◆新居引っ越し後の生活

2019年09月11日





私が家作りの最中に気にした間取りとして
「開放感」というのがあります



しかし家の性能
特に光熱費を考えた場合


開放感を出せば出すほど
性能は下がり、光熱費がかかる家になります


もちろん一流建築家やデザイナーズハウス
超性能な家など


開放感を上手く出しながら
性能も落とさない家も出来ると思いますが



その場合予算が絶対オーバーするので
(建物価格1,500万円でと言ったら怒られそう・・・)


夫婦とも田舎出身ですし


間取りに関しては
夫婦で揉める事も無く
開放感を最優先にしていましたが


性能が下がるという
デメリットを実例として挙げていきます





・開放感を出すポイント1
「間仕切りは極力使わない」



間仕切り=壁や扉や障子などですね



一番の基本ですが
仕切りは省いて大きな空間にした方が
圧倒的に解放感を得られます

開放感a

こちらが我が家のリビング間取りです



とにかく壁はないですね



開放感b

注文住宅ですから
同じ大きさでこのように作る事も
もちろん可能です


こうすれば


リビングのエアコンは
20.75畳だけの範囲になるので


みんながリビングにいて
スキップフロアや2階を使っていない場合
こちらの方が光熱費がかかりません



我が家の場合は
リビング、スキップフロア
リビング階段、2階の寝室を

3

1台のエアコンで動かしていますから
家全部が快適ですけど
使ってない部屋も冷暖房している事になります


メリットとして開放感を得られますが


仮にエアコンが
リビングだけ効いていればいいなら


当然ですが光熱費は
我が家の方がかかりますね



後、この間取りにした方が
壁が増えますので
耐震性も上がります





・開放感を出すポイント2
「引き戸も開放感を出すには重要です」


開放感c

壁がかなり少ない我が家ですが
最初の提案ではさらに壁が少なかったです



しかしここを引き戸にしたため
若干壁が増えました


元々「リビングのソファから
冷蔵庫見えるの嫌かも・・・」で始まった案ですが


引き戸にして正解でした


引き戸と開き戸では
開き戸の方が気密性は高いですが


開けっ放しにした時の見た目は
引き戸の方が邪魔になりませんので
開放感は上がります


犬がお風呂場でオシッコしますし


冬はお風呂の湿気を
リビングに持って行きたいので


リビングからお風呂まで全部の扉を
開けっ放しにする事が多いです


それでも今の家ですから
開けたからリビングが寒くなった
暑くなったというほど
体感で温度は変わりません



引き戸は開放感以外にも
子供が指を挟んだりしないので
安全性というメリットもあります





こんな感じにソフトクローズで
ゆっくりしまるので安全です





・開放感を出すポイント3
  「スキップフロア」



開放感を増やす為には
横だけではなく上の開放感も大事なので
スキップフロアがオススメです


開放感d

1.5階になりますから
必然的にリビング階段にもなりますし


見た目の開放感はかなり上がります



ここをガラスなどの透明な素材にすれば
さらに開放感が上がるのですが


見えてしまうと
いつも綺麗に片づけてないと
いけないのでやめました


開放感e

足元にも棚やパソコンがありますから
透明にしなくて正解でしたね



開放感は上げたいけど


子供が大きくなったら
ここで勉強したり
私もここにパソコン置いてるので


開放感と隠れ家の両立を考えて
壁の高さを考えました



こちらも壁で仕切ってる訳ではないですから
当然エアコンの効率は下がります


通常の部屋でしたら

「リビングだけエアコンを入れたい」というのも可能ですが


スキップフロアは今使ってないから
エアコン要らないというのは出来ません






・開放感を出すポイント4
 「掃出し窓」


開放感f

南側はリビング、ダイニング
2階の寝室と子供部屋と
4面全部掃き出し窓にしました


ここに関しては
家だけじゃなくて土地も影響しますが


そもそも開放感がある家を
希望している夫婦ですから


この土地は2人とも
見た瞬間即決でした


誰も通らないので
カーテンもしない時間の方が多いですが



こちらもエアコンの効率と
気密性能を考えたら



窓を小さくした方が性能は上がりますし
極論言えば窓が無い方が一番高性能になります








・開放感を出すポイント5
 「吹き抜け」


開放感g

吹き抜けも広い空間に
見せるためには必須ですね



我が家もそうですが
最近の家は


エアコン1台で家中全部暖めたい場合には
吹き抜けがオススメです


詳細は
過去リンク




こちらに書きましたが
冬の間はエアコン1台で
家中暖かいので吹き抜けは
あった方がいいかもしれません



ただ、こちらもリビングと寝室だけ
エアコンが効いていればいいという事に比べたら

当然光熱費は上がりますし

開放感h

吹き抜けの上部に窓4枚ありますので
当然こちらも窓じゃなくて
壁の方が家の性能はあがります


ここはハニカムシェードでも付けたいなぁと
思っていますが


電動じゃないと長い紐必要ですし
見た目悪いですし・・・

そうなると結構な費用ですし・・・


今のところ
夏も冬も割と快適なので
そのままにしてあります





・性能以外の開放感を高める部分



単純に家が大きければ大きいほど
開放感が上がりますが

その分予算もあがります



我が家はせっかく全てをワンルームにして
開放感を出したので


後はクロスの基本ですが

開放感i



こちらのサイトの画像です
色決めに非常に参考になりました





「同じ空間でも、白に近い色の壁紙クロスを貼った方が広く見える」


という基本と

そしてもう一つ
これはインテリアコーディネーターさんの
アドバイスがあったのですが


開放感j






開放感k

という事で
一番端だけ
この色のクロスで後は全部白にしています



開放感L

巾木、廻縁も白ですし
ソファ、カーペットも同系色
キッチンとカップボードも白系の色にしました



本当は
フローリングも白にしたかったのですが


妻からNGが出たので
なるべく明るい色にはしてあります



半分以上はインテリアコーディネーターさんの
アドバイスのおかげですが
大変満足しています





・自分が納得してれば何してもいいですが


かなり開放感を重視して作りましたので
その分光熱費が上がります



かといって我慢したくも無いので
冬季などはずっとエアコンを動かしています

開放感m


朝4時から夜10時位まで
エアコン付けっぱなしなので
冬場はかなりの金額ですね


間取り上
どうやってもエアコン1台で
家の全てが暖まってしまいますから


正直無駄な部分も多いです



もちろん同じ間取りでも


窓の性能を上げたり
断熱材をさらに厚くしたり
すれば光熱費は下がりますが


当然ですけど
家の予算は上がります



それでも家中が1日中どこでも暖かいのに

前住んでいた賃貸より光熱費は安いので
満足はしています


これ以上性能を上げると
下がる光熱費よりも建設費の方が高いので
計算上ペイ出来ませんでしたし



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月05日





最近の家では
当たり前のようについている
「ウォークインクローゼット」です


wic-a

我が家もついてます



後述しますが
明らかに必要な目的がないと
結構無駄なスペースになります




さらには
ウォークスルークローゼットなんてのもあります

wic-b






上級者向きの魅せる収納になるので



片付け上手な人でないと
作っちゃダメな奴ですね・・・


女性の方だと
結構憧れのスペースだったりしますが



男性の方だと


なんとなく
「広くて服収納するところでしょ?」って
思っている方もいると思います



実際私も
「ウォークインって何?」って思っていました






・よく考えないと無駄になる「ウォークインスペース」



こちらが我が家の2階にある


ウォークインクローゼットと
子供部屋のクローゼットです

wic-c

クローゼットの意味は分かると思いますが


名前の通り


ウォークでイン出来るクローゼットですから
歩くスペースがあるクローゼットです

wic-d

(手前が私で奥が妻用と分けてあります)



当然ですが
歩くスペースがあるので


通常のクローゼットより
幅をとります



仮に子供部屋の
クローゼットを



将来子供が
「私もウォークインクローゼットが欲しい」と言ったら

wic-e

このようになります



歩くスペースが必要な分
当然ですが家が狭くなります






・要らない家庭だってあるんです



オシャレな名前だから
なんとなく必要っぽいんですが


簡単に言えば
収納部屋ですから




我が家が家を建てる前の
賃貸アパート
wic-f
この4畳半の部屋に
服とか色々収納していたので



築30年以上のアパートなんで
ただの和室ですけど


ウォークインクローゼットです


なので
オシャレな名前に騙されないで


広い収納部屋って事ですから



他に衣類収納などの
スペースが充分あれば要らないわけです



ちょっと前に流行った
断捨離とかありますが


家を大きくする発想じゃなくて
物を少なくすれば



ウォークインクローゼットじゃなくて
普通のクローゼットでも
足りるようになるかもしれません




我が家の
ウォークインクローゼットは3畳ありますが

そのうち3分の1は「ウォーク」の部分で
取られているので



クローゼットは約2畳です



wic-g

ちょっと我が家の今の間取りでは
有効活用出来ませんが


広いから
「ウォークイン」しないと届かない訳ですから



ちょっとクローゼットを狭くすれば
ウォークの部分が要らなくなるので



かなりのスペースが節約出来ます









・もちろんメリットも色々あります



割と「必要ないんじゃない?」みたいな感じに書きましたが


我が家には
ウォークインクローゼットはあります



何故かと言えば


妻がアパレルメーカー勤務なので
服がかなり多いのと



私も服は好きなので
結構数があるからなのですが



クローゼット内で
着替えも出来て


しかも妻の場合は
その日のコーディネートを決めるのも
仕事のうちですから



全身鏡も置けますし
ここでアイロンがけも可能です

wic-d

その際に
散らかりがちな衣類収納周りが
別室になるので


寝室は綺麗ですし


めったに使わない旅行カバンなども
こちらに収納出来ますし


まだ子供が小さいので問題ないですが


色々と子供に見せたくないものなども
ありますので



夫婦の衣類収納兼物置として
考えると便利だと思います






・まとめると



必要、あった方がいい家庭


・衣類や荷物が多い人
・2階に他にこれといって収納が無い人



この場合は
ウィークインクローゼットは非常に便利ですが



・衣類や荷物が少ない人


この場合寝室にクローゼットを付けて
解決する場合もありますし


・他に家族共用の収納部屋などがある


こういった場合は
それほど使わない可能性も多いです


もちろん予算と広さが充分にあれば
設置してもいいですが


ちょっと厳しくて
それほど収納なくても大丈夫なら


ちょっといじって
普通のクローゼットにすれば
1~2畳は小さくする事も可能です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年09月04日





我が家では新築の引っ越しの際に
購入していない家電もたくさんあって


冷蔵庫a

電子レンジ
ちょうど今年で10年目になりますが
元気に動いています


炊飯ジャーは義弟から
結婚祝いで貰って


オーブントースター
株主優待で貰ったもの・・・


という感じでほとんど
前のアパートから使っていた物です



そして冷蔵庫も10年前に買ったので

冷蔵庫b

こちらも2009年製なので
10年目なのですが



先日、自動製氷が壊れてしまって

冷蔵庫c

自動製氷が動かないので
水入れるとこに味噌入れてます


冷蔵庫d

日立のサイトで調べると


400ℓの自動製氷器故障は
15,000円~30,000円の修理費
プラス出張料という事で



下手すると40,000円ほど
かかってしまいます




「とりええず製氷機あれば
困らないし・・・」
と思っていたのですが

冷蔵庫e

夏になって氷の使用量が増えてきたので



製氷機を3つ使うと
他の冷凍食品のスペースが無くなります






・もしかして家以上に進化してる?


自動製氷以外は
問題無く動いているのですが


「まあ10年目だし買い替えも検討しよう」
ネットを見ると


冷蔵庫f

なんと10年前と同じ容量で
年間12,000円も安く・・・



という事は毎月1,000円安くなるわけですから
結構違ってきます



私は電気代を節約するという考えは一切なく
その分快適な暮らしをしたいと思っていますから

冷蔵庫g

毎日動かすと月1,000円ほどかかる
生ゴミ処理機を筆頭に


ストレートアイロンも電気代かかりますし
デスクトップPCも毎回シャットダウンは面倒なので
割と起動しっぱなしなど


快適な暮らし>>電気代という性格ですが



それでも月1,000円は大きいですから
ちょっと本気で買い替えを検討します





・そこまでお得じゃなかった件・・・



住宅に占める電気代というのがあって


冷蔵庫h



エアコンの方が消費電力高いですが


1年で考えると
夏と冬の2ヶ月づつ位しか使いませんから
(寒い地域はまた別だと思いますが



そう考えると
24時間365日動いている
冷蔵庫が一番電気代がかかっている家電になります


エアコンは新築時に一番高い物を
妻が買いましたし(笑)


照明は全部LEDですし



そう考えると
1番電気代がかかる冷蔵庫こそ
買い替えだと盛り上がっていると


冷蔵庫i


こちらのサイトでは
同じ10年前の比較でも
年間4,000円節約となってます


4,000円だと毎月333円の差ですから
そこまで変わりません・・・


「随分サイトに寄って差があるなぁ」と調べると


冷蔵庫j



2007年あたりに
一気に省エネ化が始まってますから



2004年製と2014年製を比べると
年間10,000円以上の差が出ますが


2009年製と2019年製だと
そこまで差がある訳では無さそうです







今使っている冷蔵庫は
日立のR-S42ZMという機種で


冷蔵庫k


当時の価格コムのスコア4.75という
高評価です



購入時は一番の省エネタイプで
価格もかなり高かったのですが



冷蔵庫L

年間消費電力280kwとあります




そして現行品で同じ日立の幅60cmで
一番高い商品R-S40Jだと


冷蔵庫m

年間消費電力274kw・・・




まさか6kwしか変わらないなんて事は
おかしいと思ったのですが

冷蔵庫n

なんと2015年から
測定方法が変わってました・・・


という事で正確な数値は
既に比較さえ出来ませんが


旧測定方法で280kwだと
今の測定方法では
420kw前後になるという事なので



今の最新冷蔵庫とは
140kwの差がありますから


深夜電力は無視して昼の料金
1kwあたり27円で計算すると

冷蔵庫o
年間3,780円
毎月315円安くなるという結果になりました

・・・・
・・・
・・



10年前の冷蔵庫でも
思ったほど安くなりませんね


2007年あたりから
急に省エネ技術が進んだので


2006年より前の冷蔵庫を持っている方なら
引越しの際に買い替えた方が絶対に
お得だと思いますが


年間3,780円だと
すぐに買い替えとは思えないですね


まあ製氷機を有料で直す位なら
買い替えしようと思っていますが


夏に冷蔵庫の買い替えは
中身の入れ替えが大変そうですし



冬のボーナスまで待とうかなぁと思います・・・





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





2019年08月30日





住宅金融支援機構の調べだと


過去に住宅ローンを
3ヶ月以上滞納した世帯は
1.8%もあるそうです


滞納後ちゃんと支払いが出来た世帯もあるので


自己破産や任意売却の数字は
もっと低いと思いますが・・・


やはり余裕を持って支払いをしないと
万が一家を手放す事になったら大変ですから


実際に我が家で


住宅ローンの支払い以外に
かかる家の費用のまとめです





・固定資産税



住宅ローン以外にかかるお金で
最初に浮かぶのが

住宅ローンa-2

固定資産税だと思います




住宅ローンa

我が家は今回で3回目の固定資産税を
支払いしましたが


来年からは半額の割引が
無くなりますので


固定資産税は
156,000円ほどの予定ですから


毎月13,000円を貯金で積立てすれば
大丈夫です





・団信保険料


今のフラット35は
団信保険料込みのローンですから要りませんが
(団信分で金利0.18%上乗せ 3大疾病タイプは0.24%上乗せ)

住宅ローンb-2



私が申し込みした時は
団信は別途払いになっていて

こちらも年1回の支払いになります


住宅ローンf

ガンや脳卒中などの3大疾病保障タイプなので
通常よりも若干高いですが


保証内容は住宅ローンの免除ですから
毎年ローン残高は減るので


少しづつ下がっていって
今回は110,000万円でした


次回は107,000円の
支払いになるので


毎月9,000円を
貯金していけば大丈夫です





・修繕積立費として毎月1万円、年間で12万円


まだまだ家の
修繕費用はかかりませんが


将来何かあった時の為に
積立貯金をしています



10年~15年過ぎにかかると思う事・・・



1・サイディングのコーキング打ち替え費用

こちらは高耐久コーキングという事で
メーカーが言うには15年は持つそうですし

サイディングの塗装も
15年保証がありますが


まあ10年過ぎで打ち替えしてもおかしくは無いので
お金は貯めておく方がいいです


住宅ローンc

2年半経ちましたが
まだ新築時と変わってないです



2・屋根の点検費用


こちらも瓦屋根ですし
改良ルーフィングなので15年ではダメにはなりませんが


サイディングのコーキング打ち替えをするなら
足場を組みますので


どうせなら
一緒にした方がお得です


バラバラに行うと
足場の費用が2回かかってしまいます



3・LEDダウンライトの交換


こちらも想定している耐久時間だと
15年以上は持ちそうですが

一応積み立てはしておきます



4・エコキュートの交換

エコキュートは10年ちょっとで
ダメになるのが多いみたいです


10年経ったらさらに
省エネなシステムになっているかも知れませんし


建てた時は
子供1人だったので

住宅ローンd

標準の370リットルのエコキュートにしましたが


子供が2人、しかも1人は女の子ですから
中学生位になってきたら


370リットルでは足りないかもしれないですし
恐らくこの時期で交換になると思います



5・トップコートの塗装


ベランダのFRP防止の上の部分


トップコートは5年ごとに
再塗装するようにメーカー保証でも書かれています


塗装が裂けたりする前なら
自分で簡単に再塗装出来ますので


5年目はDIYで自分でする予定ですが
10年目は業者に頼む予定です



今の家ですから
いきなり10年目でいきなり修繕費が
色々と掛かる事も無いと思いますが


15年目で色々補修するとしたら


毎月1万円でも
15年貯金すれば180万円溜まりますから


これ位あればどうにかなりそうです


仮にお金が余ったとしても
クロスの張替えとかしたいですしね








・返ってくるお金もありますが・・・



私の場合
上記3つで毎月3万円を
住宅関連費として貯金しています


次回から固定資産税上がるので
修繕費を1万円とすると


団信保険料 9,000円
固定資産税 13,000円

と毎月2,000円ほど不足する分は
ボーナスで賄います


住宅ローンe

私のメイン銀行の
新生銀行では


普通口座とパワー預金という
口座を分けれる事が出来て


毎月の貯金には便利です


住宅ローン4

後、もう一つ使っている
住信SBIだと5つまで
目的別口座としてお金を分けれます



色々と支払いで
お金を貯めないといけない事ばかりですが


住宅ローンg


10年間は住宅ローン減税で所得税が返ってきます


所得税で引ききれない金額の一部は
住民税もちょっと安くなったりしますが


当然支払った所得税が上限ですので
私の年収だと1年間の所得税が
14万円弱しかないのですが



こちらで固定資産税を賄うなどすれば
10年間は毎月の貯金はもう少し減らせます





・結局いくら貯金が出来る収入なら大丈夫?



もちろん我が家の場合は
子供が3歳と1歳ですから


住宅関連以外にも
子供用の積立てなどもしないと行けませんし



貯金はどんなにしても
「し過ぎ」という事はないですけど



住宅ローン以外に最低毎月2万円
(団信が別払いの人は3万円)


これだけ毎月貯金が出来れば
最低限は大丈夫だと思います


ですから住宅ローンの
シュミレーションをする時に


毎月80,000円までなら大丈夫という方なら
毎月の住宅ローンは60,000円にすれば


税金と最低限の修繕費は
どうにかなります



たまに
「もっとお金かけて性能上げれば良かったかぁ」
思う時もありますが


固定資産税や住宅ローンの引落しの時は

「ローコストで建てて良かった」と思っています





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村







2019年08月23日





先日ですが
今月の電気代が来ました



我が家の場合
毎月2日~翌月1日までの計算になるので



8月分は
7月2日~8月1日になります



電気代は
天気a
9,458円でした




猛暑と言えるのは最後の1週間位でしたが
天気b


甲府市だと気温もそこそこ高くて
1日中雨でも30度は超えます・・・


そのため湿度が多く
雨が多かったですから


去年よりもエアコンを稼働していて
さらに太陽光には期待出来ません・・・



そして去年と比べたら
妻が育休に復帰したとはいえ

天気b2

わんちゃんの為にずっと冷房を入れてますから
「こりゃ今月の電気代は高いよなぁ・・・」と思ったわけですが




昨年と比較してみたら
天気c
昨年は10,602円でした



絶対に去年よりも
今年の方が高いと思っていたのですが



何故か1,000円以上も下がっています




ちなみに太陽光収入は
天気d
今月は5,952円でした
(我が家は3.25kwしかないので少なめです



我が家みたいな10kw以下だと
余った分だけ売電しますから



今年の方が日照時間は圧倒的に
少ないですが
天気e

昨年は5,828円ですので


こちらも何故か
今年の方が太陽光収入が多いです



体感的、気象的には
去年よりも電気代が下がるのは
おかしいんですが・・・





・電気代が下がった理由を考えると・・・



気候的には昨年の方が
暑かったとはいえ


今年の方が蒸し暑く



太陽光の収入も
日照時間は圧倒的に
今年の方が少ないですから



地域によりますが
山梨県なら通常で考えれば
今年の方が上がります

天気f

湿度がとにかく高いので



エアコンは冷房じゃなくて
除湿の日もありましたが

天気g

日立のXシリーズは
再熱除湿方式という


「普通に除湿すると寒いから
暖房しながら除湿しちゃうよ」


という女性には嬉しい機能ですが


男性からすると
無駄使いと思ってしまう機能があります
(設定で弱冷房のみ使うドライ機能になるとかもありません



犬のために
エアコンの使い方は去年と全く同じですから


リビングのエアコンは
朝5時に予約運転でオンにします


東京電力のスマートライフプランなので
6時までは半額なので


この1時間で部屋を冷やして湿度を下げて
一番電気代が高い時間を半額に持って行きます


その後寝るまで点けっぱなしなのは
毎年同じですから



気温、気象的に
今年の方が電気代が高くないと
おかしいので




「去年より電気代が安い」


「そりゃ去年は育休で家にいたから」


「でもエアコンの設定は去年と同じだよ」


「犬は料理しないしコーヒーメーカーも使わないから」



そりゃそうだと納得しましたが



つまり家の性能の為に
電気代を定期的にブログで書いてたんですが



実は意味が無いんじゃ・・・
という事に気づいてしまった感じです








・面倒なのでしないけど簡単に出来る節約術


という事で
昼間はワンコの為に
エアコンを動かしていますが



犬はリビングにいますが

天気h

我が家の場合

LDKにスキップフロアの
ワンルームで作って
さらに吹き抜けもありますので
1階部分でこれだけ



天気i

吹き抜けなので
2階部分もこのスペースが
全ての扉を閉めても
涼しくなってしまいます



家に帰ってきて
全部が涼しいのは確かに快適ですが
ちょっともったいない気もします・・・


天気j

ここにカーテンみたいなのを
付ければ少なくとも



スキップフロアと2階と吹き抜け分は
若干冷房代が抑えられそうですが


見映えの為にしていません
(面倒ですしね)



天気k

後は1回で40円~50円の電気代がかかる
生ゴミ処理機



これをやめれば
毎月1,000円位は電気代が下がりますが


虫が嫌いだし、ゴミの臭いが嫌いなので
毎日動かしてしまいます・・・



冷蔵庫も最新型のに買い替えれば
毎月1,000円近く下がるらしいですし
(我が家のは前家から持ってきました10年物です)


という事で


半年とか1年のまとめなら
昨年の比較も出来ますので
若干参考になりますが


電気代では家の性能は分からないという事なので
毎月の電気代を書くのはこれが最後だと思います
(けっして面倒になった訳ではないですよ


ただ、本当に前のアパートに比べると
圧倒的に光熱費が低いし


家の中全部涼しい事だけは間違いないです





・比較は意味無いですが住宅性能が知りたいなら



という事で
何故か今年の電気代が下がった我が家ですが


多分4人家族の家庭だと
我が家で9,500円ですから



間取りを普通の間取りにしたら
1,000円下がって8,500円


生ゴミ処理機が無ければ
さらに1,000円下がって7,500円



超高性能な窓サッシに変えたら
さらに1,000円下がって6,500円って
とこでしょうか・・・




電気代だけでは
家の性能は分かりませんが



参考になるサイトがありまして










この2つのブログは参考になりました


私は現場の人間なので
こういうの苦手なんですが



家の暖房効率は全て計算で出せるそうなので
こちらのサイトを参考にしてみて下さい


まあ計算しなくても
築20年以上経っている家と比べたら


今の家なら
間違いなく光熱費はかなり下がります


ローコストな我が家でも
間取り的にかなり光熱費に無駄が多いですけど


圧倒的に光熱費は下がっていますし


前の賃貸アパートに比べたら
半額位の光熱費になっています



でも共働きで
昼は犬しかいない我が家で


家の中全部が涼しくなってしまうのは
もったいないので


リビング階段とスキップフロアが
上手に隠れて


見栄えも良い物で
子供が壊さない物があったら
是非教えてくれれば嬉しいです





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング