キッチン

2018年05月15日

前回リビングとスキップフロアを
書きましたが

今回は残りの
ダイニングとキッチンです




・まずはキッチンの間取りです

キッチンa

実際はカップボードと冷蔵庫が
逆になっています


希望は対面の
オープンキッチンでした


そしてコンロ前の壁も邪魔だし
狭く感じるので
無しにしました


このおかげでキッチン全部から
ダイニングが見えるので
小さい子供がいても安心です



・コンロの壁がないデメリットは


・油がダイニングまで跳ねる
・手元が見えるので物が置けない



物が置けないのは
オープンキッチン
永遠の悩みというか
苦労なのですが



しかし、オープンキッチンでも
物をたくさん置いても大丈夫という
商品を選びました

キッチンb





キッチンc

タカラスタンダードの
マルチ収納対面プランです


オープンキッチンの
開放感はちゃんとありながら


キッチン側の物は
ダイニングからは見えないので
凄く気に入っています



油汚れも
ホーロー製ですから
簡単に拭き取れます



詳細は






過去にこちらに書きましたが



色を変えるだけで10万円

全部で30万円の
オプション費用がかかりましたが
本当に満足してるので
30万円出して良かったです



キッチンd

収納も凄い多いので
当分困る事は無さそうです


でも食洗機は
最初だけで
今はほとんど使っていません





キッチンe

キッチン裏のカップボードです


キッチン収納も広いし
カップボードも大きいので

収納にはまだまだ困っていません


賃貸の時は今の5分の1位の
収納しかなかったはずですが

どうやって収納してたのか謎です




カップボードの奥には
パントリーがあって


開けると
生ごみ処理機や
カン、ビン置き場と

キッチン用品の
ストックなどが置いてあります

キッチンf

生ごみ処理機のおかげで
毎日三角コーナーは
何も無い状態なので

これはオススメです



・次にダイニングです

キッチンg

テーブルは実際には
90度ズラして置いてます


こちらの方が
キッチンからの
食器が取りやすいし


南側の掃き出し窓から
外が全員が見れます


ダイニングテーブルの右側は

最初は奥にミシン台を
置く予定でしたが

今は子供用の
チェストが置いてあります

キッチンh

チェストが置いてある場所は
(本来はミシンの予定でしたが)


生活感が凄い出そうなので
隠そうとも思ったのですが

壁だとLDKが狭く感じるので
間柱を3本建てる事にしました




キッチンi

こちらが引き渡し直後のダイニングです


テーブルは
左右から人が通れる大きさで
最大サイズが希望でした


東京インテリアに
間取り図を持っていって
シュミレーションしてもらった結果

キッチンj

4人用のダイニングテーブルは

120cm(標準)
135cm(ちょっとゆったり)
150cm(かなりゆったり)

この3サイズが多いのですが
150cmでも人が左右から通れるので
こちらにしました




キッチンk

現在は子供が椅子から
落ちたら危ないので
ジョイントマットを敷いています




ダイニングとキッチンも
前回のリビングと同じく

「こうしたらよかった」
というのはありません
全て気に入っています


夫婦ともに
間取りの希望が
ピッタリ一致したから
その点も良かったです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年02月07日

キャンペーンで
無料で付くはずの太陽光ですが

営業さんに
色んな理由で止められた話です。



まずレオハウス契約時の見積りがこちら

別途工事30万400-300

こちらの300,000円含むというのは
スキップフロアのオプションなので
最初から入っています。




しかし契約後の今の見積りがこちら

別途工事40万400-300

なぜ上がったのかというと・・・



書きましたが


大人気の家CoCo誕生記念プチセレブキャンペーン
(やはり恥ずかしい名前)

というのがあり
全5種類の中から1つプレゼントで


①屋上施工
②キッチングレードアップ&テレビボード
③ペット仕様の家
④子供仕様の家
⑤太陽光

あきらかに
太陽光が一番お得そうなので
我が家は太陽光を選びましたが・・・



営業さんが

「設置に100万位かかるので損しますよ」

「見た目も良くないしオススメしません」
などなど言ってきます。


詳しく聞いた所
太陽光は無料だけど
建築場所が引き込み工事をしないとダメなので
東京電力から100万円位かかるとの事


10kw以上は有料って話を聞いたけど
それ以下は無料のはずですが・・・
そもそも隣家は太陽光付いてますし


無料のはずなので
「こちらから東京電力に聞いてみます」と言うと
隣にいた建築士さんも
「無料だよー」と言ってくれました。


建築士さんは
3.25kwなので設置には屋根は今のままで大丈夫
強度ももちろん問題無しと言ってくれてます。


営業さんも
何件も売ってるんだから
そんな間違いはしないはずですが・・・


しっかりしている営業さんで
今までの会話でも、そんな基本的な間違いは
言うような人では無かったので
「何故そこまで太陽光を付けたくないんだろう」
と逆に不審に思ったのですが



太陽光を設置させたくない理由が
分かりました



見積りのカップボード無料は
プチセレブキャンペーンの
②キッチングレードアップ&テレビボード
選ぶ前提で作ったみたいで

太陽光を選ぶなら別途
カップボードの代金がかかるそうです。

キャンペーンキッチン600-200


・・・・
・・・
・・
だからキッチンの打ち合せの時に

展示品のキッチンを見て

私「このキッチンが付くんですよね?」
営業「はい」

という会話になったんです。
これはプチセレブキャンペーンの
「キッチンアップグレード」を
付ければという条件付きだった訳ですね。



このままではキッチンオプション28万円
にさらにカップボード代がかかり
キッチンの追加費用が
44万円になってしまいます


②を選ぶとカップボードとキッチングレードアップ
(2つで304,500円)とテレビボードが付きます。


それでも太陽光のが3年で30万円は返ってくるので
太陽光のが得だなぁと思いますが


こちらはプチセレブキャンペーンで②を選べば
無料という話は聞いていませんので
色々交渉の結果


・太陽光は付ける
・カップボード代は支払う
・前回のマルチ収納対面プランは無料


という話になって

カップボード代 157,000円を支払う事に
なのでキッチンの追加料金が30万円になりました。

セレクト工事400-200

ちなみに22条地域仕様は
建てる場所が防火地域なので、その対応料金です。



たしかに最初に見積りが出た時に
「この値段でここまで付くのか」と思ったので


カップボード代金追加でも
仕方ないなぁってのはありますし
初回の見積りからそこまでギリギリだったのかと
その点は納得なのですが


5つの中から好きなのプレゼントを
最初に勝手に入れるのはちょっとなぁと(苦笑)


レオハウスの打ち合せは建築士さんも一緒なので
今回みたいに営業さん的にはNGでも
設計士さんが「問題ないよー」ってのがあったので良かったです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング