ハウスメーカー選び

2020年07月13日







施主さんも勉強して
知識を得るのも大事なのですが



それよりも
ずっと大事な事は


いかに営業さんや設計士さん
工務さんなどと
信頼関係を結べるかです



私が満足出来る家を
納得できる価格で建てれたのも
ここが大きかったかなぁと思います




過去の記事で




間取りの作成や打ち合わせに



・営業さんだけでやるか
・設計士さんが間取りも作るか
・また打ち合わせにも同席するかという話で



会社の方針で
全員に営業さんと
設計士さんを付ける会社以外は




当然ですが設計士さんも
数が限られているので




あっちの客は
営業さんだけの対応だけど



こっちの客は設計士さんも
いつも一緒というのが
出て来てしまいます








前回のバトン記事を
現役のハウスメーカー営業さんも
書いていて



非常に役立つ事なので
是非読んで頂きたいのですが



営業さんが全て担当する場合でも
基本残業が多い業界ですから



気持ちはあっても
全員に100%の仕事が
出来ない場合があります




「私は全員に全力100%です!」なんて人がいたら




神か嘘付いているか
新人かのどれかです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


8442eda5


初回の
打ち合わせの際に


「お客が2組来て」


・空いている営業さんも2人
・空いている設計士さんが1人の場合


普通なら
契約しそうな客に
設計士さんを付かせると思います



それ以外にも
間取りを作って貰えるのは
2回目以降だと思いますが



これだって
やる気がある場合と
無い場合では全然違ってきます





さらに
お客の希望が


「それは同僚の〇〇が
得意だなぁ」
って場合に



本気度が伝われば
忙しい中相談を受けに
行ったりしてくれますが




まあそこまでの客じゃないなと
思われれば


そこで止まってしまいます



なので
ハウスメーカーから見て
「大事な客」と思われれば



満足行く打ち合わせがしやすいです



よくブログで
「初回から素晴らしい間取りでした」
なんて記事ありますけど



それは貴方の説明や熱意も
良かったからだよって思います








・まずは最初の来店時に「買う意思」を出す



妻は割と高いブランドの
アパレルで20年以上働いていますし



私も今は転職してますが
結婚した時は
ずっとホテルマンで
支配人だったので



「客の足元を見る」のは
得意な夫婦なのですね・・・



全員に同じ接客って気持ちはあっても
現実は無理な事は分かっていますから




まずは
「お、この客は本気だ」と思わせないと
大事な客にはなりません





一番本気度が高いのは

「すでに土地を購入しましたので
上物探しています」ですが




実際にハウスメーカーも
見てから土地を決めた方が



家の間取り、日射などが
分かるのでオススメですので





家を買うなら必ず
土地の話になりますが


「土地探しも自分達も探しているが
是非いい所があったら教えて欲しい」と伝えて



土地の具体的な事を伝えます



私の場合は
どのメーカーでも同じ事を言って




「この範囲内で探して」
と伝えていました


お客1


ちょっと範囲が狭いのですが


とにかく具体例を出して
本気感を伝えます




実際本気で
この範囲でしか
住みたくないのですが



「安くていい条件があればどこでも」
って気持ちも分かりますが



どっちが本気で買いそうかと思うと
具体的な土地の希望がある方です



場所よりも予算重視なら


「予算は〇〇万円までで〇〇坪
安ければ多少ワケアリも可」


という感じで伝えた方が
探しやすいですね






ただ
「いい条件の土地があったら教えて下さい」ってのは




女性が言う
「優しい男性が好き」と同じで
何一つ具体例が分かりません




ある程度条件を絞り込めば
本気度も伝わりますし


実際に探しやすいですし


本当のお宝物件が出たとして
最初に声を掛けて貰えれば


当然掘り出し物に
出会う確率は上がります








・初回~数回は家族総出で行くべき



後は来店時の家族構成ですね


見学の際に
一番効率がいいのは


・夫婦別のメーカーに行って
 子供は親に預ける



これだと効率はいいですが



住宅展示場などは
最初に付いた営業さんが
そのまま担当しますので



一人だけで見に来る客と


夫婦と子供がいて
「子供が生まれたから家を」って客の



どちらが買いそうな
客かと言ったら




家族連れです

お客2


帰りにオモチャくれたり
ベビーベッドや子供用施設があったり
するメーカーも多いですね




初回は
相手の営業さんが



自社のメーカーの売りを
色々説明すると思いますので


メモ書きや
特徴ある展示品などは写真撮りして
真剣に話を聞いて




とにかく
営業さんからみて


「好感触、このままいけば契約する」
思いこませるように話をします


うちの妻が


「あなたはどのメーカーでも
ここが一番良いって感じで話す」
困っていましたが



この辺は
元旅館業ですから



話を上手く聞くのは
慣れています(笑)



技術的な事
工法などは
2回目からで充分ですし


何度か打ち合わせが
進んだら


一人で可能な時もありますが


流れに乗るまでは
とにかく本気度を見せるって大事です



言葉は悪いですが
まずは初回に
「この客は落ちる」と思わせてれば


ヒアリングも真剣になるので


当然、初回の間取りから本気出しますし




とにかく契約しそうな客と
思わせる事は大事です




当然ですが
最後は1社以外は全部断りますので・・・


本当に「いい人」だと
色々断りにくいのですが


高い買い物ですし
その辺は仕方ないです・・・





車の「パンフレット下さい」と違って


ハススメーカーは
無料で間取りまで作成となったら
かなりの労力を無料でしますので



逆に絶対に買いもしない
メーカーの間取りを無料だからと
「とりあえず」と取るのもやめましょう・・・






・金払いのいい客になる



初回、2回目の打ち合わせが終われば
間取りも出来てきて


色々とお金の話も出て来ます





過去に坪単価はアテにならないという
記事を書きましたが






それでもハウスメーカーの相場というのは
当然あります




「〇〇〇(ハウスメーカー) 坪単価」
検索すると




色々なサイトがヒットすると思います


お客3


結構適当というか
間違っているサイトも多いですが



建売のココライフでも
25万はキツイと思いますが・・・





レオハウス、タマホームだと
30~50万円って記載が一番多いと思います





坪単価の出し方って色々ありますが



一番使っているのが多い


諸費用などは抜いた
請負金額から
延床面積を割る金額だと



82a7b0d6
(我が家の坪単価ですが色々な計算で出せます)


502,000円なので



坪単価50万~70万円って
書いてるとこだって
安い方なら可能なのですが


私は
上限の坪単価で選びました



ハウスメーカーの
ブランド名に拘りは無いですし





もちろん金額より前に
自分の優先事項


・間取り的に在来工法で耐力壁のメーカー
・吹き付け断熱が標準
・瓦屋根が標準



これさえクリアしてれば
私の希望の家は建ちますので
安い方にしました



営業さんと設計士さんが
作った間取りも


「金ないから狭く」とか
言う必要ないですから



こうなると
設計士さんもやりがいが
出ると思いますし



「〇〇の設備オススメですよー」って話も


気に入れば付ける予算は
出て来ますし


そのハウスメーカーの中では
上客になります



もちろんいつかは
〇〇の家を買うって


夢がある人は
そちらの方がいいと思いますし



その熱意を営業さんが汲み取れば
値下げや予算に合う間取りも
しっかり作ってくれると思いますが



とくにハウスメーカーに
拘りがないのであれば


平均坪単価の上のラインで
建てれるメーカーを
考えた方がいいと思います



その方が後から
不本意に小さくとか


オプションを我慢とか
そういうのも無くなるので


満足度が上がると思います





・締め切りは余裕を持って守る



客商売をしていると
どうしても客の方が立場が上です


無茶な「〇〇月までに作って下さい」とかは
当然ですがダメですが





向こうからお願いされる

・ここの間取りは次回までに決めて下さい

・この設備は〇〇日までに決めて下さい


間取りf


こういうスケジュールは
守りましょう



どのメーカーだって
クレームになるような家は
作りたくないですが


余裕が無くて
色々とトラブルが起きる可能性は高いです



なんの仕事でも
「余裕さえあれば割と
どうにかなる事」って多いですから



相手の方が一枚上の営業さんなら
仮に遅れても大丈夫な
スケジュールを伝えますが


間取り、設備など
ギリギリのスケジュールよりも




余裕を持って決めた方が
相手も楽ですし




「この間取りが素晴らしいですから
変更する必要ないですよ」



など言った方が
相手も気持ちよく仕事が出来ます



ハウスメーカーだって
1日で全部決めろとかいう
無茶なお願いはしませんからね





個人的には
着工後に間取り変更したいなんてのは



そもそも真剣に間取り
決めてなかったでしょって思いますが



相手も客商売ですから
確認申請前なら
多分変更してくれると思いますけど


余裕が無いスケジュールを
施主さん自ら生み出しているのだったら
問題です




その為の意思疎通
間取りの本気度も


大事なお客になれば
かなりスムーズに進みます













・現場の指揮系統を理解する



営業さん、設計士さんと
どんなに満足な家が
希望の価格で契約出来たとしても


まさに机上の計算で



実際に作るのは
現場の人ですね




現場監督さんは
毎日ずっと現場に
いるわけではありませんが



例えばちょっと設計図と違っていても


大工さんには直接言わない方がよく
まずは監督さんに連絡です



着工までに
すでに大事な客と思われていれば


よくクレーム系のブログにある
全然連絡が付かないって事も
起きないと思います



普通の会社なら


現場監督が上司で
大工さんが部下のイメージですが


建設業界は違いますので



大工さんに何も言えない
現場監督さんってのもいますし


逆に物凄い上から目線の
現場監督さんもいますけど


私の仕事だと新築の場合は
ハウスメーカーの監督さんから
廃材の回収依頼があるんですが




基本、大手ゼネコンさんより
ハウスメーカーの監督さんの方が
優しい人が多いですが



横柄な人もいます・・・

 
本当にひどい人もいます・・・



まあ、その辺は
自分も現場に行って


雰囲気を掴む事ですね




基本は監督さんです


とにかく監督さんの
やる気を上げないと
いい家は建ちません


・・・・・
・・・・
・・・
・・





現場に関しては



特に現金で
ご祝儀を渡す事は無く


差し入れも
飲み物やパンだけでしたが




施主さんが
行く時は休憩時間に
伺う人も多いと思いますが



ただひとつ






「私がいても
好きにタバコ吸っていいですよー」
って
伝えました



というか私も一緒に
吸っていました(笑)




最近は現場で吸うのはNGで
隅っこを喫煙所


密集地だと吸う所すら無いって
現場もありますが



この業界は
基本的にタバコ吸う人が多いです
(私も吸います)


さすがにクロス貼ったら
タバコはちょっと・・・ですが


キッチン幅g

この状態で
建物内で吸われても
私は平気です



火災さえ気を付ければ
問題ないと思いましたし



タバコ休憩で
集中力が復活するなら
安いものです




とはいえ最近は
喫煙に関しては厳しいので



実際は監督さん
メーカーの意向によりますが



休憩中に


「施主が来た
タバコ吸えないなぁ」って
落ち込まれるよりは


一緒に喫煙した方がスムーズです






・どの業界も同じですね



結局人が間取りを作って
人が家を作るのですから


人間関係が全てだと思います



施主が偉そうにしててもアレですし


逆に妙に上から目線の
工務店もありますけど
そういうのは嫌いです



現場だって
嬉しそうに入っていって

「うわーすごいですねー」
「さすがですねー」


「でも、ここだけ気になる」って伝えるのと




デビ夫人みたいに

「あなた、ここおかしいんじゃい?」って
伝えるのでは


やる気が違いますね






「お金払うんだから当然」って
思う人もいますし


それも否定しませんが


それでしたら
今は大手の素晴らしい性能の
建売住宅もありますし



そっちの方が
いいんじゃないかなぁと思います






2020年06月02日






注文住宅の打ち合わせって


基本の流れは


①間取りが出来る
②それを見ながら営業さんと
 設計士さんと色々希望を言う




この繰り返しだと思うのですが


間取りa


打ち合わせには
必ずこういった間取りを作って貰って




色々と話をしていくと思います





先日ツイッターで
話をしていた時に


間取りb


こちらの「めけめけさん」のお姉さんが


セキスイハイムで契約をして
打ち合わせ中なのですが



色々とダメっぽい営業さんの
話をしていて








どうやら
セキスイハイムは設計士さんは
同席しないで



打ち合わせも間取りも
営業さんがほとんど
するらしいんですね



特殊なユニット工法ですから
営業さんが作るのかなぁと思うのですが



間取りの作成や
打ち合わせに


営業さんと設計士さんが
同席すると
凄い安心感があって




我が家みたいな
ローコストだと
いつも2人ってメーカーは
結構少ないんですが



レオハウスは必ず営業さんと
設計士さんが同席して



間取りも設計士さんが作るのが
安心感だったわけですね



私なんかは
タマホームやもっと安い所も
見ましたので



営業さんが作って
打ち合わせも営業さんのみって事に
驚かないですが


間取りc


るんばーさんは
ヘーベルハウスで建てた方ですが



営業さんが間取りを書くという事に
驚いちゃってるわけです(笑)




セキスイハイムは
ユニットで作りますから
設計の独自ルールが色々あるので



「設計士よりも営業さんの方が
いいのかなぁ」と思ったり



とはいえ
設計士さんが作って同席した方が
色々安心だと思ったり




それなら自分の建てた
メーカーがどうだったのかを



みんなで出し合いましょう
という
企画です










・間取り事情漏洩バトンの質問内容




という事で


間取りd


色々な施主ブロガーさんが
13個の質問に
答えていきます



色々なハウスメーカーの人がいますので



ツイッターで
#間取り事情漏洩バトン 


このタグ検索すると
施主ブロガーさんが見れます





①建築先と家のスペックは?


レオハウスの
大人気の家CoCo Dセレクト



安いですが
レオハウスの注文住宅だと
一番上のスペックになります








②間取りの打ち合わせの相手は誰だったか?




着工までは常に
営業さんと設計士さんの2人です



着工後
ほぼ工務さんと
インテリアコーディネーターさん


たまにお金の事や保険の事で
営業さんが来る感じです




1回だけ
「〇〇日だと設計士は大丈夫でも
営業さんは無理です」って日に





「別に設計士さんがいれば
営業さんいなくても大丈夫です(笑)」


という打ち合わせがありましたが



設備とかオプションの差額とか
変更した場合の金額は
設計士さんは一切出せないのですが



お金が絡まない打ち合わせは
ほぼ設計士さんだけで
どうにかなります






③誰が間取りを書いてくれたか?


こちらも設計士さんです




④出会ってから何回目の打ち合わせで間取りを出してくれたか?


2回目ですね
初回で色々と希望を出して


次には叩き台の間取りを貰えました










・間取り作成が有料のメーカー・・・


⑤間取りを書いてもらうまでに必要な費用は?
⑥間取りの作成費用(基本設計)は何円かかったか?



最近結構多くなった気がしますが



「間取りを作成するのは有料ですよ」


とか


「間取り作成は仮契約後ですよ」


などで、さらに


「仮契約には〇万円かかります」


というメーカーです



私が検討していた時に
ローコストメーカーでは


アエラホームが
そのシステムでしたが
今は無料に戻ったみたいですね



レオハウスは間取りも無料ですし
仮契約というシステムもないので



仮に間取りを何度も書いてもらって
打ち合わせも何度もしても


契約しなければ
お金は0円ですね



これに関しては
会社の方針でしょうけど



・有料にして本気の人だけ
 打ち合わせしたいとか



・実際に経費がかかっているので
 請求するってのも


仕方ないのかなぁと思いますが



一番嫌いなのは

「本来〇〇円だけど
特別に無料」って奴ですね(笑)



いいよ、そんなに上から目線で
無料にして貰うんなら
金払うよって思います・・・




⑦契約後に間取り変更は可能だったか?


どこまで可能かは分かりませんが
構造用の壁を変えたので
結構変更可能だと思います



どこも確認申請前なら
ある程度可能だと思います




⑧契約後に間取りを変更してかかった費用は?(減額した場合は減額した金額)
⑨契約時の間取りの完成度は?



契約後に間取りはほとんど変えてないので
完成度は95%って事ですね


間取りe


冷蔵庫の位置を逆にするのに
壁を長くして引き戸にしたのと


造作のテーブルサイズを変えた位ですね





営業さんが
「納得するまで契約しないでいいよー」と言ってたので



多分、契約を急がせるメーカーだと


間取りが完成する前に
契約ってのがあると思うのですが
そういうのは無かったです



とにかく頭の回転が
速そうな営業さんでしたので



「あー、この人他社の
急がせる契約にイラっとしてるなぁ」

ってのを察して




そういうのは嫌う人って
すぐに分かったんでしょうねぇ






⑩間取りが完成するまでの流れはどんな感じだったか?(打ち合わせ回数と期間)




初回訪問から契約までが
3ヶ月で6回位でしたね



契約前は他社とも
打ち合わせをしていましたが



営業さんしか打ち合わせにいない
メーカーだと
「後日確認しますね」が多くて



やはり設計士がいつも同席だと
早いなぁと思いました




⑪間取りを決定後、何ヶ月後に竣工(家の工事が終了)したか?


契約してから着工が2か月後



土地代も予定より安くなりましたし



家作りは一切の減額をせずに
済みましたので
大幅な変更も必要無かったです


間取りf


着工から完成までは
ローコストなので3か月半と早かったので


・契約から5か月半


・初回訪問から考えて約9ヶ月で
 家が完成という事ですね


年度末挟んだり
忙しい時期だと
もっと長くなると思いますが


6月契約でしたので
とにかく「ガラーン」としていました(笑)




打ち合わせも
毎週行けましたから
それほど期間もかかりませんでしたが


子供が0歳なので
毎週末に色々なメーカーに
行っても平気でしたが


いまだと遊びにも行きたいだろうし
厳しいですね




⑫外構の打ち合わせはいつのタイミングで始まったか?


外構はちょっとしかしていませんし


「外構の下請けってどこですか?」


工務さん「〇〇さん知ってます?」


「取引あるので直接言ってみます」


って感じで
この辺は仕事の付き合いがありますし



金額が高いメーカーは
外構も含めて作品だって雰囲気ですけど



ローコストには
そういうの余りないですね(笑)



ローンに組み込まない限りは
勝手にやってーって感じです













・設計士同席って売りになると思うんですけどね



⑬他に検討したハウスメーカーor工務店の間取り関連の情報で知っていることは?



同ランクだとタマホーム、アエラホームは
営業さんだけで


設計も営業さんが
ある程度書いていたので




この時に
レオハウスに行くと
設計士さんもいますから


「絶対ここに後から配管通りますよ」
とか言ってくれたので


設計士さんの数が
足りないと難しいんですが


同席した方が
売りになると思うんですよね



センスや相性の問題もあるので
必ず設計士さん方が優れている訳ではないですが



打ち合わせには同席して
貰えると安心感でますね


営業さんと違って
無理な事や無謀な事は止めますし



すぐに間取りの代案も出ますので



まあ人件費増えますから
デメリットもあるんでしょうけど・・・


結局赤字でヤマダ傘下になりましたし(笑)




妻もレオハウスは
「毎回営業さんと設計士さんが
同席するから打ち合わせが楽だし的確」
言っていたので




逆にもっと高いメーカーで
設計士が同席しない事に驚きましたが




高いメーカーで
営業さんが一人で担当する所は



色々設計の教育とかも
しているのかなぁとも思いますし




合わない設計士よりは
合う営業ってのは思いますね
















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2020年05月29日







私が住宅ブログを読んでいて
一番がっかりする瞬間は


タウンライフa



このタウンライフの
広告記事です



もちろん
ちゃんとした
記事が書いてあって


その最後に付いているなら
広告として何とも思いませんけど


そもそも
私のブログに表示される
可能性もありますし


・・・・
・・・
・・



今回言いたいのは
そういうのではなくて



例えば
「レオハウス ブログ」とかで
検索してですよ



実際に施主さんが
建ててるブログ記事なら
何も文句も言いませんし


満足出来ているブログや
クレームになっているブログも


大抵は面白い読み物です





しかし・・・
割と最近多いのが



「レオハウスは
ローコストメーカーとして云々」



みたいなwikipediaの沿革みたいなのを
コピペして


その後に



「家づくりは不安ですよねー
でもタウンライフなら一括で間取りが
作れるんで安心」みたいな



急な展開になるので

タウンライフa-2


ドラマだと思ったら
CMだったという
青汁のCMみたいな感じです・・・



ちなみにこの手の
ブログは
ハウスメーカーの名前が
変わるだけで


後は全く同じ内容の
ブログがいくつも出てきます




・・・・
・・・
・・


何故ここまで
タウンライフの広告が多いかといえば

タウンライフa-3


クリックして資料請求すれば
そのサイトは
11,120円もお金が貰えるそうなので




こうなると実際の施主のブログ以外にも



実際には家を建ててない
お金儲けだけのプロブロガーさんが
どんどんブログを作ってしまいます
(しかもプロだからブログが綺麗・・・)




もちろん家を建てても契約もしてない
ブログなので



打ち合わせも間取りもweb内覧会も
何も無い浅いブログなのです




芸能人とかの
キュレーションサイトと同じですね


〇〇について調べてみました

分かりませんでした

いかがでしたか


みたいなのと同じです







だいたい家なんて
「何度も詳細な打ち合わせをして
間取りを決めていく物」なのに



アンケートだけで間取りが
作れるなら


それは規格住宅じゃんって
思いますが




そうは言っても
アンケートだけで
素敵な間取りになる可能性も
0.001%はあるかもしれないですが・・・




そんな時に
何度か私のブログに出ている
築70年の母親の実家が


タウンライフa-4
(土間にユニットバスを置いてます)



これ以上バリアフリーの
中途半端なリフォームする位なら
建て直ししないとって話があったので


新築そっくりさんみたいな
リフォームにするか


建て替えするかは
まだ決定していませんが



実際にタウンライフで
私が申し込みしてみました(笑)



生活上、健康上を考えても
建て直したほうがいいと思いますが






・これで間取り作れるなら神


営業さんや設計士さんの
ヒアリングも無く
間取りを作るんですから



どれだけ詳細な入力項目が
あるのかと思ったら


タウンライフb


・家族構成と

・希望の家の広さと

・LDKの広さのみ




これで理想の
間取りが作れるなら



その人はいますぐ
設計事務所とか作って
独立した方がいいと思います


・・・・
・・・
・・


まあ、そういう神がかった人が
いる可能性もありますし



とりあえず先に進むと


タウンライフb-2



どのメーカーかだけ
間取りやカタログを貰えるか
選べるんですね



しかし残念ながら




母の実家がある地域だと
なんと2件

タウンライフb-3



ちなみに希望価格が安すぎなのかと
金額を上げても2件でした・・




タマホームは何度も
打ち合わせにいったので





1件のみ申し込みをします


タウンライフc


備考に電話はしないで
メールでやり取りお願いしますと
記入して送信しました






・施主とメーカーで相違が・・・



結果から言うと
電話は来ませんでした


その分メールが
何回か来まして


間取りや資料が
届く前に
何度もメール貰っても
返信しようがないのですが・・・





5日後に間取りと資料が
届きましたが・・・・


タウンライフd

(届いた郵便物)







タウンライフe

(タウンライフに送った私の本名)





名前を間違ってる・・・




展示場に行って
アンケートの字が下手すぎて
間違えたなら分かりますけど




PCで入力した物ですからねぇ・・・




名前を間違えて
送付する会社で


「家を建て替えるなんて
不安しかない」
ので


普通なら
母に紹介する事もないですし


本来なら開封することなく
捨てますけど・・・




一応開けてみると
ただのパンフレットだけでした



たしかに
メールにも
「資料送付ありがとうございます」とあったので



タウンライフは
間取り作成って書いてありますけど



ハウスメーカーからしたら
資料送付なんですね



というか、あれだけの
内容で間取りが出来たら



それはそれで怖いです・・・












・施主にとっては損しかない・・・



「一括資料請求」なら
便利じゃない?

って思う人もいるかもしれませんが




住宅を欲しいという人は
大変貴重な個人情報です




なので、このタウンライフも
11,200円もクリックして
資料送付されたらサイトに支払うのですが






例えばタマホームなら


タウンライフf


タウンライフを通さないで
自分で申し込みすれば



資料請求だけで
500円のクオカードが貰えますし




タウンライフg


その後展示場や支店に行けば
5,000円も貰えますが




タウンライフから
資料請求したら
1円も貰えません・・・



ハウスメーカーからしたら
タウンライフに広告料を払うのも


直接施主さんに
なるかもしれない人に払うのも


同じですが・・・



どうせなら家を購入するのに
大金がかかりますし



打ち合わせも長時間ですから
特に子供連れの場合なら


クオカードでも貰って
それでマクドナルドでも買った方が
絶対にいいと思います



私もタマホームから
クオカード貰いましたし


一条工務店でも貰えましたし


地元の工務店でも
予約して行ったら
結構貰える会社多いですし



実際に建てたレオハウスは
他社の見積もり持っていったら
10,000円のクオカードを貰えました







・という事でメリットがやはり無い・・・




別に一括資料請求の
サイトが悪い訳じゃないんですよ



ハウスメーカーなんて
「CMでやってる所しか知らない」って人もいますから


色々知れるのはいい事なので




ただ、これが無くなれば


実際に建ててもいない
建てる気も無い施主ブログという
謎な存在が消えるかもしれないので



だいたい
家を建てない施主ブログなんて



ラーメンを食べた事ない
ラーメン食べ歩きブログみたいな物ですから



しかもブログを見る方も一生に一度なので
経験が無いから信じてしまいますし・・・


一応数少ないメリットとして


資料請求時に
ハウスメーカーの一覧が出るので


知らないハウスメーカーや工務店を
調べるのには役立つかもしれませんが





それでしたら

タウンライフb-2



請求する一つ前の画面で
ハウスメーカー選択になりますので


ここで閉じてしまえば
資料は来ませんし


ハウスメーカーの
名前だけ覚えて
自分で公式サイト見れば



タマホームだけでなく
結構色々貰えますので
こちらの方がお得です















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング












2020年03月23日






今回は
400記事記念という事で



うまくいけば
同じ性能、施工内容で比較しても



ハウスメーカーよりも
ずっと安く家が建つ




地元の工務店で家を建てた方と




「地元工務店」VS「ハウスメーカー」という事で
チャット対談をさせて頂きました





今回の対談相手も
同じライブドアブログ仲間で


対談a


「26歳家好き素人が
2年間掛けて造った注文住宅あれこれ」

という住宅ブログをしている
Y.Uni(ゆに)さんです



山梨県民にとっては
「宿敵」ともいえる
静岡県に住んでいる方です(笑)




ちなみに300記事の時は
タマホームで建てた方と
対談しています












・まずはブログ管理人さんのプロフィール



一番の驚きポイントは
26歳という若さで
家を建てれたという
素晴らしい人生設計を持った方です




http://www.yuni-myhome.com/



結婚も24歳と
今の時代の平均からすると
かなり若いですね



私が24歳の時なんて
給料日前になると
中古ショップに行って


ゲームやCDを売って
生活していましたから・・・




昨年お子さんが生まれたので
現在は夫婦と
0歳の子供の3人暮らしになって



家が完成した時は
子供はいなかったという家族構成ですね



我が家の場合は
お兄ちゃんが41歳の時
妹は43歳で出産ですから



ハウスメーカーと工務店以外にも
若い世代と年寄り世代の
家作りの考えた方の違いも
色々出てきます




そして
ブログで家の写真を見ると
分かりますが


とにかくオシャレです

対談b

同じテーブル画像でも


これなんかは
「どこのモデルハウスだ」って感じですし



ちなみに我が家だと

対談c


一気に
生活感溢れる感じになりますし






我が家と同じように
スキップフロアがあるのですが

対談d


2畳のスキップフロアに
絵画や花など
オシャレ感満載ですね





一方、我が家の
スキップフロアを見ると


対談e

生活感満載の我が家です




同じような間取りで
こうまで違うのかって感じですが・・・



細かい造作などが
やはり地域工務店の
良さですね




そして
延床面積が37坪


土地代を抜いた総額が
2,600万円です







この作りで
大手メーカーなら
絶対に3,000万円は
超えていると思います



どうしても
ハウスメーカーの場合は
ちょっとした造作などでも
「オプション費用」がかかりますし



私も20代で
家を建てれる財力さえあれば



「こういう家にも住みたかったなぁ」
と思います


決して今の家に
不満があるわけでもないですが



やはり40代で家を建てましたので


どうしても理想より現実
早く繰り上げで返済を終わらせたいという



余り夢がある建物ではないと思います・・・



一方、対談相手の
Y.Uniさんは
26歳で建てられていますから



仮に35年ローンで
繰上げ無しでも
61歳で完済です





私の場合は
41歳で建ててますから



同じように61歳で
完済するには20年しかありません・・・

(20代、30代で遊びすぎたので仕方ないですが笑)







・それでは対談スタート





対談z

こちらのアイコンが私で
(自分のツイッターアイコンです)





対談x

こちらがY.Uniさんになります



主題は
地域工務店とハウスメーカーの
違いというのがメインです






対談aic1
まずは地域工務店に
決めるまでに

大手のハウスメーカーなどは
見学や検討はしましたか?





対談aic2
大手ハウスメーカーは10件程見ました
最初は工務店=怪しい
大手=安心
注文住宅=高い
というイメージでしたので
大手の規格住宅の展示場をとことん見学していました



実際に住まれているお家の見学会に行き
妻と「トヨタホームで良いね」というところまで
いっていたのですが

1回も工務店の話を聞いたことが無いという心残りから
気になっていた工務店に出向きました





対談e-2

坪単価60~70万円の
トヨタホームです



同じ大きさで
建てたら間違いなく
土地代抜きの総額は
3,000万円は軽く超えたと思います・・・






対談aic1
心残りという
気になっていた工務店というのは
どこで見つけたんですか?





対談aic2
和風な建物の
美容院を見つけたのが始まりです

その建物に憧れがあって
内装も見たくて美容院に通いました



建物について美容院で聞く勇気無かったので
「美容院名+建築」で調べまくって
その工務店だとわかりました


ちなみに全く宣伝していませんし
「地域名+工務店」で調べてもヒットすらしません





対談aic1
地元工務店を選ぶ際に
一番大変なのが
「情報が無い」という事なので


実際に建物を見て憧れて
さらに自分で調べて見つけたというのが
凄いですね





対談aic1
家の写真を見ると
「これで2600万円は安い」と思いますが
実際2600万円の提示は安いと思いました?





対談aic2
一般的に見ても家が
2600万といえば安いとは思いませんが

私のこだわりと理想を
ここまで再現させてもらった家としては
とても安く建ててもらったと思っています




大手ハウスメーカーでは
「どこを我慢するか?
しか考えていませんでしたが


工務店との打ち合わせでは
「予算内で頑張りますよ」
ほぼ全て受け入れてもらえましたから





対談aic1
最近の住宅ブログなどでは
家作りよりも
「住宅性能の数値がメイン」という方も多いですが
その辺の心配は無かったですか?





対談aic2
断熱方法なども本読んで調べましたよ
でも最終的に私はプロの意見を尊重しているので
工務店が自信もって
お勧めしてくれることに従っています


私の考えだと
素人がどれだけ考えても
複合的要因が多すぎて
どうしようもないってイメージです


というのも
大学で断熱の基礎となるような勉強してましたし
仕事では製品開発をしていたのですが
やっぱそんな簡単じゃないんですよね、モノ造りって



性能・コスト・人・場所・地域性など
全て絡んできてしまうので
そこを施主が考えるよりも
施主の判断がもっと委ねられるところに
時間を割こうと思いました





対談aic1
地元工務店の良さというか
必要以上な住宅性能
する必要が無いんですよね


もちろん予算に応じてですが
その地域のみで
営業していると


どれだけの断熱性能が
あれば充分なのかは
分かっていますので


もちろん
工務店の中には
分かっていないので
冬寒くて夏暑くなったり


逆に必要以上な
オーバースペックの
家を勧める工務店もたくさんありますが





対談aic1
家の断熱材と
窓サッシは何を使っていますか?





対談aic2
家の断熱はアクアフォームの吹き付け断熱に
床下はミラフォーム、
サッシはLIXIL SAMOS-L Low-Eガラスです





対談aic1
富士山の近くとか
特殊な場所じゃない限り
関東、東海地方なら
充分な性能だなと思います




対談aic2
もっと優れた断熱方法もありますが
費用のことなども考えると
必要十分な断熱方法かな?と思います





ちなみに

対談f


我が家は断熱等級だと5地域
Y.Uniさんの地域は6地域です



富士山近くだと
この辺よりもかなり寒くなるので
3地域もあったりしますが


この住宅性能でも
ZEH基準のUA値0.6程度までは
取れますから



4地域くらいまでなら
問題は出ないと思います







我が家の全ての総額が
土地代を除くと2,100万円ですから


しかもY.Uniさん宅は
我が家より3坪広いですので
坪単価50万と計算すれば
150万円差ですので



うまく工務店を探せば
350万円アップで
これだけオシャレな家も
可能という訳ですね






・間取りについて




対談aic1
1階に別室が無く大きくLDKと
スキップフロアもありますが
間取りの提案は最初から
工務店さんの間取り案でした?


自分でこうしたいと
何か書いたりしていきましたか?





対談aic2
まず自分の要望を伝えました

・スキップフロアがほしい
・1階はLDK以外の部屋はいらない
・キッチンは来客者から見られない位置 等々

そんな要望をまず伝えたうえで
図面を作成してもらいました





対談aic1
我が家と最初の希望が
全く同じです(笑)


私も最初に言ったのが

・1階は全部LDKで別室はいらない
・スキップフロアが欲しい
・屋根は絶対に瓦にして欲しい
・吹き付け断熱にして欲しい

これだけなので
間取りの希望は全く同じです









対談aic1
我が家と違うのは
完成するまでに子供はいなかったですが

子供が出来て
「ああすればよかった」とかありますか?





対談aic2
今のところないですよ!
私は24歳でマイホーム計画開始したので
子供を含め将来に対して
不確定なことがたくさんありました


そのため、LDK30畳と収納を増やすことで
自由度の高い間取りにしました





対談aic1
我が家は高齢出産ですので
子供についていける自信もないので・・・

スキップフロアとか階段も
子供が落ちないようにとか
色々考えてしまいました


私自身が平屋とアパートでしか
生活した事がないので
スケルトン階段のモデルハウスを実際に利用してみて
「これは無理」って理由もあります(笑)





対談aic2
スケルトン階段は賛否両論ありますよね
私は今年中には子供のために
ネットを張るなり対策必須です 笑





対談aic1
夫婦ともに若いですから
ある程度対策をすれば

子供に付いていける体力があるので
大丈夫そうですね(笑)


我が家は夫婦とも
体力もありませんし
インテリアを見せる能力もありませんから



対談f-2


子供が無茶をしない
片付け下手でも問題ない
作りになってしまったので


オシャレとは
無縁になってしまいました・・・












・土地選びについて



希望の間取り以外にも
土地選びも似ていて

対談g

川沿いの土地を選んでいます






我が家の場合は

対談h

線路沿いになりますので




人によっては
「絶対に選ばない」土地を購入した事になります











対談aic1
川沿いという土地ですが
私も線路沿いという
選ばない人もいる場所でしたが

どのような経緯と土地を決定した
決め手などあったら教えて下さい





対談aic2
お金持ちの都会の人がどうやっても
都会じゃ実現できない
田舎ならではの土地を探してやろう!って
想いがありました

そこで庭の真横に超綺麗な
一級河川の流れる土地を選びました





対談aic1
我が家の場合
妻が最初に見つけてきて
「いい土地見つけた」
言ってきましたが


私は
「線路沿いなんて子供が危ない」って
最初は見に行くのもいいやって思った位ですが


見た瞬間に即決で
行き止まりなので車が通らないので
分譲地の車の方が信号無いし
危険だよなぁって思いました





対談aic1
子供が生まれて
実際今のところは大丈夫ですが
心配な面はありますか?





対談aic2
川も線路もそうですが
その方向は今後建物が建つことが無いので
開放的な空間を作ることができる
というメリットがありますよね


もちろん、子供の心配や洪水の心配はありますよ
でも、どんな土地でも
100%安心なんてありませんよね?


仮に過去の災害の例から海や川まで
1km以内の土地OUTだとしたら
日本はおおよそ住めない土地ばかりで
全て危険な土地になってしまいます





川沿いという土地を生かして
生活を楽しんでいるY.Uniさんです


対談i

家から釣りが出来るっていうのは
釣りをする方にとっては
素晴らしいロケーションですし



隣に家は建たないので
開放感はありますし


土地代も「ワケアリ」の為
安くなるという


本人が理由に納得すれば
素晴らしい土地ですね





我が家の場合も
家から電車が見れますので

対談j

鉄道好きにしか
分かりませんが


この車両の写真を撮るのは割と大変で
それが家から見れるのは鉄道好きなら
「いいなぁ」って言われます
(ちなみにドクター東海と言います)







・工務店で良かった事、悪かった事




対談aic1
大手メーカーじゃなくて
地元工務店さんで良かったと思う事


また地元工務店を検討してる方に
メリット、デメリットを
教えて頂ければと思います





対談aic2
私は地元工務店さんには
ほぼメリットしかなかったのでは?
と思う程満足しています


あえて挙げるなら設計・価格の自由度
その地域に詳しいことですかね


逆にデメリットは
工務店選びを間違えると
デメリットしかないところだと思います


工務店は良い工務店は本当に良いですが
悪い工務店は本当に悪いと思います


だから、工務店選びが一番大切で
良い工務店に当たれば
順調な家造りのレールに
乗ったようなものです


良い工務店を選ぶためには
基本的な家の知識を
身に着ける必要がありますね




対談aic1
ハウスメーカーが
金額のコスパも含めると
60点~90点の家を作れるとしたら


工務店は
40点~100点と
本当に玉石混合だと思います


何件か見た工務店では
満足行ける工務店は
見つかりませんでした・・・





・私が思う地元工務店の「選び方」



前にも書きましたが
ハウスメーカーがファミレスとすると
地域工務店は個人の飲食店です




他に例えるなら


ハウスメーカーはチェーンの美容院なら
地域工務店は個人の美容院や床屋さんです
(床屋もあるのがポイント)



何しろ数が凄く多いですし
全国には約30,000社の工務店があり



私の会社に来る工務店だけでも
100社以上あります



美容院でも
「なぜやっていけてるんだ・・・」と思う
流行とか一切追わない


何やっても角刈りみたいになる
床屋さんとかありますけど


そういう工務店もあります・・・




そんなハズレのような
工務店に「安いから」って理由だけで
注文したら


当然いい家は建ちませんね・・・



そしてモデルハウスも持ってない
工務店がほとんどなので


今回対談したY.Uniさんのように
実際に完成した建物を見るというのは大事です



ハウスメーカーなら
モデルルームもあるし
色んなパターンの家が用意されていますが


地域工務店は基本少人数で設計しますから
その工務店の味が出ます


それが合う人なら
満足行く家が作れると思います



後は実際にはその仕様で建てなくても
ZEH対応かどうかなどを聞けば


ある程度の性能の家が作れるか
どうかは分かると思います





何しろ
断熱とか省エネとか
気にもしていない
工務店もたくさんあります



そして、ぶっちゃけ
凄いお金がある人と


余りお金が無い人は
ハウスメーカーの方がいいと思います






最新の技術、建材は
ハウスメーカーの方が研究が凄いですから


4,000万円とか
建物価格に出せる人はハウスメーカーに



また我が家みたいな
総額2,000万円程度の場合も


ハウスメーカーの
ある程度の性能を持ちながら
ここまでローコストに出来る技術ってのも
なかなか凄いです


ローコストメーカーの場合
余分なコストを無くすため
注文住宅と言いながらも


「この間取りは出来ません」
とか言いますし
(出来ても大幅に金額アップ



大量発注の為

キッチンやお風呂などは
全て「この中から選んでね」って感じの
選択になりますけど・・・
(それ以外は注文出来ても大幅に金額アップ



それでも
この性能で2,000万円位って言うのは
なかなか工務店でも難しいです



実際私も数件は工務店を見ましたが
2,000万円程度で
断熱材やUA値なんて気にすると
「価格ではタマホームさんに勝てません」
と言われたり


「この性能で充分ですよ」
こちらの意見を聞いてくれなかったりしました。


もう3年も前ですし
それほど寒い地域でも無いので
低予算だとまだアルミサッシのみって
問題ないって言う工務店もありましたし・・・



工務店の良さがいきるのが
2,500万円前後のゾーンだと思います



実際に今回のY.Uniさんや
とんでもない数値を叩き出す
超高性能の家のブログとかの家も
だいたいこの辺の金額です



大手なら3,000万円以上は
絶対にかかる家が


2,500万円ちょっとなら
凄いお得だと実際思いますし


家の適正価格って
実際この辺なのかなぁって思います



後一番大事なのが


工務店を選ぶ場合は
時間がかかるという事です


そして
それを当然と思えないと
いい家は建てれません


向こうから宣伝してくれませんから
見つけるまでの時間がかかりますし



ハウスメーカーみたいに
戸建て数で勝負していませんし


従業員数も少ないですし


打ち合わせの時間


部材を注文して
届くまでの時間


着工してからの時間
などなど・・・


なので
工務店が安くて高性能って
聞いたけど



早く家が欲しいってのは
そもそも無理だと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2020年03月16日






全国色々な工務店でやっている
768万円という大きなチラシ広告の家です



我が家も
賃貸アパートに住んでいる時に
768万円a


結構な頻度でチラシが来ました



全国に結構あって
どれも「768万円~」
大きく表示されている
似たようなチラシです



「まあ768万円で家は建たないよなぁ」

とは分かっていましたが・・・





それでも
結構安くはなりそうなので



モデルハウスの見学会に行って
色々を話しを聞いて
性能なども調べましたが・・・



結局そこまで安くはならず
そこまで性能も良くなかったのですが・・・



色々と妥協すれば
かなり安く建てれるとは思いますけど






・本当に768万円で家が建つ?


丁度完成見学会があったので
見学に行ったのですが


「この家はいくら位なんです?」
と聞いたところ


「付帯工事費やオプション込みで1,700万円です」
(土地代と外構工事代は抜きです)


・・・・
・・・
・・


という事で
普通のローコスト住宅と
特に変わる事無く・・・





では768万円の家は
どんなのかというと


768万円b


2LDKで施工面積19.25坪だと
768万円との事でした・・・





我が家の施工面積は


768万円c

39.14坪ですから
約半分の大きさですね



我が家も別に大きい家ではなく
普通の大きさの3LDKですから



19.25坪というのは
夫婦2人だけならいいと思いますが



かといって夫婦2人だけなら
平屋建てのが何かと便利で楽ですし


この大きさでもいいって人は
この価格は魅力かもしれませんが・・・


・・・・
・・・
・・


後、付帯工事費が別なので
こちらが250万円ですから


なので1,000万円プラス土地代が
最低ラインの金額ですね




そうなると

768万円d

タマホームの
一番安いプラン
「シフクノいえ」だと


延床面積24坪で
1,096万円です


こちらは税込みで
付帯工事費込ですから


こちらの方が安いですね


付帯工事費やオプション
施工面積などなど


住宅の値段表示なんて
ルールもないですから


安く見せようと思えば
いくらでも出来ますので・・・


ローコストなのは
間違いないですが


この工務店が
特別凄い安いわけでもないですね





もう少し面積が大きいプランもあって


768万円e


施工面積30.8坪で
付帯工事費込で
約1,400万円です




ちょっと面白いのが


768万円f


プロの一言
「2,000万円の家と変わりませんね」


というコメントがあるのですが


この施工面積で
2,000万円出せば


サッシはAPW330などの
樹脂サッシ


キッチンだってトクラスや
他メーカーでも
上級、中級グレード


在来工法なら
吹き付け断熱にダイライトだって
問題無く出来る金額ですが




標準仕様を見ると

768万円g


アングルのみ樹脂の
アルミサッシ
(デュオPGかフレミングですね)


キッチンもかなり低価格の
リクシルシエラ


750mmの洗面化粧台などなどの設備と


パネル工法ではなく
普通の筋交いにグラスウールなので



これを2,000万円って言う
プロって何のプロだって思いますが・・・



ただ住宅のプロって
書いてないので



家の事は全く知らない
麻雀やパチンコのプロの
発言かもしれませんが(笑)










・ちゃんと安い理由を分かって買うならいいですが


それでも
30.8坪で
照明、カーテン付き


付帯工事費と消費税合わせて
約1,4000万円ですから


たしかに安いのは
間違いないです


それでも設備や性能を考えれば
特別安いわけではなく
だいたい相場の金額だと思いますね


私は一番家を買う際に大事なのは
無理の無い予算だと思っていますから


ちゃんと調べて
この性能と分かって買うのであれば
全く問題ないのですが


他メーカーの2,000万円と同じ性能で
こちらは1,400万円と言って売るのは
余り良くないと思います




大手ハウスメーカーでも
2,000万円の物を


「2,300万円ですが
今なら300万円値引きします」って
言うメーカーもありますけど・・・



結局買う方が
何件も家を見て
相場という物を学ぶしかないですね


スーパーやドラッグストアなどで
同じ日用品や食材でも


高い物と安い物があって
高いものは理由があって高いわけですから


仕入れの見直しや
人材費の改善などは


今はどのメーカーもしていますから
これで600万円も安くなる事はありえません




◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング 









2020年03月03日






毎年行っている


オリコンの
ハウスメーカー
注文住宅ランキングというのがあります



オリコンa


私がレオハウスで注文した時も
金額の納得感1位とかで


看板が出ていましたが


「金額の納得感て
納得するから契約するんじゃないの?」


とは思いましたが


レオハウスは
2016年から3年連続1位だったので


どんなランキングなのか
調べたら



全然信用出来ない
ランキングでした・・・






・統計学上では1位も20位も誤差の範囲



こちらのランキングですが




調査サンプル数は
2020年度版だと
14,954人で



調査対象は
48社です


オリコンb

サンプル回収数は
5,345人で



回収率は35%しかありません



100人以上の回答が無いと
ランキングに入らないので

オリコンc


ランキング最下位の
アエラホームでも
48社中22位



残りの26社は
100人以上集まらなかったという事になります





単純に
5,345人÷48社だと
1社あたり111人ですが

オリコンd

回答数1位の
一条工務店は1,543人


100人以上の中で
一番少ないアエラホームは
回答数が106人


ランキング1位の
スウェーデンハウスは
回答数が179人と


バラツキがあって


回答数が100いかなかった
セルコホームや富士住建などは


施工数が違いますから
回答数の母数が違います


そして
統計学では


サンプル数、回収数で
誤差の範囲を出しますが






単純計算で
100サンプルだと
誤差として10%は
上下に誤差の範囲が出ますので



オリコンd-2


1位のスウェーデンハウスが79.71点




オリコンd-3


20位のアイフルホームが72.52点なので


1位と20位も
誤差の範囲になります




さらに%じゃなくて
点数ってどう決めるのか調べたら

オリコンe



オリジナルの集計ツール(非公表)に
自社で比重値を出していますから



言ってしまえば
好きなようにランキングは
操作出来ます






・他社の評価を下げる事も可能なランキング



この調査方法ですが


最初のイメージとしては


実際に建てた施主さんが
そのメーカーだけを評価すると
思っていましたが


検討した他のメーカーの
評価も可能です



なので
アンケート回収数は
5,345件ですが

オリコンf

回答数が100件以上の
メーカーの合計だけで


13,785件ありますから



ほとんどの人が
ハウスメーカーを
1件だけ見て決める事はないですから


このアンケートは
実際には選ばなかった
ハウスメーカーを


なぜ選ばなかったのかと言う
人のが多いアンケート結果になります




当然実際に建てたメーカーが
欠陥等なければ
一番評価が高く


検討したけど
建てなかったメーカーは


何かの理由があって
選ばなかったので
評価は下がります


なので
他社と余り比較されない


さらに独自の道を行く
スウェーデンハウスは
ずっと1位ですね
(私の収入では見学すら許されないですし



詳しい
スウェーデンハウス1位の
理由の記事は






こちらが参考になります


一条工務店なども
固定ファンは多いメーカーですが
スウェーデンハウスに比べると


同価格の
メーカーと比較されますから
実際に建ててない人からは
評価は下がりますね
(私も検討した位ですし・・・)





そして実際に
オリコンのサイトを見れば分かりますが

オリコンg



2位のヘーベルハウス
4位の住友林業
広告を出していますので


他社と色々比較されるメーカーで
広告も出してないのに
3位の積水ハウスって
やっぱりスゲーって思うランキングでした










・そもそも営利目的のランキングですし・・・



金額の納得感という
謎な順位とはいえ
3年連続1位ですし
(確かに安いのに満足していますが


オリコンh


総合順位でも
ローコストメーカーなら
一番上のレオハウスで建ててますから


出来たら信用したい
ランキングなのですが(笑)
(実際ほとんど値段順のランクみたいなものですが



調査方法を見ると
余り信用出来ないなぁって思うランキングで



そもそも
何のためのランキングなんだろうって
思う人もいますが



ランキングのページに
広告を出したり


オリコンi


一番高いプランは
300万円と


なかなかの高額で
ランキングのデータを販売しています


オリコンj


回答する側も
特典目当てってのは
手間がかかる以上仕方ないですが



過去12年以内に
新築の方というデータなので


未だに木材ポイントが使えたなんて
古い回答もありますし


スーモの
アンケートは過去3年以内に建てた人だけが対象で
契約書のコピーも必要ですが


こちらのアンケートは
そういう実際に建てたという
証明はいりません



そもそも
家作りは


同じメーカーでも


支店の違いどころか
担当の営業さんが違うだけで
評価も変わりますから


ハウスメーカー
実際にデータを購入して


悪いクレームの
参考にするのは
いいと思いますが


施主側が
これを参考にするのは


余り意味が無いと思います・・・






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2020年01月20日






このサイトを見て下さる方は

「レオハウスにしようかなぁ」って悩んでる方が一番多いので

このような記事もどうかと思うのですが



レオハウスとタマホームは
仕様や価格など色々な面で


この2社はだいたい同じです

レオハウスa



もっとローコストな価格のプランもありますが
タマホームで
一番人気の大安心の家






レオハウスb


名前もそっくりな
レオハウスの
大人気の家CoCo


まず片方しか
作れないなんて事は無いですから



施主が注文すれば全く同じものは作れますし
だいたい値段も似た金額になります。



支店や時期
営業さんの力関係などなどあって


どちらが高い、安いはありますが


どちらかで施工した
ブログだと


大抵この2社を比較して

「タマホームの方が安かった」

「レオハウスの方がお得だった」


とか


営業さんが気に入ったなど


2つを比較して
決めた施主さんが多いですね


これ以外にも

アエラホームやアイフルホームなどなど
だいたい似たような価格の

ローコストメーカーは


同じ仕様にしたら
だいたい金額は似てきますね





もちろん時期にもよりますが
私が実際に契約した時は

レオハウスc


甲府店では
タマホームよりも
レオハウスの方が
同じグレードなら安かったのですが









この辺は
支店の力関係もありますが
当然本社の意向が大きいです




全国区のハウスメーカーですから
「利益率〇〇%」ってのは決まってますから



仮に片方が10%の利益率で
もう片方が20%なら


当然メーカーの利益率が少ない方が
施主にとっては
いい家が安くいい家が買えます





・全国区のハウスメーカーだと採算度外視する場合が「まれに」あります



私の会社は
解体や産業廃棄物の収集や処分もしますので


新築なら
色々なハウスメーカーと契約をして

レオハウスd

こちらは
我が家の施工中の写真ですが



このようなコンテナを置いて
建築廃材を収集、廃棄をします


レオハウスは契約してないので
これは他社さんのコンテナですが



なので、新規で山梨県に支店を出す
ハウスメーカーさんが


私の会社や同じような
収集、処分をする会社に
見積もりなどを取りにきて


条件が合えば契約します


そのため割と
ハウスメーカーの工務さんと
知り合いなのですが(笑)



中小の工務店さんや
既にずっと運営している支店では
ありえない話しなのですが


仕事上の関係もあって
名前は出せませんが・・・


最近山梨に初出店した
某メーカーさんが


本当に採算考えず
まずは契約、着工数を増やそうと


さすがに赤字ではないと思いますが
かなりの低利益で
営業しています

レオハウスe

契約して着工するのが
なによりの宣伝になりますし



ある程度職人さんも
確保してから支店を出しますから
最初は特に契約が欲しいですね


一条工務店や積水ハウスなど
オープンしたら黙っても客が来るような
メーカーはともかく
(この2社クラスは既に全都道府県に出店してますが・・・)


そこまで大手じゃないけど
全国進出中ってメーカーが


県内初出店とかしたら
かなり狙い目です



レオハウスf
同じある程度大手メーカーの


新規支店でも
アイフルホームなどの

フランチャイズの場合は
元々が地域工務店なので


このような
採算を考えないで
まずは施工数確保なんて事は出来ませんが


全支店が直営の場合は
新規支店


まして、それが県内初支店という場合は
かなりお得な金額になる場合があります





・レオハウスが儲けようとしている件


商売ですから儲けるのは
「当たり前」なのですが(笑)






過去記事で
レオハウスはずっと赤字なのですが
他で儲けているので大丈夫なんて
記事を書きましたが



レオハウスg

今年度も赤字になるようです


4年も5年も
営業利益が赤字なので



中小の工務店なら
潰れそうな気もしますが


レオハウスh

赤字なのは
住宅事業だけで


水宅配のクリクラや
ダスキンのレンタル事業
建設コンサルティング事業など


住宅関連以外は
全て黒字なので


会社的には
今の所
潰れる気配は全くありません

・・・・・
・・・・
・・・
・・


簡単にレオハウスの歴史を書くと

レオハウスの親会社
株式会社ナック


1970年代に
ダスキン事業からスタートした会社で

今もダスキン代理店の最大手です


次に1990年代に
建設コンサルティング事業を開始して


アキュラホームの
いわゆるアキュラシステム
総販売元になって


ローコストのノウハウを
色々な工務店やメーカーなどに
コンサルティングしていました。




ちなみに
アキュラシステムというのは



今まで人が色々していた
物を全てデータベース化して
人件費や材料費を効率化する仕組みで


なんと2万項目を
データベース化しています



まだ小さい工務店だった
ご存知のタマホーム
コンサルティングをして


タマホームが余りに急成長をしたので
2002年に業務提携をして


その年に既に
クリクラ(当時はアクアキララ)の
水宅配事業を開始しています


タマホームと
仲が良かった時代もありましたが


余りにタマホームが大きくなりすぎて
業務提携なんてしなくても
全国展開出来るようになりましたし


レオハウスとしては
「こっちが教えたノウハウ」
ここまで成長するのなら


「うちでも出来るんじゃね?」

などなど色々な思惑があって


今では犬猿の仲という状態です・・・


そんなこんなで
レオハウスはまだ設立してから
10年ちょっとなのですが


ローコスト住宅のノウハウは
ありますし
全国に支店を持つように成長したのですが


こういう
まずは知名度とシェアを稼ごうって時は


金額、コスパで
選んでもらう為に


施主側としては
かなりお得な金額になる事があると思います










・ローコストではタマホームに勝てないような・・・


打倒タマホームを目指して
どんどん拡大していましたが


最近はどうやら諦めたみたいで
(あくまでも個人の感想ですが・・・)




ダスキンが大株主になりましたし
株主総会でも
「レオハウスやめたら?」って声が大きいので



このままローコストで
どんどん店舗を拡大するのは
諦めたみたいで・・・


レオハウスi


不採算店舗はかなり統廃合して


店舗数は
3年前は105店舗ありましたが


今は88店舗にまで
統廃合しましたし


さらに余りにも
ローコスト路線ではなく


平均棟単価も1,806万円になりました




レオハウスj


今までの
注文住宅だけでは無く


利益率の高い
建売や規格住宅も開始しました




ちなみにタマホームは
現在245店舗ありますが


レオハウスk


タマホームも
数年前に客単価を上げたいと


値段を上げたら
一気に売り上げが下がって


店舗も統廃合してという
今のレオハウスみたいな状態を



2015年に経験してるので・・・




レオハウスL

逆に今タマホームは
さらにローコストを攻めています



もちろんタマホームも


大安心の家プレミアムなど
高い商品もありますし


実際に、この2社でも
ある程度の高断熱と高気密を望めば
当然金額は上がっていきますが


とにかく安い家を希望って
場合には


レオハウスの選択は
今はあまり出番が無いかもしれません


それでもローコストメーカーなので
かなり安いと思いますし


何しろ
無理して収入に見合わない
高い家を建てても苦労しかしませんが


結局、断熱や設備、気密など
性能を上げれば価格も上がるので


建てるほうが
ある程度の知識を学んで


「断熱はこれくらい必要」

とか

「ここまでの性能で充分」

など

納得して建てた方が
間違いないと思います



ただ一度
ローコストメーカーのイメージが付くと
なかなか坪単価を上げるのも難しいと思いますけど


個人的には
本当にレオハウスで建てて満足しているので


色々と頑張って欲しいです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年12月09日





何度か
オススメの住宅系ブログの記事を書きましたが


今回は私も入っている
家系ブログを盛り上げる会という

Twitterの繋がりなのですが


こちらで
バトンa

家づくりバトンという
企画があって


みんなで
同じ質問に声たるという企画です


今回の質問内容は

・総建築費
・建物本体価格
・頭金の額
・借入(住宅ローン)の額
・もらった補助金、ポイント
・家具、家電購入費
・土地代
・火災保険の額
・月々の支払額
・外構費用

・家作りを検討し始めた年齢
・家作りのきっかけ
・賃貸にしなかった理由
・参考にした情報は?
・ローンの金利
・住んでいる県
・年齢
・収入
・家族構成


こちらの質問を
メンバーで答えていきますので


今、家作りを検討している方は
同じ家族構成や収入などで
比べると参考になると思います





・「家系ブログを盛り上げる会」とは


こちらの会はTwitterで繋がっている
住宅系ブログを書いている
ブロガーの集まりなのですが


バトンb


会長さんは
住友林業で建てた
びびさんをはじめ





現在40名位のメンバーがいます





過去記事に




実際に家を建ててないのに
アフィリエイト収入目的や

ステマ(ステルスマーケティング)の
ブログが最近多いって記事を書きましたが


こちらのメンバーは
みなさん実際に家を建てている方なので


施主さんの
正直な感想を書かれているブログだけです


後は建築士さんや
工務店さん
私みたいな解体屋さんなどなど


実際に現場で働いている
メンバーもいます


ハウスメーカーも
住友林業ヘーベルハウスなどの
高級メーカーから


私が建てたレオハウスタマホームなどの
ローコストメーカー


地元の工務店
建売住宅を購入したメンバーもいて



収入や家の価格も皆さん違いますので
同じような収入や家族構成の方の
ブログを見るのはかなり参考になると思います







・質問と回答です



私の場合、全てを公開してますから

「同じ支店で同じ営業さんで建てました」

とか

「近くに住んでます」

とかメールを頂いたり

さらに私の会社に
砕石を買いに来てくれた方まで
いますが(笑)


費用やきっかけなどの
まとめとして
参考にして頂ければと思います



①年齢は?

現在44歳で妻も同い年です
家を建てたのが42歳なので
かなり遅いですね





②家族構成は?

夫婦2人と子供2人です

超高齢出産

1人目が41歳
2人目が43歳で出産だったので
子供はまだ3歳と2歳です





③住んでいる県は?

山梨県甲府市です





④収入は?

私が500万円
妻が300万円です


世帯年収800万円
この地方なら標準位ですが


かなり高齢で家を建てたので
繰上返済などを考えて
ローコスト住宅にしました





⑤家作りを検討し始めた年齢は?

41歳で子供が生まれてからです


それまでは賃貸アパートの
2LDKで

なかなか子供が出来なかったので
将来は中古のマンションでも
買おうかなんて話しはしていました


子供がいないと
一軒家は管理が大変ですし


マンションの方が
ゴミ出しなど楽だし
雪かきとか無いので
当時は中古マンションと思っていましたが


一生賃貸というのは
考えが無かったです




⑥家作りのきっかけは?

子供が生まれたからです


私自身が母子家庭で
小学生の時に両親が離婚しましたが


父親が一切働かない
飲んでばかりいる家庭だったので


子供の時は
貧乏長屋に住んでいましたので


家よりも
土地を購入して


国に「あなたの土地だよ」って認められるのが
嬉しかったです(笑)





⑦賃貸にしなかった理由は?

田舎独特のシステムですが

子供が生まれたら家を買って
当たり前って雰囲気と


3LDKや4LDKの賃貸なんて
全然無い地域なので


家賃を払うより
家を買う方が安いからです


私が家が無く育ったので
子供には一軒家で
過ごさせてあげたいってのもありました





⑧参考にした情報は?

ほぼ職場です(笑)


私の職場は家の解体や
産業廃棄物の処分をしますので


古い家
欠陥住宅で築10年以内の
サイディングや屋根の張替えの解体


新築でも端材などを
コンテナ置いて
回収しますので


ハウスメーカーや工務店さんは
結構な数の付き合いがあります


そのため、ダメな家の実例を
結構見れるので役立ちました




外観やキッチンなどの
感想は同じレオハウスで建てた方や

他のハウスメーカーの方でも
個人のブログをたくさん見て




高断熱、高気密に関しては




こちらのサイトを一番見ていました


数値で正解があるものは
やはり個人の感想よりも


専門的な知識を持った方の
ブログを参考にしました






・次にお金関係の質問と回答です



⑨総建築費は?

総建築費は

バトンc


全ての総額で約2,760万円です


土地代を抜いた総額は
2,120万円ですから
かなりのローコストですね









⑩建物本体価格は?

バトンd

約1,533万円です



ローコストメーカーの
レオハウスですから


述床面積34.56坪で考えると
かなり安い方ですね



家のスペックは

バトンe
レオハウスの
大人気の家CoCoのDグレード


レオハウスの中では
一番高かったですが


ローコストメーカーなので
それでもかなり安いです


これでも希望の
・吹きつけ断熱
・瓦屋根
などは標準でしたが


窓はアルミ樹脂複合の
サーモスⅡ-Hです


今ならサーモスXや
APW330も付くみたいですが


3年前だと
オプションで50万円かかったので
諦めました・・・


家の構造は
木造軸組みで
吹きつけ、ダイライト工法です




全ての費用の詳細は



こちらにあります





⑪頭金の額は?

420万円です


子供が生まれたばかりなので
ある程度の貯蓄や

ミニバンの購入などもあって
これ以上は厳しかったです





⑫借入(住宅ローン)の額は?


フラット35で2,104万円
アルヒフラットαで234万円


合計2,338万円の借り入れです





⑬ローンの金利は?


フラット35S
最初の10年間は0.8%
残り25年間は1.1%です


建てた時は
ほぼ最低金利でしたが

今の方がさらに安いですね・・・





⑭月々の支払額は?

バトンf

最初の10年間は0.8%で
約57,500円


その後25年間は1.1%で
59,000円です


フラット35だと建物費用と
土地代の9割しか借りれないので



残り1割りは

バトンg

アルヒフラットαで
借りていて



こちらが
毎月8,500円ですが


バトンh


こちらは結構繰越をしていて
現在22年繰上げしているので


残り1~2年で終わると思います






⑮もらった補助金、ポイントは?


バトンi


すまい給付金で30万円と





住んでいる甲府市から

バトンj

太陽光とエコキュートの補助金が出て
こちらで42,000円貰えました


市町村の補助金などは
ハウスメーカーで全部は知らない場合もあるので


自分の住んでいる地域の
補助金は調べた方がいいと思います











・やはりお金の質問が一番気になりますね(笑)


まだまだお金関係の質問ばかりですが・・・



⑯家具、家電購入費は?

家を建てる際に購入したのは

バトンk

ソファとTVボードで13万円




バトンl

ダイニングテーブルで15万円




バトンm

ベッドが2つで17万円




バトンn

エアコンは2台で36万円



後は加湿器やクローゼットなど
細かい物も含めると


およそ新築時には
90万円ほどかかりました





⑰土地代は?

64坪で600万円と
坪10万円を切る金額でした






この辺りの相場は
坪15~16万円はしますので


物凄いお買い得な土地を
見つけられて本当に良かったです




⑱火災保険の額は?

火災保険は10年一括
地震保険は5年一括で


300,970円です


ハザードマップなどで
確認してますので

水災は入っていませんが


子供が小さいので家財などは
結構手厚く入っています





⑲外構費用は?




110万円で

フェンス、駐車場、砕石、人工芝
までは施工していますが


バトンo

ほとんど何もしていません


子供が
「こういうのがいい」って
言えるまで何もしない予定です


場所的に誰も
見ない家ですし(笑)


うちの職場から重機や人も借りれるので
子供が手伝えるような年齢になったら


色々作る予定です


実際に家を建てた人が
みなさん同じ質問に答えているので


是非他の方のブログも
見て参考にして頂ければと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月30日





最近ツイッターなどで
色々な住宅ブログを
書いている方と交流があります





ずっと住宅ブログを
書いている方々が多いですから


大抵は自分の建てた
ハウスメーカーや工務店を
気に入っていますので


自分の建てたメーカーが
いかに良かったかを書いています



とはいえ、違うメーカーを
けなしたりはしませんし
(一部そういうブログもありますが



「そういう考えもあるよね~」
色々と参考になる話をしているのですが



満足している方のほとんどって


自分が決めたハウスメーカーや
工務店の間取り


もしくは建売住宅や
モデルハウスを実際に見て


「これだ!」ってときめいているんですね


まさに運命的な
出会いといいますか


これっていう間取りがあるわけですから
当然失敗も少ないので


満足出来る家が出来ます






・私は別のメーカーで「ときめいて」しまいましたが・・・


私の場合は
建売住宅は6~7件


ハウスメーカー、工務店も
5~6軒廻って


モデルハウスやオープンハウスも
何件も見学していましたが



その時は
「ここは参考になるな」とか


「こっちはいいけど、ここはダメだなぁ」とか
色々と思っていたのですが



ときめくa


タマホームのモデルハウスを
見た時に




「この家に住みたい」
間取りが決まりました



ときめくb

3軒モデルハウスがありますが
一番右の家です



モデルハウスが大きかったので
要らない部屋を削ったり


なるべく長持ちしたい家がいいので
切妻屋根にして瓦屋根に変更したり
していますが


我が家の間取りはタマホームの
モデルハウスとほぼ同じです




タマホームの営業さんに


「あのモデルハウスと同じにして」
頼んだ最初の間取り図がこちらです


ときめくc



そういう経緯もあり
特に問題が無ければ
タマホームで契約になる所でしたが


営業さんとの相性など、色々あって
レオハウスと契約しました




こちらが実際の間取りですから
ほぼ同じです

ときめくd



その辺の話は過去にこちらに書いていますが






私を担当してくれた
レオハウスの営業さんが


元タマホームの営業だったので
モデルハウスがそのまま分かるので


こちらでも話は早かったです



実際に住むのに
収納を変えたり


子供が小さいので
安全面で変更した箇所や
希望の開放感を増やすなどの
変更はありますが



基本の間取りはほとんど変わってなく


「この家に住みたい」という家ですから
当然満足しています





・20社とか30社見るのも大変ですが


なんか間取り作成無料の
サイト紹介みたいな流れになってますが(笑)


ヒアリングも無く
実際のモデルハウスも見ずに



間取りばかり作ってもらっても
意味は無いと思ってますので



某タウンライフとかは貼りませんが(笑)
(むしろ営業電話が増えて大変・・・)







こういうの・・・



本当に満足している方のブログって


運命的に出会ったとか
見た瞬間決めたとか


まるで結婚相手のように
決まるみたいです


まあ私の嫁を最初見て
まさか結婚するとは思ってなかったので
その例えにならない人もいますが


数を多く見れば
「やっぱりあっちの方が良かったかなぁ」って
迷いも出ないですし



少なくとも私の場合は
予算内で建てれる所は
ほぼ全て見ましたので


全く後悔などはありません


1軒見るのに営業さんとの話も入れると
2~3時間はかかりますから


本当に大変なのですが


数千万円の買い物ですし
自分が満足出来る家が出来る
第一歩なので


ここは本当に時間を掛けて
選んで欲しいです








・素人が間取りを作って大丈夫なの?


何件見ても「ときめかない」人もいれば


最初から自分で決まっていて
間取りを作成する人もいます


ときめくe




こういうのがあって
安いものだと1万円以下で購入出来ますが








住宅関係、デザイン等の
経験者さんならともかく


全くの素人がイチから作ると


「絶対に実際に生活したら
住みにくい家になる確率が上がります



特に、広い家なら
まだ大丈夫なのですが


割と多い失敗が


限られたスペースに色々と
希望を詰め込み過ぎて失敗するのが
多いという事なので



最初の案を設計士さんに作ってもらう
それを参考に手直し


これの繰り返しがいいと思います



あきらかに通常の建売や
規格住宅では無い作りの場合


「設計士さんならどう思います」って
聞いた方が絶対にいいです


なにしろ相手はプロですから


そのためにも
「自分と合う人」がいるメーカーを見つけて
色々と言い合える関係にならないと



満足出来る家が作れないと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月27日





他のブログをいくつか見ると


ローコスト住宅だから
欠陥が多いみたいな記事もあるのですが



実際もっと高いメーカーも
色々と欠陥やクレームも
あったりもしますが・・・


欠陥a

我が家の場合は施工も特に問題無く



不満も何も無く
快適に暮らしています


しかし、欠陥やクレームの
ブログを見ると


施主の行動によっては
充分防げたというのがあるので



私の経験談から
なるべく被害に
遭わないコツを書いていきます





・大前提は気の合う営業さんと納得いく間取り


まず工事に入る前の段階で
「イマイチ」って思っていたら
絶対に満足いく家は建ちませんので


・納得いく間取り
・納得いく性能
・納得いく値段


こちらが大前提なのですが


クレーム記事を見ると


「本当は私は〇〇したかったのに
営業さんは〇〇を勧めた」

とか・・・



これは結局は施主さんの
ミスですので


もちろん的確なアドバイスを無視して


住みにくい家になっては
意味もありませんが・・・



お互いに色々と言い合える
仲にならないと
いい家は建たないと思うので



まずは営業さん、設計士さんが
自分に合うメーカーを選んでから


家作りをスタートさせましょう



この段階でダメなら
先には満足に進めません


欠陥b

たくさん印鑑押すので
割と簡単に考える人もいますが


契約後に解除なんて話になると
手間もお金も大変ですから


ここはどんなに
時間がかかっても



納得いくメーカーや工務店を
選びましょう







・工事開始~の欠陥を防ぐコツ①
 
「一番いい人に担当になってもらう」



凄い高いメーカーは
見てもいないので知りませんが


なんとなく高いメーカーは
全員が一流ってイメージはありますが・・・



そしてローコストメーカーですが


やはりちょっと腕が落ちたり
ちょっと「??」って
工務さんがいるかもしれません
(もちろん素晴らしい人もいますよ)



それでも施主さんの行動で
防げる事もたくさんあるのですが


まずは、そのメーカーで
一番信頼が置ける人


一番腕のいい人に
担当してもらいたいと思いますが


少なくとも
私の家を作った大工さんは
問題無かったですし


担当工務さんは
素晴らしい方で


甲府店の工務長さんでしたから
一番偉い方だったので
全く問題は無かったです




営業さんは
最初に付いた人がそのまま
担当になる事が多いので運だと思いますが



工務さん、現場監督さん
設計士さんは



例えば
私が注文した
レオハウス甲府店でも


ある程度規模のある
メーカーですから
一人では無くて何人か
工務さんはいます




そして、私の担当の工務さんは


甲府店の工務長さんでしたので
一番立場が上の方です



もちろん予定が
いっぱいって事もありますが



一番いい人に担当になってもらうには




そのハウスメーカーで
一番大事なお客と思われればいいと思います



そして割と簡単に
大事な客になれる方法があります





・一番お金を使う



せつない話ですが
やはり商売な以上お金は大事です



妻は20年ほど
アパレルで販売業をしていますし


私も前職は
ホテルマンでしたので


最終的な
ハウスメーカー選びの一因とも
なったのですが



「高いメーカーの安いプラン」の客になるよりも

「安いメーカーの高いプラン」
の客になった方が


お客を大事にすると感じました



理想論では
全員に満足して、同じ対応を
取りたいですが


現実はそこまでうまくいきません



私が旅館の
支配人をしていた時代の話ですが


一番安いプランですと平日なら12,500円
一番高いプランだと平日で38,000円です


もちろん部屋のグレードも違いますが


料理を出すタイミング
何か言われてたらすぐ対応する
一番近い駐車場を専用に使える


などなどやはり高いお金を払うお客様は
色々と気を使います




そして注文住宅に置き換えると
例えば出せる予算が2,500万円として

欠陥b2


Aの高級メーカーで一番下の
グレードを注文するより



Bの安いメーカーで
一番高いプランを注文した方が
私達はいいと思いました



しかし注意点として


Aの高いプランだけ外壁がタイル
他はサイディングなんてパターンの場合


仮に他の施主さんは
10人いたら1人しかAの高いプランを
申し込まないような場合は


現場の方が
めったに施工しない
タイル外壁を作る事になりますから



こういうパターンなら
やめたほうがいいです


やはり作り慣れている物を作るのが
一番欠陥が起きません


レオハウスの場合
同じ大人気の家cocoでも

Dセレクト
Vセレクト
Bセレクトとあって


サイディングの種類や厚み
サッシ類などのグレード


設備のグレードなどは違いますが


基本設計は同じです


欠陥c

我が家は土地代、土地関係のお金を抜くと
2,050万円と



かなりローコストですが
レオハウスでは上のグレードになります



さらにDセレクトは
吹き付け断熱なので


グラスウールよりも
施工は簡単ですから


欠陥の可能性はもっと減ります






・工事開始~の欠陥を防ぐコツ②
 
「知ってる建築関係者を使う」



営業さんが
「うちは施工もしっかりしてます」とか


「大工さんは一流です」などなど



工事の話をしてきたら




「その点は義兄が大工なので
チェックしてもらいます」とか


「親戚が建設関係多いので大丈夫です」


とか、この辺のハッタリは
言って損はないと思います(笑)



私の場合は
義父が本当に大工ですし


私も大工じゃないですが
解体して処分する会社にいますから


ある程度は分かりますので


「こいつ、うるさそうだな」って
思われるのは
好都合です



決して、嫌な客にはならず
知ってそうな客って思われればいいので


今は住宅系ブログもたくさんあるので
知識を得るのはやはりオススメです



信頼出来る工務さんが付いて


工務さんから大工さんに
「この客の家はちゃんとしてくれ」って
伝われば


その時点で8割以上は
家作りに成功すると思います(笑)


もちろん
全ての工務さん、大工さんが
優秀のメーカーもありますし


小さいところでは
全ての施主が同じ人が
担当という所もありますが


大手のハウスメーカーでは
夫婦とも客商売が長い経験上
割と有効なアイデアだと思っています








・工事開始~の欠陥を防ぐコツ③
 
「やはり現場は見る」



後は色々なブログに書かれていますが
やはり現場はある程度みた方がいいです


私の場合は
毎日工務さんが
進捗のメールをくれましたし


家も近かったので
割と見に行けました


さらに上棟後の打ち合せは
建設途中の家で行っていましたが

欠陥d

仕事もあるので、毎日ではなくて
週2回程度の見学だったと思いますが
自分でチェックはしていました


理想は毎日見れればいいのですが



それでも

・基礎の施工
・基本的な木材の施工
・吹き付け断熱の施工
・タイベックの施工


などなど
隠れてしまう部分は


かならず次の工事で
見えなくなる前にチェックはしました


そして疑問点があったら
必ず工務さんに


質問をして
その都度問題なかったですし




ちょっとしたミスも2箇所ありましたが
すぐに直してもらったので




今も満足している
家を建てれました





◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング