2018年08月28日


住宅系ブログで

家の間取りを決める時に




書斎など自分の部屋がが欲しい旦那

VS

そんなの要らないという妻



結局妻が勝って
ボツになったと言う話は


割と多いですね




自分の部屋が
ダメになった場合に困るのは


旦那の趣味の物が多い場合です




どこに仕舞っていいのか
場所が無かったり



趣味の物は
興味の無い人から見たら

ただのゴミだったりするので


「引越し時に捨てたら」なんて
揉めたりもします


そういう時にオススメなのが
スキップフロアです



書斎a






・スキップフロアは収納になります



書斎b


こちらは私のデスクトップパソコンです
自作のタワー型なので大きいです


それほど趣味の物は多くないですが
ギターなどもあります




書斎c

2歳の子供が窓からの景色を
見たがるので

中が収納になっている
椅子をニトリで買ってきました



書斎や自分の部屋が無い
我が家ですが


かといって
夫婦の寝室や


リビングに
自分の趣味の物を置くのは


邪魔で嫌だし



興味の無い他人には
もっと邪魔なものなので


スキップフロアに置いてます


ここに物を置いても
リビングからは見えないので


リビングはスッキリしたままです



書斎d

まさにフリースペースで
凄い便利です





・スキップフロアからは見えます



書斎と一番違うのは


自分の部屋みたいに


完全に区切られた
部屋ではないですが



半2階と
位置的には高いので


リビングからスキップフロアは
見えませんが


逆に
スキップフロアから
リビングは見れます



書斎e


ここでPCの作業をしていても
リビングはいつでも
見れます







・書斎が欲しい理由


そもそも書斎(自分の部屋)が
欲しい理由は


・趣味の物がある

・家で仕事をする事がある

・一人でぼーっとしたい


くらいの理由だと思います



そして反対される理由は


限られた家の間取りで
個人の部屋を


・作るスペースが勿体ない

・その予算も勿体ない



その流れで

「そんなの要らないでしょ」って
なりますね・・・



ではスキップフロアはどうかと言うと



・趣味の物は置けます

・家で仕事も一人で出来ます

・リビングから見えないので
 一人でぼーっと出来ます



書斎f

3畳しかないですが
吹き抜けなので
かなりリラックス出来ます



書斎を作るのを
反対する側からすると


・リビングの一部だし
 自分の部屋ではないので
 スペースが勿体ない理由は減ります


・予算も壁やドア付ける訳ではないので
 そこまで上がりません
 

 我が家のスキップフロアで 
 オプション費30万円で出来ました





・全員のパーソナルスペースになります
 
 

まだ子供が2歳と0歳なので


まだ使うのは
私と妻だけですが


・ここでPCで仕事したり

・ちょっとした書類書いたり


家の中に喫茶店が
あるような使い方が出来ます


それでも
リビングと続いてる作りなので



リビングは常に見えるし
当然リビングにいる人と
会話も出来ます




子供が大きくなれば


・ここで宿題したり

・ここで遊んだり


全員が部屋に篭る事なく


自分一人で集中したい事を
ちょっとだけ出来る場所です





・多分説得も簡単かと思います(笑)



書斎や自分の部屋が欲しい
希望を出して

ダメ出しされた旦那さんも


スキップフロアなら


・子供が大きくなった時に
 ここで宿題出来る


・妻が家計簿など書くときに
 ちょっとだけ集中出来る


こんな感じで説得出来て
自分の趣味の物も置けますよ(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






コメントする

名前
 
  絵文字