階段

2020年08月26日






階段下収納って
リビングに近いし




見えない場所ですから
どんどん物を入れてしまう人も
多いかもしれませんが




実は同じような記事を
2年前に書いていまして



その時も



妻が収納とか考えずに
なんでも買ってきては
入れてしまい


階段下収納a


この状態になっていて




「これじゃいかん」
ニトリで棚を買ってきて


階段下収納b


こんな感じで
スッキリしたのですが









この時は
子供が2歳と0歳ですから



オムツも2人とも必要だし
犬もいたので


「仕方ないなぁ」と思っていましたが






それから2年経過して


階段下収納c


またもや
「これじゃいかん」状態ですね



片付けても
片付けても


すぐにこうなるので




さすがにブチ切れ案件ですが



これだと奥に行けませんし


単純に収納容量を増やさないと
無理っぽいです




階段下収納って


細長くて天井も奥は低いので
使いにくいのは分かりますが



いくらなんでも
これは酷過ぎですね・・・






・棚なんてDIYじゃない方がいいのですが



ホームセンターでもニトリでも
棚って安い奴ありますから



普段は色々と
DIYで作りますけど



棚の場合は
結局買った方が
安いって事が多いです



階段下収納なんて
見えないので



物が置ければなんでもいいので



手間考えたら
DIYなんてしない方がいいのですが


階段下収納c-2


尺モジュールですから



幅は91cmですが
木材と石膏ボードの厚みがあるので
実際は80cmしかありません



人がストレスなく
通って奥に行くには



50cmは残したいとなると



棚の幅は
30cmしかとれません




今ある棚も使いたいので
横の長さは80cmくらい欲しいのですが



階段下収納d


上には余裕がありますから



というか
物を置くには高くするしか
ないですから





階段下収納e



幅は30cmだけど
高さは180cmは欲しい





と思って棚を探したのですが




階段下収納f


なかなか無いんです




高さが150cm超えると
どうしても奥行が
35~40cm以上になってしまい



我が家の階段下収納では
使いにくいんですね




階段下収納g


唯一カインズホームには


・奥行30cm
・幅67.2cm
・高さ160cmという


割と薄くて背が高いラックがあります




階段下収納h



クチコミにも
「なかなか無いサイズ」

☆5のレビューを書いている
気持ちも分かります



私もこれ欲しいのですが
カインズホームはちょっと遠いし・・・


上はスペースがあるので
出来たら180cmは欲しいし



最悪DIYで材料だけ
買ってくるかなぁと思って



近くのホームセンターに行ったら
便利な棚がありました






・神アイテム「スチールラック」




棒と板をバラバラに買う
スチールラックです


階段下収納i


オフィスなどでは
割とおなじみですね


ちょっと見た目は
アレなんですが




階段下収納なんて
来客者は見ませんから



これなら
サイズも豊富ですし


メタルラックと違って
後から簡単に板も増やせますし



棚の幅もすぐに変更出来ます





こちらのダイソーという
100均みたいなメーカーですが


階段下収納j
(どうだー!という感じ)



公式サイトの写真が凄いですね(笑)







階段下収納k


後付けのパーツなども
色々売っていますし
拡張性も高い



見た目に納得出来れば
かなり便利な商品ですね




階段下収納L


・180cmの棒 4個
・80cm×30cmの板   6枚


後はネジとか床の
ゴムとか購入して



12,000円でした・・・



セット売りの方が安いんですが
このサイズは無いんで仕方ないです



ちなみになぜ白と黒の板を
購入しているのかと言うと



どっちの色も4枚づつしか
在庫が無かったので



どうせ見ないし逆にオシャレかもと



白、黒、白、黒と
板を並べる事にしました(笑)






・圧倒的収容力



高さ180cmあると
6段でも余裕持っておけますので


何しろ30cm×80cmが6枚分ですから


約1畳弱のスペースが
増えたという事ですが



階段下収納m


まずは一度全部出しますが


1畳以上ありそうな雰囲気ですので
要らない物は捨てたいですが






階段下収納n


これはまだ引っ越す前に
妻がハードオフで買った



足をスライドさせる
ダイエット器具ですが




お店の包装がされたまま
一度も使われておりません・・・




でも、絶対に「使う」というので
捨てませんが






階段下収納o


いつもの「手伝う」という名の
邪魔も入りますが



ネジ止めだけなので
苦労はなく完成します



階段下収納p


スチールラックなので
一気に会社の倉庫みたいな
雰囲気になりましたが(笑)



180cmで6段ありますから
圧倒的な収容量です



ティッシュやオムツも
ここまでストックが
必要なのかと思いますが


今まではグチャグチャで
分からなかったのですが


これならストック数が分かるので
必要以上に
買い足しはしないと思います


階段下収納q


久々に床が見えました(笑)
これなら奥に行けますね



一番スペースを使っているのが
オムツなので


後1年ほどで妹も使わなくなるので
余裕は出来るかと思いますが



思い切って大きな棚買って
良かったです






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

























2020年07月17日






・吹き抜けが欲しい人や憧れる人

・要らないし興味も無い人



どちらが正解とか無いですから



無駄と思う人は
付けなくてもいいですが




吹き抜けを採用した我が家の場合


・見た目の解放感

・1階のエアコン1台で家の中全部が温まる



というのは実際に住んでいて
実感していますが





ちょっと気になる
吹き抜けの写真があって

吹き抜けa


こちらです



この写真だけだと
吹き抜けの手前が
どうなっているのか
分からないのですが



私の感想ですが
この吹き抜けだと


恐らく
「吹き抜け満足度」を100としたら
50%位しか満足しないと思います



実際にこの方は
5年後にリフォームで
吹き抜けを無くしています






・上を見上げるだけが吹き抜けじゃないんです



耐震性能や暖房効率は
とりあえず置いといて



たしかに吹き抜けの
見た目の満足度って





見上げた際の
高い天井なのですが


k



こちらは
我が家の吹き抜けです


採光も取れますし

たしかに上を見上げると
開放感ありますけど




2階の間取り図を見ると

吹き抜けc


このようになって
緑色の場所からは
下が見下ろせます






吹き抜けd


吹き抜けというのは
上を見上げるだけじゃなくて



下を見下ろす
開放感もあるわけです





先程のスペースから下を見ると


吹き抜けe
(片付いてないとかは今回は関係ないので無視・・・)


このようになります



我が家の場合は
2階からは
スキップフロアは見えますが


1階のリビングは
見れませんけど




間取りによっては
2階から
1階のリビングが全部見える
家もたくさんあります





吹き抜けf


階段付近から
見るとこんな風景になります





上から下を見下ろせる
間取りになっていないと



吹き抜けの半分は下から上を見る際に

「吹き抜けっていいなぁ」
という
満足度ですが





残り半分は
上から下を見下ろす際に

「広い空間でいいなぁ」
って思うので



吹き抜け自体が


本来2階の床面積が増えるのに
それを削って作るという


無駄って言えば
無駄な設備なので



せっかくの無駄な物を作るのに
100%満足しないと勿体ないです






・そもそも何故見下ろせない吹き抜けが出来るのか



だいたい見下ろせない
吹き抜けが出来るのは
2パターンあって




1つが

吹き抜けg


リビング階段ではなく
さらには狭いのに


どうしても吹き抜けが欲しいと
いうパターンですかね






こちらから画像をお借りしましたが




正直これなら
吹き抜けは無い方がいいと思います



一応2階の窓がありますので
1部屋からは見えるのでしょうが




吹き抜けのメリットである
開放感が全くありません・・・






もう一つのパターンは
最初の写真のパターン


吹き抜けh


玄関の吹き抜けですね



こちらは
この画像以外に


リビングなども
吹き抜けになっている可能性はありますが



最近の建売住宅には
結構多いのですが


玄関だけ吹き抜けっていうのも
余り効果が無いと思います




視覚効果という部分では
そもそも玄関に長い時間いませんし





外から家に入る順番を
考えると


①開放感では絶対に勝てない屋外

吹き抜けの玄関

③普通のリビング

という順番の視覚効果よりも







①開放感では絶対に勝てない屋外

②普通の玄関(ここでワンクッション)

吹き抜けのあるリビング



こちらの方が
視覚効果は高いです



家も広くお金ががある方は
玄関とリビング
両方に吹き抜けを作れば
問題ないですが



どちらか1つなら
玄関は余り向かないと思います












・そもそもの開放感も下がる



上から見下ろせないタイプの
吹き抜けは


基本全部壁と窓だけです





我が家は安い家ですから・・・


bfca0ff1


普通の作りですけど
それでも壁だけじゃなくて
ちゃんと奥行きが見えますし





オシャレな家で多いのは


吹き抜けj


スケルトンタイプですね



ガラスはオシャレですが
値段高いですし



柵みたいなスケルトンは
子供が小さいので危険なので




我が家は普通の壁になっていますが




そもそも透けて見えてしまうと


全部を綺麗にしないといけないので
それはそれで大変なのですが



視覚効果はさらに上がりますね





・掃除も大変




吹き抜けで
大変なのは
掃除なのですが





当然天井まで高いので




こういう柄の長いもので掃除します




「簡単・楽々」なんて
書いてありますけど




吹き抜けk


下からだと
この緑の〇部分はホコリや汚れは取れません






上から掃除すれば


吹き抜けL


これも結構めんどくさいですが


一応クイックルワイパーなどが
全部届きますので
掃除は可能になります



貴重な床面積を
空間で使うので
贅沢な物ですから



せっかく作るのなら
開放感は大事にしたいですね



あと、暖房効率も
うまくすれば上がります















2020年05月22日






私の実家は
階段が無かったですし


その後もずっと
アパート暮らしだったので


40歳を過ぎて初めて
階段が付いている家に住みました






先日2歳の妹が
階段でころんだのですが

階段a

1段踏み外しただけなので



幸いケガする事も無く
泣くだけですみましたが





建築士さんのブログを見ると


「回り階段は危ない
 真っ直ぐな直階段の方が安全」


と書いてある記事が多いんです




階段の経験が
ほとんど無い私のイメージだと
まっすぐな階段は


階段b
(蒲田行進曲の階段落ち)


「転んだら下まで
行くから危険じゃん」
って思うのです




逆にこの映画の階段が
回り階段なら
盛り上がらないと思いますし





我が家の階段の場合は

階段c


スキップフロアがあるので
ちょっと特殊な形状で



下から数えて
5段目に広い
踊り場があります





仮に超盛大に
転んだとしても

階段d


スキップフロアの関係で
3箇所で止まりますが



普通の回り階段でも
途中で止まると思うので



こちらの方が安全じゃんって
思ったのですが・・・




老人と子供で
ちょっと階段の
考え方が違いました






・バリアフリー化と子供用の階段は別物だった



小さい子供用の安全基準は
項目に無いですから


バリアフリー化の
安全基準を使います





まずは設計士さんの
ブログですが

階段e


もちろん大前提として


・勾配は緩く
・蹴上げ(段差)は低く
・踏み面(奥行)は広くという


基本的な安全項目をクリアした
階段で作って



その条件を満たしたら
直階段が最も安全という事です



何故かというと
回り階段の回っている時が
一番事故が多くて



真っ直ぐなら
同じ段差、広さですから
リズミカルに
昇り降りが可能という事です



たしかに曲がっている部分は
面積が変わりますからね




一方バリアフリー化の
リフォームのサイトでは



やはり蹴上げ
踏み面は当たり前として



一番の安全は平屋で
階段が無い事ですが




一応バリアフリーでも
階段の基準があって


階段f


途中で踊り場を作れる
折り曲がり階段を
オススメでしてます



国土交通省のサイトでも
まあ色々と難しい事が
書いてあるんですが・・・



簡単に言うと

・蹴上げ(1段あたりの高さ)は狭く

・踏面(1段あたりの奥行)は広くしましょう

・両方に手すりを付けましょうとか


こちらも色々とあるのですが
読んだ結果分かった事があり



子供用の対策は
転んでも大丈夫なようにする対策


対して


老人の対策は
転ばないようにする対策



という考え方の
違いがあるのですね




要介護、要支援クラスの老人は

「階段は危険」
という事は分かっていて


「だけど足がおぼつかない」
なのですが




子供の場合は

まず階段が危険な事が
分かっていませんから


4歳のお兄ちゃんなんかは

「3段いっぺんに登れた」とか
言いますし



「危ないよー」と注意しても
走ったり遊んだりしますし



階段g

階段のゲートも登っちゃいます




今回2歳の妹が転んだのも
真っ直ぐな部分の途中ですし
(原因はよそ見ですね・・・)




老人と子供では
同じ階段の怪我でも
原因が違うんですね







・という事で子供と要介護の老人に試してもらう



正直なところ


私はどの階段でも
普通に昇り降りできますので
よく分かりませんが



階段h

我が家には4歳と2歳の
子供がいますし





階段i

たまに我が家に遊びに来る
私の母親は要介護認定1を受けていて


普段は杖を持って
歩いてますので



どういうのが危険なのか
実際に登ってもらって
感想を聞きました



まず
うちの母親に話を聞くと




一番昇り降りしやすい階段は
ダントツで


階段j


真ん中に踊り場がついてる
階段という回答でした



バリアフリーのリフォームサイトの
オススメと同じですし



小学校も介護施設も
この作りですね





「まっすぐな階段は
途中で休めないからつらい」



「見た目長すぎてつらい」



「降りる時に怖い」という回答です



要介護クラスになると
2階までの階段を登るのにも
途中の休憩が必要ですから




直階段は難しいんですね・・・





2位以降の回答は

2,3,4位は似てるから
分からんけど



「2位は休める所がある」



「4位に比べたら
3位のが休めるところがあるけど
違いは分からない」


 

たしかに
直階段をオススメする理由の


同じ歩幅で
リズミカルに進めるというのは




要介護認定を受けていると
普通の平らな道でも
リズミカルに歩けないので




まっすぐなのは
とにかく怖いし
途中で休めないって回答です




らせん階段はほぼ
対象外でした











・我が家の階段の感想




まず大前提として

「階段なんて無い方がいい」

というのが母親の意見ですが




実際に登ってもらうと


我が家の階段は「惜しい」けど
結構楽らしいです




まずは登ってすぐに
踊り場があるので


階段


この平面が休憩になるし
「あんたのとこは
ここに椅子あるから休める」
という事です





階段k


蹴上げは17.7cmと標準より
かなり低く作りましたし







階段L

踏み面も標準よりかなり広いです








それが可能なのも



標準の階段は
1坪が多いですが


我が家は1.5坪を
階段に使っています



間取り上どうしても
スキップフロアがあるので


途中に平面の
踊り場的スペースが必須ですが



スキップフロアが無ければ
回るところを全部平面に出来ます


階段m


1.5坪あれば
このような踊り場を取っても


1段あたりの
蹴上げが18cm以下で作れます





こうすれば
真っ直ぐな怖さもないし


転んでもストッパーの
役割になりますし


回り階段の懸念材料の
回る時の段差が無くなるので



これがベストだと思います



その状態で両側に手すりがあれば
完璧だそうです




とはいえ1坪で
真ん中に踊り場を作るのは
ちょっと現実的ではないですね



1坪で踊り場作ると
蹴上げが20cmを
超えてしまいます・・・





・両側手すりが思ってた使い方と違った




これは付けたくなったらいつでも
DIYで出来ますので





誰でも対策出来ますが



両側に手すりがあるって事は



両方使って
登り降りと考えると



階段n



子供が両手すり持って
最後ジャンプして
着地するよなぁって思ったのですが
(私も多分する・・・)



実際母親に聞くと



「登るのも降りるのも
利き手で持ちたいんだよ」
という回答でした


たしかに我が家は
右利きなら


登るのは利き手ですが
降りるのは逆になっちゃいます


ちなみに要介護認定を受けると


最大20万円までは
自己負担1割で手すりなどの
リフォーム工事は出来ますので



無理に若いうちからしなくても
大丈夫かもしれません











・ローコスト建売住宅の階段はなんと0.87坪



私は標準の
階段は1坪で



我が家みたいに広めに取ると
1.5坪だと思っていましたが
(金持ちは2坪とか3坪ありそうですが)


ローコストの建売住宅で多いのは
0.87坪らしいです・・・


1.5畳サイスですね


1坪と0.87坪と数字はわずかですが


実際にモデルハウスに行くと
「全然角度や段差が違うので」


階段o

こちらはローコストの建売住宅ですが



我が家の階段は平気な子供でも
「怖いと」言って降りれませんでしたから







建売なら仕方ないですが


注文住宅なら
ここまで削って
リビングを広くしなくても
いいとは思いますが・・・
















2018年12月21日






我が家は何も悩まず


階段a

リビング階段にしましたが



いくつかのブログで
リビング階段の
デメリットというのを見たのですが


実際に住んでみても


書いてあるデメリットに
当てはまらないので



特に子供が小さい家庭は
リビング階段にした方が
いいと思いますし


エアコン代などの
光熱費も


リビング階段の方が
お得なので


リビング階段で良かったという
理由を書いていきます






・まずは一般的に言われているメリット



①子供や家族と顔を合わすことが出来る


子供が1歳と2歳なので
リビング階段ではなくても

起きたら必ずリビングに来るので
顔は必ず合いますが


もう少し大きくなっても


起きた時、帰って来た時など
リビングを必ず通りますので


それだけ家族が
揃う機会が増えますし


中二階にあるスキップフロアと合わせて

2階にある子供部屋とも
コミュニケーションが取りやすくなります




②見た目が開放的になります

階段a-2

我が家は吹き抜けもありますが
吹き抜けが無くても


階段部分は天井が高いので
見た目の開放感が上がります


間取り的にも簡単に
吹き抜けが作れるようになりますし


開放感が欲しいという方には
絶対にオススメです



③2階との会話も簡単に出来ます

朝私が先に起きて
支度をしていると

2歳の子供が途中で起きて来て
(寝てる時も多いですが

「ぱぱー起きたー」と言ってきます



階段b

階段を子供が昇り降りしないように
1階、2階にゲートがあるのですが


リビング階段なので
起きたらすぐに分かります


もうちょっと大きなって
自分の部屋で遊ぶようになっても

「ご飯出来たよー」なども
会話出来ますので


2階とのコミュニケーションが
取りやすいです



④オシャレになるらしい?


このメリットも結構書かれていますが
多分オシャレになるのは

階段c

こういうスケルトン階段だと
思うのですが


これは私がダメなので
採用しませんでした

見に行った家ではcube系の家は
全部スケルトン階段でしたが


私の実家が平屋で
その後も賃貸アパートなどで

階段に慣れていなくて
スケルトン階段がダメでした


子供も小さいので危ないですし・・・








・一般的に言われているデメリット


①リビングが寒くなる


色んなブログのデメリットに
寒くなるって書かれていますが


これはもっと古い時代の
家だと思います・・・


今の家なら
普通の高気密、高断熱レベルの家でも
リビングが寒くなるこ事はありませんし



階段e

むしろリビング階段と吹き抜けで
リビングの暖房1台だけで


1階、2階全部暖まるので
光熱費も節約できます


我が家みたいなローコスト住宅でも
断熱性等級は4取れますし
吹き付け断熱も可能です


窓も今はローコスト住宅でも
ほぼ標準な位のサーモス2Hですが

これでも充分暖かいので


逆に
「リビング階段だと寒くなります」なんて言う
ハウスメーカーは
止めた方がいいと思います


もちろん北海道や東北だと
事情は異なると思いますが・・・



②プライバシーをたもつことが難しい

今の家は断熱性は高いですから
①の寒くなる事はほぼ無いので


結局デメリットというか
考え方はこのプライバシーに
なってくると思います


私は必ず顔を合わすのが
メリットだと思っていますが


反対に言えば
どんな時でも家族と
顔を合わせなくてはいけないので

これをデメリットと思う方もいます


子供も高校生位になると
顔を合わせたくないって思う
子供もいると思いますが


家族が仲良く便利に生活出来るアイテムが
新築の注文住宅なので


「顔を合わせなくてはいけない」なんて
思わないようにして欲しいですが


仮に私も2世帯同居だったりしたら


「リビング階段は嫌だなぁ」って
思ったかもしれないので

これは建てる人の考え方次第ですね


ただ寒くなるって事は
今の家なら無いと思うので


これだけで「リビング階段はちょっと・・・」
思っている方は今の家なら問題ないので


リビング階段にした方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年07月26日





我が家の階段下収納は


収納a


こんな感じでスキップフロアの分
コの字型の階段にしては長いので


結構余裕があるのですが



引越して1年半経ちましたが


余裕があるからと

何も考えずに何でも
階段下収納に入れていくと


2歳、0歳の子供もいるので

どんどん増えて


収納b

ついに
足の踏み場が無くなりました






・まだまだ余裕?


賃貸時代に使っていた
つっぱり棚が1つだけありますが


他はどんどん
入れていっただけなので


収納c

このように
デッドスペースはたくさんあるので


棚さえ購入すれば
まだまだ余裕な感じですから



早速棚を購入します



収納d

距離わずか1.5km
車なら5分でニトリに行ける場所なので


思い立ったらすぐに買いに行けます





・とりあえず1つだけ購入


収納術みたいなブログ書いてる方を見ると

物凄いアイデアで
色々棚を設置してますが


困ったらまた買ってくればいいので
(収納テクも無いですし


とりあえず1つだけ購入します


収納e

階段下収納ですから
見えるとこではないし

普通の頑丈そうな棚


シェルフアドバンスという
棚の62cmを購入しました


収納f

板を1枚追加で買ったので

総額は4,470円(税込)です


この安さは
さすがニトリですね








・めちゃ簡単です


普通のドライバー1本あれば
20分位あれば作れます



完成した棚がこちらです

収納g


前の賃貸だと

作るのは簡単でも
作るスペースが無かったのですが


新築だと標準で作っても
玄関が広いので


DIYするのが凄い楽です





・設置します


収納h

床が見えました(笑)



棚を買う前は

収納b

これですから・・・


物凄い楽に出し入れ
出来るようになりました


使用頻度が高いものを
なるべく棚に入れて


さらにその中で一番使うものを
一番上から順に置いておきます




収納i

一番下と2段目は
ダイソンの掃除機です


その上は子供のオムツですが

3~4日分位いっぺんに出して
リビングの収納に入れてあるので


一番上は毎日使う
犬のご飯とトイレシートです



階段下収納は
幅が狭いのでつっぱり棚やつっぱり棒が
簡単に設置出来るので


収納が上手な人は
本当に凄いんですが


私は「ただ棚を設置しただけ」ですけど



一応階段下収納は

幅が狭いので

収納j

我が家は尺モジュールの標準ですが

幅が91cm、さらに壁の厚みもあるので

実寸だと80cm位です


その為
余りに奥行きがあると


今度は奥の荷物出すのが大変なので


奥行が30cmの棚にしました。


これなら50cmちょっと余裕があるので

奥まで行くのも楽に行けます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年06月27日





我が家は1階がリビングで


2階が寝室の
オーソドックスな間取りですが


当然最低でも
1日1回は昇り降りをしますし


洗濯物を干したりなどで
もっと増える場合もあります





・登りやすい階段とは



子供も小さいし


子供が2人とも
40代で出産したので


子供が大きくなったら
夫婦は老後になるので


階段は登りやすい方がいいと思って


・段数
・1段あたりの高さ
・1段あたりの奥行


こちらも考えて作らないと


毎日大変になってしまいます


階段a

こちらは
我が家の階段ですが



蹴上げ階段の高さ

踏み面奥行になります



蹴上げが高いと
当然登るのが大変ですが


バランス考えずに
段数を増やすと
踏み面が小さくなってしまいます





・法律上の最低基準は登れない?


建築基準法だと


蹴上げが最高で23cmまで

踏み面は最低15cm以上と決まっていますが



実際蹴上げが23cm近くあったら
物凄い大変だし


踏み面が15cmしかなければ
まともに降りれません



一般的に登りやすい階段


蹴上げが18~20cmまで

踏み面は20~22cm以上


こちらが登りやすいと言われている
階段のサイズです





安い建売住宅などを見学すれば分かりますが



リビングなど部屋の広さを
優先して階段に使えるスペースが少なくて


物凄く急な角度で蹴上げが高い家だと


1回、2回モデルルームで
見るだけならどうにかなっても

毎日だと大変な事になってしまいます



注文住宅なら当然
(予算の範囲で)

階段の蹴上げ、段数も自由ですので

設計士さんと色々相談して

昇り降りしやすく作った方がいいです



階段にどこまで面積と
予算を取れるかだと思いますが


蹴上げは20~21cm前後が
一番多いみたいです







・我が家の蹴上げと踏み面と段数


我が家の蹴上げは

階段b

17.7センチです
(メジャーずれたので若干違いますが^^;)


登りやすいと言われる
18~20cmより
もうちょっと低く作ったので


小さい子供でも簡単に登れますし


昇り降りで大変って思う事はありません



踏み面は

階段c


23.8cm取ってます





写真だと25cmありますが

階段d


ここが長くても
登りは使えますが
下りには使えない部分なので


この部分は計算に入れません


踏み面も安全と言われている
長さよりさらに長く取っています








・必要な段数の計算式です


蹴上げは低い方がいいからと言っても

当然2階に着けないと困りますが


階段e

我が家の設計図です



レオハウスは標準で
天井高が250cmあります

これだけではなくて


天井と2階の床の間が50cmあります



木造住宅の平均は30~40cmらしいのですが


最近は我が家もそうですが
第一種換気のダクト入れたりしますので

50cmになります



合わせて

300cmになります

(後は床材の高さもありますが
とりあえず計算を省きます)



標準的な段数は14段が多いですが


段数計算は最後の1段
つまり2階の床は計算しないので
こちらを合わせて


段数が14段だと全部で15段登るので


300cm割る15なので20cm


20cmが一番多くなります



超ローコストな家
安い建売だと13段(登るには14段)も
結構ありますが

その場合は

300cm割る14で21.4cmになります


建築基準法には違反していませんが

かなり大変です




我が家の場合は階段は16段

つまり登り切るには17段上がるので


300cm割る17で17.64cmと

標準よりかなり低く作れました






・16段で作れた理由


蹴上げが低い方がいい
段数だけ増やすと


当然踏み面が小さくなって
まともに昇り降り出来ないですが


我が家の場合は

階段f


階段g

このようにスキップフロアの
入り口があるので

一般的な階段は1坪なのですが

1.5坪を階段に取っています


スキップフロアは無くても

階段に1.5坪取ると
これくらいの段数で

蹴上げと踏み面に余裕が出来ます




コの字型

踊り場も階段がありますが

スキップフロアが無ければ
踊り場は平面に出来ると思います


我が家の場合は
5段目の平面が大きいですから


踊り場も平面にすると

無駄な距離が増えすぎるので


段差を作りました





・階段1.5坪のメリット


坪単価が60万円とすると

階段を0.5坪増やすというのは

30万円分かかるし


当然リビングなどの
他の面積が減るのですが


毎日階段は使いますし


子供が小さい家庭は特に
安全を考えるとオススメです


2階のバルコニーに
洗濯物を干すのが
面倒なので


リビングや庭に干す
なんて話をよく聞きますが


昇り降りが楽だと
面倒だと思いませんし



自分が年を取った時にも
当然昇り降りが楽な方がいいです


他のメリットとして
階段下は収納にする家が多いですが


階段h

このように階段下収納が
広くなります


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング





2018年05月14日




web内覧会も3回目です

外観、玄関と終わったので

今回はリビングとスキップフロアです




・LDKはこんな感じです

リビングa

1階は和室や他の部屋は無く

ワンルームのLDKと

中2階という感じで
リビング階段の途中に
スキップフロアがあります


最初に「家を買おう」と思って
まずは建売住宅からスタートして

その後ハウスメーカーの
モデルルームも見て
希望したのが


・1階は和室や他の部屋はいらないので
大きいLDKにして欲しい

・リビング階段にしたい

・スキップフロアが欲しい


このような希望で
設計士さんと打合せをして
出来た間取りになります


実際スキップフロアが
別室扱いみたいな感じですが
LDKからは見えないのが
良かったです


逆にスキップフロアからは
LDKは見渡せるので
小さい子供がいても安心です




・まずはリビングです

リビングb

最初に書きましたが

1階は和室など別の部屋はありません


LDKで取れるのが23.5畳
そのうち3畳がスキップフロア

残りを
20.5畳のLDKにするか

16畳のLDK+4.5畳の部屋にするか

この辺は家の使い方なので
各家庭で変わると思いますが

我が家はLDKを大きくしました


多分LDKで30畳以上取れるなら
別室作ったかもしれません




リビングc


詳細は

こちらに書きましたが
ソファはゆったりしたいので
L字の6人用を購入

テレビはコーナーに置きました


リビングd

まず玄関ホールの扉を開けると
こんな感じで大きなソファがあります


テレビは角に置く事にしました

リビングd-2

ソファとテレビ台はニトリで買いました


アパート時代は問題なかった
32インチテレビですが
今は正直小さいです



そして壁紙の記事でも書きました
アクセントクロスで
黒板になる壁紙がお気に入りです

リビングe

こちらは引っ越して1ヶ月位の画像で

今は2人目が生まれたので
ベビーベッドが置いてあります

リビングf




・ワンちゃんは一番いい場所に


そして部屋の真ん中

リビング、ダイニングの間が
ワンちゃんのお部屋になっています

リビングg


この位置だとリビング、ダイニング
スキップフロアから見えるので
ワンちゃんも安心です



・照明はちょっとこだわりました


標準で天井高250cmですよと
タマホームより10cm高かった所も
気に入った位なので

シーリングライトで天井の見た目が
下がるのが嫌だったので


リビング、スキップフロア、キッチンは
全てダウンライトにしてあります

リビングh

ダウンライトだけだと
暗いのかなって心配もありましたが


今のダウンライトはそんな事は無く
調光も調色も出来ますので
問題無かったです


普段も
MAXの半分位の明るさにしています


ダウンライトなので
ムードのある空間にも出来ます
(子供が小さいとムードとか要りませんが)







・リビング階段とスキップフロア

リビングi

リビングの真ん中奥に
階段を付けて

階段の途中に
スキップフロアがあります


リビング階段と
吹き抜けのスキップフロアのおかげで

エアコンが1台で
2階も暖かいので良かったです


リビングj

ここにブラインドを
買おうと思いながら
1年経過してしまいました
(人も通らないので・・・)


ここの窓から
遠くの道路が見えるので


私が家に帰ると、子供が
「ぶーぶー」と言って
一緒に上ってと言ってきます


リビングの正面は
本当に車も人も通らない場所なので
ここからしか見えません




リビングk

ここから
下が全部見渡せるので
安心です



・スキップフロアが欲しかった理由


リビングl

まだ子供が
2歳と0歳ですので

余り使い道は無いのですが


ここは私のパソコンやギター
などなど趣味の物が置いてあります


特にPCがデスクトップなので
リビングダイニングには
置きたくないと思ったので


他にはリビングからは見えないし
収納代わりにも使っています



一番のメインの使い方は

子供がもう少し大きくなって
小学校低学年位の時には


リビングでは勉強しづらいけど
まだ自分の部屋で勉強する年齢では
無い時には


こういう勉強する場所が
あった方がいいなと思いました



小学校の高学年位になっても
自分の部屋まで行かなくても
ちょっと個人の空間があるので


ここで勉強したり
本読んだりしてくれれば
いいなと思っています



外観はサイディング選びで
ちょっと後悔が残るのですが


リビングとスキップフロアに関しては
1年経った今でも
「こうしたらよかった」
というのがありません


間取り、照明、壁紙と
全て満足してるので良かったです



にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ
みんなのWeb内覧会



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2018年03月31日




建具関係は
大人気の家CoCoのDセレクトの場合は

3メーカーから選べます。


まずは
住友林業クレスト
建具a




そしていつものLIXIL
建具b





最後にNODAは2枚
建具c

建具d

NODAさんは仕事の付き合いがあったりします^^;



・条件があります

3メーカーから選ぶことは出来ますが

ドアはNODA
下駄箱はLIXILとかは出来ません

1メーカー選んだら
その中で全て選ばないといけません。

巾木や廻縁なども
ここで選んだメーカーになります。



・ノーマルドアとハイドア


全てのメーカーで高さが微妙に違いますが
昔に比べてドア類の高さが上がっていて
今回のメーカーも

・ノーマル(約200cm)
・ハイドア(約230cm)

の2種類から選べるようになっています。


恐らく定価を合わせる為なのか
どのタイプも200cmの方が
ガラスが多かったり
装飾が凝ってたりします


妻は200cmだってぶつかる事は無いから
低い方でもいいんじゃない?とか言いましたが

230cmのハイドアの方が
開放感があって

圧倒的に部屋が広く見えますので
200cmなんて考えもしませんでした。


工務さんも設計士さんも
「230cmのがいいよー」
という事でした。


オプションだったとしても
ハイドアにしたい位なので
どちらも標準ですから迷わず
230cmタイプから選択します



・我が家は引き戸が多い


木だけのドアに比べたら
ガラス入りのが当然高いと思いますが

建具e

LDKに1ヶ所しか選べません



しかし我が家の場合

1Fは
リビングに開き戸が1つで
後はトイレは開き戸ですが
後は全て引き戸です。


2Fも寝室入り口とクローゼットなど
全て引き戸です。


そのため元々1つしか取付出来ないので
問題は無かったです。




・LIXIL対NODA対住友林業


これまで我が家では
圧倒的な採用率なLIXILですが

キッチン:タカラ×
バスルーム:LIXIL○
トイレ:LIXIL○
洗面台:ノーリツ×

好きなメーカーから選択でも5割
玄関ドアと窓もLIXILなので結構な採用率です


今回の建具類は

NODA
ノーマルドア 203cm
ハイドア 222cm
に対して


LIXIL住友林業
ノーマルドア 203cm
ハイドア 230cm

と8cmとはいえ開放感に勝る部分なので
NODAはこの時点で評価が下がり


住友林業は下駄箱がLIXILに比べて小さいので
この時点では
LIXILが一番評価が高いです




・LIXILのソフトクローズが凄い

一応他メーカーも考えたのですが
下駄箱も一番大きいし
色も豊富なので
「LIXILがいいかなぁ」位だったのですが

建具f


引き戸用の
ソフトクローズの性能が凄くて
他メーカーの事は
余り考えずLIXILになりました。


どれくらい凄いかと言うと

大人が力いっぱい閉めても
最後の10cm位から
ゆっくり閉まります


なので子供が閉めても
指をケガする心配はありません









ドア枠、巾木や廻縁、敷居なども決めます。

巾木やら廻縁やら
「それはどこ?」みたいにたくさん選びます


その他の家で使う木材も
一気に決めないとなりません。
使うものはあらかじめ決まってるので
色選ぶだけですが


基本室内は白い家が希望なので
ドア枠はドアと同じ茶色に
その他は全部白にしました。

窓サッシも内外ともに白です。

建具g

我が家唯一の開き戸ドア部分です
1Fと2Fの間の廻縁は
茶色にすると凄い目立つので嫌でしたが
白にしたので綺麗にまとまりました



・廻縁や巾木を付けない人もいるらしいです

我が家も最初は廻縁って要らないなって
思っていて、コーディネーターさんも
「無い家もある」と聞いたのですが


工務さんから「巾木や廻縁」は
フローリングと壁紙の
剥がれ防止の為あったほうがいい
と聞きましたので付けました

建具h




・あってよかった巾木

建具


アンパンマンの車で子供がぶつかるので
巾木でガードしてくれるので
付けてよかったです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング





2018年03月28日




賃貸の時に比べて
広さは倍以上になったので

「子供が走り回ります」


引っ越し時はまだハイハイだったので
走ってないのもあるのですが


そうすると怖いのが
家での怪我です

全部は防げませんが
我が家で行っている

子供の怪我防止策です



・ドアノブを縦にする


これは最近までずっとしてたのですが
怪我防止a


リビンクから玄関にいくドアですが
ドアノブに手が届くようになると
開けてしまうのでノブを縦にします。

怪我防止b


ここのネジで簡単にドアノブが外れるので
縦にします。


・現在は元に戻しました

ずっと縦だったのですが
最近元に戻しました

どうして戻したのかというと

「縦でも届くようになったから」
です


しかも縦だと爪先立ちしてやっとなので
かえって危険になったので
元に戻しました。



・次は落下の危険防止


ドア開けれるまで成長したのかと
思うと、それは嬉しいのですが

リビングのドアが開けれるようになると
玄関まで来てしまいます


はしゃいで落ちたりすると
玄関はタイルで危険なのですが

怪我防止c

玄関にコルクマットを敷きました。


「たまたま」色味がタイルと
同じなので目立たずいい感じですが
わざわざ買った訳ではなく


元々賃貸に住んでいた時に
寝室が古い畳の上に絨毯を敷いていたので
子供が生まれる時に
「ダニが心配」と購入したものです。


引っ越し時に1年しか使ってなかったのですが
「使い道も無いし」と捨てようかと
思っていましたが
使い道がありました







・玄関は開けれません

設備・玄関ドア編でも書きましたが

我が家の玄関ドアはタッチキー付きです。


キーがないとボタンを押しても反応しないので
子供だけでは開けれませんが
仮に鍵があっても

「まだまだタッチする場所には届きません」

・手動で開ける場合

もちろんタッチキーだけではなく
鍵でも開くのですが

ツーロックなので2ヶ所開かないと開きません

怪我防止e


下は既に届きますが
上はまだまだ届きませんので安心です




・階段の侵入禁止

こちらはベビー用品店に行くと
どこでも売ってるお馴染みの
侵入防止の柵です

怪我防止f


1Fと2F両方付けています。
幸いまだ子供だけでは開けれません



・出っ張りをカバー

そして階段途中のスキップフロアの入り口ですが
階段に角が出てしまって
万が一ここで転んだら危険なので

怪我防止g



怪我防止h


ホームセンターで
クッション材を購入しました。


まだまだ
「何もない所で転ぶ」年齢なので
これ以外もたくさん注意が必要です


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング





2018年01月22日





我が家は新居移転時に
2台エアコンを購入しました。
(リビング1台と寝室に1台 子供部屋はまだ使わないので設置無し)


間取りはリビング部分が21畳
リビング階段でスキップフロアが約3畳です




このようなリビング階段と
スキップフロアで

c0b81881




スキップフロアは
吹き抜けになっていて
2階に寝室があります。

ef660c40




せっかく2台買いましたが
暖房はリビングの1台しか使っていません。
 

理由はリビング1台で
家全部が暖まるので


9efc19f8

この間取りで1階の1台だけで
家の中は全部暖かいです
(玄関はやや寒いですが^^;)



9fea7b93

2階のドアは1階の暖房が
入るように

リビングにいる時も開けてます



家の性能もそこそこあって
最新のエアコンも凄いのかも知れませんが
(リビングエアコンは日立の23畳用です)




最初は
吹き抜けもあるし不安でしたが
(レオハウスの方は大丈夫という返答でしたが・・・)


さらに電気店の店員さんは
「最近の家なら絶対大丈夫」という自信でした。





エアコン256





エアコンをレオハウスで買うか
家電量販店で買うかは結構悩みましたが


・値段は家電量販店のが圧倒的に安い

・壁に穴あけるので吹き付け断熱+制振ダンパーが壊れないか不安


当然レオハウスで買えば
工事になにかあっても保証してくれるので
安心を買うか悩みましたが
(欲しい機種だと2台合わせて10万円以上違うので・・・)







結局「何かあったら使ってね」


スプレータイプの
アクアフォーム缶
貰ったので家電量販店で購入しました。
(結果的にはトラブルは何もなく設置できました)


8dcef0c0






冬の間ですが
エアコンは

朝4:00~夜9:00位までは
ずっとONにしています。

(リビングエアコンはずっと設定温度25度です)


エアコンは最初が
一番電気代がかかるので


東京電力の
スマートライフプランで
料金が安い6時までに
エアコンを安定させてます。


朝起きて2階の寝室から
1階に行く時に
寝室の扉を開けっ放しにしています。

4:00から点けているので既に暖かく
冬でも温度計は22度位です。
(冬は氷点下5度位の地域です)


吹き抜けなので
リビングの暖房が効率よく2階までいき
これだけで充分暖かいです。
サーキュレーターや扇風機も使っていません。


寝る時は扉を閉めて
部屋では暖房は入れずにそのまま寝ますが
高気密のおかげか朝起きて16度位は保っています。





寝室の扉を
開けっ放ししないといけないので

子供が大きくなったら
1台では無理かもしれませんが
(中学生位になったら扉開けっ放しどころかカギ付けてって言いそうなので)


昔は吹き抜け=エアコンが効きにくいでしたが
今の住宅だと吹き抜け=エアコンは1台ですむという
逆に省エネ?の設計なのかもしれませんね。




・夏は厳しいです


冬はエアコン1台の我が家ですが

暖かい空気は上に行くので


夏はリビングのエアコンだけ付けても
2階の寝室は暑いです



なので夏は寝室のエアコンも
付けますので

やっぱり2台必要でした


2階のエアコンは8畳用なので
これ1台は家全部はちょっと無理です





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング