住宅ローン

2018年08月10日


家を建ててから

同僚や友人に結構相談されました。


田舎なので

「結婚したから」

「子供が生まれたから」


などなど

家を買うのが当たり前みたいな
感じなのですが


建てる前は
色々理想を言って


ああいう家がいい、こういう家がいいとか
言うのですが



当然、夫婦で建てるなら
二人の意見だし


子供が大きいなら
子供の意見も入ってきます






・コツは絶対に譲れないものを挙げていく



幸い我が家で失敗したなぁと思ったのは


トイレのメーカー位で

打ち合せa

別に普通に使えますからいいですが
やはり流すボタンが欲しかった・・・



それ以外は全てにおいて
満足してますが


建てる側は素人なので



プロの設計士さんが

思ってもいなかった
アイデアを出したりします




打ち合せb

こちらが初めて貰った
レオハウスの間取りです

まだ土地も決まってない状態で

スキップフロアと全部LDK以外は
設計士さんにお任せで出してもらいました




打ち合せc

こちらが最終決定の間取りです
初回と全然違います



打ち合せしていくと
これ位は変わりますから


その時に

全部が「出来たら○○したいなぁ」位の考えだと



別の案を提案された時に

「その案もいいですね」と曖昧になり



結局どうしたかったのか分からなくなり

結局満足しなかったりしますので



「○○だけはダメとか」

「ここは絶対に○○にする」など



絶対に譲れないもの


ハウスメーカーと話す前に
紙にでも書いておいて


メーカーの間取り図や見積書に
貼っておくといいです



そうしないと
気が付いたら
予算の都合で無くなってた
とか


別のアイデアで
当初欲しいものが無くなってたとか


住み始めてから後悔する可能性が出ます





・私の絶対譲れなかった部分


①屋根は瓦にする

②吹き付け断熱にする

③1階は別室はいらなく全部LDK

④スキップフロアが欲しい

⑤リビング階段にしたい



これだけはメーカーを決める前から
決まっていました



5つ全部が「家買おうかな」の段階で
決まってた訳では無くて
(瓦とリビング階段だけは決まってましたが)



後は建売住宅を何件か見た後に


この5つだけは譲れないと
ハウスメーカーを見て歩きました






①と②は家の部材指定です


詳細は過去記事にありますが








長く家を持たすなら瓦しかありませんし


ローコストでも断熱、気密を取りたいなら
吹き付け断熱にするのが間違いないので


こちらは設計士さんや営業さんが
他の物を持ってきても
交渉の余地はありません




③④⑤に関しては


全部LDKでも
デザインは設計士さんによって違うし

当然スキップフロアもリビング階段も
違うので


色んなハウスメーカーを見ましたが


契約したレオハウスの間取りは
満足しています



「家を建てよう」と家族で決まった段階で

色々希望が出てくると思いますが

いくつかは

絶対○○したいという希望



例えば

断熱性が高い樹脂サッシのトリプルガラス

とか


子供が多いので
脱衣場は3畳以上

とか


妻の希望などで
キッチンは絶対トクラスでオープンキッチン


などなど


建築部材や設備の指定をしたり
譲れない間取りの条件を


あらかじめ予定してから
話し合った方がいいです





・全部は決めない


建築部材なら予算さえあれば
全部決めてもいいのですが



間取りは素人が考えたものだと

導線が悪かったり
風の通りが悪かったり




やはり設計士さんはプロですので

譲れない事だけは伝えて


間取りを作ってもらい
詳細を一緒に話し合わないと


実際に住み始めたら
住みにくい家になってしまいます




打ち合せd

窓一つとっても
風の通りを計算しますし




打ち合せe

実際生活したら導線が
どうなって、どうすれば動きやすいか
などを希望や家族構成、生活パターンを
考えて設計してくれます 


その為にも
設計士さんと
相性が悪いなぁと思ったら

そのメーカーは
契約しない方がいいですね





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング

2018年08月06日


フラット35
住宅ローンを申込む場合


住宅を検査して合格すれば
金利が割引になる制度がありますが


私がフラット35で借りてすぐに
新制度になって


甲府市a


・子育て支援型
・地域活性化型


このような割引が出来ました



私が本審査した際には
このような制度は無くて


本審査後の引き渡し前に
この制度になって

「こっちで借りた方が得かな」

など

色々検討しました





・フラット35Sは0.3%から0.25%へ・・・


私が申込みした時は


甲府市b

フラット35Sの金利Aプランは

10年間0.3%の割引でした


これが

・子育て支援型
・地域活性化型

この2つが出来た事で

0.3%から0.25%に下がり


その代わりに

子育て支援型も0.25%の金利が下がり

この2つは併用出来るので


最大0.5%も金利が下がります



甲府市c


子育て支援型は5年間ですが
併用すれば


5年目までは0.5%割引
6~10年目までは0.25%割引になるので


私が申込みした時は

10年間0.3%ですから

こちらの方が安くなります





・申し込み出来ませんでした


子育て支援型は


子育てをしている
若年層が対象という事で


子供は小さいけど
夫婦とも40代なので


とても若年層では無いですが




地方自治体と協力する割引で


家を建てる地方自治体によって
条件が違って


そもそも
家を建てる場所が対応してないと
割引にならないという事で


いつも赤字と広報に載っている
山梨県甲府市を調べると・・・


甲府市d



なんと甲府市も名前があります


隣に書いてある
「空き家改修助成金交付事業」が謎ですが


甲府市のサイトを見ると



甲府市e


フラット35の子育て支援に
申し込み出来る条件が



甲府の中心部で
空き家を購入した場合に限るというので


新築で建てる場合は
全部NGという事なので


どちらが得かと

検討をする
手間は無くなりました





・お金が無い自治体は対応してない?


隣の市だと
市内に中学生未満の子供がいる
家庭なら何でもOKという


条件が緩い地域も多いのですが


甲府市はお金無さそうなので・・・


出産の時も


同じ山梨県内の

北杜市だと


甲府市f


2人から50,000円のお祝い金で
4人目だとなんと500,000円です



東京に近い
上野原市だと


甲府市g



なんと1人目から支給されて

3人目以降から500,000円!


2人子供がいる
我が家でも150,000円は貰える計算です



一方の甲府市


甲府市h



絵本です・・・


しかも2歳差で生まれた
下の子にも
同じ絵本を贈呈されました


妻が「上の子と同じなんですが」
言ったら変えてくれましたが・・・



学校や職場の関係もあるので
なかなか難しいですが


どっちでもいいって時は


金利が5年間0.25%違うので
多少は考慮するといいと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2018年07月28日


何度か先送りしていた
消費税増税ですが


ニュースなどでしていますが
今回は先送りせず
決定みたいな流れですね・・・


2019年10月からなので
まだ1年以上ありますが


注文住宅の場合は

契約してから
引き渡しまで時間がかかるので
特別な措置があり

消費税a

2019年3月末までに契約していれば
引き渡しが10月過ぎても8%になります


2019年4月以降でも
引き渡しが10月末まででも
もちろん8%で大丈夫です





・私なら増税後に家を建てます


仕事や子供の都合が無くて

いつでも完成でいいのなら


まだ、駆け込み需要が無い今のうちか

増税間近になったら待って
増税してから建てます



①金額は変わらない

前回、前々回の消費増税の時にも
駆け込み需要が多く

増税後の反動で

前回が9%
前々回は15.6%も

前年比で落ちました

日用品や家電製品と違い


住宅は、それほど売れないけど
1つ売れれば利益が高い商品なので


当然、余りに売れなくなれば
値下げの余地はあります


土地代は消費税はかかりませんから

家の部分と手数料だけが消費税がかかるので

我が家だと2,000万円位なので


消費税8%だと160万円
消費税10%だと200万円

差は40万円ですから


キャンペーンや値引きで充分
引ける金額です


駆け込み需要で
お客様が多い時期は
当然値引きを頑張る必要もないので

お客が少ない時期に建てた方がいいです



それだけ利益率が高いって事ですが



②駆け込み需要で施工ミスが増える



当然お客が多くなれば
施工数も増えて

施工ミスなどが増える可能性が上がります


現場の大工さん以外でも
営業さんや工務さんも


普段より多く顧客をかかえるので
ミスも増える可能が上がります



③施工ミス以外でも理想の家が出来ない事も


私が契約した時は
レオハウスも暇そうでしたので

何回も打ち合わせが出来ましたが

当然忙しくなると

営業さんや設計士さんも時間に追われますので


普段なら出来る提案が出来なくなったり
打ち合わせが減る可能性も出てきます


また設備品も
受注が間に合わないという事も出て来ます


その際に
引き渡しを伸ばせなくなったら
違う設備を入れるしかないですし


キッチンやお風呂など
選べるメーカーも減る可能性が出て来ます




消費税b

暇な時期だったので
契約もせかされませんでしたし
工期も短かったです




①②③共通ですが


増税関係なく
忙しい時に家は建てない方がいいです



④すまい給付金は10%に対応済です


消費税c


すまい給付金ですが
私が契約した時は最大で30万円でしたが


10%に増税すると
最大50万円になります


こちらは収入に寄って
変わってくるので

全員が得する訳では無いですが・・・


消費税d

前にこちらでも書きましたが



こちらの年収は基礎控除と社会保険を控除した後の年収なので
年収650万円位までは補助金が貰えます

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年07月21日


ほとんどの人が

家を買う時に
住宅ローンで買いますが


その時に選ぶのが

固定金利と変動金利です


かなり悩む人も多いらしいですが


金利a


私は全期間固定金利で
(フラット35です)

「全然悩まなかったので」


どういう性格、収入の人が


固定金利、変動金利に
向いているか書いていきます






・3種類あります


1-全期間固定金利

フラット35や銀行でも
35年固定金利があります

借りた段階で
支払い総額が決定します



2-変動金利

文字通り金利が変わります

金利が上がったり下がったりしますので
支払総額も変わります



一応もうひとつ


3-当初固定金利

最初の5年や10年は固定
その後変動するというのもありますが


ちょっと計算すれば分かりますが

これだけは
絶対にオススメ出来ません


何もいいとこが無く
固定金利と変動金利の悪いとこだけ
組み合わせてます





・当初固定金利のダメなところ


まず全期間固定は35年間同じですから


仮に世間がインフレなどで
国債の金利が上がると


金利b

10年国債の推移です

これが上がると
固定金利(フラット35)の
住宅ローン金利も上がりますが


当然支払い金額は
変わりませんので

金利が上がる事になると
結果的に得します


逆に金利が下がったら
結果的には損します



※一般的にですが
 景気が良くなって物価が上がると
 金利は上がるので

 家と土地の価値は上がりますが
 固定は支払い金額が変わりませんので

 金利の上昇は得に
 金利の下落は損になります




変動金利はもちろん変動しますので

世間が景気が良くなれば金利が上がるので

支払金額も上がります


金利c


変動金利
短期プライムレートが上がると
金利も上がります


貸し手の銀行にとって


変動金利は
金利が上がったら
その分お客様の支払金額も上げれるので


その分のリスクを
借りる方が背負うので
固定と比べて金利が低いです




当初固定金利


変動金利よりは金利が高いのに
(最初だけ低かったりしますが)


5年や10年後の変動期間になったら
金利上昇のリスクを
支払う方が背負うという


何も良くない商品です


さらに変動金利
一気に金利が
上がらないルールがあるのですが

(5年毎に見直しや上限125%など)


当初固定金利には
そのようなルールはありません


最初の固定期間だけは
一番金利が低いので
「安そうですが」

変動期間になったら
通常の変動金利より高くなります





・どうして固定金利にしたのか


理由は4点あって


①金利は将来上がると思っているから


そして

②その金利が上がるリスクを背負いたくない


③変動との金利差が無い


あとは

④繰上返済しなくても大丈夫な金額だからです






①の金利が上がると思っているですが

金利f


10年前は約3%の金利だったので

10年後にまた3~4%になる可能性は
充分あります



そして
②の金利が上がるリスクですが


金利g




固定金利が1%
変動は0.5%で計算すると


固定だと毎月 56,457円

変動だと毎月 51,917円


固定金利の場合
毎月4,500円を変動より多く支払い


35年の総額だと
190万円多く払う事になりますが


毎月4,500円で

将来の金利が上がっても大丈夫な
保険を買っているのと同じです


いつ死ぬか分からないけど
生命保険をかけるのと同じで


いつ金利が上がるか分からないけど
4,500円払って保険を掛けてます


仮に10年前と同じように
金利が3~4%になった場合に


例として

10年後に金利が上がって

10年間は0.5%
残り25年は2%と計算すると


金利h


変動金利の方が支払が増えて
総利息は455万円と


固定金利よりも
114万円も増えてしまいます



このような金利が上がった時の

「保険」を若干高い金利で買っています




次に理由③の
変動金利との差ですが


変動金利はここ8年位
かなり低いままで変わってなくて

金利d


銀行もこれ以上低くすると
利益が出ないかと思いますが


その間に
固定金利はどんどん下がって


金利e


昔は固定と変動は
1.5%~2%の差がありましたが


今は0.5%位しか差がありません



固定金利=10年国債

変動金利=短期プライムレート


この金利によって動くのですが
すでに変動はかなり前から最安値なので
動いていません






・なら変動金利は、どういう人が向いているか


同じ時期に借りたら
当然固定よりも変動金利の方が安いので


変動金利が向いている人は

「10年以内には繰上返済で終わる人」

または

「繰上返済しようと思えばすぐ終わる資金がある人」です



幸い先進国なので

いきなり来月から数%上がるなんて事は
無いと思いますし



変動金利も

「5年ごとに見直し」

「制限125%」

などのルールがあるので


金利が上がるとしても
一気には上がりませんし



10年間は住宅ローン減税もあるので

「別に払おうと思えば払える」

「金利が上がったら全額繰上しちゃう」


みたいな余裕のある方
当然変動金利のがお得です





・絶対にダメなパターン


建築予算が当初より上がって

「これでは支払いがキツイ」という時に



「変動なら毎月これ位ですよ」

「どうせ金利なんて上がりませんよ」


など、営業さんに言われて

固定金利だと厳しいけど
変動の低い金利ならどうにか・・と


無理に契約すると

金利が上がったら

「終わります・・・」


なので、払いきれる自信がある方でも


固定金利で計算しても
全く問題ない金額で契約した方がいいです


全く問題ない金額なら


利息は減るので余裕があれば
繰上返済してもいいですが


別に無理に繰上返済する必要もないですし



固定なら金利が上がりませんので


お金持ちは変動金利
普通の人は固定金利がオススメです
(なので我が家は固定です





・銀行の全期間固定金利はダメです


フラット35住宅金融支援機構が運営しており


元は住宅金融公庫


要は国が


庶民でも家が買えるように

全期間固定の割りに安い金利で運営してます




固定金利の場合、
10年国債の金利が上がったら

貸し手が損しますので


民間企業である銀行は

そこまでリスクは取れませんので
フラットに比べると金利が高いです


またフラット35だと

金利i

フラット35Sという10年間は
さらに金利が下がる制度もあって


金利j


今どきの普通の住宅なら取れますが
(我が家も35Sです)


これが取れないような家は
性能がかなり良くないので

最低限の家の性能もあるという保証にもなります



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


2018年07月18日


昨日書いた記事





こちらで東京の
土地代が高すぎる記事を書いて



じゃあ都内で働きながら
山梨に住めば


都内で高賃金のまま

土地代は安いという
恩恵が受けれるのですが



実際通えるかと言うと



私の妻は
結婚前は山梨から東京まで
毎日通ってたので


場所によっては
割と現実的です


遠距離a

この地図の右側が東京都です


妻の実家が大月市で
そこから立川市まで通勤してましたが


遠距離b

途中乗り換えの時間も含んで
55分です


時間に寄っては
通勤快速あるので

さらに短縮出来ます




遠距離c
交通費を全額出してくれる会社なら
特急利用すると44分です


この位なら
充分通勤出来るんじゃないでしょうか?






・甲府からは余り現実的では無いですが・・・


都内JRの近郊路線図ですが


遠距離d


中央線の快速電車は
東京~大月までなので


甲府からだと中央線の
オレンジの電車は無くて


普通電車で高尾で乗り換えか
特急で行くしかありませんが



特急を使っても
新宿まで1時間30分かかってしまいます



妻が住んでいた大月市だと

新宿までなら

特急なら新宿まで1時間
快速でも1時間30分なので


このあたりが現実的なギリギリですね


東京と隣接してるといっても
高尾、八王子側ですので


東京駅まで行くとなると

甲府からなら2時間近くかかりますが


新宿よりも西側が勤務先なら

「圧倒的な地価の安さ」もあるので

案外いいのではないでしょうか?


ちなみに妻も結婚して
甲府からは通えないので


甲府にも支社がある会社なので
異動しました






・バブルの象徴?コモアしおつとパストラルびゅう桂台


「あの建物はなんだ」
旅行や鉄道系ブログで有名な


遠距離e


駅直結のコモアしおつです

この斜行エレベーターで上に行くと


遠距離f

こんな感じでニュータウンがあります


エレベーターで駅から5分です







遠距離g

こちらは
パストラルびゅう桂台です


こちらは斜行エレベーターでは無く
モノレールだったのですが


故障の為廃止になって


今は地下道から
エレベーターで上に行きます



この2つともバブル時代
ここから都心へ通勤しましょうという売りでした


ネットだと
バブルの象徴や
バブル崩壊後全然売れてないみたいな
書きこみもありますが



バブル崩壊後も
割としっかり運営されていて


妻の友人なども
ちょっと前に桂台で家を建てたりしていて

普通に便利に暮らせます




桂台は大月から
1つ東京寄りの猿橋駅


コモアしおつは
4つ東京寄りの四方津(しおつ)駅なので


通勤は新宿まで快速使って
1時間15分位ですので


ちょっと大変ですが通勤は可能です



東京どころか静岡の友人ですら
「何もない」と言われる甲府の私が


「何もない」って言う位ですので


何もないんですが・・・


八王子や立川なら
割とすぐ行けます






・土地代はいくら



大月駅から1つ東京寄りの
猿橋駅直結の

パストラルびゅう桂台の土地代は

遠距離h

59坪で520万円なので
坪単価 89,000円からです




さらに3つ東京寄りに進んだ

四方津駅直結の
コモアしおつは

遠距離i

坪単価135,000円と


東京に比べると
かなり安い土地代です




四方津駅から4つ進むと

東京都内に入って

高尾駅になるのですが


遠距離j

都内に入ると

駅から徒歩15分でも

坪単価が3倍近い

坪389,000円になり



遠距離k


八王子まで来ると

徒歩11分ですが

坪58万円と
かなりの金額になります


ここから先は
どんどん23区に近づくにつれて
高くなっていきますが


この辺で考えてる人は
是非山梨に移住してはどうでしょうか?


ちょっと遠いですが