玄関

2020年04月24日






雨や雪の日以外は
余り役に立たないと思う
「玄関屋根」ですが



日差しを遮るので
玄関に直射日光があたると
当然家の中も暑くなってしまいます



玄関屋根は
ほとんどが2パターンで




まずは
玄関の前に庇が付いていたり


庇a
(画像はcube系に多い後付けの庇で90cmです)



Cube系の家というか
ガルバの外壁だと
この板みたいな庇もオシャレなんですが


普通の洋風の家に付けると
ちょっと安っぽいのが欠点です





庇b

逆に玄関部分を凹ませて
屋根にするのも多いですね
(こっちも割と多いパターンで凹みが90cm)



玄関屋根が無い家っていうのは
無いと思いますが・・・



特定の条件下の家では
90cmだと短すぎて
絶対に濡れてしまいます




「雨の日くらい濡れてもいい」
って人もいますが



子供が小さかったり
お年寄りだと


玄関のタイル部分が濡れると
転倒の恐れがありますし


後述する
色々な理由があるので



我が家は絶対に
濡れない設計にしました



ちなみに同じ90cmでも
3方向の風に弱い最初の画像よりは



2番目の画像の方が
3方向の風を遮るので
同じ90cmでも濡れにくいですね






・我が家の玄関屋根は180cmあります




タイルの長さや
雨に濡れたくないと考えた結果
低予算でも玄関屋根を180cmにしました


庇c


もっと金額が高いメーカーなら
当たり前のように
最低180cmはあると思いますが・・・



ローコストだと
設計を意識いないと
90cmだけの玄関屋根に
なったりする事も多いです




一番多いタイプの90cmに比べると
倍の長さがあるので
雨でも濡れないですし




我が家の場合
玄関タイルが

庇d

(お掃除お手伝い中です)



150cmありますが
並みの雨なら
タイル部分は一切濡れません






・凹みと庇で180cmを確保しました




庇ですが一番多いタイプは90cmです




玄関を凹ませて
屋根を取った方で
「ちょっと長さが足りない」
と思ったら



インパクトと
壁にネジを打つ「勇気」さえあれば
後付でDIY設置も簡単に出来ます
(実際ちゃんと処理しないと雨漏れの原因になります・・・)



単純に余り長い庇だと
柱を使わないと
安全面にも問題が出ますが


庇は1メートル以上あると
建築面積に含まれるというルールがあるので


固定資産税の問題も出ますし


我が家は田舎なので問題ないですが
都会だと建ぺい率の問題も出てきます




最近多いのは
玄関部分を凹ませて
2階の部分で庇として使う家が多いですが




我が家も

庇e

90cm分は2階の方が出ていて
そこに90cmのルーフ
を付けているので


トータルで
180cm分のスペースを確保しました


効率だけで考えたら
180cm凹ませれば良さそうですが



これ以上2階を広げる予算も無いですし
広さも必要無いと思ったので



かといって玄関を
これ以上狭くも出来ないので
90cmは庇で対応しました






・90cmでいい家庭もあると思います



我が家が玄関屋根部分を
180cm欲しかった理由として


庇f

タイルって濡れると滑りますので



子供が小さいですし
近くに住んでいる実家の母も足が
悪くて杖使っていますし



さらに田舎で行き止まりな土地ですから
家の前も誰も通らないので



我が家は外に傘立てがあるので

庇g


家の中ではなくて
玄関の前で傘を閉じたり



郵便ポストもここに置きたかったので
180cmは必要でした



後は私はタバコを吸いますが


2階だとベランダ
1階だと玄関で吸いますので



90cmだと
色々不便だなって思いました


家の中で傘たたむって人なら
問題ないですし


子供がいない、もしくは大きくて
夫婦も若ければ


濡れたタイルでも
転ばないと思うので
そういう場合は90cmでも
いいのかなぁって思います


キューブ系の家だと
タイルじゃなくて
滑らないコンクリートでも
似合いますし


景観上玄関屋根の庇が
イヤって人もいると思います










・90cmと180cmで雨の日にどれだけ違うのか実験



玄関が引き戸なら問題ないですが
通常の玄関の場合

庇h


ドアを開くだけで
これだけのスペースを使います





大人一人だけなら

庇i

普通はこの位置に立って
ドアを開けると思うので



90cmでも大丈夫ですし
(大雨の場合は風もありキツそうですが)



そもそも出入りするのに
ドアを全開に
する必要も無いですが





子供が2人いると

庇j

ドアに指挟んだら困りますし
危ないので全開で開けますので


基本は
こんな感じになりますが


子供の位置は
毎回バラバラですね


庇s

(ドア開けたらぶつかるパターン)




庇t

(なぜ毎回目の前に立つのか・・・)


ただ2人とも
私の前には行きたがります




なのでタイルの上段も
3段90cmではなくて


4段で120cmになっていますが
(90cmだと落ちちゃいます)



雨の日に
子供二人と一緒に帰ってくると


玄関屋根が90cmだと
かなり厳しいと感じます


特に4歳のお兄ちゃんは
車から降りると


「雨だーいそげーなんて
走ってしまうので


タイルが濡れるのは
結構危険です



個人的には
濡れた傘などを

湿度や汚れの関係もあり
家の中に持っていきたくないので


外で傘を閉じて

保管も玄関の外でして



それでも濡れなくするには
180cmはあった方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2019年10月15日






我が家には
土間収納っていう
オシャレなものはありません


土間収納a

標準で付く
シューズクロークも




土間ではなく
玄関ホールに設置しました

土間収納b

シューズクロークを



土間側に設置するか
玄関ホールに置くか
「どちらにしますか?」って聞かれましたが



夫婦とも
玄関ホール側に設置で一致しました




理由は2点あって


1つは

土間収納c

仮にここにシューズクロークを置いた場合


靴の出し入れを
素足でしないといけないので


特に子供はかなり
汚れそうだなぁと思いました



逆に玄関ホールに置いた場合は


靴に付いた土などで
ホールが汚れるのですが


玄関ホールだけなら
掃除機かければ済みますが


汚い素足で
リビングに行かれるほうが
大変だなぁって理由と

土間収納d

玄関ホールに
見せない、隠せる収納が欲しかったので
こちらを広く取りたかったので


土間部分はそれほど広くありませんから
このような配置になりました



それでも賃貸などよりは
充分に広いので


今のところかなり
ゆとりを持って使えています





・土間収納に置くものが無かった・・・



最初から隠せる収納は欲しかったので
そのように設計してもらったのですが

土間収納e

玄関スペースは4畳取ってありますが


土間収納は流行りですので
このように最初の提案では
土間収納が広かったです



これでもスペース的には問題ないのですが
「何を置くのか」を考えたときに



実際に今
玄関ホール裏の収納で置いてあるものは

土間収納f

・衣装クローゼット
・子供のオモチャ
・ストック買いしてる飲み物

などを置いてあります



収納物を考えた時に・・・


外で使う汚れるものを収納するのが
土間収納だと思うのですが


釣りやキャンプなどの
アウトドアの趣味は無いですし


自転車やスタッドレスタイヤ
高圧洗浄機などは

土間収納g

物置に置いてありますので



土間収納があっても
「ベビーカー位しか置くものないなぁ」という事になって


土間は狭くして
玄関収納を広くしました


そろそろ2歳の妹も
ベビーカーは卒業なので



いまのところ
土間にはストライダー位しか
置くものがありません

土間収納h

田舎ですし
家が行き止まりで
誰も来ないので


傘やホウキは外に置いてあるので
今の所は困っている事はないです








・将来子供が使うかどうか・・・


という事で
妻も私も


釣りやサーフィン、キャンプなど
アウトドアとは無縁なので



土間収納は作らず
その分玄関収納を広くしましたが


子供が大きくなると
使うかなぁとは悩みました


理想は玄関ホールも
土間収納も広ければいいのですが


我が家の玄関スペースは
全部で4畳なので


アウドドア好きの人
最初の提案のように

土間で3畳
ホールは1畳



そうでは無い場合は

土間は1畳
ホールは3畳の方が

使い勝手がいいような気はします



子供が大きくなったら
土間収納を使う可能性もありますが


アウトドア好きではない親の子供が
それほどハマるとも思えませんし


部活で使うとしても10年以上先ですし・・・


しかも私なんか陸上部でしたか
靴しか置くもの無かったので


土間収納ではなく
玄関ホールを広く取りました


全部で6畳ほどスペースが取れていたら


土間とホールに3畳づつ取ったかも
しれませんし


来客が来て
土間が広いと凄い金持ちの家っぽく
見えますけど


金持ちじゃないから仕方ないですね(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年08月09日





こちらは我が家の玄関です

玄関a

標準で選べた
LIXILのジエスタ2です



玄関b

この中からなので
結構な種類から選べましたが



全てK4仕様の為
断熱性能は余り良くありません
(性能が悪い訳では無くて普通だと思いますが)



玄関ドアも
断熱性能にかなり差があるとは
建てるまで知りませんでした


玄関c

省エネ区分だと5地域なので
K4で間違っていはいないんですが・・・




ちなみにLIXILの場合は
K2、K3、K4


YKKの場合は
D2、D3、D4という種類になります




玄関d

我が家は玄関からリビングまでの間は
ドアが1つだけです




玄関e

もちろん外に比べたら
夏は涼しいですし
冬は暖かいですから


この時期だと

外から帰って来る場合は
涼しく感じるので問題ないのですが


リビングで涼しんだ体で
玄関に行くのが結構暑いです




玄関f

我が家の場合
玄関の所にも
収納などがあるので

ここに行くと
「暑い~・・・」って思います





・どれだけ温度が違うのか・・・


玄関g

こちらはダイニングです


時間は昼1時で
外の気温は34度でした


当然エアコンを入れてまして


ダイニングは27,8度
湿度は45%です


エアコンの設定温度は
26度なんですけどね・・・



LDKとスキップフロアで25畳
これに吹き抜けとリビング階段と
エアコンの効率が大変悪い家なので
仕方ないですね





大人だけならもう少し低くしたいですが
3歳と1歳の子供がいるので


28度位で設定していますが
湿度が低いと平気です


玄関h

あと、日立の「くらしカメラ」付エアコンなので


人と体温を認識して
私が動くと風も私に合わせて動くので
28度で充分快適って感じの気温です




そして玄関の温度を測ると


玄関i

温度は2度以上
湿度も高いですから


これは暑いです・・・



ただ、もっと
体感的に差があると思うのですが


玄関j

窓は北東と南東
ドアも南東なので



ここに日が当たる
午前中の方が差が出るかもしれません





・K4ドアとK2ドアの性能差


YKKの場合はD4とD2に置き換えて
頂ければと思いますが



我が家のK4ドアの熱貫流率は

玄関k

4.07です


デュオPGなどのアルミサッシ
複層ガラスと同じですね


これがK2になると

玄関L

2.33と我が家の窓サッシ
サーモスⅡ-Hと同じになりますので



結構な性能差ですね・・・








・高性能なK2ドアでも差は出るみたいです


じゃあK2ドアにしていれば
玄関も差が無く涼しいのかと言うと


YKKのサイトにシュミレーションがありました




ただ、夏じゃなくて冬なのですが

玄関m


冬の方が家の中と外で
温度差出ますし


我が家はこのシュミレーションほど
家も大きくなく


廊下も無いので
ここまで差は出ませんが



アルミサッシに
D4(LIXILだとK4)仕様で差は10度の時に


玄関n


YKKの最高峰

APW430のトリプルに
D2(LIXILだとK2)仕様で


温度差は7.5度になります



このシュミレーションと同じ条件だと
我が家は何℃になるか知りたいですが


アルミサッシ+K4ドアで10度
APW430トリプルにK2ドアで7.5度


なぜか余り変わらないのですが



我が家の場合
玄関にも収納などがあるので


たまには「暑い~」言いながら
行かないといけない場合があるのですが


それ以外は
リビング階段ですし


外出する時以外は
玄関に出ませんので



そうじゃなければ
あくまで予算しだいですけど


結構後回しになるポジションですね


玄関ドアのグレード上げる前に
窓のグレード上げたいですし


我が家も玄関でオプション費用払いましたが

玄関o

タッチキーを追加しましたが
玄関の仕様を上げようとは思いませんでした・・・



そもそもK2とかK4とか
知りませんでしたし


もちろん寒冷地は別でしょうし
標準がK3なりK2だったりすると思いますが


どの部屋に行くにも玄関付近を通ったり
トイレが玄関付近にある間取りなら


高断熱仕様のドアも検討した方がいいですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2018年12月10日





レオハウスの我が家の場合

玄関周りには
まず標準でシューズクロークが付きました

玄関a




玄関b

カタログは逆コの字ですが
我が家はコの字で鏡付きタイプです



我が家はLIXILを選びましたが


玄関c



玄関d

住友林業クレストと
NODAからも選択出来ました



シューズクロークと玄関土間があれば
最低限の玄関は出来ますが


当然広い方がいいですね






・玄関スペースを何畳取るか


我が家の場合
家を建てた時に子供は0歳でしたので


これから子供が大きくなるので

玄関周りは余裕が
あった方がいいとは思いましたが



当然限られたスペースと間取りなので


玄関を広げたら
リビングは狭くなるし


「どれ位スペースがあったらいいんだろう」って
悩みました



「玄関 2畳」で検索すると

狭い、使いづらいなどのサイトがたくさん出て



「玄関 3畳」だと

余裕を持って使えるというサイトが増えます


3畳あれば


・玄関土間に1畳

・玄関ホールに1畳

・収納スペースに1畳


こんな感じでゆったり

使えますが



結局我が家は
玄関に4畳のスペースを取りました








・玄関を1畳増やして4畳にした理由




子供が小さい時は

・ベビーカー
・外遊び用のオモチャ類


子供が大きくなるにつれて

・自転車
・スポーツ用品


この辺もどんどん増えると思って
4畳にしました




玄関e

子供が転んでも大丈夫なように
コルクマット敷いてます


まだ0歳と2歳ですから
かなり余裕がありますが


中学、高校の頃になったら
これでも手狭かもしれません








・玄関に物置を設置するような間取りにしました



我が家の玄関スペースは
4畳ありますが



今までの我が家の画像を見ると


パッと見は
3畳も無さそうに見えますが




玄関f

このように1畳分は


壁を作って
普段は見えないように作りました





・スポーツ用品やオモチャ
・宅急便のダンボール
この辺が玄関に置きっぱなしって多いし



我が家もベビーカー
実家から貰った野菜など


「とりあえず玄関に」って感じですが





玄関g


このスペースに置いておけば
普段は見えないし


来客などのお客様からは
見えませんので


玄関がいつも片付いているように見えます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年05月11日




新居完成までが終わったので
web内覧会を始めますが


住んで1年後なので
かなり生活感が出ている
写真もあります


今回は玄関周りです



・まずは玄関ポーチです


まずは玄関部分の設計図です
玄関a



こちらは玄関部分の2階です

玄関b


玄関入り口の希望は
雨でも濡れない玄関でした



その為に真上に部屋は無いのですが
フラットルーフを設置してあります



上にフラットルーフが付いたので
玄関ポーチは
雨の日でも濡れずにすみます




玄関c

こちらは引き渡し直後の写真です
玄関ドアは標準で付いているドアで

LIXILの親子断熱ドア「ジエスタ2」になります


ドア決めの詳細は

設備・玄関ドア編 ~久しぶりにオプション費の追加~



こちらにありますが
オプションで
タッチキーを付けてあります




玄関d

こちらは1年後の写真です
玄関部分の外構はまだしていません


傘立ても濡れないし
人も通らない場所なので
外に置いてます



フラットルーフを設置する場合の
注意点で掃除がしにくいという
デメリットがあるのですが


この間取りだと2階の窓から
掃除が出来るので大丈夫でした



標準仕様なのかサービスかは
分かりませんが、玄関周りに
業者さんが砕石敷いて
転圧かけてくれてました




・外構について

そのうち外構も書きたいですが

今の所
・駐車場
・フェンス
・庭の一部にドッグラン
・家周りに防草シートと砂利敷き

ここまでは作りましたが

玄関周りは何もしていません



子供がもうちょっと大きくなって
子供が希望を言えるようになるまで
このままの予定です


数年経って
一緒にDIYとか出来たらいいなーと
思っています



DIY記事も書きたいですが
自作のポストも設置しました




タイルは玄関とサイディングの色を考え
なおかつ汚れが目立たない色味にしました

玄関e

タイルは標準品で
LIXILのグレイスランド
色はGRL-3という商品です







・玄関土間


入って最初の印象は大事なので
開けてすぐの場所にニッチを作りました


ニッチのオプション費用は
18,500円でした

レンガ調の壁紙と
黄色い壁紙はともにオプションの壁紙です


玄関f

2人の子供と犬の写真などで
既にたくさん物があります



玄関g

シューズクロークは
LIXILの標準品です
鏡付きの方を選びました



シューズクローク
土間に置くか玄関ホールに置くか
悩みましたが



「靴履かないで土間に降りたくない」ので



玄関ホールにシューズクロークを
置きました


このため土間も広くなって
良かったと思います




・玄関ホールのこだわった部分

玄関h

子供が小さいので
これからどんどん
物が増えて行くと思いましたので


皆さん玄関部分を大きくする人が
多いですが


物を来客の方に見せたくないので


玄関と壁を挟んで
物を見えない設計にしました


玄関i

ここの部分が
下の写真です

玄関j

一番奥に
ニトリで購入した
ワードロープを置いて


コート類や抱っこ紐などを
こちらに置いてあります


荷物を置いても
お客様はここは見ませんので



綺麗に片付いているように見えて