2022年04月08日








DIYで簡単に内窓設置とか






最近は内窓DIYのYoutube動画も
結構ありますが



内窓ってのは
密閉性が非常に大事なので


「動画見てDIYしたけど
思ったほど効果がない・・・」とかですね




そういう人は
インプラスやプラマードを
設置しようか悩むと思いますが




実際に我が家は





去年の9月に導入して
冬が終わりましたので



オススメか
そうじゃないのか
正直な感想を書いていきます






・今の家が暖かいならほとんど体感上の意味は無い



最初は否定的な感想ですが


まず、リビングやダイニングに居て
正直な感想としては
「こんなもんか・・・」ですね



思ったほど変わるってのは
ありませんでした




今使っている窓が
アルミサッシの単板ガラスだと


インプラスa


LIXILのデータだと
7℃も変わるみたいですし




最初に紹介した動画だと


インプラスb



なんと10℃も変わったそうです


こういう古い窓の家で
リビングがエアコンだけでは
20℃以上は上がらないとか



今が寒い家なら
効果は凄いと思いますが





先程の動画と同じように測定しても



我が家の場合は
内窓の有無で
2℃しか違いませんし



そもそも、去年までだって
「寒い」こともなく



快適に生活出来ていたので
効果は余り感じません



2℃違うので
窓際は差があると思いますが



普段の生活で
リビング、ダイニングにいて
そんな窓際に行かないので



単純に温度という面で
体感では
イマイチ効果が分かりません







・サーモスⅡ-Hからでは元は取れない(笑)



熱貫流率が
2.33から1.01と


数値はかなり良くなりましたが



元々エアコン1台で
暖かい家でしたから
リビングの体感は違わないんですが



当然数値が良くなったという事は
家の省エネ性能は上がるから
エアコンの消費量は減るので



去年と比較すると

インプラスc


・1月は3%減って

・2月は1%減ですね


それほど違いはありません・・・




インプラスの
カタログに載っている

インプラスd


「10年間で16万円もお得」ってのも


シミュレーションが
昭和55年規格なので


こちらもアルミサッシに3mmの
単板ガラスとの比較ですから


実際に我が家だと
そこまで減りませんね



電気料金は去年より
上がっているので


むしろ使用量は減りましたが
我が家も去年より高くなっています



「ただ、今年は寒かったよなぁ」

インプラスe


去年と今年の1月ですね
こちらの温度を比較すると



去年(2021年)1月の平均は

・最高平均気温 9.4℃

・最低平均気温 -1.4℃




今年(2022年)1月の平均は

・最高平均気温 8.9

・最低平均気温 -2.7


なので今年の方が
平均して2℃ほど低かったですね



平均気温だけでは
日射などは考慮されませんが


去年より寒かったのに
使用量が少ないので



やはり2℃違う分の効果は
あるみたいですが



今回、グリーンポイントの
補助金を引いても
全部で30万円掛かりましたから


元を取るには100年近く
掛かってしまいますね(笑)




施工した業者さんも
「サーモスにインプラス付けるの
初めてですよ(笑)」と言っていたので




SNSなんか見ると
低性能な窓扱いですが


インプラスf


高性能窓(笑)ですから



多分、ブログとかしてなければ
興味も出なかっただろうし
設置してないと思います






・暖房に余裕は出る



次は
良かった点ですが



まずLDKですが
体感の差はないとしても


窓際で2℃も違うと
メリットもあるのですが


これが、なかなか言葉で
説明が難しいのですけど


暖房と湿度に
余裕が出るんですね



一番寒い日で
たしかに暖房は使っているんですが


もうちょっと寒くなっても平気というか



この辺は他で例えると
高速道路を時速100kmで走って


・ミニバンの100kmと

・スポーツカーの100kmでは


どちらも100kmで走行出来ますけど



余裕が違うというか


去年までも
軽自動車の100kmってほど
余裕がない訳じゃなかったのですが


これがなかなか
説明が難しいんですよね(笑)




なので




高断熱住宅の広告って
ありえない前提の比較広告で


「元が取れるって言うんだなぁ」
思います


快適性は上がるんですけど
なんていうか上手く説明は出来ないんですが



やはり「余裕が出る」としか
説明のしようがないんですよね







・生活が雑でも大丈夫



実生活のメリットは
こちらの方が大きいかもしれませんが


去年までは
結露させないように


温度とか湿度の管理が
結構重要でしたが


その点が
雑でも大丈夫です




https://reogress.net/archives/31690902.html


かなり多湿にしても
結露しませんし



結露に関しては
カーテンをしても
しなくても変わりません



真冬の寒い時期で

9651be2b


湿度60%まで上げても
平気です



生活してると
「こりゃ壁だな」
って位に温度が変わらないので



温度や窓際の寒さも
カーテンの有無が関係ないから

インプラスg


朝起きたら
「カーテン閉めるの忘れてた」って
日もあります(笑)



去年まではそんな事無かったですが



カーテンを開けて寝ても
閉じて寝ても全く変わらないので
雑になりますね(笑)



なので寒さだけではなく
結露に悩んでいる人には
オススメです






・無暖房だと差が分かりやすい



リビングにしても
イマイチ差が分かりにくいのは


インプラスの有無に関係なく
エアコンで快適になるからですね





我が家のG1程度の性能でも


https://reogress.net/archives/31126493.html


エアコン1台で暖まりますし



部屋ごとにエアコンを
入れている訳ではないから
温度差も少ないし快適だと思っていますが




インプラスh


一番差が分かるのが
寝室ですね



こちらは寝る前までは
扉を開けてエアコンの暖気を入れてますが



寝る時は扉を閉めますから
無暖房です





そして無暖房の
寝室でも


インプラスi


最低気温が
氷点下でも
20℃を下回りません



21時に暖房をオフして
朝6時に起きるまでの温度変化が
2℃以内です



去年までは18℃位まで
下がりましたから



たった2℃の差と言っても



無暖房にして
18℃になるか20℃になるかって
結構、体感だと大きいんですよね




これはHEAT20の冬の最低室温ですが


インプラスj



実際に無暖房でも
ここまで低くはならないと思いますが


断熱等級4、G1、G2、G3と
ランクが1つ上がるのが
だいたい2℃の差なんですよね



なので
「わずか2℃」と思うか


「2℃も変わる」と思うかは
人それぞれですが




まあHEAT20なんて
気にする人は


「2℃の差は大きいだろう」
って思う人が多いでしょうけど



無暖房だとかなり差が分かるみたいで


リビングではエアコンもあるし内窓が
あってもなくても気づきませんが




無暖房の寝室だと
内窓開けて温度差の実験しようとしたら




妻から

1f3cebf1


「内窓開いている」
気が付いて実験中止になった位の差が出ます



特に寝室だと8畳で4人寝ますから
一番窓側の妻は差が分かりやすいのかも
しれません




なので
私の感想としては


2℃の差は大きいなって思います










・結局、予算次第です



まず、窓が昔の
アルミサッシで単板ガラスの家


これは光熱費で元が取れますし
7℃とか10℃変わるのであれば
絶対にした方がいいです


・快適になって

・光熱費も下がるので


しない理由がありません





後は最近の家で
温度は快適だけど
結露で悩んでいる方





同じサーモスでも
サーモスLは結露しやすいらしいですが



インプラスしたら
結露はまず出ないと思います



昔のアルミサッシでも
ほぼ出なくなるので



その点は

色々実験しましたが
「外窓は外じゃん」って状態なので
結露しませんね



この状態にするには
内窓の気密性能が大事なので
インプラスはオススメですが



ここを見て頂いている人は
ローコストを検討している人が多いですし



30万円って言えば
結構な金額ですから


まあ余裕が出来たらって位でしょうか



別にあっても無くても
快適に生活は出来るのは


実際に生活してるので分かりますが


今回インプラスを
取り付けた事により


高い樹脂窓を設置している人の
ワンランク上の快適性も分かりました



後は
インプラス付けた事で



ブログ記事が10個位は
書けましたし(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









コメントする

名前
 
  絵文字