DIY

2020年06月10日







我が家の土地は
線路沿いにあるので


花壇a


危険なので
引越し後すぐに
フェンスを設置しました




家が完成した時に
妻と義母が


「このフェンスに
植栽してグリーンカーテンにしよう」


という事で



これは造花ですが
こんな感じですね


私は虫が嫌いですし
今まで庭がある家に住んだ事がないので


花とか全く分かりません



「虫とか余り
来ない方がいいなぁ」と思いながらも




ここは妻と
義母にまかせようと

「おまかせします」


という事で



おまかせして
3年半経過した
現在の我が家が




花壇p


こちらです・・・



3年半でこれですから
完成までに30年以上
かかるんじゃという感じです



たしかに
妻の実家は


花とか家庭菜園とか
緑に溢れていて

花壇c


妻と義母が
「グリーンフェンスにしよう」
言うのも分かるのですが



いつ実家に帰っても
庭いじりをしているのは


義父ばかりで


妻も義母も
庭いじりしているのを
見た事がないので


このまま
おまかせしても
永遠に完成しない気もします・・・



田舎の電車なので
昼間など1時間に1本とかですし



別にグリーンフェンスとか
出来なくてもいいのですが



雑に植栽してあるので

花壇d


植栽というより
雑草が伸びた感じになっています




という事で
グリーンフェンスはともかく


ちゃんと花を植えているんだ
という事が分かるように
ここに花壇を作ります





・土と土留めがあれば花壇は出来ます



よくこの石だらけの
硬い地面で花が咲いているなぁって感じですが



基本土と土留めさえあれば
花壇は完成するので


花壇e


ホームセンターに
オシャレな枕木が売っていたので
こちらを購入しました





このまま枕木を置くだけだと
ズレますし石だらけなので


花壇f


まずは設置場所を開墾します






花壇g


ふるいにかけて
石を取り除いて
土は埋め戻します






花壇h


あとは転圧して
地面を踏み固めて完成です






・トラブル発生



ちゃんと計ってから
買えという感じですが

花壇i


6~7cmほど足りません


違う用事で
ホームセンターに行った時に


値段も安く
色も木目も綺麗なので
衝動買いしてしまったので
仕方ないのですが



このままだと
ここから土が流れていってしまうので




何かないかなぁと
ホームセンターに行くと


花壇j


幅ピッタリのレンガがあったので
こちらを購入


後は余りに花壇として寂しいので


子供に

「花2つ選んでいいよー」
選んでもらったので


何の花か分かりませんが
こちらも購入します



後は土が足りませんし



植物にはまったく
適さない感じの
土壌だったので


花壇k


開墾して石取った後に
土を入れます






花壇L


よく分からないので
一番安い土を買いましたが


黒くて
めちゃかっこよく



「これ土撒くだけでも
いいんじゃね?」



という位に
花壇っぽくなります(笑)


花壇m


左右は
人工芝とブロックがあって
3cmほど高くなっているので



何もしていませんが
とりあえずこれで完成です


花壇n


子供は
「橋が出来た」
ウッキウキで渡りますし



自分で選んだ花なので
喜んでいます


何も外構をしていない
場所がたくさんあるので


子供と一緒に色々と
DIY出来るのは楽しいですね





元々子供と一緒に
色々選びたいと外構をしていませんが




4~5歳になれば
色々選べて
記憶にも残るので



妹が5歳になる
3年後位には
外構工事が出来るかもしれません










・放っておけばグリーンフェンスが出来そうな・・・



一応本来の目的は
植物でフェンスを
覆うという事なのですが




我が家の花は
全然成長しませんが


花壇o


JR側の土地は
すげー伸びる雑草があるので




1年放っておいたら
簡単にグリーンカーテンに
なる気がします(笑)






ある程度生えてくると


虫が増えますし
夏はハチが危ないので
除草依頼をしますから



やはり
グリーンカーテンは
完成しない方がいいので



このままのゆっくりペースで
成長してて欲しいです(笑)



2020年05月20日






先日、庭に
砂場を作った時に


土を埋め戻して
その上から人工芝を敷きましたが


タンパーa

(段差を無くす為に土でスロープ状にしています)



土や砂は柔らかいので
転圧といって
踏み固めておかないと



時間が経過すると
陥没しちゃいます



そのため
花壇やレンガなど
土や砂利を敷いて
DIYする際には



地面を踏み固める
「転圧」という作業を行います




タンパーa-2


個人宅にランマーなどの
機械を購入するのは
現実的ではないので



ただ、手で踏み固める転圧機
「タンパー」という物が売っていますが





これが微妙に高い商品で・・・






タンパーを購入すると
最低4,000~5,000円かかりますから




みなさんDIYで手作りされています




平らな板に
ある程度の重さがあればいいのですから
ちょっと頑張れば簡単に作れるのですが





「タンパー 自作」で検索すると


タンパーb



大抵はコンクリートブロックを
使って


コンクリートの穴に
木材を入れるのですが


タンパー1
http://ohashigumi.com/toucanhut-diy-jigyo



長さ20cmなんて
木材は


なかなか売っていないので
ノコギリでカットするしかありません



シングルファザーしてると
DIYも子供と一緒なので



子供の目の前で
ノコギリを出すのは危険です・・・


「僕もやりたい」っていいますし



という事で

・木材カット無し
・ノコギリ使用無しで
・簡単に出来て


さらには材料費1,000以下で
自作タンパー制作をします



インパクトがあれば
ネジとインパクト


なければ
トンカチと釘だけで完成します





・ハードオフで買いました



ある程度重さがあって
底が平べったくて
木製の商品が安く売っている場所


タンパーc


ハードオフで
スピーカーを購入します(笑)



音が出なくても問題ないので
ジャンク品、ワケアリコーナーで購入します


・木製
・底が平ら
・ある程度の重さ


この条件であれば
好みで選んで下さい




今回購入した商品はこちら


タンパーd


ソニー製のスピーカーで
SS-MD11という商品です





タンパーe


「音出ました」という事ですが
300円です
(スピーカーなので2本1組の値段です)



幅17cm、奥行24cm
重さ2.8kgなので


2つありますから
5.6kgになります





こちらの土固めの定番品
ガーデニングとんとんが


幅17cm奥行8.5cm
重さが1.5kgなので


今回のスピーカーの方が
広くて重いので充分ですね





次に木材を2本購入します


タンパーf


幅3cm×4cm
高さは1メートルで

1本189円です






最後にダイソーに行って


タンパーg


足首用の
伸縮テーピングテープを2つ購入します





これで材料は全部なので


・スピーカー 300円
・木材 378円
・テーピング 200円


合計で878円です


消費税入れても
1,000円かかりません






・作成開始




まずはテーピングを
木材に巻きます


タンパーh


このダイソーのテーピングは
テープ同士がくっつくし
最後はマジックテープになっているので


普通に巻くだけでOKです





タンパーi


後は木材を
ネジか釘で打てば完成です



スピーカーと木材を固定する時に
ガムテープ使った方が楽です





という事で
わずか10分程度で完成です


タンパーj


これでタンパーとして
充分機能します





正面から見ると


タンパーk


普通にスピーカーですが(笑)





とはいえ
木材も入れれば重さ6kgで


タンパーL


底は平らですから
問題ないです












・実際使っても問題なし



SONY製のタンパーが
完成しましたので早速使います


タンパーm


両手で持って
叩くだけです



軍手があれば
テーピングすら要らないと思います





タンパーn


ちゃんとカチカチに転圧出来ています




転圧しないと
ある程度経つと

砂場1


今回人工芝を敷きましたが
地面が凹んだりしてしまいますので


せっかくのDIYが
もったいないですから



「タンパー高いし・・・」

「自作は面倒だし・・・」




という人は
是非中古スピーカーで
作ってみてください














◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











2020年05月03日






コロナウイルスの影響で
休日もほとんど家にいますが


良く分かってない
4歳と2歳の子供は


やはり外でも遊びたがります




こういう時に
庭があると大変助かりますが


砂場a
(追い出されるお兄ちゃん・・・)



上の子が1歳の時に
「一人で遊ぶ用」に購入したので



砂場が狭いんですね・・・




という事で
大きな砂場を用意したいのですが




休日はシングルファザーですから

子供の面倒見ながら
DIYするのも結構大変なので



「大きい砂場を買おう」




ネットで砂場を見たら




1メートル×1メートルで
15,000円
(砂は別売りです)


「高い・・・」



「その割に
そこまで大きくない」



椅子が邪魔するので
実際は80cm×100cm位でしょうか・・・



子供1人なら
充分だと思いますけど



組み立て式ですし
防腐剤塗らないといけないので
割と手間ですし




子供2人が
ゆったり遊ぶなら


1メートル×2メートルは
欲しいので




他の人の砂場DIYを見ると



コンクリ埋めたり
レンガで作ったり
していますけど



脳内イメージ図として

砂場b
・1メートルの木材 2本
・2メートルの木材 2本
・L字の金具 4個



これに砂を買えば
出来るはずなので



5,000円もあれば
1メートル×2メートルの
砂場は作れると思いますから





会社帰りに
いつものホームセンターに
材料を買いに行きましたが


砂場c


この時は
ここまで大変な事になるとは
思っていませんでした・・・





・使用する木材で悩む




一番安いSPF材なら


砂場d

(182cmで1本368円)


全部で2,000円もかからないのですが




これだと防腐と防虫のために
塗装が必要です




最悪白アリの
原因にもなりますので


砂場e


我が家は塗料の余りがあるので
自分で塗装すれば安上がりなのですが





「砂場作るよー」


子供「おおー」


「今日は塗装して乾燥させて終わりだよー」


子供「・・・・・・・・」



子供が絶対に
納得しなさそうなので



割高ですが



防腐防虫加工がしている
木材を選びます


砂場f


緑色の状態で売ってる奴ですね



一条工務店の基礎などでも
おなじみのACQ加圧処理した木材です



時間が経てば
緑色はなくなって本来の色に戻ります


ACQ処理してあれば
5年間はノーメンテで持ちますので



これなら購入して
すぐに使えます




そして木材の太さですが



「枠なんだから
一番安いのでいいや」
思っていたのですが




他の人の
「砂場 DIY」で検索すると


砂場g


皆さん太い
角材を使ってるんですね



調べたところ


角材だと木枠に
座りやすいという事で


特に大人だと
砂場の中に座りたくはないですし



ちょっと高くなりますが
私も角材にします


砂場h
(1本2,074円)

200cmのACQ木材2本と




砂場i
(1本1,045円)

100cmも2本購入して



木材を留めるL字金具も
4つ購入して


合計で6,800円です






砂場j


防腐防虫処理が甘かったり
長さも微妙に違ったりするので
よく選んで購入した方がいいです






・開墾する



最初に言いますが
この開墾作業だけで
6時間かかっています


1メートル×1メートルなら
半分なので3時間で終わると思います




まず建設予定地がこちら


砂場k


転圧かけてるので
硬くて水はけもいい場所ですが




ここを開墾していきます




このまま木枠置いて
砂入れれば簡単ですけど


地中は掘れなくなりますから
トンネルとか作りにくいですし



とりあえず10cmほど
全部掘っていきます


・・・・
・・・
・・


田舎の人なら
知っている人は多いですが


都会の人だと
割と知らない豆知識で



こういう硬い地面
いきなり
スコップ入れて土を掘ると
大変なので


砂場L


まずは鍬を使って耕します






砂場m


開墾して10分後に・・・

「思った以上にキツイな」


・・・・
・・・
・・

雑草はまだいいのですが


「余った砕石全部入れたろ」って位に
物凄い量の石が出ます・・・



要らない石の使い道を
考えておかないと


後の処理が大変な事になります



幸い私の場合は
会社に持っていけば捨てれるので
助かります






・とりあえず枠作成



ちなみにですが


休日の朝に



「砂場作るよー」

子供「やったー」


~~ お昼ごろ ~~


子供「まだー?」


っていうのが
容易に想像出来るので



月曜日に木材を購入して


火~金まで
毎朝出社前に30分間開墾しています
(なので既に2時間は作業しています)



耕して


砂場n


ふるいにかけて





砂場o


土は埋め戻しで使うので
保存しておいて


石は捨てていきます




とりあえず枠の部分は
掘り終えたので


砂場p


金具で留めていきます





砂場q


これはインパクトがあれば
簡単に終わります






・そろそろ完成が見える


既に総作業時間は
4時間程になっています・・・




ちなみに私の作り方ですが
木枠は全部地中に埋めていません



全部埋めるとなると
最低20cm以上は掘らないと
いけなくなりますし



砂場r



掘りだした土の処理に困るので
半分ほど木枠を出した状態にしています


これなら10~15cmほど掘れば
作れますし
土の処理にも困りません




子供が段差で躓かないように
土で埋め戻していきます


砂場s


どの方法で作ってもいいですが


掘った後の土と石の処理は
考えないと割と凄い量が出ます・・・



埋めた土を
転圧して


段差がほぼなくなったら


砂場t


防草シートを敷いて






砂場u


人工芝を施工します



今は100均で
リアル人工芝売ってるんですね


遊んだ後の砂場の砂が
ここで落ちますし


つまづいて転んだ際にも
人工芝があった方が安全です



砂場u2


こんな感じです





日曜日は早朝5時から
作業をしていましたが


砂場v


お兄ちゃんが起きて
「僕も手伝う」
石を拾っています


この状態なら作業は進みますが







砂場v2


妹も起きて
作業中断ですね



というか
砂も入れてないのに
普通に遊んでしまってます(笑)



なんで1面だけ最初に
人工芝を敷いたかというと



鍬とスコップの力仕事が限界だったので
1面だけ先に芝生を施工したからです












・砂で悩む



「砂場」ですから
砂を入れないと完成しませんが



普通の砂か抗菌砂で
悩む人も多いですが



ちゃんと紫外線を当てれば
問題ないですし


ちゃんと手洗いすれば
通常の砂場の菌なら
むしろ抵抗力も付くので



動物などのフン対策で
蓋は必要ですが
砂は通常の砂でいいと思っています



この砂場の広さなので
結構な量が必要ですから



普通の砂か
抗菌砂とか言うより


砂場w


再生砂でよければ
うちの会社に何千トンもあるので



無料で貰えるのですが・・・


「これでいいのか・・・」
と悩みます



再生砂というのは説明すると



解体で出たコンクリートを
破砕して粉々にしたものです


元々コンクリートは
川砂にセメントと砂利を混ぜた物ですから



大丈夫なような気もしますが・・・


セメントは手で触ると荒れますので
危険な気もします・・・



実際に子供用に
持って帰った同僚も過去にはいるのですが


1メートル×2メートルの砂場だと
高さ7~8cmでも


砂は
200kgは必要ですから



・普通の砂なら2,000円

・抗菌砂だと15,000円

・再生砂なら0円です



そもそも、この再生砂で
トンネルとか城とか作れるか
分かりませんが


会社で試してもいいんですが(笑)



会社で山とか城とか
作ってたら
重機で轢かれちゃいます





砂場w2


結局ホームセンターで

20kgで278円の
細目砂という普通の砂より
細かい砂を10袋


200kg分
購入しました



細かい方が
山とか城とか
作りやすいです






・ついに完成へ・・・




子供が昼寝をしたので
また作業再開です


砂場w3


100cm×200cmを
全部15cm掘りました





砂場w4


砂を入れる前に
防草シートを敷きます



後で張り替えなんて
大変なので



100均じゃなくて
ホームセンターの
ちゃんとした防草シートを使いました



ここで子供が起きたので
この日の作業はここで終了して



また翌朝の
出社前に作業をします




とりあえず最低限
砂場で遊べるように


砂場x


砂を200kg投入して完成です
(砂場周りはまだ未施工ですが・・・)




雨と野良猫対策に
塩ビの波板を購入して
フタにします
(1枚750円を2枚使っています)


砂場y


とりあえずレンガで
重しをしてあります






そして翌週の休みに
残りの人工芝も施工して


砂場1

(やっと完成・・・)

このようになりました


写真の左側だけは
土地がナナメになっていて
カットする必要があるので


100均の人工芝ですが





他の3面は



こちらのジョイント
人工芝にしました



境界として芝でも敷いておかないと
砂場の外にある土とか石とか
どんどん砂場の中に入れちゃいますし


砂が付いた靴が
人工芝で取れるので
敷いておいた方がいいです




この大きさあれば
子供2人でも充分広いですし



砂場で遊んでいる時は
大人は横でゆっくり出来るので


何年も飽きないで
遊んでくれたらと思います



結局かかった時間は10時間以上で


休日に1日ずっと作業して
やっと終わる位です




必要以上に
大きいの作ると
本当に大変な事になります




費用は
木材と金具だけなら
6,800円でしたが


砂、人工芝など合わせると
結局20,000円かかりました
















2020年04月29日






ほとんど外構を
していない我が家ですけど



人工芝があって
子供と犬が遊べる
スペースを作りましたが


掃除機a
(荒れ果てた大地・・・)



冬は余り
庭で遊びませんし



どこからか枯草が
舞ってきますが



ほとんど
掃除もしませんので




春になって思うのが
「汚いなぁ・・・」




冬の間に草とか葉っぱ、ゴミなどが
人工芝に落ちるのですが




天然芝なら
葉っぱが落ちても
自然に還って
栄養になるかもしれませんが



人工芝の場合は
ただのゴミです・・・





掃除しようと思っても


掃除機b


ホウキではなかなか取れません





結構頑張って
ホウキで掃除しても


掃除機b-2


こんな感じでゴミや
枯草が残ってしまいます




人工芝はプラスチックなので
天然芝と比べたら

静電気の影響もありますので

ゴミが取れにくいです・・・



という事で

掃除機c


ケルヒャーの
屋外用掃除機を購入しました







一番安いシリーズで
10,000円ちょっとでしたが
こちらで充分です


・・・・
・・・
・・




我が家には
コードレスクリーナーは


掃除機d


ダイソンが2台ありますが




子供にダニなどの
移りが心配なので



1台は子供の布団などで使う
子供専用で


もう1台がリビング、ダイニングなど
普段使う用として使っていますが



両方使っても
人工芝の半分程度の面積で
いっぱいになってしまいますし




吸引力は落ちないと言っても
屋外用に比べると最初から弱いので・・・




パワフルで頑丈な
屋外用掃除機の方がずっと楽です



小石とか吸い取っても大丈夫ですし


乾湿両用なので
芝の下が濡れていても平気ですし



人工芝というか屋外の物を



室内用掃除機を使う事は
オススメ出来ません・・・





・人工芝だけならブロワーは要らない



ホームセンターに行くと
いくつかの種類があって



我が家の屋外掃除機も
ブロワー機能が付いてます


掃除機e


ホースの取り付け位置を変えると
「吸う」から「吐く」に変わります



私の場合は一緒に
車の中なども掃除しますから



ブロワー機能を使う事もあるのですが


掃除機f


説明書の絵がシュールですが(笑)



吹いたところで
人工芝の上に落ち葉が
あったら意味ないですから




こちらは天然芝用の機能ですね




人工芝対策だけなら
吸う機能だけで充分です




天然芝と違って
芝が伸びる事はありませんが




ずっと使っていると
芝の部分が「寝て」しまうので


掃除機g


デッキブラシで逆目に
こすれば



ゴミも浮き出るし
芝の見た目も綺麗に復活しますから



なおさらブロワー機能は
いらないと思います


なので

・デッキブラシ→掃除機が


人工芝では
一番いい掃除方法だと思います












・軽い割に頑丈なので結構オススメです




普通の掃除機ですから


掃除機h


4歳のお兄ちゃんでも
楽しんで掃除が出来ます



見た目重いんですが
黄色い部分はプラスチックで結構軽く


子供でも掃除出来るくらいです



それほど人工芝の
スペースが無いですから




掃除は簡単に終わって


掃除機i


結構綺麗になりました






掃除前がこちらですから


掃除機a


いい感じですね



正直、我が家の場合は
人工芝と車くらいで


余り使い道がないのですが


ホウキでの掃除が
「余りにゴミが取れず」
イライラしたので



勢いで買ってしまいましたが


玄関などにも使えますので



人工芝がある家には
割と便利な
家電かもしれません


















2020年04月20日






暑くなってきて
本格的に庭で
遊ぶ時期が来ましたが




2年前に購入した
屋外用ベンチが


ベンチa


見るも無惨な状態になっています・・・






2年前に購入した時の
画像はこちら


ベンチb


3,980円の安物とはいえ
屋外用でニスも塗ってありましたけどね




たった2年でここまで
ボロボロになるとは・・・
(ここ数か月で一気に劣化しました


・・・・
・・・
・・



元々は子供が
室外機に指を挟まないように
購入したのですが





http://reogress.net/archives/10389536.html



子供を遊ばせている時に
私は座れるし



ちょっとした物を置く場所として
予想以上に便利に使っていますが



このベンチのせいで
庭全体がボロボロの
雰囲気になってます・・・




「再塗装か再購入」
考えましたが




本来なら

ベンチc

2年前に
3,980円で買った商品なので



手間と塗装の材料を
考えたら買った方が
良さそうですから





同じホームセンターに
買いに行ったのですが




ベンチd


「4,980円!!」




2年前に比べて
1,000円値上がりしていました
(値上がり率25%・・・)


急に買う気が無くなり・・・




家の物置を探してみると


ベンチe


ホコリを被った
前回使った塗料の残りを発見!



こうなると材料費は
100均でハケとマスキングテープと
紙ヤスリを買えばいいので



新しく買った場合

・税込み5,500円




塗装した場合

・材料費300円


差額は5,200円




塗装に1時間かかるとして

「時給5,200円で塗装のバイトする?」

って言われたら絶対しますので


これなら塗装した方が
得ですね(笑)




お兄ちゃんも4歳になったので
ペンキ塗りとかしたい年頃ですし





・まずは塗装はがしです



DIYで再塗装して
「失敗した~」って言う人は


前の塗装や汚れが
そのままって人が多いです



そうすると塗装が無い部分と
残っている部分でムラが出来るので
割と失敗作になります・・・




サンドペーパー(紙やすり)
でもいいのですが


ベンチf


私は普段は
インパクトに付けれる
研磨ビットも使っていますが





今回は子供と一緒にDIYなんで
サンドペーパーを使います


ベンチg


150番の空研ぎペーパーを使います
(税込84円)






ベンチh


汚れと塗装を取っていきますが






ベンチi


全部取るのは大変ですし
塗料の方が濃い色なので
割と適当です







ベンチj


終わったら
エアダスターでカスを
吹き飛ばして





ベンチj2


マスキングテープをして
準備完了です






・ここで問題発生




ヤスリが終わったベンチを見ると


ベンチk



結構な亀裂が複数あります


しかもネジの部分まで
亀裂がありますので



子供が上に乗ったりしますし
安全性を考えると補修したいですが



家中探して見つかった物が


ベンチL


全然色が違う補修パテ(笑)





本来なら同じ色の
補修パテを買いに行きたいですが


ベンチm


既に砂場遊びに飽きてきている子供も
「工作したいモード」ですし



今から子供連れて
ホームセンター行くのも大変なので

・・・・
・・・
・・

まあ子供の思い出にもなるし

「味という事でごまかそう」と(笑)



安全の方が大事ですし・・・


ベンチn


全然色が違う
補修パテを使いました



塗料がマホガニーという
濃い目の茶色ですから不安ですね・・・



見た目重視の人は
絶対に妥協しない方がいいです(笑)












・塗装開始



塗料は少しで大丈夫とはいえ
2年前に使い途中だった
プラ容器は変形しています


ベンチo






とりあえず開けてみると


ベンチp


まあ大丈夫っぽいんで
これを使います(笑)






エプロンまでして
やる気充分なお兄ちゃんです


ベンチq


こういうの見てると
買い替えしないで
DIYして良かったなと思いますね



仕上がりが下手でも
子供が作った思い出になるので


なるべくそのままに
しておきたいですが




完全な塗り残しもあるので
その辺は私も手伝って


ベンチr


2度塗りしてこの状態です


補修パテが目立ちますが



暫くして色味が
落ち着いてきたら
ここまでは目立たないと思いますが・・・




ベンチs
(左のツヤ無しを購入)


最後に100均でハケと一緒に買った
水性ニスを塗って完了です






ベンチt


パテの部分は
ニスを厚めに塗装して
ごまかしました(笑)




塗装前は


ベンチa


これですから
かなり良くなったと思います



子供も楽しんだみたいですし
買い直すよりも良かったですね



費用は
ハケとニス以外は
家にあったので200円で済みました



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















2019年08月21日





我が家の庭の隅っこに
割と危険な雑草が生えてました

オニアザミa

「アザミ」もいくつか種類があって
危険ではないアザミもあるらしいのですが



どうやらこれは危険な
「アメリカオニアザミ」というらしいです



オニアザミb

役所のサイトなどでも
硬く鋭いトゲがあるので危険ですから


すぐに駆除して下さいと
書いてあります






・防草シートも砕石もありますが・・・



今回オニアザミが生えた場所ですが

オニアザミc

道路と庭の境に生えていました



外構する時に
防草シートを敷いて
その上から砕石を敷いたので


ほとんど雑草が出ずに
また出ても簡単に出て取れる雑草しか
出てきませんでしたが


今回は初めての厄介な草です




ちなみに外構を一切していない玄関側は

オニアザミd

うちの妻や妻の親が家に来ると
色々植えていきますが



私は虫嫌いなので
あえて虫を呼ぶような
植物は植えたくないのですが
気が付くと増えています


オニアザミe

こちら側は防草シートも無いので
雑草が結構出ますが


転圧はしてますし
砕石も敷いているのと
土も少ないので余り生えてはこず


今まで雑草取るのに
大変と思った事はないですが



ちょっと放っておくと
この時期はどんどん雑草が生えますね






・駆除をするのに準備するもの


調べてみると
白い軍手くらいじゃ
効果が無いという事でした


オニアザミf

地区のドブ掃除の時に購入した
シャベルとかなり厚手の手袋があったので
多分大丈夫です


たくさんなら除草剤とか必要ですし
抜いてもまた生えてくるそうですが
とりあえずは抜いたらまた取ろうと思います








・駆除開始



とりあえずオニアザミを見てみると

オニアザミg

結構なトゲですね・・・


これでは普通の軍手では全く
役に立たないレベルです


子供が触る前で良かったです


オニアザミh

大きいシャベルは全く役にただず


小さいシャベルで
とりあえず深くくまで掘って取りました


ゴミ袋に入れても
トゲが凄くて危険ですから


土嚢袋に入れるか
バーベキュー時に燃やすかなど
した方がいいです


オニアザミi

花が咲くと
大量の種を出すそうなので
見かけたらすぐに駆除した方がいいですね





・戸建て住宅の楽しさではあるのですが・・・



今までの賃貸アパートでは
当然する必要も無かったですが


今は自分の家と土地は
当然自分で管理しないといけません


オニアザミj

オニアザミ以外は
防草シートと砕石のおかげで
手で簡単に根まで抜けました


我が家は全部は外構が出来ていませんが
防草シートと砕石敷きだけでも
やっておけば


かなりの雑草が防げて
また出ても弱っているから
簡単に抜けますので


庭を放置しちゃうと
色々と大変なので


何か対策はしておいた方がいいですね


他に植物を植える予定が無いなら
除草剤まけば良さそうですが


オニアザミk

人工芝の隙間にも
ちょっと生えますが


こちらは犬が喜んで食べますので
除草剤は危険なので撒いていません




WEB内覧会*外構 住まいブログ・テーマ
WEB内覧会*外構


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2018年10月22日





先日の台風

山梨県も
結構な雨と風だったのですが


幸い家は全く問題はなく
無事でした


一応雨戸は閉めましたが


引越ししてから
初めて雨戸を使いました


雨、風のピークは
夜遅くだったのですが


「新しい家はこの強風でも静かだねぇ」
思ったりして
余裕があったのですが


翌日起きて
会社に出かけようと
外に出たら

台風a

DIYで作ったドッグランが壊れていました


写真だとちょっと傾いてるだけですが
見たときは完全に横に倒れていて


とりあえず
自分で起こした状態です






・壊れた原因


元々地先ブロック

業者さんに頼んで
外構工事をしてもらったのですが


その上に私が
DIYでラティスフェンスを付けたので


地先ブロックが風に耐えられずに
浮いてしまいました



台風b

ブロック同士を固定してた
モルタルが剥がれて
倒れてしまいました・・・



ちなみに
DIYでドッグランを作った記事はこちら





現状ブロックはズレてるし
固定されていないので


上に乗るとグラグラするので
自分で修理します





・ホームセンターへ買出し


作業としては

ブロック同士を固定してた
モルタルを剥がして


ブロックの位置を調整して
再度モルタルを流せばいいだけなので


まずはホームセンターへ
モルタルを買いにいきます


台風c

何種類も売ってますが
自分で練って、さらに隙間に流すのは
大変そうだなぁと探していると




台風d

チューブタイプが売っていました

3mm幅のひび割れを
修理出来ますと書いてあるので

若干用途が違いそうですが

とりあえずこちらを購入しました



台風e

後はヘラとビニール手袋を購入します








・作業開始です



台風f

まずはラティスフェンスを一度外します




台風g

このように台風の影響で
半分位ズレてしまってます




台風j

モルタルが剥がれているので
簡単に取れますので


中の砕石や砂を取り出します



台風h

丁度いいサイズの
子供のシャベルを借りました



台風i

一度このように綺麗にしたら
もう一度ハメ込みますが


隣に合うように
うまく砂などを入れて調節します





・ここで問題発生


作業は簡単だと思ったのですが
補修用のモルタルがかなり柔らかくて


どんどん流れてしまい
固定出来ません



台風k

3mm補修用って書いてあったので
仕方ないですが・・・



そこで急遽ホームセンターに行って
違うモルタルを購入しました



台風l

こちらは6mmまでOKという事で

コーキングガンも
持ってなかったですが

DCMオリジナルで198円でした




台風m

今度のモルタルは丁度いい硬さで
うまく補修出来ました



完全に固定されるまでは

ラティスフェンスは
付けない方がいいので


このまま1週間放置して




2018年09月24日





今まで気づかなかったのですが

庭で子供と遊んでいたら

サイディング補修a

サイディングが
ちょっと剥げているのを発見しました




分かりにくいので
拡大すると

サイディング補修b

こんな感じで
少しだけ剥げています



「ちょっと剥げてるなぁ」
妻に話をしたら




「ベランダにもあるよ」という事で
見てみると


サイディング補修c

これは結構ひどいですね・・・


まだ引き渡しして
1年半ですから


色々言えば
変えてくれるか
補修してくれると思いますが


ちょっとの剥げですし
内部まで剥げてるわけではなく


仮に自動車なら
タッチペンで直すレベルの剥げなので


自分で直します



引渡し時に
こうなってたら修繕を依頼しますが


ベランダは妻がハンガーなど
落とした可能性もありますし






・純正塗料が高い・・・


我が家のサイディングは

サイディング補修d

東レACEのサイディングなので


とりあえず東レに
補修塗料が買えるか聞いたところ


サイディング補修e


ハウスメーカー通してねという事なので
工務さんに聞いてみると





サイディング補修f
高い・・・


缶コーヒー半分位の量なので

今回の修繕は数適あれば足りるので
量は問題ないですが


使い切らないといけないのに
9,000円・・・



東レの方が言うには
「普通のペンキでも
問題無いですよ」という事だったので



それこそ
自動車用のタッチペン買おうかなと
思っていたら



工務さんから
他メーカーの塗料が
余ってるから頂ける事になりました








・補修塗料が届きました


どこの新築現場でも

バルコニーの内側などで
釘で打つ箇所があるので


必ず補修塗料を使うから
毎回余るそうです


サイディング補修g

今回白で余ったのが
ニチハさんの補修塗料なので


若干色が変わると思いますが
補修だけなら充分です





・補修開始です


塗料を開けると

サイディング補修h

こんな感じで
我が家のサイディングよりも

若干アイボリーががってる感じです




これを綿棒につけて補修すると

サイディング補修i

こんな感じです


拡大して〇付けてるので
補修したのが分かりますが


普段見てもまず分かりません



バルコニー部分は
さすがに剥げが広かったので

サイディング補修j

先程の部分に比べると
若干は目立ちますが


ここも普段見て
気付かないレベルになりました






・東レの方が来てくれました


ちょっとした剥げだけでしたが


レオハウスの工務さんと
東レの営業さんが
わざわざ来てくれたので


色々聞きましたが


釘打ち工法ではない
15mm以上のサイディングでも


窓下やベランダなどで一部は
納まりの関係で
釘打ちする箇所があるので


釘を隠すのに補修塗料は必ず使って
毎回余るそうです



なので
シェアが高いニチハケイミュー
人気色とか選んでいれば


全く同じ補修塗料が
手に入るかもしれません
(今回もらったのもニチハでしたし)



私が選んだ東レACEのサイディングも
気に入ってはいるのですが・・・


ニチハ>ケイミュー>>>旭トステム>その他メーカー


こんな感じのシェアなので
同じサイディングを
使う現場は少なそうです






・補修の仕方を教わりました



ちょっとした塗料の剥げだけなら


普通のペンキやタッチペンで
補修しても問題ないとの事でした


もうちょっと大きく
雨漏れ補修レベルの穴でも


サイディング補修k



このような市販品でも
大丈夫だそうです



ではどうして
純正品が9,000円もするのか聞いたら


サイディングを拡大すると分かりますが

サイディング補修l

このように白でも
黒い粒々みたいながあって


これがあるおかげで
汚れが目立たないのですが


その分値段も上がるそうです


あとはクリアーするし
硬化剤もあるし・・・・などなど
高い理由を聞きましたが


使い切らないといけない塗料で


9,000円は



2018年09月14日





我が家の1年半経過して

痛み、汚れが目立ってきた
ラティスフェンスの塗装をします


塗装前の準備編は








・準備したもの


購入した物の詳細は
前回記事を見て頂いて


ラティス施工a

まずは養生テープとコロナマスカー




ラティス施工b

そしてヤスリ






ラティス施工c

塗料と筆とバケツです



広さは横10メートル×縦90cm

最終的に購入した塗料は

0.7リットル×3缶
1.6リットル×1缶です


最初0.7リットル2缶だけ買いましたが


「全然足りずに」


1.6リットルを買い足し・・・



それでも足りずに0.7リットルを
さらに買い足しました


最初から大きい
3.4リットルを買えば
もっと安くすんだのですが






・塗装当日


まず塗装当日と前日に
雨が降っていた場合はダメです



木材が完全に乾くまで
最低1日、出来れば2日は欲しいので


当日だけではなく

前日(出来れば前々日)が雨だったら
延期します



後、キシラデコール、ウッドガードなどは
2度塗りしますが



1回目と2回目の間は
最低4~5時間位は時間を置くので



無理せず
2度塗り目は次の休みにしたほうが
いいかもしれません


無理に1日ですると

自分も疲れますが
1日ずっとDIYなんかしてると


妻の怒りを買う可能性が
非常に高くなります





・まずは養生をします



ラティス施工d

塗ったら困る所に
養生テープを貼っていきます






ラティス施工e

地面にはコロナマスカーを敷きます



ラティスを設置する際ですが

ずっと雨で濡れていると
すぐにダメになるので


施工する時は


このように地面から離して
設置した方が長持ちします





・ヤスリをかけます


ラティス施工f

このように
前の塗装が剥がれてますが
残ってる部分と汚れがあるので

ヤスリ掛けをします



ラティス施工g

インパクトのヤスリは非常に楽で
軽く1回なぞるだけで
こうなります



・格子のヤスリがけをどうする・・・


枠の部分ならすぐにヤスリは終わるのですが



ラティス施工h

格子の部分まで
ヤスリがけすると


多分これで1日終わってしまいます


既に若干黒い部分も出てますが
選んだ塗料も今より若干濃い目なので


格子部分は
ヤスリがけしないで
そのまま塗る事にしました


この辺がプロとアマの違いですね・・・





・塗装します



ラティス施工c

まずは塗料を少しずつ
バケツに移動してから塗っていきます



塗料は施工が楽な
水性のキシラデコールで
色はマホガニーです







キシラデコールもウッドガードも

正確には「木部保護材塗料」


内部に浸透して木材を保護して
色が付くという

商品なので


塗っていくと
ものすごい内部に浸透します


特に1回目は塗ったとこから
吸われていく感じです


1枚目を塗り始めてすぐに

「これは全然塗料足りないな」
実感しました



塗り方は

2度塗りしますし
どんどん吸うので

ムラとか余り気にせず
塗ります



ラティス施工i

格子部分は非常に
面倒ですが


凄い量の塗料を吸収しますが

液ダレしないように
どんどん塗っていきます




ラティス施工j

塗装直後の色はこんな感じです


右側が塗ってある方なので
結構違います








・1回目の塗装が完了


まだ半分以下の
3.6メートル×90センチだけですが


この部分の1回目の塗装が終わりました

ラティス施工k

まだ1度塗りですが
かなり綺麗になりました


割と面倒なので

「1回だけでいいんじゃ?」とも思いましたが


やはり長持ちさせるには
2度塗りした方がいいみたいです



途中子供が遊んでと休憩したりも
しましたが


養生して、ヤスリがけして
これだけの塗装で
既に4時間経過しています


養生はそのままにして

2回目は次の休みに塗装します






・1週間経過 ~2度塗り目です~


1週間の間に

余りに塗料を吸うので
塗料を買い足しました

ラティス施工l

3.6メートル×90cmの
1度塗りだけで

0.5リットル位は使いました



後は
ベンダーという
隙間専用のブラシを購入

ラティス施工m




ラティスの間や
下の部分を塗るのに便利です

ラティス施工n

この部分などは
刷毛だけだと大変です



2度塗り目は
塗料をそれほど吸わないので


前回の半分以下の
塗料で済みそうです




ラティス施工o

右側が塗っている方です
乾くと濃くなります





・2度塗り目も完成しました



ラティス施工p

2度塗り後、乾燥(5時間)した写真です




ラティス施工f

こちらが塗装前



ラティス施工k

こちらが1度塗り後です

写真でもちょっとは
違いますが

実際見ると
1度塗りと2度塗りでは
結構変わりますので


やはり説明書通りに
2度塗りしないとダメですね





・塗装前の大事な心構え



写真以外にも
ここまでで6メートル×90cm


2度塗りまで完成させて


休みの日に朝6時から
3時間ほどの作業を4日間


既に13時間かかっています




まだ4メートル残っているので
さらに後10時間位は必要です




ラティス施工q

左側はまだ未施工です



おしゃれな模様付の
ラティスもあるので
さらに施工に時間がかかってます




休日しか作業出来ない
サラリーマンの場合


頑張って休み中に
終わらせたいですが


1日ではまず終わりません


かなり長期になるので



予算がある方は

最初に人工木で施工するか
塗装を業者に頼んだ方がいいかもしれません


とにかく格子部分が面倒すぎますので


安いからとラティスいっぱい使うと

後で大変になります





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2018年09月12日





引越ししてすぐに
DIYで作った

ドッグラン兼子供の遊び場です

ラティス準備a

こちらは完成したばかりなので
綺麗なのですが


作ってから
1年半近くたったので


ラティス準備b

ホームセンターの
安いラティスなので

かなり汚れたり
痛んだりしてきました





ラティス準備c

近くで見ると
かなり痛んでいるのが分かります



過去のラティスでドッグランを
施工した記事はこちら









・ラティスをどうするか・・・



ホームセンターの
安いラティスなので

それほど持たないとは
思っていましたが


1年半でこの痛みなので
何か対策をしないと
ダメになってしまいます


いくつか選択肢がありますが

施工が楽なのは


①同じラティスを買って交換する

枠組みや支柱はあるので
同じ大きさのものを買って来て
交換するのが一番楽ですが


だいたいラティス代で20,000円位かかり


さらにまた1年経つと同じ事になりますので
この案は却下です




②人工木のラティスに変える


天然木は紫外線や雨に弱いので
今回みたいに1年半でかなり痛みますが






このような人工木
ラティスなら4~5年位は持ちますが

値段が高く

この広さでも
8~9万円はかかります


予算さえあれば
これが一番いいのですが・・・



というわけで

③ラティスに保護塗装材を塗る

これなら一番手間はかかりますが
予算は1万円ほどで済みますし


一度ちゃんと塗装すれば
2~3年位は大丈夫です





・材料を買いに行きます


まずはメインである木材塗料です



有名なのが

ラティス準備d

木材の保護&塗装といえば
キシラデコールという位有名な商品です


難点は値段が若干高いので
今回の塗装面積だと

だいたい
20,000円ほどかかってしまいます



次に有名なのが

ラティス準備e

ウッドガードです
キシラデコールより2~3割安いので
14,000円ほどで買えますが


この2つは
両方とも油性塗料なので


色々面倒です



「油性と水性の違い」

水性だからといって
水に濡れたら塗料が
落ちることはありませんが
(両方とも乾いたら大丈夫です)


やはり油性のが
耐久性には優れていますので
プロや業務用はみんな油性だと思います


しかしデメリットも多く

・臭いがキツイ

・保管する時に色々注意が必要

・間違って塗った時の処理が大変

・水性よりも塗るのが難しい


などなどのデメリットがあります



水性の場合は
耐久性は若干落ちますが

臭いはそこまで強くなく


油性に比べると塗りやすく


間違って塗った所や
塗料が地面に落ちてしまっても

すぐに水洗いすれば落ちるので

初心者は水性のがいいのですが・・・


と思ってたら
知らない間に

キシラデコールの水性なんて
あったのですね

ラティス準備f


キシラデコールなので
他の塗料に比べると高いのですが

長持ちしそうなので
こちらを購入します


金額はウッドガードと
同じ位で14,000円位なので


油性のキシラデコールよりは安かったです








・その他必要なもの


木材の場合、そのまま塗ってはダメ


前の塗装や汚れ、傷などがあるので
これをヤスリで削ります




ラティス準備g

こういったサンドペーパーでもいいのですが
(だいたい150番前後)


量が多くて
面倒なので



ラティス準備h

こういった
インパクトに取り付け出来る
ヤスリを購入しました


これでかなり時間が短縮出来ます



ラティス準備i


インパクトに付けるとこうなります


最終的な仕上げなどの
ヤスリ掛けには不向きですが


木材塗装前のヤスリ掛けには
大変便利です




・塗りたくない箇所の保護


ラティス準備j

こういう金具の部分や
地面に塗料が付いたら大変なので




ラティス準備k

養生テープと





ラティス準備l

コロナマスカーを用意します




ラティス準備m

塗装なのでもちろん筆も用意します
格子の部分は細かいので

30~40mm


枠は広めで
50~70mmの2本あると楽です



これに塗料を入れるバケツを
100均で用意すれば

準備は完了です


次回