バルコニー

2020年04月17日






最近は
雨漏りしやすいからと


バルコニーを設置しなかったり
する人が多いですけど



使わないなら
無くても問題ないですから




生活スタイルによっては
バルコニーが要らない人もいますけど



あれば便利って人でも
「雨漏りするんで設置しない方がいい」って
理由だけなら


ちゃんとメンテナンスすれば
そこまで高い費用でも無いですし



メンテナンス期間も
それほど頻繁でもありません
(5年に1回で充分です)




そもそも
ちゃんと雨漏りせず施工して


適切なメンテナンスを
教えるのが



ハウスメーカーなり
工務店の仕事だと思いますが・・・


FRP防水a


我が家には若干大きくバルコニーを
作りました





FRP防水b


2部屋分あって
片方は完全なインナーバルコニーです


もう片方は
雨が降ったら濡れるし
日も当たる普通のバルコニーです



部屋干しするし
使い道が無いって人は
無理に作る必要はないと思います




我が家の場合は


・洗濯物は外で干したい

・でも庭に干すと泥棒の可能性も・・・

・リビングから洗濯物が見えると癒されない・・・

・室内干しは夏の湿度調整が大変・・・

・田舎なので排気ガスとかは問題ない

・花粉症も誰もいない

・犬がいたので遊び場にしたい

・妻がハンモック買って本読みたい

・寝室を見ながらベンチ置いて休めるので
 子供が小さい時は便利

・喫煙所


などなどの理由で
ベランダを作りました





・ウレタン、FRP、金属など、どれもメリット、デメリットがあります




今の新築建物でしたら


FRP防水が一番多く
次がウレタン防水


金属防水はちょっと値段が高いので
その後って感じですが


仕事で解体する昔の建物だと
シート防水といって


名前の通り
防水シートを継ぎ目無く
貼っていく施工が一番多かったです


シート防水も
今は進化していて


私が解体するような
昔の建物だと


ゴムシートだったり
屋根の防水シートと同じ
アスファルトシートだったりしますが



こちらは今はほとんどないですが


FRP防水c


ヘーベルハウスなどでは
塩ビシート防水が標準になっています。


あの高いヘーベルで
標準ですから
ちゃんと施工すれば
シート工法でも問題ないですが



一番職人の差が出やすいですね
(ローコストの短工期だと危険かもしれません




・今は少数派なウレタン防水


FRPが普及する前は
一般的だった



ウレタン防水です

FRP防水d




ウレタン防水も
FRP防水も


上からトップコートで塗装するので
見た目は変わりませんが



FRP防水の方が
耐久性が高いので


今は少数派になりましたが


FRP防水に比べて
素材が柔らかいので


追従性あるので
地震に強く


木材の収縮にも
FRPより強いですから


屋上施工など広い面積には
FRP防水より適しています



料金は
FRP防水より若干安いですが
防水性能と耐久性能は若干落ちます





・一番シェアが多いFRP防水



我が家のベランダもFRP防水です




そもそもFRPは

FRP防水e


浴槽、ヨットなどに使う素材ですから
水には非常に強い素材ですし


耐久性もウレタンよりあります


硬いし金属じゃないので
腐食しない便利な素材ですが



硬すぎるので
追従性がウレタンより無いです


その為に地震や木材の収縮には
若干不利なので


面積が大きい屋上施工などには
若干不向きです


もちろん震度4,5程度の地震で
すぐダメになるような素材なら
日本では使えませんが


震度6や7の地震の後は
点検した方がいいと思います




まあ震度6や7ならベランダ以外も
家を全部点検した方がいいですが・・・

FRP防水f

最近は我が家も付いていますが


制震ダンパーがあると
揺れをある程度抑えられますから
心配なら付けた方がいいと思います


ウレタン防水もFRP防水も
上にトップコートを施工して



こちらは5年に一度再塗装が
必要です



これを怠ると
トップコートは10年放っておいたら
日射があたる所だと
結構劣化しますので


必ずメンテナンスが必要です


FRP防水g

我が家の保証書も
FRP防水は10年保証ですが


5年ごとにトップコートを
再塗装して下さいと記載があります





トップコートだけなら
費用は安いですし
DIYでも出来ますので


工務さんなども
必ず説明して欲しいですが


何も知らないまま
何もしないで10年以上経過したって人も
多いですね・・・



DIYなら材料全部揃えて1万円ほど
業者に頼む場合は4~5万円かかります










・一番楽だけど一番高い金属防水



スカイプロムナードが有名な
金属防水です

FRP防水h



ローコスト住宅でも
タマホームの大安心の家なら
標準で施工されます



ウレタン、FRPに比べると長持ちですが


FRP防水i


実は2種類あって


安い方は10年保証ですから


「メンテナンスとかしたくない」って人は
30年保証のステンレスを選んだ方がいいです


ステンレスなら
30年間再塗装も必要なしなので



ベランダを庭園にしたいなど
色々と用途がある場合はオススメですね



再塗装が必要な場合は
一度全部ベランダの物を
片付けないといけませんから



逆に安い方だと
FRP防水と変わらない10年保証ですし




金属防水のデメリットとして

・夏場はとんでもなく暑い
・雨の日はうるさいと

ガルバ屋根と同じデメリットがあります



後は継ぎ目が出るので
上手に施工されないと


雨漏りの原因にはなります


なので
金属防水のメリットを充分受けれる
30年保証の方がいいですね





・どの防水でも雨漏りの一番の原因は違う所


仕事上塗装屋さんとも
色々付き合いがありますが


どの防水施工でも



一番雨漏りの原因で多いのが
排水管の詰まりが原因です

FRP防水j

この部分に葉っぱやゴミなどが
たまるので


せめて3ヶ月に1度くらいは
ゴミを取り除いて
水を流しましょう



土地的に
たくさん葉っぱが落ちるなら
もっと掃除した方がいいですが・・・


見えてないゴミが
溜まっている可能性もあるので


強い雨の日に
ちゃんと流れているか
確認したり



定期的に水を流したりして
確認した方がいいです


FRP防水k


我が家の保証書にも
掃除してと記載がありますし



FRP防水L

ノーメンテの金属防水でも
排水溝の掃除は必須です



排水溝が流れないと
ずっと水が溜まってしまうので



雨漏りの一番の原因は
施工の問題よりも排水の詰まりですから






もし流れが既に悪いようなら
これなら1,500円程度で購入出来ますし
簡単にゴミが取れます



塗装も排水も
悪化してから直すと
高くつくので



どの施工でも
定期的なメンテナンスは
必要ですね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2020年01月26日






バルコニーがある家だと
特に考えずに


2階のエアコン室外機を
バルコニーに設置する方がいると思いますが



ハッキリ言って良くないです・・・




数少ないメリットの見返りに
かなりのデメリットがあります・・・

室外機a



我が家は2階のエアコンは
まだ夫婦の寝室しか設置していませんが
室外機は1階に設置しています



室外機b



こんな感じでまっすぐ下に
配管を降ろしています





・バルコニーに室外機を置くとどうなるか・・・



一番のデメリットは

室外機c


ここに設置すると
バルコニーのメンテナンス時に
室外機を一度外さないとなりません




我が家は普通のFRP防水なので


室外機d


5~6年に1回のスパンで
トップコートの再塗装をします




これを怠ると
10年から15年位で
FRPの防水層まで傷が入るので
メンナンス費用が高額になりますから



5~6年に1回は
トップコートを再塗装した方がいいです



これさえれば
FRP防水層

15年程度は持ちますから

(大きな地震などなければ


この時に初めて
FRP防水層の再補修をすればいいので



トップコートの
再塗装はそれほどお金もかかりませんし



業者に頼らず自分で
DIYも出来ますが
(材料費だけなら1万円かかりません)


もしここに
室外機が置いてあったら


室外機の配管業者を呼んで
一度外して貰わないと
再塗装が出来ないので



手間もお金もかかってしまいます



もし位置的に
どうしても室外機がベランダ設置になるなら



将来持ち上げられるように
配管を1メートルほど余裕を持って



室外機裏に隠すように
施工して貰ったほうが
将来のメンテナンス費用が減ります

室外機e



配管に余裕が全然無い場合は
持ち上げる事すら不可能になる事があります





・基本は全部1階に置くようにする




1階のエアコンは
当然室外機も1階に置くと思います

室外機f

こちらは1階リビングエアコンの
室外機です



子供が小さいので
指を間違って入れないように
色々対策しています









そして2階にある
寝室のエアコンは

室外機g

ここに設置していて
配管はそのまま1階まで
降ろすように施工しています


2階にあるエアコンで
室外機は1階に設置すると


配管が長くなるので
2万円程の追加料金がかかりますが



バルコニーのメンテナンス以外にも

寝る時の騒音の問題もありますし


バルコニーは洗濯物を干すのがメインですから
南側の直射日光が当たる場合が多いので


1階に設置する費用で
2万円ほど掛かっても


絶対に1階に設置した方がいいです





将来子供部屋になる予定の部屋は
まだエアコンは設置していませんが

室外機h

ここに設置する予定です



間取り図だと窓がありますが
天井まで窓ではないので

室外機i

取り付ける場所の確保は
問題ありません



我が家の間取り図にはないですが


設計士さんが
「なんとなく」
エアコンや室外機まで書く場合もありますが


バルコニーに室外機を書いたからといって
そこに置いたらダメですし


また置く必要も
ありません


まあ間取り上
1階に設置出来ない
可能性もありますので


最初から全部屋の室外機を
1階に置けるように
設計した方がいいです



2階から1階にストレートで伸ばしても
4mほどですから


10m離すと
フロンガスを追加しても
エアコン性能が1割ほど落ちてしまうので


なるべくまっすぐ設置出来るように
間取りを考えた方がいいと思います










・どうしても設置場所が無い場合・・・



既にバルコニーに設置前提で
建ててしまった場合は

室外機i-2

こんな感じの壁掛けする方法もありますし
(見た目は悪いのでオススメ出来ませんが・・・)




我が家は田舎なので

室外機i-3

土地から建物の距離は
左側だけ隣家があるので150cm


奥は100cmで
右側はたくさんありますが


都会の家だと建築基準法の最低ラインの
50cmって事も多いですから


1階に置いたら
隣家のクレームが・・・
なんて場合もありますが


家電量販店ではなく
ちゃんとした業者なら


配管は10mほどでしたら
伸ばせますので


正直な所
取り付け工事費が安い以外に



バルコニーに室外機を置く
メリットって無いですし


その割りにデメリットも
多いので


1階直置きで
設置するのがいいと思います






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング










2019年06月07日





最近はバルコニーやベランダが
無い家が多いらしいです


一方我が家の場合は

ベランダa

むしろ標準より大きく
ベランダを作りました



1部屋分だけベランダが
あるという作りも多いですが

ベランダb

我が家は2部屋分あって
半分はインナーバルコニーになっています


ベランダに関しては
妻も私も意見が一致して


絶対にベランダは必要
出来れば大きく取りたいと
思っていたのですが


ベランダなんて無くてもいいって
意見も多いので



我が家はどうして
ベランダが欲しいかと思ったのか
書いていきます




・一番のメインは洗濯と布団干しです


基本毎日洗濯はしていますし
布団も干します


ベッドなので敷布団は無く
マットレスですけど


掛け布団は干しますし


ベランダc

リビングに置いてある
子供が昼寝する布団もあるし



保育園に持って行ってる
お昼寝用布団も
休日は干します



ベランダd

1階の庭に干せばいいってて方もいますが



庭にたくさん干していると
子供を遊ばせるスペースが減りますし


ベランダe

我が家も子供と遊んでるついでに
リビングにある
子供用布団位は庭に干しますが


リビングでくつろいている時に
洗濯物があると景観が良くないですし



妻もいますし
まだ小さいですが女の子もいますから
1階だと下着泥棒が出る可能性もあります



まだ子供はオムツですけど
もうちょっとしたら
オネショもする年齢なので


寝室からそのまま
干せるベランダは大変便利です



ベランダ1

我が家の場合はリビング階段ですし


間取り的に
1階の庭に干すより
2階のベランダに干した方が楽ですし



d58ffdcf


~過去記事~
安全に登れる階段の高さと段数にこだわる
http://reogress.net/archives/10072027.html



階段の段差を低く作ったので
そもそも2階に行くのが
大変というのがありません


室内に干せばいいんじゃない?って案もありますが


我が家もそうですが
今の高断熱高気密の家って


家の中は基本乾燥してますので
(特に冬場の乾燥は凄いです・・・)


少しだけの洗濯物などは
リビングに置いておけば
パリっと乾くんですが




もしフリースペースなどを作って
室内干しにした場合



ベランダf


室内干しすると
部屋のダニの量が
倍以上になるらしく・・・



衛生面を考えても
小さい子供がいる家庭は特に
室内ではなく外で干したいです



色々なハウスメーカーや工務店も
建てた後の健康までは
心配してくれませんので・・・



夫婦と子供2人の洗濯物を
室内に干すスペースも無いですしね






・窓の掃除が楽です


これは毎日はしませんが
バルコニーがあると


寝室と子供部屋の
窓の掃除が簡単に出来ます

ベランダg


ベランダから高圧洗浄機で
ベランダと窓の清掃は同時に出来ます


ベランダが無いと
当然外側に立てませんから


簡単には窓の掃除は
出来ないと思います


もちろん窓掃除が楽な分
ベランダの掃除という
手間がかかる作業はありますが


ベランダだと高圧洗浄機さえあれば
排水出来ますから


掃除も楽に出来ます








・開放感があります


C値0.1の違いにこだわる家だと
逆にデメリットかもしれませんが


ベランダh

我が家は寝室も子供部屋も
掃き出し窓ですが


ベランダが無ければ当然
窓は腰高窓になります



ベランダi

こちらは我が家がお気に入りの
河口湖のホテルです



ベランダj

ペットOKのホテルなので
お気に入りです



朝起きてカーテン開けて
掃き出し窓の方が
開放感が出ます


ベランダを作ったら
当然ベランダに出れるように
掃き出し窓になりますから


窓が小さい方が
高断熱、高気密には有利なので


開放感を選ぶか
性能を選ぶかは


人それぞれだとは思いますが
私は開放感を選びました


寝室と子供部屋の2つを
掃き出し窓から腰高窓にしても


凄い数値が変わる訳でもないですし


子供も朝は鳥とか
太陽見て喜ぶ年齢ですし


夜も月とか
星とか見て喜んでます





・その他の個人的メリット


元々夫婦とも
大きいバルコニーで
くつろぎたいってのが
あるのですが



家を経ててから
妻がずっと言ってる事の一つに



ずっとハンモックをベランダに置きたいと
言っています


まだ子供が小さいので危険ですから
後2年位は買いませんが


将来はハンモック買って
ゆっくりしたいそうですし


私は喫煙しますが
子供がいますので


家で吸えるのはベランダのみなので
ベランダが無いと困ります





・いざという時に屋根に登れます


危険を伴うので
専門業者を毎回呼んでもいいんですが


ベランダがあると簡単に
屋根に登れます
(ハシゴと安全靴があれば)


今は平気ですが
数年たって雨樋の詰まりとかあった場合に


業者を呼ぶとお金かかりますけど
これくらいなら自分で出来ますし


屋根の施工も自分で確認出来ます




後は建てた土地は大丈夫ですが

661e4f1a

我が家はハザードマップで50cmなので
ここに数メートルの浸水は来ないと思いますが


洪水の時に屋根に登れると
5メートルの浸水でも命は助かります






・メンテナンスは割と簡単ですし自分で出来ます


我が家もそうですが
ベランダはFRP防水が多いです



こちらは10年ほどで劣化するので
メンテナンスしないと
雨漏りの原因になるのですが


ベランダk

このグレーがFRPって訳ではなく





トップコートというものを
防水層の上に塗ってあるので



FRPがダメになる前
家を建てた後5~6年なら
まず問題ないので


このトップコートを塗れば
大丈夫です


これなら簡単ですので
自分で出来ますし
費用も1万円かかりません


我が家もそうですけど
10年保証があるので



10年未満なら直して貰えますが
何もしないで11年目に剥がれて
雨漏りって可能性もあるので


5~6年ごとに
トップコートだけ塗った方が
長期的に考えても


楽ですしオススメです




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2018年08月03日





完成して
1年半が過ぎて
久々に

「失敗したと思った所」が増えました


我が家のバルコニーは
2間続きになっていて

バルコニーa

このように半分は
インナーバルコニーにしたので


雨の日も全く濡れずに
洗濯物が干せます



バルコニーb

インナーバルコニーの方は
面積は狭いですが
軒は長いです




バルコニーc

インナーバルコニーの方は
普通の1尺(91cm)なので
若干狭いですが


雨が降りそうかなって
時は大変便利です




バルコニーd

バルコニーのもう半分は
倍の182cmにしたので
テーブルなども置けます





・インナーバルコニーは汚れやすい


メリットと言うと
急な雨でも洗濯物が濡れないので


共働きの我が家では
大変ありがたいのですが


当然雨でも濡れないので


砂ぼこりなどがそのまま
溜まってしまいます




・掃除まで考えていませんでした・・・


ベランダの床(普通のFRPです)以外にも
サイディング壁も内側は濡れませんので


バルコニーe
雨で汚れを落とすという機能は
使えません


マメに水洗いすれば
砂ぼこりだけですので

すぐ落ちると思いますが



我が家は
2階で水道と言うと
トイレしかなく


トイレもタンクレスでは無いので
手洗い器などは設置していません


その為水道を取るには

バルコニーf

ここの水道を使うしかないので


①まずバルコニーから紐をたらす

②庭に出てホースを紐に括り付ける

③バルコニーに戻ってホースを引っ張る

④また庭に出て水道を出す

このように何度も往復しないと
水洗いが出来ないので


なかなか掃除する
回数も減ってしまい


結構汚れもたまって



バルコニーg

ただ水を撒く位では
落ちない汚れも出て来ました





・安い高圧洗浄機を購入しました


ジャパネットでケルヒャーでも
買おうかなぁと思ったのですが


外壁はまだ新しく汚れてないし

他に余り使い道無いので


デッキブラシで擦って
水道で流してもいいかなぁと

色々思っていたところ


バルコニーh

ホームセンター(ケーヨーD2)で
7,980円の高圧洗浄機を発見しました


ケーヨーD2オリジナルの
WM-10KDという商品で



バルコニーi

7,980円なのに
通常ホース3Mと延長ホース10M
合わせて13Mまで伸ばせるので


我が家みたいに水道が近くになくても
大丈夫です



バルコニーj

色もケルヒャーっぽいです


吐出圧力が6.5MPaという事で

ケルヒャーだと
一番安いのでも8MPaあるらしく

まあ値段なりです








・手間は変わりません・・・


普通のホースから
高圧洗浄機になっても


①まずバルコニーから紐をたらす

②庭に出てホースを紐に括り付ける

③バルコニーに戻ってホースを引っ張る

④また庭に出てスイッチを押す



こんな感じで手間は変わりませんが


ただ水を撒いただけだと

バルコニーg

こんなですが



高圧洗浄機にすると

バルコニーk

簡単に汚れが落ちます


砂ぼこりは取れて
サイディングの模様が
反射する位綺麗にはなりました


1年半住んでるので
新築と同じようにとはいきませんが


重曹を撒いて15分放置すると
汚れが浮いてくるみたいなので


気になる所は
重曹まいてデッキブラシで擦って


仕上げに高圧洗浄機をすれば

かなり引渡し時に近くなると思います





・インナーバルコニーを検討してる方へ


インナーじゃなくても
ベランダは割と砂ぼこりなどの
汚れが溜まりますが


インナーバルコニーは特に
雨に濡れないので汚れが溜まります


なので
2階のベランダにも
水道欲しかったと掃除の度に思うので


検討してる方は
予算さえ合えば
水道を付けるのをオススメします


結構お金かかりそうなので
余裕があればですけど


1階の水道から
持ってくるのは大変です





バルコニーl

サイディング部分だけなら

高圧洗浄機もいらず

普通のホースで
水を撒くだけで

かなり綺麗になります





・ところで高圧洗浄機ですが・・・


13Mホースにノズルも2種類付いて

さらに
洗剤を入れるノズルなど

ジャパネット並みに
色々付いて

7,980円ですので

そこまで期待はしていませんでしたが


バルコニーも
「まあこんなもんかな・・・」位の
落ち方でしたが・・・



バルコニーm

玄関タイルも
掃除したのですが

数か所汚れが残ります


吐出圧力が6.5MPaだと
こんなものですので


余裕が出来たら
ケルヒャーの強いのに




2018年05月22日




web内覧会も7回目で
やっと2階になりました

今回は2階の
夫婦の寝室とベランダを紹介します




・まずは2階の間取りです

寝室a

吹き抜け部分を廊下で囲むように
なっていて


よくモデルルームなどでも
採用してある
2階のホールなどはありません


2階ホールの役目は
スキップフロアがしてくれるので
必要は無いと思いました
(スペースも無いですが)


2階は3部屋あって

・8畳+ウォークインクローゼット

・6畳

・5.25畳


このような大きさになって


一番大きいのが夫婦の寝室です


まあ2人分なので
一番大きくてもいいんじゃないかと




・寝室とクローゼットです

寝室b

詳細は



こちらに書きましたが
8畳の部屋に
セミダブルベッドを2つ並べています


これに妻の化粧台
犬の部屋もあるので


8畳でも
それほど余裕がある大きさでは
ありません


ベッドc

寝室なんて

ほとんどをベッドの上で過ごすので
周りは狭くても
ベッドが大きい方がいいです


というのを東京インテリアの
店員さんに言われて
セミダブル2つにしましたが


ベッド大きくして良かったです


寝室の右側に
ウォークインクローゼット
あります

寝室c



寝室d


奥が妻用で
手前が私用になっているので
パイプの高さを変えて貰いました







・地味にこだわったバルコニーです

寝室e


ベランダは夫婦の寝室から
隣の子供部屋まで続いて作ってます


間取り図だと
点線がありますが
繋がっています


住んでたアパートの
ベランダが凄い広くて

通常よくある片方だけの
ベランダだと狭いという事で


2階の南側全部を
全面バルコニーにしました


その為に
物干し金物が2組必要なので
1つはオプションになりました

オプションb


普通に使っても
金物1組で2つは
物干し竿が問題なく使えるので

全部で4本は使えます



室内で干せる商品も
結構ありましたが

やはり外で干したいという事で
1つはインナーバルコニーにして


雨降りそうって時でも
外で干せるようにしました


寝室f

こちらがインナーバルコニーの方です
軒がこれ以上出せないので
スペースは狭いですが


通常の雨でしたら
全く濡れないので


雨が降りそうって時でも
外に干して出掛けられます





寝室g

こちらがもう半分の
バルコニーです



こちらは広く取ってるので
将来は色々出来そうですが


今は子供が小さいので
バルコニーで遊ぶのを覚えちゃうと
危険なので
洗濯物を干す以外はしていませんが


将来は
ここに椅子とテーブル用意して
ゆっくりしたいです




・1年使った感想


ベランダはやはり
2部屋分取って
良かったです


子供の物は
子供部屋から干せますし


夫婦と子供の布団も
一緒に干せるので良かったです



寝室に関しては
2人目が生まれたので

ベッドはまだ買わずに