◆新居引っ越し後の生活

2020年02月24日






住んで3年も経つと


自分の生活スタイルが
完全に落ち着いて


設計時に
「ここは○○の目的で作った」


などなど
色々と考えがあって作っても



結局使わない部分があったりします



例えば使わない、いらない窓などは
壁の方が断熱性能はいいわけですし・・・



という事で
3年前に戻れたら
間取りを変えたいなって思う部分です






・リビングの掃き出し窓は1つでよかった


美観が良くない、断熱性能が悪いと
特にデザイナーズハウスや
C値0.5以下なんてメーカーだと



余り評判が良くない
掃き出しの引き違い窓ですが・・・




当然ですが一番のメリットは
出入りがしやすいという事です

3年a


我が家は1階リビングと
ダイニングに2つの履き出し窓



2階の夫婦の寝室と
子供部屋もバルコニーに行けるように
引き違い窓があります




出入り以外にも
一番採光が取れるというメリットはありますが

3年b

2階はベランダに行くのに使いますし




1階もリビング側の窓は
庭に直接行くので

3年c

子供が遊ぶのに便利ですし



我が家は犬がいたので
柵も作ったので



ここから出入りすれば
道路には出れないので
安全なのですが


3年d

このダイニング側の窓から
出入りする事はありませんから



採光だけなら
もっと小さい窓で
FIX窓にすれば


美観も良いですし
断熱性能も上がったと思うので




この窓は3年前に戻れたら
変更したかもと思いますが


3年e



雑コラでイメージ画像作る限りは
一気に開放感なくなりました(笑)






・リビングを狭くしてでも脱衣場を大きくしたい



こちらは
家が完成してから
43歳で妹を出産出来たので



契約したのも41歳なので
まさか2人目が生まれるとは
思って作っていませんから



当時としては仕方無かったですが

3年f


やはり脱衣場が狭いなぁと思います



今はいいですが
もうちょっと子供が大きくなったら


絶対に脱衣場で渋滞しますし



特に下の子は女の子なので



3年前に戻れたら
リビングを1~2畳狭くしてでも
脱衣場を広げると思います

3年g

相変わらずの
雑コラで作るとこんな感じですが(笑)


子供が1人で
男のなら今でも
問題ないと思いますが・・・



もちろん、脱衣場を広く作っていたら
「リビング広くすれば良かった」と思う可能性もありますが



ここは後10年ほどしたら
色々と後悔する狭さかもしれません



息子と妻なら
何歳になっても
着替えや身支度を見ても
平気ですが(笑)




最初から2人目生まれていて
女の子と分かっていたら



洗面化粧台と脱衣場を分けたか
2階にも洗面化粧台を作ったと思います






・スキップフロア下を収納スペースにしたい



4歳と2歳の子供なので


今が一番リビングにオモチャなどの
物が溢れている時期だと思いますが


収納ももっと欲しかったです



10歳くらいになれば
子供の物は子供部屋に置けますから


解決する悩みですから
将来は問題ないと思いますが




我が家の場合

3年h

スキップフロアの下を
収納スペースにすれば


簡単に収納を広げられたので
やや後悔ポイントですね



一応検討したのですが
「30万円程追加ですねー」という事で



何しろ予算も少ないですし



夫婦で話し合って
「これだけ収納あれば大丈夫か」と思ったので
何もしませんでした



お兄ちゃんはプラレールにトミカ
妹はメルちゃんやプリキュアなど



遊ぶオモチャも違うので
収納はもう少し欲しい所です

3年i


スキップフロア下に
収納があれば


この棚はいらないの思うので
その分リビングが広くなりますし


自分の子供部屋で遊ぶ年齢に
なるまでは


全部リビングに置いておかないと
ならないので


今はオモチャだらけですね










・部屋の真ん中にコンセントを設置したい




我が家は

3年j


部屋の真ん中に加湿器がありますし





このような
マッサージクッションや
子供のオモチャで電気を使う場合



特にソファで座りながら
したいものは


部屋の真ん中にコンセントがあると
便利だと思います





今、我が家はどうやって
部屋の真ん中に電気を取っているかと言うと

3年k

カーペットの下に
延長コードを伸ばして


ソファーの下に電気を取っています





なので
ソファーの下に


3年L


こういうコンセントを
設置すれば良かったです・・・



家を建ててる時は
ソファーの大きさもきまってなかったですし


数はたくさん設置したから
大丈夫だろうと思いましたが



やはり真ん中にもあった方が
便利ですね・・・



他の事は
子供が43歳で増えたという
まあ幸せな悩みですが


リビング真ん中に
コンセントは
それとは関係なく
付ければ良かったと思いますので



今間取りを決めている人は
是非検討してみるといいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング













2020年02月18日






引っ越して3年が経過して

サイディング清掃a

まだまだ綺麗なサイディングですが





私の場合
仕事でサイディングを
たくさん見ますので

サイディング清掃b

古い家の解体ですから
20年ほど前のサイディングを
たくさん見ますけど




割と状態が良い物もあれば
かなり汚い状態のサイディングもあるので




数十年先を考えると


たまには清掃とメンテナンスをした方が
いいと思います



サイディング清掃c

我が家には
高圧洗浄機もありますが




理由は後述しますが


サイディングに
高圧洗浄機は
絶対に使ってはいけませんので



違う方法で清掃します





・親水性サイディングでも清掃が必要な理由




我が家のサイディングは
東レACEのトレリードαですが


サイディング清掃d

超親水性
オートクリーンというのがあり




ニチハやケイミューなど
東レ以外でも
親水性のサイディングは多いですが

サイディング清掃e


基本雨が降った時に
雨水で綺麗になるので


我が家のサイディングは
3年間ほとんど何もしていませんが



「まだまだ綺麗だなぁ」って
思いますけど



・気になる点が3つあって



まずは
雨で綺麗になるとは言っても


そもそも雨水って汚いのでは・・・
という点です

サイディング清掃f

雨水って
大気の塵や埃や
排気ガスが混じっているので



特に降り始めの雨は
結構汚いですね



雨で流すといっても
その雨水が汚いよなぁって点と





サイディング清掃g

雨で落とすと言っても
この辺って


台風でも来ないと
そもそも雨に濡れないから



いつまで経っても
オートクリーンの機能を発揮しません




サイディング清掃h

我が家はインナーバルコニーがあるので


ベランダ清掃の時に
一緒に水洗い出来る場所はしますけど


その他にも
台風並みの雨じゃないと
濡れない箇所も複数ありそうです




後は

サイディング清掃i


塗膜、製品保証が15年ですが
やはり年数が経過すると



オートクリーンの効果は
落ちると思うので・・・



綺麗な今のうちから
たまには清掃しようと思います





・高圧洗浄機は使ってはダメです



どのメーカーの
親水性サイディングも基本は同じで

サイディング清掃j

塗装面の上に保護層があって


さらにその上に
シリカ粒子があって
親水性能を発揮しています



そのために
高圧洗浄機では

「高圧すぎて」

シリカ粒子と保護層が
ダメになってしまいます



なので普通の
ホースで洗い流すのが理想ですが



平屋なら平気ですが
2階建ての場合は

サイディング清掃m

屋根の上からでも無い限り
普通のホースでは



水が届きません・・・








・という訳で園芸用の散水ノズルを購入しました



弱い水流を屋根付近まで
届かせるアイテムが

サイディング清掃k

スーパージェットロングノズルⅡという
名前は凄そうですが


2,000円で買えるお手軽商品です(笑)



隣の30メートルホースの方が
ずっと高かったです・・・




クチコミ点数が余り良くないのですが
威力が弱いというクチコミばかりです・・・



みんな
高圧洗浄機の用途で
使おうとしていますが


ケルヒャーの高圧洗浄機に比べると
10分の1程度の水圧しかないですから


威力は弱いですが・・・



サイディング清掃には
この威力の弱さが必要です(笑)




弱いと言っても
ホースに比べると強いので

サイディング清掃L

一番上まで届きます



3階建てだと届かない弱さですが・・・


2階建ての方なら
安いですし
たまには清掃しておけば


10年、20年後には
差が出ると思うので
割とオススメです



サイディング清掃n

近くだとそこそこ
威力あるので


サッシ掃除も簡単に
出来ますし結構便利です


家というのは
下からの水というのは
想定して作ってないので


サイディングの塗膜以外にも
高圧洗浄機は強すぎて
色々問題が起きやすいですが




これだと壁をちょっと濡らす程度ですむので
家にも安全です






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング












2020年01月11日






この時期に友人宅に行くと
加湿器を置いている人が多いのですが



「それは余り意味が無いんじゃない?」

とか

「そもそも加湿器が合ってない・・・」

という家も結構あったりしますが



我が家も3シーズン目で
やっと満足する設置場所が出来ました





何度か書いてますが
私は非常に皮膚が弱く

加湿器a

皮膚科に10年以上通院していて


ステロイドの錠剤リンデロン
だけではなく
抗不安薬のデパス
睡眠薬のマイスリーと


心療内科並みの処方になっています


さらに
市販の抗ヒスタミン薬に
ステロイドの塗り薬


ボディクリームに
お風呂の塩素を中和するものなど


私の皮膚は
温度と湿度の変化には
非常に敏感で


乾燥しても
逆に湿度が高すぎても


蕁麻疹が出てしまいますので
まあ色々と使っています


という事で
加湿器マニアというか
温度、湿度をちゃんと管理しないと
まともに生活出来ないのですが



アトピーではなく
温度と湿度さえ安定していれば
蕁麻疹は出ないので



加湿器は必須アイテムです



まあ今の新築住宅は
とにかく冬は乾燥しますので
ほぼ必須アイテムなのですが



加湿器b

こちらは去年までの
置き場所でしたが



効果的というよりも
子供がいたずらしても
安全な場所優先だったので
(加湿器倒しちゃいますし・・・)


今年は子供がちょっと成長して
いらずらしなくなったので


今年はさらに
効果的な場所に移動しました




ちなみに昨年までの
設置位置は

加湿器c

こんな感じで2箇所
設置していました





機種はパナソニックの気化式



このシリーズを2つ置いています
(1つがプレハブ19畳用で、もう1つは14畳用です)





気化式なので

加湿器d


壁につけても平気ですが


スチーム式超音波式
ハイブリッド式の場合は



カビや結露の原因になるので
余り壁際には置かない方がいいです





・色んなサイトの加湿器の設置場所の間違い


湿度を発生させる機械ですから
電化製品の近くがダメなのは
当たり前ですが


古い家と
今の高断熱、高気密が当たり前の家とは
ベストな設置場所も異なります


例えば
設置場所は高さ1メートル位が
ベストと書いてあります



理由は
床の方が温度が低いから
冷たい空気がどんどん下に行くので
効果が少ないという理由ですが


こちらは今の
高断熱高気密住宅なら




床の方が温度が低いなんて
ほとんどありませんから
そこまで気にしなくても平気ですが

加湿器d-2

それでも効果的に
全部屋加湿出来るように



我が家では30cmの棚において
吹き出し口は床から
70cmほどの位置を確保しています


これ以上高いと
子供がいたずらして
落とした時に大変な事になりますし


去年はまだ1歳だったので
安全性を考えて床に直置きでした





・エアコン真下に設置の間違い



色々なサイトで
ベストなポジションと書かれている
エアコンの真下ですが



こちらの理由は
加湿した空気を
エアコンの風で飛ばすという
理由ですが

加湿器e

エアコン機種によっては
真下には風が来ませんし


ルーパーも動きますし
エアコンが動いていない時などもありますから


こうなると電化製品に
加湿を当てることになりますから


ベストではありません


加湿器を部屋の真ん中に置くのは
割と邪魔なので



現実的な選択肢として
ベターではありますが・・・






・という事でベストな場所


先程書きましたが
ベストな場所は部屋の真ん中ですので


新築の方でしたら
割と広いリビングも方も多いですから



家具の設置を考えて
部屋の真ん中に設置しました

加湿器f



部屋の真ん中
エアコンの風の真正面です



加湿器g

こんな感じで2箇所設置しています




某テレビで
エアコンの風が当たると
温度センサーが狂うからダメなんて
放送がありましたが


加湿器h

隣の棚の方が高いので
直接は当たりませんし


加湿器のセンサーより
私の皮膚の方が正確なので


自動ではなくて
手動モードで稼動していますし


そもそも自動モードでも

古い家ならともかく
今の高断熱高気密住宅


部屋の畳数と加湿器の大きさが合っていれば
加湿しすぎなんて事はないですから



温度が上がったら相対湿度が下がるので
自動モードでもずっと動いているので
問題ありません





・気にしすぎも良くありません


賃貸ならともかく


新築の家は何十年も住むので
一番心配なのは壁内結露ですし


あとはカビなどですから
やはり壁際、窓際の設置は良くないですが



私の妻なんかは
湿度30%以下でも平気なんていいますし


加湿器していれば
必ず風邪やインフルエンザが
防げるわけでも無いですから


気にしすぎも良くないと思います


生活するのに問題がなければ
家の事を考えたら


乾燥している方が
加湿しすぎよりは


結露の心配は無くなりますから


「なんか乾燥してるなぁ」って思ったら
ちょっとだけ部屋の真ん中で起動する位でも
いいと思います


さすがに加湿器無しの
生活は今の新築住宅は
キツイと思いますけど・・・



何しろ今の家でしたら
湿度はともかく
部屋の暖かさは問題ないですから


私も皮膚が弱くなければ
ここまで気にしてなかったと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2020年01月08日






最近新築で家を建てた方なら


結構な割合で
食器洗い機が付いていると思います

食洗機a

我が家にも標準で
食洗機が付いていましたが



ちゃんと説明書を読まないと
大変な事になる場合があり



実際に我が家では

食洗機b

大変な事になりました


子供が毎日
保育園に持っていく
大事なお弁当箱なのですが


「いやー」という事で
新しい物を購入しました


9ヶ月ほど使っていて
今までは手洗いで
若干の剥がれはありましたが


1回食洗機に入れたら
とんでもなく
剥がれてしましました





・洗えない物が多すぎ・・・


ブラシじゃなくて
水流で洗って
その後熱風で乾燥させますから


「耐熱じゃない
プラ容器は使えないかなぁ」

というのは分かっていましたが


ちょっと食器洗いが
面倒な時に


「これはアルミだし
大丈夫じゃないかなぁ・・・」
思い使ったのですが


大変な事になったので



実際に我が家でも
使っているパナソニックの食洗機の
サイトを見ると

食洗機c


たしかに
アルミは使えないと書いてあります



あと子供の食器で便利な
強化ガラスもダメですね・・・


食洗機d

逆にプラ製の容器は
耐熱80度以上なら大丈夫と書いてありますが


IKEAで大量買いした
子供用のプラ容器は
耐熱100度と書いてありますが



念の為に食洗機は使っていません





・食洗機で寿命が縮んだ我が家の食器一覧


まずは塗装が落ちた物です・・・


先ほどの弁当箱も
塗装が落ちただけで


弁当箱としては使えますから

食洗機e

こちらは私が職場に持っていってる
水筒ですが


別に塗装が落ちても
普通に使えますから

まだ使っています


黒の水筒はサーモス製

塗装が剥がれた
青の水筒はホームセンターの
安い水筒なのですが
(値段はサーモスの3分の1位です)



同じように食洗機に入れても
やはり値段差の分耐久力が違いますね





次に子供用の茶碗です

食洗機f


これだけ見ると普通の
茶碗ですが


食洗機g
元々は
リラックマの茶碗だったのですが
塗装が取れてしまいました




塗装に関しては
安物だと簡単に剥げてしまうようで

食洗機h

こちらの
アンパンマンの茶碗は
何度も食洗機に入れていますが
全く塗装が剥げません








・それでも食洗機は便利に使っています



使えない物がある時点で
100%食洗機に頼る事は出来ませんが



それでも
割と容量はあるので

食洗機i

現在メインは食洗機って感じです


引っ越した当初は
かなり食洗機を使っていて




その1年後位に





食洗機を全然使わなくなったという記事を書いたのですが



今はまた便利に使っています

食洗機j

洗えない物や
少しの量ように


小さい水切りを買いましたので
うまく使い分けが出来るようになりました。



慣れると
時短アイテムとして
食洗機は
かなり優秀ですが


40年以上
こんなハイテクな物を
使った事がないので(笑)



食洗機がある生活に
慣れるまで
時間がかかった感じです





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



 



2020年01月05日






そろそろ、この家に
引越しして3年になります


3年a
(既にこの時から3年過ぎました)


0歳だったお兄ちゃんは
そろそろ4歳に


そして引越し後に
生まれた妹も2歳になりました



我が家が注文した時の
レオハウスの定期点検は

・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・5年
・10年なので



今年は定期点検はありません


3年b


今注文される方は
若干ですが定期点検が少ないのですが


2年点検の後は5年点検なのは
共通ですね


3年g



欠陥住宅というのは
住み始めて1~3年で
色々と出てくる事が多いみたいなので


雨漏りはもちろん
ひび割れ、変形なども
何もトラブルは起きていないので


きちんと丁寧に作ってくれたようで
なによりです


もう一度家を建てるとしても
同じくレオハウスで建てようと思うくらい
満足していますが


ハウスメーカー関係なく


「家を建てて良かったなぁ」
思う事はいくつかあるのですが


一番良かったと思うのは
やはり冬の暖かさです





・この時期が一番家を建てて良かったと思います


「とにかく冬が暖かく快適にすごせる」

これが一番大きいです


住んでいる地域にもよりますが
ローコストでもここまで快適とは思いませんでした







夜はエアコンを切る生活ですが
それでも起床時は19度ですから
ほとんど問題ありません



前のアパートも
夏はエアコンでどうにかなったのですが


冬は本当に寒かったです


3年c


2階はちゃんと遮熱しますけど
1階のリビングとダイニングは
結構日が当たりますし


そもそも夏は40度近い温度の
地域なので


どんなに高性能な家でも
この地域の暑いとは思いますが


南欧風e

夏に暑いのは
太陽が出ている昼間ですから
太陽光のおかげでお金はかかりませんし

(むしろプラスになります)




太陽光パネルが無くても
夏は外気温から10度下げれば快適ですが




冬の場合は外気温から
20度上げないと快適ではないので



冬の太陽の取り込みが
大変上手くいっているみたいです

3年d



窓は全部Low-Eの
遮熱型ですが


ちゃんと熱を取り込んでくれて
冬は本当に暖かいです
(遮熱って名前でそれでいいのかとは思いますが・・・)


理想は夏も冬も全て快適ですが
ローコストの割り切り方としたら


冬を重視した方が
いいと思います



冷房代よりも暖房代の方が
高いですし


我が家は共働きで
子供も保育園なので


・夏の暑い時間(昼)は家にいませんが

・冬の寒い時間(夜)は家にいますので



もちろん夏も
前の家に比べたら
充分すぎるほど快適ですが


この時期は
本当に前の家との違いが分かって



この快適さが当たり前になっていますが


実家や知人宅に行くと
リビングの暖かさは
暖房などがありますが


廊下、洗面台、トイレなどは
結構寒いので


「そういえば前の家って寒かったよなぁ」って
思い出す位に



今の家は快適です


トイレも洗面台もお風呂も
寒いと感じませんし






・何故この金額で建てれるのか謎・・・



持ち家派と賃貸派は


ずっと同じ場所に住むなどの
考え方が違うので


そもそもどちらが正解とか
無いですが



仮にこの周辺で
同じように3LDKで
アパートを探すと

3年e



10年以内の築浅物件だと
だいたい13万円ほど




近所に
戸建ての賃貸もありましたが


3年f



我が家と同じ築3年で
12万5,000円です


我が家の
住宅ローンは毎月6万円弱


固定資産税を毎月
貯蓄していても

毎月7万円ちょっとで
済みますから


圧倒的にお得だと思います


頭金を全く入れない計算でも
この辺の家賃よりも安くなる計算です



賃貸派の方が


「持ち家は家の金額に銀行の利息もある」って
言いますが


今は金利が物凄く低いですし




賃貸物件の場合は

家賃プラス大家さんの銀行の利息分
さらに大家さんの利益分が乗りますから


都会だとたくさん賃貸もあって
色々と競争原理が働いて


持ち家と変わらないか
土地代もあるので
賃貸の方が安い場合も多いと思いますが


余り物件も無い
地方都市の場合は
3LDKや4LDKで探したら


物件が少ない分
貸し手が強気ですから




絶対に新築戸建ての方が
お金も安く済みます


しかも今の家は
ローコストでも快適ですから


地方に住んでいる方で
県外に転勤などの予定が無ければ
絶対に戸建ての方がお得だと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング