなくても
リビングからウッドデッキが見える風景って
かなり良いですから



あれは使用が3割
美観が7割だと思ってます(笑)







・高性能住宅の「快適」に騙されてはいけない




私は基本的には
「性能は大事だよ」って思っていますけど



高性能を売りにした
ブログやツイッターなどですね


窓、断熱、気密の話が多いです



たしかに高性能住宅=快適ってのは
間違ってはいませんが




どうも、高性能住宅のブログって
性能だけを書いている方が多いんですが



だいたい
「我が家は高性能住宅にして快適です」ってのは


・そもそも幸せな家庭があって

・満足出来る間取りがあって

・収入もある程度あってお金の問題も無くて



それで快適なんです



本当にガチで
家中同じ気温で
さらに省エネを目指すなら


6畳一間の
ワンルームが最適解ですけど


そうじゃないのは


家というのは


温度だけではなくて
家族が快適に生活する場所だからですね





日本人の余り良くない部分として
謙遜するってのがありますが


「大事な奥様と可愛い子供がいるから
この家建てて幸せですよー」なんて余り言いません




私も「妻が全然掃除しない」と文句ばかり
ツイッターでいいますが(笑)



気が利くし、可愛いですし
まあ一緒にいれれば幸せだったりします


・・・・・
・・・・
・・・
・・



私のブログで
高性能住宅の例でよく出る



HEAT20 G3住宅という
超高性能住宅にお住まいの
ペンギンさんですけど





性能とか全く関係ない部分も
いい感じに作ってあって



体感温度h



あんだけ高性能で
庭もここまで作って


「どんだけ金持ってるんだ」と思いますが(笑)



温度、湿度だけじゃない
家の環境も大事なんですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・



だいたい24℃という
温度だけなら超快適な家で

1人でペヤングソース焼きそば食べるのと



18℃という
ちょっと肌寒い温度で

みんなで鍋を食べるのと


どっちがいいかって話です


ずっと子育てしてると
「一人でペヤングのが幸せじゃん」って
思う時もありますけど(笑)



体感温度g


あったかハイムだって
断熱、気密の性能だけなら
そこまで高くないというか


ローコスト住宅並かもしれませんが


これが暖かそうに見えるのは
幸せそうな家族のイメージが出るからですね


しかも
「鉄骨だから地震でも安心」って
満足出来るなら


それだけで快適って部分が上がります


なので
何でも予算があるなら別ですけど


幸せな環境を作るためにも
住宅の性能だけじゃなくて


・家族の意見を聞いた間取りと設備

・問題なく生活出来る予算


この辺も重視して欲しいですね



例えば天井高なんかも
性能の為には低い方が有利ですし
省エネですけど




「高い天井を見上げてゆっくり過ごすのが夢」
なんて人は


体感温度i


天井も高くして
柱も嫌ってなら鉄骨にしたって




それが住む人にとって快適と思うなら
アリだと思いますし



ぶっちゃけUa値の0.1の違いなんて
エアコンで簡単にカバー出来ますし


体感でそうそう分かるものじゃありません


かといって
Ua値1.0 C値3.0とかだと


さすがに幸せな家庭だけでは
カバーするのが大変ですが・・・



今時そんな家作るのは
「だんねつのけいさん??」って言う
昔ながらの工務店くらいだと思いますけど








世の中には
新築離婚という
ワードが存在するくらいです



特にローコスト住宅ですね・・・


だいたい我が家も含めて
割と厳しい予算での戦いになります(笑)



今はローコストでもお金さえあれば
簡単に性能は上げれますが


・家族の欲しい家

・住みやすい家も考えて


バランスのいい家を作って欲しいですね


地域にもよりますが


・凄い寒いのは2ヶ月

・凄い暑いのも2ヶ月



残りの
そこまで暑くも寒くもない
8ヶ月の方が長いですから











・かといって「寒さを楽しむ」にも騙されてはいけない



このように、見た目とか生活などで
体感気温って変わりますけど



最後に騙されてはいけないのは


「四季を楽しむ」とかですね

「ちょっと寒い位の方がいい」とか
言ってる人


この辺の人も
家の性能調べたら


Ua値0.6程度とある程度の気密性は
みなさんありますからね(笑)



こちらは過去に
対談記事をしたUniさん




彼の家は
アウトドア好きなら
絶対に憧れる家なんですけど









「そこまで高性能な家いる?」って記事なんですけど

彼の家も
アクアフォームにサーモスL


Ua値的に
0.6程度はありそうな家です



我が家と変わらない程度の性能で
一昔前なら超高性能な数値ですから
当然ですけど快適なんです




しかも温暖な地域ですし
充分快適な性能があると思います



これに関しては
ここ数年で本当に住宅性能が上がったので



ハウスメーカーなら
余程低予算じゃなければ
まず大丈夫な数値ですし



超ローコストな
768万円の家とか


時代に取り残された
断熱性能の計算すら出来ないような
工務店でない限りはクリア出来ると思います




どうも
高性能重視派は

「性能が大事」と言って




重視しない派は

「そこまで要らない」


お互いが言い合ってるのですが


実際に何十年も生活する訳ですからね



色々とトータルバランスを
考えて



家族全員が
「家建てて良かった」と思える
家作りをして欲しいですね



・G3住宅しか知らない人は
 G1住宅なんて寒いと思いますし



・その逆なら
 G3なんて要らないと思うから



言い争いになるんですけど・・・



実体験として
G1性能あれば
充分暖かく快適ですよ




だいたいですね
G1かG3かの比較で


・暖かいとか
・寒いとか
・結露とか



そんなもんで
争う差では無いですし




そもそもG3住宅レベルは
別次元なので


冬でも無暖房とか
そういうレベルですし




ZEH程度の性能だって
普通に気密を確保してれば
充分快適なわけですからね



その辺は過去記事で
温度とか色々なシーズン測定してるので
分かって頂けると思いますから


Ua値なんかで
争わないで欲しいですねぇ・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・



しかし、新築離婚って
財産分与揉めそうですね



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング













PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年12月30日






今年も終わりなので


最後の記事は



家作りにおいて
最近思っている事を書いていきます





・・・・・
・・・・
・・・
・・




注文住宅に関しては
今年も相変わらず
性能は上昇して



その分、値段も比例して
若干上がっている感じですね



住宅a


相変わらず
レオハウスは
公式サイトに情報がないので・・・



こちらはタマホームですけど
「標準が樹脂トリプル」
宣伝してます




そうは言っても


家が完成して
住み始めると



ついつい当初の目的


「なんで家が欲しかったのか」
忘れてしまいがちで




また建築中や打ち合わせ中でも



色々と夢のような
オプション設備とか見ると




ついつい当初の目的を
忘れてしまいます






先日も





可愛そうな火災の事故を見て



「そういえば子供が小さいから
安全の為に絶対にオール電化と言ってたなぁ」
思い出しましたが




当たり前に生活してますと
ついつい忘れてしまって






ガスコンロ欲しかったなぁとか
記事を書いちゃったりしちゃいます





住宅a-2

(1口をガスコンロと言って2口以上をガステーブルと言うみたいです)




火事の原因で一番多いのは
圧倒的にガスコンロですからね




特に子供が小さいので
「オール電化にしよう」と思って作りました




それのが光熱費も安いですし(笑)







・最初の目的を忘れなければ大丈夫



だいたい
家事動線とか住宅性能なんて



ほとんどの場合は
「家を建てよう」って思ってから









「じゃあ、どういう家にしよう」


打ち合わせなどをして
初めて浮かぶ事で





それより前ですね
「何故、家を建てようと思ったか」の状態を
忘れない事です





私の場合は


住宅b



・子供が生まれて、住んでいるアパートが狭くなった

・将来何かあっても子供に資産を残したい



主に、この2つですね



夫婦とも41歳で初めて
子供が生まれたので


とにかく子供の為が一番の理由です



・今のアパートでは手狭だし

・庭も無いので遊べないし




そして、私は


一切働かない父の元で生まれて
生活保護世帯という
超貧乏な家庭で育ったので




将来何があっても
子供に資産を残せるように
家を建てました




「戸建ては負債」とか言いますけど



それは築30年~40年経過した話で



それまで生きていれば
子供は成人しますので


家は負債でも何でも
土地があるだけで充分です



なんでしたら
私の会社で解体しますし(笑)




仮に子供が小さい時に
私が亡くなった場合ですね



団信に入っていれば
築20年以内の家なら
間違いなく資産として残せますし



妻が再婚するかは分かりませんが
家と土地があれば
妻の収入だけで充分やっていけますし





・予算は絶対に超えない



予算に関しても
最初に決めた事は守りました



当時の家賃が
59,500円なので、それ以下



とんでも無い貧乏な家で生まれたので
お金の大事さは良く分かっていますし




もう10年以上前ですが


パニック障害やら鬱病になって
働けなくなった時期があるので



・最悪コンビニやマックのバイト

・いざとなったら妻の給料だけでも
 払える金額




そう考えると
ローンは毎月6万円以内は
絶対に守ると決めていました




魅力的はオプションや
高性能な建材もありますが


「予算の中では
最善を尽くしましたが」



世間がHEAT20 G2や樹脂トリプルとか
言ってる事を考えれば


我が家の家は
そこまで高性能じゃないですね・・・





それでも



冬暖かくて夏涼しい家で



当時の予算内で
未だにこれ以上の性能と間取りは
作れないはずと満足しています



canvas5


こちらは12月の1週間の
我が家の気温データですね



我が家は仕切りもなく
吹き抜けなので
家全部を1台のエアコンで暖めて




家の中全部この温度になりますが



canvas30



これだけ外は寒くても
18℃以下にはなりませんので
快適だとは思います




我が家は
24時間暖房とか
妻が「もったいない」と言ってしていませんので


・エアコンは早朝オンで
 出勤時にオフ


・また家に帰ったらオン
 寝る時にオフって感じですが




凄い寒い日でも
これだけの温度なので




実際に住んでいて
この程度の性能あれば
快適だとは思います





ただ、ガチな高性能住宅は
夜中にエアコン入れなくても
18℃キープする家もありますから



予算の許す限りは
高性能住宅にした方がいいなとは
思います





とにかく予算に関しては



我が家の育ちの問題と
過去に働けなくなった事から
絶対に守りました



最初の目的が
子供と妻の幸せの
ための家ですから



これだけ快適な温度なら
充分だと思ってます




私がよくブログに書く


「家はツール」



これですね
家を建てることが目標じゃなくて


家は生活する為のツールですから


家の為に生活が苦しくなったり
娯楽費が減ったりなんて
何のための家か分かりません・・・




もちろんどんなに高性能な家や
大きな家でも
「建ててもまだまだ余裕」って人もいます



生活に余裕があるか無いかは
各家庭の収入で違いますので
とにかく比べない事ですね






・家づくりに関して人と比べない事



ぶっちゃけ予算の問題



ネットで相談するよりも
職場の同僚に聞いた方がずっといいです




既に家を持ってて
給料も同じくらいの同僚なら
割と参考になるかもしれません



それでもやはり
家庭によって全部違いますね




例えば



我が家が
いざとなったら実家で100万円とか
融通してくれるような余裕のある家なら
もうちょっと無理したかもしれませんし




「何があっても
人間働けるでしょ」なんて性格や


もっと大きくて安定した職場だったら
予算を増やしたかもしれませんね




公務員や大企業なら
自分の10年、20年後の
職場でのビジョンが想像出来るかもしれませんが


私なんか全く想像出来ません



先日も同僚が
腰を悪くして長期休養してますが


体も心配ですし
全員が昇進するような職場でも無いですし



まあ、余りにも貧乏な育ちだったので


そもそも普通に結婚して
子供が出来て、家がある事だけで
充分幸せですから



他人とお金で比べるってのが
小さい頃から無かったですが



ネットとかSNS見て
ついつい比べちゃう人は注意が必要ですね






・間取りや性能なんて、その後から決める事



さて、上記の家を建てる理由と
予算が決まったら


次は間取りや性能ですね




私の場合は
当然、子供の為に建てるので
子供が優先です




当然、子供部屋はありますし




住宅c


設備や間取りも


子供が生まれたから家を
買うんですから


子供を優先する間取りは当たり前です




これだって


・建てる目的や

・本人や子供の年齢

・持っている趣味で

変わりますので

余り人と比べる事じゃないですね








こちらの記事は
ヘーベルハウスの施主さんの記事ですが



詳細は記事を見て
頂ければと思うのですが



簡単に言うと



「豊かな暮らしの間取りは
人それぞれ違うという記事です」




なので売る方の
一方的な「豊かな暮らしの提案」



施主に取っては
何の豊かさも無い場合があるという



納得の話なのですが・・・



言いたい事も分かるし
間違ってないし


私も同じ意見なんですが
なぜか共感出来なかったんですよねー



なのでツイッターでは



こんな返信になりましたが(笑)



「家の考え方に関しては
全く同じなのに何故だろう」

色々考えたんですが



私の想像する豊かな暮らしに
「家」ってのが余り浮かばないんですね





「豊かな暮らし」で画像検索すると

住宅e


家の写真ばかりですが






この中で「これはいいな」と共感出来るのは


住宅f


この2つかなぁと思いますけど



これを見て
「引き違いの大きい窓なんて性能が落ちる」


とか


「天窓なんて気密が落ちる」


と思う人もいますし




「自分好みの
インテリアに囲まれるのが
幸せって」
人もいます




私の場合は


子供がいて、妻がいて
それで楽しければ幸せで豊かですから



・子供の為に家がある
 
・何かあったら団信で住むところは残せる



なので家は欲しかったですけど






それでも「家=豊かな暮らし」って
イメージは余りないです




何度も言いますが



私は「家=ツール」と思ってますから




そこまで生活に関しては
家に比重を置いてないのかもしれませんね




とはいえ、同じような記事







こちらの返信には








こんな風に
「エアコン1台で
家中が暖かいのは豊かだ」とも思いますから



どうせ建てるなら
間取りも性能も



予算の許す限りは
満足した家にしたいですよね






・ローコストでも幸せになって欲しいですねー



個人的にハウスメーカー選びが
一番難しいゾーンって
建物本体の予算が
2,500万円位かなぁと思います




性能重視なら

・高性能工務店や一条工務店



見た目重視なら

・住友林業や積水ハウス



この辺がどれでも選べるわけですから
大変ですね



まあ、ローコストでも
色々と大変ですけど



まあ、私なら
見た目にはこだわらないので
この中なら高性能工務店を
選んじゃうとおもいますが





そうは言っても
様々な事情や、家庭の収入などもあって


我が家みたいに


予算1,500万円ほどで
建てなくてはならない人も
いると思います



世間的には
見栄もあるのか



私みたいな


「こんだけローコストですよ
どーですか!」


みたいなブログは少ないんですけど(笑)




それでもせっかく
解体とはいえ家に関する仕事してますから



限られた予算内で
少しでも快適な生活になるように


ちょっとでも役に立つ
記事を書いていこうと思いますが



とりあえず
普通に夏涼しくて冬暖かいを
実現するにはZEH程度の性能あれば
充分ですから



予算が無い人まで
ネットや動画の影響で
無理をしないで欲しいですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・


なので


・収入や、家を建てる目的

・さらには性格によっても



作り方や予算は違いますから
やはり人と比べる物ではありませんね











・性能を軽視してもいけないんですが・・・



私は「高性能は要らない」って
言ってるように
思われるんですが


これも違うというか



これも人それぞれなんですよね



例えば、高性能重視で建てた人に取っては


「我が家が暖房を使う時期でも
まだ暖房が要らないで暖かい」



これで満足してくつろげるなら
豊かな家だし正解ですし



実際、家の中全てが
同じ温度ってのは
予想以上に快適ですし




私が好きなメーカー
BESSの家

住宅g


ここだと高気密とか
ZEH仕様の断熱性能すら
ちょっと難しいんですが



ここで暖炉の前で
くつろげて満足出来るなら
これも正解です




本当に豊かな家ってのは
抽象的だし答えが難しいのですが



「自分が何故家を建てたいか」

「本当に欲しい家は何か」


これを知る事ですよね





実際にUa値が
0.4  0.5  0.6  0.7 で
どれくらい住みやすさが変わるか



同じ数値だって
間取りによっても違いますし


個人個人で体感も変わります


実際に我が家は
快適だと思いますが



結局、実際に住む人が
満足してればそれが正解です




後、普通なら
家族も一緒にいますから


旦那さん、奥様、子供
全員が満足するのが正解ですね




自分でブログ書いといて何ですが


人の意見なんて
参考程度に留めて




まずは家族で
色々決めるのが一番です







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年10月07日







ツイッターで
このような質問をされる方がいて






その時は「そこまで需要がないのかな」なんて
思っていたのですが






他にも「もっと大手も高性能にしてほしい」とか
言う人もいますけど






解体とかリフォームとか
古い家ばかり見る私の正直な感想は




「今はどこも高性能だよ」って感じですが




実際、断熱性能に関しては
今は大手でも中堅でも
普通に快適に生活出来る
程度には高いですし





気密に関しては



どうしても気密が取りにくい
鉄骨メーカーはともかく




他の会社は
どこも性能は高いです





それでも
超高気密高断熱かと
言われると違うので




「なぜ大手の方が高いのに・・・」
って疑問も分からないではないのですが





そもそも求める物が違うというか
顧客層が違うというか




大手ハウスメーカーa


積水ハウスのwebサイトには最初に
圧倒的開放感という売りが書いてあり




「性能も大事だと思いますけど
家ってそれだけじゃないよなぁ・・・」




などなど最近思うのは


大手ハウスメーカーb


「今建てるならBESSもいいなぁ」
言っているのも影響があるのですが(笑)



・元々インドア派だったのに
 ↓
・子供が出来たので庭遊び
 ↓
・テント張ったり公園行ったり
 ↓
・やべえアウトドア楽しい




という経緯があるので
今の家を建てる際は
考慮もしなかったのですが




BESSも積水ハウスも
「コスパ」とは無縁ですよね






・コスパの反対語のメーカーだって必要だった



私がこのブログを作って
家の記事を書いている際に


多分50回以上は
「コスパ」って書きました








こちらの過去記事



詳細は読んで頂けるとありがたいですが



妻の友人(金持ち)が
住友林業で建てまして


単純なC値、Ua値などの性能値は
我が家と余り変わらないので




「じゃあ我が家の方がコスパいいし
お得じゃん」と思ったのですが




妻は「モデルハウスみたいでオシャレだった」
羨ましそうに言うんですね




決して「コスパが悪い」なんて事はなく
住んで感動する家って感じでしょうか




それで「コスパの対義語ってなんだろう」
調べてみたら




うまい事言ってるブログがあって






コスパの反対語は「プライスレス」と・・・




これで全て納得しましたね




だってデビ夫人みたいな金持ちが
一条工務店の家とかに住んだら



「あなた、この家窓が小さいわねぇ・・・」って
言うと思うんです(笑)






・元々の顧客層が違うから家が違う論



今の超低金利なおかげで
我が家みたいな
平均年収程度の一般市民でも





「頑張って積水ハウスいっちゃう?」
なんて事が可能ですけど


大手ハウスメーカーc



バブル時代の金利8%は異常としても


金利5%って時代は普通にあって


むしろ今の低金利が異常ですが・・・






4,000万円を借りたとして
仮に当時の金利5%で計算すると


大手ハウスメーカーd



毎月201,875円


4,000万円借りると
毎月の支払いが20万円超えますから




平均年収程度では
厳しいですが





今の金利1%で計算すると


大手ハウスメーカーe



同じ4,000万円の借り入れでも
毎月11万円ちょっとなので
これなら可能な人も多いんじゃないでしょうか






当時の金利5%で
同じ支払い額の11万円にするには


大手ハウスメーカーf


2,200万円しか借りれません




しかも積水ハウスクラスなら
実際は5,000万円以上かかる場合も多いです・・・




なので




・今までは庶民が踏み入れる事のない
 お金持ちの領域に


・低金利で
 どうにか踏み込めたおかげで





「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」とか



色々言う人が出てくるのですが


大手ハウスメーカーg

これも積水ハウス





大手ハウスメーカーh


こっちはヘーベルハウス




元々お金持ち対象のメーカーですから



コスパじゃなくて



プライスレスの感動を作るので
そういう次元で争ってないんですね



庶民がたまに
ホテルに行って広い窓の開放感で感動する
プライスレスな体験を
金持ちは自宅で出来るわけです


・・・・・
・・・・
・・・
・・





私は
コムデギャルソンというブランドが大好きで



大手ハウスメーカーi


Yシャツで5~6万円
ニットだと10万円位するので



結構高いですから



どんなにいい生地でも
いいデザインでも


コスパは悪いんですけど



特に冬服なんて


ユニクロの方が
10分の1の値段で
もっと暖かいと思うんですが


ここの服を着るのは
プライスレスなんですね










・コスパ客を相手にしない戦略



家は建てたら終わりじゃありません




何十年と使う物で
色々とメンテナンス費用
リフォーム費用がかかります


大手ハウスメーカーj


無料点検なんて言えば
聞こえがいいですが


要は顧客の囲い込みなんですけど



ぶっちゃけ
私もそうですけど


コスパを気にする人は
金払いが悪いんですね(笑)




なので私みたいな
コスパを考える層を
相手にすると
会社的に儲かりません・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・




たしかに高性能は家は



凄い暑い日、寒い日も
数値上はたしかに


大手の値段の高いメーカーより
気温は快適かもしれません


でもそういう日って
地域にもよりますが
夏、冬とも1ヶ月ちょっとで


残りの季節の方が長いわけですし



関東地方なら
エアコンが動いてない日の方が
多い訳です




大手ハウスメーカーk


この写真を


「星空が見えて楽しそう」と思うか

「寒そう」と思うかは


人それぞれですけど




プライスレスの感動は大事ですし


どの業界だってそうですが



庶民ブランドと
高級ブランドは両方必要で
戦略も違ってきます





まあどこで建てたって
安くたって
満足出来ればいいんですけどね




私は満足してるから
ここまで好意的に
ブログを書いていますし





ツイッターなんかでも
ヘーベルの施主さんとか見ると


「金持ちすげー」なんてコメントします



今でこそSNSで繋がれますけど
そもそも
別世界ですしねー



それを
「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」
とか


色々言う人って・・・



妬みなのか、今の家に満足出来てないのか
分かりませんけど


私が着ている服を


「ユニクロのが
コスパいいのにそんな服着て意味あるの?」


とか言われたら



何言っても理解は無理だと思いますから




「そうだよねぇ・・・無駄に高いよねぇ」



程度に軽くあしらいますし



まあ服程度なら
高い物でも買えますけど


高い家なんて
本当に金持ちしか買えませんし




昔から「金持ちケンカせず」って言いますからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・




「大手は高性能じゃない」とか

「何故作れない」じゃなくて



そういう世界とか
違う世界も必要だよなぁと



本当の金持ちが
これ書いたら
それこそ妬まれますけど(笑)



庶民どころか
ローコストで建てた施主は
思ったりしております








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















2020年08月10日







住宅展示場に行くと



そこそこ高い
ハウスメーカーの営業さんが



「ローコスト住宅なんて
すぐダメになるよー」


とか


「うちの家の方が
メンテナンス費かからないから
最終的には得だよー」



とか
こういう事言いますけど





過去に






ローコスト住宅が安い理由ってのを書きまして




まあ見た目が実際安いですけど



C値、UA値などの性能面だけなら



普通の大手メーカーと
同じ数値で建てれます
(グレード次第にはなりますが)





それで
今回見たのが


ローコストa


大和ハウスの広告です



生涯コストで考えると
得っていう広告ですね



メンテナンス費や
冷暖房費が安いから


「長く住めばお得だよ」って言う
よくある広告ですが








メンテ費はともかく


冷暖房費だけでは
絶対に元が取れないという過去記事ですが



これは何故かと言えば


「元が取れる」と言ってるメーカーは



何故か比較対象を30~40年以上前の
昭和時代の家の性能で比べるので



ローコスト住宅だって
そんな時代とは比べものにならない位
高性能なので


絶対に元が取れないです





・この広告はひどい・・・




今回のダイワハウスの広告は

そんなものじゃなくて



ローコストb

例えば省エネ等級


高性能住宅と書かれている方は
ダイワハウスの広告なので


ダイワハウスの家でしょうけど



省エネ等級4・ZEH仕様って
書いてあるので


UA値が0.87(省エネ等級4)か
0.6(ZEH仕様)ですが





こんなの今のローコスト住宅でも
普通に作っても0.87



ちょっといいグレードなら
0.6はクリア出来ます・・・




まあそれはいいんですが
(良くないのですが・・・)



ローコスト住宅の方に書いてある
省エネ等級1ってなんでしょう・・・




「そんなの知らない」と思って
国土交通省のサイトで調べたら


ローコストc



昭和55年の基準が
省エネ等級2・・・



40年以上前の基準ですね
しかし1は基準が無いです・・・



つまり比較が
40年前の基準の
さらに前の家って事です・・・





そもそも昭和55年基準のUA値って
いくつだろうと



「断熱等性能等級2」なんてワードで調べたら


ローコストd


UA値1.67・・・



これ、今は使わない
高性能じゃない普通のグラスウールを
薄っぺらく使って


アルミサッシの単板ガラスでも


どうやっても
1.67以下になってしまうので


断熱材使えないんじゃないでしょうか・・・



ちなみにこれは
「無印良品の家」の広告ですね



「我が社は0.87ですよー」って奴ですが




タマホームだってレオハウスだって
もうちょっと安いアイダ設計だって


今の家が0.87以下って事は
ないですし








ローコストでも最低限
ZEH性能の0.6は目指そうって世の中で



ちょっと広告として
ありえないんです







・こっちもひどい劣化対策等級




次に劣化対策等級という
聞きなれないワードですが


ローコストe


ローコストは等級1
ダイワハウスは等級3になっています






どのようなものかと言うと



ローコストf


通気や防蟻処理ですね



ちなみにその下に
耐用年数という項目がありますが


・ローコストは50年未満

・ダイワハウスは
 75年~90年と記載がありますが



ローコストg


どうやら

・劣化対策等級が1だと50年未満
・2だと50年~60年
・3だと75年~90年という事で




劣化対策等級を見ると


ローコストh

色々書いてありますけど
ローコストだって



・基礎パッキンに土台は無垢材か
 加圧処理、もしくは薬剤注入

・ベタ基礎に通気工法って



今は当たり前だと思いますし



そもそも調べたら
長期優良住宅認定には


劣化対策等級3が必要との事で


ローコストだって
長期優良住宅は普通に作れば取れますから



この比較図は
いくらなんでも
違い過ぎるわけです




まあ、性能比較の広告は
嘘書いているとはいえ
どうでもいいんですが
(良くないですが)



耐震等級とかね
命に関わるものを嘘つくのは
本当に嫌いです





ローコストだって
耐震3は普通に取れますし


ローコストi


そもそもこの最後の


・太陽光未搭載とか
・ガス給湯器に至っては



意味不明すぎて
こっちがビックリしてしまいます



ダイワハウスがエネファームが標準だから
そう書いているんでしょうが


エコキュート希望の人とか




「ガスがいい」って人でも
都市ガスがない地域でも




ダイワハウスは
エネファーム搭載出来るんでしょうか・・・












・なぜこのような広告が出るか



ダイワハウスとローコスト住宅だと
1.5倍~2倍くらいの値段差でしょうか




おそらく何も知らない人に
「高い理由」が上手に説明出来ないから


このような事を書くんでしょうが



ヘーベルハウスだって
積水ハウスだって

そのような事は書いてないですし


「そんな次元で戦ってない」です



・大開口に高い天井高で広いリビングとか
・高級感あふれる外壁とか
・長期無料メンテナンスとか
・幅広いサポートとか



いい所なんてたくさんあるんですから



是非嘘や誤解を招くような
広告書くのは
やめて欲しいですね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング