2021年04月02日







我が家の玄関が
閉めようとすると
途中で止まってしまい


玄関ドアa


普通に閉めようとすると
この位置で止まってしまうようになりました






動画で見ると
こんな感じです




ここからさらに押せば
閉まりますけど


今までは自動で最後まで
閉まってたわけで



非常に面倒なので
早速色々と原因を探して
修理しましたが




結構、原因が色々とあるので
大変でした





・一番原因として多い「ラッチ」では無かった




「玄関ドア 閉まらない」などで検索すると
一番多いのがラッチという

玄関ドアb


この部分ですね


これが原因で
閉まらない場合が多いみたいで





対処方法としては

・ここに濃い鉛筆を塗ったり
 (滑りがよくなるらしいです)

・シリコンスプレーを吹くと


滑りが復活して
閉まるらしいのですが


試しましたが
全く治らず・・・





ラッチが原因かどうかを
判断するには


玄関ドアc


このように
ラッチをテープで止めて



この状態だとドアが閉まるなら
原因はラッチという事ですが



この状態でも閉まりませんから
別の原因みたいです






・ストライクの調整でも直らず・・・





次にLIXILのサポートページを見ると


玄関ドアd


ストライクという
ラッチの受け側の部分ですね




こちらを調整するか





ドアの閉まる速度


玄関ドアe


「ラッチングアクションの調整をしてね」
書いてありますので




ストライクの調整をしたり





玄関ドアf


ここでドアの速度調整などもしましたが
全然直りません・・・






というか
凄いゆっくりドアを閉めようとすると


玄関ドアf2


どうも下に当たってる気がします








サポートページを見ると


玄関ドアg


これで直らない場合は
点検、修理が必要ですという事で



「いや、今修理してるじゃん」



思わず「このページは役にたちましたか?」
「いいえ」を押したくなりましたが(笑)




とりあえず
LIXILに連絡するなら



まずはハウスメーカーに連絡でしょと思い
久しぶりにレオハウスにメールをしました





・久々に工務さん登場



レオハウスに連絡すると
「来週行けますよー」って事なので



とりあえず一週間このままで我慢します




工務さんとは





こちらの一件以来なので
一年ぶりの再会ですが



ぶっちゃけ家に問題が無ければ
会わない人なので


会わない方が
いいような気もしますが(笑)






とりあえず一緒に見ると


玄関ドアh


「やっぱ下が擦れてますねー」という事で






とりあえず工務さんが
丁番用のスペーサーを持ってきたので


玄関ドアi


サイトを見るとスペーサーは
前後左右の調整みたいですが




「一番下だけスペーサー入れると傾きますから」って事でしたが
これでも直りません・・・




という訳で
色々と調べた結果



原因は
ドアが下に当たるって事だけは分かったので





対処方法としては


玄関ドアj


ドアの丁番に
高さ調整ワッシャーを入れればいいみたいです



ワッシャーなら
どこのホームセンターにもありそうですが



LIXILの純正ワッシャーは
樹脂製という事で



すぐには手に入りそうにないので
とりあえずは力技で対処しました





・シールテープで直りました



ワッシャーが手元にないので



注文して
後日修理でもいいのですが


ワッシャーを入れるには
一度玄関ドアを外さないとなりません



また来てもらうもの
大変ですし


どちらにしても
今すぐには対処出来ないのですが



とりあえずの応急処置という事で

玄関ドアk


テフロン製のシールテープですね



こちらを持ってきて頂いて

よくホームセンターでも見かける奴ですが




「テフロンなので滑りもいいですから」
こちらをワッシャーの代わりに使います





ドアを上に上げると

玄関ドアL


このように隙間が出来るので






とりあえず


玄関ドアm


シールテープですから
ドアの重さで潰れますし



1.5ミリ位の厚みで巻いたら
今度は上に擦るようになるという(笑)



結構、細かい微調整で何度も
厚みを変えて試しました



断熱性はそれほどでもないK2ドアでも
今のドアは気密性が高いですから



上下1ミリずれても
擦ってしまうんですね・・・




昔のアパートに住んでた時のドアなんて

玄関ドアn


こういう上下3ミリ近く空いてたドアなら
調整も楽なんでしょうけど


アパート時代は
朝日が昇ると
玄関の隙間から日差しが漏れてたので


全く気密性が無かったですね(笑)




「ドアの高気密ってのも
大変なんですねぇ」と思いながら





ちゃんとドアが閉まるようになったのが

玄関ドアo


1ミリ以下ですね・・・
かなりシビアな調整でした










・後付け用調整ワッシャーってのもあるらしい



シールテープで
ドアが問題なく
閉まるようになりましたので



「とりあえずこれで様子見ながら
自分でワッシャー買いますね」




色々とワッシャーを見ていると


玄関ドアp


後付け用の
高さ調整ワッシャーというのがありました



ワッシャ君というらしいですが(笑)



これだと玄関ドアを外さなくても
調整出来ますが



どう見ても
このワッシャ君を入れるより


今のシールテープの方が
見栄えがいいというか


シールテープだと
全然見えませんから


「ワッシャー買いますね」とは言いましたが


ドアも全く問題が無くなりましたし
当分はこのまま使うと思います(笑)







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村










コメントする

名前
 
  絵文字