2018年07月

2018年07月31日


前回

一番長持ちするキッチンを書いたので

今回は外壁材です




システムキッチンの記事はこちら








・主な外壁材の種類です


マイナーな物や
昔はあったけど
今はほとんどない物を除くと


・サイディング
・タイル
・ALC
・ガルバリウム
・モルタル



一般の家だと
サイディングがほとんどで
シェアは90%もあります


ビルなどはALCが多いので
私の職場(廃棄物の処分業)だと


①サイデイング
②ALC
③モルタル
④タイル
⑤ガルバリウム


この順番で見る量が多いですが

一般家庭だとALCはほとんど来ません
(ヘーベルハウスだけですね)


今はほとんどない
モルタル塗りの家から
サイディングに建て替えが多いので
モルタルは結構きます






・サイディング


シェア9割、今の家はほとんどサイディングです


9割でも

金属系サイディングが10%に満たなくて

今回紹介する窯業系サイディングが
8割以上と、ほとんどこちらです




外壁a

こちらは我が家の画像です




外壁a-2

我が家はサイディングで
東レACEの18mmです



今は15mm以上がほとんどですが


昔は12mmや14mmもあって
14mmまで釘打ち工法と言って
釘で打って固定しますので



穴あくし、数年すると穴が大きくなるし
色々問題でしたが



15mmからは工法が変わるので
釘打ちはしません


シェア8割の商品ですから
メーカーの製品開発も凄くて


外壁b

長い期間綺麗を保つと言ってますが
実際どれくらい持つかは分かりません



どんなにサイディングが持っても
残念ながら家の耐久年数よりも少なく


昔のサイディングは10~15年で
結構ボロボロになって張替えたりします


今の18mmは15年保証ですから
20年位は持って欲しいですね




メリットとしては



・価格が安い
(他の外壁材に比べると)


・種類が豊富なので
 希望の色やデザインが見つかる
(我が家は322種類から選べました)



・8割の家庭で使っているので
 ほとんどの大工さんが
 施工に慣れてる



・同じくシェアが高いので
 長寿命の商品など
 商品開発のペースが凄い




デメリットとしては


・家の耐久年数より持たない

サイディング本体は15年保証など
ありますが継ぎ目のシーリングが持ちません


我が家のシーリングも
高耐久シーリングですが
10~15年でメンテナンスが必要です





・ALC


外壁c

ヘーベルハウスでおなじみのALCです


解体屋さんの中には

ALCって言わずに
「ヘーベル」って言って
持ってくるくらいです


ビルなどは
かなりのシェアでALCですが


一般家庭だとヘーベルハウス以外は
余り見ません


軽量気泡コンクリートって言いますが


そこまで軽くなく
サイディングなどと比べると
かなり重いです
(コンクリートに比べると軽いですが)




メリットは



・燃えない
コンクリートと付く位なので燃えません



・遮音性
コンクリートに気泡入れてるのと同じなので
遮音性が凄いです

防音ルームなど
作る人はヘーベルにしてますね


・断熱
気泡入りコンクリートなので
これだけでサイディングやタイルに比べて
断熱性があります


もちろんこれだけではダメなので
別に断熱材は使います




デメリットは

・水を吸います

ALCだけだと吸水性があるので
防水塗料を塗ります

防火、遮音、断熱と
結構外壁材として優秀なのですが
それほど使われない原因です


防水塗料で
高い商品と安い商品の差が出るので


ヘーベルハウスみたいな高い商品じゃないと
サイディングより耐用年数が短くなります




・家の耐久年数より持たない

ALCもシーリング使うので
こちらが持ちませんし


さらに防水塗料も
塗り直しが必要です


なのでサイディングと同じ位の期間で
メンテナンスになります



・デザインが少ない

ヘーベルハウスの家はすぐに
分かると思いますが

パネル状のコンクリートに
塗装するだけなので
デザインは少ないです


まあ「あの家ヘーベル」って分かるのは
むしろメリットだと思いますが(笑)






・モルタル


左官屋さんが壁に塗ります
昔はこの手法しか無かったです



外見だけなら
個人的には一番好きです


外壁d

モルタル塗りにオレンジ系の瓦の
南欧風のデザインはオシャレですね



もちろん昔ながらの和風の家も
モルタルです


最近はほとんど見ませんが

解体する位ですから
古い家が多いので


モルタルの処分量は多いです




メリットとしては


・地震に強い

職人さんが全部塗るので

サイディングやALCみたいに
パネル単位になっていませんから

一部分だけ落ちるなんて事はありません


地震に弱いと書いてある
ブログが結構ありますが


モルタルが弱い訳ではなく


ほとんどの家がモルタルだった時の
家が古くて耐震性が無いだけです



・デザインは何でも可能

職人さんが塗るので
上手な方なら何でも出来ます



デメリットは

・高い

左官屋さんがいない今の時代では
高級品になってます


・品質にバラツキがある

当然職人の腕に左右されます

格安でしますなんて
左官屋以外が塗ったりしたら大変です



・ヒビ割れする

昔は近所に1、2人位左官屋さんがいて
ちょっとしたヒビ割れは直してましたが


・アフターが心配

今ですら、かなりモルタル施工出来る業者が
少ないですから
10年~20年後はさらに少ないと思います





・タイル


住宅系ブログを書いてる方は
家作りにこだわる人が多いので


結構使ってそうなイメージですが
シェアは全体の3%しかありません


外壁e

一条工務店セキスイハイム
おなじみのタイルです


その他メーカーでもオプションで
タイルに出来るメーカーは多いですね


メリットは


・一番長持ち

上記商品と比べて一番長持ちします


土や石などを焼いただけですから
50年は簡単に持ちますので

家の寿命より持ちます


メンテナンスが要らないとか
間違った事いう営業さんもいますが


当然目地は劣化しますので

10年に1度位は
メンテナンスが必要ですが


タイル自体は
一部欠けは出ますが
数十年は平気で持ちます



・高級感がある

タイル張りの家は高そうですね



デメリットは


・高い

よくタイルがいいけど
予算の都合でサイディングにしたって
ブログが多いですが


100万円~150万円は
費用が上がります


サイディングなら全張替え出来る費用なので


最初からタイルで30年
サイディングで15年目に全張替え

どちらも
値段は同じです



・家の耐久年数より持たない


タイルだけなら持ちますが

タイルをモルタルや
シーリングで固定しますので
こちらの補修は必要です






・ガルバリウム


CUBE系の家に多く
最近は結構増えていると思いますが


外壁f


まだ年月が浅いので
余り解体屋も持ってきません

「トタン~」と言って
持ってきたりもしますが


屋根のガルバリウムは結構来ますが
外壁はまだ使われたのが最近なので
少ないですね




メリットとしては


・オシャレ

個人差があって、私は正直

「工場っぽい」

「トタンと変わらない」って思いますが


これが一番好きって人も多く
その場合は代替出来ないので


ガルバリウムが好きな人は
これで建てるしかないです



・安い

今回の5種類の中で
一番安いです





デメリットとしては


・うるさい

金属板なので防音性はありません



・断熱性が無い

これも金属板なので仕方ないです



・錆びる、腐食する

金属の宿命ですが
今の新しいガルバリムは
結構持つみたいですが


昔の製品は割とすぐに錆びるので
家全体がボロボロに見えます






・外壁のまとめ


結局全部の外壁材で
10年程度でメンテナンスは必要ですが


物自体が一番長持ちするのは
タイルで間違いありません


解体で見る
レンガタイルなどは
色褪せはありますが


洋風な家なら
いい感じの味になっていて
まだまだ使えそうです



価格が高くなければ
もっとシェアは増えると思いますが



価格もヘーベルハウスが高いので
勘違いしてる方がいますが

ALCよりもタイルの方が高いです



もちろん商品自体にも差はありますが
平均すると
高い順に

タイル>ALC>サイディング>ガルバリウムです


モルタル塗りは
左官屋さんの腕次第なのでピンキリですが






・我が家がサイディングの理由


仕事で見ていて
タイルがいいなぁとは思いましたが



我が家がサイディングにしたのは



もちろん予算や(150万円UPです

デザインの豊富さなどもありますが



一条工務店でタイル
ヘーベルハウスでALC使うなら


施工業者も慣れていますが



ほとんどが
サイディングのハウスメーカーで
他の物を選ぶのは


施工慣れしてないので
危険だと思いましたし



妻の
「標準でいいじゃん」で話は終わりました





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2018年07月30日


去年家を建てた


友人の大工さん


タカラスタンダードは
2流メーカーだから嫌って
言われましたし



建設業している私の義父などは

家を建ててる時に

なんで
タカラなんて3流メーカーを・・・


など、悲しい事言われましたが



解体業してる友人は

「キッチンはタカラしかないなぁ」

私と同じ意見でした


解体a



解体b


解体c

我が家のキッチンは
タカラスタンダード
グランディアです


2流、3流と言われて
悲しいですが



本当にタカラスタンダードの
キッチンはオススメです





・毎日古いキッチンやお風呂が運ばれてきます



私は廃棄物の処分業をしてるので

解体d

某メーカーの古いシステムキッチンです


こういうのが
毎日たくさんきます



木材やサイディング、タイルなどは
新築でも余りが出ますので
新品も見ますが



キッチンやお風呂は
古いものばかり毎日見ます



ボロボロの木製キッチンの中で


タカラスタンダード
ホーローキッチン

綺麗で頑丈で


まだまだ使える
状態で運ばれてきます



解体業の友人も


タカラのキッチンの頑丈さは
分かっているので


壊す側はタカラスタンダードが
いいなぁってなります
(重いんで大変ではありますが






・大工が建てた家と解体屋が建てた家



毎回新品のキッチンを見る大工さんは



タカラはデザイン性が他のメーカーより
劣るので
(ホーローなので仕方ないですが)



しかも他のメーカーに比べて
物凄く重いので
(ホーローなので仕方ないですが)



現場の評判が悪いです



また定価も安いので

安い製品と思われがちですが



他のメーカーは
値引き前提の定価なので


実際購入すると
他メーカーと同じになります

解体e

楽天などで
システムキッチンを見ると分かりますが



LIXILだと50%オフは当たり前で
60%オフもありますが


タカラだと
割り引いても20%になります


なので値引き後の金額で
比べて貰うと分かりやすいです



仕入れ値が高いので


売る方からも喜ばれず


設置する人からも
喜ばれない


悲しいメーカーです






・大工さんの気持ちも分かりますが・・・

解体f
この花柄キッチン

昭和の画像では無く


今売っている現行商品です


さすがにこのデザインを
買う人はいないと思うので


ネタで売ってるのかなと思うのですが




タカラ1





解体h

今のタカラスタンダードのカタログですが

これなら他メーカーと遜色ないと
私は思います


これでも
「うわ、ダサい」って思う方は

他メーカーを選ぶしかないのですが


ホーローでも今は
他メーカーと遜色ない
デザインだと思います


解体i


解体j

どこまでがオプションか分かりませんが
レオハウスでタカラ以外に選べた

LIXILアレスタとトクラスのベリーです


まあデザインは好みなので
タカラが一番いいって人も
少しはいるはず






キッチンを選んだ時に
詳細記事も書きましたが





金属にガラスを焼き付けた商品なので




火と水と油に強くて

金属タワシでこすっても平気

油性ペンでも水拭きで消える



さらに

解体k

床上浸水が起きても
洗えば新品同様になる頑丈さ




手入れがラクで

長い期間綺麗に使いたいなら

タカラスタンダードがオススメです




特に小さい子供がいる家庭だと


油性ペンで落書きされても
すぐ汚れは取れますし



シールを貼られても
金属タワシでこすって平気なので





2018年07月28日


何度か先送りしていた
消費税増税ですが


ニュースなどでしていますが
今回は先送りせず
決定みたいな流れですね・・・


2019年10月からなので
まだ1年以上ありますが


注文住宅の場合は

契約してから
引き渡しまで時間がかかるので
特別な措置があり

消費税a

2019年3月末までに契約していれば
引き渡しが10月過ぎても8%になります


2019年4月以降でも
引き渡しが10月末まででも
もちろん8%で大丈夫です





・私なら増税後に家を建てます


仕事や子供の都合が無くて

いつでも完成でいいのなら


まだ、駆け込み需要が無い今のうちか

増税間近になったら待って
増税してから建てます



①金額は変わらない

前回、前々回の消費増税の時にも
駆け込み需要が多く

増税後の反動で

前回が9%
前々回は15.6%も

前年比で落ちました

日用品や家電製品と違い


住宅は、それほど売れないけど
1つ売れれば利益が高い商品なので


当然、余りに売れなくなれば
値下げの余地はあります


土地代は消費税はかかりませんから

家の部分と手数料だけが消費税がかかるので

我が家だと2,000万円位なので


消費税8%だと160万円
消費税10%だと200万円

差は40万円ですから


キャンペーンや値引きで充分
引ける金額です


駆け込み需要で
お客様が多い時期は
当然値引きを頑張る必要もないので

お客が少ない時期に建てた方がいいです



それだけ利益率が高いって事ですが



②駆け込み需要で施工ミスが増える



当然お客が多くなれば
施工数も増えて

施工ミスなどが増える可能性が上がります


現場の大工さん以外でも
営業さんや工務さんも


普段より多く顧客をかかえるので
ミスも増える可能が上がります



③施工ミス以外でも理想の家が出来ない事も


私が契約した時は
レオハウスも暇そうでしたので

何回も打ち合わせが出来ましたが

当然忙しくなると

営業さんや設計士さんも時間に追われますので


普段なら出来る提案が出来なくなったり
打ち合わせが減る可能性も出てきます


また設備品も
受注が間に合わないという事も出て来ます


その際に
引き渡しを伸ばせなくなったら
違う設備を入れるしかないですし


キッチンやお風呂など
選べるメーカーも減る可能性が出て来ます




消費税b

暇な時期だったので
契約もせかされませんでしたし
工期も短かったです




①②③共通ですが


増税関係なく
忙しい時に家は建てない方がいいです



④すまい給付金は10%に対応済です


消費税c


すまい給付金ですが
私が契約した時は最大で30万円でしたが


10%に増税すると
最大50万円になります


こちらは収入に寄って
変わってくるので

全員が得する訳では無いですが・・・


消費税d

前にこちらでも書きましたが



こちらの年収は基礎控除と社会保険を控除した後の年収なので
年収650万円位までは補助金が貰えます

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年07月27日


我が家のキッチンですが
購入時にはマナ板立てフキン掛け
「何も付いてない」状態なので

色々購入しました



タカラa

タカラスタンダードのグランディアは
全てホーロー製ですので


人造大理石の天板以外は


全てに磁石が付きます




タカラb

タカラスタンダードの公式サイトですが
磁石が売りですので


画像もたくさん小物入れがありますね


キッチン以外も壁面もホーローなので
全てに磁石が付きます





・実はダイソーで買ったのですが・・・


タカラスタンダードの純正を買う前に



ダイソーの
マグネット式を買いました



タカラc

デザインはともかく
タカラ純正より圧倒的に安いですし



これを買った時に



「ダイソーで買ったキッチン小物入れが便利」とかで
ブログ記事を書こうと思ったのですが・・・


塩とコショウの
2つ置いただけで傾きました


時間にしてわずか10分位で傾いたので


使いようが無く
廃棄処分になりました


「700gまで大丈夫」
書いてあったのですが

300gで落ちました





・なのでタカラスタンダード純正品を購入


タカラスタンダードの
ショールームでも買えますが
ネットのが安かったので

今回はネットで購入しました



今回購入したのは



こちらの小物置きL+フックという


上には塩やコショウなどを置けて
下にはおたまなどが掛けれる商品と




こちらのフキン掛け






こちらのマナ板立てを購入しました




マナ板立ては
シンクに置けれる



こういうタイプもあるのですが
オープンキッチンですし
引き出しに入れるタイプにしました





小物置きは小物用の収納引き出しが
あるのですが、調理しながら
そのまま出せる方が便利ですし




フキン掛けは
標準のままだと
どこにも掛ける場所が無いのです





タカラd

展示品は付いたので
標準かと思っていたのですが



マナ板収納も
蛇口の奥に置いておけば問題はないですが


せっかくのオープンキッチンですし
引き出しに入れれるスペースは
あるので、こちらもあった方がいいですし



グランディアにした方は
この3つは購入した方がいいと思います





・取り付けは簡単で強力です




ダイソーの製品と違い


強力なマグネット
補助で吸盤も付いていて

本当に強力に付きます


一度付けると外すのに大変な位なので


タカラe

我が家はこれだけ置いてますが
全然ズレません


純正で高いだけあるので
(ダイソーと比べてですが)

最初から
ケチらず購入すれば良かったです




タカラf

遠目だとこんな感じです



・1つだけダイソーが使えてます



最初に買ったすぐに捨てる事になった
ダイソー製品ですが


これと一緒に買った
キッチンペーパー入れ


キッチンペーパーが軽い為なのか
問題無く使えてます




タカラg


使えるなら100円ですから
大変お得ですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年07月26日


我が家の階段下収納は


収納a


こんな感じでスキップフロアの分
コの字型の階段にしては長いので


結構余裕があるのですが



引越して1年半経ちましたが


余裕があるからと

何も考えずに何でも
階段下収納に入れていくと


2歳、0歳の子供もいるので

どんどん増えて


収納b

ついに
足の踏み場が無くなりました






・まだまだ余裕?


賃貸時代に使っていた
つっぱり棚が1つだけありますが


他はどんどん
入れていっただけなので


収納c

このように
デッドスペースはたくさんあるので


棚さえ購入すれば
まだまだ余裕な感じですから



早速棚を購入します



収納d

距離わずか1.5km
車なら5分でニトリに行ける場所なので


思い立ったらすぐに買いに行けます





・とりあえず1つだけ購入


収納術みたいなブログ書いてる方を見ると

物凄いアイデアで
色々棚を設置してますが


困ったらまた買ってくればいいので
(収納テクも無いですし


とりあえず1つだけ購入します


収納e

階段下収納ですから
見えるとこではないし

普通の頑丈そうな棚


シェルフアドバンスという
棚の62cmを購入しました


収納f

板を1枚追加で買ったので

総額は4,470円(税込)です


この安さは
さすがニトリですね





・めちゃ簡単です


普通のドライバー1本あれば
20分位あれば作れます



完成した棚がこちらです

収納g


前の賃貸だと

作るのは簡単でも
作るスペースが無かったのですが


新築だと標準で作っても
玄関が広いので


DIYするのが凄い楽です





・設置します


収納h

床が見えました(笑)



棚を買う前は

収納b

これですから・・・


物凄い楽に出し入れ
出来るようになりました


使用頻度が高いものを
なるべく棚に入れて


さらにその中で一番使うものを
一番上から順に置いておきます




収納i

一番下と2段目は
ダイソンの掃除機です


その上は子供のオムツですが

3~4日分位いっぺんに出して
リビングの収納に入れてあるので


一番上は毎日使う
犬のご飯とトイレシートです



階段下収納は
幅が狭いのでつっぱり棚やつっぱり棒が
簡単に設置出来るので


収納が上手な人は
本当に凄いんですが


私は「ただ棚を設置しただけ」ですけど



一応階段下収納は

幅が狭いので

収納j

我が家は尺モジュールの標準ですが

幅が91cm、さらに壁の厚みもあるので

実寸だと80cm位です


その為
余りに奥行きがあると


今度は奥の荷物出すのが大変なので


奥行が30cmの棚にしました。


これなら50cmちょっと余裕があるので

奥まで行くのも楽に行けます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング