レオハウス

2018年02月09日

キッチンは4メーカーも選択肢がありましたが
バスルームは2つからしか選べません


・TOTO「サザナ」
・LIXIL「アライズ」

2つならすぐ決まると思ったのですが
こちらも案外決まらずで
(どちらも同じ感じなので)



まずはTOTO「サザナ」
サザナ600-400




次にLIXIL「アライズ」
アライズ600-400


どちらも同じような性能で
売りも同じなので悩むのですが


どちらも売り文句は同じです

・浴槽が冷めにくい。
・床が暖かくてすぐ乾く


もちろん浴室内暖房
浴室衣類乾燥機能は両方付いてます。



こちらはレオハウスの
支店には無かったので
両方のショールームへ



まずはTOTOへ
売りは柔らかくて暖かい「ほっカラリ床」

・・・・
・・・
・・
たしかに「ほっカラリ床」は柔らかい。


子供がいる家庭では
お風呂マットを敷いていますがあんな感じです。


床が「冷えっ」せずという売りは
別に暖かいわけではないので普通
(今までがタイルなら暖かいと感じるかもしれません)


そしてメインの浴槽が
「おおぉ」となんか豪華と思ったら
人造大理石浴槽でした。


標準のFRPより見た目高級感ありますが
オプション費用10万円


キッチンでお金かけたばかりだし
お風呂使う人なんて家族、親族位なので
オプションは使わない方向に


広さは今のアパートと比べると
かなり大きくなるので絶対満足はします。


ショールームの1616タイプは
TOTOオススメのクレイドル浴槽
広さも充分あります。

・・・・
・・・
・・
「まあ普通?」


冷静に考えるとお湯も入ってない
浴槽に入って感動する事は
檜風呂でもない限りないと思います


シャワー水栓も見た目がよく
これはTOTOでいいかなぁと思いながらリクシルへ



LIXILのアライズは床が「きれいサーモ」

サザナに比べると普通の硬さ
こちらも「冷えっ」とはしませんが
暖かくもない感じ


TOTOと違って柔らかさはないですが
表面はザラザラした感触で
お風呂マットはいらなさそう。


こちらの浴槽は1600ロング浴槽
今までの浴槽より若干大きいみたい。


「まあ普通?」
・・・・
・・・
・・
TOTOと同じ感想ですが・・・
お湯のない浴槽に入ったらこういう感想かなと



ちなみに営業さんの推しはLIXILアライズ
「TOTO」の柔らかい床は
10年は持たないでダメになると言う意見です。


大手メーカーなので
そこまでの心配は無さそうですが
たしかにネットを見ると
カビが落ちないなどは書かれています。



結局「LIXILアライズで決定」

ショールームで両方見て
たしかにTOTOの床は柔らかく気持ちいいですが
LIXILのも普通ですし。


柔らかく無い分掃除はしやすそうなのと
手入れが簡単そう。


また子供は風呂イスの上に乗ったりするので
柔らかい床がダメになりそう

床が決定要因の1つで



後は水栓スイッチ

TOTO水栓400-300


TOTOのは見た目おしゃれですが
この見た目で手で回します。
デザイン重視の為か割と扱いづらい。





LIXIL水栓400-300


LIXILはプッシュ式
プラスチックなので見た目は
TOTOより劣りますが
プッシュ式のが楽なのでこちらで決定



でも本当に
「どちらでも良かったです」
(ほとんど変わらないので)


・どっちでもいい場合の選び方

これから先まだまだたくさんの商品を選びます。
その中で「これは譲れない」という物が出てくるので
どちらでもいい場合は

①妻の「こっちがいい」の逆のものを
 ほんのちょっと「こっちもいいかも」って言う。

②当然妻は反対意見を言うので
 ちゃんと聞いてあげる。

「ならそっちのがいいかもね」
 と意見に従った感を出す


「どっちでもいい」と言葉に出すと
機嫌悪くなるのでNGです


この先、仮に他の設備で揉めた時に
「お風呂はそっちが決めたから今度はこっち」と言って
妻が納得する可能性が「ほんのちょっと」上がります



メーカーが決まると次に色選びと浴槽選びです。

浴槽カラー400-300

「浴槽が白以外思い浮かばない」
という事で白に




浴槽パネル400-300

浴室パネルはたくさん選べます。
ベースパネルが3色
アクセントパネルが16色




バスルーム模型600-400


ショールームに行くと、浴室のおもちゃみたいなのが
置いてあり、これで完成イメージを想像出来ます。

オプションのパネルもありましたが
標準のパネルで充分満足でしたので
標準を選択




次に浴槽ですが
浴槽形400-300


女性=エコベンチ浴槽(水道代節約派)
男性=ロング浴槽で(ゆったりしたい派)
よく意見が割れるんですよーなんて
言ってましたが


夫婦二人とも浴槽にステップがある浴槽は嫌だ
という意見が一致したので
1600ロング浴槽を選択


カウンターは標準で充分な大きさだし
浴槽内のバーと収納棚(3段)や
洗濯用のランドリーバーも標準で付いています。


棚、照明、鏡なども標準のもので
充分満足なので
バスルームはオプション費用0円でした。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング





2018年02月08日

契約が終わって間取りが決まっても
まだまだ家の打ち合せは
たくさんあります。


契約が終わると基本的に
営業さんとはお別れで
打合せは工務担当者さんになります。



工務さんとは
・家の基本の事
・設備関係
・照明の配置
・完成までのスケジュール
などなどですが


工務さんとは別に
インテリアコーディネーターさんがいて

・カーテン
・サイディング
・壁紙
・玄関や玄関タイル

この辺は
コーティネーターさんと打合せになります。



・いきなり72,000円追加

工務担当者=現場監督さんになります。

引渡しまで担当しますので
おそらく営業さんより長い付き合いになります。


物凄くいい方で最後まで安心して
家を建てれたのですが

最初にいきなり

予定の見積りに入れられなかったのか
入れ忘れたのか

・水道メーターBOX材料工事費
 37,500円

・不凍栓バルブ設置工事費
 34,500円

この2つが追加になるので
お願いしますとの事


こっちはこの先何が必要か分かりませんので
「もしや毎回こうやって追加されるのか」
いきなりの7万円追加にビビります。


まあ無くては困る物なので
仕方ないのでサインしました。



・ここで100万円は変わる地盤調査

土地を購入して家を建てる前に
地盤調査をします。

地盤改良が必要になると
50万円~場合によっては200万円必要になります。


地盤調査後に土地を買えるシステムが
あればいいのですが無理なので
運も左右します


見積り額では50万円になってますので
ここで200万は非常にキツくなります。
逆に改良必要無しなら余裕が出ます。


レオハウスでは
「地盤ネット」という会社に
依頼をしますが




ここでは地盤カルテというサービスが
あり、住所を入れると
地盤改良の可能性や液状化のリスクなどが
無料で分かります。

もちろんここで大丈夫でも実際は
改良が必要だったりしますが


工務さんに聞くと
4区画の分譲地で1区画のみダメだったり
その逆もあったりで
やはり調査終わるまでは微妙みたいです。

地盤ネット400-600

我が家の土地です。


全国平均点が63点みたいなので
75点はまずまずです

地盤改良リスクはAで
「ほぼ大丈夫と」出てますが

かなり離れた地域も同じ評価になるので
ピンポイントの精度は不明です。


早速あさってに調査と言うので
来週には結果が出ます。



・地鎮祭の打ち合せ

レオハウスの見積りには
「地鎮祭費用3万円」が入っています。

神主さんと、その他準備費用が全て込なので
何もする必要がないのですが


「この神主さんってどこの神社の方ですか?」
営業さん「○○町の神社です」

・・・・
・・・
・・
住んでる所の隣の隣の町です。


「地鎮祭って住んでる町の
神社じゃなくて意味あるのかなぁ


今回引っ越すところは徒歩3分位で
大きい神社があって
○○市●●の地名の由来になるくらい
古い神社です。


こっちで頼んでもいいとの事なので
直接神社に依頼する事にしました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年02月07日

キャンペーンで
無料で付くはずの太陽光ですが

営業さんに
色んな理由で止められた話です。



まずレオハウス契約時の見積りがこちら

別途工事30万400-300

こちらの300,000円含むというのは
スキップフロアのオプションなので
最初から入っています。




しかし契約後の今の見積りがこちら

別途工事40万400-300

なぜ上がったのかというと・・・



書きましたが


大人気の家CoCo誕生記念プチセレブキャンペーン
(やはり恥ずかしい名前)

というのがあり
全5種類の中から1つプレゼントで


①屋上施工
②キッチングレードアップ&テレビボード
③ペット仕様の家
④子供仕様の家
⑤太陽光

あきらかに
太陽光が一番お得そうなので
我が家は太陽光を選びましたが・・・



営業さんが

「設置に100万位かかるので損しますよ」

「見た目も良くないしオススメしません」
などなど言ってきます。


詳しく聞いた所
太陽光は無料だけど
建築場所が引き込み工事をしないとダメなので
東京電力から100万円位かかるとの事


10kw以上は有料って話を聞いたけど
それ以下は無料のはずですが・・・
そもそも隣家は太陽光付いてますし


無料のはずなので
「こちらから東京電力に聞いてみます」と言うと
隣にいた建築士さんも
「無料だよー」と言ってくれました。


建築士さんは
3.25kwなので設置には屋根は今のままで大丈夫
強度ももちろん問題無しと言ってくれてます。


営業さんも
何件も売ってるんだから
そんな間違いはしないはずですが・・・


しっかりしている営業さんで
今までの会話でも、そんな基本的な間違いは
言うような人では無かったので
「何故そこまで太陽光を付けたくないんだろう」
と逆に不審に思ったのですが



太陽光を設置させたくない理由が
分かりました



見積りのカップボード無料は
プチセレブキャンペーンの
②キッチングレードアップ&テレビボード
選ぶ前提で作ったみたいで

太陽光を選ぶなら別途
カップボードの代金がかかるそうです。

キャンペーンキッチン600-200


・・・・
・・・
・・
だからキッチンの打ち合せの時に

展示品のキッチンを見て

私「このキッチンが付くんですよね?」
営業「はい」

という会話になったんです。
これはプチセレブキャンペーンの
「キッチンアップグレード」を
付ければという条件付きだった訳ですね。



このままではキッチンオプション28万円
にさらにカップボード代がかかり
キッチンの追加費用が
44万円になってしまいます


②を選ぶとカップボードとキッチングレードアップ
(2つで304,500円)とテレビボードが付きます。


それでも太陽光のが3年で30万円は返ってくるので
太陽光のが得だなぁと思いますが


こちらはプチセレブキャンペーンで②を選べば
無料という話は聞いていませんので
色々交渉の結果


・太陽光は付ける
・カップボード代は支払う
・前回のマルチ収納対面プランは無料


という話になって

カップボード代 157,000円を支払う事に
なのでキッチンの追加料金が30万円になりました。

セレクト工事400-200

ちなみに22条地域仕様は
建てる場所が防火地域なので、その対応料金です。



たしかに最初に見積りが出た時に
「この値段でここまで付くのか」と思ったので


カップボード代金追加でも
仕方ないなぁってのはありますし
初回の見積りからそこまでギリギリだったのかと
その点は納得なのですが


5つの中から好きなのプレゼントを
最初に勝手に入れるのはちょっとなぁと(苦笑)


レオハウスの打ち合せは建築士さんも一緒なので
今回みたいに営業さん的にはNGでも
設計士さんが「問題ないよー」ってのがあったので良かったです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年02月05日

家を建てるには当然ですが
土地の契約をしないとなりません



何となく土地契約のイメージは

応接室400-300

こういう銀行の応接室でするイメージなのですが



レオハウスの営業さん
「場所は不動産屋がセッティングして下さい」

まあそうですね、ハウスメーカーは関係ないですし


不動産屋さん
「場所が無いからそっちで決めて」

・・・・
・・・
・・
銀行で住宅ローン組めば
その銀行の応接室を借りれると思いますが
フラット35の為契約する場所が無い


普通のサラリーマンが
「土地取引したいので応接室貸して下さい」
と銀行に電話して借りれるのかな・・・



と思っていたら地主さんが
土地近くの銀行に聞いてくれて
スペースを借りれる事に


しかし応接室ではなく
窓口横のパーテーションで区切っただけのスペース

パーテーション400-300

(こういう所)


ここの銀行で住宅ローン組むなら
豪華な応接室を借りれたかもしれませんが


フラット35で借りてさらに申込先もアルヒなので
銀行の利益は振込手数料だけなので
仕方ないです


地主さんはこの銀行付近にたくさん
土地持ってるので単に応接室が
いっぱいだっただけかもしれませんが



当日は8人集まり土地契約へ
・売主の地主さん
・地主さんの娘さん
(筆が分かれてて2人の持ち主になっています)
・不動産会社の社長さん
・不動産会社知り合いの司法書士さん
・レオハウスの営業さん
・私達夫婦と子供

が集まって支払と土地の名義移動です。

狭いスペースなので
パイプ椅子が足りない位キツキツです


売買は順調で特に問題もなく終わりました。



支払も振込なので

・つなぎ融資で私の口座にお金が入る
・お金引き出して、地主さんの口座に振込

なので札束が手元にあった時間は1分位です


支払うものは
・土地代金
・不動産屋の仲介手数料
(相場は土地代の4%)
・印紙税
・登記費用
・下水道負担金
(既に引いてあれば地主さんへ支払い)
・地主さん支払済の今年度の固定資産税
(年度末分までを日割りで支払)


土地代金は住宅ローンで
借りれても他の物は借りれませんので
ある程度の現金は必要です。
(我が家の場合は486,000円でした)



先日、不動産屋さんの社長さんが
私の勤務先の社長と会長の
知り合いだった話をしましたが
そのお陰で値引きしてもらいました


司法書士さんが
「社長さんとどういう知り合いですか?」
と聞くので
「私は知らないんです」とも言えないので
「まあ仕事関係です」と答えましたが


「知り合いだから手数料を安くしろ」って
言ってくれたそうです。
その為見積り額より
総額で2万円ちょっと浮きました^^


最後に銀行の方が挨拶に来て

「土地の契約ですか?
住宅ローンが決まってなければ是非ウチで」
と営業されました。

「応接室を借りれたら考えました」とでも
言おうと思いましたが
「すみません、もう決まってます」と帰りました。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年02月02日


キッチンはレオハウス全部展示してあるので
全種類を見ましたが


元々キッチンは
タカラスタンダードのホーローにしたいと思っていて
レオハウスに展示してある商品が気に入ったので
ショールーム見に行く必要も無かったのですが

c-キッチン

d-キッチン


レオハウスに展示してあった
タカラスタンダードのグランディア
色以外は全て気に入ったので
これがそのまま欲しいという事に


色選び等もあるので一応見にいこうという話で
ショールームに行く事になりました。


レオハウスの大人気の家CoCoでは
キッチンは4メーカーから選べました。

・トクラス
・リクシル
・クリナップ
・タカラスタンダード


このうちトクラスは仕入れ値が高いそうで
食洗機が付いてないのでまず却下



仕事で20年以上前の廃棄する
システムキッチンをたくさん見ますが
古いのに頑丈なのが

・ステンレスのクリナップと
・ホーローのタカラです。

木製キッチンは残念ながらボロボロになってます。
(ボロボロなので買い替えるんでしょうけど)

子供もいるし丁寧には使えないので
木製のLIXILも却下


クリナップは悩んだのですが
ワークトップは人造大理石がいいので
クリナップの良さが出ないので却下


結局タカラスタンダードだけ見に行く事に



レオハウスのシステムキッチンは
グランディアという工務店仕様なので
ショールーム奥の
事務所みたいな場所に展示されています。


ちなみにタカラスタンダードの売りの
高品位ホーローとは

ホーロー説明400-600


金属にガラスを850℃で焼き付けてるので
・火に物凄く強い
・表面はガラスなので水にも強い
・当然ガラスなので汚れも染みこまない。
という水、火に強いのでキッチンにはピッタリです。


磁石が全て付くので
小物入れも自由に付けれますし

全てを型に入れて焼き上げるから
接着剤を使っていませんので
シックハウスの原因物質が出ないと
「デザインと質感を除けば」
キッチンとしては理想の商品です。


またタカラの場合は他メーカーと違い
ホーローに関しては
高いグレードと安いグレードも
同じホーローで出来ています。


他メーカーの木製、ステンレス製は
グレードによって素材が変わりますが
タカラは同じです。


グランディアの特徴としては扉、キャビネットすべて
引き出し内部もすべてが全部ホーローで
出来ているので頑丈で手入れが簡単です。



タカラスタンダード名物
ショールームお姉さんの実演

タカラのショールームに行くと必ず実演してくれるのが
・油性ペンに書いたものが水拭きで消える
・トンカチで叩いても割れない
・金属タワシでこすっても傷が付かない
・火であぶってコゲても拭くだけで消える


丈夫さアピールなのですが
ショールームのお姉さんが
嬉しそうに実演します。



・全部ホーローなので子供がクレヨンや
油性ペン落書きしても消せますし


・金属タワシでこすっても平気なので
油はねの汚れやしつこい汚れも
メラニンスポンジでこすっただけで
新品時の輝きになるという
メンテナンスの楽さも良かったので


当初の予定から変わる事なくタカラに決定しました。





・結局キッチンの追加料金で
 28万円かかってしまう


最初の見積りから無料キャンペーンで
「キッチングレードアップ」
「キッチンカップボード」という項目がありました。

キャンペーン600-200



その為レオハウスに展示してある
キッチンそのままだと思ったのですが
展示品はもっといい奴らしく


営業さんの言うキッチングレードアップは
①オープンキッチン仕様
②レンジフードがワンランクアップ
の2つがグレードアップらしく



展示品はオープンキッチン仕様でも値段が高い
「マルチ収納対面プラン」というタイプ

背面収納600-400

正面収納600-400


シンク奥の棚と背面収納は付いてないらしい



オープンキッチンの開放感はあるのに
収納スペースもたくさんあって
「これしかない」と思っていたのですが

最初に「このキッチンが付くんですよね?」と聞いて
「はい」って言われたのですが

・・・・
・・・
・・
オプションは付かなくても
同じタイプは付くので間違っては無いんですけど

・・・・
・・・
・・
展示品にこの部分はオプションです
書いてくれればいいのにと思いましたが

レンジフードキャンペーン300-200


たしかにキッチンに置いてある資料には
レンジフードグレードアップと書いてあるし
別にここだけでも
「キッチングレードアップ」で嘘ではないし


金額的に無料では付けれないという話になりました。


グランディアは工務店仕様なので
似たような市販品「エーデル」で検索しても
マルチ収納対面プラン変更で差額15万掛かります
(エーデルのワークトップを人造大理石=グランディア)

エーデル

高い・・・



オープンキッチンなので吊り戸棚は付けれないし
カップボードはかなり大きいですが
この収納は魅力的で
既に「これしかない」と思っていたので15万円追加
展示品と同じ物にしました。

カップボード400-200


カップボードはキャンペーンで
付くものでも幅1800mmと充分な大きさ
こちらはキャンペーン品のままで大丈夫



残りのオプションは納得なので仕方ないですが
展示品のシンクは標準のZシンクという物でした。

Zシンク300-200
(標準で付くZシンク)


これが余り評判が良くなく

・割と早く錆びる
(国民生活センターの4メーカー錆びテスト)
これはZシンクに限らず手入れしないと
今のステンレスは割と錆びます

・人造大理石との継ぎ目が汚れやすい。


しかしシンクを人造大理石にすると
オプション費用が38,000円かかりますが

・タカラの人造大理石シンクは
「アクリル人造大理石」という
熱に強い製品なのですが

ワークトップと一体型になるので
天板も「アクリル人造大理石」になります。

一体型なのでシンクの継ぎ目もなくなり
全部がアクリル人造大理石になるので
こちらはある意味お得かなと思い
さらに38,000円追加です。



・さらにオプション10万円

仕様は決まったので最後はパネルの色決めですが

標準で選べるのは全6色なのですが

扉6色400-300


他のメーカーの木製キッチンに比べると
「全部安っぽいんです


ホーローの性能が気に入ったので
仕方無いですが
ツルピカの質感が見事に
「調和しません」
(家に事務用机を置く感じ



しかしショールームにはオプションの
木目パネル実物が!
「これしかない」
レベルで質感が上がります。


妻は標準でいいと言ってますが
毎日見る物だしオープンキッチンなので
ここを気に入らないと毎日後悔するなと思い
オプションのパネルにしました。

木目オプション300-200

ウッドパネル変更は50,000円と書いてありますが
これはキッチン部分だけの金額で
カップボード変更もさらに50,000円
かかるので計10万円


2,000円だけ値引いてくれて
98,000円追加になりました


結局
・マルチ収納対面プラン(147,500円)
・人造大理石シンク(38,000円)
・木目調パネル(98,000円)

以上3点のオプションで
283,500円の追加オプション

キャンペーンに書いてある
キッチングレードアップは何だったのかという
感じに値段が上がってしまいました・・・




・現在のキッチンはこちら

n-キッチン

色はフォレストホワイトを選びました。


c-9

汚れが目立つ白ですが
油はねも水拭きのみで綺麗になって
シンクも継ぎ目が無く綺麗なままので
これで良かったと満足しています。


妻もキッチンの物が
リビングとダイニングからは見えないので
お気に入りです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング