◆新居引っ越し後の生活

2021年02月12日







最近は
何でも「サブスク」というワードで
毎月定額料金なサービスが
多いですが




我が家では
電気料金も3年前から
サブスクにしています



・・・・・
・・・・
・・・
・・



通常、電気代は
冬の方が高いと思いますが




我が家は冬のエアコンを




深夜2時にタイマーでONして


電気代a




・妻と子供が家を出る朝9時位に一回止めて




・その後、帰宅が19時位ですが
 また17時位にスマホからONにして



電気代a2


寝る時なので
夜10時くらいにオフをするので




・早朝2時~9時の7時間

・夕方17時~22時の5時間



合計12時間ですから
1日の半分はエアコンを点けていますので


ずっと暖かいです




本当は24時間
ずっと暖房をした方が
得かもしれませんし



手間もかからず暖かいと思いますが



妻の「もったいない病」のために
出勤する時、寝る時に消されてしまいます(笑)



そうは言っても
深夜2時から点けますので



エコの点からは離れますけど



エアコン以外にも
浴室暖房、ドライヤー、ヘアアイロン
などなど、割と電気代がかかる物を



一切、電気代の節約とか考えずに
使えた方が生活は豊かになると思いますので



電気代がサブスク
「毎月定額料金で使い放題」なら
とっても豊かになると思いますし



実際に我が家では
そのように電気代を運用しています





・毎月〇〇〇円で電気使い放題



もちろん電力会社が
このようなプランを作っていませんが




簡単な事で



「まずは電気代の支払いと
太陽光の収入を
同じ引き落とし口座にします」



もちろん支払いはカードで
その引き落とし先を
同じ口座にしても大丈夫です



さらに、電気代用の口座は
他には使わないと管理が楽ですが





こちらは我が家の
2020年の1年間電気代と
太陽光の収入です


電気代c



オール電化なので
ガス代などはありませんが



・去年1年間の総支払額が168,067円
・これを12で割ると14,006円




太陽光収入は
1年間で99,851円

・これを12で割ると8,321円






太陽光の収入を
全額電気代に使った場合


・1年間の電気代総額が68,216円で
・12で割ると5,685円ですから




毎月電気代をサブスクと考えて
6,000円振り込めば




1年間電気が
使い放題になります(笑)




私は2年目から
これをやっていて



実は去年は毎月8,000円の
定額プランとしてたので

電気代d



かなり口座残高に余裕があります(笑)





本来、太陽光の収入を考えたら
5月~7月は電気代は支払いしなくても
大丈夫なのですが



・どんなに使っても
 毎月6,000円って考えれば



とりあえずエコの観点は置いといて




冬場も快適な生活
電気代を気にしない生活が可能です





さらに今年は


https://reogress.net/archives/27623659.html



エアコンを長時間
点けっぱなしにしたら
電気料金が5,000円下がったので




今年はサブスク料金が
さらに下がると思います






・是非ZEHの方はこちらのプランを



我が家は
無料キャンペーンで貰った




3.24kwしかない太陽光パネルなので


電気代e

(3.24kwなのでこれだけ・・・)



ZEH認定のUa値0.6は満たしていても
太陽光の大きさで認定されませんから



電気代は収入よりも
支払いの方が多いですが




我が家が6kwのパネル付けたら
絶対に電気代の支払いよりも



太陽光収入の方が多くなります



「ひゃっほー太陽光の収入で
美味しい物食べに行こう」でもいいんですけど




ZEH認定の住宅で
電気代と太陽光収入の口座を分けて
一切使わなければ




楽天モバイルもビックリの
どんなに電気を使っても無料という
夢のような生活になります(笑)




10kw以下の場合
買い取り保証が
10年間ですから


11年目以降は無理ですけど




新築後10年間
電気代無料ってのは
インパクト大きいですね










・パートナーがケチ、倹約家なら是非太陽光とエコキュートを



太陽光は
人によって「損する」
「得する」
が違うので




オススメ派と
否定派が分かれていますけど






どちらもお金の問題が
最優先で議論されますが


「電気代がもったいない」が口癖の奥様でしたら
絶対太陽光を設置した方がいいです(笑)



太陽光を有料で設置したら
当然住宅ローンの負担は重くなりますが


その分
電気代は安くなりますので
倹約家の奥様でも気軽に使えますし(笑)




昼は太陽光があるので
遠慮なく使えますし



オール電化で
エコキュートもあれば
深夜電力はかなり安いプランに入れますので



こっちも深夜1時から遠慮なく使えます


電気代b




深夜1時~6時までは電気代が安いですから
起きるちょっと前に入れるよりも




2時から入れた方が
起きた時は家中完全に暖かいですし



この時間からエアコン入れると
結露も無くなります





ZEHなんて光熱費0円ですからねー
「ぱーっと使え、ぱーっと」
言える事も出来ますね(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング
















2021年02月07日







この度
ちょっとしたお誘いを受けまして


コダテルb




コダテルという
住宅ブロガーさんが集まるサイトで
記事を書くことになりました









とりあえず
ライターさん10人で
書いていくみたいです







ちなみに
2年ほど前に頼まれた奴

コダテルc





こちらは
1記事〇〇円という
ちょっとした謝礼を頂きましたが




今回は
1円も頂いておりません(笑)




アドセンスは貼れるらしいのですが
何しろライブドアブログを使ってる私には
分からない事だらけです






・多分、私が一番安いんじゃないかと・・・





ライターさん10人全員が
施主ブログを書いている方ですが






戸建て購入を
検討する人が読むサイトなので

「この家高そうだなぁ・・・」って人ばかりです(笑)




ヘーベルハウスの施主さんが2人もいて
そのうち1人はなんと1億円超え・・・




住友林業や一条工務店
セキスイハイムなどの
値段の高い施主さんも多いですし



後は地元工務店で建てた方もいて


統一感がまるでありませんが



まあ、このメンバーで
我が家が一番安いってのは
間違いないと思います(笑)






・という事で長持ちする家の作り方という記事を書いていきます




・金額が安く夢がない

・外構もまだ



などなど
読者さんに
夢を与えることがない私のブログですが(笑)






こちらは先日解体した木材

コダテルa


湿気でボロボロですねー



という、解体と処分業をしている知識で




「実際に長持ちする家ってのを
書いて欲しいのかなぁ」と思うので
とりあえずその辺を書いていきます




ただ、ワードプレスってのが
全く分かってないので
なかなか更新出来ませんが




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

















2021年02月05日







ブログで色々と書いていて




何人かの人に

「ブログ見てタカラスタンダードにしました」
言われると嬉しいのですし





中には
「ブログ見てレオハウスに決めました」
なんて言われると


責任の重さに
緊張しちゃいますけど(笑)





とりあえず
過去に4人ほど
「このブログが
レオハウスにした決め手でした」

言う人がいますので




レオハウスさんも


ヤマダのポイントくらい
少しはくれても
いいんじゃないかと思いますけど(笑)




今回は




イチオシしてる割には
一切流行らない気化式加湿器ですね・・・


加湿器a


これ、今の高断熱高気密住宅には
本当にピッタリな加湿器のですが



どうも評判がイマイチなので



どんなメリットがあるかと
なぜ流行らないのか考えてみますが



ツイッターなどで
色々と意見を聞いた結果



やはり
「便利だけど流行らないかも」って感じですね・・・


・でも、家の寿命は伸びるし

・結露しにくいし



メリットもたくさんあります





・気化式加湿器のデメリット=高断熱住宅のメリットです



色々な加湿器のタイプ別に
メリット、デメリットを書いてる記事も多いですが



まず多いのが





加湿能力が弱いって奴ですね




気化式は
水に濡れたフィルターを
風に当てて加湿しますので



173068411
(気化式加湿器の内部イメージ画像・・・)


仕組み的には
部屋干しをしている衣類に
扇風機を当ててるのと何も変わりません




スチーム式や超音波式のように
見た目に蒸気や霧は見えませんし




夏場の湿度が多いときに
部屋干ししても乾かないのと同じで



原理作用的に
凄い加湿が出来ません



それでも温度が20℃あれば
50%は普通に加湿出来ますけど




そこでニュースなどで
よく言われる

「部屋の湿度は60%を目安に」なんてのを
参考にすると



気化式は60%までは上がりませんが




乾燥を防いで
風邪などのウイルス対策には


加湿器b


20℃で50%あれば問題ないですし




今の高断熱高気密住宅なら
部屋の気温はエアコンだけで簡単に
家の中全部が22℃とかになります





加湿器c


22℃の時に
湿度が60%もあったら


絶対湿度11.6なので
加湿しすぎです・・・



家の寿命
木材の健康を考えたら
空気は乾燥してた方がいいですし


壁内結露とか良く聞きますけど


これも乾燥してれば
そもそも問題ないので
絶対湿度8~9がベストです



そして
気化式加湿器は



仕組み的に湿度が
一定以上は上がらないので
これは物凄いメリットです




もう一つ
扇風機を当ててる状態ですから


部屋が寒くなるってデメリットも
よく言われますが



高断熱高気密住宅は暖かいんですから
問題ありませんし



むしろ風が出るんですから
部屋の循環にもなります



一条工務店レベルの性能で
「リビングが結露した」なんて人は



いちいち湿度管理しなくても
過加湿にならないので



加湿器を気化式にするだけで
かなり結露する人が減ると思います






・低気温と環境変化に弱い「気化式」なので昔の家は無理です


色々と
「気化式加湿器 デメリット」で調べたら


まあ、悪い評判ばかりですが(笑)



もうひとつ





こちらも気化式加湿器を
オススメしていませんが(笑)




こちらは色々な
加湿器の分かりやすい仕組みがありますが




気化式部分を一部引用しますと

加湿器d


・気化式加湿器は温度が20℃以下だと
 加湿能力が30%程度になり


・気化式加湿器を十分に働かせるには
 室温を20度以上に保つ必要があり
 これでは加湿器の消費電力は低くても
 暖房費に余計な出費がかかりますので
 ちっとも経済的ではありません。



・また、同じく雨の日の洗濯物が乾きにくい様に
 気化式加湿器は湿度60%に近づくと
 それ以上加湿するのが困難になります



まあ「使い物にならない」評価なのですが



たしかに昔の家は
家の中全部を20℃以上に保つなんて
無理でしたから
こういう評価なのですが



今の高断熱住宅は
普通に20℃以上ですね



そして気密性能も高いですから
湿度も逃げにくいので
20℃以下で30%なんて事はありません





こちらは
我が家が留守でエアコンOFFの状態ですが


加湿器k


平均18℃の時に
48%はあります





そして50%を超えると
それ以上は加湿出来ない


この仕組みを
理解して貰えれば分かりますが



今の高断熱高気密住宅にとって
メリットしかありません



・それで暖めませんから
 電気代も低く


・熱くないので
 子供にも安心なので




私がイチオシしています












・でも無理な人は無理かも(笑)


なんて事を
ツイッターでも色々書いてたら



「あー私には無理」って人が多く




一番の理由は

加湿器e


10日に1回
フィルターを洗わないとなりません



さらに2~3年に1回は
フィルターを買い換えないとなりません・・・




メーカーサイトでは


加湿器f



・フィルターは10年交換不要

・月に1回水洗いでOK


このように記載してありますが


これは1日8時間使った場合なので



我が家ですと
24時間入れっぱなしなので
3分の1に短縮されちゃいます





イオン除菌ってのと


加湿器g



もう一つ
パナソニックの得意機能


効いてるんだか
効いてないのか分からない
ナノイーも搭載してますが


こちらは運転停止中にしか
働かないので


24時間稼動させている場合は
無意味ですね






・一番の問題「Panasonic」のやる気の無さ(笑)



やる気が無いのか



加湿器なんて新しい機能も
今更出てこないからか分かりませんが


毎年特に新機能も無く
ひっそりとパナソニックのみ
気化式を作っていますが



現在シェアNo.1はダイニチです



ダイニチは気化式にヒーターが付いている
ハイブリッド式ですね


加湿器h


基本は気化式で


気化式の弱点である
加湿が弱いってのを


最初はヒーターで
暖める事で対応しています




今の高断熱住宅でも


家にいる時しか
エアコンを入れない家庭とか


20℃以下の場合もあるので
うまく弱点を補っていますし




ダイニチも基本は気化式なので
加湿器i



フィルター清掃は必要ですが


ワンシーズンに1回の交換だからなのか
本気でシェア取りに行ってるからなのか



その辺は分かりませんが
フィルターが安いです

純正のメーカー直販で1,800円







一方パナソニックは


直販サイトは無いですが
だいたい値段が3倍します・・・



今の家なら
ヒーターは要らずに


気化式だけで大丈夫なので
パナソニックにも
もう少し色々頑張って欲しいんですが


・加熱しないから
 子育て家庭には安心ですし


・電気代も一番掛からないメリットもありますし



・・・・・
・・・・
・・・
・・


パナソニックみたいな
大きなメーカーで片手間に作る加湿器と



どんどん家が高性能化して


このままでは
石油ファンヒーターなんて
売れなくなるので


主力商品にしたいメーカーの
やる気の違いかもしれませんが



子供がもう少し大きくなって
加熱する危険が無くなってきたら


このままなら
私も次はダイニチかなぁって感じですね(笑)



スチーム式は大人でも危険ですが
ハイブリッドならそこまで高温ではないですから



まあ原理が単純なので
全然壊れないから次がなかなか無いのですが(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2021年02月01日







「今の仕事が嫌だなぁ・・・」


「上司にイラっとする・・・」



などなど、思った時に



割とストレス解消になるのが
転職サイト閲覧です


営業a



若いとか
色々とスキルとかあれば別ですが



スキルも無い40代なんていうと
条件のいい転職先は普通なくて



色々と見ても


・給与が凄く安い

・飛び込み営業

・そもそも正社員じゃなく派遣


などなど
なかなかいい条件はありませんから




普通なら
「まあ、今の所で働くか」
落ち着くのですが(笑)





今回は
いつもと違って


「ここで働きたいなぁ」
思う求人がありまして



目に飛び込んで来たのが
ハウスメーカーの営業求人です




どの会社を見ても
高収入で煽ります(笑)


営業b


・平均年収760万円

・5人に1人は1,000万円


という広告内容は



私も「いい年した大人」なので(笑)



「そんなの実際は一部の人だけでしょ」ってのは
分かりますけど



これだけ家についての
ブログ記事を書いているわけですから


・間取りが~

・断熱が~

・窓が~

・設備が~


なんて話が出来る仕事なんて
絶対に面白いと思うわけです




私のブログ記事を見て

「レオハウスにした」
とか
「タカラのキッチンにした」とか


過去に何人かありましたが
嬉しいですしね





しかも
ツイッターやブログの


現役営業マンさんを見ると


・皆さん、割といい給料貰えてる感じですし

・それなりに
 休みも取れているみたいですし



とにかく
家が好き=この仕事が楽しいってのが
伝わってきます




私もこれだけブログを続けてる位ですから
家の事は大好きなので


絶対に楽しいだろうなぁと思う訳です



それで、もしかしたら
今より給料が上がるなら



「転職もありなんじゃ・・・」と思ったので
色々と聞いてみました






・うちの会社よりは全然辞めない(笑)




とりあえず
悪い情報を聞き出そうと
ツイートしましたが








10年で3割まで減るという事で


要は10人いたら
10年で3人は残るわけで・・・


一般的な企業なら
離職率が高いのでしょうが



・現職の解体業と

・前職の旅館業なんて


もっと離職率高いですから


両方とも10年で
1割も残っていません(笑)



だいたい、10人いたら
1年間で9人は辞めていると思います



そもそもうちの
部署で私が一番の若手という位に
全然長続きしません・・・




そうはいっても
離職率は多いのかなぁと思うのは


営業c

(私は、26歳の571万円より給料低いんですが・・・涙)



一条工務店の求人ですけど




あれだけ売れているメーカーで
いつも求人を募集しているって事は
やはり辞める人が多いんですよね・・・




ただ、辞める人も多いだろうなぁと思うのは


未経験者可って書いてありますし



広告の収入に惹かれて
家に興味は無いけどお金に興味がある人が
たくさん入るけど
厳しいのですぐに辞めていくのかなぁと思います



3ヶ月間契約ゼロだと
物凄い罵倒されるという
会社もあるみたいですし・・・





このブログを見ている方は


・既に家を建てたか作っている方

・もしくは検討中の人が多いと思いますが



実際に、ハウスメーカーを
何社か見ると分かりますが


「あ、この人は家の事好きじゃないなぁ」って
営業さんも結構いましたし




「好きこそものの上手なれ」って
言いますけど


好きなら色々調べたり
すると思うのですが
そうじゃない営業さんも多かったです・・・




やはり、自分が売る物が
好きな物の人のが
長続きはすると思いますから



ツイッターで絡んでる
住宅営業の人は
みなさん楽しそうですが



共通しているのは
家が好きなんですよね




という事で
もしかしたら



解体業じゃなくて
現役住宅営業のブログに
変更するかもしれませんが(笑)



地元の展示場を見たら
思いのほか厳しい現実がありました・・・





・自分の理念と会社の方針の違い




これは、どんな仕事でも
同じですが


社会人は
時には自分の考えを押し殺して
会社の意見に従いますが



どうせなら
自分も買いたい家を売りたいと思います





そこで
地元の住宅展示場を見ると


営業d


このラインナップです



働かせて下さいって立場なのに
ずいぶん偉そうですが



なかなか「ここで働きたい」って
メーカーは多くありません



・生活に負担がかからない値段

・断熱、気密

・凄い豪華ではないけど満足出来る家


などなど
私が買いたい家と考えると




私は鉄骨メーカーは
売る自信がないので


営業e


ヘーベルハウスや積水ハウス
トヨタホームなどは
ここで落ちます




もちろん、色々とメリットも
あるのは分かっていますが







ちょっと山梨で
そこまでのメリットが感じられないのが
個人的な印象です




この中では
一条工務店が
当然、ダントツの性能ですが


「見た目の割に金額がちょっと・・・」という感じで


しかも最近
さらに上がってきてますので


安くて良い家とは
ちょっと変わってきますし



住友林業など
豪華な外観、内装ってのも
自分の趣向ではないですし



まあ、これは単に
私にお金が無いからって
理由もありますが(笑)




高価格帯は
自分の好みではないというか
売る自信も無いので


営業f

一条工務店、ミサワホーム
住友林業なども無理なので
既に半分以上無くなりました



地元の工務店は
見てない所は
ぶっちゃけ良く知らないので
良く分かりませんから




そうなると



パッと見
「ここなら働きたい」って会社は


・桧家住宅
・ウィザーズホーム


この2つくらいですね・・・


逆に地元の工務店で
自分の理想な所があれば
一番良さそうですが


webサイト見ても
断熱性能とか分からない所が
地方工務店だと多いんですよね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


働きたい会社としては


・断熱にこだわる会社

・もしくは吹き付けやセルロースファイバー



グラスウールなら
袋無しで熟練の大工さんが
丁寧な施工がいいですし


気密もしっかりしている所が理想ですが



ローコストだと
それは難しいので



吹き付けが標準ってとこが
ベターでしょうか



性能がそこそこ良くて
値段もそこまでは
高くない所


つまり
自分が建てたい家=働きたい会社なんですね






私が建てたレオハウスだと
標準が袋入りグラスウールで
吹き付けはオプションですけど


これが50万円とした場合に


私は絶対に50万円
出した方がいいと思いますが



それも施主さんの考え方次第ですからね



まさか
予算の関係上


断熱材はそのままでいいって言う
施主さんに


「そんなんじゃダメ!寒くて気密下がって後悔する」とか
言えないじゃないですか(笑)



そこは社会人として
「それでも充分ですよ」って
言わないといけないと思うので



それなら凄くなくても


・最低HEAT20 G1以上レベルで
 オプション次第ですぐにG2レベルなメーカー


・気密もそこそこはある
 メーカーがいいので


ちゃんと探せば
もっとあると思いますが


とりあえずぱっと見は
2社だけになりました





是非、「雇っていいよ」という
会社さんありましたら
ご連絡お待ちしています(笑)




出来れば、このブログは
続けたいので
色々書いてもいいとこがいいのですが


そんな会社は多分ないですね(笑)





などと、色々妄想は膨らんでおりますが
一応、今の会社でちゃんと働いていますよ



30代なら既に行動しているかもしれませんが
40代だとなかなか行動出来ませんよね・・・



本当にいい会社があれば別ですが



若い頃は辞めてから
次の仕事探そうでもいいのですが



この年齢になると
次が決まってから辞めないと
人生が大変な事になりますから(笑)




とりあえずは今の職場でも
「毎日楽しそうだねぇ・・・」
「悩みとか無さそうだねぇ・・・」




などと言われておりますし






・なるほど・・・土日休めないデメリットは多いらしい





うちの会社は
新築でもコンテナ置いたり
廃材処理をしますので



こんな転職したい話を
某メーカーさんの工務さんと
半分冗談で
話しをしてたのですが



ちなみに
お話したメーカーは
断熱、気密的にちょっと・・・
という感じなのですが



「営業は土日休めないから
すぐに居なくなるんだよねぇ」という事で




たしかに私も
前職は10年間ほど働いていましたが



土曜に休んだのは
10年間でゼロ


日曜に休んだのも
自分の結婚式の1回だけです




それで、子供が生まれるので
転職しましたが



妻は今でも
土日は仕事な日が多いですけど






このコロナで
どうなるのか分かりませんから



妻はパートなり
専業なりして頂いて


そうすれば私が
平日休めれば
今度から一人でゆっくり休めますし(笑)


などなど妄想してると



「楽しそうで給料も良くて
休みも一人で取れるなんて
最高じゃん」
って思ってますから



エントリーシート代わりに
ブログ記事を書いてみました(笑)










・冷静に考えて20代独身で家を売る人って凄い




そんなわけで色々と
「自分が営業だったら
どんな売り方するかなぁ」と妄想してて思ったのは




今だったら
外壁や屋根などから
間取り、設備も
自分の考え方、家族の考え方などあって
色々と自分の意見が言えますけど




私が20代の頃は


営業g

(都内だったので、今の住宅ローンより家賃高かったです・・・)



ワンルームアパートに住んでいましたが


当然、屋根や外壁、断熱材なんて
全く分かりませんし



というか間取りやキッチンだって
独身でワンルームですから
想像が付かなったわけです



なので家が欲しいって人に
アドバイスも出来ませんから



その状態で家を売る人って
凄いよなぁと思いながらも


そりゃ興味も出ない人も多いだろうなぁと


なんとなく離職率の高さに
納得しちゃいました







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2021年01月22日






引っ越して2年目までは
「いつも暖かいなぁ」
言っていましたが



3年目になると体が贅沢になり



今では
「20℃以下なんて寒いから嫌」という事で



去年までと比べて
かなり暖房を使っていますが



・寒いものを一気に上げるのは
 電気代掛かるけど


・温度キープは
 それほど掛からないと言いますので




夜中も仕事中も
エアコンを入れるようになりましたが


その結果


なんと去年よりも
電気代が5,000円も下がりました





これが1月分なので
12月2日~1月1日の電気代

電気代a


19,323円です



ちなみに我が家は
オール電化なのでガス代は掛かりません


「12月は寒かったですからねぇ・・・」






そして、これが1年前の
同じ月の電気代

電気代b

24,467円です







参考までにその前年の
同じ月の電気代は

電気代c

24,941円と
2年前と同じような金額なので




今回だけ「ガクン」と下がっています





今までは


・エアコンを起きる1時間前
 早朝5:00にオン


・その後、妻と子供が保育園に
 行く時、朝9時頃に止めて


・その後は帰宅時
 だいたい19時くらいに再度オン


・また寝る前にオフでしたが


電気代d


今シーズンからは


・深夜2時にオン

・朝9時にオフ

・また夕方5時にオン



このように
1日あたり5時間


1ヶ月だと150時間も
エアコンを長く使っているのですが



電気代は5,000円も下がりました



本当は完全に
24時間暖房にしたいのですが



何回言っても妻が「もったいない」と言うので



深夜2時からと
夕方5時からの運転ですが


これでも1日の半分以上は
エアコンが点いています





このおかげで


電気代e


一番寒い時が
寝てる時と家にいない時間で
それでも18℃はあって



起きて家にいる時は
いつでも最低22℃になり




・快適度はめちゃ上がって

・電気代は下がったんですから



めちゃ満足ですが




せっかくの性能がいい家も



上手に使わないと
光熱費の削減が難しいって事ですね・・・



ただ、もちろん電気代が下がるのは
理由があります






・体感で分かる「電気代下がるんじゃね?」な変化



我が家はHEMSとかないので




エアコンだけの電気代は
出せないのですが


電気代f


これで全部の
電気使用量は分かりますが




深夜2時から
エアコンを点けていると




朝8時になって
太陽が出てきたら



消費よりも発電のが上になります


電気代g



だいたい早朝4時過ぎには
設定温度まで上がって
後は温度キープの弱運転ですね




エアコンって
温度をキープしている時は
そこまで電気代が掛かりませんけど





こうすると
電気代で影響が大きいのは


電気代h


朝6時までは電気代が安い事ですね



実際に体感出来る事としては



私は朝6時30分には
出勤の為に家を出ますが



去年までは外に出ると
室外機が「うぉおおーん」
うるさかったのが


今年は静かです(笑)





6時過ぎたら


・17.78円が

・25.8円になるわけで


この差は大きいですから



深夜割引電力がある人は
思い切って深夜2時とかに
オンした方がいいですね





・夜も全然違う実感が




エアコンを止める時間は
朝9時位と毎年同じですが




今シーズンは
夕方の再起動時間が違って




今までは帰宅時の19時くらいだったのが
17時オンになっています

電気代i


昼は日射で温度がキープ
もしくは上がるので



夕方5時だと
下がり始めにオンするので




こちらも室外機が去年より
マイルドに動いてます(笑)




一番「快適だなぁ」と思うのは



去年だと冬に2,3回ですが
帰宅時にブレーカーが落ちたんですが


今年は大丈夫です




今まで
「ブレーカー落ちても仕方ないなぁ」ってのは


帰宅時からすぐは
夕食の準備があるので


・炊飯器が動いて

・IHコンロが動いて

・電子レンジも動き

・同じタイミングでお風呂も入るので
 浴室暖房も動かします



ここにエアコンのピーク運転が重なると
ブレーカーが落ちる事があるのですが






夜7時の段階では


電気代j



すでに気温が安定してるので
ブレーカーは落ちません






ちなみに帰宅時に
リビングの温度が下がる理由は


電気代k


お風呂の脱衣場の温度を上げるために



家族全員お風呂が終わるまでは
2箇所の引き戸を開けて
脱衣場の温度を上げる為です






・1ヶ月でswitch botの元が取れた(笑)



毎日「深夜2時」
「夕方5時」にオンってのは



日立のリモコンでは
残念ながら出来ません・・・




「オン」「オフ」1つづつしか
設定出来ないので




いちいち毎日変えるのも大変なので






何回でも温度設定や
外からオンオフも出来る
switch botを購入したのですが



こちらが3,980円でしたので
1ヶ月で元が取れましたね




ただswitchbotも欠点があり




深夜2時と夕方5時に毎日オン
温度と風量も設定出来ますが


電気代m


switch botで起動させると
人感センサーとか間取りサーチとかが
動かないモードになるので



結局、エアコンのリモコンで
センサーオンをします



まあ、人がいない時間に動くので
センサーとか要らないですが



うっかりしてると
ただの自動運転になってるので



その点だけは
改良して欲しいなぁと思います










・電気代の家庭ごとの比較はアテにならない



昔は私の記事でも
毎月の電気代記事を載せていて



結構、毎月の
電気代書いてる人も多いのですが



はっきり言って
これで住宅性能は全く分かりません




HEMSがあって
エアコンの回路だけ測定が出来れば
参考になりますが



トータルの電気代だけ見ても
普段の生活での電気代が
家ごとに違いますからね




例えば、我が家の光熱費で
一番安い月は
6月分(5月1日~5月31日で


電気代n


8,291円です







同じ月の前年は

電気代o


8,125円ですから
ほぼ同じですね




この時期はエアコン使いませんから



つまり我が家は
冷暖房費が0円でも
電気代が8,000円掛かっています



なので電気代を比較するなら
全く冷暖房を使ってない月の
電気代も参照しないと




家庭ごとに
使う電気量は違いますから
冷暖房費の比較にはなりませんね





そもそも全く同じ性能な
我が家の去年との比較で


エアコンの使い方変えたら
ここまで下がった訳ですし





まあ、参照するなら
一番安い月で8,000円ですから


これに、何もしなくても
エコキュートで沸かす電気量が
冬は上がりますから


これに3,000円掛かるとして



残り9,000円なので


1日当たり300円が
ZEHレベルな性能の
暖房費ってとこですかねぇ




高性能住宅の方を見ると


https://dodomakase.com/24-hour-heating/2021/01/04/


HEAT20 G3レベルで
1日150円位




G2レベルだと1日200円位みたいなので
だいたいこの辺だと思います


もちろん同じ性能でも
立地によって全然変わりますが



お金に余裕があれば
性能上げた方がいいかなぁと思いますし



余裕が無くて
ローコストでも
ZEHレベルは欲しいのかなぁと思います



これよりワンランク下げちゃうと
そもそもエアコン1台で家の中全部が
暖まらないかと思いますね・・・





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

















2021年01月15日







24時間
家の温度と湿度が測定出来る
switch botを2台購入しましたので



温度a2



実際に我が家程度の
ローコスト住宅だと




1日の温度ってどうなるのか
測定してみます




どうせなら
物凄い寒い日の方が



性能が分かりやすいと
思っていたら




12月下旬に
凄い寒気がきて


温度a
(12月でこの寒さは記憶にない・・・)



住んでいる
山梨県甲府市の気温ですが



・最高気温9.3℃


・最低気温は
 なんと氷点下5.3℃



・さらに前日の
 最高気温も9.1℃と




物凄く寒い
いい測定日になりました(笑)




測定した結果
高断熱も大事ですけど



それ以上に高気密って
大事だなぁって結果になりました








・測定する場所はLDKと寝室です




まずは測定条件ですが



我が家はリビングのエアコン1台だけで
1階、2階の全てを
暖房しています





1階の間取り図がこちら


温度b


赤いところが
暖房が効いて
同じ温度になってる場所ですね




廊下と脱衣場は
引き戸なので開けっ放しにしています



・1階はLDKとスキップフロアで24畳

・階段や脱衣場、廊下などで6畳



そのまま吹き抜けと
リビング階段を通して
1階のエアコンで



2階も全部暖めます


温度c


・寝室2つで14畳

・廊下、階段と吹き抜け部分で6畳




だいたいエアコン1台で
50畳くらいを暖めていますね






測定器の1台目はいつもの
スキップフロアに置きます


温度d


ここですね






スキップフロアには
吹き抜けで


温度e


北側に面した窓が
たくさんあるので



ここの気温が
暖かければ
LDKは当然全部快適です




まあ、実際生活してて
温度差があるような事はなく
どこにいても同じ気温です





そしてもう一台は


温度f


2階の寝室です






エアコンの暖かい風が
届くように


温度g



ここのドアはずっと開いてます



最近は兄妹一緒だと
ケンカか遊んでばっかりで寝ないのと


万が一コロナ感染の際に
全滅リスクは避けようと



・私とお兄ちゃん

・妻と妹


と離れて寝ています




子供が思春期になると
ドアを開けっ放しという訳には
いかないのですが





今の所はドア開けっ放しに出来るので
リビングのエアコン1台だけで
1階、2階全てを暖房しています




その為、我が家は
寝室も廊下も脱衣場も
全部引き戸で作っています




引き戸だと開けっ放しでも
邪魔になりませんしね






・我が家は24時間暖房にしていません



測定日の12月22日は


寒波の中でも
一番寒い日です





この日の気温は


温度h



・最高気温 9.3℃

・最低気温 -5.3℃


今年の12月下旬は
ずっと寒かったですね・・・





ちなみに我が家のスペックは



断熱材はアクアフォームで

・壁に90mm

・天井に170mm

・窓はサーモスⅡ-Hで


太陽光が3.24kwしか載ってないので
ZEH認定はされていませんが


Ua値だけなら0.6以下って性能ですね



3年前だと
ローコストメーカーでは
一番性能のいいスペックでしたが


今だとローコストメーカーでも
並というか標準くらいですね



そして24時間暖房は
妻の「もったいない」という意見のため
行っていませんので



昼間や寝てる間は
暖房は付けていません





寝る時間の


・夜10時位にエアコンOFF

~4時間後の~

・深夜2時にタイマーでエアコンをONして



・朝出掛ける9時位にまたOFFにして

・夕方再度
ONにします






・まずは就寝中~起床時





こちらがリビング(スキップフロア)の
測定データです


温度i




前日の夜10時は
22.5℃あって
まあ普通に快適って温度ですね




そこからエアコンをオフにすると
どんどん気温が下がって



4時間後の深夜2時には
18.7℃まで下がっています



1時間に1℃下がるペースですから



夜10時~朝6時の8時間エアコンを
止めてしまったら
15℃位になっちゃいますね




それでも昔の家に比べたら
かなり高性能だとは思いますけど
(昔の家なら10℃切るはず・・・)




まあ、結露防止や



我が家の深夜電力は
夜中1時~朝6時までは安いので



朝6時までには
家中暖かくなるようにした方が
電気代も安くなるので



深夜2:00に24℃設定で
エアコンをオンにして



いつも6時に起きるので
起きたら23℃に設定を変えています







・同じ時間帯の寝室です





こちらが2階寝室のデータです



温度j




やはり1階のエアコンから
熱を運ぶので



リビングに比べると
時間帯によりますが
0.5℃~1℃は低いですね


とはいえ
これが気密が悪い家だと
2階との差がもっと出ますし



C値2.0より悪いと
恐らく2階は余り
暖まらないと思いますから




やはりローコストには
吹き付け断熱だなぁと実感しています





実際に生活するのに



「とりあえず
この性能でも充分」って
言ってる意味は
分かってもらえるかと思います



もちろん
予算があれば
もっと性能上げた方が快適ですし


ここ3年で
ローコストも性能が上がりましたね




今の新築と比べると
ちょっと性能不足感はありますが
とりあえず快適には過ごせています


・・・・・
・・・・
・・・
・・



実際に超高性能住宅に
住んでる方だと



我が家が朝までエアコン切ったら
15℃とか言ってる時に



18℃とか
キープ出来ると思いますから



こっちのが快適なのは
間違いがありません




いつも
「ローコストでも
最低限の性能は確保しよう」と言ってるのは



我が家より性能が落ちると
そもそもエアコン1台だけで
家の中全部が暖まらないと
思うので



最低限
これくらいあれば
温度の面に関しては
快適かなぁと思います


・C値で1.5程度

・Ua値で0.6程度ですね



特に空気が逃げなくする為には
高気密ですね



高気密が得意な
工務店やメーカーなら
何でもいいんですが



やはりローコストには
吹き付け断熱は
マストだと思います



こんなに簡単に
気密が取れる商品って
他に無いですからね




ちなみにこのグラフで
6時から7時の間に
ガクンと下がるのが



玄関開けたり
洗濯物を干すのに窓を開けるからですね



特に寝室からベランダにいくので
ここはガクンと下がります・・・





・次にみんな出掛ける朝9時~帰宅時の夜です




・就寝中の一番寒い時間で18℃

・起きたら23.5℃あるので



まあ快適ですが
こちらはエアコンのおかげですね




次はエアコンを使わない
時間帯です




私は6時30分には
家を出ますが




妻と子供が保育園に行く
朝10時位に我が家はエアコンを切ります


温度k





午前中はなにしろ
この日は凄い寒くて


温度h



・朝9:00 にはまだ氷点下0.7℃

・昼12:00でも6.3℃なので


昼までは一気に下がりますが




この日は晴れで
12:00には6.3℃なのが


15:00には9.1℃まで上がりますから


上がるといっても寒い日ですけど
日射取得の影響で
昼間は下がっていませんね



だいたい外の気温が12℃位ある日は
我が家も気温が上がっていくのですが


最高気温10℃って日は
平行線のままです・・・



とはいえ
これだけ寒い日に
7時間で3℃しか温度が下がってないので
充分快適な性能だなぁとは思います




家の性能は予算によって
変わりますから収入などで差が出ますが・・・



太陽の熱は全員平等ですから
うまく日射を考えて家を作った方がいいですね







・17時~就寝まで




元々Switch botを購入して
モニターしたのも




夕方にエアコンを外出先から
点けたかったからで







人間ってどんどん贅沢になるので



最初の1~2年は
「この家めちゃ暖かい
エアコンもすぐに暖まって1台でOK」なんて
喜んでいましたが



今では
「いつも20℃は欲しい」
すっかり贅沢な体になったので(笑)




19時頃に帰宅しますが
17:00にはタイマーでONにします


温度L


まあずっと快適ですね




・そしてまた寝る前にオフにして

・翌深夜2:00にオンにしての繰り返しです





寝室の温度はこちら


温度m


いつの時間も
リビングより1℃位低い感じですが



こちらも快適です



私が住んでいる地域で
これだけ寒い日は
滅多にないですから



この日が暖かければ
1年中大丈夫です






・やっぱり光熱費で元は取れないはず・・・



という事で
1日中、家の中全部が暖かいので


前のアパートでしたら
コタツや石油ファンヒーターがあって




それも一部分だけしか
暖かく無かったですから
物凄く快適になりました






去年、こんな記事を書きましたが





光熱費ってのは
性能だけじゃなくて
間取りなどでも全然変わりますが




1年中、家の中を全部
快適な温度にして



年間の光熱費が


温度n


我が家はオール電化なので
これが全てで
1年間の合計金額が
168,000円です



エアコンなんて使わない
5月の電気代が8,200円ですから



実際は寒くなって
エコキュートの代金なども
増えますし



冷暖房費でかかるお金なんて
年間5万円程度ですから




お金の面だけでは、今の所は
ZEH程度の性能プラスエアコンが
一番コスパが高いです




去年の記事のグラフですが


これは
一条工務店の比較画像ですけど



冷暖房費が10万円以上かかるなんて事は
実際はありません


温度o


我が家の性能と
一条工務店のi-smartを比べて



30年間の冷暖房費の違いが
かなり多く見積もっても
160万円です



我が家も一日中快適な温度で
この程度の差しか出ません



じゃあ、高性能な住宅は
要らないのかと言うと



予算さえあれば
高性能な方がいいですし




光熱費とは別問題で考えて欲しいですね








・高性能住宅は光熱費を比べないで欲しい



これ、私がいつも
ツイッターで言ってるのですが



高性能住宅の広告って
光熱費で得ってのが多いのですが



ちょっと計算すると
そんな事は絶対に無いってのが分かります




でも、私は
「予算さえあれば
高性能住宅の方がずっといい」
と言っています





光熱費じゃなくても



・冬だけど半袖1枚でも大丈夫

・夏も冬も布団が同じ

・乾燥ってエアコン使わない方がいい

・晴れてればエアコン無しでもいける

・って言うか暑い

・結露しにくい



などなど


光熱費アピールじゃなくて


寒くないのって超快適ってのを
アピールした方がいいと思うんですよねぇ・・・





室内が同じ22℃でも


・エアコンの22℃と

・無暖房の22℃では


無暖房の方が快適って思いますし





我が家だって
お金に余裕が無いだけで


金があったら
もっと性能上げたと思いますし





ただ、エアコン1台で最低限
「快適な家」って事を考えると


・やはりC値は1.5程度

・Ua値0.6程度

これくらいは最低限必要ですねー



そして、これくらいなら
ローコストでも充分可能です




後、高性能住宅は
自由な間取りでも快適な温度です





過去記事でも書きましたが


https://reogress.net/archives/27268072.html


一番影響が大きいのが
玄関ですね







例えば
我が家は玄関ホールは
風除室のように独立してますから
(ローコストの並性能にはオススメの間取り)


温度b


一番断熱が弱い玄関の影響が無いですが



この性能で
玄関に階段、トイレとか作ったら
めちゃ寒くなるので
(玄関はK4ドアなのでUa値4.07・・・)


間取りの自由度が下がります




玄関が
どれくらい家の温度に影響するか



次回は寝室のモニターを
玄関に移動して
温度を測定してみます





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年12月31日







昨日、今年最後の記事なんて
書きましたけど




大晦日ですし
ちょっと「モヤモヤ」した
小ネタ話を書いていきます






・一条工務店は「スペシャル」だから仕方ない・・・




メーカーに何か問題があったり
モヤモヤしてる訳じゃないんですよ


一条工務店a



ローコストに比べたら高いとはいえ



積水ハウスや
ヘーベルハウスに比べたら低価格で



気密や断熱は高性能ですから



それは素晴らしい
メーカーだと思いますが



・今まで断熱、気密とか知らなかった人が
 家を建てようと思って色々調べて

  ↓↓↓

・断熱、気密が大事ってのを理解して

  ↓↓↓


・その結果
 一条工務店で建てる



ここまではいいのですが




「なので一条工務店以外は
性能が良くない」


という思考になり



「一条だけ特別」って
思ってる人がいるんでしょうね




とは言え
私も大人ですから(笑)



別に
これだけでは
「モヤモヤ」はしませんけど





ツイッターとか
ブログなどで




例えば


・間取り案や設備選びは
 もちろん


・カーテン選びとか

・窓サッシの色とか



性能とは全く関係ない
部分ですよね




ツイッターとかブログに
質問したい場合




普通なら



「皆様〇〇はどうしましたか?」


とか


「〇〇の部分でアドバイス下さい」


とかツイートするの人が多いのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・





何故か
一条工務店の施主さんは


「一条工務店で建てた方に質問です
〇〇はどうしましたか?」



頭に
一条工務店で建てた方って
指定を入れるんですよ・・・



設備とか
オリジナル品が多いですから
その点の質問なら分かりますけど



色とか間取りとか
コーディネートの問題とか
家の乾燥の話とか




「ハウスメーカー関係ないじゃん」って
思うのですが




残念ながら
一条工務店で建ててないので
質問に答える事が出来ません



・・・・・
・・・・
・・・
・・





なんというか


一条工務店b


「一条かそれ以外か」

みたいな感じですね




「お金出せばローコストだって
同じ気密に同じUa値で
作れますよ」って思いますし



高気密、高断熱が得意な
工務店さんなら
もっと高性能な家も作れますし


加湿器とか乾燥の問題とか
「いや、それは間違ってる」
アドバイスをしたいのですが




「一条工務店の施主さんに質問です」って
最初に書かれちゃうので
答えようがありません(笑)










・一条工務店以外は寒い・・・




後、多いのが



「一条工務店だと暖かくて快適」

「一条工務店だと結露しない」とか


ここまではいいのですが






なかには

「一条工務店以外は寒い」


という結論になり



いやいや
高気密と高断熱の結果じゃないですかと
思うのですが




一条以外の家は
低性能で寒いって思っちゃってるので
仕方ないですね・・・




そうは言っても
我が家の性能では
勝ち目がありませんので(笑)





是非



某四国のペンギンさんあたりが
「うちのが暖かい」
言ってくれればと思いますが(笑)




ツイッターで色々見てると
一部の方は



一条工務店位の性能は
他では作れないと本気で思ってますからねー




家ってのは
パーツの組み合わせですから



決して一条以外では
作れないって事はありません



全国展開してる
ハウスメーカーだと
かなり限られますけどね・・・




まあ、ちょっとなら
微笑ましいで終わる話ですが


何度も続くと
「モヤモヤ」っとして
こんな記事を書いた次第です(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



















2020年12月30日






今年も終わりなので


最後の記事は



家作りにおいて
最近思っている事を書いていきます





・・・・・
・・・・
・・・
・・




注文住宅に関しては
今年も相変わらず
性能は上昇して



その分、値段も比例して
若干上がっている感じですね



住宅a


相変わらず
レオハウスは
公式サイトに情報がないので・・・



こちらはタマホームですけど
「標準が樹脂トリプル」
宣伝してます




そうは言っても


家が完成して
住み始めると



ついつい当初の目的


「なんで家が欲しかったのか」
忘れてしまいがちで




また建築中や打ち合わせ中でも



色々と夢のような
オプション設備とか見ると




ついつい当初の目的を
忘れてしまいます






先日も





可愛そうな火災の事故を見て



「そういえば子供が小さいから
安全の為に絶対にオール電化と言ってたなぁ」
思い出しましたが




当たり前に生活してますと
ついつい忘れてしまって






ガスコンロ欲しかったなぁとか
記事を書いちゃったりしちゃいます





住宅a-2

(1口をガスコンロと言って2口以上をガステーブルと言うみたいです)




火事の原因で一番多いのは
圧倒的にガスコンロですからね




特に子供が小さいので
「オール電化にしよう」と思って作りました




それのが光熱費も安いですし(笑)







・最初の目的を忘れなければ大丈夫



だいたい
家事動線とか住宅性能なんて



ほとんどの場合は
「家を建てよう」って思ってから









「じゃあ、どういう家にしよう」


打ち合わせなどをして
初めて浮かぶ事で





それより前ですね
「何故、家を建てようと思ったか」の状態を
忘れない事です





私の場合は


住宅b



・子供が生まれて、住んでいるアパートが狭くなった

・将来何かあっても子供に資産を残したい



主に、この2つですね



夫婦とも41歳で初めて
子供が生まれたので


とにかく子供の為が一番の理由です



・今のアパートでは手狭だし

・庭も無いので遊べないし




そして、私は


一切働かない父の元で生まれて
生活保護世帯という
超貧乏な家庭で育ったので




将来何があっても
子供に資産を残せるように
家を建てました




「戸建ては負債」とか言いますけど



それは築30年~40年経過した話で



それまで生きていれば
子供は成人しますので


家は負債でも何でも
土地があるだけで充分です



なんでしたら
私の会社で解体しますし(笑)




仮に子供が小さい時に
私が亡くなった場合ですね



団信に入っていれば
築20年以内の家なら
間違いなく資産として残せますし



妻が再婚するかは分かりませんが
家と土地があれば
妻の収入だけで充分やっていけますし





・予算は絶対に超えない



予算に関しても
最初に決めた事は守りました



当時の家賃が
59,500円なので、それ以下



とんでも無い貧乏な家で生まれたので
お金の大事さは良く分かっていますし




もう10年以上前ですが


パニック障害やら鬱病になって
働けなくなった時期があるので



・最悪コンビニやマックのバイト

・いざとなったら妻の給料だけでも
 払える金額




そう考えると
ローンは毎月6万円以内は
絶対に守ると決めていました




魅力的はオプションや
高性能な建材もありますが


「予算の中では
最善を尽くしましたが」



世間がHEAT20 G2や樹脂トリプルとか
言ってる事を考えれば


我が家の家は
そこまで高性能じゃないですね・・・





それでも



冬暖かくて夏涼しい家で



当時の予算内で
未だにこれ以上の性能と間取りは
作れないはずと満足しています



canvas5


こちらは12月の1週間の
我が家の気温データですね



我が家は仕切りもなく
吹き抜けなので
家全部を1台のエアコンで暖めて




家の中全部この温度になりますが



canvas30



これだけ外は寒くても
18℃以下にはなりませんので
快適だとは思います




我が家は
24時間暖房とか
妻が「もったいない」と言ってしていませんので


・エアコンは早朝オンで
 出勤時にオフ


・また家に帰ったらオン
 寝る時にオフって感じですが




凄い寒い日でも
これだけの温度なので




実際に住んでいて
この程度の性能あれば
快適だとは思います





ただ、ガチな高性能住宅は
夜中にエアコン入れなくても
18℃キープする家もありますから



予算の許す限りは
高性能住宅にした方がいいなとは
思います





とにかく予算に関しては



我が家の育ちの問題と
過去に働けなくなった事から
絶対に守りました



最初の目的が
子供と妻の幸せの
ための家ですから



これだけ快適な温度なら
充分だと思ってます




私がよくブログに書く


「家はツール」



これですね
家を建てることが目標じゃなくて


家は生活する為のツールですから


家の為に生活が苦しくなったり
娯楽費が減ったりなんて
何のための家か分かりません・・・




もちろんどんなに高性能な家や
大きな家でも
「建ててもまだまだ余裕」って人もいます



生活に余裕があるか無いかは
各家庭の収入で違いますので
とにかく比べない事ですね






・家づくりに関して人と比べない事



ぶっちゃけ予算の問題



ネットで相談するよりも
職場の同僚に聞いた方がずっといいです




既に家を持ってて
給料も同じくらいの同僚なら
割と参考になるかもしれません



それでもやはり
家庭によって全部違いますね




例えば



我が家が
いざとなったら実家で100万円とか
融通してくれるような余裕のある家なら
もうちょっと無理したかもしれませんし




「何があっても
人間働けるでしょ」なんて性格や


もっと大きくて安定した職場だったら
予算を増やしたかもしれませんね




公務員や大企業なら
自分の10年、20年後の
職場でのビジョンが想像出来るかもしれませんが


私なんか全く想像出来ません



先日も同僚が
腰を悪くして長期休養してますが


体も心配ですし
全員が昇進するような職場でも無いですし



まあ、余りにも貧乏な育ちだったので


そもそも普通に結婚して
子供が出来て、家がある事だけで
充分幸せですから



他人とお金で比べるってのが
小さい頃から無かったですが



ネットとかSNS見て
ついつい比べちゃう人は注意が必要ですね






・間取りや性能なんて、その後から決める事



さて、上記の家を建てる理由と
予算が決まったら


次は間取りや性能ですね




私の場合は
当然、子供の為に建てるので
子供が優先です




当然、子供部屋はありますし




住宅c


設備や間取りも


子供が生まれたから家を
買うんですから


子供を優先する間取りは当たり前です




これだって


・建てる目的や

・本人や子供の年齢

・持っている趣味で

変わりますので

余り人と比べる事じゃないですね








こちらの記事は
ヘーベルハウスの施主さんの記事ですが



詳細は記事を見て
頂ければと思うのですが



簡単に言うと



「豊かな暮らしの間取りは
人それぞれ違うという記事です」




なので売る方の
一方的な「豊かな暮らしの提案」



施主に取っては
何の豊かさも無い場合があるという



納得の話なのですが・・・



言いたい事も分かるし
間違ってないし


私も同じ意見なんですが
なぜか共感出来なかったんですよねー



なのでツイッターでは



こんな返信になりましたが(笑)



「家の考え方に関しては
全く同じなのに何故だろう」

色々考えたんですが



私の想像する豊かな暮らしに
「家」ってのが余り浮かばないんですね





「豊かな暮らし」で画像検索すると

住宅e


家の写真ばかりですが






この中で「これはいいな」と共感出来るのは


住宅f


この2つかなぁと思いますけど



これを見て
「引き違いの大きい窓なんて性能が落ちる」


とか


「天窓なんて気密が落ちる」


と思う人もいますし




「自分好みの
インテリアに囲まれるのが
幸せって」
人もいます




私の場合は


子供がいて、妻がいて
それで楽しければ幸せで豊かですから



・子供の為に家がある
 
・何かあったら団信で住むところは残せる



なので家は欲しかったですけど






それでも「家=豊かな暮らし」って
イメージは余りないです




何度も言いますが



私は「家=ツール」と思ってますから




そこまで生活に関しては
家に比重を置いてないのかもしれませんね




とはいえ、同じような記事







こちらの返信には








こんな風に
「エアコン1台で
家中が暖かいのは豊かだ」とも思いますから



どうせ建てるなら
間取りも性能も



予算の許す限りは
満足した家にしたいですよね






・ローコストでも幸せになって欲しいですねー



個人的にハウスメーカー選びが
一番難しいゾーンって
建物本体の予算が
2,500万円位かなぁと思います




性能重視なら

・高性能工務店や一条工務店



見た目重視なら

・住友林業や積水ハウス



この辺がどれでも選べるわけですから
大変ですね



まあ、ローコストでも
色々と大変ですけど



まあ、私なら
見た目にはこだわらないので
この中なら高性能工務店を
選んじゃうとおもいますが





そうは言っても
様々な事情や、家庭の収入などもあって


我が家みたいに


予算1,500万円ほどで
建てなくてはならない人も
いると思います



世間的には
見栄もあるのか



私みたいな


「こんだけローコストですよ
どーですか!」


みたいなブログは少ないんですけど(笑)




それでもせっかく
解体とはいえ家に関する仕事してますから



限られた予算内で
少しでも快適な生活になるように


ちょっとでも役に立つ
記事を書いていこうと思いますが



とりあえず
普通に夏涼しくて冬暖かいを
実現するにはZEH程度の性能あれば
充分ですから



予算が無い人まで
ネットや動画の影響で
無理をしないで欲しいですね



・・・・・
・・・・
・・・
・・


なので


・収入や、家を建てる目的

・さらには性格によっても



作り方や予算は違いますから
やはり人と比べる物ではありませんね











・性能を軽視してもいけないんですが・・・



私は「高性能は要らない」って
言ってるように
思われるんですが


これも違うというか



これも人それぞれなんですよね



例えば、高性能重視で建てた人に取っては


「我が家が暖房を使う時期でも
まだ暖房が要らないで暖かい」



これで満足してくつろげるなら
豊かな家だし正解ですし



実際、家の中全てが
同じ温度ってのは
予想以上に快適ですし




私が好きなメーカー
BESSの家

住宅g


ここだと高気密とか
ZEH仕様の断熱性能すら
ちょっと難しいんですが



ここで暖炉の前で
くつろげて満足出来るなら
これも正解です




本当に豊かな家ってのは
抽象的だし答えが難しいのですが



「自分が何故家を建てたいか」

「本当に欲しい家は何か」


これを知る事ですよね





実際にUa値が
0.4  0.5  0.6  0.7 で
どれくらい住みやすさが変わるか



同じ数値だって
間取りによっても違いますし


個人個人で体感も変わります


実際に我が家は
快適だと思いますが



結局、実際に住む人が
満足してればそれが正解です




後、普通なら
家族も一緒にいますから


旦那さん、奥様、子供
全員が満足するのが正解ですね




自分でブログ書いといて何ですが


人の意見なんて
参考程度に留めて




まずは家族で
色々決めるのが一番です







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年12月28日







最近リフォーム業界で大人気の


保証a



新築そっくりさんです






築30年ともなると
色々とリフォームしたりしますけど


保証b




先日リフォーム業界ランキングというのが
発表されて


保証c





新築そっくりさんの
住友不動産は2位なのですが



それ以外の会社は
1位積水ハウスから始まって


大和ハウスやセキスイハイム
住友林業と


ハウスメーカーの売り上げ
ランキングとほぼ同じです


要は自分で建てた
ハウスメーカーで
リフォームや修繕を行うというので


新築の売り上げ順と
リフォームの売り上げはリンクしますけど




住友不動産は
そんなに家は売れていませんから



ランキングの詳細を見ると



新築そっくりさんの
住友不動産は


OB客2割で新規客が8割です



・セキスイハイムは
 OB客97%の新規客3%


・住友林業も
 OB客9割 新規客1割ですから




いかに新規客が多いかが分かりますが



要は、新築そっくりさんなどの
自分で建てたメーカー以外で頼む人ってのは


自分で建てたメーカーの
保証は切った人なんですね





・他の業者に何もさせない囲い込み




前に2階にテラス屋根欲しいなぁと思って







ネットで注文すると安いのですが
結構大掛かりな工事なので



「これって家の保証切れるよなぁ」
思っていたのですが





ハウスメーカーによっては
物干し竿の取り付け金具
これを自分で付けるだけでも
保証が切れると言われたそうで



当然ハウスメーカー経由で注文すると
金額が上がりますし


これくらいなら自分で出来るってのも
ダメなので


「こりゃ一生囲い込みだなぁ・・・」
いう感じですが



一番の問題は
家を建てて10年以降ですね


多いのは
10年目まで無料で点検


その後も
点検は無料だけど




その際に
ハウスメーカーが


「ここはメンテナンスして下さい」という箇所を



有償で全部行わないと
保証が切れるというパターンですね・・・



保証が切れないようにするには
ハウスメーカーの言いなりで
有償メンテナンスをするしかありません





・我が家の例



レオハウスは一番多いパターンですね

保証d


・10年目までは何でも保証するよ

・10年点検時に補修が必要な箇所を言うよ

・上の補修を有償でメンテナンスしたら次の10年も保証するよ


というパターンですね


60年保証と言っても
当たり前ですが
お金はたくさんかかります




大手ハウスメーカーは
最近色々と変えてきて




これは積水ハウスですが

保証e


構造躯体と防水は
30年間無償で保証するよと



これは結構30年スパンで考えると
差が出そうですね



とはいえ30年間
全て無料ってわけじゃなくて



10年目で躯体や防水以外の補修、交換や
防蟻処理なんかは有償ですけど・・・



そうはいっても、積水ハウスやハイム
住友林業もですね



この辺は
ハウスメーカーにしか
頼れない事情があります






・独自工法の囲い込み


いいか悪いかは置いといて


「有償メンテナンスが高いし
今はお金ないし・・・今回はちょっと・・・」


これでお断りしたら
保証が切れます




とはいえ、世の中には
たくさんの工務店があって


防蟻処理だって
たくさん業者がいますから



「何かあったらそっちに頼むからいいや」


そう思っても
直せないパターンが独自工法ですね



そもそも町の工務店レベルで
鉄骨造の家はリフォーム出来る所は
結構限られますから


鉄骨のハウスメーカーは
基本、一生付き合った方がいいです




大手だと住友林業は木造ですけど
BF工法という独自工法なので


これも町の工務店レベルでは
「なんだこれ??」という話になります


いや、実際に
なんだこれ?とは言いませんが


経験の無い工法の
メンテを頼むのも怖いですしね・・・


ツーバイフォーもリフォーム出来ないと
書いてあるサイトも多いですが


こちらは
今はそこまでじゃないですけど


とはいえ特性が違う物ですから


・・・・・
・・・・
・・・
・・



(ツーバイ・・・余り経験無いけどまあ木造だし出来るだろ)
と、心の中で思いながら

「もちろん大丈夫ですよ!」と言う事もあります


もちろん
ツーバイは無理って
お断りの場合もあります



その点在来工法ってのは


どこにでもある普通の工法ですから
囲い込まれる事はありません


全ての工務店で対応出来ます



インプラントが出来ない歯医者でも
歯医者ですから歯の治療は出来るのと同じで



独自工法やツーバイは無理でも
在来工法はどこだって可能です



そのため
ある意味メンテナンスのボッタクリは
防げます(笑)




必要以上に高い費用を言われたら

「じゃあ他で直します」と言えます



別にどこでもメンテナンス出来ますからね



私なんかだと
仕事で会う現場の大工さんに
「今度ウチ直して」というのも可能です(笑)



一人親方だったら
中間マージン0なので


結構安く出来そうです










・新築そっくりさんで一番多い顧客




こちらはハウスメーカーのシェアですが
保証f


いわゆる大手ハウスメーカーを合計しても
わずか25%



中堅のハウスメーカーやビルダーを合わせても
実際、住宅の半数は地域工務店で
建てられていて




こちらは
工務店数の推移ですが


保証g


毎年平均して2万社は
倒産、廃業しています




なので
「建てたとこで直して欲しいけど
そのそも建てた会社が無くなっていた」



というのが一番多いので



そういう受け皿と
メンテ費用なので折り合わなかった方が



新築そっくりさんに
流れていってる感じですね



30年経っても
積水ハウスとか住友林業は
会社があると思いますが



いや、それも
分かりませんけど・・・



マイカル、北海道拓殖銀行
リーマンブラザースに日本航空


この辺が潰れるなんて
想像もしなかったですからね



まあ、大手は何かあっても
合併なりで生き残ると思いますけど



とりあえず
「何があっても」



健康で生きていれば
家は必要で
メンテナンスも必要になりますから



その点を考慮すると
在来工法ってのは


何しろ工務店なら
どこでも誰でも修繕出来ますから



そういうメリットは大きいです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















2020年12月18日







たまに問い合わせや
コメントなどで



「そこまで高断熱高気密なんて要らないですよねー」とか


「アルミ樹脂で充分ですよねー」とか



そういうのに
同意を求められるんですけど・・・






一応誤解の無い様に言いますと



私は本来は
性能重視派でして・・・




とはいえ
このブログも500記事以上ありますから



全員が全部の記事を
見て頂けるわけでもないですし




とりあえず言っときますけど



・基本は今から家を建てるなら
 樹脂サッシのがいいですし


・フレームが細いのが希望なら
 サーモスXもありますし




https://reogress.net/archives/25252080.html



これは今年(2020年)の6月に書いた記事ですが



ローコストでも最低Ua値0.6は欲しいと
書きましたけど




性能がどんどん
ドラゴンボールのように上がってるので(笑)



予算さえあれば
もっと高性能でもいいんです




そもそも
このブログは
「金が無いけど快適に住みたい」という



切実な思いのブログです(笑)







・もう役目は終わった感・・・





何故、このような誤解があるかと言うと



一応ですね
私が建てた時代の仕様を見ますと



レオハウス、タマホーム
アエラホームとか


ローコストと呼ばれるメーカーは
だいたい同じだったんですけど




標準仕様ってのは


・アルミサッシのペアガラス


LIXILならデュオPG
YKKならフレミング


・断熱材は袋入りグラスウールで
 厚さも標準以下位で





何も知らないで作ると
断熱等級4のUa値0.87すら
満たなかったんですね



ブログa



我が家のサーモスⅡhだって
標準じゃなくて



キャンペーンの
グレードアップで

やっとこの性能なわけです・・・





吹き付け断熱も
当時のレオハウスは
金額によって3プランあって




我が家のプランは
標準仕様でしたが



そうじゃないプランもありましたし




今はこのように
表記されていて


ブログc



吹き付けもグラスウールも
選べますと書いてありますが



吹き付けはオプションみたいですね



換気システムも
安いプランは三種換気で


高い方が
熱交換の一種換気でした





気密性能だって
余り考えずに
グラスウールで施工する場合には


ブログb
(これは裸のグラスウールに気密シートでばっちりな例)






これは袋無しグラスウールに
シート貼った、完璧な施工例ですが





ローコストメーカーなんて



こうじゃなくて
袋入りグラスールで

気密テープなんて貼らなかったわけです




「袋入りなんでテープ要らない」って言いますけど




当然気密テープ貼った方が
高気密になりますね



個人的には
経年変化の影響が大きそうなので



余り気密テープだけに頼るのも
どうかとは思いますが
(C値しか見てないと、テープだけで
ある程度施工がごまかせちゃう・・・)




まあ、とにかく
こっちでアレコレ注文しないと



いわゆる夏暑くて
冬寒い家になってしまうわけですね



「気流止めとかもしたのかなぁ・・・」ってレベルなので



工程毎に
色々と施主がチェックに
行くしかなかったですし


こうなると
吹き付け断熱が必須だったのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・



今でこそ
高断熱高気密のブログなんて
たくさんありますけど




当時、色々と数値まで載せてた
個人ブログなんてのは



私が見ていた中では




https://www.2x6satoru.com/



さとるパパさんのブログと




https://yotubanoclover.muragon.com/



泉北ホームのくろーばーさんの
ブログくらいで




この通りに同じ物作れば
間違いは無いんですが




とはいえ、2人とも
高いんですよね・・・価格が
(性能や見た目考えれば適正価格なんですけどね)




「お前が将来考えず
若い頃遊び過ぎたのが原因」

言われればそれまですが(笑)



実際金が無いので
仕方ありません・・・





という事で
ローコスト住宅


・総予算3,000万円で
 土地代に1,000万円掛けると
 家に掛けれるお金は2,000万円

 そこから



・別途工事費用や諸費用など考えると
 建物本体価格が
 出せても1,500万円程度




これ位しか使えませんから




このゾーンでも
少しでも住みやすい家を作りましょうと
思ってブログを始めて





また、解体業と処分業してますから



実際に30年、40年前の家を
たくさん見れますので




「長持ちする建材を使いましょう」って
事も書いていましたが





ツイッターで交流のあるじゅりいさん



https://www.jury99.work/




タマホームの施主さんなのですが



長野県なので
寒冷地仕様ではありますが
木麗な家で






建物本体価格1,398万円で
なんとサーモスXを選んでます

これはちょっと
衝撃でしたね・・・





まあ標準では無かったらしいですが


オプション費用27万円で
サーモスXに変更出来たそうで




私の時は「50万円以上かかる」
言われたので半額ですね・・・



まあ寒い地域の方が
高性能サッシは安いので



長野県と山梨県では差があるかもしれませんが
それでも隣県ですからね



スマートフォンもビックリな位
高性能化して
値段も下がってます




他にもローコストメーカーでも
樹脂サッシや高性能サッシが
当たり前になってきていますし



一番安いプランでも
アルミ樹脂らしいので
アルミサッシは無くなったみたいですね







・大工さんも飽きてきたスタンダードな作り


断熱材もアクアフォームなどの
吹き付け断熱が増えました



「どこ行っても吹き付け断熱に
ダイライトだよ」って大工さんも言ってますが


ブログd



ローコストのスタンダードに
なってきましたね



施工が楽でミスが少ないので
ローコストにはピッタリの工法ですね




とにかく安かろう悪かろうでは
家が売れなくなってきて



売る方、買う方、作る方の
意識もここ数年で変わってきました







・ローコストもそろそろC値やUa値のその先へ




こちらは栃木県の工務店さんですが



https://twitter.com/raphael_project/status/1318914916825247745



いやー素晴らしいですね





こちらは鳥取の工務店さん



https://twitter.com/yamanosumika/status/1338095003197816835



工務店さんの考えも
素晴らしいですが


気密とか気にしてない
施主さんも高性能住宅で
作るといういい流れですね



ハウスメーカーでも


前に住友林業の施主さんとも
話をさせて頂きましたが






こちらも何も考えなくても
充分快適な家が作れてます




やはり注文住宅の楽しみって
間取りとか外観とか
設備とかですからね



性能が・・・って悩みは
出来れば無くなる位が理想ですね



ローコストメーカーの

一番安いプランでも
かなり性能は上がりましたが




まあ、その為には
自分が快適と思える性能を
学ばないといけないという・・・



数字なんか気にしなくていいと
言いながら


結局覚えないとならないという
ジレンマはありますが



今は
「新築だから高性能で
快適なのは当たり前」
って時代に
だんだん近づいています







・でも予算が一番大事



ちなみにレオハウスの標準仕様ってのは
未だにこの地域(断熱区分6地域)だと
サーモスⅡ-Hらしいです



未だに一番売れてる窓ですからね(笑)



とはいえ3~4年前までは
デュオPGの方が
売れていたので



今はこれ使うのは
アパートや建売だけって感じですが



北海道、東北は抜いといても



関東以南の暖かい地域なら
「実際に住んでいて
これでも問題ないなぁ」とは思いますが



今のアパートがアルミ樹脂なのに
寒いとかありますけど



・Ua値4.65のデュオPGも
 樹脂アングルなのでアルミ樹脂扱いですし


・内側の枠全部が樹脂に変わった
 シンフォニーなどは
 一般複層でUa値3.46ですし


・うちのサーモスⅡ-Hが2.33で


・サーモスXだと1.67

さらに同じ機種でも
ガス入りとか色々設定もありますし



これ全部アルミ樹脂って
一括りにされるのも
ちょっとアレなのですが・・・




家の性能は高い方がいいのは
当たり前なので
私は高断熱高気密推奨派なのですが



その為に生活がキツくなったら
意味ないので


身の丈にあった家を買いましょう


家でマウント取り合っても
仕方ないです(笑)




一部の意見だと
「そもそも2,000万円も
出せない人が家を建てない方がいい」



なんて言われますけどね・・・



「いやいや、1,500万円でも
快適ですよ」と胸張って言えますが




それもこれも、ある程度
自分の中ではこれ以上ない位に
調べて納得出来る
性能、価格で作ったからです




・・・・・
・・・・
・・・
・・



そもそもUa値とC値だけ
独り歩きしていますが





https://reogress.net/archives/26683929.html



他にも快適になる要素なんて
たくさんあります




「〇〇だと快適」なんて
決めつける物ではないので





自分の中の予算と性能を
天秤にかけて


「なるべく高性能だけど
生活はキツくならない程度」ですね


これは守った方がいいと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




こういったまとめブログのサイトも
施主の年収別で分ければ
もっと参考になると思いますが(笑)











・という事で施工も気にしましょう



ここを見てる人や
他の住宅ブログを見ている人は


C値やUa値はもちろん
他にも色々と知っていると思いますが



机上の性能を発揮出来るかどうかは
施工にかかっています




幸いにも
私は色々な現場を仕事で見れますが



ローコストメーカーも
なるべく現場仕事が減るように
上手い事効率化されています



それでも施工精度によって
性能数値は変わりますから



数値よりも
実際の施工ですね


ツイッターやブログなどで
施工中のグラスウールの写真を載せて



「これで大丈夫でしょうか?」っての
たまにありますが


結構、大丈夫じゃない場合も多いですけど



これも自分で若干でも
判断出来るように

なれば間違いが減りますね



今は施工動画も
Youtubeにたくさんありますから


設計や性能も大事なんですけど
現場仕事も覚えてもらって



そうすれば
「この部分丁寧ですねー」とか


現場の職人さんと話も出来ますし


そうすりゃ職人さんも
喜んで好循環が生まれます



コロナで不景気な業種も多いですが


建築も解体も
現場仕事は
万年人不足の人気の無い業界ですから



なんなら色々覚えると
会社がダメになった時
役立つかもしれません(笑)



まあ、会社がダメになったら
家どころじゃ無くなるのですが



建ててしまったら
住宅ローンは残りますから


やはり余裕のある
支払計画が性能よりも大事だなぁと思います



という事で



どんなローコストな建物も
気密も断熱も日射取得も完璧なんて
時代になったら


このブログも


子育てと掃除とメンテナンスと
妻への愚痴ブログになりますね(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング