金利

2019年02月26日





我が家の家の総予算は

5000-a


これに色々追加されて


詳細は過去記事




かかった費用は
外構費を抜くと
2,750万円ほどでした


土地代抜いたら
2,000万円ちょっとですので


まさにローコストって感じですが



土地と建物の合計金額の平均が
注文住宅の場合は


5000-b




首都圏で4,652万円

全国平均で3,955万円だそうです



一応山梨県も首都圏なのですが(笑)
土地代考えたら
全国平均の方が近いと思います




5000-c


たしかに売上を見ると

4,000万円位のメーカーが多く


もっと価格の高い
ヘーベルハウスが4位で


ローコストで一番有名な
タマホームで売上は10位なので


全国平均はそれくらいかなぁと
思います





・どうやって5,000万円の家を買うのか・・・


我が家は共働きで
世帯収入は800万円ほどです


山梨県だと
ちょうど平均位の世帯年収ですが



4,000万円とか5,000万円の家は
買えません・・・


ちなみに住宅ローン以外は
借金などはありませんが


ホームズの
年収別物件価格というのがあって

5000-c-2



一応我が家も
4,100万円の家が


普通なら無理せず買えるそうです


平均的な収入があって
何故平均的な家が買えないのか


買ったらどうなったか考えると・・・





・一応ローンは借りれますが


他の平均的な価格のメーカーと
話をしていた時に


この収入でも4,000万円とか普通に
借りれるそうなので




5,000万円の内

1,000万円が頭金
4,000万円をローンで考えると


私の契約時は
フラット35Sで最初の10年は
金利が0.8%ですので


これで4,000万円を借りた場合


5000-e

毎月 109,224円




10年経ったら
優遇金利が無くなって1.1%になるので


5000-f


毎月114,788円です







実際に今払っているのが

フラット35で2,106万円
アルヒフラットαで234万円



合計2,340万円借りていて


5000-g






フラット35の支払いが


5000-h


フラット35が毎月57,507円






5000-i


フラットαは8,428円ですが

こちらは繰上返済結構したため
残り11年で終わります


比較すると4,000万円借りたら
現状で43,000円以上支払いが増えます



毎月使う額は
家庭によって違うので


もちろん
「これくらいなら平気」って方もいますが



私はちょっと無理です・・・






・平均的な家が買えなかった理由



理論上ですが
平均的な収入があれば


平均的な家も買えそうですが


無理な理由は
年齢と子供です


家を購入したのが40歳ですから


35年間繰上返済しなければ
75歳までかかってしまいます


さすがに65歳までには
払い終えないと行けませんので


最低でも
10年間以上の繰上が必要です




さらに子供も40代で
2人生まれましたので



一番お金がかかる
大学生あたりで

親は定年ですので


繰上の貯金と
子供の貯金が必要ですから


家にかけれるお金が
そこまでありません



このように
収入は同じでも


使える額は
各家庭当然違うので


いくらまで借りれるか?ではなくて


いくらなら無理せず支払いが出来るかを考えて


さらに今は大丈夫でも
将来厳しくなるような予定(子供など)も
考えて購入した方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2018年12月26日





住宅ローンに付帯出来る
団信ですが


最近はガンなどの
3大疾病でも免除になる団信なども多く
色々種類があります



同じガン特約でも

無料で付くのに多い
ガンになっても1年以上
就業出来ないと免除になるタイプもありますが




詳しくは過去記事に






私の入っている
フラット35の3大疾病タイプは


ガンa


皮膚がん上皮内がん以外は

ガンと診断された時点で
支払いが免除になります


そうなると思うのが


超早期発見の
完治出来るガンになったら
得だなぁと


そういう気持ちも
ちょっとは思いながら・・・


会社の健康診断受けたら
全く異常はありませんでした






・ガン特約は得なのか?


フラット35の場合は
団信は任意なので

入らない事も可能ですが


万が一の事もあるので
かなりの人が入っていると思いますが



団信無しの金利が1.1%の場合
ガンb

3大疾病特約が無い団信で0.28%上乗せで1.38%


3大疾病付の場合はさらに0.24%上乗せなので
0.28%+0.24%で1.62%になります


2,000万円借りた場合の
ローンは毎月約5,000円


35年間の利息は
211万円違ってきます


それでもガンになった時点で
免除なので


万が一の事を思えば
得な気もしたので


私は3大疾病付に
入りましたので

健康診断の時に
「すぐ直るガンなら見つかってもいい」って
思ったのですが


その時に医師が

「40歳でガンなんて
宝くじ当たる並みに少ない」からって
言っていたので


さすがに言い過ぎだろうと
思って

年代別のガン発症率を調べました








・30代、40代って思ってたよりガンが少ないですね


ガンc


実際40歳だと
ガンの発症率は0.1%以下です



45歳位から
若干グラフが上がっていきますが

1%(100人に1人)になる確率は
70歳過ぎてからになります



仮に60歳位までに
住宅ローンを支払い終わるとしたら


この年齢までは
ガンになるのはかなりの低確率です



ガンd

こちらは将来の確率ですが


40歳の男性が
10年後にガンを発症する確率は0.3%

20年後でも2%です



現在30歳だと
10年後は0.1%


そして20歳だと
数値的には0.0%です





・40代なので入っていますが



10年後だと
まだまだ住宅ローンが残っていると思いますが



20年後だと
平均的な繰上返済をすれば
ほとんど残っていないか
完済している頃だと思います



団信は残っている住宅ローンの金額が
免除されるだけなので


単純に今なら
2,000万円以上おりるガン保険ですが


20年後なら繰上返済しなくても
1,000万円以下のガン保険という事になります


それでも途中から入ったり
一度抜けたら抜けたら再加入出来ないので


10年後の0.3%
20年後の2%のために入っていますが


確率論的には
50歳までに支払いおえる予定の
20歳~30歳位の人なら
3大疾病はいらないかもしれませんね


それでも宝くじが
当たる確率よりは何百倍も高いですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年12月07日






そろそろこの家も
住んで丸2年が近くなってきたので



当然住宅ローンも2年近く
払っていますが



契約時や、その後でも
このブログで
固定金利の良さを書いていたのですが



・将来の支払金額が分かるので安全

・将来金利が上がった時にも無理なく払える


この辺りのメリットを言ってたのですが


~詳細は過去記事~







2018年12月現在ですが

変動1



「全然金利が上がる気配がありません」



もちろんまだ
33年も住宅ローンがあるので

10年後以降は全く分かりませんが



体感上ですが少なくとも2年は
金利は上がらない気がします・・・






・実際この2年でどれくらいの差が出たか



我が家の固定金利はフラット35で


変動2


フラット35Sの優遇で

・最初の10年間は0.8%
・11年目以降は1.1%です


当時の変動金利は
安いところで0.55%というのがあったので



借りた金額の約2,100万円で比較すると



まずは現在払っている

固定金利0.8%の支払いだと

変動a


毎月57,343円





当時の変動金利最安値0.55%の場合は


変動b


54,978円です



毎月の差が2,365円あるので
2年間の差は56,760円です



ここから2年間は
変動も上がらないと思うので
どんどん差は開きますね








・変動金利がここ2年間は上がらないと思う理由



プロの金融業の方でも
予想は外れるので


先の予想は難しいのですが


少なくともここ1~2年間は
金利が上がらないと思います


具体的には

まずは変動金利の場合
短期プライムレートが上がらないと

金利も上がりませんが


変動c


2009年から何も変わっていません



そして短期プライムレートが
動く要因は色々あるのですが


物凄い簡単に言うと

結局は
「景気が良くならないと上がりません」



住宅ローンの契約を結んだ時の
2016年末あたりは

アベノミクスとか言って

なんとなく景気が上向いて来た感があって


株価も上がって

政府もインフレ率2%目指すとか


ついにデフレの時代が終わって
インフレになるかなぁと思ったのですが


2018年現在ですが
インフレ率2%は絶対無理で


今のところはそこまで
景気が上がる気配がありません


景気も上がらず
インフレにもならない状況で

金利を上げる事はまず無いと思うので
暫くは変わらなそうです






・では今なら変動にする?



仮に新しく住宅ローンを契約するとして


当時と同じ金利だった場合
やはり私は固定金利を選びます


その理由は


・1~2年先は何となく分かっても
 10年先は絶対に分からない


・そもそも固定金利も凄く安い


この2点の理由です


今のところ毎月2,400円の差はありますが

金利が上がらない保険料として
納得して払っていきます


ただし貯金が凄くあって


10年以内に繰上返済で完済出来るのなら
変動金利を選ぶと思います


残念ながら私はそんな余裕がありませんので
10年、20年後も考えないといけないので


もう1回借りるとしても
固定金利を選びます





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年11月19日






株価がどんどん上がって
これは景気が良くなって


ローン金利も上がってしまうかな?
と思っていたら


最近一気に株価が下がって

今のところ
金利もまだ上がらなそうですが

金利a



フラット35は今月(2018年11月)の金利が

団信保険料込みで1.45%






金利b

団信無しなら1.17%です







・0.1%変われば総額は結構変わります


最近は1ヶ月で
0.1%以上の変動は少ないですが


3,4ヶ月で0.1%変わる事はよくあります



我が家と似た金額で

2,200万円を今月の金利(1.17%)で借りた場合


金利c


毎月の支払額 63,861円

総利息額 482万1,651円

支払い総額 2,682万1,651円





同じ借入金額2,200万円で
金利が0.1%上がって1.27%になった場合は


金利d


毎月の支払額 64,910円

総利息額 526万1,993円

支払い総額 2,726万1,993円





これだけ上がるので

0.1%の差は

毎月の支払額 1,049円
総利息額  44万342円


0.1%でもこれだけの差が出ます


毎月に直せば約1,000円ですが
35年の長期ですからかなりの差ですね・・・








・一般的な住宅だとさらに高額に・・・


ローコストではなく

一般的な住宅の場合

頭金を引いても3,000万円位は
住宅ローンを組む方が多いと思いますが



3,000万円借りて
今月の金利(1.17%)の場合


金利e


毎月の支払額 87,083円

総利息額 657万4,979円

支払い総額 3,657万4,979円





3,000万円の支払いで0.1%上がると

金利f


毎月の支払額 88,513円

総利息額 717万5,445円

支払い総額 3,717万5,445円






0.1%の差は

毎月の支払額 1,430円
総利息額  60万466円



実際ほとんどの方が
繰上返済をすると思うので


もう少し差は無くなりますが


仮に繰上返済せず
35年間支払い続けた場合は

結構な金額が違ってきます






・安い月は選べませんが・・・1月位なら可能なとこも



出来るなら
金利が低い時期に借りたいですが


住宅ローンは契約時では無くて


家が完成して金消契約時の月で
ローン金利が確定しますので



金利g



我が家の場合は契約時は
史上最低金利の0.93%


翌月はさらに下がって0.9%で
期待もありましたが

完成とともに金利も上がって
1.1%になってしまいました


契約時と比べると0.17%も高いです・・・




すまい給付金や税金の関係上
年内引き渡しの方が得だったのですが



ある程度小さい工務店なら

引き渡しが月末なら
翌月までは延ばせるかもしれません


フラットの金利発表は毎月1日ですが


金利h




毎月20日頃に機構債の金利が発表されます


こちらの金利から
一定の金利を足したものが


翌月の住宅ローン金利になるので
(若干ズレる場合もありますが・・・)


こちらを目安にすれば


下旬になれば
翌月の金利はだいたいは分かります




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年09月08日





当たり前の話ですが

ハウスメーカーの営業さんは

自社の住宅を
契約させて利益を出します



一部の超お金持ち以外は


お金a


住宅ローンで支払いますが




ハウスメーカーに
毎月払う訳では無く


家を買う人が


銀行や住宅金融支援機構(フラット35)から
お金を借りて


ハウスメーカーは
売上を銀行や機構から
貰います


お金b


私はフラット35で借りました


そして
お金を立て替えてくれた
銀行や機構に


利息を付けて毎月支払います






・営業さんのお金の話は話半分で聞きましょう


仮に「この人は買いそうだ」というお客がいて



でもA銀行という
お得なローンは通らないかも


しかしB銀行という
若干割高なローンなら通るかも


という時に営業さんは

Bのローンを通しますね


ローン通らないと売れないので・・・



大抵のハウスメーカーは

提携している
銀行やフラットの代理店があるので

そこから通しますが


その中でもいくつか
選択肢はあると思いますが


もちろん通らないと意味はないので



どこでも全く問題無いというお客じゃなければ


「通りそう」な所から優先します





・うちにはファイナンシャルプランナーがいます


お金c


これを売りにしている所も多いですね



しかしFP3級は誰でも
少し勉強すれば受かりますし


運が良ければ
何もしなくても受かります


FP3級の学科試験は


全60問の問題で

60%の正解で合格ですので

60問の内36問合っていれば合格です



そして試験問題は
全部マークシート選択式



2択問題が30問
3択問題が30問です


これで36問合えば合格なので


本当に簡単です



本人に取る気が無くても
会社から言われて


数日勉強すれば誰でも取れる資格です


こういう人に

大事な数千万円のローンを
任せても大丈夫か考ると


自分で色々調べてから
購入した方がいいです





・中小のローコストメーカーに注意



大手のハウスメーカーは
お金の話より前に


「私のメーカーは○○が得意」とか

「超高断熱、高気密です」とか


自分のメーカーの家を売りにしますし



ローコストと言われるところも



「これだけの設備でこの価格」とか

「この値段で高気密、高断熱です」とか


価格に対する設備や性能を売りにしますが





あくまでも一部のメーカーだけですが


中小のメーカーや工務店などで



・設備は売りに出来る物がない


・そこまでローコストも作れない


・アフター保証も大手メーカーほど
 人がいないので売りに出来ない



こんな会社は
お金の話が多いです







もちろんお金は大事ですし

月々の支払は少ない方がいいのですが



例えば
超ローコストの家で
総額1,500万円で建てれるメーカーがあって



当然2,000万円の家とは
どんなに経費を抑えても

設備や仕様などのグレードは下がります




この時に

家を買おうとしている人が


実は全く問題ないのに


この収入でこの家族構成だと
2,000万円は厳しい我が社の1,500万円なら
将来も安全に支払い可能と説得されて




本人の希望の家ではないけど
1,500万円の家を買った場合に


将来満足出来るかというと


「ああすれば良かった」

「ここのグレード上げたかった」

とか出てくると思います


お金e


一般的には返済負担率が25%までは
安全と言われています


この例だとさらに手取り計算ですから

まず2,000万円なら安全圏です




・私の経験です



某キューブ系のモデルハウスに行った時に


担当の営業さんが

「我が社で契約するかは置いといて」

「非常に参考になる話です」


家とお金の
相談会みたいな事をしていました




見学会を見に行ってたので


営業さんに

「ここのグラスウールって何mmですか?」


「この家ってフラット35は35Sになります?」
って聞いた所



「ちょっと分からないので後日回答します」と・・・




あ、この営業さんダメだなって思ったので




その相談会も
興味も無かったのですが


暑かったし
次のハウスメーカーの約束まで
時間があったので聞いたのですが




結構ひどかったので(苦笑)




確かにたいした収入も無いのですが


実際に今現在、契約しているローン位の金額も



「子供が多くなった時に大変」

「共働きなのでどちらかが働けなくなると大変」


などなど


「そうなったら、どのローンも大変だろ」


思う事が色々あり


そして
「我が社の住宅ローンなら大丈夫」


最初の3年間だけ固定金利を紹介したり
何故か比較の35年固定が2%だったり

(その時のフラット35は1.08%でした)


お金d
我が社から申し込むと
ガンの時に免除になるなど
とんでもない説明をされて


それは銀行の商品であって
そちらのメーカーがしている訳では無いですし


私はフラット35ですが


ガン、心筋梗塞、脳卒中で支払い免除の
三大疾病タイプに入ってますし

他の銀行でもこういったタイプは普通にあります


・・・・
・・・
・・

結局
この営業さんも

モデルハウス見に来た人を
相談会まで離すなという

仕事をしていただけですから


可哀想ではあるのですが




ローンの方法で
ハウスメーカーを決める事はありません






・どうしてもFPなどに相談したいなら


ハウスメーカーとは全く関係ない
お金の相談会に行った方がいいです



・銀行などの金融機関


・自分が入っている生命保険会社


こういった特定のメーカーと
関係の無い所で相談したほうがいいですが



収入も、毎月かかるお金も
家庭ごとで違うので


夫婦で相談して
いくらまでなら問題なく払えるかを
決めてから相談した方がいいです



ローン1

レオハウスでも相談会してました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング