お金のこと

2021年05月03日








今回は


貯金箱a


セリアかダイソーで買った
10万円貯まる貯金箱ですね




こちらが先月から
かなりいっぱいになってきて


貯金箱b


今では
結構な力で押し込まないと
入れるのも大変になったので



いくら貯まったのか
開けてみます






ちなみに
過去にも500円玉貯金をした事がありますが


この、よく見るタイプですね


これだと
12万円位あったと思いましたが




どうも100均のは
これより小さい気がします・・・


貯金箱c


振っても
こんな感じで
ほぼスペースが無いですが



本気で押し込めば
あと5,000円分くらいは
いけそうな感じですが開封します






・今の家に「缶切り」が無かった・・・



昔はどの家庭にも
缶切りがありましたが



今は使わないので
我が家にもありません



このタイプの貯金箱は
缶切りが無いと開けれませんね・・・



とりあえず家を探して


貯金箱d


金属を切断する
ニッパーがありました(笑)






これでどうにか切断して


貯金箱e


数えていきます





・思いのほか少なかった・・・



前の貯金箱は
12万円貯まったので



今回も
まあ10万円は貯金して



「残り2万円でスニーカーでも
買おうかなぁと思いましたが


貯金箱f


「なんか少なくね?」



やはり前に使ってたのより
入らないのかもしれません




いくらか数えると


貯金箱g


全部で
109,500円でした



まあ10万円貯まる貯金箱なので
何も間違っていませんが



そうは言っても
12~13万円を期待したので
ちょっとガッカリです(笑)


スニーカーの夢も
無くなりました・・・



なので
「実は多かった」みたいなのを
期待するなら




ドンキとかで売ってる
昔からある500円玉貯金箱のがいいですね





・換金で困る・・・



昔に比べると


今は大量の硬貨を
両替するのも大変です




銀行は
どこも硬貨を大量に両替すると
手数料がかかりますし・・・



それでも
両替じゃなくて入金なら
今までは無料でしたが




今では

貯金箱h


これは三菱UFJですが
入金でも手数料が取られます・・・



なので
入金する銀行を確認した方がいいですね




私が口座を持ってるとこだと


貯金箱i


山梨中央銀行という
地方銀行ですが


こちらは500枚までは
入金は無料でした



今回は109,500円なので


500円玉が219枚なので
無料で大丈夫です



ちなみにATMだと
「1回100枚までなら
何回でも無料」と言われましたが



「大量に入れると
詰まるからゆっくりしてね」



「後ろに人がいたら
変わってね」




まあ
迷惑だから窓口でして感が出てました(笑)




貯金箱j


という事で
窓口で入金しましたが



もう500円玉貯金は
しないと思います・・・










・デメリットしかない今の500円玉貯金・・・



今回、これを貯めるのに
4年ほどかかりましたが



今は
とにかく小銭が貯まりませんね・・・




・Paypayなどのモバイル決済か

・nanacoとかのチャージ

・後はクレジットカード


上記全部ポイントが貯まりますからね




500円玉貯金してる人なら
分かりますが


増やすためにわざと
500円が出る買い物をするのですが(笑)





ぶっちゃけ
現金支払いな時点で損です・・・


貯金箱k


この10万円貯まる分を



色々なモバイル決済や
カード払いでしたら



キャンペーンとかあれば
それこそ1万円以上変わってくる場合も
ありますから



今回で小銭貯金は最後の予定です






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村







2021年04月14日







今年(2021年)は3年に1回ある
固定資産税の評価替えの年です


簡単に言うと


固定資産税は
土地と家の価値がどれくらいかで
税額が決まりますが


「毎年なんて忙しくて変更出来ないよ」って事で



基本は3年に1回だけ更新されて
今年は改定する年なので金額が変わりますが



来年と再来年は同じ金額になります




さらに今年は
コロナウイルスの特例があって


固定資産税a


コロナで生活が大変な人も多いので



「土地の評価が前回より
上がった分は据え置きにしますね」って事ですね





まあ、近所の地価を見ると


固定資産税b



バブル時代以降


土地評価額はずっと下がっているので
地方だと上がることはなさそうですが



そして今年はPayPay払いにして
去年は0.5%還元でしたが


今年は1%還元になりました


後述しますが
頑張ればMAX1.5%還元まで可能です





・ローコスト住宅な我が家の固定資産税はいくら?



我が家はすでに3年間の
固定資産税半額は終わっていて



これが今年の納付書です


固定資産税c


143,300円ですね



次の評価替えは3年後なので
3年間はこの金額です



初めての評価替えでしたので
「それなりに下がるかな」と思いましたが


相変わらず意味不明に
結構取られますね


実際に売ったら
築4年ってだけで
かなり値下がりしちゃうんですけどね・・・




ちなみにこれが去年の
固定資産税


固定資産税d


156,800円でした



評価替えで3年前の評価と比べて
13,500円下がりました



土地の価格は据え置きですが


家の価値が8,012,230円から
7,221,690円と79万円ほど下がりました




正直もっと減るのかなと思いましたが
全然減りませんね・・・



3年で約10分の1下がったので



「家の税金なんてタダみたいなもん」って言うのは
築30年は経たないとダメみたいです





・PayPayで1%キャッシュバックを受ける




今は、ほとんどの自治体で
PayPayやクレジットカードでの支払いが可能です




私の住んでいる甲府市でも

固定資産税e


PayPayもクレジットカードも使えますが





クレジットカードの場合は

固定資産税f


システム利用料ってのが1%かかるので



楽天カードとかで1%還元されても
意味が無いので



今回はPayPayで1%還元を狙います



・・・・・
・・・・
・・・
・・


税金の場合
キャンペーンとかは対象外ですから



基本はPayPayの0.5%還元しかありませんが


固定資産税g



前の月の
PayPayステップを上げておくと
最大1.5%還元まで可能です





・先月に50回以上利用するか

・10万円以上利用すると


0.5%追加されて1%になります


どちらもクリアしたら1.5%還元ですね





こちらが先月のPayPay使用履歴


固定資産税h



固定資産税の1%バックに向けて
50回以上利用しました(笑)



先月はPayPayジャンボとか
セブンイレブンのキャンペーンもあったので


私は仕事の時の昼食はコンビニですし


後はタバコをカートン買いから
バラで買えば簡単にクリア出来ました



後36,000円使えば
1.5%還元でしたけど
無駄な物買っても損ですしね・・・


還元額以上に損したら意味無いです





ちなみにPayPay支払いの場合は
非常に楽で全て家で出来ます


というか
コンビニに持って行って
「PayPayで」と言っても出来ません・・




まずは
チャージします


固定資産税i


銀行からチャージ出来ない人は
コンビニなどで入金するしかないですが・・・





そうしたら
PayPayアプリを起動させて
スキャンを選んで


固定資産税j


バーコードを読み取ると





固定資産税k


支払い完了で
1%還元されています





4期分全部支払って


固定資産税L


143,300円なので

1,433円キャッシュバックされました










・固定資産税から値段に見合った家か調べる事が出来る



価値があれば
固定資産税も上がるので



単純に高い家は
税金も高いのですが




土地の評価額は一律で
購入金額が600万円でしたが

固定資産税m

200平米なので60.5坪以下は6分の1
それ以上は3分の1になります



なので
評価額が1,033,866円になっていますが



将来リニアモーターカーとか
開通したら爆上げするかもしれません(笑)




家屋の方は計算が複雑で


固定資産税n


我が家の請負金額は
17,383,610円です



これは付帯工事費なども含めた総額ですね




ここから一律0.7を掛けて
公示額というのを出します



我が家の場合は
17,383,610×0.7=12,168,527円が公示額です



ここから調査員が色々と調べて
0.5~0.7までの数値を掛けます



・仮に0.5なら
 12,168,527×0.5=6,084,263円


・0.7なら
 12,168,527×0.7=8,517,968円


0.5~0.7の範囲でしか決めれないので



「この家、請負金額の割に安っぽい」
判断されたら0.5になりますし


「この家、値段の割にいいな」と判断したら
0.7になります



家屋調査に協力しないと
書類でしか判断出来ないので
0.7と一番高くなるらしいので


ちゃんと協力した方がいいですね・・・



我が家は
0.658なので
割といい評価みたいでした



もちろん躯体とか内部とか気密は
調べないので



太陽光に瓦屋根とか
そういう部分が大きいですけど



ただ、評価がいいと
税金が上がるので
単純に喜べないですが(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村











2021年04月05日






冬になると
色々なブログで
温度を測定したりする記事があって



私も色々と実験しましたが







同じ20℃でも
快適と思う人もいれば
寒いと思う人もいます




実際に我が家も
ずっと暖かい家に慣れてしまったので



20℃以下だと
ちょっと無理って位に贅沢にはなりましたが



「まあ普通は22℃位あれば
快適かなぁ」とは思います



もちろん個人差もありますし



余りに低性能な家だと
温度計がある場所は22℃だけど
ちょっと離れたら18℃とかになって



そういう場合は
全然快適ではありませんが




それ以外にも大きな要因があって





例えばこの環境


体感温度a


こんな状態だと16℃だと
寒いと感じたり


22℃もあれば
暑いと感じたりしますけど





一方こちらは


体感温度b


この環境だったら
16℃でも22℃でも
快適って思います



さすがに10℃以下とか
28℃以上なら
難しいですが・・・



「そりゃ人混みだからでしょ」って
思う人もいますけど



ディズニーランドとか
同じ混雑でもそこまで不快に感じません






寝室が10℃だったら
寒すぎて不快でしかありませんが


体感温度c


テントだったら
平気だったりします



つまり
元々の個人差はありますし


温度計の温度は
住宅の性能や
エアコンの性能に左右されますが



快適って感じる温度は
周りや家の環境も大きいと思います



人間が快適かどうかを思うのは
見た目や周りの環境は非常に大事で




例えば

体感温度d


我が家のお風呂と





体感温度e


こちらのお風呂



仮に大きさは同じだとしても
全然満足度は違いますね



「温泉だからだろ」
って
言われそうですが



これは前に泊まった箱根の旅館ですが
客室の露天風呂は温泉じゃなくて
普通のお湯でしたが



それでも環境によって
満足度は全然違います



・・・・・
・・・・
・・・
・・



わが家は
ウッドデッキとかありませんけど




要らない派の意見で
「ウッドデッキなんて
全然使わなくなるから勿体ない」

言う人がいますけど


体感温度f



たしかに使わなくても
リビングからウッドデッキが見える風景って
かなり良いですから



あれは使用が3割
美観が7割だと思ってます(笑)







・高性能住宅の「快適」に騙されてはいけない




私は基本的には
「性能は大事だよ」って思っていますけど



高性能を売りにした
ブログやツイッターなどですね


窓、断熱、気密の話が多いです



たしかに高性能住宅=快適ってのは
間違ってはいませんが




どうも、高性能住宅のブログって
性能だけを書いている方が多いんですが



だいたい
「我が家は高性能住宅にして快適です」ってのは


・そもそも幸せな家庭があって

・満足出来る間取りがあって

・収入もある程度あってお金の問題も無くて



それで快適なんです



本当にガチで
家中同じ気温で
さらに省エネを目指すなら


6畳一間の
ワンルームが最適解ですけど


そうじゃないのは


家というのは


温度だけではなくて
家族が快適に生活する場所だからですね





日本人の余り良くない部分として
謙遜するってのがありますが


「大事な奥様と可愛い子供がいるから
この家建てて幸せですよー」なんて余り言いません




私も「妻が全然掃除しない」と文句ばかり
ツイッターでいいますが(笑)



気が利くし、可愛いですし
まあ一緒にいれれば幸せだったりします


・・・・・
・・・・
・・・
・・



私のブログで
高性能住宅の例でよく出る



HEAT20 G3住宅という
超高性能住宅にお住まいの
ペンギンさんですけど





性能とか全く関係ない部分も
いい感じに作ってあって



体感温度h



あんだけ高性能で
庭もここまで作って


「どんだけ金持ってるんだ」と思いますが(笑)



温度、湿度だけじゃない
家の環境も大事なんですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・



だいたい24℃という
温度だけなら超快適な家で

1人でペヤングソース焼きそば食べるのと



18℃という
ちょっと肌寒い温度で

みんなで鍋を食べるのと


どっちがいいかって話です


ずっと子育てしてると
「一人でペヤングのが幸せじゃん」って
思う時もありますけど(笑)



体感温度g


あったかハイムだって
断熱、気密の性能だけなら
そこまで高くないというか


ローコスト住宅並かもしれませんが


これが暖かそうに見えるのは
幸せそうな家族のイメージが出るからですね


しかも
「鉄骨だから地震でも安心」って
満足出来るなら


それだけで快適って部分が上がります


なので
何でも予算があるなら別ですけど


幸せな環境を作るためにも
住宅の性能だけじゃなくて


・家族の意見を聞いた間取りと設備

・問題なく生活出来る予算


この辺も重視して欲しいですね



例えば天井高なんかも
性能の為には低い方が有利ですし
省エネですけど




「高い天井を見上げてゆっくり過ごすのが夢」
なんて人は


体感温度i


天井も高くして
柱も嫌ってなら鉄骨にしたって




それが住む人にとって快適と思うなら
アリだと思いますし



ぶっちゃけUa値の0.1の違いなんて
エアコンで簡単にカバー出来ますし


体感でそうそう分かるものじゃありません


かといって
Ua値1.0 C値3.0とかだと


さすがに幸せな家庭だけでは
カバーするのが大変ですが・・・



今時そんな家作るのは
「だんねつのけいさん??」って言う
昔ながらの工務店くらいだと思いますけど








世の中には
新築離婚という
ワードが存在するくらいです



特にローコスト住宅ですね・・・


だいたい我が家も含めて
割と厳しい予算での戦いになります(笑)



今はローコストでもお金さえあれば
簡単に性能は上げれますが


・家族の欲しい家

・住みやすい家も考えて


バランスのいい家を作って欲しいですね


地域にもよりますが


・凄い寒いのは2ヶ月

・凄い暑いのも2ヶ月



残りの
そこまで暑くも寒くもない
8ヶ月の方が長いですから











・かといって「寒さを楽しむ」にも騙されてはいけない



このように、見た目とか生活などで
体感気温って変わりますけど



最後に騙されてはいけないのは


「四季を楽しむ」とかですね

「ちょっと寒い位の方がいい」とか
言ってる人


この辺の人も
家の性能調べたら


Ua値0.6程度とある程度の気密性は
みなさんありますからね(笑)



こちらは過去に
対談記事をしたUniさん




彼の家は
アウトドア好きなら
絶対に憧れる家なんですけど









「そこまで高性能な家いる?」って記事なんですけど

彼の家も
アクアフォームにサーモスL


Ua値的に
0.6程度はありそうな家です



我が家と変わらない程度の性能で
一昔前なら超高性能な数値ですから
当然ですけど快適なんです




しかも温暖な地域ですし
充分快適な性能があると思います



これに関しては
ここ数年で本当に住宅性能が上がったので



ハウスメーカーなら
余程低予算じゃなければ
まず大丈夫な数値ですし



超ローコストな
768万円の家とか


時代に取り残された
断熱性能の計算すら出来ないような
工務店でない限りはクリア出来ると思います




どうも
高性能重視派は

「性能が大事」と言って




重視しない派は

「そこまで要らない」


お互いが言い合ってるのですが


実際に何十年も生活する訳ですからね



色々とトータルバランスを
考えて



家族全員が
「家建てて良かった」と思える
家作りをして欲しいですね



・G3住宅しか知らない人は
 G1住宅なんて寒いと思いますし



・その逆なら
 G3なんて要らないと思うから



言い争いになるんですけど・・・



実体験として
G1性能あれば
充分暖かく快適ですよ




だいたいですね
G1かG3かの比較で


・暖かいとか
・寒いとか
・結露とか



そんなもんで
争う差では無いですし




そもそもG3住宅レベルは
別次元なので


冬でも無暖房とか
そういうレベルですし




ZEH程度の性能だって
普通に気密を確保してれば
充分快適なわけですからね



その辺は過去記事で
温度とか色々なシーズン測定してるので
分かって頂けると思いますから


Ua値なんかで
争わないで欲しいですねぇ・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・



しかし、新築離婚って
財産分与揉めそうですね



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング













PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年03月17日







先日の宿泊記事で



今回我が家は
無料で特別室にアップグレードされました


湯苑f
(素晴らしいお部屋でした)




これは、こちらから
「いい部屋空いてませんか?」なんて
頼んだわけでもなく



私は金額以上に
こちらからサービスをお願いするなんて
しませんが



コメントとメッセージを頂いたので



実際に、前職が旅館の支配人で
過去に部屋割を決めて
アップグレードをしていた側なので



どういう場合に
部屋がアップグレードするか
書いていきます







一応
「部屋 アップグレード」なんて
ワードで検索したら



「そんな方法じゃダメでしょう」ってのも
多かったので・・・



実体験を元に書いていきます






・まずは頼んでもないのにアップグレードされる仕組み




部屋がアップグレードされる理由は
主に2つあって


・1つは純粋に空いてるから
 アップグレード


・もう1つはホテルの都合で
 アップグレードです




まずはホテルの都合で
アップグレードする例ですが





例えばこちらの
全客室数20部屋の旅館の場合

ホテル1


どの旅館も普通は
全てが同じ部屋って事はなくて
色々な値段やグレードの客室があります



私が支配人をしていた旅館も
露天風呂が付いている部屋があったり
特別室があったりして



こちらは通常の部屋よりも
倍以上の金額でした



・・・・・
・・・・
・・・
・・



通常の在庫を販売する商売なら


一番安いAの部屋が
全部予約でいっぱいになったら
Aは販売を停止しますが



旅館業ってのは
販売を止めない場合があります



コロナが出る前の
正月、お盆、観光シーズンや連休


去年のgo toトラベルをしてた時などの
絶対に満室になる日は別ですが



そうじゃなければ
そのまま販売をします




ではこの例で
通常客室が10部屋しかないのに


11部屋以上予約が入ったら
どうするかというと
もっといい部屋を割り当てます



ホテルだって
空いてたら1円にもなりませんし



アップグレードした部屋に案内して
クレームになる事はありませんし


泊まる側だって
損する事はありません






実際に満室分の予約が入った際に
予約の内訳を見ると

ホテル2

Aの一番安い部屋は3部屋オーバー


・逆にBは1部屋分空いていて

・Cの露天風呂付は2部屋空いている




こんな感じになる日もあります




Aを予約したお客様から3組は
グレードアップしないと
部屋が足りませんし




さらにA、Bの中から
誰か2組を露天風呂付の部屋に
アップグレードしないといけません



つまり宿側の都合で
誰かがアップグレードされます






ちなみに高級旅館とか
割と余裕がある旅館なら



通常の部屋がいっぱいになったら
止めますし




私の働いていた所も
「まあ埋まるだろう」って時は
販売を止めてましたが



平日とか
ちょっと厳しいなぁってシーズン時は
ずっと予約を受け付けていました




この状態で
どうすればアップグレードされやすいか
ちょっとしたコツを次に書きます






・直接予約のメリットは常連さんのみ



誰かをアップグレードする際に


結構色々なサイトで
「宿に直接予約した人優先」って
記事を見かけますけど



そんな事は今の世の中ありません




多分、直接予約かJTBなどの
代理店しか無かった時代の話ですね



とにかく今は
クチコミが生命線なので



常連さんがこの中にいなければ
じゃらんネット楽天トラベル


人気のある予約サイトで
クチコミの影響が強いお客様を
グレードアップさせます




実際、予約サイト経由だと
10%の手数料を払いますから


直接予約の方が宿は得なんですけど



初めての直接予約の方は
ランク的に一番下ですね・・・
まずアップグレードさせません



①常連
②過去に宿泊したネット予約
③初めてのネット予約
④JTBなどの代理店
⑤初めての直接予約



大事にする順番としては
こんな感じです





同じ初めてのお客様なら
直接予約の人を上にしても
旅館側に何のメリットもありませんから




じゃらんネットが一番予約が多い宿なら
じゃらんネットのお客様を優先します



じゃらんか楽天か
宿泊したい宿がどちらを重視しているかは
クチコミの数と点数を見れば分かります




後は、カップルの部屋並びに
ファミリーが間に入ると
「隣がうるさかった」というクチコミが怖いので



特別室とかいい部屋は
割と離れに作る場合が多いので
そっちにしちゃう場合もあります




たまに備考欄に
「空いてたらいい部屋にしてください」なんて
書く人がいるのですが



私は、そんな人は
絶対にアップグレードしませんでしたね(笑)




もちろん常連さんがいたら
そっちが優先です



常連さんはネットからでも直接予約でも
一番大事にします



これはどの商売でも
同じですね



今はパソコンで顧客管理出来ますから
過去の予約もすぐに分かりますし


東横インなどのホテルは分かりませんが


旅館ってのは割とお客様と接するので
割と覚えていたりします



なので気に入った宿があったら
ずっと同じ宿に行くのが
一番いいと思います



10年以上に渡って何度も来る
ガチの常連さんになると
向こうから何も言わなくても



「絶対にお盆と正月は来るよなぁ」
ってお客様は
最初から部屋をキープします



万が一来なくても
そういう日はギリギリでも予約は埋まりますから






・次に本当に暇でアップグレードされる仕組み



平日に宿泊出来る人は
このパターンが多いと思いますが


基本、ハイシーズンでも無い平日は暇です(笑)



そんな時に常連さんが来たら
「いい部屋どうぞー」って場合も多いですが



暇すぎる場合は
別の要素が出てきます・・・




例えば3階建ての旅館で
余りにお客さんがいないから
3階はクローズしようとかあります



こうすれば光熱費節約出来ますし


さらに2組しかお客様がいないなんて日は


思い切って大浴場を閉めます



その代わりに
通常の客室の予約でも
特別室や露天風呂付の部屋に案内して



うちは貸し切り風呂もあったので
「露天風呂付の部屋にしましたー」
「貸し切り風呂もご自由にどうぞー」
って
サービスをする代わりに



「大浴場が急遽メンテナンスの為
使用できません・・・」とお詫びしたりしますが


本当は経費の節約なだけだったりします




貸し切り風呂や大浴場も
1組、2組のお客様がいない日は
開けとくだけでも大変なので
このパターンを言われた人も多いんじゃないでしょうか・・・










・クレジットカードの付帯サービスでアップグレード?




うちの旅館にも

ホテル4


たまーに某クレジットカード会社から
「空いてませんか?」と依頼が来ました



じゃらんネットや
楽天トラベルには載せてない
ガチな高級旅館は別ですが



そうじゃなければ
「お客様に〇〇にアップグレードしましたと言ってください」
お願いはさせますが


値段はじゃらんと同じか
むしろ高かったりします(笑)



一応カード会社を通すと
お得な割引の宿泊や
無料でアップグレードと言ってますが



そもそもホテル、旅館の定価って
あってないような物ですから


定価は20,000円でも
じゃらんや楽天で適当に
今だけお得とかで12,000円になってたりします




まあ、お金持ちの人は
それでいいと思いますし
お金いっぱい払って欲しいのですが




うちも定価はもっと高い値段を
公式ページに出していますが
じゃらんなどはもっと安かったりします




だいたい、クレジットカードの会社から
予約を受ける場合は



問い合わせの段階で
誰が宿泊するかなんて分かりませんから



常連さんよりサービスするなんて事は
考えられません



ちなみに元支配人の私の予約の取り方は
じゃらんか楽天です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











PVアクセスランキング にほんブログ村



2020年12月30日






今年も終わりなので


最後の記事は



家作りにおいて
最近思っている事を書いていきます





・・・・・
・・・・
・・・
・・




注文住宅に関しては
今年も相変わらず
性能は上昇して



その分、値段も比例して
若干上がっている感じですね



住宅a


相変わらず
レオハウスは
公式サイトに情報がないので・・・



こちらはタマホームですけど
「標準が樹脂トリプル」
宣伝してます




そうは言っても


家が完成して
住み始めると



ついつい当初の目的


「なんで家が欲しかったのか」
忘れてしまいがちで




また建築中や打ち合わせ中でも



色々と夢のような
オプション設備とか見ると




ついつい当初の目的を
忘れてしまいます






先日も





可愛そうな火災の事故を見て



「そういえば子供が小さいから
安全の為に絶対にオール電化と言ってたなぁ」
思い出しましたが




当たり前に生活してますと
ついつい忘れてしまって






ガスコンロ欲しかったなぁとか
記事を書いちゃったりしちゃいます





住宅a-2

(1口をガスコンロと言って2口以上をガステーブルと言うみたいです)




火事の原因で一番多いのは
圧倒的にガスコンロですからね




特に子供が小さいので
「オール電化にしよう」と思って作りました




それのが光熱費も安いですし(笑)







・最初の目的を忘れなければ大丈夫



だいたい
家事動線とか住宅性能なんて



ほとんどの場合は
「家を建てよう」って思ってから









「じゃあ、どういう家にしよう」


打ち合わせなどをして
初めて浮かぶ事で





それより前ですね
「何故、家を建てようと思ったか」の状態を
忘れない事です





私の場合は


住宅b



・子供が生まれて、住んでいるアパートが狭くなった

・将来何かあっても子供に資産を残したい



主に、この2つですね



夫婦とも41歳で初めて
子供が生まれたので


とにかく子供の為が一番の理由です



・今のアパートでは手狭だし

・庭も無いので遊べないし




そして、私は


一切働かない父の元で生まれて
生活保護世帯という
超貧乏な家庭で育ったので




将来何があっても
子供に資産を残せるように
家を建てました




「戸建ては負債」とか言いますけど



それは築30年~40年経過した話で



それまで生きていれば
子供は成人しますので


家は負債でも何でも
土地があるだけで充分です



なんでしたら
私の会社で解体しますし(笑)




仮に子供が小さい時に
私が亡くなった場合ですね



団信に入っていれば
築20年以内の家なら
間違いなく資産として残せますし



妻が再婚するかは分かりませんが
家と土地があれば
妻の収入だけで充分やっていけますし





・予算は絶対に超えない



予算に関しても
最初に決めた事は守りました



当時の家賃が
59,500円なので、それ以下



とんでも無い貧乏な家で生まれたので
お金の大事さは良く分かっていますし




もう10年以上前ですが


パニック障害やら鬱病になって
働けなくなった時期があるので



・最悪コンビニやマックのバイト

・いざとなったら妻の給料だけでも
 払える金額




そう考えると
ローンは毎月6万円以内は
絶対に守ると決めていました




魅力的はオプションや
高性能な建材もありますが


「予算の中では
最善を尽くしましたが」



世間がHEAT20 G2や樹脂トリプルとか
言ってる事を考えれば


我が家の家は
そこまで高性能じゃないですね・・・





それでも



冬暖かくて夏涼しい家で



当時の予算内で
未だにこれ以上の性能と間取りは
作れないはずと満足しています



canvas5


こちらは12月の1週間の
我が家の気温データですね



我が家は仕切りもなく
吹き抜けなので
家全部を1台のエアコンで暖めて




家の中全部この温度になりますが



canvas30



これだけ外は寒くても
18℃以下にはなりませんので
快適だとは思います




我が家は
24時間暖房とか
妻が「もったいない」と言ってしていませんので


・エアコンは早朝オンで
 出勤時にオフ


・また家に帰ったらオン
 寝る時にオフって感じですが




凄い寒い日でも
これだけの温度なので




実際に住んでいて
この程度の性能あれば
快適だとは思います





ただ、ガチな高性能住宅は
夜中にエアコン入れなくても
18℃キープする家もありますから



予算の許す限りは
高性能住宅にした方がいいなとは
思います





とにかく予算に関しては



我が家の育ちの問題と
過去に働けなくなった事から
絶対に守りました



最初の目的が
子供と妻の幸せの
ための家ですから



これだけ快適な温度なら
充分だと思ってます




私がよくブログに書く


「家はツール」



これですね
家を建てることが目標じゃなくて


家は生活する為のツールですから


家の為に生活が苦しくなったり
娯楽費が減ったりなんて
何のための家か分かりません・・・




もちろんどんなに高性能な家や
大きな家でも
「建ててもまだまだ余裕」って人もいます



生活に余裕があるか無いかは
各家庭の収入で違いますので
とにかく比べない事ですね






・家づくりに関して人と比べない事



ぶっちゃけ予算の問題



ネットで相談するよりも
職場の同僚に聞いた方がずっといいです




既に家を持ってて
給料も同じくらいの同僚なら
割と参考になるかもしれません



それでもやはり
家庭によって全部違いますね




例えば



我が家が
いざとなったら実家で100万円とか
融通してくれるような余裕のある家なら
もうちょっと無理したかもしれませんし




「何があっても
人間働けるでしょ」なんて性格や


もっと大きくて安定した職場だったら
予算を増やしたかもしれませんね




公務員や大企業なら
自分の10年、20年後の
職場でのビジョンが想像出来るかもしれませんが


私なんか全く想像出来ません



先日も同僚が
腰を悪くして長期休養してますが


体も心配ですし
全員が昇進するような職場でも無いですし



まあ、余りにも貧乏な育ちだったので


そもそも普通に結婚して
子供が出来て、家がある事だけで
充分幸せですから



他人とお金で比べるってのが
小さい頃から無かったですが



ネットとかSNS見て
ついつい比べちゃう人は注意が必要ですね






・間取りや性能なんて、その後から決める事



さて、上記の家を建てる理由と
予算が決まったら


次は間取りや性能ですね




私の場合は
当然、子供の為に建てるので
子供が優先です




当然、子供部屋はありますし




住宅c


設備や間取りも


子供が生まれたから家を
買うんですから


子供を優先する間取りは当たり前です




これだって


・建てる目的や

・本人や子供の年齢

・持っている趣味で

変わりますので

余り人と比べる事じゃないですね








こちらの記事は
ヘーベルハウスの施主さんの記事ですが



詳細は記事を見て
頂ければと思うのですが



簡単に言うと



「豊かな暮らしの間取りは
人それぞれ違うという記事です」




なので売る方の
一方的な「豊かな暮らしの提案」



施主に取っては
何の豊かさも無い場合があるという



納得の話なのですが・・・



言いたい事も分かるし
間違ってないし


私も同じ意見なんですが
なぜか共感出来なかったんですよねー



なのでツイッターでは



こんな返信になりましたが(笑)



「家の考え方に関しては
全く同じなのに何故だろう」

色々考えたんですが



私の想像する豊かな暮らしに
「家」ってのが余り浮かばないんですね





「豊かな暮らし」で画像検索すると

住宅e


家の写真ばかりですが






この中で「これはいいな」と共感出来るのは


住宅f


この2つかなぁと思いますけど



これを見て
「引き違いの大きい窓なんて性能が落ちる」


とか


「天窓なんて気密が落ちる」


と思う人もいますし




「自分好みの
インテリアに囲まれるのが
幸せって」
人もいます




私の場合は


子供がいて、妻がいて
それで楽しければ幸せで豊かですから



・子供の為に家がある
 
・何かあったら団信で住むところは残せる



なので家は欲しかったですけど






それでも「家=豊かな暮らし」って
イメージは余りないです




何度も言いますが



私は「家=ツール」と思ってますから




そこまで生活に関しては
家に比重を置いてないのかもしれませんね




とはいえ、同じような記事







こちらの返信には








こんな風に
「エアコン1台で
家中が暖かいのは豊かだ」とも思いますから



どうせ建てるなら
間取りも性能も



予算の許す限りは
満足した家にしたいですよね






・ローコストでも幸せになって欲しいですねー



個人的にハウスメーカー選びが
一番難しいゾーンって
建物本体の予算が
2,500万円位かなぁと思います




性能重視なら

・高性能工務店や一条工務店



見た目重視なら

・住友林業や積水ハウス



この辺がどれでも選べるわけですから
大変ですね



まあ、ローコストでも
色々と大変ですけど



まあ、私なら
見た目にはこだわらないので
この中なら高性能工務店を
選んじゃうとおもいますが





そうは言っても
様々な事情や、家庭の収入などもあって


我が家みたいに


予算1,500万円ほどで
建てなくてはならない人も
いると思います



世間的には
見栄もあるのか



私みたいな


「こんだけローコストですよ
どーですか!」


みたいなブログは少ないんですけど(笑)




それでもせっかく
解体とはいえ家に関する仕事してますから



限られた予算内で
少しでも快適な生活になるように


ちょっとでも役に立つ
記事を書いていこうと思いますが



とりあえず
普通に夏涼しくて冬暖かいを
実現するにはZEH程度の性能あれば
充分ですから



予算が無い人まで
ネットや動画の影響で
無理をしないで欲しいですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・


なので


・収入や、家を建てる目的

・さらには性格によっても



作り方や予算は違いますから
やはり人と比べる物ではありませんね











・性能を軽視してもいけないんですが・・・



私は「高性能は要らない」って
言ってるように
思われるんですが


これも違うというか



これも人それぞれなんですよね



例えば、高性能重視で建てた人に取っては


「我が家が暖房を使う時期でも
まだ暖房が要らないで暖かい」



これで満足してくつろげるなら
豊かな家だし正解ですし



実際、家の中全てが
同じ温度ってのは
予想以上に快適ですし




私が好きなメーカー
BESSの家

住宅g


ここだと高気密とか
ZEH仕様の断熱性能すら
ちょっと難しいんですが



ここで暖炉の前で
くつろげて満足出来るなら
これも正解です




本当に豊かな家ってのは
抽象的だし答えが難しいのですが



「自分が何故家を建てたいか」

「本当に欲しい家は何か」


これを知る事ですよね





実際にUa値が
0.4  0.5  0.6  0.7 で
どれくらい住みやすさが変わるか



同じ数値だって
間取りによっても違いますし


個人個人で体感も変わります


実際に我が家は
快適だと思いますが



結局、実際に住む人が
満足してればそれが正解です




後、普通なら
家族も一緒にいますから


旦那さん、奥様、子供
全員が満足するのが正解ですね




自分でブログ書いといて何ですが


人の意見なんて
参考程度に留めて




まずは家族で
色々決めるのが一番です







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年11月25日







コスパは割と
気にして生活してますので
(服だけは例外ですが笑)




携帯やネット料金も
結構気にしていましたが




余りに安いサービスを見つけてしまい
ネットと携帯の総額で毎月4,000円以上
携帯とネット料金を下げる事が出来ました






・毎月2,500円の光サービス



現在、携帯がauのままなのも


家のネットがauひかりなので
スマートバリューという割引があるから
なのですが




タマホームで建てた施主さんの
ブログでめちゃ安いネットがあって

catva



なんと光接続の100Mbpsが
税込で毎月2,750円です




タマホームの施主さんは
さらに安い24Mbpsで1,980円の
コースみたいですが



私ははちょっと不安なので
100Mbpsにしますけど





今のauひかりの料金が



catv2



5,390円です





ちなみに真ん中の
「auひかり料金」552円は




全く使ってない
固定電話代金ですね・・・




auスマートバリューの
割引条件は


固定電話の契約も無いと
適用されません・・・



スマートバリューで
割引1,000円と言っても



使ってない固定電話代で
500円かかるので実質は500円引きなのですが




それを抜いてたとしても



単純なネット代金だけでも
毎月2,500円以上下がりますから
かなりお得ですが




auひかりから乗り換えると



スマートバリューの
割引が無くなるので




携帯会社も
auからUQモバイルに変更しました



・・・・・
・・・・
・・・
・・



という事で
早速新しい光回線
「CCnet」を申し込みしたのですが





開通工事で
サイディングに穴開けるというので

家に何かあったら困りますから


catv1


使うコーキングが
問題無いか見せてもらって






catv2


高所作業ですが
確認はちゃんとしました




知らないで長いネジとか
使われたら透湿防水シートまで
穴開いちゃいますからね・・・






速度的にも満足で
時間にもよりますけど


catv3



無線LANでiphoneでの測定ですが
プランが100Mで
実測95M出てますから
なかなか優秀ですね




これで税込2,750円は
お得です





これでauひかりより
3,000以上下がりましたが



ケータイの割引がゼロになるので
こちらもauから変更します








・ちょっと前まで「情強」だったauの毎月4,000円プランですが・・・





現在使用している携帯のプランが


catvc


毎月4,000円位で






catvd

フラットプラン7プラスという



毎月7Gの容量で
インスタとかツイッターとか
SNSは消費無しというプランです






とはいえ定価は5,480円なのですが



catve




合計で毎月2,000円割引があるので



4,000円以下で
済んでいたいたのですが





・スマートバリューは無くなるし


・auポイントはpontaと統合して
 全然貰えなくなりましたし




そうなると毎月7ギガで



6,000円ですから
めっちゃ高くなるので
UQモバイルに変更しました






・楽天モバイル VS UQモバイル




今回加入したのは
UQモバイルです

catvf



こちらの10ギガで
税込3,278円のプランです



10ギガってのが
私にはちょうどいいんですが



悩んだ楽天モバイルは
まだエリアじゃなくて
毎月5ギガまでのauエリアになりますし




めっちゃお得な
楽天モバイルの1年間無料は


catvf2


既に無料の楽天ミニも含めて
申し込み済なので



2回線目は
1年無料は無いので



今回はUQモバイルですね



さすがにLINEモバイルとか
ああいう格安MVNOは速度とか
心配ですからね・・・



UQやヤフーモバイルなら
そこまで心配ないですし





全部の料金をまとめると


catvg


なんと毎月4,943円も
安くなりました



年間で約6万円の
固定費削減は大きいですね




という事で
早速手続きを開始したら



契約解除手数料という



ボッタクリワードに
引っかかってしまいました・・・





・auひかりの契約解除料にお怒り




今のネット回線は
3年縛りだと思っていたので



すでに引っ越して3年以上経過してますから
平気だと思っていたら



3年ごとの自動更新という事で・・・





そろそろ家が完成して4年になるので

catvh


次の無料で解約出来る期間は
約2年後です・・・




これ以外の期間は
なんと解除手数料が
16,500円もかかります




ただ、契約解除するだけで
何が16,500円もかかるのか



本当にお怒りモードですし




そもそも違約金に
消費税がかかるのか謎ですが・・・




15,000円と消費税合わせて
16,500円と言われたのですが



catvi

まあ名目が
違約金じゃないから
消費税掛かるんですかねぇ・・・




そういう契約だから仕方ないですけど・・・




毎月4,000円以上安くなるので



4ヶ月で契約解除手数料より
安くなりますから
待っていても損ですし







UQモバイルは
MNPで10,000円の
キャッシュバックしてたのと



catv1



今度の光回線は
2ヶ月無料なので



あきらかに
即解約の方が得です




そもそもauひかりを新規で
申し込みした時に
20,000円分の商品券貰いましたし



あきらめます・・・


お怒りですけど(笑)



という事で



光回線と
携帯が毎月10Gで
毎月の維持費が6,000円以下になるので


結構オススメなんですが



そもそも
この妙に安いネット回線は


ケーブルテレビに
加入している人だけの
プランなので








山梨はケーブルテレビに入らないと
4cmと6chしか見れないんですが



こちらが超ボッタクリで
普通の地デジを見るだけなのに
なんと毎月3,000円も料金取られます



しかも加入料も10万円近くかかりますし



「なんならネット代無料にしろよ」並みの
ボッタクリなのですが




とりあえず
今回は安い光契約が出来たので
ちょっとは満足しました(笑)







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



















2020年11月06日







ちょっと前に



人生で多分2番目に大きな買い物である
車の買い替えで




中古車屋さんや
新車のディーラーなどに行きましたが




車を買う場合って
家に比べたら
知識はそこまで要らないんですよね





まあオッサンになって
車も興味がなくなりましたけど・・・
(ミニバンしか買っちゃダメですし)





要は気に入った形と予算で選べば



個体差はありますけど
車の平均耐用年数は
どの車もだいたい持つわけです




・アルファードなら10年持つけど
・カローラなら5年しか持たないとか無いですし
(実際どちらも最低12~13年は持ちますよね)



どの車だって
余裕のある、無しはともかく
高速道路は走れます






これが家となると


・価格が安い建売とか

・超ローコスト住宅メーカーとか

・知識に乏しい工務店などの場合とか






間取りは満足したとしても


知識1



サッシの商品名や
換気システムも書いてないので





何を使っているか
全く分かりません




「高品質設備を厳選して使用」
書いてあったりしますけど





実際見に行くと


知識a


未だに
アルミサッシだったりしますし








知識b

C値が良くないのに
「取ってつけた」ような


換気性能が期待出来ない
換気システムだったり



ルーフィングや屋根は
耐久性が10年ほどの使われたり



サイディングも
一番安いもので10年ほどしか持たないとか




「安いのですが10年ちょっとしか持ちませんから
10年後に色々必要です」とか



説明されて納得すればいいのですが




そんな事もほとんどないですし






ひどい場合は


「性能は大手メーカーの
商品と同じですよ」


って言うんですよね







間取りに関しても




何も言わなかったら


・割と無茶がある動線とか

・登りにくい急階段とか


生活しにくい事も
たくさん出ています






その点で、特に注文住宅は



間取りや性能などを
相談しますので

「一緒に建てる」という感じですから




自動車の営業さんとは
また違いますが




間取りや設備品の話は
ともかく






性能や耐久性に関しては
何も言わなくても
ある程度最低限の性能は欲しいわけです







例えば美術品の世界とかは
知識がないと



騙されて高い物を買わされるとか


知識c


よく聞きますけど(笑)




これは趣味の世界ですから
趣味は自分で知識を付けるのは分かりますけど



車も家も
生活するのにおいて
必要な物ですし




本来は
形(間取り)が気に入って
予算が合えば



あとはどれを選んでも
長期優良住宅並みの仕様は
最低限欲しいわけです



もちろん上を見ればキリはないですが




長期優良住宅程度の仕様なら
住んでで不満ってほどの
事はないと思います




もちろん
建築基準法ってありますけど



自動車、食べ物などに比べると
最低限の質が低すぎる気がします・・・




ちなみに建築基準法だと
未だに断熱材を入れない家だって
作れますからね




逆に何も知らないまま
家作りをスタートさせて




そこで
初めて家の性能ってのを知って





言われるがままに
必要以上の性能な家を建てる人もいますしね





まあ、こっちはお金に余裕があれば
問題ないのですが・・・









・そういうメーカーもありますけど



よく考えたら
「何も分からないけど
何選んでもある程度の性能は欲しい」

という




当たり前の希望を
全国区で




性能数値として行ってるのが


canvas


(比較のC値5.0っていつの時代ですか・・・)


一条工務店ですよね



そりゃ今まで
C値とかUa値とか知らない人には
大人気になるのも分かります






ちょっと光熱費の記事でも書きましたが





https://reogress.net/archives/22997937.html




比較数値が5.0と大げさなのが
「ちょっとなぁ・・・」と思いますが



20年以上前の家だって
在来工法で筋交いのみで
気密シートとか入れないと C値が3.0位





ツーバイとかパネル工法で C値が2.0位



そこから気密シートとか
吹き付け断熱とか
今は高気密になるものが
色々とありますから





今時の家で2.0以上ってのも
なかなか無いのですが




・・・・・
・・・・
・・・
・・





とはいえ


「この間取りはダメ」とか
色々と独自のルールもありますけど




一条ルールに従って
作れば



何の知識も無くたって
C値1.0以下の
性能は保証されるんですから
安心なわけです



何も知らなかった人が
ここで初めて性能ってのを知って



感化されるのも良く分かりますね





ただ、性能という面は
保証されていますが



耐久性は保証されていないので



屋根が10年で点検、塗装が必要な
コロニアルクアッドが標準という



長持ちの面においては
なかなか数値で出す事も
難しいのですが



・・・・・
・・・・
・・・
・・




後は高いメーカー


・積水ハウスとか
・ヘーベルハウスとか


この辺は
車で言うとレクサスに似てますよね



値段は高いけど
アフターサービスがしっかりしていますから



何があっても
対処してくれます



一条工務店に比べたら
気密性は劣ると思いますが



住んでいて不満なんて出る
レベルの家ではありませんし
まさに一生の付き合いですね



もちろん
一生付き合うには
それなりのお金はかかりますけど・・・






じゃあ、そこまでの
価格帯じゃないメーカーとか
ローコスト住宅の場合


f3a450cd-s



相変わらず安い理由を


「大量発注と企業努力」と言って
(それも大事ですが)




大手をディスりながらも



「大手の高性能住宅と
全く同じです」


なんて言う会社もあります・・・




何も調べないと



住みにくい性能と
10年持てばいいやっていう
部材を使って来たりしたりするので



自分で調べて
変更したりするなどが必要です




別に分かってて買うのは
何の問題も無いんですけどね



安いというメリットは
ものすごく大きいですから









・やはり国ですよね・・・



私は、家を建てるなんて
趣味じゃなくて生活の一部ですから


「買う方が知識を得ないと
ダメ」なんてのは


おかしいと思っていて




前に住友林業で建てた妻の知人の
記事を書きましたが


・家の断熱材も知らず

・窓もメーカーしか分からない


・話した事のほとんどは
 生活と間取りの事と設備



これで満足出来る家が
出来たんですから




これが理想だと思っています





自分の家の部材は何もしらなくても
満足する家です




そりゃ間取りとかは
注文住宅ですから



「ある程度は自分でも考えろ」と思いますが




性能と長持ちの部分ですね




サッシだって色選びは
当然施主がすると思いますけど



・いちいちUa値が・・・とか
・日射取得が・・・とか
・遮熱型、断熱型・・・とか
・アルゴンガス入り・・・とかですね



知識2


こんな表を見て
色々考えるわけですけど



「この辺は何も言わずに
こちらが調べる事なくどうにかしてほしい」など




ツイッターに書いたりするんですが




ひどい工務店だと


・素人が何言ってるんだとか

・そんなとこで建てる方が悪いとか

・そんなの気にする方が悪いとか


色々工務店さんから言われるわけです




「言われなくてもお前のとこで
だけは絶対に建てないわ」
思いますけど





逆にしっかりしている工務店さんは


・もっと高性能住宅が普及するように頑張りますとか

・全ての施主さんが苦労しない家にしたいとか



こちらも是非「頑張って下さい」
応援したい素晴らしい工務店さんも多いのですが





https://reogress.net/archives/24712397.html




やはり安い家は安い理由があって



それがデザインや
キッチン、バスルームなどの
仕様面ならいいですが



性能や耐久性を落とされると
困ってしまいます・・・




そう考えると





https://reogress.net/archives/16529795.html




本来は今年(2020年)に
断熱等級が義務化されて



UA値が0.87以下の家は
作れなくなる予定でしたが


結局延期になり・・・

(UA値0.87ってのは断熱材に気を使えば
アルミサッシでもクリア出来る数値です)





もちろん建築基準法ってのはありますけど


・耐震等級だって1以上ならOK

・断熱材や気密性能の規定はありませんから



それは安かろう悪かろうの家が出るのも
仕方ないなぁと思います




普通のローコスト住宅だって
今時はUA値0.6程度は普通ですし



C値も出したいってなら
吹き付け断熱を
断るメーカーも今は無いと思いますから



よっぽど安く作らない限りは
大丈夫なのですが



これは計算出来ない工務店と



未だに一部には
フラット35Sにすら通らない家を
作るところもあります




建売住宅の建設途中見てると
未だに在来でパネル貼らない家もありますしね・・・



・・・・・
・・・・
・・・
・・




自動車は安全や性能なんて
法律でガチガチですけど



これは大手メーカーしか
作ってないから可能ですが


未だに1人~2人や
家族だけで工務店経営している
ところでは無理ってのも分かりますけど




現状は国に期待も出来ないので



結局買う方が知識得るしか無いのが
現状ですね・・・



とはいえツイッターなど見てますと



高性能、高耐久の工務店さんは
もちろん色々と発信していますし




建売住宅だって








https://twitter.com/UchuFilm/status/1284308899957321730



こういう素晴らしい考えの
会社も増えてきていますから



確実にいい方向には
進んでいると思います



現状は最低限の性能以下・・・



逆に必要以上の性能を
付けちゃう人も多いですしね












・これからの方向性



注文住宅の良さって


・工事が見えるとか
・性能とか
・耐久性は



後付けの理由で
一番は間取りだと思っています



間取りが自由じゃなくて
いいなら建売住宅でいいんですから




それが、今の現状は
中身が見えなくて不安というのが
一番大きいのですが




これが無くなって




どの家も
最低限の性能、耐久性が
確保されたら

知識d



こういう広告に
広さなどと一緒に


・Ua値やC値の数値

・使用している断熱材などが



普通に入るようになったら
性能を考慮しない
工務店は潰れると思いますから





そうなると
やはり一番重要なのは
間取りですね




そして、家と言うのは
一緒に作っていく物なので



他の業種に比べて
営業さんの重要性が
非常に大きいので



「そりゃ、いい給料貰うわ」
と納得してしまいました(笑)





2020年11月02日







めっちゃお得なGo To Eatで
我が家も最近は外食が多いです




一番有名な「無限くら寿司」以外にも
実質無料で食べれるお店がたくさんあるので



我が家の最近の
無料な外食を色々紹介します





・まずは一番有名なくら寿司



「無限くら寿司」という名で
大ブームになっていますね(笑)



一応説明しますと
まずはくら寿司のアプリに入って




Go To Eat専用の予約サイトから
予約をします

gotoeata



どんなに小さな子供でも1人とカウントするので



我が家は夫婦と4歳のお兄ちゃんと
2歳の妹なので4人ですね




そして普通に
くら寿司で食事をします






今は平日も外食が多いので
保育園の園服着ています


gotoeatb



スタート当初は
値段制限が無かったので


格安居酒屋の鳥貴族で
280円だけ頼むってのもありましたが



今は一人1,000円注文しないと
全員分のポイントが貰えないので




我が家は4人なので
4,000円以上注文します


gotoeatc


実は一回目は
税抜き4,000円と思って
頑張りましたが


税込みでいいので
税抜きで3,640円以上で大丈夫ですね





そしてこのレシート画像を
アップロードすると
わずか1時間後には


gotoeatd



4,000P=4,000円分の
ポイントが貰えるので




また後日
くら寿司の予約を取って
食事に行きます


gotoeate


4歳のお兄ちゃんは5皿位と
アイスクリームを





そして、めちゃ美味しそうに食べる
2歳の妹は


gotoeatf


3皿位とアイスクリームを注文



くら寿司のアイスは
180円なので


お寿司33皿=3,300円
アイスクリーム2個=360円



これで税抜き3,660円
税込みだと4,026円なので



夫婦でめちゃ頑張って
食べて


gotoeatg


総額4,026円ですが



前回貰った4,000Pを使えますから


支払いはなんと26円




楽天ポイントも18P貰えるので



実質わずか8円で
お腹いっぱいお寿司が食べれます




そしてまた


gotoeath


4,000P貰えるので
毎回8円で食事が可能です




ただ、余りに有名になりすぎて
都会だと予約が取れるのが1週間後



この辺でも3日後とかなので
毎日はキツイですが



他にも実質無料なお店は
たくさんあります






・実質無料なら「しゃぶ葉」vs 豪華で格安なら「ゆず庵」



居酒屋、飲み屋もGo Toは多いですが


我が家は子供が小さいので
今回は対象外として




まず実質無料のオススメは
しゃぶしゃぶ食べ放題の「しゃぶ葉」です





こちらは
ホットペッパーのポイントになりますが


gotoeati


こちらから予約します




尚、くら寿司の予約アプリ
E-PARKは1時間後には
ポイントが付きますが



ホットペッパーの場合は
7日後になりますし




詳細は後述しますが
ポイントが溜まるけど使えない
場合もあるので



無限には使えないです・・・




とはいえ
しゃぶ葉は

gotoeatj



このように安い食べ放題なので
実質無料が可能です




「とにかく無料がいい」場合は
しゃぶ葉やガストですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・


個人的にオススメなのが
ちょっと差額はかかりますが



満足度は段違いの
「ゆず庵」です



こちらは
小学生未満は無料なので


子供が4歳と2歳の我が家の場合
夫婦の料金だけで4.000Pが貰えます




牛、豚、寿司&季節の逸品料理食べ放題が

gotoeatk


2,980円なので



・夫婦で約6,000円
・子供は二人とも無料で




これも4,000ポイント貰えますから
総額で実質2,000円ちょっとですが



しゃぶ葉とは
比べ物にならない位豪華になります




寿司やカラアゲなども
あるので


gotoeatL


子供は喜びますし





肉の質もしゃぶ葉よりずっと良くて


gotoeatm


全部タッチパネルで注文なので
楽ですね





しゃぶしゃぶ食べ放題って
最初の肉だけ良くて
後はイマイチな肉質になる店も多いですが





gotoeatn


何枚目でもこのクオリティーなので
満足度は高いですね




後、季節の料理などもあって


gotoeato


今の時期は
松茸の土瓶蒸しとかありました




焼肉きんぐと同じ系列の会社ですが




焼肉きんぐはくら寿司と同じ
EPARKが使えるので


焼肉ならそちら経由のがいいですね



ただ、今紹介した2件は
ポイントは溜まりますが使えません
(ホットペッパーの場合)




焼肉きんぐもはPARKならポイント使えますが
ホットペッパーだと溜まるけど使えませんから




お得に使えるお店で
ポイントを消費します










・現状のベストだと思う牛角でポイント使用




先ほど紹介した
「しゃぶ葉」も「ゆず庵」も
「ガスト」や最近増えた「かっぱ寿司」も




今の段階では
ポイントが溜まるだけで使えません


gotoeatp



こちらはカッパ寿司ですが
ポイントが使えません





一方使える場合は




こちらは牛角ですが


gotoeatq



予約時にポイントが使えますと
表示されます






gotoeatr



こちらも食べ放題なら
小学生未満は無料なので




一番安いコースなら
実質総額2,000円程度で
食べれるので




牛角で使うのが
一番いいかなと思います




2回分溜めれば
我が家の場合8,000Pなので




牛角コースに
ソフトドリンク飲み放題で
8,000円ですし




食べ放題じゃなくても
初回から
実質無料にしたければ


gotoeats


クーポン使えば
何皿でもカルビやハラミは
1人前390円ですから
10人前なら無料ですね







まあ今回は
牛角は都道府県の地域クーポンが使えて

gotoeatt


地域クーポンも
私が3万円
妻も1万円買ってありますし






この日は
翌日が妻の誕生日だったので


gotoeatu


かなり高い肉なども
注文したので



完全に無料の予算は
超えてますけど


それでも4,000円割引と
地域クーポンの割引があるので
半額程度で食べれました




やはり子供でも
ポイント付くのが大きいですね



ちょっと探しただけでも
実質無料のお店がたくさん出てきますから



食費も浮いて助かりますが



体重はどんどん増えちゃいますね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年10月17日







前回記事の
500記事記念





まっしんはやぶささんとの
対談の後編になります






前編はこちら


https://reogress.net/archives/26195178.html







・最近の流行語「メンテナンスフリー」について





r
前に5,000万円の家で60年住むなら
2,500万円の家で30年後に建て替えなり
大幅なリノベーションすればいいじゃんという記事を書きまして





https://reogress.net/archives/25651257.html





一部の方は賛同してくれたのですが
ツイッターで随分と批判のコメントも多くて




しかもお金の問題なので
60年か30年の比較にしたのに



「ローコストだから30年しか持たない」みたいな・・・



普通にメンテしてれば
50年程度は持ちますけどね




解体屋の方が
ハウスメーカーや工務店さんに比べたら
古い家には詳しいです(笑)






m
そんなに批判のコメントが出ているんですね
60年版をすでに選ばれた方ですかね・・・





r
というか批判は全員
工務店さん側でしたけど




ノーメンテでも見た目が古くなるんですから
新築そっくりさんみたいな
大幅なリフォームした方がいいじゃんとか
思うんですけどね(笑)



これって
まっしんはやぶささんが書いた記事


 


この記事内にある


高性能で長持ちする家を
作っているという工務店さんが
金額を言ったら


「我が家だったら2回建てられる」と書いてあって


「それなら
2回建てる方がいいじゃん」と思いました


建て替えなくても
大幅なリノベーションでもいいのですが





m
建材の耐久性が高いことと
家として使い続けられるかどうかは
別の気がするんですよね


私の場合建ててから知識を付けたクチですが
タイルの耐久性が高いといっても


他の部材が原因で結局メンテが必要になることを
説明してなかったりするんですよね。


ちょうど、住んでいた借り家がタイル外壁だったんですが
築15年でタイルがところどころ剥がれてましたし(笑)


メンテナンスフリーって
ものすごく誤解を生む言葉だなぁと思います



詐欺師は、9割の真実に
1割嘘を混ぜるといいますが・・・



経年・太陽光・雨風による風化は強烈なので
おっしゃるとおり10年20年での
メンテを前提にするほうが現実的で
それ以上大丈夫というのは幻想かなと



そもそもライフスタイルや
価値観による風化も絶対避けられないですからね


コロナ禍前に
「俺の言う通りに(ちゃんとお金かけて高性能に)
建てたら将来資産になる」みたいに言ってた人が


「コロナ後の家はこう変わる」なんて言ってるのを見て
オイオイなんて思ってます



ただchelseaさんのブログ記事見て
ルーフィングと屋根材は
もうワンランク上にしておけば良かったと思いました(笑)
コロニアルクアッドと940なので(汗)


ローコストを選ぶ方は
メリハリを抑えるべきところは
知識を付けておくといいですね






こちらがルーフィングの記事ですね





こちらがコロニアルクアッドはダメって言う記事






https://reogress.net/archives/25082418.html




屋根は目視しにくいし
自分で近くで見れないし


足場必要なので
修繕費用も高いので

ちょっとこだわりました(笑)



瓦なので50年ノーメンテなんて言う人がいますけど
そんな事はありません・・・


素材自体は平気でも
ズレとか出ますし


欠けたり破損したりする可能性はありますから
点検やメンテナンスは必ず必要です




だいたい、家を建てるってのは
その家の責任を持つって事なので



何でもノーメンテがいいなら
家なんて建てるもんじゃありません・・・






m
30年後に建て替えのご意見は
私も1000%共感で
実際もう一度建てたいと思っています(笑)




5000万円の家を60年もたせる追加コストも
かなりかかると思うんですよね



高い家は、修理コストも高いはずですし
格安の高級車買っても
タイヤや修理代が高くて困るみたいな





金額での比較からは少しずれるのですが
高級ハウスメーカーの場合は


クローズドな工法で囲い込んで
割高なメンテナンス費用で稼ぐ
ベンダーロックインモデルに取り込まれることを
消費者に巧妙に気づかれにくいようにしているなぁと思っています



独自工法で特徴・付加価値づけしている地域工務店も
他の参入を許さない似たような戦略のような気がしますね







・ローコスト住宅は30年しか持たないの間違い




m
ローコスト住宅が30年しか持たないみたいな
印象づけも本当かなぁと思っていて



ろくなメンテナンスをしていない
大阪の実家の戸建ても築37年ですが
まだ十分住めているんですよね


当然、性能はものすごく低く
もちろん色々ガタは来ていて
人に売れる建物価値はありませんが






r
古い家は本当に仕事で
たくさん見ますけど


30年で家がダメになるなんて事は無いですね



今のローコスト住宅なんて
特に通気工法が出来た以降の家は



普通にメンテナンスすれば
絶対に50年程度は持つ事は分かっていますけど


シロアリ対策などの
メンテナンスは必要ですが


これは木造なら
高い、安い関係ないですね





m
以前、下記の記事の中で、色々つっこみどころのある
ダイワハウスの記事を取り上げたのですが
わりと肌感覚で納得感があったのが
ローコスト住宅の耐用年数が「おおむね50年未満」となっていたことです。



https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/blog-entry-1037.html





そもそも、ローコストな家が
20年や30年でダメになるというのは
高額な家を売りたい立場からの
都合のよい刷り込みではと思ってたりします



今の外壁通気工法の家って
雨漏りとシロアリだけしっかり気をつけておけば
40~50年ぐらいは持ちそうな気がするんですよね




30年って、30歳で家を建てたら60歳
40歳で家を建てたら70歳という
大きなライフスタイルや人生の区切りといえる単位で
その時点で選択肢が広いのはいいですよね




・リフォーム/リノベで住み続ける(建物・土地・地域にこだわる場合)
・建て替え(ダウンサイジング/平屋化など)
・住み替え(地域・土地を変える)
・二世帯住宅
・争続材料にしない(自宅しか資産がないと結局売って分けるしかなくなる現実)


などなど





r
子供部屋などの間取り問題や
見た目の更新もまさにここで出来ますね



30年後だったら、手頃な価格でその時点で
性能の向上した
建売やローコストに住むって方法もあると思います



子供が出ていって
管理が大変ならマンションにしたって
いいのですが






m
本家の新築そっくりさんは
ハウスメーカーの新築に比べると安いけど


わりと良いお値段みたいなのですが
もしアコルデで1500万円ぐらいで
フルリフォームしたらどんだけ豪華にできるだろうと
とってもワクワクできます


5,000万円の家で、この楽しみはできないでしょうね
でも下手したら建て直しても200~300万円しか
変わらないかもしれないので
それなら建て直すほうを選ぶかも




どんなに今の価値観で素晴らしい家を建てても
30年後に住みたい家で
ありつづけられるかどうか



なぜ、今空き家が問題になっているのに
新築住宅がどんどん建つのか考えれば想像つくと思うのですが
これは性能だけの問題ではないと思うんです




こちらが対談中に出てきた
「新築そっくりさん」

2階建てを平屋にリフォームも簡単に出来ますが


canvas



工事費用がこれで2,000万円以上なので
ローコストなら建て替えが出来てしまうという・・・






r
建て替えや
大規模リフォームを前提にすれば


子供部屋の間取り問題とか

ノーメンテはいいけど
見た目は古くなって嫌とか


色々解決すると思うんですよね



何故か100年持たせようとする
前提が多いです・・・


言ってる側が
コロコロとデザインを変えて


古い家を古くさく
見せてるのですが・・・





https://reogress.net/archives/24846069.html




m
万一、将来売れる価値が残ると
信じている人にも


新築を決意する前に中古住宅を築年数に関わらず
選択肢として考えたことがあるのか聞いてみたいです


自分は、新築しか眼中になかったのに
価値の高い家なら中古でも買って人が出てくると思えるのは
楽観的すぎると思います



仮に、5000万円で60年ノーメンテで
本当にもつ家があったとしても


その価値を消化できるのは60年住み続けて
完走した場合に初めて価値を享受できるわけで
とっても難しい条件です



このあたりは「不確実なお得の先送り」という観点で
ブログで書いた話に通じます。



https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/blog-entry-1040.html



30年でも長いのですが
家を建てた時点では30年は生きられる(生きたい)なぁと
思ったので、まだ現実感があります





・保証の誤解

 ✕メーカーがお客様60年住宅の品質保証をする
 〇お客様がメーカーに60年お金を払う保証をする



60年住める家という大義名分で高い家を選択して、
さらにお金を払う保証を負うことになりうるリスクがあるという






r
うちのハウスメーカーも
たしか10年までは無料で
その後の点検は有償のメンテすればって話ですね



対談c



在来に耐力壁の
どこにでもある
工法ですし



仕事上
工務店さんと付き合いも多いので
10年目より先は



金額次第ですけど
ハウスメーカーの保証は
使わないかもしれないですね



もちろん金銭的に
折り合えば
ずっと保証は頼みますけど




他でメンテナンス出来ない
鉄骨メーカーとかは
仕方ない部分もありますけど



何にしても
いつでも修繕出来る費用だけは
用意しないと色々大変ですし



ある程度貯金出来る性格の人なら
絶対にコスパだけなら
今のローコスト住宅の方が安いと思います



お金さえあれば
なんでも後から足せますしね



なので基礎、躯体に納得して
断熱や透湿防水シートなどの
後から足せない部分の工事さえちゃんと
してれば



「安くても問題ないんじゃない?」
と思っていますけどね



まあ問題は
ちゃんとしている業者の見極めってのは
ありますが・・・






m
ハウスメーカーでもローコスト系だと
在来の標準的な工法なので、どこでもメンテできますね。
確かに業者の見極めは難しいですが・・・



初期費用を抑えられるローコスト住宅だと
余裕が出て修繕費用を温存できますし


実際の修繕時の状況でどこまで費用をかけるべきか
選択の余地を残せるメリットが大きいと思います



家へかけるお金の優先順位が
必ずしも高いとは限りませんので



無理して高い家を選ぶと
お金の大半の使いみちを
長期に固定してしまうリスクが
あまり語られない気がします







・住んで実感するローコスト住宅のデメリットは?



r
2人とも今の家に満足してるので
家を色々と掃除したりDIYしたりという
記事も多いのですが


満足してると
家に愛着が沸きますので


逆に住んで実感した
ローコスト住宅のデメリットはありますか?





m
誰が見てもわかる豪華感、高級感など
高級な住宅にはかなわないですね



性能重視の場合もあるので
全ての高級住宅がそれらを
兼ね備えているとは限りませんが


ローコスト住宅は合理性重視なので
見た目や高い性能に価値を求めている人には
物足らない選択肢になると思います



その十分な予算を持っている方には
高級住宅はとても価値あり社会に
必要な選択肢ではあると思います




ただ、なかなか一般人には手を出せない
高級車などとは違って


一生に一度、家族のため、終の棲家など
色々な大義名分によって
予算の身の丈に合わない選択を
してしまいかねないのが
高級住宅の場合の怖いところだと感じています


また、下手すると融資がおりて
買えてしまうのが恐ろしい・・・




r
我が家の世帯収入でも
普通に4,000万円以上は借りれますからね・・・


ローコストはとにかく合理的ですね





m
わが家も融資の上限に
収めようと頑張っていたら

とある銀行から1000万円単位で
「融資増やせますよ」と悪魔の囁きがあったので
怖い世界だなぁと思いました(笑





r
性能に関しては


私は余り数値ばかりに
こだわってほしくもないのですが


今でしたら普通にUa値0.5
C値も吹き付けに耐力壁で
1程度は簡単に出せますけど


見た目は全然違いますよね(笑)



「見た目って住宅が快適かどうかには
影響しないじゃん」って人には
向いているのですが


当然、せっかくの家なので
豪華な見た目って人もいますので


そういう人には向いていないですね・・・




m
高級ハウスメーカーの住宅ばかりが並ぶ

高級な新興分譲地などに
ローコスト住宅を建てる場合


つい豪華な見た目の周りの家と比較して
気持ちが重くなるかもしれません



他人との比較を
気にしない方であればよいのですが


競い合うように新築住宅が建つ場所よりも
まわりの比較にさらされない
独立した土地に建てるほうが
ローコスト住宅は気持ちの面で
安心できるのではないでしょうか





r
前にローコストでも
マウントを取る方法という


ネタ記事を書きましたが(笑)





https://reogress.net/archives/24955566.html



他人と比べてもしょうがないし
どうしても比べるなら


分譲地で建てるなと書きました(笑)






m
私も妻も地元じゃないので
対抗意識を燃やす知り合いもいないので
気楽だったのかも


地元でまわりが皆有名ハウスメーカーで
建ててたら多少は意識してたかもしれませんね


しょーもない見栄ですが・・・


めったに無い経験ですし
普通は人生1回きりですから
張り切っちゃう人も多いですかね





r
私は地元ですけど
分譲地でもないし張り合う事も無かったですね


隣が線路なので電車と張り合うのは無理ですし




外観に関しては
仕事で古い家は嫌と
言うほど見ますから(笑)



そこに金かけても20年もしたら
どれも同じに見えるみたいなのはあるので
夢のマイホームって発想は無かったですね


あくまで現実的なマイホームでした





m
実際に家がどうなるかを知っているのは
説得力ありますね



後、ローコスト住宅は
家づくりのプロセスに興味がなく


なるべく手間をかけたくない方には
向かないと思います



施主側も自発的に考えて動ける人であれば
一緒に家づくりをしている感覚を楽しめますが


業者側も最低限の体制であることから
完全な業者側への丸投げ姿勢だと
細かな意思疎通や確認不足から
トラブルや不満足の原因が増える可能性があります





r
そうですね
私は家を建てる側が
ここまで知識が必要なんて
おかしいって思っていますけど


これってローコストじゃないと
ここまで知識要らないんですよね


高いメーカーは
そのままある程度の性能に
豪華な見た目で出来ますし


一条みたいなとこだって
見た目はともかく
性能は何もしないでも
いい数値の家を作れますが


ローコストの場合


施主も頑張れば
いい家を安くが出来ますが


何もしないと
安かろう悪かろうになってしまう可能性もあります





・対談を終えた感想

 

お互い
ローコスト住宅でも満足していますけど



やはりローコスト住宅が
向いてない人もいるよなぁってのは
良く分かりました




そもそも収入が高い人には
必要のない選択肢ですしね




個人的に似てるなぁと思ったのは
お互いに家に関して
見栄とか無いんですね(笑)




だから堂々と
安い家の金額や全貌を
これでもかと見せているのですが・・・


ただ、高い安いに関係なく


せっかくの注文住宅なので
施主が満足してない家はダメです




よく「綺麗好きですねー」とか
言われますけど


自分が気に入って建てた家なら
掃除嫌いなオジサンでも


好んで掃除するようになります(笑)




ただ、賃貸と一番違うのは
やはり、全ての責任が
建てた本人が負いますから


30年後でも50年後でも
何かあった時に動けるお金は必要です




ローコストを考えている人にも


決して全部が
安かろう悪かろうでは無いって事は
分かって欲しいですね





対談企画も
これで3人目になりましたが




もし参加したいという
ブロガーさんがいたら
メッセージ下さい(笑)




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

















2020年10月16日







ついに

このブログも500記事を迎えました




100記事の区切りの度に

色々なブロガーさんと対談という

記事を書いているのですが





500記事の対談相手は





https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/




ローコスト住宅ブログでは

超有名な「まっしんはやぶさ」さんです






私も家を建てる時に

かなり参考にさせて頂いて







ブログを一言で表すと



実際の生活が

凄い想像出来るブログです





そして恐ろしい事に

すでに1,100記事以上あるという

物凄いブログです(笑)






家を建てたのが8年前なので




今はちょこちょことリフォーム関係の

記事などもあって



大変参考になります




・・・・・
・・・・
・・・
・・




私が家を建てる時に
一番見たブログは2つあって





一つが



https://www.2x6satoru.com/




高断熱高気密では有名な

さとるパパさんのブログ






ちょっと言葉悪いですが

何でも数値重視なブログが多い中




「いや、そこが0.1違っても

体感で変わらんだろ」とか

思ったりする場合もあるのですが



こちらのブログは

大学で構造力学とか熱環境工学など


私が人生で一度も聞いた事ない
学問を学んでいたそうで

専門的な裏付けもあり




若干専門的な事も書いてありますが




ローコストでどこまで

数値を求められるかみたいな




庶民派にも

ためになる事をたくさん書いてあります




解体とはいえ現場仕事ですし
新築の廃材処理などもしますから


大工さんや現場監督さんと
付き合いが多いので



建材選びは自分で色々と知識がありましたが




換気システムや気密性なんて

余り知らなかったので

かなり参考になりました




・・・・・
・・・・
・・・
・・




そして、もう一つが




https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/



今回対談する

まっしんはやぶささんのブログで





こちらは設備面や間取りなど




性能面以外は

かなり参考にしました





我が家のバスルームや窓関係選びは

こちらのブログの影響も大きいです





記事の書き方がうまいのか

写真が上手なのか




本当にリアルな生活が想像出来るので




逆に

「あ、これは私にはダメだ(笑)」




みたいな反面教師的な

参考になる場合もあったりします








・一応プロフィール





ローコスト住宅を考えている人なら

一度は見たことあると思いますが



対談a


https://kisekinomyhome.blog.fc2.com/




神奈川県平塚にある

アコルデという工務店で8年前に

注文住宅を建てたブログ主さんです




ブログも既に8年目という
老舗ブログですね





タマホームやアイダ設計などの

ローコスト大手ハウスメーカーや

工務店を何件も回って


アコルデに決定したそうです




タマホームでは

予算オーバーで



それより安い金額なのですが






それなのに当時(8年前)で



・16ミリサイディング

・吹き付け断熱など使っている家という




結構こだわっている
会社さんっぽいですね




今なら大手ローコストメーカーでも

標準ですが





8年前の当時だと

一番安いローコストメーカーの仕様だと

普通のグラスウールに14mmサイディングが
普通だったと思います




窓だけは
8年前だと仕方ないのですが
アルミサッシなのですが



こちらも内窓を付けるという
リフォームを最近しています







・それでは対談スタート





r

こちらのアイコンが私で
(自分のツイッターアイコンです)





m

こちらが「まっしんはやぶさ」さんになります





尚、対談中に
私の名前をchelseaさんと呼んでいますが



これはツイッターの
アカウント名です(笑)






r

よろしくお願いします




まずは家のプロフィール


・広さ

・金額


を教えて貰えますか





m

こちらこそ
よろしくお願いします


延床面積は30.8坪

施工面積は33.93坪です




土地建物と入居までの

様々な諸費用含めて3500万円でした。




土地関係が1,800万円なので



差し引いて

建物含めてかかった
残りの費用が約1700万円です




ここには、建物本体・付帯工事費・融資関係諸費用

外構工事費・樹脂デッキやDIYで取り付けたフェンス
引っ越し費用なども含まれます。








我が家の土地代抜いた総額が






https://reogress.net/archives/8589883.html




2,100万円なのですが



我が家の方が4坪ほど大きいので

坪単価はそれほど変わらないですね



土地代抜き総額の坪単価を出すと

(延床面積ベース)




・まっしんはやぶささんで

 552,000円



・我が家で同じ計算だと

 608,000円と



建物だけなら

うちのが高いのですが




大都会のため

土地代含めた総額だと

我が家の1.5倍ほどになります




都会に住むって大変ですね・・・






m

金額的には



この予算になったのは次の2つの理由です。


1)当時家賃11万円/月の戸建て賃貸に住んでおり


全額借り入れと仮定して
同等の支払いになる3500万円が
無理のない上限金額と考えたこと






2)返済中の住宅ローン残債があり(人に賃貸中)


二本目の住宅ローンとして
融資を受けられるのが約3000万円の見込みだった
自己資金は500万円が上限だったため





r

結局予算超えてしまう人が多い中

予算通りに満足出来る家が
作れたのは素晴らしいですね






まっしんはやぶささんは

ブログを見ると分かりますが




別の住宅ローンの残債が

ある状態で今の家を建てられました





r

やはり場所柄

土地代が高いですね・・・

(土地関係で1,800万円・・・)






m

そうですねー。土地は高いです。

ただ、これでもかなり運が良かったほうです。

約40坪の土地なのですが、その後近辺で出てくる土地物件を見ていても

30坪の土地でもこの予算で買えそうなものが出てきません。





当時は、全く断熱性能には関心がなく

特にタマホームとアイダ設計を訪問した頃は
仕様の確認すらしていませんでした
典型的な住宅設備ばかりに目が向いている施主でしたね






r

タマホームに行った記事を見ましたが

値段が高くて無理だったと?






m

タマホームは
はじめてのハウスメーカー訪問だったのですが



予算を1500万円と伝えたら
実質門前払いされてしまった
苦い経験があります・・・



1500万円以内でタマホームで建てた事例を

ネットで確認した上で訪問したので
大丈夫と思っていたのですが



営業担当者にとって
魅力のない客と思われたのだと思います・・・




会社としてもローコスト路線を押し出していたのを

少し高付加価値化を模索していたタイミングのようで

安売りをしたくなかったのかもしれません



ローコストで建てられる会社であっても
売り出し方や営業担当者のスタンスによって
結果がことなるんだなぁと勉強になりました






r

担当営業さんで

ハウスメーカーの印象なんて

ガラっと変わりますね



アイダ設計は

実際に建てたアコルデさんより

安かったけどダメでしたか?





m

アイダ設計は、モデルハウスに足を踏み入れるや否や

こちらが何も言ってないのに

「うちは1000万円で建てられちゃいますから」
言われました



見透かされているようで怖かったのですが
アイダ設計を訪れる人のニーズを
よくわかっているんでしょうね



また、アイダ設計は
当時からいくつかグレードがあったのが



「色々付けると他社と値段が変わらなくなるので
うちで建てるなら一番安いのがお勧め」
と言われて、清々しいなと思いました



安い代わりに大量仕入れで仕様が決まっているので

クロスを選べないと言われて
注文住宅なのに「え~」と思ったのですが



後々考えると
ちゃんと安い理由(工夫)の一つになっているので

自由度とのトレードオフで
割り切れるなら賢い選択肢なのかなと思いました





実際に30坪の建物の
見積もりを見せてもらったのですが



本体価格が820万円で
もろもろ付帯費用を含めたら1050万円ぐらいと

当時まわった業者のどこよりも飛び抜けて安い金額でした





r
値段だけなら
かなり安いですけど


アイダ設計をお断りした理由は
どうしてですか?





m

当時のわが家の予算の厳しさを考えると

ここで決まってもおかしくなかったのですが



とある不動産屋から
「アイダ設計だけはやめたほうが良い
施工でのトラブルの話が多すぎる」
事前に聞いていて、踏みとどまりました



不動産屋だから説得力がありますし



当時、アイダ設計での施工トラブルは
ネットでもよく見かけたので
危ない橋を渡る怖さは感じました。



大量仕入れによる建材調達や設計の合理化
(海外で設計を集約)などによる
コストダウンは進んでいる一方で
施工品質管理は発展途上なのかなという印象でした



逆に、この施工管理が確立されると
住宅価格の常識も変わりそうな気もします



同様に建売のパワービルダーも
施工品質など批判的な意見がありますが

個人的には今後品質が大幅に
改善されるときにどうなるかは注目しています







こちらは

まっしんはやぶささんの

アーネストワンの記事ですが






いかに、性能を変えずに

工程数を減らしてミス無く
工事が出来るかの工夫がありますが



たしかに当時の

アイダ設計は評判がイマイチでした




どの業界、会社もそうですが

イケイケで支店なり業績が右肩上がりの時は



現場が追い付かずに

こういった悪評判の声が増えますが



今はそこまでじゃないと思います








r

そう考えると本当にいい工務店さんと会えましたねー

セルロースファイバーが予算的に合わずに

それでもアクアフォーム というのは8年前では

なかなか考えられないと思います



窓がアルミなのは
8年前ですと仕方ない部分ですが



当時のローコストハウスメーカーでは

ここまで考えてる会社も
少なかったんでは?と思います。






m

本当に幸運だったと思います



最後のコストダウン交渉の中で

セルロースファイバーから
アクアフォームに変えてもらえたのですが


後日談で聞くと

当初社長は変えるつもりはなかったそうです



私が相談に行った時点で
すでにギリギリの金額を出していて

これでダメなら断るつもりと話していたそうでした。




私が「アコルデでどうしても建てたい」と
泣きついたので考えてくれたのですが




当時わが家のように

予算がない施主さんには
グラスウールで施工していたそうなのですが



袋入ではないタイプを専門の業者にお願いして
施工していると聞いて、こだわってるなぁと感じました







r
住んでいて
「もっと性能を上げたかったなぁ」などはありますか?







m

住んでからの性能に関しては
やっぱり窓ですね



当時知識があったら、むしろ断熱材はグラスウールにして
窓にお金をかけることを考えたかもしれません


ただ、当時はアルミ樹脂サッシは高かったので
断熱材の差額だけでは厳しかったと思いますが









r

2,3年であっという間に性能があがりますからね…

我が家は当時標準のサーモスⅡhですが

今は同じプランでも標準がサーモスxかapw330ですから



レオハウスでも
建てた2年前ではアルミサッシのデュオPGが
標準だったそうです



東北地方より南で

樹脂サッシとか3年前でも結構な金額でしたから



8年前だと凄い金額だと思います・・・







m

最近の窓性能の進歩は素晴らしいですねー。

ただ、当然ながら同じ金額で性能がアップしているのではなく
建築費全体がアップしているみたいなので
購入者層の予算感との乖離も広がってないのかなと感じたりもします






r

当時はタマホームもレオハウスも

坪25.8万円で建てられるとありましたが

今だと無理ですね・・・



プランにもよりますが
我が家の時代で50万円ちょっとからですし








m

お手頃だった5ナンバーの自動車が軒並み3ナンバーになって
手が出なくなってしまったみたいな


わが家の当時の予算で今家づくりしようと思ったら
予算的に選択肢がとても狭くなって困っただろうと思います(汗







r

最近の記事でインプラスを入れるという記事がありますが
地域的に寒さは問題なさそうですけど

暑さ対策ですか?






m

インプラスですが、冬場の冷気対策がメインです
後は、付けたらどうなるのだろうという好奇心と
室内側のインテリア性が高まるのにも興味がありました。



好奇心の部分は、車で謎のケミカル剤を入れると
性能が上がると言われると入れてみたくなるみたいな心境かも(笑)。




この夏の猛暑での効果もかなり実感出来ています





14畳タイプのエアコンで
18畳LDKと6畳和室を冷やしているのですが
今年はとてもエアコンの効きがよくなり
びっくりしています







対談b



こちらが最近取り付けたという

LIXILの内窓「インプラス」です




建てたのが8年前ですから

アルミサッシも多い時代です



別に窓を交換しなくても

このような方法で

断熱効果も簡単に上がります




1つの窓で施工が1時間で終わるというので
気軽に出来ますね














・ローコスト住宅のメリットを語る




r

私は家ってのはツールだからと何度か言っていて

例えばインプラスみたいに

後から色々出来ますからね


間取りの変更も
日射対策も
それこそお金さえあれば
何でも出来るので




ただ色々するにはお金が必要なので

ローコストでいいじゃんと思いました




実際我が家だと

夏涼しくて冬暖かくて

これ以上なんの性能が必要なんだ?と思っています



これ以上、仮に何か必要なら
後から足せばいいですし







m

はい、まったく同感です

わが家も以前の暮らしから向上しかしていないので

1000万円以上高い性能の家の必然性はよくわかりません



余裕がある方が選ぶのは良いと思いますが、

ローコストで余力があるほうが
ライフスタイルや価値観の変化にも対応できますし

何より色々試行錯誤して楽しめると思いました







r

私の場合は仕事上大工さんや
ハウスメーカーの現場監督さんと
付き合いあるんですけど



「まあ、普通に夏涼しくて冬暖かくて
快適に暮らせるスペックあればいいかなぁ」

と言うのがあって



そのスペックで済むなら
安いのでって感じでしたね




子供に家建てたからオモチャとか
遊びとか旅行を我慢しなさいとか言いたくなかったですし



将来何が起きても支払える
ローン金額というのは気にしていました



この辺の2LDKの家賃より安いですし






m

chelsea さんのブログでは

処分される住宅の実態を語られていて




スペックで語られるどんな専門家の話よりも

新鮮で説得力のある内容だと感じています



そのchelseaさんが

ローコスト住宅への理解のある意見を言われているのは

ローコスト住宅を選んだ私にとって

とても自信をもらえる内容だと感じています




我慢の話も同感です

大手ハウスメーカーで

わが家の倍ぐらいの予算で建ててる方でも



細かな減額調整の様子や家財選びの様子を見ていると

経済感覚は大きく変わらない気がすることが多いので

家に全部持ってかれるのはどうなんだろうと思っていました




あと、私の場合一軒目の建売購入で
売るに売れずに苦労した経験があったので
金額に慎重になった理由です









・最近多い、住宅系のブログについて



r
実際に30年、40年前の家を
たくさん見ますし

ローコストの現場も見ますので


「全く問題ない」というのは
分かっていました





ただ、換気システムとか
解体、処分業から見ると
最新のシステムは分かりませんので



性能に関してはサトルパパさんなどのブログを見て




そこからまっしんはやぶささんのブログ見て

どこまで性能落とせるかなぁと

かなり参考にしました(笑)




お風呂のワンタッチ水栓とかは

なるほど、これは絶対ワンタッチだと

反面教師の参考にもさせて頂きました(笑)




一条さんとか高性能のブログが増えて

「とりあえず分からないけど性能の数値だけ上げればいい」って
ブログが
多い中で


まっしんはやぶささんのブログは

リアルな生活が凄い想像出来ました





当時ブログやサイトは参考にしましたか?







m

私のブログも参考にして頂いていたとのこと大変恐縮です



私が家ブログを始めた頃は
皆さん建ててしまうとブログをやめる人が多く
当時は家づくりのプロセス自体を
参考にして見ることが中心でした




わが家の場合
そもそも注文住宅で建てられた事自体が奇跡と思っていて
なんにも知識がなく家づくりが始まったので
「こんなアホな考え方でよく家建てられたねー」
という様子をブログで書くよう意識してきました





アコルデで建てた先輩の
ブログが筆頭で思い浮かびます


とにかく家づくりのプロセスを
楽しんでいる様子が伝わってきて


自分もそんな楽しい家づくりを
体験してみたいと思わせてくれました




ハウスメーカーで建てた方のブログでは
わが家には手が届かない羨ましい世界で
あまり感情移入しないようななめ読みしていた気がします


印象的だったのが、ハウスメーカーのブログでは
「減額調整」という儀式が
必ずと言っていいほどよく出てきたことです



わが家は、なるべくその悲しい儀式が
必要ないようにしようと強く思いました(苦笑)




建てることばかりに注目して
あまり建てたあとの生活に
目が向けられてなかったような気がしますね


最近では、上手に建築会社とお付き合いしていて
建った後の情報発信している方も多く
これから建てられる方は情報が多くていいいなぁと感じています






r
確かに減額調整は萎えますね
一応希望通り作って最終的に予算が300万余りましたけど
別にこれ以上はいいやって感じでした笑




ブログ記事数1,100越してますもんね
よくこれだけ書けるなぁと思います



私が色々参考にしてた時に
ブログの半分はアフィリエイト目的でした…



「なるほど」と読んでたら
タウンライフのアフィリエイトがあったり(笑)


何しろ家建てる経験が無いから
どれが本物か分かりにくいのですが・・・




m
確かにタウンライフ一時期多かったですねー
私も貼ってみたことありますが
なんとなく信用できずにやめました



元々、予想外に充実した家づくりが出来たことの
嬉しさと感謝で始めたブログですが


工務店のアコルデも喜んでくれてますし
連載の機会をいただいたり
このように参考になったという言葉をいただくのが嬉しくて
なんとか続けてこれた感じです






r
快適に生活したいから家を建てるわけで
住んだ後の生活が色々と書いてある
ブログってすごい参考になります



考えも似ていて



お互い
「なんでバルコニーが要らないのか分からない」
みたいな記事を書いたりして



バルコニー無い家って想像してどうですか?
一応メリットもあるみたいですけど
毎日使ってる私には
これ無いなんて無理と思ってますが







・バルコニー要らない?論について語る





m
バルコニーが大きい家が憧れだったので
バルコニー無い家って
本当に意味がわからないんです(笑)




バルコニーって無駄なのかもしれませんが
無駄=余白があるから、余裕に見えて
私にはかっこよく見えるのかも?



要らない派の方の意見って
理詰めで論破、どうだって感じなんですが



カロリーメイトとサプリで全部栄養素取れるから
他の食品の存在価値ある?って言われてるみたいな感じがします
ある意味正しいことは言ってるんでしょうけど



妻の職場では、雨が降るか降らないか微妙な日に
今日は外に干したか室内干しかの会話があるそうです


やはり、ちょっとでも天日で干したい心理って
根強いんだなぁという気がします
そんな気持ちの面に寄り添っていない気がします




r
本当に要らない人なら
別に問題ないのですが


家作りの知識や経験の無い人が
そこで初めて
「ベランダがあると性能が落ちる」とか言われて


じゃあ付けないという


最近は色々と余裕のない家が流行ですからね・・・





m
家は、性能とかってフレーズがありますが
家って感情で欲しい物を込めている側面が多いと感じているので
すべてロジックで割り切れないのではないでしょうか



洗濯物は「天日で干したいものは干したい」
なんでだめなんでしょう


雨漏りのリスクがとかいいますけど
メンテさえしっかりすれば
そんな問題にならないと思うんですけどね


だからこそ、新築時に使い果たさずに
メンテに費用を残すことも重要です




r
新築時に使ってくれないと
作る方は儲かりませんからね・・・


最近はベランダ希望でも
工務店さんの方で
「雨漏りするからやめろ」って
言う場合があるらしいですからね



注文住宅なんだから
欲しいなら作らせろと・・・


ちゃんと施工して
ちゃんとメンテナンスすれば
いいんですから


どう作っても雨漏りするのなら
とっくに家からバルコニーなんて
無くなってます(笑)












https://reogress.net/archives/17913481.html




m
広いリビングのソファでくつろぎたい
ホームシアターが欲しい
おしゃれなオープンキッチンで料理がしたい
などの感情的な希望と何が違うんですかね


そのうち、Ubereatsがあるからキッチンなんて
いらないとかいい出すんでしょうか?
(実際キッチン不要の流れはあるようですが)







続きは後編に・・・





後編はこちら

 





次回記事には


・最近の流行語「メンテナンスフリー」について
・ローコスト住宅は30年しか持たない?
・住んでみた実感のローコスト住宅のデメリット

などの対談があります





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング