ハウスメーカー

2018年11月10日


転職したばかりだと
仕事を覚えるのが大変だし


別部署に
移動になっただけでも大変です



大工さんも同じで

慣れてない工事は
当然うまく出来ません


そこを考えて
オプションを追加した方がいいです





・我が家を作った大工さん


大工a

我が家の施工中の写真です



どのハウスメーカーも

実際の施工は
下請けの工務店さんが行います


当然お抱えの工務店さんがあって
そこに仕事を発注しますから



例えば
我が家を作った大工さんは
基本レオハウスの工事ばかりしています


もちろん棟数が
少ないメーカーだと


掛け持ちするしかないのですが







・タイル張りの施工が出来るのか?


レオハウスの場合


外壁材の標準は
サイディングです

大工b



大工c



レオハウスのプランによって
選べるサイディングのメーカー
サイディングの厚みは変わりますが


標準仕様や
オススメ追加オプションなどにも


タイルやALCはありません


もちろんお金を追加するから
タイルにして欲しいと言えば


営業さんは受けるでしょうし


工務さんも受けるしかないですが



タイル張りのシェアは
全体の1割も無いですから


実際に施工する大工さんが


「うわ、タイル超ひさひざ」

「俺初めて・・・」


このような大工さんに

家作りは正直まかせたくないですね







・やりたい事が標準仕様のメーカーで作る



「大工さんが慣れてる施工にする」


これが一番安全だと思います

例えば外壁は
どうしてもタイルがいいなら



一条工務店に行けば大工も慣れてますし

ちょっと予算がという方なら


クレバリーホームあたりなら
ローコストでも標準が外壁タイルです



私の場合は
サイディングで良かったので


外壁に関しては
どのメーカーでも問題なかったですが




最初の希望


・吹き付け断熱
・瓦屋根

大工d

これだけは譲れなかったので


この2つが標準仕様で
入っているメーカーにしました



標準仕様=そのメーカーでの
一番多い施工なので


大工さんも慣れています






・やっても問題無いオプション


キッチンバスルームなどは


特注品でもない限りは


オプション仕様にしても
作るのはキッチンや
バスルームのメーカーですから


大工さんは
完成してる商品を
現場で組み立てるだけですので

大工e


例えるなら
ニトリの組み立て家具みたいな物ですから


このようなオプションなら
問題ないですし


ニッチやR壁くらいは


さすがにローコストメーカーの
大工さんでも普通に作れますが



大工f

我が家唯一のR壁ですが
問題なく作ってくれました




実際に施工してくれた大工さんも

もしかしたら

タイル施工やその他のオプション工事も
問題無く作れる大工さんだったかも
しれませんが



通常大工さんは選べませんし


初めて大工さんに会うのは
当然契約後になると思います


私の場合は
工務店さんの付き合いも
仕事上多いですから


「下請けってどこですか?」って
聞いたりしてましたが


なんなら
契約前に聞いてみて


知り合いなどいないか
調べてみるのはどうでしょうか?






・大工さんは図面通りに作ります



私も契約するまでに

たくさんの方のブログを見ましたが


「こんな設計で通すのか・・・」
思った家もいくつもあって



だいたい「失敗した」カテゴリに入ってますが



例えば
我が家のトイレ、洗面台、お風呂の設計図ですが

大工w

このように
開き戸同士でドアがぶつからないように
なっていて


ほとんどの方が「そんなの当たり前」って思いますが


中には
トイレとお風呂で
同時に開ける事は少ないからと


開き戸同士でぶつかる設計の家も
ありました


大工さんも
作っていて


「これはおかしんじゃ?」って
思うでしょうけど


設計図通りにしか作れませんので


工事中に家を見に行く機会も
あると思うので



仲良くなって
「間取りで気になった所あります?」って
聞いてみるのもいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年11月03日


ハウスメーカーが決まるまで

数社から見積りを貰いましたが


各社とも坪単価の
出し方がバラバラで


「これは統一出来ないのか・・・」
思いましたが


少しでも安く見せたい
メーカーがあるので
無理なんでしょうか




坪単価1

1,070万円~とありますが
当然ですが

この金額だけでは家は建ちません








・〇〇坪で総額いくら位ですか?



モデルルームなどを見学して


「坪単価いくらですか?」と質問しても
支払う金額は分かりません



坪単価a

我が家の見積り書ですが


延床面積で坪単価を出しても

施工面積で坪単価を出しても


ルールが無いので自由です



ちなみに我が家の建物工事費は

1,737万円だったので


延床面積の計算だと

1,737万÷34.56=坪単価502,604円

ですが

ローコストメーカーに多い
施工面積で計算すると

1,737万÷39.14=坪単価443,791円


このように安く表記は出来ますが


もちろん支払う金額は同じです



もちろん工事費だけでは
家は建ちませんので


別途工事費や諸経費
オプション費用も合わせると


我が家の土地代を抜いた
総額は2,156万円ですので


延床面積の計算だと

2,156万÷34.56=坪単価623,842円




延床面積の計算だと


2,156万÷39.14=坪単価550,843円



同じ金額を支払うのに

坪単価44万円~62万円まで


ハウスメーカーの好きなように
表記可能です・・・





・ハウスメーカーは坪単価は自由に出来る?



上記の延床面積か施工面積の
計算でもかなり違いますが


どこまでを家の本体価格に入れるかも
ハウスメーカー次第ですので



家の本体工事費を安く出して
見た目の坪単価を下げて



諸経費などの名目で
総額を上げる事も可能です





なので金額を知りたいなら


「諸経費も入れた
総額はだいたいいくらですか?」って
聞くしかないですね


これでも
別途工事費などは
後から詳細の金額が分かるので


契約前に総額が
分からないのですが



坪単価b

オプション工事費なども
原因ですが

最終的な総額は
2,758万円でしたので


結局契約時の金額より
65万円多く支払ました






・自動車も同じですね・・・


新車でも中古車でも

車の本体価格があって
そこから整備費用など別途予算があって


総額になりますので


うちの妻が

「他の店より20万円近く安い!」
新古車を見に行ったのですが


お店で見積りを出すと
整備費とかセットアップ費とか
諸費用とか



他店より20万円以上
別途支払いがあって


総額は他店より
高い位というお店がありましたが




坪単価f

一応画像ボカシますが
甲府店だけなのか全国こうなのか
本当に時間の無駄した某自動車販売店・・・



まだ自動車の場合は
契約前に総額が分かるからいいのですが


家の場合は分かりませんので
さらに不安です





・およその目安の出し方


最初に出した
本体工事費の坪単価


こちらの金額が
土地代を抜いた総額の
70~80%と言われています


そして付帯工事費が15~20%


その他諸費用が5~10%が相場です



我が家に置き換えると

本体工事費が1,737万円で

総額が2,156万円ですから


総額の80%が本体工事費ですので
だいたいの金額は出ると思います


付帯工事費の費用は


地盤改良費が出る出ないかで
かなり金額が変わるので



地盤改良が出なければ
およそ本体工事費は総額の8割と
思えばだいたいの目安になります




坪単価g

一応見積り時に
50万円の予算計上してますが


150万円位かかる人もいるので
地盤改良が出るか出ないかは


2018年10月05日



注文住宅は

おそらく人生で
一番高い買い物ですので


欠陥住宅や手抜き工事など

本来あってはいけませんが



万が一の可能性もあるので


ホームa

ホームインスペクターという

第三者機関に施工中の検査を

頼む方もいらっしゃいますが



「注文住宅の場合は」

正直デメリットのが多く

メリットはそれほどないと思います








・信頼してないメーカーとはそもそも契約しない



私も契約前は
「ローコストだし心配なので」と
第三者機関を少し考えた事があるのですが



レオハウスに行って
最終的に契約する時には



「ここの人なら任せて大丈夫」って
考えになったので



契約した時点では

第三者機関などは
考えもしませんでした



一番のデメリットは



メーカーや大工さんと
信頼関係を結べない事です


例えば、会社員の方が

「ちゃんと仕事してるか見るから」
検査員が外部から来たり



主婦の方でも
家にちゃんと家事などをしてるか
検査しに来たら



「すごい嫌」だと思いますし



「あー信用されてないなぁ」って思います



仕事や友人の付き合いなどで



どうしても乗り気では無いメーカーで
注文住宅を頼む以外は



ホームインスペクターが
必要と思う段階で


既にその業者とは
契約しない方がいいと思います



ローコストメーカーで
ホームインスペクターを頼んでも



トータルでは安いのでという
ブログも
ありますが



信頼関係が築かれない時点で
ダメだと思います



逆の立場になった場合に



「信頼されてないんだなぁ」って
思われると
やる気も無くなりますし



家が完成してからも
長い付き合いになるので



そもそも第三者機関が必要だと
思う位不安なメーカーとは
契約しない方がいいと思います







・中古住宅や建売住宅なら必要かなと思います



ホームインスペクターを頼むメリットは
中古住宅や建売住宅のみだと思います



作っている途中が一切見えない
中古住宅や建売住宅は


第三者機関は
かなり必要だと思います



特に中古住宅は



完成した時の最低基準が
今の法律や性能と全然違いますし



建売と比べて相場も無いですし



完成時はちゃんと出来ていても

内部が思った以上に
傷んでいるなどの劣化も


素人が見ただけでは分からないので
必要だと思います






・注文住宅でホームインスペクターを頼むメリットは?



信頼関係にヒビは入りますが

もちろんちゃんとした第三者機関なら

身内の検査である
ハウスメーカーよりは厳しいとは思いますし


フラット35などの竣工検査も

最低限の検査しかしないので

細かいところも見てもらえるメリットと



例えばおかしい箇所があっても

やはり素人が言うのと



第三者機関の方が言うのでは
若干違ってくるとは思いますが



ホームb

レオハウスの検査や外部の検査も

もちろんありますし



ホームc


フラット35でしたので

外部の竣工検査もありましたが

検査項目は充実しているわけでは無いです




それでも注文住宅で

ホームインスペクターを頼むメリットは

正直全くないと思います



そして一番の心配は



そもそも家のプロであるメーカーや

大工さんより、第三者機関の方は家に詳しいの?

という疑問があります



私はレオハウスと契約して

満足していますが



もちろん人それぞれ
合う合わない、好みも違いますが



ハウスメーカーは
何社もありますので



自分に合うメーカーや
工務店を見つけるのが



第三者機関に頼むより
大事だと思います



高い買い物ですし

長く住む物ですから



慌てずに何社も見て回り

自分に合うメーカーを見つけるのが

一番いいです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年10月03日


レオハウスと契約するまで

何度も通った
近所の住宅展示場ですが



当然家を建ててしまうと用事も無く


しかも契約したレオハウスは



この住宅展示場には無いので

全く行きませんでしたが



契約前までは

3メーカーで10回近くは

打ち合わせの為に行きました







・子供が喜ぶイベントが多いです



当たり前ですが

住宅展示場側も

中に入って貰って

話をしない事には先に進みませんので



色々イベントをして

お客様を集めます



家を建てる前に

住宅展示場に行った時も



子供が「お菓子つかみどり」

「トミカ」のミニカーをくれたので

話を聞いたハウスメーカーもあります




数メーカーは話を進めたので

正直行きにくいのですが



展示場a

大の新幹線好きの子供が

電車に乗りたいというので行ってきました







・何故か積水ハウスに入る事に



はっきり言って

100%家を買う事はないのですが



当日は雨が降っていて



住宅展示場に着くちょっと前に

雨が止んだので


どうにかイベントは開催するけど

予定時間より遅れて開催するという事で



展示場b

丁度ドクターイエローの

ふわふわが1時間遅れで開始したので

早速入ります



場所が何度か入った
一条工務店の隣というのが
気になりますが




そしてメインの

ミニ新幹線ですが


雨天の為に
運行してない状態だったのですが



係員の方が

「後30分ほどで運行するので

どうぞ住宅でもご覧になって下さい」



という話になり

天気が悪いので

展示場d

このようにお客は全然いないので

あっという間に営業さんに
捕まってしまい



絶対に買う気もお金も無いのですが

家を見学する事になりました



数社は過去に打ち合わせで入ったので

今回は前回予算の都合上「一切無視」した


積水ハウスを見学しました



正直に

家を買うつもりは「まだ」ない

ミニ新幹線の為に来たとは言いましたが



さすがに

「1年前に家建てました」とは言えず・・・



積水ハウス以外でもモデルルームなので

どのメーカーも広くて綺麗なのですが



やはり今住んでいる間取りが

理想の間取りですから



「今の方がいいな」
正直思いました


もちろん性能などは
ずっとこちらのがいいと思いますが



一通り話をして


今と同じ位の坪数で

いくら位で建ちます?と聞いたところ



土地代抜きで

3000万円と言われて・・・



さすがに積水の相場くらいは

分かってるので

「実際4000万位になりますよね?」

「やはり高いですよね・・・」


などなど会話しているうちに

見込みの無い客と無事思われたので



メインの
ミニ新幹線に乗りました



展示場e



展示場f






・家を買うつもりは無くても楽しいですね



恐らく迷惑な客なのですが

子供は大喜びでまた来たいと言うし



住宅公園は
「公園」という名前だけあって

子供を遊ばせるには便利な場所なので


またイベントがあったら行きたいです



2018年10月01日


先日、山梨にある

「不二建設」という工務店が
自己破産の末、倒産しました




倒産b






地元のニュースや新聞にも

出ましたが



倒産e


自己破産時に

5棟の建築工事が途中で

現在ストップしているそうです



私の会社は
工務店や建設業者の
付き合いが
多いので


資金繰りが厳しい会社は
付き合いが
ある業者なら分かるのですが



今回倒産した不二建設は取り引きは

無かったです







・建設途中に倒産するとどうなるか?



一応今の制度だと

保証なども若干ありますが



・追加料金が発生したり

・完成が物凄く遅れたり

・アフターが一切期待出来ないなど



注文する側に取って倒産したら

良いことは何一つありません



住宅完成保証という機構もあり
こちらに入っている工務店でも
満額が保証される訳ではありません



倒産a

まだサイトも残ってましたが

ローコストでも無く

高級でも無く
中間位の業者さんみたいなので


こういう特色が無い
中小規模のメーカーは

正直厳しいのかなぁと思います


元気で大人気な小さい工務店も

たくさんありますが



大手メーカーでは無理なローコストだったり

物凄く高気密、高断熱だったり

欧風専門などの特色があったり



などなど

大手メーカーでは出来ない事をしている

工務店は人気ですね。







・では大手は安心かと言うと・・・



大手メーカーでも

過去にミサワホームが
トヨタホームに買収されたり

しましたが



スケールメリットがあるので

潰れずに子会社化して
生き残ったりする可能性も


地域工務店よりは高いと思います


私が契約したレオハウスは

親会社のナックが上場してるので


倒産c



倒産d


このような決算書類などが

誰でも見れるので



その点だけでも
上場企業に頼む
メリットはありますし



今回倒産した不二建設は

負債総額が3億8千万円でしたが



大手メーカーなら

これくらいの負債は何ともない数字です



レオハウス は住宅部門で

3年間で18億の赤字ですが

普通に営業してますし



他の部門で黒字出していて

トータルでは黒字です



資金繰りが厳しい会社だと

家は完成出来たとしても

アフターサポートは期待出来ませんし



そういうメーカーや工務店は

避けた方が無難ですね







・潰れそうな工務店を避けるために



上場企業は決算書類が見れますが


その他の会社は見れないので



自分で調べて、潰れそうな会社は

避けるしかないのですが



もちろん会社の営業さんが

「うちはヤバイですよ」なんて言いませんし





・自分で見つける方法としては



「急に設備のメーカーが変わる」



もちろんいいグレードなら別ですが

支払い滞納で
そのメーカーから仕入れ出来ない
可能性もあります




「明らかに無茶な値下げ」



利益が出ないレベルで

値下げしたらおかしいです



「一括支払いや

支払いを前倒しでお願いする」


通常住宅の支払いは

着工金、中間金、完成時の

3回に分けて支払いが多いです



着工金で全額支払えば

安くするなんて業者は

絶対にやめたほうがいいです



過去に倒産した
アーバンエステートや富士ハウスも

このような支払いで前金で支払ったまま

潰れてしまいました…