住宅ローン

2019年02月26日





我が家の家の総予算は

5000-a


これに色々追加されて


詳細は過去記事




かかった費用は
外構費を抜くと
2,750万円ほどでした


土地代抜いたら
2,000万円ちょっとですので


まさにローコストって感じですが



土地と建物の合計金額の平均が
注文住宅の場合は


5000-b




首都圏で4,652万円

全国平均で3,955万円だそうです



一応山梨県も首都圏なのですが(笑)
土地代考えたら
全国平均の方が近いと思います




5000-c


たしかに売上を見ると

4,000万円位のメーカーが多く


もっと価格の高い
ヘーベルハウスが4位で


ローコストで一番有名な
タマホームで売上は10位なので


全国平均はそれくらいかなぁと
思います





・どうやって5,000万円の家を買うのか・・・


我が家は共働きで
世帯収入は800万円ほどです


山梨県だと
ちょうど平均位の世帯年収ですが



4,000万円とか5,000万円の家は
買えません・・・


ちなみに住宅ローン以外は
借金などはありませんが


ホームズの
年収別物件価格というのがあって

5000-c-2



一応我が家も
4,100万円の家が


普通なら無理せず買えるそうです


平均的な収入があって
何故平均的な家が買えないのか


買ったらどうなったか考えると・・・





・一応ローンは借りれますが


他の平均的な価格のメーカーと
話をしていた時に


この収入でも4,000万円とか普通に
借りれるそうなので




5,000万円の内

1,000万円が頭金
4,000万円をローンで考えると


私の契約時は
フラット35Sで最初の10年は
金利が0.8%ですので


これで4,000万円を借りた場合


5000-e

毎月 109,224円




10年経ったら
優遇金利が無くなって1.1%になるので


5000-f


毎月114,788円です







実際に今払っているのが

フラット35で2,106万円
アルヒフラットαで234万円



合計2,340万円借りていて


5000-g






フラット35の支払いが


5000-h


フラット35が毎月57,507円






5000-i


フラットαは8,428円ですが

こちらは繰上返済結構したため
残り11年で終わります


比較すると4,000万円借りたら
現状で43,000円以上支払いが増えます



毎月使う額は
家庭によって違うので


もちろん
「これくらいなら平気」って方もいますが



私はちょっと無理です・・・






・平均的な家が買えなかった理由



理論上ですが
平均的な収入があれば


平均的な家も買えそうですが


無理な理由は
年齢と子供です


家を購入したのが40歳ですから


35年間繰上返済しなければ
75歳までかかってしまいます


さすがに65歳までには
払い終えないと行けませんので


最低でも
10年間以上の繰上が必要です




さらに子供も40代で
2人生まれましたので



一番お金がかかる
大学生あたりで

親は定年ですので


繰上の貯金と
子供の貯金が必要ですから


家にかけれるお金が
そこまでありません



このように
収入は同じでも


使える額は
各家庭当然違うので


いくらまで借りれるか?ではなくて


いくらなら無理せず支払いが出来るかを考えて


さらに今は大丈夫でも
将来厳しくなるような予定(子供など)も
考えて購入した方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2019年02月06日






前回の記事のほぼ続きですが


前回記事はこちら



勤続年数は半年でも
結果的に問題無く


今は勤続年数を
考慮しない銀行も多いですが




実はレオハウスや、アルヒでも
これでローンが通らないかもって言われて


結果的に
某ハウスメーカーでは
審査に落ちた原因が



「免許証の再発行です」


免許所の末尾番号は
再発行の回数なのですが

パスポートa



通常は0ですが
再発行を1回すると1に
2回すると2になります


もちろん通常の免許の更新は関係無く
紛失などで再発行した回数なのですが


恐らく0が一番多くて
あっても1位だと思うのですが



実は私は
再発行を過去に4回してまして




その為に
免許証の番号の最後が4になっています



再発行が多いと
ローンが通らない理由は


「そんな大事なものを何回も無くすのは
信用ならない」って理由がひとつと



もう一つ

「この人免許証を悪用してない?」って事らしいです


もちろん悪用はしていませんし


単純に再発行を
本当に4回したのですが



まあ再発行したものは
違反の点数と違って消えませんので
(更新時でもそのままです)



※裏技として10回目の再発行は
0になるらしいですが


4回目の再発行時でも
かなり警察の方に注意されたので


そこまで再発行を
してくれないかも知れません








・結果的に通りましたが・・・さすが銀行マン



ぶっちゃけて言えば
ハウスメーカーも銀行の方も


住宅ローンに通って貰わないと
利益が出ませんので



銀行の担当者と話をした際に
ちゃんとした理由を添えますという事で



1回は財布ごと落とした
2回は財布を入れたカバンが盗難にあった
もう1回は車上荒らしにあった



これで通しましょうって
言われました(笑)


結果は銀行から
折り返しの連絡などが
来る事も無く



無事に審査を通りましたが





再発行を4回した本当の理由は


1回は本当に駅のトイレに忘れまして


もう1回は本当に
カバンごと盗難にあったのですが



後の2回は
写真の写りが悪かったので
気軽に再発行してしまいました


当時20代でローンとか
一切考えた事無かった時代の話ですが


免許証は気軽に
再発行しないようにしましょう







・1社だけ落ちた理由


前回記事で
4社受けて3社通ったと書きましたが


つまり1社だけ落ちました


こちらもフラット35でしたが
違うハウスメーカーからで
窓口は全宅住宅ローンという所です


パスポートb



そのハウスメーカーの営業さんは
「その免許証はちょっと・・・」という事で



レオハウスの担当者さんは
言い訳を考えてくれましたが(笑)


このハウスメーカーの営業さんは


「免許証じゃなくてパスポートにしましょう」
という事で・・・


未だに海外旅行に行った事もないので
わざわざパスポートを作りに行きました


パスポートc



せっかくなので10年間有効な
パスポートを作りましたが



営業さんから事前審査に
落ちたという連絡がありました







その後にレオハウスの営業さんと
アルヒの担当者さんに


この条件で落ちるなんてありえないので
まだ審査通してないかもって言われましたが




普通に考えて


4回再発行してるとはいえ
運転免許証と


1回も海外旅行に行った事のない
作ったばかりのパスポートなら


まだ免許証のが
信用出来ると思うのですが



パスポートd



パスポートには
発行年月日があるので


わざわざ住宅ローン用に
作成したのがすぐに分かりますし


この辺は田舎なので
そもそも免許証を持ってないと
怪しいと思われる地域ですし



過去に海外に行っていて
既にパスポートがあるならともかく


いきなり住宅ローン審査前に
パスポート作っても怪しすぎます・・・


という事で
結果的に落ちたという連絡を
営業さんから頂いたのですが


「落ちたので
次は〇〇の銀行にしましょう」
言われたのですが


この経緯以外にも色々あって

そのハウスメーカーさんは
お断りしたので


結果的に使いもしない
パスポート代が無駄になりました






・本当に審査をしたのかは謎のままです



事前審査に落ちた
全宅住宅ローンを申し込んだ
ハウスメーカーさんからは


・落ちたという書類も貰っていませんし

・全宅住宅ローンの担当者さんとも話をしていません


ハウスメーカーの営業さんから
口頭でダメでしたと言われただけなので


本当に通したかは謎のままですが


その時は
フラット35が希望でと伝えて


そこのメーカーでは
全宅住宅ローンでと言われたのですが



レオハウスの営業さんに言われたのが

落ちたって伝えて
もう一つの銀行に
融資させたいとかもありますし・・・
って言われました


結果的にアルヒのフラット35で
通りましたが


フラットの事前審査は
窓口独自なので結局謎なままですが


わざと落ちたと言って
営業さんが希望するとこに
申し込むなんてあるんですかねぇ・・・


と当時は驚きました


結果的に落ちたのは
ここだけだったので


本当に落ちたのか
書類も出ないそうなので
不明なままです



せっかく作ったパスポートなので
子供がもう少し大きくなったら


海外旅行に行かないと
もったいないですね(笑)



もし同じように
免許証の再発行が多い方がいましたら


パスポートが既にあって
海外旅行に行っている方ならいいですが


そうじゃなければ
盗難にあったなどの
理由で免許証で
申し込みした方がいいと思います



まあ今は住基カードがあるので
欠点は作成するのに時間はかかりますが


不安な点がある方は
前もって住基カード作っておくのも
オススメします



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2019年02月04日






先日の記事ですが
すまい給付金の事を書いたときに

ローンa


私の住宅ローンの事を
さらっと書いたのですが


↓こちらの記事ですが↓

ローンb





「転職して半年なのに
住宅ローン通ったんですか?」
などの


コメントやメールの問い合わせが
ありまして


中には
「どうやってローン通したんですか?」
という質問もあったのですが


普通に通りました

特に裏技的なのは使ってないですが
それでも気になる方が多いみたいなので


住宅ローンが通った経緯を書いていきます






・通らないとこもあるらしいですが・・・


私が今の会社に転職したのが
2015年の11月です


そして住宅ローンの事前審査が
2016年の6月なので


申し込み時の
会社の在籍期間は7ヶ月です


その1ヶ月後に本契約だったので
本契約時は
転職してからわずが8ヶ月になります


もちろんどのハウスメーカーにも
「私は転職して1年経ってません」と伝えましたので

最初から無理な銀行は
申し込みさせなかったのかもしれませんが


事前審査は4社受けて
3社通りました
(1社落ちたのは後は書きますが別の理由です)


審査が通った中の1社は
勤続1年以上と書いてありましたが
普通に通ってしまいました






・通った銀行


まずは事前審査と
本審査が通って実際に借りたのが


アルヒのフラット35です

ローンb-2


フラット35は
住宅金融支援機構から借りるのですが



住宅金融支援機構は
本審査のみしてますので


ローンc


色々な金融機関等が
窓口になってますが


事前審査は今回借りたアルヒ
楽天銀行住信SBIなどの
独自調査だけになります


ほとんどの金融機関が
フラット35が発表している
最低金利で貸してますが


手数料などは色々異なります



住宅金融支援機構は
事前審査は関与しないので


中には
「事前審査は通ったけど本審査は落ちた」という
ブログがありますが



審査に落ちてしまったら

買う方も売る方も
お互いデメリットしかないので
避けたいでしょうから


なるべく似たような
審査にはしてると思います



後、他のハウスメーカーですが
事前審査がみずほ銀行だったので


こちらは事前審査だけでしたが
問題無く通りました

ローンd


フラット35とみずほ銀行は
審査項目に「勤続期間」がありませんので


「まだ転職して1年経ってないんです」って
伝えた時には


「今は転職される方多いですから考慮してません」って
言われました







・問題無い転職と問題がある転職があるらしいです



申し込み時に
銀行の方と話しをしましたが


転職して勤続期間は関係ないが
どうして転職したかは考慮するそうです


そして


・同業他社へステップアップする転職
・子会社、グループ会社への異動の転職


こちらの場合は
勤続期間などは考慮しないそうです


ただ私の場合は

前職は宿泊業
今は産業廃棄物の処分業ですから


全くの異業種なのですが(笑)

上記2つとは別に


・収入アップなどステップアップが認められる転職


この場合も問題ないそうです


私の場合は
前職がサービス業ですから
給料が低すぎというのもありますが


今の会社の方が給料がいいので


銀行の方からも
「いい転職出来て良かったですねぇ」って言われました


後はサービス業だと
土日休めないですから


「子供が生まれたので
土日は休みたい」という理由もあったのですが


要は転職の理由が明確で
ステップアップの転職と思われれば
在籍期間は問題無いらしいです




転職してから1年未満だと
必要な書類が若干増えて


前職の源泉徴収票などの
年収が分かるもの


今の職場では
年収が確定していませんから
年収見込証明書

毎月の給与明細が必要ですから


どれ位給料が前職と
違うか分かってしまいます



なので
明確な理由があれば


私の場合は給与アップと
子供が生まれたので土日休みの職場という
理由があったので問題無しとされました









・勤続1年以上が条件の銀行も通りました


先程書いた

・みずほ銀行
・フラット35

この2つは条件に
勤続年数が無かったですが


もう1つの通った銀行は
勤続条件1年以上とあります


本来は落とさなければいけないのに
通ってしまったので


銀行名は書きませんが
山梨県で圧倒的なシェアを誇る
地方銀行です
(山梨に地銀は1つしか無いですが)



土地の決済とハウスメーカーの絡みで
申し込みする流れになったのですが


その時に
「転職して1年未満ですから落ちますよ」って言ったのですが

「大丈夫です」って回答されました


なぜ通るのか教えてくれないので
推測ですが


・土地の売主さんが
 その銀行と付き合いが深い


・今の会社の給料がその銀行に振り込みで
 会社のメイン銀行


・その為会社名を言えば
 「あーあそこ」って分かって貰える



などなどあったので
通ったのかなぁと思います






・その他営業さんに言われたダメな事



当たり前ですが

・過去にクレジットカートや携帯電話で
 滞納が無い事

・常識的なカードも枚数以上持ってたりする


不安でしたらCICと全銀協から
自分の個人情報を取る事が出来ます


ローンe







ローンf






自分の場合は
楽天カードしか持ってなく

カードも携帯電話も滞納はありません



・自動車ローン中

こちらも申込み時にローンは
携帯電話の2年分割代だけだったので
問題無かったです



この点は問題無かったのですが
実は一つだけ
「これはやばいかも」ってのがありまして


最初に4社中3社通ったと書きましたが
これが理由で1社だけ落ちたのですが


長くなったので
次回に続きます



↓↓次回記事↓↓


免許証の再発行のしすぎで住宅ローンが通らない?





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年12月24日





我が家の住宅ローンは
フラット35ですが


団信は
3大疾病タイプに入っています

生保a

今は(2017年10月以降~)団信に入る場合は


通常の団信で0.18%
3大疾病付は0.24%の
金利上乗せで入れますが


私が申込みをした時は
別途支払う形で


ちなみに次の団信で


3年目の支払いになりますが
年に1回払いで
11万円ほど支払います



団信で降りる金額は
住宅ローンが
チャラになるだけなので


住宅ローンの残高が毎年減るので


支払う団信も
毎年3,000円ほど下がっていきます



生保b

我が家の場合(2,104万円借入れ)ですが


20年目になれば
毎月5,000円で済みます





・生命保険は解約して大丈夫?


団信保険料は毎月に直すと
月10,000円近い金額なのですが


仮に私が死んだら


2,000万円以上の
支払いがチャラになるので


「これなら生命保険解約しても大丈夫かな?」って
話し合いをしましたが


住宅ローンがチャラになるだけで

家を売れば
ある程度のお金にはなりますが


家を売ってしまったら
次に住む所の家賃も出ますし


一度生命保険を解約したら

年齢的に再加入するのは
さらにお金もかかるので

解約は止めましたが


団信は毎月1万円の保険に新規加入するのと
同じようなものなので


ある程度の見直しをしました







・毎月保険に使える金額



まず平均的な生命保険の支払額は

生保c

男性の場合平均は
年間228,000円だそうです


なので毎月で計算すると
月19,000円です


年齢も40代だし
年収も丁度平均位なので


毎月2万円位が

無理の無い
保険に掛けれる金額だと思います



私も今までは生命保険に
毎月2万円ちょっと掛けてましたが


団信が月1万円なので


生命保険に掛けるお金も月1万円で
見直しをしました


生保d



ちなみに入っている会社は全労済です


見直した結果
生命保険と入院保険で毎月11,890円


年間にすると142,680円
団信が年間110,000円なので


合わせて252,680円


毎月あたりは21,056円と
平均より若干高いですが


まあどうにか支払える金額です








・仮に死んだ場合のシュミレーション



全労済の保険は


半分が死亡保障重視
もう半分が入院費、手術費用重視ですが


生保e



交通事故で亡くなった場合は2,000万円
病気で亡くなった場合は1,000万円入ります



これに会社の
福利厚生の保険で

働いている間は亡くなると
500万円入りますので



仮に私が死んだら


2,000万円分の家と
2,500万円(病死の場合は1,500万円)が入ります



これに子供が0歳と2歳なので
社保の遺族年金も毎月15万円は入るので


これだけあれば
子供が成人するまでは


問題無く生活出来ると思いますので


団信以外の保険は
毎月1万円位で充分だと思います






・長期入院で働けなくなった場合


計算すると困るのはこっちの方なので

いっそ私が亡くなるなら
ポックリいきたいのですが



フラット35が3大疾病タイプなので

ガン、脳卒中、心筋梗塞で倒れて
長期間働けなくなった場合は


住宅ローンは免除になります



そして入院費の保障が

生保f


3大疾病の場合は
入院費が日額10,000円


これに会社の福利厚生の保険で
5,000円あるので


日額15,000円になります


その後働けれるようになるまで回復すれば


住宅ローンの免除と
入院日額15,000円あるので


こちらも大丈夫かなと思います


他の病気で働けなくなった場合など
心配するとキリがないですが


確率論的に言えば
3大疾病を手厚くしておいた方が
いいかなと思います





・やはり生命保険は必要?



団信で住宅ローンが免除になるとはいえ


仮に売ってしまった場合は
住む場所を失うので


やはり生命保険は
別途必要かなと思います



家を買うと団信以外にも
固定資産税維持費などで
お金がかかるので


団信保険料も生命保険の一部と考えて
支払金額などの見直しをした方がいいと思います




勿論万が一の保障は多い方がいいのですが


保険の払い過ぎで生活が苦しくなったら
何のための保険か分からないので


もちろん収入次第ですが


団信分を保険の一部に組み込んで

今の生命保険の
見直しをするのはオススメです





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





2018年12月07日






そろそろこの家も
住んで丸2年が近くなってきたので



当然住宅ローンも2年近く
払っていますが



契約時や、その後でも
このブログで
固定金利の良さを書いていたのですが



・将来の支払金額が分かるので安全

・将来金利が上がった時にも無理なく払える


この辺りのメリットを言ってたのですが


~詳細は過去記事~







2018年12月現在ですが

変動1



「全然金利が上がる気配がありません」



もちろんまだ
33年も住宅ローンがあるので

10年後以降は全く分かりませんが



体感上ですが少なくとも2年は
金利は上がらない気がします・・・






・実際この2年でどれくらいの差が出たか



我が家の固定金利はフラット35で


変動2


フラット35Sの優遇で

・最初の10年間は0.8%
・11年目以降は1.1%です


当時の変動金利は
安いところで0.55%というのがあったので



借りた金額の約2,100万円で比較すると



まずは現在払っている

固定金利0.8%の支払いだと

変動a


毎月57,343円





当時の変動金利最安値0.55%の場合は


変動b


54,978円です



毎月の差が2,365円あるので
2年間の差は56,760円です



ここから2年間は
変動も上がらないと思うので
どんどん差は開きますね








・変動金利がここ2年間は上がらないと思う理由



プロの金融業の方でも
予想は外れるので


先の予想は難しいのですが


少なくともここ1~2年間は
金利が上がらないと思います


具体的には

まずは変動金利の場合
短期プライムレートが上がらないと

金利も上がりませんが


変動c


2009年から何も変わっていません



そして短期プライムレートが
動く要因は色々あるのですが


物凄い簡単に言うと

結局は
「景気が良くならないと上がりません」



住宅ローンの契約を結んだ時の
2016年末あたりは

アベノミクスとか言って

なんとなく景気が上向いて来た感があって


株価も上がって

政府もインフレ率2%目指すとか


ついにデフレの時代が終わって
インフレになるかなぁと思ったのですが


2018年現在ですが
インフレ率2%は絶対無理で


今のところはそこまで
景気が上がる気配がありません


景気も上がらず
インフレにもならない状況で

金利を上げる事はまず無いと思うので
暫くは変わらなそうです






・では今なら変動にする?



仮に新しく住宅ローンを契約するとして


当時と同じ金利だった場合
やはり私は固定金利を選びます


その理由は


・1~2年先は何となく分かっても
 10年先は絶対に分からない


・そもそも固定金利も凄く安い


この2点の理由です


今のところ毎月2,400円の差はありますが

金利が上がらない保険料として
納得して払っていきます


ただし貯金が凄くあって


10年以内に繰上返済で完済出来るのなら
変動金利を選ぶと思います


残念ながら私はそんな余裕がありませんので
10年、20年後も考えないといけないので


もう1回借りるとしても
固定金利を選びます





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング