2019年02月

2019年02月26日





我が家の家の総予算は

5000-a


これに色々追加されて


詳細は過去記事




かかった費用は
外構費を抜くと
2,750万円ほどでした


土地代抜いたら
2,000万円ちょっとですので


まさにローコストって感じですが



土地と建物の合計金額の平均が
注文住宅の場合は


5000-b




首都圏で4,652万円

全国平均で3,955万円だそうです



一応山梨県も首都圏なのですが(笑)
土地代考えたら
全国平均の方が近いと思います




5000-c


たしかに売上を見ると

4,000万円位のメーカーが多く


もっと価格の高い
ヘーベルハウスが4位で


ローコストで一番有名な
タマホームで売上は10位なので


全国平均はそれくらいかなぁと
思います





・どうやって5,000万円の家を買うのか・・・


我が家は共働きで
世帯収入は800万円ほどです


山梨県だと
ちょうど平均位の世帯年収ですが



4,000万円とか5,000万円の家は
買えません・・・


ちなみに住宅ローン以外は
借金などはありませんが


ホームズの
年収別物件価格というのがあって

5000-c-2



一応我が家も
4,100万円の家が


普通なら無理せず買えるそうです


平均的な収入があって
何故平均的な家が買えないのか


買ったらどうなったか考えると・・・





・一応ローンは借りれますが


他の平均的な価格のメーカーと
話をしていた時に


この収入でも4,000万円とか普通に
借りれるそうなので




5,000万円の内

1,000万円が頭金
4,000万円をローンで考えると


私の契約時は
フラット35Sで最初の10年は
金利が0.8%ですので


これで4,000万円を借りた場合


5000-e

毎月 109,224円




10年経ったら
優遇金利が無くなって1.1%になるので


5000-f


毎月114,788円です







実際に今払っているのが

フラット35で2,106万円
アルヒフラットαで234万円



合計2,340万円借りていて


5000-g






フラット35の支払いが


5000-h


フラット35が毎月57,507円






5000-i


フラットαは8,428円ですが

こちらは繰上返済結構したため
残り11年で終わります


比較すると4,000万円借りたら
現状で43,000円以上支払いが増えます



毎月使う額は
家庭によって違うので


もちろん
「これくらいなら平気」って方もいますが



私はちょっと無理です・・・






・平均的な家が買えなかった理由



理論上ですが
平均的な収入があれば


平均的な家も買えそうですが


無理な理由は
年齢と子供です


家を購入したのが40歳ですから


35年間繰上返済しなければ
75歳までかかってしまいます


さすがに65歳までには
払い終えないと行けませんので


最低でも
10年間以上の繰上が必要です




さらに子供も40代で
2人生まれましたので



一番お金がかかる
大学生あたりで

親は定年ですので


繰上の貯金と
子供の貯金が必要ですから


家にかけれるお金が
そこまでありません



このように
収入は同じでも


使える額は
各家庭当然違うので


いくらまで借りれるか?ではなくて


いくらなら無理せず支払いが出来るかを考えて


さらに今は大丈夫でも
将来厳しくなるような予定(子供など)も
考えて購入した方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年02月23日





家を建てようという時に
たくさんのブログを見てる方でしたら


未だに「高気密は良くない」とか書いてある
工務店などのブログなどは信じないと思いますが


高断熱、高気密の家を作りたいなら


当然どれくらいの数値か
知りたいでしょうから


気密測定をされる方も多いですし



ハウスメーカーや工務店でも
気密測定は必ず
行うという所もありますね




気密a


大手メーカーでしたら一条工務店は
全棟標準で測定するそうです






・レオハウスの気密測定



レオハウスの場合
気密測定はオプションで
50,000円かかるそうです


工務さんと話をしてて

「一応5万円でしますけど」

「余り測定する方はいませんよ」

という話だったので


そもそも
高気密、高断熱の
数値にこだわる方なら


「一条工務店などで建てるしなぁ」って思いながら


私も全然検討しませんでした


レオハウスで建てた
他の方のブログで
気密測定した方が数人いましたが


気密測定をする方は
そもそも高気密にこだわる方でしょうから


レオハウスでも0.8とか0.6とか出てる
ブログがありますが


「ローコストでも
結構いい数値出るんだなぁ」って
思って見ていました




気密b

最近はレオハウスも

ココダブルという
W断熱の家を売ってますが



気密c

こちらですと
2×4になるので


我が家の間取りは作れませんが
簡単に高気密は出来そうですね


三井ホームの「Gフレーム」とか
高いメーカーでしたら


我が家の間取りで2×4も可能だと思いますが
そんな予算はありません





・気密測定をしなかった理由



簡単に言えば

「求めているものが違う」という事です


例えば
気密d

GTRを買うような方は

最高速度や
0-400mの加速度など

当然調べて買うと思いますが




気密e

VOXYのような
ミニバンを買う方は


最高速度や
加速度なんて調べないと思います



気密f

私もマツダのMPVって
ミニバンに乗ってますが


調べた事と言えば


乗車定員と燃費と車幅位で
最高速度や加速度なんて
未だにしりません


今乗っている車に求めているのは

・スライドドア(子供の乗り降りが楽)

・3列シート(家族でお出かけが楽)


これだけなので

別に調べなくても
130~140kmは普通に出るでしょうし

高速の追い抜きを考えても
これだけ速度が出れば問題ありません



家も同じで


気密g

壁がほとんどないLDKにして


予算の問題もあり
半樹脂サッシですから


余りc値に期待を
最初からしていません


それでも充分に住みやすいですし
冬も暖かいのは



気密h

超高性能ではないけど
低性能でも無いサーモス2hとか





気密i

もはやどこのローコストメーカーでも
追加出来る吹き付け断熱など



車が130~140kmは当たり前で出るように


今の家は低予算でも
私には充分な性能があると思ったので


気密測定はしませんでした







さらにローコストなメーカーだと

・アルミサッシ

・グラスウール


などなど車に例えると

軽自動車みたいに
130~140kmは4人乗ったら
出ないかもって性能になってしまうので


こういったメーカーは除外しました



過去の記事




実際一条工務店にも
何度か行きましたが


求めている物が
最終的に違いました


高気密が絶対のメーカーから
「この間取りは気密取れないからダメ」って言われるのと



「今はサッシも断熱材もいいから充分ですよ」って言うメーカー


どちらを選ぶかは
作る人の好みだと思います








・全てを求めても無理です


当然ですが
ハウスメーカーも工務店も
利益を出さないと仕事になりません


気密i-2

我が家は
ローコストで土地代を抜いたら
総予算2,000万円ちょっとで建てれましたが



仮に2,000万円という予算だった場合に


C値0.5以下の高断熱、高気密を求めたら



・吹き付け断熱の厚さを上げる

・サッシを全樹脂サッシに変更


などなど高気密にする事を
しないといけませんので


同じ予算でしたら

・家が今より狭くなるでしょうし

・希望していた間取りも
 ツーバーフォーになるので無理でしょうし

・キッチンなどの設備のグレードも落ちると思いますし

・欲しかったスキップフロアも無理だと思います




間取りも設備もC値もと


全てを求めたいなら
予算を増やすしか無いので


予算が決まっているなら
何を重視するのか考えて


優先順位が高いものから
作っていったほうが満足すると思います



実際住んで2年経ちますが
私には充分すぎる性能で


「もっと高気密にしておけば良かった」なんて
思った事もありません


もちろん性能が高い事は
悪い事ではないのですが


気密j
気密測定は絶対
C値1以上なんて家はダメという

工務店さんもいくつかあって

高気密が売りのメーカーなら
そう言うしかないんでしょうが・・・


この方の意見だと
「私の家はダメなんだなぁ」って思うと


ちょっと悲しいです


家なんて人それぞれ理想があるので
それこそ注文住宅で家を作りますし




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2019年02月20日





既にブログを始めて1年以上経ちますが


最終的にハウスメーカーを決める前から
たくさんの住宅系ブログを見て来ました


もちろん参考になる
ブログがほとんどなのですが


家を実際に建てて思ったのが


「なんかこのブログおかしい」ってのが
いくつか出て来ます


そうしてよく読むと


「これはメーカーのステマかなぁ」って
ブログが本当に少数ですが出て来ます
(本当に少数ですけど)





・住宅系のステマブログとは


ステマ=ステルスマーケティングですね


ステマa



意味は

「消費者に宣伝と気付かれないように
宣伝を行うこと」です



住宅系のステマブログですと


ハウスメーカーや工務店の方が
消費者(家を建てた個人)を装って

「このメーカーは素晴らしいと絶賛します」


もしくは

メーカーや工務店から
お金を貰って書いているパターンです

こちらも
当然お金を貰っているので

「このメーカーは素晴らしいと絶賛します」



特に知識が無くても
ブログは作れますから


ステマa-2

適当に作りました


さすがにここまで適当だと
誰も信じないと思いますが(笑)


もしお金を貰って依頼を受けたら
ちゃんと作ります





・ここはステマブログではありませんが



仮に私が
レオハウスからお金を貰って
このブログを書いているとしたら



当然悪い事は書きませんし
全て絶賛すると思います


金銭が絡むなら
当然メーカー側からも
チェックが入ると思いますし・・・



まあ残念ながら?
レオハウスから当然ですが
お金は貰っていませんし


頂けるものと言ったら

ステマb


定期点検時に
クレヨンしんちゃんのカレンダーや
ティッシュを頂けるくらいです(笑)






・なぜステマブログは良くないのか?


個人のブログは
良くも悪くも本当の事を
書いているってイメージがありますし


もちろんメーカーや工務店が
自分の名前を出して


ブログなど発信するのは
何も問題はありませんが



ステマは見る方を騙しているわけで
非常に悪質です


私も「どのメーカーがいいか?」
って思っていた時に


たくさんのブログを見て
参考にしたので


そういうブログには
騙されないようにして欲しいです


過去には
食べログなどで
ステマが発覚しましたが


飲食店やスイーツなどの
ステマに騙されても
「美味しくなかった」という体験と

数千円の損で済みますが


住宅は失敗したら数千万円の損失です

個人で買う物の中で一番高価でしょうし


しかも通常は一生に1回しか
経験しないと思うので


建てる前は
「これはステマかな?」って
経験が無いので見分けが付きにくいです





・ネットによくあるステマの実例


まずブログではないですが
割と多いのは
Yahoo知恵袋などの質問系サイトです

ステマc



自分でIDを2つ用意して

例えば山梨県の工務店でしたら


「山梨県で家を建てます
オススメのメーカー教えて下さい」


「山梨県でコスパが良く
高性能なメーカーありますか?」


などを質問で書いて



もう1つのIDで

「〇〇工務店で建てました
本当にオススメです」


など素晴らしい内容の回答をします


この内容で残ると
暫くたって
google検索などでも


「山梨県 ハウスメーカー オススメ」
などの検索ワードでこのページが出て来ます


何しろ画像も無く
ただのカキコミだけですから


本当の感想もありますが
簡単にステマも出来ますので


余り信じない方がいいです



見分け方としたら
回答したIDをクリックして

他の回答がどのような物か
チェックすれば


ステマかどうか分かると思います







・ステマブログの見分け方


まず前提として


私はレオハウスで建てて
今の所は本当に良かったと思っていますし


何の不満もありません


このブログの内容も
8割位は良い事を書いてると思いますが


ステマd

相変わらず
人気記事の1位は

営業さんへの文句が書いてありますし


その他にも所々で
不満な点はもちろん書いてます


本当に満足してても
100%全部いいなんて事は有り得ないですし


通常個人がブログを書いていたら
そういった事も記事にします




工務店やメーカーが
ステマブログをした場合は


名前を隠してはいても
宣伝のサイトですから



・画像が少ない


これは実際に
家を建ててないですし


他の家の工事写真を
使う訳にはいきませんので
画像が少ないですが


個人に依頼した場合は
当然画像もたくさんあるので

見分けは付きにくいです





・その割に工事内容が詳細すぎる


などなど、この辺は
実際に建てないと分かりにいのですが


結局は宣伝のサイトになるので
見ていて違和感があるサイトになります


こちらも個人に依頼すると
見分けが付きにくくなりますが



後は
ランキング系のまとめブログサイト




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


こういったランキングサイトで
inポイントが
outポイントより多いサイトは


普通に個人で
ブログを作っていたら
ありえないです








・もっとたちが悪い他メーカーの誹謗中傷ブログ


住宅系ブログで
一番目立つのは


欠陥住宅などの
クレーム系ですね


自分も欠陥住宅は嫌ですから

満足したというブログよりも
人気があります



非常に目立つ
欠陥住宅のステマブログがあった場合


その工務店、メーカーは
かなりのマイナスイメージになります



ステマf



また適当に
作ってしまいました(笑)

実際にはもちろん公開していません



こういったブログを見たら
「このメーカーはやめよう」って思います



さすがにメーカーや工務店が依頼して
作っているとは思えませんし、
思いたくもないですが




「個人が広告料目的で作っている」

こういったブログは結構見ます



この辺のブログで多いのは


・画像が少なすぎ
・ページも少なすぎ

このあたりのブログが多いです


本当に欠陥住宅の
ブログでしたら


それこそ欠陥を発信したいので
画像はたくさん載せると思います


スマホで簡単に写真を撮れますし
家を建てるというのは


本当にブログネタには困りません(笑)



もちろん本当に
全て絶賛する事しかなかったり


本当にひどい欠陥に当たったり
という事もあると思いますが・・・


「この人って実際は家建ててないかも?」って
思うブログもいくつかありました



・色々なメーカーと悩む話

・契約の話

・オプションの話

・土地選び

・施工中の写真


施工までの段階でも
通常これくらいは話や写真が出ます





・広告収入系のブログも多いです


他に多いのは
アフィリエイト目的のブログです



住宅系ブログをしていると

ステマg



このような依頼がよく来ます


当然全部お断りしてますが



例えば
「上記のサイトが非常に便利」
なんていう記事を作って


一括見積請求をしてくれれば
なんと最大25,000円も貰えてしまえます



本当に自分が使って便利なら
紹介もしますが


お金目的で使っても無い物を
誉めたくはないので書いていません




個人的に
「ちょっと酷いな」と思ったブログですが



「タマホーム 欠陥」で検索すると
かなり上位(私が検索した時は2位)で
表示されたブログですが



ステマ2-a


このような
イメージ写真しか無く


後は文字ばかりで
さんざん不安を煽った後に



ステマ2-b


ここから
一括請求すれば
安心ですと


この25,000円くれる
サイトにリンクしてます




リンクするのは
いいのですが


経験しても無い
欠陥住宅体験を煽るのは

「ちょっと酷いなぁ・・・」と思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2019年02月18日





何度か電気代の話をしていますが

私の考えは


「電気代を節約するより
快適な暮らし」

なので


今まで節約なんて
考えて無かったのですが


今月の電気代が

電気代a



29,717円と
約3万円になってしまったので


「ちょっとは節約を考えよう」と思いました



ちなみに太陽光収入は
今までで一番低くて

電気代b



3,534円なので
実質の電気代は26,183円でした






・去年との比較


去年の同じ時期は


電気代c




・電気代 25,194円
・太陽光収入 4,743円だったので



実質の電気代は
20,451円でした


オール電化ですから
ガス代や灯油代はかかりませんから


真冬で2万円なら
今までより安いと思っていました。



去年の同じ時期は
既に妹も生まれて


妻も育休中ですから


家族構成と家にいる時間も
同じです



「電気代を節約するより
快適な暮らし」


を維持しながら
どこを節約するか考えると・・・





・エアコンはそのままにします


電気代d

エアコンに関しては
冬は朝4:30に起動させて


だいたい寝る前(夜9時位)まで
ずっと動いています


こちらは去年も同じでしたが
去年の電気代では納得なので

このままにします



会社で
「この時期はストーブの前の取り合い」
なんて話をしてましたが


そう言えば前はそうだったなぁ・・・


今は1階、2階どこにいても
温度は20度あるので快適ですから


エアコン以外で節約します






・エアコン以外の節約できそうなもの



スマホやタブレットの充電など
微々たるものは計算に入れないですが


我が家で
割と電気代を使っているのは

電気代e

生ゴミ処理機です




電気代f



MAXまで入れて80円ですから
だいたい我が家の量だと

1回で40~50円位かかってると思います



こちらがだいたい月20回位ですから
毎月800円~1,000円ですが


これはゴミが減りますし
生ゴミは無くなるし


快適だし衛生にもいいです


去年も使っていたので
このまま使います








・浴室暖房も結構しますね・・・



電気代g

大人だけならいいのですが
子供は肩までお風呂に入らないし


お風呂に入っても
遊んでばかりなので

冬期は浴室暖房を入れてます




電気代h



家族全員入ると
1時間はかかりますから
弱暖房で1回32円


毎日ですから月1,500円かかります


節約して風邪でもひいたら
しょうがないですから


これも節約出来ません・・・






・何もないような・・・


トイレの便座も月300円位かかるので


トイレ2台で600円ですが
ひんやりするのも嫌ですし

3歳のお兄ちゃんも
トイレ行けるようになってきたので


嫌いになったら困りますから
そのままにします



加湿器も2台が24時間動いていますが
湿度が減って風邪やインフルエンザ
なっても困りますし




長男のアレルギーがあるから
自炊も増えるし



子育てのストレスもあるので
妻がテレビとブルーレイ点けっぱなしでも
仕方ないですし



電気代は
カード払いで


明細もネットで確認なので


妻は電気代が毎月いくらか
そもそも知らないです


そもそも

「電気代を節約するより
快適な暮らし」

と妻にも言ってますから


今さら節約しろってのも
おかしいですし




計算すると

賃貸アパートでの生活の時は


灯油代 4,000円
プロパンガス代 15,000円
電気代 6,000円


と、子供がいない時でも
25,000円はかかっていて


しかも家は寒かったですし




30,000円と聞くと
ビックリしますが



家族4人ならこんなものなのかなぁと
思うしかないですね


もう少し
太陽光のパネルを
増やせば良かったと思います



ちょっと本気になって


・朝は寒くても我慢

・トイレの便座も冷たくても我慢

・お風呂が寒くても我慢


これだけで月5000円以上は
簡単に節約出来そうですが



風邪引いたら医療費の方が
高くなってしまうので
とりあえずはこのまま生活します



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年02月15日





我が家の建設途中に
工務さんと話していた時に


「住宅業界もここ10年でかなり進化したので
これから先は余り変わらないかも」

という話を言っていました


実際ここ10年で
ローコストメーカーも
色々進化したみたいで


その分値段差も
ローコストと言われるメーカーと
普通のメーカー
値段差が昔より無くなっています


それだけ今の建築基準が
昔に比べて高い物が
望まれてるという事ですね





・10年前の断熱材の掲示板


有名掲示板サイトの
「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」ですが


こちらのサイトは
書きこみが1000を超えると
消えてしまいますが


書きこみが1000までいかないとずっと
残っています

断熱性能a
こちらの建設業界の掲示板にある
吹き付け断熱のページは
なんと2009年ですので



10年前の掲示板ですが


断熱性能b



10年前に

屋根80mm 壁70mm 基礎60mmの
吹き付け断熱をした人が


どんな寒い地域でも
そんなに厚く吹き付けしないと
総ツッコミされています



断熱性能c


「冷蔵庫に住むの?」

「百歩譲らない」
本当と思われない位


10年前では
ありえない厚さだったのですね



その後
もう一度本人が書きこみをしていて


断熱性能d


室内側樹脂サッシなので
我が家のサーモス2Hなどと同じですね


10年前だと
この吹き付け断熱の厚み


高断熱に定評のある
一条工務店の
北海道仕様と同じという事です






・この性能を今に当てはめると?


さて10年前に
「屋根80mm 壁70mm 基礎60mm」という


当時では「ありえない」と言われるほどの
厚さだった吹き付け断熱ですが


例えば
我が家でも
断熱性等級4は取得してありますが


等級4の最低基準が


断熱性能e


アクアフォームだとCの基準値になるので

最低でも
「屋根160mm 壁90mm 基礎90mm」


この厚さの吹き付け断熱をしないと
断熱性等級4は取れません



我が家の場合は


断熱性能f

屋根は170mm
壁は90mmの吹き付け断熱です



基礎はポリスチレンフォームなので
吹き付けではありませんが


ローコスト住宅でも
取得出来る
断熱性等級4ですが


この10年前に
「ありえない」と驚かれた
厚さの当時としては


「超高断熱住宅」ですら
断熱性等級4は取れません・・・


この10年間で
いかに断熱性、気密性の性能が
上がったのが分かりますね








・という事で中古住宅はちょっと・・・


外観だけだと新しい感じの
築10年の中古住宅だとしても


当時の「一条工務店レベル」の
北海道仕様の断熱性能ですら
今の基準以下です


なので
気温が温暖な地域ならともかく


冬寒い地域でしたら
中古住宅というのは
選択肢から外した方がいいと思います


もちろんお得な値段なら
考慮してもいいんですが


中古住宅って
そこまで安くなりませんし


築10年で
ある程度有名なハウスメーカーなら
新築の我が家より高い家も多いです





・10年前の家はどこまで快適か


10年前の
「高気密・高断熱」仕様の家が


今の基準だとかなり低い事は
分かったかと思いますが


では、当時の基準の家が
快適ではないかと言うと


断熱性能g


こちらは違う方ですが


屋根60mm 壁と基礎40mm
窓サッシはおそらく
通常のペアガラスでアルミサッシだと
思いますが


かなり快適そうですし
実際今でも充分快適だと思います


首都圏って事なので
そこまで寒くもなさそうでし
(一応山梨県も首都圏なのですが


多分私の家も
10年経ったら


「当時はそんなに古い性能」って
言われる位進化していると思います


この書きこみした方も、私も

前に住んでいた賃貸が
普通のアルミサッシにシングル窓でしたし


高気密、高断熱なんて言葉も無い時代の
建物でしたので