遮熱

2021年06月23日







前回
夏の遮熱対策に
すだれを設置した記事を書きましたが








我が家の窓が


シェードa


こういう
ネジ止め式の金具ですね





シャッターが付いているので


シェードb


このすだれやシェードの取り付け金具は
使えないので



色々と考えて


かなりの強風でも
大雨でも
外れないように設置しました






・マグネット式と粘着式は耐えられない・・・



ネジ式の金具が使えない
シャッター付サッシですが


まあ、この金具でも
台風だとサッシが曲がる気もしますが



とりあえず
考えたのはマグネット式ですね



アマゾンや
ホームセンターなど



めちゃくちゃ見ましたが
結論として強風では耐えれませんね





相変わらず
Amazonは中国製の
令和最新版ばかりで(笑)


怪しい☆5のクチコミも多いんですが



実際色々見ると
どれも「取れた」「外れた」という
クチコミも多いですね


外れちゃうと
傷が付いちゃいますし






だいたい
国産の有名な
エクステリアメーカー



タカショーのネオジム磁石で
耐荷重2kgですから



同じネオジム磁石な以上
急に10kgとか耐えれる訳がありません




試しに
ネオジム磁石で耐荷重2kgを買いましたが


シェードc


普通のマグネットよりは強いですが


手で力を入れると
当然外れすので
これは台風時は耐えれないですね






今では色々と
変態的なオーニングを取り付けてる






過去に対談もさせて頂いた
まっしんはやぶささん


磁石式&粘着式だと
かなりの強風でも耐えてるみたいですが
台風の時は外すみたいです・・・




というか・・・


シェードd




変態という言葉すら甘いって感じですが(笑)



シェードとかオーニングを
考えてる方は色々と参考になると思いますが



今回は
台風に耐えれるすだれなので



いい方法はないかと


シェードe


サッシをずっと見てると


台風でも落ちない
取り付け場所を見つけました






・風が来ない場所を発見しました




シャッター付のサッシって


シェードf


網戸とシャッターの間に
3cmほど余裕があるんですよ




ここに取り付けが出来れば
3方向は囲われてるので
強風にはかなり強いはずです




という事で


シェードg


こんな感じに


「じゃあ、ここに
突っ張り棒でいいじゃん」と思いましたが




サッシ枠が
突っ張り棒で壊れたら
困るので




ここを使いながらも
サッシ枠に負担がかからない方法を考えると


シェードh


・両端の風が来ない場所に
 棒などを設置して


・その上に突っ張り棒を載せて
 軽く突っ張りさせれば



絶対に落ちる事はありませんし
サッシ枠が壊れる事もありません






・結構安く揃いました




まずは両端の棒ですね


シェードi


取り付ける窓は
16520なので


・幅165cm

・高さ200cmですが


窓枠入れたら205cm位ですね




ホームセンターで見つけた


シェードj


見切材ですね



本来は床の端などに使うものですが
色は白で高さ200cmとピッタリです(笑)



1本548円なので
1つの窓に左右で2本


今回は窓2つなので4本買います


これを両面テープでサッシに止めて





その上に


シェードk


ダイソーで売ってる
突っ張り棒の受けですね



見切り材の上に設置すれば
絶対に落ちません



そして


シェードL


突っ張り棒ですね
これで準備完了です



全部合わせて2,800円なので
マグネット揃えるより安いですね






・突っ張り棒を乗せてみました




これが今回使う全商品です


シェードm







まずは見切り材に
強力両面テープを貼って


シェードn


サッシ枠に取り付けます



白に白なので
まったく目立ちませんし


この位置に設置しても
網戸もシャッターも
問題なく動作します




そして
見切り材の上に


シェードo


ダイソーで買った
突っ張り棒の受けを貼ります



これなら突っ張り棒を
軽く乗せるだけで
落ちません



絶対に外れない準備が出来たので





試しに突っ張り棒を
サッシ枠が壊れない程度に
突っ張らせると


シェードp


風の影響も少なく
上下左右どちらに揺れても
落ちないですね




購入したすだれは
物干し竿に通せるタイプなので




シェードq


これで完成です



シェードと違って
すだれは穴が適度にあるので



そもそも風に強いのですが



これならどんな強風でも
外れませんし




仮に物凄い台風が来たら


シェードr


シャッターの内側に
設置してるので
シャッター閉めれば解決します



これで夏の間
ずっと付けっ放しで大丈夫な
すだれが完成しました






・下は窓から離しました


上は
これでいいんですが



問題は下側ですね


シェードs





前回記事で
温度測定もしましたが




効果的に
すだれの遮蔽効果を得るには


窓から数十センチは離さないと
すだれが日射に当たる熱が
窓に伝わってしまうので



シャッターとか
アウターシェードが
そこまで温度が下がらないのは



窓に近すぎて
遮熱した熱を窓に伝えちゃうんですね・・・





このままだと
窓のすぐ近くなので


シェードt


こちらですね
ダイソーのウォーターウエイト



水を入れて重しにする奴です



子供が小さくなければ
レンガとかを紐で巻いてもいいんですが



子供が庭で遊ぶとき危険なので
水の重しにしました



シェードu


これなら窓から
離れるのですだれの効果が上がります




この状態でも
1つ5kgありますから
台風でも大丈夫だと思いますが



多分、妻が台風の時は
「危ないから片付けない」と言うので



カラビナで止めて
すぐ外せるようにしています




これなら
すぐに外せてすだれは
シャッターにしまえますし



実際、1週間ほど
ずっとそのままですが
強い風でも全然平気です



Low-Eガラスだろうと
トリプルガラスだろうと


日射はめちゃ家に入りますし


仮に軒が150cmあっても
昼3時なんて太陽の角度が45度になったら
絶対家に入るので



お手軽に対策出来る
すだれは便利かなぁと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





2021年06月21日








我が家のダイニング窓には
軒が無いので



夏の遮熱、遮蔽対策は
一番手っ取り早い


すだれa


シャッターがあるのですが


シャッター閉めると
家の中が真っ暗になるので



共働きの我が家では



朝、最後に家を出る人が
閉めて欲しいのですが



・私が家を出る時間は朝6:30

・妻と子供は朝9:00なので



私が閉めて仕事に行くと
真っ暗になってしまうので
妻に閉めて欲しいのですが



妻は背も低いし
小さい子供2人を連れながら



「毎日シャッターを閉めるのも大変」
という事で



すだれを設置する事にしましたが
思った以上に理想の
すだれが無くて大変でした




そうは言っても
こちらは夕方4時の写真ですが


すだれb


西側の小さい窓だけは
直射が入らないギリギリの
10cmほどだけ開けて
ずっと閉めっぱなしです



西日が直接入ると
強烈ですからね・・・



その分、冬は非常に助かりますが




この状態の
朝6時30分の写真が


すだれc


これなら
リビングとダイニングの窓は
明るいので充分ですが



全部のシャッター閉めたら
真っ暗ですからね



シャッターは
すだれやグリーンカーテンより
遮熱、遮蔽性能がいいですから



シャッター閉めっぱなしでも
問題ない窓とか



毎日開け閉め出来る人なら
やはりシャッターの方が
遮熱効果ありますね






・シェードやタープはダメなので・・・



という事で
毎日開け閉めするのが
シャッターだと面倒という理由なので




毎日そのままで
大丈夫な日差しを遮る物って言うと


すだれd


日本の伝統遮蔽道具
「すだれ」くらいしかありません





我が家にも
プールや庭遊び用の


すだれe


シェードや






すだれf


タープはありますが




これは強風の時は
片付けないとダメですから



手間としては
シャッターより
大変になってしまいます・・・



今回の目的は



雨や風でも
ずっとそのまま平気な物ですから




「すだれ」なら風を通すので
付けっぱなしで
大丈夫ですし



実際、実家のすだれも
かなりの強風じゃないと
そのままにしていましたので





すだれを買いに
ホームセンターに行きましたが


すだれg


和風のすだれは和風の家じゃないと
デザイン的に合いません・・・




「これを付けっ放しも嫌だなぁ」
色々考えて




まとめると


・洋風でも合うデザインで


・雨、風の日でも
 そのまま置きっぱなし出来て


・それでも家の遮熱効果は高い物ですね



シェードとすだれを
比較すると分かりますが



素材の隙間は無ければ無いほど
遮光、遮熱効果は上がりますが


風の影響を受けやすいので
そのままには出来ません



なので「すだれ」って
なかなか優れているなぁと思いますが
デザイン的にアレなので




「おしゃれ 洋風 すだれ」で検索して
気に入った商品


すだれh


こちらをリビングとダイニング
2階の寝室用と3枚購入しました









「すだれなのに洋風」って
名前もアレですが・・・



まあ見た目オシャレっぽいです





・【悲報】シャッター付のサッシは取り付けが大変・・・




よくホームセンターなどに
売っている「すだれ取り付け金具」ですね


すだれi


サッシ枠とか
網戸に取り付ける奴です


こういう風に
簡単に取り付け出来るのですが





これを買って取り付けようと思ったら


すだれj


シャッターがある窓って
枠の上はシャッターが邪魔するんですねぇ・・・



シャッターは厚みがあるので
取り付け出来ないので



これはボツにして
違う方法で
色々と考えて


「これなら台風でも大丈夫」って
感じで取り付けましたが




余りに取り付けに色々ありすぎたので
翌日別記事で書きました(笑)



https://reogress.net/archives/29327872.html




シャッター付の窓とか
台風でも取れないように
すだれを設置したい人は
参考にして下さい




ただ、マグネット式も
粘着式もかなり強風には耐えれないので





どうにかして
取り付けたのがこちら


すだれk


台風でも取れませんし
そもそもシャッターで隠れます





「これが洋風か?」ってのは
置いといて(笑)



普通のすだれよりは
オシャレと思います



・左側は軒ゼロなので
 効果はかなりありそうです


・右側は45cmほど
 軒というか上が出てますが




この日当たりを見ると
軒が50cm程度では
遮蔽には余り意味がないのが分かりますね・・・






すだれL


2階の左側ですね
夫婦の寝室にも設置してます



右側はインナーバルコニーで
軒が深いので直射が来ませんから
何もしていませんが



この写真だけでも
いかに深い軒が大事か分かりますね





これは昼3時の写真ですが
計算すると太陽の角度は45度です



2階の左側は軒が60cmあって
これだと結構隠れますが
それでも直射は入ります


右は完全に入りませんが
軒が160cmも出てるので


全ての日射を遮るってのは
難しいですね




1階、2階とも
160cm分の軒って
結構な金額でしょうし・・・



という事で
簡単に日射対策が出来る
すだれですが




この写真だと
パッと見は
シェードっぽいのですが




シェードと違って
適度に風通しで穴があるので


すだれm


凄い暗くなったり
景色が見えなくなる事はないですし







すだれn


これだけ風通し出来るので
多少の強風でも平気です




実際の温度測定も
後述しますが



なんというか
温度以外の見た目ですね


とくにリビングから
窓を見た際が
柔らかい日差しで
非常に気持ちがいいです








・すだれの遮熱効果はどれくらい?



シェードと違って
「景色が見れて風も大丈夫」と言っても


遮熱効果が無いと
意味がありませんね・・・




という事で
温度を測定します




まずは何も無い状態


すだれo


昼の2時での測定ですが



ガラスだと反射するので
ずっと直射日光が当たっていた
レースカーテンを測りましたが
29.2℃もあります




レースカーテンは
ずっと閉めてましたので
結構熱を持ってますね・・・







この窓にすだれをして
しばらくした状態がこちら


すだれp


まだ3時前なので
先程より直射は強いと思いますが
2℃下がりました






参考までに
西側のシャッターしてる
レースカーテンを測ると


すだれq


26.2℃と
やはりすだれより低いですね



それでも
本来ならシャッターなんて
遮熱100%ですから
もっと温度が下がっても良さそうですが




シャッターが窓の位置から
近すぎるので



せっかく遮熱をしても


シャッターが持つ熱が
窓に伝わってきちゃうみたいで
そこまで下がりません・・・




「すだれ」や「よしず」も
余りに窓から近いと



せっかく遮熱しても
持ってる熱が窓から入ってくるので



すだれr


窓から50cmほどすだれを
離して設置してます








・2℃の効果をどう思うか・・・



「我が家の窓は
Low-eで遮熱型なので大丈夫」って
思う人もいるでしょうけど



うちの窓も
Low-eペアガラスの
高遮熱型ですからね(笑)





我が家の窓で


すだれs



なんと日射熱取得率は
60%もカットされますが



だからと言って
全部遮熱は出来ません



60%カットと言っても
40%は入るんですから・・・




仮に全部遮熱しちゃうなら
冬の暖房費が大変な事になりますし



超高性能住宅は
冬も無暖房で20度近く保てますが
それも日射取得のおかげですし




すだれとの差は2℃なので
まあ無くても



実際我が家は
4年過ごしてきたので
問題はないのですが




これはYKKのテストですが

すだれt


・右が昔のシングルガラス

・左はAPW330ですね



・シングルガラスが30.6℃の時に

・Low-e複層は26.4℃


その差は4.2℃ですね



正直もっと差があると思ったけど
わずが4℃なので



すだれの温度差2℃が
多いか少ないかは
判断が分かれる所ですね





・たった2℃と思うか


昔のシングル窓から
Low-e複層にしても
4℃しか変わらないのに


・さらにそこから2℃も下がると思うか




まあ1枚の窓なら
5,000円で出来ますから
費用対効果は凄いですね




冬の断熱効果はともかく
夏の日射カット率は


・昔のシングル窓で20%カット

・low-eが無いダブル窓で40%カット

・APW330などのLow-e複層で60%カット

・APW430のトリプルですら70%カットなので



ダブルからトリプルにしても
10%の違いしか無いですからね





まあ、余りにもカットしちゃったら
冬が大変ですし・・・


そもそも
ガラスという透明な
商品の特性上


日射カットには限界があります



深い軒やすだれなど
物理的に遮熱した方が
効果があるのは


窓がダメというか
太陽が強すぎるんです





「見えないくらい遮熱した
窓にすればいいんじゃない?」

思いましたが


それは壁ですね(笑)










・本当はテラスも良かったのですが・・・



実はすだれ買う位なら
テラス付けた方が楽じゃないかと


すだれu



これですね


2つで20万円もあれば
設置可能です



これなら強風だろうと
台風だろうと
片付ける必要がありませんし


屋根も複数選べるので
濃い色で日射を遮ったり



これがあれば
シェードを取り付けるのも
簡単ですから



「テラスを設置もありかなぁ」
思ったのですが




外壁に穴開けますから
保証的に外部業者はダメだろうと思うので



多少金額が上がっても
レオハウス経由で頼もうと思って



「レオハウス経由で頼まないと
保証切れますよね?」
って聞いたら




なんと自社から経由して施工しても
保証切れますよって事で



この保証については
また記事で書きますけど


もし後から
テラス付けようなんて思っている人は



最初から設置すれば
保証は大丈夫だと思うので



営業さんと相談した方がいいですね





https://reogress.net/archives/29327872.html



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2019年06月20日





前回記事の続きで
午後の部になります




午前の部と
遮熱型と断熱型の違いなどの説明は
前回の記事


link2
窓は遮熱型か断熱型か?実際に我が家の日射を1日計測してみました①
http://reogress.net/archives/18602733.html





こちらをご覧下さい





・午後12時30分 


午前の部は直射日光が当たるのは
北東~南東まででしたが


12時を過ぎると南側も
日が当たるようになります

太陽2a

太陽が
リビング側に来たので


北東、南東の窓は直射日光は
もう当たりません


太陽2b



まずはリビングです

太陽2c

向きは南側の窓に日が当たる時間ですが


太陽の位置が高いので
そこまで直射日光が
入ったりはしないですし



太陽2d

こちらはダイニング側
だいたい30センチ位日が入っている感じです



間取り的にリビング側は
庇もありますので
そこまで日は入りませんが


ダイニング側の方が日が入ります





・14時 暑さのピークが近い時間です


太陽2e

14時なると
太陽の位置が右半分から左半分に行きます



太陽2f

南東の窓は完全に日陰になっています



太陽2g

ダイニングの日射は12時30分と比べて
太陽の角度が下がってきたので


もっと日が入るようになりました


太陽2h

ダイレクトに日が入る左側の
ダイニングと違って


右側のリビングは
間取り的にそこまで日は入りません


太陽2i

そろそろ北西側の窓にも
日が当たる時間がきます





・15時です


太陽2j

太陽の位置がかなり西に行って
角度も下がってきました



太陽2k

リビングです


日は入っていますけど
窓もサッシも触って熱い事もなく
日が当たっていても変わりません


遮熱型だからという訳ではなくて


断熱型でもLow-Eのペアガラスなら
熱くないような気もしますが・・・

サッシもアルミ樹脂混合ですが
室内側は樹脂なので熱くありません


当然トリプル窓や
オール樹脂サッシの方が


さらに性能が高いでしょうけど
実験して触った感じは


サーモスⅡ-Hでも充分という感じです


太陽2L

ダイニング側はかなり日が入るようになりました








・16時です


太陽2m

太陽はどんどん西へ行きます



太陽2n

ダイニング側の出っ張りがある間取りですので
この時間になるとリビングは
直射日光は入らなくなりました


他の地域はもっと前ですが

甲府の場合一番暑い時間が
15時過ぎなので


この時間にリビングに日が入らないのは
ありがたいですね



私が住んでいる甲府
多治見熊谷などと共に
毎日最高気温1位を争う地域なので


2chの気象板には
「今日の最高気温凄いぞ」という
掲示板があって


太陽2o

暑いのは嫌なんだけど
どうせ暑いなら1位なりたいという(笑)


ちなみにこの日は16:00でさらに
上げて40.7度でした


甲府は他の地域より
1時間ほど一番熱い時間が
ズレるのでマクリの甲府と呼ばれています(笑)





・17時30分です


太陽はかなり傾いて
そろそろ夕日になる時間です


この時間になると
直射日光が当たるのは


太陽2p

ここだけになります


我が家は南、東、北は隣家がありませんが


西側のみ隣家があるので
他の西側窓は日が当たりません


太陽2q

夏ですとまだまだ暑い時間ですね





・1日のまとめ

我が家の配置が正確な東西南北では無くて

北東、南東、南西、北西という窓配置ですが


まあとにかく暑い地域なので
全部遮熱型でも良かったかなとも思いますが


逆に冬は全部断熱型に
したいとも思いますし


今回の計測した限りでは
もう一度建て直すとしたら


北東は断熱型
南東は遮熱型

南西はリビングは断熱型
ダイニングは遮熱型

北西は断熱型って分けると思います

(金額が変わらないなら)


同じ方角でも
間取りで全然違いましたから


リビングとダイニングで
使いたい窓も別れました



どちらにしても
夏は暑くて冬は寒い地域なので


どちらの季節もエアコンを使いますから
どっちでもいい気もしますが
(どちらでも高性能ですし)


例えば夏はギリギリまで
エアコン使わない地域なら
全部遮熱型でいいと思いますし


冬も日が当たればエアコンは要らない
地域なら断熱型のがいいと思いますが


この辺は全国区のハウスメーカーでは
無理でしょうねぇ・・・
(特にローコストメーカー


全国区のメーカーは転勤も多いですし
そこまで地域特性も詳しくないでしょうから
自分で調べるしか無いと思います


金額が高いメーカーなら
色々してくれる気もしますが・・・




本当に夏、冬を快適にしたい
ある程度予算もある方なら


高いハウスメーカー
もしくは地元の評判のいい工務店


是非そういった
ところで建てる事をオススメします


それでも我が家は充分快適ですけど
もっとこだわるとしたら



どんなに遮熱、断熱使い分けても
窓サッシをワンランク上のグレードに
上げるほうがよっぽど断熱も遮熱もしますけどね





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年06月19日





窓を方角によって
断熱型と遮熱型を
使い分けるというのがあります


型番


Low-Eペアガラスの場合


ペアガラスのどちらかに
Low-Eの塗装があるのですが


Low-Eの塗装面が
室外側だと遮熱型
室内側だと断熱型になります


もちろんどちらの窓でも
昔の窓に比べたら

圧倒的に高性能なので
遮熱も断熱もしてくれますが


ハウスメーカーの値段はともかく
定価は同じなので


どちらを使い分けても
同じ金額でしたら

是非参考にしてみて下さい
(ハウスメーカーだと一括注文の為割高になる可能性が


ちなみに我が家は
全部遮熱型です


建てる時に2種類あるなんて
知りませんでした


仕事柄、古い窓は詳しいんですが
Low-Eペアガラスってだけで満足してしまいました・・・



営業さんも設計士さんも
工務さんも一言も
言ってくれませんでしたので・・・



まあローコストメーカーですから
そこまでこだわりも時間も無さそうなので



多分暑い地域は全部遮熱型
寒い地域は全部断熱型にするんだと思います



我が家の場合は
日本でも有数の暑い町の甲府ですから
全部遮熱型で問題はないのですが


それでも今回の実験で
「ここは断熱型でも良かったんじゃ?」って
思う箇所もあったので


まだ建てる前の方は是非
営業さんや設計士さんに聞いてみて下さい



尚、計測は6月ですから
6月は夏至もありますし


かなり太陽の位置は高い時期です





・まずは我が家の窓配置です


我が家の間取りです


日射a


南側(赤の丸)にリビングとダイニングがあって
それぞれ掃き出しの引き違い窓


西東(緑の丸)には腰高の引違窓


北側(青の丸)は吹き抜けで
縦すべり窓とFIX窓などがあります

後は玄関部分(青の丸)
こちらは西と北にそれぞれあります



方角は

太陽c

このように真南や真北を向いているわけではなく




太陽d

方角を合わせると


リビングとダイニングの
掃き出し窓は南西


東西の腰高窓は
北西南東になります





・朝7時です


太陽の位置は朝ですので東です

太陽e
家の向きからだとこっちの方角


太陽f
家の裏側から日が当たる感じです



太陽g

北東にあるスキップフロアと
吹き抜けの窓は


太陽h

かなりの日射があります


普通の地域じゃそこまで
暑くないと思う時間ですが


甲府なので気温はそこそこ暑いです


太陽i

南東の腰高窓は
まだ日が入っていません



太陽j

当然南側、西側も日は入っていません




太陽k

玄関は既に明るいです








・朝8時です


1時間が経過して

太陽L

北東の窓は
若干日の入りが弱くなりました



太陽m

それでも結構日が入っています


この時間以降は
北東のこの面は

直射日光は当たらなくなります





・朝9時です


だんだん気温が上がる時間になっていきます

太陽n

南東の腰高窓は
結構な直射日光が入ってきました



太陽o

室内側から見ると
全部では無いですが
結構日が入っています



続き(午後の部)は

link3
窓は遮熱型か断熱型か?実際に我が家の日射を1日計測してみました②
http://reogress.net/archives/18603201.html


こちらに続きます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング