ハウスメーカー選び

2019年09月21日





最近ツイッターなどを見ると


「住宅展示場に行ったけど多すぎて分からない」

「いくつかハウスメーカー見たけど言う事が色々違う」


そして私のブログみたいな
家作り系のブログをいくつも見て


「言ってる事が色々違い過ぎて分からない」


という感じになってしまっていて



自分の正解が見つからないまま
「何となく」建ててしまうと
後悔する事が増えるかもしれません・・・



メーカーa



我が家の近所にある住宅展示場だけでも
15メーカー、17棟建っていますし


近くにもたくさん
ハウスメーカーや工務店があります





・満足する家を作る最適解とは・・・



車が大きさ、形などいくつもあるように
住宅も色々とあります



まして注文住宅でしたら
同じものは基本的にはありませんので



ぶっちゃけ正解などはありませんが
満足する最適解に近づく方法はあります

メーカーb

こちらは信長の野望という
シュミレーションゲームです


初期の数値は決まっていますが


これを割り振るのが
満足する家を作るのに大事な作業です


つまり


メーカーc2

こんな感じですね(笑)



予算は人それぞれですが
仮に2,000万円として



2,000万円=100とした場合に
数値100を自分の理想に割り振ります
メーカーd

断熱、気密 20 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 20 (サイディングや外構など見栄え)
設備 20 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 20 (土地代金)

合計100


2,000万円の建売住宅を買うとこんな感じですね
やはり売れやすいように全てが平均的です




もちろん注文住宅なら
好きなように色々割り振ってもいいので
メーカーe
断熱、気密 60 (家の性能)
広さ 10 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


高断熱高気密にする代わりに
他の物を犠牲にしてもいいですし





メーカーf



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 40 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100

同じ価格で
広さ、間取りを重視
断熱、気密もそこそこは欲しい場合もあります




どれを選んでも
作る人の希望ですから
正解とか不正解ってありません



実際に住んでいる人が
満足していれば全て正解なのですが



平均相場が
合計数値100=2,000万円だったとして


数値100の家を
2,500万円で建てたら損をしてしまいます



何件もハウスメーカーを見る事で
適正価格が分かってきますから



どの部分を重視するかは
人それぞれですが




この合計数値100が


2,000万円のメーカーと
2,500万円のメーカーなら


当然安い方が得ですし
2,500万円のメーカーを選んだら損をします





もちろんこのように
メーカーg

2,500万円の代わりに
数値が150に増えれば
何も問題ありません



予算に応じて
自分の建てれる金額で
満足出来る家を建てればいいので



とにかくまずは
相場や性能を知る為に
何件もメーカー、工務店を見学して
見積りを貰ったほうがいいです




そうすると
適正価格が分かってきますので



ハウスメーカーに寄っては
「今だけ500万円値引き」なんて所もありますが



適正価格が分かれば
「いやいや、これ定価上乗せしてるでしょ?」って分かってきます






・ハウスメーカーに迷ったら


当然ですが仮に10社のメーカーを見たら
10社とも金額、間取り、広さが違うと思います


「どれがいいんだ?」と悩んで




そこで検討しているメーカーの
ブログなどを見ると



「フローリングは絶対に無垢材がいい」

とか

「サイディングは長持ちしないから止めた方がいい」

とか


などなど決め付けのブログも結構あります・・・



私も瓦屋根だけは
本当にオススメなので色々書いてますが


正解なんて無いですから
自分の好きな物で作ればいいんです


実際に家を建てたブログは
個人の感想もあって
参考にはなると思いますが



それが他の人にとって
正解という訳ではありません



もちろん施工ミス、欠陥住宅は
何があってもダメですけど


ただ、いくつもメーカー、工務店を回れば
分かってくると思いますが
やはり、性能とはある程度価格に比例します









・失敗したなぁって思う人のパターン



先程のパラメータ


断熱、気密 60 (家の性能)
広さ 10 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


このような高気密、高断熱が希望の方がいて




実際に建った家が



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 20 (サイディングや外構など見栄え)
設備 20 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100



こういう風になると
「思っていた家と違う」って後悔します



その為にまずは
「自分がどんな家が欲しいか」の正解を出すためにも
何件もメーカーは周った方がいいです


我が家の場合は
土地代も全て込みで3,000万円位という
悲しい縛りがありましたので



その中で
まずは希望の間取りと広さを決めて

メーカーh



延床で34.56坪なので
夫婦と子供2人なら普通ですね
(引越し時は親子3人でしたけど)



土地は幸いにも
線路沿いの格安の土地がありましたので


設備は1つも削ることなく
オプションを増やしました



断熱、気密は
吹き付け断熱と瓦
窓サッシはサーモスとやや落ちますが
予算内の上限で作りました


外観は標準ですし
外構もほとんどしてないので


自分の中では
メーカーi



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 30 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


このような感じだと思っています



何しろ金額と性能に
納得して作ったので


不満な所はありません





・自分が満足すればそれが正解です


当然ですが
私の家より高性能な住宅はたくさんありますし


私の家より広い家もたくさんあります



外観見た瞬間に「高そう」って家もありますし


中に入った時に
「高級ホテルかよ」って設備の家もあります



ただ総予算2,000万円の中では
かなり納得出来る家が出来ました


その為にも

部材をある程度調べて
何件もメーカー、工務店に行って相場を調べるのは


大事なことだと思います





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年08月05日





同じ性能や間取りなら
当然安い方がいいと思いますが


既に購入された方も
今検討中の方も


一度は建売住宅も
見学したと思います



色んな間取りプランも見れますし


見れば見るほど
「ここはダメ」とか希望も分かるので


注文住宅がいいって方も
見学した方がいいですし


「ここでいいや」ってなれば
やはり値段が安いのはかなり魅力です





・金額が安いのはメリットです


今回見に行ったのは
メーカー名は出せませんが


いわゆるパワービルダー系で
かなりのローコストメーカーです



「オープンハウス イベント開催中」という事で
買う予定はもちろんありませんが見学してみました


子供のオモチャも増えて来たので
家具付きの建売なら参考になりますし



土地代は地域によって違いますが
甲府市ですと

建売a



安いもので延床30坪前後で1,780万円位~




建売b


セキスイハイムあたりになると
3,600万円位~という地域です



ちなみにハウスメーカー検討中の時に
レオハウスの建売もあって
確か2,800万円位でした
(注文の我が家より高い・・・)



土地代の相場は

我が家は線路沿いでしたので
64坪で600万円でしたが


だいたい60坪で950万円位が相場です





・パワービルダーの建築部材は?


今回見た住宅は
6棟あって価格は1,800万円~2,000万円です


全部同じ建売のメーカーで
設備はどこも共通で
家の広さや間取りは若干違いました


当然ですけど
安い家は安い理由があります



まず気になったのは窓です

建売c

YKKのフレミングというアルミサッシです


LIXILはデュオPGという
アルミサッシを作っていますが


YKKもまだ作っていたんですね


建売d

Low-E仕様でもありませんが
ペアガラスです



建売e
室内側スペーサーのみ樹脂なので
LIXILのデュオPGとほぼ同じですね



建売f

複層ガラスなので
窓には結露はほとんど出ないと思いますが
樹脂が下にしかないので


サッシ部分は結露が出ると思います



建売g


中空層の厚さが分かりませんが


10mm以上で4.07
10mm未満ですと4.65の熱貫流率です


Low-E仕様なら
共に0.58性能が上がりますが


今回見た家は普通の複層ガラスでした


詳細は分かりませんでしたが
断熱材はグラスウールという事で


おそらく標準のグラスウールを
標準の厚さ入れてるだけと思うんで



夏の暑さと
冬の寒さは結構あると思います


それでも一世代昔の家よりは
ずっと快適だとは思います



次に気になったのは

建売h

サイディングが釘打ちの14ミリで
さらに角の納まりを
コーナー金物でやっているので


見た目がかなり安っぽいです
(実際安いんですけど・・・)


まあ見た目だけなら
ここの全6棟全て同じなので
気にならないかもしれませんが


見た目以外にも
長い目で見ると釘打った所から
雨が侵入する可能性が出て来るので


出来たら15ミリ以上の
金具止め工法の方がいいと思います


見た目で選ぶなら16ミリ以上の方がオススメです




後は
建売i

一番コストが安いタイプの
第三種換気システムでした


三種の場合C値が1.5以下位じゃないと
計画換気が上手く出来ないのが心配なのと


やはり見た目が良くないですね


屋根もコロニアルの安い方なので


外壁、屋根は10年ちょっとで
結構なメンテナンス代がかかる可能性もあります





・いい面もありました


若干ディスっている内容なので
普段より写真が少なめですが


値段の割りにいい所もあって


営業の方も

「注文住宅も見てる人だと
正直全部安っぽく見えると思いますが・・・」


という事でしたが


システムバスはTOTOサザナ
(グレードは結構下っぽいですが)



トイレもTOTO製で
なんとフタが自動で開くタイプでした
(我が家は手動です)



しかも2階にも
トイレが付いていました
(未だにオプションのメーカー多いですね)






・圧倒的安さのメリット


「販売価格以外に何がかかります?」
と質問したところ


「土地と建物の登記代が約50万円ほど」
という事なので


総額1,850万円で計算すると


頭金無しの全額ローンでも
全額35年固定で金利1.2%で
月々54,000円です


我が家と同じように
400万円ほど頭金を用意すると


建売k

なんと毎月42,000円


万が一フリーターになっても
どうにかなりそうな金額です


周辺の賃貸アパートが2LDKで
70,000円前後はしますので
この価格のメリットは凄いと思います



注文住宅みたいに
内訳を出すとすると


若干途中の道路が狭いとはいえ
何件か土地を見た感覚だと


当然ビルダーはまとめて6棟分購入しますから
かなり安く手に入れてると思いますが


普通に買えば
安くても850万円はする場所だったので



そうすると

建売j

驚きの本体価格700万円です!




ちょっと前に家に入っていた

建売L

タマホームのチラシよりも
全然安いですから


価格勝負ではどこも敵いません・・・


しかもシフクノいえは
延床で24坪ですしね


今回見た建売は30坪ありますから


700万円で坪単価出したら
23万3,000円ですから凄く安いです


住宅性能は
フラット35S取得出来るみたいなので


この家だと省エネルギー性能では
取得出来ませんから


耐震等級3で取得すると思いますから
ある程度の耐震性もあるとは思います
(ちゃんと施工してればですけど








・金持ちが「ポン」と買う家・・・・


家族の幸せにはお金も大事なので
例えば趣味を重視して
家は安くって考えも大事ですし



こういう方が趣味を無くしてまで
高い家買っても逆に後悔すると思いますから・・・


今回6棟あって
そのうち3棟は売却済で


なんと2棟は
近所に住んでいる親が
子供に買ってあげたそうです


親は近くに住んで欲しいでしょうし


私だって無料で貰えるなら
アルミサッシだろうと
サイディングが14ミリだろうと


それでも20年前の家よりは
ずっと住みやすいですから


喜んで住みます(笑)





・それでも買えない理由


値段と性能はある程度まではリンクしますから
この値段では断熱性能などが
悪いのは当然なのですが


仮に土地代抜きの金額で
3,000万円ほどの家を建てた方でしたら


私の家も「低性能で住めない」って言うでしょうし・・・
(我が家は土地代抜くと総額約2,000万円)



それでも、私の場合は
「エアコン1台で全部暖かい」位の
性能は欲しいかなと思いました


我が家は別に超高性能とかでは無いですが
エアコン1台あれば全部が暖かいですし


もっと高性能なら家なら
光熱費が下がると思いますが


この建売ですとエアコン1台では
とても暖かくなりません・・・


それでも夏は暑い、冬は寒いのが当たり前ってなら
買えない事も無いですし


予算を超えて家建てて
生活が苦しくなる事の方が
問題だと思うので


これはこれでアリかなと思います


家の温度が快適だとしても
子育てや趣味にお金が回らず
キツキツな生活よりも



子育てや趣味にお金を使えて
「パパー暑い~」って言われて
家でカキ氷作る生活の方が
ずっと幸せですしね




しかし、今回の家に関しては

建売m


普段、家の階段を平気で昇り降りするお兄ちゃんが
「この階段怖くて降りれない」と言うので




過去に書いた階段の記事

↓↓↓





小さい子供、もしくは自分が
年取った時には大変かなぁと思ったりすると


ちょっと買えないかなぁという感想ですが


探せば、もう少し余裕のある階段の
建売住宅もあるでしょうし


家の中身もちゃんと施工されてるか
確認もしたいので



注文は出来ませんが
現在施工中の家なら
欠陥部分の確認は出来ますので


営業さんに
「今建設中の建売ありますか?」
聞いて、施工を見て問題が無ければ


そういう家なら
この価格は魅力だと思います



しかし・・・一番思ったのは
「家を買ってくれる親が欲しかったなぁ」と(笑)


私の親からは一円どころか新築祝いすら
貰っていませんので





・レオハウスも建売始めました?


最近公式のHPにも
「MY LEO HOUSE」という名前で
建売住宅始めましたって書いてあります

建売p

昔からレオハウスの建売あったと
思いますが、全国的に始めたのが最近という事でしょうか?


私がアポ無しでレオハウスに行って
その後に最初に担当営業さんと設計士さんと
会ったのはレオハウスの建売住宅で



オシャレな家で設備も豪華で
たしか2,800万円位だったと思いますが


「注文でも土地代入れても、これくらいで建てれますよー」って
言われたのを覚えています
(実際もっと安かったですが


甲府市の隣に1軒建売がありますが

建売r


2,940万円・・・

高いですねぇ・・・


家具、家電付という事ですけど
たしかにオシャレなんですが


「注文でも土地代入れても、これくらいで建てれますよー」
っておびき寄せる為なのでしょうか?(笑)


まあ売れ残り以外では
安い物には理由があるので



やはり設備、広さ、家の性能を
上げていけば当然値段も上がりますし


上を見るとキリがないので


無理しても仕方ないので
予算内で一番いいものを
建てた方がいいかなぁと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年07月15日





ついにこのブログも
300記事を突破しました


それだけ家を建てるという事と
子育ては毎日ネタが尽きる事もなく


まだまだ書きたい事は
たくさんあるのですが


今回は300記事記念という事で


タマホームレオハウス
悩んでいる方が多いので


レオハウスで建てた私と
タマホームで建てた方と


どっちの方がいいか
話し合いましょうという事で

対談a

同じライブドアブログ仲間の



チャット対談をさせて頂きました





・まずはタマホーム管理人さんのプロフィール


5年程前にタマホームで建てた管理人さんです

対談b


私とは逆で
タマホームとレオハウス(後はアエラホーム)と悩んで
タマホームを選んだ方です



3人のお子様と奥様の5人家族で
一番のポイントは
「元設計士」さんです


二級建築士、一級建築施工管理技士
宅建などの資格を持っている方です


他にもブログをしているそうなので
今っぽいプロが作るような
ブログデザインです


私のブログは技術も知識も無いので
古い感じですね



今回は対談ですが
LINE風吹き出しも作れないので




対談1
 
こちらが私で




対談2

こちらが
タマホームブログ管理人さんです





・それでは対談スタート



対談1
よろしくお願いします
まずはブログを始めたきっかけを教えて下さい
 



対談2
文章を書くことが好きで
タマホームのブログを書く前から
いくつかブログを運営していました

住宅に特化したブログを書こうとしたきっかけは
マイホームを取得した経験や

保有資格を活かしたちょっとだけ役に立つような
情報を発信したいと思ったからです




対談1
たしかに設計士さんの目から見る
ブログって言うのは興味がありますね

私はブログなんて書いた事無かったですが
仕事上、解体や新築の現場に行きますので

他のブログを見ていて気になった
「それは間違ってる」って言いたくて書きました(笑)

それを欠陥って言ったら大工さん可哀想とか




対談1 
いくつかクレームや
欠陥住宅のブログがありますが

「これはメーカーでは無くて施主が悪いんじゃ?」って
部分はありますか?




対談2
家づくりは施主も一緒の気持ちで関わって
家づくりしていくべきだと思っています。

どうしても図面と仕様書だけでは
表現出来ない部分がありますし
「現場合わせ」が大事な部分もあります。

なので可能な限り施主も現場に顔だして
コミュニケーションとった方がいいとおもいます。

発注してから完成まで無関心な
施主さんも中にはいますから
「それはどうかな」と思います。




対談1
施工前に設計士さんだから
分かる事ってありますか?




対談2
ローコスト住宅のノウハウわからないまま
施主として関わりましたので
「え、図面これしかないの?」って感じでした(笑)

でも、しっかりと作業がユニット化されていて
職人さんもテキパキ仕事されてて
「なるほど」と思いました。


       

対談1
実際に住んでから後悔したポイントなどはありますか?




対談2
後悔したところは正直今のところはありませんね。


途中危ない所がありましたけど
タマホームを通さずに「現場合わせ」
対応していただいたので職人さんには感謝しています。

気合い入れてチェックと打ち合わせして
現場も近かったので毎日通いましたので(笑)





・設計士ならではの悩み



対談1
次に設計士さんとして
普通の方よりも設計に詳しいわけですが

いわゆる「タマルール」や 
レオハウスもそうですが

「出来ない設計」って出て来ると思いますが
     
設計士さんとして
「ここは、こういう設計のがいいのに」などはありましたか?




対談2
設計に関していうと正直無いです(笑)
自分自身が凝りすぎた設計が好きではないのと
凝ったらとんでもないコストになるだろうなと
分かっているからだと思いますが・・・

どのような工事でも
追加料金払えばできないわけではないので・・・(笑)




対談1
設計士さんとしてのアドバイスはありますか?




対談2
どちからというと施主さん側に
デザイン重視で凝りすぎた間取りで
「構造大丈夫なのか?」って
思ってしまうことはあります。

直下率やつりあいなどのバランスは
頭の中でイメージする程度ですけど

自分ならオシャレでもやらないなみたいな
間取りはあります

地震とかで持ちこたえる家とかって
メーカーとか施工もあるのでしょうけど
間取りが及ぼす影響って大きいと思います。




対談1
さすが設計士さんなので
間取りと耐震を同時に見てますね

私は耐震性は特に考えずに
間取りを決めてしまいました


私の場合30年前の家とか壊して処分しますけど
ちゃんと作れば柱と筋交いだけの家でも
「思った以上に丈夫なので」


37ee7c73
昔の家に比べるとベタ基礎や
耐力面材など使うので地震には強いです


今の家って
ベタ基礎だしダイライトとか使えばまず平気とか
思ってしまいます(笑)

制振ダンパーもありますし





・ローコストメーカーの悩み


対談1
正直ローコストメーカーは
ブログやクチコミなど良くないですが
その点の心配は契約時は無かったですか?





対談2
ありました。
むしろ不安しかありませんでした(笑)

なので建てる前は色々なブログを調べたり
知人から情報をもらったりしていました


話が最初の話題に戻ってしまいますが
その時にブログなどを見た際に
デザインや単価やメーカーの比較などの
ブログは多かったですが

施工の部分や
目に見えない部分の記事が
少ないなと思いました。


そんなこともあり経験者&資格者として
ちょっとほかのブログと色の違う
役立つ記事が書けるのではと思い
ブログを書き始めたきっかけですね。

そういった意味で
レオハウスブログ管理人さんの記事は
勉強になりますし、視点が鋭いなと思います。




対談1
ありがとうございます

私の場合、趣味で調べるだけではなく
仕事で覚えないといけない部分もあるので





・断熱と気密の話



対談1
次に家の性能の話をしたいのですが

家を建てた5年前というと
すでに一条工務店がかなり伸びていて

世間も「高断熱、高気密」という
流れになっていたと思いますが
その辺の高断熱、高気密は気にしましたか?


私が建てた時期だと
既にローコストメーカーも
高気密、高断熱を売りにしていましたが





対談2
気にしていましたね。
ウェートは結構大きかったと思います。

私の家の近所に丁度
一条工務店で建てた仲のいい知人がいましたので
色々と話をお伺いしました。


そのうえで巡りめぐって
タマホームを選択しています。

タマホームの断熱、気密の性能でいえば
この価格で表示上このくらいなら十分でしょって感じです。

当時の細かい数値は覚えていないのですが…




対談1
私の場合そもそも予算的に
一条工務店は難しかったんですが

私もタマホームやレオハウスの
コスパは素晴らしいと思います
       
それでも数値は劣ることは間違いないのですが
一条工務店などではなくて
タマホームを選んだポイントとしては予算ですか? 




対談2
そうですね。
一番はコスパ(費用対効果)ですね。




対談1
ブログを見ると断熱材は
グラスウールのようですが

5年前ですとまだ吹き付け断熱
かなり高額だったと思いますが
変更しようとか考えましたか?




対談2
発泡ウレタンで検討したのですが、
まわりにサンプルとなるものがなくて不安だったので
無難にグラスウールにしました。




対談1
出始めの建材や工法は不安ですからね
私もガルバリウム屋根とか片流れ屋根は不安ですし




nichiha

画像はニチハのスレート屋根材「パミール」です


10年経たずに葺き替えが必要になってしまった
いわゆる欠陥商品です・・・
(2008年に製造停止)


他にもケイミューのコロニアルNEOなど
欠陥商品というのも過去にはそこそこあったので


既に問題無いと
分かっている部材を使うのも大事です






・家の住み心地について



対談1
結構寒い地域にお住まいなんですよね?




対談2
現在の断熱等級だと3の地域です。
建てた時は旧区分だったので2の地域でした



chiiki


3地域(旧Ⅱ地域)は結構寒いです
(私は5地域です)




対談1
東北地方と同じですから結構寒いですね

私の住んでいる地域は等級5の地域なので
結構家作りに差がありますね
  
その分夏は40度超える日あったりしますけど




対談2
うらやましいです。こっちは寒すぎて
使えるものにはすがりたい気持ちです。

今年はマイナス14度が最低記録でした。




対談1
マイナス14度・・・
    
そうなるとサッシは何をお使いですか?




対談2
リクシルのマイスターⅡです。オール樹脂サッシですね



対談e


既に廃盤ですが
当時は恐らくかなり高級なオール樹脂のマイスターⅡ


2.33以下という数値しか
書いてない所に時代を感じますが

UA値はエルスターSと同じという高級品です




対談1
5年前でオール樹脂だと
オプション費用は結構高かったですか?




対談2
自分が契約した時は
マイスターⅡが寒冷地仕様の標準でした。
これもポイント高かったです。   

引き渡しの頃には、仕様が変更になって半樹脂になりました。





対談1
丁度マイスターⅡが廃盤になって
サーモスⅡ-Hが発売された頃ですね
3地域ではちょっと厳しそうですね

今はサーモスXがあるので
半樹脂でも問題なさそうですが・・・



 
対談1
3地域だとローコストメーカーでも
オール樹脂が標準だったのですね

当時だと結構高価だと思いますが・・・




対談2
そうですね。
記憶では当時3地域(今の4、5地域)仕様だと半樹脂でした。




対談f
2010年に現在のサーモスⅡ-Hの原型
サーモスH発売


おそらくサーモスHかデュオPGが
4、5地域の標準窓で
(他にアルミ樹脂複合窓が当時は無かったので)

寒冷地仕様がマイスターⅡだったのかなぁ思います




対談1
先日リクシルのショールームに行って
「標準がサーモスLなんですが
サーモスXにした方がいいです?」って聞いたら
甲府なら要らないって言われました(笑)





canvas
  ~過去記事~
サーモスXとサーモスⅡ-Hのどちらがいいかショールームで聞いてきました
http://reogress.net/archives/18683393.html





対談2
甲府は等級5の地域なのですか?先月、甲府と笛吹に行きました。





対談1
偶然ですね(笑)甲府に住んでいて職場が笛吹です

こっちは夏は40度行くんですが
未だに安い建売住宅だとアルミサッシだったりします




対談2
甲府盆地の特徴ってやつですか。
5年前の甲府で積雪1m級の積雪だっと記憶しています。
雪は奇跡に近い積もり方だったのですね。





yuki

観測史上最大の降雪が5年前にありました・・・

私の車が完全に雪に埋もれています





対談1
よくご存知ですね(笑)
今まで積もっても5センチ位の地域なので大変でした

普段は今年の冬も1回も雪は積もりませんでしたし
「寒さ」よりも「暑さ」の方がキツイ地域ですね・・・




対談1
今住んでいて「暑い」「寒い」っていうのはありますか?




対談2
新居に入居する前は普通のアパートだったので
今は快適すぎるくらいです



対談1
私も普通のアパートでしたので
今は充分すぎる位快適ですね





・タマホームかレオハウスか


対談1
次にハウスメーカーですけど

ブログでは
タマホーム、レオハウス、アエラホームで悩んで
最終的にタマホームかレオハウスの2択とあります

  
もし担当営業さんが
タマホームとレオハウスで逆だったら
レオハウスを選んでいました?





対談2
選んだと思います
そのくらいレオハウスでもいいと思っていました。




対談1
やはり営業さんとの相性は大事ですか?




対談2
はい。かなり大事だと思います




対談1
タマホームもレオハウスも
値段や仕様はほとんど変わりませんしね(笑)




対談2
そうなんです。
むしろレオハウスは構造では
ダンパー使ってたりしたので
タマホームより総合力高いと思っています。



0acbc2e0

我が家も標準で付いていた「L-SAV」という制振ダンパー
地震の際の揺れを最大で半減させます



対談2
アエラホームは毎回営業さんが別の方で
1から話すのが面倒でした




対談1
うちの場合はレオハウスだけは
毎回営業さんと設計士さんが一緒だったので
妻の評価が最初から高かったです

アエラホームさんはお仕事の付き合いもあるので
店長と副店長さんが毎回同席という


タマホームは結構年上の営業さんだけでした・・・




対談1
奥様もタマホーム が一番という印象でしたか?




対談2
嫁はどちらかというと
高価格帯に行きたかったみたいです

印象と見栄が先に来るタイプです(笑)
タマホームもレオハウスもどっちも
「ん~・・・」って感じでした。
      



対談1
積水ハウスや住友林業あたりですか?




対談2
そうです。CMやっている主要なところです。
積水ハウスは入っていましたね。
あとパナホームとか

「テクノストラクチャーいいじゃん!」
みたいな軽い感じです(笑)



対談g


木材と金属のハイブリッドが特徴の
パナホームのテクノストラクチャー




対談1
奥様の希望がそのようなメーカーということは
それなりの収入と支払えるお金が
あるからだと思いますが

どうやってタマホームで納得されたんですか?




対談2
一番はお金の話ですね
住宅ローンに追われる生活が嫌で
上の子供が18才でローンが終わるように
ローン期間を15年で組みました。

子供が3人いるので進学したらと考えると
ちょっと不安もありまして・・・

最終的にはそういった相談をしながら
妻に選択権を与えました。




対談1
15年すごいですねー
    
私なんか仕事で分かると思いますが(笑)
それほど高い給料貰える職種じゃないので無理ですね

妻は一条工務店すら高いって言ってましたし




対談2
とは言ってもも土地は買っていないので
借り入れが1400万くらいなので
返済が年100万円以下です。
    


対談1
土地があるのはいいですねー
それなら「多少無理しても」って
奥様が言うかもしれませんねぇ




対談1
うちの場合は妻が
レオハウスを最初から気に入りまして

かといってレオハウスの
営業さんの評価も凄い高い訳ではないのですが(笑)

「ああいう人は周りが動くタイプだから
案外どうにかなる」と言う
よく分からない評価でした(笑)

使えないとかじゃなくて訳じゃなくて
上手く周りの人を使えるタイプですね




対談2
すごく人を引き付ける
力のある営業さんなのですね(笑)




対談1
工務さんも設計士さんも
「参ったなあ」って言いながらも
営業さんに合わす感じの性格ですね(笑)


あと営業さん本人が
レオハウスで建てていたので妻が言うには
説得力があったみたいです

営業さんと店長さんと
私達夫婦が同い年で話が合うというのもありました




対談2
そういう経緯があったのですね
実際建てている方というのは
一番説得力ありますしね。




対談1
先日私の会社の廃棄物処分場に
〇〇〇〇(某ハウスメーカー)さんが
工場見学に来ましたが

「高くて自分の会社の家建てれない」って
言ってましたし



対談2
シークレットですね(笑)




対談1
次に工務さんですが
工務さんは契約後から関わると思いますが
どのような方でしたか?




対談2
正直可もなく不可もなくといった方でした
なのでネタにならない人でした。




対談1
うちの工務さんは本当にいい方で
甲府店の工務長さんだったんですが

建てて1年ちょっとで他県に転勤になったのですが
夫婦ともに
「優秀だから他店の建て直しで移動なのかねぇ」って
言うくらいです



対談2
工務さん、羨ましいですね





対談1
建設中のトラブルなどはありましたか?




対談2
ありました。
やり直しできるタイミングではあったのですが
麻雀兼焼肉ルーム(仮名)に
換気扇付ける予定だったのですが
付け忘れていました。





対談1
 焼肉ルームですか(笑)




対談2
はい(笑)

工務さんが現場にいないタイミングだったので
「値引きとやり直しどちらがいいですか?」と聞いたら
「値引き(他のオプションと相殺)で」
ということなので結果として
ただの納戸スペースとなりました(笑)

引き渡し後からは今までトラブルはありません




対談1
今からローコストメーカーで
建てようと思っている方に
コツなどあったらお願いします




対談2
自分なりに研究して頂くといいかと。
決して専門的でなくていいと思いますので
自分なりにでOKだと思います

そして施主とメーカーさんと
一緒に家造りするという感覚が大事かと・・




対談1
メーカーも大事ですがやはり人との相性ですね
本日はありがとうございました






・やはり人の方が大事ですね


私は一番大事なのは「無理の無い予算」って
いつも言っているのですが


ローコストでも
色んなメーカーがあって


工法とかクチコミとか色々ありますが
やはり「人が作る物」なので


人との相性で決めるのも大事だと思います


前にも書いたのですが
もし、もう一度家を建てるとなった場合


工務さんが他のメーカーに転職していたら
そのメーカーで建てますし

独立して工務店でもしていたら
その工務店から建てたいと思う位なので



いい関係にならないと
いい家は建たないと思いますし


家が完成してからも
長い付き合いになりますので


メーカー名で決めるよりも
人で決める方がいいと思います



実際、レオハウスにしか出来ない事とか
タマホームにしか出来ない事なんてありませんし


まあローコストメーカーでしたら
他のメーカーでも大丈夫なんですが


一条工務店とか、他とは違うようなメーカーだと
担当を変えて貰うしかないのですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2019年05月27日







坪単価

建てる前が物凄く気になって
調べるのに


契約後は
意味が無いって分かるので
調べないワードです


建てる前は
値段を調べる=坪単価なので


私も

「色んなハウスメーカー 坪単価」で調べましたが


余り意味はありません




例えば我が家の場合だけでも

坪単価a


レオハウスなどの
ローコストメーカーが言う
施工面積での坪単価があり



延床面積での坪単価で
出すハウスメーカーも多いですし



さらに坪単価を計算する
ベースの金額も


・本体工事費÷坪数
・メーカーの請負金額÷坪数
・諸費用まで全て含めた金額÷坪数
・土地代まで入れた総額÷坪数
・全て入れた総額÷坪数


これだけあります




我が家で坪単価を出すと

坪単価c3


このように10通りの
坪単価が出て来ます



ルールが決まっている訳ではないので
どれが正解とかありません・・・



レオハウスやタマホームは
本体価格÷施工面積ですから


我が家だと391,742円ですので


この仕様で
坪単価40万円以下って宣伝出来ますが
当然この金額では建ちません


一般的に多いのは
請負金額÷延床面積かなぁと思いますが



額が大きいので
税金が込みか抜きでも違いますし


ローコストメーカーは
安い金額を表示しますし


余り安く見られたくない
メーカーは高い方にするかと思います


実際に購入したブログですと
土地も購入してますから
土地代含めた坪単価かもしれませんし


オプション費用も含めた坪単価を
出してる場合もあるので
各ブログごとにバラバラです





・という事で色んなブログから同じルールで平均出してみました



新築のブログってたくさんあるのに


総額や内訳書いているブログって
少ないんですよね


書いてあっても
どこまでの総額か
分からなかったり



支払いは旦那様
ブログを書いたのは
奥様で詳しい金額分かって無かったり



私なんか
「これだけ安く買えました」って
言いたいタイプなので



ユニクロとかダイソー商品を
「これ、いくらに見える?」って
言っちゃう性格ですけど(笑)







一条工務店のブログは
数も多いですし



総額出してる方も非常に多いので
すぐに平均が取れるんですが



本当はレオハウス、タマホームと
一条工務店以外にも


積水ハウスやヘーベルハウスなどの
高いメーカーや


アイフルホーム、アエラホームみたいな
タマやレオと似たメーカーも
出したかったのですが



平均値として最低3つ以上は
総額を載せているブログが無いと
平均が出せないので


タマホームとレオハウスと
一条工務店になりました


この3社なら
打ち合せも何度かして
見積りも貰っているので


ブログに書いてある金額が
ある程度正しいかどうかも
分かります



今回掲載の坪単価は


土地代、エアコン、家具、カーテンなどは抜いた

建物本体+工事費+付帯費用+諸費用を
施工面積で割った坪単価



私の場合でいうと
坪単価c2

534,839円にあたる部分です




3メーカーの坪単価がこちらです
(ちなみに我が家は平均値に入れていません)

坪単価d

間取りやオプション、設備など
全く違う家の平均ですが



正直ここまで
タマホームとレオハウスの
値段が近いとは思いませんでした(笑)



そしてやはり一条工務店は高いですね


我が家より
坪単価で221,000円高いですから


同じ間取り(施工面積39.14坪)で
一条工務店で建てたとしたら


865万円アップなので


土地代抜きの総額だと
2,958万円になります


実際に私が貰った見積りは
もう少し安かったので


iCubeにして
オプションも選ばなければ
もう少し安く出来ますが


余裕持って理想の家建てるなら
一条工務店なら
土地代抜きで3,000万円ですね


当然積水ハウスなどはもっと高いですし



ちなみに各社とも
明らかに「それはおかしい・・・」って
金額のブログがあったのですが
計算には入れていません



平均が取れるほどの数は
無いメーカーでも

アイフルホーム、クレバリーホームなどは


やはりタマホーム、レオハウスと
同じ位の総額になりました


この辺は全メーカー
坪単価30万円台~って言ってますが


やはり土地代抜きの総額で
施工面積の坪単価だと
50万円前後しますね



ローコストのハウスメーカーの場合


40坪の家だと
2,000万円プラス土地代で


ある程度希望のオプションなども
入れて作れる感じで作れて


色々予算を絞れば
1,800万円位で作れる感じですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング







2019年05月20日






私のブログは

「タマホーム レオハウス 比較」で
検索される方が非常に多いので


両方とも何度も足を運んで
共にあとちょっとで
契約という所まで話は進んで


最終的にレオハウスにしたのですが


タマホームとレオハウスは


同じような金額で
同じような内容になります

tr2


甲府店の場合
1km位の場所に2メーカーありますので
ほとんどの方が両方見るんじゃないでしょうか・・・



私が最終的にレオハウスにしたのは
営業さんと設計士さんの差でしたので
(タマホームは設計士さんは同席しませんでしたが)



もし営業さんが違っていたら
タマホームと契約してたかもしれません





・両社の見積り比較タマホーム



見積り書は営業所によって
出し方が違うでしょうし
営業さん個人単位でも違うと思いますので



甲府店のレオハウスとタマホームの
比較と思って頂ければと思います



まず最初に行った
タマホームの大安心の家の見積りです

tra


土地代金以外の総額が2,120万円です



本体工事費は1,413万円になっていて


延床面積が34.56坪
施工面積40.93坪ですから



通常の延床面積での
坪単価は40万8,972円


ローコストメーカーが
計算に使う施工面積での坪単価だと
坪単価は34万5,323円です




trb

間取りも作りもこのように
今の家とほぼ同じです




trc


・スキップフロア
・吹き抜け部分の窓の数増設
・ペニンシュラキッチンの費用
・カップボードの費用
・バルコニー増設費用



こちらのオプション費用が
1,477,563円です



本体工事費が1,413万円なので


パッと見は
安そうですが総額となると
結構します
(それでも安いですけど・・・)


そして見積書にはありませんが


打ち合せをしていた月に申し込みすると
80万円の値引きがあったので
実際の総額は2,040万円になります



値引きが入った見積りは
渡せないという事で

貰っていませんが
「間違いなく80万円値引きします」
言ってました






・両社の見積り比較レオハウス



一方のレオハウスの見積りがこちら

trd


こちらが実際に契約した際に
貰った見積り書です


土地代抜いた総額が
総額が2,093万円で


本体工事費は1,534万円です


タマホームよりも
本体工事費が121万円高いのですが


オプション工事費と
付帯工事費が込みで出ているので



工事費関係だけの見積りをまとめると

tre
92万円ほどレオハウスの方が
安かったです


家の大きさは
間取り図もほぼ同じで
延べ床面積は同じなのですが



tre2


施工面積は両社で違ったので
どこまでを施工面積にするかが
両社で違うんですね



ちなみに



・延床面積は

建築基準法で決まっている
建物の床面積を合計した数字で


吹き抜け部分は床が無いから
含みませんし

2メートル以内のバルコニーも
含まれません



・施工面積は

特に決まりがないので
各メーカー基準がバラバラです


延床面積に入らない

・玄関ポーチ
・2メートル以内のバルコニー
・吹き抜け部分
・ロフト

などなどを入れますので

実際に住む際には
延床面積だけ気にすればいいかと思います








・その他の見積り両社比較


ハウスメーカーに入る金額部分以外は


概算で計算してるので
各社ともバラバラです




頂いた両社の諸費用などの
見積りを比較すると


trf


このように両社で違います



登記関係の諸費用は

レオハウス 36万円
タマホーム 47万円ですが


実際の金額は
465,450円なので

タマホームはほぼ正解ですし




逆に火災保険(と地震保険)は

レオハウス30万円
タマホーム20万円ですが


実際は309,070円でした



地盤改良は無かったので
こちらもタマホームが正解でしたが


もし地盤改良が必要でしたら
レオハウスの50万円でも
足りなかったと思います


我が家の実際にかかった金額は



こちらに書いてありますが


見積り額より65万円ほど
オーバーしました


契約時では
当然オプション費用などは
いくらかかるか分かりませんし


保険もどれに入るかは
人それぞれですから
目安しか出せませんが


メーカーの見積り総額
プラス200万円は見て置けば



気にいったオプションなども
入れれると思いますし
安心だと思います


やはり地盤改良が
契約後しか分からないのが不安ですね


これで100万円以上は
変わってきますので






・結局どっちがいいの?


私はレオハウスで建てましたが
多分どっちも変わりません(笑)



両方ともこの値段の割りに
かなり満足出来る家が出来ると思いますが


どのメーカーも契約前は


工務さんとも話しませんし
当然大工さんとも話しません


なので金額と間取りと仕様と営業さんの話術で
決めるしかないです・・・


幸いにも満足している家が作れたので
良かったですが


タマホームの工務さんも
いい人だったかもしれませんし


逆にレオハウスの工務さんが
イマイチだった可能性もあります



私は値引き80万って言うのが
「どっかの定価上げてるんでしょ?」って
思うタイプなので嫌いましたが


値引きしてるからお得って
思う人もいると思います



違うメーカーですが
打ち合せがファミレスで
ご馳走してくれた営業さんもいました(笑)



運で家を建てたくはないですが


どの営業さん、工務さんになるかは
知り合いでもなければ


巡り合わせですから
難しいですね・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング