吹き抜け

2020年07月17日






・吹き抜けが欲しい人や憧れる人

・要らないし興味も無い人



どちらが正解とか無いですから



無駄と思う人は
付けなくてもいいですが




吹き抜けを採用した我が家の場合


・見た目の解放感

・1階のエアコン1台で家の中全部が温まる



というのは実際に住んでいて
実感していますが





ちょっと気になる
吹き抜けの写真があって

吹き抜けa


こちらです



この写真だけだと
吹き抜けの手前が
どうなっているのか
分からないのですが



私の感想ですが
この吹き抜けだと


恐らく
「吹き抜け満足度」を100としたら
50%位しか満足しないと思います



実際にこの方は
5年後にリフォームで
吹き抜けを無くしています






・上を見上げるだけが吹き抜けじゃないんです



耐震性能や暖房効率は
とりあえず置いといて



たしかに吹き抜けの
見た目の満足度って





見上げた際の
高い天井なのですが


k



こちらは
我が家の吹き抜けです


採光も取れますし

たしかに上を見上げると
開放感ありますけど




2階の間取り図を見ると

吹き抜けc


このようになって
緑色の場所からは
下が見下ろせます






吹き抜けd


吹き抜けというのは
上を見上げるだけじゃなくて



下を見下ろす
開放感もあるわけです





先程のスペースから下を見ると


吹き抜けe
(片付いてないとかは今回は関係ないので無視・・・)


このようになります



我が家の場合は
2階からは
スキップフロアは見えますが


1階のリビングは
見れませんけど




間取りによっては
2階から
1階のリビングが全部見える
家もたくさんあります





吹き抜けf


階段付近から
見るとこんな風景になります





上から下を見下ろせる
間取りになっていないと



吹き抜けの半分は下から上を見る際に

「吹き抜けっていいなぁ」
という
満足度ですが





残り半分は
上から下を見下ろす際に

「広い空間でいいなぁ」
って思うので



吹き抜け自体が


本来2階の床面積が増えるのに
それを削って作るという


無駄って言えば
無駄な設備なので



せっかくの無駄な物を作るのに
100%満足しないと勿体ないです






・そもそも何故見下ろせない吹き抜けが出来るのか



だいたい見下ろせない
吹き抜けが出来るのは
2パターンあって




1つが

吹き抜けg


リビング階段ではなく
さらには狭いのに


どうしても吹き抜けが欲しいと
いうパターンですかね






こちらから画像をお借りしましたが




正直これなら
吹き抜けは無い方がいいと思います



一応2階の窓がありますので
1部屋からは見えるのでしょうが




吹き抜けのメリットである
開放感が全くありません・・・






もう一つのパターンは
最初の写真のパターン


吹き抜けh


玄関の吹き抜けですね



こちらは
この画像以外に


リビングなども
吹き抜けになっている可能性はありますが



最近の建売住宅には
結構多いのですが


玄関だけ吹き抜けっていうのも
余り効果が無いと思います




視覚効果という部分では
そもそも玄関に長い時間いませんし





外から家に入る順番を
考えると


①開放感では絶対に勝てない屋外

吹き抜けの玄関

③普通のリビング

という順番の視覚効果よりも







①開放感では絶対に勝てない屋外

②普通の玄関(ここでワンクッション)

吹き抜けのあるリビング



こちらの方が
視覚効果は高いです



家も広くお金ががある方は
玄関とリビング
両方に吹き抜けを作れば
問題ないですが



どちらか1つなら
玄関は余り向かないと思います












・そもそもの開放感も下がる



上から見下ろせないタイプの
吹き抜けは


基本全部壁と窓だけです





我が家は安い家ですから・・・


bfca0ff1


普通の作りですけど
それでも壁だけじゃなくて
ちゃんと奥行きが見えますし





オシャレな家で多いのは


吹き抜けj


スケルトンタイプですね



ガラスはオシャレですが
値段高いですし



柵みたいなスケルトンは
子供が小さいので危険なので




我が家は普通の壁になっていますが




そもそも透けて見えてしまうと


全部を綺麗にしないといけないので
それはそれで大変なのですが



視覚効果はさらに上がりますね





・掃除も大変




吹き抜けで
大変なのは
掃除なのですが





当然天井まで高いので




こういう柄の長いもので掃除します




「簡単・楽々」なんて
書いてありますけど




吹き抜けk


下からだと
この緑の〇部分はホコリや汚れは取れません






上から掃除すれば


吹き抜けL


これも結構めんどくさいですが


一応クイックルワイパーなどが
全部届きますので
掃除は可能になります



貴重な床面積を
空間で使うので
贅沢な物ですから



せっかく作るのなら
開放感は大事にしたいですね



あと、暖房効率も
うまくすれば上がります















2018年12月21日






我が家は何も悩まず


階段a

リビング階段にしましたが



いくつかのブログで
リビング階段の
デメリットというのを見たのですが


実際に住んでみても


書いてあるデメリットに
当てはまらないので



特に子供が小さい家庭は
リビング階段にした方が
いいと思いますし


エアコン代などの
光熱費も


リビング階段の方が
お得なので


リビング階段で良かったという
理由を書いていきます






・まずは一般的に言われているメリット



①子供や家族と顔を合わすことが出来る


子供が1歳と2歳なので
リビング階段ではなくても

起きたら必ずリビングに来るので
顔は必ず合いますが


もう少し大きくなっても


起きた時、帰って来た時など
リビングを必ず通りますので


それだけ家族が
揃う機会が増えますし


中二階にあるスキップフロアと合わせて

2階にある子供部屋とも
コミュニケーションが取りやすくなります




②見た目が開放的になります

階段a-2

我が家は吹き抜けもありますが
吹き抜けが無くても


階段部分は天井が高いので
見た目の開放感が上がります


間取り的にも簡単に
吹き抜けが作れるようになりますし


開放感が欲しいという方には
絶対にオススメです



③2階との会話も簡単に出来ます

朝私が先に起きて
支度をしていると

2歳の子供が途中で起きて来て
(寝てる時も多いですが

「ぱぱー起きたー」と言ってきます



階段b

階段を子供が昇り降りしないように
1階、2階にゲートがあるのですが


リビング階段なので
起きたらすぐに分かります


もうちょっと大きなって
自分の部屋で遊ぶようになっても

「ご飯出来たよー」なども
会話出来ますので


2階とのコミュニケーションが
取りやすいです



④オシャレになるらしい?


このメリットも結構書かれていますが
多分オシャレになるのは

階段c

こういうスケルトン階段だと
思うのですが


これは私がダメなので
採用しませんでした

見に行った家ではcube系の家は
全部スケルトン階段でしたが


私の実家が平屋で
その後も賃貸アパートなどで

階段に慣れていなくて
スケルトン階段がダメでした


子供も小さいので危ないですし・・・








・一般的に言われているデメリット


①リビングが寒くなる


色んなブログのデメリットに
寒くなるって書かれていますが


これはもっと古い時代の
家だと思います・・・


今の家なら
普通の高気密、高断熱レベルの家でも
リビングが寒くなるこ事はありませんし



階段e

むしろリビング階段と吹き抜けで
リビングの暖房1台だけで


1階、2階全部暖まるので
光熱費も節約できます


我が家みたいなローコスト住宅でも
断熱性等級は4取れますし
吹き付け断熱も可能です


窓も今はローコスト住宅でも
ほぼ標準な位のサーモス2Hですが

これでも充分暖かいので


逆に
「リビング階段だと寒くなります」なんて言う
ハウスメーカーは
止めた方がいいと思います


もちろん北海道や東北だと
事情は異なると思いますが・・・



②プライバシーをたもつことが難しい

今の家は断熱性は高いですから
①の寒くなる事はほぼ無いので


結局デメリットというか
考え方はこのプライバシーに
なってくると思います


私は必ず顔を合わすのが
メリットだと思っていますが


反対に言えば
どんな時でも家族と
顔を合わせなくてはいけないので

これをデメリットと思う方もいます


子供も高校生位になると
顔を合わせたくないって思う
子供もいると思いますが


家族が仲良く便利に生活出来るアイテムが
新築の注文住宅なので


「顔を合わせなくてはいけない」なんて
思わないようにして欲しいですが


仮に私も2世帯同居だったりしたら


「リビング階段は嫌だなぁ」って
思ったかもしれないので

これは建てる人の考え方次第ですね


ただ寒くなるって事は
今の家なら無いと思うので


これだけで「リビング階段はちょっと・・・」
思っている方は今の家なら問題ないので


リビング階段にした方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング