家づくりの話

2019年05月17日





最近レオハウスも
「Happy LEO House」という
規格型住宅を始めました

規格a

私が注文した時は
レオハウスには規格型は無かったのですが
(大人気の家cocoのみでした)


いくつかの検討した
ハウスメーカーで規格型住宅もあって
そちらも検討しましたが・・・


結局注文住宅になりましたので
規格型住宅に向いている人と
向いてない人がいると思います


規格b

レオハウスの規格型住宅は
全48プランという事ですが


オシャレなイメージを出したいのか
英語で書いてあるので分かりにくいです





・最初の間取りが決まってない人はオススメだと思います


こちらは他メーカーの
規格型住宅のカタログです

規格c

建物本体価格が
1,527万円なので
ちょうど我が家と同じ位の価格です



断熱材はアクアフォームで

サッシも半樹脂サッシと我が家と同じです


キッチンはエイダイかクリナップだけだったので
私の大好きなタカラスタンダードは
選べないのですが


規格d

スキップフロアでは無くて
コミュニケーションブリッジっという名前ですが



実際にモデルルームも見ましたが



我が家のスキップフロアと同じような
役割です



子供がジャンプして
降りれそうな高さだったので
我が家はで不採用なのと


屋根裏小屋もいらないのですが



ぶっちゃけこの間取りで
気に入るのなら



当然こちらの方が
注文住宅より安いわけですから
お得だと思います



例えば家を建てようと思っていても
決まっている間取りがなくて


「夫婦と子供2人で理想の間取りを作って下さい」


なんてリクエストするのなら
規格型住宅の方がだんぜんお得です


このカタログだけでも
数百種類のプランがありますし


もっと
数があるメーカーもあります



オシャレなこだわりのある工務店や
デザイナーズハウス以外の
普通のハウスメーカーなら


明確に希望の間取りが無ければ

どうせ規格型住宅のような間取りになります



大手メーカーが

何千戸という過去のストックから
規格型住宅のプランを作るんですから



気に入った間取りなら
それで問題ないと思います



もちろん注文住宅なら
最初の間取りを土台にして


色々変更出来ますから
注文住宅ならではの
間取りも可能です





・規格型住宅のメリットですが


メリットとしては


「安い」


これに尽きます


・設計料はかかりませんし

・打ち合せの回数も減ります

・部材も決まっているので大量発注可能です



後は規格型住宅ばかりしている
ハウスメーカーなら


現場の大工さんが
施工に慣れているので


施工ミスが少なくなるという
可能性も出て来ます


まあこれに関しては
現場の大工さんが新人さんだったり
ほとんど同じ様な家建ててなかったりで


余り意味がない事もありますが・・・


規格e



こちらは甲府にある
超ローコストなハウスメーカーです


超ローコストの理由の1つとして
規格型プランのみでした





・注文住宅よりもいい間取りになる場合も


ハウスメーカーによっては


契約後から最終図面までの
期間が決まっていて


色々考える時間もなく
最終図面に印鑑押してしまった・・・


なんてブログも結構見ますが



規格型住宅なら
そんな事はありません


もちろんキッチンや
壁紙、外壁材選びなどはありますが



何しろ間取りは決まっているので
後悔しようがありませんね



私についたレオハウスの
営業さんは


ノルマの余裕があるのか
ぶっちゃけ忙しかったかのか
分かりませんが



タマホームやアエラホームなどの
メーカーでは
「契約してね」って位の時期でも
(だいたい2,3回目の打ち合せ時期)



「納得するまで打ち合せしましょう」って
言ってくれたので


本当に結構な回数の
打ち合せ出来たおかげで


本契約後からの最終図面は
余り変更も無く


満足出来た家が出来たので
良かったですが


納得出来てない注文住宅よりは
メーカーである程度考えた
規格型住宅の方がいいって事もあると思います



本当は何度も納得できるまで
打ち合わせ出来るのが
一番いいんですが・・・


こればかりはメーカーの違いや
忙しい時期などもありますし


施主さんの
希望の引き渡し時期もありますから


なかなか難しいですね








・なぜ私は注文住宅にしたのか


私の場合は
ハウスメーカーを何件か見学して
既に希望の間取りが
決まっていたので



規格型住宅でも
「この間取りはいいなぁ」というのがあれば
検討したと思うのですが


見に行ったメーカーの
全てのプランを見ても


気に入った間取りが一つも無かったので



・1階は別室いらないで全部LDK
・階段途中にスキップフロア

これが希望だったのですが

この2つがある
間取りがありませんでした


なので自分で
間取りがほぼ決まっている場合は
注文住宅にするしかないですね・・・





・実際に規格型住宅と注文住宅でどこまで変わるか



私の場合は最初から
規格型住宅では気に入った
間取りが無かったのですが

規格f

こちらはレオハウスの
3回目の打ち合せ時に頂いた
間取りです



我が家のプラン
大人気の家coco
完全自由設計って言うのが売りなので


好きなように
間取りは変えれるのですが


仮にこれが
規格型住宅の間取りとして


ここからどこまで変わったかというと

規格g

こちらが契約時の間取り図です


・玄関部分をかなり変更して
・脱衣場の扉を変更して収納棚を作ってもらって
・ダイニングの奥に机置きたいので化粧柱入れてもらって


などなど変更してから契約しました



規格h

こちらが最終図面です


契約時から
変わった場所は


・冷蔵庫とカップボードの位置を変えて
・その為冷蔵庫をリビングから隠すように木材を足して
・そのおかげで廊下部分を引き戸に変更しています



後は図面では分かりにくい

・スキップフロアの高さとか
・キッチンを置く場所なども
 すれ違いやすいようにと思って


この辺は上棟してから
決めた部分もあります



規格型住宅でも
ある程度は変更可能なプランもありますが


私は夫婦とも年も取ってるので
こうしたいって拘りが強いかもしれませんが(笑)




しかし、例えば賃貸住宅や
建売住宅は


決まっている家で
住む方が家に合わすので



そう思えば
値段の安さはメリットになりますが・・・



レオハウスの
規格型住宅のサイトを見ると


私の家より高いんですよね

規格i

こちらが延床面積32坪で
本体価格が1,545万円のプラン




規格j

我が家は延床面積34.5坪で
建物本体価格は1,535万円です


まあ土間があったり
テラスになっている
インナーバルコニーがあったり


我が家よりずっと高そうですね


実際に建てる際は


結果的に
どちらで注文しても


私もそうですが
規格型住宅をたくさん見ると


間取りの知識がどんどん
増えるので
たくさん見た方がいいと思います



・・・・
・・・
・・

そうえいば

規格k


去年新商品で出た
coco LifeがもうTOPページから
無くなってしまったので・・・


あれはcube型の住宅でしたが
規格型でリーズナブルという感じでしたが

規格L
1年前のTOP画像は
こんな感じでした



1年経たずに無くなってますね・・・
不人気だったのでしょうか



cube系の家建てるなら
ZERO-CUBEとか色々ありますしね・・・



レオハウスの売りって
私の感想だと


注文住宅で
自由に作れるわりに安いってとこが
気に入ったのですが


レオハウス以外もタマホームや
アエラホーム、アキュラホームなどなど


どのローコストメーカーも
坪単価あげようと必死ですが


なかなか上手くいってないですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年04月19日






断熱等級の基準は
地域によって差があります


北海道a



当然北海道と沖縄では
気温が全然違いますから


求める性能も違いますね


一番寒い北海道が「1」で

私が住んでいる山梨県甲府市は
他の関東地方と同じく「5」になります


寒さが違うので
求めれる断熱基準も違ってきて


例えば断熱等級4の基準の場合

北海道b



北海道c


同じ吹き付け断熱でも


北海道の1~2地域と
4~7地域では
求められる基準が変わってきます


東北の4地域と九州の7地域で
基準が同じってのは
おかしい話だと思いますが






・全然違う北海道のローコスト住宅


私みたいな
「低予算だけど性能はある程度欲しい」という方は


寒い地域の断熱性能って
参考になる部分が多いです


そこで同じ基準の
ローコスト住宅


家のチラシにどの地域でも
入っている


「住宅 768万円 チラシ」で検索すると


北海道d



チェーン店ではないですが
同じコンサルタントの影響で


768万円チラシは
全国色々な工務店がやっています



もちろん山梨県にも
いくつかあって

北海道e

こちらは実際に
モデルハウスに見学して

話も1回だけしましたので


欲しい基準で建てると
普通の値段になる事は
分かっています



ちなみにweb予約して来店すると
マックカードプレゼントって
書いてあったのですが


実際に行ったら
「いっぱいになりました」って
くれませんでしたので
余りいい印象はないのですが


・・・・
・・・
・・
予約して来店したのにいっぱいって・・・



そして驚くことに
北海道にも768万円チラシがあります


北海道f

名前からいって
北海道っぽいですね(笑)



実際に建てた方のブログを見ても
当然768万円で建つ事はありませんが


土地代抜きで
2,000万円以内では建つみたいです





・標準の窓サッシに驚く・・・


北海道のローコスト住宅一番の驚きはこちら

北海道g


なんと標準のサッシが
エルスターSです


U値1.3の高性能窓サッシで

関東の超ローコスト住宅でしたら
ありえないサッシです


我が家がサーモス2HでU値2.33


山梨の768万円の家は
見学した当時は
U値4.07のデュオPGでしたので


北海道あたりだと
エルスタークラスが
標準で使われると思うので


こちらで購入するよりは
当然安いと思いますが


それでもローコスト住宅とは
思えないクラスのサッシですね








・本当に寒い地域のお金の掛け方



他にこちらの地域と
違うなぁと思ったのは

北海道h



標準の換気システムが第一種換気です



これに関しては関東でも
第一種のがオススメだと思いますが


過去記事

↓↓




このハウスメーカーもそうですし
北海道、東北の方のブログを見ると


・窓サッシ
・第一種換気


この2つが最重要とされていて



もちろん予算次第なのですが
断熱材はサッシや換気より
重要視されていません


北海道i

実際家の温度が逃げるのは
半分以上が窓なので



断熱材のグレード上げるよりは
窓のグレード上げたほうがいいですね






・寒い地域のローコスト住宅の予算の抑えかた



関東地方の
ローコスト住宅よりも


窓サッシも換気システムも
お金がかかっているので


当然他の事で予算を抑えます



まず断熱材は
普通のグラスウールが多いです



施工ミスがガチで
命取りの寒さですし



関東や関西では
「断熱材?」って言っていた時代から


グラスウール使ってましたから
施工慣れしてるでしょうし


グラスウールだって
施工に問題がなければいい商品です




こちらのハウスメーカーは
その他にも


ベタ基礎ではなく布基礎だったり


山梨の768万円住宅メーカーより
キッチンのグレードを下げたり



お金がかかっている
サッシと換気システム以外で
ローコストにしています






・やはり窓ですね・・・


他の寒い地域の工務店やブログを見ても


やはり窓サッシが
最重要なんだなぁと思います


北海道j



我が家も50万円の追加料金出して
サーモスXにすれば良かったような気もしますが・・・



私が住んでる場所なら
サーモスⅡHで充分だとも思いますし



実際住んでいて問題は無いですが
光熱費は下がるような気もしますし


しかし仮に夏、冬の6ヶ月で
毎月2,000円下がったとしても

年12,000円なので


50万円の差額の元取るには
41年間もかかりますし


などなど本当に悩んでいましたので


やっぱりお金って大事ですね

若い時もっと
貯金しておけば良かったです・・・



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング










2019年04月15日





工務さんと
照明の打ち合せとしていた時に


よく聞く「ダウンライトは暗い」という
話をしていて


もちろん「明るく感じる」 「暗く感じる」
個人差があるので


設置してから暗かったでは
工務さんも困るでしょうから


色々打ち合せしましたが


住んで2年経過して
暗いと思った事は一度も無いですし


むしろここまで
照明要らなかったと
思う場所もあります






・リビングは拡散型ダウンライトがオススメ


ダウンライトで
よく言われるデメリットで


「真下は明るいけど周りは暗い」
というのがあります


ダウンライトa



我が家のリビングとキッチンで使っている
ダウンライトですが


拡散型と呼ばれるタイプで


これだと周りが暗いという事は
余りありません



ダウンライトb

打ち合せの結果


リビング部分に9個
キッチンに3個の

ダウンライトを設置しました


ダイニングは
テーブルの場所移動や
将来の買い替えの為に


レールライトにして
ペンダントライトにしています



明るさの調節は
MAX時の半分位の明るさで
使っていますので


かなり余裕があります


ダウンライトc

夜にカーテン閉めた状態で
これでMAX時の50%です



100%にすると
ハレーションが凄くて
写真撮れませんでした




多分ダウンライトが暗いというのは

・昔のダウンライト

・凄く安いダウンライト
(我が家のも高くは無いですが

・拡散型では無くて真下のみ明るいダウンライト


などなどを
使っている場合かと思います


メーカーも
白熱電球と遜色ないレベルのLEDは
2010年以降の商品と言ってますし



定価は高いですが
割引率が高い商品ですし


数は必要ですが
1つ1つはそこまで高くないので


オシャレなシーリングライトを買うと
思えばそこまでは変わらないと思います




ダウンライトd





定価8,800円ですが
レオハウスの単価で工賃込みで
5,280円でした



ネットで見ると



3,300円ほどで購入出来ます




調光や色を変更出来ないものなら
1,000円代からあると思います


我が家の場合追加料金は
リビングだけなら73,320円
キッチン部分で19,840円です


おしゃれなシーリングライトでしたら
1つ30,000円位すると思うので


リビングとキッチンで60,000円と考えたら
そこまで値段差はありません








・色は変えれる方がいいです


こちらのライトは


調光機能にプラスして
色を変更する事が出来ます


ダウンライトe

明るさはツマミで0~100%に

さらにオンオフで
昼白色と電球色に変わります



元々妻が昼白色
私が電球色が好きだったので



それなら切り替わる方がいいと思って
この照明にしました


ダウンライトe-2


色温度 2,700kの電球色と
色温度 5,000kの昼白色に変わります


普段は妻の好みの
昼白色にしていますが


一人で映画を見る時や
くつろぎたい時には
電球色もあった方がいいと思います


今は子育てで
くつろぐ時間も少ないですが・・・


私は普段から電球色でいいんですが
妻は「落ち着かない」そうなので


こういう場合
色が変えれるライトの方が
いいですね





・ダウンライトをオススメする理由



「オシャレで空間がスッキリして
部屋が広く見えます」


これだけで充分すぎる
メリットがあると思います



どれくらいオススメかというと


ハウスメーカーのモデルルームにいって
リビングがダウンライトでは無く

シーリングライトという
モデルルームは無いと思います



ダウンライトf


モデルルームの場合
もっとオシャレで値段も高い
ダウンライト+間接照明ってのが
多いですが


私も設置する前は
ダウンライトは


値段が結構高い
イメージがありましたが


そこまで値段差も無く
明るさも問題ないので


リビングだけでも
ダウンライトにするのはオススメです


もっと予算があったら
天井に段差付けて
間接照明もいいですが


そこまで予算はありませんでした



後はホコリも付きませんから
大掃除名物の
照明の掃除もいりません(笑)




照明が切れたら
自分で交換出来ないので


将来お金はかかりますが


1日8時間をMAXの明るさで
使って13年持ちますから

通常の使用なら15年以上は
使える計算です


ちなみにLED電球の交換時期は
いきなり切れるわけではなく
70%の明るさ=メーカー推奨の交換時期なので


我が家みたいに通常半分の
明るさで生活してるなら


基板が壊れなければ
計算上は20年は持ちますが・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年04月05日






契約前に割と気になる部分で
天井の高さがあります



検討していた時は

タマホームが標準で240cm
一条工務店はismartで240cm
アエラホームも240cm
レオハウスは標準で250cm


一番多かったのは
240cmですが


見学した中で一番高かったのは
クレバリーホームが
標準で260cmありました



天井a

我が家はレオハウスの標準なので250cmです




天井b

もちろん2階も標準で250cmです





・天井が高いと開放感が増すかどうか?


もちろん同じ作り、色使いなら
天井が高い方が
部屋が広く見えるとは思いますが


クロスの色や間取り
建具で全然変わってきますので



例えば

天井c


このように天井とドアの高さを
同じにすれば天井は高く見えますが




天井と建具の高さを合わせる場合
240cmの方が

250cmや260cmに比べると
種類も豊富で価格も安いので


最初から天井と建具を合わせる予定なら


240cmで作った方が
予算的にはオススメです



240cmドアを選んだ場合
240cmの天井高の方が


250cm天井で10cm余るよりも
天井高は高く見えて
開放感も出ると思います




天井d




天井e


我が家の場合は
LIXILの標準品なので
230cmしかありません



なので天井とドアの間に
約20cm間があきます


天井e-2

ドアと天井の高さを
合わせる予定も予算も無かったので
(250cmドア高いです・・・)



レオハウスの標準ドアは230cmですが
こちらを選択するなら


240cmの天井よりも
この場合は単純に10cm高い
250cmのがいいかなと思います


共に間が空くなら単純に
天井が高い方が高く見えます


最初からオプションで
建具類は天井高と合わせる予定なら


価格や種類の豊富さからいっても
240cmのがいいと思います


250cmや260cmの建具は
かなり割高になってしまいます








・低予算で出来る天井が高く見えるコツ


我が家は250cmの
ドアや窓にする予算が無かったので


他の方法で
天井を高く見えるようにしました



まずは壁紙の色ですが

天井f

壁面よりも天井を明るい色にすれば
暗い色よりは高く見えますから


天井はスタンダードな白にしています



後はライトですが

天井g

シーリングライトよりも
ダウンライトの方が
天井が高く見えます




天井g-2

後はリビング階段にすれば

階段部分の天井は高いですから
アクセントになりますし


吹き抜けもメリハリが出て
天井が高く見えると思います




その為に
工務店やハウスメーカーの方でも


特に240cmを
採用しているメーカーの方は


天井高はデザインや建具で変わるから
気にしなくていいって言う人も多いです




逆に260cmが標準の
メーカーだと
天井が高いメリットを言ってきます(笑)



レオハウスに最初に行った時も
タマホームにも行ってましたから


「うちはタマより10cm高いですよ」って
アピールされました





・それでも天井高が高い方がいいと思った理由



トータル的なデザイン、配置が大事ですので


240cmと250cmなら
間取りや配置、ドアの高さで


どちらが開放的かは
実際に変わると思いますが



それでも私は250cmの方がいいと思って
レオハウスにしました



もちろん、天井高以外にも色々あって
レオハウスにしたのですが

250cmと他メーカーより
10cm高いのは魅力でした



その理由は
自己満足だと思います(笑)



天井h
こちらのシャツは
コムデギャルソンのシャツで40,000円ほどします



よほど服好きな方なら分りますが
普通の方はわかりません


しかし着てる本人は満足だと思います



家もこれと同じで
他の方が見ても差はないと思っても


建てた本人は
「天井高いから開放的だなぁ」って思うので


結構大事かもしれません(笑)





天井i

住んで1年以上たつと
余り気にしなくなると思いますが


前に住んでいた賃貸が
天井高230cmというのもあって


リビングで横になると
「天井高いなぁ」って喜んでいました


家を作った後は
長い住宅ローンが待ってますから
自己満足する作りは大事です(笑)



ローコストメーカーは
一括で同じ商品を
大量発注するから安いというのもあるので


標準の高さ以外をオプションにすると
結構割高になってしまいます


一部だけ高くするとか
吹き抜け作るとか
ダウンライトにするだけでも
見た目は高く見えるので


予算があるならいいのですが
そうでなければ


天井高以外で、髙く見えるように
作った方が安上がりだと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年03月29日





よく言われる話で


日本の木造住宅の寿命は
30年というのがあります



それを逆手にとって
「100年住宅」なんていう


100年持つ家なんてのも
ありますが


普通に生活していて
災害が無ければ


木造ですから100年は微妙ですが
もっと長い期間は持ちます


30年a

私の会社に、このように
毎日解体した住宅が
運ばれますが


木材やサイディング、タイルなどなど

まだまだ住める家を
解体してしまうので


住宅寿命の期間が
短くなってしまいます


TOKIOに依頼すれば
新しい家が建てれる位(笑)


まだまだ使えそうな部材も
たくさん運ばれてきます





・寿命が30年と言われた理由



30年b


40年以上前の統計でも
築35年を超える住宅はたくさんあって


今はその数がもっと増えています


私の実家なんて
築40年以上ですし


母親の実家なんて
戦前の建物ですから
築70年を超えています・・・



廊下や玄関などは
隙間だらけですし

トイレは庭の離れにあるし・・・


もちろん
断熱,気密などの性能とは
無縁の建物ですが


普通に住んでいます



30年c


よく比較されるのが


日本はアメリカやヨーロッパに比べて
住宅の寿命が短いというのですが


どの国も
住宅の寿命の出し方は


「壊した建物の築年数を出すので」


まだまだ住めるのに


建て替えで壊してしまえば
数字上の寿命は短くなります


戦争でたくさんの家が
消失したのが1945年です


その後、バラックというか
適当に「雨、風しのげればいい」
とりあえず建てて


高度経済成長期が来て
GNPがアメリカに次いで
世界2位になったのが1968年です


ベビーブームと高成長で
戦後の「適当な家」を
みんな建て替えしたので


統計上は平均寿命20年の家が
たくさん出来ました


もちろん今も建て替えは
多いですが


高度経済成長期の家だと
今で築50年ですが


結構ボロイですが
まだ住んでる方も多いと思います


アメリカは本土は
上陸されていませんし


ヨーロッパの戦争でも
民家や一般人までは被害に
ほとんど有っていませんので


住宅の性能以前に
統計上、日本だけ
数値が短くなります






・高度経済成長期以降も住宅寿命が短い理由


もう住めなくなった家ではなくて


建て替えで
解体した年数の数字なので


まだまだ住めるのに
壊してしまう日本では


平均寿命は短いです




30年d

東京ディズニーランドです
オシャレですね



欧米に行くと
築100年近くのこのような
建物がたくさんありますが


オシャレですから
壊す必要ないですね



厳密には


日本では耐震性能や
梅雨の木材寿命などもありますが


「古いのでダサイ」と思った時に
建て替えるお金がある人が多いので


日本では建て替えますね







これが欧米だと

・梅雨は無い
・地震も無い
・建物も古くてダサイと思わない
・お金は休みも多いしバカンス最優先


このように
気候と考え方の違いもあって


欧米では建て替える必要が
少ないですね



良くも悪くも
日本人は世界的に見たら
まだまだお金持ちの国ですから



家以外でも
車、スマホなどの耐用年数も
異常に短いですし




30年d-2


統計が無いのですが
急成長した中国も

住宅寿命は短いと思います



後、日本に比べて
アメリカやヨーロッパは


中古住宅が
異常に高いですから


建て替えしないで
売れますし


日本だと
中古で下取り出す時の事を考えて
トヨタ車にするような感覚ですね


私はマツダ車ですから
下取り価格が異常に安いですが






・もちろん新しい家の方が快適ですが


まだまだ住める家を
たくさん壊してしまう日本ですが


私が実家に帰ると
「この家寒いなぁ」って思いますし

その他不便な所も多いですが

住めないことはもちろんありません



ただ、生活スタイルの違いもありますが


日本は地震が
多い事は間違いないので



戦後すぐ~高度経済成長期の
「壊れたらまた作ればいい」という
考え方でなく


30年e



今は耐震性などの基準も
昔に比べると厳しいですし


断熱性など性能は
どんどん上がりましたから


新しい家の方が
住んで快適なのは間違いないです



ただ、寿命が30年という事は
どんなに安い家でも


災害にでも合わなければ
絶対にありません