土地

2022年05月30日







50年、100年と
同じに家に住み続けたいなら


どんなに性能や耐震性能が良くて
耐久性があっても


周りのインフラがダメになったら
ただの住みにくい家ですね



恐らく何の価値もない
家になると思います



土地a



限界集落とか
ポツンと一軒家みたいな家でも
生活が出来るなら可能ですけど



だいたい50年~100年先を考えたら


自分の子供が
引き継いでくれる事を考えないと
本人は死んじゃいますからね・・・



私なんて40歳で建てたので
築50年で90歳・・・


これ以上は
ちょっと厳しいと思いますから


50年以上家を持たすには
子供が住んでくれないと
ダメです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


・子供が全員
 県外に出て行ったり


・街として衰退しすぎて



子供が
「こんな場所に住めない」となったら


家はまだまだ住める状態でも
引っ越ししちゃいますし



法律が今と変わらなければ
更地にしないで空き家に
なってしまうかもしれません


なので100年持つ家作りの前に


100年インフラや周りの環境が
持つ土地に建てないと意味がないです






・人口減少は余り信じていないですけど



2040年と
わずか20年後には



人口が減って消滅する自治体も
結構あるそうで

土地b


あくまでも予測ですが
2040年には896の
自治体が消滅して



30年後には
青森県、秋田県、岩手県、山形県、島根県だと
なんと8割以上が消滅するって予想です



仮に自治体が
無くなるような場所に建てたら


どんなに高断熱でも耐震が良くても
まともに住めませんから


「こういう場所を選ばないってのも
大事かなぁ」とは思います



そうは言っても
なかなか離れられない
理由もありそうですが



20年後の
消滅可能性都市は
なんと896市町村ですから



山梨県もいくつかの市町村が消滅する
可能性がって書いてありますけど



土地c


住んでいる甲府市は
大丈夫っぽいですが


今現在で田舎の地域は
結構名前があります・・・



今は甲府市という
県庁所在地の


さらに中心部に住んでいるので
大丈夫ですが


消滅していく自治体は
周りの田舎からですね




たしかに人口は
どんどん減っていますけど

土地d


人間の本能の部分で


「あー何かこれ以上
減るのはマズイなぁ」ってなれば



ベビーブームじゃないですけど
子供が増えると思うんですけどね


種の存続ってのは
生命の本能ですし


それでも不便な場所は捨てて
人口が多い場所に引っ越す流れは
どんどん増えるかもしれません






・既に地方の衰退は始まっている?



予測だと
住んでいる甲府市は
まだ大丈夫でしたが



一時期は
アベノミクスで
景気が上がりそうでしたけど



結局地方は恩恵もないまま
また景気が悪い感じです・・・



土地e


こちらの地価マップで見ると





土地を購入した2016年から
現在を比べると

土地f


購入した地域の地価は


・2017年は坪当たり
 約170,000円で


・2021年は163,000円と


購入時より4%ほど下落しています





まあバブル崩壊以降
一度も上がっていませんから

土地g


最高値は30年前で
何と坪520,000円と
今の3倍以上ですね



バブル崩壊した後の
20年前でも31万円と
約2倍はしています


なので買主が値段を決める場合
「ローンが残らないように」
って思いますから


中古住宅は
凄い高くなってしまいますね




そうは言っても
我が家は県庁所在地の中心部から
10分掛からない場所なので



限界集落ってのは
ならないと思いますし



ここが限界になるなら



山梨が
無くなる時じゃないでしょうか



我が家も
周りの田舎の方が土地代は
安いのに選びませんでしたから











・超田舎を選ばなかった理由



我が家は
前も言いましたが





線路沿いにあるため
非常に土地が安かったです



相場では坪17万円ですが
線路のおかげで
坪9万円でした



山梨以外の人には
分かりづらいですが

土地h


同じ9万円で
線路も無く
普通の新興住宅街に住んだ場合


甲府市には住めませんし
かなり田舎になってしまいます



私の職場はめちゃ田舎だし
会社近くなら坪9万円以下ですが



それでもコンビニや
スーパー程度はありますけど


なんか住みたく無かったですねぇ・・・



一言で理由を言えば
「住みにくい」って理由ですが



例えば義妹は
3年程前に出産しましたが


甲府市から1時間程離れた場所ですけど
なんと市内には1軒も
出産出来る病院が無いんですね



検診はまだしも
陣痛が始まってから
市外の病院に行かないといけないので
大変です


そんな田舎の街でも
車で10分ちょっと走れば
コンビニとスーパーはありますけど



ホームセンターに
イオンやニトリ
家電量販店


回転寿司とか
ファミレスなども
市内にないから


こういう場所は
実生活だと不便だなぁって
思ってしまいます


ずっと、こういう生活を
していたら平気なのかも
しれませんけどね


今住んでいる場所は
その辺の生活には困りませんし



子供が小さいので

土地i


・24時間対応の地域医療施設も
 徒歩圏内で行けますし


・学校や図書館も近いし


・お店も色々とあるし

・ある程度の娯楽施設も
 あります


10年ほど杉並区に
住んでいましたけど


そこから甲府に戻ってきましたが
不便って思った事はないですね











・地方都市でも土地の価値は上がるか


甲府市の地価は
バブル崩壊後
30年間連続で下落していると
書きましたが



甲府市の駅前が
一番賑やかだったのは20年以上
前だったと思います


土地j


駅前にはヨドバシカメラが
ありますが


これもデパートが
潰れてしまったので
出来た位です





近くの市立動物園も
リニューアルする予算はあり


まだまだ街として
消滅しそうな雰囲気はないですけど




甲府市のお隣
昭和町って場所は


土地k


人口も増えて
地価も上がっています




こっちには

土地L


イオンモールもあるし



この町は30年前から
畑を潰して工業団地や
住宅地を作ろうって政策で
人が増えています



ここ以外は地価も下がり
人口も減っていますけど



山梨県民の期待を背負ってるのが

土地m


リニアモーターカーですね



家から15分程の場所に
駅が出来る予定で


これが出来たら
品川まで25分ですから
発展してくれたら嬉しいですけど



まあ、30年後なんて
誰にも分かりません



交通インフラや
商業施設など


何か手を打てる自治体じゃないと
やはり衰退していって


気が付いたら
住むのに不便で


子供達は
「こんな家売っちゃえよ」って
言うような状態になるかもしれません









・価値だけじゃなくて住みたい場所に住むのもオススメ



色々と
数十年先の事を書きましたけど



私は好きな場所に
住んだらいいと思っています


住みやすいってのもありますけど
甲府の街が好きですし



もちろん
災害に弱い場所は
ダメですけど




好きな場所でも
災害が予想される場所は絶対に
オススメしませんが



将来衰退しそうだから住まないとかは
正直どうなるか分かりませんし



私だって今の場所が
50年後に発展するか
消滅しているかなんて分かりません



リニアのおかげで

土地n


静岡市並みに
発展する可能性もありますし




逆に

土地o


限界集落になる可能性も
ゼロではないと思います




そもそも私の考えは
いつも同じで


100年住める家に
4,000万円払うなら


最初に2,000万円で家建てて
50年後に同じ家を建て直す方が
ずっといいと思っています



だって
どんなに高耐久な素材でも
50年後の家って
絶対に見た目が古いですから



同じ予算で50年後に
綺麗になるなら
絶対にそちらの方がいいし


その時
移動したいなら
すればいいと思っています



まあ、未だに
「ローコストはすぐにダメになる」って
言う営業さんもいますけど


この辺は
色々な記事で書いていますが



建材も設備も
ちゃんと選べば


今は問題ないですから
その点の心配はしなくて大丈夫です







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年11月17日







既に新居の生活も
4年半以上が過ぎました



まあ、引っ越し前のアパートも
歩いて10分位の距離で



さらには実家もそれくらいなので
土地勘はありますが




今回は我が家から
2km圏内の施設で

「近くにあってよかった」というのを



オススメ順で
5段階評価で紹介します





・ランキングを見ても納得出来るものが少ない・・・



・東京23区みたいな大都会や
 

・逆に田んぼしかなく
 コンビニすら無いって田舎は


ちょっと分かりませんが


私が住んでいるのは
普通の田舎ですね(笑)




どこにでもある
地方都市の
住宅街に住んでいます(笑)





そして
こちらはスーモの
子育て世帯が選んだ



家の近くに
あってよかったランキングを見ると


土地選びa


・1位 大型ショッピングセンター


イオンモールとか
ちょっと離れた所にはありますけど
こんなの近くにあると
住宅が凄いしうるさい



・2位 スーパー、食料品店
・3位 コンビニ
・4位 ドラッグストア


この辺は
どこにでもあるので
あって当たり前かと・・・


「セブンじゃないとダメ」とか
「ツルハがいい」とか


お店指定なら
土地選びの考慮になりますが


どの店でもいいなら
地方都市ならどこにでもありますね

 

という事で
まずは
「この店あって良かった」
ランキングです






・①ホームセンター 便利度★★★★★




我が家の2km圏内で
一番あって良かったお店は


土地選びb


ダントツで
ホームセンターです



とにかく
家を建てると


今までの数倍は
ホームセンターに行きます




外だけでも


土地選びc


DIY、庭の手入れ
バーベキュー
花の購入などあり



室内も
掃除道具やその他色々とありますが




家でDIYや掃除している時に


「あ、アレが無い・・・」
すぐに買出しに行けるのは
非常に助かります



私が次に土地選びするなら
「ホームセンターの近いとこ」って
言いますね(笑)





・②ニトリ 便利度★★★★★



ホームセンターと
ほぼ同率一位で
便利なのがニトリです


土地選びd


新築の時から
今のそろそろ5年目まで


ちょっとした模様替え
組み立て家具などなど


子供の成長に合わせて
かなりの回数行っています



ホームセンターも同じですが
家を建てると
めちゃくちゃ行く回数が増えますね





土地選びe


この時期だけでも
ハロウィン時期とクリスマス時期で
模様替えをしますし




後は、休日に
棚作ったり模様替えしたりで


土地選びf


急に収納ボックスが足りないとか



ホームセンターとニトリが
1kmほどの場所にあるのは
本当に助かります







・③コインランドリー 便利度★★★★☆



続いての4つ星は


土地選びg


コインランドリーですね



新築当時でも
2km圏内にはありましたが
車じゃないと行けない場所でしたが


去年、徒歩圏内に
新しく出来て非常に便利です




我が家は
インナーバルコニーあるし
使わないと思っていましたが



子供が小さいと
どうしてもすぐに乾かさないと
いけない洗濯物ってのが出ます



まあ、室内干しでも
浴室乾燥でも
どうにかなりますが


近い場所に
コインランドリーがあると楽ですね





保育園に持っていく布団を
毎週金曜日に家に持って帰りますが


土地選びh


晴れていれば
干せますけど


土日が雨だと
コインランドリーに
頼るしかないですからね




後は、子供がまだ小さいので
オネショした時など


土地選びi


乾太くんがあっても
敷布団は大きさ的に厳しいですし


近くにあると便利ですね



幸い、ちょっと前から
コインランドリー投資がブームらしく



「こりゃ潰れるでしょ・・・」って位に
たくさん新規出店があるので



使う側は助かっています






・④閉店が20~21:00位のスーパー 便利度★★★★☆



余程田舎じゃなければ
2km圏内にスーパーはあると思いますし


我が家も3店舗ありますが





閉店時間が

①21:00
②23:00
③23:45


この3店舗です




我が家は共働きなので


土地選びj


保育園のお迎えの帰りに
スーパー寄る事も多いのですが


閉店時間が早いスーパーは
半額になるのも早いんですよね(笑)



子供が生まれてからは
夜遅くにそもそも
出掛ける事も無くなったので



スーパーの閉店時間が
遅いというメリットは無くなりました



もちろん仕事が終わるのが
22時なんて人は


遅いスーパーの方が
便利なので
家族によって違いますね



どちらにしても
子育て世帯は
コンビニよりも
スーパーの方がずっと大事です








・⑤公園 便利度★★★★☆



子供が小さいと


土地選びk


やはり公園は
あった方がいいですね



もちろん車があれば
もっと大きな公園とか色々ありますが




・凄く暑い日、寒い日だけど
 ちょっとだけは外で遊ばせたいとか


歩いていける公園があると
子育て世帯にはかなり楽ですね




特に今年はコロナの影響で
県と市の公園が
全部閉鎖になった時期もあり



近所の小さい公園は
助かっています



いかんせん古い公園なので
遊具が昭和時代って感じですが(笑)






・「番外編」日帰り温泉施設 便利度??




これは余り利用していないので
星?ですが




徒歩圏内に日帰り温泉があって
まあ、ちょっと
オススメって温泉ではないので



普段は他の
離れた温泉施設に行きますので



近所の温泉には
4年間で2度しか行っていませんが




ちょっと前に
「エコキュートが壊れた」って
ツイートを見て



修理で4日程
お湯が使えないらしく



別に温泉じゃなくて
銭湯でもいいのですが



これが徒歩圏内にあると
いざという時は便利なんじゃないでしょうか



次からは
アンケートのランキングだと
上位だけど



「別になくても
そこまで困らないんじゃね?」って施設です






・コンビニ 便利度★★★☆☆


次からは星3以下


あってもなくても
それほど変わらないお店です



まずは一人暮らしなら必須な
コンビニですけど
★3つの評価ですね



もちろん
生活スタイルによってですが



我が家は
全然コンビニは
利用しません・・・



スーパーがあるからなのか
やはりアパートと違い
色々とストックがあるからなのか



今思うと
何故夜中に食べ物を
買っていたのか謎です(笑)






・病院 便利度 ★★



これもアンケートの
ランキング上位ですが・・・



たしかに近くに病院もありますけど
全然行っていませんね



子供は評判が良く
先生との相性がいい
ちょっと離れた病院に行きますし



私がここ1年で行った病院も
全部評判など調べて
離れた病院に行ったか
職場の近くですね



近所の病院に行ったのは
インフルエンザの予防接種位しか
記憶に有りません・・・



緊急性がある場合は
近い方がいいのかもしれませんが



我が家にはさらに
便利な施設があります










・番外編 救急医療センター 便利度★★★★★



これは近くにあって
本当に便利なのですが


土地選びL


市町村に1つだけでしょうし
なかなか選びようがないと思うので
番外編ですね



・子供の急な発熱、誤飲

・私の差し歯が抜けたなど(笑)



深夜でも見て貰える
緊急医療センターは
大変助かります






共働き世帯って


・昼間は職場

・子供は保育園なので



何か問題が起きるのって
夜のが多いんですね



その場合
近くに普通の病院があっても
閉まっていますし



ここは夜7時~23時までの
緊急の受け入れ施設なので
助かります




そう考えると
「衣食住」ならぬ


「医食住」ですかね


・医療

・食料品

・住居





なので


・大病院か緊急病院

・ライフスタイルに合ったスーパー

・住居関連はホームセンター


この辺が
あると便利だと思います








PVアクセスランキング にほんブログ村








2021年07月09日







初夏~夏に土地を見に行って


「日当たりも大丈夫ですよー」なんて言われて


冬に日が入らなかったとか
悲しいですね・・・



パッシブハウスとか
日射取得値などを計算してくれる
高性能工務店ならともかく




ローコストメーカーや
大手メーカーでも普通の営業さんだと
ただ見た目で言っちゃいますから


日当たりa


夏はよくても



冬の時期は
隣家と8メートル間隔があっても
日射に影響が出ます



夏の遮熱は
軒を長くしたり


シャッターやすだれなど
自分で対応出来ますが


邪魔な建物を
どかす事は出来ませんからね



特に南側隣家の影響ですね


今の家は基礎高や
天井高も結構あるので


一般的に10メートルはないと
影響を受けるみたいですが




フリーのシュミレーションソフトもありますので
計算すると








住んでる地域にもよりますが
私の住んでいる山梨県甲府市だと


日当たりb


隣家と10メートル離れた位置での
12月のシミュレーションですが



10メートル間隔があっても
1階の日当たりに影響が出てますね



これは隣家が
切妻屋根ですが



もっと影響が大きい
片流れ屋根の場合



日当たり2


10メートル離れていても
影響が出るので




完全に無くすには
13メートルですね


これだけあれば
何があっても隣家が
2階建てなら大丈夫です



田舎と都会で
隣家との距離が


・10メートルとか

・13メートルってのは


簡単に取れるか
難しいかってのは違うと思いますが



比較的距離が取りやすい土地と

そうじゃない場合の対処法を書いていきます





・南向きで前が6メートル道路なら割と簡単



こちらは地元の
分譲地です


日当たりc


地方都市によくある
分譲地の形ですね



これより田舎だと
周りは畑で
日射の影響は何もないとか


都会だと
6メートル道路が取れない場合も出て来ますが



このNo.5と6の家


この南向きの家に関しては
13メートルは簡単に取れます




普通に間取りを作るなら


日当たりd


我が家もそうですが
南向きなら
家を奥にして
手前に駐車場が多いと思います




我が家も
目の前には6メートル道路がありますが


日当たりe


私が立っている場所が
10メートルです


我が家の土地は64坪で
奥に建物、手前が駐車場ですが


庭と駐車場の部分が7メートルあって
6メートル道路の半分の位置に立っているので
10メートルですね



当然、道路には建物はないので
7メートルの庭と6メートルの道路で
13メートルは確保出来ます



まあ我が家の場合は

日当たりf


30メートル以上は確保出来ますが(笑)



仮に1階南側の
窓2つが建物の影で隠れたり
北側で日射取得が出来ないと



1つの窓で600w程の
太陽からの放射エネルギーなので


2つの窓で1200wの
エネルギーが入りませんから


光熱費換算だと1ヶ月6,000円位は
違ってきますね



それほど
南側の日射というのは
エネルギーを取得出来ます


その分
夏の暑さも凄いので



予算があるなら軒を深くして
対策ですね



「すだれ」や「シェード」でも
いいですし



うちは共働きで
普段は昼間誰もいないので




https://reogress.net/archives/21626048.html


シャッター閉めたりして
対策する場合もあります




毎日だと面倒なので
電動にすりゃ良かったと思いますが・・・



結局今シーズンからは
ずっと「すだれ」をしてますし





・自分の建物の影にも注意



上記の他人の影は


隣家から近いとか
土地によってはどうしても
出てしまう場合もありますが



自分の建物で
エネルギーロスするのも
勿体ないですね



例えば
これが我が家の間取り


日当たりg


凸凹していますが




太陽が真南に来た時の
影の影響は


日当たりh


これも12月のシミュレーションですが


この形ではLDKには
何も影響ありませんけど




こちらは
タマホームの営業さんが
作ってくれた間取り


日当たりi


凸凹が逆なので
これでシミューレートすると





日当たりj


一番太陽がいい位置の時に
影響が出る形になっちゃっています


さらに南東側には
窓を付けていませんし



この辺が日当たりを考えている人と
そうじゃない人の間取りの差かもしれませんが


勿体ないですからね



どうしてもしたい間取りや
プライバシーの確保、隣家の影響など
事情があるなら別ですが


そうじゃなければ
わざわざこの作りにする必要はないですね





・経済性か利便性か・・・




南向きで目の前に6メートル道路があれば
まず問題ないですが


日当たりk


最初に売れて「済」な土地とか
No.1の土地など


北向きで
南側に家がある場合ですね




地方でよくある
駐車場は2台という間取りで考えると




仮にNo1の土地を買うとして
当然南側の家は

日当たり1


このように上に
建物を配置するので





一番日射効率だけを考えたら

日当たり2


自分も北側に配置ですが
これでも10メートルは取れませんし



なにしろ車も止めれませんし
道路側でうるさいし普通はしませんね(笑)





なので
まずはパターン①

日当たり4


オーソドックスな配置
南側の家と隣接するパターンです



これだと車の出し入れはしやすいですが
全然日が入りませんね



この配置なら
少しでも日が入るように
2階リビングも考えた方がいいです




後は
パターン②

日当たり3


建物を左に寄せる
縦列駐車パターンです



これだと車の出し入れは
大変な時がありますが


東側の日が取れるので
少しは変わりますけど



それでも南側の家の影響が
大きすぎますからね




私なら
日が当たらなくても
縦列駐車は絶対に嫌なので
パターン①にすると思いますけど




ぶっちゃけ
こういう土地は最初から選ばないですね・・・



例えば
希望の土地範囲が狭かったりして


なかなか希望通りの
土地が出ない場合もありますし
凄いお得な金額だったりで


考える場合もあると思いますが・・・



この辺は予算と好みだと思います





私の土地なんか






線路沿いですから
絶対に嫌って人多いですけど(笑)



私は隣家が絶対に建たないし
13メートルどころか


30メートルは線路のおかげで
何も無いので気に入っていますけどね










・日射と陽射しは別物です



デザイナーハウスとか
よく考えられたデザインとかは


日当たりp


北向きでも明るく作れたり
色々と凝ったデザインもありますが



その点はローコスト住宅だと苦手ですけど



どんなに頑張っても
陽射しはとにかく
やはり日射は取れません



暗いのを明るくする陽射しは


北、東からでも
ある程度取り込めますが




太陽からの放射エネルギーに関しては
やはり南向きじゃないと
余り取れません



冬の光熱費で
ワンシーズン30,000円変わるとしたら


30年間で900,000円違いますから



分譲地とか
南向きの方が高いですけど
金額によっては



気持ちいいとか住みやすい以外に
単純にお金の面でも
長い目で見れば
元が取れるかもしれません



特に今の家は断熱も気密もいいですからね


うまく昼の日射を取り込めれば
夜の間も熱をかなりキープするので
かなりの光熱費削減になります





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年04月14日







今年(2021年)は3年に1回ある
固定資産税の評価替えの年です


簡単に言うと


固定資産税は
土地と家の価値がどれくらいかで
税額が決まりますが


「毎年なんて忙しくて変更出来ないよ」って事で



基本は3年に1回だけ更新されて
今年は改定する年なので金額が変わりますが



来年と再来年は同じ金額になります




さらに今年は
コロナウイルスの特例があって


固定資産税a


コロナで生活が大変な人も多いので



「土地の評価が前回より
上がった分は据え置きにしますね」って事ですね





まあ、近所の地価を見ると


固定資産税b



バブル時代以降


土地評価額はずっと下がっているので
地方だと上がることはなさそうですが



そして今年はPayPay払いにして
去年は0.5%還元でしたが


今年は1%還元になりました


後述しますが
頑張ればMAX1.5%還元まで可能です





・ローコスト住宅な我が家の固定資産税はいくら?



我が家はすでに3年間の
固定資産税半額は終わっていて



これが今年の納付書です


固定資産税c


143,300円ですね



次の評価替えは3年後なので
3年間はこの金額です



初めての評価替えでしたので
「それなりに下がるかな」と思いましたが


相変わらず意味不明に
結構取られますね


実際に売ったら
築4年ってだけで
かなり値下がりしちゃうんですけどね・・・




ちなみにこれが去年の
固定資産税


固定資産税d


156,800円でした



評価替えで3年前の評価と比べて
13,500円下がりました



土地の価格は据え置きですが


家の価値が8,012,230円から
7,221,690円と79万円ほど下がりました




正直もっと減るのかなと思いましたが
全然減りませんね・・・



3年で約10分の1下がったので



「家の税金なんてタダみたいなもん」って言うのは
築30年は経たないとダメみたいです





・PayPayで1%キャッシュバックを受ける




今は、ほとんどの自治体で
PayPayやクレジットカードでの支払いが可能です




私の住んでいる甲府市でも

固定資産税e


PayPayもクレジットカードも使えますが





クレジットカードの場合は

固定資産税f


システム利用料ってのが1%かかるので



楽天カードとかで1%還元されても
意味が無いので



今回はPayPayで1%還元を狙います



・・・・・
・・・・
・・・
・・


税金の場合
キャンペーンとかは対象外ですから



基本はPayPayの0.5%還元しかありませんが


固定資産税g



前の月の
PayPayステップを上げておくと
最大1.5%還元まで可能です





・先月に50回以上利用するか

・10万円以上利用すると


0.5%追加されて1%になります


どちらもクリアしたら1.5%還元ですね





こちらが先月のPayPay使用履歴


固定資産税h



固定資産税の1%バックに向けて
50回以上利用しました(笑)



先月はPayPayジャンボとか
セブンイレブンのキャンペーンもあったので


私は仕事の時の昼食はコンビニですし


後はタバコをカートン買いから
バラで買えば簡単にクリア出来ました



後36,000円使えば
1.5%還元でしたけど
無駄な物買っても損ですしね・・・


還元額以上に損したら意味無いです





ちなみにPayPay支払いの場合は
非常に楽で全て家で出来ます


というか
コンビニに持って行って
「PayPayで」と言っても出来ません・・




まずは
チャージします


固定資産税i


銀行からチャージ出来ない人は
コンビニなどで入金するしかないですが・・・





そうしたら
PayPayアプリを起動させて
スキャンを選んで


固定資産税j


バーコードを読み取ると





固定資産税k


支払い完了で
1%還元されています





4期分全部支払って


固定資産税L


143,300円なので

1,433円キャッシュバックされました










・固定資産税から値段に見合った家か調べる事が出来る



価値があれば
固定資産税も上がるので



単純に高い家は
税金も高いのですが




土地の評価額は一律で
購入金額が600万円でしたが

固定資産税m

200平米なので60.5坪以下は6分の1
それ以上は3分の1になります



なので
評価額が1,033,866円になっていますが



将来リニアモーターカーとか
開通したら爆上げするかもしれません(笑)




家屋の方は計算が複雑で


固定資産税n


我が家の請負金額は
17,383,610円です



これは付帯工事費なども含めた総額ですね




ここから一律0.7を掛けて
公示額というのを出します



我が家の場合は
17,383,610×0.7=12,168,527円が公示額です



ここから調査員が色々と調べて
0.5~0.7までの数値を掛けます



・仮に0.5なら
 12,168,527×0.5=6,084,263円


・0.7なら
 12,168,527×0.7=8,517,968円


0.5~0.7の範囲でしか決めれないので



「この家、請負金額の割に安っぽい」
判断されたら0.5になりますし


「この家、値段の割にいいな」と判断したら
0.7になります



家屋調査に協力しないと
書類でしか判断出来ないので
0.7と一番高くなるらしいので


ちゃんと協力した方がいいですね・・・



我が家は
0.658なので
割といい評価みたいでした



もちろん躯体とか内部とか気密は
調べないので



太陽光に瓦屋根とか
そういう部分が大きいですけど



ただ、評価がいいと
税金が上がるので
単純に喜べないですが(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村











2021年04月12日







前回記事の


間取りを自分で作るか
設計士さんに任せるかという問題ですが









間取りを誰が作る以前の問題で



世の中には
間取りが完成する前に


契約や仮契約をさせられるハウスメーカーや
工務店もあります





私の場合は


・土地が決まって

・間取りが確定してから




ハウスメーカーと契約しましたが

土地a


これが契約時に
出来ていた間取り案で





土地b


これが着工時ですね



ほとんど同じですが



世の中には
契約前に間取りは作らないという



施主さんに
不利なハウスメーカーもありまして・・・




他にも
「間取り作成は有料」って会社もありますね





間取り、プラン作成が無料なら


契約をしないと
1円の利益にもなりませんから



ハウスメーカーさんや
工務店さんの気持ちも分かりますが






私の個人的な意見としては



「この家が欲しいから契約します」
注文する物なので



土地や間取りが確定する前から
契約しなくてはいけないメーカーなんて


「こちらからお断りだ」って
意見ですけど(笑)




それなら間取り有料とかに
して頂いた方がいいですね



相性が悪ければ
間取り作成の実費だけの損害で済みますし





「契約したけど
全然希望じゃない家が建った」というのが


一番悲惨だと思いますから




そうは言っても
どうしても
そのメーカーで
建てたいという人や



建築条件付土地で
ハウスメーカーが
決まってるという人もいますので



そういった際の
注意点を書いていきます





・土地が決まる前に思い込みはやめよう




私が契約した流れで言うと


・まずはハウスメーカーに行く
    ↓
・仮で間取りを作る
    ↓
・色々と詰めながら土地探し
    ↓
・土地が決まったら
 その土地で建てれるかどうか
 土地に合うように変更
    ↓
・何度か打ち合わせをして
 土地、間取りが確定したら
 ここで初めて契約


この流れでした



私が欲しい
理想の土地としては




南面に窓が大きく取れて
庭もあってそこで遊べる家

それでもちろん安い事(笑)


https://reogress.net/archives/25785528.html



そんなイメージで
間取りも作っていったので


この土地を見つけた時は
即押さえをしました



設計士さんも
見に来てくれて





今の希望の間取りで
家の作りも
周りの環境も問題ないという事で


土地c

(前面に掃き出し窓いっぱい)



目の前の道路は
我が家以外誰も通らないので



とにかく解放感重視という
このように想像通りになっていますけど





仮に、土地が


土地d



このような
道路沿いで



周りの8世帯から見られて

目の前にも家があると



掃き出し窓4つなんて
設置出来ませんし


この土地だったら
北側リビングにする位に
変えるかもしれません



変更するのは
全然構いませんが




土地、予算、間取りなどなど
この辺が確定してないで
最初に設計士さんが間取りを作って



それが素晴らしかった場合




でも、土地や周りの状況を考えないで


その土地には合わない
家を作ってしまったら



・せっかくの窓が
 1日中カーテンしっぱなしとか


・遊べない庭とか
 色々と出てくる可能性があります



特にデザイン住宅で
最初にデザインありきで作ったりすると



土地に合わせた家が
作られない可能性も出て来ます



土地や家庭環境
ライフスタイルに合わせないと




例えばこちらの
オシャレな図書館ですが

土地e


まさにデザインありきで
土地や使用目的を
良く考えなかったんでしょうか・・・





土地f


日差しを浴びて
本がボロボロになってしまいました




これって
明らかな失敗なのに


「建物はいいのに」という
意見があるみたいですが



これって
生活に置き換えたら
「家はいいけど住みにくい」って事ですから




こんなのが
「建物がいい」なんて事はありません




ちなみに
「最近の図書館ってガラス張りが多いなぁ」
色々と話を聞いたら



昔の白熱灯や蛍光灯は
本のダメージが凄くて
それならガラス張りのがマシらしいのですが




住宅系ブログを書いてる身としては



うまく遮熱とかUVカットガラスとか
その辺対処出来そうな物だと思うのですが





まあ、家に置き換えたら
これは失敗作ですね・・・




どんなに家が良くても
住みにくかったら何の意味もありません



デザインも大事ですけど
住みやすい家の方がずっと大事です




その為には
土地が決まる前や
間取りが決まる前に


契約するってのは
施主さんにとって凄い不利ですよね



なかには
「契約後にいくらでも変更できます」なんて
甘い事で契約して



いざ契約したら
2~3回の打ち合わせで着工という


後悔ばかりの家が出来る事例もあります





・間取りが確定する前に契約って・・・



契約後に
若干の変更なら


みなさん変えてると思いますし
我が家も変えましたが



中には
「間取り作成は契約後」って
工務店もありますね



そういう場合は
そのメーカーに心酔していないと
契約もしないでしょうけど



ちょっと私には無理ですね・・・



・オーダーメイドの服や

・カスタムカーなど



注文の段階では
実際の商品が無い物も多いですけど



それにしたって
「こういう物を作ります」と分かってから
契約をします



「こういう家を作ります」が無い状態で
契約されるのって



「ここの会社なら大丈夫」って
思わないと無理でしょうから



逆に言えば
そういう会社を
見つけられた人なんでしょうけど



ちょっと凄いですね・・・



・・・・・
・・・・
・・・
・・


とはいえ
これはまだいい例というか


何でも契約前に
無料で作っていて


最終的に
他の会社で建てたら1円の利益もないですから





「うちは契約前に
間取りは作りません」とか


「間取り作成は有料です」って



最初から言ってる工務店さんは
それなりのポリシーもあって



施主さん全員が
契約後に間取り作成という
ルールがある会社なら



契約後に間取りを作れる
流れが会社にあるわけです





※ここからが
 重要なのですが




一番タチが悪いのが


「間取りなんて後から
いくらも変更出来ますから」


「とりあえずキャンペーンがあるので
今のうちに契約しましょう」


とかですね・・・


営業さんの一人歩きで
とりあえず契約しちゃったパターンですね



社内に契約後に
一から作成ってルールが無ければ


当然ですが
時間がありません・・・



こういうとこは
契約後に

「もう着工しないと無理です」とか言われて



満足に打ち合わせが終わらないまま
着工してしまう場合があります・・・


だいたい、納得してないのに
とりあえず契約なんて流れで


満足出来る家は
作れないと思います








・土地が決まる前の契約は「普通はありえません」



土地が決まらなければ
希望の家が建つか
どうかも分かりませんし



普通は
どのメーカーも契約なんて
話はまだ出ないと思いますが



実際「空中契約」と言って
土地の売買前に建物の請負契約するメーカーが
一部あるそうです



はっきり言って
これを勧められた時点で


そのメーカーはロクなもんじゃないと
思って契約しない事をオススメします



普通の営業さんや
設計士さんなら



「土地が決まらないと
これが建つか分かりませんけどね」って
言います



・・・・・
・・・・
・・・
・・


もちろん特別な事情があるなら別ですが


例えば、山梨だと
田舎なので


農地転用という



農地として使ってた土地に
家を建てるのは


色々な役所の許可が
必要な場合がありますが



こちらの審査は
ハウスメーカーが決まってないと
いけません・・・



なので土地が決まる前に
契約しておくしかありません




後は建築条件付土地ですね


当然
土地の契約=ハウスメーカーも決定します



こういった場合は仕方ないですが
別々に購入する場合に


通常は土地→家の順番の方が
トラブルも避けられます



実際、農地転用の申請も
建築条件土地も
「ここの土地」ってのは
決まっているわけですからね



とはいえ
「じゃあ最初に土地を選ぼう」って訳にも
いかないのが


次の理由です










・土地と家はほぼセットで買う



「土地は現金で買います」って人なら


固定資産税の問題はありますけど


なんなら、最初にゆっくり
土地を選んで
その後ハウスメーカーに
行ってもいいんですが




家も土地代も
一緒に住宅ローンで払いたいって場合は



ハウスメーカーと契約して



住宅ローンの
「つなぎ融資」を受けないとなりません




実際、我が家は
「この土地が欲しい」と決まった時は


まだ3社と
打ち合わせをしていました



そして、土地が決まったら
支払いですが


住宅ローンのつなぎ融資で
払うなら



この段階では
ハウスメーカーと請負契約してないと
いけませんから



時間的には
ほぼ同じタイミングで買う感じですね



土地の契約から
決裁までは
通常1ヶ月~1ヶ月半が多いですから



・その間に
 ハウスメーカーを決めて契約をして


・住宅ローンの審査に合格して
 つなぎ融資で土地代を
 用意しないといけません


なので
土地が決まらないと
理想の家が建てれないのは
もちろんなのですが



土地が決まってから
作り始めるでは


期間的に間に合いません





家作りの期間では
一番忙しくなる時期で



休みはもちろん


平日も仕事終わりに打ち合わせ


子供が小さかったら
遊びにも行けずに


とにかく大変なので



「もうなんでもいいや」って人も
出て来ますが



ここで不利な契約を
結んでしまうと後悔してしまいます・・・



この時期が
一生満足出来る家が
作れるかどうかなので



是非頑張って欲しいです





PVアクセスランキング にほんブログ村



2020年10月09日







転勤が多いとか
独り身とか
社宅だと補助が出るとか



色々な事情があるので



持家がいいか
賃貸がいいかって答えは


「家庭環境による」としか
答えられませんが






最近「戸建てを買うのは損」という
理由の中に



「将来は空家ばかりになるのに
何故家を買うのか」とか




「空家率が30%を超して
家の価値なんてなくなる」という



ブログやツイートを見たのですが



なんでしょうか・・・



世の中空き家だらけになると
タダで家と土地を
貰えるのでしょうか?







・何故人口が減ると家の価値が下がるのか?




こちらは人口の予測です


空き家a



2004年をピークに
減っていく予測ですね




まあ過去に何度も
予測を外してはいますから
100年後とかは分かりませんが




少なくとも
ここ20~30年は
間違いなく下がると思います






「家なんてタダ当然になる」派の意見だと



2050年には
1億人を割って


「買う人が減るから」



土地の価値
家の価値が下がるという事ですが




じゃあ実際に
日本が1億人を突破したのが



昭和41年で



その時に
土地が安かったかと言えば



貨幣価値が違いますけど



当然当時だって
土地や家は
簡単には
買えなかったわけですね




むしろ昔の方が
「夢のマイホーム」って
言葉があった位です






・空き家が増えるから家を買うのは損の言い分





なんとなく
イメージでは分かるんですよ



人が減る=家と土地が余る




余るから格安で買えるというのは
想像しやすいですから



だた、ちょっと
深く考えてもらうと




昔の人口が
少なかった時代に
格安で買えたかというと



当然そんな事は無く・・・





常に土地の相場ってものがあって

空き家b


バブル崩壊~失われた〇〇年とか
ありますから




昭和58年でも
今よりも倍以上の値段しますが




景気で土地や家は
左右されますけど



人口が減るから
下がるってのは
今の所ないですよね




経済には詳しくないので
アベノミクスってのが
どうなのかは不明ですが




人口は毎年減っていますが



ここ数年は
土地の値段は若干上がったわけですから
(今年はコロナの影響で下がりましたけど・・・)




しかも1億総中流なんて
言われていた時代と違って



今は普通に
金持ちはさらに金持ちの世の中で




法律も変わって
大きな店舗だって
簡単に作れるようになりました





コストコ1つの大きさで


普通の戸建てなら
200~300軒以上建つと思いますが




要は


土地や家を売る人は
誰に売ったって自由ですから




人口減、空き家増加で
簡単に空き家が
手に入るって事ではないですよね




空き家c


レオハウス甲府店付近の地図ですが
昔と違って
大きなテナントばかりですね




欲しい個人の数は
減るかもしれませんが



だからって土地の価値が
下がるのとは別物ですね




もしかしたら
移民を受け入れて
欲しい個人の数すら
増える可能性もありますし



人口減で
村が消滅など出てきたら



便利に住める場所は結局
欲しい人は変わらないって可能性もあります




実際に23区内は
人口が増えていますし



空き家1


実際に世田谷区だけで
5万戸もあるのですが
土地代って下がっていません





資産家の取得権益を守るためなのか
分かりませんけど



結局安く売る人が増えない限り
値段は下がりませんね・・・














・ついでに賃貸の方が得について



最初に言いましたが



賃貸か戸建てかは
その人のライフスタイルなので
どちらが得とかないですけど




こちらも
「高齢化、人口減で借りる人が
少なくなるから安く借りれる」
とか



言う人がいますが


高齢化で大家さんが
アパート経営やめて



「イオンに売っちゃえとか」





色々と可能性はあるわけです


空き家d



大家さんだって
商売ですから




儲けが出ないと
思ったら
アパート経営止める人だって
たくさん出て来ます





「借り手が少なくなるから
将来は老人でも誰でも安く貸すはず」って
言う人も多いですけど




貸し手が賃貸経営
やめるって事を
考慮していないんですね




「35年間も住宅ローンなんて
バカらしい」


「よく借りれる」なんて言う人もいますけど




ちょっと勘違いしているのですが




この超低金利の中で
35年間という長い期間の融資を
認められたという事です



サラリーマンなら
住宅ローン減税もありますから



実質利息ゼロの人も
たくさんいますね



そもそも
別に繰り上げしてもいいんですから


何も35年間
借りて無くてもいいのですが




実際に借りようと
検討してない人には



減税とかで得をする
システムが分かってないんだと思います






確かに家を買えば

・ハウスメーカー
・銀行


この2つの利益の為に
働く事にはなるのですが





賃貸だったら

・ハウスメーカー
・銀行


に加えて


・大家さん


の利益も
こっちが払うんですから




そもそも将来の人口とかで
損得言うのはおかしいと思います




「賃貸は固定資産税要らないから得」
って言っても


大家さんが払う固定資産税を
家賃で払っているだけです・・・





いつも言ってますが



大家さんとか
景気とかアテにせず



欲しいと思った時が
買い時です





快適に楽しく過ごせる
ツールですから


「35年もローン払うのばからしい」って言っても



賃貸にしたって
生きていれば
同じ年数
家賃は払いますからね



それこそ
コスパだけを考えたら


我が家みたいに
家賃より安い新築も作れますし





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年09月04日







好みの土地は人それぞれで


当然、職場や予算
趣味などでも変わってきますが







どのような場合でも



「あの土地なかなか良かったなぁ」
考えていたら




他の人が既に購入申し込みをしていた
というのはあります




土地は1点物ですから



例えるなら
希望即決価格があるヤフオクと同じです




かといって
急ぎすぎて
何も調べずに購入したら



後で大変な事になった・・・



という可能性もあるので





実際に、我が家の場合は
土地見学から



わずか3時間で購入申し込みをしたので




その間に何をしたのかを
書いていきます





・まずは土地発見までの簡単な流れ




既に何件か土地を見ていましたが・・・



色んなハウスメーカーや工務店さんから
土地も探してもらっていて



何件か現地に見に行きましたが



どれも「これだ」という
土地が無い状態でした



だいたい
どこも似たような土地をというか
同じ土地を提案したり




「掘り出し物件ですよ」
言われて紹介された土地も
普通にスーモに出ていたりと



ハウスメーカーから
紹介されて土地を購入すれば



そのメーカーで
家を買う確率は
かなり上がるので



各社頑張っては頂きましたが


どれも「うーん・・・」という状態でした






購入した土地を見た日は
土曜日で休日だったので




昼に他のハウスメーカーと
打ち合わせを
していました



当時、妻は育休中だったので
ネットを見る時間は結構あったのですが



夕方くらいに



「ここいいんじゃない?」
見せて貰ったのが


土地a



地元の不動産屋のサイトで




スーモなどには出ていなくて
このサイトのみ載っていました





妻は既に前日
一人で見ており
かなり良かったという事でした




こちらは後で分かりましたが




元々違う不動産屋の仲介でしたが
そこはネットなどで出しておらず





販売方法と言ったら
現地の「売り地」の看板のみだったので




売れずに
他の不動産屋にも話しをかけていた
状態という事で




1,2週間したら
スーモなどにも出たかもしれませんね




そもそも道路に面してないし
行き止まりなので看板見る人なんて
いないと思いますが・・・




住んでいる場所から5分かかりませんので
場所も分かったため



特に不動産屋に電話もせずに
夕方の4時位に直接見学に行きました






・「欲しい土地を見つけて」最初にした事





「とりあえず見に行こう」
現地に行くと


土地b


「お、これはいいんじゃない!」




気に入る理由は
人それぞれですけど



・道が広い


・3件の分譲地用の道路なので
 この道路を使うのは3家族分


・さらに行き止まりなので家の前は
 絶対に車が通らない


・線路沿いなので土地が相場の4割引


・隣は線路なので家は建たないし
 正面は地主さんの畑なので
 開放感が凄い




などなどあって


唯一の不安点だった
線路沿いも


そもそも前に住んでいた
アパートも線路沿いだったので


音に関しては
大丈夫なのは分かっていました





「売地」という看板に
不動産屋の電話番号もあったので



すぐに電話する事も可能でしたが
直接地主さんと会いました





ちなみに売地に3つほど生えてる


土地b-2


ホウキの木らしいのですが


地主さんの奥様が
売れるまで趣味で育てているという




なかなかアットホームな土地です(笑)






・その場で「とりあえず」土地を抑える事に成功




土地を見ていて
15分ほど経過した時に


「ここの土地見に来たの?」


と話しかけてきたのが


地主さんの奥様です





元々この辺り一帯が
地主さんの畑だったのですが


高齢化で自分の家と
趣味の範囲で出来る畑と
近所に貸している駐車場以外を
売りに出していて



2軒分の分譲地になって
そのうち1つを購入したのですが




ちょっと分かりにくいのですが
図にすると


土地c


こんな感じで
売っている土地を普通に通って
畑に行っていたので



土地を見ていたら
普通に出会って



畑で採れた野菜もくれました




かなり気に入った土地なので
その場で即決したいくらいですが



欲しいのは「土地」じゃなくて



下水道が引き込んであるかとかは
見れば分かりますが



「家がちゃんと建つ土地」が必要なので
まずは検討しているハウスメーカーに連絡です






・3社に連絡の結果・・・




色々なハウスメーカーや工務店のサイトで


「土地探しはハウスメーカー(工務店)
まかせた方がいい」と書いてある理由は




パッと見良さそうな土地でも



色々な理由があって
希望の家が建たない土地では
意味が無いですから




その為に
家を建てる方にも
見に来てもらわないといけません




とりあえず
その場で




検討中だった
ハウスメーカー3社に連絡して



①仕事の紹介で知ったハウスメーカー
②レオハウス
③タマホーム


この順番に電話をして




①は明日見に行くので
詳しい場所を教えて欲しいと言われ




②レオハウスは
「今から設計士連れて行くから
1時間程待てる?」と言われ



③タマホームは
次の打ち合わせ
(1週間後)までには
現地に伺いますと言われました




なので
その場で来れたのは


レオハウスの営業さんと
設計士さんなのですが



この辺が
「この人頭切れるなぁ」
思っていた営業さんなので




ここで
一番最初に来れば




一気に契約に向かうってのが
分かったのか




たまたま暇だったのかは
分かりませんが(笑)



まあ土曜の夕方に
暇は営業さんも
そんなにいないと思いますが(笑)




営業さんは1時間弱で
現地に着きました



設計士さんも
一緒に来たので



希望の家を作るのに
問題が無い事が分かって





営業さんは
妻が見つけてきた土地なので



必要以上に
「いやー、これだけの土地を
この価格で見つけるなんて凄いですねぇ」



ホストクラブ並みに
妻を褒めて(笑)





「じゃあ、とりあえず
仮押さえしよう」という話になりました












・地主さんの提案はお断りしました





希望の土地の近くに売主さんが
住んでいるので



その場で
「この土地が欲しいから押さえて欲しい」
という話をします




既に買主(私)と
売主さんで直接話をしてますから



地主さんは
不動産会社を通さずに
直接売買したいと言ってきました



間に入っている
仲介の不動産屋を通さなければ



売主、買主とも
仲介手数料は払わなくてすむわけです





600万円の3%+6万円が手数料ですから

24万円ですね




まあそこそこ大きい金額です




その場にいたレオハウスの営業さんは
「それは止めた方がいい」と止めます




間に不動産会社が入らないと言う事は
トラブルになった際に問題が起こります


・境界線が違った
・地中に問題があった

などなどですが


地中のトラブルなんて
仕事上割と経験ありますので




正直、地主さん個人が
ちゃんと契約書を作れる方なら




個人売買でもいいかなぁと思いましたが
その点は分からないという事で



その場で不動産屋さんに電話して


その場で契約したいから
押さえて欲しいと伝えました




翌日は違うハウスメーカーの
打ち合わせで



住宅展示場に行くので
「じゃあ明日そこに行くよー」って話になりました







・売買契約前にする事




「この土地いいんじゃない?」


「じゃあ見に行こう」



からスタートして
わずか3時間で
ここまで話が進んで



「本当に土地って
巡り合わせだなぁ」と思いましたが





翌日は不動産屋が来ますので
それまでに土地のチェックです




ハザードマップ見たりですね




まあ生まれた場所も住んでいた場所も
全部すぐ近くなので



問題ない場所なのはなんとなく
分かっていましたが



一通りチェックして
問題なかったので
翌日仮押さえの
申し込み書にサインをしました



その後は何も問題なく
「いい土地が買えた」と思っていますが





最初に土地を見てから
購入するまでに
大事なチェック項目を振り返ります






・土地を買う際のチェック項目を振り返る




①当たり前ですが価格


何件も見て
「ここもイマイチ」なんて疲れてくると


「ちょっと予算オーバーだけど
まあいいか」という思考になりがちですが



当然ですが家を建てる為に
土地を買っただけですから


正直やっとスタートラインです


車を買いに行くのに服を
買ったような物ですから



ここで無茶しちゃうと
家のあらゆるものを削らないとならないので
大変だし楽しくありません



我が家は予定は1,000万円位でしたが
(この辺の相場)


600万円で土地が買えたので
随分楽になりました








②ハウスメーカーに確認してもらう



家を建てる為の土地ですから
建てるプロに見てもらった方が間違いありません



出来れば営業さんだけじゃなく
設計士さんも見てくれれば

「実は〇〇が〇〇なのでダメでした」とか
防げると思います






③地盤改良が必要かどうか




これは見た目だけで
全部が分かるわけはないのですが



ある程度可能性は減らせます









・昔は沼や田んぼだった
・造成したばかり

などなどの原因ですね








こちらで検索するだけでも
ある程度の可能性だけなら分かると思います







④水害やがけ崩れなどの危険性


こちらはハザードマップを
必ずチェックですね


この辺は必須のチェック項目だと思います





・土地の境界線とか


・高低が付いていて
 追加予算が必要とかもありますが




この辺はまず
検討しているハウスメーカーの方に
見てもらった方が間違いがないです






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






















2020年07月08日






また大規模な
水害が発生してしまいました・・・




そして今回も


洪水a


ほぼハザードマップ通りの
最大被害でしたから




「何故、そんな場所に住むんだろう」という
疑問がある人もいると思いますが



私も3年前に
土地を購入しましたので



そういう土地を選んでしまう
理由も分かりますが




やはり
「避けれるべき災害」ですから




出来る限り
そういう土地を選ばないというのが
大前提です







・簡単に対処出来る水害対策ですが




ニュースのインタビューなども
色々流れていましたが



被害に合った方も



「まさか、こんな事になるとは・・・」という
感想が多いですが


洪水b


各自治体に
ハザードマップを作成義務が出たのが
平成18年です





洪水c


こちらの平成16年の水害以降ですね




つまり15年前までは


元々危険って思われる
自治体以外は
ハザードマップが無かったので



私の親なんかは
「〇〇の辺は止めとけ」とか



言いますけど



昔から住んでいる人じゃなければ
その辺は分かりませんし


洪水d


同じ川沿いでも
標高や川の作りによって



右側は危険だけど
反対側は水害が無いって
場所もあります



親から受け継いだ土地とか


昔からの農家でしたら
水のために川沿いに住むとか


もしくは15年より前で
ハザードマップの存在前に
土地を購入したなどがありますが




今でも
普通に浸水10メートル地域の
土地を購入する人もいます






・何故、今でも水害10メートル地域に家を建てるのか



私も土地を購入した時は
色々と調べて



もちろん購入前に
ハザードマップも見ました

洪水e

ピンポイントで住所は
言えませんが



この〇の中


最大浸水が0.5メートルと
3メートルの間くらいにありますので




とりあえず1,000年に一度の
大災害でも
2階までは上がってこないので
命はどうにか助かります



最大浸水0.5メートルなら
床下浸水で終わります



しかし、仮に危険な地域でも
通常不動産屋も商売ですから



「ここは水害が危険だよ」なんて
言わないと思いますし


洪水f



こちらのニュースサイトだと
原因は不動産会社のせいって言っていますが




仮にハザードマップを調べて
「ここは最大浸水10メートルなんだよ」
分かっていても


購入する人もいます








ちなみに今回の水害を受けて



canvas




ハザードマップの危険地域は
「告知義務」が来年から出来るそうです







・誰にでもある「正常性バイアス」に注意




「人は誰でも
都合の悪い情報を無視する、または過小評価する」


洪水g



というのが
正常性バイアスです





特に土地選びの際は


・どうしても学校の通学範囲内
・職場への通勤時間
・近くの商店や病院などの距離



などなど


色々な購入条件が入り


さらには
「出来れば安く」という心理も働きます





我が家の土地も







妻が見つけてきて


「見た瞬間ここにしよう」
思った位に気に入って



もちろん既にハザードマップはありましたから
確認して問題なかったので



購入しましたが



仮に購入前に
ここが10メートルの地域だったと
分かった場合


・値段はお得
・見晴らしもよくいつでもカーテンを開けっ放しに出来る
・行き止まりなので子供が庭で遊んでも安心



などなど一瞬で気に入った土地ですから
色々と気に入ったポイントがあって


仮に10メートルの地域だった場合でも



「みんな何十年もここに住んでるから大丈夫だろう」


っていう正常性バイアスが働く可能性があります




この土地は私と隣家の2世帯しか
前の道路は使わずに


さらに我が家の方が奥ですから
本当に車が通りません


仮に10メートル地域と
購入前に分かった場合に


「来ないかもしれない大洪水よりも
車が来ない方が安全」


自分を正当化して購入したかもしれません





・正常性バイアスを無くす方法



はっきり言って
上記のような場合


何を言っても購入する人もいると思いますし



私も購入した可能性はあります





通常土地を購入する流れは


洪水h


こういうチラシだったり





洪水i



こういうネットだったりします



この段階では

「なんとなく良さそう」と思ったり


「ここはちょっと・・・」など
思いますが



せいぜい、学校まで何分とか
スーパーに近いとか


その程度の情報しかありません




私も妻に勧められて
現地に行くまでは


「線路沿いでしょー」って
乗り気じゃなかったですから



そして
この状態でハザードマップを見れば



正常性バイアスが働く前に
買わなくて済みます



私も現地を見てから
ハザードマップを見たので
人の事は言えませんが



一回現地見て気に入っていたら


特に数か所見て
「どこもいい土地が無い」
うんざりしていたら



仮に10メートル地域でも
購入したかもしれませんが



地震までは分かりませんが


水害だけなら
最大浸水0.5メートル以下の
土地を選べば完全に防げますし



1~2メートルなら
家は被害を受けますが
命は助かります



私の住んでいる甲府市だと
基本は標高が高いのですが




南側に行くと


洪水j


一部に5メートルから
10メートルという地域がありますが





航空写真を見ると


洪水k


住居も多いですし
土地も売っています


うちの親世代だと
「そっちに住むな」って言いますし


私も最初から
こっちは地盤がいいイメージがないので
考慮しませんでしたが





都会はともかく
田舎の地域だと


中心部周辺は

・色々と衰退していて

・道幅も狭くで曲がっているけど



こういう地域は
昔は人が住めなかったので


・今は道路も整備されて道幅も広くて
 まっすぐだったり


・ニュータウンですから
 住みやすかったりします




土地勘の無い人が
この土地の現地を見て



気に入ったから
「まあ洪水は大丈夫だろう」
買ってしまう気持ちも分かりますが




最初にハザードマップを見て
取捨選択すれば
かなり防げるかと思います



農家でも無ければ
今から土地を買うなら
そこじゃないとダメって
理由も少ないですからね












・逃げ遅れが多いらしい



「すぐに避難所に行けば
命は助かったのに」



思いがちですが



洪水L


寝て起きたら
避難所に行けないとか


気が付いたら
外に出る方が危険って事もあります



私だって
実際にその立場になったら
ちゃんと避難できるかは分かりませんが



何かしら事情があって
どうしてもそういった地域に
家を建てるのでしたら


・平屋よりは2階

・2階よりは3階の方が安全性は増します



普通の2階建ての
屋根部分は8~9メートルありますから



最大浸水が3メートルなら
基礎高考えたら


2階建ての2階部分までは
水は来ませんから



そのような地域は
なるべく高く作ったほうが
安全ですね





とはいえ
やはり最大浸水10メートルなんて
地域は避けれるなら
避けた方が無難だと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング























2020年06月20日






土地を購入する前に
地盤改良が必要かどうか
分かれば便利ですが



今回はその可能性をかなり上げる事が
出来るかもという記事です





通常の流れだと


・土地購入
  ↓
・地盤調査、地盤改良
  ↓
・着工開始


この流れなので




もし地盤改良が必要でしたら
100万~300万円の
費用がかかる可能性もあるので



一気にオプション費用削ろうとか
予算が大変になります





地盤改良以外にも




そもそもその土地が
揺れやすい土地かどうかや
災害の問題などあるので




私は過去記事にも書いていますが


・耐震の家作りが半分
・地震に強い土地選びが半分だと思っています









・強い地盤の耐震等級1の方が
・弱い地盤の耐震等級3よりも
地震に強い事は当然あります



もちろんベストは
強い地盤で
ちゃんと構造計算を行った耐震等級3ですが





最近気になったブログ記事がありまして








私も土地の過去をかなり調べたり


先祖代々甲府に住んでいるので
親の話などを聞いたのと



解体業から見た「なんとなく」ここは大丈夫という感覚で





「ここは地盤改良は必要ないな」って
思っていたのですが







こちらの神村さんは
宅地防災と
地盤研究の専門家で



工学博士で
色々研究をしている方なので




私みたいな現場の人間だと
「なんとなく」としか言えないのですが




ちゃんと専門的に
地盤の説明をしてくれますので




今回、我が家の土地を調べてもらいました





・昔は近くまで水があったらしい・・・



地盤ネットで行っている
住所を入れると災害リスクや
地盤改良する可能性が分かる




地盤カルテです



地盤a
(我が家の地域は70点・・・)



こちらもかなり便利なのですが
範囲が広範囲なので



自分の土地をピンポイントで
検索は出来ませんし
そこまで詳細な情報は分かりません





今回は地盤研究専門家の神村さんに
自分の住所の番地だけを教えて
調べて頂きました




今回色々と調べて頂きましたが


実際に家を建てる際に
気になるのは


・水害などの災害リスク

・地盤改良や地震のリスク


この2点だと思いますが


まずは災害リスクから
調べて頂きます




市で発表している
ハザードマップだと


地盤b

ピンポイントで〇出来ませんが


この〇の中に住んでいますが
洪水リスクは0.5~3mの地域です



2kmほど左に行くと
川があってそちらだと
3m~5mになりますね



とりあえずMAXの被害想定でも
3mなら2階建てなら命は助かりますね








そして神村さんの資料を見ると


地盤c

こうして見ると甲府盆地って
本当に周りが山です





そして昔の地形分類図を見ると

地盤d

右側に凄い大きな川
みたいな青色がありますね



これは氾濫平野というらしく




wikipediaで調べると

河川の流水が洪水時に河道から
氾濫する範囲にある低地部分の総称である
(沖積平野とほぼ同義)


要は大雨の時は
氾濫するよーって事ですね・・・



ちょっと怖いですね





今の地図を見ると


地盤e


氾濫平野はこのような川になっていますが






ハザードマップを見ると


地盤f



氾濫平野内は
5m~10m地域になっていますね




なにしろ盆地ですから
周りは高い山々なので


何百年も前は結構
洪水の被害が多かったと思います




親とかお爺ちゃんが

地盤g


この辺なら危ないから
赤のラインの甲州街道より
下に家を建てるなと言うのですが


ちゃんと分析すると
理由も分かりますね





地盤h

資料にも盆地のリスクが書かれています




山梨と言ったら武田信玄で
いまだに地元でここまで愛されているのは




とにかく洪水が多かったこの地域の
治水にかなり力を入れて


地盤i



未だに信玄堤という
当時の治水工事の物を使っていますし



地盤j


いろんな場所に武田信玄の時代の
治水工事の後が残っています




単に今のハザードマップを見ると
「ここは5m~10mも本当に起こるの?」
なんて思いますが



古地図の氾濫平野なんて見ると
納得ですね






災害リスクをまとめると


地盤k


・河川氾濫はあるかもしれない
・明治時代の地図だと水田だった



当時は川などが近くになければ
水田は作れなかったわけですから
リスクはありますね



幸いにも
昔は城下町として
そこそこ発展していた場所なので


地盤L


天保14年の地図なんてものも
自治会で持ってたりするので



・1843年は民家で

・1900年に水田になり






・80年前も水田で

・50年前から畑になっているのが分かります



とはいえ、全部の土地が
このような昔の資料が図書館などで
手に入るわけでもないので


専門家に調べてもらうのも大事ですね



ちなみに海は無いので
津波のリスクや


山から近くもないので
がけ崩れのリスクはありません













・地盤改良と地震被害のリスク



過去記事にも書きましたが


熊本地震の倒壊の原因のひとつに


地盤m


地盤調査は良好と出るけど
実は揺れやすい地域でした


という割と衝撃的な事があり




地震リスクは
耐震等級だけに頼っちゃ
ダメと思いました





住んでいる地域は

地盤n

扇状地という場所で
比較的地盤は良好な場所です





地盤リスクを調べてもらうと


地盤o



実際に掘る前から
砂礫層というのが分かるらしいです



専門家が見ると
場所によっては



地盤調査の必要もなく
地盤改良が必要かどうか
分かるらしいですが




そうは言っても
地盤調査しないと
家建ててくれませんので


地盤p


当然我が家も地盤調査を行っています



普通は建物の四隅プラス真ん中で
5箇所の調査をすればいいのですが


我が家は9箇所になっています






なぜかというと


地盤q


岩盤などに当たって
掘れなくなったので
その隣を掘るので
9箇所ですね




地盤r

30~40cmで岩盤に当たると
当然岩なのでN値は凄い高く出ますが


地盤の調査としては意味がないですね






普通に掘れると
このようにいっぱいデータが出ます


地盤s


・粘性土で換算N値3以下
・砂で換算N値が5以下だと


地盤改良の必要性が出て来ますが



換算N値5以下が一つもないので
地盤改良の必要はないですね



特に1.75メートルより深いところは
N値も高くて安心です





換算N値が低い場合は


地盤t



このような数値だと地盤改良が
必要になります



地盤調査結果の見方は
こちらが参考になります









実際の地盤調査の結果は


地盤u


元々地主さんの畑を
造成地にしたので
1の新規造成の有無だけは引っかかりますが


後は問題ない土地という判定です



いっそ盛り土なんてしない方が
残土費用もかからないし楽なんですが



見た目が悪いので
売れにくいんですかね






神村さんは
地盤調査の結果など見ていませんが


地盤v



ちゃんと調べると
この地域は
どこが何mは何層とか
データがあるんですね




地盤w




調査の結果をまとめてもらうと
不同沈下のリスクは
少ない場所だよいう判定でした




私だと「なんとなく安全じゃね?」位の
感覚でしか無かったのですが



熊本地震でも分かるように



地盤調査だとOKでも
実際は地盤が
弱いなんて事もあるわけですから




スウェーデン式サウンディング試験だけでは
分からない事もあるので



このような専門家の
地盤調査は非常に参考になります




最後にチャットで



「この土地は地盤改良の可能性は
どれくらいありますか?」と質問したところ


地盤x



「地盤改良の可能性はかなり低い」との
回答を頂きましたが



もちろん周辺の地盤が強くても
ピンポイントで堆積がある場合もあるので


「地盤改良費用は準備しておくように」

という回答でした







地盤z



このように奥深くまで
軟弱地盤だと
300万~400万円かかるわけですから


こうした調査は大事だなって思います




土地の購入候補地が
2,3か所あった場合に



通勤、通学の利便性以外にも
一番地盤が良さそうな所で選ぶというのも


最終的に命に関わる問題ですから
大事ですね








神村さんのサイトには
安全な土地の探し方などもあって
地震、災害に強い土地探しには
役立ちます








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2020年04月09日






私の勤務先である
産業廃棄物の処分場では


土と石は受け入れが出来ません



これは私の勤務先だけではなくて



「土と石は産業廃棄物では無いよ」
という法律の問題なのですが
(自然にあるものですしね)



なので残土の処分は
建築廃材とは別に


残土a


残土の処分場に運ばれます




ちなみに
水と混ぜて「汚泥」って事にすれば
廃棄出来るザル法案ですけど
(金額と手間増えるんで普通しませんが)




我が家の見積もりにも

残土b


残土の処分代がありました



ガードマンの費用が
いくらかは分かりませんが・・・


土地の状況によっては
常駐で1人は必要な
場合にもありますが



少なくとも私が
何度も現場に行った際には
一度もガードマンは
見たことは無いですが・・・
(人も車も通らない場所ですし・・・)



・・・・
・・・
・・



仕事上
ダンプも重機も
残土処理場も手配出来るので



金額によっては

「自分で大型ダンプ手配して
残土処分場に持って行った方がいいなぁ」って


工務さんと話をしてたら



1m3あたり
4,500円という事になったので


若干値下がりしてもらったので
お願いしました



ちなみに
家から一番近い
残土処分場が
1m3あたり1,800円



うちの会社で
大型ダンプを常用すると
本来は1日で40,000円です
(社員ですからもっと安くは出来ますが)




どれくらい残土が出るかと言うと
購入した土地の状態や
建物のGLにもよりますが

残土c


我が家の場合は
24m3の残土が出たので



実際にかかった費用が
24m3×4,500円で108,000円です



自分で手配して
仮に1日で終われば


定価で考えても
83,200円ですが



1日で終わるか分かりませんし
後から出た場合
またダンプ借りるなどの費用も出ますし



まあ適正価格かなと思いますので
108,000円は納得して支払いましたが


もし、残土処理費用が0円になったら
108,000円の金額が浮きますね



そして人によっては
実際に0円にする事も可能です





・逆に残土が欲しい人もいます



建築現場では



逆に土が欲しくて
購入する業者さんも
たくさんいます

残土d

このように
結構な土が必要になりますから



私も
「今残土ある?」なんて
知り合いに聞かれる場合があります


うちの会社にでは
再生砂は売っていますが


産廃のコンクリートを
砕いた再生砂なので


純粋な土は売っていません



何しろ産廃ではないので
土は引き受け出来ないので
(破砕出来ませんし、燃やせないし・・・)


そのため
残土処分場も
産廃業者ではなくて



建設業者がやっている
場合がほとんどです



なので
自分が残土を処理したい
タイミングで


残土を欲しがっている人を
見つければ



処分代は0円になりますし
土が欲しい人も
購入費が0円になるから
双方お得になります





・土地さえあれば保管も可能です


近くの実家が畑とか
広大な土地があれば



土はそこに移動しても
問題ありません

残土e

母の実家の隣です
ぶどう園作ってる最中ですが



田舎だと
畑持ってる人っていうのは
現実に結構いますし


休耕地なんかも
あったりします



廃材の場合は
廃棄物処理法とか色々あって



場合によっては
不法投棄と見なされますし


ハウスメーカーも
「ちゃんと処分したよ」って証明が
必要になってきますが



土は産業廃棄物では無いという
法律があるので


自分で処分先の確保が
出来ればお金はかかりません



我が家は平均的な
大きさの家だと思いますが
(土地は64坪で建物は2階建の35坪)



それでも
24m3なので
約38tの量ですから
(〇m3から1.6を掛けるとtになります)


残土f


妻の実家は
結構大きい
家庭菜園があるので




「ちょっとなら土があってもいい」って
話でしたが



軽トラで換算すると
108台分の量になりますので



結局、いいタイミングで
残土が欲しい人もいなかったですし
価格も納得出来たので
そのままレオハウスで頼みました


自分に土が保管できる
土地があったら



仕事上
1~2か月あれば
絶対に残土が欲しい人が
見つかりますが



保管場所が無い場合は
ピンポイントで
〇日に欲しいって人を
見つけないと難しいですね・・・



また保管する場合でも
ダンプや重機の手配などが
必要になりますが・・・











・残土を欲しがっている人の見つけ方



建設業にいる方じゃないと
そもそも
「残土余ってる?」なんて
聞かれないと思いますが


残土g


都会なら
ジモティーなどの
フリマサイトなどで


「〇〇日に残土が出ますが
取りに来れる人」なんて
募集も出来ますが


田舎だと
募集しても誰も見ないので・・・



建設の会社も
基本はBtoBなので


電話して「残土欲しいですか?」
なんて聞いても


個人客をメインに
している会社じゃないと
相手にされないと思います


ですから
基本BtoCの
個人宅の解体もしている業者さんに


「残土だけの処分って出来ますか?」
とか聞けば


ちょうど欲しがっている
業者なら


無料もしくは格安で
引き取ってくれる可能性はあります






・逆に自分の家に他人の残土が使われたら・・・


他のブログや
Yahoo知恵袋でも


「埋め立てに使うので
建設業者に言えば
無料で引き取ってくれる」

なんて
書いてある所も多いのですが


実際、今の現場では
余り使えません



公共工事などでは
残土h


使った土や砕石の
品質証明書が必要なので



業者から土を購入する場合は
当然品質が保証されていますが


家庭の残土で使えるのは
民間の工事だけですし
品質の保証もないですから


民間工事のちょっとした
埋め戻し工事などには使えますが


昔ほどなんでも
使えるわけではありません



昔の建物解体したら
土からゴミがたくさん出た
なんて事はたくさんありますが



今はその辺も
大変厳しいですので
昔ほど自由には使えませんし



逆に自分の家の工事に使う土が
どこからか持ってきた土だと
嫌がる人もいると思います




ひどい状態だと

残土i

解体して
地中を掘り起こしたら
これだけのゴミがある場合もあります



まあ分譲地なら
既に整備後なので
この辺の問題はほとんど無いので
問題は無いと思います



家の本体価格もですが



色々な付帯価格も
適正価格が分からないと


必要以上にボッたくられる
可能性もありますので



面倒ですが
色々な項目の値段を
調べた方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング