家と土地の話

2018年09月06日


※虫嫌いなので虫の画像は
ありません



私の会社(廃棄物の処分業)には


家を解体した
木材モルタルなどが

私の会社に運ばれてきますので


シロアリa

毎日たくさんの
木材が運ばれてきますが


ちょっと思ったのが


「シロアリでダメな木材なんて見ないなぁ」と・・・



新築の余りも若干来ますけど

解体の古い木材のが多いので


仮に1%被害にあってるなら

100軒に1軒は見ないと
おかしいハズなのですが


「全然見ません」


どれくらい見ないかと言うと


1~2年でゼロです


現場の同僚に聞いても
「ほとんど見ない」という事です


それでも稀に来るそうで

1日に運ばれてくる
家の数から計算すると

1000軒に1軒以下なので


0.1%以下という数字に
我が社調べにはなります





・調べられない・・・


「白アリ 被害 割合」などで
ネットで検索しても


出るわ出るわの
シロアリ駆除業者の
サイトばかりで


とにかく危険を煽ります・・・


もちろん被害にあったら困るので
分かりますが


これだけ毎日古い家の解体した
木材を見てるのにシロアリがいないなら


「大丈夫じゃないの?」って思ったりします







・国土交通省のデータで分かる事


国土交通省に
シロアリ被害レポートというのがあったので




調べてみたところ


ハウスメーカーの「大丈夫」

「余りあてにならないなぁ」
思ったりするのですが



※このデータは
シロアリが被害にあった家
5000軒のデータです



シロアリb

まず基礎ですが


ベタ基礎が1番多くて
布基礎がその次です

「ベタ基礎だから大丈夫」って事はありませんが


住宅の比率が
ベタ基礎がほとんどなので

被害比率を考えると
布基礎よりはちょっと安全くらいですね




次に被害の種類ですが


シロアリc


木材以外にも被害にあいます

ガラス・陶磁器以外は
何でも食べますし


鉄骨でも床下は木材使ってるので

「鉄骨だから大丈夫」ってのも無いですね




次に床下換気ですが


シロアリd
レオハウスでも

「基礎パッキンで通気するので
シロアリに強いですよ」と言ってましたが


普通に被害にあいます



シロアリd-2


こちらが我が家の基礎パッキンです

無いよりは効果があると思いますが
100%防げるわけではありません



あと多いのが

「木材に加圧注入材があるから大丈夫」というメーカーですが


シロアリe


こちらも普通に被害にあってます






・まとめると・・・


非常に長いPDFなのですが
統括が


だいたい建ててる家の種類の
順位だから、建物の差異は無いよ
という事でした


今の標準の工法でも
10年未満の
シロアリ被害はほとんどないので



ツーバイフォーや
鉄骨と木材のハイブリット工法など



古い家の総数が無いと
件数も少ないので


「ほら、この工法はシロアリが出ないですよ」って
営業さんには注意ですね






・防蟻処理はしましょう


気になったデータがこれで


シロアリf

築年数別の被害状況ですが


A区分、B区分、C区分に別れていて


C区分が圧倒的に多く

ついでA区分

B区分はほとんど被害がありません



これは

A区分=防蟻保証があったが年数経過で保証が切れた家

B区分=A区分と同じで保証が切れた時に再度防蟻処理して保証中の家

C区分=被害にあった家で6年以内に再調査した家



なので一度被害にあったら
その時処理しても
再度被害に遭う可能性が非常に高く


メーカーによって5年や10年などの保証ですが


切れた際に保証が付くタイプの
防蟻処理を再度すると
かなり発生率が低い事が分かります



レオハウスの場合は
10年保証ですが


これを見ると
10年後は絶対に
防蟻処理をした方がいいですね


シロアリf-2

こちらが我が家の
シロアリ保証書です


10年間で1,000万円の
保証が付いています


最初の10年は無料ですが


それ以降は有償ですが
最大20年延長出来るそうです





・悪質業者の被害に合わないように


シロアリ業者=詐欺


と思ってしまう位に

うさんくさい業者が多いので困るのですが





・飛び込み営業の業者には頼まない


基本ですね・・・絶対ダメです



・ハウスメーカー、工務店から依頼する


建てたとこから依頼が一番安心ですね
保証もしっかりしますし

変な作業されたら家の持ち主以外に
メーカーからもクレーム来ますので



メーカーと疎遠になっていたり
倒産していたり、中古住宅の場合は


・日本しろあり対策協会に加盟している

国家資格ではないみたいですが
かなりしっかりしている公益社団法人みたいで

しろあり防除施工士という資格も発行しています



シロアリg

地元の山梨県だとわずか4件

どこも昔からある会社です


東京でも89件しかないので
割と入会が厳しそうです





・結局被害割合は?


駆除業者のサイトだと
5件に1件は被害に合っているという

とんでもないサイトもありますが


この国土交通省のデータも
被害の家5000件集めるのが
大変だったと書いてありますし



1000軒に1軒(これで0.1%)もないので
ものすごい心配しなくても大丈夫っぽいですが


データからも
一度出ると、その場は全滅出来ても
地中に潜むのでまた出てきますから



新築後10年経過して
シロアリ保証が切れたら

再度防蟻処理をして、保証を延長するのは
した方がいいと思います






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年09月04日


大人気の家CoCoのDセレクトだと

標準で付いてくる

制震システムが
L-SAVです


L-SAVa

我が家の工事中の写真です
黒い逆Vの器具がL-SAVです


当然家が完成したら見えませんが





・耐震? 制震?


こちらのL-SAVですが

「制震」する為のものなので

「耐震」ではありません


その為、どんなに付けても
耐震等級が上がったりはしません



そもそも
「耐震」

地震で揺れても「耐える家」の基準で


地震でどんなに揺れても
壊れないように作ります

イメージ図としては

L-SAVb
某ハウスメーカーのCMです(笑)

横綱の突っ張りで
家が壊れたら「大変ですが」


揺れにも耐えて壊れない作り=耐震です



一方の

「制震」

地震の揺れを抑えようという発想なので


イメージ図としては


L-SAVc

ソバ屋の出前で使うのと
原理は同じで


バイクは揺れても
ソバは揺れにくいのと同じで


地面は揺れても
家の揺れを抑えるに変わります



なので
「耐震」と「制震」では
仕組みが全然違ってきます





・L-SAVはレオハウスオリジナルです


元々は高層ビルなどは

制震、免振が当たり前でしたが



GVAという

一般家庭でも
比較的安い金額で
制震出来るシステムが出来て


L-SAVd


こちらは最大70%
揺れを軽減出来るそうですが

オプション費用は
50万円ちょっとかかります


パクったのかどうかは不明ですが(苦笑)

見た目も効果もL-SAVは似ています


L-SAVd-2

GVAは逆Xになってますが
L-SAVは逆Vでちょっと性能も落ちて

最大50%の揺れを軽減になります


どっちも「最大」ってなっているのが
気になりますが


L-SAVの場合は
阪神淡路大震災のデータだと
40%の揺れを軽減となっているので



最大まで減らせない地震も
あるみたいです



L-SAVはレオハウスで作っているので


L-SAVが搭載されてる家=レオハウスの家です



他メーカーも独自の制震装置を作っていて


L-SAVd-3


こちらはミサワホームのMGEO
レオハウスと同じく最大50%揺れを軽減します


その他
積水ハウスのSHEQASなど

メーカーオリジナルもあるし

GVAみたいな専業のメーカーもあります





・1階は効果なし?


紹介した制震装置は
どれも同じ作用をするのですが


施工の画面を見てもらうと
分かると思いますが


2階建ての場合


1階に設置して2階には設置しません


上の揺れを吸収して抑えるので


1階の揺れには
ほとんど効果はありません



L-SAVd-4


それでも地震は上に行くほど揺れるので


2階に効果がある=建物の倒壊をある程度防げます







・制震は複数回耐えれます


耐震等級と違う考えなのですが


耐震等級の1,2,3の基準の


極めて稀に(数百年に一度程度)発生する
震度6強~震度7の地震による力に対して
倒壊、崩壊しない程度(建築基準法レベル)


上記が耐震等級1の基準で


耐震等級1の1.25倍耐えれれる想定が耐震等級2
耐震等級1の1.5倍耐えれれる想定が耐震等級3



これは1回の地震しか想定してないので


耐震で震度7は倒壊せず倒れても

すでに家の内部にガタが来ていて


その後の震度6強などの余震で
倒壊する可能性ももちろんあります


制震システムは
複数回耐えれますから


大きな地震が何度来ても
L-SAVで最大50%揺れを軽減出来ます



免震装置に比べると
価格も安いですし


大きな地震には
効果があるので


是非オススメします






・免震が一番揺れません


耐震=揺れに耐える

制震=揺れを抑えるですが


免震=揺れを無くすです


大きい地震でも
家が揺れなければ倒壊しません


ビルなどでは多いですが

一般家庭だと

一条工務店の免震が有名です

L-SAVe



I-HEADという免震で

写真の通りですが
地面から揺れを抑えます


価格が40坪で
300万円という事なので

高いですけど・・・



昔は500万円を軽く超えてたそうなので

現実的に検討出来る金額にはなりました


人気のi-cubeやi-smartには
付けれないそうですが・・・





・免震でも倒壊する?


一番揺れない免震でも

家は倒壊します


耐震でも制震でも免震でも

地面にヒビが入って崩壊したり
液状化現象というのは

耐えられません・・・


耐えられない事もあるからと
「じゃあお金かけなくていいや」って事は無く


壊れない可能性は上がっていくので
予算との兼ね合いですが

制震ダンパーなどは
安いものだと1軒分で20万円の物なども
あるので


耐震だけでは不安な方は
検討してみるものアリだと思います





・保証が余り役に立ちません・・・


L-SAVが付いている我が家ですが

無料ですが
万が一の際に保証が付いています


lsav-o

20年間地震が原因で
壊れたら保証なのですが


lsav-p


阪神淡路大震災を超えた地震はダメ
さらに降りる金額は600万円


こういった保険なので


万が一の際には
とても建て替え出来る
金額ではないので


地震保険は別に入っています



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年09月03日


今はどこの家でも


高断熱、高気密が
標準のようになっています



私が小学校の頃に住んでいた家は

ものすごい貧乏な家庭だったので
(貧乏芸人の話がまだ甘いって位に



内部結露a

こういう長屋に住んでいたので


木製の引き戸の窓や玄関で

閉めても5mm位は
目で見えて隙間があったりましたし


外壁も


「木だけ」でしたので
隙間がありました


ここまでは無いとしても
昔の家は


気密が良くないので
冬はものすごい寒いのですが


それでも数少ないメリットがあって


隙間があるので
家の湿気が外に逃げれます



今の家は


余った湿気が何も対策しないと

外に逃げれないので

対策しないと
内部の木材が湿気で腐ってしまいます





・昔は問題なかったですが・・・


昔の家は

断熱材も無く


内部結露b


このように

天井の木材があって
屋根にも木材があって

その上に瓦かトタン屋根ですから


木と木の間に隙間がありますし

瓦の間、トタンの隙間もあるので


暖められた
湿度の高い空気は


いくらでも天井から屋根にいって
屋外に逃げれました







・有名なナミダダケ事件


昔は石油代もタダみたいに
安かったので

どんどんストーブを使っても


水蒸気は外に逃げれましたが



40年ほど前に
オイルショックが起きて


石油の使い過ぎは
良くないなと




特に寒い北海道では


寒さ対策として断熱材

「これどんどん入れればいいのかな?」


という風に

断熱材を厚くして


気密は考えないで施工してました


しかし残念ながら


家の中の水蒸気まで
考えて作って無かったので


グラスウールの中に
結露した水がたまって



床下や木材内部に入っていき


新築後わずか3年
ナミダダケというキノコが木材から
発生して家がダメになりました・・・


北海道では10万戸の家が
これでダメになりました



私の会社でも
(廃棄物の処分屋さん)

「あー内部まで行ってるなぁ」という
木材も運ばれてきます


内部結露b-2

木材が腐った状態で
強い地震来たら大変です





・その後、通気層が出来ました



高断熱にしたら

水蒸気をどうするの?


という考えで

色々と試行錯誤の結果


家に通気層が出来ました

内部結露c




内部結露d

このように
計画的に水蒸気を逃がします


また換気システムも24時間義務なので



第一種換気の
全熱交換なら


夏の湿度が高い時でも
そこまで湿度は上がりません





換気システム
通気層


家がある程度は高気密だと

計算して、そこから逃げるので



計算外の隙間があると
そこから逃げて、内部に入り
木材がダメになるので


高断熱なら高気密じゃないと
ダメな理由です


息苦しいから
我が社は高断熱、中気密なんて
言う会社では建てない方がいいですね



一条工務店みたいに
C値1.0以下が絶対で

平均0.5ですまではいらなくても



第一種換気なら
一般的な高気密と言われるレベル
C値2.0は必要です


これは吹き付け断熱なら
普通に達成出来る数値です



吹き付け断熱詳細記事

過去記事を見て下さい

吹き付け断熱の施工 ~施工ミスを防ぐ機材を持参する~




ちなみに第三種換気なら
もっと計算がシビアになって
C値1.0以下は必要なので


ちゃんと高気密で
施工出来るメーカーで
作ったほうがいいですね






・透湿性能を考える



外壁通気工法
サイディングを使う家なら


必ず施工する位
一般的です


というか、この工法を
しないとサイディングのメーカー保証が
効きません




内部結露e




内部結露は
普段見えないので


「気が付いたら手遅れ」になりそうで
怖いですが



ちょっと怖いのが

この工法は

「家の中の水蒸気も
外に出せばいいんじゃない?」


という考えですから
壁の中で水蒸気が止まったら
困ります




例えば

内部結露f

この石膏ボード


見た目は
湿気なんて通さなそうですが

ものすごく湿気を通します


どれだけ
水蒸気を通すかは

透湿抵抗という値があるのですが


石膏ボード
9mm厚で0.78という数値です


この値は
低ければ低いほど


水蒸気を通すのですが




ツーバイフォー住宅や
内部結露g




レオハウスの我が家みたいな

内部結露h


在来工法でも
耐力壁を使う場合



内部結露i


この部分が透湿しにくいと

長い年月で腐る可能性があります


耐力面材があった方が
耐震に強いのは


見た目で分かりますが


このために内部結露が
起きたら困ります


そのため、耐力面材に使う木材

透湿抵抗も大事なのですが


我が家は

内部結露j

ダイライトを使っています


普通の構造用合板に比べると
7~10倍の透湿性があるので

内部結露が出来にくい素材です



ダイライト以外にも

こういった耐力面材はありますので


自分の建てる家の耐力面材が
メーカー、商品名が分かれば

検索して、何も書いて無ければ


透湿抵抗値はいくつですか?って
聞いた方がいいです



後は外壁通気工法には
必ず必要な


透湿防水シートです



内部結露k

レオハウスだと

タイベックシルバーを使います


日本だけで400万棟は
タイベックシルバーを使っているそうで


ほとんどこれですが


これも透湿性能が悪い商品を
使うと内部結露の原因になるので


建てる際は注意が必要です



タイベック

テフロンで有名なデュポンが開発した
素材で

家の防水シート以外にも

内部結露l




このような服もあって


私の会社でも

解体や、焼却炉で仕事する現場の人は
着ています


家のシートだと

タイベックシルバー以外に

タイベックハウスラップもあります


ハウスラップ+遮熱=シルバーになるので


防水性、透湿性はどちらも
同じです





・屋根にも通気層はあります



内部結露m


内部結露n


屋根にも吹き付け断熱を
使ってますが



内部結露o

このように
アクエアーシルバーという



内部結露p



通気のスペーサーを入れてから
吹き付け断熱の施工をします



なので家の外壁、軒に
通気の穴があるので


定期点検の時に
教えてくれると思いますが


ここが詰まってないか
定期的に見る事が大事です




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年08月20日


我が家が
土地を決めた際に


ここは〇〇神社あるから
地盤が強いよって
言われました


皆さん
なんとなく


神社や寺の近くは
地盤が強いって言ってますが


何百年も前に


どうして地盤が強い事が
分かるのかなって思いました







・我が家の例です


前に地盤の記事を書いて
その時に航空写真を載せたのですが


※その時の過去記事はこちら




神社a

20年前にも神社はありますし




神社b

40年前にも当然あります




航空写真というか


飛行機が発明される前から
神社はあるので
当たり前ですが



たしかに神社は災害が
少ない所が多いのですが


どうやって昔の人は
「ここは大丈夫だ」って
分かったのでしょうか?





・神社の由来を調べる


民間の家などより
資料も豊富で簡単ですが


ここの神社を調べると

元々違う場所にあったのですが


そこに舞鶴城(甲府城)を
建てるから移動してって言われたのが


1585年頃なので

約430年前です


神社b-2

大雨で神殿被害に合うとかも
書いてありますが



とりあえず400年以上
この場所にある事はたしかです



地盤調査も出来ない時代に


安全な場所と言うと
数が少なく


山や丘の上は地盤が強いので

そういう所に神社は多いですね





・山は当然強いですが・・・


こちらは
家の近くの神社より
もっと歴史がある


甲府の金櫻神社です

神社c



2000年前とか
書いてますが

ちょっと調べると

雄略天皇の時代とあるので
西暦は457年ですから


新しく見積もっても
1561年前には出来ています


当然この近くは
地盤が強固だと思いますが


神社d

ちょっと
生活するには大変ですね




山間地では無い神社も



もちろん当時の住民の

・あそこは安全だ

とか

・地震は無い

とかの意見もあると思いますが


そもそも

昔は平らな地面が
ずっと続いていた事は無いので



神社e



だいたいこういう場所に
作るのが多いと思います

相変わらず絵心がないですが






これ以外でも
当時は水害も怖いですから



川沿いや、沼地近くには
作らないでしょうし


川の場合は
当時とは治水工事で
全く流れが違う場合も
多いと思いますが



やはりちょっと
高くなっている所が多いと思います






・都会はあてはまりません



山は丘がオススメなのは
山梨県という田舎の話で



これが都会だと


もう土地がないから
山や丘を切り崩そうと


無茶な造成をして


崖崩れの危険が
高い所があります




また崖崩れの危険は無くても


盛り土で造成すると

元々の地面は強いけど
盛り土部分が弱いなどがあります



神社w






甲府市は
周りは山に囲まれてますが


神社f



神社g

それほど人口もいないので


余り山を切り崩して
造成するって少ないですが


それでも昔は


「結構な坂だったよなぁー」という場所が


気が付いたら
平地になってたりはします



この場合も

昔の地図と今の地図を
比べてみると



神社z


危険度が分かります







・建物の古い、新しいは関係ないです


あくまでも地盤なので


神社の建物は関係ないです


調べたら数十年前に
建物ごと場所を移動したとかで

古い建物でも最近だったり


老朽化の建て替えや
戦争で空襲にあったなどで


昔からあるのに
建物は新しい場合もあります



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年08月16日


妻が妊娠した時に


義両親が

「じゃあそろそろ家だなぁ」って
話になって


その時に
オススメされたのが


競売物件でした



中古a


今の家の近くに出てた
競売物件


妻と義母で見に行ったり


任意売却された
中古住宅を見に行ったり


全部イマイチだったので
良かったものの



お買い得物件があって

「ここにしなさい」とか言われたら


どうなっていたかと思います






・競売物件をオススメする理由



義両親が

「お得だよー」って
オススメする理由は


妻の妹が


競売物件で家を購入して


何のトラブルもなく
今も普通に住んでいるので


「お買い得」という事なのですが



競売物件は


占有者と言って

売主が居座ったりという

トラブルを良く聞いていたので



私は余り
購入する気が無かったです



一応話の流れで・・・




こういった
競売物件情報のサイトに登録したり



中古b

一般の人で入札にも参加出来ます



後は任意売却などの
中古住宅を見てましたが


見れば見るほど
「新築買おう」って思いました



どうして
中古住宅がダメだったのか
理由を書いていきます





理由1
・市場が出来上がってない



車を中古で買う場合は


中古車屋さんは
たくさんあって


売る人も買う人も多いので

だいたいこの車でこの年式で
無事故なら〇〇円とか

相場が出来上がってます


中古b-2


ネットや雑誌でも
だいたい相場が分かりますね



その他
古本やゲームなどは

中古屋さんがありますが




中古住宅には

買い手も売り手も
そんなに人数がいないので


こういう市場が無く


値段がバラバラですし
どうしても割高感が出ています




中古c



建売住宅が買える金額ですが
これが高いのか安いのか分からない・・・


相場が無いので
値段の理由が分からない
安い物件や高い物件があります



素人は参加しない方がいい匂いが
伝わってきます





・トラブルが多い


競売物件の話になると

占有者のトラブルをよく聞きます


そもそも家を売る場合は
車や本と違います



車なら

まだ問題無く走れるけど
新車買うので下取りで手放したり


本なら

読むには全く問題ない
新しい状態でも
自分は読んだからいらないと


新しい状態、問題ない状態で
市場に出ますが




家の場合多いのは


住宅ローンが支払えなくなって

手放したくないけど手放す家なので


占有者のトラブルなどが出ます




理由2
・住宅の値段がここ数年で一気に下がった



中古ですので
築20~30年というのも
かなり多いですし


10年未満なら築浅物件ですが


ローコストという言葉を築いた
タマホーム

東京に本社を構えて

全国展開を始めたのが
2005年で


みのもんたのCMで
一気に全国区になったのが
2006年です


このおかげで
10年ちょっとで


家の値段は性能の割りに
随分安くなりました




理由3
・購入した人がバブル時代だった



競売物件なら入札なので
相場が出来ますが
(プロ参加の相場ですが



中古物件の場合

まだローンがこれだけ残ってるので


どうしても〇〇万円で
売りたいなどが出ますが



バブル期に買った住宅は


家の性能は
今と比べると劣りますが


何しろ家も高かったですが
土地代が高すぎたので


今の時代とかけ離れてます


中古d


中古e


我が家付近の地価です


今は50坪で800万円ですが

バブル期の26年前
50坪で2,600万円です


昔は家の金額よりも
数倍も土地の値段がしました





理由4
・住宅の性能はここ数年で上がった



わずか30年前の家は

北海道などを除けば

一部の高級住宅以外は
断熱材が入っていませんでした



1989年
住宅金融公庫(今のフラット35)で
住宅ローンを受ける場合に

断熱材が義務化されました


当時はほとんどの家が入れてないので
職人も分からず


「断熱を入れないとダメらしい」位の
認識だったそうです



その後は

徐々に断熱材が広まりましたが


まだ知識もないので
適当に断熱材を入れたけど


壁や天井裏に
湿った空気が入ってしまって


すぐに木材が腐ったりして


外壁に通気させるという
今なら当たり前の工法が出来て



断熱材が当たり前になって


さらに
吹き付け断熱が出来て


今の高気密、高断熱住宅になりました



中古f



当時はかなり高額だっと思いますが


今の基準だと
それほど高気密、高断熱では無い
中古の家が


今の新築よりも

ずっと高い金額で
売られてたりします







・なので買いませんでした


調べたり物件を見れば見るほど


・割高で

・低性能の家で

・買った後もトラブルの可能性


なので購入はしませんでしたが


このおかげで


どうやらこの地域の
建売住宅なら
新築でも2,000万円位から買えるらしい


注文住宅でも
3,000万円あれば買えるらしい


などの知識が増えたので

いい勉強になりました(笑)



中古g



こちらは新築です


先程紹介した中古住宅と
広さも変わらず


金額も安いのに


新築も買えます







・中古住宅を買うとしたら




中古住宅の場合

新築より高かったりして


私は買う気はありませんが

もし買うとしたら



新築は買えない
金額のみだと思います


この辺の相場だと
安い建売住宅で2,000万円で
買えますが




中古h


(築42年・・・・・・)


どうやっても
750万円とかで
新築は買えません


中古なら買えますので

金額で割り切るしかないですが


やっぱり色々見ましたが
お得感はありませんでした


ここならいいかなと
思う所は新築より高いし


やっぱり見れば見るほど