収納や間取りのこと

2020年05月22日






私の実家は
階段が無かったですし


その後もずっと
アパート暮らしだったので


40歳を過ぎて初めて
階段が付いている家に住みました






先日2歳の妹が
階段でころんだのですが

階段a

1段踏み外しただけなので



幸いケガする事も無く
泣くだけですみましたが





建築士さんのブログを見ると


「回り階段は危ない
 真っ直ぐな直階段の方が安全」


と書いてある記事が多いんです




階段の経験が
ほとんど無い私のイメージだと
まっすぐな階段は


階段b
(蒲田行進曲の階段落ち)


「転んだら下まで
行くから危険じゃん」
って思うのです




逆にこの映画の階段が
回り階段なら
盛り上がらないと思いますし





我が家の階段の場合は

階段c


スキップフロアがあるので
ちょっと特殊な形状で



下から数えて
5段目に広い
踊り場があります





仮に超盛大に
転んだとしても

階段d


スキップフロアの関係で
3箇所で止まりますが



普通の回り階段でも
途中で止まると思うので



こちらの方が安全じゃんって
思ったのですが・・・




老人と子供で
ちょっと階段の
考え方が違いました






・バリアフリー化と子供用の階段は別物だった



小さい子供用の安全基準は
項目に無いですから


バリアフリー化の
安全基準を使います





まずは設計士さんの
ブログですが

階段e


もちろん大前提として


・勾配は緩く
・蹴上げ(段差)は低く
・踏み面(奥行)は広くという


基本的な安全項目をクリアした
階段で作って



その条件を満たしたら
直階段が最も安全という事です



何故かというと
回り階段の回っている時が
一番事故が多くて



真っ直ぐなら
同じ段差、広さですから
リズミカルに
昇り降りが可能という事です



たしかに曲がっている部分は
面積が変わりますからね




一方バリアフリー化の
リフォームのサイトでは



やはり蹴上げ
踏み面は当たり前として



一番の安全は平屋で
階段が無い事ですが




一応バリアフリーでも
階段の基準があって


階段f


途中で踊り場を作れる
折り曲がり階段を
オススメでしてます



国土交通省のサイトでも
まあ色々と難しい事が
書いてあるんですが・・・



簡単に言うと

・蹴上げ(1段あたりの高さ)は狭く

・踏面(1段あたりの奥行)は広くしましょう

・両方に手すりを付けましょうとか


こちらも色々とあるのですが
読んだ結果分かった事があり



子供用の対策は
転んでも大丈夫なようにする対策


対して


老人の対策は
転ばないようにする対策



という考え方の
違いがあるのですね




要介護、要支援クラスの老人は

「階段は危険」
という事は分かっていて


「だけど足がおぼつかない」
なのですが




子供の場合は

まず階段が危険な事が
分かっていませんから


4歳のお兄ちゃんなんかは

「3段いっぺんに登れた」とか
言いますし



「危ないよー」と注意しても
走ったり遊んだりしますし



階段g

階段のゲートも登っちゃいます




今回2歳の妹が転んだのも
真っ直ぐな部分の途中ですし
(原因はよそ見ですね・・・)




老人と子供では
同じ階段の怪我でも
原因が違うんですね







・という事で子供と要介護の老人に試してもらう



正直なところ


私はどの階段でも
普通に昇り降りできますので
よく分かりませんが



階段h

我が家には4歳と2歳の
子供がいますし





階段i

たまに我が家に遊びに来る
私の母親は要介護認定1を受けていて


普段は杖を持って
歩いてますので



どういうのが危険なのか
実際に登ってもらって
感想を聞きました



まず
うちの母親に話を聞くと




一番昇り降りしやすい階段は
ダントツで


階段j


真ん中に踊り場がついてる
階段という回答でした



バリアフリーのリフォームサイトの
オススメと同じですし



小学校も介護施設も
この作りですね





「まっすぐな階段は
途中で休めないからつらい」



「見た目長すぎてつらい」



「降りる時に怖い」という回答です



要介護クラスになると
2階までの階段を登るのにも
途中の休憩が必要ですから




直階段は難しいんですね・・・





2位以降の回答は

2,3,4位は似てるから
分からんけど



「2位は休める所がある」



「4位に比べたら
3位のが休めるところがあるけど
違いは分からない」


 

たしかに
直階段をオススメする理由の


同じ歩幅で
リズミカルに進めるというのは




要介護認定を受けていると
普通の平らな道でも
リズミカルに歩けないので




まっすぐなのは
とにかく怖いし
途中で休めないって回答です




らせん階段はほぼ
対象外でした











・我が家の階段の感想




まず大前提として

「階段なんて無い方がいい」

というのが母親の意見ですが




実際に登ってもらうと


我が家の階段は「惜しい」けど
結構楽らしいです




まずは登ってすぐに
踊り場があるので


階段


この平面が休憩になるし
「あんたのとこは
ここに椅子あるから休める」
という事です





階段k


蹴上げは17.7cmと標準より
かなり低く作りましたし







階段L

踏み面も標準よりかなり広いです








それが可能なのも



標準の階段は
1坪が多いですが


我が家は1.5坪を
階段に使っています



間取り上どうしても
スキップフロアがあるので


途中に平面の
踊り場的スペースが必須ですが



スキップフロアが無ければ
回るところを全部平面に出来ます


階段m


1.5坪あれば
このような踊り場を取っても


1段あたりの
蹴上げが18cm以下で作れます





こうすれば
真っ直ぐな怖さもないし


転んでもストッパーの
役割になりますし


回り階段の懸念材料の
回る時の段差が無くなるので



これがベストだと思います



その状態で両側に手すりがあれば
完璧だそうです




とはいえ1坪で
真ん中に踊り場を作るのは
ちょっと現実的ではないですね



1坪で踊り場作ると
蹴上げが20cmを
超えてしまいます・・・





・両側手すりが思ってた使い方と違った




これは付けたくなったらいつでも
DIYで出来ますので





誰でも対策出来ますが



両側に手すりがあるって事は



両方使って
登り降りと考えると



階段n



子供が両手すり持って
最後ジャンプして
着地するよなぁって思ったのですが
(私も多分する・・・)



実際母親に聞くと



「登るのも降りるのも
利き手で持ちたいんだよ」
という回答でした


たしかに我が家は
右利きなら


登るのは利き手ですが
降りるのは逆になっちゃいます


ちなみに要介護認定を受けると


最大20万円までは
自己負担1割で手すりなどの
リフォーム工事は出来ますので



無理に若いうちからしなくても
大丈夫かもしれません






・ローコスト建売住宅の階段はなんと0.87坪



私は標準の
階段は1坪で



我が家みたいに広めに取ると
1.5坪だと思っていましたが
(金持ちは2坪とか3坪ありそうですが)


ローコストの建売住宅で多いのは
0.87坪らしいです・・・


1.5畳サイスですね


1坪と0.87坪と数字はわずかですが


実際にモデルハウスに行くと
「全然角度や段差が違うので」


階段o

こちらはローコストの建売住宅ですが



我が家の階段は平気な子供でも
「怖いと」言って降りれませんでしたから







建売なら仕方ないですが


注文住宅なら
ここまで削って
リビングを広くしなくても
いいとは思いますが・・・














2020年04月15日






うちの妻は100均が好きで
色々と買ってきます



我が家は共働きで
財布も完全に別なので




私が住宅ローンや
税金と光熱費などを
全部支払いしてますから




金持ちでは無いけど
100均じゃなくて
もう少し良い物を
買ってもいいと思うのですが


色々と100均で買ってきます



まあお互いケチなので
安心して別財布で生活出来ますが




さらに妻は掃除が苦手なので
我が家がどうやっても
オシャレになりません
(嫌いじゃなくて苦手って言うのがポイント・・・)







・初級編・・・これくらいならまあどうにか・・・


妻は平日が休みなので
私が仕事から帰ると


いきなり謎な
100均アイテムが増えています



先日家に帰ると

100均a


キッチンの横に
ティッシュが置かれていました





100均b

(もちろん100円です)



磁石でティッシュを挟める
アイテムです




たしかにこの位置にあれば
便利なのですが
絶望的にオシャレではありません




とはいえ「この位置に置きたい」という
要望は汲みましたので(笑)


私が
ニトリへ行きます




土日は妻は仕事ですから
今度は私が



少しでもマシになるような
アイテムにチェンジします


100均c
(広告の品発見!)


白いキッチンですから
これを購入して





100均d

ちょっとはマシになりました



先日のブログ記事でも
紹介しましたが



妻が100均で
両面テープを買ってきて


100均e


いきなり壁に
直付けしてましたので





これも次の休みに


100均f


この辺を購入して






100均g

ちょっとはマシな
デザインに変更します




このように
アイデアはいいのですが


全てを100均で
済まそうとするので

どんどんオシャレからは
遠のきます・・・





・中級編・・・この辺から対処が大変になっていきます



次に仕事から
帰ってきたら


増えていたアイテムがこちら

100均h

(もちろん100円)


洗った食器を置くように
キッチンマットですね



我が家は


100均i


食洗機と
シンクにちょっと
水切りラックがあるのですが


私と違って
妻は食洗機をほとんど使わないので


水切りラックだけでは
足りないみたいです




実は食洗機の方が
節約になるのですが

100均j



食洗機の方が
光熱費がかかりそうという
イメージですかね・・・



何度か説明したのですが
全然信じていません



まあ、それはいいのですが
このマットだけでは
天板に色移りしてしまいますし




さらに元々
この位置にあった物が

100均k
(片付けるとかえって散らかる人っていますよね・・・)


すげー適当に置かれていますので
またもやニトリに買出しです



ちなみにこの写真を同僚の
女性社員2人に見せたら




1人はかなり
散らかっているように見えて
「散らかっててイライラする」と言い



もう1人は整頓はされていると見えるらしく
「これで汚いとか言われたら文句言う」


と言ってましたので
人それぞれですね







とりあえず

100均m


キッチンマットの下に
プラ製のランチョンマットを購入して
色移りを防いで





100均n


小物入れとして
ブレッドケースを購入しました




100均o


とりあえず最低限の
整理整頓は出来ました






100均p


フタを閉じていると
かなりスッキリした気がします






ランチョンマットは
もう一枚購入して




妻がちょっと前に
100均で玄関用の
ホウキを買ってきましたが


100均q
(ホウキが2本必要とは思えないんですが・・・)






タイルに
色移りしちゃうんで

こちらにも
ランチョンマットを敷きました


100均v2


ずっとあのままだと
タイルに色が移ってしまって
簡単には取れない汚れになりますし・・・





そもそもホウキ
チリトリセットがあるのに


さらにホウキだけ
買って来たので


置き場所が無いから
床に直置きなのですが


1つあれば充分だと思いますが・・・










・上級編・・・お題を出されている感じ




お兄ちゃんのプラレールが
かなり増えてきて


オモチャ入れに
収まらなくなったので


100均r


こちらは私が
木製の棚とケースを買いました






100均s


中身はプラレールです




子供でも
簡単に片付けが出来るように


こんな感じでカゴに
入れるだけの方がいいですから



「使い終わったら片付けしなよー」と言えば
ちゃんと片付け出来るのですが






妻が休みの日に
リビングを
整理整頓したみたいですが


100均t
(片付けすると散らかるやつ・・・)



「そうきたか・・・」って
感じです(笑)



掃除が嫌いではなく
普通にするんですが
下手なんですよね・・・





一応何があるか
説明すると


100均t-2


まだ使ってない部屋もありますし
収納スペースもあるのですが



ここに置きたいという
強い意志を感じます(笑)





まるでお題を出されている感じなので


100均u

(こんな感じ)



この状態だと
私はイライラして無理なので





またもやニトリに行きましたが


100均v


リビングの入り口に
これでは安っぽいしなぁ・・・


などなど悩みましたが
なかなかいい物が無かったので



東京インテリアに行くと

100均w
(組み立て家具の展示品のみって逆にお得ですね)



見た目結構な高級感なのに
7,980円なので
こちらを購入します




100均x

たしかに
仕事のカバンとか
保育園のカバン
昼寝のタオルケットとか



リビングにあった方が
便利ですからね





100均y

元々置いてあった
プラレールは別の場所に移動しました




という事で
「とりあえずどうにかしないと」の繰り返しで
ニトリなどで購入していくので



どんどんオシャレとは
遠くなって行きます・・・



インスタとかブログで
見るオシャレな家っていうのは


夫婦ともに
整理整頓が上手じゃないと
無理なんだなぁと



余り参考に
しないようにしました(笑)


・・・・
・・・
・・





だいたいですね



こういうのは
インテリア上級者がすれば
オシャレに見えますが




下手な人がやっても
全然オシャレになりません・・・






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











2020年03月06日






営業さんや設計士さんと
間取りを決めている時に


「将来、高齢になっても便利ですよ」


中途半端に
バリアフリー対応にする場合がありますが


「全然意味ないなぁ・・・」と思う事例がありまして




先日母の実家にお墓参りに行ったのですが



母の実家は
築70年の戦前に建てた家に住んでいますが


バリアフリーa


なんと玄関をあけたら
土間にユニットバスを
設置していました



何も知らなかったので
「なんだこりゃ」
ビックリしましたが


こちらに住んでいる
母の姉と旦那さんは
かなり高齢なので


今のお風呂には
足が悪くて入れないという事で
このようになったようです





ちなみに
去年のお盆に行った時は


バリアフリーa-2


ここにいきなり
ユニットバスが設置されていたので
驚きました





バリアフリーb


こちらが外観ですが



築70年の古民家に
新しいシステムバスが異彩を放っています



最近の
100年持つ家とか



仮に性能はよくても
間取りやデザインの古さ的に
100年経たずに建て替えそうですが・・・



元々この家は
階段はありますが



2階は物置小屋なので
生活は全部1階で出来るのですが




バリアフリーc


お風呂とトイレは離れにあるくらい
超古い建物なので



そもそもシャワーなんて
日本に無い時代の建物ですから


そうは言っても
高齢になると


今までとは
違った間取りにしないと
生活が出来なくなる場合あります






・私の母親も要介護なので大変です



私の母親も
2年ほど前に倒れて
その後自宅で生活はしていますが


バリアフリーd


2年前から要介護認定を受けています


要介護1なので


寝たきりではなく
杖があれば歩けますが


結構しんどそうですし
段差はかなりキツイです



土間にお風呂を作った実家は
車椅子で生活していますので


段差はそもそも登れません






・要介護1だと我が家で生活出来るか?




私の実家は車で5分位で


母親のリハビリと
子供の遊びがほぼ同じなので


バリアフリーe


休みの日は家に連れてきて
一緒に孫と遊んだりしています





という事で要介護1の母親だと
我が家のどの辺が大変かと言うと


バリアフリーf


まずは玄関に行くまでの
段差が非常に大変という事でした




ここにスロープと
手すりがあれば問題は無いみたいです



バリアフリーg


子供が汚すのと
転落防止に玄関土間に
コルクマット敷いていますが


母親にも好評です



ここの段差は
靴を脱いだり履いたりするのに
逆に無いと無理という事なので
ここは問題ないみたいです


・・・・
・・・
・・



そしてやはり問題点は


バリアフリーh


階段ですね・・・


我が家の階段の段差は
通常よりかなり低く作っていて







小さい子供でも
問題無く昇り降り出来ますが



「段差が低いとかの問題じゃない」
という事で



要介護1クラスになると
2階まで行くのが
非常に面倒みたいです










・理想は30年住宅?




逆にお風呂やトイレは
要介護1レベルでは


我が家の間取りで
全く問題が無いという事なので



バリアフリーi


「あんたのとこは広いから1階だけで暮らせる」
という話しでしたが



仮に将来子供が出て行ったら
スキップフロアを改造して


段差を無くして
寝室にすれば
問題無く過ごせそうですが・・・



そうなると
建売や規格住宅にある
どこにでもある間取りになりますね



「やはり建売の間取りは
便利に作られているんだなぁ」って思いますが



車椅子生活では
それでも無理ですし


そもそも
子供が出て行くかどうかも分かりませんし



娘が旦那を捕まえてきて
同居してくれるかもしれません(笑)



自分の健康状態も全然分からないので


中途半端に
バリアフリーとか老後の事を考えるより



30年過ぎて
子供の将来や自分の健康状態に合わせて
建て替えた方が楽じゃんって話しになりました



要介護認定されると
結構なリフォーム費用も
国が負担してくれますし




たしかに


今4,000万円出して
60年、70年持たすよりも



とりあえず2,000万円で30年
その後また2,000万円で建て替えの方が


生活するには便利かもしれません



一番理想なのは
最初から平屋ですが



4人家族で
平屋にするほど


土地もお金も無いので
出来ませんでしたが


予算に余裕があれば
やはり平屋が便利ですね




一番の理想は
子供が大きくなって


同居して建て替えてくれれば嬉しいですが(笑)


そもそも私も親と同居していませんから
色々望むのはダメですね






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月15日






我が家には
土間収納っていう
オシャレなものはありません


土間収納a

標準で付く
シューズクロークも




土間ではなく
玄関ホールに設置しました

土間収納b

シューズクロークを



土間側に設置するか
玄関ホールに置くか
「どちらにしますか?」って聞かれましたが



夫婦とも
玄関ホール側に設置で一致しました




理由は2点あって


1つは

土間収納c

仮にここにシューズクロークを置いた場合


靴の出し入れを
素足でしないといけないので


特に子供はかなり
汚れそうだなぁと思いました



逆に玄関ホールに置いた場合は


靴に付いた土などで
ホールが汚れるのですが


玄関ホールだけなら
掃除機かければ済みますが


汚い素足で
リビングに行かれるほうが
大変だなぁって理由と

土間収納d

玄関ホールに
見せない、隠せる収納が欲しかったので
こちらを広く取りたかったので


土間部分はそれほど広くありませんから
このような配置になりました



それでも賃貸などよりは
充分に広いので


今のところかなり
ゆとりを持って使えています





・土間収納に置くものが無かった・・・



最初から隠せる収納は欲しかったので
そのように設計してもらったのですが

土間収納e

玄関スペースは4畳取ってありますが


土間収納は流行りですので
このように最初の提案では
土間収納が広かったです



これでもスペース的には問題ないのですが
「何を置くのか」を考えたときに



実際に今
玄関ホール裏の収納で置いてあるものは

土間収納f

・衣装クローゼット
・子供のオモチャ
・ストック買いしてる飲み物

などを置いてあります



収納物を考えた時に・・・


外で使う汚れるものを収納するのが
土間収納だと思うのですが


釣りやキャンプなどの
アウトドアの趣味は無いですし


自転車やスタッドレスタイヤ
高圧洗浄機などは

土間収納g

物置に置いてありますので



土間収納があっても
「ベビーカー位しか置くものないなぁ」という事になって


土間は狭くして
玄関収納を広くしました


そろそろ2歳の妹も
ベビーカーは卒業なので



いまのところ
土間にはストライダー位しか
置くものがありません

土間収納h

田舎ですし
家が行き止まりで
誰も来ないので


傘やホウキは外に置いてあるので
今の所は困っている事はないです








・将来子供が使うかどうか・・・


という事で
妻も私も


釣りやサーフィン、キャンプなど
アウトドアとは無縁なので



土間収納は作らず
その分玄関収納を広くしましたが


子供が大きくなると
使うかなぁとは悩みました


理想は玄関ホールも
土間収納も広ければいいのですが


我が家の玄関スペースは
全部で4畳なので


アウドドア好きの人
最初の提案のように

土間で3畳
ホールは1畳



そうでは無い場合は

土間は1畳
ホールは3畳の方が

使い勝手がいいような気はします



子供が大きくなったら
土間収納を使う可能性もありますが


アウトドア好きではない親の子供が
それほどハマるとも思えませんし


部活で使うとしても10年以上先ですし・・・


しかも私なんか陸上部でしたか
靴しか置くもの無かったので


土間収納ではなく
玄関ホールを広く取りました


全部で6畳ほどスペースが取れていたら


土間とホールに3畳づつ取ったかも
しれませんし


来客が来て
土間が広いと凄い金持ちの家っぽく
見えますけど


金持ちじゃないから仕方ないですね(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年09月05日





最近の家では
当たり前のようについている
「ウォークインクローゼット」です


wic-a

我が家もついてます



後述しますが
明らかに必要な目的がないと
結構無駄なスペースになります




さらには
ウォークスルークローゼットなんてのもあります

wic-b






上級者向きの魅せる収納になるので



片付け上手な人でないと
作っちゃダメな奴ですね・・・


女性の方だと
結構憧れのスペースだったりしますが



男性の方だと


なんとなく
「広くて服収納するところでしょ?」って
思っている方もいると思います



実際私も
「ウォークインって何?」って思っていました






・よく考えないと無駄になる「ウォークインスペース」



こちらが我が家の2階にある


ウォークインクローゼットと
子供部屋のクローゼットです

wic-c

クローゼットの意味は分かると思いますが


名前の通り


ウォークでイン出来るクローゼットですから
歩くスペースがあるクローゼットです

wic-d

(手前が私で奥が妻用と分けてあります)



当然ですが
歩くスペースがあるので


通常のクローゼットより
幅をとります



仮に子供部屋の
クローゼットを



将来子供が
「私もウォークインクローゼットが欲しい」と言ったら

wic-e

このようになります



歩くスペースが必要な分
当然ですが家が狭くなります






・要らない家庭だってあるんです



オシャレな名前だから
なんとなく必要っぽいんですが


簡単に言えば
収納部屋ですから




我が家が家を建てる前の
賃貸アパート
wic-f
この4畳半の部屋に
服とか色々収納していたので



築30年以上のアパートなんで
ただの和室ですけど


ウォークインクローゼットです


なので
オシャレな名前に騙されないで


広い収納部屋って事ですから



他に衣類収納などの
スペースが充分あれば要らないわけです



ちょっと前に流行った
断捨離とかありますが


家を大きくする発想じゃなくて
物を少なくすれば



ウォークインクローゼットじゃなくて
普通のクローゼットでも
足りるようになるかもしれません




我が家の
ウォークインクローゼットは3畳ありますが

そのうち3分の1は「ウォーク」の部分で
取られているので



クローゼットは約2畳です



wic-g

ちょっと我が家の今の間取りでは
有効活用出来ませんが


広いから
「ウォークイン」しないと届かない訳ですから



ちょっとクローゼットを狭くすれば
ウォークの部分が要らなくなるので



かなりのスペースが節約出来ます









・もちろんメリットも色々あります



割と「必要ないんじゃない?」みたいな感じに書きましたが


我が家には
ウォークインクローゼットはあります



何故かと言えば


妻がアパレルメーカー勤務なので
服がかなり多いのと



私も服は好きなので
結構数があるからなのですが



クローゼット内で
着替えも出来て


しかも妻の場合は
その日のコーディネートを決めるのも
仕事のうちですから



全身鏡も置けますし
ここでアイロンがけも可能です

wic-d

その際に
散らかりがちな衣類収納周りが
別室になるので


寝室は綺麗ですし


めったに使わない旅行カバンなども
こちらに収納出来ますし


まだ子供が小さいので問題ないですが


色々と子供に見せたくないものなども
ありますので



夫婦の衣類収納兼物置として
考えると便利だと思います






・まとめると



必要、あった方がいい家庭


・衣類や荷物が多い人
・2階に他にこれといって収納が無い人



この場合は
ウィークインクローゼットは非常に便利ですが



・衣類や荷物が少ない人


この場合寝室にクローゼットを付けて
解決する場合もありますし


・他に家族共用の収納部屋などがある


こういった場合は
それほど使わない可能性も多いです


もちろん予算と広さが充分にあれば
設置してもいいですが


ちょっと厳しくて
それほど収納なくても大丈夫なら


ちょっといじって
普通のクローゼットにすれば
1~2畳は小さくする事も可能です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング