2018年06月

2018年06月30日


カテゴリの
「レオハウスに決まるまで」
何社か書いてますが


レオハウスと契約するまでに
建売住宅以外の注文住宅メーカーも
10社位は見ました


レオハウスよりも高い所も見ましたし
もっと安い所も見ました


もちろん会社の雰囲気や評判
営業さんや設計士さんの人柄とか
話が合う、合わないもありましたが


レオハウスが気に入った理由の1つに
「この設備にしては安い」

というのがありました



ローコストa

オリコンの評価という
信頼度がイマイチ
低そうなランキングですが


「金額の納得感」というランキングで
3年連続1位だそうです


ちなみに金額関係なく
満足度のランキングだと

1位スウェーデンハウス
2位ヘーベルハウス


という高いメーカー順みたいな
ランキングになってます


我が家の土地代を抜いた総額が
2,150万円でした


自分でもこの金額の中では
かなり満足していますし


親や知人が来ると
この家は冬ならどこも暖かいし
夏は涼しいと言ってますから


断熱性能も普通に生活する分には
充分ありますし


コストパフォーマンスで1位になるのも
分かる気がします





・自分の予算より高い・安いメーカーも見た方がいいです


色々ハウスメーカーを見た中で

土地代抜きの総額が
1,600万円位で建つメーカーも見たし
3,000万円位のメーカーも見ました


安い所と高い所を見たのが

後の家作りに
本当に役に立ちました




我が家の場合

総予算が3,000万円
土地代抜いたら2,000万円位かなぁという
状態で家選びをスタートさせて


その後土地代が安く手に入ったので
2,400万円位までが
家に掛けれる予算になったのですが

結局2,150万円に落ち着きました


最初にモデルハウスを見る時などは
何も知らない状態なので

ここで超ローコストだけ見ると
「そんなもんか」で終わってしまうので


ちょっと予算超えるかなぁ位
メーカーも見た方が


断熱材や窓サッシ、設備面など
自分が欲しいグレードが分かるので


買う気は無くても(買えなくても)
そういうメーカーも見た方がいいです





・長く住むものなので妥協出来ない点を考える


仮に金利を1.2%で考えた場合
100万円は35年ローンで計算すると
約3,000円です

ローコストb

毎月3,000円ならどうにかなると
思いますし


「ここは妥協したくない」という部分が出て

「でも予算が」という場合


100万円位なら大丈夫だと思います


金利1.2%ですと
340万円で毎月1万円変わりますから


ここまで自分の予算から
上げると毎月の支払いが
厳しくなると思います






・色々見て選びたかった設備


では実際見た1,600万円の家と
2,500万円超えてた家と


注文した我が家で何が

「レオハウスのがいい」
なったのかと言うと



①吹き付け断熱


ローコストc

見た中で一番安かったメーカーは
グラスウールで
壁が90mm 
天井が100mmでした

グラスウールでも
金額が高い所は
天井だと150mmとか使いますね





②窓が全部サーモスⅡH

ローコストd

安い家は
複層窓でしたがアルミサッシでした

もっと高いメーカーは
3重窓やオール樹脂サッシですが

実際にLIXILで見て確かめた結果
サーモスⅡH位の性能があれば充分となりました



③瓦屋根とサイディングの厚さ

ローコストe

こちらも金額がかなり変わる部分なので
安い家はスレート屋根15mmサイディングでした



こちらに過去書きましたが
瓦屋根は絶対の希望でしたし
サイディングも18mmです


逆にもっと高い
タイルなどは要らないと思いました



④第一種換気

こちらは安いメーカーだと
ほとんどが第三種換気になります



⑤希望の間取り

一番安い家は2×4で
私の希望の間取りが建たず

逆に高いメーカーでもツーバイの家だと
無理でした



⑥キッチンなどの設備

こちらも
「これ以上はいらない」という
自分に納得出来る設備でした


キッチンの種類や幅
洗面化粧台も750mmだけなど


当然売る方も利益を出しますので
安い所はどこか削ってます






・本当に無理の無い予算を計算するのが大事


結局これが一番大事なのですが
結構知らない方もいるので・・・


私の周りでも
給料そのまま妻に渡すので


家も言われるままに買ったという
知人も多いですが


毎月の維持費光熱費
自分の支払える額

会社の将来などを考えて


無理は厳禁ですが
余りに予算を抑えすぎて


満足出来ない家に住むのも
後悔しますので


予算の計画は慎重にした方がいいです


移動手段車が欲しい人
安いからと言って原付を買っても

移動は出来ますが満足は出来ません・・・





・ハウスメーカーに予算を言わない


余りにかけ離れいてるメーカーではダメですが

私の場合まず

・吹き付け断熱
・瓦屋根
・スキップフロアなどの希望の間取り


など自分が欲しい物を営業さんに言って

「予算は?」と言うので

「出来れば安い方がいい」
どこでも言いました


もちろん年収などは正直に
アンケートに書いてますが


その中で自分で納得出来る
設備や希望を取捨して

今の家になりました。


もちろん
余りに高いメーカー
希望だけ伝えたら

簡単に坪80万円とかになりますが


営業さんも仕事ですので
2,000万円の家と言ったら


2,000万円の家を仕上げて来ます

その後、予算が上がって
どこか削るとなった場合に


本来必要な物を削らないといけない
とか出て来ますので


予算重視ではなく
希望重視で話を進めたほうがいいです






・ローコストという言葉


結局お金持ち
私みたいな普通のサラリーマンでは違うし

貯金額でも変わってきます


坪100万円が問題無く建てれる方なら
坪70万円は「ローコスト」ですし



こちらに書いたメーカーさんは
社長さんが言ってますが

メインユーザーは
年収300万円位の方だそうです


もちろん収入以外でも
住む人数によって
必要な大きさは変わりますが



自分が納得したもので
満足すれば
「安い」「お得」となります



家電でもそうですしでもそうですが


逆に失敗した買い物なら
「高い」「損」になりますので


自分の予算から
プラスマイナス500万は離れている
メーカーも見た方がいいと経験から思います





・何もしなくても性能がいいです


仮に一番薄いグラスウールに
アルミのシングル窓で建てたとしても

昔の家に比べたらずっと性能がいいです


20年前の
建築費だけで4,000万円超えの
メーカーの家と

今の建築費1,200万円位の
超ローコストの家を比べてたら

今の1,200万円の家のが性能がいいです


シックハウス症候群対策で
24時間換気システムが義務付けされたのが
2003年と15年前です


15年前というと
ローコストメーカー以外の
普通のメーカーでも

一番安い断熱材に
アルミシングル窓は普通でしたが


それでも気密性が上がったので
シックハウス症候群が広まったので

基本の性能自体が上がってます


では一番安くてもいいのかというと
自分の快適な暮らしは人それぞれ違いますし


パッシブハウス系だと

関東地方でも
北海道基準の断熱性能
などが売りですが


それだけ予算をかけて
そこまで必要かは人それぞれなので

限られた予算をどこに振り分けるかが大事ですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年06月29日


大人気の家CoCoは
標準で第一種換気ですので
(2×4で作った場合はCoCoでも三種換気です)



換気b



換気a

在来工法の場合は
第三種はもうないのかもしれませんが
(大人気の家バリューは3種換気かも)



換気システムは
圧倒的に
第一種換気がおすすめです


※大人気の家CoCoでも
2×4で作った場合はグレード関係なく
三種換気みたいで理由は
天井裏にスペースが
取れないみたいです



もちろん
温度や湿度の快適さも違いますが


私が最初に一種換気がいいなと
思ったのは、最後に書きますが
三種換気の
「見た目」が嫌でした






・簡単な一種換気と三種換気の違い


簡単に言うと

一種換気は吸気も排気も
電気で強制的に行います



三種換気は
排気は電気で強制的に行いますが
吸気は壁に穴開けて自然に取り入れます



一種換気は
熱交換というシステムがあって


空気は入れ替えるけど
部屋の暖かさ、涼しさを
キープ出来ます



その他一種換気と三種換気の性能差を
色々書いたwebサイトもありますので
詳細はそちらを見て頂くとしても




一種換気のメリットは
主だった所で


・熱交換するので第三種に比べて冷暖房効率がいい分省エネ
・PM2.5もカットするので子供にも安心




・気温がどれ位違うかというと


気温は0度
家の中は20度の場合

3種は外気温そのままですから

換気c

当然.外気温の0度が入ってきます

寒くなったり暑くなったりして
止めたくなるのも分かります





1種の全熱交換なら

換気d

熱交換率90%の例ですが
外気温が0度でも
熱交換して18度の空気が入ります


レオハウス標準の
パナソニック製品は
安い奴なので熱交換率が80%ですが
それでも16度の空気が入ります



※画像は
こちらから引用しています



結露対策等で
24時間換気は
止めてはいけないのですが



3種換気の場合
「寒いので止めた」という
ブログが結構あります


結露やカビ対策など
家を長持ちさせる為にも


どんなに寒くなっても
換気は止めてはダメです


その点
1種換気なら
熱交換出来ますので
24時間換気が動いてても
「寒い」と感じた事は一度もありません


夏の場合ですが

外気温35度で
室温が27度の場合


換気e


3種換気の場合は
外気温のままなので
35度の風が入りますが






換気f


1種なら熱交換しますので
当然低くなります



夏も冬もエアコンを使わないなら
一種の換気システムの電気代が
月500円位かかるので
電気代が高くなりますが


このようにエアコンの効率が
上がりますので
夏冬は、電気代も省エネになります





・気温だけでなく湿度も一種換気のがオススメ


全熱交換なら
湿度も快適になり


三種換気だと


換気g



換気h

このように夏、冬は厳しいですが







一種換気なら

換気i


換気j

ここまで変わります





・1種換気のデメリットは?


デメリットは金銭面ですが
こちらも色んなwebサイトに書いてあります。


①24時間換気をするので
電気代が月500円ほどかかる


※これは熱交換するので
その分エアコンの効率が上がるので
夏冬が厳しい地域なら
かえって省エネになります



②天井裏にダクトをたくさん通す
仕組みの為故障時にお金がかかる



③そもそも設置費が70万円位かかる



まとめるとどこも
お金がかかるけど出せるなら
第一種の方がいいよになります。





・もうひとつ一種換気にこだわる理由


性能の詳細は
とりあえず置いといて


法律上必ず
換気システムは必要になります。


家を建てる前に
建売住宅も何件も見に行ったのですが



「この家なら住みたいなぁ」と思ったのが


「ダウンライト」と「第一種換気でした」




その時は一種と三種の性能の違いなんて
よく分からなかったのですが


三種換気の「見た目」が嫌でした






・3種換気の見た目が良くないです


自然吸気する3種換気の場合
「天井高の1/2の高さまでに設置」
決まっています。



※ダクト式の3種換気なら天井に付けれますが
3種のメリットである
故障しないし安いが無くなりますので
これなら尚更1種にするべきです



3種換気でも排気は機械ですので
こちらは天井でもいいのですが



対角線上に配置しないと
吸排気の効率が落ちるので
1部屋に2つ壁に穴が出来ます。


換気k


換気l

画像は
地元の建売住宅です


比較的安い価格なので
三種換気で
一番コストがかからないタイプです



せっかくの新しい家なのに
部屋の壁に穴があるのが
嫌でした・・・



「3種換気 位置」
などで検索すると

目立って嫌だという
ブログがたくさん出てくると思います。



キッチン壁紙などは
見た目でオプション費用を払う人が
たくさんいますし


サイディングなどは
見た目をかなり
選びますので



性能じゃなくて
見た目の問題だけでも
一種換気はオススメです



換気m

我が家の天井です


一種換気は
機械で吸排気するので
天井裏にダクトを通して


吸気、排気口ともに
天井に設置出来ますので
目立ちません



もし3種換気で
壁に取り付ける場合

吸気口を考慮して
壁紙や家のデザインを
考えた方がいいと思います。



私が今まで見た中では
南欧風やバリ風の部屋だと
違和感無かったです。





2018年06月27日


我が家は1階がリビングで


2階が寝室の
オーソドックスな間取りですが


当然最低でも
1日1回は昇り降りをしますし


洗濯物を干したりなどで
もっと増える場合もあります





・登りやすい階段とは



子供も小さいし


子供が2人とも
40代で出産したので


子供が大きくなったら
夫婦は老後になるので


階段は登りやすい方がいいと思って


・段数
・1段あたりの高さ
・1段あたりの奥行


こちらも考えて作らないと


毎日大変になってしまいます


階段a

こちらは
我が家の階段ですが



蹴上げ階段の高さ

踏み面奥行になります



蹴上げが高いと
当然登るのが大変ですが


バランス考えずに
段数を増やすと
踏み面が小さくなってしまいます





・法律上の最低基準は登れない?


建築基準法だと


蹴上げが最高で23cmまで

踏み面は最低15cm以上と決まっていますが



実際蹴上げが23cm近くあったら
物凄い大変だし


踏み面が15cmしかなければ
まともに降りれません



一般的に登りやすい階段


蹴上げが18~20cmまで

踏み面は20~22cm以上


こちらが登りやすいと言われている
階段のサイズです





安い建売住宅などを見学すれば分かりますが



リビングなど部屋の広さを
優先して階段に使えるスペースが少なくて


物凄く急な角度で蹴上げが高い家だと


1回、2回モデルルームで
見るだけならどうにかなっても

毎日だと大変な事になってしまいます



注文住宅なら当然
(予算の範囲で)

階段の蹴上げ、段数も自由ですので

設計士さんと色々相談して

昇り降りしやすく作った方がいいです



階段にどこまで面積と
予算を取れるかだと思いますが


蹴上げは20~21cm前後が
一番多いみたいです







・我が家の蹴上げと踏み面と段数


我が家の蹴上げは

階段b

17.7センチです
(メジャーずれたので若干違いますが^^;)


登りやすいと言われる
18~20cmより
もうちょっと低く作ったので


小さい子供でも簡単に登れますし


昇り降りで大変って思う事はありません



踏み面は

階段c


23.8cm取ってます





写真だと25cmありますが

階段d


ここが長くても
登りは使えますが
下りには使えない部分なので


この部分は計算に入れません


踏み面も安全と言われている
長さよりさらに長く取っています





・必要な段数の計算式です


蹴上げは低い方がいいからと言っても

当然2階に着けないと困りますが


階段e

我が家の設計図です



レオハウスは標準で
天井高が250cmあります

これだけではなくて


天井と2階の床の間が50cmあります



木造住宅の平均は30~40cmらしいのですが


最近は我が家もそうですが
第一種換気のダクト入れたりしますので

50cmになります



合わせて

300cmになります

(後は床材の高さもありますが
とりあえず計算を省きます)



標準的な段数は14段が多いですが


段数計算は最後の1段
つまり2階の床は計算しないので
こちらを合わせて


段数が14段だと全部で15段登るので


300cm割る15なので20cm


20cmが一番多くなります



超ローコストな家
安い建売だと13段(登るには14段)も
結構ありますが

その場合は

300cm割る14で21.4cmになります


建築基準法には違反していませんが

かなり大変です




我が家の場合は階段は16段

つまり登り切るには17段上がるので


300cm割る17で17.64cmと

標準よりかなり低く作れました






・16段で作れた理由


蹴上げが低い方がいい
段数だけ増やすと


当然踏み面が小さくなって
まともに昇り降り出来ないですが


我が家の場合は

階段f


階段g

このようにスキップフロアの
入り口があるので

一般的な階段は1坪なのですが

1.5坪を階段に取っています


スキップフロアは無くても

階段に1.5坪取ると
これくらいの段数で

蹴上げと踏み面に余裕が出来ます




コの字型

踊り場も階段がありますが

スキップフロアが無ければ
踊り場は平面に出来ると思います


我が家の場合は
5段目の平面が大きいですから


踊り場も平面にすると

無駄な距離が増えすぎるので


段差を作りました





・階段1.5坪のメリット


坪単価が60万円とすると

階段を0.5坪増やすというのは

30万円分かかるし


当然リビングなどの
他の面積が減るのですが


毎日階段は使いますし


子供が小さい家庭は特に
安全を考えるとオススメです


2階のバルコニーに
洗濯物を干すのが
面倒なので


リビングや庭に干す
なんて話をよく聞きますが


昇り降りが楽だと
面倒だと思いませんし



自分が年を取った時にも
当然昇り降りが楽な方がいいです


他のメリットとして
階段下は収納にする家が多いですが


階段h

このように階段下収納が
広くなります


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年06月26日


我が家は何もない
分譲地の土地から建てたので

解体a

こちらの解体工事費というのは
0円だったのですが



立て替える場合は
新築費用だけではなく

今住んでいる住居の
解体費用もかかります


私の職場は
産業廃棄物の処分業ですから

毎日、このような
解体した廃棄物が来ます





・出来る事は自分でした方がいいです


普通の方は
重機など運転出来ませんから

解体業者に頼むと思いますが


少しでも自分で運んだ方が
当然安いのですが

これが
「かなり差が出ます」


・自分で運ぶ場合

家の廃棄物
市や区の環境センター

これで大丈夫ですが



・解体業者が運ぶ場合は
「産業廃棄物」になるので


家の廃棄物
産業廃棄物の処理業者
(ここが私の働いている所)


ちなみに私の職場で燃やしたり
破砕したりして
最終処分へ埋立処分されます



私の住んでいる
山梨県甲府市の場合


環境センターへ持ち込むと
可燃ゴミの場合

解体b

10kgで94円ですが


私の職場だと

10kgで350円になります

ボッタクリではないですよ


市町村の運営ではないので
これくらいになります





・さらに解体業者の料金もかかります


仮に上記の可燃ゴミを100kg出した場合

自分で行ったら

940円で済みますが



解体業者だと

3,500円が処分費です

当然処分費だけなので


解体業者の
運搬費や手間賃は別にかかります


同じゴミでも

仕事になると
産業廃棄物になりますので
かなり料金が変わります



・ハウスメーカーに依頼するとさらに高額に


新築するハウスメーカーに
解体も依頼すると

ハウスメーカー
解体業者
処分業者


とさらに1社増えるので
当然ハウスメーカーも利益を
取りますから
さらに金額が上がります



重機を運転出来ない人でも
ハウスメーカーに頼むより
解体業者に頼んだ方が安くなります






・解体業者の平均金額は?

だいたい坪30,000円前後が相場なので

仮に我が家だと35坪なので
100万円ちょっとが相場です



自分で運んだ場合



可燃ゴミは10kgで350円


木材は10kgで300円


コンクリートは1tで700円


ガラスは1tで12,000円


サイディング、石膏ボードは
1立方メートルで20,000円



上記は
私の職場に持って来た場合の料金です

地域や会社によって
もちろん異なります



可燃ゴミや木材は個人なら

市町村の環境センターで
受け入れてくれるので
もっと安いですが


恐らくサイディングとかは
受けいれてくれないと思います
(甲府市では無理です)





・マニフェストを見せてもらいましょう

一括いくらの料金で納得してたら
問題ないのですが


これだけ処分したので○○円です

または
○○キロ増えたので追加料金です

などの場合

「マニフェスト見せて」と言えば
どれだけ運んだか分かります


マニフェストというは
産業廃棄物を出す際に
必ず必要な書類の名前です



解体c


産業廃棄物は
これを出さないと処分出来ませんので
(当然私の職場も受入出来ません)


ここに量が書いてあるので
おかしいなと思ったら
見せてもらいましょう





・昔の家は高いです


解体するのに大変なのが
アスベスト(石綿)の処理です


昔の家はスレート屋根でしたら
アスベストが使ってあります


一般家庭ならスレートの波板は
使ってないと思いますが


その他
石膏ボードやケイカル板などは
アスベストが昔は使っていました



例として

瓦でしたら処分料金は
1立方メートル(ドラム缶5本分)で
15,000円ですが

石綿だと倍の料金がかかります


この辺は解体業者と
最初に話を付けて
1棟100万円で追加料金無しのような
契約をした方がいいかもしれません


解体業者も
石綿入りと知らずに
赤字になる場合もありますので





・今の時期だと安いかも


年末から年度末が
解体業者もピークの繁忙期です


特に年度末までは
公共工事の解体など多いので

非常に忙しいですが

4月中旬以降になると
割と暇です


うちに来る解体業者さんも

5~8月あたりは

「仕事が無い~」と言ったりしますので

この時期なら
そこそこ値引きが期待できるかもしれません


この業界は
ネットもまだ発達していませんし
明朗会計というのは余り無い業界なので


何社か見積りして
値引き交渉した方がいいです



私は処分業ですが
解体業者さんの知り合いは多いので


家が近い方でしたら
声掛けてくれれば紹介します(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年06月25日


下の子もついに
生後6ヶ月を超えて


ズリバイが
出来るようになりました



首が座ったのもズリバイも
お兄ちゃんより若干早かったです


しかし


今まで動けなかったのに

動けるようになるわけで


色々問題も出て来ます




ズリバイa

ズリバイで動けるので


お兄ちゃんが遊んでる
プラレールの
走ってる電車を取ります


その他にもお兄ちゃんが
遊んでいる物に興味があるので


下の子は
色々遊んでるつもりで


お兄ちゃんから見ると
邪魔しにきます



そうすると当然お兄ちゃんが


「ぼくのー」と言って奪うのですが


プラレールや私のスマホなど
お兄ちゃん専用
みたいなものから


2人で遊んでと考えている
絵本なども
全部「ぼくのー」になってしまいます




「貸してあげなよー」って言っても


「やだーぼくーのー」と言う事聞かないので


これは困ったなぁと



「下の子 おもちゃ 取る」とか

「下の子 おもちゃ 貸さない」とか


このあたりの
ワードで検索すると


色々なアドバイスのサイトが
見つかりましたが・・・



○○ちゃんも遊びたいから
終わったら貸してあげようね~

とか


○○くん今遊んでるでるから
ちょっと待っててねーと

上の子に聞こえるように言うとか



色々あるのですが



まだ3語文覚えたばかりの


2歳5ヶ月には話しかけは無理です




幸い下の妹に

暴力ふるう事もなく

普段は「いい子」と頭なでなでしたり

仲が良いので


今まで自分で使ってた
オモチャが急に


妹の物ってのも

まだ3語文がちょっとしか話せない


2歳5ヶ月には理解出来ないだろうと
色々考えました



ズリバイb


お兄ちゃんいなくなると
壊しまくります・・・






・我が家の対処法




まだ下の子は

「このおもちゃで遊びたい」というのはなく



「お兄ちゃん何してるの?」って感じで

お兄ちゃんの物を取ってるので



ズリバイc

今まで遊んでたけど
成長して使わなくなった


オモチャを
全部同じ棚に置きます



年齢的に
絶対遊ばないような
物も全部出します


そしてお兄ちゃんの近くに置くと


取られたら嫌なものは
お兄ちゃんが

「ぼくのー」と言って

奪いますが


これなら
要らないオモチャも
たくさんあるので



「○○はこれー」
要らないオモチャを渡したり


どうでもいいものは
何も言わず使わせてます



下の子も
別に何でもいいみたいなので


お兄ちゃんが
私のiphone見てたら
妹も触りだしたのですが


ズリバイd


お兄ちゃんは私のiphoneで

妹はお兄ちゃんのおさがりの
ワンワンとうーたん
ケイタイおもちゃです



オモチャを全部出すので

リビングが
どんどん狭くなりますが

まだ上手く会話が出来ないので


今はこれが