引越し後の感想など

2019年08月09日





こちらは我が家の玄関です

玄関a

標準で選べた
LIXILのジエスタ2です



玄関b

この中からなので
結構な種類から選べましたが



全てK4仕様の為
断熱性能は余り良くありません
(性能が悪い訳では無くて普通だと思いますが)



玄関ドアも
断熱性能にかなり差があるとは
建てるまで知りませんでした


玄関c

省エネ区分だと5地域なので
K4で間違っていはいないんですが・・・




ちなみにLIXILの場合は
K2、K3、K4


YKKの場合は
D2、D3、D4という種類になります




玄関d

我が家は玄関からリビングまでの間は
ドアが1つだけです




玄関e

もちろん外に比べたら
夏は涼しいですし
冬は暖かいですから


この時期だと

外から帰って来る場合は
涼しく感じるので問題ないのですが


リビングで涼しんだ体で
玄関に行くのが結構暑いです




玄関f

我が家の場合
玄関の所にも
収納などがあるので

ここに行くと
「暑い~・・・」って思います





・どれだけ温度が違うのか・・・


玄関g

こちらはダイニングです


時間は昼1時で
外の気温は34度でした


当然エアコンを入れてまして


ダイニングは27,8度
湿度は45%です


エアコンの設定温度は
26度なんですけどね・・・



LDKとスキップフロアで25畳
これに吹き抜けとリビング階段と
エアコンの効率が大変悪い家なので
仕方ないですね





大人だけならもう少し低くしたいですが
3歳と1歳の子供がいるので


28度位で設定していますが
湿度が低いと平気です


玄関h

あと、日立の「くらしカメラ」付エアコンなので


人と体温を認識して
私が動くと風も私に合わせて動くので
28度で充分快適って感じの気温です




そして玄関の温度を測ると


玄関i

温度は2度以上
湿度も高いですから


これは暑いです・・・



ただ、もっと
体感的に差があると思うのですが


玄関j

窓は北東と南東
ドアも南東なので



ここに日が当たる
午前中の方が差が出るかもしれません





・K4ドアとK2ドアの性能差


YKKの場合はD4とD2に置き換えて
頂ければと思いますが



我が家のK4ドアの熱貫流率は

玄関k

4.07です


デュオPGなどのアルミサッシ
複層ガラスと同じですね


これがK2になると

玄関L

2.33と我が家の窓サッシ
サーモスⅡ-Hと同じになりますので



結構な性能差ですね・・・








・高性能なK2ドアでも差は出るみたいです


じゃあK2ドアにしていれば
玄関も差が無く涼しいのかと言うと


YKKのサイトにシュミレーションがありました




ただ、夏じゃなくて冬なのですが

玄関m


冬の方が家の中と外で
温度差出ますし


我が家はこのシュミレーションほど
家も大きくなく


廊下も無いので
ここまで差は出ませんが



アルミサッシに
D4(LIXILだとK4)仕様で差は10度の時に


玄関n


YKKの最高峰

APW430のトリプルに
D2(LIXILだとK2)仕様で


温度差は7.5度になります



このシュミレーションと同じ条件だと
我が家は何℃になるか知りたいですが


アルミサッシ+K4ドアで10度
APW430トリプルにK2ドアで7.5度


なぜか余り変わらないのですが



我が家の場合
玄関にも収納などがあるので


たまには「暑い~」言いながら
行かないといけない場合があるのですが


それ以外は
リビング階段ですし


外出する時以外は
玄関に出ませんので



そうじゃなければ
あくまで予算しだいですけど


結構後回しになるポジションですね


玄関ドアのグレード上げる前に
窓のグレード上げたいですし


我が家も玄関でオプション費用払いましたが

玄関o

タッチキーを追加しましたが
玄関の仕様を上げようとは思いませんでした・・・



そもそもK2とかK4とか
知りませんでしたし


もちろん寒冷地は別でしょうし
標準がK3なりK2だったりすると思いますが


どの部屋に行くにも玄関付近を通ったり
トイレが玄関付近にある間取りなら


高断熱仕様のドアも検討した方がいいですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年08月01日





見た目、性能、コスパの良さで
何度か第一種換気をオススメしていますが


「第一種換気は
毎月清掃しないといけないので大変・・・」


という方がいますが
清掃自体は結構簡単に終わります


換気a

1階、2階と2箇所ありますが


全部で10分ちょっとで
終わります





・家によっては3ヶ月に1回で問題ありません


換気b

レンジフード、トイレ、お風呂などなど
月1回のお手入れってほとんど書いてます


第一種換気も
毎月1回の清掃をオススメしていますが


我が家の場合
1ヶ月ではほとんど汚れないので


普段でも2~3か月に
1回程しかしていません


車通りが激しかったりすると
排気で汚れるみたいですが


我が家は車も通らないし
田舎ですので
それほど汚れないみたいです



今回はどこまで汚れるのか見たかったので
撮影と汚れの実験用に6ヶ月ぶりの掃除になります
(決してサボってた訳では無いですよ




・さっそくフィルターを取り外します


換気c

まずは掃除機と踏み台を用意して




換気d

普段は24時間点けっぱなしですが
清掃時だけオフにします


赤=運転中
緑=停止です


他にも
オフピカスイッチなどもあるので
新築時は分かりにくいですね



換気e

フィルターは簡単に
取り外せます



さすがに6ヶ月経過したので
粗塵防虫フィルターが
結構黒いです





・3つのフィルターを掃除します


換気f

まずは吸気清浄フィルターです


こちらは掃除機で
吸い取るだけです


このフィルターだけは消耗品で
説明書には2年に1回交換とあるので


そろそろ交換した方がいい時期ですね


定価は7,800円ですが
ネットだと2,500円程で購入出来ます





・残り2つは水洗いします


吸気清浄フィルターは水分厳禁なので
掃除機で吸うしかないのですが


残りの

・排気フィルター
・粗塵防虫フィルター


この2つは台所用洗剤で
洗っています


換気g

暑い時期になると
防虫フィルターには


このような
虫がいる場合があります


これより大きい虫などは
今まで入っていたのは
見た事ないので大丈夫です


今回みたいな
蚊っぽいのしか入っていません


換気h

台所洗剤で洗うと
ほぼ新品みたいになりました




換気i


後は熱交換素子を掃除機で吸って
終了です








・ランニングコストはどれくらいかかる?


清掃に関しては
第一種換気も第三種換気もしますので
とりあえず置いといて



吸気清浄フィルターが2年に1回で
2つで5,000円ほど


熱交換素子も
汚れが目立って来たら交換が
必要らしく


換気j
マニュアルには
交換部品も載ってないませんが


一応交換出来ますが
20,000円近くする部品です


だいたい6~7年で
交換したほうがいいみたいです


換気k

実際は第一種換気でも電気代は700円ほど
第三種換気ももっと安いと思いますが
分かりやすく倍にしてみました


・吸気フィルターを2年に1回
・熱交換素子を7年に1回


このペースで交換すると
第一種換気と第三種換気の


ランニングコストは
年間で6,000円ほど違ってきます


6,000円なら
第一種換気は熱交換する分


年間あたり6,000円以上は
エアコン代が安くなるので


お得なのですが


最初の設備代金は
計算上は絶対に元は取れません




第一種換気システムが50万円としても


元を取るのに30年以上はかかるので
損か得かで言えば損ですね


それでも快適な気温、湿度になって
見た目もいい第一種換気の方が



私はオススメします



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年07月24日





今の家は
賃貸アパートの時に比べて
冷暖房の効率がかなりいいので


光熱費は前よりずっと
下がっているけど
夏、冬でも快適に暮らせて


非常にありがたいのですが


もう一つの新たな問題が出て来て



私と妻で快適と思う
温度が全然違うという事です



昔の賃貸アパートだと
家の性能も悪く


エアコンもアパートに付いている
安物だったのもありますが


妻の方が寒がりですが
エアコンの風を真下にすると

エアコンa

同じリビング内でも
こんな感じに涼しいゾーンと


そこまで涼しくないゾーンがあって
温度差が生まれます





・高断熱、高気密の弊害?・・・


超高性能では無い我が家でも
今の家だと


ある意味残念な事に
家の中に温度差が出ませんから


エアコンを入れると
「寒い」「暑い」で揉める事になります

エアコンb

日立のエアコンで一番高性能なXシリーズなので



エアコンc

エアコンに「くらしカメラ」というのが
内蔵されていて


私が動くと風も動いたりする
かなり高性能なエアコンで



エアコンd

エリアで分けて
風を当てたり避けたりも出来るのですが


8畳の寝室に
どのような高性能なカメラ付エアコンがあっても


残念ながら高断熱の今の家は
部屋中全部涼しくなってしまいます


その結果私と妻で
希望の温度差が5度以上違いますので


「寒い」「暑い」と揉める事になります
 


私の希望は
「冷房 28度設定」か
「ドライ 湿度50%」設定なので


そこまで「寒い」という訳ではないのですが


妻の希望は
最近の気温でも
「エアコン無し、窓を開ければ快適」と言うので


せっかく光熱費も下がり
家中快適な温度と湿度に出来る家を建てて


毎月ローンを払っているのに


なんのために
我慢しなければいけないんだろう・・・
という風に思ったりもしますが



家建てて最初の夏は
妻が2人目妊娠してましたから

妻優先の温度に


・・・・
・・・
・・


昨年もまだ妹は0歳でしたから

妻優先の温度に



しかし今年は
1歳と3歳



しかも3歳のお兄ちゃんも
「暑い」と私の見方になってくれています








・という事でこうなりました・・・



少し位「暑い」なら我慢しますが


妻の希望の温度だと
私は夜中に起きるレベルで暑いです


普通に考えて
この温度差を解消する方法としては


寒いと思う方が長袖を着たり
秋~冬の布団を使えば解決すると思います



私はTシャツ1枚に短パンで
「暑い」ので、これ以上何も出来ませんが



ここで長袖を着る妻なら
簡単に解決しますが



「寒い」という妻もTシャツ1枚で

エアコンe
さらにニトリの涼しくなる薄い夏掛けです


しかも寝始めたら
その薄い布団すら取ってますから


普通の布団掛けたり長袖来てくれれば
簡単に解決出来ると思いますが



同い年の妻って言うのは
こういう時に


「絶対に引きませんから・・・」



エアコンf

私と3歳のお兄ちゃん
妻と1歳の妹で


別々に寝る事になりました



お兄ちゃんが自分の部屋が欲しいというまで
まだ7~8年ありますから


とりあえずこれで大丈夫ですが


1歳の子供が朝起きると
汗が凄いですし


今年は涼しいとはいえ
ここ数日は結構暑くなってきましたし


雨の日は湿度も高いので
エアコン無しの部屋で平気というのも


何のために家建てたのか
分からなくなりますが


逆に去年の暑かった日など
甲府も熱帯夜が多かったですが
それでもエアコン無しで平気なので


お兄ちゃんの部屋は
インナバルコニーなので
軒が長いので


うまく遮熱してますし
瓦屋根の遮熱効果もあるので


この辺は上手く設計出来たなと思います(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング






2019年07月17日





前回300記事記念という事で
タマホームブログ管理人さんと
対談させて頂きましたが


今回は301記事記念ということで(笑)


今回は私が家を建てる際に見たブログで
「参考になったなぁ」と思うブログや



高気密、高断熱の家を作るのに
「勉強になるなぁ」というブログのご紹介です



300-a


そういえば
結局紹介せず1年以上経ちましたが(笑)



「くらそうね」さんの家作りブログを
過去に書かさせて頂きましたので
こちらもオススメです(笑)



300-b



元々個人で家作りブログを書いている
ブロガーさんのみですが


12回で終わらせてねっていう決まりがあるので
纏まっていて読みやすいと思います





・まずは高断熱、高気密で役立つブログ


工務店やメーカーのブログも
参考にはなりますが
どうしても「自社の宣伝」が入るので



今回は個人ブログから紹介します


300-c
①「さとるパパの住宅論」さん
https://www.2x6satoru.com/



恐らく高断熱、高気密で家を建てようと
思っている方なら
既にご覧になっていると思いますが


高断熱、高気密を目指す家作りなら
必須な内容が非常に多いですし


他の高断熱、高気密のブログも
ここからのデータだったり引用だったりと
色々な事が詳細に書かれています


特に換気システムに関しては
1種、3種のメリット、デメリットが
かなり詳細に書かれており大変参考になりました



私も過去に換気システムの
記事を書きましたけど


過去記事
linkkanki

絶対に第一種換気をおすすめする理由
http://reogress.net/archives/9136025.html



私も換気システムは
温度、湿度、光熱費など
色々書きましたが


最終的な結論が
「3種換気の見た目がヤダ」という理由ですから(笑)
(見た目も大事ですけどね



大学で構造力学や環境を
専攻した土木技術者さんと
プロフィールに書いてありますし


実際、結構専門的な記事が多いのですが
分かりやすく書かれていますので
オススメです



最新の窓とか断熱材などにも詳しいですし
「そこまで高断熱、高気密にはこだわらない」
という方でも一度は見た方がいいと思います



知らないで家を建てるのと


知った上で
「そこまでは要らない」って作るのでは
全然違いますからね



高気密、高断熱ブログにありがちな
C値は1.0以下
窓もトリプルじゃないとダメみたいな事もなく



低コストでも
高気密、高断熱にする方法など


ローコストメーカーを
検討している方でも
色々参考になると思います



この方のブログだと


最新の設計の先生とかの
話も出てきますから
私も読んでいて
「ほほーっ」と思いますし



その話を現場の大工さんに言っても
「ほほーっ」ってなる話も多いです(笑)
(現場の知識ってそんなものです



私の場合は仕事上
実際の建設現場や解体現場は見ますが


現場で作業するだけですから


最新の技術とか設計とかは
良く分かりませんし・・・


まあ枯れた技術の方が
施工間違いが少ないっていう
メリットはあるのと


築30年以上の家たくさん見るので
どうすれば長持ちするかというのは得意ですが


今の家の技術は良く分かりません



なので、このブログを参考にすれば


高断熱、高気密の家は
問題なく出来そうですが



私の一番の問題点として



「この人ほどお金持ってないので



・・・・
・・・
・・

せつないですね・・・


値段出てませんが
ハウスメーカーから考えて


「私の家なら2棟建つと思います
(私の憧れ三井ホーム)


世の中お金持っている方多いですね・・・



予算があるなら
私のブログ以外にも


この方のブログ参考にした方が
いいと思います


まあ予算がある人は
私のブログ余り見ないと思いますけど



ただ何度も書いてますけど
予算オーバーしてまで


家の性能って
無理して上げなくてもいいと思っています



せっかくの家ですから
思い切って多少は
予算オーバーしてもって
考えの方もいますが



私事ですが・・・


私の家庭は小さい頃に
離婚していて母子家庭で育って


さらには母親はお店持っていましたが
結局自己破産したという


結構悲しい
幼少時代を過ごしているので



予算オーバーは絶対にしませんし
とにかく絶対に何があっても
払える金額の家にしました
(自分の家があるだけで大満足です


それでも注文住宅ですから
無理しない予算内なら
真似出来る事はしたほうがいいですね





・次はローコストメーカーのブログ


上記のブログは非常に性能という面で
参考になるのですが


私も含めて
そこまで予算が無いよという方も多いので



そこでオプション費用も含めて
総額で2,000万円以内となると
(本体価格で1,300万円~1,500万円以内)


タマホーム、レオハウスなどの
ローコストメーカーになるのですが


私がレオハウスで建てていますし
タイトルにもレオハウスとありますので


次にレオハウスで建てて
参考になったブログです


300-d

②住み心地の良い家を建てたいっ!
https://lowcost-house.blogspot.com/



2015年完成なので
設備などは今と異なると思いますが


レオハウスでも50,000円支払って
気密測定をした方です


吹き付け断熱にアイシネンを選んだり
高断熱、高気密にこだわった方で


気密測定の結果C値が0.8と
ローコストメーカーでも
1切るんだなぁと思ったブログです








・上記ブログの問題点


ここまで紹介したブログと
私のブログもそうなんですが


女性目線というのが余りありません



今から家を買う
女性の同僚が私のブログを見ても


性能や断熱の話は
「そんなのどうでもいい」って言われますが


トイレ、キッチン、玄関の記事とか
クロスやサイディングの色などの記事は
かなり興味があるみたいです



もちろん家の性能も大事なのですが


性能とは全く関係がない
キッチン、バスルーム、クロス、床材などなど


こちらも非常に大事なので



旦那様が
C値とかUA値って言っても


「営業さんが暖かいって言ってる」
終わる場合も多々あります



前にショールームに
行った話をしましたが


LIXIL働いている方ですら
女性スタッフさんでも


サーモスXにするお金あるなら
キッチンのグレード上げるって
言ってましたしね


高断熱や高気密って言うのは
数値が高ければいいっていう
数学的な答えがありますが


間取りや設備の好みは
人それぞれなので
正解もありませんから


今回は紹介しきれないですけど
特に同じハウスメーカーのブログは
たくさん見た方がいいと思います



という事で女性の方のブログです

300-e

③そうだ!マイホームを建てよう♪
https://ameblo.jp/hatumiya0911/


こちらは2015年に完成して
既にブログ更新はしていませんが


女性目線がたくさんあり
ニッチや建具の使い方が上手いです



女性ですが
旦那様のこだわりで吹き付け断熱にしたり
(2地域なので結構寒いでしょうし



後、半樹脂サッシを差額無く
樹脂サッシに変更して頂いたという
(我が家は無理でした・・・



そして本契約時だけ
普段の飲み物が豪華になったという
(甲府店は変わりませんでした・・・)



建設中の些細な事も書いてあって
色々と参考になりました



次にこちら

300-f

④私と娘と旦那。暮らしやすいお家をローコストで。
https://hitaa.muragon.com/



この方は丁度私と同じ位に
レオハウスで建てた方で


断熱材とか窓サッシの話は一切無いのですが


間取り、キッチン、サイディングなどの
設備に関しては豊富で


とにかく家がオシャレです


サイディングは
ニチハのfu-geですね


オプション費用無く
fu-geに出来たらしいんで


検討している方は
営業さんに言ってみましょう(笑)



ブログの写真がデカイ
しかも撮り方がうまいという


なんというか
家建てた幸せ感が
伝わってくるブログです


実際に住んでからも


夏は甲府ほど暑くもなく
冬も甲府より暖かい
静岡在住という事もありますが


断熱、気密は何も気にしてなかったそうですが
夏は暑くも無く、冬も寒くも無く
快適に過ごせているそうなので


今の家はローコストでも
「ちゃんと建てれば」問題ないという事も
分かります


どんなに性能が良くても
一緒に住む奥様が
満足しない家では意味が無いですからね



300-g



実際私のブログの人気記事1位も
ずっとシステムキッチンの話ですし


後はT-falの記事とか信玄餅の記事とか
家と関係ない事の方が人気だったりしますが


ちなみに過去15日間で
PV数が上の順から表示されるように
なっています



もちろん一番いいのは
設備も性能も間取りもって
全部満足出来る予算があればいいんですけど


私のブログを見て頂いている方は
やはりローコストメーカーで
検討している方が多いですから


・性能
・設備
・間取り


ここの予算配分をうまくしないと
住む人全員が満足する家には
ならなくなってしまいます


ただ、もし私にお金があったら
三井ホームかスウェーデンハウスで






2019年07月10日





先日
レオハウスから郵送物が届きました

感謝祭a

年に1回行われる感謝祭の案内です


レオハウス以外でも
感謝祭をやっている
ハウスメーカーは多いと思いますが


簡単に言うと


今まで建てた施主さん用のイベントで
行くと色々と貰えます



子供が喜ぶ
スーパーボールすくいや輪投げ
後はクジで商品が当たるなどが
あるそうです


感謝祭b

もう1枚
紹介キャンペーンというのも入っていました


会社の同僚に
「クオカードくれるからいく?」って聞きましたが


特に家を建てる予定の人はいないので
無理でした





・久しぶりに営業さんとご対面


土曜、日曜は妻は仕事なので
私と3歳と1歳の子供で出かけます


3歳のお兄ちゃんは0歳~1歳の時に
10回以上は打ち合せに来てますが
当然覚えているはずもなく(笑)


1歳の妹は初めてのレオハウスですね


感謝祭c

車で10分程なのですぐに到着しました


そういえば


我が家の家族構成は
・私、妻、お兄ちゃん、妹、犬なので


クレヨンしんちゃんと全く同じですね



土日の2日間開催で


日曜日だと
カキ氷やクレープが先着100名様分あったり
ミサンガ作りとかあるみたいですが


お兄ちゃんは小麦アレルギーなので
クレープが食べられないのと


どうせブログに書きますしね(笑)
お客様多い時だと迷惑かかりそうですし
土曜日のオープンしてすぐに伺いました



受付を済ますと
担当してくれた営業さんと久しぶりのご対面


工務さんは定期点検で会いますけど
家に問題がないと
営業さんとは会わないんですよね



後は、レオハウスで建てて良かったですか?とか
現在の不満点などのアンケートもしましたが


不満な点も無いですし


後、200~300万高ければ
もっと高性能な設備入れれたとは思いますが


この値段でここまで快適なので
家に関しては満足してますが・・・


建てた時は子供が
もう1人増えるという考えが無かったので


5年点検時あたりに
屋根裏収納を増やしたいと話をしました


そんな話をしていたら
私の家を担当してくれた
工務長さんが県外の転勤から
また甲府店に戻って来たという事で


本当にいい人でしたので
問題無く屋根裏収納も出来そうです


近々挨拶に行きますねーという事ですが
この土日は


新規のお客様の打ち合せなども一切せず
感謝祭のみという事なので


とりあえずお祭りを楽しみます





・色々貰えました



まずはスーパーボールすくい

感謝祭d

お祭りの屋台と違って
ポイも丈夫ですし

取れなくてもたくさんくれました(笑)


次は輪投げ

感謝祭e

こちらも屋台のお祭りではなく
「どんどん景品持って行って」というイベント




感謝祭f

線とか考えず前に出て取ってます(笑)

年齢的にまだ届きませんしね・・・



感謝祭g

こちらは千本クジです





そして抽選会のクジ引きです

感謝祭h

結構値段のする
マキアレイベルの化粧品とか


レオハウスですので
ダスキンのお掃除セットなど
色々ありました


本当は1家族1回なのかどうか分かりませんが

最初にお兄ちゃんが引いたところ
3等という微妙な感じだったので


その後に妹も
引かせてもらったら特賞でした


感謝祭i

その他にも色々貰って

最後は一応記念に
営業さんに撮ってもらいました


無料で色々貰えて
子供も大喜びですので
また来年も行きたいですね


こういうイベントや
パンフレット、モデルルームなど


結局、その分家の値段が上がるという
批判的な意見もありますが


子供も喜びますし


工務さんはともかく
営業さんなどは家が完成すると
なかなか会いませんから


私はこういうイベントしている
ハウスメーカーの方がいいですね


何しろ建ててしまったのですから
少しでも元は取りましょう(笑)








・今回の戦利品です



色々と貰えましたが

感謝祭j

まずはお菓子とジュース類が色々と
スーパーボールと

抽選会で妹が引いた特賞
ダスキンのお掃除セットと化粧品



感謝祭k

後はアンパンマンの
ヘリウムガス風船



感謝祭L

風船ともらったクレヨンしんちゃんの
うちわで遊んでます




感謝祭m

こちらはお兄ちゃんが
当てた3等の景品


正直大人から見ると「微妙」な3等ですが
子供はかなり喜んでいました




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング