脱衣場

2020年06月18日






ちょっと前に
脱衣場の大掃除をしたのですが


クッションフロアa


なんとクッションフロアに
カビと皮脂汚れが出ていました・・・



普通の汚れだと思ったのですが


「簡単マイペット」でも
「激落ちくん」でもなかなか取れません




まだ引っ越しして3年半ですから
「汚れやカビは根元までは行ってないはず」


クッションフロアb


使用時間を守れば
カビキラー使っても大丈夫というので






説明書通りに5分間だけ使用して
かなり丁寧に掃除をして


クッションフロアc


やっと汚れが取れました



まだ子供は化粧台の前で
何かする事はないので



原因は私か妻が
お風呂から出て


「体の拭きがあまい状態のまま」


洗面化粧台に移動して


ドライヤー使ったり
化粧水付けたりする事だと思います


足元にはマットを敷いていますが
数日はそのままですし




珪藻土マットなら
足裏とかすぐに乾きそうですが







我が家は床下点検口の位置に
失敗したため使えません


クッションフロアd



というか
体の拭きがあまくて
化粧台の前が汚れたので


珪藻土マット使えても
ダメかもしれません・・・






・安いし耐久性ないですがメリットもあります




クッションフロアなんて
床材で一番安い商品ですから



多分ローコストメーカーの
脱衣場とかトイレの標準は


全部クッションフロアだと思います






私のプランだと


クッションフロアe


クッションフロアか
リビングと同じフローリングの
どちらかが選択出来ましたが




フローリングだと
クッションフロアより
水に弱いですし



ぶっちゃけ
わずか3年で
クッションフロアに皮脂汚れが
付いてしまうような我が家では



あっという間に
ボロボロになって



水分が下まで伝わって
木材の腐敗や
シロアリの原因になるので



まだクッションフロアの方が
いいのですが






高いメーカーだと

・本物のタイル
・Pタイル
・サニタリーフロア


この辺も
選べるとおもいます




Pタイルやサニタリーフロアは
樹脂なので


ビニール製のクッションフロアよりは
耐久性が高いです






逆に家を長持ちさせる事が
コンセプトのメーカーが



クッションフロア使っていたら
笑っちゃいますし・・・






・クッションフロアはメリットも割と多いですが




一番のメリットは
安いという事ですが



それ以外にも



表面がビニールなので
安い割りには
水に強いというがあります




その為に水を使う
脱衣場やトイレで
採用されています



もちろんタイルや
サニタリーフロアに比べると
耐水性は弱いですが


フローリングよりは
ずっと強いです




なので毎回
ちゃんと床を拭けば
いいのですが



耐久性に難があるので


我が家みたいなズボラな
家庭だと今回のようになります・・・




名前の通りクッション性があるので




木製品に比べると
施工も楽で
DIYで簡単に貼り換えも出来るのですが


クッションフロアf


洗濯機動かすとか
非常に面倒ですね・・・



とはいえ
せっかく大掃除で綺麗にしたので


どうせなら10年は交換せず
持たせたいので



貼り換えじゃなくて
別の方法で対処します












・ズボラ家庭のクッションフロア長持ち対策




一番簡単な方法は



毎回お風呂から全員出たら



・脱衣場を全部拭いて


・濡れている足拭きマットも
 乾燥させてあげる事です



ただですね・・・


毎回そんなに
丁寧に出来る家庭なら


そもそも汚れてないという・・・





私は今回の掃除が
非常に面倒だったので


クッションフロアg


今度からは
足拭きマットは
浴室に入れて
乾燥させていますが




子供も小さいですし


クッションフロアh


お風呂の後は
このように濡れている
部分も多いですので





濡れても
クッションフロアは汚れないように


クッションフロアi


セリアでディズニーの
ジョイントマットが
売っていたので
20枚購入しました
(それでも2,000円)





クッションフロアi-2


予備で数枚キープしてあるので

カビや汚れでダメになっても
交換すればいいだけです






足拭きマットを置いてある
一番水分が多そうな
浴室の前は


ある程度の吸収力も欲しいので


クッションフロアj


表面はカーペットで



裏はゴムになっていて
水分を通さない
マットを購入しました




クッションフロアk


これならバスマットを
敷きっ放しでも
大丈夫です





クッションフロアL



ジョイントマットも


どうせなら
クッションフロアは
一切見せないように
全面に敷き詰めます


クッションフロアm


子供受けバツグンの
脱衣場になりました






クッションフロアn


バスマットが湿っていても
下のマットがカバーするので
これで大丈夫ですが
(一応毎日浴室乾燥もするようになりました)




そもそも
ここまでクッションフロアの
耐久性が弱いと思っていなかったので




Pタイルやサニタリーフロアに
変更した場合の


オプション料金とか
一切聞いていません・・・



家庭によっては

「毎日バスマットを
交換するなんて当たり前」
って家もあると思いますが


そうじゃなければ
クッションフロア以外の
選択肢も検討した方がいいと思います




2020年02月04日






今回はお風呂脱衣場
そして洗面化粧台


3年経過した使用感と
劣化や後悔ポイントなどを紹介します





まずは浴室です

バスルームa


どんどん増えていく
子供のオモチャに
若干困っていますが・・・





新築時の画像がこちらです

バスルームb


オモチャが増えた以外は
特に変わってないです



バスルームc


写真だと差がないですが


実際にショールームで見た
人造大理石浴槽は
全然高級感が違いましたが



我が家の場合
人造大理石に変更は
差額が10万円って事で


諦めました・・・


人造大理石の方が
長持ちするとは思いますが


FRP浴槽の場合でも
そこまですぐには
ダメにならないですが


実家の古い浴槽なども
そうですが


長年使うと
表面の塗装が
傷ついたりザラザラしたりするので


10年位したら
再塗装になるとは思います・・・


とはいえ3年では
何も変わらないので


今の所は満足しています



バスルームd

浴槽は一番広い
1600ロングにしました


たまに夫婦2人と
子供2人の4人で一緒に入りますが


窮屈ですけど
4人でも入れます



子供が大きくなったら
4人では無理ですが


まあ大きくなったら
絶対に4人では入らないと思うので
その点は問題ないですね(笑)
バスルームk



最近では
ミナモ浴槽という
肩までゆっくり入れるタイプも出ましたが





我が家も
「節水よりもゆっくり入れるように」
ロング浴槽にしたのですが


バスルームl

子供の身長に合わせてますので
ロング浴槽で160リットルしか
お湯を入れてないです


エコベンチ浴槽だと1600サイズで
水位70%に必要な水が157リットル



ロング浴槽だと
水位70%に必要な水は
201リットル必要ですから



大人が一人で入っても
胸くらいまでですね


まあ子供が溺れては
困りますから



肩までゆっくり漬かるのは
もう少し先になりそうです





バスルームe


TOTOのサザナも選択出来ましたが



ほっカラリ床は
たしかにショールームでも

最初は
「これは気持ちよさそう」って思ったのですが


数分程したら
「まあ普通だな」って思ったのと


カビ掃除が大変って
ブログが多かったので



LIXILにしました

バスルームf


多分こっちのが売価が安いので
付属品が色々と豪華だったのも
選んだ理由ですが



特に子供が小さいと
う○ちがついたお尻をそのまま
洗う事も多いので


きれいサーモとか
くるりんポイとか


LIXILの方が
清掃が楽そうでした




実際掃除は楽なので
非常に満足しています



まあ普通のアパートに
住んでいましたから



給湯器じゃなくて
エコキュートの


「すぐお湯が出る」ってだけで
かなり感動しますので


どちらを選んでも
満足していたと思います(笑)




バスルームg

床の性能以外にも


今の家はお風呂の
気密性もいいですし


24時間換気の性能もいいのか
すぐ乾きますね



インナバルコニーもあるので
浴室乾燥は
使っても年1,2回ってとこです





・狭すぎた脱衣場の使い心地・・・



間取り作成の段階から
「ちと狭いかなぁ」とは思っていましたが


バスルームh


こんな感じで浴室が1坪で
脱衣場も1坪です


それほど大きく無い家だと
我が家と同じ大きさって多いと思いますが


やはり余裕があれば
脱衣場は1.5坪から2坪あれば
いいかなぁと思います


とはいえ
リビング、ダイニングに
スキップフロアや
玄関収納などなど


優先すべきスペースを
考えると
脱衣場は1坪になってしまいました



今はまだ問題ないですが


10歳頃までは
子供も一緒ですから


そうなると
子供も結構大きいので


ここで私と子供2人となると
かなり狭そうですし



夫婦の下着類や
タオルなどは全てこちらに収納していますが


子供が中学生位になったら
ちょっと収容容量が足りなさそうですし


下の子は娘なので
ここじゃ嫌って言いそうですし




将来の悩みは色々と出る感じです・・・











・こちらも将来の悩みどころな洗面化粧台



一番
「将来どうするんだ」って思う
洗面化粧台付近ですが


バスルームi

とはいえ
超ローコストにありがちな
750サイズではなく



900サイズなので


ほとんどのメーカーで
このサイズが標準だと思いますが



現在夫婦だけで
鏡の裏はいっぱいなのに


子供が
髪のセットを始める中学生位になったら
どのように収納すればいいのでしょうか・・・



まあ10年経ったら
私の髪が無くなって
ワックスとか使ってない可能性もありますが(笑)


今んとこ
髪型には拘っているので



色々な物で
鏡の裏はいっぱいです

バスルームj

3面鏡の
一番左と真ん中の赤い部分が妻
一番右と真ん中の青い部分が私なので




子供の整髪剤とかは
入れる余地は今のところありません



ワックスも普段から3種類
ドライヤーや
ストレートアイロンにも
拘る性格なので仕方ないですね(笑)



http://reogress.net/archives/19821507.html


こちらも
お金に余裕があったら
2階にも洗面化粧台を置いて



娘は2階って言うのが
理想ですね



まだ棚とか
便利収納グッズとかは


一切購入していないので
考えれば余地はありそうですが


夫婦2人と子供2人の感想だと
お風呂は1坪で充分だけど



脱衣場は1.5坪は欲しいって言うのが
3年使用した感想です




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング