玄関

2018年05月11日

新居完成までが終わったので
web内覧会を始めますが


住んで1年後なので
かなり生活感が出ている
写真もあります


今回は玄関周りです



・まずは玄関ポーチです


まずは玄関部分の設計図です
玄関a



こちらは玄関部分の2階です

玄関b


玄関入り口の希望は
雨でも濡れない玄関でした



その為に真上に部屋は無いのですが
フラットルーフを設置してあります



上にフラットルーフが付いたので
玄関ポーチは
雨の日でも濡れずにすみます




玄関c

こちらは引き渡し直後の写真です
玄関ドアは標準で付いているドアで

LIXILの親子断熱ドア「ジエスタ2」になります


ドア決めの詳細は

設備・玄関ドア編 ~久しぶりにオプション費の追加~



こちらにありますが
オプションで
タッチキーを付けてあります




玄関d

こちらは1年後の写真です
玄関部分の外構はまだしていません


傘立ても濡れないし
人も通らない場所なので
外に置いてます



フラットルーフを設置する場合の
注意点で掃除がしにくいという
デメリットがあるのですが


この間取りだと2階の窓から
掃除が出来るので大丈夫でした



標準仕様なのかサービスかは
分かりませんが、玄関周りに
業者さんが砕石敷いて
転圧かけてくれてました




・外構について

そのうち外構も書きたいですが

今の所
・駐車場
・フェンス
・庭の一部にドッグラン
・家周りに防草シートと砂利敷き

ここまでは作りましたが

玄関周りは何もしていません



子供がもうちょっと大きくなって
子供が希望を言えるようになるまで
このままの予定です


数年経って
一緒にDIYとか出来たらいいなーと
思っています



DIY記事も書きたいですが
自作のポストも設置しました




タイルは玄関とサイディングの色を考え
なおかつ汚れが目立たない色味にしました

玄関e

タイルは標準品で
LIXILのグレイスランド
色はGRL-3という商品です





・玄関土間


入って最初の印象は大事なので
開けてすぐの場所にニッチを作りました


ニッチのオプション費用は
18,500円でした

レンガ調の壁紙と
黄色い壁紙はともにオプションの壁紙です


玄関f

2人の子供と犬の写真などで
既にたくさん物があります



玄関g

シューズクロークは
LIXILの標準品です
鏡付きの方を選びました



シューズクローク
土間に置くか玄関ホールに置くか
悩みましたが



「靴履かないで土間に降りたくない」ので



玄関ホールにシューズクロークを
置きました


このため土間も広くなって
良かったと思います




・玄関ホールのこだわった部分

玄関h

子供が小さいので
これからどんどん
物が増えて行くと思いましたので


皆さん玄関部分を大きくする人が
多いですが


物を来客の方に見せたくないので


玄関と壁を挟んで
物を見えない設計にしました


玄関i

ここの部分が
下の写真です

玄関j

一番奥に
ニトリで購入した
ワードロープを置いて


コート類や抱っこ紐などを
こちらに置いてあります


荷物を置いても
お客様はここは見ませんので



綺麗に片付いているように見えて


2018年03月28日

賃貸の時に比べて
広さは倍以上になったので

「子供が走り回ります」


引っ越し時はまだハイハイだったので
走ってないのもあるのですが


そうすると怖いのが
家での怪我です

全部は防げませんが
我が家で行っている

子供の怪我防止策です



・ドアノブを縦にする


これは最近までずっとしてたのですが
怪我防止a


リビンクから玄関にいくドアですが
ドアノブに手が届くようになると
開けてしまうのでノブを縦にします。

怪我防止b


ここのネジで簡単にドアノブが外れるので
縦にします。


・現在は元に戻しました

ずっと縦だったのですが
最近元に戻しました

どうして戻したのかというと

「縦でも届くようになったから」
です


しかも縦だと爪先立ちしてやっとなので
かえって危険になったので
元に戻しました。



・次は落下の危険防止


ドア開けれるまで成長したのかと
思うと、それは嬉しいのですが

リビングのドアが開けれるようになると
玄関まで来てしまいます


はしゃいで落ちたりすると
玄関はタイルで危険なのですが

怪我防止c

玄関にコルクマットを敷きました。


「たまたま」色味がタイルと
同じなので目立たずいい感じですが
わざわざ買った訳ではなく


元々賃貸に住んでいた時に
寝室が古い畳の上に絨毯を敷いていたので
子供が生まれる時に
「ダニが心配」と購入したものです。


引っ越し時に1年しか使ってなかったのですが
「使い道も無いし」と捨てようかと
思っていましたが
使い道がありました



・玄関は開けれません

設備・玄関ドア編でも書きましたが

我が家の玄関ドアはタッチキー付きです。


キーがないとボタンを押しても反応しないので
子供だけでは開けれませんが
仮に鍵があっても

「まだまだタッチする場所には届きません」

・手動で開ける場合

もちろんタッチキーだけではなく
鍵でも開くのですが

ツーロックなので2ヶ所開かないと開きません

怪我防止e


下は既に届きますが
上はまだまだ届きませんので安心です




・階段の侵入禁止

こちらはベビー用品店に行くと
どこでも売ってるお馴染みの
侵入防止の柵です

怪我防止f


1Fと2F両方付けています。
幸いまだ子供だけでは開けれません



・出っ張りをカバー

そして階段途中のスキップフロアの入り口ですが
階段に角が出てしまって
万が一ここで転んだら危険なので

怪我防止g



怪我防止h


ホームセンターで
クッション材を購入しました。


まだまだ
「何もない所で転ぶ」年齢なので
これ以外もたくさん注意が必要です


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング




2018年03月09日

キッチンでかなりのオプション費用がかかり
その後は「バスルーム」「トイレ」「洗面化粧台」と
オプション費は0円で済みました。

無理して削った訳でもなく
オプションがいらない位標準装備で充分なものが
多いので満足しています。



・玄関ドアは1メーカー?

我が家のプランの玄関ドアは

・三協アルミ
・LIXIL

の2つから選べるのですが
a玄関400-300


窓をLIXILサーモス2Hに出来るキャンペーンの条件が

「玄関ドアもLIXILにして下さい」という条件です。

契約時に既に決まっていたため
3面シート(カタログ)もLIXILのみで
三協アルミさんのは貰っていません。



標準で付くのが
親子断熱ドアのジエスタ2です

b玄関540-360


LIXILだけといっても形だけでも
12種類も選べますので充分です。
(色も含めると数十種類)


バスルーム、トイレなどでLIXILには
何度か行ってますが、そのついでに
玄関ドアも見て来ました



玄関はサイディングや玄関タイルとの
バランスもあるので、この3つをまとめて
決めていきます。



・何度も行くLIXILのショールームへ

まあ他の物の「ついで」だったんですが(笑)
玄関コーナーはメインとはちょっと離れた場所に
ありました。
(トイレやキッチンに比べると地味ですし

玄関ドアの隣に「大々的に」置いてある
「サーモス2H」の窓を見て
「これが入るのかぁ」と感動しながら
20種類位置いてある玄関コーナーへ


・定価に惑わされる

キッチンは工務店仕様なので定価は無いですし
トイレなども市販品と同じですが
工務店用に型番が違ったりしてるのですが
玄関ドアは市販品そのままです。


なのでショールームで実物を見ても
「定価」が書いてあるのですが、この12種類でも
高いのと安いので5万円ほど値段が違います


せっかくなので一番安いのは却下しましたが
一番高いのはオフィスのドアみたいで
家には合わないので
気に入ったのを優先しました。



・あると便利なタッチキーとカザスプラス

玄関のオプションですが

基本「別に標準でいい」と言う妻
これだけは欲しいと希望したのが
玄関のタッチキーです。

カザスプラス

こちらは鍵の代わりにカードorスマホを
かざすとドアが開くスイカみたいな感じ



妻が希望したのが

タッチキー


玄関ドアのキーを持っていれば
ボタン1つで開くタッチキータイプ
車と同じ感じです。



玄関オプション

鍵は子供はまだ要らないので
夫婦2人分あればいいので、
キーは2つのタイプを選択

75,000円と書いてますが
55,000円で追加出来ました



f玄関540-360



暖かみがある玄関がいいなと思って
カタログの一番左か2番目が良かったのですが
一番左は定価が安かったので2番目のにしました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング