ハウスメーカー

2019年04月22日






省エネ基準の義務化が延長された件で
色々理由はあると思いますが


一番の原因が


工務店a



そもそもエネルギー計算出来る
工務店が半分しかないという事です




工務店b


こちらは国交省のpdfからです


いくら安いからと言っても
このような工務店で家を建てたら
下手したら10年~20年前の基準の家が
建ってしまうかもしれません・・・





・エネルギー計算とは


工務店c

こちらは我が家の
省エネ等級を取得した計算書です



サッシ、ドア、断熱材はもちろん
基礎、屋根などを仕様を入力して


どれくらいのエネルギー損失が
出るか計算します


当然エネルギー損失が少ない方が
省エネの家になります



実際に計算出来なくても
試してみたいという方には

工務店d




こちらの
住宅性能評価・表示協会から


エクセルの計算シートが
ダウンロード出来ます



工務店e



このように各部材、仕様を
入力していきます





・何故計算も出来ない工務店が5割もあるのか


当然ですが
大量生産のハウスメーカーでは
絶対に敵わない
素晴らしい工務店も
たくさんありますし


高断熱、高気密なんて
言われなくても当たり前という
工務店もたくさんあります


こういった工務店は
ネットでも発信してるので
目に入りやすいですけど



例えば
いつも最新の髪型を研究している
人気の美容院もあれば


「何故潰れないのかなぁ」と思うような

10数年も同じ髪型しか出来ない
町の床屋もあります


まあ髪型でしたら

・話しをするのがメイン
・髪型はどうでもいい
・そもそも薄いし耳まわりだけ


などなどで
一定の需要はあるのでしょうが



数千万円も出して
20年前の基準で家を建てられたら
たまったものじゃありませんね



断熱材を入れなくて
家を作っても

建築基準法に違反はしていませんし



フラット35の融資基準に
断熱材の使用という項目が出来たのが
1989年です


そこから
勉強もせず「なあなあ」で
営業している工務店もあるという事です








・大手メーカーだと基準は満たします


実際に家を作る現場の大工さんは
仕様書の通りに家を作ります


手抜き工事、欠陥工事は
とりあえず除くと


仕様の段階で
既に基準を満たしていないような
工務店もたくさんあるという事ですが


ハウスメーカーでしたら


今の時代に大手メーカーで
気密、断熱??なんてメーカーは
ありませんからその点では安心です
(値段のみが売りのメーカーもありますが



もちろん大手でも
自分で色々調べた方がいいのですが


そこまで時間も
手間もかけれないという方でしたら


工務店よりは大手メーカーの方が
オススメだと思います





・オススメ工務店を探すなら


私のような解体や処分業をしていると
新築の端材も処理しますので


ここは値段の割りにいいもの使っているとか
ここの大工は丁寧だなぁとか分かりますが(笑)
(人の入れ替え激しい業界ですけど)



いかんせん
ネットで発信をしてない工務店も
たくさんあるので



UA値やらC値なんて
話をすると機嫌悪くなる工務店も多いですから
(本来ならその段階で止めてもいいのですが


「アイシネン使えます?」とか
「セルロースファイバーで施工出来ます?」とか


この辺を聞けばいいと思います


大手メーカーと違って
標準仕様というのが無いのが
工務店の良さだと思いますし


その2つを知らないって
工務店はその時点で断った方がいいですし



工務店f



樹脂サッシメーカーの
エクセルシャノンでしたら
取引してる工務店が検索できます


山梨県は0件ですけど


このように部材メーカーから
工務店を調べるのもいいかも知れません


もう少し工務店さんも
ネットに力入れてくれれば一番いいのですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング




2019年04月19日






断熱等級の基準は
地域によって差があります


北海道a



当然北海道と沖縄では
気温が全然違いますから


求める性能も違いますね


一番寒い北海道が「1」で

私が住んでいる山梨県甲府市は
他の関東地方と同じく「5」になります


寒さが違うので
求めれる断熱基準も違ってきて


例えば断熱等級4の基準の場合

北海道b



北海道c


同じ吹き付け断熱でも


北海道の1~2地域と
4~7地域では
求められる基準が変わってきます


東北の4地域と九州の7地域で
基準が同じってのは
おかしい話だと思いますが






・全然違う北海道のローコスト住宅


私みたいな
「低予算だけど性能はある程度欲しい」という方は


寒い地域の断熱性能って
参考になる部分が多いです


そこで同じ基準の
ローコスト住宅


家のチラシにどの地域でも
入っている


「住宅 768万円 チラシ」で検索すると


北海道d



チェーン店ではないですが
同じコンサルタントの影響で


768万円チラシは
全国色々な工務店がやっています



もちろん山梨県にも
いくつかあって

北海道e

こちらは実際に
モデルハウスに見学して

話も1回だけしましたので


欲しい基準で建てると
普通の値段になる事は
分かっています



ちなみにweb予約して来店すると
マックカードプレゼントって
書いてあったのですが


実際に行ったら
「いっぱいになりました」って
くれませんでしたので
余りいい印象はないのですが


・・・・
・・・
・・
予約して来店したのにいっぱいって・・・



そして驚くことに
北海道にも768万円チラシがあります


北海道f

名前からいって
北海道っぽいですね(笑)



実際に建てた方のブログを見ても
当然768万円で建つ事はありませんが


土地代抜きで
2,000万円以内では建つみたいです





・標準の窓サッシに驚く・・・


北海道のローコスト住宅一番の驚きはこちら

北海道g


なんと標準のサッシが
エルスターSです


U値1.3の高性能窓サッシで

関東の超ローコスト住宅でしたら
ありえないサッシです


我が家がサーモス2HでU値2.33


山梨の768万円の家は
見学した当時は
U値4.07のデュオPGでしたので


北海道あたりだと
エルスタークラスが
標準で使われると思うので


こちらで購入するよりは
当然安いと思いますが


それでもローコスト住宅とは
思えないクラスのサッシですね








・本当に寒い地域のお金の掛け方



他にこちらの地域と
違うなぁと思ったのは

北海道h



標準の換気システムが第一種換気です



これに関しては関東でも
第一種のがオススメだと思いますが


過去記事

↓↓




このハウスメーカーもそうですし
北海道、東北の方のブログを見ると


・窓サッシ
・第一種換気


この2つが最重要とされていて



もちろん予算次第なのですが
断熱材はサッシや換気より
重要視されていません


北海道i

実際家の温度が逃げるのは
半分以上が窓なので



断熱材のグレード上げるよりは
窓のグレード上げたほうがいいですね






・寒い地域のローコスト住宅の予算の抑えかた



関東地方の
ローコスト住宅よりも


窓サッシも換気システムも
お金がかかっているので


当然他の事で予算を抑えます



まず断熱材は
普通のグラスウールが多いです



施工ミスがガチで
命取りの寒さですし



関東や関西では
「断熱材?」って言っていた時代から


グラスウール使ってましたから
施工慣れしてるでしょうし


グラスウールだって
施工に問題がなければいい商品です




こちらのハウスメーカーは
その他にも


ベタ基礎ではなく布基礎だったり


山梨の768万円住宅メーカーより
キッチンのグレードを下げたり



お金がかかっている
サッシと換気システム以外で
ローコストにしています






・やはり窓ですね・・・


他の寒い地域の工務店やブログを見ても


やはり窓サッシが
最重要なんだなぁと思います


北海道j



我が家も50万円の追加料金出して
サーモスXにすれば良かったような気もしますが・・・



私が住んでる場所なら
サーモスⅡHで充分だとも思いますし



実際住んでいて問題は無いですが
光熱費は下がるような気もしますし


しかし仮に夏、冬の6ヶ月で
毎月2,000円下がったとしても

年12,000円なので


50万円の差額の元取るには
41年間もかかりますし


などなど本当に悩んでいましたので


やっぱりお金って大事ですね

若い時もっと
貯金しておけば良かったです・・・



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング










2019年04月12日






前にステマのブログ記事に注意という
記事を書きましたが

↓↓


その時にも少し書いたのですが


家作りのブログ記事で
割と迷惑なのが


アフィリエイト収入の為だけのブログで
実際は家なんて何も作ってないブログです


そしてその中でも
一番厄介なのが


無料でたくさんのハウスメーカーから
間取りを作成するって
サービスです


tla



この画像見た方も多いと思います


クリックして
資料請求した場合に
謝礼が貰えるというシステムです






どういうシステムなのか
気になったので私も登録しました


どうせ申し込むなら
ここから申し込んでください(笑)



そもそも
悪い事書いてあるので
謝礼くれないかもしれませんが・・・


一応フォローすると
このサービス自体は
問題ないですし


効率よく自分に
合うメーカーを探せるとは思うのですが・・・・



仕組みが良くないので
家を建てても無く、検討もしてなく
不安だけを煽るブログが増えてしまってます





・実際に建てた人が書くならいいんですが・・・



私も家を建てている時はブログなど
色々見ていました



実際に建てた経験
特に同じハウスメーカーで
建ててる方は本当に参考になるので



このような方が書くブログなら
何も問題ないのですが



厄介なのが
実際に家を建てるどころか
家作りなんて考えもしてない方が



このサイトは「役に立ちました」とか
書いてこのページに飛ぶブログを見ると


非常にがっかりします



何しろ家を建てるという経験は
普通は何回もないので



経験が無いと
「この人本当は建ててないかも?」
というのが分かりません




注意して欲しいブログで
多いパターンが


「〇〇〇(ハウスメーカー) クレーム」で検索すると



tlb


・自分の家の画像は一切なく
・イメージ写真がたくさんあるブログで
・〇〇で建てたけどクレームも多かった・・・


こんな感じで
ハウスメーカーの名前だけ変えて
内容は全く同じのブログが出て来ます


そしてこのパターンのブログは
実際に建ててないので


書くネタがありませんから1ページだけのブログ
あっても数ページしか
ブログ記事がありません




そして最後に


ここなら一括で見積り出来て
安心などと書いて







こちらに飛びます


・・・・
・・・
・・

「読んでた時間返して」って
思ってしまいます



実際に建てた人のブログなら問題ないですし
参考にしたブログでしたら


お礼の意味も込めて申し込みしても
良かったんですが当時は
この仕組みを知りませんでした






・何故、このようなブログが非常に多いかと言うと



tlc
なんと無料の間取り作成を
申し込まれた場合


クリックされたブログには
12,000円の謝礼金が貰えます


昔は25,000円だったそうなのですが
今でも大変高額ですね


通常ブログ記事の
広告をクリックしても
数円~数十円です


このブログで言えば


広告の半分は
ライブドアブログ側で
出してる広告ですからクリックされても
1円も入りませんし


(その代わり無料で
ライブドアのサーバーを使えます)



ちなみに
私が使っている
ライブドアブログは


月間100万PV行くと

tld


非常にうざい
動く広告まで
表示されるらしいのですが



私のブログは
月間5万PV程度なので
心配しなくて大丈夫そうです・・・



そのような中で
資料請求すれば
12,000円貰えるわけですから



家建てる予定も無く建ててなくても
この広告載せたくなる気持ちも分かります



ブログを作っている方からしたら
どうにかしてクリックして資料請求して欲しいので


建ててもいない家の
クレーム記事で不安を煽って


ここから申し込めば安心と
良い事しか書かなくなりますね



しかも実際に家を建てた人のブログよりも
プロブロガーが作るんで


サイトも綺麗ですし
見やすいです(笑)



実際に建てた方のブログでも
綺麗で見やすいブログも多いですけどね


私は苦手なもので・・・





・実際に手間は省けると思いますけど



tle


確かに何件も
ハウスメーカー尋ねるのは大変なので
こちらから申し込むと楽な部分もありますし


実際お金は一切かからないらしいですが


何しろ家を建てる予定の
個人情報なんて


ハウスメーカーからしたら
ものすごい欲しい情報ですから


当然興味のないハウスメーカーからも
営業の電話も来るでしょうし


そもそも
注文住宅で細かい打ち合せを
したくないなら

建売住宅買ったほうがいいです(笑)




ちなみに自分の住所を記入して
進めていったら


tlf



4メーカー出ました
(レオハウスは出ませんでした・・・)


これくらいならいいですが


8メーカーとか出たら
断るのも大変ですね





・自分で申し込んだ方がお得です


まだメーカーも希望も間取りも
決まってない方なら


サービス自体は
問題なさそうですが



例えばタマホームなら

tlg





公式サイトから
自分で申し込みすれば
クオカード貰えるので
こちらの方が得だと思います




このサービスが悪いわけではなくて
高額の謝礼の為に


嘘を書くブログが悪いので


もし欠陥住宅やクレーム系の
ブログで


実際の画像も無く


最後にこれが出るようなブログは
疑ってかかったほうがいいです




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年04月08日






2020年以降の住宅には
「全部義務化させるよー」と言っていた
省エネ基準ですが



義務化a


「ちょっと無理なので
2030までには頑張ります


という事で10年延期になりました・・・



なので2020年以降も
省エネ等級が取得出来ない性能の家でも
建てれるようになりました




去年の夏に書いた記事
↓↓↓↓



こちらでも
これから義務化される位だから


最低でも断熱等性能等級4の基準の家を
建てた方がいいと書きましたが



実際に住んでいると
やはり、これくらいの断熱性能は



義務化はされなくても
あった方がいいと思います






・実際無理だろうなぁと思っていましたが・・・



元々義務化される予定だった
断熱等性能等級は

最高等級の4程度の性能でしたから

義務化b

我が家が取得したものと同じです


ローコストな我が家ですら取れるので
そこまで高コストじゃなくても
取得出来る性能の家は作れますが


レオハウスでも
大人気の家cocoでも
S・V・Dというグレードがあって


一番ローコストなSだと
多分取れないと思いますし



もっとローコストなメーカーもありますし


そういった所だと
多分取得出来ないと思います




仮に義務化になったら
当然値段が上がってしまいます



積水にしようかヘーベルハウスにしようかと
悩むようなお金持ちの方には
分らないと思いますが


ローコストメーカーで建てる方も
私も含めて多いですし



我が家だって
かなりの低予算で家探してましたから


土地代がもっと増えていたら


今の家は
建てれなかったかもしれません



断熱等性能等級4すら数値が低いと言っている
高性能な家を作る工務店さんのブログだと


「なぜ義務化しない!」
と色々言ってますが



予算が無いんです・・・



予算が少ないけど
どうせならいい家を建てたいので
たくさん調べました






・現状6割が断熱等性能等級4らしいですが


義務化c



2016年のデータですが
新築で新たに建てた家の6割が
省エネ等級4に適合している家ですから



逆に言えば4割は
その性能未満という事です







ローコスト住宅も
年々性能が上がってますので
今はもう少し多いかもしれませんが


注文住宅なら
間取り狭くしてもサッシの性能上げるとか
色々出来ますが


価格の安い建売住宅なんかですと
基準には達していませんし


義務化d



中小の工務店さんでは半数が
そもそも省エネ等級の計算が
出来ないという事です


ブログを書いている
工務店さんなどは
最先端な事をしていますが


未だに半数の工務店は
省エネ基準の計算も
してないという事ですから



4割というのも妥当だと思います






・義務化廃止で買う方が注意しないといけません


耐震等級が義務化されて
欠陥や施工ミスを除けば

どんな家でも耐震等級が1より下の性能は
建てれないように



省エネ等級も

義務化されれば買う方が考えなくても
最低限の基準は満たす事が出来ましたが


義務化廃止になったので

高断熱、高気密で暖かい家を欲しいなら
買う方が注意しないといけません


毎度言いますが


お金持ちなら
何も考えずに高性能な家を建てれますが


予算が厳しいと
逆に窓やら断熱材の性能を
自分で考えて選ばないとなりません


義務化e


色々ブログを見て
調べる方なら大丈夫だと思いますが


国交省は
省エネ住宅が進まないのは


買う方も知識がないからと
言ってます


特に注文住宅の場合は
完成して実際に住み始めるまで


暑い、寒いなんて
分かりませんから


断熱材
サッシ
建具などなど


出せる予算の中で
なるべく自分に合う物を
選ばないと建てた後に後悔してしまいます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







2019年04月05日






契約前に割と気になる部分で
天井の高さがあります



検討していた時は

タマホームが標準で240cm
一条工務店はismartで240cm
アエラホームも240cm
レオハウスは標準で250cm


一番多かったのは
240cmですが


見学した中で一番高かったのは
クレバリーホームが
標準で260cmありました



天井a

我が家はレオハウスの標準なので250cmです




天井b

もちろん2階も標準で250cmです





・天井が高いと開放感が増すかどうか?


もちろん同じ作り、色使いなら
天井が高い方が
部屋が広く見えるとは思いますが


クロスの色や間取り
建具で全然変わってきますので



例えば

天井c


このように天井とドアの高さを
同じにすれば天井は高く見えますが




天井と建具の高さを合わせる場合
240cmの方が

250cmや260cmに比べると
種類も豊富で価格も安いので


最初から天井と建具を合わせる予定なら


240cmで作った方が
予算的にはオススメです



240cmドアを選んだ場合
240cmの天井高の方が


250cm天井で10cm余るよりも
天井高は高く見えて
開放感も出ると思います




天井d




天井e


我が家の場合は
LIXILの標準品なので
230cmしかありません



なので天井とドアの間に
約20cm間があきます


天井e-2

ドアと天井の高さを
合わせる予定も予算も無かったので
(250cmドア高いです・・・)



レオハウスの標準ドアは230cmですが
こちらを選択するなら


240cmの天井よりも
この場合は単純に10cm高い
250cmのがいいかなと思います


共に間が空くなら単純に
天井が高い方が高く見えます


最初からオプションで
建具類は天井高と合わせる予定なら


価格や種類の豊富さからいっても
240cmのがいいと思います


250cmや260cmの建具は
かなり割高になってしまいます








・低予算で出来る天井が高く見えるコツ


我が家は250cmの
ドアや窓にする予算が無かったので


他の方法で
天井を高く見えるようにしました



まずは壁紙の色ですが

天井f

壁面よりも天井を明るい色にすれば
暗い色よりは高く見えますから


天井はスタンダードな白にしています



後はライトですが

天井g

シーリングライトよりも
ダウンライトの方が
天井が高く見えます




天井g-2

後はリビング階段にすれば

階段部分の天井は高いですから
アクセントになりますし


吹き抜けもメリハリが出て
天井が高く見えると思います




その為に
工務店やハウスメーカーの方でも


特に240cmを
採用しているメーカーの方は


天井高はデザインや建具で変わるから
気にしなくていいって言う人も多いです




逆に260cmが標準の
メーカーだと
天井が高いメリットを言ってきます(笑)



レオハウスに最初に行った時も
タマホームにも行ってましたから


「うちはタマより10cm高いですよ」って
アピールされました





・それでも天井高が高い方がいいと思った理由



トータル的なデザイン、配置が大事ですので


240cmと250cmなら
間取りや配置、ドアの高さで


どちらが開放的かは
実際に変わると思いますが



それでも私は250cmの方がいいと思って
レオハウスにしました



もちろん、天井高以外にも色々あって
レオハウスにしたのですが

250cmと他メーカーより
10cm高いのは魅力でした



その理由は
自己満足だと思います(笑)



天井h
こちらのシャツは
コムデギャルソンのシャツで40,000円ほどします



よほど服好きな方なら分りますが
普通の方はわかりません


しかし着てる本人は満足だと思います



家もこれと同じで
他の方が見ても差はないと思っても


建てた本人は
「天井高いから開放的だなぁ」って思うので


結構大事かもしれません(笑)





天井i

住んで1年以上たつと
余り気にしなくなると思いますが


前に住んでいた賃貸が
天井高230cmというのもあって


リビングで横になると
「天井高いなぁ」って喜んでいました


家を作った後は
長い住宅ローンが待ってますから
自己満足する作りは大事です(笑)



ローコストメーカーは
一括で同じ商品を
大量発注するから安いというのもあるので


標準の高さ以外をオプションにすると
結構割高になってしまいます


一部だけ高くするとか
吹き抜け作るとか
ダウンライトにするだけでも
見た目は高く見えるので


予算があるならいいのですが
そうでなければ


天井高以外で、髙く見えるように
作った方が安上がりだと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング