ハウスメーカー選び

2021年07月02日







自宅から職場まで
毎日通勤で
契約したレオハウスの前を通るんですが




ある日
店舗の前にある広告が変わってまして


マーケティングリサーチa


・金額満足度

・施工品質満足度

・信頼できる構造の会社



この3部門で1位だから
3冠達成と・・・




コスパはいいと思ってるので
金額満足度は分かるとしても



「施工品質満足度??」



私は満足してますが
1位になれるわけはないだろうと・・・



それこそオリコン上位の
スウェーデンハウスや
ヘーベルハウスのが上だと思いますし



そして最後が



「建築関係者が選ぶ
信頼できる構造の会社???」



信頼してない訳じゃないですけど


・普通の集成材4寸で


・どこにでもある
 ダイライト貼り付けのメーカーが1位・・・


・制震ダンパーは標準ですけど
 今はどこだって付けれますしね




自分が選んだメーカーなので
こんな事言いたくないですけど



「そんなわけないじゃん(笑)」
思うわけです


ここを見てる人も
多分全員そう思うでしょう・・・



けなしてる訳では無く
値段の割に頑張っているとは思いますけど



建築関係者が選ぶ
信頼できる構造の会社なんてので
1位なわけがありません(笑)



ローコストメーカー限定なら
1位でも分かるくらい満足してますけどね




過去にオリコンランキングを
信用してはいけないって記事も書きましたが







レオハウスは過去
3年連続で
金額の納得感という微妙な部門で1位でした




マーケティングリサーチb


でも、これは分かるんですよ
値段の割には性能とか構造いいと思いますし



とはいえNACの傘下から
ヤマダデンキの子会社になったら
一気にランクに入らないのを見ると・・・


「なんか広告費とか動いてね?」とか
色々と思っちゃいますが(笑)



でも、どう考えても
施工品質満足度とか
信頼出来る構造の会社とかはねぇ・・・




という事で詳しく見ると


マーケティングリサーチc


2020年9月期調査・・・


このランキング月1回してるんですかね(笑)



オリコンですら年1回というのに



という事で
他のランキングを調べたら
ちょっとこれは闇というか
触れてはいけない広告でした・・・






・まずは調査方法について




このランキングは


マーケティングリサーチd


日本マーケティングリサーチ機構という会社が
やってます





オリコンと同じように
色々とランキング調査をしてるみたいで


マーケティングリサーチe


毎日あらゆるランキングが出てきます(笑)



過去の調査結果を調べると
どうやら毎月同じ調査があるわけではなく



2020年だと9月が


マーケティングリサーチf


レオハウスで





その前の調査は
2020年4月に行っていて


マーケティングリサーチg




神戸都市開発??


聞いた事もないのですが
兵庫県では有名なのかもしれません



サイトを見ると

マーケティングリサーチh


めっちゃ広告に使ってますね



まあ神戸に本社があるランキングなので
他は知りませんが
1位になるべくしてなった感じですね



その前が2020年1月で


マーケティングリサーチi


アイダ設計・・・


なんとアイダ設計も3冠です(笑)



価格満足度は分かりますが
自由設計満足度も1位とは



「てか毎回調査項目違わねぇ?」と思ったら
物凄い仕組みがありました





・ランキング1位を取るための調査をする会社?




別なページを見ると


マーケティングリサーチj


No1調査・・・



つまり
勝手に根拠も無しに1位なんて使うと
不当表示で罰則ですから


色々な調査で
貴方の企業を1位にしますって事ですね



「このランキングを調査したら1位でした」
ではなくて


「あなたの企業を1位にするために調査します」
という会社です



例えば
外壁タイルな家
支持率ランキングってのが
あるのですが





私なら外壁タイルで
最初に浮かぶのは


マーケティングリサーチj2


一条工務店ですが





ここのランキングは

マーケティングリサーチk


コスパを加えて
クレバリーホームにしてますね



というか
タイル外壁の調査で
14社も浮かばないと思うんですが(笑)




ちょっと家とは関係ないですが
お菓子メーカーのランキング



マーケティングリサーチL



主要9社って
9つもお菓子メーカーが浮かびませんが


普通カルビーとか
グリコが1位だと思いますが



1位を取った
山芳製菓ってなんでしょうと思ったら


マーケティングリサーチm


わさビーフ作ってる会社ですね・・・



そして
この会社をNo1にする為の調査なので



調査内容が


マーケティングリサーチn


「わさび味 お菓子 人気」で
調査するんですね・・・



そりゃ1位でしょうねぇという
出来レース的ランキングです










・レオハウスが1位になる仕組みを考える




そこで今回レオハウスが
3冠を取った調査方法を見ると


マーケティングリサーチo


まずはgoogleでハウスメーカーと検索して
上位9社に絞り込み



御存知の人も多いでしょうが
google検索は場所と
直前で検索しているワードによって
検索順位が変わってきます




例えば私が
「ハウスメーカー」で検索すると


マーケティングリサーチp



まずはスーモが1位・・・
他にも山梨の会社がたくさん出ます




その後は

マーケティングリサーチq


住宅展示場や
ホームズのサイトが出て



1ページ目で
ハウスメーカーと呼べるのは
ミサワホームだけでした(笑)




一応2ページまで見て
検索上位を出すと


・ミサワホーム
・トヨタホーム
・一条工務店
・ダイワハウス

この後にレオハウスが出てきました



この5社で
コスパとか予算も入れたら
ほぼ1位は取れるでしょう


・・・・・
・・・・
・・・
・・



例えばですよ
山梨県で一番カッコイイ
40代男性ランキングってのを作って



回答者がうちの子供だったら
多分1位は私だと思います(笑)



妻が回答したら1位取れないと思いますが



なので
このランキングを信じる人も
それほどいないと思いますが


キャンペーンしたいけど
特に理由がないなぁって時に
会社が使うんでしょうかね



今回のマーケティングリサーチ以外にも
このような
ランキング会社は他にもあって



今回一番笑ったのは



この記事の為に
「レオハウス」や
「ハウスメーカー 3冠」で色々検索したら


マーケティングリサーチr


アフィリエイトで有名な
タウンライフが注文住宅部門とやらで
3冠と言ってるので


「色々と、どうしょもねえなぁ」と思いました



なので
この手の3冠は


・モンドセレクション金賞受賞

・からあげグランプリ金賞受賞



これくらいに思った方がいいです(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年04月30日








SUUMOカウンターなどの
住宅無料相談窓口ですね


無料相談a


・店舗運営費

・従業員の給料などなど



当然、民間企業ですから
利益を出さないとやっていけませんが




普通の闇の部分というか



こちらから
ハウスメーカーを紹介して
契約すると



ハウスメーカーから
スーモカウンターに


請負金額の3%とか5%の
手数料が入る仕組みですから



請負金額が2,000万円なら
3%でも60万円と結構な金額ですね




これは皆さん知っていると思います





なので

「無料だけど結局施主が
手数料を上乗せして支払う」
とか


色々と批判もありますが




大手メーカーや
ある程度な規模の工務店なら
元々ある程度の広告費は
予算として計上してますから



無料紹介所を広告費と割り切れば
そこまで変わらないと思います





今回言いたい闇はそこじゃなくて



そもそも何で
こんな物があるかですね






・まさしく闇な無料相談所



店舗まで抱えて
無料で会社を紹介しますなんて業界は



住宅関連以外だと


無料相談b


ほけんの窓口などでおなじみ保険業界



こちらも保険会社はたくさんあるけど
良く分からないというニーズがあります



当然ながら紹介すると
保険会社から手数料が貰えます



元々保険業は
代理店のシステムがありますから


こちらは色々な
会社を取り扱っている代理店ですね




そしてもうひとつ・・・


無料相談c


女性の方は知らないかも知れませんが


繁華街に行くと
キャバクラや風俗店の
無料案内所というのがあります




「私も詳しくは知りませんが」
(本当ですよ笑)



住宅も保険も風俗も
無料案内の仕組みはほぼ同じで



・まずは紹介されるように
 紹介所と提携する費用



そして


・顧客を紹介するたびに
 手数料を払うという仕組みですね




この3業界で共通している事は


・会社の違いが良く分からない

・どの会社(お店)がいいのか分からない

・本当に適正価格か良く分からない

・ボッタクリってのがありそう


この辺でしょうか





・批判する工務店やメーカーに言いたい事




自動車もメーカーはたくさんあって
価格も高いですから
頻繁に買い換え出来ませんが


無料紹介所なんて聞いた事ないです



全メーカー購入出来る
ディーラーじゃないお店はありますけどね


・ネットで調べたり

・カタログを貰ったり

・ディーラーで話を聞いたり


この点は住宅と似てますけど



違う点は



まず金額でボッタクリってのは無いですし



性能は色々違っても
すぐに壊れるなんて事も
今の日本車では無いですし



万が一故障があっても
初期不良なんてすぐに対応してくれます



それに比べて
家と言うのは


・欠陥住宅の不安

・金額の不安

・保証の不安


などなど色々とあって



さらに
「会社の違いが良く分からない」って
人も多いので


住宅無料相談なんて
業種が生まれます



「全て無料」と言いながら
手数料が発生しますから



この手の住宅無料相談を
批判する工務店さんも多いのですけど



それは今まで


・欠陥住宅の不安

・適正価格の不安

そういう点がある訳ですから



批判する前に



どうして
こういう業種が存在するかってのを
良く考えて欲しいですね



とにかく住宅業界って
分かりにくい、不安な点が多すぎます



・全部がボッタクリ無し

・年齢詐称も無し

・パネマジも無しなら


夜の無料案内所だって
存在しなくなります
(詳しくはないですよ・・・)



まして夜のお店なら


出張などで
初めてその街へ来た
サラリーマンが


「よーしパパ遊んじゃうぞ」って
人もいますけど(笑)



住宅なんて
そんな事ないですし


もっと真剣に考えるわけですから・・・



それでも、無料相談なんて
業種があるという



不透明感のある業界って事ですね










・本当に各社を同じ基準で選べるとは限らない




手数料をハウスメーカーや
工務店が払うってのは
私は別に否定的はありません



その分、直接営業したって


・人件費はかかりますし

・広告費だってかかりますから



その費用と考えれば
手数料を払うのも問題ないと思います




問題なのは

「全社から中立な立場で
公平に比較出来ます」
と言いながら


実は特定の業者のみに
紹介される可能性ですね




まず、提携してない
会社は紹介されないわけで


この時点で全社ではありません


「本当は〇〇って工務店が
向いてるなぁ」って
思っても


提携して無ければ
絶対に紹介はされません



山梨には
スーモカウンターはありませんが


他社の似たような店舗はありますけど



山梨に支店があるハウスメーカーや
工務店の数を考えれば


紹介されるメーカー、工務店は
半分以下です




さらに

・A社の紹介手数料は5%だけど

・B社は今は10%とかだったら


紹介する方は
どちらを紹介するでしょうか



どっちでもいいなら
会社としては
当然利益が大きい方にします


保険業界もそうですし


携帯電話も何社も扱うショップは


その時利益が大きい方を
「お店の方針」として勧めます


・・・・・
・・・・
・・・
・・


無料で相談受けますと言っている以上


知識を得るために行くのは
いい事だと思いますが




だいたい、スタッフさんが
派遣だったり
そもそも住宅業界未経験って人も多いですから



わざわざ
ここのブログを見ている施主さんのが
よっぽど知識があると思います(笑)





「知識豊富な専門スタッフが紹介」
なんて書いてあったりしますけど




住宅無料相談の
求人がありましたが



無料相談d



・未経験者歓迎

・住宅の専門知識は必要ありません 


アドバイザーと言っても
このような求人で募集してるわけです




この給与では
残念ながら住宅の専門知識が本当にあれば
違う所で働いていると思いますし・・・




その点
ハウスメーカー、工務店の社員さんは
相性や知識も人それぞれですが


間違いなくプロですから




ちょっと住宅に詳しい人に
相談した位の
レベルで思って行った方がいいですね






だいたい
ハウスメーカーの営業さんが
自社の家の事を学ぶだけでも大変なのに




全社を中立な立場で
なんて言ってるのに未経験歓迎で
どうにかなるものではないですから




何でも信じすぎるのは良くないです



後は、断りにくい性格の人や
「どんな家に住みたい」とか
決まってない人は


最初から利用しない方がいいかもですね(笑)




彼らは家のプロではなくて
提携してる会社と契約させるプロですから


それなら住宅展示場で
色々なメーカーを回った方がいいと思います




https://reogress.net/archives/24218429.html




間取り無料サイトの記事にも書きましたけど
たしかに手間は掛かりますが



実際に家を見る方が
よっぽど理想の間取りが想像出来ますし



色々とクオカードとか
商品券とか貰えるのでお得です



本来施主に還元されるべき
キャンペーンなどの費用を


間に入って取られるだけですからね・・・




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年02月03日






前回記事の


営業さんに
転職したい話の流れからですが






じゃあ、自分が家を買う時に
どのような営業さんがいたかと言うと



私が受けた営業手法でも
「こういう営業は嫌だなぁ・・・」ってのは
結構ありまして



一例を出すと

「今月契約してくれたら80万円値引き」とか








今はレオハウスも
こんなキャンペーンしてますけど


不安a


これに当選したら
その分どこかで上乗せするんだろうなぁと思いますし




後は
「今、契約したらこの設備サービス」など



とにかく
「早くウチと契約を・・・」って
お願いされる場合が
結構あって




私は最初の見積もり金額を上げてから
「値引き」ってのが嫌いなので




じゃあ、自分だったらどんな営業さんに
なりたいのかなぁって思った時に




一番嫌いなのは
人を不安にさせる営業手法ですね


これが一番嫌いです


・・・・・
・・・・
・・・
・・



よく「こういう営業はダメ」なパターンで



他社の悪口を言う
営業ってのがありますけど



間違ってない事なら
私は別になんとも思いません
(デタラメはダメですけどね)



というか人生において
悪口を言わない人はいませんし



本当に「出来る」営業さんなら
相手の顔色を見て


・悪口を言ったら嫌う人

・逆に盛り上がる人の区別は付くと思います




タチの悪い営業さんだと
「他社の悪口は良くない」と言いながら




ナチュラルに他社をディスって
しかも本人は悪口言っている
つもりが無いってのもありますが
(いちばんタチが悪いタイプ・・・)





ただ私が
「こういう営業さんは絶対ダメ」というのは
人の不安心理に付け込むパターンで


これは本当に嫌いです





「〇〇で建てるとすぐダメになる」とか

知らないと思って
不安にさせる奴ですね






・標準仕様があるので他社ディスは仕方ないのですが・・・





私が打ち合わせをした
何社かの営業さんも


結構ナチュラルに
他社の悪口を言ってましたが




結局、自社の標準仕様を
「売り」にするには仕方ない部分もありますね





例えばグラスウールが標準の工務店は


私が吹き付けを希望すると
「すぐに縮んでスカスカになりますよ」って言ったり


私は仕事で
使用済の吹き付け断熱の余りを
処分するので


昔余りを貰った事ありますが
そんな事はありませんし





ちゃんと
アクアフォーム側も
10年程度の劣化試験位はしています



不安a2



とは言え
逆に吹き付けが標準だと


「グラスウールは水吸ってカビだらけになりますよ」

とか色々と


あること無いこと色々言ってました



ツーバイの会社さんは
在来は絶対に地震で壊れると
悪口言いますし



逆だったら
ツーバイはすぐダメになるとかいいますし・・・




ひどい会社になると
わざわざ


不安b


こういう写真とかを
見せて不安にさせるんですが





とにかく
「〇〇はすぐダメになる」とか
人を不安にさせる事を言う人が多いんですね



ある程度話をして
私が「解体と処分業してます」って分かると




少なくとも
新築の営業さんよりは



実際に古い家には
詳しいですから


「古い家はたくさん見るので
〇〇がすぐダメになるとは思わないですけどねー」

とか

「〇〇がダメになるのは施工の問題ですよねー」


など色々と言うと


相手も何も言わなくなりますが(笑)




その点契約したレオハウスは
例えば在来もツーバイも両方してますし


標準が袋入りグラスウールで
オプション費用払うと
吹き付け断熱ですから



「どっちでもいんじゃないすか?」って
スタンスだったのですが(笑)



多分、私の担当した営業さんも
自分の意見はあると思いますが


「この客にはこう言った方がいい」みたいなのが
分かってたんだと思いますけど



今思えば
本当に出来る営業さんですね(笑)




私も悪口は
「余り」言いたくないですから


「ローコストの大工さんの施工なんて
アテに出来ないから吹き付けがいい」


なんて正直な感想は言いませんけど(笑)





他にも外壁タイルが標準なら



当然その分高い金額ですから
サイディングを悪く言ったり



自社の標準仕様の売りを
簡単に例えるなら


他の仕様をディスるのが
一番簡単ですからね






・不安商法の嫌なところ


「あっちよりも
我が社の方が性能がいい」

とか

「同じクオリティなら
〇〇より我が社のが安いです」



とか
こういう他社批判は
全然問題ないのですが



「あのメーカーだと20年で建て替えですね」とか


「〇〇だと地震で壊れる家」になるとか


人の不安を煽るのは嫌いですし



実際に


「あなたより10~20年前の建材なんて
毎日見るんだから分かるよ」


なんて事も言えませんので


「へ~」
「そうなんですかぁ」
って言いますけど




知らない人で
真に受けたら


10年でダメになるならやめようって
思ってしまうかもしれません



例えば私が営業だったとして




私は瓦屋根がオススメですから
安いからとスレートが希望の人には


不安c


「10年~15後に再塗装必要なので
結局値段変わりませんよ」って言いたいです




ダメになるのがスレートの方が
早いのは間違いないですけど
メンテナンスすれば大丈夫ですが



家の中で一番メンテナンスが大変なのって
屋根ですから


屋根は長持ちする方がいいって思いますけど




目に見えないのをいいことに
何でも




この作りだと10年で壁内結露でダメになるなんて言う
Youtuberさんもいますけど


余りにも
不安だけを伝える
営業もどうかなぁと思ってしまいます




実際に言われた話だと


「ベタ基礎じゃないと地震で壊れる」


「サイディングはシーリングが10年で
 ダメになるからすぐに雨漏りする」

などなどですね・・・


是非とも一緒に
解体現場に連れていきたいですが(笑)




それくらいでダメになるなら
日本の家は全部築10年でダメになってます・・・






・私が経験したお金の不安



個人的に一番「嫌だなぁ」と思ったのは
お金の不安ですね




最新のテクノロジーとか分かりませんが



この建材が何年持つなんてのは
新築を作るメーカーより
古い家を壊す解体屋の方が
分かると思います



メーカーは加速度実験で
〇〇年持つとか言いますけど


こっちは30年~50年前の
家も中身も見れますので


加速度実験ではなく
実際の劣化が分かりますが




ローンに関しては
良く分かりませんでした・・・
(金が無いのは分かっています笑)





3社ほど打ち合わせが続いていた時に



・年収的に借りる金額は問題なく
(ローコストですし・・・)


・今まで借金とか一切無く
(クレジットカードの滞納なども一切無し)




不安点と言えば
転職と









免許の再更新を
4回しているのが不安でしたが


https://reogress.net/archives/14661705.html




A社は「厳しいですね~とりあえずパスポート作りましょう」
という自信なさげな回答でしたし



渡航歴が無い
パスポートの方が
怪しいと思いますけど


当時は意味も分からず
言われるままに
パスポート作っちゃいました




T社は
「うち以外だと多分ローン通らないけど
私なら知り合いいるから多分大丈夫」
と、とにかく不安にさせる事を言われたりした中で





とにかく
ちょっとでも不安な面を見せると

「ウチで契約すれば大丈夫だけど
他社だと難しいよ」


というスタンスな営業さんが
結構多いです




その点、レオハウスの営業さんは

「別にどこでも通るんじゃない?」

「フラットだし、どこから申し込んでも同じだよ」


という感じで


私の担当してくれた営業さんは
結構他社の悪口は言うんですが(笑)
とにかく人を不安にはさせないんですね




というか、営業さんも
「営業よりも詳しい人と話した方がいいよ」
さくっとアルヒの方を紹介されて


これが好評価でした










・どうせなら不安じゃなくて自信を持つ営業がいい




・超高性能住宅なら

「真冬でも晴れていれば
エアコン無しで
下着姿で家の中歩けますよ」とか







・鉄骨の頑丈な家なら

「市内に大きな隕石が落ちても
ウチなら平気です」とか






・ローコスト住宅だって

「正直そこそこですけど
この予算で行けます
他社ではこの予算で
このクオリティは難しいです」
とか



どこだって得意分野があるんですから
その点を協調して欲しいのですが





どうも
「他社の家だとダメになる」って手法が
多いのは




「どうせ知らないから不安にさせとけ」って
事でしょうかね・・・





まあ、そうは言っても
前回の転職したい記事で
ちょっと調べましたが



住宅営業さんは
3ヶ月契約ゼロだと
クビになるような
メーカーもあるみたいで



営業さんも
余裕が無いんでしょうねぇ・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・



後は、本当に
ダメになる可能性が高い
施工もありますからね




耐力面材使わずに
吹き付け断熱使ったり


https://reogress.net/archives/20259515.html






スカスカの気密で
3種換気だったり


https://reogress.net/archives/18519840.html





その点は
結局、施主側が学んでいくしかないんですよね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











PVアクセスランキング にほんブログ村







2021年01月02日






最近は工務店もSNSやYoutubeなどで
発信している方が多いですが




「ハウスメーカーの利益率は50%で
工務店の利益率は25%なので」



「ハウスメーカーはボッタクリ」という
理論をしている工務店もあるのですが






利益率と言っても


・単に粗利なのか

・最終的な利益率なのか




全く分かりませんから
相変わらず不毛な争いになってますが





最終的な利益率は
大手でも中小でも
20%前後になると思います





だいたい50%も利益取れる業界なら
もっと他社も参入しますし




レオハウスみたいに
赤字続きで
買収されるなんて事もありません(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・



それで「そんな事ない」と反論してる
サイトもあるのですが




自分で見るのが一番なので




今回は誰でも
上場企業以外でも
簡単に財務諸表が見れるサイト




「経審」=「経営事項審査」を紹介します



経審a




ここなら簡単に工務店の財務も見れますので
どの意見か正しいのか
自分で判断出来ます






・経審とは・・・?



個人客だけを相手にしている
工務店さんだと登録してないのですが



公共工事の建築、土木、解体なんて
仕事もしていると




これの経審ってのが
非常に大事なもので




もちろん私の会社も
登録していますし



経審の点数ってのは
建設業にとって物凄く大事です








こちらですね



建設業情報管理センター
という財団法人が運営しています






本来の目的は

>>「経営事項審査」とは
>>公共工事を発注者から直接請け負おうとする
>>建設業者が必ず受けなければならない審査です


>>この審査は「経営状況」と「経営規模」、
>>「技術力」、「その他の審査項目(社会性等)」について
>>数値化し評価するものです


という事で


会社の経営規模、技術力
財務などを全部公表して



「あなたの会社は大丈夫なの?」
審査を受けています




この点数によって
公共工事の入札が制限されたりしますので


本当に大事な物です・・・




個人の施主さんと
公共工事は全く性質が違いますが




財務も公表してますので


「この会社大丈夫かな?」って
判断にもなりますし



ハウスメーカーや工務店の
利益率もだいたい分かります






上場企業はIRという
詳細な財務データも必ず出す必要がありますが


経審b

(上場企業ミサワホームのIR)




経審は上場企業じゃなくても
データがありますし



全ての会社が同じ
計算方法で数値を出してますので
比較が簡単です





・経審なら一条工務店も分かる




ネットに出ている
利益率とかのソース元は
上場企業の財務諸表が多いです





これだと上場していない
一条工務店はデータが無いのですが

経審c

(1919点・・・中小だと1,000点は越えません・・・)


経審なら一条工務店も出ます








土木とか建築の点数は
施主さんは
全く気にしなくていいのですが


経審d


売上高や利益率も載っています






大手じゃなくても
経審に登録している会社は
全部見れますので


経審e



こちらはフランチャイズの
一条工務店千葉ですね





こういったのも
登録があれば全員見れます







経審f


こちらは上場企業の積水ハウス



上場企業は
財務諸表は必ずネットに公表されていますが



経審だと
同じ計算方式で数値を出してますから
他社の比較も簡単です






経審g


こちらは地元の地方工務店ですね
山梨でセルコホームのフランチャイズを
している会社さんです






このように上場していない
工務店でも色々とデータが見れて


経審h


保険や退職金制度の有無なども
載ってますので




利益率以外にも
会社のブラック度も分かります(笑)





公共工事をしない工務店だと
登録する必要も無いので



全部が載ってるわけではないのですが




自分が気になるメーカーを探すのも
楽しいと思います










・利益率などを比べて何になるのでしょうか・・・




高断熱高気密みたいな
曖昧なワードと違って



財務諸表なんてのは
完全に数字の世界なので



気になる人は
見て貰えばいいのですが



そもそも
ハウスメーカーや工務店の
粗利だの粗利だのを
比較する事がおかしいと思います




車買うのにトヨタやスズキの
利益率とか見ませんし



服だって、雑貨だって
食品を買うのだって




そんなの気にしていません



「どんな物でも
その価値があると
思った物にお金を支払います」





そもそも
色々な建材や部材
現場の人も全て社内や
グループ会社で回せる会社と



建材、部材を購入して
現場仕事も外注が多い工務店では



最終の利益率以外は
計算方法が全く違うので
比較しようがありません



・・・・・
・・・・
・・・
・・




よく値段を比較をされる


家電製品とかはですね




体力がある大企業や
ネット通販などの経費が少ない会社は
安く出来ますけど



家電品はメーカーが作った全く同じ物を
小売店は違う値段で売るので
比較してもいいのですが
(それでも保証とか違いますけど)




注文住宅は一点物ですから
利益率とか気にしてもしょうがないです




自分が「その価値がある」
思ったら支払えばいいんです




オーダーメイドってのは
そういうものですね



とはいえ
家は何十年も使う物なので


会社が潰れては困りますから



そういう意味で
健全な経営をしているかどうかで
調べるのにはいいんですけどね




レオハウスは赤字続きで
買収されましたけど・・・




これもある程度の規模があったので
メリットがあると判断されて
買収してくれましたが



小規模の工務店だと
倒産しちゃう可能性もあります





だいたい本当に
ハウスメーカーの利益率が50%もあるなら



レオハウスだって
買収されてないですしね(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・



小さい工務店さんの場合
倒産したら、買収って話は無いと思うので


その点は慎重に
財務を見るのもいいですね





毎月うちの会社への支払いが
遅れる工務店さんとかですね



従業員への給料が遅延していて
「もう辞めたいっすよ」って
いつも言うとことか



そういうとこも結構ありますから・・・




前にも書きましたけど
最終的には家、人、価格など
全てのバランスですから




仮に私が
もう1棟建てるって話があったとして




担当してくれた営業さん、設計さん、工務さんが
独立して工務店を作ったとしたら




そちらで注文しますから




余りメーカーとか工務店を
対立させても仕方ないですけどね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング














PVアクセスランキング にほんブログ村







2020年11月06日







ちょっと前に



人生で多分2番目に大きな買い物である
車の買い替えで




中古車屋さんや
新車のディーラーなどに行きましたが




車を買う場合って
家に比べたら
知識はそこまで要らないんですよね





まあオッサンになって
車も興味がなくなりましたけど・・・
(ミニバンしか買っちゃダメですし)





要は気に入った形と予算で選べば



個体差はありますけど
車の平均耐用年数は
どの車もだいたい持つわけです




・アルファードなら10年持つけど
・カローラなら5年しか持たないとか無いですし
(実際どちらも最低12~13年は持ちますよね)



どの車だって
余裕のある、無しはともかく
高速道路は走れます






これが家となると


・価格が安い建売とか

・超ローコスト住宅メーカーとか

・知識に乏しい工務店などの場合とか






間取りは満足したとしても


知識1



サッシの商品名や
換気システムも書いてないので





何を使っているか
全く分かりません




「高品質設備を厳選して使用」
書いてあったりしますけど





実際見に行くと


知識a


未だに
アルミサッシだったりしますし








知識b

C値が良くないのに
「取ってつけた」ような


換気性能が期待出来ない
換気システムだったり



ルーフィングや屋根は
耐久性が10年ほどの使われたり



サイディングも
一番安いもので10年ほどしか持たないとか




「安いのですが10年ちょっとしか持ちませんから
10年後に色々必要です」とか



説明されて納得すればいいのですが




そんな事もほとんどないですし






ひどい場合は


「性能は大手メーカーの
商品と同じですよ」


って言うんですよね







間取りに関しても




何も言わなかったら


・割と無茶がある動線とか

・登りにくい急階段とか


生活しにくい事も
たくさん出ています






その点で、特に注文住宅は



間取りや性能などを
相談しますので

「一緒に建てる」という感じですから




自動車の営業さんとは
また違いますが




間取りや設備品の話は
ともかく






性能や耐久性に関しては
何も言わなくても
ある程度最低限の性能は欲しいわけです







例えば美術品の世界とかは
知識がないと



騙されて高い物を買わされるとか


知識c


よく聞きますけど(笑)




これは趣味の世界ですから
趣味は自分で知識を付けるのは分かりますけど



車も家も
生活するのにおいて
必要な物ですし




本来は
形(間取り)が気に入って
予算が合えば



あとはどれを選んでも
長期優良住宅並みの仕様は
最低限欲しいわけです



もちろん上を見ればキリはないですが




長期優良住宅程度の仕様なら
住んでで不満ってほどの
事はないと思います




もちろん
建築基準法ってありますけど



自動車、食べ物などに比べると
最低限の質が低すぎる気がします・・・




ちなみに建築基準法だと
未だに断熱材を入れない家だって
作れますからね




逆に何も知らないまま
家作りをスタートさせて




そこで
初めて家の性能ってのを知って





言われるがままに
必要以上の性能な家を建てる人もいますしね





まあ、こっちはお金に余裕があれば
問題ないのですが・・・









・そういうメーカーもありますけど



よく考えたら
「何も分からないけど
何選んでもある程度の性能は欲しい」

という




当たり前の希望を
全国区で




性能数値として行ってるのが


canvas


(比較のC値5.0っていつの時代ですか・・・)


一条工務店ですよね



そりゃ今まで
C値とかUa値とか知らない人には
大人気になるのも分かります






ちょっと光熱費の記事でも書きましたが





https://reogress.net/archives/22997937.html




比較数値が5.0と大げさなのが
「ちょっとなぁ・・・」と思いますが



20年以上前の家だって
在来工法で筋交いのみで
気密シートとか入れないと C値が3.0位





ツーバイとかパネル工法で C値が2.0位



そこから気密シートとか
吹き付け断熱とか
今は高気密になるものが
色々とありますから





今時の家で2.0以上ってのも
なかなか無いのですが




・・・・・
・・・・
・・・
・・





とはいえ


「この間取りはダメ」とか
色々と独自のルールもありますけど




一条ルールに従って
作れば



何の知識も無くたって
C値1.0以下の
性能は保証されるんですから
安心なわけです



何も知らなかった人が
ここで初めて性能ってのを知って



感化されるのも良く分かりますね





ただ、性能という面は
保証されていますが



耐久性は保証されていないので



屋根が10年で点検、塗装が必要な
コロニアルクアッドが標準という



長持ちの面においては
なかなか数値で出す事も
難しいのですが



・・・・・
・・・・
・・・
・・




後は高いメーカー


・積水ハウスとか
・ヘーベルハウスとか


この辺は
車で言うとレクサスに似てますよね



値段は高いけど
アフターサービスがしっかりしていますから



何があっても
対処してくれます



一条工務店に比べたら
気密性は劣ると思いますが



住んでいて不満なんて出る
レベルの家ではありませんし
まさに一生の付き合いですね



もちろん
一生付き合うには
それなりのお金はかかりますけど・・・






じゃあ、そこまでの
価格帯じゃないメーカーとか
ローコスト住宅の場合


f3a450cd-s



相変わらず安い理由を


「大量発注と企業努力」と言って
(それも大事ですが)




大手をディスりながらも



「大手の高性能住宅と
全く同じです」


なんて言う会社もあります・・・




何も調べないと



住みにくい性能と
10年持てばいいやっていう
部材を使って来たりしたりするので



自分で調べて
変更したりするなどが必要です




別に分かってて買うのは
何の問題も無いんですけどね



安いというメリットは
ものすごく大きいですから









・やはり国ですよね・・・



私は、家を建てるなんて
趣味じゃなくて生活の一部ですから


「買う方が知識を得ないと
ダメ」なんてのは


おかしいと思っていて




前に住友林業で建てた妻の知人の
記事を書きましたが


・家の断熱材も知らず

・窓もメーカーしか分からない


・話した事のほとんどは
 生活と間取りの事と設備



これで満足出来る家が
出来たんですから




これが理想だと思っています





自分の家の部材は何もしらなくても
満足する家です




そりゃ間取りとかは
注文住宅ですから



「ある程度は自分でも考えろ」と思いますが




性能と長持ちの部分ですね




サッシだって色選びは
当然施主がすると思いますけど



・いちいちUa値が・・・とか
・日射取得が・・・とか
・遮熱型、断熱型・・・とか
・アルゴンガス入り・・・とかですね



知識2


こんな表を見て
色々考えるわけですけど



「この辺は何も言わずに
こちらが調べる事なくどうにかしてほしい」など




ツイッターに書いたりするんですが




ひどい工務店だと


・素人が何言ってるんだとか

・そんなとこで建てる方が悪いとか

・そんなの気にする方が悪いとか


色々工務店さんから言われるわけです




「言われなくてもお前のとこで
だけは絶対に建てないわ」
思いますけど





逆にしっかりしている工務店さんは


・もっと高性能住宅が普及するように頑張りますとか

・全ての施主さんが苦労しない家にしたいとか



こちらも是非「頑張って下さい」
応援したい素晴らしい工務店さんも多いのですが





https://reogress.net/archives/24712397.html




やはり安い家は安い理由があって



それがデザインや
キッチン、バスルームなどの
仕様面ならいいですが



性能や耐久性を落とされると
困ってしまいます・・・




そう考えると





https://reogress.net/archives/16529795.html




本来は今年(2020年)に
断熱等級が義務化されて



UA値が0.87以下の家は
作れなくなる予定でしたが


結局延期になり・・・

(UA値0.87ってのは断熱材に気を使えば
アルミサッシでもクリア出来る数値です)





もちろん建築基準法ってのはありますけど


・耐震等級だって1以上ならOK

・断熱材や気密性能の規定はありませんから



それは安かろう悪かろうの家が出るのも
仕方ないなぁと思います




普通のローコスト住宅だって
今時はUA値0.6程度は普通ですし



C値も出したいってなら
吹き付け断熱を
断るメーカーも今は無いと思いますから



よっぽど安く作らない限りは
大丈夫なのですが



これは計算出来ない工務店と



未だに一部には
フラット35Sにすら通らない家を
作るところもあります




建売住宅の建設途中見てると
未だに在来でパネル貼らない家もありますしね・・・



・・・・・
・・・・
・・・
・・




自動車は安全や性能なんて
法律でガチガチですけど



これは大手メーカーしか
作ってないから可能ですが


未だに1人~2人や
家族だけで工務店経営している
ところでは無理ってのも分かりますけど




現状は国に期待も出来ないので



結局買う方が知識得るしか無いのが
現状ですね・・・



とはいえツイッターなど見てますと



高性能、高耐久の工務店さんは
もちろん色々と発信していますし




建売住宅だって








https://twitter.com/UchuFilm/status/1284308899957321730



こういう素晴らしい考えの
会社も増えてきていますから



確実にいい方向には
進んでいると思います



現状は最低限の性能以下・・・



逆に必要以上の性能を
付けちゃう人も多いですしね












・これからの方向性



注文住宅の良さって


・工事が見えるとか
・性能とか
・耐久性は



後付けの理由で
一番は間取りだと思っています



間取りが自由じゃなくて
いいなら建売住宅でいいんですから




それが、今の現状は
中身が見えなくて不安というのが
一番大きいのですが




これが無くなって




どの家も
最低限の性能、耐久性が
確保されたら

知識d



こういう広告に
広さなどと一緒に


・Ua値やC値の数値

・使用している断熱材などが



普通に入るようになったら
性能を考慮しない
工務店は潰れると思いますから





そうなると
やはり一番重要なのは
間取りですね




そして、家と言うのは
一緒に作っていく物なので



他の業種に比べて
営業さんの重要性が
非常に大きいので



「そりゃ、いい給料貰うわ」
と納得してしまいました(笑)





2020年10月07日







ツイッターで
このような質問をされる方がいて






その時は「そこまで需要がないのかな」なんて
思っていたのですが






他にも「もっと大手も高性能にしてほしい」とか
言う人もいますけど






解体とかリフォームとか
古い家ばかり見る私の正直な感想は




「今はどこも高性能だよ」って感じですが




実際、断熱性能に関しては
今は大手でも中堅でも
普通に快適に生活出来る
程度には高いですし





気密に関しては



どうしても気密が取りにくい
鉄骨メーカーはともかく




他の会社は
どこも性能は高いです





それでも
超高気密高断熱かと
言われると違うので




「なぜ大手の方が高いのに・・・」
って疑問も分からないではないのですが





そもそも求める物が違うというか
顧客層が違うというか




大手ハウスメーカーa


積水ハウスのwebサイトには最初に
圧倒的開放感という売りが書いてあり




「性能も大事だと思いますけど
家ってそれだけじゃないよなぁ・・・」




などなど最近思うのは


大手ハウスメーカーb


「今建てるならBESSもいいなぁ」
言っているのも影響があるのですが(笑)



・元々インドア派だったのに
 ↓
・子供が出来たので庭遊び
 ↓
・テント張ったり公園行ったり
 ↓
・やべえアウトドア楽しい




という経緯があるので
今の家を建てる際は
考慮もしなかったのですが




BESSも積水ハウスも
「コスパ」とは無縁ですよね






・コスパの反対語のメーカーだって必要だった



私がこのブログを作って
家の記事を書いている際に


多分50回以上は
「コスパ」って書きました








こちらの過去記事



詳細は読んで頂けるとありがたいですが



妻の友人(金持ち)が
住友林業で建てまして


単純なC値、Ua値などの性能値は
我が家と余り変わらないので




「じゃあ我が家の方がコスパいいし
お得じゃん」と思ったのですが




妻は「モデルハウスみたいでオシャレだった」
羨ましそうに言うんですね




決して「コスパが悪い」なんて事はなく
住んで感動する家って感じでしょうか




それで「コスパの対義語ってなんだろう」
調べてみたら




うまい事言ってるブログがあって






コスパの反対語は「プライスレス」と・・・




これで全て納得しましたね




だってデビ夫人みたいな金持ちが
一条工務店の家とかに住んだら



「あなた、この家窓が小さいわねぇ・・・」って
言うと思うんです(笑)






・元々の顧客層が違うから家が違う論



今の超低金利なおかげで
我が家みたいな
平均年収程度の一般市民でも





「頑張って積水ハウスいっちゃう?」
なんて事が可能ですけど


大手ハウスメーカーc



バブル時代の金利8%は異常としても


金利5%って時代は普通にあって


むしろ今の低金利が異常ですが・・・






4,000万円を借りたとして
仮に当時の金利5%で計算すると


大手ハウスメーカーd



毎月201,875円


4,000万円借りると
毎月の支払いが20万円超えますから




平均年収程度では
厳しいですが





今の金利1%で計算すると


大手ハウスメーカーe



同じ4,000万円の借り入れでも
毎月11万円ちょっとなので
これなら可能な人も多いんじゃないでしょうか






当時の金利5%で
同じ支払い額の11万円にするには


大手ハウスメーカーf


2,200万円しか借りれません




しかも積水ハウスクラスなら
実際は5,000万円以上かかる場合も多いです・・・




なので




・今までは庶民が踏み入れる事のない
 お金持ちの領域に


・低金利で
 どうにか踏み込めたおかげで





「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」とか



色々言う人が出てくるのですが


大手ハウスメーカーg

これも積水ハウス





大手ハウスメーカーh


こっちはヘーベルハウス




元々お金持ち対象のメーカーですから



コスパじゃなくて



プライスレスの感動を作るので
そういう次元で争ってないんですね



庶民がたまに
ホテルに行って広い窓の開放感で感動する
プライスレスな体験を
金持ちは自宅で出来るわけです


・・・・・
・・・・
・・・
・・





私は
コムデギャルソンというブランドが大好きで



大手ハウスメーカーi


Yシャツで5~6万円
ニットだと10万円位するので



結構高いですから



どんなにいい生地でも
いいデザインでも


コスパは悪いんですけど



特に冬服なんて


ユニクロの方が
10分の1の値段で
もっと暖かいと思うんですが


ここの服を着るのは
プライスレスなんですね










・コスパ客を相手にしない戦略



家は建てたら終わりじゃありません




何十年と使う物で
色々とメンテナンス費用
リフォーム費用がかかります


大手ハウスメーカーj


無料点検なんて言えば
聞こえがいいですが


要は顧客の囲い込みなんですけど



ぶっちゃけ
私もそうですけど


コスパを気にする人は
金払いが悪いんですね(笑)




なので私みたいな
コスパを考える層を
相手にすると
会社的に儲かりません・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・




たしかに高性能は家は



凄い暑い日、寒い日も
数値上はたしかに


大手の値段の高いメーカーより
気温は快適かもしれません


でもそういう日って
地域にもよりますが
夏、冬とも1ヶ月ちょっとで


残りの季節の方が長いわけですし



関東地方なら
エアコンが動いてない日の方が
多い訳です




大手ハウスメーカーk


この写真を


「星空が見えて楽しそう」と思うか

「寒そう」と思うかは


人それぞれですけど




プライスレスの感動は大事ですし


どの業界だってそうですが



庶民ブランドと
高級ブランドは両方必要で
戦略も違ってきます





まあどこで建てたって
安くたって
満足出来ればいいんですけどね




私は満足してるから
ここまで好意的に
ブログを書いていますし





ツイッターなんかでも
ヘーベルの施主さんとか見ると


「金持ちすげー」なんてコメントします



今でこそSNSで繋がれますけど
そもそも
別世界ですしねー



それを
「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」
とか


色々言う人って・・・



妬みなのか、今の家に満足出来てないのか
分かりませんけど


私が着ている服を


「ユニクロのが
コスパいいのにそんな服着て意味あるの?」


とか言われたら



何言っても理解は無理だと思いますから




「そうだよねぇ・・・無駄に高いよねぇ」



程度に軽くあしらいますし



まあ服程度なら
高い物でも買えますけど


高い家なんて
本当に金持ちしか買えませんし




昔から「金持ちケンカせず」って言いますからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・




「大手は高性能じゃない」とか

「何故作れない」じゃなくて



そういう世界とか
違う世界も必要だよなぁと



本当の金持ちが
これ書いたら
それこそ妬まれますけど(笑)



庶民どころか
ローコストで建てた施主は
思ったりしております








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















2020年09月28日






木造のメーカーや
工務店さん


施主ブログなんかも


サイトやブログなどで
鉄骨のデメリットを
書いてあったりしていますが





その反対に
「鉄骨のメーカーが
木造を悪く言う」
って
余りないのですけど・・・



鉄骨で作るのが
大手メーカーしかないので
いちいち反論しませんからね



それでも営業さんによっては
色々と言うと思いますが




何度か書いてますけど



ハッキリ言って
住宅において
鉄骨というのは


ある目的においては
非常に理にかなっています




お金がかかるという部分は
余り理にかなっていませんが(笑)



家が完成している時は
パッと見それほどの差はないですが


解体すると
「鉄骨の方がいいなぁ」って部分も
個人的には非常に多いです




ただ、色々と理由を
後述しますが




例えるなら
どこかに旅行に行く場合に



「電車「車を比べる位に




鉄骨と木造ってのは
全然家の性格や
家に対する方向性が違うので



「どちらにしよう」
悩んでいるうちは



まだ契約とか
しない方がいいです



お互いのメリット
デメリットが分かれば



全然方向性が違うものなので
木造か鉄骨かで悩むことは余りありません






「私は鉄骨がいい」

「俺は木造のがいい」って

答えがハッキリしてくると思います



まあ、お金がないから
妥協して木造ってパターンもありますが・・・



実際に木造に住んでいる私ですが
「鉄骨もいいよなぁ」って部分は多くて




人によっては
「鉄骨しかない」ってのも
充分分かります





・鉄骨のメリット①耐震性に強い建物が多い



単に「耐震性がある」と書かないのは
理由があるのですが




例えば小学生が


鉄骨a


こういう簡単な工作を
木造と鉄骨で作ったとしたら






どちらが地震に強いでしょうか?




恐らく答えは
「どっちも変わらないだと思います」




素材的に鉄骨の方が
しなるので若干は強いと思いますが




「しなる」のが想像出来ない方は
40代の男性なら


鉄骨b


ハイパーオリンピック最強の
金属製定規を思い出してもらえれば
納得すると思いますが




女性で意味が分からない場合は
旦那様かお父さんに聞きましょう(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・


まあ、素材の強さは置いといて
なぜ鉄骨の方が
耐震性が高いのかといえば


建築基準法のルールが違うからです




同じ耐震等級3でも



種類があるのは
過去に書きましたが








とりあえず基準の量だけあれば
バランスは考えなくていい
壁量計算




ちゃんとバランスも考える計算の
許容応力度計算の2種類があって



鉄骨c




鉄骨は壁量計算では作れませんが
木造なら作れます




さらに木造2階建ては
4号特例という制度もあって







詳しくはこちらをご覧頂ければと思いますが




要は木造なら構造計算をはしょっても
家は作れますから




余り意味の無い
耐震等級3ってのも出てきますが




鉄骨はそういうわけにはいかずに



ちゃんとした
許容応力度計算をしないと
家は法律で建てれません


何故かと言えば


世の中の中小工務店なんかは
「構造計算???分からん・・・」という会社も
未だに多数あり



そんなの義務化してたら
潰れてしまう工務店が多数ありますから



「まあ普通の戸建てはOK」って感じで
2階建てまでの木造住宅には
このような特例がありますが




鉄骨ってのは
本来は
会社とか商店とか



不特定多数の人が
建物内にいる事を想定していますから


「ちゃんと計算しないとダメ」っていう法律ですね




木造も3階建てはちゃんと計算しないと
ダメなので



要は木造2階建てまでなら
手を抜いていいよっていう
今の法律は



町の工務店などを
救済する意味もあります




なので
「うちは許容応力度計算は
ちゃんとして
耐震等級3だよー」って言う
工務店なら


大丈夫だと思いますが




鉄骨の場合は



全メーカーが
そういう事をしますので
全部が耐震に強いという事になります








・鉄骨のメリット②シロアリに強い



これも大きなメリットですね


よく鉄骨もシロアリは食べるなんて
書いてるサイトもありますが



あれは断熱材とかを食べるから
被害にあるわけで



さすがに「鉄」はかじる事はあっても
食べません





そのため被害が0って訳ではないですが




単純に好物の木と
食べれない鉄の比較ですから


鉄骨の方が強いのは
当たり前ですね






過去記事に



http://reogress.net/archives/10582807.html




「シロアリ被害の家なんて見ないよ」って
記事を書くくらい



結構な数の解体した木材見ますが
被害にあった家は見ないので



地域にもよると
思いますが



当然ながら
シロアリ被害には
木造より強いですね







・メリット?デメリット?内部結露の「被害」は少ない



こちらが一番
双方が言い合ってる気がしますが


木造派の方は
鉄骨は結露しやすいってよく言いますね



まあ、サッシと同じで
なら
どちらが結露しやすいかは
すぐ分かりますが



じゃあ実際に解体する建物見たって
躯体がダメになっているなんて事は
ありません・・・



何しろ鉄ですからね



木材なら腐るレベルの
内部結露だって
鉄骨ならサビで済みます





分かりやすい例えだと


鉄骨d


こういう雨にも濡れる
外階段



鉄製だと
年月経つとサビが凄いですが


普通にまだ使えます


これが木材なら
絶対に登れません・・・



なので木造よりも
結露しやすいけど


結露しても強いって感じですね



まあ、こちらは
どちらにしても
内部結露を起こさせないように
するのが一番です



鉄骨だって
中身が全部鉄じゃないですからね・・・



断熱材とかボードなどは
腐っちゃいますし





次は
木造派がよくいう
鉄骨のデメリットですが




こちらも昔ほどは
考えなくて大丈夫かなぁと思います







・言われているデメリット?①断熱性がない



これは昔は
そうだった思いますし



今も「しっかりした」
木造住宅に比べたらって話しですが





サッシを想像してもらえれば
分かりますが


・アルミサッシより樹脂サッシ

・樹脂サッシよりも木製サッシの方が


断熱性能がいいわけですから




昔の家の場合
北海道など以外は
断熱材がなかったわけですが




そうした場合に
木造と鉄骨の差は大きいですね




特にツーバイとか耐力壁があれば


断熱材が無い時代なら
木材の躯体だけで断熱性能は
若干出ますから




一方鉄骨は
何しろ鉄骨ですから
熱いし冷たいです・・・




しかし今は
当たり前ですが
断熱材も使いますし


鉄骨e


木造はエアコン無しだけど
鉄骨は必要って位の差が出る訳ではないですし



どちらにしてもエアコン使いますし
鉄骨だろうと昔の家に比べたら快適です



ZEHレベルの断熱性能は
普通に作れますし






・言われているデメリット?②気密性がない




これは鉄骨の宿命ですね・・・



それでも各メーカーの
C値ランキングで


鉄骨メーカーはC値5なんて
とんでもない事書いてるサイトもありますが




今はそんなに悪くはないですけど




公式でちゃんと出しているところも
C値2.0程度ですね





個人的には
「快適に生活する分には2以下なら充分」と思いますが




C値1切らないと家じゃない派の方は
その時点で鉄骨は無理ですね・・・・




なにしろ木造ってのは
法律で定められている耐震性を
確保するだけでも



鉄骨に比べたら
圧倒的に柱の数が多いですし
ツーバイフォーや耐力壁もありますから


柱と壁の多さが全然違います



その分鉄骨は柱が少ないので
開放的な大空間を作れるのですが





仮に建築基準法無視して
耐震を一切考慮せずに



木造で同じような大空間作ろうと
思えば作れますが



そのような家は
鉄骨と同じように


C値はどんなに頑張っても
2程度になってしまいますし



逆に木造なら普通に作れば
ツーバイか耐力壁作って


吹き付け断熱でもすれば
簡単にC値1程度まで持っていけますから



気密性能は
木造の方が上ですけど


本当に好みの差です




柱の数が少ないのを
メリットと取るか
デメリットと取るかは
建てる人それぞれですが



要はエアコンが家の中全部効くレベルの
気密性、断熱性があれば
快適に生活は出来ますから






・まとめると・・・




・木造の欠点も

・鉄骨の欠点も



今はどちらも
かなりカバー出来ていますので




凄い気にするほどじゃないような
気はしますが



木造の欠点
耐震、耐火の悪さも
今はかなりカバーしていますし



鉄骨の欠点
気密、断熱も
かなりカバー出来ていますが




・耐震重視なら鉄骨ですし


・実家がシロアリにやられたので
 被害に合いたくないって場合も鉄骨ですし


・大空間が欲しいとか
 ガレージが欲しいとかでも鉄骨です





高気密高断熱がいいって人は
木造でしょうけど




家って
「高性能が家が欲しい」わけじゃなくて


住んで快適な家が欲しいわけで



どうも最近は
数値メインになっている気がしますが・・・



エアコン使っても無理ってほど
鉄骨の性能が悪いわけではないですし



実際壊す側の仕事だと
やはり鉄骨の頑丈さってのは
大きなメリットなので



大空間で全面ガラスとか
憧れますし(笑)



私は割と鉄骨派なのですが




じゃあなんで木造で作ったのかと言えば

「金額が高い」ですかね・・・


というか
コスパが良くないというか



・・・・・
・・・・
・・・
・・



大空間が欲しいとなると
ユニットのセキスイハイムや
トヨタホームは
つらいので




他の鉄骨メーカーとなると

・積水ハウス
・ヘーベルハウス



などなど
高いメーカーばっかりですね・・・



実際に仕事で見る
解体する古い家の
基礎なんて


それこそ石の上に
柱が乗ってるレベルの
家もあるのですが



それに比べたら

・ベタ基礎で
・耐力壁があって
・制震ダンパーも標準で


私の中では
「木造でも大丈夫」感と



ツーバイじゃ無理でしたが
在来工法なら
希望の間取りが出来ましたし



耐力壁+吹き付け断熱で
低予算で割と気密と断熱を確保出来ましたし


この辺で納得して
在来工法で建てましたが



やっぱ予算ですね(笑)





ドラクエの世界では


鉄骨f


・ひのきの棒と
・てつの槍に


結構な値段差ありますけど




現実世界で
素材だけの値段を考えたら



木と鉄で
本来ここまでの値段差は
付かないはずですが



大手メーカーしか作ってないですから
やはり高いですね・・・



鉄骨のメリットに惹かれて
検討したとしても
大手数社の独占ですから


メンテナンスなども
全部作ったメーカーに
おまかせしないといけませんし・・・




他社でメンテナンスや
修理なんて絶対出来ませんからね


そうなると
一生そのメーカーで
有償メンテナンスになります・・・


かといって
小さいメーカーで
鉄骨なんて造れるものでは無いですから


大手だけが作れる鉄骨は


品質の安定って
メリットもあります


・・・・・
・・・・
・・・
・・



とにかく家の性格が
全然違いますから



例えば我が家の間取りは
ツーバイフォーでは無理って
言われたように


希望によっては
鉄骨じゃないと無理って
人もでますし



とにかく高気密高断熱って考えなら
木造しゃないと無理だとは思いますが



鉄骨系の方のブログ見ていても
今の家は充分快適だよなぁとは思いますけど


どうなんでしょうかねぇ




C値1.0以下じゃないと
快適じゃないって人もいますし



実際に1.0と2.0を
住み比べた訳ではないので
分かりませんが・・・






とにかくある程度の
欲しい家の方向性が
分かれば


「鉄骨で行こう」

「木造にしよう」ってなりますので



なぜタイトルにある


どちらか決めれない状態で
家を建ててはいけないかと言うと


どっちにしようかなんて
悩んでいる状態で


色々とハウスメーカーに話を聞きにいくと



木造メーカーは
鉄骨のダメなとこばかり言って
その逆も然りですから



多分嫌になっちゃいます(笑)





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2020年07月13日







施主さんも勉強して
知識を得るのも大事なのですが



それよりも
ずっと大事な事は


いかに営業さんや設計士さん
工務さんなどと
信頼関係を結べるかです



私が満足出来る家を
納得できる価格で建てれたのも
ここが大きかったかなぁと思います




過去の記事で




間取りの作成や打ち合わせに



・営業さんだけでやるか
・設計士さんが間取りも作るか
・また打ち合わせにも同席するかという話で



会社の方針で
全員に営業さんと
設計士さんを付ける会社以外は




当然ですが設計士さんも
数が限られているので




あっちの客は
営業さんだけの対応だけど



こっちの客は設計士さんも
いつも一緒というのが
出て来てしまいます








前回のバトン記事を
現役のハウスメーカー営業さんも
書いていて



非常に役立つ事なので
是非読んで頂きたいのですが



営業さんが全て担当する場合でも
基本残業が多い業界ですから



気持ちはあっても
全員に100%の仕事が
出来ない場合があります




「私は全員に全力100%です!」なんて人がいたら




神か嘘付いているか
新人かのどれかです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


8442eda5


初回の
打ち合わせの際に


「お客が2組来て」


・空いている営業さんも2人
・空いている設計士さんが1人の場合


普通なら
契約しそうな客に
設計士さんを付かせると思います



それ以外にも
間取りを作って貰えるのは
2回目以降だと思いますが



これだって
やる気がある場合と
無い場合では全然違ってきます





さらに
お客の希望が


「それは同僚の〇〇が
得意だなぁ」
って場合に



本気度が伝われば
忙しい中相談を受けに
行ったりしてくれますが




まあそこまでの客じゃないなと
思われれば


そこで止まってしまいます



なので
ハウスメーカーから見て
「大事な客」と思われれば



満足行く打ち合わせがしやすいです



よくブログで
「初回から素晴らしい間取りでした」
なんて記事ありますけど



それは貴方の説明や熱意も
良かったからだよって思います








・まずは最初の来店時に「買う意思」を出す



妻は割と高いブランドの
アパレルで20年以上働いていますし



私も今は転職してますが
結婚した時は
ずっとホテルマンで
支配人だったので



「客の足元を見る」のは
得意な夫婦なのですね・・・



全員に同じ接客って気持ちはあっても
現実は無理な事は分かっていますから




まずは
「お、この客は本気だ」と思わせないと
大事な客にはなりません





一番本気度が高いのは

「すでに土地を購入しましたので
上物探しています」ですが




実際にハウスメーカーも
見てから土地を決めた方が



家の間取り、日射などが
分かるのでオススメですので





家を買うなら必ず
土地の話になりますが


「土地探しも自分達も探しているが
是非いい所があったら教えて欲しい」と伝えて



土地の具体的な事を伝えます



私の場合は
どのメーカーでも同じ事を言って




「この範囲内で探して」
と伝えていました


お客1


ちょっと範囲が狭いのですが


とにかく具体例を出して
本気感を伝えます




実際本気で
この範囲でしか
住みたくないのですが



「安くていい条件があればどこでも」
って気持ちも分かりますが



どっちが本気で買いそうかと思うと
具体的な土地の希望がある方です



場所よりも予算重視なら


「予算は〇〇万円までで〇〇坪
安ければ多少ワケアリも可」


という感じで伝えた方が
探しやすいですね






ただ
「いい条件の土地があったら教えて下さい」ってのは




女性が言う
「優しい男性が好き」と同じで
何一つ具体例が分かりません




ある程度条件を絞り込めば
本気度も伝わりますし


実際に探しやすいですし


本当のお宝物件が出たとして
最初に声を掛けて貰えれば


当然掘り出し物に
出会う確率は上がります








・初回~数回は家族総出で行くべき



後は来店時の家族構成ですね


見学の際に
一番効率がいいのは


・夫婦別のメーカーに行って
 子供は親に預ける



これだと効率はいいですが



住宅展示場などは
最初に付いた営業さんが
そのまま担当しますので



一人だけで見に来る客と


夫婦と子供がいて
「子供が生まれたから家を」って客の



どちらが買いそうな
客かと言ったら




家族連れです

お客2


帰りにオモチャくれたり
ベビーベッドや子供用施設があったり
するメーカーも多いですね




初回は
相手の営業さんが



自社のメーカーの売りを
色々説明すると思いますので


メモ書きや
特徴ある展示品などは写真撮りして
真剣に話を聞いて




とにかく
営業さんからみて


「好感触、このままいけば契約する」
思いこませるように話をします


うちの妻が


「あなたはどのメーカーでも
ここが一番良いって感じで話す」
困っていましたが



この辺は
元旅館業ですから



話を上手く聞くのは
慣れています(笑)



技術的な事
工法などは
2回目からで充分ですし


何度か打ち合わせが
進んだら


一人で可能な時もありますが


流れに乗るまでは
とにかく本気度を見せるって大事です



言葉は悪いですが
まずは初回に
「この客は落ちる」と思わせてれば


ヒアリングも真剣になるので


当然、初回の間取りから本気出しますし




とにかく契約しそうな客と
思わせる事は大事です




当然ですが
最後は1社以外は全部断りますので・・・


本当に「いい人」だと
色々断りにくいのですが


高い買い物ですし
その辺は仕方ないです・・・





車の「パンフレット下さい」と違って


ハススメーカーは
無料で間取りまで作成となったら
かなりの労力を無料でしますので



逆に絶対に買いもしない
メーカーの間取りを無料だからと
「とりあえず」と取るのもやめましょう・・・






・金払いのいい客になる



初回、2回目の打ち合わせが終われば
間取りも出来てきて


色々とお金の話も出て来ます





過去に坪単価はアテにならないという
記事を書きましたが






それでもハウスメーカーの相場というのは
当然あります




「〇〇〇(ハウスメーカー) 坪単価」
検索すると




色々なサイトがヒットすると思います


お客3


結構適当というか
間違っているサイトも多いですが



建売のココライフでも
25万はキツイと思いますが・・・





レオハウス、タマホームだと
30~50万円って記載が一番多いと思います





坪単価の出し方って色々ありますが



一番使っているのが多い


諸費用などは抜いた
請負金額から
延床面積を割る金額だと



82a7b0d6
(我が家の坪単価ですが色々な計算で出せます)


502,000円なので



坪単価50万~70万円って
書いてるとこだって
安い方なら可能なのですが


私は
上限の坪単価で選びました



ハウスメーカーの
ブランド名に拘りは無いですし





もちろん金額より前に
自分の優先事項


・間取り的に在来工法で耐力壁のメーカー
・吹き付け断熱が標準
・瓦屋根が標準



これさえクリアしてれば
私の希望の家は建ちますので
安い方にしました



営業さんと設計士さんが
作った間取りも


「金ないから狭く」とか
言う必要ないですから



こうなると
設計士さんもやりがいが
出ると思いますし



「〇〇の設備オススメですよー」って話も


気に入れば付ける予算は
出て来ますし


そのハウスメーカーの中では
上客になります



もちろんいつかは
〇〇の家を買うって


夢がある人は
そちらの方がいいと思いますし



その熱意を営業さんが汲み取れば
値下げや予算に合う間取りも
しっかり作ってくれると思いますが



とくにハウスメーカーに
拘りがないのであれば


平均坪単価の上のラインで
建てれるメーカーを
考えた方がいいと思います



その方が後から
不本意に小さくとか


オプションを我慢とか
そういうのも無くなるので


満足度が上がると思います





・締め切りは余裕を持って守る



客商売をしていると
どうしても客の方が立場が上です


無茶な「〇〇月までに作って下さい」とかは
当然ですがダメですが





向こうからお願いされる

・ここの間取りは次回までに決めて下さい

・この設備は〇〇日までに決めて下さい


間取りf


こういうスケジュールは
守りましょう



どのメーカーだって
クレームになるような家は
作りたくないですが


余裕が無くて
色々とトラブルが起きる可能性は高いです



なんの仕事でも
「余裕さえあれば割と
どうにかなる事」って多いですから



相手の方が一枚上の営業さんなら
仮に遅れても大丈夫な
スケジュールを伝えますが


間取り、設備など
ギリギリのスケジュールよりも




余裕を持って決めた方が
相手も楽ですし




「この間取りが素晴らしいですから
変更する必要ないですよ」



など言った方が
相手も気持ちよく仕事が出来ます



ハウスメーカーだって
1日で全部決めろとかいう
無茶なお願いはしませんからね





個人的には
着工後に間取り変更したいなんてのは



そもそも真剣に間取り
決めてなかったでしょって思いますが



相手も客商売ですから
確認申請前なら
多分変更してくれると思いますけど


余裕が無いスケジュールを
施主さん自ら生み出しているのだったら
問題です




その為の意思疎通
間取りの本気度も


大事なお客になれば
かなりスムーズに進みます













・現場の指揮系統を理解する



営業さん、設計士さんと
どんなに満足な家が
希望の価格で契約出来たとしても


まさに机上の計算で



実際に作るのは
現場の人ですね




現場監督さんは
毎日ずっと現場に
いるわけではありませんが



例えばちょっと設計図と違っていても


大工さんには直接言わない方がよく
まずは監督さんに連絡です



着工までに
すでに大事な客と思われていれば


よくクレーム系のブログにある
全然連絡が付かないって事も
起きないと思います



普通の会社なら


現場監督が上司で
大工さんが部下のイメージですが


建設業界は違いますので



大工さんに何も言えない
現場監督さんってのもいますし


逆に物凄い上から目線の
現場監督さんもいますけど


私の仕事だと新築の場合は
ハウスメーカーの監督さんから
廃材の回収依頼があるんですが




基本、大手ゼネコンさんより
ハウスメーカーの監督さんの方が
優しい人が多いですが



横柄な人もいます・・・

 
本当にひどい人もいます・・・



まあ、その辺は
自分も現場に行って


雰囲気を掴む事ですね




基本は監督さんです


とにかく監督さんの
やる気を上げないと
いい家は建ちません


・・・・・
・・・・
・・・
・・





現場に関しては



特に現金で
ご祝儀を渡す事は無く


差し入れも
飲み物やパンだけでしたが




施主さんが
行く時は休憩時間に
伺う人も多いと思いますが



ただひとつ






「私がいても
好きにタバコ吸っていいですよー」
って
伝えました



というか私も一緒に
吸っていました(笑)




最近は現場で吸うのはNGで
隅っこを喫煙所


密集地だと吸う所すら無いって
現場もありますが



この業界は
基本的にタバコ吸う人が多いです
(私も吸います)


さすがにクロス貼ったら
タバコはちょっと・・・ですが


キッチン幅g

この状態で
建物内で吸われても
私は平気です



火災さえ気を付ければ
問題ないと思いましたし



タバコ休憩で
集中力が復活するなら
安いものです




とはいえ最近は
喫煙に関しては厳しいので



実際は監督さん
メーカーの意向によりますが



休憩中に


「施主が来た
タバコ吸えないなぁ」って
落ち込まれるよりは


一緒に喫煙した方がスムーズです






・どの業界も同じですね



結局人が間取りを作って
人が家を作るのですから


人間関係が全てだと思います



施主が偉そうにしててもアレですし


逆に妙に上から目線の
工務店もありますけど
そういうのは嫌いです



現場だって
嬉しそうに入っていって

「うわーすごいですねー」
「さすがですねー」


「でも、ここだけ気になる」って伝えるのと




デビ夫人みたいに

「あなた、ここおかしいんじゃい?」って
伝えるのでは


やる気が違いますね






「お金払うんだから当然」って
思う人もいますし


それも否定しませんが


それでしたら
今は大手の素晴らしい性能の
建売住宅もありますし



そっちの方が
いいんじゃないかなぁと思います






2020年06月02日






注文住宅の打ち合わせって


基本の流れは


①間取りが出来る
②それを見ながら営業さんと
 設計士さんと色々希望を言う




この繰り返しだと思うのですが


間取りa


打ち合わせには
必ずこういった間取りを作って貰って




色々と話をしていくと思います





先日ツイッターで
話をしていた時に


間取りb


こちらの「めけめけさん」のお姉さんが


セキスイハイムで契約をして
打ち合わせ中なのですが



色々とダメっぽい営業さんの
話をしていて








どうやら
セキスイハイムは設計士さんは
同席しないで



打ち合わせも間取りも
営業さんがほとんど
するらしいんですね



特殊なユニット工法ですから
営業さんが作るのかなぁと思うのですが



間取りの作成や
打ち合わせに


営業さんと設計士さんが
同席すると
凄い安心感があって




我が家みたいな
ローコストだと
いつも2人ってメーカーは
結構少ないんですが



レオハウスは必ず営業さんと
設計士さんが同席して



間取りも設計士さんが作るのが
安心感だったわけですね



私なんかは
タマホームやもっと安い所も
見ましたので



営業さんが作って
打ち合わせも営業さんのみって事に
驚かないですが


間取りc


るんばーさんは
ヘーベルハウスで建てた方ですが



営業さんが間取りを書くという事に
驚いちゃってるわけです(笑)




セキスイハイムは
ユニットで作りますから
設計の独自ルールが色々あるので



「設計士よりも営業さんの方が
いいのかなぁ」と思ったり



とはいえ
設計士さんが作って同席した方が
色々安心だと思ったり




それなら自分の建てた
メーカーがどうだったのかを



みんなで出し合いましょう
という
企画です










・間取り事情漏洩バトンの質問内容




という事で


間取りd


色々な施主ブロガーさんが
13個の質問に
答えていきます



色々なハウスメーカーの人がいますので



ツイッターで
#間取り事情漏洩バトン 


このタグ検索すると
施主ブロガーさんが見れます





①建築先と家のスペックは?


レオハウスの
大人気の家CoCo Dセレクト



安いですが
レオハウスの注文住宅だと
一番上のスペックになります








②間取りの打ち合わせの相手は誰だったか?




着工までは常に
営業さんと設計士さんの2人です



着工後
ほぼ工務さんと
インテリアコーディネーターさん


たまにお金の事や保険の事で
営業さんが来る感じです




1回だけ
「〇〇日だと設計士は大丈夫でも
営業さんは無理です」って日に





「別に設計士さんがいれば
営業さんいなくても大丈夫です(笑)」


という打ち合わせがありましたが



設備とかオプションの差額とか
変更した場合の金額は
設計士さんは一切出せないのですが



お金が絡まない打ち合わせは
ほぼ設計士さんだけで
どうにかなります






③誰が間取りを書いてくれたか?


こちらも設計士さんです




④出会ってから何回目の打ち合わせで間取りを出してくれたか?


2回目ですね
初回で色々と希望を出して


次には叩き台の間取りを貰えました










・間取り作成が有料のメーカー・・・


⑤間取りを書いてもらうまでに必要な費用は?
⑥間取りの作成費用(基本設計)は何円かかったか?



最近結構多くなった気がしますが



「間取りを作成するのは有料ですよ」


とか


「間取り作成は仮契約後ですよ」


などで、さらに


「仮契約には〇万円かかります」


というメーカーです



私が検討していた時に
ローコストメーカーでは


アエラホームが
そのシステムでしたが
今は無料に戻ったみたいですね



レオハウスは間取りも無料ですし
仮契約というシステムもないので



仮に間取りを何度も書いてもらって
打ち合わせも何度もしても


契約しなければ
お金は0円ですね



これに関しては
会社の方針でしょうけど



・有料にして本気の人だけ
 打ち合わせしたいとか



・実際に経費がかかっているので
 請求するってのも


仕方ないのかなぁと思いますが



一番嫌いなのは

「本来〇〇円だけど
特別に無料」って奴ですね(笑)



いいよ、そんなに上から目線で
無料にして貰うんなら
金払うよって思います・・・




⑦契約後に間取り変更は可能だったか?


どこまで可能かは分かりませんが
構造用の壁を変えたので
結構変更可能だと思います



どこも確認申請前なら
ある程度可能だと思います




⑧契約後に間取りを変更してかかった費用は?(減額した場合は減額した金額)
⑨契約時の間取りの完成度は?



契約後に間取りはほとんど変えてないので
完成度は95%って事ですね


間取りe


冷蔵庫の位置を逆にするのに
壁を長くして引き戸にしたのと


造作のテーブルサイズを変えた位ですね





営業さんが
「納得するまで契約しないでいいよー」と言ってたので



多分、契約を急がせるメーカーだと


間取りが完成する前に
契約ってのがあると思うのですが
そういうのは無かったです



とにかく頭の回転が
速そうな営業さんでしたので



「あー、この人他社の
急がせる契約にイラっとしてるなぁ」

ってのを察して




そういうのは嫌う人って
すぐに分かったんでしょうねぇ






⑩間取りが完成するまでの流れはどんな感じだったか?(打ち合わせ回数と期間)




初回訪問から契約までが
3ヶ月で6回位でしたね



契約前は他社とも
打ち合わせをしていましたが



営業さんしか打ち合わせにいない
メーカーだと
「後日確認しますね」が多くて



やはり設計士がいつも同席だと
早いなぁと思いました




⑪間取りを決定後、何ヶ月後に竣工(家の工事が終了)したか?


契約してから着工が2か月後



土地代も予定より安くなりましたし



家作りは一切の減額をせずに
済みましたので
大幅な変更も必要無かったです


間取りf


着工から完成までは
ローコストなので3か月半と早かったので


・契約から5か月半


・初回訪問から考えて約9ヶ月で
 家が完成という事ですね


年度末挟んだり
忙しい時期だと
もっと長くなると思いますが


6月契約でしたので
とにかく「ガラーン」としていました(笑)




打ち合わせも
毎週行けましたから
それほど期間もかかりませんでしたが


子供が0歳なので
毎週末に色々なメーカーに
行っても平気でしたが


いまだと遊びにも行きたいだろうし
厳しいですね




⑫外構の打ち合わせはいつのタイミングで始まったか?


外構はちょっとしかしていませんし


「外構の下請けってどこですか?」


工務さん「〇〇さん知ってます?」


「取引あるので直接言ってみます」


って感じで
この辺は仕事の付き合いがありますし



金額が高いメーカーは
外構も含めて作品だって雰囲気ですけど



ローコストには
そういうの余りないですね(笑)



ローンに組み込まない限りは
勝手にやってーって感じです













・設計士同席って売りになると思うんですけどね



⑬他に検討したハウスメーカーor工務店の間取り関連の情報で知っていることは?



同ランクだとタマホーム、アエラホームは
営業さんだけで


設計も営業さんが
ある程度書いていたので




この時に
レオハウスに行くと
設計士さんもいますから


「絶対ここに後から配管通りますよ」
とか言ってくれたので


設計士さんの数が
足りないと難しいんですが


同席した方が
売りになると思うんですよね



センスや相性の問題もあるので
必ず設計士さん方が優れている訳ではないですが



打ち合わせには同席して
貰えると安心感でますね


営業さんと違って
無理な事や無謀な事は止めますし



すぐに間取りの代案も出ますので



まあ人件費増えますから
デメリットもあるんでしょうけど・・・


結局赤字でヤマダ傘下になりましたし(笑)




妻もレオハウスは
「毎回営業さんと設計士さんが
同席するから打ち合わせが楽だし的確」
言っていたので




逆にもっと高いメーカーで
設計士が同席しない事に驚きましたが




高いメーカーで
営業さんが一人で担当する所は



色々設計の教育とかも
しているのかなぁとも思いますし




合わない設計士よりは
合う営業ってのは思いますね
















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2020年05月29日







私が住宅ブログを読んでいて
一番がっかりする瞬間は


タウンライフa



このタウンライフの
広告記事です



もちろん
ちゃんとした
記事が書いてあって


その最後に付いているなら
広告として何とも思いませんけど


そもそも
私のブログに表示される
可能性もありますし


・・・・
・・・
・・



今回言いたいのは
そういうのではなくて



例えば
「レオハウス ブログ」とかで
検索してですよ



実際に施主さんが
建ててるブログ記事なら
何も文句も言いませんし


満足出来ているブログや
クレームになっているブログも


大抵は面白い読み物です





しかし・・・
割と最近多いのが



「レオハウスは
ローコストメーカーとして云々」



みたいなwikipediaの沿革みたいなのを
コピペして


その後に



「家づくりは不安ですよねー
でもタウンライフなら一括で間取りが
作れるんで安心」みたいな



急な展開になるので

タウンライフa-2


ドラマだと思ったら
CMだったという
青汁のCMみたいな感じです・・・



ちなみにこの手の
ブログは
ハウスメーカーの名前が
変わるだけで


後は全く同じ内容の
ブログがいくつも出てきます




・・・・
・・・
・・


何故ここまで
タウンライフの広告が多いかといえば

タウンライフa-3


クリックして資料請求すれば
そのサイトは
11,120円もお金が貰えるそうなので




こうなると実際の施主のブログ以外にも



実際には家を建ててない
お金儲けだけのプロブロガーさんが
どんどんブログを作ってしまいます
(しかもプロだからブログが綺麗・・・)




もちろん家を建てても契約もしてない
ブログなので



打ち合わせも間取りもweb内覧会も
何も無い浅いブログなのです




芸能人とかの
キュレーションサイトと同じですね


〇〇について調べてみました

分かりませんでした

いかがでしたか


みたいなのと同じです







だいたい家なんて
「何度も詳細な打ち合わせをして
間取りを決めていく物」なのに



アンケートだけで間取りが
作れるなら


それは規格住宅じゃんって
思いますが




そうは言っても
アンケートだけで
素敵な間取りになる可能性も
0.001%はあるかもしれないですが・・・




そんな時に
何度か私のブログに出ている
築70年の母親の実家が


タウンライフa-4
(土間にユニットバスを置いてます)



これ以上バリアフリーの
中途半端なリフォームする位なら
建て直ししないとって話があったので


新築そっくりさんみたいな
リフォームにするか


建て替えするかは
まだ決定していませんが



実際にタウンライフで
私が申し込みしてみました(笑)



生活上、健康上を考えても
建て直したほうがいいと思いますが






・これで間取り作れるなら神


営業さんや設計士さんの
ヒアリングも無く
間取りを作るんですから



どれだけ詳細な入力項目が
あるのかと思ったら


タウンライフb


・家族構成と

・希望の家の広さと

・LDKの広さのみ




これで理想の
間取りが作れるなら



その人はいますぐ
設計事務所とか作って
独立した方がいいと思います


・・・・
・・・
・・


まあ、そういう神がかった人が
いる可能性もありますし



とりあえず先に進むと


タウンライフb-2



どのメーカーかだけ
間取りやカタログを貰えるか
選べるんですね



しかし残念ながら




母の実家がある地域だと
なんと2件

タウンライフb-3



ちなみに希望価格が安すぎなのかと
金額を上げても2件でした・・




タマホームは何度も
打ち合わせにいったので





1件のみ申し込みをします


タウンライフc


備考に電話はしないで
メールでやり取りお願いしますと
記入して送信しました






・施主とメーカーで相違が・・・



結果から言うと
電話は来ませんでした


その分メールが
何回か来まして


間取りや資料が
届く前に
何度もメール貰っても
返信しようがないのですが・・・





5日後に間取りと資料が
届きましたが・・・・


タウンライフd

(届いた郵便物)







タウンライフe

(タウンライフに送った私の本名)





名前を間違ってる・・・




展示場に行って
アンケートの字が下手すぎて
間違えたなら分かりますけど




PCで入力した物ですからねぇ・・・




名前を間違えて
送付する会社で


「家を建て替えるなんて
不安しかない」
ので


普通なら
母に紹介する事もないですし


本来なら開封することなく
捨てますけど・・・




一応開けてみると
ただのパンフレットだけでした



たしかに
メールにも
「資料送付ありがとうございます」とあったので



タウンライフは
間取り作成って書いてありますけど



ハウスメーカーからしたら
資料送付なんですね



というか、あれだけの
内容で間取りが出来たら



それはそれで怖いです・・・












・施主にとっては損しかない・・・



「一括資料請求」なら
便利じゃない?

って思う人もいるかもしれませんが




住宅を欲しいという人は
大変貴重な個人情報です




なので、このタウンライフも
11,200円もクリックして
資料送付されたらサイトに支払うのですが






例えばタマホームなら


タウンライフf


タウンライフを通さないで
自分で申し込みすれば



資料請求だけで
500円のクオカードが貰えますし




タウンライフg


その後展示場や支店に行けば
5,000円も貰えますが




タウンライフから
資料請求したら
1円も貰えません・・・



ハウスメーカーからしたら
タウンライフに広告料を払うのも


直接施主さんに
なるかもしれない人に払うのも


同じですが・・・



どうせなら家を購入するのに
大金がかかりますし



打ち合わせも長時間ですから
特に子供連れの場合なら


クオカードでも貰って
それでマクドナルドでも買った方が
絶対にいいと思います



私もタマホームから
クオカード貰いましたし


一条工務店でも貰えましたし


地元の工務店でも
予約して行ったら
結構貰える会社多いですし



実際に建てたレオハウスは
他社の見積もり持っていったら
10,000円のクオカードを貰えました







・という事でメリットがやはり無い・・・




別に一括資料請求の
サイトが悪い訳じゃないんですよ



ハウスメーカーなんて
「CMでやってる所しか知らない」って人もいますから


色々知れるのはいい事なので




ただ、これが無くなれば


実際に建ててもいない
建てる気も無い施主ブログという
謎な存在が消えるかもしれないので



だいたい
家を建てない施主ブログなんて



ラーメンを食べた事ない
ラーメン食べ歩きブログみたいな物ですから



しかもブログを見る方も一生に一度なので
経験が無いから信じてしまいますし・・・


一応数少ないメリットとして


資料請求時に
ハウスメーカーの一覧が出るので


知らないハウスメーカーや工務店を
調べるのには役立つかもしれませんが





それでしたら

タウンライフb-2



請求する一つ前の画面で
ハウスメーカー選択になりますので


ここで閉じてしまえば
資料は来ませんし


ハウスメーカーの
名前だけ覚えて
自分で公式サイト見れば



タマホームだけでなく
結構色々貰えますので
こちらの方がお得です















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村