◆新居引っ越し後の生活

2019年05月03日






住んで2年以上経過しましたが
特に不満な点はなく


記事も満足いっているという
内容が多いのですが


当然ですが
妥協した点もたくさんあります

妥協a

元々住むなら
こういう南欧風の家が
欲しいなとは思っていましたが・・・





妥協b

色々妥協した結果
このようなどこにでもある外観になりました・・・




しかし今は満足してますので
どのように妥協したかと


限られた予算で変更したのかを
書いていきます





・まずは総予算3,000万円でスタートしました



年齢も40歳でしたので


出来たら60歳
遅くても65歳までに返済と考えると
返済期間は20~25年になります



当時の金利の1%で計算すると


頭金500万円出して
2,500万円を借りると


35年ローンで毎月70,000円
25年で返済すると毎月95,000円


これくらいが無理なく
払える金額だったので


上限を総額3,000万円で
スタートしました



この辺の相場ですが
安い建売住宅だと

妥協b-1

探せば2,000万円弱から





妥協b-2

セキスイハイムだと3,500万円位から
という相場の地域です



注文住宅にすると


土地の相場が
だいたい60坪前後で900万円位なので


家に掛けれるのは
2,100万円しかありません


一応MAXで
総額3,200万円位までは考えましたが



そうすると

妥協c



近くの住宅公園に
行っても



どうにか買える家は
26戸のうち6戸しかありません





・お金はないけどある程度の性能は欲しいです



解体業と廃棄物の処分業してますから
古い家はたくさん見ますし


大工さんの付き合いも多いですので


・長持ちするなら屋根は瓦
・施工を考えると吹き付け断熱
・さすがにアルミサッシはちょっと・・・


という性能の方向性が決まって



そうなると
妥協d

このような建売は
予算的には問題ないのですが



性能的に
「ちょっと無いな・・・」となりました



最初に見た建売も
アルミサッシにスレート屋根でしたし




見に行った中で一番外観が
気に入ったのがこちら

妥協e

実際に家を建てた場所の近くで


建売で全て込み
2,800万円ほどでしたが



見た目は気に入ったのですが


断熱材や屋根材などの性能を考えると
無理だったので


「これは注文で建てるしかないなぁ」という結論になりました





・格安土地のおかげで選択肢が広がる


本当にいい土地を見つけて
値段が相場より安い600万円でしたので



過去記事

↓↓↓




格安土地の為
家本体に使える金額が

2,400万円~2,600万円位になりました


この結果
i-smartなら一条工務店でも
ギリ建てれる予算になって


ここで他のハウスメーカーも
何件か見ましたが


やはり希望の外観で
ある程度の性能というのは


予算的に無理だったので



「家にいる時は自分は外観見れない」
という割り切りと



予算ギリギリのメーカーで
オプション諦めるよりも



ローコストで
好きなオプションを付ける方向になりました



この中で

標準で瓦屋根、吹き付け断熱
サーモス2Hを使っていて
値段は安かったレオハウスに決定しました


営業さんは売りにはしていませんでしたが
ダイライトとかタイベックシルバーとか


地味にいい部材使っていたのも
好印象でした








・予算が合わなければ捨ててる物を考えました


性能、間取り、外観で
このうち外観はほぼ捨てました


結果的に

妥協f

4メーカー、322種類
18mmのサイディングも選べましたので



ある程度の好みは反映出来ましたが


・南欧風のRの付いた壁
・天井まである高い窓と建具

この辺もここで諦めました


まあ嫁はこういった
南欧風の家が嫌いなので



予算があっても無理だったかも
しれませんが・・・




妥協g

南欧風好みの名残が
玄関に表れてます(笑)



結局土地代を抜いた総額が
2,150万円です


2,150万円の中に
ソファ、テーブルや
エアコン、カーテンも入っています



キッチンやカーテン選びなど
最初から予算に余裕がある状態で
作ったので


好きに選べましたから
ストレスも無く
諦める物も少なかったです






・結果的に諦めた物の一覧です



・南欧風の外観

これは家の中からは見えないので
諦めました(笑)


予算が無いなら
外よりは中にお金掛けましょう




・外張りとのW断熱など

結果的に私の住んでいる地域では
今の仕様で充分暖かいので
90mmの吹き付け断熱だけで大丈夫でした



・ALL樹脂サッシかサーモスX


ここが一番悩みましたが・・・

アルミは論外としても
アルミ樹脂複合の
サーモス2Hでいいのかなぁと


色々な大工さんにも聞きましたが
この地域なら大丈夫っぽかったので
サーモスのままにしました


実際に住んでいて問題無かったので
良かったです




・窓と建具を天井の高さ(250cm)に合わせたかった

妥協h

これは今思うと別にどうでもいいです(笑)


当然ですが230cmのハイドアですから
頭ぶつけることもありません



心残りなのは
浴槽を人工大理石にすれば
良かったかなぁと



後は毎回言ってますが

トイレの流すボタンが無い事です
(後付けも出来ません)

妥協i

納得してればいいんですが


まさかレバーだとは思わず
流すボタンが
あるものと思っていたので・・・



これは今でも変えれたら変えたい部分です






2019年04月10日






4月になると
余り見たくない手紙・・・


固定資産税の
納税通知書がやってきます

税金a

当然ですが今年もやってきました・・・



我が家の場合は
すまい給付金や
住宅ローン控除の関係上


登記をしたのが
2016年の12月末なので



1月1日に登記をしてある
土地、建物が対象なので


今回で3年目の支払いになります





・安いのか、高いのか・・・毎年大変ですけど


この家が出来てすぐに
調査員が家に来て
税額を調査していきました



詳細は過去記事をご覧ください
↓↓↓



そして登記から3年間は
建物の部分は半額になるので


支払い総額は

税金b

「100,700円」になります




土地が4筆に分かれているので

税金b-2

細かく書かれていますが



我が家のかかったお金は
手数料を抜くと
土地代は600万円ですし


税金c

総額は2,700万円ほどかかったとはいえ


レオハウスの請負金額は1.738万円
本体工事費だけでいえば1,534万円という


ローコストな我が家ですので


まあ値段相応といったところです


・・・・
・・・
・・

毎度思いますが


甲府市は都市なのか・・・という
都市計画税もありますが


実際ほとんどの地域で都市計画税が
あるので仕方ないですね








・来年は4年目ですが倍にはならない?


我が家は今回で3年目ですので


来年からは半額になる
減税特典が無くなりますが


実際来年から倍の税額になる訳では無く

税金d


元々半額になるのは
固定資産税の中でも家屋だけなので


我が家の建物評価額
8,012,230円の1.4%=112,172円


こちらだけ半額なので
56,086円割引になっていますから


土地、建物の評価額が同じでしたら


来年は100,700円から
156,786円になりますが


来年は税額の見直しがあります





・ちょっと安くなりますが4年目が一番高いです


毎年建物は古くなっていきますが
さすがに毎年変更してられないので


3年経過ごとに見直しされるので
来年が4年目の我が家は
見直しの年になります



築4年目だとまだ新しいですから
当然4年目が一番高くなります



私の場合は
毎月1万円を固定資産税分として
貯金してますが


来年からは1万円では
ちょっと不足しますね


築25年になると
建物評価は最低評価になって
およそ新築時の20%になるそうですから


建物にかかる税額が
今の112,172円から
22,000円程になります


山梨県民の期待を背負う
リニアモーターカーが後8年で
完成するので


もしかしたら土地の価値が
あがるかもしれませんが


それはそれで
持っている資産価値も上がってるという事ですから



2019年03月14日





ちょっと間が空きましたが

今回は2年住んだ感想の「お風呂編です」




他の2年住んだ感想はこちら












・まだまだ綺麗です


お風呂d

こちらが2年ちょっと使用した
現在のお風呂です





お風呂b


お風呂c

LIXILのアライズ
TOTOのサザナが選べましたが


我が家はLIXILを選びました






お風呂a

こちらが引越し直後の画像です



まだ2年ですから
傷が出るような事もなく


オモチャだけは
どんどん増えますが


引渡し時と
同じ状態で使えています


毎日入浴剤を入れてますが



↓↓詳細は過去記事↓↓





結構使える
入浴剤が多いのが分かったので
安心して使っています





お風呂e

浴室乾燥用のバーにも
おもちゃを置いています






・人造大理石が良かったかなぁ・・・



一番お手入れが楽そうな

タカラスタンダードのホーロー浴槽は
選べなかったので


TOTOでもLIXILでも
どちらでも良かったのですが


両方とも標準の浴槽がFRP


人工大理石のオプションは
10万円近くだったので


標準のままにしましたが



お風呂f


写真だと見た目の違いは
無いのですが実際見ると結構違います




あの時は

色々増えるオプション(主にキッチン)があって

「お風呂は標準でいいか」って思いましたが


今10万円追加で
大理石に変更出来るって聞いたら


多分するかもしれません



当時もショールームで
人造大理石を見て


かなり綺麗だったので
ちょっとは考えたのですが


最近ホームセンターの
リフォームコーナーで見た時に


やっぱり高級感が違いましたので
「いいなぁ・・・」って思いました



家族しか利用しないし


他に誰が見る訳ではなく
性能はそれほど変わらないので
標準のFRPにしましたが


お風呂は毎日の疲れを癒す場所なので

見た目の高級感も大事だと思います(笑)



ただ人造大理石は
傷が付きにくい、汚れが落ちやすいって
書かれていますが


普通のFRP浴槽も今のところ
傷も無いですし、普通にスポンジだけで落ちます


ヨットもFRPで作りますし
FRPの上から塗装してますので


毎日仕事で見る
解体したお風呂は傷だらけですが


今の浴槽は昔の浴槽に比べたら
かなり長持ちすると思います








・お風呂の汚れで一番大変なのは水垢です


まだ2年なので

水垢が取れないなんて事はないですし
壁面なんて何もしていませんが
綺麗なままですが


しかし、このまま数年使うと


何年も使っている
鏡や壁面に「うろこ」状の
水垢が付いてる事がありますが


こうなると簡単には取れません


前職の旅館業の時は


温泉の大浴場がある職場でしたので
水垢の苦労は良く分かりますが


お風呂g

この壁面パネルだと
白、灰、黒を使っている模様なので

水垢が目立ちません


浴槽も一番水垢が目立たない白です


黒一色とかだと
10年位経ったら大変な事になるので


マメに掃除をする自信がなければ
水垢が目立たないアクセントパネルにして


残り3面はスタンダートに白にするのが
一番楽だと思います



お風呂h


将来の事を考えたら
お風呂は水垢が目立たない色がいいと思います





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年03月12日






先日書いた
2年点検の2回目の補修で


↓↓前回記事↓↓






点検a

補修した新品の部品を
壊してしまいましたので



「また商品を発注して
到着次第施工に来ます」という事でした



点検b

元は、このような欠けがあったので




点検c

新しい部品と交換してもらう
作業をしていましたが


施工中に割ってしまったので
新しい部品を再発注して


また直します






・???謎のメールが


サッシ枠の補修だけなので

平日の私が仕事の時に
来て貰う事にしました


当日は朝10時頃に来て
1時間ほどで終了するというので


家に帰れば問題無く
交換が終わっていると思ったのですが


点検d




何故か夕方にレオハウスからメールが来て
「再訪問」と書いてあるので



「もしや他に何かあったのかなぁ」と思って
家に帰ると


妻が
「隙間が出来たからまた来るってという話でした




点検e

こちらが隙間が出来た窓枠です


どれくらいひどいのかと思ったら
パッと見隙間はないのですが




点検f

上の方に隙間があります




点検g

こちらは隙間がない下の方です


その為にまた
後日もう一度来るという話になりました








・結局2年点検は4回訪問になりましたが



正直、思ったほど
隙間が無かったのですが


施工不良なので
また交換になりました


これくらいなら
何も言わない大工さんや
ハウスメーカーもありそうですし


もし「完了しました」と言って


妻が一人で見つけられたかは
微妙なとこですが


ちゃんと
施工不良なので
後日来ますというのは


好感が持てます





定期点検s

翌週また交換に来てくれて
やっと無事に直りました




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年03月09日






前回の記事で書いた
2年点検で工務さんが来ましたが


まだ半分ほどしか
作業が終わっていません




↓↓前回の記事はこちら↓↓





今回は前回から約2ヶ月後
もう一度来てくれて



追加の補修を行ってくれましたが


後で書きますがトラブルが発生して
さらにもう1回来る事になったので


結局2年点検は
計3回訪問して頂く事になりました



ちなみに1年点検も
3回訪問しています



ちゃんと何度も
補修してくれるいいメーカーと思うか


高いメーカーなら
そもそも何度も来るような
トラブルは起きないのかは
分かりませんが


どんなに高いメーカーでも
クロスの隙間は出ますので


ちゃんと補修してくれてるので
問題はありません





・今回は3人で来てくれました


前回は工務さんだけで来て
クロスの補修をしていましたが


今回は工務さんと
巾木や床材の補修屋さん


補修屋さんは
なんと八王子から来てるそうです


そしてLIXIL関係の工事屋さん



これで前回問題になった


巾木の汚れと
窓サッシの欠けが直る予定です






・クロスの補修は全部完了しました


前回は1階部分しか終わってなかったので
今回は残りの補修です

2年-3a
こちらは2階の子供部屋ですが




2年-3b
このように家中すべて隙間は無くなりました



次の定期点検は5年点検ですが
また隙間が出たとしても




このような200円ちょっとの
シール材で自分でも出来るので
もし目立ってきても大丈夫です



一応新築から2年経ってるので
「もうほとんど木は収縮しない」って
言われましたが

もし隙間が出てきたら
これ位なら自分で直せます





・謎の汚れも解決しました


1年点検から出ていた
窓枠の「謎の汚れ」ですが


1年点検時も3回程清掃業者さんが
来ましたが


どうしても落ちないこの部分
2年-3c



今回は床材などの補修屋さんが
来てくれて

最初は溶剤で拭いていましたが
やはり取れずに

2年-3d

結局塗装する事になりました






2年-3e

こちらが塗装後です


塗装ムラも無く
綺麗になったのでよかったです









・サッシ部分交換で問題発生・・・



残りは窓サッシの「欠け」です

2年-3f


元々謎の汚れが
他にも無いかなと探していたら


欠けが見つかったので
汚れがなかったら
見つけなかったかもしれません・・・


1年経っても
気付いていませんでしたし



こちらは補修ではなくて
サッシ部分の交換になります

2年-3g

ちゃんと
サーモス2Hと書いてあります





2年-3h

交換する今付いている
サッシ部分を取り外します


樹脂側のサーモス2Hは
本当にただの塩ビ樹脂でした



この辺は夏は40度超える地域ですし


外側も樹脂だと
熱や紫外線で何十年も持たなそうなので


アルミ樹脂複合サッシが
あるんだなぁと納得しました



付いているサッシ部分を取り除いて
新しいのを付けていると


「問題発生」です


寒かったからか
腕が悪いのか分かりませんが

2年-3i

なんと新品の部材を
修理屋さんが割ってしまいました


予備の部材も無くて
また発注になりますので


こちらはさらに次回という事で
2年点検も3回来る事になりました






・定期点検を4回してみた感想


・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年

これで4回目の定期点検でしたが

内容には満足してます


定期点検以外にも


気になってメールすると
家に来てくれましたし



↓↓過去記事↓↓



気になっている部分は
いまのところ全部修繕してもらったので


ローコストだから
アフターは手抜きって事はないと思います



まあ2年で大きな問題に
なる事は無いと思いますが
(あったら欠陥住宅かも



5年点検や
シロアリ保証が切れる10年点検などは


基礎や屋根もちゃんと
見てくれるといいなぁと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング