2018年02月23日

我が家もそうですが
家を買うきっかけで多いのが
「子供が生まれたから」という理由です。


たしかに夫婦2人なら問題なかった
アパート、マンションも子供が生まれると
「この家こんなに狭かった?」となります。

アパート540-360

賃貸アパート時代の写真です。
夫婦二人では問題無かったですけど
ハイハイしだすと狭いし危険な箇所も多く
だけど物をしまう場所も無いし大変でした

さらに今は低金利も後押ししてますし



我が家はハウスメーカーを回りだしたのが
子供が生後4ヶ月ちょっとの時で
完成時には1歳でした。


今2歳になったばかりですが、何をするにも
「いーやーだー」のイヤイヤ期で
「お風呂入るよ」から実際に入りだすまでに
30分位かかる場合もあります


食事もこぼすし、上手に食べれないのに
自分でしたがる時期ですね


インフルエンザの季節なのもあるのですが
イヤイヤ期に入ると外食に行くのが大変なので
家で食べる事が多いんです。


たまにファミレスに連れて行っても
椅子から出たがりフロアを走り回ってしまいます


それで思ったのですが
「今なら家なんて見てられないなぁ」と・・・

住宅展示場チラシ400-600


近くにある何度も足を運んだ
住宅展示場のチラシですが
もう「あの手この手」で子供を呼び込みます


営業さんからしてみれば
「とりあえず入ってくれ」状態ですから


私が見に行った住宅展示場でも
13社のメーカーがあって


その中で金額的に
・高くて無理
・まだ高い
・頑張れば行ける
・ローコスト


ここの頑張ればいける~ローコストだけでも
13社中8社もハウスメーカーがありました。


全部見に行ける人はいないと思うので
営業さんも呼び込みに必死になります


2歳になった今だと
展示場にアンパンマンワンワンとうーたん
いればそれだけで絶対に付いていってしまうので
まともに見れません・・・


さらに話を進めていくメーカーも数社は出ますので
打合せがどこも1回2時間位かかりますので
休みの度にどこかで打合せになりますが
今なら間違いなく走り回り、すぐ飽きて、泣きます。
(話を打ち切りたい時には助かるのですが


1歳まででイヤイヤ期の前でしたら
そこまで外出が苦になりませんし
まだアンパンマンやキャラクターに
そこまでの魅力を感じませんし


我が家みたいに生後6ヶ月とかでしたら
抱っこ紐の中でしょうし打ち合せ中は寝てる事が
多いので余り打合せで困った事は無かったです。



息子はイヤイヤ期のピークですし
娘はまだ2ヶ月なので
休みの日も家で食べる事が多いですが
(外食がとにかくハード


前の狭いアパートだったら
こっちもイライラがピークだったかもと思いますので
いいタイミングで家が出来たなと思います。


逆に今住んでる所が広さ的に問題ないのなら
イヤイヤ期が過ぎてからでもいいでしょうけど
学区が変わると転園、転校が必要になるので
その場合は特に1歳で作るのがオススメです。


もちろん「イヤイヤ」しない2歳の子でしたら
2歳でも問題ないんですけど(笑)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング







コメントする

名前
 
  絵文字