引越し後の感想など

2019年03月14日





ちょっと間が空きましたが

今回は2年住んだ感想の「お風呂編です」




他の2年住んだ感想はこちら












・まだまだ綺麗です


お風呂d

こちらが2年ちょっと使用した
現在のお風呂です





お風呂b


お風呂c

LIXILのアライズ
TOTOのサザナが選べましたが


我が家はLIXILを選びました






お風呂a

こちらが引越し直後の画像です



まだ2年ですから
傷が出るような事もなく


オモチャだけは
どんどん増えますが


引渡し時と
同じ状態で使えています


毎日入浴剤を入れてますが



↓↓詳細は過去記事↓↓





結構使える
入浴剤が多いのが分かったので
安心して使っています





お風呂e

浴室乾燥用のバーにも
おもちゃを置いています






・人造大理石が良かったかなぁ・・・



一番お手入れが楽そうな

タカラスタンダードのホーロー浴槽は
選べなかったので


TOTOでもLIXILでも
どちらでも良かったのですが


両方とも標準の浴槽がFRP


人工大理石のオプションは
10万円近くだったので


標準のままにしましたが



お風呂f


写真だと見た目の違いは
無いのですが実際見ると結構違います




あの時は

色々増えるオプション(主にキッチン)があって

「お風呂は標準でいいか」って思いましたが


今10万円追加で
大理石に変更出来るって聞いたら


多分するかもしれません



当時もショールームで
人造大理石を見て


かなり綺麗だったので
ちょっとは考えたのですが


最近ホームセンターの
リフォームコーナーで見た時に


やっぱり高級感が違いましたので
「いいなぁ・・・」って思いました



家族しか利用しないし


他に誰が見る訳ではなく
性能はそれほど変わらないので
標準のFRPにしましたが


お風呂は毎日の疲れを癒す場所なので

見た目の高級感も大事だと思います(笑)



ただ人造大理石は
傷が付きにくい、汚れが落ちやすいって
書かれていますが


普通のFRP浴槽も今のところ
傷も無いですし、普通にスポンジだけで落ちます


ヨットもFRPで作りますし
FRPの上から塗装してますので


毎日仕事で見る
解体したお風呂は傷だらけですが


今の浴槽は昔の浴槽に比べたら
かなり長持ちすると思います








・お風呂の汚れで一番大変なのは水垢です


まだ2年なので

水垢が取れないなんて事はないですし
壁面なんて何もしていませんが
綺麗なままですが


しかし、このまま数年使うと


何年も使っている
鏡や壁面に「うろこ」状の
水垢が付いてる事がありますが


こうなると簡単には取れません


前職の旅館業の時は


温泉の大浴場がある職場でしたので
水垢の苦労は良く分かりますが


お風呂g

この壁面パネルだと
白、灰、黒を使っている模様なので

水垢が目立ちません


浴槽も一番水垢が目立たない白です


黒一色とかだと
10年位経ったら大変な事になるので


マメに掃除をする自信がなければ
水垢が目立たないアクセントパネルにして


残り3面はスタンダートに白にするのが
一番楽だと思います



お風呂h


将来の事を考えたら
お風呂は水垢が目立たない色がいいと思います





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年02月23日





家を建てようという時に
たくさんのブログを見てる方でしたら


未だに「高気密は良くない」とか書いてある
工務店などのブログなどは信じないと思いますが


高断熱、高気密の家を作りたいなら


当然どれくらいの数値か
知りたいでしょうから


気密測定をされる方も多いですし



ハウスメーカーや工務店でも
気密測定は必ず
行うという所もありますね




気密a


大手メーカーでしたら一条工務店は
全棟標準で測定するそうです






・レオハウスの気密測定



レオハウスの場合
気密測定はオプションで
50,000円かかるそうです


工務さんと話をしてて

「一応5万円でしますけど」

「余り測定する方はいませんよ」

という話だったので


そもそも
高気密、高断熱の
数値にこだわる方なら


「一条工務店などで建てるしなぁ」って思いながら


私も全然検討しませんでした


レオハウスで建てた
他の方のブログで
気密測定した方が数人いましたが


気密測定をする方は
そもそも高気密にこだわる方でしょうから


レオハウスでも0.8とか0.6とか出てる
ブログがありますが


「ローコストでも
結構いい数値出るんだなぁ」って
思って見ていました




気密b

最近はレオハウスも

ココダブルという
W断熱の家を売ってますが



気密c

こちらですと
2×4になるので


我が家の間取りは作れませんが
簡単に高気密は出来そうですね


三井ホームの「Gフレーム」とか
高いメーカーでしたら


我が家の間取りで2×4も可能だと思いますが
そんな予算はありません





・気密測定をしなかった理由



簡単に言えば

「求めているものが違う」という事です


例えば
気密d

GTRを買うような方は

最高速度や
0-400mの加速度など

当然調べて買うと思いますが




気密e

VOXYのような
ミニバンを買う方は


最高速度や
加速度なんて調べないと思います



気密f

私もマツダのMPVって
ミニバンに乗ってますが


調べた事と言えば


乗車定員と燃費と車幅位で
最高速度や加速度なんて
未だにしりません


今乗っている車に求めているのは

・スライドドア(子供の乗り降りが楽)

・3列シート(家族でお出かけが楽)


これだけなので

別に調べなくても
130~140kmは普通に出るでしょうし

高速の追い抜きを考えても
これだけ速度が出れば問題ありません



家も同じで


気密g

壁がほとんどないLDKにして


予算の問題もあり
半樹脂サッシですから


余りc値に期待を
最初からしていません


それでも充分に住みやすいですし
冬も暖かいのは



気密h

超高性能ではないけど
低性能でも無いサーモス2hとか





気密i

もはやどこのローコストメーカーでも
追加出来る吹き付け断熱など



車が130~140kmは当たり前で出るように


今の家は低予算でも
私には充分な性能があると思ったので


気密測定はしませんでした







さらにローコストなメーカーだと

・アルミサッシ

・グラスウール


などなど車に例えると

軽自動車みたいに
130~140kmは4人乗ったら
出ないかもって性能になってしまうので


こういったメーカーは除外しました



過去の記事




実際一条工務店にも
何度か行きましたが


求めている物が
最終的に違いました


高気密が絶対のメーカーから
「この間取りは気密取れないからダメ」って言われるのと



「今はサッシも断熱材もいいから充分ですよ」って言うメーカー


どちらを選ぶかは
作る人の好みだと思います








・全てを求めても無理です


当然ですが
ハウスメーカーも工務店も
利益を出さないと仕事になりません


気密i-2

我が家は
ローコストで土地代を抜いたら
総予算2,000万円ちょっとで建てれましたが



仮に2,000万円という予算だった場合に


C値0.5以下の高断熱、高気密を求めたら



・吹き付け断熱の厚さを上げる

・サッシを全樹脂サッシに変更


などなど高気密にする事を
しないといけませんので


同じ予算でしたら

・家が今より狭くなるでしょうし

・希望していた間取りも
 ツーバーフォーになるので無理でしょうし

・キッチンなどの設備のグレードも落ちると思いますし

・欲しかったスキップフロアも無理だと思います




間取りも設備もC値もと


全てを求めたいなら
予算を増やすしか無いので


予算が決まっているなら
何を重視するのか考えて


優先順位が高いものから
作っていったほうが満足すると思います



実際住んで2年経ちますが
私には充分すぎる性能で


「もっと高気密にしておけば良かった」なんて
思った事もありません


もちろん性能が高い事は
悪い事ではないのですが


気密j
気密測定は絶対
C値1以上なんて家はダメという

工務店さんもいくつかあって

高気密が売りのメーカーなら
そう言うしかないんでしょうが・・・


この方の意見だと
「私の家はダメなんだなぁ」って思うと


ちょっと悲しいです


家なんて人それぞれ理想があるので
それこそ注文住宅で家を作りますし




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2019年02月12日





我が家の
お気に入りのオプション


黒板になる壁紙
お兄ちゃんも3歳になって


色々とお絵かき
するようになりました

サンゲツa

何の絵かは分かりませんが
「じゃがいも」とか「バナナ」とか
書いてるそうです




サンゲツb

オプションで設置した
サンゲツのブラックボードクロス
名前の通り「黒板」になる壁紙です




サンゲツc


数種類ありますが
我が家の壁紙は
RE-7924という壁紙でした





サンゲツd

こちらは
引越しして1ヶ月後位の写真です


まだ子供がお絵かき出来ないので
ママが予定表としてだけ
使っていました





サンゲツe

アクセントクロスとして
リビングの1面全部を
この黒板クロスにしています





・楽しいのですが消すのが大変です・・・


ママが予定を書く位の時は
問題なかったのですが


子供が週1回位落書きをすると
当然書いたものを消すのですが



サンゲツf

せっかく書きましたが
一度消すのですが


まず通常の
黒板消しで消しても


サンゲツg

このようにチョークの
跡が残ってしまいます


学校の黒板もこんな感じでしたが
サンゲツの説明書を読むと


サンゲツh



・黒板消しで消した後
 マイクロファイバークロスで水拭きする


・何度も繰り返し使うと
 完全に綺麗な状態に戻らない

という注意書きがあります。


たしかに学校の黒板なんて
大掃除しても綺麗じゃ
無かった記憶もあります・・・








・黒板消しの後に水拭き3回で綺麗になりました

 
黒板消しで消した後に
硬く絞った雑巾で拭きます

サンゲツi

雑巾にチョークが付くので
まだまだチョークが残っています



サンゲツj

黒板消し→雑巾でも
まだチョークが残ります


このままでも
黒板としては使えますが

せっかくなのでもう1回
雑巾で水拭きをします


サンゲツk

まだまだチョークが付きます



結局完全に綺麗になったのは
雑巾で3回拭いて


サンゲツL

新品時と変わらなくなりました


ちゃんとした
マイクロファイバークロスなら
もっと簡単に綺麗になるかもしれませんが


毎日落書きすると
結構大変だと思います


それでも
子供は「全面キャンパス」なんて
通常は出来ないですから


いい経験にはなると思います



サンゲツm


シール貼っても
クレヨンでお絵かきしても平気な

ホーローキッチン
お絵かきさせた方が
後の清掃は楽です(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング






2019年02月09日






家を建てて最初の冬を迎えると



「さすがに暖かい」と喜ぶのと同時に


「ものずごい乾燥」に驚きます


湿度a

我が家もリビングに1台
スキップフロアに1台


加湿器を置いていて


さらに24時間ずっと
加湿器を動かしていますが



湿度b

晴れてると
30%代になる時があります


お出かけなどして
水が切れていたりすると


30%前半や
20%になる事もあります




湿度c

加湿器のすぐ近くに
湿度計があるので






湿度d

夜になると
45%位まで行くときも多いのですが



とにかく乾燥します






・最近の家が乾燥する理由



元々日本の冬は乾燥していますが

最近の家が特に乾燥する理由は



①家の温度が暖かいからです


最初は木が水分を吸うからとか
換気システムでちゃんと換気をするからとか


色々書かれていますが・・・


木の問題と換気の問題だけなら
古い家も同じように乾燥します


実際古い家でも冬は乾燥しますが


古い家だと湿度40%位の時に
今の家が湿度20~30%になる原因は


家が暖かいからです



湿度d


縦が空気中の水分量
横が温度です


同じ湿度100%でも


気温が10度と20度では
水分量は倍近く違うので


仮に気温10度で湿度50%の空気を
そのまま20度まで暖めると


湿度は25%ほどにまで
下がってしまいます







昔の家は
ストーブ、こたつなど
局所的には暖めてますが


家の中全部暖かいなんて事はないので
今の家の方が乾燥します


1種換気で湿度も交換したとしても
最終的には外気の湿度にまで近づきますし


その際に家の気温が暖かいので
乾燥します






②石油ストーブが使えません


今の普通の高気密、高断熱の家だと
「石油ストーブは使わないでください」って言われます


我が家も工務さんに言われました・・・



灯油は燃やす時に
水分を出しますが


この量が案外多く

灯油1リットルを燃焼させると
水分は1.1リットル出ます


なので

冬の乾燥している時期に


エアコン、床暖房などで
家中暖かいので

乾燥します






・やはり気化式は今の家にはメリット多いです



前に加湿器は気化式がオススメと書きました


↓↓過去記事↓↓





安全性などももちろんですが


気化式は仕組み的に
適応畳数で使っていれば


湿度が60%を超えるなんて事は無くて
MAXでも50%位にしか上がりません


気化式の加湿器は
電気代が安いので
24時間稼働出来ますし


乾燥、インフルエンザ対策には
湿度は50%あれば充分ですし


湿度が上がりすぎる事はないので
カビの心配もなくて

結露も当然少ないです







スチーム式などにくらべると
一瞬の瞬発力には絶対勝てませんので

24時間稼働するのがオススメです


パナソニックの加湿器は
内蔵の湿度計も割と正確なので



2019年01月26日






2年経った感想も
今回で3回目です


今回はリビング、ダイニングと
スキップフロアです






・まずはリビングです


子供が1歳と3歳なので

寝室で寝ている以外は
ほとんどここにいます


家族の団欒を重視して

1階にはに他の部屋は作らず
限られたスペースの中で

なるべくリビングを
多く取ったのですが



1歳と3歳ですから

すぐにオモチャに
占領されてしまいます

リビングa


遠目だと分かりませんが
近づくと2年経ったので
ソファが結構汚れてきました


子供もぴょんぴょん飛びますし
ニトリの安いソファにして良かったです


リビングb

5人用L字ソファで
なんと92,500円です






・すぐにオモチャでいっぱいになります


リビングc


1歳と3歳の子供がいて
別室も作ってないですし


階段登ってスキップフロアで
遊ばせるのもまだ危険なので


先程のソファの画像は


子供と妻が寝てから
オモチャなどを片付けて撮影したのですが


普段子供が起きている時は

リビングd

このようにオモチャだらけになります


この状態のまま
お兄ちゃんはおままごとに飽きると
プラレールを作り出すので


リビングe

ソファの裏も占領されます


それでも最初から
別室などではなく


リビングで一緒に遊べるようにという
設計で作ったので


オモチャで散らかるのはいいのですが

リビングf

すでにオモチャの棚はいっぱいです



そしてリビングだと
妹がプラレールを壊すので


リビングg


最近はダイニングで
プラレール作ったりして


家の中全部が遊び場ですが


どこにいても
ワンルームの設計にしたので


子供が見渡せるので
安心です








・スキップフロアが収納場所に


最初は
私のPCスペース兼遊び場


そして子供がもう少し大きくなったら
子供の遊び場として

作ったスキップフロアですが

リビングh


吹き抜けでここにいるのが
好きなのですが




リビングi

ここからでも全部
リビングが見渡せて便利な
作りだと思うのですが


とにかく一緒に遊んでという年齢なので
現在スキップフロアは


ほぼ荷物置き場になっています


リビングj

リビングからは見えない場所なので
ここに収納出来るのは便利です


その他にも
2階のクローゼットまで行くのが面倒なので
仕事着もここに置いて


朝の着替えはここでしたりします





・こうすれば良かったと思う事



引っ越した当初は

それまでがLDKで
12畳の賃貸でしたので


LDKとスキップフロアで
24.5畳あるので

「広くていいなぁって思っていましたが

2人目が生まれて

色々オモチャで遊べる年齢だと
正直これでも狭いです


リビングk

ちょっとすると
すぐにこうなります



間取りは「こうすれば良かった」というのは無く
全てに満足してますが


もう少し予算を足して
広くすれば良かったかなぁと思います


仮に今の状態で
100万円追加すれば

1坪広げられるよって言われたら
するかもしれません



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング