レオハウスに決まるまで

2018年07月20日


以前に
「レオハウスに決まるまで」
カテゴリで書いた話ですが



検討している方から

是非詳細を教えてという事で


当時はちょっとだけ書いたのですが



過去記事はこちら





実際に何度か完成展示会にも行って
見積りも貰って検討しましたが


かなりローコストで建てれるので


詳しく書いていきます







・延床32坪、全てコミで1,660万円です


行ったのは甲府が本社の

デザインハウス甲府さんというメーカーで


全国にある
デザインハウス○○という工務店は
全てここからコンサルティングをして



地方の工務店が
デザインハウスと名乗っているので


フランチャイズじゃなくて
独立はしてるのですが


ここが本店みたいな感じです







・とにかく安い



2回ほど見学会を見て

打ち合せも3~4回行ったのですが

最終的にご縁は無かったのですが


ここより安いメーカーは
他に無かったです


1600a

こちらが

検討していたプランで


延床面積は32坪

付帯工事費込で
1,298万円というプランです


今は太陽光も付くみたいです



一番安いプランは

28坪位で999万円というのもあり

かなりのローコストで建てれます



28坪の家は実際見たのですが

ちょっと狭すぎたので

32坪プランで検討していました




総額で2,650万円と
記載がありますが


土地代が900万円
地盤改良予備費で 90万あるので


建物と諸経費の総額は1,660万円です


なので28坪のプランなら
家の総額は1,400万円あれば建ちます






・どれ位安いか比べてみる


こちらがレオハウスの契約時の金額です


1600b


こちらが総額2,693万円ですが


同条件に直すと


既に土地が決まっていたので

土地代は600万円

地盤改良予備費は50万円ですので


建物の総額は2,043万円です


2つを比べると

その差は383万円になります







・383万円の差です


検討段階から営業さんが

「うちはタマホームより200~300万安い」と言う位


かなりのローコスト住宅なのですが

この後に
タマホームにも行きましたが


一番安い「木麗な家」よりも
200万円は安いです




レオハウスのプランとは

新車1台分は違うので

結構な違いなのですが


色んな部分が
若干違っていて

その積み重ねで
レオハウスになったのですが

主な違いをまとめると

1600c

こんな感じで
設備面がやはり

若干安いだけの理由はあるのですが
(理由なく安い事はありません)


洗面台は広さも違いますが

お風呂とトイレは
グレードは同じだったので

LIXILにすれば全く同じ物です





・どうしてもしたい間取りがあったので


間取りフリーのプランでしたが


1600d


どうしてもツーバイフォーなので
耐力壁が取れずに


私がしたかった


・他の部屋いらないから
 広いリビングが希望


・キッチン周りも一切壁は無くす


・吹き抜けのスキップフロア



この辺が作れずに



お断りになりましたが



・設備は全部LIXILで構わない


・間取りも普通の間取り


・断熱材や窓サッシはこだわらない



これで良ければ

建売と同じ金額で
注文住宅が建てれます


建売住宅と違って


ある程度の間取りは決めれるし
作っている途中が見えるので


悪くないなぁと思います





・当時は言いませんでしたが


是非、吹き付け断熱と
樹脂サッシのオプション費用も
知りたかったですが・・・



この2つがネックだと思うので
ここが改善されないとキツイですが



ここの営業さんは


うちはこの値段で
満足出来る家が建てれるから


建築費に2,000万円以上出せるなら
違うメーカーのがいいよという


ある意味正直な方だったので



断熱とかサッシ変更するなら
他のメーカーのがいいって
言うかもしれませんが(苦笑)



仕事の関係で屋根材や壁材は
最初から分かっていましたが



窓サッシや設備など

自分で知識を得ないと



安いからだけで買ったら
後で後悔するかもしれませんし




納得した上で購入すれば
安くてお得な買い物したってなりますので


やはりある程度は
知識を得ていくしかないですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年01月29日


色々ハウスメーカーを回りましたが
レオハウスと契約する事にしました

その前に住宅ローンの事前審査を通らないと
契約が出来ません

なので今回打合せ時には銀行の方も来てくれました


事前審査が通っても本審査はもう少し先になるのですが
「本審査まではローンやカード作るのはダメです」
と言われました。
まあ特に予定もないので大丈夫です。


ハウスメーカーの契約してから
ローンの本契約なのでこれで落ちたら
大変な事になります



元々子供が生まれたのが家を建てる理由もありますが
金利が凄く低くなっていたので
今のうちに家を建てようと思いました。



住宅ローンはフラット35を選びました。
フラット35Sに対応してるので最初の10年は
さらに0.3%下がります。


申込時でフラットの金利が1%前後
35S優遇で10年間は0.7%前後
10年は住宅ローン控除で1%税金が戻ってくるので
最初の10年間は金利負担どころか
戻ってくるお金のが多いという素晴らしさ
(1%フルに戻ってくるほど税金納めてるか微妙ですけど


※今は35S優遇は0.25%ですが
その代わりまだ子育て支援の0.25%がまだ無かったです。



金利H15-H19-600-400
金利H19-H22-600-400



8年前には最高4%
13年前には最高4.5%
バブル期の1990年には
住宅金融公庫の固定で5.5%
銀行の変動金利は何と8%でした


1%の今は物凄く金利が低いのですが
8年前に4%だった訳なので
8年後に4%になってもおかしくないかなと思ったので
35年固定金利しか考えなかったです。

ちなみに借入金が2,000万円の場合
金利が1%と4%だとこれだけ差が出ます

金利比較600-80


営業さんと銀行の方に聞きましたが
今はフラット35で申し込む人がかなり多いとの事


もちろん変動や10年固定で申し込む人もいるそうです。
そういう人は10年以内に繰上げする
予定の人が多いそうです羨ましいです

しかし金利確定は家が完成した時なので
それまでは金利が低いままなのを祈るのみです。


次回本契約になるので、間取りもほぼ最終の打ち合せ

見取り図600-400

前回時と何も変わってないのですが


リビング側から冷蔵庫見えないようにしたいなと
希望が出て、この図面から
「冷蔵庫を右にして隠れるように壁を作りたい」
という希望を出した所
 

「そこに壁作れれば廊下への扉が引き戸に出来るよ」
というナイスな提案を頂いたのでそちらへ変更する事に


翌日「事前審査は通りました」と連絡が来たので
まずは一安心
これで何の問題も無く契約出来ます。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年01月26日

タマホームその4 最終回


詳細は別記事で書きましたが

土地が決まる ~相場の4割引のお得物件~
 

 
前回と今回の間に土地が決まりました

見た瞬間即決でした

土地も決まるといよいよハウスメーカーも契約先を
決めなくてはなりません。



前回さらに値引きすると言ってたタマホーム
最初に一言
「レオハウスより安く出来ました」


そして出された見積りがこちら

kirei400-500


「安っす!」

なんと総額1,856万
前回提示が2,008万円なので150万安く
地盤改良費を入れたとしても
レオハウスより76万安い

「オープンキッチンとカップボードを無料にします」
 
「これより安くは出来ないので今日契約して欲しい」


ここまで安く出来るなら最初からすればいいのにと
思いながら見積り書を見ると

???

・施工面積が1.5坪減ってる

・・・・・
・・・・
・・・
「バルコニーを見直しました」

子供が小さいので洗濯物も多いし
雨の日も洗濯したいので
バルコニーも標準より広くして
軒も長くして
インナーバルコニーに希望してたのですが

「これで標準の大きさなので問題ないです」

たしかに延床面積はほとんど
変わってないのですが

1.5坪減らすと150万下がるのか
・・・・・
・・・・
・・・


どちらにしてもこれからレオハウス行くので
どちらかには「今日決めますね」と伝えて帰る事に
(レオハウスは別に急いでないんですけど)

もちろん同じ物なら安い方がいいけど
安くなったけど玄関とバルコニー減るのはなぁ
元々出せる予算内だったので
その中で豪華にして欲しかったです。



次はレオハウスへ

既に購入予定の土地で図面引いてくれてましたが
前の間取りで問題なく出来るという事で一安心


「タマホームさんにも行ったんですが
バルコニー減らす代わりに150万下げて貰いました」
とタマホームの見積りを見せる。

とりあえずさらっと見たレオの営業さんが
衝撃的な一言を

「グレード下がってますよ」


たしかに見積書見ると
先週まで「大安心の家」だったのが
今回のは「木麗な家」ってなってます。

「タマの営業さん何も言ってませんでしたが

大安心の家と木麗な家の主な違いは


・大安心は瓦屋根、木麗な家はコロニアルのみ
 
・大安心は一種換気、木麗な家は三種換気

その他木麗は家は

・窓がアルミサッシ

・化粧台も750mm

・サイディングは1メーカーのみ

その他標準装備の選べるメーカーが減ります。

「一応うちにもそういうプランもありますけど
全然希望の家と変わってしまいますよ」


レオハウスはプランが分かりにくいのですが
大人気の家CoCoの中に
Dセレクト(今回のプラン)
Vセレクト(選べる装備が減る)
ベーシック(さらに減って三種換気など設備も下がる)

これのベーシック=木麗な家が同じ位らしいです。


基本的な構造はどれも同じらしいので
(これはタマホームも一緒)
設備や断熱材、屋根材が納得なら安い方がいいですが
瓦屋根と吹き付け断熱は譲れない部分でしたし



前に書いた記事の①のメーカーもそうですが
相談も無く勝手にグレード下げて
「値引きしました」というのは
多い事なのでしょうか?
しかも装備や仕様が下がる事は一言も言わないという

これ知らないで契約したらどうなってたのかと
想像すると恐ろしいんですけど


という事で悩むというより
勝手に他のメーカーが自滅していって
レオハウスと契約する事になりました



今まで見てきたのが
ハウスメーカーと工務店で8社
建売住宅が3件
レオハウスより高い所、安い所も
たくさん見てきた中で

広さ、仕様、設備に納得して契約なので
悩みは何も無かったです。
(まだまだ見てないメーカーも多いですが)




レオハウスが良かった所

・最初から安い値段を出して値引きが無かった
定価が無い商品を高く見せて
値引きというのは嫌いです。

・グレードを落とさなかった。
自分の売るものに自信があれば
勝手に設備落とす事はないはず。

・ずっと一級建築士さんが同席する
間取りでのアドバイスは営業さんより当然詳しいです。

・最後まで契約を迫らなかった
一応やる気はある人ですが、悩んでる時に
今日中とか今週中と言われても逆に断ってしまいます^^;

その他色々あるんですが
家も値段も丁度良かったし人も良かったので。

間取りは特に変更する所も無く
住宅ローンの事前審査の手続をして帰りました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング


2018年01月25日

タマホームその3 前回からの続きです。

ほぼ同じ間取りで
タマホームレオハウスの2社で見積りが出ました。


今週は最初にレオハウス

前回タマホームで貰った見積りが
本体工事費が1,413万円
付帯工事や諸費用合わせて
土地代抜きの総額が2,088万円でした。
(そこから今月中に契約なら80万引の約束があるので
実際は2,008万円)



そしてレオハウスがこちら

レオ見積り600-400


項目が各メーカーで違うので分かりずらいですが


タマホームの本体工事費1,413万円に比べて
レオハウスは1,516万円と約100万高いものの

レオハウスの見積りは
オプション工事費、付帯工事費も込みなので
総額だと

レオハウス 1,977万
 
タマホーム 2,088万(値引きして2,008万)

ちなみにレオハウスの営業さん
「多分タマホームの見積りここから100万引くって言うと
思いますよ」って
うーん、80万しか言われてない

見積り項目が違うので、分かりやすく比較すると

タマレオ比較1-600-480

タマホームの
値引きを考慮してもレオハウスのが31万円安い


さらにレオハウスは
地盤改良費で50万予算計上していて
その代わり団信の5万円が入ってないので
同じ条件に直すと76万円レオハウスのが安い。

タマホームで38万円かかってる
キッチンのグレードアップとカップボードがキャンペーンで
無料というのが大きいです

ちなみに支店の努力ではなく全国同じで
「今月はこれね」ってキャンペーンが決まるらしいです^^;



後は同じ間取りなのですが、微妙に違う所があって
レオハウスはリビングの窓が南向き全部が高さ200cm
タマの間取りは1つは200cmですがもう1つは110cm

建築士さんも
「ここは200cmじゃないと開放感が違いますよー」
という事で、さらに吹き抜け部分の窓も2枚多い


「とりえあず標準の予算内で収まる分は全部窓入れました」
たしかにタマホームのが2枚少ないのに
既にオプションで窓費用がかかってる。

一応基本部分をまとめると
タマレオ比較2-600-300

バスルームがタマホームのが1.5坪まで標準位で
後はほぼ同じ
吹き付け断熱は絶対なので
このままならレオハウスで決まりかなぁと

それでもタマホームもさらに値引きがあるかなと
レオハウスの見積り持ってタマホームへ





そしてタマホーム

・希望していた吹き付け断熱
(アクアフォーム)は20万円でして貰えるとの事

・天井高は追加料金無く250cmで出来ますよ

・サーモス2Hにも無料でアップグレードするよ

・全面200cm窓はちょっとお金かかるかもだけど
頑張るよとの事

なるほど、レオハウスと比較すると
色々サービスが良くなるなと思いました
制振ダンパーは
イマイチ効果が分かりませんがそれ以外は同じ仕様

しかし同じ仕様でレオハウスのが値引いても
約100万安いので、さらに値引き出来ませんか?
と営業さんに言った所

もうちょっと頑張るから契約してねと。
色々掛け合うから次回まで待ってと期待を持たせて



2018年01月24日

タマホームその2 (前回からの続きです

前回書きましたがほぼタマホームに傾きかけている時に
タマホームと競合させる目的でレオハウスに行きました。
(もう色々見過ぎてたので新規はもういいやって感じでしたので)



レオハウスとタマホームはすぐ近くなので
ふらっとアポ無しで行ってしまいました
近くなので元々行けたら行こうとは思ってたのですが
「うーん、ここはいいやと思わせる理由が

レオハウスロゴ


会社ロゴのダサさ!
スーパーの特売や学校の先生が作るしおりみたい^^;




タマホームロゴ

ヘルベチカフォントですっきりまとまってるタマホーム




まあロゴで家は建たないので
とりえあずレオハウスへ


今すぐ担当出来る者はいないけど
モデルルーム見て見積り依頼位でしたら可能ですよと。


基本全国区のメーカーは
アポ無しで行っても断れませんが
地元の小さいとこだと
無理って言われたりします



この段階で4社ほど話が進んでたのですが
 
・地元の工務店やメーカーは2,3週間先や微妙な時間が多い

・全国区のハウスメーカーは毎週話聞けてる
(平日行ける人なら問題無いと思うんですが、土日しか行けないので)


と何件か並行して話を進めていても営業の人数なのか
大手は残業たくさんするからなのか
大手の会社のが話が進むのが早いです。


契約前でこれなんだからトラブル起きた時に
大手のが対応早いかなぁと思ったりしました。



レオハウスもタマホームと同じように
住宅展示場ではなく
支店内にモデルルームがあります。


こちらもタマホームと同じように
選べるキッチン、トイレ、サイディングなどが
実際に展示してあり
これを見てるだけでテンションが上がります。


いきなり行きましたので営業の方が空くまで
受付の方と一緒にモデルルームへ
完成したのがタマホームより古い為に
間取りなどが若干昔の高級住宅っぽい感じで余り参考にはならず


まあいきなりでしたので次週ちゃんと話しましょうという事で
ある程度希望の間取りは決まってるので色々伝えて、来週へ。
クレヨンしんちゃんの大きなティッシュを貰って帰りました
(これが毎週貰えるのが嬉しい)




翌週、タマホームにレオハウスの
見積りを持っていきたいので先にレオハウスへ


今まで何社か見てきましたが
すべて担当は営業の男性1人でしたが
レオハウスは2人!
営業の方と何と一級建築士!


ちなみに、うちの会社にも一級建築士いますが

一級二級の違いは
作れる大きさなので
戸建てなら二級でも建てれます。

一級建築士さんならビルや学校も建てれます。


注文住宅で自由設計なんだから
設計士が同席するのはありがたいですし
考えてみたら当たり前のような気もするのですが
(積水ハウスとかは当たり前にいそうな気がします^^;)


どうやら今回だけじゃなく
最後まで2人態勢という事で
まずは見積りと間取りを。



しかし当然ですが受付の方と話しただけなので希望とは色々違うんですが
「営業でもないのによく希望を覚えていたな」というなかなかの出来
これはこれでなかなか取り入れたいとこがあったりします。


窓の位置やスキップフロアの高さなど
建築士さんから直接話を聞くと納得な部分が非常に多く
営業さんタマホームのモデルルームも全部把握してるそうで
同じに作れるよという話なのでとりあえずタマホームの間取りと見積りを見せると

「絶対ここに壁入りますよ」などなど
設計士さんならすぐ分かるらしい問題点があるらしい。


なので間取りは次回にしてその他標準の設備などの案内を営業さんから。


レオハウスは大人気の家CoCoという大安心の家そっくりな名前で
(どっちが先なのでしょう

提案されたのは大人気の家CoCoのDセレクトというタイプ
(ベーシック<Vセレクト<Dセレクトとグレードと値段が上がるらしい)



タマホームとの違いでレオハウスのが良い所

・天井高が標準で250cm
(タマホームは240cm)

・標準で吹き付け断熱
(タマだとオプションで40万弱)

・制振ダンパーが付いてくる
(キャンペーンらしいのですが最初からありました)

・窓はLIXILのサーモス2H
(これもキャンペーンらしいのですが、玄関ドアもリクシルにして下さいという条件付)

もちろんタマホームと同じ間取りの条件で見積りが出ていないので
比較が出来ないのですが、吹き付け断熱が標準
営業の方もC値を理解してるのが安心出来ます。
(オプション費用かかりますがC値測定もしますよとの事でした)

タマホームの見積りは見せてますので次回見積りを楽しみにしながら
クレヨンしんちゃんのティッシュを貰って帰りました^^

また次回に続きます)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村