レオハウス

2022年03月04日







我が家は完成して
5年経ちましたので


5年点検a


今回は5年目のアフター点検が来ました




定期点検は

・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・5年
・10年なので


前は2年点検でしたから
今回は3年ぶりですね





まあ、何か問題があって
連絡すると



https://reogress.net/archives/23659295.html


この時は3年目位で
隙間が出てきたり






https://reogress.net/archives/28158143.html


こっちは4年目で
玄関が最後まで閉まらなくなったりしましが



この辺も
もちろん無料で



割とすぐ来てくれるので
特に「定期点検に見て貰おう」ってのは
無いのですが・・・




ちなみに
この次の10年点検は


5年点検b


もし何かあった場合に
「有償でメンテナンスしたら
それ以降も無償で点検しますよ」って事みたいです



躯体とか雨漏りとか
10年で保証が切れますからね





5年目の定期点検の目玉は


5年点検c


基礎パッキンと
シロアリ保証点検ですね



1年、2年の定期点検は
床下開けて
ザっと見るだけでしたが



今回はシロアリや
基礎パッキンの点検があるので
床下に1時間ほど潜って頂きました



それ以外にも
色々と点検して頂きましたが



最後に
なかなかのトラブルが発見されました





・まずは外回りから


毎年カレンダーを手渡しで
届けにきてましたが


コロナで郵送になったので
久々に工務さんと対面です(笑)



「〇年目から外部業者さんが
点検する」
とか
色々とブログに書いてありますが



支店によっても違うと思いますけど
我が家はずっとレオハウスの工務さんが
点検しています


・・・・・
・・・・
・・・
・・



最初は
屋外で配管の点検や外壁
通気などの点検です




外の配管は

5年点検d


元々あった奴なので
サビが凄いですが(笑)




普段は
こんな箇所は開ける事もないですけど



特に生活していて
問題が起こった事もないですし



もちろん点検して貰いましたが
異常はありませんでした




外観に関しては
例えばサイディングの欠けとかは


見つかったら保証は2年なので
どうなるのか不明ですが


そういうのは無くて



一番点検が必要なのは

5年点検e


通気層ですね


ここの通気が
ちゃんと取れてないと
大変な事になりますから








私は年2回くらい
掃除と一緒にホコリ取りますけど


施主さんによっては
何もしてない人もいるみたいです




後はエコキュートなどのチェックをして


5年点検f


エコキュートって
割と寿命が短くて
10~15年って言いますけど


とりあえずは
問題はどこも無かったです




ちょっと残念だったのが


5年点検g


屋根の点検が双眼鏡でしたね


双眼鏡でどれくらい分かるか
ちょっと謎ですが



ハウスメーカーによっては
ドローンとかで点検する会社もあるみたいで
ちょっと期待したのですが
目視でした



もちろん慣れているなら
大丈夫な気もしますけど


双眼鏡では


細かい所までは
分かりませんからね


特に太陽光パネルの下などの
ヒビとか点検したいですけど



幸い、新居が完成してから
大きな地震もないし



まあ、我が家はベランダもあるし


5年点検h


自分で登って見てるから
大丈夫なので
別に何も言いませんでしたけど(笑)



とりあえずベランダでも
サンルームでも



屋根に登れる
ルートがあると
点検とか補修が楽ですね







・続いて室内へ




室内の点検箇所は


5年点検h2


雨漏りや隙間のチェックに
床鳴り、建具のチェックなどですね





まずは雨漏りや隙間などの
チェックです


5年点検i


普段は滅多に見ない
天井裏ですね



我が家は屋根断熱なので
アクアフォームしか見えませんが


目視で見る分には
問題は無かったです




次に配管の水漏れなどですが


5年点検j


こちらは普段も
たまには見てるので問題ありません






クロスの隙間は





2年点検でしましたし


幸いに床鳴りなども
5年間1箇所も出てないし特に問題もなく


この後は
1時間程床下に潜って頂いて



基礎パッキンや
シロアリ点検ですが


5年点検k


見た限り問題も無く



ある程度は
私も付いていく
迷惑な施主ですが(笑)



私、床下嫌いなんですよ・・・





https://reogress.net/archives/26387134.html


昔、メンタルをやられた後に
映画館とか一切入れなくなり


こういう張り出しの間取りも
「落ちてきたらどうするの?」って
性格なので


床下は苦手です・・・




子供も2人いますから
後は工務さんに
おまかせして待っていると



ちょっと問題が見つかりました・・・










・最後でトラブルが出ました・・・




ちゃんと定期点検で
家を見て頂いているって事なので
有難いですが




半年点検の時は





・シューズクロークの扉や


・トイレ換気扇の気密シャッターが
 不具合があって交換などで後日対応に






1年点検の時は



https://reogress.net/archives/9685583.html



・謎の窓枠の汚れですね



窓を施工する時は
若干隙間があるので



これをスプレータイプの
断熱材で隙間を埋めてくれるのですが



汚れの拭き残しというか
跡が1年程して見えてきたので
後日対応になって





2年点検は


https://reogress.net/archives/16046571.html


・サッシの欠けを発見して



毎回、定期点検は
後日補修の対応があったのですが




今回は何も問題がなく



実際に生活していても
気になる箇所も無いので



「今回は問題ないなぁ」と思ったらですね



1時間程して
床下のシロアリや基礎パッキンの
点検が終わると



「シロアリや基礎は異常無いですが
浴室の配管がおかしい」




見せて頂いた写真がこれ

5年点検L


浴室の配管ですが


エルボというL字の配管って
今は透明なのですが


水が溜まっているのが
分かるでしょうか



水が流れるように
当然配管の出口に向かって
下がるようにならないと
いけませんが



本来なら
ちょっと分かりにくいですけど

5年点検m


こんな感じが正解ですね



最初からこうなのか
年数が経って下がったのかは
分かりませんが



水が溜まっている以上は
逆勾配なんですね



しかし・・・5年間
何も詰まりとかなくて
問題なかったので



多分、このままでも
平気な気はしますけど



「見つけちゃった以上は
修理させてくれ」って事なので





こちらは後日
修理に来て頂く事になりました



https://reogress.net/archives/31939674.html




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









2020年09月09日







ヤマダ電機が



今度は
桧家住宅でおなじみの





ヒノキヤグループを買収、子会社という
ニュースが出て











レオハウスが


ナックの子会社から
ヤマダ電機の子会社に変わって


まだ半年・・・



社名もヤマダレオハウスになって






さらに今度は桧家住宅も・・・


canvas1


(ヒノキヤのロゴも変わるのでしょうか・・・)


「ヤマダ桧家住宅」だと
名前が長いですね・・・



パパまるハウスなんかは


ヤマダ電機の子会社の
ヒノキヤグループの子会社の
パパまるハウスですって言うんでしょうか(笑)






canvas4



3月のブログ記事で




「レオハウスが買収されるなら
ヤマダ電機か桧家住宅しかない」
って
書いてる私も



なかなか先見の明がありますが(笑)








というか
私はレオハウス以外なら




「桧家住宅がいいなぁ」
思っているくらい
金額も性能も
似てますから



この2つは合併する
メリットも大きそうです





・・・・・
・・・・
・・・
・・



EC化でアマゾンに挑んでる
ヨドバシと違って


元々郊外に大型店持ってる
ヤマダ電機は


どんどん住宅事業に
入り込んでいますね








今の予定だと
3社とも別会社で存続みたいで





全部が「ヤマダホームズ」になるって事もなく






私が家を建てた甲府店も




改装されて
前よりはオシャレになりました


店舗a






ちなみに
家を建てる時に
何度も通ってた改装前は


店舗b


このような
かなり「ダサイ」作りになっており




我ながら
「よくこの店に行ったな」という感じです(笑)



作りもちょっとおかしいのは



私が小さい頃は
ロイヤルホストだったので
その名残ですね



当時のブログ記事でも
「ダサイロゴ」とか書いた記憶がありますが




「まあ会社ロゴは
家には入らないし」




などなど記事に書きましたけど
今は割とオシャレな雰囲気があります






・とりあえずは残るので一安心




レオハウスや桧家住宅に限らず



ミサワホームや
パナソニックホームなど



とりあえず合併して
社名はそのままですけど



将来は社名も組織も
統合したら



近隣に店舗が2つ、3つあったら
片方は無くなってしまう可能性はあります・・・



もちろん会社自体が倒産するわけではないので
保証はちゃんとしますけど



余りいい気分じゃないですよね


・・・・・
・・・・
・・・
・・




まあ、実際私の建てた支店は
本当に満足出来ていますので


これだけの物をこの価格で
作れて


人もいい人ばかりですし


まあ残るだろうとは
思っていましたが

(なんか宣伝ぽくなった・・・)




店舗c


元々山梨県には
1店舗しか無く
展示場へは出店してないですし







canvas2

桧家住宅は
去年、同じ市内の展示場に
山梨初進出で参入して







店舗d


隣町の住宅展示場に
ヤマダホームズもありますけど






店舗e



タマホームは


・レオハウスの近くに1店舗

・ヤマダホームズと同じ展示場に1店舗

・富士山の方に1店舗と


3つもありますから



販売規模も
タマホームと同じくらいになるので




今のところ無くなる心配は
無さそうです



・レオハウスが年間5,000棟
・桧家住宅が年間3,000棟
・ヤマダホームズが年間1,500棟



で約10,000棟近いですけど




タマホームは1社で
年間10,000棟なので
やっぱり凄いですね





レオハウスに関しては
山梨から無くなるほど
成績が悪いとも思えませんし




とはいえ
営業成績が悪ければ


・工務店なら倒産

・ハウスメーカーなら支店閉鎖というのは


当然ですが起こる事です






・支店が閉鎖して近くになくなった場合のデメリット



通常、家が完成して
新しい生活が始まれば



定期点検以外は



そうそうハウスメーカーの方とは
会う事もありません




定期点検はそれこそ遠くの支店からでも
来ますし




問題なのは何か
トラブルが起きた時ですよね





今年は1度だけ会っていて







前に木の収縮で
隙間がまだあった時に
連絡したら




「じゃあ今度の週末に行きますよー」
気軽に言ってくれましたけど



そういうのも1ヶ月先とか
そうなる可能性も出て来ます・・・




後は年末にカレンダーとか
毎年届けてくれますが
これも郵送になるかもしれません




とはいえ考えられるデメリットって
家が建った後だとこれくらいですかね







保証は会社がある以上残りますし



そもそも山梨県の中では
甲府という一番の都会なので


どのメーカーも
近くに支店がありますけど



人によっては
「このメーカーで建てたいけど
家から遠い」


なんて人はたくさんいると思います




特にトラブルがなければ
私の場合は
次に会うのは5年点検ですから



建築途中とかで無ければ
問題はないと思いますが


倒産なら隠すでしょうけど
店舗統合なら



今から建築って人には
さすがに支店統合になりますと
伝えますし



その点は気にしなくても大丈夫かなぁと
思いますね















・特異な例?の富士ハウス倒産




こんだけ世の中には
ハウスメーカーがあるのに



ハウスメーカー全部の数を合計しても
全体の3割しかありません






戸建て住宅全部を合わせた
シェアが3割も無いのは



それだけ工務店や
地元ビルダーが強いのですが




その分シェア争いに
食い込めれば




大量発注のメリットもありますし
通常は買収されて子会社化とか多いのですが





ある程度大きいながら
引き取り手がなく倒産した
富士ハウスの場合は




・多額の費用をかけて新規工場を作成
   ↓
・リーマンショックが起きる
   ↓
・世界同時不況が始まって
 どこも子会社化なんて余裕がない
   ↓
・倒産という流れでした



負債総額640億円と多く




元々超ローコストで
色々と問題がありましたし
アフターに旨味も無いので




誰も引き取り手が無く
倒産してしまいました









こちらはレオハウス買収の半年以上前に
書いた記事ですが




普通ある程度の規模まで行ったら



・スケールメリット

・アフターの旨味があるから



「赤字でも子会社化されるだけで
手抜き住宅とか作ってない限りは
倒産しないよ」って書いて




大型買収案件の最初が
レオハウスになるとは思いませんでしたが(笑)




・・・・・
・・・・
・・・
・・


富士ハウス以外にも


小さい工務店は
色々と潰れていますけど



家が完成した人は
倒産したとしても
定期点検が無くなる程度ですが
(それも嫌ですけどね・・・)




建築途中の人は
お金も返ってこなくて
家も出来ないという


相当大変な状況ですね・・・




正直、最初は
コロナウイルスの影響で


「何社か倒産するかも」と思いましたが



戸建てのメーカーには
追い風になっていて



・在宅ワークが増える
  ↓
・家が欲しい


という理由で
持ち直してるから


外食や小売りに比べると
ダメージが無いですね


こういう事態に
耐えれるって面では


大手メーカーの
資本力ってやはり大事ですね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


とはいえ
どのメーカーだって


自分の建てた支店が
無くなる可能性はありますが



倒産とは違うので
そこまで心配しなくていいかなぁと思います




どうも支店閉鎖と
倒産を同じように考えている人がいるのですが




はっきり言って
全然違います


もちろん建てた家が
問題なければの話ですけどね・・・




問題があれば何度も家に来ないと
いけないので




支店が遠くなるなんて事が起きると
色々大変です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング
























2020年04月01日





コロナウイルスで
いっきに株価が下がったので


株a


3月12日に優待株を4つほど
購入しました






その時の記事にも書きましたが


購入した翌日も「どかーん」と下がって
1日で50,000円ほどの
含み損になりました



しかしその後は
ある程度順調に回復して


今年は3月27日(金)に持っていれば
優待と配当の権利が貰えるので



3月30日(月)に早速全部売却しました



本来であれば
優待株は権利が取れる日の翌日は
「ずどーん」と下がるので



数週間は持っていて
安定してから売りたいところですが



東京のコロナウイルスは
どんどん増加していますし



市場のほうで
「思った以上にヤバイな」感が出てきたので



まだ落ち着く気配が見えないので
今回購入した株は全部売却します



株a


こちらはTOPIXという
全部の株の平均のチャートですが



購入時の翌日に
凄い下がりましたが


株の世界には
「総悲観は買い」という



誰もが
「まだまだ下がる、買えない」
なんて言ってる時は

だいたいその辺が底値になります



さすがに今回は一気に下がりすぎたので
翌々日からは
持ち直してまた上がりました



最近は株価がちょっと
落ち着いて来たので


逆にまた下がる
可能性も高いですね・・・






・まずは配当と優待のおさらい



今回購入した
優待株の4社は


株b


お兄ちゃん用に
トミカをくれるタカラトミー






株c


妹用にピューロランドの
フリーパスを貰えるサンリオ






株d


妻用に化粧品を貰える
レオハウスの親会社ナック






株e


自分用にカタログギフトが貰える
メガチップスです




株を購入してから
ナックはレオハウスを売却という
ニュースが出たので







次からは買わないと思いますが・・・





配当金と優待の一覧はこちら

株f


配当金ってのは
銀行でいう利息みたいなもので
お金が貰えます



全部で25,000円ほどの
配当金と優待品を貰えるので



これ以上の損が出ていなければ
まあ得したかなって思えます




ちなみにナックの
2,700円から0円というのは



「元々2,700円って言ってたけど
業績悪いんで配当出せませんゴメンネ」
って感じです




自分の勤務先が
業績悪くてボーナスカットされるのと
似たような物です




原因はレオハウスの売却で


売る際に
不採算店舗の売却損とか


先に持ち越していた
色々な赤字が確定しますので


施主の私は
逆に言えば


赤字覚悟の金額で家を買えたので
得と言えば得なのですが(笑)






・売却益(売却損?)はどれくらい?


株の値段は毎日どころか
数秒で変わりますので


せっかく優待を貰えても
それ以上の損をする場合があります



株主優待は
決められている日(今回は3月27日)


1日だけ持っていれば
権利を獲得しますので



その日は一番高く
逆にその翌日は


みんなが売るので
一番安くなります・・・




今回は余りにも下がりすぎていたので
優待日の2週間前に買いましたが


通常は優待日近くは
株価が高くなり・・・


権利日の翌日は




優待で貰える物以上に
値下がりするので
オススメ出来ません





そして今回の
結果はこちら







まずはサンリオ


サンリオ


134,000円で購入して
141,500円で売れたので

7,500円の得になりました


都内でもっと
コロナウイルスが広まると


また下がるかもしれないので
危険ですね・・・





次にタカラトミー


タカラトミー



こちらは
76.000円で購入して
同値の76,00円で売れましたから


差引0円になりました




購入時は
学校が休みで
オモチャの購入が増えるから


株価は回復すると予想しましたが
ハズレました







ここはサンリオほどは
コロナウイルスの影響なさそうですが


トミカ博などは
全部中止になりましたし


イベント関係はまだまだ
開催出来なそうですね






そして3月12日に
「なんだこの安さ」と思って購入した
メガチップスです


メガチップス



121,000円で購入して
154,500円で売れたので


33,500円の得になりました


今回の中で
一番得した銘柄です



2週間ほど預けて
利率25%位ですから
かなりお得でした


一時は市場がパニックで
全部の株が安くなりましたが


ここは任天堂の関連会社ですし


コロナの影響はほとんど無く


逆にゲーム関連は
外に出ないから逆に
業績が上がりそうですので



他は損しても
ここだけで取り返せると
思っていました





最後に
レオハウスを売却するので


余り意味が
無くなったナックです


ナック



77,000円で購入して
78,900円で売れたので


1,900円の得になりました



購入してから配当金が0円になると
発表された為に
一度、かなり下がりましたが


レオハウス売却のニュースで


「これで赤字の子会社が無くなる」
株価が上がっていきました





レオハウスを購入する方の
ヤマダ電機も


「レオハウスが傘下になって
住宅のシェアが上がる」


こちらも株価が上昇したので
お互いにいい譲渡だったと思います



施主としても

お家騒動があったりしている
ナックよりも


資本金も内部留保も
たっぷりあるけど



「家電だけじゃ先が無いなぁ・・・」って
思っている


大企業のヤマダ電機の方が
安心です(笑)



という事で
株式の売却益は
42,900円のプラスになりました


売買益


配当金、優待品、売却益合わせると
70,000円相当のプラスです












・今回はうまくいきましたが・・・



株に絶対は無いですが


購入時はいくらなんでも
一気に下がりすぎたので


いくつか購入して
株の売却益42,900円プラス
配当金と優待品ですから


銀行の利子を考えると
超お得な買い物でした



売却した翌日は
ちょっと上がったので
1日待った方がさらに良かったですが



この記事を書いている
4月1日は「ドカーン」と下がったので




勝ち逃げは非常に大事です(笑)




欲を出し過ぎると
当然損する事もあります・・・



購入を検討いている方は
あくまでも余裕資金でした方がいいです




余裕じゃない金額を購入すると

「すげーさがった・・・どうしよう」

上がる前に耐え切れずに
売ってしまう事も多いですし



「今いくらだろう?」と市場が気になって
仕事が手に付かなくなります(笑)



ちなみに
株を買う際、売る際には
証券会社に手数料を払いますが


私が使っている
楽天証券だと


10万円までの株は1回で99円
20万円までの株は1回で115円なので


今回は4つの株を
買って売ってで
手数料は856円です





株k


楽天証券が一番
画面がプロっぽいです(笑)






2020年03月26日






レオハウスは
ずっと赤字でしたけど


親会社が黒字だから
「大丈夫じゃね?」って思ってたら



ナックa
(新型コロナはほとんど関係ないと思う・・・)



親会社のナックから
切り離されてしまいました



5月からは
ヤマダ電機傘下の住宅メーカー


ヤマダホームズの
一部門になります




ちょっと前まで
ヤマダS×Lだったのですが
名前変わったのですね





レオハウスの施主ってのもありますが


ナックb


わずかですが
親会社ナックの
株主だったりしますので(笑)


IRに問い合わせも
出来ますし



実際に建てた施主はどうなるのかなど
色々調べてきました





・まずはレオハウス売却の簡単な経緯



株をしている方ならご存知ですが


元々レオハウスが
独立している訳ではなくて



株式会社ナックの
住宅部門の1メーカーです



ナックc



有名なところだと


・ダスキンの国内最大手代理店

・宅配水のクリクラ

・マキアレイベルなどの化粧品

などなど色々な事業をしています



住宅関連だと
元々は



メーカーではなくて
コンサルティング会社なので



ナックd



地域工務店なのに
他の工務店と似た広告だったり


同じ値段だったりするのは


こういうコンサルティング会社の
同じ指導を受けるからですね


ナックのコンサルを受けている
工務店は全国に7,000社もあります



もちろん高いお金を出して
指導を受けますが


地域工務店だと
下手したら
「断熱、気密って何?」って
会社もありますから



ある程度は住宅性能
広告、営業も均一化出来ますし


ナックe



同じコンサルに入れば
部材も安く購入出来ます



ここで急成長したのが
福岡の工務店だった
タマホームです



タマホームを指導して
大きくなったのですから


「自分たちでも作れば
儲かるんじゃない?」って
作ったのが


レオハウスです



犬猿の仲になった理由は
過去記事にたくさん書いたので


かなり省略しましたが


あくまでも
ナックの100%子会社です




「タマホームを超えろー」と・・・


ある程度採算度外視の
先行投資をしていましたので
(その分お得に買えたんですけどね)




ナックf


住宅部門はずっと
赤字が続いていて



それをダスキン事業や
クリクラ事業で補っていました



そのために


レオハウスの親会社「ナック」
株主総会に行くと


「レオハウス売れやー」とか

「もう諦めたら?」
とか
言われたりしていました


ナックは
住宅コンサルしていますし
(むしろこっちのがメイン)


スケールメリットを出すためには
先行投資というのも必要なので


「黒字化するように頑張ります」
という回答でしたが




ナックの収益の柱は
ダスキン事業なのですが


ナックg


2年前に
ダスキンから増資を受けて


簡単に言うと
ダスキンの立場が強くなったので


「うちってダスキンとクリクラと
化粧品と住宅コンサルだけした方が
儲かるんじゃない?」

って発想になりました




実はレオハウス以外にも
いくつかハウスメーカーを抱えていて


ナックh



ジェイウッドや国木ハウスなど
こちらはそのままみたいですが


レオハウスは
ある程度の支店、シェアもあるし


「中堅のメーカーさん
うち買えばシェア増えるよ」って感じで


ヤマダ電機に買収されました






・大手メーカーじゃなかったら倒産していました



過去に書いた記事ですが






大手メーカーを
オススメする理由として


ある程度の大きさまでいけば
潰れないというメリットを書きました



住宅業界は特殊で
シェア上位10社の
合計が2割しかありません



それだけ町の工務店も多く
ある程度のシェアを取るのが
大変なので



最近だと他で言えば
ミサワホームが
トヨタホーム傘下になりましたし



今のヤマダホームも
元はエスバイエルを買収して
大きくなりました


ある程度大きくなれば


無駄に数が多すぎる
ハウスメーカー業界ですから


シェア数の確保は


大量発注がさらに可能になり
開発、研究部門の増加にも繋がって
品質が保たれるようになります


なので通常は
買収するメーカーがあるので


潰れるような事はないのですが



ナックi
(80支店もあったのに倒産・・・負債も凄すぎたので仕方ないですが)


富士ハウスは
リーマンショックの影響が凄く


どこも買う余裕が無かったので
残念ながら倒産してしまいました・・・




地域工務店だと


赤字が数年も続いたら
簡単に倒産してしまいますし



チェーン化展開していない
町の工務店が
買収されるって事も
滅多にありません




全国展開したい
大企業から見ると


既に全国に支店をもつ
メーカー買収した方が楽ですし


今回も
ヤマダS×Lだけでは
全国展開きついなぁって感じの
ヤマダ電機が


「レオハウス買うか」って話です



出来たら
積水ハウスとかが買収してくれれば


「うちの家は積水の
グループ会社で建てたよー」
って言うと
すげー高そうに思えたのですが(笑)


当然金額も工法も
全く違う所を買収しても
意味がないので


同じくらいの金額の
(ヤマダのが若干高いですが)


ハウスメーカーが買収しました



とはいえ元の
エスバイエルは結構な
割と高級メーカーだったのですが・・・
(安いプランもありましたが)


エスバイエルで建てた人は
「ヤマダか・・・」って
逆に安っぽくなっているので
ちょっと可愛そうな気もします



・タマホームは犬猿の仲だし


アエラホームなどは
 買収する規模はちょっと無いですし


・アイフルやユニバーサルは
 フランチャイズだから買収しないですし


・アイダ設計だと
 さらに低価格の独自路線ですし



そう考えると
ヤマダか桧家住宅位しか
買収先も無いような気もしますね


この2つは
レオハウスと共通していて


ナックの100%子会社のレオハウス
ヤマダ電機100%子会社のヤマダホームズ



桧家住宅も
ヒノキヤグループで
パパまるハウスとかも
運営していますし




別ブランドの名前を
持っても平気そうです












・建てた施主のアフターサービスがどうなるの?





こちらが一番不安なところですね


ナックj

IRに問い合わせもしましたが



一応、商号や支店
従業員はそのままで



簡単に言うと
親会社がナックから
ヤマダ電機に変わるよって話なので



株とかやらずに
普通に家を建てる場合


ナックなんて
名前も知らないと思いますから
今のところは問題なさそうですが



ヤマダホームズと競合する場所に
あったら将来は不安ですね・・・


ナックk



私が住んでいる山梨では


レオハウスは甲府に1店だけ


ヤマダホームは
隣町の住宅展示用に1店ありますが


将来どうなるのかは
分かりません・・・



正式な買収は5月という事ですが



とりあえずは
レオハウスは今のままで
何も変わる事はないそうですが



ヤマダエスバイエルも
ヤマダホームズに名称が変わりましたし



何年か後に
ヤマダレオハウスとかに
将来変更しそうですけど(笑)



凄い昔の記事にも書きましたが



最初にレオハウスに行った時の
第一印象が


ナックL


ダサいロゴだったので(笑)



変わる事については
何とも思わないですが
(むしろ変わってほしい)


ナックm


さらにダサくなったら悲しいですね・・・






同じ「ヤマダレオハウス」でも


ナックn


タマホームロゴのパクリですが
こちらなら納得できます

  



名称は変わったとしても
会社は存続しますし
(変わる予定も無いですけど)


ナックo


定期点検は何も
変わらないという事なので



とりあえずは安心ですが
10年、20年後とかは全く想像出来ないですね



過去に買収された
エスバイエルもちゃんと
定期点検はしてるみたいですし




倒産じゃなくて
親会社が変わっただけなので



しかもヤマダ電機という
ちゃんとしたハウスメーカーを
運営している大きな会社なので


ナックよりは安心なんじゃないかと(笑)


まあ10年、20年後に絶対潰れないし
買収もされないという
ハウスメーカーは



積水ハウス&セキスイハイムのコンビと
トヨタホーム位しか
思い浮かびません




おそらく5月になったら
正式にレオハウスから
何かしら手紙とか届くと思うので


何かあったら
またブログ記事に書きます


 


◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング













2020年03月14日






ここの所
コロナウイルスの影響で
株価がかなり下がっています


優待a


政権交代時の8,000円から
数年間の日経平均が20,000円位までは


色々な優待目当てに
株を持っていましたが


ここ3年位は
株価も高いし


半分以上を住宅ローンの
頭金で手放したので


優待b
(住宅ローンの頭金稼げました




今はイオンやツルハドラッグなど
無いと困るレベルの優待株以外は
手放したのですが



優待c

(感謝デー+株主優待+ポイントカード+楽天ペイで16%オフ



さすがに日経平均
19,000円以下ってのは
安いだろうと思い
(既に記事書いている時点で損してますが



久々に株に手を出しましたが



当時と違って
子供がいますので



子供向けの株主優待を
検索したら



3月は子供向けに
かなりお得なオススメ優待があって
色々と買ってしまいました






・優待利回り価値10%以上のサンリオ



コロナウイルスのおかげで
ピューロランドが現在閉館中の
サンリオです


優待d



業績が悪かったのに
加えて




ピューロランドが休園中なので
かなり値段が下がっていますね・・・


優待e


株価1,340円だったので
134,000円で100株購入出来ました



1ヶ月とか1年後に
このブログを見て



「この人凄い損してる(笑)」って
可能性も充分ありますけどね




購入したのが
3月12日の木曜日ですが
既に10%ほど株価下がっていますし・・・




逆にコロナウイルス前の価格に戻ったら
90,000円ほどの儲けプラス
株主優待品と配当をゲットできますが
(1~2年待てば戻りそうですがね・・・)





そして
100株の株主優待は

優待f

(今休園中ですけど・・・)


サンリオピューロランドの
1日フリーパス券3枚プラス
1,000円の買い物券です



それプラス株の配当金として
100株持っていると1,500円貰えます



優待g



普通に行ったら
休日だと
大人2人と4歳の子供1人で
10,600円かかりますから
(2歳の妹は無料です)



「これはめちゃくちゃ
お得だな」と思い



ピューロランド自体は
そこまで業績に
比重度が無いみたいなので
(メインはキャラのライセンス事業ですし)



ぶっちゃけサンリオとか
興味無かったので
余り業績とか調べていませんが



「キティちゃんの所のタダ券が
届いたよー」って



言った時の
子供の喜ぶ姿を想像すると



「買い」と判断しました(笑)



しかも年2回も優待がありますから
ずっと持っていれば
年2回は無料で
ピューロランドに行けます
(3月末と9月末)



ちなみに3月末優待の
権利を得るには


今年の場合は
3月27日(金)の1日だけ
株を持っていれば大丈夫です



なので今のうちに買って
3月30日(月)に売ってしまっても
権利は獲得しますし



3月27日に購入して
3月30日に売っても大丈夫です



多分優待が届く頃には
ピューロランドも
再開してると思いますし




3月には
ディズニーランド
運営している



オリエンタルランドも
権利月ですが

優待h



こちらも100株必要ですが
株価が12,000円なので




100株で120万円以上かかって
もらえるパスポートは1枚です



ピューロランドなら
14万円で3枚も貰えます



株価が
買ってから
1%株価が下がった場合



ディズニーなら12,000円と
すでにパスポート代以上の損に・・・



サンリオなら1,400円ですから
まだまだパスポート代はお得です



仮に10パーセントも下がったら
ディズニーなら12万円も損しますけど




サンリオなら14,000円なので

・フリーパス 10,600円
・買い物券 1,000円
・配当金 1,500円


これにチケットの
郵便が届いた時の
子供の喜ぶ姿代金もありますから(笑)


とりあえず購入しました


多摩センターという
東京の左端になるので


山梨から行くには
割と便利ですし





・76,000円でトミカ2台と40%割引



次に購入したのは



トミカ、プラレール
リカちゃんでおなじみの
タカラトミーです


優待i


なだらかに株価が
下降していますね



こちらは優待もですが
業績的に割安感があったので
購入しました



小学生は学校休みですし



オモチャは
コロナウイルスの影響で
むしろ売れると思います


優待j


株価は760円でしたので
76,000円で100株買えました




基本優待目当てなので
そこまで深く業績とか
調べていませんが・・・




優待で貰える
トミカ2台は


優待k

(毎年変わります)



株主優待オリジナルという事で


3か月後位に
郵送で届いたら


こちらも
子供が喜ぶのを見ると楽しそうですね



後は増配したので
配当金が100株で3,000円貰えます



2,000株持つと
トミカ4台プラス
オリジナルのリカちゃんですが



150万円も
タカラトミーの株を
買うほど余裕資金はありません



優待L



3年以上株を持っていると
最大でタカラトミーの
オンラインモールの買い物が
40%オフになるらしいですが



優待m



アマゾンでも40%近く
割り引いている商品が多いですし
ちょっと微妙ですね・・・



今が割安だから買おうと
思っているので


また日経平均が22,000円ほどまで
戻ったら手放すと思いますし・・・





・奥様用に分からんけどレオハウスも購入(笑)




子供用の優待だけだと
奥様可愛そうですし・・・


優待n


オマケで
レオハウスの親会社
ナックも買いました(笑)




770円でしたので
100株で77,000円です




優待o



こちらは優待品が
coyoriの化粧水と美容液オイルと
配当金が2,700円ですね




優待p


レオハウスの感謝祭で
貰える化粧品と同じですが



coyoriやマキアレーベルも
レオハウスと同じグループ会社です



レオハウスは
他の会社よりも
IRは詳しく見てますけど



住宅も
不採算店舗統合で
赤字が減ってますし



優待q


同じグループ会社
クリクラの


ZiACO(ジアコ)という
次亜塩素酸水溶液が



コロナウイルスの影響で
新規申し込み停止になる位
申し込みが殺到しているので


ちょっとは株価が
頑張りそうです




どうせ
普通預金や定期預金に
入れておいても増えませんしね・・・












・個人的に一番好きな3月優待



子供用、奥様用の
優待品はゲットしたので
今度は私用の優待です(笑)


子供が生まれる前
さらに結婚する前から


割安だなって思ったら
優待を取っていた
メガチップスという会社です




100株で
貰えるのが

優待r

大丸松坂屋の
カタログギフトです



普段なら絶対買わないような物でも
あると嬉しいみたいな


貰えれば嬉しい
カタログギフトですが



結婚式くらいしか
貰える機会がないので
結構好きな優待です




優待s




相場がパニックの時は
全面安で、どこも安くなりますが



任天堂用のLSIとか
作ってる会社なので

コロナウイルスの影響も
無さそうですし


ゲーム関連は
むしろプラスに動く可能性もあります



優待t


1,210円の株価なので
100株121,000円の価格で


カタログギフトと
100株で1,700の配当金が貰えます





1~2年に1回は
株って色々な要因で


全面的に
かなり安くなるのですが



そういう時は
業績とは全く関係ない会社も売られるので
(ETFとか売られる要因もあるのですが)


優待メインに買っています



余裕資金なら
1~2年ほど
株を売らなくても大丈夫ですし


この株価なら2年持っていれば
その間に1度は値を戻すかなぁと
思っています






・普段ならその他にもお得なものが


子育て世代だと
他にも3月はいっぱいあって


特に外食が多いんですが


カッパ寿司なら
13万円ほどで3,000円分の食事券


丸亀製麺でおなじみの
トリドールも24万円ほどで
3,000円分の食事券など



この辺は普段なら
お得感ある株価ですが


コロナウイルスの影響で
外食はまだ下がる気がしたので
今回は買えません・・・



スシローとか王将とかも
3月末優待は多いんですが


この辺はコロナ関係なく
株価が高過ぎなので


余り優待の
うま味がありません・・・
(あくまでも余裕資金で株はしないとダメです)





・株ですから損も出ますけど・・・


ここは投資のブログではないので


〇〇買えば絶対儲かるとか


必勝本を5,000円で売りますとかは
ありませんが(笑)



購入した金額よりも
もっと下がる可能性も
たくさんあるので



余裕資金の範囲で
買わないと絶対ダメです
(信用売買は絶対しません)





今回購入したのが
3月12日の木曜日で



翌日には

優待16


またもや
暴落して




この4つの株の合計で
わずか1日で46,800円も
下がりました・・・





200万円とか300万円も
買ってしまうと

「今いくらかな?」と

気になってしまうので
本当に余裕資金でした方がいいです





最悪1~2年
株を売らないで放っておいても
問題ない金額なら
元に戻る、それ以上になる可能性も
かなり高いですし





ベンチャー企業の株などに
手を出さなければ


いきなり株価が半値には
なりませんが
(その分一気に倍になる事もないですが)



1週間で
プラスマイナス20%
今回4社の株の合計が
約40万円なので



80,000円位の損なら
普通に出ます・・・
(逆に儲けの可能性もありますけどね)


優待は楽しいですが
それくらいは損しても
問題ないって範囲で買わないと


大変な事になってしまう
可能性もあるので注意しましょう



3月30日以降になったら
株を売っても優待品は貰えるので


来月になって
若干株価が戻っていたら
株全部売ってみたという記事でも書いて



どれくらいの損(もしくは得)が
あったか書きたいと思いますが


下手したら
1年経っても株価が
戻らない可能性もありますが





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング