家と土地の話

2018年11月10日


転職したばかりだと
仕事を覚えるのが大変だし


別部署に
移動になっただけでも大変です



大工さんも同じで

慣れてない工事は
当然うまく出来ません


そこを考えて
オプションを追加した方がいいです





・我が家を作った大工さん


大工a

我が家の施工中の写真です



どのハウスメーカーも

実際の施工は
下請けの工務店さんが行います


当然お抱えの工務店さんがあって
そこに仕事を発注しますから



例えば
我が家を作った大工さんは
基本レオハウスの工事ばかりしています


もちろん棟数が
少ないメーカーだと


掛け持ちするしかないのですが







・タイル張りの施工が出来るのか?


レオハウスの場合


外壁材の標準は
サイディングです

大工b



大工c



レオハウスのプランによって
選べるサイディングのメーカー
サイディングの厚みは変わりますが


標準仕様や
オススメ追加オプションなどにも


タイルやALCはありません


もちろんお金を追加するから
タイルにして欲しいと言えば


営業さんは受けるでしょうし


工務さんも受けるしかないですが



タイル張りのシェアは
全体の1割も無いですから


実際に施工する大工さんが


「うわ、タイル超ひさひざ」

「俺初めて・・・」


このような大工さんに

家作りは正直まかせたくないですね







・やりたい事が標準仕様のメーカーで作る



「大工さんが慣れてる施工にする」


これが一番安全だと思います

例えば外壁は
どうしてもタイルがいいなら



一条工務店に行けば大工も慣れてますし

ちょっと予算がという方なら


クレバリーホームあたりなら
ローコストでも標準が外壁タイルです



私の場合は
サイディングで良かったので


外壁に関しては
どのメーカーでも問題なかったですが




最初の希望


・吹き付け断熱
・瓦屋根

大工d

これだけは譲れなかったので


この2つが標準仕様で
入っているメーカーにしました



標準仕様=そのメーカーでの
一番多い施工なので


大工さんも慣れています






・やっても問題無いオプション


キッチンバスルームなどは


特注品でもない限りは


オプション仕様にしても
作るのはキッチンや
バスルームのメーカーですから


大工さんは
完成してる商品を
現場で組み立てるだけですので

大工e


例えるなら
ニトリの組み立て家具みたいな物ですから


このようなオプションなら
問題ないですし


ニッチやR壁くらいは


さすがにローコストメーカーの
大工さんでも普通に作れますが



大工f

我が家唯一のR壁ですが
問題なく作ってくれました




実際に施工してくれた大工さんも

もしかしたら

タイル施工やその他のオプション工事も
問題無く作れる大工さんだったかも
しれませんが



通常大工さんは選べませんし


初めて大工さんに会うのは
当然契約後になると思います


私の場合は
工務店さんの付き合いも
仕事上多いですから


「下請けってどこですか?」って
聞いたりしてましたが


なんなら
契約前に聞いてみて


知り合いなどいないか
調べてみるのはどうでしょうか?






・大工さんは図面通りに作ります



私も契約するまでに

たくさんの方のブログを見ましたが


「こんな設計で通すのか・・・」
思った家もいくつもあって



だいたい「失敗した」カテゴリに入ってますが



例えば
我が家のトイレ、洗面台、お風呂の設計図ですが

大工w

このように
開き戸同士でドアがぶつからないように
なっていて


ほとんどの方が「そんなの当たり前」って思いますが


中には
トイレとお風呂で
同時に開ける事は少ないからと


開き戸同士でぶつかる設計の家も
ありました


大工さんも
作っていて


「これはおかしんじゃ?」って
思うでしょうけど


設計図通りにしか作れませんので


工事中に家を見に行く機会も
あると思うので



仲良くなって
「間取りで気になった所あります?」って
聞いてみるのもいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年10月19日


過去に何度か


私はグラスウールは嫌で

吹き付け断熱を
選んだ記事を書きましたが


グラスウールでも吹き付け断熱でも


基本的な
断熱性能は同じです


両方とも厚みで
断熱性能が変わりますが


ちゃんと
施工すればどちらでも
問題はないのですが




施工が難しいから
カタログ通りの性能が
発揮できるか疑問というだけなので・・・






・グラスウールは湿気を吸う?


多分ですが
グラスウールは
見た目で損してる気がするのですが

グラスウールa

これがグラスウールの中身です


たしかに布団っぽいので
水分を吸収しそうなイメージです・・・




グラスウールb

こちらがいつも見る
袋に入っている
グラスウールです






・グラスウールは水は吸いませんし燃えません


私の職場の廃棄物処分場にも
毎日グラスウールがきますので


古いグラスウールを毎日見ますが



グラスウールは「ガラスの仲間です」


ガラスなので水を吸いませんし
燃えません


私の会社に
グラスウール持って来たら


グラスウールc

グラスウール、ロックウールなどは
このガラス・陶磁器くずになります



ちなみに
アクアフォームも運ばれてきますが


吹き付け断熱は
発泡材なので

グラスウールd

廃プラスチックです



処分方法も


吹き付け断熱の
アクアフォームやアイシネンは燃えますが


グラスウールは燃えないので破砕します


グラスウールe


燃えないというのは
家に使う断熱材としては
メリットですね



吹き付け断熱も
難燃性の原材料を混ぜていますが


私の会社みたいな1000度以上の
焼却炉だと普通に燃えます


まあガラスでも金属でも
入れれば燃える位の高温ですけど・・・



個人的には
外側なら外壁
内側ならボードなど


燃えにくい素材の奥にあるので

火が断熱材まで行ったら


家の木材まで届きますから
既に手遅れだと思いますが







・グラスウールだから内部結露するは間違いです



グラスウール=ガラスですから
素材は湿気を吸いません



正しく施工すれば


吹き付け断熱もグラスウールも
厚みにもよりますが


同じ断熱性能にはなります



毎回言いますが


施工が難しいのと
昔からの間違った施工のせいで


将来隙間が出来て

断熱性能が下がって
隙間から内部結露の原因になるので


正しく施工できる業者なら


吹き付け断熱よりも安価ですし
かなり燃えにくい素材なので


メリットもあるのですが



グラスウールf

メーカーは
既に過去の事と言ってますけど



まだまだ酷い大工さんを
実際見てるので



施主が大工を選べるわけではないし
ローコストメーカーの大工さんだし・・・


などの理由もあり
吹き付け断熱にしました



下請けに出さなかったり
信頼出来る大工さん


施主が施工ミスを見て判断出来るなら
問題ないと思いますけど




グラスウールg


メーカーサイトに
正しい施工マニュアルもあります


手抜き間違った
施工するのは置いといて



正しいと思っている施工が
間違ってる大工さんもいるので


信頼出来る大工さんを見つけるか


自分で正しい施工方法を
覚えるしかないですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング






2018年10月05日



注文住宅は

おそらく人生で
一番高い買い物ですので


欠陥住宅や手抜き工事など

本来あってはいけませんが



万が一の可能性もあるので


ホームa

ホームインスペクターという

第三者機関に施工中の検査を

頼む方もいらっしゃいますが



「注文住宅の場合は」

正直デメリットのが多く

メリットはそれほどないと思います








・信頼してないメーカーとはそもそも契約しない



私も契約前は
「ローコストだし心配なので」と
第三者機関を少し考えた事があるのですが



レオハウスに行って
最終的に契約する時には



「ここの人なら任せて大丈夫」って
考えになったので



契約した時点では

第三者機関などは
考えもしませんでした



一番のデメリットは



メーカーや大工さんと
信頼関係を結べない事です


例えば、会社員の方が

「ちゃんと仕事してるか見るから」
検査員が外部から来たり



主婦の方でも
家にちゃんと家事などをしてるか
検査しに来たら



「すごい嫌」だと思いますし



「あー信用されてないなぁ」って思います



仕事や友人の付き合いなどで



どうしても乗り気では無いメーカーで
注文住宅を頼む以外は



ホームインスペクターが
必要と思う段階で


既にその業者とは
契約しない方がいいと思います



ローコストメーカーで
ホームインスペクターを頼んでも



トータルでは安いのでという
ブログも
ありますが



信頼関係が築かれない時点で
ダメだと思います



逆の立場になった場合に



「信頼されてないんだなぁ」って
思われると
やる気も無くなりますし



家が完成してからも
長い付き合いになるので



そもそも第三者機関が必要だと
思う位不安なメーカーとは
契約しない方がいいと思います







・中古住宅や建売住宅なら必要かなと思います



ホームインスペクターを頼むメリットは
中古住宅や建売住宅のみだと思います



作っている途中が一切見えない
中古住宅や建売住宅は


第三者機関は
かなり必要だと思います



特に中古住宅は



完成した時の最低基準が
今の法律や性能と全然違いますし



建売と比べて相場も無いですし



完成時はちゃんと出来ていても

内部が思った以上に
傷んでいるなどの劣化も


素人が見ただけでは分からないので
必要だと思います






・注文住宅でホームインスペクターを頼むメリットは?



信頼関係にヒビは入りますが

もちろんちゃんとした第三者機関なら

身内の検査である
ハウスメーカーよりは厳しいとは思いますし


フラット35などの竣工検査も

最低限の検査しかしないので

細かいところも見てもらえるメリットと



例えばおかしい箇所があっても

やはり素人が言うのと



第三者機関の方が言うのでは
若干違ってくるとは思いますが



ホームb

レオハウスの検査や外部の検査も

もちろんありますし



ホームc


フラット35でしたので

外部の竣工検査もありましたが

検査項目は充実しているわけでは無いです




それでも注文住宅で

ホームインスペクターを頼むメリットは

正直全くないと思います



そして一番の心配は



そもそも家のプロであるメーカーや

大工さんより、第三者機関の方は家に詳しいの?

という疑問があります



私はレオハウスと契約して

満足していますが



もちろん人それぞれ
合う合わない、好みも違いますが



ハウスメーカーは
何社もありますので



自分に合うメーカーや
工務店を見つけるのが



第三者機関に頼むより
大事だと思います



高い買い物ですし

長く住む物ですから



慌てずに何社も見て回り

自分に合うメーカーを見つけるのが

一番いいです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年10月01日


先日、山梨にある

「不二建設」という工務店が
自己破産の末、倒産しました




倒産b






地元のニュースや新聞にも

出ましたが



倒産e


自己破産時に

5棟の建築工事が途中で

現在ストップしているそうです



私の会社は
工務店や建設業者の
付き合いが
多いので


資金繰りが厳しい会社は
付き合いが
ある業者なら分かるのですが



今回倒産した不二建設は取り引きは

無かったです







・建設途中に倒産するとどうなるか?



一応今の制度だと

保証なども若干ありますが



・追加料金が発生したり

・完成が物凄く遅れたり

・アフターが一切期待出来ないなど



注文する側に取って倒産したら

良いことは何一つありません



住宅完成保証という機構もあり
こちらに入っている工務店でも
満額が保証される訳ではありません



倒産a

まだサイトも残ってましたが

ローコストでも無く

高級でも無く
中間位の業者さんみたいなので


こういう特色が無い
中小規模のメーカーは

正直厳しいのかなぁと思います


元気で大人気な小さい工務店も

たくさんありますが



大手メーカーでは無理なローコストだったり

物凄く高気密、高断熱だったり

欧風専門などの特色があったり



などなど

大手メーカーでは出来ない事をしている

工務店は人気ですね。







・では大手は安心かと言うと・・・



大手メーカーでも

過去にミサワホームが
トヨタホームに買収されたり

しましたが



スケールメリットがあるので

潰れずに子会社化して
生き残ったりする可能性も


地域工務店よりは高いと思います


私が契約したレオハウスは

親会社のナックが上場してるので


倒産c



倒産d


このような決算書類などが

誰でも見れるので



その点だけでも
上場企業に頼む
メリットはありますし



今回倒産した不二建設は

負債総額が3億8千万円でしたが



大手メーカーなら

これくらいの負債は何ともない数字です



レオハウス は住宅部門で

3年間で18億の赤字ですが

普通に営業してますし



他の部門で黒字出していて

トータルでは黒字です



資金繰りが厳しい会社だと

家は完成出来たとしても

アフターサポートは期待出来ませんし



そういうメーカーや工務店は

避けた方が無難ですね







・潰れそうな工務店を避けるために



上場企業は決算書類が見れますが


その他の会社は見れないので



自分で調べて、潰れそうな会社は

避けるしかないのですが



もちろん会社の営業さんが

「うちはヤバイですよ」なんて言いませんし





・自分で見つける方法としては



「急に設備のメーカーが変わる」



もちろんいいグレードなら別ですが

支払い滞納で
そのメーカーから仕入れ出来ない
可能性もあります




「明らかに無茶な値下げ」



利益が出ないレベルで

値下げしたらおかしいです



「一括支払いや

支払いを前倒しでお願いする」


通常住宅の支払いは

着工金、中間金、完成時の

3回に分けて支払いが多いです



着工金で全額支払えば

安くするなんて業者は

絶対にやめたほうがいいです



過去に倒産した
アーバンエステートや富士ハウスも

このような支払いで前金で支払ったまま

潰れてしまいました…



2018年09月06日


※虫嫌いなので虫の画像は
ありません



私の会社(廃棄物の処分業)には


家を解体した
木材モルタルなどが

私の会社に運ばれてきますので


シロアリa

毎日たくさんの
木材が運ばれてきますが


ちょっと思ったのが


「シロアリでダメな木材なんて見ないなぁ」と・・・



新築の余りも若干来ますけど

解体の古い木材のが多いので


仮に1%被害にあってるなら

100軒に1軒は見ないと
おかしいハズなのですが


「全然見ません」


どれくらい見ないかと言うと


1~2年でゼロです


現場の同僚に聞いても
「ほとんど見ない」という事です


それでも稀に来るそうで

1日に運ばれてくる
家の数から計算すると

1000軒に1軒以下なので


0.1%以下という数字に
我が社調べにはなります





・調べられない・・・


「白アリ 被害 割合」などで
ネットで検索しても


出るわ出るわの
シロアリ駆除業者の
サイトばかりで


とにかく危険を煽ります・・・


もちろん被害にあったら困るので
分かりますが


これだけ毎日古い家の解体した
木材を見てるのにシロアリがいないなら


「大丈夫じゃないの?」って思ったりします







・国土交通省のデータで分かる事


国土交通省に
シロアリ被害レポートというのがあったので




調べてみたところ


ハウスメーカーの「大丈夫」

「余りあてにならないなぁ」
思ったりするのですが



※このデータは
シロアリが被害にあった家
5000軒のデータです



シロアリb

まず基礎ですが


ベタ基礎が1番多くて
布基礎がその次です

「ベタ基礎だから大丈夫」って事はありませんが


住宅の比率が
ベタ基礎がほとんどなので

被害比率を考えると
布基礎よりはちょっと安全くらいですね




次に被害の種類ですが


シロアリc


木材以外にも被害にあいます

ガラス・陶磁器以外は
何でも食べますし


鉄骨でも床下は木材使ってるので

「鉄骨だから大丈夫」ってのも無いですね




次に床下換気ですが


シロアリd
レオハウスでも

「基礎パッキンで通気するので
シロアリに強いですよ」と言ってましたが


普通に被害にあいます



シロアリd-2


こちらが我が家の基礎パッキンです

無いよりは効果があると思いますが
100%防げるわけではありません



あと多いのが

「木材に加圧注入材があるから大丈夫」というメーカーですが


シロアリe


こちらも普通に被害にあってます






・まとめると・・・


非常に長いPDFなのですが
統括が


だいたい建ててる家の種類の
順位だから、建物の差異は無いよ
という事でした


今の標準の工法でも
10年未満の
シロアリ被害はほとんどないので



ツーバイフォーや
鉄骨と木材のハイブリット工法など



古い家の総数が無いと
件数も少ないので


「ほら、この工法はシロアリが出ないですよ」って
営業さんには注意ですね






・防蟻処理はしましょう


気になったデータがこれで


シロアリf

築年数別の被害状況ですが


A区分、B区分、C区分に別れていて


C区分が圧倒的に多く

ついでA区分

B区分はほとんど被害がありません



これは

A区分=防蟻保証があったが年数経過で保証が切れた家

B区分=A区分と同じで保証が切れた時に再度防蟻処理して保証中の家

C区分=被害にあった家で6年以内に再調査した家



なので一度被害にあったら
その時処理しても
再度被害に遭う可能性が非常に高く


メーカーによって5年や10年などの保証ですが


切れた際に保証が付くタイプの
防蟻処理を再度すると
かなり発生率が低い事が分かります



レオハウスの場合は
10年保証ですが


これを見ると
10年後は絶対に
防蟻処理をした方がいいですね


シロアリf-2

こちらが我が家の
シロアリ保証書です


10年間で1,000万円の
保証が付いています


最初の10年は無料ですが


それ以降は有償ですが
最大20年延長出来るそうです





・悪質業者の被害に合わないように


シロアリ業者=詐欺


と思ってしまう位に

うさんくさい業者が多いので困るのですが





・飛び込み営業の業者には頼まない


基本ですね・・・絶対ダメです



・ハウスメーカー、工務店から依頼する


建てたとこから依頼が一番安心ですね
保証もしっかりしますし

変な作業されたら家の持ち主以外に
メーカーからもクレーム来ますので



メーカーと疎遠になっていたり
倒産していたり、中古住宅の場合は


・日本しろあり対策協会に加盟している

国家資格ではないみたいですが
かなりしっかりしている公益社団法人みたいで

しろあり防除施工士という資格も発行しています



シロアリg

地元の山梨県だとわずか4件

どこも昔からある会社です


東京でも89件しかないので
割と入会が厳しそうです





・結局被害割合は?


駆除業者のサイトだと
5件に1件は被害に合っているという

とんでもないサイトもありますが


この国土交通省のデータも
被害の家5000件集めるのが
大変だったと書いてありますし



1000軒に1軒(これで0.1%)もないので
ものすごい心配しなくても大丈夫っぽいですが


データからも
一度出ると、その場は全滅出来ても
地中に潜むのでまた出てきますから



新築後10年経過して
シロアリ保証が切れたら

再度防蟻処理をして、保証を延長するのは
した方がいいと思います






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング