間取りの話

2020年07月31日






間取りなんて
各家庭の考え方で違いますから
正解ってのも無いですが






最近、このような


「子供部屋なんていらない」とか


「最低限の大きさあればいい」とか
(3畳くらい)



そういう意見が結構多いんですね






その流れを作ったのが


頭のよい子が育つ家 (文春文庫)
朗子, 渡邊
文藝春秋
2010-03-10




「頭の良い子が育つ家」って本ですね






「頭の良い子は
子供部屋で勉強しないで
リビングとかダイニングで勉強する」
って奴です




中流~上流階級の方は
読んで納得するのかもしれませんが





私みたいな底辺の
家庭環境で育った人間から見ると



「なんだかなぁ・・・」
という本です


・・・・・
・・・・
・・・
・・



だいたいですね


麻布とか開成とかに合格した家庭の
アンケートなので



そもそも
ある程度の金持ち家庭のみ対象です





さらに本の内容を読まないで
タイトルとあらすじが独り歩きして


子供部屋は要らないって
論調になっています・・・




ちゃんと読めば分かりますけど



子供部屋が
要らないんじゃなくて



とにかく家族で
コミュニケーションを取って


みんなで勉強もしようねって内容です






当たり前ですけど
有名私立中、私立高の合格者ですから



親の年収がみんな高い家庭の
アンケートなので




広いリビング、ダイニング、居間があって
充分みんなでするスペースがあるんですね







もちろんその上で
子供部屋もある家ばかりです


子供部屋a


もちろん我が家も
子供部屋は作っていますし




後述しますが
それなりの理由があって
6畳の部屋にしました




2人目は予定してなかったので
客間兼物置部屋として使う予定だった
5.25畳と若干狭くなりますが







子供部屋b

まだ引き渡し時は
1歳になったばかりでしたが



「自分のお部屋だよー」って
ハイハイさせてました





・否定派なのに家はほぼオススメの間取りになった・・・




ちなみに私がこの本を知ったのは
家を建ててからなので



家づくりには
全く参考にしていませんが




「頭の良い子が育つ家」の著者が監修した






頭のよい子に育つという
間取り例を見ると


子供部屋c


って言うか
ちゃんと監修した家にも
9.7畳の大きな子供部屋があります



最初は9.7畳の大きなスペースで
子供が大きくなったら
半分に仕切れる奴ですね




頭の良くなる家監修の
間取りをまとめると


・コミュニケーションが取れるLDK
・書物置き
・フリースタディーコーナー
・吹き抜けとリビング階段
・ファミリー黒板


これを全部家族が目に届く範囲に
作っているのですが





我が家を見ると


子供部屋d


LDKは壁1枚なく作ったので
コミュニケーションは取れますし








子供部屋d2


コミュニケーションキッチン








子供部屋e


ダイニング前に書物置きと
自由に描いたりシール貼れるホーロー






子供部屋f


スキップフロアの
フリースタディーコーナー







子供部屋g


吹き抜けにリビング階段







子供部屋h


ファミリー黒板





「おいおい、もしかして
頭の良い子に
育っちゃうのか」
って感じです(笑)





実際はそんな事意識した事もなく



妻と子供といつまでも
仲良く暮らしたいって考えたら
こうなりましたけど




というか、この本の一番大事な事は



家族仲良くって事であって
リビングで勉強しろって事ではありません





そしてみんなで勉強が出来る
スペースを作っておけという話で


子供部屋が要らないって
話ではありません






子供部屋i

まだ4歳ですから
私でも平気で教えられますけど




それでも普段は
「かず」とか「ことば」のドリルは
妻と一緒にしています



だいたいですね
解体とか産廃処理の仕事してる位ですから
勉強なんて中学生以降は教えられません



ソロバンだけは
得意で県3位とかだったので
教えられますが(笑)



その点妻は
地元の進学校のさらに特進クラスとかいう


まあ頭のいい妻なので




中学以降の勉強に関しては
おまかせって感じです






子供部屋j


いつでも現場仕事いけるようには
教えられますが(笑)






・我が家は子供部屋が無かったです・・・



私の家は非常に貧乏で



家に帰ると借金取りが玄関にいたり
金返せという張り紙があったり



ずっとお酒を飲んでて
働かない父がいましたので


子供部屋k


玄関、お風呂
トタンで作った兄の部屋など
家の全部を入れても


今のLDKより狭い家で



居室全て合わせて
4畳半の居間と6畳の寝室しかない
貧乏長屋で育ったので



天井にシーツを釘で打って
「自分の部屋できたー」とか
した記憶もありますし



他の友達の家と比べて
負い目は凄く残ってます




この本に載っている人達は



親の年収が高い方ばかりですし


子供部屋を作って
さらにリビングも広く
スタディスペースも作れる方が


「勉強するのには
子供部屋なんて要らない」って
言っているだけで





ガチでスペースが無いわけでは
ありませんから
そこは間違えないで欲しいです




偶然にも頭のよい子に育つ本の例みたいな
間取りになった我が家ですが



じゃあ子供部屋が
要らないかって言うと
決してそんな事はなく




ちゃんと6畳の子供部屋を
今すでに使っています





・子供部屋を10年しか使わない?




「要らないよ」って人の説明に多いのが



「子供部屋なんて10年しか使わない」
って奴ですが




だいたい子供部屋が
一人で必要な時は10歳位からでしょうか





我が家の場合は
すでに子供は子供部屋で寝ていて




まずは4人で子供部屋にいって
ここに布団を3枚敷いてあって
ここで寝ます




子供が寝付いたら


私は夫婦の寝室に行きますし


妻も寝室に来るか
そのまま子供部屋で寝る時もありますが


夫婦2人と子供2人で
すでに別室を使っています



夫婦二人だけで寝るのも大事ですし


まだ4歳と2歳ですが


夫婦が仲良く生活するために
既に子供部屋を有用に使っています



欧米だと1歳でも
子供部屋で1人で寝かすのは
当たり前ですしね







この手の本や
webの間取り案も



余り夫婦生活の事については
記述してないのですが・・・





じゃあ実際に
子供部屋がなくて


全員が大きな寝室なら


子供が隣で寝てる状態で
Hしろって話になりますし・・・


最近はセックスレスの家庭が多いらしいですが


家族仲良くって話なのに


夫婦が仲良くなければ
家族のコミュニケーションなんて
取れるわけがありません



つまり夫婦生活の為にも
子供部屋は必要だと思います





私が小さい頃は
同じ部屋で隣の布団に
親でしたから・・・


深夜に親のアレで
起きる時があったんですが


本当に嫌でしたねぇ・・・





子供だって高校生にでもなれば
彼氏、彼女を連れてきて
そういう展開にもなるでしょう


という事で我が家は
子供が4歳と2歳ですが


既に子供部屋を使っていますが




「子供部屋が必要なのは10年」って意見だと



子供部屋が必要なのは
10歳前後~20歳前後って言って


たかが10年って親は思いますが



10歳~20歳の思春期も含めた
非常に中身の濃い10年ですから



私みたいな40歳すぎた
10年とは重みが違います






未だに自分の部屋が無かった事が
非常にイヤな思い出として残っていますし



既に子供部屋もちゃんと
夫婦が仲良く暮らせるように使っています




しかし、私が小さい時に
子供部屋が無かったのは



働かないで借金ばかり
していた父が原因ですから




金が無かったから仕方ないって
今なら思えますけど




お金があって余裕もあるのに
子供部屋を作らないなんて
意味が分かりません


・・・・・
・・・・
・・・
・・




後、もう一つ意味が分からないのが
子供がいなくなった時に
そのスペースがもったいないって奴です




私が今から2部屋貰えるなら
1部屋はドラム置いて
もう1部屋はダンベル、バーベル置きます




4部屋貰えるなら
ランニングマシン買ったり
シアタールーム作ったり・・・と


部屋が余るってのが意味分かりません



(本来ドラム部屋貰える予定でしたが
妹が生まれたので取り消しに・・・)






趣味がないのかテレビだけあれば
いいのか分かりませんけど



仮に使う予定がなくても
せっかく部屋が空いたなら
それを生かした趣味でも始めればいいと思います





子供部屋は要らない派は
「使うのはたった10年」って言うんですから



それこそ趣味部屋に
もってこいだと思いますが・・・












・勘違いはしないでほしい



この本だって


親子仲良く生活しろって話であって



子供部屋が要らない論は
飛びすぎです



大きな庭があって
コミニュケーションが取れる


LDKにコミニュケーションが取れて
さらに一人で落ち着けるスペースもある


などなど


居心地がいい
落ち着けるスペースがあって初めて


子供部屋が無くてもいい
小さくてもいいって話になるのであって


どこも居場所が
無い家になってしまったら



思春期の時期に
家に帰らなくなってしまいます

子供部屋L


子供が家出して
こういう番組に出る場合だってあります



まして子供部屋があるから
引きこもるとか


そんな意見は意味が分かりません



しかもそういう意見言う人って
引きもこり=悪い事なんですよね・・・





私自身がパニック障害とうつで
20歳超えてから
引きこもった時期がそこそこあるので



別に引きこもる時期が
あってもいいですし



つらくなったら「帰って来い」
言えるスペースも大事です



予算が無い、土地が足りないなどなど
この辺の事情なら


私も貧乏育ちなので
分かりますが



「狭くした方が
家の性能上がります」なんて


理由で
作らないってのは


本当に意味が分かりません



家族の為に家を作るのであって


性能のいい家を建てる為に
家を建てるのではないですから




作って本当に要らなくなったら
収納スペースなどに使えばいいですし



部屋に篭るのを
コミュニケーション不足だと思わないで



「子供部屋があるからだ」なんて
思ってほしくないです





・という事で子供部屋とリビングをイコールにする工夫



私の育った家は
お金は無かったですし
自分の部屋も無かったですが・・・




我が家の場合は
作りたくでもガチでお金が無いのは
分かっていましたし



そもそも借家ですしね・・・



親の育て方は
立派だなと思いますし



10代の頃から
仲もよかったです


実家に帰ったら
私が18歳の時の写真が出来てました(笑)




子供部屋m
(画質に年代を感じる・・・)


これは
近所の音楽スタジオの写真ですね


20年以上前に
ロン毛ってのは
要はDQNって呼ばれる側の人間ですが



田舎ってのもありますが
バンドして族車乗ってというのが
当たり前の生活でした




この時は既に親は
離婚していましたから



母と私の二人暮らしで
母は夜の仕事でしたから


私の家は誰もいなくなるので
結構なたまり場でした(笑)



母とは仲良かったですから
一緒に居間にいても


なんとも思いませんでいしたし
居心地も悪くなかったですし



残念ながら勉強は
親も私も出来ませんでしたが


自分の部屋以外にも
居場所がある家でしたね



母は私の友人とも仲良かったですし
ライブとかすると来てましたし(笑)


それでも友人を呼んだり、彼女を呼んだり
一人で楽器弾いたりと


自分の部屋の大事さも
分かります


まして中学まで
自分の部屋が無かったですしね



子供部屋=悪ってのは


リビングなどのみんながいる場所よりも
子供部屋の方が居心地がいいから行くわけで



そうならない、どちらも居心地がいいように
する事が大事だと思います



普段はリビングにいて
寝る時、一人でゲームやパソコンしたい時
まして男の子だったら中学にもなれば
Hな物を見ますので



絶対に人数分の
子供部屋も必要だと思います



勉強をリビングで
みんなでする


これは非常に理解出来ますが


子供部屋で勉強しない=部屋が要らないという
考えが理解出来ません





子供部屋=勉強する部屋という考えではなくて


・一人になりたい時の個室であって
・彼氏、彼女を連れてきたら寝室にもなって
・友達が来たらリビングにもなる



どんなに親子で仲良くても
絶対に親と離れないと
ダメな時間もありますからね





・著者が伝えたい事


なんか本を
ディスってる感じもしますが



この人の言ってる事は
なかなか理解出来るんですよ








1.子ども部屋を孤立させない


>有名中学に合格した子どもたちを見ると
>家のなかのダイニングやリビングで
>勉強していたという子どもがとても多いのです


この一文だけで
子供部屋が要らない論になっていますが



中学に合格ですから
当然対象は12歳までです



この年齢なら
リビング、ダイニングで勉強するのも
当然だと思います




むしろ子供部屋が必要なのは
中学生になってからですからね





2.家中を勉強スペースにしよう

3.子どもと家族の記憶を共有する空間をつくる

4.お母さんやお父さんとの大切なコミュニケーションの空間




家族で仲良く話しなさいって事です


けっしてリビングで
勉強しろって話ではありません





>リビング学習とは、親子・家族の会話を通じ
>インタラクティブ・コミュニケーション・スキルを
>身につけることが目的です


>まずは相手の意見を理解し
>そのうえで自分の考えを相手に伝えるということ。


>その目的を達成する空間として
>家族が集う場所=リビングで学習するということであって
>リビングありきではありません。



こういうちゃんとした事を言っているのに



なぜかリビングで勉強がいい
子供部屋で勉強させるのは良くないという



余りに短絡的に考えいる方がいるので
おかしな事になっています



作れないと作らないは
全然違いますし



まして子供の生活
思春期の大事な時期などを
考えると




「子供部屋は必要」
って思います







そもそも
私は子供部屋が無い家で育ちましたが


頭が良くないですからね(笑)






子供が育って出て行ったら
もったいないって考えなら



出て行った後に夫婦で使えるように
すぐに壁を壊せる間取りなども
検討するといいと思います






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



























2020年07月17日






・吹き抜けが欲しい人や憧れる人

・要らないし興味も無い人



どちらが正解とか無いですから



無駄と思う人は
付けなくてもいいですが




吹き抜けを採用した我が家の場合


・見た目の解放感

・1階のエアコン1台で家の中全部が温まる



というのは実際に住んでいて
実感していますが





ちょっと気になる
吹き抜けの写真があって

吹き抜けa


こちらです



この写真だけだと
吹き抜けの手前が
どうなっているのか
分からないのですが



私の感想ですが
この吹き抜けだと


恐らく
「吹き抜け満足度」を100としたら
50%位しか満足しないと思います



実際にこの方は
5年後にリフォームで
吹き抜けを無くしています






・上を見上げるだけが吹き抜けじゃないんです



耐震性能や暖房効率は
とりあえず置いといて



たしかに吹き抜けの
見た目の満足度って





見上げた際の
高い天井なのですが


k



こちらは
我が家の吹き抜けです


採光も取れますし

たしかに上を見上げると
開放感ありますけど




2階の間取り図を見ると

吹き抜けc


このようになって
緑色の場所からは
下が見下ろせます






吹き抜けd


吹き抜けというのは
上を見上げるだけじゃなくて



下を見下ろす
開放感もあるわけです





先程のスペースから下を見ると


吹き抜けe
(片付いてないとかは今回は関係ないので無視・・・)


このようになります



我が家の場合は
2階からは
スキップフロアは見えますが


1階のリビングは
見れませんけど




間取りによっては
2階から
1階のリビングが全部見える
家もたくさんあります





吹き抜けf


階段付近から
見るとこんな風景になります





上から下を見下ろせる
間取りになっていないと



吹き抜けの半分は下から上を見る際に

「吹き抜けっていいなぁ」
という
満足度ですが





残り半分は
上から下を見下ろす際に

「広い空間でいいなぁ」
って思うので



吹き抜け自体が


本来2階の床面積が増えるのに
それを削って作るという


無駄って言えば
無駄な設備なので



せっかくの無駄な物を作るのに
100%満足しないと勿体ないです






・そもそも何故見下ろせない吹き抜けが出来るのか



だいたい見下ろせない
吹き抜けが出来るのは
2パターンあって




1つが

吹き抜けg


リビング階段ではなく
さらには狭いのに


どうしても吹き抜けが欲しいと
いうパターンですかね






こちらから画像をお借りしましたが




正直これなら
吹き抜けは無い方がいいと思います



一応2階の窓がありますので
1部屋からは見えるのでしょうが




吹き抜けのメリットである
開放感が全くありません・・・






もう一つのパターンは
最初の写真のパターン


吹き抜けh


玄関の吹き抜けですね



こちらは
この画像以外に


リビングなども
吹き抜けになっている可能性はありますが



最近の建売住宅には
結構多いのですが


玄関だけ吹き抜けっていうのも
余り効果が無いと思います




視覚効果という部分では
そもそも玄関に長い時間いませんし





外から家に入る順番を
考えると


①開放感では絶対に勝てない屋外

吹き抜けの玄関

③普通のリビング

という順番の視覚効果よりも







①開放感では絶対に勝てない屋外

②普通の玄関(ここでワンクッション)

吹き抜けのあるリビング



こちらの方が
視覚効果は高いです



家も広くお金ががある方は
玄関とリビング
両方に吹き抜けを作れば
問題ないですが



どちらか1つなら
玄関は余り向かないと思います












・そもそもの開放感も下がる



上から見下ろせないタイプの
吹き抜けは


基本全部壁と窓だけです





我が家は安い家ですから・・・


bfca0ff1


普通の作りですけど
それでも壁だけじゃなくて
ちゃんと奥行きが見えますし





オシャレな家で多いのは


吹き抜けj


スケルトンタイプですね



ガラスはオシャレですが
値段高いですし



柵みたいなスケルトンは
子供が小さいので危険なので




我が家は普通の壁になっていますが




そもそも透けて見えてしまうと


全部を綺麗にしないといけないので
それはそれで大変なのですが



視覚効果はさらに上がりますね





・掃除も大変




吹き抜けで
大変なのは
掃除なのですが





当然天井まで高いので




こういう柄の長いもので掃除します




「簡単・楽々」なんて
書いてありますけど




吹き抜けk


下からだと
この緑の〇部分はホコリや汚れは取れません






上から掃除すれば


吹き抜けL


これも結構めんどくさいですが


一応クイックルワイパーなどが
全部届きますので
掃除は可能になります



貴重な床面積を
空間で使うので
贅沢な物ですから



せっかく作るのなら
開放感は大事にしたいですね



あと、暖房効率も
うまくすれば上がります















2020年06月06日






注文住宅だと

「あーでもない、こーでもない」


設計士さんと相談しながら
間取りを決めていると思います



ハウスメーカーによっては
営業さんが間取りを書く所もあるそうですが



「ちょっと不安なんだけど
どこがおかしいか分からない」とか



「本当にこれで大丈夫か
第三者のプロに見て欲しい」とかですね



家の性能とかは
ネットなどで調べれば
分かる事も多いのですが


間取りっていうのは
家庭によって正解は違いますから



ネットを見ても
なかなか解決はしないのですが・・・





そういう時に便利なサービスを
している方がいまして

間取りa


現役の設計士さんが
出来た間取りを添削して
色々とアドバイスして貰えるサイトです








という事で
我が家は既に
完成していますが




今回は


間取りb


こちらの間取りの
平面図画像だけを渡して



いい所、気になる所を
チェックしてもらいました






間取りの添削だけなら
Twitterで無料でして貰えますので



今回は無料で添削をお願いしました






・不安箇所の方が多かった(笑)



こちらのサービスは
本来ちゃんとヒアリングして


資料も色々と用意して


「ここをどうしたらいいか?」とか

「これで大丈夫?」って相談するのですが



間取りa2






今回は図面のみ渡しましたので
(しかも平面図のみ)




間取りc

(青色が不安ポイント、赤色がお褒めポイントです)


色々とチェック項目がありますが



だいたいレオハウスの設計士さんと
話し合った気になる所と重複していたので


「おー、さすが設計士」って感じでした





・まずは1階からチェック




最初に1階のLDK部分からです


間取りd


不安ポイントは3つ
お褒めのポイントは1つですね



「本当に大丈夫?」って
確認の為に使うんですから


不安ポイントが
多い方がいいんですけどね


しかも立面図渡していませんし




既に生活してますので
「これは問題ないって部分」もありますし






最初の指摘は


間取りe


この窓からですね



場所的に玄関に行く人は
かならず通るので


来客、郵便局の人から
リビングが見えてしまうので
その点のチェックです






こちらは平面図だけ
渡したので仕方ないですが


間取りf


レオハウスの設計士さんも
同じ事を言っていて



地面から170cmの位置に窓があるので
背が高い人でも頭が見えるくらい


顔が見えるようになるのは
ジャイアント馬場位の身長がないと
ダメなので問題ありませんが



たしかにここの位置が低いと
来客者と目が合っちゃいますから嫌ですね





次にこちらです

間取りg



ソファはともかく
テレビの位置と窓の位置は


妻と設計士さんでかなり
話し込んでいました




私はテレビ見ないので
出来れば家に置きたくない位ですが

(最後にテレビ見せてと言ったのが
中日の優勝決定時なので9年前ですね)





妻はテレビが無いと
生きていけないタイプなので
真剣でした(笑)




今は諦めましたが
昔は「それならテレビと結婚しろ」
喧嘩した位です






配置は


間取りh


このようになっていますが
テレビの後ろが窓ですと
見にくいですからね




なので最初から


間取りi


コーナー用のテレビボードを買って






間取りj


ソファはせっかく
窓が2つあるので


どちらも見えるように
L字ソファになっています



昭和の人間なので
液晶でも角にないと
落ち着かないみたいです(笑)



今の所
こちらの間取り添削サービスも
的確ですが



作ってくれた
レオハウスの設計士さんも
「色々と考えてるんだなぁと」



感心しましたが





次は
出来たら変更したい箇所ですね


間取りk


雨音は前が人工芝ですし
気にならないですが
やはり日射ですね




間取りL


右側のリビングは2階の庇も長いし
凹ってなっているので
夏の日射も問題ないのですが



ダイニングは直に入ってきます







どれくらい日射が
入るか実験もしましたが



間取りm


夏の14時でこんな感じです




普段は昼間は
共働きで家にいませんから



暑い日はシャッターが
標準でありますから



シャッター閉めてあれば
日射が入らないので
暑さ対策は出来ますが



開閉の手間もありますし
家を凹ませるのは
スペース的に嫌だったので




出来たら軒の出を出すなどの
対策をした方が良かったですね








LDKで唯一の
お褒めポイントは


間取りn


ここですね
これは本当にナイスアイデアです





http://reogress.net/archives/21884935.html




冷蔵庫は隠せて
開放感はそのままという



ギリギリのラインで
上手くいきました


間取りo


一番手前に冷蔵庫があるのですが


リビングからは
見えないようにしてあります







・1階のLDK以外は残り2箇所




まずは気になるポイントがこちら


間取りp


階段に1.5坪取ってるので
階段下収納も広いのですが



当然奥は天井が低いんですね


間取りq


まあ、不自由なく使えてますが
間取りというより


うちの妻がなんでも
適当に置くので
いつも整頓している気がします



リビングから近いので
つい色々置いちゃうので
結構便利には使っています





残り1つはお褒めポイントで


間取りr


スキップフロアですね



こういうスキップフロアが欲しいと
最初から思っていたので
ここは私も満足しています




間取りs


スキップフロアがある家の知人も

「こんな隠れ家みたいな使い方するんだ」
なかなか好評でした




間取りt


LDKからの開放感は
結構減らす代わりに



見えるけど別部屋って感じを
かなり達成出来ました






・続いて2階です


2階は気になるポイントが5つですね




まずはこの2つ


間取りu


これは完全に
今思えば失敗ですね



http://reogress.net/archives/8328054.html



なにしろ
40代の夫婦で
不妊治療までしてやっと生まれて
子供が0歳の時に家を買って


まさがすぐに2人目が自然妊娠で
生まれるなんて思ってもいませんから



右側の部屋は
客間兼物置と考えていたので



大きさが違う事は
完成時には全く気になりませんでした


引き戸は
レオハウスの場合開き戸でも
引き戸でも値段が同じなので


小さい時は指を挟まないように



もうちょっと大きくなっても
引き戸なら出入りの音が
隣の寝室から聞こえますから
その点の対策ですね


色々察して下さいって奴です(笑)




続いて
そうえばそうだなぁと思うのがこちら


間取りv


なんでこうなっているのか
私も分かりません(笑)


「夫婦の寝室を8畳欲しい」と言ったので
その関係でしょうか?


スキップフロアのラインと
合わせているからだと思いますが



もうちょっと寝室を狭くすれば
まっすぐに出来ましたね


間取りw


3Dシミュレーションして
セミダブルを2つ並べるには
これだけ必要だったのですが



くっついて寝たい夫婦なら
ダブルでもいいですね


私は一緒には寝たいけど


寝に入ったら完全に
一人になりたいので
セミダブル2つになってます





次はこちら


間取りx


壁面が少ないのは気になりませんが


左側の窓は
無くても良かったですね
朝は気持ちいいんだと思いますが・・・



私は起きるの早いですし
そもそも左側は
ほぼカーテンしっぱなしなので


性能面考えても窓は
1つで良かったですね・・・



次はこちら


間取りy


服なので寝室ではなくて
ウォークインクローゼットの
窓だと思います



こちらはスリガラスになってますし
左側だけ隣家があるので


直射日光は入りませんので
日焼けは大丈夫ですが


たしかに家の方角、隣家の配置によっては
ウォークインクローゼットって


全然移動しない服もありますから
日焼けの可能性も考えた方がいいですね


私なんかはWICは
休日にしか出入りしませんし(笑)



妻はアパレル勤務ですから
頻繁に出入りすると思いますので


多分問題無いんだと思います




2階で褒められてるのは
1箇所しかないですが


間取りz


まあ日は当たりますし
インナーバルコニーになってますので
雨でも大丈夫と満足はしてますが


洗濯物が良く乾くしか
褒めるとこないのも寂しいですね(笑)



とはいえ
気になる所のピックアップですから


本来褒めるポイントも要らないので




施主と設計士(もしくは営業さん)との
打ち合わせで



自分は完璧
設計さんも問題ないという時に


「ここは大丈夫ですか?」って
言って貰えるのは大きいと思います


私も2階のクランクとか


設計時に言われたら
ちょっと考えたかもしれません



今回はヒアリングとか無しで
平面図だけ見てもらったのですが





まさか契約した状態で
他のメーカーに
打ち合わせに行くってのは無いですから



こういった間取りの
セカンドオピニオンってのも
利用するのもアリだと思います



添削だけなら無料





有料だと
「こうした方がいいんじゃない」って言う



オリジナルの間取りも
作って貰えるそうです







私の場合
間取りを作っても困るので
無料のみでしたが



現在検討中の人で
「本当にこれで大丈夫かなぁ」って
思う人にはいいサービスですね





注意点として


メーカーの設計士さんに
「こういうサービス使って
ここが気になると言われた」と言うと



気分を壊すかもしれませんので



あくまでも自分が気づいた体で
言いましょう(笑)







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2020年04月24日






雨や雪の日以外は
余り役に立たないと思う
「玄関屋根」ですが



日差しを遮るので
玄関に直射日光があたると
当然家の中も暑くなってしまいます



玄関屋根は
ほとんどが2パターンで




まずは
玄関の前に庇が付いていたり


庇a
(画像はcube系に多い後付けの庇で90cmです)



Cube系の家というか
ガルバの外壁だと
この板みたいな庇もオシャレなんですが


普通の洋風の家に付けると
ちょっと安っぽいのが欠点です





庇b

逆に玄関部分を凹ませて
屋根にするのも多いですね
(こっちも割と多いパターンで凹みが90cm)



玄関屋根が無い家っていうのは
無いと思いますが・・・



特定の条件下の家では
90cmだと短すぎて
絶対に濡れてしまいます




「雨の日くらい濡れてもいい」
って人もいますが



子供が小さかったり
お年寄りだと


玄関のタイル部分が濡れると
転倒の恐れがありますし


後述する
色々な理由があるので



我が家は絶対に
濡れない設計にしました



ちなみに同じ90cmでも
3方向の風に弱い最初の画像よりは



2番目の画像の方が
3方向の風を遮るので
同じ90cmでも濡れにくいですね






・我が家の玄関屋根は180cmあります




タイルの長さや
雨に濡れたくないと考えた結果
低予算でも玄関屋根を180cmにしました


庇c


もっと金額が高いメーカーなら
当たり前のように
最低180cmはあると思いますが・・・



ローコストだと
設計を意識いないと
90cmだけの玄関屋根に
なったりする事も多いです




一番多いタイプの90cmに比べると
倍の長さがあるので
雨でも濡れないですし




我が家の場合
玄関タイルが

庇d

(お掃除お手伝い中です)



150cmありますが
並みの雨なら
タイル部分は一切濡れません






・凹みと庇で180cmを確保しました




庇ですが一番多いタイプは90cmです




玄関を凹ませて
屋根を取った方で
「ちょっと長さが足りない」
と思ったら



インパクトと
壁にネジを打つ「勇気」さえあれば
後付でDIY設置も簡単に出来ます
(実際ちゃんと処理しないと雨漏れの原因になります・・・)



単純に余り長い庇だと
柱を使わないと
安全面にも問題が出ますが


庇は1メートル以上あると
建築面積に含まれるというルールがあるので


固定資産税の問題も出ますし


我が家は田舎なので問題ないですが
都会だと建ぺい率の問題も出てきます




最近多いのは
玄関部分を凹ませて
2階の部分で庇として使う家が多いですが




我が家も

庇e

90cm分は2階の方が出ていて
そこに90cmのルーフ
を付けているので


トータルで
180cm分のスペースを確保しました


効率だけで考えたら
180cm凹ませれば良さそうですが



これ以上2階を広げる予算も無いですし
広さも必要無いと思ったので



かといって玄関を
これ以上狭くも出来ないので
90cmは庇で対応しました






・90cmでいい家庭もあると思います



我が家が玄関屋根部分を
180cm欲しかった理由として


庇f

タイルって濡れると滑りますので



子供が小さいですし
近くに住んでいる実家の母も足が
悪くて杖使っていますし



さらに田舎で行き止まりな土地ですから
家の前も誰も通らないので



我が家は外に傘立てがあるので

庇g


家の中ではなくて
玄関の前で傘を閉じたり



郵便ポストもここに置きたかったので
180cmは必要でした



後は私はタバコを吸いますが


2階だとベランダ
1階だと玄関で吸いますので



90cmだと
色々不便だなって思いました


家の中で傘たたむって人なら
問題ないですし


子供がいない、もしくは大きくて
夫婦も若ければ


濡れたタイルでも
転ばないと思うので
そういう場合は90cmでも
いいのかなぁって思います


キューブ系の家だと
タイルじゃなくて
滑らないコンクリートでも
似合いますし


景観上玄関屋根の庇が
イヤって人もいると思います










・90cmと180cmで雨の日にどれだけ違うのか実験



玄関が引き戸なら問題ないですが
通常の玄関の場合

庇h


ドアを開くだけで
これだけのスペースを使います





大人一人だけなら

庇i

普通はこの位置に立って
ドアを開けると思うので



90cmでも大丈夫ですし
(大雨の場合は風もありキツそうですが)



そもそも出入りするのに
ドアを全開に
する必要も無いですが





子供が2人いると

庇j

ドアに指挟んだら困りますし
危ないので全開で開けますので


基本は
こんな感じになりますが


子供の位置は
毎回バラバラですね


庇s

(ドア開けたらぶつかるパターン)




庇t

(なぜ毎回目の前に立つのか・・・)


ただ2人とも
私の前には行きたがります




なのでタイルの上段も
3段90cmではなくて


4段で120cmになっていますが
(90cmだと落ちちゃいます)



雨の日に
子供二人と一緒に帰ってくると


玄関屋根が90cmだと
かなり厳しいと感じます


特に4歳のお兄ちゃんは
車から降りると


「雨だーいそげーなんて
走ってしまうので


タイルが濡れるのは
結構危険です



個人的には
濡れた傘などを

湿度や汚れの関係もあり
家の中に持っていきたくないので


外で傘を閉じて

保管も玄関の外でして



それでも濡れなくするには
180cmはあった方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2020年03月21日






我が家でお気に入り間取りのひとつ
スキップフロアです


スキップフロアa
(上から撮影するとこんな感じです)


階段の下から数えて
5段目に
3畳ほどのスペースがあります




子供が1歳の時に
完成したので
最初は私の物置みたいに
なっていましたが・・・



現在は子供が3割
私が7割くらい使っています




私は落ち着くし便利だし
非常に気に入っていますが



必要では無い家庭では
他のスペースにした方が
いいと思うので・・・



実際にスキップフロアの家に
3年間住んでみて



あった方が便利だと思う家庭と
無くてもいい家庭の違いを書いていきます





・スキップフロアvs和室vsリビングを広くする




我が家の間取りがこちらです

スキップフロアb


スキップフロアの分をリビングにすれば
さらに広いリビングになるし


別室で和室でも作れば
それも便利だなぁとは思いますが



我が家はどうしても
スキップフロアが欲しかったので



3年間生活して


「本当に良かったなぁ」と思いますが
要らない家庭だって当然あります



ちなみに
スキップフロアの宣伝で多いのが


「狭小住宅でも広々」みたいな
売り文句が多いですが




画像は
セキスイハイムのモデル例ですが

スキップフロアc


このように段差を使って
さらに下も使えば
面積は増えますが






スキップフロアd
(こちらもセキスイハイムから)


このように下が
使えないと


見た目は広々しますけど
実際の面積は変わりません


我が家も下の部分を
使おうか考えましたけど


天井がかなり低くなるので
子供が小さいうちは有効に使えますが


将来はただの
荷物置き場になりそうだったので
やめました



リビングに
見せる収納スペースなんて
作っても


オシャレに出来ませんから
ただの見える物置になってしまいます



なのでここを
リビングにしても
別室を作っても良かったのですが



色々と考えて
スキップフロアにしました






・要らないパターン1「夫婦がラブラブの場合」




別に我が家も
夫婦仲が悪い事はないと思いますが(笑)



・見たいテレビも一緒で
 夫婦でソファに並んで見る


・雑誌なんかも一緒に並んで見るなんて
 ラブラブっぽい家庭では



そんなに必要じゃない気がします



↓イメージとしてこういう夫婦↓

スキップフロアe
(40代の夫婦でいつもこんな状態って人いるんだろうか・・・)


こんな夫婦なら
スキップフロアは要らないと思うので
その分リビングにした方がいいですね(笑)




私が一番使うパターンとしては



妻はリビングでテレビを見て
その間に私はスキップフロアで
PCを使うというのが
一番多いですし
(ブログを書いてる時もそんな感じです)



見たい本やネットも違いますから
2人バラバラで見ます


妻はテレビ大好きで
録画もたくさんしますが


私はテレビを見ないので
テレビもブルーレイも
妻が自分で買いましたし・・・



かといって
片方はリビングで
もう一人は寝室ってのも
寂しいですし・・・




なんとなく一緒の空間には
お互い居たいので
妻はリビング
私はスキップフロアという時間もあります






・要らないパターン2「こどもがいない、大きい場合」




とりあえず夫婦仲は置いといて(笑)





元々、我が家の場合は
私のPCスペース兼子供の勉強用に作ったので

スキップフロアf

(ひらがな書き取り中です)



スキップフロアのうち
2面は全部造作で
デスクになっています



10歳くらいまでは
まだ自分の部屋で勉強はしませんが


リビングやダイニングだと
勉強しにくいので


ここだと家族と同じ空間にいるけど
集中して勉強が出来ます



実際に私もここで
ブログを書きますが
ダイニングよりもずっと集中出来ますし





我が家はテレビが1台しかないので
妻とのテレビ争い負けた
子供2人が

スキップフロアg

Youtubeや動画を見たりします






スキップフロアh

妹はすみっこが大好きで
ここが定位置です



逆に中学生くらいになれば
自分の部屋で勉強すると思いますので



子供用にはスキップフロアは
要らないと思いますので



その時になったら
私が全部使う予定です(笑)



スキップフロアi

すげー適当な明細ですが・・・
(金額に納得してますからいいですが)


30万円のオプション料金が
かかったので


ハウスメーカーのプランなどで
和室は1つだけ標準内で無料など
ありますから


夫婦はいつもリビングで一緒
子供も使う予定が無いって事なら


無理に作る必要は無いかなぁって
思います



色々荷物も置けて
便利ですけど



それだけの目的なら
同じフロアに
別室作ってもいいですし










・子供が小さいと作れるスキップフロアも限られます



最初に書きましたが
狭小住宅でも広く使えるというのは



スキップフロアの
下の部分も使えれば


単純に2倍の
スペースになりますが

スキップフロアj

我が家のスキップフロアは
そういう事はありません



吹き抜け部分も見えますから
見た目は広くなりますけど・・・




実際に我が家が
一番最初にレオハウスに行った時に



「スキップフロアが欲しい」
言葉で伝えただけだったので



最初の提案に出てきた間取りは

スキップフロアk

これでした・・・


というか
一般的なスキップフロアは
こちらですね・・・





こういうスキップフロアだと



・下の部分は、かがまないと入れないので
 子供が大きくなると使い道が・・・


・子供が飛び降りる可能性がある高さもちょっと・・・


・私の趣味スペースにも使うので
 見えると収納に困る


・片付け下手だし
 見せる収納とか出来ないので
 隠せるスペースがリビングに欲しい



などという理由と



元々「自分のパーソナルなスペースが欲しい」
と思っていたので





スキップフロアL


このような
スキップフロアになって



リビングからは
それほど見えるようには作っていません



子供が
いたずらとか
しない年齢になったら



下は空洞なので
収納にしようかなぁとは
思っていますが




スキップフロアm

スキップフロアから
リビングは見渡せますので



本当に別室と
リビングの中間って感じです



「中間」なので
明確に使用用途がないと
中途半端になると思いますので


例えば
書斎として絶対に
別室が欲しいとかなら
余り向いていないと思いますし


夫婦で趣味があって
物を置きたいとかなら


その分を玄関スペースなどを広くして
土間収納を設置したほうがいいと思います



・お互いテレビやPCとか別行動をしたいけど一緒にいたい

・子供が小さいから自分の部屋で勉強出来る年齢ではない

・見せたくない収納や趣味の物があるけどリビング近くに置きたい


などがあれば
スキップフロアはかなり便利だと思います