2019年09月

2019年09月30日





天井の梁が出てる家って多いですよね

梁a

こちらはレオハウスの実例集ですけど
オシャレだと思います



一方我が家の天井は

梁b

壁紙と照明だけですね・・・



割とオシャレになるのに


施工内容によっては
それほど予算もかからず出来るのですが



最終的に梁を出さなかった理由です





・まずは梁があるメリット


メリットといっても
性能が上がるような事ではないので
(むしろ下がります・・・)


見た目がいいというのがメリットですが


天井板を貼らないので
その分天井が高くなりますから


私が大好きな「開放感」も上がるので
見た目のメリットは非常に大きいです


梁c

こちらもレオハウスの実例集ですが
開放感が上がる感じがしますね



予算も実際に使う梁をそのまま見せるなら


天井板の必要が無くなりますから
結構安く済むみたいですが


梁d

レオハウスの場合
梁も集成材ですので


「こんなもん見せても安っぽい」ですから



化粧梁と言って
構造用の梁とは別の梁を使うか



構造用の梁に壁紙を巻いて
「高そうな木材」にするかになります



オプション費用は
リビングの一部分で10万円ほどらしいので
検討したのですが


最終的に却下になりました


ただ集成材の梁を見せる家のブログ見ると
割とオシャレだと思うので


わざわざ化粧梁使ったりクロスを巻かなくても
いいかもしれませんね



「見せる部分はいい見た目の木使ったよ」って
言ってくれた家も多いみたいですし


レオハウスがそこまで
してくれるかは分かりませんが



梁d-2

最初から見せる前提なら
見た目のいい木を使ってくれたかもしれませんが



このままだとちょっと梁として見せるには
安っぽいですね・・・





・梁を見せるのを却下した理由1 「しつこかった」・・・



天井の梁というのは
「アクセント」なので


カレーの福神漬け
牛丼の紅ショウガのように


ちょっとあるならいいんですけど
余りに多いとしつこくなってしまいます・・・



梁e

全部白系の我が家ですが
リビングの1面だけは全部アクセントクロスを貼って




梁f

リビングとダイニングの間に
化粧柱があるので



これ以上「アクセント」が増えるのは
どうかなぁと思いました


完成した感想としては


むしろ化粧柱と同じ色の見せる梁にすれば
いい雰囲気になったと思いますが


いかんせんリビングの
クロスが「自己主張の強い水色」なので


やはりここに梁があるのは
「しつこい」だろうなぁとも思いますし



梁f-2

天井は何もないんですが
段差のあるスキップフロアと吹き抜けが見えるので


こちらが梁を出す代わりの
アクセントになってます





・梁を見せるのを却下した理由2 「うるさそう」・・・


天井が高くなる=2階の床が薄くなるので


さらに天井板も使わないので
当然ですが防音性が下がります



線路沿いに住んでいる私が
「防音性」を色々言うのもおかしいんですが



梁g

間取り的に子供部屋の真下がリビングになるので



ただでさえリビング階段なので
2階との防音性は悪いのですが


小学生、中学生あたりになると
「ドタバタ」するかなぁと思いました








・梁を見せるのを却下した理由3 「掃除が大変そう」


この理由が一番大きかったです


前職は旅館業ですので

部屋は和風建築の
見せる梁がたくさんある部屋もありましたが


普通の天井に比べると
埃がかなり目立つんですよね・・・


我が家は天井高250cmなので
梁を出せば


天井までは270cm位の高さですから



こういうのも脚立が無いと
届かないと思うので



掃除が大変です・・・


それに比べると


白いクロスにダウンライトの我が家は
埃は溜まりませんから


年1回、大掃除の時だけで充分です





・まあ結局「予算」なのですが


色んな理由で


10万円出してまで
しなくていいと却下にしたのですが


「無料でしますよ」って言われたら
もしかしたらしたかもしれません
(結局は予算・・・)


1万円なら家作ってる最中なら
「誤差」って思うんですが


10万円だと
結構考えてしまいますから・・・



まあ仮に10万円が無料という話だったら


「10万円が無料になるなら
浴槽を人工大理石にして下さい」って言ったと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング





2019年09月27日





私の職場は
廃棄物の処分場ですから


普通の可燃ゴミや
プラスチックごみはもちろん


家の建材で言えば
石膏ボードサイディング等以外にも



「こんなもん何処に捨てればいいの?」という
廃棄物も当然きます
(もちろん許可がありますよ)



シンナーやトルエンなども処理出来ますし


壁紙a

普通の方では余り聞きなれないですが
家を作る際には必ず使うキシレンとか
(塗料や接着剤などの材料です)


割と有毒系のものも運ばれてきます


壁紙b


有害って怖い文字もありますが
ガソリンやシンナーレベルでは
廃棄物の分類上は
有害にすらなりません
(体には害ありそうなんですが・・・)



住宅で使う物でも
トルエン、キシレン、スチレンなどなど


シックハウスの原因物質と言われる物も
持ち込まれるので


仮に私が「シックハウス症候群?」
なんて言ったら


「その会社にいるから症状出たんじゃない?」って
言われてしまいそうですが


特に従業員だから
問題が出たという事はありません


壁紙b-2

もちろん解体中や
危険な物質を扱う時には


防塵、防毒マスクなどを使いますが
家で使う訳にはいかないですね






・シックハウス症候群対策には壁紙を変えるのが効果的です



私は昔から皮膚が弱く
何年も皮膚科に通っていた時期もあって
(ストレスが内蔵じゃなくて皮膚に来るらしいです)


結局病院の先生が
「この蕁麻疹で死ぬことないから・・・」
治療を諦めた経緯があるのですが



有毒系物質が運ばれる会社にいる分
勉強しないといけませんし


講習会で各物質などの
説明があったりもします


壁紙c


建設系で言うと
アスベストやPCBを知らないで処分すると
色々大変な事になります



産業廃棄物を持ってくる
お客様が


「自分じゃ分からない」という物を
持ってくる場合もありますから


建築部材なども見てすぐに
何か分からないといけないので


普通の方よりは詳しいとは思いますが


・・・・
・・・
・・


あくまでも数値上だけですけど



数値だけなら今流通している
建材なら、どれを使っても


ちゃんとした施工をして
ちゃんとした計画換気が出来ていれば


シックハウス症候群にはなりません



色々反論来そうな書き方なんですけど
本当に出ない数値です・・・



まあ健康な方が
ちゃんとした換気システムが
出来ているという過程ですので



多分、シックハウスが出たという方は


・体が弱っている

・引越し等で疲れている

・元々アレルギー体質の方

・気分的なもの

・ちゃんとした施工をしてなかった



特に皮膚症状や頭痛など
気分的なものもかなり影響しますので


逆に厄介なのですが



新築で一番
シックハウス症候群になる原因は
壁紙だと思います



他にも色々と原因になる
建材はありますが


何しろ家の内側全部を
壁紙で覆うのですから


使用量が他の建材とは段違いに多いです





・壁紙=紙製ではなくプラスチックです


今の壁紙は
「壁紙」と言ってもほとんどが
塩化ビニールで出来ています


壁紙d

こちらが我が家で使った壁紙の一部ですが
全部「塩化ビニール樹脂」で出来ています


メリットも多くて

・比較的安価
・デザインが豊富
・厚みも簡単に出せる
・防水加工も出来る
・施工も楽


などなど色々とメリットも多いですが


この壁紙は
塩ビ管や樹脂サッシと同じ素材ですが


そのままでは
紙のようには扱えませんから


可塑剤というものを入れると
柔らかくなって壁紙として扱えます



この可塑剤ですが


発がん性があるとか
環境系のブログでは
かなり悪者なのですが


壁紙e




一応国の基準では
発がん性はコーヒーと
同程度の基準にはなっています



この辺に関しては

当たり前にアスベストやPCB使ったなどの
歴史がある・・・


国の基準だけを信じるのも問題なのですが
(まあ調べる技術も無かった時代ですが・・・)



ブログの中には
「いや、それはおかしい・・・」レベルの
間違っている事書いてあったりします・・・


なんでも危険という記事もありますので
全てを鵜呑みにはしないで欲しいですが



特に廃棄する時に出る
大量のダイオキシンとか書いてある
サイトがありますが


少なくとも
私の会社では焼却する際も
ダイオキシンは出ません



とはいえビニールの壁紙は


可塑剤の揮発や
クロスを張り付ける際の
接着剤など


シックハウスの原因になる物質は当然使います


壁紙f


建築材料に記載されている
F☆☆☆☆
というのを見た方も多いと思いますが


このように
ホルムアルデヒドの発散量が少ない物は
制限無しに使えるという決まりになっています








・シックハウス症候群を出さないために


我が家は特別な事をしていませんし
壁紙も全部ビニール製ですが
何の症状も出ていませんが


気になる方なら
全部の物質は無くす事は出来ませんが



使っている量が一番多い
壁紙から原因物質を無くすなら


壁紙g




壁紙g-2

このような天然素材の塗り壁がいくつかあります



当然その分値段も
かなり高くなるのですが


予算に余裕があったり
シックハウスが気になる方なら
こういった素材もあります



また我が家でも使っている
タカラスタンダードのホーローキッチン

壁紙h


素材の大部分のホーローは
金属とガラスを焼いて作っていて


一体型成型で
接着剤も使いませんので


シックハウス症候群には
かなり優れている商品です



後は家の気密性能にあった
換気システムを入れて


もちろん不安でしたら
最初は窓を開けて生活してもいいと思います


引越したばかりの時は
臭いが強いから
気分的に具合が悪くなるという事も
多いかもしれませんが


昔に比べると
材料に関してはかなり厳しくなっていますので


今、現状で健康な方でしたら
余り気にしすぎなくても大丈夫だとは思います


もちろん換気システムが
ちゃんと動いていればの話ですから


・C値1.0以下の気密を取る

・余り気密性能が取れないなら一種換気にする

・そうじゃなければ最初は窓を開ける


などの対処はした方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年09月25日





我が家は今の家に引越しして
初めてIHコンロになりました


ガスコンロa
(オプションで色をグレーや白に出来るのを知ったのは引越し後でした・・・



それまではガスコンロだったのですが

子供も3歳半と1歳半を過ぎて


2人とも大人と同じ物を食べますから
色々と料理をしますが


「やはりガスコンロが欲しい」と思う事が増えました・・・


逆に
「これはIHが楽だな」って思う事もありますけど






・夕食は私の担当です



私の勤務時間は8:00~17:00(定時なら)

妻の勤務時間は10:00~19:00

なので


私の方が仕事が終わるのが早いので


仕事が終わると保育園にお迎えに行って
夕食を作るので



妻が休みの時以外
だいたい週5回ほど作ってます

ガスコンロb
(結婚するまで妻はアボカドの剥き方を知らなかったのはいい思い出


こちらは
昨日の夜ごはんです


大人だけなら適当でいいんですが
子供もいると野菜も必要ですし


タンパク質と炭水化物と脂質のバランスなども
気を使わないいけないので大変ですね






・IHのデメリット 「アクションが遅い」



IHの場合、火力は全てボタンです

ガスコンロc



例えば、生姜焼きなどで


最初は強火(ここはIHも火力あるのでOK)
火が通ったら中火(ここもIHで問題なし)
最後にタレを絡めて弱火で
「焼け」や「照り」


などなど1つの料理で
強火、中火、弱火と使う場合


温度の変化が
ガスに比べてワンテンポ、ツーテンポ
遅いんですね・・・



ガスだとフライパン持ち上げれば
良かったりする場面でも


IHだと火が止まったのと
同じになってしまいますし


まだIHを使った事ない方でしたら


ホットプレートを想像してもらうと
分かると思いますが


強火から弱火で
温度が変わって安定するまでの時間が


IHの方が長いので
細かい火の調整が難しいです


ガスコンロd

こちらは一昨日の「焼きしゃぶ」です


肉が薄いんで
最初強火、すぐに弱火にしたいんですが
ガスコンロに比べると
なかなかコントロールが難しいです





・IHのデメリット 「フライパンが振れない」



これは皆さんが言われるデメリットですね


コンロから少しでも上げたら
熱は伝わないどころか
一時停止してしまいます・・・


上記の料理なども


ガス火の時は
弱火にしたければ
フライパンを上げてましたが
それは出来ません





・IHのデメリット 「オムライスが作れない」


オムライス以外でも
フライパンの側面を使う料理

ガスコンロe

ガスに比べて
底はどうにかなっても
側面が全然温まりません


逆に側面を適温まで温めると
底が熱すぎます・・・


なので
フライパンを揺すったり、傾けたりする
「オムライス」などの料理が


非常に難しくなります・・・




後、IH対応のフライパンじゃないと
そもそも熱くならないので






フライパンや鍋などを
いくつか購入しました




IHは掃除が簡単と言いますけど
確かに手間は減りましたが


別にガスコンロ時代でも
苦にしてなかったですし・・・


ガスコンロg

むしろアルミタワシとか
使えない分


掃除もデリケートだったりします・・・





・IH唯一のメリット「天ぷら」



私が思いつくIHのメリットはこれしかないです

ガスコンロh

細かい火力調整が必要だったガスコンロと比べて
ボタン1つで設定温度を保ってくれます



キッチン火災で
多分、原因として一番多いのは
「天ぷら」だと思いますが


温度上昇もしませんし
火は無いので


火災の心配はほぼなくなります








・それほどメリットでも無い「温度」


よくIHコンロのメリットとして
「火を使わないから暑くならない」ってあるんですが


たしかに暑くなりにくいんですけど
鍋などの料理した熱は当然出ますし



そもそも冬は逆に
暖かくなるので



このメリットは夏場のみですね・・・



夏場は必ずビール飲むので
むしろ料理で一汗かいた後のビールの方が
美味しかったりもしますんで


ガスコンロi

後、設計的に
コンロ前などにも壁が一切ないので
熱はこもらないようになっています



その他にも


炙り料理が出来なかったり
色々とデメリットが多いので


もし料理は奥様が担当という家庭なら
ガス火が良いと言われたら


ガスも検討した方がいいと思います





・しかしガス使用は費用が高い・・・



今はオール電化ですから
ガス管の配管工事もしていませんので



家まで引き込みが終わっていても
(引き込み工事はガス会社負担です)


敷地内の配管工事がありますし
(こちらは利用者負担


当然、ガス代も基本使用料が発生しますので
ガスコンロは結構ハードルが高いんですよね・・・



「煮る」料理ならIHでも
何ら問題ないですし


IHだから火力が弱いって事はないので
別に問題ない料理も多いので



費用を考えると
「まあIHでいいか・・・」で落ち着いてしまいます






・最後に火を見ないデメリットについて



IHのデメリットで火を見ないから
子供の教育に良くないというのがありますが


これはテレビで火事や火を見たり
保育園で教わったり
花火したりするので

別にデメリットでも無いです


「火は危ない物」というのは
ガスコンロが無くても小さい時から
既に分かっています



ガスコンロj

実際にカセットコンロも使いますし


これは「やきまる」なんで火は見えないですけど






「周りは熱いからねー、触っちゃダメだよー」って言えば
子供でも分かります



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







2019年09月23日





我が家で使った吹き付け断熱の
アクアフォームですが



施工マニュアルを見ると


防水シートa

防水シートに直接吹き付ける場合は
「たるみが無いようにして下さい」と記載されています



私が仕事で見る
解体するような古い家は


まだ吹き付け断熱は
無い時代の家ばかりですし



新築の家もコンテナ置いて
端材を回収しますが



新築の現場は

防水シートb

こちらは我が家の工事中ですが


ダイライトという耐力面材(構造用合板)を
貼っています


在来工法のほとんどのメーカーが
今はこのような面材を使っていますし


ツーバイフォーだと
当然合板を貼るので


防水シートc

このように木板に
吹いてく感じです



私の会社で行く現場では

直接防水シートに吹き付ける現場を
見た事が無いのですが・・・



「今どき防水シートに
吹き付ける現場あるのかなぁ」
と思いますが



昨年施工した方のブログで
このような施工もあったので


・在来工法で
・耐力面材を使わないで
・吹き付け断熱


このような家は注意が必要です


というか吹き付け断熱は
使わない方がいいです




合板を使わない場合
在来工法では

防水シートd

こちらも我が家の施工中ですが

これに外側の合板が貼られてない状態を
想像して頂ければと思いますが


ここに透湿防水シートを施工して
吹き付け断熱なら


そこに吹き付けをします





・透湿防水シート協会はダメな施工と言っています


防水シートe



 

透湿防水シート協会という
協会があるのですが



こちらでは防水シートに吹き付けないで
必ず面材などを貼って
そこに施工して下さいと言ってます



ダメな理由は通気層が
取れなくなるからですが




こちらが我が家と同じような施工例です

防水シートf


内側から


まず木材があって
そこに耐力面材(ダイライト)があって
その外に透湿防水シート(タイベックシルバー)があって

ここに空気の「通気層」があって

一番外側のサイディングになります


通気層は1.5cm以上が必要で


ここが無いと湿気が逃げれませんから
非常に大事なのですが





防水シートに吹き付けをした場合

防水シートg

防水シートにたるみが
無い状態で施工したとしても


重みや施工時の衝撃もありますし


そもそも目視で「たるみ」が無いか
どうかの確認だけですし


このように通気層が無くなってしまう場合があるので
防水シートに直接吹き付けるのはNGです








・施主さんが出来る事


まず、吹き付け断熱が希望なら

・ツーバイフォー
・在来工法なら面材を使う


このどちかの工法なら
吹き付ける合板があるので大丈夫です



自分の家がどのように施工するかは
契約前でも確認出来ますし

防水シートh

こちらはレオハウスのパンフですが


契約前でもパンフだけで分かる場合もありますし
施工内容は必ず確認してから契約期間すると思いますが


レオハウスもタマホームも
どんなに安いプランでも
面材は使っています


多少金額は上がりますが
面材を使った方が


施工が簡単ですし
気密も簡単に取れますので


費用対効果が高い工法ですね


元々ツーバイフォーなんてのは
素人でも建てれる工法として誕生してますので


特に、合板プラス吹き付け断熱は
余り職人の腕を必要としないですから


今はローコストでも
ほとんど使う工法だと思いますが
(面材で30万使う代わりに人工1人減るなら、その方が安いですし)


こちらを確認して
もし在来で面材は使わないにも関わらず


「吹き付け断熱のが優れている」
グラスウールから吹き付けに変えてはダメですので


このような場合は
グラスウールで施工した方がいいです





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年09月21日





最近ツイッターなどを見ると


「住宅展示場に行ったけど多すぎて分からない」

「いくつかハウスメーカー見たけど言う事が色々違う」


そして私のブログみたいな
家作り系のブログをいくつも見て


「言ってる事が色々違い過ぎて分からない」


という感じになってしまっていて



自分の正解が見つからないまま
「何となく」建ててしまうと
後悔する事が増えるかもしれません・・・



メーカーa



我が家の近所にある住宅展示場だけでも
15メーカー、17棟建っていますし


近くにもたくさん
ハウスメーカーや工務店があります





・満足する家を作る最適解とは・・・



車が大きさ、形などいくつもあるように
住宅も色々とあります



まして注文住宅でしたら
同じものは基本的にはありませんので



ぶっちゃけ正解などはありませんが
満足する最適解に近づく方法はあります

メーカーb

こちらは信長の野望という
シュミレーションゲームです


初期の数値は決まっていますが


これを割り振るのが
満足する家を作るのに大事な作業です


つまり


メーカーc2

こんな感じですね(笑)



予算は人それぞれですが
仮に2,000万円として



2,000万円=100とした場合に
数値100を自分の理想に割り振ります
メーカーd

断熱、気密 20 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 20 (サイディングや外構など見栄え)
設備 20 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 20 (土地代金)

合計100


2,000万円の建売住宅を買うとこんな感じですね
やはり売れやすいように全てが平均的です




もちろん注文住宅なら
好きなように色々割り振ってもいいので
メーカーe
断熱、気密 60 (家の性能)
広さ 10 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


高断熱高気密にする代わりに
他の物を犠牲にしてもいいですし





メーカーf



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 40 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100

同じ価格で
広さ、間取りを重視
断熱、気密もそこそこは欲しい場合もあります




どれを選んでも
作る人の希望ですから
正解とか不正解ってありません



実際に住んでいる人が
満足していれば全て正解なのですが



平均相場が
合計数値100=2,000万円だったとして


数値100の家を
2,500万円で建てたら損をしてしまいます



何件もハウスメーカーを見る事で
適正価格が分かってきますから



どの部分を重視するかは
人それぞれですが




この合計数値100が


2,000万円のメーカーと
2,500万円のメーカーなら


当然安い方が得ですし
2,500万円のメーカーを選んだら損をします





もちろんこのように
メーカーg

2,500万円の代わりに
数値が150に増えれば
何も問題ありません



予算に応じて
自分の建てれる金額で
満足出来る家を建てればいいので



とにかくまずは
相場や性能を知る為に
何件もメーカー、工務店を見学して
見積りを貰ったほうがいいです




そうすると
適正価格が分かってきますので



ハウスメーカーに寄っては
「今だけ500万円値引き」なんて所もありますが



適正価格が分かれば
「いやいや、これ定価上乗せしてるでしょ?」って分かってきます






・ハウスメーカーに迷ったら


当然ですが仮に10社のメーカーを見たら
10社とも金額、間取り、広さが違うと思います


「どれがいいんだ?」と悩んで




そこで検討しているメーカーの
ブログなどを見ると



「フローリングは絶対に無垢材がいい」

とか

「サイディングは長持ちしないから止めた方がいい」

とか


などなど決め付けのブログも結構あります・・・



私も瓦屋根だけは
本当にオススメなので色々書いてますが


正解なんて無いですから
自分の好きな物で作ればいいんです


実際に家を建てたブログは
個人の感想もあって
参考にはなると思いますが



それが他の人にとって
正解という訳ではありません



もちろん施工ミス、欠陥住宅は
何があってもダメですけど


ただ、いくつもメーカー、工務店を回れば
分かってくると思いますが
やはり、性能とはある程度価格に比例します









・失敗したなぁって思う人のパターン



先程のパラメータ


断熱、気密 60 (家の性能)
広さ 10 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 10 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


このような高気密、高断熱が希望の方がいて




実際に建った家が



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 20 (サイディングや外構など見栄え)
設備 20 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100



こういう風になると
「思っていた家と違う」って後悔します



その為にまずは
「自分がどんな家が欲しいか」の正解を出すためにも
何件もメーカーは周った方がいいです


我が家の場合は
土地代も全て込みで3,000万円位という
悲しい縛りがありましたので



その中で
まずは希望の間取りと広さを決めて

メーカーh



延床で34.56坪なので
夫婦と子供2人なら普通ですね
(引越し時は親子3人でしたけど)



土地は幸いにも
線路沿いの格安の土地がありましたので


設備は1つも削ることなく
オプションを増やしました



断熱、気密は
吹き付け断熱と瓦
窓サッシはサーモスとやや落ちますが
予算内の上限で作りました


外観は標準ですし
外構もほとんどしてないので


自分の中では
メーカーi



断熱、気密 30 (家の性能)
広さ 20 (延べ床面積)
外観 10 (サイディングや外構など見栄え)
設備 30 (キッチンやお風呂のグレード)
立地 10 (土地代金)

合計100


このような感じだと思っています



何しろ金額と性能に
納得して作ったので


不満な所はありません





・自分が満足すればそれが正解です


当然ですが
私の家より高性能な住宅はたくさんありますし


私の家より広い家もたくさんあります



外観見た瞬間に「高そう」って家もありますし


中に入った時に
「高級ホテルかよ」って設備の家もあります



ただ総予算2,000万円の中では
かなり納得出来る家が出来ました


その為にも

部材をある程度調べて
何件もメーカー、工務店に行って相場を調べるのは


大事なことだと思います





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月19日





少し前の話ですが
何度かこのブログに登場している


私の愛犬
パピヨンのパピちゃんが
天国へ旅立ちました


パピa
まるで寝てるみたいですね


14歳と11ヶ月と
かなり高齢でしたが


毎日元気で
前の日も普通に遊んで
普通に散歩して



寝る時もいつもと全く同じでした


老犬なので昔に比べたら
寝る時間は増えていましたが


いつもと変わららない感じで
朝起きたら
すでに亡くなってました・・・



苦しまないで天国に行けたのが
せめてもの救いです




まだまだショックなのですが
3歳と1歳の子供もいますし


落ち込んでばかりもいられませんし


実際人間ほどではないと思いますが
ペットが亡くなると色々とする事があります



パピb
パピちゃん10歳誕生日記念、伊豆のホテルで撮影
(まだ子供が生まれる前です)



私が独身で一人暮らしの時に
飼い始めたので


家族の中で一番長い付き合いです


妻と結婚して8年
付き合ってる期間いれても10年なので


15年近く一緒にいる
パピの方が長い付き合いでした





・ペットの火葬や葬儀の手続きについて



当日は日曜日の朝でしたので
色々と出来ました


まだまだ日本では
ペットが亡くなったので仕事を休むというのが
理解されないので大変だとは思いますが


色々とする事もありますし
最後のお別れもちゃんとしてあげたいです



やはり人間と同じように
個別に火葬してもらって


遺骨は持ち帰りたいので


落ち込んではいましたが



まずは
「ペット 火葬」で検索して

パピc



人間の葬儀でも
一律価格で料金表を出して
色々物議を呼んだイオンの葬儀ですが
ペットの火葬もありました



パピd


霊園内で火葬、収骨、埋葬、供養が
ちゃんと出来る所のみの紹介です



うちの会社も
廃棄物の処分場ですから
焼却炉があって


たまーに動物の死体を持ってくる人がいるのですが
(1体 2,000円です)


正直「ありえない」と思っています




気持ちの問題ですけど
やはり長年連れ添ったペットですから
最後までちゃんと供養してあげて欲しいです


パピe


我が家の場合は
ペット霊園 浄土の里という
すぐ近くに提携しているペット霊園があって


・合同じゃなくて個別で火葬してくれる
・収骨も人間と同じように出来るので


こちらでお願いしました


ちなみに料金ですが2パターンあって


パピ4


おまかせ火葬 20,800円
個別立会い火葬 25,800円でした
(小型犬の場合)


おまかせ火葬でも
お花は用意しれくれるみたいですが


収骨は自分では出来ませんので
我が家は個別立会い火葬でお願いしました


個別立会い火葬だと


人間と全く同じように
お別れが可能でした


料金は25,800円と
骨壺を入れる袋が2,000円で

合計27,800円です



パピf

イオンペットから申し込みすると


イオンから
2,000円の香典を頂けました


2万円以上で2,000円
3万円以上で3,000円という感じで


最高5,000円のお香典という事でした


葬儀もスムーズに進んで



当日の朝電話して
当日中に葬儀は出来ました


パピg

お花は全部用意して頂いたものです

「おもちゃ」「おやつ」「ごはん」は用意しました



画像は出せませんが
その後収骨も普通に人間と同じように出来ました


さすがにまだまだ
お墓とかは考えられませんし


そのまま自宅まで一緒に帰ってきました



なかなか葬儀を値段を出している
webサイトも無いですが



サービスもしっかりしていましたし
近くにあるなら
イオンのペット葬で問題は無いと思います








・ペットロスについて


当日は色々とする事もありますし


我が家の場合は3歳と1歳の子供もいますので
落ち込んでいる暇も無いくらいの生活ですが


家に帰った時に鳴かなかったり


毎日夜に散歩に行ってたのですが
その時間になった時に思い出したりと


亡くなった翌日から2、3日間が
一番ショックでした



1歳の妹はまだまだ分かりませんが



3歳の子供は
死というものは分かりませんが


ペットがいなくなった事や
葬儀をした事は分かるので


「なんで死んじゃうと骨になるの?」とか

「天国って遠いの?」とか



色々と悲しい事を言ってきます


パピh

お兄ちゃんが1歳の時の旅行です
友達の関係で遊んでました




不謹慎という方もいますが
新しいペットを迎える事で



ペットロスが和らぐなら
すぐに新しいペットを迎えてもいいと思います







・子供とペット



我が家の場合は逆ですが


「子どもが生まれたら犬を飼いなさい」という
有名なことわざもある位


小さい子供と犬は相性がいいです


感情が豊かになりますし


言葉が喋れない分
コミュニケーション力が上がりますし

命の大切さも分かります




正直しつけも大変ですし
お金もかなりかかります




毎月何も無くても
ご飯代、トイレシート代、トリミング代で
毎月1万円近くはかかりますし


病気になったら
人間よりは高い医療費がかかりますし


出掛ける時も
ペットも泊まれるホテルは
割高だったり



行けない場所も出てきます


しかも一度飼い始めたら
最後まで絶対に面倒をみないといけません


我が家のパピヨンは約15年間
一緒でしたので


余り簡単に「飼った方がいいよ」とは言えませんが

苦労やお金以上の幸せはあると思います




にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




2015年4月~16年3月生ランキング







2019年09月17日





レオハウスでもタマホームでも
見積りを貰う時に


「尺モジュール調整費」という
金額が上乗せされていました


尺モジュールa

こちらは我が家の図面ですが



910とか1,820で引いている間取りは
尺モジュールになります


尺モジュールb

こちらはタマホームの見積りですが


タマホームもレオハウスも
尺モジュールで作る場合
そこそこの費用がかかります


1坪あたり4,400円を施工面積で
出されますので


40坪だと176,000円も
追加料金がかかります


尺モジュールc


レオハウスの場合は一式の見積りですが


尺モジュールだと
追加料金が発生しますとは言われてます


基本がメーターモジュールで
尺モジュールだと追加料金がかかるなら
メーターモジュールで作ればいいんじゃ?


って思いますが
特に予算が少ない場合


メーターモジュールでは
作れない事情が出て来ます





・簡単なメーター、尺モジュールの違い

尺モジュールd

単純にメーターモジュールは
1メートルごとに区切って
尺モジュールは91センチで区切ります


もちろん0.5の単位も可能ですから
その場合は
メーターモジュールは50センチ
尺モジュールは45.5センチになります



ハウスメーカーの営業さんが
「うちはメーターモジュールなので
廊下も広いですよー」なんて言う事がありますが


尺モジュールe

廊下の幅や階段の幅も
91センチが1メートルになるわけですから
当然広くなります


これで同じような間取りを希望した場合
メーターモジュールの方が
2割ほど面積が広くなるので


当然ですが
建築費が上がってしまいます




ではトータルの施工面積は
同じにして
メーターモジュールにした場合は


広くなった廊下や階段、トイレ等の
しわ寄せでリビングや部屋が
狭くなります



ピッチは0.25単位で動かせますが
廊下に1メートルは広すぎるとしても
75センチでは狭すぎるので


尺モジュールの91センチというは
上手く出来てるなと思います



尺モジュールの調整費は
約18万円ほど


では希望の間取りで
メーターモジュールにすると


尺モジュールf


約1,738万円で
施工面積が約39坪ですから


坪単価が約44万5千円です



メーターモジュールだと
2割は施工面積が増えるので
46.8坪になってしまいますから


建築費が
44万5千円×46.8坪で
2,082万円になりますから


344万円も金額が上がってしまいます








・なぜローコストメーカーはメーターモジュールなのか



尺モジュール採用の
メーカーの方が多いですが


高いメーカーだと
積水ハウスがメーターモジュールです


まあ積水で建てる方は
お金ありますので


広い廊下や階段で
建てると思いますが


何故低予算のローコストメーカーは
メーターモジュールが多いかというと



40坪の家を坪単価40万円で建てれる場合

40坪×40万円=1,600万円ですが


これをメーターモジュールに直すと
2割増えて48坪になります


よく30坪未満は割高料金という
メーカーも多いですが


大きく建てた方が
坪単価は安く収まるので


40坪から48坪に増えて

建築費用は1,600万円から
1,800万円に増えたとしても


1,800万円÷48坪=坪単価375,000円

という感じで表記上の坪単価が下がるので


ローコストーメーカーは
メーターモジュールにします


そして実際の施工はほとんどが
尺モジュールになりますから

尺モジュール調整費も取れますので


タマホームやレオハウスなどの
ローコストメーカーは

メーターモジュールを
標準で採用しているんだと思います

・・・・
・・・
・・

ちょっとせこいですね(笑)


という事で
余り納得はしていませんが


とりあえず尺モジュール調整費を
支払うしか無かったという状況ですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング








2019年09月13日






最近は見た目の問題で
巾木と廻り縁が無い家が結構多いみたいです


腕のいい工務店の大工さんですと
「あんなもん腕の悪い職人が使うもん」

と言う人もいる位です



じゃあローコストな
我が家だとどうなの?って話ですが

廻り縁a

巾木も廻り縁も付いてます・・・




しかし、レオハウスの同じ支店で建てた方でも
廻り縁が無い人もいますし


工務さんも
「無くても作れますよ」とは言ってくれましたし



インテリアコーディネーターさんも
「無い方がいいなら無くて大丈夫です」という話でした




一応説明すると

・廻り縁=天井と壁の間

・巾木=床と壁の間なので


廻り縁はともかく
巾木は無いと


掃除機をかける時に
クロスにぶつかりますし

廻り縁b

我が家みたいに子供が小さいと
おもちゃの車でぶつかってきますので


巾木はみんな付けていると思います





・廻り縁無しが希望でしたが結局付けた理由



巾木は付けるとして


廻り縁
「無くてもいいなら取り付けない」という話だったのですが



工務さんは


「無くてもいいけど」

という前置きの後に


「将来クロスが剥がれる原因になる」

「隙間が目立つ」


という事で


無いと色々デメリット出ますよー
という雰囲気でしたので


結局付ける事にしました


木材が収縮する1~2年後までは
定期点検で直せても


10年後以降は直してもらえなそうなので
見た目よりも長持ち重視にしました



まあ素人が考えても


一番大変そうな
壁と天井の間のクロス処理が
隠れるわけですから


職人さんも楽でしょうし


何しろローコストメーカーですから
余り職人の腕を求めてもいけませんし



「廻り縁なんか要らないよー」って
言う職人さんの腕でも


最初はともかく
10年、15年と考えると


廻り縁があればクロスの剥がれが
防げる可能性が上がるなら
付けておこうって感じでした






・色決めは簡単でした



たしか、巾木も廻り縁も
同じ色にしてねって指定がありました


選べる色は

廻り縁c


この中からの指定でしたが



クロスがアクセントクロスの水色以外は
全部白系なので


目立たない廻り縁にするには
白しか選択肢はありませんでした





・1階と2階の間にある巾木が嫌・・・



元々白基調が希望ですし


水色の壁に白の天井で白い廻り縁があっても
全く気にならないし


むしろ境目が締まる感じで
あった方がいい位なのですが




「どうして巾木とか要らない」
思っていたかと言うと



廻り縁d

これです、階段とかにある
1階と2階の間にある巾木



家を建てるちょっと前に
知人宅でここが茶色の家を見て
(壁紙は白です)


正直「邪魔としか思えない」という感じで



「天井や床はあってもいいけど
これだけは無くしていいです?」って聞いたのですが



ここも木材の収縮
ボードのパテの影響で



数年経つとクロスが剥がれたり
山が出るのを防ぐという事で


「それを承知してくれれば
付けなくてもいい」という話でしたが



そんな話を聞けば

「じゃあ付けて下さいという事で


廻り縁e

ここが目立たない色=白という事で


我が家は巾木と廻り縁が白になりました








・廻り縁を絶対に取り付けたく無い家


白のクロスで白の巾木なので
全く目立たないのでいいのですが



出来れば巾木も廻り縁も
無い方がいいという方で


壁と天井のクロスが白じゃない場合


クロスの色の豊富さに比べて


巾木と廻り縁は
そんなに色がある訳では無いので




例えば、こちらは我が家の玄関です

廻り縁f

壁は黄色系、天井もアイボリーですが
ものすごい廻り縁が自己主張しています


このように白では無い色を使ったり


天井と壁を同じクロスにした場合



廻り縁が非常に自己主張しますので
付けたくないだろうなぁと思います



クロスの保護の為に
巾木も廻り縁も付けるけど


余り目立たせたくないというなら



クロスの色と巾木、廻り縁の色は
一緒に考えた方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング






2019年09月11日





私が家作りの最中に気にした間取りとして
「開放感」というのがあります



しかし家の性能
特に光熱費を考えた場合


開放感を出せば出すほど
性能は下がり、光熱費がかかる家になります


もちろん一流建築家やデザイナーズハウス
超性能な家など


開放感を上手く出しながら
性能も落とさない家も出来ると思いますが



その場合予算が絶対オーバーするので
(建物価格1,500万円でと言ったら怒られそう・・・)


夫婦とも田舎出身ですし


間取りに関しては
夫婦で揉める事も無く
開放感を最優先にしていましたが


性能が下がるという
デメリットを実例として挙げていきます





・開放感を出すポイント1
「間仕切りは極力使わない」



間仕切り=壁や扉や障子などですね



一番の基本ですが
仕切りは省いて大きな空間にした方が
圧倒的に解放感を得られます

開放感a

こちらが我が家のリビング間取りです



とにかく壁はないですね



開放感b

注文住宅ですから
同じ大きさでこのように作る事も
もちろん可能です


こうすれば


リビングのエアコンは
20.75畳だけの範囲になるので


みんながリビングにいて
スキップフロアや2階を使っていない場合
こちらの方が光熱費がかかりません



我が家の場合は
リビング、スキップフロア
リビング階段、2階の寝室を

3

1台のエアコンで動かしていますから
家全部が快適ですけど
使ってない部屋も冷暖房している事になります


メリットとして開放感を得られますが


仮にエアコンが
リビングだけ効いていればいいなら


当然ですが光熱費は
我が家の方がかかりますね



後、この間取りにした方が
壁が増えますので
耐震性も上がります





・開放感を出すポイント2
「引き戸も開放感を出すには重要です」


開放感c

壁がかなり少ない我が家ですが
最初の提案ではさらに壁が少なかったです



しかしここを引き戸にしたため
若干壁が増えました


元々「リビングのソファから
冷蔵庫見えるの嫌かも・・・」で始まった案ですが


引き戸にして正解でした


引き戸と開き戸では
開き戸の方が気密性は高いですが


開けっ放しにした時の見た目は
引き戸の方が邪魔になりませんので
開放感は上がります


犬がお風呂場でオシッコしますし


冬はお風呂の湿気を
リビングに持って行きたいので


リビングからお風呂まで全部の扉を
開けっ放しにする事が多いです


それでも今の家ですから
開けたからリビングが寒くなった
暑くなったというほど
体感で温度は変わりません



引き戸は開放感以外にも
子供が指を挟んだりしないので
安全性というメリットもあります





こんな感じにソフトクローズで
ゆっくりしまるので安全です





・開放感を出すポイント3
  「スキップフロア」



開放感を増やす為には
横だけではなく上の開放感も大事なので
スキップフロアがオススメです


開放感d

1.5階になりますから
必然的にリビング階段にもなりますし


見た目の開放感はかなり上がります



ここをガラスなどの透明な素材にすれば
さらに開放感が上がるのですが


見えてしまうと
いつも綺麗に片づけてないと
いけないのでやめました


開放感e

足元にも棚やパソコンがありますから
透明にしなくて正解でしたね



開放感は上げたいけど


子供が大きくなったら
ここで勉強したり
私もここにパソコン置いてるので


開放感と隠れ家の両立を考えて
壁の高さを考えました



こちらも壁で仕切ってる訳ではないですから
当然エアコンの効率は下がります


通常の部屋でしたら

「リビングだけエアコンを入れたい」というのも可能ですが


スキップフロアは今使ってないから
エアコン要らないというのは出来ません






・開放感を出すポイント4
 「掃出し窓」


開放感f

南側はリビング、ダイニング
2階の寝室と子供部屋と
4面全部掃き出し窓にしました


ここに関しては
家だけじゃなくて土地も影響しますが


そもそも開放感がある家を
希望している夫婦ですから


この土地は2人とも
見た瞬間即決でした


誰も通らないので
カーテンもしない時間の方が多いですが



こちらもエアコンの効率と
気密性能を考えたら



窓を小さくした方が性能は上がりますし
極論言えば窓が無い方が一番高性能になります








・開放感を出すポイント5
 「吹き抜け」


開放感g

吹き抜けも広い空間に
見せるためには必須ですね



我が家もそうですが
最近の家は


エアコン1台で家中全部暖めたい場合には
吹き抜けがオススメです


詳細は
過去リンク




こちらに書きましたが
冬の間はエアコン1台で
家中暖かいので吹き抜けは
あった方がいいかもしれません



ただ、こちらもリビングと寝室だけ
エアコンが効いていればいいという事に比べたら

当然光熱費は上がりますし

開放感h

吹き抜けの上部に窓4枚ありますので
当然こちらも窓じゃなくて
壁の方が家の性能はあがります


ここはハニカムシェードでも付けたいなぁと
思っていますが


電動じゃないと長い紐必要ですし
見た目悪いですし・・・

そうなると結構な費用ですし・・・


今のところ
夏も冬も割と快適なので
そのままにしてあります





・性能以外の開放感を高める部分



単純に家が大きければ大きいほど
開放感が上がりますが

その分予算もあがります



我が家はせっかく全てをワンルームにして
開放感を出したので


後はクロスの基本ですが

開放感i



こちらのサイトの画像です
色決めに非常に参考になりました





「同じ空間でも、白に近い色の壁紙クロスを貼った方が広く見える」


という基本と

そしてもう一つ
これはインテリアコーディネーターさんの
アドバイスがあったのですが


開放感j






開放感k

という事で
一番端だけ
この色のクロスで後は全部白にしています



開放感L

巾木、廻縁も白ですし
ソファ、カーペットも同系色
キッチンとカップボードも白系の色にしました



本当は
フローリングも白にしたかったのですが


妻からNGが出たので
なるべく明るい色にはしてあります



半分以上はインテリアコーディネーターさんの
アドバイスのおかげですが
大変満足しています





・自分が納得してれば何してもいいですが


かなり開放感を重視して作りましたので
その分光熱費が上がります



かといって我慢したくも無いので
冬季などはずっとエアコンを動かしています

開放感m


朝4時から夜10時位まで
エアコン付けっぱなしなので
冬場はかなりの金額ですね


間取り上
どうやってもエアコン1台で
家の全てが暖まってしまいますから


正直無駄な部分も多いです



もちろん同じ間取りでも


窓の性能を上げたり
断熱材をさらに厚くしたり
すれば光熱費は下がりますが


当然ですけど
家の予算は上がります



それでも家中が1日中どこでも暖かいのに

前住んでいた賃貸より光熱費は安いので
満足はしています


これ以上性能を上げると
下がる光熱費よりも建設費の方が高いので
計算上ペイ出来ませんでしたし



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月09日





今の家に住み始めて2年半が経ちましたが


相変わらず不満もなく
満足に生活しています



クレームや不満系の記事の方が
人気が出るので・・・


何かあったら書きたいのですが
本当に何も無く快適に生活しています



なので、逆に
「何故そこまで満足なのか」と考えると

土地a

こちらが我が家の前から撮った写真ですが


実際に住み始めて


私の中の満足度の比率
家作りで何処を重視したらいいと思うと


・土地7~8割
・家2~3割


これくらいかなぁと思います



何故そんな事を思ったのかと言うと
土地b

我が家が建てた時は山梨県には無かったのですが
アクアフォームの親会社


桧家住宅さんが我が家近くの
住宅展示場に来まして


住宅展示場のイベント時に
パンフレットを貰ったのですが


注文住宅以外にも
リーズナブルな規格住宅プランがありまして



「この家でも充分満足出来るんじゃない?」って
思ったわけです


もちろん我が家は注文住宅なので
細かい間取りも指定しましたが


別にこの規格住宅でも
住んだら問題ないような
気がする間取りもありました





もちろんせっかく建てたのに
夏が暑い、冬が寒いなら
満足は出来ませんが


桧家住宅さんなら
当然断熱材はアクアフォームですし


標準の窓も
我が家と同じアルミ樹脂複合サッシですし


ちょっと狭いですが
スキップフロアも付いていますから


家の性能は我が家と同じ位ですから
(家の価格も同じ位ですしね)



夏も冬も当然快適に過ごせます


桧家住宅さんなら
全館空調もありますしね



まあ建ててしまったので
本格的に検討した訳ではないですが
「この家でも満足出来そう」と思った理由は


やはり土地かなぁと思います





・目の前の道路に車が通らない快適さ


何を重視するかは人それぞれですが


我が家のコンセプトである
「開放的な家」を考えると



周りに家が無く
家の前の道路に車が通らないからというのは
非常に満足です


もちろん凄い田舎に行けば可能なのですが


一応甲府市の中心部なので
そこまで田舎ではないのですが

土地c
(一応ぼかしてます


家の前の道路は
線路のおかげで行き止まりになるので


この道路を使う人は


我が家と隣の家の方と
たまに斜め前にあるガレージが
開くくらいなので


我が家と隣家の2軒しか
この道路を使いません


他の人がここの道路を通るのは
宅急便や郵便局の人しかいませんから


非常に静かです



まあ隣に電車が通るので
騒音はしますけど


その分相場の4割引きで買えましたし


田舎の電車なので
2~3両編成が上下線合わせて
1時間に2本位ですし


子供は電車通ると喜びますし
そもそも私も電車好きなので問題ないです


線路のおかげで行き止まりですし
線路の方が高さがあるので
線路の向こう側は見えません



土地d

リビングとダイニングにある
大きな掃き出し窓



こちらはカーテンしなくても
誰かに見られる事も無いですし
(この写真はカーテンしてますけど


土地e
庭で遊んでいても
誰も来ません



「開放的な家に住みたい」


という最初の希望にあった通りの土地だったので
満足度が高いです



という事を考えると

・希望の広さがあって
・子供が遊ぶのに問題がなくて
・ある程度断熱、気密がしっかりしていて
・設備も希望のものなら


別に今の家じゃなくても
満足していたかもしれません








・内閣府の住生活に関する世論調査


4年前のデータですが


2015年11月に住生活に関する世論調査というのが
内閣府でありまして


このデータによると

1)立地の利便性 46.5%
2)住宅の広さ・間取り 16.5%
3)立地の安全性 14.6%
4)住宅の性能 8.2%
5)立地の快適性 8.0%


大地震や調査した年の9月に
関東、東北で集中豪雨があった影響なのか

立地の安全性も3位ですが



1位は圧倒的に立地の利便性です



家作りブログを見てる方は
勉強熱心に家作りを考えていると思いますが


色々と知識を
得れば得るほど高性能な家を求めて


家の予算を上げる代わりに
土地の予算を下げて


満足できない土地に住んだら
絶対に後悔すると思います


1位の利便性というのは
駅、職場、スーパーや学校などが便利な場所で


5位の快適性というのが
静かだったり道路が広かったりという事ですが


この2つを同時に求めると
どうしても予算が上がりがちです


後は、土地の地盤も大事ですし・・・


その辺は解体業ですので
他の方よりは詳しいとは思います





 





・土地の希望は3つ位までにした方がいい


全ての希望を叶える土地もあるかも知れませんけど


・利便性が良い
・静か
・道路が広い
・60坪は欲しい
・旗竿地は嫌だ
・両隣が隣家も嫌だ
・角地がいい
・周りに高い建物もダメ


などなど全ての希望を叶えるだけの
「予算」があればいいですが


そうじゃなければ多少は
我慢できる所は妥協しないと
いつまで経っても決まりません


何しろ家と違って


土地は今売っている土地しか買えず
しかも、どの土地も先着1名のみです



・家を建てる流れが


土地を購入する前に
ハウスメーカーや工務店に行く方が多いので
(我が家もそうですが)


色々と間取りや設備を見て
「早く建てたい」と思って


ついつい妥協して土地を決めてしまうと
必ず後悔すると思います


特に共働き家庭ですと
中々土地を見に行けませんが


最悪1年は決まらない位の
余裕を持ってスケジュールを
組んだ方が間違いが無いです


我が家の場合は
妻が育休中だったので


たくさんの土地を調べて見て貰いました




この土地も妻が最初に見つけたので


その為に2年経っても
ドヤ顔で「私が見つけてきた」と言いますけど


スーモやホームズに載ってない掘り出し物の土地だったので
ドヤ顔されても仕方ありません






・本格的な家作りは土地が決まってから


土地は決まってないけど
色々と決めてしまうと


総予算が3,000万円で


最初の予定は
土地が1,000万円で
建物が2,000万円だったとして



素晴らしい土地で
「ここしかない」という場所が
1,200万円だった場合


建物代の予算を減らすしかないのですが


設備や間取りなどを全部決めてしまうと
なかなか予算を減らすのが大変ですし


一度決めた物を
ランクダウンすると


「本当はこっちのキッチンが良かった・・・」
という事にもなりますから
余り決めない方がいいです


土地代が予定よりも上がった分
総予算を増やすのは絶対やめた方がいいですしね


どんなに満足出来る土地と建物を
手に入れても
生活が苦しくなるほどのローンにしたら


後悔しまくりだと思いますので




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村







ローコスト住宅ランキング