家づくりの話

2019年11月19日






先日、3歳のお兄ちゃんが
なんと保育園でラブレターを貰いました



本人は良く分かっていませんが



「ラブレターだよ」って言っても


「やぶれたー、やぶれたー」言っていますし



とはいえ、我が子も好きみたいなので


「じゃあ家に遊びに連れてくれば」なんて
夫婦で言っていましたが


我が家の子供は
まだ3歳と1歳ですので


自分で勝手に
友人を連れてくるという事はないですが


ある程度大きくなったら
連れて来ると思いますし


そういう何度も遊びに来る友人が
出来て欲しいとは思います



今回は子供が大きくなって
友人が遊びに来た場合



親の居場所があるかという問題です



それ以外でも妻の友人が遊びに来た場合
しかも、私は知らない人だった場合


結構自分の居場所に困ると思います



居場所が無くて
外に出掛けたりすると


相手にも「嫌味」っぽく感じますし


夫婦だけでも若い間は
イチャイチャくっついてるかも
しれませんが


年取って来ると
程よい距離感のリビングや
間取りってのが大事になります(笑)







・コミュニケーションとプライバシー



我が家はリビング階段です

友人a



過去にリビング階段の
メリット、デメリットを記事にしましたが





リビング階段だし、1階は全てLDKで
別室が無いため



プライバシーという点では
余り無いかもしれません



お兄ちゃんが中学生位になって
友人とか連れてきたら



一緒にギターとかドラムしてえなぁ(笑)
なんて思っていますが


中学生からしたら
オジサンとバンドしたくないでしょうし



まあ、子供二人は

友人b

両方とも子供部屋があるので
友人を連れて来たら



リビングで挨拶をして
そのまま自分の部屋に行くと思いますから
余り問題ではないです








・この間取りで良かったと思った事


割と自分の居場所に困るのが
妻の友人が来た場合や
妻の兄弟が来た場合などです



最初の10数分位は
同じリビングで挨拶や会話もしますけど



それ以上は自分のポジションが無くなります



その場合に
寝室に行ってもいいのですが



我が家の寝室はベッドしかないですし
相手も、私が寝室に行ってしまうと


「迷惑なのかな」って思ってしまうかもしれません




その場合の
「付かず離れず」のポジションが

友人c

ここのスキップフロアです



立てば視界に入り
座れば遮断出来るけど



同じスペース内にいるという
絶妙な距離感です(笑)



ここでPCでもしてれば
いい感じの距離感を保てるので



非常に便利です




春や、秋なら
庭いじりでもしてればいいんですが


暑いときや寒い時に庭出るのは
大変なので



来客が来た場合の
自分のポジション確保も



特に子供が大きくなって来たら
色々考えた方がいいかなぁと思いました



釣りやアウトドアが趣味なら
土間収納とか作る人が多いので


そこで用具を磨いててもいいですし


1階に別室があるなら
そこでテレビやスマホ見ててもいいんですが



自分も相手も
嫌味にならないポジション確保っていうのは
案外難しかったりします(笑)


まあ「うぇーーーい!」って感じの性格なら
誰が来ても一緒にリビングでくつろぐんでしょうが



我が家は夫婦とも
そういう性格ではないので



色々考えちゃいました





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年10月21日





先日、かなり大きな台風が来ましたが


私が住んでいる山梨県でも
結構な強風、大雨がくる予報でした



我が家の窓には

シャッターa

標準でシャッターが付いているので


話題になった
養生テープを貼るみたいな事はなかったですし



万が一台風で物が飛んでも安全なので



もしオプションだったら
値段次第ですが
「付けなかったかもしれない」ので



標準で付いてて
ありがたいなぁと思いました




幸い我が家は、そこまでの風や雨ではなく
家には一切被害なかったので良かったです




去年の台風の時は

シャッターb

DIYで作った柵が壊れてしまったのですが










今回は何も被害が無くて良かったです



ツイッターなどでも
「シャッター付けておけばよかった」
という発言が結構あったので


こういう災害時に役立つ物
普段は使わないので

ありがたみが
普段は分からないのですが





地味ですが、余裕があればあったほうが
当然いいですね。



シャッターc

我が家は庭にベンチとか
砂場とかありますが



万が一飛んできても
ガラスは割れないですから



台風が深夜に来るときでも
安心感はあるので
そこまで心配せずに寝れます






・台風以外のシャッターのメリット


台風時には
「あってよかった」と思うシャッターですが
仮にオプションで、付けた場合に


全部で10万円以上する
結構な金額の物ですから


地域にもよりますが
年に1,2度しか来ない
台風のために設置するのは
結構な高額です



防犯目的にと言う営業さんも
いるかもしれませんが

シャッターd



実際に泥棒で一番多い侵入経路は
1階の窓からなので




泥棒の心理として
5分以上侵入に時間がかかるような家は
入りくいという事ですから


シャッターe


シャッターは施錠も出来ますし


シャッターを開けると
音がしますので


心理的効果はかなり期待が出来ます







ただガチの泥棒が来たら
シャッターだけでは
5分かからず入られると思いますが・・・


後、理由は後述しますが
普段はシャッターしないので
防犯って意味は余り無いかもしれません・・・











・断熱、遮熱にも効果あり



その他の
台風などの災害被害以外のメリットとしては

シャッターf


シャッターが付くと
U値が上がりますので
断熱性能が高くなります



また特に西日が入る窓などは
シャッターがあると遮熱効果は高いですから

シャッターg

夏の暑さ対策には非常に有効です


断熱性能的には普段から
シャッターした方が数値はいいですが


当然リビングとダイニングは
真っ暗になってしまいますので


我が家で使うのは


・台風の時

・夏場の夕方などに限られますので


性能目的でシャッターを
付けても余り使えないかもしれません



西日対策には便利なので
西日が当たる方だけでも付けるのは
かなり有効だと思いますけど





・耐震対策よりは大事かも


どこのハウスメーカーも
耐震はかなり重視していますが


台風対策には
シャッターがあると無いのでは
かなり効果が違いますから


地域にもよりますが


日本なら
年に1回は台風が来るかもって
所も多いですから


頻度としては
地震よりは多いと思うので


家の窓が割れると
色々と大変ですし

家の中にも水は入りますし


台風災害時は
修理業者もすぐには来ませんから


シャッターは付いていたほうが
いいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年09月27日





私の職場は
廃棄物の処分場ですから


普通の可燃ゴミや
プラスチックごみはもちろん


家の建材で言えば
石膏ボードサイディング等以外にも



「こんなもん何処に捨てればいいの?」という
廃棄物も当然きます
(もちろん許可がありますよ)



シンナーやトルエンなども処理出来ますし


壁紙a

普通の方では余り聞きなれないですが
家を作る際には必ず使うキシレンとか
(塗料や接着剤などの材料です)


割と有毒系のものも運ばれてきます


壁紙b


有害って怖い文字もありますが
ガソリンやシンナーレベルでは
廃棄物の分類上は
有害にすらなりません
(体には害ありそうなんですが・・・)



住宅で使う物でも
トルエン、キシレン、スチレンなどなど


シックハウスの原因物質と言われる物も
持ち込まれるので


仮に私が「シックハウス症候群?」
なんて言ったら


「その会社にいるから症状出たんじゃない?」って
言われてしまいそうですが


特に従業員だから
問題が出たという事はありません


壁紙b-2

もちろん解体中や
危険な物質を扱う時には


防塵、防毒マスクなどを使いますが
家で使う訳にはいかないですね






・シックハウス症候群対策には壁紙を変えるのが効果的です



私は昔から皮膚が弱く
何年も皮膚科に通っていた時期もあって
(ストレスが内蔵じゃなくて皮膚に来るらしいです)


結局病院の先生が
「この蕁麻疹で死ぬことないから・・・」
治療を諦めた経緯があるのですが



有毒系物質が運ばれる会社にいる分
勉強しないといけませんし


講習会で各物質などの
説明があったりもします


壁紙c


建設系で言うと
アスベストやPCBを知らないで処分すると
色々大変な事になります



産業廃棄物を持ってくる
お客様が


「自分じゃ分からない」という物を
持ってくる場合もありますから


建築部材なども見てすぐに
何か分からないといけないので


普通の方よりは詳しいとは思いますが


・・・・
・・・
・・


あくまでも数値上だけですけど



数値だけなら今流通している
建材なら、どれを使っても


ちゃんとした施工をして
ちゃんとした計画換気が出来ていれば


シックハウス症候群にはなりません



色々反論来そうな書き方なんですけど
本当に出ない数値です・・・



まあ健康な方が
ちゃんとした換気システムが
出来ているという過程ですので



多分、シックハウスが出たという方は


・体が弱っている

・引越し等で疲れている

・元々アレルギー体質の方

・気分的なもの

・ちゃんとした施工をしてなかった



特に皮膚症状や頭痛など
気分的なものもかなり影響しますので


逆に厄介なのですが



新築で一番
シックハウス症候群になる原因は
壁紙だと思います



他にも色々と原因になる
建材はありますが


何しろ家の内側全部を
壁紙で覆うのですから


使用量が他の建材とは段違いに多いです





・壁紙=紙製ではなくプラスチックです


今の壁紙は
「壁紙」と言ってもほとんどが
塩化ビニールで出来ています


壁紙d

こちらが我が家で使った壁紙の一部ですが
全部「塩化ビニール樹脂」で出来ています


メリットも多くて

・比較的安価
・デザインが豊富
・厚みも簡単に出せる
・防水加工も出来る
・施工も楽


などなど色々とメリットも多いですが


この壁紙は
塩ビ管や樹脂サッシと同じ素材ですが


そのままでは
紙のようには扱えませんから


可塑剤というものを入れると
柔らかくなって壁紙として扱えます



この可塑剤ですが


発がん性があるとか
環境系のブログでは
かなり悪者なのですが


壁紙e




一応国の基準では
発がん性はコーヒーと
同程度の基準にはなっています



この辺に関しては

当たり前にアスベストやPCB使ったなどの
歴史がある・・・


国の基準だけを信じるのも問題なのですが
(まあ調べる技術も無かった時代ですが・・・)



ブログの中には
「いや、それはおかしい・・・」レベルの
間違っている事書いてあったりします・・・


なんでも危険という記事もありますので
全てを鵜呑みにはしないで欲しいですが



特に廃棄する時に出る
大量のダイオキシンとか書いてある
サイトがありますが


少なくとも
私の会社では焼却する際も
ダイオキシンは出ません



とはいえビニールの壁紙は


可塑剤の揮発や
クロスを張り付ける際の
接着剤など


シックハウスの原因になる物質は当然使います


壁紙f


建築材料に記載されている
F☆☆☆☆
というのを見た方も多いと思いますが


このように
ホルムアルデヒドの発散量が少ない物は
制限無しに使えるという決まりになっています








・シックハウス症候群を出さないために


我が家は特別な事をしていませんし
壁紙も全部ビニール製ですが
何の症状も出ていませんが


気になる方なら
全部の物質は無くす事は出来ませんが



使っている量が一番多い
壁紙から原因物質を無くすなら


壁紙g




壁紙g-2

このような天然素材の塗り壁がいくつかあります



当然その分値段も
かなり高くなるのですが


予算に余裕があったり
シックハウスが気になる方なら
こういった素材もあります



また我が家でも使っている
タカラスタンダードのホーローキッチン

壁紙h


素材の大部分のホーローは
金属とガラスを焼いて作っていて


一体型成型で
接着剤も使いませんので


シックハウス症候群には
かなり優れている商品です



後は家の気密性能にあった
換気システムを入れて


もちろん不安でしたら
最初は窓を開けて生活してもいいと思います


引越したばかりの時は
臭いが強いから
気分的に具合が悪くなるという事も
多いかもしれませんが


昔に比べると
材料に関してはかなり厳しくなっていますので


今、現状で健康な方でしたら
余り気にしすぎなくても大丈夫だとは思います


もちろん換気システムが
ちゃんと動いていればの話ですから


・C値1.0以下の気密を取る

・余り気密性能が取れないなら一種換気にする

・そうじゃなければ最初は窓を開ける


などの対処はした方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年09月06日





サイディングが普及して
20年ちょっとですが

今回は築30年のサイディング
さらに、ほぼノーメンテナンスという


劣化具合を見るには
貴重な建物がありました

30年a

こちらは今から解体するわけではなく
会社で所有しているアパートなのですが


数年前から誰も住んでいないので
そのままにしてあります


昔は寮として使っていたみたいですが・・・



その為劣化してても
何もしないので


どれくらい劣化するかを見るには
ある意味好都合かもしれません(笑)





・コーキングの劣化が凄い


サイディング本体よりも
コーキングの劣化の方が先に来るといいますが

30年b


今の高耐久シーリングだと
20年以上は持つとメーカーは言ってますが


まあ環境にも左右されるので
15年ほどでダメになる可能性もありますが



昔の一般的な性能の
シーリング材だと7~10年でひび割れの
劣化が始まります



そして30年間
打ち替え作業をしてない状態だと

30年c

かなりの隙間になります


このコーキングですが
建ててから10年ちょっとで
打ち増しはしていますが
それ以降は何もしていません




30年d

5ミリ以上は隙間があって


コーキングは
可塑剤が完全に抜けて
弾力性が一切無くなっていて
カチカチの状態になっています



建てて2年半の
我が家と比べてもしょうがないですが

30年e

見る限りは引渡し時と何も変わってない位に
綺麗さは保っています


30年f

コーキングも当然ですが
隙間もひび割れもありませんし
触っても弾力性がまだまだあります





・サイディング本体も劣化が結構あります


コーキングはボロボロですが
サイディング本体は


ボロボロってほどではないですが

30年g

結構塗装剥げが目立ちます



近くで見ると
ひび割れもありますが

30年h

30年前だと釘打ち工法しか
ありませんでしたが
(こちらはビス止めですけど


やはり釘打ちすると
そこからひび割れの原因になりますし


釘の部分を隠すのに塗装をしますが


サイディング本体と塗装面で
劣化具合が違うので


経年劣化で塗装部分が目立ってきています


昔は12ミリ~14ミリが釘打ち工法
15ミリ~16ミリが金具止め工法でしたが


今は最低が14ミリですので
14ミリのみ釘打ち工法で


厚みも18ミリサイディングもありますので


14ミリだけ釘打ち工法
15ミリ~18は金具止め工法ですから



最低でも15ミリ以上のサイディングを
選んだ方がいいです


30年i

釘打ち部分以外は
30年経過後でも
思ったほど劣化が無いですから


14ミリは止めたほうがいいと思います








・この建物ですが雨漏りしていません


サイディングのひび割れもありますし
コーキングの隙間は凄いですから


当然隙間から雨が入っていきますが
建物は雨漏りしていません


30年j

サイディングの奥には
タイベックシルバーなどの透湿防水遮熱シートが
ありますので


サイディングから雨漏りしても
防水シートで雨は防げます


ただ防水シートはタッカーという
ホッチキスみたいなもので留めますから


長期に同じ箇所が雨に降られると
木材まで浸透すると思いますし


そもそも防水シートの外に外壁材が
ある前提ですから


サイディングで雨漏りどんだけしても平気って
わけではないですが


少なくとも
建築中でまだ外壁が貼られてない時でも
防水シートの施工さえ終わってしまえば


木材に雨が浸透するような事はありません


ただ、この建物は誰も住んでいないので
このままですが


万が一木材まで雨漏りしたら
家がダメになりますし


さすがに見た目が悪すぎるので
補修工事した方がいいレベルですね


サイディングは15ミリ以上にして
なるべく高耐久シーリングを使って


15年程したら打ち替え出来る予算を
貯めておくことが大事です




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月02日





今回は何件か問い合わせを頂いてる
解体工事の話です



解体と廃棄物処理の会社にいますから
当然問い合わせも多いんですが(笑)



あくまでも個人ブログなので
宣伝はしませんが


まともな解体業者が
見つからないという方でしたら
個人的にご相談下さい(笑)



私の会社の場合は
ビルとか商業施設の解体の方が多いですが


個人の建物も解体もしますし


検討している解体業者が
ちゃんとしているかどうかの
アドバイスも可能です





・なぜハウスメーカーから解体工事をすると高いのか


業者に寄って若干違いますが


ハウスメーカーに依頼するのと
自分で直接解体業者に依頼するのでは
2割から4割ほど価格が違ってきます


ただ、解体業者は後述しますが
いいかげんな会社も多かったりしますので


そういった会社でしたら
ハウスメーカーから依頼するのと比べたら
半額以下になる会社もあります



ハウスメーカーから依頼すると
高い理由としては
こんな感じです

解体a

仲介料、手数料はもちろんですが
解体業者の管理料も含むので
金額があがります





・ハウスメーカーに頼むメリット


一番のメリットは


施主さんは高いお金を支払う代わりに
手間が減ります


ただの解体なら
解体工事が終われば当然終わりですが


今から家を建てるならば
解体工事というのは
あくまでも途中でしかありません




その為のスケジュール調整などを
別々に頼んだ場合


・ハウスメーカー 
・施主
・解体業者


この間に入ってやり取りをしないといけません



その点、ハウスメーカーに依頼すれば
施主さんは基本何もしなくて大丈夫です



まあ日程に関してはそれほど難しくもなくて
余裕を持ってスケジュールすれば大丈夫ですが


工事の範囲などは
細かく話し合った方がいいと思います



今ある塀、庭石や地中配管など
どこまでを解体するか等ですね



こちらも
分離発注したとしても
ハウスメーカーさんから
色々教えて貰えますし


ちゃんとしている
解体業者さんなら
色々と教えてくれますから



手間は増えますけど
そこまで難しい事はありませんが



ただハウスメーカーが
何もしないでマージンを取ってるだけじゃなくて


管理して、何かあった時の
責任も取るので


その分金額が高くなります
(それにしても値上がりすぎな気はしますが





・ちゃんとした解体業者の見つけ方


オススメの確認方法の1つは
「経営事項審査」を確認しましょう

解体b

一版財団法人 建設業情報管理センター
http://www.ciic.or.jp/



解体業を含む建設業は

「経営事項審査」というものを受けて
会社に点数を付けられます


当然私の会社も点数が付いています



こちらのスコアに寄っては
公共工事の入札に参加出来ないなどが
あります


解体c



会社名が分かれば
検索出来ます



解体d

ちなみに解体工事業の項目は
新設されたばかりなので
平成33年までは「とび・土工」で取っている業者もありますが
問題ありません



解体e

工事の評価点以外にも
経営状況や保険加入など
会社としての審査をしています


ただ、民間専門の場合や
小規模な会社の場合は


経営事項審査を
受けていないと思うので



その場合なかなか電話帳やネットで
調べても


どれがちゃんとしている会社か
良く分からないと思うので



その場合のオススメは
ちゃんとしたハウスメーカーの
解体をしている業者の
名前を覚えましょう(笑)







私の職場は廃棄物の処理場ですので
自分の会社以外の


解体業者のゴミもたくさんきますが


・〇〇工務店はこの解体業者
・〇〇ハウスはこの解体業者というのは
 だいたい決まっています


そして、ちゃんとした
ハウスメーカーの依頼を受けている
解体業者は


ちゃんとしている会社が多いです


さすがに名前は言えませんが


「あそこ、あの解体業者使って大丈夫なの?」
っていうハウスメーカーもありますので




かといって工事現場に行って


「直接解体依頼したいけど大丈夫ですか?」
と聞いても

現場の人は答えてくれないと思いますが


ちゃんとした会社なら
車や作業着に
会社名入っているので大丈夫です


作業中は邪魔ですけど
解体って余り残業が無いですから
(工期によりますけど


作業が終わって後片付けしてる時に
社名チェック位なら可能だと思います

解体f


解体したゴミを運ぶ場合には
許可を取った上で
必ず車に会社名を記載しないといけないので
車を見れば会社名は分かると思います





・問題あるところも「正直あります」・・・



ハウスメーカーなら
家が完成して終わりですが


解体業者は
物を無くせば終わりなので


なかなかいい業者と悪い業者が
分かりにくいのですが



本当に安い所などは
解体した廃棄物を不法投棄したり
する場合もまだ若干ですがあったりします


私の会社も決して
ボッタクリしてる訳ではないのですが


例えばサイディングや石膏ボードなどは
1立方メートルあたり20,000円の処分料金を頂きます



不法投棄すればその分が
解体業者の利益になりますが

解体g

当然違法ですので
逮捕や、処分取り消しになります



「〇〇県 解体業 行政処分」などで調べれば

解体h

過去に違法行為をした会社なども
分かります


法律違反していても
それでも安い方が良いって言うと困りますが


やはりそういう会社は
解体も適当ですから


地中ゴミなんかも
放っておかれたりする可能性もありますし


解体工事終了後に必要な
届け出をしないという
いいかげんな可能性も出て来ます





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村