ハウスメーカー選び

2020年11月16日






最近はレオハウスでも
タマホームでも


標準で樹脂の
トリプルサッシが付く
プランがあったり


性能がどんどん上がっています





他の大手ハウスメーカーと比較しても
性能値だけなら
ローコスト住宅でも変わらないので




2年程前に
このような








性能が同じなのに
値段が全然違うという記事を書きました





妻の友人が
住友林業で建てた時の
お話ですが




お金持ちな家庭なので
「モデルハウスみたいだった」
妻が言うのですが



性能値は我が家と
それほど変わらないんですね





じゃあ実際に
「なぜ、そこまで
金額の差が出るか」





実際にいくら金額が違って
どのような家になるのか




今回は
住友林業の施主さんから
お話を聞く事が出来ました






・住友林業施主さんのプロフィール


住友林業a



びびさんは20代で
住友林業を建てたツワモノです(笑)











ツイッターで
施主さんや営業さん設計士さんなどの集まり



「家系ブログを盛り上げる会」
作った方で



住友林業のブログでは
非常に有名な方です




今までの対談相手は




予算なり性能なり色々と
口うるさい施主さんでしたが(笑)
(褒め言葉ですよ笑)



今回は女性らしく
見た目や設計の提案力など
数値以外にこだわりがありますね




そして、価格が高い家は
高い理由があるなぁというのが分かります




だいたい意味も無く
高いだけのメーカーなら
潰れていますしね






・まずは簡単に家のスペック紹介




c
まずは
家の坪数と
土地代を除いた総額と
建物本体価格をお願いします





b
延床面積26坪の平屋
総額約2,700万円(税込み)
建物本体価格約2,050万円(税抜き)です
(土地代は除いてます)




どうしても割高になる平屋ですけど



それでもタマホームや
レオハウスなら同じ面積で



最上級のグレードでも
建物本体価格で1,500万円あれば
充分建てれます





ちなみに平屋が割高になる理由は


住友林業b


出典 : https://www.mutenka-ai.co.jp/blog/2051





平屋でも2階建てでも
基礎と屋根は1つですし


若干工期が短くなるとしても
人件費なども含めて


平屋でも2階建てでも
金額が変わらない事が多いので
割高になります







・何も知らなくても高性能にはなる




住友林業の施主さん
びびさんは


色々なメーカーも候補でしたが
最終的には


一条工務店か住友林業か悩んで
住友林業にした方です




c
他に候補だったメーカーはありますか?
またあった場合は
ダメだった理由も教えて欲しいです





b
他の候補は
・一条工務店(木造)
・トヨタホーム(鉄骨)
・セキスイハイム(鉄骨)
です。





一条工務店を候補から外した理由は


契約前に間取りが不透明だったことと
営業さん(支店長)との
相性が合わなかったからです




一条工務店は太陽光や
全館床暖房がウリのハイテク住宅ですが


将来のメンテナンスを考えるのが
嫌な性格ですので元々一条との相性は
良くなかったのかもしれません






c
最初的に住友になった一番の決め手って
どんなとこでしょうか?





b
住友林業の決め手は
「提案力」があったことですね


要望が間取りに
反映されていたのはもちろん
+αの提案があったのが大きかったです






私の家を担当してくれた
営業さんと設計士さんには
非常に満足していますが



やはり
ローコストメーカーよりは



高いメーカーの方が
担当さんの
アタリ、ハズレが少ない
イメージはありますね



実際に大手の方が
給料がいいですし・・・



c
いわゆるタマホームみたいな
ローコストメーカーってのは
最初から候補に無かったですか?





b
ローコストメーカーに
あまり良い印象が無かったので
候補にしていませんでした



今思えばネットの悪評を
鵜呑みにしていたのかもしれませんねー




c
当時のローコストメーカーの
イメージってどんな感じでしたか?





b
失礼な話、安かろう悪かろうなイメージですね
親戚の友だちが
「ローコストで建てたら欠陥だった」と
いう話を聞いていましたので
そういうのにも影響されていたかもしれません





c
まあ予算さえあれば
見なくても問題ないですからね
ローコストメーカーじゃないと
建てれないなんて物はありませんし





とはいえ
ここの段階では



ここまで金額差が出る理由は
分からないので
次は性能の部分です





c
標準の窓サッシは複数選べました?
後採用した窓も教えて欲しいです





b
わが家の場合
窓へのこだわりが皆無で
「LDKと和室に大窓が欲しい」って希望以外は



全てお任せだったので
標準で何が選べたのか把握してません(笑)



3地域以下では
樹脂サッシが標準らしいですけど



わが家は6地域なので全て
ペアガラスのアルミ樹脂複合サッシです







住友林業c



という事で、私の方で調べましたが
住友林業標準の
アルミ樹脂複合サッシは



三協アルミさんの
アルジオという商品で


熱還流率は引違いで
1.92(W/㎡・K)の商品が
標準みたいです


サーモスLと
サーモスXの間くらいの性能ですね






c
住友林業さんだと断熱材はグラスウールだと
思いますけど
標準の天井と壁の厚み分かりますか?




b
天井 グラスウール16K(110mm厚×2)
外壁 グラスウール16K(100mm厚)
床下 押出法ポリスチレンフォーム3種(100mm厚)


4地域より暖かい場所は
全部同じみたいです





住友林業d


性能的には充分ですね


窓や断熱材は
ローコストメーカーの方が
もっと高性能な場合もありますけど




住友林業の場合
こちらが最低ラインなので



何も知らなくても
問題なく快適なレベルですね




どうしても
ローコストメーカーは


価格勝負ですから



レオハウスにしろ
タマホームにしろ


高いプランは
これ以上の性能でも


安いプランは
もっと低性能なプランもあるので




「ローコストメーカーで
建てる時こそ
知識が必要と言ってるのは」




こういった部分も大きいですね

住友林業e



天井220ミリが大きいですね
窓はアルミ樹脂でも



Ua値は0.44ですから
6地域なら充分過ぎますし



私なら
「6地域でここまでスペック要らない」って
言うレベルですね






そして
一番の大きなポイントとしては



妻の友人もそうでしたが



窓の名前や断熱材なんて
全く知らなくても


ここまで充分な
性能になる事です



そもそも
私がブログを始めたきっかけも



「当時はローコストメーカーだと断熱材も薄く
窓もアルミサッシというプランもあり」



もっと高いプランでは
そうじゃなかったのですけど




「ローコストでも
最低限の性能は
確保しようよ」というのが
ブログの始まりでしたが



住友林業なら
そういう知識などは
全く要らないですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


とはいえ
この性能くらいだったら
正直差額で100万円もあれば
充分対応出来ます



元々ローコストとの差が
500万円以上はあるわけですから



性能だけでは
ローコストメーカーの方が
得だと思います



「じゃあ、何が違うの?」というと
うちの妻も言ってた



見た目の部分が大きく違いますね







・住友林業には3種の神器なるものがあるらしい




今の住宅は
サイディングが標準ってとこが多いですが



住友林業は
「サイディング」「吹き付け」か選べるそうです





吹き付けって何?って場合


住友林業f






こういうモルタル吹き付けの家ですね



シーサンドコートという
商品が標準で選べます



サイディングよりも
早い期間で汚れが目立つのと



どうしてもモルタルですから
長期間のクラック(ひび)も気になりますけど


サイディングの見た目がちょっと・・・
って人にはいいですね





b
シーサンドコートは
私が建てた当時は初期プランに入っていなければ
オプション扱いだったような気がします




ひびさんが建てた時は
まだシーサンドコートはオプション扱いで




標準はサイディングという事でしたが


住友林業f2




b
わが家は30年保証の
サイディングを採用しています
(雨で汚れを洗い流してくれるやつらしい)



ケイミューの光セラ、18ミリですが
注目点はそこじゃなくて


軒ですね




だいたい、見た目が
高そうな家ってのは



軒があって
さらに軒天が木目ですね



これが標準ってのは
ローコストメーカーには
無いですね・・・





ちなみに我が家の軒天は
こういう意匠とかは無視した感じ


03329e65


サイディングだけは
我が家も18ミリなので
同じですけど




こういう所で
見た目が全然違ってきますね




ただ、こちらは
リブ軒天という
オプション品みたいです・・・



b
これは、リブ軒天というオプションです
本物の木ではありません




c
このリブ軒天はいくらくらいなんですか?





b
リブ軒天は約6万円で、破風が5万円ぐらいです






後は無垢床も標準で選べます


住友林業g




「メンテナンスが大変だし」って人には
合板の挽板も選べるみたいですが




標準プランは

・1階が無垢床or挽板で
・2階は突板みたいです



2階は突板になるのが
商売上手ですね(笑)



だいたいオプション費用払って
2階も同じにしちゃうんじゃないでしょうか




b
普通100万ぐらいする無垢材を
30万とかで選ぶことができたりするみたいです




c
我が家だと
1階も2階も
全部突板が標準ですから
ここの差は大きいですね





後はウッドタイル


住友林業h




b
ウッドタイルは15万円ぐらいです






他には
天井の一部を木目調にする
ハーモシーリング


住友林業2b






c
3種の神器ってのを全部導入すると
100万円位かかる感じですかね?





b
俗に住友林業の
三種の神器と言われているものは


ウッドタイル(15万円)
ハーモシーリング(10万円位?)
格子スクリーン(10万円しないぐらい)
シーサンドコート(今は標準?)
の4つで


ウォルナットとか、高い無垢材をLDK
(20畳ぐらい)に入れて
トータルで100万ぐらいですかね




三種の神器はまだ可愛いもんですね
キッチンや食洗機に
こだわったら平気で数百万いく世界ですし





我が家も
キッチンは
標準でもそこそこ高性能な
タカラスタンダードのグランディアですけど



それでも最終的には
オプション料金で
30万円ほど掛かってますが





話の途中で出た




b
そうですねー
すみりん感を出したい人は選ぶ感じで
付けた付けないってのが
インスタでちょいちょい話題になっています





「すみりん感」って言う
ワードですね




これは
住友林業の実例集なのですが


住友林業j


これだけすると
いくら掛かるか不明ですが




天井だけでも
段差を付けたり勾配天井だったり
板張りだったり


後は木の格子はウッドタイルなど


非常にお金がかかりますね





そしてこういうのの積み重ねで
妻の言う「モデルハウスみたいだった」
になるわけですね




とはいえ、すみりん感という
ワードがあるくらいなので
色々とマウントが大変そうですが・・・




まあ、ローコストメーカーでも
出来ない事はないですけど





過去記事 ~施工ミスを防ぐため、大工さんが慣れていない事を注文しない~






施工ミスとか「出来がイマイチ」とかですね
基本慣れてない事を注文するのは
余り良くないです・・・




だいたいローコストメーカーの見積もりで
こちらがリクエストでもしない限り
無垢床とか木目の軒天とか
普通は出ませんし(笑)



なので予算が合えば
素晴らしい提案力ですけど



予算が厳しいと
「はぁ、ここは無理だ」ってなりますね



一番良くないのは見た目だけ
豪華で性能は低い家ですし・・・














・本当に好みの差なので



これ以外にも
色々と差があるかも
しれませんが


私には気づきませんでした・・・



今回標準の設備なども
調べましたが



ローコストメーカーも
上手い事ショボくならないように
値段を安くしてますので




標準の
キッチンやお風呂
洗面化粧台なんかは
我が家と同じなんですね




ただ、外観や内装は
全く違う感じでした(笑)




・広さが同じで
・性能も同じで
・設備も同じなのに


「何でここまで値段が違うの?」って理由が



見た目の部分が大きいってのが
結構分かったと思いますが







これは本当に好みなんですね



https://reogress.net/archives/25503361.html



私は木目がそもそも嫌いなので
値段が同じでも
普通のクロスにしちゃいますし





後、住友林業さんは
BF工法と言って
木造なのに


住友林業k


鉄骨造並みの大開口が
作れますから



天井まで窓とか
コーナーに窓なども
耐震性能を持たせたまま可能です



この辺の
独自工法も
金額が高くなる理由ですね





我が家も
希望の間取りがツーバイフォーでは
出来なくて



在来工法なら可能だったように




希望の間取りによっては
そもそもメーカーの縛りが
出てくる場合もありますし




ローコストの
見た目が気に入らないって人も
たくさんいると思いますしね





とはいえ
ローコストメーカーの価格から
500万円増やすなら



性能に全振りすれば
HEAT20 G3レベル近くまで
上げる事も可能ですから




性能に割り振ってもいいですし



もちろん見た目に割り振っても
いいですし




何が正解なんてのはありません





私が500万円増やして
家を買うなら


住友林業L


家は今のままで
キャンピングカー買いますね


旅行はもちろん
庭になるだけでも
めちゃ楽しいと思います



今の家には本当に満足してるので
特に変える箇所もないですしね




後は、ローコスト住宅の注意点として
性能や数値などに
ある程度詳しくならないと



ローコストだと
安かろう悪かろうに
なる可能性もあるので
注意が必要です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



















2020年11月06日







ちょっと前に



人生で多分2番目に大きな買い物である
車の買い替えで




中古車屋さんや
新車のディーラーなどに行きましたが




車を買う場合って
家に比べたら
知識はそこまで要らないんですよね





まあオッサンになって
車も興味がなくなりましたけど・・・
(ミニバンしか買っちゃダメですし)





要は気に入った形と予算で選べば



個体差はありますけど
車の平均耐用年数は
どの車もだいたい持つわけです




・アルファードなら10年持つけど
・カローラなら5年しか持たないとか無いですし
(実際どちらも最低12~13年は持ちますよね)



どの車だって
余裕のある、無しはともかく
高速道路は走れます






これが家となると


・価格が安い建売とか

・超ローコスト住宅メーカーとか

・知識に乏しい工務店などの場合とか






間取りは満足したとしても


知識1



サッシの商品名や
換気システムも書いてないので





何を使っているか
全く分かりません




「高品質設備を厳選して使用」
書いてあったりしますけど





実際見に行くと


知識a


未だに
アルミサッシだったりしますし








知識b

C値が良くないのに
「取ってつけた」ような


換気性能が期待出来ない
換気システムだったり



ルーフィングや屋根は
耐久性が10年ほどの使われたり



サイディングも
一番安いもので10年ほどしか持たないとか




「安いのですが10年ちょっとしか持ちませんから
10年後に色々必要です」とか



説明されて納得すればいいのですが




そんな事もほとんどないですし






ひどい場合は


「性能は大手メーカーの
商品と同じですよ」


って言うんですよね







間取りに関しても




何も言わなかったら


・割と無茶がある動線とか

・登りにくい急階段とか


生活しにくい事も
たくさん出ています






その点で、特に注文住宅は



間取りや性能などを
相談しますので

「一緒に建てる」という感じですから




自動車の営業さんとは
また違いますが




間取りや設備品の話は
ともかく






性能や耐久性に関しては
何も言わなくても
ある程度最低限の性能は欲しいわけです







例えば美術品の世界とかは
知識がないと



騙されて高い物を買わされるとか


知識c


よく聞きますけど(笑)




これは趣味の世界ですから
趣味は自分で知識を付けるのは分かりますけど



車も家も
生活するのにおいて
必要な物ですし




本来は
形(間取り)が気に入って
予算が合えば



あとはどれを選んでも
長期優良住宅並みの仕様は
最低限欲しいわけです



もちろん上を見ればキリはないですが




長期優良住宅程度の仕様なら
住んでで不満ってほどの
事はないと思います




もちろん
建築基準法ってありますけど



自動車、食べ物などに比べると
最低限の質が低すぎる気がします・・・




ちなみに建築基準法だと
未だに断熱材を入れない家だって
作れますからね




逆に何も知らないまま
家作りをスタートさせて




そこで
初めて家の性能ってのを知って





言われるがままに
必要以上の性能な家を建てる人もいますしね





まあ、こっちはお金に余裕があれば
問題ないのですが・・・









・そういうメーカーもありますけど



よく考えたら
「何も分からないけど
何選んでもある程度の性能は欲しい」

という




当たり前の希望を
全国区で




性能数値として行ってるのが


canvas


(比較のC値5.0っていつの時代ですか・・・)


一条工務店ですよね



そりゃ今まで
C値とかUa値とか知らない人には
大人気になるのも分かります






ちょっと光熱費の記事でも書きましたが





https://reogress.net/archives/22997937.html




比較数値が5.0と大げさなのが
「ちょっとなぁ・・・」と思いますが



20年以上前の家だって
在来工法で筋交いのみで
気密シートとか入れないと C値が3.0位





ツーバイとかパネル工法で C値が2.0位



そこから気密シートとか
吹き付け断熱とか
今は高気密になるものが
色々とありますから





今時の家で2.0以上ってのも
なかなか無いのですが




・・・・・
・・・・
・・・
・・





とはいえ


「この間取りはダメ」とか
色々と独自のルールもありますけど




一条ルールに従って
作れば



何の知識も無くたって
C値1.0以下の
性能は保証されるんですから
安心なわけです



何も知らなかった人が
ここで初めて性能ってのを知って



感化されるのも良く分かりますね





ただ、性能という面は
保証されていますが



耐久性は保証されていないので



屋根が10年で点検、塗装が必要な
コロニアルクアッドが標準という



長持ちの面においては
なかなか数値で出す事も
難しいのですが



・・・・・
・・・・
・・・
・・




後は高いメーカー


・積水ハウスとか
・ヘーベルハウスとか


この辺は
車で言うとレクサスに似てますよね



値段は高いけど
アフターサービスがしっかりしていますから



何があっても
対処してくれます



一条工務店に比べたら
気密性は劣ると思いますが



住んでいて不満なんて出る
レベルの家ではありませんし
まさに一生の付き合いですね



もちろん
一生付き合うには
それなりのお金はかかりますけど・・・






じゃあ、そこまでの
価格帯じゃないメーカーとか
ローコスト住宅の場合


f3a450cd-s



相変わらず安い理由を


「大量発注と企業努力」と言って
(それも大事ですが)




大手をディスりながらも



「大手の高性能住宅と
全く同じです」


なんて言う会社もあります・・・




何も調べないと



住みにくい性能と
10年持てばいいやっていう
部材を使って来たりしたりするので



自分で調べて
変更したりするなどが必要です




別に分かってて買うのは
何の問題も無いんですけどね



安いというメリットは
ものすごく大きいですから









・やはり国ですよね・・・



私は、家を建てるなんて
趣味じゃなくて生活の一部ですから


「買う方が知識を得ないと
ダメ」なんてのは


おかしいと思っていて




前に住友林業で建てた妻の知人の
記事を書きましたが


・家の断熱材も知らず

・窓もメーカーしか分からない


・話した事のほとんどは
 生活と間取りの事と設備



これで満足出来る家が
出来たんですから




これが理想だと思っています





自分の家の部材は何もしらなくても
満足する家です




そりゃ間取りとかは
注文住宅ですから



「ある程度は自分でも考えろ」と思いますが




性能と長持ちの部分ですね




サッシだって色選びは
当然施主がすると思いますけど



・いちいちUa値が・・・とか
・日射取得が・・・とか
・遮熱型、断熱型・・・とか
・アルゴンガス入り・・・とかですね



知識2


こんな表を見て
色々考えるわけですけど



「この辺は何も言わずに
こちらが調べる事なくどうにかしてほしい」など




ツイッターに書いたりするんですが




ひどい工務店だと


・素人が何言ってるんだとか

・そんなとこで建てる方が悪いとか

・そんなの気にする方が悪いとか


色々工務店さんから言われるわけです




「言われなくてもお前のとこで
だけは絶対に建てないわ」
思いますけど





逆にしっかりしている工務店さんは


・もっと高性能住宅が普及するように頑張りますとか

・全ての施主さんが苦労しない家にしたいとか



こちらも是非「頑張って下さい」
応援したい素晴らしい工務店さんも多いのですが





https://reogress.net/archives/24712397.html




やはり安い家は安い理由があって



それがデザインや
キッチン、バスルームなどの
仕様面ならいいですが



性能や耐久性を落とされると
困ってしまいます・・・




そう考えると





https://reogress.net/archives/16529795.html




本来は今年(2020年)に
断熱等級が義務化されて



UA値が0.87以下の家は
作れなくなる予定でしたが


結局延期になり・・・

(UA値0.87ってのは断熱材に気を使えば
アルミサッシでもクリア出来る数値です)





もちろん建築基準法ってのはありますけど


・耐震等級だって1以上ならOK

・断熱材や気密性能の規定はありませんから



それは安かろう悪かろうの家が出るのも
仕方ないなぁと思います




普通のローコスト住宅だって
今時はUA値0.6程度は普通ですし



C値も出したいってなら
吹き付け断熱を
断るメーカーも今は無いと思いますから



よっぽど安く作らない限りは
大丈夫なのですが



これは計算出来ない工務店と



未だに一部には
フラット35Sにすら通らない家を
作るところもあります




建売住宅の建設途中見てると
未だに在来でパネル貼らない家もありますしね・・・



・・・・・
・・・・
・・・
・・




自動車は安全や性能なんて
法律でガチガチですけど



これは大手メーカーしか
作ってないから可能ですが


未だに1人~2人や
家族だけで工務店経営している
ところでは無理ってのも分かりますけど




現状は国に期待も出来ないので



結局買う方が知識得るしか無いのが
現状ですね・・・



とはいえツイッターなど見てますと



高性能、高耐久の工務店さんは
もちろん色々と発信していますし




建売住宅だって








https://twitter.com/UchuFilm/status/1284308899957321730



こういう素晴らしい考えの
会社も増えてきていますから



確実にいい方向には
進んでいると思います



現状は最低限の性能以下・・・



逆に必要以上の性能を
付けちゃう人も多いですしね












・これからの方向性



注文住宅の良さって


・工事が見えるとか
・性能とか
・耐久性は



後付けの理由で
一番は間取りだと思っています



間取りが自由じゃなくて
いいなら建売住宅でいいんですから




それが、今の現状は
中身が見えなくて不安というのが
一番大きいのですが




これが無くなって




どの家も
最低限の性能、耐久性が
確保されたら

知識d



こういう広告に
広さなどと一緒に


・Ua値やC値の数値

・使用している断熱材などが



普通に入るようになったら
性能を考慮しない
工務店は潰れると思いますから





そうなると
やはり一番重要なのは
間取りですね




そして、家と言うのは
一緒に作っていく物なので



他の業種に比べて
営業さんの重要性が
非常に大きいので



「そりゃ、いい給料貰うわ」
と納得してしまいました(笑)





2020年10月07日







ツイッターで
このような質問をされる方がいて






その時は「そこまで需要がないのかな」なんて
思っていたのですが






他にも「もっと大手も高性能にしてほしい」とか
言う人もいますけど






解体とかリフォームとか
古い家ばかり見る私の正直な感想は




「今はどこも高性能だよ」って感じですが




実際、断熱性能に関しては
今は大手でも中堅でも
普通に快適に生活出来る
程度には高いですし





気密に関しては



どうしても気密が取りにくい
鉄骨メーカーはともかく




他の会社は
どこも性能は高いです





それでも
超高気密高断熱かと
言われると違うので




「なぜ大手の方が高いのに・・・」
って疑問も分からないではないのですが





そもそも求める物が違うというか
顧客層が違うというか




大手ハウスメーカーa


積水ハウスのwebサイトには最初に
圧倒的開放感という売りが書いてあり




「性能も大事だと思いますけど
家ってそれだけじゃないよなぁ・・・」




などなど最近思うのは


大手ハウスメーカーb


「今建てるならBESSもいいなぁ」
言っているのも影響があるのですが(笑)



・元々インドア派だったのに
 ↓
・子供が出来たので庭遊び
 ↓
・テント張ったり公園行ったり
 ↓
・やべえアウトドア楽しい




という経緯があるので
今の家を建てる際は
考慮もしなかったのですが




BESSも積水ハウスも
「コスパ」とは無縁ですよね






・コスパの反対語のメーカーだって必要だった



私がこのブログを作って
家の記事を書いている際に


多分50回以上は
「コスパ」って書きました








こちらの過去記事



詳細は読んで頂けるとありがたいですが



妻の友人(金持ち)が
住友林業で建てまして


単純なC値、Ua値などの性能値は
我が家と余り変わらないので




「じゃあ我が家の方がコスパいいし
お得じゃん」と思ったのですが




妻は「モデルハウスみたいでオシャレだった」
羨ましそうに言うんですね




決して「コスパが悪い」なんて事はなく
住んで感動する家って感じでしょうか




それで「コスパの対義語ってなんだろう」
調べてみたら




うまい事言ってるブログがあって






コスパの反対語は「プライスレス」と・・・




これで全て納得しましたね




だってデビ夫人みたいな金持ちが
一条工務店の家とかに住んだら



「あなた、この家窓が小さいわねぇ・・・」って
言うと思うんです(笑)






・元々の顧客層が違うから家が違う論



今の超低金利なおかげで
我が家みたいな
平均年収程度の一般市民でも





「頑張って積水ハウスいっちゃう?」
なんて事が可能ですけど


大手ハウスメーカーc



バブル時代の金利8%は異常としても


金利5%って時代は普通にあって


むしろ今の低金利が異常ですが・・・






4,000万円を借りたとして
仮に当時の金利5%で計算すると


大手ハウスメーカーd



毎月201,875円


4,000万円借りると
毎月の支払いが20万円超えますから




平均年収程度では
厳しいですが





今の金利1%で計算すると


大手ハウスメーカーe



同じ4,000万円の借り入れでも
毎月11万円ちょっとなので
これなら可能な人も多いんじゃないでしょうか






当時の金利5%で
同じ支払い額の11万円にするには


大手ハウスメーカーf


2,200万円しか借りれません




しかも積水ハウスクラスなら
実際は5,000万円以上かかる場合も多いです・・・




なので




・今までは庶民が踏み入れる事のない
 お金持ちの領域に


・低金利で
 どうにか踏み込めたおかげで





「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」とか



色々言う人が出てくるのですが


大手ハウスメーカーg

これも積水ハウス





大手ハウスメーカーh


こっちはヘーベルハウス




元々お金持ち対象のメーカーですから



コスパじゃなくて



プライスレスの感動を作るので
そういう次元で争ってないんですね



庶民がたまに
ホテルに行って広い窓の開放感で感動する
プライスレスな体験を
金持ちは自宅で出来るわけです


・・・・・
・・・・
・・・
・・





私は
コムデギャルソンというブランドが大好きで



大手ハウスメーカーi


Yシャツで5~6万円
ニットだと10万円位するので



結構高いですから



どんなにいい生地でも
いいデザインでも


コスパは悪いんですけど



特に冬服なんて


ユニクロの方が
10分の1の値段で
もっと暖かいと思うんですが


ここの服を着るのは
プライスレスなんですね










・コスパ客を相手にしない戦略



家は建てたら終わりじゃありません




何十年と使う物で
色々とメンテナンス費用
リフォーム費用がかかります


大手ハウスメーカーj


無料点検なんて言えば
聞こえがいいですが


要は顧客の囲い込みなんですけど



ぶっちゃけ
私もそうですけど


コスパを気にする人は
金払いが悪いんですね(笑)




なので私みたいな
コスパを考える層を
相手にすると
会社的に儲かりません・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・




たしかに高性能は家は



凄い暑い日、寒い日も
数値上はたしかに


大手の値段の高いメーカーより
気温は快適かもしれません


でもそういう日って
地域にもよりますが
夏、冬とも1ヶ月ちょっとで


残りの季節の方が長いわけですし



関東地方なら
エアコンが動いてない日の方が
多い訳です




大手ハウスメーカーk


この写真を


「星空が見えて楽しそう」と思うか

「寒そう」と思うかは


人それぞれですけど




プライスレスの感動は大事ですし


どの業界だってそうですが



庶民ブランドと
高級ブランドは両方必要で
戦略も違ってきます





まあどこで建てたって
安くたって
満足出来ればいいんですけどね




私は満足してるから
ここまで好意的に
ブログを書いていますし





ツイッターなんかでも
ヘーベルの施主さんとか見ると


「金持ちすげー」なんてコメントします



今でこそSNSで繋がれますけど
そもそも
別世界ですしねー



それを
「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」
とか


色々言う人って・・・



妬みなのか、今の家に満足出来てないのか
分かりませんけど


私が着ている服を


「ユニクロのが
コスパいいのにそんな服着て意味あるの?」


とか言われたら



何言っても理解は無理だと思いますから




「そうだよねぇ・・・無駄に高いよねぇ」



程度に軽くあしらいますし



まあ服程度なら
高い物でも買えますけど


高い家なんて
本当に金持ちしか買えませんし




昔から「金持ちケンカせず」って言いますからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・




「大手は高性能じゃない」とか

「何故作れない」じゃなくて



そういう世界とか
違う世界も必要だよなぁと



本当の金持ちが
これ書いたら
それこそ妬まれますけど(笑)



庶民どころか
ローコストで建てた施主は
思ったりしております








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















2020年09月28日






木造のメーカーや
工務店さん


施主ブログなんかも


サイトやブログなどで
鉄骨のデメリットを
書いてあったりしていますが





その反対に
「鉄骨のメーカーが
木造を悪く言う」
って
余りないのですけど・・・



鉄骨で作るのが
大手メーカーしかないので
いちいち反論しませんからね



それでも営業さんによっては
色々と言うと思いますが




何度か書いてますけど



ハッキリ言って
住宅において
鉄骨というのは


ある目的においては
非常に理にかなっています




お金がかかるという部分は
余り理にかなっていませんが(笑)



家が完成している時は
パッと見それほどの差はないですが


解体すると
「鉄骨の方がいいなぁ」って部分も
個人的には非常に多いです




ただ、色々と理由を
後述しますが




例えるなら
どこかに旅行に行く場合に



「電車「車を比べる位に




鉄骨と木造ってのは
全然家の性格や
家に対する方向性が違うので



「どちらにしよう」
悩んでいるうちは



まだ契約とか
しない方がいいです



お互いのメリット
デメリットが分かれば



全然方向性が違うものなので
木造か鉄骨かで悩むことは余りありません






「私は鉄骨がいい」

「俺は木造のがいい」って

答えがハッキリしてくると思います



まあ、お金がないから
妥協して木造ってパターンもありますが・・・



実際に木造に住んでいる私ですが
「鉄骨もいいよなぁ」って部分は多くて




人によっては
「鉄骨しかない」ってのも
充分分かります





・鉄骨のメリット①耐震性に強い建物が多い



単に「耐震性がある」と書かないのは
理由があるのですが




例えば小学生が


鉄骨a


こういう簡単な工作を
木造と鉄骨で作ったとしたら






どちらが地震に強いでしょうか?




恐らく答えは
「どっちも変わらないだと思います」




素材的に鉄骨の方が
しなるので若干は強いと思いますが




「しなる」のが想像出来ない方は
40代の男性なら


鉄骨b


ハイパーオリンピック最強の
金属製定規を思い出してもらえれば
納得すると思いますが




女性で意味が分からない場合は
旦那様かお父さんに聞きましょう(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・


まあ、素材の強さは置いといて
なぜ鉄骨の方が
耐震性が高いのかといえば


建築基準法のルールが違うからです




同じ耐震等級3でも



種類があるのは
過去に書きましたが








とりあえず基準の量だけあれば
バランスは考えなくていい
壁量計算




ちゃんとバランスも考える計算の
許容応力度計算の2種類があって



鉄骨c




鉄骨は壁量計算では作れませんが
木造なら作れます




さらに木造2階建ては
4号特例という制度もあって







詳しくはこちらをご覧頂ければと思いますが




要は木造なら構造計算をはしょっても
家は作れますから




余り意味の無い
耐震等級3ってのも出てきますが




鉄骨はそういうわけにはいかずに



ちゃんとした
許容応力度計算をしないと
家は法律で建てれません


何故かと言えば


世の中の中小工務店なんかは
「構造計算???分からん・・・」という会社も
未だに多数あり



そんなの義務化してたら
潰れてしまう工務店が多数ありますから



「まあ普通の戸建てはOK」って感じで
2階建てまでの木造住宅には
このような特例がありますが




鉄骨ってのは
本来は
会社とか商店とか



不特定多数の人が
建物内にいる事を想定していますから


「ちゃんと計算しないとダメ」っていう法律ですね




木造も3階建てはちゃんと計算しないと
ダメなので



要は木造2階建てまでなら
手を抜いていいよっていう
今の法律は



町の工務店などを
救済する意味もあります




なので
「うちは許容応力度計算は
ちゃんとして
耐震等級3だよー」って言う
工務店なら


大丈夫だと思いますが




鉄骨の場合は



全メーカーが
そういう事をしますので
全部が耐震に強いという事になります








・鉄骨のメリット②シロアリに強い



これも大きなメリットですね


よく鉄骨もシロアリは食べるなんて
書いてるサイトもありますが



あれは断熱材とかを食べるから
被害にあるわけで



さすがに「鉄」はかじる事はあっても
食べません





そのため被害が0って訳ではないですが




単純に好物の木と
食べれない鉄の比較ですから


鉄骨の方が強いのは
当たり前ですね






過去記事に



http://reogress.net/archives/10582807.html




「シロアリ被害の家なんて見ないよ」って
記事を書くくらい



結構な数の解体した木材見ますが
被害にあった家は見ないので



地域にもよると
思いますが



当然ながら
シロアリ被害には
木造より強いですね







・メリット?デメリット?内部結露の「被害」は少ない



こちらが一番
双方が言い合ってる気がしますが


木造派の方は
鉄骨は結露しやすいってよく言いますね



まあ、サッシと同じで
なら
どちらが結露しやすいかは
すぐ分かりますが



じゃあ実際に解体する建物見たって
躯体がダメになっているなんて事は
ありません・・・



何しろ鉄ですからね



木材なら腐るレベルの
内部結露だって
鉄骨ならサビで済みます





分かりやすい例えだと


鉄骨d


こういう雨にも濡れる
外階段



鉄製だと
年月経つとサビが凄いですが


普通にまだ使えます


これが木材なら
絶対に登れません・・・



なので木造よりも
結露しやすいけど


結露しても強いって感じですね



まあ、こちらは
どちらにしても
内部結露を起こさせないように
するのが一番です



鉄骨だって
中身が全部鉄じゃないですからね・・・



断熱材とかボードなどは
腐っちゃいますし





次は
木造派がよくいう
鉄骨のデメリットですが




こちらも昔ほどは
考えなくて大丈夫かなぁと思います







・言われているデメリット?①断熱性がない



これは昔は
そうだった思いますし



今も「しっかりした」
木造住宅に比べたらって話しですが





サッシを想像してもらえれば
分かりますが


・アルミサッシより樹脂サッシ

・樹脂サッシよりも木製サッシの方が


断熱性能がいいわけですから




昔の家の場合
北海道など以外は
断熱材がなかったわけですが




そうした場合に
木造と鉄骨の差は大きいですね




特にツーバイとか耐力壁があれば


断熱材が無い時代なら
木材の躯体だけで断熱性能は
若干出ますから




一方鉄骨は
何しろ鉄骨ですから
熱いし冷たいです・・・




しかし今は
当たり前ですが
断熱材も使いますし


鉄骨e


木造はエアコン無しだけど
鉄骨は必要って位の差が出る訳ではないですし



どちらにしてもエアコン使いますし
鉄骨だろうと昔の家に比べたら快適です



ZEHレベルの断熱性能は
普通に作れますし






・言われているデメリット?②気密性がない




これは鉄骨の宿命ですね・・・



それでも各メーカーの
C値ランキングで


鉄骨メーカーはC値5なんて
とんでもない事書いてるサイトもありますが




今はそんなに悪くはないですけど




公式でちゃんと出しているところも
C値2.0程度ですね





個人的には
「快適に生活する分には2以下なら充分」と思いますが




C値1切らないと家じゃない派の方は
その時点で鉄骨は無理ですね・・・・




なにしろ木造ってのは
法律で定められている耐震性を
確保するだけでも



鉄骨に比べたら
圧倒的に柱の数が多いですし
ツーバイフォーや耐力壁もありますから


柱と壁の多さが全然違います



その分鉄骨は柱が少ないので
開放的な大空間を作れるのですが





仮に建築基準法無視して
耐震を一切考慮せずに



木造で同じような大空間作ろうと
思えば作れますが



そのような家は
鉄骨と同じように


C値はどんなに頑張っても
2程度になってしまいますし



逆に木造なら普通に作れば
ツーバイか耐力壁作って


吹き付け断熱でもすれば
簡単にC値1程度まで持っていけますから



気密性能は
木造の方が上ですけど


本当に好みの差です




柱の数が少ないのを
メリットと取るか
デメリットと取るかは
建てる人それぞれですが



要はエアコンが家の中全部効くレベルの
気密性、断熱性があれば
快適に生活は出来ますから






・まとめると・・・




・木造の欠点も

・鉄骨の欠点も



今はどちらも
かなりカバー出来ていますので




凄い気にするほどじゃないような
気はしますが



木造の欠点
耐震、耐火の悪さも
今はかなりカバーしていますし



鉄骨の欠点
気密、断熱も
かなりカバー出来ていますが




・耐震重視なら鉄骨ですし


・実家がシロアリにやられたので
 被害に合いたくないって場合も鉄骨ですし


・大空間が欲しいとか
 ガレージが欲しいとかでも鉄骨です





高気密高断熱がいいって人は
木造でしょうけど




家って
「高性能が家が欲しい」わけじゃなくて


住んで快適な家が欲しいわけで



どうも最近は
数値メインになっている気がしますが・・・



エアコン使っても無理ってほど
鉄骨の性能が悪いわけではないですし



実際壊す側の仕事だと
やはり鉄骨の頑丈さってのは
大きなメリットなので



大空間で全面ガラスとか
憧れますし(笑)



私は割と鉄骨派なのですが




じゃあなんで木造で作ったのかと言えば

「金額が高い」ですかね・・・


というか
コスパが良くないというか



・・・・・
・・・・
・・・
・・



大空間が欲しいとなると
ユニットのセキスイハイムや
トヨタホームは
つらいので




他の鉄骨メーカーとなると

・積水ハウス
・ヘーベルハウス



などなど
高いメーカーばっかりですね・・・



実際に仕事で見る
解体する古い家の
基礎なんて


それこそ石の上に
柱が乗ってるレベルの
家もあるのですが



それに比べたら

・ベタ基礎で
・耐力壁があって
・制震ダンパーも標準で


私の中では
「木造でも大丈夫」感と



ツーバイじゃ無理でしたが
在来工法なら
希望の間取りが出来ましたし



耐力壁+吹き付け断熱で
低予算で割と気密と断熱を確保出来ましたし


この辺で納得して
在来工法で建てましたが



やっぱ予算ですね(笑)





ドラクエの世界では


鉄骨f


・ひのきの棒と
・てつの槍に


結構な値段差ありますけど




現実世界で
素材だけの値段を考えたら



木と鉄で
本来ここまでの値段差は
付かないはずですが



大手メーカーしか作ってないですから
やはり高いですね・・・



鉄骨のメリットに惹かれて
検討したとしても
大手数社の独占ですから


メンテナンスなども
全部作ったメーカーに
おまかせしないといけませんし・・・




他社でメンテナンスや
修理なんて絶対出来ませんからね


そうなると
一生そのメーカーで
有償メンテナンスになります・・・


かといって
小さいメーカーで
鉄骨なんて造れるものでは無いですから


大手だけが作れる鉄骨は


品質の安定って
メリットもあります


・・・・・
・・・・
・・・
・・



とにかく家の性格が
全然違いますから



例えば我が家の間取りは
ツーバイフォーでは無理って
言われたように


希望によっては
鉄骨じゃないと無理って
人もでますし



とにかく高気密高断熱って考えなら
木造しゃないと無理だとは思いますが



鉄骨系の方のブログ見ていても
今の家は充分快適だよなぁとは思いますけど


どうなんでしょうかねぇ




C値1.0以下じゃないと
快適じゃないって人もいますし



実際に1.0と2.0を
住み比べた訳ではないので
分かりませんが・・・






とにかくある程度の
欲しい家の方向性が
分かれば


「鉄骨で行こう」

「木造にしよう」ってなりますので



なぜタイトルにある


どちらか決めれない状態で
家を建ててはいけないかと言うと


どっちにしようかなんて
悩んでいる状態で


色々とハウスメーカーに話を聞きにいくと



木造メーカーは
鉄骨のダメなとこばかり言って
その逆も然りですから



多分嫌になっちゃいます(笑)





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2020年07月13日







施主さんも勉強して
知識を得るのも大事なのですが



それよりも
ずっと大事な事は


いかに営業さんや設計士さん
工務さんなどと
信頼関係を結べるかです



私が満足出来る家を
納得できる価格で建てれたのも
ここが大きかったかなぁと思います




過去の記事で




間取りの作成や打ち合わせに



・営業さんだけでやるか
・設計士さんが間取りも作るか
・また打ち合わせにも同席するかという話で



会社の方針で
全員に営業さんと
設計士さんを付ける会社以外は




当然ですが設計士さんも
数が限られているので




あっちの客は
営業さんだけの対応だけど



こっちの客は設計士さんも
いつも一緒というのが
出て来てしまいます








前回のバトン記事を
現役のハウスメーカー営業さんも
書いていて



非常に役立つ事なので
是非読んで頂きたいのですが



営業さんが全て担当する場合でも
基本残業が多い業界ですから



気持ちはあっても
全員に100%の仕事が
出来ない場合があります




「私は全員に全力100%です!」なんて人がいたら




神か嘘付いているか
新人かのどれかです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


8442eda5


初回の
打ち合わせの際に


「お客が2組来て」


・空いている営業さんも2人
・空いている設計士さんが1人の場合


普通なら
契約しそうな客に
設計士さんを付かせると思います



それ以外にも
間取りを作って貰えるのは
2回目以降だと思いますが



これだって
やる気がある場合と
無い場合では全然違ってきます





さらに
お客の希望が


「それは同僚の〇〇が
得意だなぁ」
って場合に



本気度が伝われば
忙しい中相談を受けに
行ったりしてくれますが




まあそこまでの客じゃないなと
思われれば


そこで止まってしまいます



なので
ハウスメーカーから見て
「大事な客」と思われれば



満足行く打ち合わせがしやすいです



よくブログで
「初回から素晴らしい間取りでした」
なんて記事ありますけど



それは貴方の説明や熱意も
良かったからだよって思います








・まずは最初の来店時に「買う意思」を出す



妻は割と高いブランドの
アパレルで20年以上働いていますし



私も今は転職してますが
結婚した時は
ずっとホテルマンで
支配人だったので



「客の足元を見る」のは
得意な夫婦なのですね・・・



全員に同じ接客って気持ちはあっても
現実は無理な事は分かっていますから




まずは
「お、この客は本気だ」と思わせないと
大事な客にはなりません





一番本気度が高いのは

「すでに土地を購入しましたので
上物探しています」ですが




実際にハウスメーカーも
見てから土地を決めた方が



家の間取り、日射などが
分かるのでオススメですので





家を買うなら必ず
土地の話になりますが


「土地探しも自分達も探しているが
是非いい所があったら教えて欲しい」と伝えて



土地の具体的な事を伝えます



私の場合は
どのメーカーでも同じ事を言って




「この範囲内で探して」
と伝えていました


お客1


ちょっと範囲が狭いのですが


とにかく具体例を出して
本気感を伝えます




実際本気で
この範囲でしか
住みたくないのですが



「安くていい条件があればどこでも」
って気持ちも分かりますが



どっちが本気で買いそうかと思うと
具体的な土地の希望がある方です



場所よりも予算重視なら


「予算は〇〇万円までで〇〇坪
安ければ多少ワケアリも可」


という感じで伝えた方が
探しやすいですね






ただ
「いい条件の土地があったら教えて下さい」ってのは




女性が言う
「優しい男性が好き」と同じで
何一つ具体例が分かりません




ある程度条件を絞り込めば
本気度も伝わりますし


実際に探しやすいですし


本当のお宝物件が出たとして
最初に声を掛けて貰えれば


当然掘り出し物に
出会う確率は上がります








・初回~数回は家族総出で行くべき



後は来店時の家族構成ですね


見学の際に
一番効率がいいのは


・夫婦別のメーカーに行って
 子供は親に預ける



これだと効率はいいですが



住宅展示場などは
最初に付いた営業さんが
そのまま担当しますので



一人だけで見に来る客と


夫婦と子供がいて
「子供が生まれたから家を」って客の



どちらが買いそうな
客かと言ったら




家族連れです

お客2


帰りにオモチャくれたり
ベビーベッドや子供用施設があったり
するメーカーも多いですね




初回は
相手の営業さんが



自社のメーカーの売りを
色々説明すると思いますので


メモ書きや
特徴ある展示品などは写真撮りして
真剣に話を聞いて




とにかく
営業さんからみて


「好感触、このままいけば契約する」
思いこませるように話をします


うちの妻が


「あなたはどのメーカーでも
ここが一番良いって感じで話す」
困っていましたが



この辺は
元旅館業ですから



話を上手く聞くのは
慣れています(笑)



技術的な事
工法などは
2回目からで充分ですし


何度か打ち合わせが
進んだら


一人で可能な時もありますが


流れに乗るまでは
とにかく本気度を見せるって大事です



言葉は悪いですが
まずは初回に
「この客は落ちる」と思わせてれば


ヒアリングも真剣になるので


当然、初回の間取りから本気出しますし




とにかく契約しそうな客と
思わせる事は大事です




当然ですが
最後は1社以外は全部断りますので・・・


本当に「いい人」だと
色々断りにくいのですが


高い買い物ですし
その辺は仕方ないです・・・





車の「パンフレット下さい」と違って


ハススメーカーは
無料で間取りまで作成となったら
かなりの労力を無料でしますので



逆に絶対に買いもしない
メーカーの間取りを無料だからと
「とりあえず」と取るのもやめましょう・・・






・金払いのいい客になる



初回、2回目の打ち合わせが終われば
間取りも出来てきて


色々とお金の話も出て来ます





過去に坪単価はアテにならないという
記事を書きましたが






それでもハウスメーカーの相場というのは
当然あります




「〇〇〇(ハウスメーカー) 坪単価」
検索すると




色々なサイトがヒットすると思います


お客3


結構適当というか
間違っているサイトも多いですが



建売のココライフでも
25万はキツイと思いますが・・・





レオハウス、タマホームだと
30~50万円って記載が一番多いと思います





坪単価の出し方って色々ありますが



一番使っているのが多い


諸費用などは抜いた
請負金額から
延床面積を割る金額だと



82a7b0d6
(我が家の坪単価ですが色々な計算で出せます)


502,000円なので



坪単価50万~70万円って
書いてるとこだって
安い方なら可能なのですが


私は
上限の坪単価で選びました



ハウスメーカーの
ブランド名に拘りは無いですし





もちろん金額より前に
自分の優先事項


・間取り的に在来工法で耐力壁のメーカー
・吹き付け断熱が標準
・瓦屋根が標準



これさえクリアしてれば
私の希望の家は建ちますので
安い方にしました



営業さんと設計士さんが
作った間取りも


「金ないから狭く」とか
言う必要ないですから



こうなると
設計士さんもやりがいが
出ると思いますし



「〇〇の設備オススメですよー」って話も


気に入れば付ける予算は
出て来ますし


そのハウスメーカーの中では
上客になります



もちろんいつかは
〇〇の家を買うって


夢がある人は
そちらの方がいいと思いますし



その熱意を営業さんが汲み取れば
値下げや予算に合う間取りも
しっかり作ってくれると思いますが



とくにハウスメーカーに
拘りがないのであれば


平均坪単価の上のラインで
建てれるメーカーを
考えた方がいいと思います



その方が後から
不本意に小さくとか


オプションを我慢とか
そういうのも無くなるので


満足度が上がると思います





・締め切りは余裕を持って守る



客商売をしていると
どうしても客の方が立場が上です


無茶な「〇〇月までに作って下さい」とかは
当然ですがダメですが





向こうからお願いされる

・ここの間取りは次回までに決めて下さい

・この設備は〇〇日までに決めて下さい


間取りf


こういうスケジュールは
守りましょう



どのメーカーだって
クレームになるような家は
作りたくないですが


余裕が無くて
色々とトラブルが起きる可能性は高いです



なんの仕事でも
「余裕さえあれば割と
どうにかなる事」って多いですから



相手の方が一枚上の営業さんなら
仮に遅れても大丈夫な
スケジュールを伝えますが


間取り、設備など
ギリギリのスケジュールよりも




余裕を持って決めた方が
相手も楽ですし




「この間取りが素晴らしいですから
変更する必要ないですよ」



など言った方が
相手も気持ちよく仕事が出来ます



ハウスメーカーだって
1日で全部決めろとかいう
無茶なお願いはしませんからね





個人的には
着工後に間取り変更したいなんてのは



そもそも真剣に間取り
決めてなかったでしょって思いますが



相手も客商売ですから
確認申請前なら
多分変更してくれると思いますけど


余裕が無いスケジュールを
施主さん自ら生み出しているのだったら
問題です




その為の意思疎通
間取りの本気度も


大事なお客になれば
かなりスムーズに進みます













・現場の指揮系統を理解する



営業さん、設計士さんと
どんなに満足な家が
希望の価格で契約出来たとしても


まさに机上の計算で



実際に作るのは
現場の人ですね




現場監督さんは
毎日ずっと現場に
いるわけではありませんが



例えばちょっと設計図と違っていても


大工さんには直接言わない方がよく
まずは監督さんに連絡です



着工までに
すでに大事な客と思われていれば


よくクレーム系のブログにある
全然連絡が付かないって事も
起きないと思います



普通の会社なら


現場監督が上司で
大工さんが部下のイメージですが


建設業界は違いますので



大工さんに何も言えない
現場監督さんってのもいますし


逆に物凄い上から目線の
現場監督さんもいますけど


私の仕事だと新築の場合は
ハウスメーカーの監督さんから
廃材の回収依頼があるんですが




基本、大手ゼネコンさんより
ハウスメーカーの監督さんの方が
優しい人が多いですが



横柄な人もいます・・・

 
本当にひどい人もいます・・・



まあ、その辺は
自分も現場に行って


雰囲気を掴む事ですね




基本は監督さんです


とにかく監督さんの
やる気を上げないと
いい家は建ちません


・・・・・
・・・・
・・・
・・





現場に関しては



特に現金で
ご祝儀を渡す事は無く


差し入れも
飲み物やパンだけでしたが




施主さんが
行く時は休憩時間に
伺う人も多いと思いますが



ただひとつ






「私がいても
好きにタバコ吸っていいですよー」
って
伝えました



というか私も一緒に
吸っていました(笑)




最近は現場で吸うのはNGで
隅っこを喫煙所


密集地だと吸う所すら無いって
現場もありますが



この業界は
基本的にタバコ吸う人が多いです
(私も吸います)


さすがにクロス貼ったら
タバコはちょっと・・・ですが


キッチン幅g

この状態で
建物内で吸われても
私は平気です



火災さえ気を付ければ
問題ないと思いましたし



タバコ休憩で
集中力が復活するなら
安いものです




とはいえ最近は
喫煙に関しては厳しいので



実際は監督さん
メーカーの意向によりますが



休憩中に


「施主が来た
タバコ吸えないなぁ」って
落ち込まれるよりは


一緒に喫煙した方がスムーズです






・どの業界も同じですね



結局人が間取りを作って
人が家を作るのですから


人間関係が全てだと思います



施主が偉そうにしててもアレですし


逆に妙に上から目線の
工務店もありますけど
そういうのは嫌いです



現場だって
嬉しそうに入っていって

「うわーすごいですねー」
「さすがですねー」


「でも、ここだけ気になる」って伝えるのと




デビ夫人みたいに

「あなた、ここおかしいんじゃい?」って
伝えるのでは


やる気が違いますね






「お金払うんだから当然」って
思う人もいますし


それも否定しませんが


それでしたら
今は大手の素晴らしい性能の
建売住宅もありますし



そっちの方が
いいんじゃないかなぁと思います






2020年06月02日






注文住宅の打ち合わせって


基本の流れは


①間取りが出来る
②それを見ながら営業さんと
 設計士さんと色々希望を言う




この繰り返しだと思うのですが


間取りa


打ち合わせには
必ずこういった間取りを作って貰って




色々と話をしていくと思います





先日ツイッターで
話をしていた時に


間取りb


こちらの「めけめけさん」のお姉さんが


セキスイハイムで契約をして
打ち合わせ中なのですが



色々とダメっぽい営業さんの
話をしていて








どうやら
セキスイハイムは設計士さんは
同席しないで



打ち合わせも間取りも
営業さんがほとんど
するらしいんですね



特殊なユニット工法ですから
営業さんが作るのかなぁと思うのですが



間取りの作成や
打ち合わせに


営業さんと設計士さんが
同席すると
凄い安心感があって




我が家みたいな
ローコストだと
いつも2人ってメーカーは
結構少ないんですが



レオハウスは必ず営業さんと
設計士さんが同席して



間取りも設計士さんが作るのが
安心感だったわけですね



私なんかは
タマホームやもっと安い所も
見ましたので



営業さんが作って
打ち合わせも営業さんのみって事に
驚かないですが


間取りc


るんばーさんは
ヘーベルハウスで建てた方ですが



営業さんが間取りを書くという事に
驚いちゃってるわけです(笑)




セキスイハイムは
ユニットで作りますから
設計の独自ルールが色々あるので



「設計士よりも営業さんの方が
いいのかなぁ」と思ったり



とはいえ
設計士さんが作って同席した方が
色々安心だと思ったり




それなら自分の建てた
メーカーがどうだったのかを



みんなで出し合いましょう
という
企画です










・間取り事情漏洩バトンの質問内容




という事で


間取りd


色々な施主ブロガーさんが
13個の質問に
答えていきます



色々なハウスメーカーの人がいますので



ツイッターで
#間取り事情漏洩バトン 


このタグ検索すると
施主ブロガーさんが見れます





①建築先と家のスペックは?


レオハウスの
大人気の家CoCo Dセレクト



安いですが
レオハウスの注文住宅だと
一番上のスペックになります








②間取りの打ち合わせの相手は誰だったか?




着工までは常に
営業さんと設計士さんの2人です



着工後
ほぼ工務さんと
インテリアコーディネーターさん


たまにお金の事や保険の事で
営業さんが来る感じです




1回だけ
「〇〇日だと設計士は大丈夫でも
営業さんは無理です」って日に





「別に設計士さんがいれば
営業さんいなくても大丈夫です(笑)」


という打ち合わせがありましたが



設備とかオプションの差額とか
変更した場合の金額は
設計士さんは一切出せないのですが



お金が絡まない打ち合わせは
ほぼ設計士さんだけで
どうにかなります






③誰が間取りを書いてくれたか?


こちらも設計士さんです




④出会ってから何回目の打ち合わせで間取りを出してくれたか?


2回目ですね
初回で色々と希望を出して


次には叩き台の間取りを貰えました










・間取り作成が有料のメーカー・・・


⑤間取りを書いてもらうまでに必要な費用は?
⑥間取りの作成費用(基本設計)は何円かかったか?



最近結構多くなった気がしますが



「間取りを作成するのは有料ですよ」


とか


「間取り作成は仮契約後ですよ」


などで、さらに


「仮契約には〇万円かかります」


というメーカーです



私が検討していた時に
ローコストメーカーでは


アエラホームが
そのシステムでしたが
今は無料に戻ったみたいですね



レオハウスは間取りも無料ですし
仮契約というシステムもないので



仮に間取りを何度も書いてもらって
打ち合わせも何度もしても


契約しなければ
お金は0円ですね



これに関しては
会社の方針でしょうけど



・有料にして本気の人だけ
 打ち合わせしたいとか



・実際に経費がかかっているので
 請求するってのも


仕方ないのかなぁと思いますが



一番嫌いなのは

「本来〇〇円だけど
特別に無料」って奴ですね(笑)



いいよ、そんなに上から目線で
無料にして貰うんなら
金払うよって思います・・・




⑦契約後に間取り変更は可能だったか?


どこまで可能かは分かりませんが
構造用の壁を変えたので
結構変更可能だと思います



どこも確認申請前なら
ある程度可能だと思います




⑧契約後に間取りを変更してかかった費用は?(減額した場合は減額した金額)
⑨契約時の間取りの完成度は?



契約後に間取りはほとんど変えてないので
完成度は95%って事ですね


間取りe


冷蔵庫の位置を逆にするのに
壁を長くして引き戸にしたのと


造作のテーブルサイズを変えた位ですね





営業さんが
「納得するまで契約しないでいいよー」と言ってたので



多分、契約を急がせるメーカーだと


間取りが完成する前に
契約ってのがあると思うのですが
そういうのは無かったです



とにかく頭の回転が
速そうな営業さんでしたので



「あー、この人他社の
急がせる契約にイラっとしてるなぁ」

ってのを察して




そういうのは嫌う人って
すぐに分かったんでしょうねぇ






⑩間取りが完成するまでの流れはどんな感じだったか?(打ち合わせ回数と期間)




初回訪問から契約までが
3ヶ月で6回位でしたね



契約前は他社とも
打ち合わせをしていましたが



営業さんしか打ち合わせにいない
メーカーだと
「後日確認しますね」が多くて



やはり設計士がいつも同席だと
早いなぁと思いました




⑪間取りを決定後、何ヶ月後に竣工(家の工事が終了)したか?


契約してから着工が2か月後



土地代も予定より安くなりましたし



家作りは一切の減額をせずに
済みましたので
大幅な変更も必要無かったです


間取りf


着工から完成までは
ローコストなので3か月半と早かったので


・契約から5か月半


・初回訪問から考えて約9ヶ月で
 家が完成という事ですね


年度末挟んだり
忙しい時期だと
もっと長くなると思いますが


6月契約でしたので
とにかく「ガラーン」としていました(笑)




打ち合わせも
毎週行けましたから
それほど期間もかかりませんでしたが


子供が0歳なので
毎週末に色々なメーカーに
行っても平気でしたが


いまだと遊びにも行きたいだろうし
厳しいですね




⑫外構の打ち合わせはいつのタイミングで始まったか?


外構はちょっとしかしていませんし


「外構の下請けってどこですか?」


工務さん「〇〇さん知ってます?」


「取引あるので直接言ってみます」


って感じで
この辺は仕事の付き合いがありますし



金額が高いメーカーは
外構も含めて作品だって雰囲気ですけど



ローコストには
そういうの余りないですね(笑)



ローンに組み込まない限りは
勝手にやってーって感じです













・設計士同席って売りになると思うんですけどね



⑬他に検討したハウスメーカーor工務店の間取り関連の情報で知っていることは?



同ランクだとタマホーム、アエラホームは
営業さんだけで


設計も営業さんが
ある程度書いていたので




この時に
レオハウスに行くと
設計士さんもいますから


「絶対ここに後から配管通りますよ」
とか言ってくれたので


設計士さんの数が
足りないと難しいんですが


同席した方が
売りになると思うんですよね



センスや相性の問題もあるので
必ず設計士さん方が優れている訳ではないですが



打ち合わせには同席して
貰えると安心感でますね


営業さんと違って
無理な事や無謀な事は止めますし



すぐに間取りの代案も出ますので



まあ人件費増えますから
デメリットもあるんでしょうけど・・・


結局赤字でヤマダ傘下になりましたし(笑)




妻もレオハウスは
「毎回営業さんと設計士さんが
同席するから打ち合わせが楽だし的確」
言っていたので




逆にもっと高いメーカーで
設計士が同席しない事に驚きましたが




高いメーカーで
営業さんが一人で担当する所は



色々設計の教育とかも
しているのかなぁとも思いますし




合わない設計士よりは
合う営業ってのは思いますね
















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2020年05月29日







私が住宅ブログを読んでいて
一番がっかりする瞬間は


タウンライフa



このタウンライフの
広告記事です



もちろん
ちゃんとした
記事が書いてあって


その最後に付いているなら
広告として何とも思いませんけど


そもそも
私のブログに表示される
可能性もありますし


・・・・
・・・
・・



今回言いたいのは
そういうのではなくて



例えば
「レオハウス ブログ」とかで
検索してですよ



実際に施主さんが
建ててるブログ記事なら
何も文句も言いませんし


満足出来ているブログや
クレームになっているブログも


大抵は面白い読み物です





しかし・・・
割と最近多いのが



「レオハウスは
ローコストメーカーとして云々」



みたいなwikipediaの沿革みたいなのを
コピペして


その後に



「家づくりは不安ですよねー
でもタウンライフなら一括で間取りが
作れるんで安心」みたいな



急な展開になるので

タウンライフa-2


ドラマだと思ったら
CMだったという
青汁のCMみたいな感じです・・・



ちなみにこの手の
ブログは
ハウスメーカーの名前が
変わるだけで


後は全く同じ内容の
ブログがいくつも出てきます




・・・・
・・・
・・


何故ここまで
タウンライフの広告が多いかといえば

タウンライフa-3


クリックして資料請求すれば
そのサイトは
11,120円もお金が貰えるそうなので




こうなると実際の施主のブログ以外にも



実際には家を建ててない
お金儲けだけのプロブロガーさんが
どんどんブログを作ってしまいます
(しかもプロだからブログが綺麗・・・)




もちろん家を建てても契約もしてない
ブログなので



打ち合わせも間取りもweb内覧会も
何も無い浅いブログなのです




芸能人とかの
キュレーションサイトと同じですね


〇〇について調べてみました

分かりませんでした

いかがでしたか


みたいなのと同じです







だいたい家なんて
「何度も詳細な打ち合わせをして
間取りを決めていく物」なのに



アンケートだけで間取りが
作れるなら


それは規格住宅じゃんって
思いますが




そうは言っても
アンケートだけで
素敵な間取りになる可能性も
0.001%はあるかもしれないですが・・・




そんな時に
何度か私のブログに出ている
築70年の母親の実家が


タウンライフa-4
(土間にユニットバスを置いてます)



これ以上バリアフリーの
中途半端なリフォームする位なら
建て直ししないとって話があったので


新築そっくりさんみたいな
リフォームにするか


建て替えするかは
まだ決定していませんが



実際にタウンライフで
私が申し込みしてみました(笑)



生活上、健康上を考えても
建て直したほうがいいと思いますが






・これで間取り作れるなら神


営業さんや設計士さんの
ヒアリングも無く
間取りを作るんですから



どれだけ詳細な入力項目が
あるのかと思ったら


タウンライフb


・家族構成と

・希望の家の広さと

・LDKの広さのみ




これで理想の
間取りが作れるなら



その人はいますぐ
設計事務所とか作って
独立した方がいいと思います


・・・・
・・・
・・


まあ、そういう神がかった人が
いる可能性もありますし



とりあえず先に進むと


タウンライフb-2



どのメーカーかだけ
間取りやカタログを貰えるか
選べるんですね



しかし残念ながら




母の実家がある地域だと
なんと2件

タウンライフb-3



ちなみに希望価格が安すぎなのかと
金額を上げても2件でした・・




タマホームは何度も
打ち合わせにいったので





1件のみ申し込みをします


タウンライフc


備考に電話はしないで
メールでやり取りお願いしますと
記入して送信しました






・施主とメーカーで相違が・・・



結果から言うと
電話は来ませんでした


その分メールが
何回か来まして


間取りや資料が
届く前に
何度もメール貰っても
返信しようがないのですが・・・





5日後に間取りと資料が
届きましたが・・・・


タウンライフd

(届いた郵便物)







タウンライフe

(タウンライフに送った私の本名)





名前を間違ってる・・・




展示場に行って
アンケートの字が下手すぎて
間違えたなら分かりますけど




PCで入力した物ですからねぇ・・・




名前を間違えて
送付する会社で


「家を建て替えるなんて
不安しかない」
ので


普通なら
母に紹介する事もないですし


本来なら開封することなく
捨てますけど・・・




一応開けてみると
ただのパンフレットだけでした



たしかに
メールにも
「資料送付ありがとうございます」とあったので



タウンライフは
間取り作成って書いてありますけど



ハウスメーカーからしたら
資料送付なんですね



というか、あれだけの
内容で間取りが出来たら



それはそれで怖いです・・・












・施主にとっては損しかない・・・



「一括資料請求」なら
便利じゃない?

って思う人もいるかもしれませんが




住宅を欲しいという人は
大変貴重な個人情報です




なので、このタウンライフも
11,200円もクリックして
資料送付されたらサイトに支払うのですが






例えばタマホームなら


タウンライフf


タウンライフを通さないで
自分で申し込みすれば



資料請求だけで
500円のクオカードが貰えますし




タウンライフg


その後展示場や支店に行けば
5,000円も貰えますが




タウンライフから
資料請求したら
1円も貰えません・・・



ハウスメーカーからしたら
タウンライフに広告料を払うのも


直接施主さんに
なるかもしれない人に払うのも


同じですが・・・



どうせなら家を購入するのに
大金がかかりますし



打ち合わせも長時間ですから
特に子供連れの場合なら


クオカードでも貰って
それでマクドナルドでも買った方が
絶対にいいと思います



私もタマホームから
クオカード貰いましたし


一条工務店でも貰えましたし


地元の工務店でも
予約して行ったら
結構貰える会社多いですし



実際に建てたレオハウスは
他社の見積もり持っていったら
10,000円のクオカードを貰えました







・という事でメリットがやはり無い・・・




別に一括資料請求の
サイトが悪い訳じゃないんですよ



ハウスメーカーなんて
「CMでやってる所しか知らない」って人もいますから


色々知れるのはいい事なので




ただ、これが無くなれば


実際に建ててもいない
建てる気も無い施主ブログという
謎な存在が消えるかもしれないので



だいたい
家を建てない施主ブログなんて



ラーメンを食べた事ない
ラーメン食べ歩きブログみたいな物ですから



しかもブログを見る方も一生に一度なので
経験が無いから信じてしまいますし・・・


一応数少ないメリットとして


資料請求時に
ハウスメーカーの一覧が出るので


知らないハウスメーカーや工務店を
調べるのには役立つかもしれませんが





それでしたら

タウンライフb-2



請求する一つ前の画面で
ハウスメーカー選択になりますので


ここで閉じてしまえば
資料は来ませんし


ハウスメーカーの
名前だけ覚えて
自分で公式サイト見れば



タマホームだけでなく
結構色々貰えますので
こちらの方がお得です















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング












2020年03月23日






今回は
400記事記念という事で



うまくいけば
同じ性能、施工内容で比較しても



ハウスメーカーよりも
ずっと安く家が建つ




地元の工務店で家を建てた方と




「地元工務店」VS「ハウスメーカー」という事で
チャット対談をさせて頂きました





今回の対談相手も
同じライブドアブログ仲間で


対談a


「26歳家好き素人が
2年間掛けて造った注文住宅あれこれ」

という住宅ブログをしている
Y.Uni(ゆに)さんです



山梨県民にとっては
「宿敵」ともいえる
静岡県に住んでいる方です(笑)




ちなみに300記事の時は
タマホームで建てた方と
対談しています












・まずはブログ管理人さんのプロフィール



一番の驚きポイントは
26歳という若さで
家を建てれたという
素晴らしい人生設計を持った方です




http://www.yuni-myhome.com/



結婚も24歳と
今の時代の平均からすると
かなり若いですね



私が24歳の時なんて
給料日前になると
中古ショップに行って


ゲームやCDを売って
生活していましたから・・・




昨年お子さんが生まれたので
現在は夫婦と
0歳の子供の3人暮らしになって



家が完成した時は
子供はいなかったという家族構成ですね



我が家の場合は
お兄ちゃんが41歳の時
妹は43歳で出産ですから



ハウスメーカーと工務店以外にも
若い世代と年寄り世代の
家作りの考えた方の違いも
色々出てきます




そして
ブログで家の写真を見ると
分かりますが


とにかくオシャレです

対談b

同じテーブル画像でも


これなんかは
「どこのモデルハウスだ」って感じですし



ちなみに我が家だと

対談c


一気に
生活感溢れる感じになりますし






我が家と同じように
スキップフロアがあるのですが

対談d


2畳のスキップフロアに
絵画や花など
オシャレ感満載ですね





一方、我が家の
スキップフロアを見ると


対談e

生活感満載の我が家です




同じような間取りで
こうまで違うのかって感じですが・・・



細かい造作などが
やはり地域工務店の
良さですね




そして
延床面積が37坪


土地代を抜いた総額が
2,600万円です







この作りで
大手メーカーなら
絶対に3,000万円は
超えていると思います



どうしても
ハウスメーカーの場合は
ちょっとした造作などでも
「オプション費用」がかかりますし



私も20代で
家を建てれる財力さえあれば



「こういう家にも住みたかったなぁ」
と思います


決して今の家に
不満があるわけでもないですが



やはり40代で家を建てましたので


どうしても理想より現実
早く繰り上げで返済を終わらせたいという



余り夢がある建物ではないと思います・・・



一方、対談相手の
Y.Uniさんは
26歳で建てられていますから



仮に35年ローンで
繰上げ無しでも
61歳で完済です





私の場合は
41歳で建ててますから



同じように61歳で
完済するには20年しかありません・・・

(20代、30代で遊びすぎたので仕方ないですが笑)







・それでは対談スタート





対談z

こちらのアイコンが私で
(自分のツイッターアイコンです)





対談x

こちらがY.Uniさんになります



主題は
地域工務店とハウスメーカーの
違いというのがメインです






対談aic1
まずは地域工務店に
決めるまでに

大手のハウスメーカーなどは
見学や検討はしましたか?





対談aic2
大手ハウスメーカーは10件程見ました
最初は工務店=怪しい
大手=安心
注文住宅=高い
というイメージでしたので
大手の規格住宅の展示場をとことん見学していました



実際に住まれているお家の見学会に行き
妻と「トヨタホームで良いね」というところまで
いっていたのですが

1回も工務店の話を聞いたことが無いという心残りから
気になっていた工務店に出向きました





対談e-2

坪単価60~70万円の
トヨタホームです



同じ大きさで
建てたら間違いなく
土地代抜きの総額は
3,000万円は軽く超えたと思います・・・






対談aic1
心残りという
気になっていた工務店というのは
どこで見つけたんですか?





対談aic2
和風な建物の
美容院を見つけたのが始まりです

その建物に憧れがあって
内装も見たくて美容院に通いました



建物について美容院で聞く勇気無かったので
「美容院名+建築」で調べまくって
その工務店だとわかりました


ちなみに全く宣伝していませんし
「地域名+工務店」で調べてもヒットすらしません





対談aic1
地元工務店を選ぶ際に
一番大変なのが
「情報が無い」という事なので


実際に建物を見て憧れて
さらに自分で調べて見つけたというのが
凄いですね





対談aic1
家の写真を見ると
「これで2600万円は安い」と思いますが
実際2600万円の提示は安いと思いました?





対談aic2
一般的に見ても家が
2600万といえば安いとは思いませんが

私のこだわりと理想を
ここまで再現させてもらった家としては
とても安く建ててもらったと思っています




大手ハウスメーカーでは
「どこを我慢するか?
しか考えていませんでしたが


工務店との打ち合わせでは
「予算内で頑張りますよ」
ほぼ全て受け入れてもらえましたから





対談aic1
最近の住宅ブログなどでは
家作りよりも
「住宅性能の数値がメイン」という方も多いですが
その辺の心配は無かったですか?





対談aic2
断熱方法なども本読んで調べましたよ
でも最終的に私はプロの意見を尊重しているので
工務店が自信もって
お勧めしてくれることに従っています


私の考えだと
素人がどれだけ考えても
複合的要因が多すぎて
どうしようもないってイメージです


というのも
大学で断熱の基礎となるような勉強してましたし
仕事では製品開発をしていたのですが
やっぱそんな簡単じゃないんですよね、モノ造りって



性能・コスト・人・場所・地域性など
全て絡んできてしまうので
そこを施主が考えるよりも
施主の判断がもっと委ねられるところに
時間を割こうと思いました





対談aic1
地元工務店の良さというか
必要以上な住宅性能
する必要が無いんですよね


もちろん予算に応じてですが
その地域のみで
営業していると


どれだけの断熱性能が
あれば充分なのかは
分かっていますので


もちろん
工務店の中には
分かっていないので
冬寒くて夏暑くなったり


逆に必要以上な
オーバースペックの
家を勧める工務店もたくさんありますが





対談aic1
家の断熱材と
窓サッシは何を使っていますか?





対談aic2
家の断熱はアクアフォームの吹き付け断熱に
床下はミラフォーム、
サッシはLIXIL SAMOS-L Low-Eガラスです





対談aic1
富士山の近くとか
特殊な場所じゃない限り
関東、東海地方なら
充分な性能だなと思います




対談aic2
もっと優れた断熱方法もありますが
費用のことなども考えると
必要十分な断熱方法かな?と思います





ちなみに

対談f


我が家は断熱等級だと5地域
Y.Uniさんの地域は6地域です



富士山近くだと
この辺よりもかなり寒くなるので
3地域もあったりしますが


この住宅性能でも
ZEH基準のUA値0.6程度までは
取れますから



4地域くらいまでなら
問題は出ないと思います







我が家の全ての総額が
土地代を除くと2,100万円ですから


しかもY.Uniさん宅は
我が家より3坪広いですので
坪単価50万と計算すれば
150万円差ですので



うまく工務店を探せば
350万円アップで
これだけオシャレな家も
可能という訳ですね






・間取りについて




対談aic1
1階に別室が無く大きくLDKと
スキップフロアもありますが
間取りの提案は最初から
工務店さんの間取り案でした?


自分でこうしたいと
何か書いたりしていきましたか?





対談aic2
まず自分の要望を伝えました

・スキップフロアがほしい
・1階はLDK以外の部屋はいらない
・キッチンは来客者から見られない位置 等々

そんな要望をまず伝えたうえで
図面を作成してもらいました





対談aic1
我が家と最初の希望が
全く同じです(笑)


私も最初に言ったのが

・1階は全部LDKで別室はいらない
・スキップフロアが欲しい
・屋根は絶対に瓦にして欲しい
・吹き付け断熱にして欲しい

これだけなので
間取りの希望は全く同じです









対談aic1
我が家と違うのは
完成するまでに子供はいなかったですが

子供が出来て
「ああすればよかった」とかありますか?





対談aic2
今のところないですよ!
私は24歳でマイホーム計画開始したので
子供を含め将来に対して
不確定なことがたくさんありました


そのため、LDK30畳と収納を増やすことで
自由度の高い間取りにしました





対談aic1
我が家は高齢出産ですので
子供についていける自信もないので・・・

スキップフロアとか階段も
子供が落ちないようにとか
色々考えてしまいました


私自身が平屋とアパートでしか
生活した事がないので
スケルトン階段のモデルハウスを実際に利用してみて
「これは無理」って理由もあります(笑)





対談aic2
スケルトン階段は賛否両論ありますよね
私は今年中には子供のために
ネットを張るなり対策必須です 笑





対談aic1
夫婦ともに若いですから
ある程度対策をすれば

子供に付いていける体力があるので
大丈夫そうですね(笑)


我が家は夫婦とも
体力もありませんし
インテリアを見せる能力もありませんから



対談f-2


子供が無茶をしない
片付け下手でも問題ない
作りになってしまったので


オシャレとは
無縁になってしまいました・・・












・土地選びについて



希望の間取り以外にも
土地選びも似ていて

対談g

川沿いの土地を選んでいます






我が家の場合は

対談h

線路沿いになりますので




人によっては
「絶対に選ばない」土地を購入した事になります











対談aic1
川沿いという土地ですが
私も線路沿いという
選ばない人もいる場所でしたが

どのような経緯と土地を決定した
決め手などあったら教えて下さい





対談aic2
お金持ちの都会の人がどうやっても
都会じゃ実現できない
田舎ならではの土地を探してやろう!って
想いがありました

そこで庭の真横に超綺麗な
一級河川の流れる土地を選びました





対談aic1
我が家の場合
妻が最初に見つけてきて
「いい土地見つけた」
言ってきましたが


私は
「線路沿いなんて子供が危ない」って
最初は見に行くのもいいやって思った位ですが


見た瞬間に即決で
行き止まりなので車が通らないので
分譲地の車の方が信号無いし
危険だよなぁって思いました





対談aic1
子供が生まれて
実際今のところは大丈夫ですが
心配な面はありますか?





対談aic2
川も線路もそうですが
その方向は今後建物が建つことが無いので
開放的な空間を作ることができる
というメリットがありますよね


もちろん、子供の心配や洪水の心配はありますよ
でも、どんな土地でも
100%安心なんてありませんよね?


仮に過去の災害の例から海や川まで
1km以内の土地OUTだとしたら
日本はおおよそ住めない土地ばかりで
全て危険な土地になってしまいます





川沿いという土地を生かして
生活を楽しんでいるY.Uniさんです


対談i

家から釣りが出来るっていうのは
釣りをする方にとっては
素晴らしいロケーションですし



隣に家は建たないので
開放感はありますし


土地代も「ワケアリ」の為
安くなるという


本人が理由に納得すれば
素晴らしい土地ですね





我が家の場合も
家から電車が見れますので

対談j

鉄道好きにしか
分かりませんが


この車両の写真を撮るのは割と大変で
それが家から見れるのは鉄道好きなら
「いいなぁ」って言われます
(ちなみにドクター東海と言います)







・工務店で良かった事、悪かった事




対談aic1
大手メーカーじゃなくて
地元工務店さんで良かったと思う事


また地元工務店を検討してる方に
メリット、デメリットを
教えて頂ければと思います





対談aic2
私は地元工務店さんには
ほぼメリットしかなかったのでは?
と思う程満足しています


あえて挙げるなら設計・価格の自由度
その地域に詳しいことですかね


逆にデメリットは
工務店選びを間違えると
デメリットしかないところだと思います


工務店は良い工務店は本当に良いですが
悪い工務店は本当に悪いと思います


だから、工務店選びが一番大切で
良い工務店に当たれば
順調な家造りのレールに
乗ったようなものです


良い工務店を選ぶためには
基本的な家の知識を
身に着ける必要がありますね




対談aic1
ハウスメーカーが
金額のコスパも含めると
60点~90点の家を作れるとしたら


工務店は
40点~100点と
本当に玉石混合だと思います


何件か見た工務店では
満足行ける工務店は
見つかりませんでした・・・





・私が思う地元工務店の「選び方」



前にも書きましたが
ハウスメーカーがファミレスとすると
地域工務店は個人の飲食店です




他に例えるなら


ハウスメーカーはチェーンの美容院なら
地域工務店は個人の美容院や床屋さんです
(床屋もあるのがポイント)



何しろ数が凄く多いですし
全国には約30,000社の工務店があり



私の会社に来る工務店だけでも
100社以上あります



美容院でも
「なぜやっていけてるんだ・・・」と思う
流行とか一切追わない


何やっても角刈りみたいになる
床屋さんとかありますけど


そういう工務店もあります・・・




そんなハズレのような
工務店に「安いから」って理由だけで
注文したら


当然いい家は建ちませんね・・・



そしてモデルハウスも持ってない
工務店がほとんどなので


今回対談したY.Uniさんのように
実際に完成した建物を見るというのは大事です



ハウスメーカーなら
モデルルームもあるし
色んなパターンの家が用意されていますが


地域工務店は基本少人数で設計しますから
その工務店の味が出ます


それが合う人なら
満足行く家が作れると思います



後は実際にはその仕様で建てなくても
ZEH対応かどうかなどを聞けば


ある程度の性能の家が作れるか
どうかは分かると思います





何しろ
断熱とか省エネとか
気にもしていない
工務店もたくさんあります



そして、ぶっちゃけ
凄いお金がある人と


余りお金が無い人は
ハウスメーカーの方がいいと思います






最新の技術、建材は
ハウスメーカーの方が研究が凄いですから


4,000万円とか
建物価格に出せる人はハウスメーカーに



また我が家みたいな
総額2,000万円程度の場合も


ハウスメーカーの
ある程度の性能を持ちながら
ここまでローコストに出来る技術ってのも
なかなか凄いです


ローコストメーカーの場合
余分なコストを無くすため
注文住宅と言いながらも


「この間取りは出来ません」
とか言いますし
(出来ても大幅に金額アップ



大量発注の為

キッチンやお風呂などは
全て「この中から選んでね」って感じの
選択になりますけど・・・
(それ以外は注文出来ても大幅に金額アップ



それでも
この性能で2,000万円位って言うのは
なかなか工務店でも難しいです



実際私も数件は工務店を見ましたが
2,000万円程度で
断熱材やUA値なんて気にすると
「価格ではタマホームさんに勝てません」
と言われたり


「この性能で充分ですよ」
こちらの意見を聞いてくれなかったりしました。


もう3年も前ですし
それほど寒い地域でも無いので
低予算だとまだアルミサッシのみって
問題ないって言う工務店もありましたし・・・



工務店の良さがいきるのが
2,500万円前後のゾーンだと思います



実際に今回のY.Uniさんや
とんでもない数値を叩き出す
超高性能の家のブログとかの家も
だいたいこの辺の金額です



大手なら3,000万円以上は
絶対にかかる家が


2,500万円ちょっとなら
凄いお得だと実際思いますし


家の適正価格って
実際この辺なのかなぁって思います



後一番大事なのが


工務店を選ぶ場合は
時間がかかるという事です


そして
それを当然と思えないと
いい家は建てれません


向こうから宣伝してくれませんから
見つけるまでの時間がかかりますし



ハウスメーカーみたいに
戸建て数で勝負していませんし


従業員数も少ないですし


打ち合わせの時間


部材を注文して
届くまでの時間


着工してからの時間
などなど・・・


なので
工務店が安くて高性能って
聞いたけど



早く家が欲しいってのは
そもそも無理だと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2020年03月16日






全国色々な工務店でやっている
768万円という大きなチラシ広告の家です



我が家も
賃貸アパートに住んでいる時に
768万円a


結構な頻度でチラシが来ました



全国に結構あって
どれも「768万円~」
大きく表示されている
似たようなチラシです



「まあ768万円で家は建たないよなぁ」

とは分かっていましたが・・・





それでも
結構安くはなりそうなので



モデルハウスの見学会に行って
色々を話しを聞いて
性能なども調べましたが・・・



結局そこまで安くはならず
そこまで性能も良くなかったのですが・・・



色々と妥協すれば
かなり安く建てれるとは思いますけど






・本当に768万円で家が建つ?


丁度完成見学会があったので
見学に行ったのですが


「この家はいくら位なんです?」
と聞いたところ


「付帯工事費やオプション込みで1,700万円です」
(土地代と外構工事代は抜きです)


・・・・
・・・
・・


という事で
普通のローコスト住宅と
特に変わる事無く・・・





では768万円の家は
どんなのかというと


768万円b


2LDKで施工面積19.25坪だと
768万円との事でした・・・





我が家の施工面積は


768万円c

39.14坪ですから
約半分の大きさですね



我が家も別に大きい家ではなく
普通の大きさの3LDKですから



19.25坪というのは
夫婦2人だけならいいと思いますが



かといって夫婦2人だけなら
平屋建てのが何かと便利で楽ですし


この大きさでもいいって人は
この価格は魅力かもしれませんが・・・


・・・・
・・・
・・


後、付帯工事費が別なので
こちらが250万円ですから


なので1,000万円プラス土地代が
最低ラインの金額ですね




そうなると

768万円d

タマホームの
一番安いプラン
「シフクノいえ」だと


延床面積24坪で
1,096万円です


こちらは税込みで
付帯工事費込ですから


こちらの方が安いですね


付帯工事費やオプション
施工面積などなど


住宅の値段表示なんて
ルールもないですから


安く見せようと思えば
いくらでも出来ますので・・・


ローコストなのは
間違いないですが


この工務店が
特別凄い安いわけでもないですね





もう少し面積が大きいプランもあって


768万円e


施工面積30.8坪で
付帯工事費込で
約1,400万円です




ちょっと面白いのが


768万円f


プロの一言
「2,000万円の家と変わりませんね」


というコメントがあるのですが


この施工面積で
2,000万円出せば


サッシはAPW330などの
樹脂サッシ


キッチンだってトクラスや
他メーカーでも
上級、中級グレード


在来工法なら
吹き付け断熱にダイライトだって
問題無く出来る金額ですが




標準仕様を見ると

768万円g


アングルのみ樹脂の
アルミサッシ
(デュオPGかフレミングですね)


キッチンもかなり低価格の
リクシルシエラ


750mmの洗面化粧台などなどの設備と


パネル工法ではなく
普通の筋交いにグラスウールなので



これを2,000万円って言う
プロって何のプロだって思いますが・・・



ただ住宅のプロって
書いてないので



家の事は全く知らない
麻雀やパチンコのプロの
発言かもしれませんが(笑)










・ちゃんと安い理由を分かって買うならいいですが


それでも
30.8坪で
照明、カーテン付き


付帯工事費と消費税合わせて
約1,4000万円ですから


たしかに安いのは
間違いないです


それでも設備や性能を考えれば
特別安いわけではなく
だいたい相場の金額だと思いますね


私は一番家を買う際に大事なのは
無理の無い予算だと思っていますから


ちゃんと調べて
この性能と分かって買うのであれば
全く問題ないのですが


他メーカーの2,000万円と同じ性能で
こちらは1,400万円と言って売るのは
余り良くないと思います




大手ハウスメーカーでも
2,000万円の物を


「2,300万円ですが
今なら300万円値引きします」って
言うメーカーもありますけど・・・



結局買う方が
何件も家を見て
相場という物を学ぶしかないですね


スーパーやドラッグストアなどで
同じ日用品や食材でも


高い物と安い物があって
高いものは理由があって高いわけですから


仕入れの見直しや
人材費の改善などは


今はどのメーカーもしていますから
これで600万円も安くなる事はありえません




◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング 









2020年03月03日






毎年行っている


オリコンの
ハウスメーカー
注文住宅ランキングというのがあります



オリコンa


私がレオハウスで注文した時も
金額の納得感1位とかで


看板が出ていましたが


「金額の納得感て
納得するから契約するんじゃないの?」


とは思いましたが


レオハウスは
2016年から3年連続1位だったので


どんなランキングなのか
調べたら



全然信用出来ない
ランキングでした・・・






・統計学上では1位も20位も誤差の範囲



こちらのランキングですが




調査サンプル数は
2020年度版だと
14,954人で



調査対象は
48社です


オリコンb

サンプル回収数は
5,345人で



回収率は35%しかありません



100人以上の回答が無いと
ランキングに入らないので

オリコンc


ランキング最下位の
アエラホームでも
48社中22位



残りの26社は
100人以上集まらなかったという事になります





単純に
5,345人÷48社だと
1社あたり111人ですが

オリコンd

回答数1位の
一条工務店は1,543人


100人以上の中で
一番少ないアエラホームは
回答数が106人


ランキング1位の
スウェーデンハウスは
回答数が179人と


バラツキがあって


回答数が100いかなかった
セルコホームや富士住建などは


施工数が違いますから
回答数の母数が違います


そして
統計学では


サンプル数、回収数で
誤差の範囲を出しますが






単純計算で
100サンプルだと
誤差として10%は
上下に誤差の範囲が出ますので



オリコンd-2


1位のスウェーデンハウスが79.71点




オリコンd-3


20位のアイフルホームが72.52点なので


1位と20位も
誤差の範囲になります




さらに%じゃなくて
点数ってどう決めるのか調べたら

オリコンe



オリジナルの集計ツール(非公表)に
自社で比重値を出していますから



言ってしまえば
好きなようにランキングは
操作出来ます






・他社の評価を下げる事も可能なランキング



この調査方法ですが


最初のイメージとしては


実際に建てた施主さんが
そのメーカーだけを評価すると
思っていましたが


検討した他のメーカーの
評価も可能です



なので
アンケート回収数は
5,345件ですが

オリコンf

回答数が100件以上の
メーカーの合計だけで


13,785件ありますから



ほとんどの人が
ハウスメーカーを
1件だけ見て決める事はないですから


このアンケートは
実際には選ばなかった
ハウスメーカーを


なぜ選ばなかったのかと言う
人のが多いアンケート結果になります




当然実際に建てたメーカーが
欠陥等なければ
一番評価が高く


検討したけど
建てなかったメーカーは


何かの理由があって
選ばなかったので
評価は下がります


なので
他社と余り比較されない


さらに独自の道を行く
スウェーデンハウスは
ずっと1位ですね
(私の収入では見学すら許されないですし



詳しい
スウェーデンハウス1位の
理由の記事は






こちらが参考になります


一条工務店なども
固定ファンは多いメーカーですが
スウェーデンハウスに比べると


同価格の
メーカーと比較されますから
実際に建ててない人からは
評価は下がりますね
(私も検討した位ですし・・・)





そして実際に
オリコンのサイトを見れば分かりますが

オリコンg



2位のヘーベルハウス
4位の住友林業
広告を出していますので


他社と色々比較されるメーカーで
広告も出してないのに
3位の積水ハウスって
やっぱりスゲーって思うランキングでした










・そもそも営利目的のランキングですし・・・



金額の納得感という
謎な順位とはいえ
3年連続1位ですし
(確かに安いのに満足していますが


オリコンh


総合順位でも
ローコストメーカーなら
一番上のレオハウスで建ててますから


出来たら信用したい
ランキングなのですが(笑)
(実際ほとんど値段順のランクみたいなものですが



調査方法を見ると
余り信用出来ないなぁって思うランキングで



そもそも
何のためのランキングなんだろうって
思う人もいますが



ランキングのページに
広告を出したり


オリコンi


一番高いプランは
300万円と


なかなかの高額で
ランキングのデータを販売しています


オリコンj


回答する側も
特典目当てってのは
手間がかかる以上仕方ないですが



過去12年以内に
新築の方というデータなので


未だに木材ポイントが使えたなんて
古い回答もありますし


スーモの
アンケートは過去3年以内に建てた人だけが対象で
契約書のコピーも必要ですが


こちらのアンケートは
そういう実際に建てたという
証明はいりません



そもそも
家作りは


同じメーカーでも


支店の違いどころか
担当の営業さんが違うだけで
評価も変わりますから


ハウスメーカー
実際にデータを購入して


悪いクレームの
参考にするのは
いいと思いますが


施主側が
これを参考にするのは


余り意味が無いと思います・・・






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング