2018年05月18日




家を建てる前は
坪単価を調べたり

諸費用など色々調べましたが



結局、家建てるのに
総額でいくらかかるの?



というのが最初の不安な所だったので
今回は使った総費用をまとめます





総費用ですが

引越しをして
火災保険を払ったまでの
金額なので
(火災保険は引き渡し翌月に引落しでした)


外構費は
引き渡し前に完成した
物置は入っていますが


その他の外構費は入っていません




・まずは今回建てた家の詳細です

プランはレオハウスの
大人気の家coco Dセレクト

総費用z

大きさは
延床面積 34.56坪(114.27㎡)
施工面積    39.14坪(129.42㎡)


在来工法(軸組工法)で建てました


レオハウスは同じプラン名で
2×4も選べますが
プラン内容や金額は変わります



どこまで金額に
上乗せされているのかは
分かりませんが


キャンペーンとして

・太陽光3.24kw
・2階トイレ
・制振システム(L-SAV)
・サーモスⅡH

こちらは無料でした

本当は

キッチンアップグレード
カップボード無料もあったのですが

紆余曲折あり
色々支払いました




・レオハウスの見積り

総費用a


こちらが契約時に頂いた
レオハウスの見積りです


レオハウスの
請負金額土地代
これで確定していますが


その他の費用は契約時には
いくらかかるか分かりませんから

全て概算です



レオハウスの試算だと
総額で2,693万円かかるよ
という試算です


当然契約時なので
オプション費などは入っていません



・まずは建物工事費関係です

総費用b

こちらがレオハウスの金額で
17,383,610円の試算です


過去の記事





こちらに詳細がありますが

色々あって
システムキッチンのオプション費
本体工事費に一部入っています
(カップボード代 157,000円)


・こちらが実際かかった金額です

総費用c

①工事費と
②必要経費

この2つはレオハウスの金額なので
変わりません


必要経費なんて
こちらでは分かりませんので


値下げやプレゼント品が多い場合は
ここの金額を上げるのかなぁと思ったり



③オプション工事費に含まれた金額は

・キッチン人工大理石 38,000円
・キッチン木目変更 98,000円
・玄関ドアのリモコンキー 55,000円
・可動棚 4段 1個 27,200円
・ニッチ造作工事 1個 18,500円
・物干し金物追加 1個 8,600円
・オプション壁紙代 23,000円

以上で268,300円の追加となり
消費税合わせて


予定額 17,383,610円

実際の金額 17,673,675円


差額が 289,765円になりました




・次は土地代金です

総額が安く抑えられた要因は
格安の土地が見つかったからなのですが


詳細は


土地代金は
契約時に土地が決まっていたので
変わりません



総費用d

こちらがレオハウスの試算です


仲介手数料は
相場が決まっていて

(土地代金の3%+6万円)×消費税8%になります


登記費用も
ハウスメーカーですから

相場が分かっていますので
試算されていますが




こちらに書いてますが
不動産会社の社長さんが
会社と付き合いがある人だったので

手数料などを値引きしてくれました


総費用e

予定額 6,464,200円

実際の金額 6,402,980円


差額は61,200円のマイナスになりました


本体工事費と土地関係は以上で


別途工事費や諸経費などは
次回に続きます


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング






この記事へのコメント

1. Posted by 優也   2018年09月20日 17:20
安くすんで羨ましいです
レオは47でアイ工務店は53でした
レオはいろいろ噂聞きますがやはり安いので迷ってます
レオで建てても大丈夫でしたか?
2. Posted by reogres   2018年09月21日 08:39
コメントありがとうございます

私は今の所レオハウスで建てて良かったと思っています。
値段の割に満足出来る部分が多いし
住んでいて不満な点もありません

もちろん人それぞれ建てる家も違いますし
全員にオススメ出来る訳では無いですが
コスパはいいメーカーだと思います

コメントする

名前
 
  絵文字