脱衣場

2021年05月28日






冬の間は乾燥対策で
加湿器とか暖房とかの記事を書きましたが



梅雨~夏にかけては
逆で除湿ですね



リビングとか広すぎて
どう計算しても
エアコン除湿の方が効率いいんですが




多分、家で一番湿気が多いのが
浴室と脱衣場ですね



昔住んでた家なんか
絶対に隙間だらけなのに



脱衣場は梅雨~夏は
いつも「もわっ」としてました・・・


除湿機a


こちらが我が家の間取りです


脱衣場からリビングには
廊下を挟んで扉が2つありますが



冬の間は
扉2つとも開けていて


理由としては


・冬の間は
 お風呂と脱衣場の湿度をリビングにも
 取り込みたい


・逆に脱衣場は
 リビングの暖房を取り込みたい


というwin-winな関係なので(笑)



ここの扉は開いてます



脱衣場は北西側だし
隣家の影響で
日も入りませんから


扉を閉め切るとと寒くなるので
冬はお風呂大変ですからね・・・




しかし梅雨~夏になると
win-winの関係が崩れて



・脱衣場の湿気は
 リビングに来てほしくないし


・脱衣場としても
 夏は冷房を取り込むほどじゃないので



ここの扉は
用事がない時は閉めています



子供が小さい時は
裸のままリビングに行ったのですが(笑)


今はちゃんと
脱衣場で体拭いて
パジャマを着るので



そうなると
脱衣場の湿気がこもるので


除湿機b


「脱衣場に除湿機が必要でしょ」



という事で




「除湿機どれにしよう」
探してたのですが



どれくらいの湿度なのか
switch botで測定したら
全く必要がありませんでした









・高温多湿の中データ測定です



まずは、いつものリビングと
脱衣場にswitch botを設置します



こちらが設置したばかりの
リビングとの比較


除湿機c



朝8時30分ですが
エアコンも入れてないので
リビングと脱衣場に差はありません




ちなみにこの日の気温は


除湿機d



・朝は曇りで24℃

・昼は30℃まで上がって

・夕方から雨という


まさに高温多湿で



何も対処してないと
湿気が凄い事になりそうです・・・



ここから
仕事と保育園で
夜までは誰もいなくて
エアコンも動いてないので




夜7時の帰宅時には
リビングと脱衣場の
温度と湿度はほぼ同じですが


除湿機e



15時の27℃をピークに
帰宅時の19時では
1℃近くは下がっています






・お風呂の湿度はどこまで影響するのか



帰宅して
この日は



・妻とお兄ちゃんが先に
 お風呂に入って


・続けて私と妹がお風呂に入ります



除湿機f


最初に妻とお兄ちゃんが
入った後です



妻の性格上仕方ないんですが
ちゃんとお風呂の扉を閉めてくれません・・・



そして私が子供より先に
お風呂を出て
体を拭いてパジャマを着ますが


除湿機g


お風呂の扉を閉めると
子供が怖がるので


着替えが終わるまでは
開けっ放しで


この後
子供の体拭いて
パジャマを着させるので


脱衣場の湿度は凄い事になります・・・




そして測定した数値は


除湿機h


湿度78%・・・・





絶対湿度で言うと

除湿機i


23ですから



これが数時間続いたら
カビが出ますし


家の木材にもダメージが出ますね


かといって
扉を開けて


リビングに湿気が来るのも嫌なので
除湿機を買おうと思っていたのですが


この後の測定結果に驚きます










・換気システムって凄いんですね




もちろん今の家ですから


除湿機j


脱衣場に換気扇があったりはしません



ここの窓を開ければ
いいような気もしますけど(笑)


毎日開け閉めも面倒ですし
虫の侵入も心配ですし
それなら除湿機買った方がいいです




ただ脱衣場の廊下の部分には


除湿機k


第一種換気システムの吸排気があるので






リビングの扉は閉めっぱなしで


除湿機L


片方だけは開けています





そして湿度を見ると


除湿機m


なんと
わずが10分でかなり下がり


30分もあれば元に戻ります



その後、9時過ぎに
さらに下がったのは
リビングの扉開けたので


こちらはエアコンで除湿してるので
もっと減ってます






リビングや寝室は梅雨時でも快適で


https://reogress.net/archives/25602534.html


再熱除湿付の
エアコンなので梅雨の寒いけど
湿気がある時期でも快適に過ごせています





この数値を見て





偶然にこの間取りになりましたが
脱衣場と廊下合わせて
3畳ほどしかないので



換気システムのおかげで
すぐ元に戻るのか
除湿機は要らないという結論になりました



昔のアパートには
換気の穴がありましたが
ずっと「もわっ」としてたので
換気の効果が無かったんでしょうね



これなら10分もしたら
リビングの扉を開けても
ほとんど影響もないです



除湿機n


仮に3種換気だったら
排気口だけでしょうから


扉閉めていたら
吸気がうまく出来ないので
どうなったか分かりませんが



脱衣場って
一番湿度が増える場所なので
吸排気は良く確認した方がいいですね





もし吸排気が
うまく行えない場所なら
除湿機を買った方がいいですね



後は
脱衣場などで部屋干しする場合も
除湿機ないとツラそうです




ベランダh


我が家はインナーバルコニーあるので
部屋干しはしないから大丈夫ですが


それこそ長時間
洗濯物置いたら湿気が減らないので
家のダメージも出て来ます



その場合は
除湿機を買うか
リビングの扉開けて
エアコンの除湿に頼った方がいいですが




今回思ったのは



どうしても体感では
湿度なんて全部分かりませんので


やはりswitch botですね
温度、湿度管理には
必須だと思いました



これ無かったら
結果的に意味なく
除湿機買っちゃったと思います








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年03月01日






4年目のweb内覧会


今回はお風呂と
将来が若干不安な脱衣場です



まずはお風呂からですが
子供が5歳と3歳にまで成長したので




オモチャなどが
凄い量あります


お風呂a


水で張り付くシートが多数と
オモチャもたくさん・・・




他にも浴槽の下に敷く
スベリ止めマットなど
たくさん置いてあります




お風呂b


これがないと
子供が滑って
危ないのですが



オモチャも含めて
水切りしないと
ヌメリが出ちゃうので



浴室乾燥用の
ポールに色々ぶら下げています



浴室乾燥は全然使っていませんが
このポールは大助かりですね





・子供二人と一緒だと狭すぎ・・・



我が家のお風呂は
1616の一坪サイズなので



5歳と3歳と私の3人だと
かなり狭いですね


・最近は私とお兄ちゃん

・妻と妹という感じで


ペアで入ってますので



それだと


お風呂c


子供一人と大人一人なら
まだ余裕はありますが






土日は妻が仕事なので
親子3人で入ると



浴室


狭いですね・・・




洗い場の方は
狭さを感じてないので



標準の1616サイズを
オプションの1620サイズにしても
洗い場は広くなっても


浴槽は同じ大きさだったので
まあ、このままで良かったかなぁと思います



10万円程度で
浴槽が大きくなるなら
変更したかったですけどね



実際、浴槽サイズ上げるには
かなりの費用が掛かりますし


浴槽が大きくなると
水道代とエコキュートの光熱費が
余計に掛かるのですが



それでも


お風呂d


当時標準で選べるバスで
一番広いタイプにしました




ちなみに我が家のお風呂は
全部標準でオプション費用は1円も掛けませんでした








見た目は
まだ綺麗なままだと思いますが



もちろん汚れやすいお風呂ですから
掃除はちゃんとしています








浴室と洗い場は
簡単に掃除出来ますし

お風呂e

(泡ハイターなら5分でOK)





年末の大掃除は


お風呂f


扉を外して庭で掃除します






後は浴槽フタとエプロンですね


お風呂g


こちらも掃除と漂白しています




丁度、これを書いている時に
予防接種で子供がお風呂入れなかったのですが


久々に一人で入浴したら
物凄い快適にリラックス出来ましたので



結局、どんなサイズでも
子供と一緒の間は


楽しいんですけど
癒しの空間にはなりませんね(笑)





お風呂h


昔のお風呂に比べたら
充分暖かいんですけど



どうしてもリビングや脱衣場より
お風呂の方が温度が下がるので


浴室暖房が付いてて良かったですね





今なら
どのメーカーでも
大抵標準だと思いますけど


お風呂i


我が家はお風呂が北側にあるので
日中の日射取得も期待出来ないし



浴室内までは
わざわざ扉を開けて
リビングの暖房を効かせることもしないので


冬場は浴室暖房使っています





・浴室に窓は必要?


最近は
窓=性能を下げる物という事で


浴室に窓を付けない人も多いですね


実際に換気だけなら
今の浴室は気密がいいですから


換気扇だけでも充分だと思います





我が家には窓がありますが

浴室j


休日は夕方位には
お風呂に入るので


照明無しでも
これだけ明るいので
解放感が出ますから


「窓が無いなんて考えられない」

と思いますけど



露天風呂とか嫌いな人などは
窓がなくてもいいかもしれませんね


後は換気は平気ですけど


ハイターの臭いは
換気扇だけでは
そう簡単に取れないので



カビ取りや除菌で
ハイター使う予定の人は
窓があると便利だと思います









・10年後が不安な脱衣場です・・・




我が家で将来が一番不安な脱衣場です


お風呂j


かなり狭いです・・・



浴室と同じ大きさですから
1坪=約2畳



ここに洗濯機と
洗面化粧台があるので
もっと狭くなってます




ここは妻からの要望で




「下着類やタオル類は
全て隠せる収納が欲しい」という事で


お風呂k


この中に入っていますから
収納は問題ないですが



やはり大人二人と
男の子一人しか想定してなかったのに


女の子が生まれた事ですね



まあ男の子でも
年頃になれば




洗面化粧台を
占領するかもしれませんが


お風呂L


この広さでは
2人同時に何かするって事は
難しいので


・お兄ちゃんが15歳

・妹が13歳



「この辺の年齢になったら
2階か玄関にも
ドレッサーを設置かなぁ」と思います




脱衣場はクッションフロアなのですが
子供が濡れたまま歩き回るので





タイルカーペットとジョイントマットを
敷き詰めました





洗面化粧台は
ノーリツ製ですね


お風呂m


標準では
TOTOとLIXILとノーリツが選べましたが


ノーリツだけ上にも収納がたくさんあったので
その点は満足ですね




満足はしてますが
サイディングの東レACEに続いて



洗面化粧台も


https://www.eidai.com/news/backnumber/news20200129.html



ノーリツが撤退して
永大産業に買収されてしまいました




さすがに、タカラスタンダードとかは
大丈夫だと思いますが(笑)



なんか選んだメーカーが
撤退すると悲しいですね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング
















PVアクセスランキング にほんブログ村






2020年06月18日






ちょっと前に
脱衣場の大掃除をしたのですが


クッションフロアa


なんとクッションフロアに
カビと皮脂汚れが出ていました・・・



普通の汚れだと思ったのですが


「簡単マイペット」でも
「激落ちくん」でもなかなか取れません




まだ引っ越しして3年半ですから
「汚れやカビは根元までは行ってないはず」


クッションフロアb


使用時間を守れば
カビキラー使っても大丈夫というので






説明書通りに5分間だけ使用して
かなり丁寧に掃除をして


クッションフロアc


やっと汚れが取れました



まだ子供は化粧台の前で
何かする事はないので



原因は私か妻が
お風呂から出て


「体の拭きがあまい状態のまま」


洗面化粧台に移動して


ドライヤー使ったり
化粧水付けたりする事だと思います


足元にはマットを敷いていますが
数日はそのままですし




珪藻土マットなら
足裏とかすぐに乾きそうですが







我が家は床下点検口の位置に
失敗したため使えません


クッションフロアd



というか
体の拭きがあまくて
化粧台の前が汚れたので


珪藻土マット使えても
ダメかもしれません・・・






・安いし耐久性ないですがメリットもあります




クッションフロアなんて
床材で一番安い商品ですから



多分ローコストメーカーの
脱衣場とかトイレの標準は


全部クッションフロアだと思います






私のプランだと


クッションフロアe


クッションフロアか
リビングと同じフローリングの
どちらかが選択出来ましたが




フローリングだと
クッションフロアより
水に弱いですし



ぶっちゃけ
わずか3年で
クッションフロアに皮脂汚れが
付いてしまうような我が家では



あっという間に
ボロボロになって



水分が下まで伝わって
木材の腐敗や
シロアリの原因になるので



まだクッションフロアの方が
いいのですが






高いメーカーだと

・本物のタイル
・Pタイル
・サニタリーフロア


この辺も
選べるとおもいます




Pタイルやサニタリーフロアは
樹脂なので


ビニール製のクッションフロアよりは
耐久性が高いです






逆に家を長持ちさせる事が
コンセプトのメーカーが



クッションフロア使っていたら
笑っちゃいますし・・・






・クッションフロアはメリットも割と多いですが




一番のメリットは
安いという事ですが



それ以外にも



表面がビニールなので
安い割りには
水に強いというがあります




その為に水を使う
脱衣場やトイレで
採用されています



もちろんタイルや
サニタリーフロアに比べると
耐水性は弱いですが


フローリングよりは
ずっと強いです




なので毎回
ちゃんと床を拭けば
いいのですが



耐久性に難があるので


我が家みたいなズボラな
家庭だと今回のようになります・・・




名前の通りクッション性があるので




木製品に比べると
施工も楽で
DIYで簡単に貼り換えも出来るのですが


クッションフロアf


洗濯機動かすとか
非常に面倒ですね・・・



とはいえ
せっかく大掃除で綺麗にしたので


どうせなら10年は交換せず
持たせたいので



貼り換えじゃなくて
別の方法で対処します












・ズボラ家庭のクッションフロア長持ち対策




一番簡単な方法は



毎回お風呂から全員出たら



・脱衣場を全部拭いて


・濡れている足拭きマットも
 乾燥させてあげる事です



ただですね・・・


毎回そんなに
丁寧に出来る家庭なら


そもそも汚れてないという・・・





私は今回の掃除が
非常に面倒だったので


クッションフロアg


今度からは
足拭きマットは
浴室に入れて
乾燥させていますが




子供も小さいですし


クッションフロアh


お風呂の後は
このように濡れている
部分も多いですので





濡れても
クッションフロアは汚れないように


クッションフロアi


セリアでディズニーの
ジョイントマットが
売っていたので
20枚購入しました
(それでも2,000円)





クッションフロアi-2


予備で数枚キープしてあるので

カビや汚れでダメになっても
交換すればいいだけです






足拭きマットを置いてある
一番水分が多そうな
浴室の前は


ある程度の吸収力も欲しいので


クッションフロアj


表面はカーペットで



裏はゴムになっていて
水分を通さない
マットを購入しました




クッションフロアk


これならバスマットを
敷きっ放しでも
大丈夫です





クッションフロアL



ジョイントマットも


どうせなら
クッションフロアは
一切見せないように
全面に敷き詰めます


クッションフロアm


子供受けバツグンの
脱衣場になりました






クッションフロアn


バスマットが湿っていても
下のマットがカバーするので
これで大丈夫ですが
(一応毎日浴室乾燥もするようになりました)




そもそも
ここまでクッションフロアの
耐久性が弱いと思っていなかったので




Pタイルやサニタリーフロアに
変更した場合の


オプション料金とか
一切聞いていません・・・



家庭によっては

「毎日バスマットを
交換するなんて当たり前」
って家もあると思いますが


そうじゃなければ
クッションフロア以外の
選択肢も検討した方がいいと思います




2020年02月04日






今回はお風呂脱衣場
そして洗面化粧台


3年経過した使用感と
劣化や後悔ポイントなどを紹介します





まずは浴室です

バスルームa


どんどん増えていく
子供のオモチャに
若干困っていますが・・・





新築時の画像がこちらです

バスルームb


オモチャが増えた以外は
特に変わってないです



バスルームc


写真だと差がないですが


実際にショールームで見た
人造大理石浴槽は
全然高級感が違いましたが



我が家の場合
人造大理石に変更は
差額が10万円って事で


諦めました・・・


人造大理石の方が
長持ちするとは思いますが


FRP浴槽の場合でも
そこまですぐには
ダメにならないですが


実家の古い浴槽なども
そうですが


長年使うと
表面の塗装が
傷ついたりザラザラしたりするので


10年位したら
再塗装になるとは思います・・・


とはいえ3年では
何も変わらないので


今の所は満足しています



バスルームd

浴槽は一番広い
1600ロングにしました


たまに夫婦2人と
子供2人の4人で一緒に入りますが


窮屈ですけど
4人でも入れます



子供が大きくなったら
4人では無理ですが


まあ大きくなったら
絶対に4人では入らないと思うので
その点は問題ないですね(笑)
バスルームk



最近では
ミナモ浴槽という
肩までゆっくり入れるタイプも出ましたが





我が家も
「節水よりもゆっくり入れるように」
ロング浴槽にしたのですが


バスルームl

子供の身長に合わせてますので
ロング浴槽で160リットルしか
お湯を入れてないです


エコベンチ浴槽だと1600サイズで
水位70%に必要な水が157リットル



ロング浴槽だと
水位70%に必要な水は
201リットル必要ですから



大人が一人で入っても
胸くらいまでですね


まあ子供が溺れては
困りますから



肩までゆっくり漬かるのは
もう少し先になりそうです





バスルームe


TOTOのサザナも選択出来ましたが



ほっカラリ床は
たしかにショールームでも

最初は
「これは気持ちよさそう」って思ったのですが


数分程したら
「まあ普通だな」って思ったのと


カビ掃除が大変って
ブログが多かったので



LIXILにしました

バスルームf


多分こっちのが売価が安いので
付属品が色々と豪華だったのも
選んだ理由ですが



特に子供が小さいと
う○ちがついたお尻をそのまま
洗う事も多いので


きれいサーモとか
くるりんポイとか


LIXILの方が
清掃が楽そうでした




実際掃除は楽なので
非常に満足しています



まあ普通のアパートに
住んでいましたから



給湯器じゃなくて
エコキュートの


「すぐお湯が出る」ってだけで
かなり感動しますので


どちらを選んでも
満足していたと思います(笑)




バスルームg

床の性能以外にも


今の家はお風呂の
気密性もいいですし


24時間換気の性能もいいのか
すぐ乾きますね



インナバルコニーもあるので
浴室乾燥は
使っても年1,2回ってとこです





・狭すぎた脱衣場の使い心地・・・



間取り作成の段階から
「ちと狭いかなぁ」とは思っていましたが


バスルームh


こんな感じで浴室が1坪で
脱衣場も1坪です


それほど大きく無い家だと
我が家と同じ大きさって多いと思いますが


やはり余裕があれば
脱衣場は1.5坪から2坪あれば
いいかなぁと思います


とはいえ
リビング、ダイニングに
スキップフロアや
玄関収納などなど


優先すべきスペースを
考えると
脱衣場は1坪になってしまいました



今はまだ問題ないですが


10歳頃までは
子供も一緒ですから


そうなると
子供も結構大きいので


ここで私と子供2人となると
かなり狭そうですし



夫婦の下着類や
タオルなどは全てこちらに収納していますが


子供が中学生位になったら
ちょっと収容容量が足りなさそうですし


下の子は娘なので
ここじゃ嫌って言いそうですし




将来の悩みは色々と出る感じです・・・











・こちらも将来の悩みどころな洗面化粧台



一番
「将来どうするんだ」って思う
洗面化粧台付近ですが


バスルームi

とはいえ
超ローコストにありがちな
750サイズではなく



900サイズなので


ほとんどのメーカーで
このサイズが標準だと思いますが



現在夫婦だけで
鏡の裏はいっぱいなのに


子供が
髪のセットを始める中学生位になったら
どのように収納すればいいのでしょうか・・・



まあ10年経ったら
私の髪が無くなって
ワックスとか使ってない可能性もありますが(笑)


今んとこ
髪型には拘っているので



色々な物で
鏡の裏はいっぱいです

バスルームj

3面鏡の
一番左と真ん中の赤い部分が妻
一番右と真ん中の青い部分が私なので




子供の整髪剤とかは
入れる余地は今のところありません



ワックスも普段から3種類
ドライヤーや
ストレートアイロンにも
拘る性格なので仕方ないですね(笑)



http://reogress.net/archives/19821507.html


こちらも
お金に余裕があったら
2階にも洗面化粧台を置いて



娘は2階って言うのが
理想ですね



まだ棚とか
便利収納グッズとかは


一切購入していないので
考えれば余地はありそうですが


夫婦2人と子供2人の感想だと
お風呂は1坪で充分だけど



脱衣場は1.5坪は欲しいって言うのが
3年使用した感想です




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村