お金のこと

2019年05月03日






住んで2年以上経過しましたが
特に不満な点はなく


記事も満足いっているという
内容が多いのですが


当然ですが
妥協した点もたくさんあります

妥協a

元々住むなら
こういう南欧風の家が
欲しいなとは思っていましたが・・・





妥協b

色々妥協した結果
このようなどこにでもある外観になりました・・・




しかし今は満足してますので
どのように妥協したかと


限られた予算で変更したのかを
書いていきます





・まずは総予算3,000万円でスタートしました



年齢も40歳でしたので


出来たら60歳
遅くても65歳までに返済と考えると
返済期間は20~25年になります



当時の金利の1%で計算すると


頭金500万円出して
2,500万円を借りると


35年ローンで毎月70,000円
25年で返済すると毎月95,000円


これくらいが無理なく
払える金額だったので


上限を総額3,000万円で
スタートしました



この辺の相場ですが
安い建売住宅だと

妥協b-1

探せば2,000万円弱から





妥協b-2

セキスイハイムだと3,500万円位から
という相場の地域です



注文住宅にすると


土地の相場が
だいたい60坪前後で900万円位なので


家に掛けれるのは
2,100万円しかありません


一応MAXで
総額3,200万円位までは考えましたが



そうすると

妥協c



近くの住宅公園に
行っても



どうにか買える家は
26戸のうち6戸しかありません





・お金はないけどある程度の性能は欲しいです



解体業と廃棄物の処分業してますから
古い家はたくさん見ますし


大工さんの付き合いも多いですので


・長持ちするなら屋根は瓦
・施工を考えると吹き付け断熱
・さすがにアルミサッシはちょっと・・・


という性能の方向性が決まって



そうなると
妥協d

このような建売は
予算的には問題ないのですが



性能的に
「ちょっと無いな・・・」となりました



最初に見た建売も
アルミサッシにスレート屋根でしたし




見に行った中で一番外観が
気に入ったのがこちら

妥協e

実際に家を建てた場所の近くで


建売で全て込み
2,800万円ほどでしたが



見た目は気に入ったのですが


断熱材や屋根材などの性能を考えると
無理だったので


「これは注文で建てるしかないなぁ」という結論になりました





・格安土地のおかげで選択肢が広がる


本当にいい土地を見つけて
値段が相場より安い600万円でしたので



過去記事

↓↓↓




格安土地の為
家本体に使える金額が

2,400万円~2,600万円位になりました


この結果
i-smartなら一条工務店でも
ギリ建てれる予算になって


ここで他のハウスメーカーも
何件か見ましたが


やはり希望の外観で
ある程度の性能というのは


予算的に無理だったので



「家にいる時は自分は外観見れない」
という割り切りと



予算ギリギリのメーカーで
オプション諦めるよりも



ローコストで
好きなオプションを付ける方向になりました



この中で

標準で瓦屋根、吹き付け断熱
サーモス2Hを使っていて
値段は安かったレオハウスに決定しました


営業さんは売りにはしていませんでしたが
ダイライトとかタイベックシルバーとか


地味にいい部材使っていたのも
好印象でした








・予算が合わなければ捨ててる物を考えました


性能、間取り、外観で
このうち外観はほぼ捨てました


結果的に

妥協f

4メーカー、322種類
18mmのサイディングも選べましたので



ある程度の好みは反映出来ましたが


・南欧風のRの付いた壁
・天井まである高い窓と建具

この辺もここで諦めました


まあ嫁はこういった
南欧風の家が嫌いなので



予算があっても無理だったかも
しれませんが・・・




妥協g

南欧風好みの名残が
玄関に表れてます(笑)



結局土地代を抜いた総額が
2,150万円です


2,150万円の中に
ソファ、テーブルや
エアコン、カーテンも入っています



キッチンやカーテン選びなど
最初から予算に余裕がある状態で
作ったので


好きに選べましたから
ストレスも無く
諦める物も少なかったです






・結果的に諦めた物の一覧です



・南欧風の外観

これは家の中からは見えないので
諦めました(笑)


予算が無いなら
外よりは中にお金掛けましょう




・外張りとのW断熱など

結果的に私の住んでいる地域では
今の仕様で充分暖かいので
90mmの吹き付け断熱だけで大丈夫でした



・ALL樹脂サッシかサーモスX


ここが一番悩みましたが・・・

アルミは論外としても
アルミ樹脂複合の
サーモス2Hでいいのかなぁと


色々な大工さんにも聞きましたが
この地域なら大丈夫っぽかったので
サーモスのままにしました


実際に住んでいて問題無かったので
良かったです




・窓と建具を天井の高さ(250cm)に合わせたかった

妥協h

これは今思うと別にどうでもいいです(笑)


当然ですが230cmのハイドアですから
頭ぶつけることもありません



心残りなのは
浴槽を人工大理石にすれば
良かったかなぁと



後は毎回言ってますが

トイレの流すボタンが無い事です
(後付けも出来ません)

妥協i

納得してればいいんですが


まさかレバーだとは思わず
流すボタンが
あるものと思っていたので・・・



これは今でも変えれたら変えたい部分です






2019年04月10日






4月になると
余り見たくない手紙・・・


固定資産税の
納税通知書がやってきます

税金a

当然ですが今年もやってきました・・・



我が家の場合は
すまい給付金や
住宅ローン控除の関係上


登記をしたのが
2016年の12月末なので



1月1日に登記をしてある
土地、建物が対象なので


今回で3年目の支払いになります





・安いのか、高いのか・・・毎年大変ですけど


この家が出来てすぐに
調査員が家に来て
税額を調査していきました



詳細は過去記事をご覧ください
↓↓↓



そして登記から3年間は
建物の部分は半額になるので


支払い総額は

税金b

「100,700円」になります




土地が4筆に分かれているので

税金b-2

細かく書かれていますが



我が家のかかったお金は
手数料を抜くと
土地代は600万円ですし


税金c

総額は2,700万円ほどかかったとはいえ


レオハウスの請負金額は1.738万円
本体工事費だけでいえば1,534万円という


ローコストな我が家ですので


まあ値段相応といったところです


・・・・
・・・
・・

毎度思いますが


甲府市は都市なのか・・・という
都市計画税もありますが


実際ほとんどの地域で都市計画税が
あるので仕方ないですね








・来年は4年目ですが倍にはならない?


我が家は今回で3年目ですので


来年からは半額になる
減税特典が無くなりますが


実際来年から倍の税額になる訳では無く

税金d


元々半額になるのは
固定資産税の中でも家屋だけなので


我が家の建物評価額
8,012,230円の1.4%=112,172円


こちらだけ半額なので
56,086円割引になっていますから


土地、建物の評価額が同じでしたら


来年は100,700円から
156,786円になりますが


来年は税額の見直しがあります





・ちょっと安くなりますが4年目が一番高いです


毎年建物は古くなっていきますが
さすがに毎年変更してられないので


3年経過ごとに見直しされるので
来年が4年目の我が家は
見直しの年になります



築4年目だとまだ新しいですから
当然4年目が一番高くなります



私の場合は
毎月1万円を固定資産税分として
貯金してますが


来年からは1万円では
ちょっと不足しますね


築25年になると
建物評価は最低評価になって
およそ新築時の20%になるそうですから


建物にかかる税額が
今の112,172円から
22,000円程になります


山梨県民の期待を背負う
リニアモーターカーが後8年で
完成するので


もしかしたら土地の価値が
あがるかもしれませんが


それはそれで
持っている資産価値も上がってるという事ですから



2019年02月06日






前回の記事のほぼ続きですが


前回記事はこちら



勤続年数は半年でも
結果的に問題無く


今は勤続年数を
考慮しない銀行も多いですが




実はレオハウスや、アルヒでも
これでローンが通らないかもって言われて


結果的に
某ハウスメーカーでは
審査に落ちた原因が



「免許証の再発行です」


免許所の末尾番号は
再発行の回数なのですが

パスポートa



通常は0ですが
再発行を1回すると1に
2回すると2になります


もちろん通常の免許の更新は関係無く
紛失などで再発行した回数なのですが


恐らく0が一番多くて
あっても1位だと思うのですが



実は私は
再発行を過去に4回してまして




その為に
免許証の番号の最後が4になっています



再発行が多いと
ローンが通らない理由は


「そんな大事なものを何回も無くすのは
信用ならない」って理由がひとつと



もう一つ

「この人免許証を悪用してない?」って事らしいです


もちろん悪用はしていませんし


単純に再発行を
本当に4回したのですが



まあ再発行したものは
違反の点数と違って消えませんので
(更新時でもそのままです)



※裏技として10回目の再発行は
0になるらしいですが


4回目の再発行時でも
かなり警察の方に注意されたので


そこまで再発行を
してくれないかも知れません








・結果的に通りましたが・・・さすが銀行マン



ぶっちゃけて言えば
ハウスメーカーも銀行の方も


住宅ローンに通って貰わないと
利益が出ませんので



銀行の担当者と話をした際に
ちゃんとした理由を添えますという事で



1回は財布ごと落とした
2回は財布を入れたカバンが盗難にあった
もう1回は車上荒らしにあった



これで通しましょうって
言われました(笑)


結果は銀行から
折り返しの連絡などが
来る事も無く



無事に審査を通りましたが





再発行を4回した本当の理由は


1回は本当に駅のトイレに忘れまして


もう1回は本当に
カバンごと盗難にあったのですが



後の2回は
写真の写りが悪かったので
気軽に再発行してしまいました


当時20代でローンとか
一切考えた事無かった時代の話ですが


免許証は気軽に
再発行しないようにしましょう







・1社だけ落ちた理由


前回記事で
4社受けて3社通ったと書きましたが


つまり1社だけ落ちました


こちらもフラット35でしたが
違うハウスメーカーからで
窓口は全宅住宅ローンという所です


パスポートb



そのハウスメーカーの営業さんは
「その免許証はちょっと・・・」という事で



レオハウスの担当者さんは
言い訳を考えてくれましたが(笑)


このハウスメーカーの営業さんは


「免許証じゃなくてパスポートにしましょう」
という事で・・・


未だに海外旅行に行った事もないので
わざわざパスポートを作りに行きました


パスポートc



せっかくなので10年間有効な
パスポートを作りましたが



営業さんから事前審査に
落ちたという連絡がありました







その後にレオハウスの営業さんと
アルヒの担当者さんに


この条件で落ちるなんてありえないので
まだ審査通してないかもって言われましたが




普通に考えて


4回再発行してるとはいえ
運転免許証と


1回も海外旅行に行った事のない
作ったばかりのパスポートなら


まだ免許証のが
信用出来ると思うのですが



パスポートd



パスポートには
発行年月日があるので


わざわざ住宅ローン用に
作成したのがすぐに分かりますし


この辺は田舎なので
そもそも免許証を持ってないと
怪しいと思われる地域ですし



過去に海外に行っていて
既にパスポートがあるならともかく


いきなり住宅ローン審査前に
パスポート作っても怪しすぎます・・・


という事で
結果的に落ちたという連絡を
営業さんから頂いたのですが


「落ちたので
次は〇〇の銀行にしましょう」
言われたのですが


この経緯以外にも色々あって

そのハウスメーカーさんは
お断りしたので


結果的に使いもしない
パスポート代が無駄になりました






・本当に審査をしたのかは謎のままです



事前審査に落ちた
全宅住宅ローンを申し込んだ
ハウスメーカーさんからは


・落ちたという書類も貰っていませんし

・全宅住宅ローンの担当者さんとも話をしていません


ハウスメーカーの営業さんから
口頭でダメでしたと言われただけなので


本当に通したかは謎のままですが


その時は
フラット35が希望でと伝えて


そこのメーカーでは
全宅住宅ローンでと言われたのですが



レオハウスの営業さんに言われたのが

落ちたって伝えて
もう一つの銀行に
融資させたいとかもありますし・・・
って言われました


結果的にアルヒのフラット35で
通りましたが


フラットの事前審査は
窓口独自なので結局謎なままですが


わざと落ちたと言って
営業さんが希望するとこに
申し込むなんてあるんですかねぇ・・・


と当時は驚きました


結果的に落ちたのは
ここだけだったので


本当に落ちたのか
書類も出ないそうなので
不明なままです



せっかく作ったパスポートなので
子供がもう少し大きくなったら


海外旅行に行かないと
もったいないですね(笑)



もし同じように
免許証の再発行が多い方がいましたら


パスポートが既にあって
海外旅行に行っている方ならいいですが


そうじゃなければ
盗難にあったなどの
理由で免許証で
申し込みした方がいいと思います



まあ今は住基カードがあるので
欠点は作成するのに時間はかかりますが


不安な点がある方は
前もって住基カード作っておくのも
オススメします



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2019年02月04日






先日の記事ですが
すまい給付金の事を書いたときに

ローンa


私の住宅ローンの事を
さらっと書いたのですが


↓こちらの記事ですが↓

ローンb





「転職して半年なのに
住宅ローン通ったんですか?」
などの


コメントやメールの問い合わせが
ありまして


中には
「どうやってローン通したんですか?」
という質問もあったのですが


普通に通りました

特に裏技的なのは使ってないですが
それでも気になる方が多いみたいなので


住宅ローンが通った経緯を書いていきます






・通らないとこもあるらしいですが・・・


私が今の会社に転職したのが
2015年の11月です


そして住宅ローンの事前審査が
2016年の6月なので


申し込み時の
会社の在籍期間は7ヶ月です


その1ヶ月後に本契約だったので
本契約時は
転職してからわずが8ヶ月になります


もちろんどのハウスメーカーにも
「私は転職して1年経ってません」と伝えましたので

最初から無理な銀行は
申し込みさせなかったのかもしれませんが


事前審査は4社受けて
3社通りました
(1社落ちたのは後は書きますが別の理由です)


審査が通った中の1社は
勤続1年以上と書いてありましたが
普通に通ってしまいました






・通った銀行


まずは事前審査と
本審査が通って実際に借りたのが


アルヒのフラット35です

ローンb-2


フラット35は
住宅金融支援機構から借りるのですが



住宅金融支援機構は
本審査のみしてますので


ローンc


色々な金融機関等が
窓口になってますが


事前審査は今回借りたアルヒ
楽天銀行住信SBIなどの
独自調査だけになります


ほとんどの金融機関が
フラット35が発表している
最低金利で貸してますが


手数料などは色々異なります



住宅金融支援機構は
事前審査は関与しないので


中には
「事前審査は通ったけど本審査は落ちた」という
ブログがありますが



審査に落ちてしまったら

買う方も売る方も
お互いデメリットしかないので
避けたいでしょうから


なるべく似たような
審査にはしてると思います



後、他のハウスメーカーですが
事前審査がみずほ銀行だったので


こちらは事前審査だけでしたが
問題無く通りました

ローンd


フラット35とみずほ銀行は
審査項目に「勤続期間」がありませんので


「まだ転職して1年経ってないんです」って
伝えた時には


「今は転職される方多いですから考慮してません」って
言われました







・問題無い転職と問題がある転職があるらしいです



申し込み時に
銀行の方と話しをしましたが


転職して勤続期間は関係ないが
どうして転職したかは考慮するそうです


そして


・同業他社へステップアップする転職
・子会社、グループ会社への異動の転職


こちらの場合は
勤続期間などは考慮しないそうです


ただ私の場合は

前職は宿泊業
今は産業廃棄物の処分業ですから


全くの異業種なのですが(笑)

上記2つとは別に


・収入アップなどステップアップが認められる転職


この場合も問題ないそうです


私の場合は
前職がサービス業ですから
給料が低すぎというのもありますが


今の会社の方が給料がいいので


銀行の方からも
「いい転職出来て良かったですねぇ」って言われました


後はサービス業だと
土日休めないですから


「子供が生まれたので
土日は休みたい」という理由もあったのですが


要は転職の理由が明確で
ステップアップの転職と思われれば
在籍期間は問題無いらしいです




転職してから1年未満だと
必要な書類が若干増えて


前職の源泉徴収票などの
年収が分かるもの


今の職場では
年収が確定していませんから
年収見込証明書

毎月の給与明細が必要ですから


どれ位給料が前職と
違うか分かってしまいます



なので
明確な理由があれば


私の場合は給与アップと
子供が生まれたので土日休みの職場という
理由があったので問題無しとされました









・勤続1年以上が条件の銀行も通りました


先程書いた

・みずほ銀行
・フラット35

この2つは条件に
勤続年数が無かったですが


もう1つの通った銀行は
勤続条件1年以上とあります


本来は落とさなければいけないのに
通ってしまったので


銀行名は書きませんが
山梨県で圧倒的なシェアを誇る
地方銀行です
(山梨に地銀は1つしか無いですが)



土地の決済とハウスメーカーの絡みで
申し込みする流れになったのですが


その時に
「転職して1年未満ですから落ちますよ」って言ったのですが

「大丈夫です」って回答されました


なぜ通るのか教えてくれないので
推測ですが


・土地の売主さんが
 その銀行と付き合いが深い


・今の会社の給料がその銀行に振り込みで
 会社のメイン銀行


・その為会社名を言えば
 「あーあそこ」って分かって貰える



などなどあったので
通ったのかなぁと思います






・その他営業さんに言われたダメな事



当たり前ですが

・過去にクレジットカートや携帯電話で
 滞納が無い事

・常識的なカードも枚数以上持ってたりする


不安でしたらCICと全銀協から
自分の個人情報を取る事が出来ます


ローンe







ローンf






自分の場合は
楽天カードしか持ってなく

カードも携帯電話も滞納はありません



・自動車ローン中

こちらも申込み時にローンは
携帯電話の2年分割代だけだったので
問題無かったです



この点は問題無かったのですが
実は一つだけ
「これはやばいかも」ってのがありまして


最初に4社中3社通ったと書きましたが
これが理由で1社だけ落ちたのですが


長くなったので
次回に続きます



↓↓次回記事↓↓


免許証の再発行のしすぎで住宅ローンが通らない?





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年12月29日





本日(2018年12月29日)は

この新居に住み始めて
丸2年になります


引き渡しは引越しの3日前だったので
12月26日だったのですが


税金や控除などを計算すると

年内の引き渡しの方が
かなり得になりました






・年内と年明けで結構違う


家を買った後の支払いで

最初に思い浮かべる支払いが
固定資産税で


こちらは1月1日が計算日になるので

1月2日に引き渡しをすれば
そこから12月31日までは
家の固定資産税はかかりませんので


仮に我が家が1週間遅らせて
年明けに引き渡しをしたら

丸1年支払いしなくてよくなります

引き渡しa


3年間は固定資産税は半額なので
毎年の支払いが10万円ちょっとですが


かといって年明けに引き渡しすれば
全額が無くなるわけではありません



家は年明けの引き渡しでも
当然土地は既に自分の名義なので


仮に年明けの引き渡しでも
土地の固定資産税はきます


そして土地の固定資産税の計算として

その土地に家があれば税額は6分の1になって
都市計画税も3分の1になります



空き家を解体すると
税金が高くなるというのは
このルールのせいですね


土地が200平米以上の部分は
家も3分の1になりますが


その為我が家の場合の計算だと
年明け入居としても

3万円ほどしか得になりませんので

その他の年内引き渡しのが
得になる部分が多いので年内にしました





・住宅ローン控除は年内引き渡しがお得


先程の固定資産税だけ考えれば
年明け引き渡しの方が得ですが


住宅ローン控除は
年内引き渡しの方が得になります


引き渡しb

年内引き渡しでしたので
その年から住宅ローン控除が受けれます



10年間は控除されるので
年明け引き渡しでもそこから10年間は
控除されるので


期間は1年遅れるだけで同じですが


控除額が最大1%なので




金額の詳細などは過去記事



こちらに書いてありますが



支払った所得税が20万円の場合
ローン残高が2,000万円あれば
1%で20万円返ってきますが


1,500万円の残高の場合は
15万円しか返ってきませんので



例として2,000万円の住宅ローンで
毎月の支払いが6万円の場合は
引き渡しc

12月と1月では
年末の残高がほぼ1年ズレるので

残りのローン残高が減るので
最大で貰える住宅ローン控除は
7万円ちょっと違ってきます








・家賃がかかりません


今住んでいる住居が
賃貸住宅だったら


当然ですが1ヶ月引越しが遅れれば
1ヶ月分の家賃が多く発生します


私が住んでいた賃貸は毎月6万円でしたので

この金額が当然翌月になった場合は
かかってきます






・6月末か7月の場合はすまい給付金が変わります


今までの年内か年明けどちらが得かは


新居の土地の価値や
支払っている所得税によって
変わってきますが


ほとんどの方が
年内引き渡しの方が得になります


それとは別に

引き渡しd


すまい給付金があって

今の消費税8%の時は最大30万円
10%になったら最大50万円が控除されます



過去記事に詳しく書きましたが




webだと年収510万円以下と
書いてありますが

実際は年収650万円位までなら貰えます




こちらの収入判定が

引き渡しe


このようになっているので


残業をたくさんした、転職した等で
前年と年収が全然違ったら

低い方にした方がお得にはなります



私の場合平成28年12月引き渡しなので

対象の収入が平成27年の1月~12月なのですが


今の会社に転職したのが
平成27年の11月なので

前職の方が給与は低かったので

・27年の収入だと20万円
・28年の収入だと10万円


10万円も控除額が違ったので


こちらもシュミレーションしてみると